« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月31日 (金)

セ・リーグ開幕

きょうからセ・リーグが開幕したんですね。金曜日から開幕するということは知っていたし、今日が金曜日だということも分かっていましたが、この2つがアタマの中で繋がらず、今日の朝刊を見て気がつきました。

・・・ということで、順位予想と各球団のHPリンク集を。。。

1位 中日ドラゴンズ
2位 阪神タイガース
3位 横浜ベイスターズ
4位 ヤクルトスワローズ
5位 読売ジャイアンツ
6位 広島東洋カープ

中日の順位予想の理由・・・ファンであることと戦力バランスはNO.1。心配なところはパ・リーグチームに弱く、交流戦の出来が鍵。
阪神の順位予想の理由・・・戦力のバランスは上位も、投手陣に不安が・・・JFKが昨年と同様の活躍は酷では?
横浜の順位予想の理由・・・戦力的には厳しいが、牛島マジックに磨きがかかり、阪神から離された3位を予想。
ヤクルトの順位予想の理由・・・横浜よりもメンバーがいいが、一度不調になるとそこから抜け出すのに時間がかかりそう。
読売の順位予想の理由・・・イ・スンヨプをとった所に問題が。。。スモールベースボールに徹することができずに、一年間方向性について迷いそう。
広島の順位予想の理由・・・このチームが頑張ってくれると面白いのですが、戦力的に厳しいかな?

各チームの公式ホームページリンク
中日ドラゴンズHP

阪神タイガースHP

横浜ベイスターズHP

ヤクルトスワローズHP

読売ジャイアンツHP

広島東洋カープHP

・・・今日は上位に予想したチームが総崩れ。。。この予想は当たるのでしょうか。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月30日 (木)

愛馬情報3月30日

今日は、職場の送別会がありました。昨年は送られる方でしたが今年は送る側。。。送る側の方が気持ち的に楽ですね。
数日前にココログのバージョンアップを含めたメンテナンスが施されたわけですが、それ以来アクセスするにかなり重たい動きになっており、執筆意欲も削がれがちです。早くベストの状態へと回復してもらいたいものです。

・・・ということで、今日はローレルの3歳以上の愛馬の近況を書こうと思います。

まずは“ローレルシード”。疲労や怪我があり一度緩めましたが、回復。いよいよ今週の日曜日に福島競馬場で出走します。鞍上は▲水出大介騎手。ローレルシードの主戦であることは間違いありませんが、悔いの残る騎乗も多々ありました。しかも、今年に入って未だ勝ち星なし。是非ともシードで初勝利を挙げてもらいたいと思います。僕の大のお気に入りであります石橋脩騎手の可能性もあったようですが、この日は中山の重賞に騎乗。。。やっぱりそちらを選びますよね。でも、前走後ローレルシードを気に入ってくれていたようですし、『次走も中京で乗りたい』(その当時は中京出走プランがありましたから)と、矢野進先生に申し出ていたそうなので、また、乗っていただける事と思います。
それでも今回は負けるわけにはいきません。相手を一通りチェックしましたが、“勝てる”でしょう!現地応援には行けませんが期待しています。

さて、“ハルカチャン”はといいますと。。。相変わらず強い調教をすると痛いところが出てきてしまうようで、なかなか思うように調教が進まないようです。
多分、ホースプレイス組の2歳馬よりも遅れているのだと思います。
脚も真直ぐだし、馬体はいい雰囲気らしいですが中身が弱いようです。この傾向はオグリキャップ産駒全体に言えることのようです。この仔については、もう少し我慢強く見守っていくしかないようです。頑張れハルカチャン!!

最後に、“ローレルウェルシュ”ですが、ソエはかなり良化してきているようですが、裂蹄の方がまだまだで、蹄の伸びるのを待つしかないようです。暖かくなれば蹄の伸びも早くなるという事なんですが、ここに来て寒の戻りと言いましょうか、“冬”を迎えてしまったので、ウェルシュには良くないように思います。そうそう、イクタTFへ行って10日が経過してしまいましたね。“新着情報”ではなくなりつつありますが、レポートを早目にアップしようと思います。あと、1日~2日ほどお待ちください。

今日は、toto予想だけ頑張ってアップしましたので、ご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月29日 (水)

全国高等学校選抜大会

今日の第2試合、八重山商工高校は惜しかったですね。強豪横浜高校と互角に戦ったわけですから、夏にも甲子園に戻ってきてくれることでしょう!今後の活躍を楽しみにしています。

・・・ということで、これは当然、高校野球の話。
皆さんは、ラグビーにも選抜大会があるのをご存知ですか?
第7回全国高等学校選抜ラグビーフットボール大会が4月3日~4月9日の期間で開催されます。会場は近鉄花園ラグビー場ではなく、埼玉県熊谷ラグビー場です。啓光学園や東海大仰星、桐蔭学園など4ヶ月前に花園を沸かせた強豪チームが名を連ねる中、花園優勝チームである伏見工業高校(京都)の名前がありません。
この選抜大会に出場するためには、各都道府県大会で上位に残り、各ブロック大会に駒を進めます。(伏見工業高校の場合は近畿大会にあたります)  そのブロック大会で上位に進出すれば全国大会に出場が可能となるわけです。
さて、伏見工業高校は・・・京都府大会については、Aブロックを危なげなく勝ち進みブロック優勝。近畿大会に出場しました。近畿大会では、トーナメント戦1回戦で強豪天理高校に10-13の僅差で破れ、全国大会への道が断たれてしまいました。この、天理高校に敗れた日が3月21日。花園優勝の日から約2ヵ月半。。。この短い期間で、新チームを作り上げることも難しかったのかもしれませんね。

我が静岡県からも東海大翔洋高校が選出され、出場します。1回戦は長野県代表下伊那農業高と対戦します。ここは頑張って勝ってもらいたいですね。すると、2回戦は大阪代表の東海大仰星高校との対戦となります。東海大翔洋にとっては、3日4日と連戦になるので、かなり不利ですがラグビー王国の大阪のチームにどれだけ食い下がれるかを楽しみに見てみたいと思います。

昨年は、決勝戦のみがJスカイスポーツで放送されました。今年も放送してくれるかな?今年の高校ラグビーのトレンドとなる戦略を見出す貴重な映像となりますので、必ず録画しなくては。。。

詳細情報はこちら
全国高体連ラグビー専門部(R.F.S.)HP

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月28日 (火)

ローレル事務所訪問記

昨日の続きになりますね。24日の金曜日はユニオン東京事務所へ寄ったあとに、ローレルクラブ事務所へも立ち寄りました。
クラブスタッフの岩崎さんとお話をさせていただきましたが、“苦情”は今更僕が言わなくても、いろいろな方が言っていると思うので、そのことはあまりいいませんでした。まぁ、これからもこのローレルクラブを続けていこうと考えている僕ですので、未来に向けて発展性のある内容についていろいろ話しました。会報の事ですとか、メールサービスのことですとか。。。まぁいろいろと・・・。
そうそう、人形町にあるローレルクラブ事務所のこの日は、高柳さんが北海道へ出張されていて、男性3名と女性2名でお仕事をされていました。忙しい中、お茶を入れてくださったり本当にありがとうございました。

さて、この日は追加募集馬の受付開始の日でした。当然、話の内容もそちらへと向かっていったわけです。
ま『どうですか?追加募集馬の予約状況については・・・』
岩『問い合わせも含めて、例年並みといったところでしょうか?』
ま『ひとつも予約が入らない馬がいたりして(笑)』
岩『それは無いです。おかげ様で全馬予約は入っていますよ。』
ま『一番人気は?』
岩『今のところファーイーストですね。』
ま『やっぱり・・・他には』
岩『それに続くのが、マイネアイボリーとシノクロスですかね。』
ま『シノクロスですか?(ちょっと驚)』
岩『やっぱり母の競争実績と仔も走っている馬がいますから・・・』
なるほどね・・・
ま『ところで、(僕が追加の中では一番候補としている)ミナミノラブコールは?』
岩『まずまずです。馬は結構いいと思いますけど。。。』
そうですか・・・でも、ちょっとお金が足らないのでなかなか出資に踏み出せません。。。

ま『追加募集の馬名締め切りっていつまででしたっけ?』
岩『4月10日です。出資するしないは別にして是非、馬名を応募してください!!・・・追加募集馬の馬名応募って本当に少ないんですよぉ・・・。選定に困るほど応募が少なかったりする場合もあるので、候補名が少しでも増えてくれるとありがたいので・・・。』
ということでした。
この世代の僕の愛馬ですが、運良くペンカーレッグの04に僕が応募した馬名が採用されました。しかし、もしかしたら採用されないかもしれない。。。と、思い、追加募集馬が先月の会報で発表されたその日からそれぞれの馬名を考えていました。せっかくなので、応募はしようと思っていますが、『出資を真剣に考えている皆様』および『自分が名付けた愛馬が欲しいと思っている皆様』是非、今回のチャンスをお見逃し無く。。。特に後者の方は、クラブスタッフの方も大歓迎のようですので、馬名が決まった後の出資でもいいと思いますので、先ずは応募されてみてはどうでしょう?

僕の、ユニオンの愛馬クオンはこのパターンでしたし。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月27日 (月)

ユニオン事務所訪問記

少し前のことになりますが、24日の金曜日にユニオンオーナーズクラブ東京事務所に行ってきました。

・・・ということで、事務所の最寄の駅であるJR神田駅で下車。北口よりユニオン事務所を目指しました。しかし、この駅でいつも思うことがあります。。。ローン会社の宣伝の多いこと。。。それも、人がプラカードを持って無言で立っているんですが、3㍍~5㍍間隔でズラッと立っています。神田駅周辺は異常に多いのか?それとも、東京というところはこういった場所が多いのか?・・・よく分かりませんが、浜松から出てきた僕にとっては馴染めない光景です。
前回(昨年の11月)、伺ったときは地図を片手に行ったのですが、少々迷ってしまいなかなか着きませんでした。今回は『一度行っているし、行き方も分かっているから・・・』と地図も持たずに挑戦したのですが、やっぱり迷ってしまいました。電話で約束した時間の10分前に到着する予定が、3分ほど遅れての到着となりました。
これからユニオン事務所へ伺おうと考えてい方、細い道が多かったりで結構苦戦しますのでお気をつけください。

到着して、事務所内に入ると・・・前回は各デスクにびっしりと人が座っていて、活気ある事務所内だったのですが、今日はスタッフの方たちも疎らで、イメージが全然違いました。
前回は釜谷さん(いつもメールでの質問に返答してくださる方です。返答内容も細かく丁寧で、しかも迅速な対応をしてくださいます。)が僕の相手をしてくださったのですが、この日は山室さんが忙しいお仕事の合間を縫って、僕の相手をしてくださいました。

簡単な世間話から、ユニオン所属馬の話、それから05世代についての先行情報までいろいろな話をさせていただきました。
その内容について、ダイジェスト版でお楽しみください。

ま『パシスタのことなんですが、今後が本当に心配なんですけど・・・』
山『そうですね。。。帰厩後調教の動きも良くなっていました(それは僕も思いました)し、得意の芝に戻ってのレースで期待も高かったんですけどねぇ・・・レースになると気持ちが乗ってこないというか、クラブとしても期待が高いだけに残念でなりません。。。それでも、戸田先生は短距離でちょっとパシスタに刺激を与えてみようだとか、調教パターンを変えてみよう(水野馬事Cでもちょっと変えてみるそうです)としたりとか、まだまだパシスタへの期待は高いようですよ。クラブも先生も諦めてはいません。』
と、いったような返答をいただきました。

ま『パシスタのゼッケンプレゼントに応募したんですけど、やっぱり人気は高いですか?』
山『そうですねぇ・・・1月のプレゼントには60通くらい来ていましたねぇ。やっぱり人気は高いです。』
・・・ビックリ。こりゃなかなか当選するのも難しいわな・・・。パシスタにはいっぱい走ってもらって、いっぱいゼッケンをプレゼントしてくれるようにお願いしておきました。

ま『クラブのスタッフの方が競馬場で写真を撮っていると思うんですけど、なかなかHPにアップされない気がするんですけど、その辺はどうなんでしょう?』
山『クラブのスタッフが毎回撮影をしています。まぁ、口取りや前のレース後の取材が長引いた場合は撮影できないこともあるんですけどね。一応、1頭が月1回出走するごとに1枚の写真をHPと会報でアップすることを現在もやっているんですけど・・・』ここで一度中座。HP担当者にこの話を通してくださいました。
山『そういう要望があるようでしたら、年度替りでもありますし検討してみますとHP担当も言っていましたので頑張ってみます。』
と、前向きな返答をいただきました。
早く変わってくれるといいですね。

ま『ペガサス19期生でお薦めは何ですか?』
山『別に、まひろさんの前だから言うわけではありませんが、P21のクオンがお薦めですね。』
ま『またまた・・・♪』
山『本当にいいと思いますよ。結構早い時期に勝って、活躍してくれると思います。』
ま『その他には?』
山『そうですねぇ・・・P7のアップステージ(メイショウドトウ×テンドラー)は僕のお薦めです。身体は少し小さいですけど、いいですよぉ。』
・・・お世辞込みかもしれませんが、クオンが褒められました。やっぱり悪い気はしませんね。あと、アップステージはノーマークでしたね。僕は、この世代の出資は多分無いと思いますが、ユニオンで出資を迷われている方は是非参考にしてみてください。

ま『昨年のマサラッキ産駒、今年のトロットスター産駒みたいな、“ユニオンでしか買えない”レア血統のラインナップは無いですか?』
山『そうですねぇ・・・まだ、ペガサス20期生に出てくる馬も本決まりではないので、お答えできないところもあるんですけど・・・(ちょっと困った様子でした)』
ま『僕はセイウンスカイが好きなんですけど、ユニオンさんで出てきませんかねぇ?』
山『現在決まっている中にはありませんが、株主となっている牧場さんにセイウンスカイ産駒も居ますんで、可能性はあるかもしれません。』
ま『もし、出てきたら買いますのでよろしくお願いします。』
山『ハハハ・・・ちょっとプッシュしておきます。』
少々はぐらかされた感もありますが、セイウンスカイ産駒の出現を期待しておきましょう!!
ま『その他には?』
山『そうですねぇ・・・マークリマニッシュの05は可能性がありますね』
ま『何産駒ですか?』
山『タイキシャトル産駒です。』
ま『いつも人気のヒカリクリスタルの仔はどうですか?』
山『そうですねぇ・・・出てくるかもしれません。』
・・・と、いったように05世代の話は“未決定”ではありますがいくつかヒントが見えてきました。
(ここら辺の話は『HPに掲載する可能性がある』と断っておきましたが、他で広めないようにお願いします)

この他、育成場の話や厩舎の話、当歳先行募集馬の話などいろいろな話をしました。山室さんには1時間以上に渡って僕の相手をしていただきました。本当にありがとうございます。

また、東京に出張した際には立ち寄ろうかと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年3月26日 (日)

出張終わり

先ほど、10:00に家に戻ってまいりました。疲れました。。。今日はユニオン事務所訪問記を書こうと思いましたが、断念。。。
でも今日は、仕事の合間を見て午前中のレースを2つ、午後の重賞を2つ馬券を買いましたが、珍しく全レース的中!こんな日もあるんですね。。。こんな調子で、馬券で稼いだお金で馬を持てるといいんですけど。。。いやいや、本当は愛馬が稼いだお金でお金が増えていくと一番いいんです!!

くだらないことを書きましたが、明日はしっかりと書きます。ちなみに、明日は職場内の人事が発表されます。。。楽しみだ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月25日 (土)

今日は東京出張です

昨日はブログを更新できずスイマセン。夜更かししすぎて、『てっぺん』を過ぎてしまいました。
ユニオン事務所とローレル事務所にはしっかり寄ってきましたので、明日以降に訪問記を当ブログにて書こうと思います。楽しみに待っていてください。

今日は一日中、東京千代田区の科学技術館で行われている『エネルギー教育フェア2006』に行ってきました。(仕事です)
なかなか疲れました。
隣の日本武道館では日本大学の卒業式があり、地下鉄九段下駅から大混雑でした。ちなみに明日は同会場で明治大学の卒業式だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月23日 (木)

04世代馬名決定

3日前にユニオン全馬の登録名が決定しましたが、ローレルクラブの04世代も本日のペンカーレッグの04の馬名が決定し、全ての馬の登録名が決定(追加募集馬を除く)したことになりました。

ペンカーレッグの04は『クリオ』に決定しました。ありがたいことに、この世代2頭目の名付け親になることとなりました!!ここは、素直に喜びたいと思います。
ちなみに以下がローレルクラブへ応募したメールの原文です。

【応募馬名】 クリオ
【綴り】    Clio
【言語名】  ラテン語
【意味由来】 ギリシャ神話に登場する文芸の女神。『祝福する女の意』。勝利して、祝福のされるように。

ユニオンで採用された馬名が『クオン』、ローレルで採用された馬名が『クリオ』・・・本当に偶然ですが、両方とも“ク”で始まる3文字の馬名ですね。来年もこの路線(?)で命名していくか、長く凝った名前で新境地を拓くか・・・。
まだ、“ローレル○○”といった冠名を持った馬名採用が実現していませんので、既に愛馬となっているベルガールの05を含め、今年の年末に向けまた、いろいろと“カッコいい馬名”を考えていこうと思います。

ローレルクラブ04年生まれ全馬名
1.ローレルフウカの04
ローレルクロタカ Laurel Kurotaka(日本語)
冠号+『黒鷹』

2.ローレルメロウの04
ローレルアクア Laurel Aqua(英語)
冠号+『水』

3.ダンシングエコーの04
ローレルスマッシュ Laurel Smash(英語)
冠号+『突進』

4.ビッグテンビーの04
ローレルゲレイロ Laurel Guerreiro(ポルトガル語)
冠号+『戦士』

5.ダムドコンパニーの04
ローレルアクシス Laurel Axis(英語)
冠号+『軸』

7.ローレルプリンセスの04
ユーヴェリア Juwelier(独語)
『宝石商』

8.セクシーディナーの04
スリジェ Cerisier(仏語)
『桜』

9.イナズマパンジーの04
ローレルオリオン Laurel Orion(英語)
冠号+『オリオン座』

10.アペレースの04
ローレルボンバー Laurel Bomber(英語)
冠号+『爆撃機』

11.サクラソレイユの04
キルシュブリューテ Kirsch Blute(独語)
『桜の花』

12.ドラゴンティーナの04
ヌーンティーナ Noon Tina(英語)
『最盛期』+母名の一部

13.スマートダーリンの04
アマゾネス Amazones(英語)
『女傑』

14.キャタラクトの04
ペルルノワール Perle Noire(仏語)
『黒真珠』

15.モガミヒメの04
エンドレスヒロイン Endless Heroine(英語)
『永遠のヒロイン』

16.クインオブオールディーの04
バーラプレッタ Bala Preta(ポルトガル語)
『黒い弾丸』

18.センターザアイリスの04
ローレルフォレスト Laurel Forest(英語)
冠号+『森』

19.ペンカーレッグの04
クリオ Clio(ラテン語)
『祝福する女』

明日から東京出張です。それでもブログは休みませんので、明日もまたよろしくお願いいたします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年3月22日 (水)

ユニオン2歳馬馬名決定③

totoで初の2億円が出ましたね。しかも2人・・・羨ましい限りです。いつかは僕もtoto1等を的中させたいと思っております。

今日は、ユニオン2歳馬馬名決定第3弾です。

関西入厩予定牝馬たちの馬名
P2 レゾリューション・・・Resolution 父カリズマティック 母オオシマルチア
(英)決意、決断の意。

P3 ホットフレイバー・・・Hot Flavor 父タバスコキャット 母ノクターン
(英)辛い風味。父名のタバスコより連想。

P4 エヴァソーマッチ・・・Ever So Much 父アフリート 母エヴァソーライトリー
(英)非常に、本当にの意。

P5 グロースベルベット・・・Growth Velvet 父ディアブロ 母タケノダナエ
(英)祖母の名前より。グロースは成長、発達の意。 

P6 ドゥアフェイヴァー・・・Do a Favor 父マリエンバード 母フェイヴァーワン
(英)人に恩恵を施す。 

P7 アップステージ・・・Upstage 父メイショウドトウ 母テンドラー
(英)人気をさらう。自分に注意を引き付けるため相手役の背を観客に向けさせる。 

P8 シュトラーレン・・・Strahlen 父スキャターザゴールド 母ユーフォリア
(独)輝く。常に輝く存在であって欲しいと願って。 

P9 マニッシュノーヴァ・・・Mannish Nova 父スペシャルウィーク 母マークリマニッシュ
(英)マニッシュは母名。ノーヴァは新星の意。母名マークリ(水星)より連想。 

P10 イントレランス・・・Intolerance 父スクワートルスクワート 母インポート
(英)1916年米サイレント映画最高傑作のタイトル。

P11 ワンダーボイス・・・Wonder Voice 父グラスワンダー 母ソフトボイス
(英)素晴らしい声。驚嘆の声。 

P12 グロリーゲイン・・・Glory Gain 父タマモクロス 母マキハタグロリー
(英)栄光の勝利。

P13 グリッターエルフ・・・Glitter Elf 父テイエムオペラオー 母ダンシングエルフ
(英)きらきら輝く+母名 

P14 クルム・・・Kureum 父アドマイヤベガ 母チャリタブル
(韓)雲。 

P16 エルカズネ・・・El Khazneh 父ブライアンズタイム 母ペトラ
(アラビア)ペトラ遺跡にある最も有名な建造物。

ちなみに金曜日に東京へ出張するときにユニオン&ローレル事務所へ遊びに行ってこようと思います。連絡事、苦情等ありましたらメールをください。確実に伝えようと思います!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年3月21日 (火)

今日の出来事

WBC日本代表が優勝しましたね。おめでとうございます。今日1にちは仕事や競馬も無かったので家族や家のためにめいっぱい時間を使いました。

・・・ということで、午前中はペットのシャンプーと庭の手入れ(途中ローソンへtotoを買いに行きましたが)。昼食後は息子の入学準備のためにショッピングセンターへ出向きました。だから、WBC決勝は昼食中の僅かな時間とショッピングセンターの電気屋さんで見た試合終了間際の部分だけなので、ここであれこれ書くことはできません。。。でも、日本の優勝は嬉しいですね!!

明日は、7人制ラグビー東海大会のレフリーということで出張です。(近いんですけどね)
7人制のレフリーは2年振りなので、ポジション取りが上手くできるかどうか心配です。(しかも、東海大会という大きな大会ですし。。。)
とりあえず、皆さんに文句を言われないように頑張ってきます。・・・ということで今日は早めに寝ちゃいます。

あと、Jリーグではジュビロ磐田が今季初勝利!!上昇気流に乗れます様に。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月20日 (月)

Jリーグ第4節

明日は“春分の日”。土日ではないので、競馬もありません。ゆっくりとした1日を過ごせそうです。
しかし、Jリーグはあるんですね。開幕3戦で未勝利のジュビロ磐田は敵地でアルビレックス新潟と対戦します。何とか頑張ってもらいたいと思います。

・・・ということで、totoの販売もあります。以前にも書きましたがローソン・ファミリーマートでは明日の11:30まで。指定販売店では12:00まで。インターネット販売は13:00までです。現在totoは3回連続1等当選がありません。つまり、今シーズンのtotoをパーフェクトに当てた人はいないんですね。キャリーオーバーは332,366,910円に膨れ上がっています。これは買うしかありません!!
明日の開催は変則日ですので、toto購入者は減るでしょう。。。ということは、ライバルが減るわけです。このブログを見て、totoの購入を考えた方は“ビッグキャリーオーバー”を手中にできるチャンスです。
僕は、いつものスタンスでバッチリ買う予定です。今日から、僕のHPでもtoto予想を載せる事にしました。(→http://www4.tokai.or.jp/msports/yamaha.html
totoの購入については公式HPでどうぞ(→http://www.toto-dream.com/

僕は2億円が当たったら、母校に人工芝のグランドができるように当選金の一部を寄付します!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月19日 (日)

パシスタ4戦目

雪で開催延期となった1月23日(月)のレースで、タイムオーバーとなって以来のレースを今日、迎えることとなりました。前走は初ダート。初の道悪ということも影響したようで、道中砂を被って走る気を無くしてしまったようです。

・・・ということで、今回は得意(?)の芝に戻っての1戦。しかも血統的には合うであろう2200㍍という長距離戦。不安が多いものの内心は楽しみにしていました。鞍上に四位騎手を配し、戸田先生も『3コーナーからの捲り差しが合うだろう』と、作戦まではっきりとさせてくれました。468㌔(-2)で登場したパドックではチャカチャカしていて、嫌な感じ。。。騎手を乗せた後も気合が乗らずレースの時間を迎えました。スタートであおって出遅れ、今回は後方待機から早めに捲くる作戦ということもあり、道中は無理せず最後方を追走。3コーナー入り口からムチを入れながら仕掛け、4コーナーで大外を回って上位進出を図るが、捲くり切る脚はなく、直線も余力はありませんでした(15/16着)。。。残念ながら見せ場すら作れず、クラブからのコメントをHPで見るまでは『引退』・・・という言葉も浮かぶような不安を感じました。。。HPでの戸田先生のコメントは以下のようでした。
「返し馬や道中は良い雰囲気だったけど、仕掛けてからの反応が悪かったね。走る気に欠けるので、一回短距離戦を使って、馬に刺激を与えてみるのも良いかもしれない。気持ちが走る方向に向いてきたら、また長めの距離を試してみましょう」
・・・とりあえず、引退は無さそうなので安心しましたが、“走る気に欠けている”というところはものすごく引っかかります。タイムオーバー前よりも調教のタイムは少し良くなっており、併せ馬でもパートナーより先着するなど『成長したかなぁ・・・』と思ったりもしましたが、パドックからレースにかけて“良くない”ですね。。。
短距離戦を使ってパシスタに刺激を与えてくれるようです。いろいろと試してくれる先生に感謝しつつ、パシスタも先生の期待に早く応えてくれるように頑張ってもらいたいと思います。

パシスタの成績を他所にユニオンは今日も1勝。ここのところ好調で勝ち星を重ねてきています。ローレルクラブも負けないように頑張ってもらいたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月18日 (土)

中京競馬場&イクタTF遠征

今日は中京競馬場とイクタTFへ行ってきました。
2Rに出走したユニオンのハバロネキャットはパドック写真は撮ったものの応援馬券購入は間に合わず・・・レースも見ましたがスタートが悪く終始後方からのレースで9着。小さい馬が-12㌔でもっと小さく見えてしまいました。『素質はある』と村田一誠騎手も言っているので、成長を含めた馬体のボリュームアップを図り、次戦頑張って欲しいと思います。
4Rに出走したローレルCのローレルエルドラドも-8㌔。そんなにガレている感じはありませんでしたが、馬に迫力が感じられませんでしたね。良いようにとれば『落ち着いている感じが・・・』とも思いましたけど。それでも凄く良く見えたのは⑬アースクリスハーンだけだったので、『これはもしかして・・・』と、期待が高まりました。単勝馬券を少々と複勝馬券をそれ以上に少し。馬券を握り締め応援したローレルエルドラドは悔しいレースで9着。。。スタートもまずまずだったし、向正面でも好位置をキープして走っていただけに3コーナーから下げて最後方からの追い込みは勿体無かったですね。特に最後は追い込める脚を見せてくれただけに。。。レース後のレクチャーで聞いたのですがやっぱり塚田騎手は久保田先生に怒られてしまったようです。一緒に見ていた“のんくんさん”は『小倉で負けた時と同じ様な感じのレースだ・・・』と評していましたし、塚田騎手の奮起と成長に期待したいものです。幸いにも『次にエルドラドに騎乗するときには・・・』の前に同じ勝負服を着て勝負できるチャンスが明日にあります(日曜日中京4Rローレルナイト)。厩舎は違いますがローレルクラブの会員さんはみんな見ていますので、塚田騎手の“奮起”に期待し、ローレルクラブ3勝目を待ちましょう!!
それから昼に中京競馬場を後にして、イクタTFへ向かいました。途中に昼食をとりましたが、イクタTFまで1時間ちょっとで着きました。(山道で大変でしたが・・・)意外と近いんですね。ここにも“のんくんさん”が付き合ってくれました。帰りは大変だったのではないでしょうか?でも、お付き合いしていただきありがとうございました。
イクタTFで放牧中の愛馬ローレルウェルシュの印象は『昨秋に会ったときよりも(大人っぽい)凛々しい顔つきになったなぁ・・・』でした。イクタTFのNo1乗り役である稲本さんは『余分な肉が取れて大人っぽく見えるようになりましたが、中身はまだまだ子供ですよ・・・』とおっしゃっていました。以前ローレルクラブの会報にも書かれた“舌を出して触ってもらいたがる癖”は健在で、今日もバッチリ触ってきました。
ソエもまだまだ腫れが(大分良くなりましたが)引ききっていませんし、裂蹄の方がまだまだ時間がかかりそうということなので、稲本さんや生田さんをはじめスタッフの皆さんに任せて、いい形で復帰してもらいたいと思います。また、夏バテになっちゃうと嫌なので、その前に1つ勝たせてあげてください。イクタTFの皆さん本当によろしくお願いします。

今日は、“競馬場&牧場”見学ということで、よく考えると1日で“競馬場&牧場”セットは初めての経験でしたね。贅沢で楽しい一日を過ごしたんですね。また、こんな贅沢な1日を過ごせる日が来るといいです。。。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年3月17日 (金)

明日は中京競馬場へ

WBC日本が準決勝進出を決めました。昨日の悲しみに暮れた1日は何だったのでしょうか?そして、僕自身も半分投げやりとも取れるような文章でメキシコやアメリカに失礼なことを書いてしまいましたが、反省しています。。。試合は見ていませんが少なくとも八百長まがいのことは無かったようですね。
しかし、準決勝に進出した日本の相手は三度“韓国”です。やっぱりこの大会の組み合わせについては問題があると思う。。。

・・・ということで、アメリカが負けた“野球最大の祭典”はどのように評価されるのでしょうか?僕は少し心配です。でも、日本は“才能”と“運”があったと言うことで、次の試合も頑張って欲しいと思います。
明日は、中京競馬場に行ってきます。中京競馬場での愛馬の出走はありませんが、来週の週末は出張という事もあり、今週で中京競馬場にいけるチャンスが最後になってしまうので行こうかと思います。4Rに出走するローレルエルドラドを持っている方が結構いらっしゃるのでそこには絶対に間に合うように行こうと思っています。前評判でも勝負になりそうな感じなので、是非知り合いの口取り参加を見たいと思っています。
2Rにはユニオンのハバネロキャットが出走しますので、頑張ってそのレースに間に合うように家を出て写真に収めようと思っています。
明日はメインまで見ることはせず、午後はイクタTFさんへ遠征します。ソエと裂蹄の治療を受けている愛馬ローレルウェルシュの陣中見舞いに行ってまいります。2回の出走で素質の片鱗を見せたウェルシュですが、デビュー戦のパドックでは彼らしいおっとりとした顔を見ましたが、レースでは熊沢騎手に鞭を入れられキレたように必死の形相で走ったウェルシュを見ました。明日、イクタTFで見るウェルシュはどんな顔をしているのでしょうか?今から楽しみです。
明日は一日競走馬三昧となりそうなので、今日は早く寝ることにします。。。

あと、今日は息子の卒園式がありました。子供の成長は早いものですね。。。4月からは公共の交通機関の移動でも子供料金がかかってしまうんですね。。。痛いです。
卒園式では妻が感極まって涙を出していましたが、それを見て『鬼の目にも涙だね・・・』とか言ってからかったら、妻をかなり怒らせてしまいました。これを根にもたれると明日の遠征にも影響が出るので、状況によってはご機嫌を取らなければいけなくなるかも。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月16日 (木)

ユニオン2歳馬馬名決定②

WBC日本代表は負けてしまいましたね。。。まだ数字上、準決勝進出の望みはありますが多分無理でしょうね。大会前からアメリカのためのWBCと分かっていましたが、大会がすすむにつれてそれを感じるところが多くなってきました。(アメリカ戦の疑惑のジャッジもそうですが、審判の割り当てだとか日程だとか組み合わせだとか。。。準決勝で予選の同リーグの1位と2位がまた戦うなんておかしいですよね)
この状態の大会でメキシコが全力で勝利を目指すとは考えられないし、悪い考えをするならお金が動いていそうで・・・。惜しい戦いを続けながら勝ちに結び付けられなかったことを素直に悔やむしかないですね。

・・・ということはとりあえずおいといて、今日もユニオン2歳馬の馬名を。。。

P41 シンゲッティー・・・Chinguetti  父デザートストーリー 母セリーズエレガンテ
(アラブ)モーリタニアの中で最も美しい砂丘に囲まれた街。父名より連想。

P42 シーフェニックス・・・Sea Phoenix 父ニホンピロニール 母タニノビッグネーム
(英)海の不死鳥。名馬シーバードのクロスから連想。

P43 ダブルデライト・・・Double Delight  父キングヘイロー 母ロージーレディー
(英)バラの品種の一種。母名より連想。

P44 クロムウェル・・・Cromwell 父サフロンウェルデン 母タケノスピカ
(英)ピューリタン革命の指導者。

P45 エクレールブラン・・・Eclair Blanc 父タマモクロス 母タケノデュムカ
(仏)白い稲妻。芦毛の馬体、父の活躍から連想。

P46 ドラコンギネス・・・Dorakon Guinness 父スクワートルスクワート 母オーケーパット
(英)ゴルフのドライバーコンテスト。ギネスは世界一。世界一の飛ばし屋。

P47 シャイニングエッジ・・・Shining Edge 父シルクジャスティス 母トミマリア
(英)鋭さが輝くように。父の脚質より連想。

P48 カピターノ・・・Capitano 父キャプテンスティーヴ 母タケショウティアラ
(伊)船長。父名より連想。

P49 プラネタリウム・・・Planetarium  父アドマイヤベガ 母エッコ
(英)星座投影機。父名のベガ、母系のスターロッチより連想。

P50 ストロングビート・・・Strong Beat  父タヤスツヨシ 母ライブミュージック
(英)強い鼓動。父、母名より連想。

P51 フリートアドミラル・・・Fleet Admiral  父アフリート 母リキアイメガミ
(英)海軍元帥。父名より連想。 

P52 サンベルナール・・・Saint Bernard  父バブルガムフェロー 母フィアクリス
(仏)ナポレオンがオーストリア軍を急襲するため、アルプス越えを果たした峠。正に「不可能の文字はない」様に育って欲しい。

個人的に一番気に入っているのはP45のエクレールブラン(Eclair Blanc)でしょうか?名前の響きがいいことに加えて、父タマモクロスということで出資を考えていた馬なので(現在は満口)、ユニオンを代表する活躍馬になってるれるといなぁ・・・と思っています。もちろんクオンにはそれ以上の活躍を望みますけど。。。

明日はこの話題以外で書こうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月15日 (水)

ユニオン2歳馬馬名決定①

今日は3ヶ月ぶりに髪の毛を切りに行ってきました。かなりバッサリと切ったので、週末にお会いできそうな方には爽やかな僕を見てもらえそうです。

・・・ということで、週末にはイクタさんへ愛馬ウェルシュに会いに行こうと思っていますが、日曜日は雨が降るかもしれないので、遠征日を土曜日に変更するかもしれません。気持ちはあくまでもサッカー主体ではなく愛馬主体で・・・。
今日は久々にユニオンの話題で。4夜連続ではありませんが4回に分けて各馬の名前を掲載しようと思います。HPでは会員専用ページのみの発表ですが、クラブに許可をいただきましたので堂々と書かせていただきます。

関東入厩予定牝馬たちの馬名
P26ビカムアレジェンド・・・Become a Legend 父デザートストーリー 母アイウェイトスター
(英)語り草になる、伝説になるの意。母名のスターを待っているより連想。

P27 ルクラージュ・・・Le Courage 父タイキシャトル 母シェラムール
(仏)元気を出しての意。仏語名の母、父が仏G1優勝馬であることより連想。

P28 シルバーゴブレット・・・Silver Goblet 父ティンバーカントリー 母レディーシャルダン
(英)仏国の画家シャルダンの代表作「銀のゴブレット」。母名より連想。

P29 ゲラウトマイウエイ・・・Get Out My Way 父スキャターザゴールド 母ムヒバー
(英)自分の前は誰も走らせない。

P30 レッドコサージュ・・・Red Corsage 父ジャングルポケット 母サザンカ
(英)赤い花飾り。母名(山茶花)より連想。

P31 ハッピーパセリ・・・Happy Parsley 父メジロライアン 母アイリスデイズ
(英)パセリの花言葉は「勝利」。母名が花の名なので。

P32 サルンガ・・・Sarnga 父ナリタトップロード 母スピーディーギャル
(ヒンドゥー)ヒンドゥー教の最高神が持っている「光の弓」の名。本馬の毛色から連想。

P33 ベルファスト・・・Belfast 父メイショウオウドウ 母ミスレディベンド
(英)父の王、母の父から川。テムズ川を連想。テムズ川に繋留されている女王陛下の重巡洋艦。

P34 クーヴェルチュール・・・Couverture 父ブラックホーク 母ヒカリクリスタル
(仏)製菓用の最高級チョコレート。本馬の誕生日2/14より連想。

P35 リヴィール・・・Reveal 父コマンダーインチーフ 母レーブドグランパ
(英)表わす。示す。持っている能力を明らかにして欲しい。

P36 エターナルフラワー・・・Eternal Flower 父カリズマティック 母エンドレスパワー
(英)永遠の花。母名より連想。

P37 ファディスタ・・・Fadista 父タイキシャトル 母ミストラルアゲン
(葡)リスボンの民族歌謡「Fado」の歌い手。

P38 ハーツイーズ・・・Heart's Ease 父タイキシャトル 母ミナミノパンジー
(英)ハート型の花弁を持つパンジーの一種。母名より連想。

P39 ディスパージョン・・・Dispersion 父タバスコキャット 母ダイヤモンドロッチ
(英)ダイヤの輝きの種類。内部から放出する7色の虹の輝き。母より連想。

P40 ブエナスエルテ・・・Buena Suerte 父サザンヘイロー 母ギンガノユメ
(西)父ゆかりのアルゼンチンの公用語、スペイン語で「グッドラック」の意。

いかがですか?ローレルクラブを含めた各一口クラブの馬名とも一味違った感じではないでしょうか?

ちなみに今日からこのブログでコメントを受けるようにしました。こちらへの書き込みもよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月14日 (火)

週末の予定は・・・

今日はトップページをリニューアルしてみました。一応、2週間ほどの製作期間を経て完成しました。今後もこのホームページをよろしくお願いいたします。

・・・ということで、何とか完成させることができました。次は愛馬クオンのプロフィールと10日に行ってきた新着情報の更新ですね。ちなみに今日は『動くパドック』のコーナーで10日のクオンの調教の様子をアップしていますのでご覧ください。
さて、4月からの(職場内の)人事の打診もあり、予想通り4月以降は忙しくなりそうです!来週の週末は東京出張なので、確実に楽しめる週末は今週だけになります。・・・ということで、週末の予定を考えてみました。

土曜日は、息子が行きたがるであろうジュビロ磐田対京都パープルサンガをジュビロスタジアムへ見に行こうと思います。しかし、このジュビロ磐田ですが現在のところ1敗1分。。。かなりまずい状況です。2試合で2得点(4失点)ですが、得点者が田中誠と茶野。セットプレーからの得点のみということで、まだまだ課題が多いようです。早いところフィールドプレイからフォワードが得点をするようないい形が見れることを期待したいと思います。失点の方は・・・システムを変えたりして迷っているようなので、苦労するかなぁ・・・まぁ、高い個人能力で抑えて欲しいですね。

日曜日は、愛馬に会いに行こうと思います。その主役は裂蹄とソエで戦線離脱をしている“ローレルウェルシュ”です。愛知県豊田市にあるイクタTFさんで放牧中ということで、せっかく近くに来ているので会いに行こうと思います。この馬は2年前の夏に北海道で初めて会い(実際に目にした初めての愛馬です)、昨秋には夏バテでイクタTFにて休養中の彼のお見舞い(?)に2回行ってきた、そして京都へデビュー戦観戦と僕なりに愛情の深い愛馬です。今週末のチャンスを逃すと会うことができなくなるかもしれないので、どうにかして会いに行ってこようと思います。・・・そして、その後は。。。せっかくなので3つのパターンを考えてみました。

第1案・・・お馬さんいっぱいプラン
まず、イクタTFさんで愛馬ローレルウェルシュと再会した後、最寄の豊田松平ICから豊明ICを目指します。そして、中京競馬場へ。実はこの間の移動は約1時間。高速道路が整備されたおかげでかなり近くなりました。
ちなみに、この日の中京競馬場ではおそらく愛馬の出走は無いと思われますが、たくさんの競走馬と会えるし、もしかしたら会員さんとも会うことができるかもしれません。
・・・なかなか楽しめそうですね。

第2案・・・東海地区牧場めぐりプラン
第1案と同じく、イクタTFさんで愛馬ローレルウェルシュと再会した後、最寄の豊田松平ICから四日市東ICを目指します。(1時間ほどかかりますね)
ここからこの前にも行ったばかりの三重大静牧場さん(ユニオンのクオンとローレルのフェアリーアスカが居ます)や三重HTC(ユニオンのプルミエールマルクが居ます)を見学しようと思います。
・・・牧場めぐりは楽しいですからこのプランも魅力がありますね。

第3案・・・ローレルウェルシュのみプラン
イクタTFでローレルウェルシュに会ったあとはどこかでゆっくりと昼食を取りながらかえる・・・次の日は仕事ですから疲労を残さずに楽しめそうですが、ちょっと物足りないかも。。。

このような3つのプランを立ててみました。家族との相談も必要ですが、どれかひとつを実行したいですね。もし、どこかでお会いできそうでしたらご一報ください!(同行でもか構いませんけど!!)

それと今日知ったのですが、愛馬パシスタがこの日、中山競馬場に出走するようです。イクタTFさんとアポが取れなかったりしたら、こちらに出向くかもしれません。。。まぁ、経済的に厳しいので中山遠征の可能性は低いと思いますけど。。。

| | トラックバック (0)

2006年3月13日 (月)

WBCアメリカ戦

ここのところ仕事が予想以上に忙しい。。。HPの更新は今日も断念。大静牧場へ行ったレポートも全くの手つかず。。。何とか頑張ろうと思いますので、もう少しお待ちください。

・・・ということで、そんな忙しい職場でも朝は珍しくテレビがついていました。そうです。WBCの2次予選の日本代表-アメリカ代表戦でした。イチローの先頭打者ホームランなどで日本が3点を先制するものの米国の反撃に遭い、6回に3―3の同点に追いつかれてしまった。3―3で迎えた9回、ツーアウト満塁の場面で、藤川球児がピンチの中でも粘り強く投げるもアレックス・ロドリゲスにサヨナラ安打を許してしまった。
この試合でやっぱり注目すべき点は、3―3の8回にロッテの西岡が三塁からタッチアップでホームにかえり、貴重なリードを奪ったかと思ったが、米国側による「タッチアップが早かった」とのアピールが認められ、ファールスタートということで得点が認められなかったところですね。
王監督が抗議している間にも何度かリプレイが流れていましたが、やっぱりスタートが早い様には見えませんでした。ここではじめて気付きました。WBCはビデオジャッジを採用していないんですね。それでは審判のジャッジなので覆らなくても仕方が無いのかもしれませんね。この試合を残念と思うのか?アメリカを相手によく頑張ったと思うのか?皆さんはどちらなのでしょう?僕は密かに後者です。もちろん悔しいですが、敵わないと思っていた相手だったので互角に戦ったことは凄いことだと思いました。この後に続くメキシコ戦、韓国戦に連勝して、是非決勝戦で再びアメリカと戦いリベンジを果たしてくれることを期待しています。

ところで、『ワールド・ベースボール・クラシック』ですが、五輪に代わる野球界主導の最高峰の国際大会として育てたい意向があるようで、今回が第1回となるわけですが、あえて『Classic(古典的・伝統的)』といった言葉をつけているようです。因みにMLBでは夏のオールスターゲームが別名Mid Summer Classic、同様に秋のワールドシリーズがFall Classicと呼ばれています。

| | トラックバック (0)

2006年3月12日 (日)

馬名決定第一弾(ローレルC)

今日は久々に“いつもの日曜日”を過ごしました。

・・・ということで、平凡な1日だったので特にビッグスクープも無いのでちょこっと前の話題を取り上げます。
ローレルクラブ2歳馬の馬名が決まり始めました。とりあえず、軽種馬登録協会より通知があった6頭について発表されました。その馬名については以下の通りです。(ローレルクラブ公式ページより)

4.ビッグテンビーの04
ローレルゲレイロ Laurel Guerreiro(ポルトガル語)
冠号+『戦士』

11.サクラソレイユの04
キルシュブリューテ Kirsch Blute(独語)
『桜の花』

12.ドラゴンティーナの04
ヌーンティーナ Noon Tina(英語)
『最盛期』+母名の一部

13.スマートダーリンの04
アマゾネス Amazones(英語)
『女傑』

15.モガミヒメの04
エンドレスヒロイン Endless Heroine(英語)
『永遠のヒロイン』

18.センターザアイリスの04
ローレルフォレスト Laurel Forest(英語)
冠号+青『森』産馬代表を目指す

僕が出資している馬の発表はありませんでした。しかし、他の馬についても申請を済ませているそうなので、近いうちに発表になることと思います。
この中で、出資を迷っていて馬名も応募したのが“ドラゴンティーナの04”でしたが、僕の応募した馬名は採用されませんでしたね。非出資者からの応募というハンディもあったかもしれませんが残念です。しかし、『ヌーンティーナ』は覚えやすい名前だと思うので良かったのではないかと思います。僕が考えた名前はといいますと・・・恥をさらすので、ここでの発表はやめておきます。
これで、『ヌーンティーナ』への“即出資”は無くなりましたが、今後も“注目検討馬”であることは変わらないので、今後の様子を見守ろうと思います。他の競走馬の馬名も“無難”と言えば“無難”ですが、発音しにくい馬名や覚え難い馬名も無いので良かったのではないかと思います。
しかし、この“馬名”って言うのは各クラブの雰囲気というかセンスがくっきりと出て面白いですね。馬名が採用になった会員の皆様おめでとうございます!!

あと、毛色の変更も発表されましたね。その変更については以下の通りです。

4.ビッグテンビーの04(ローレルゲレイロ)
黒鹿毛 → 青鹿毛

5.ダムドコンパニーの04
栗毛 → 栃栗毛

10.アペレースの04
黒鹿毛 → 青鹿毛

14.キャタラクトの04
黒鹿毛 → 青鹿毛

15.モガミヒメの04(エンドレスヒロイン)
鹿毛 → 黒鹿毛

16.クインオブオールディーの04
鹿毛 → 黒鹿毛   
 
愛馬の変更は『ダムドコンパニーの04』だけでした。しかし、この“栗毛→栃栗毛”の変更は非常に嬉しかったです。それは、この04世代は大量5頭に出資しているわけですが、“セクシーディナーの04”を除く4頭が“栗毛”での募集だったからです。別に“栗毛が嫌”というわけではありません(逆に大好きな毛色です)が“栃栗毛”と言う響きも大好きですし、“栗毛ばかり”からアクセントが発生したので良かったです。
そういえば、出資検討第一候補になっている“ヌーンティーナ”も栗毛でしたね。

さぁ、愛馬も含まれるであろう“馬名発表”を楽しみに待つことにしましょう!

| | トラックバック (0)

2006年3月11日 (土)

★★★

送別会3連荘の最終日。今日も『午前様』でした。明日は午前中は柔道ですが、夜はゆっくりできそうです。

| | トラックバック (0)

2006年3月10日 (金)

クオンと再会

昨日は、初めてブログを休みました。。。やっぱり不具合が生じていたらしくココログにログインできない状況が続いていたとのことでした。

・・・ということで、今日ははりきって書くぞ!!・・・と、思ったものの実は既に11日の2時を越えていたりします。。。そういうことなので、今日一日の動きを大雑把に書きます。

今日はハードでした。仕事が忙しいと分かっていながら(何とか昨日までに終わらせようとしましたがムリでした)愛馬クオンに会う日程を組んでしまったのです。まず、朝4:45に起きて準備。5:30には家を出発。9:00に三重大静牧場に到着したわけですが、今日は1人ではありませんでした。当然、幼稚園に通っている息子も一緒ではありません。今回はこのHPのBBSによく書き込みをしてくださる“スズカテツキングさん”と現地で待ち合わせをして、一緒にクオンを見学しました。
雨の中の見学となりましたが、スズカテツキングさんはビデオ撮影係をしていただきました。。。本当に助かりました。ありがとうございます。近日中にスズカテツキングさん撮影の『動く!パドック!!』をアップします。
三重大静牧場見学の詳細は新着情報の方でレポートをまとめたいと思います。

とりあえず、クオンは元気でした。それから、やっぱり良い馬で期待が高まりましたよ。

そして、昼まえには浜松へ向かい、午後3時前には職場へ。7時前まで仕事をこなした後は、送別会会場へ。(3日連続送別会の2日目です)・・・そして、帰ってきたのが日付が変わって12:30。。。まぁ、長い一日でした。

でも、本当に楽しい一日でした。スズカテツキングさんありがとうございました。本当に楽しかったです。また、一緒に一口馬主を楽しみましょうね!!

ということで、今日はこれまで!!

| | トラックバック (0)

2006年3月 8日 (水)

一攫千金

今日は仕事をなめていた為に、遅くまで職場にいる羽目になってしまいました。。。残業代出ないのに・・・。家にも仕事を持ち込んで今も頑張っています。。。

・・・ということで、明日は仕事をなめてかからず、朝一から頑張ろうと思います。
そして、仕事の帰りには。。。ロト6を買おうと思います。現在、ビッグキャリーオーバー中です。ロト6を買えば、明日には4億円を手にすることができるかもしれません。。。週末に販売が締め切りとなるサッカーくじtotoもキャリーオーバー発生中。こちらは2億円のチャンスです。
1週間で6億円を稼ぐことができるように頑張ります!

・・・結局、仕事で稼ごうとせず楽して稼ごうとしている僕は、人生をなめているのかもしれませんね。。。世の中そんなに甘くないかもしれないが夢を見る!!

| | トラックバック (0)

2006年3月 7日 (火)

日本軽種馬登録協会

3月に入り、気温も徐々に上昇し過ごし易くなってきました。この度、また牧場遠征を計画しております。ターゲットは新しく愛馬に仲間入りした『クオン』の育成をしている三重大静牧場です。スケジュールが合えばすぐ近くの三重ホーストレーニングセンターにも寄ろうと考えております。何か、取材の希望がありましたら早めに連絡ください。

・・・ということで、3ヶ月連続の牧場見学を敢行。4月以降は行けなくなりそうなので、頑張っちゃいます。
今日は、日本軽種馬登録協会について。
財団法人日本軽種馬協会のホームページよりお仕事の内容を見ると。。。
軽種馬の登録
軽種馬の登録証明書の発行
軽種馬の登録書その他関係図書の刊行
軽種馬の改良増殖に関する調査研究
その他協会の目的を達成するために必要な事業
・・・となっています。

まぁ、一口馬主を楽しむ僕たちにとって一番関心のある仕事内容は、『愛馬の名前を決定・登録する』ということだと思う。
僕たちの応募した馬名は各クラブ(クラブのスタッフさんが検討したり、生産者や提供者の方が検討したりといろいろな形があるようですが・・・)が3つの候補に絞り込みます。そして、日本軽種馬登録協会に提出となるそうです。

協会は提出された馬名の言葉が存在するのか?とか、意味などを調べたり、著作権等の違反や商標となるものはないか、そして既に登録されている名前や似ている言葉となっていないかを判断してくれるようです。

僕の愛馬“ハルカチャン”も、第一候補で出された馬名が既に登録されていた名前と響きが近いという理由で一度突き返されたと他の会員さんから聞いたことを思い出しました。

最近、各一口クラブの馬名が発表になったり発表直前だったりということで、某匿名掲示板もこの手の話で持ちきりだったりするわけですが、キャロットクラブでのスレッドで『僕の応募した馬名は1字違いで没になりました』という書き込みがありました。
このHPにもよく書き込みをしてくださる“のんくんさん”も愛馬フローラルマジックの2004にレンデフロール(〔仏語〕Reine de Fleur)応募したはずが、レンデフルール(花の女王〔仏語〕Reine de Fleur)と一文字変わって採用されたと聞きました。(hideさんのBBSで見かけたのですがそうでしたよね。。。)

聞くところによると、馬主側(クラブなど)が提出した馬名を日本軽種馬登録協会の方で『こっちの読み方のほうが正しい』といった理由で勝手に変えられてしまうことがあるそうです。(今回のキャロットさんの件や“のんくんさん”のレンデフルールについてはクラブの段階で変更になったのか協会で変更になったのかは分かりませんが・・・)

クラブの馬にかかわらず、一文字変わるだけでイメージがグッと変わることもあるので、登録協会さんは『こっちの読み方が正しいから・・・』とか硬いことを言わずに、『この読み方でも意味は通じるなぁ・・・』といった感じの柔らかいスタンスでやってくれるといいかもしれません。

レンデフロールとレンデフルール・・・一文字変わっても素晴らしい名前のままだと思いますが、のんくんさんの胸の内はどうなんでしょう?

| | トラックバック (0)

2006年3月 6日 (月)

長いシーズン

アメリカンフットボールは、常夏のハワイで開催された“お祭り”プロボウルと共に昨年9月に始まったシーズンも終了となりました。

僕の応援するスティーラーズが26年ぶりに王座に返り咲いたわけですが、今シーズンを思い返してみて印象深く感じられるのはチームの勢いが大切だということでした。レギュラーシーズンでは完璧だったコルツがまさかのプレーオフ敗退に終わったのは、勢いのピークが前に来すぎたことが大きかったと感じました。同じことはAFC北地区で快進撃を見せ、スティーラーズを上回り地区優勝を果たしたベンガルズにもいえることだと思いました。
対してスティーラーズは一時多くの負傷者を抱えて連敗もしたが、12月になって陣容が揃い始めると、終盤4連勝を果たし、勢いに乗ってプレーオフに突入するまでに復調しました。
昨年の2004-2005シーズンではレギュラーシーズンを14連勝を含む15勝1敗の圧倒的な強さでプレーオフに臨むも2回戦であっさりと敗れてしまったことを思い出します。これは、新人QBのベン・ロスリスバーガーの調子がシーズン後半になって下降していったことが大きな原因だと思います。

日本では今週からJリーグが開幕しました。応援するジュビロ磐田が戦うJ1は全34節、J2に至っては全52節(チーム数が奇数なので4節分の休みがあります)、それぞれ12月2日までの戦いとなります。加えて、ナビスコカップや日本代表の試合、もちろんワールドカップもあります。

昨日のジュビロ磐田の引き分けは確かに残念でした。しかし『不調時をどのように乗り切るか?』、『好調の波をどこにもっていくのか?』ここら辺をジュビロ磐田の山本昌邦がコントロールできるようであれば『秋から冬にかけて楽しめるかもしれない・・・』と思いました。
でも、チームの好調時や不調時って、メディアや周りの人たちが思うほど、現場の人にはなかなか気づくのが難しいことなんですよね。歴戦の名監督なら、もしかしたら分かるのかもしれませんけど。。。

アメリカンフットボールも20週を超える長丁場でしたが、Jリーグも『どう勢いをつけ、維持していくか』が栄冠を勝ち取るための重要な要素であると思います。アメリカンフットボールの今シーズンを振り返って、そんなことを考えました。

| | トラックバック (0)

2006年3月 5日 (日)

アビスパ福岡戦

アドミラトゥール単勝馬券への応募、どうもありがとうございました。誰も希望者がいなかったら、それはそれで寂しかったのですが、2名の方からメールを頂きました。お譲りできる単勝馬券は1枚だったわけですが、息子を説得して複勝馬券もGetしたので、抽選することなく、2名様にお譲りさせていただきます。

・・・ということで、今日はエコパスタジアムへJリーグジュビロ磐田の開幕戦を見に行ってきました。相手はJ2から昇格したばかりのアビスパ福岡。アビスパ福岡といえば“ゴン中山”が4試合連続ハットトリックを決めた3試合目の相手。そのときのスコアが7-1だったわけで、ジュビロにとって相性の良いイメージがありました。

しかし、キックオフ直後から早いプレッシャーから果敢に攻めるアビスパに対し、相変わらずゆっくりと攻め上がり、横パスでいなしたりゴール前でシュートできるタイミングでも余分に1本多くパスをつなげてシュート機会を失ったりとストレスの溜まる試合展開でした。(昨年くらいからこのストレスはよく感じます)
新外国人のファブリシオも2週間前のプレシーズンマッチの時のように冷静なプレーは無く、イライラして不必要なファールも多く与えていました。『僕たちだけでなく、選手もストレスを感じているなぁ』と思いました。
前半は終始アビスパ福岡の勢いあるオフェンスとディフェンスに対して、ジュビロ磐田は“受け止めていなす”感じでした。
前半36分には攻撃の起点となっていたアビスパのグラウシオ(かなり上手くて目立っていた)のヒールパスを受けた右サイドハーフの宮崎選手にシュートを決められ0-1。

1点を取られてからはジュビロイレブンにも火が付いたのか、怒涛の攻めを見せるもののなかなかゴールを奪うことができませんでした。後半41分にコーナーキックから日本代表の田中誠がゴールを決め、辛うじて1-1の引き分けで試合を終えることができました。

・・・いろいろと書きたいこともありますが、とりあえず『元気なし』です。メンバーはいいと思いますので、これから徐々に連携や精度を高めリーグ制覇に向けて頑張って欲しいと思います。

アビスパ福岡も非常に良いチームでした。

| | トラックバック (0)

2006年3月 4日 (土)

中京競馬場

今日は、朝から中京競馬場に行ってきました。競馬場到着寸前に、昨日のブログにも書いたtotoをローソンで購入したのですが・・・ヴィッセル神戸ぇ~・・・ザスパ草津に0-3で負けるとは、どういうことだぁ・・・?ザスパ勝利の支持率も5%を切っているというのにこの大敗・・・。まぁ、僕が勝手に『ここは鉄板』だと思ってヴィッセルの勝利を予想してしまったのでこっちが悪いのかもしれませんが、やられましたね。。。既に1等当選の可能性がなくなりました。(でも2等はありえるぞ!)

・・・ということで、totoの話はまた最後にちょこっと触れるとして、本題に入ります。今日は愛馬の出走もありませんが家族で中京競馬場へ行って参りました。予想気温は11℃で寒さを警戒して出発したのですが、お日様が出ていて風も無く、とても暖かな一日でした。(東京から来られていた方たちは『風がある』といっていましたが、浜松の“空っ風”に比べたら無風と同然ですよ)
伊勢湾岸道路が出来たことで、我が家から中京競馬場まで50分。本当に近くなりました。
中京競馬場到着が11時前。既にローレルクラブ所属のアドミラトゥール(中京4Rに出走)がパドックで周回をしている時間でした。中京1Rに出走したユニオン所属のパスクアも見たかったのですが間に合いませんでした。(写真も取れませんでした)
早速アドミラトゥールの写真を数枚撮ったわけですが、写真を撮っている途中に『お~。。。社台RHとシチーの馬がいるじゃないかぁ~』ということに気付きました。愛馬の出走があると視野が狭くなり愛馬だけに集中してしまうのですが、今日は余裕があります。仮に写真を撮り損ねても気にしないというところもあったので、『よし!今日はローレルやユニオンに拘らず、一口馬主クラブ所属の馬の写真をいっぱい撮ろう!!』という気持ちになり、実行することにしました。ということで、1月以降更新されていない新着情報コーナーに今週中を目処に写真を一挙掲載しようと思いますので、楽しみにしていてください。

今日の競馬場は楽しかったです。僕も楽しめましたし(馬券も微+だったし)、息子も妻もそれぞれ『楽しかった!』と車の中で言っていたし、いい一日でした。
アドミラトゥール(残念ながら魅力たっぷりの5着でした)のレース後レクチャーにこっそり参加した後には、我が家と同じように家族で競馬場に来られていた会員さんと出会い、ローレルオスカーのレース(道中は最後方で心配しましたが、鬼の末脚で4着入線)も楽しく一緒に観戦したりしました。やっぱり天気のいい日に外へ出て、いろんな出会いがあると嬉しいですね。重ね重ね言いますが今日は本当に楽しかったです。(ちょっと酔ってます)
次回の中京競馬場遠征は『2週間後にローレルシードの応援に!』と勝手に思っていたのですが、肝心のシード君はローレルクラブから発表があった『疲労』が僕が思っていた以上に激しかったよう(クラブのスタッフ談)で、中京出走は難しいかもしれないとのことでした。(ということは1回福島予定?それとも脅威の回復力をみせ中京見参?)来週の土日は仕事と息子の幼稚園の奉仕作業。中京の4週目は金曜日から日曜日まで東京出張(土曜の午前は抜け出して競馬場遠征を目論んでいます)ということで、18日OR19日に中京競馬場へ行けたら行こうと考えています。
また、楽しい日になるといいなぁ・・・と思っています。
そうそう、アドミラトゥールの単勝馬券(100円)ですが、欲しい方いらっしゃいますでしょうか?もしいらっしゃいましたら、トップページの左下よりメールでお知らせください。いらっしゃらないようでしたら、ローレルクラブへ譲渡(会報のプレゼント用にと)を相談しようとも思っています。

最後にtoto情報。。。なんと、明日の試合のくじを明日の12:00まで(コンビニ販売は11:30まで)購入することができる事に気づきました。“totoGOAL3”と“minitoto-B組”です。一攫千金を狙って200円ずつチャレンジしようと思います。

| | トラックバック (0)

2006年3月 3日 (金)

Jリーグ開幕

タイトルのJリーグ開幕は明日ですが、今日はWBCが開幕しましたね。ここを書いている現在、6回表を終えて9-2で日本代表が中国代表をリードしています。今日はこのまま勝つでしょう。野球も小学生の頃はプレーしていましたし、大学在学中は友人と観戦に行ったりしていましたが、最近は・・・野球よりも好きなスポーツが多くなってしまいました。テレビ中継を見ていても、所属チームのユニフォームを着ていないと誰だか判断できない選手も何人かいました。そんな自分に少々ショックを受けています。(昔はものすごく詳しかったのに・・・)

・・・ということで、野球ももう少しのめりこんでいこうと思います。(せっかく、選手名鑑も購入したし・・・)
明日からJリーグが開幕します。僕が応援しているのは御当地チームのジュビロ磐田です。以前は常勝軍団としてJリーグに君臨しておりましたが、ここ数年は低迷とまでは行きませんが優勝争いから早々に離脱する年が続いております。今年はどうなんでしょう?
2週間前にジュビロスタジアムへプレシーズンマッチ(清水戦)を観戦しに行きましたが、昨年までの悪いところが解消されていない感じがしました。。。

とにかく、『相手のサイドアタックに弱い』(←日本代表みたい)

左のウイングバックの村井をはじめ数名が日本代表や韓国代表でチームを離脱していたものの、あまりにもサイドからセンターリングを上げられ、ヒヤヒヤのシュートを浴びていました。

それから、『ターンオーバーされてからのリカバリーが遅い』

これは、去年の夏以降、本当にイライラしたところでした。今年も見た感じでは解消されていませんね。逆に、ターンオーバーした後の攻撃はゆっくりしているし。。。

代表組が戻ってきて、どれだけ戦力が上がりチームがまとまるか分かりませんが、選手の質・層を見れば優勝争いに加わらなければならないチームだと思うので頑張ってもらいたいと思います。

そしてJリーグの開幕に併せて、サッカーくじ“toto”もはじまります。今年のtotoは会員以外でもコンビニ(ローソンとファミリーマート)で買えるようになったし、試合当日の11:30まで(特約店は12:00まで)販売するようになりました。だからJリーグは明日からの開幕ですが、明日のお昼までtotoを購入することができるのです。僕も、明日ローソンで購入します。
販売されるくじの形式も従来の13試合の勝敗を予想する“toto”と3試合のスコアを予想する“totoGOAL3”、そして今シーズン初登場である5試合の勝敗を予想する“minitoto”もはじまりました。
予想はこれから立てることにしますが、totoでガッチリ稼いで、『家のローン返済』と『愛馬・クオンへの増資』を目論んでおります。予想ではありませんがtoto購入のアドバイスをひとつ。。。開幕週はかなり荒れますので、自分が“鉄板”と思っているものについてはその予想したものを書き込み、それ以外はランダムを使ってみても面白いかもしれません。僕は多分そうするでしょう。皆さん!一攫千金を狙って購入してみてはどうでしょう?Jリーグも10倍楽しくめれるかも知れませんよ。

最後に、明日は愛馬の出走は無いものの中京競馬場へ遠征します。クラブの集合場所にも立ち寄ろうと思っていますので、皆さんよろしくお願いします。

| | トラックバック (0)

2006年3月 2日 (木)

出資しました

サッカー日本代表ですけど、ワールドカップ本番も左サイドバックは三都州選手でいくのでしょうか?オフェンス能力は高いものの、ディフェンス面ではやっぱり心配です。昔からサッカーをやっている同僚に聞くと、『昔から日本の左サイドは人材がいない。。。』と言っていました。三都州に変わる選手と言ったら村井?中田浩?・・・三都州が“不動の”レギュラーを張っている現状が、日本代表の人材不足を表しているのかもしれませんね。。。

・・・ということで『クロアチア代表がアルゼンチン代表を撃破!』というニュースが飛び込んできました。ボスニア・ヘルツェゴビナに引き分けて安心している場合ではありませんでした。日本代表にはもっと気合を入れて頑張ってもらわなければなりませんね。
今日はユニオンで馬名が採用されたペガサス21(トロットスター×ファーストステップ)に出資をお願いしてきました。決定した馬名や予定厩舎についての扱いについてもユニオンさんに問い合わせたところ『馬名については決定し公表していることなので掲載していただいても結構です。入厩先については○○入厩“予定”と入れてくだされば掲載していただいてくれても構いません。』ということだったので、ここで発表させていただきます。

馬名・・・クオン(Kuon)=馬名の意味・由来・・・(日)久遠。時間が無限にあること。永久の意の仏教用語。

・・・この馬名は僕が応募した4つの馬名のうちの第4候補であって『この名前になるとは・・・』と驚いています。それでも“馬の”名付け親にはじめてなれたので、素直に喜んでいます。補足ですが馬名の意味には『永遠に語り継がれる名馬になって欲しい』という理由もつけて応募しました。

この馬については、ユニオンの19期生が発表になってすぐにチェックをしていた馬なのですが、『馬体が小さい』ということで、自分の中でやや評価を落としていました。それから夏を越えた頃の写真で、以前とは見違えるような立派になった馬体を見て評価が急上昇しました(10月頃)。それからはユニオン募集馬では不動の出資候補No.1となりました。馬体が素晴らしく成長したことと同時に、やっぱりこの血統にも惚れました。まずは『マイナー血統』といってもいい父トロットスター産駒であるというところです。彼が現役当時に僕が応援していたスプリンターは残念ながら彼ではなく“先行馬”のダイタクヤマトでした。しかし、先行するダイタクヤマトを“強烈な追い込み”で交わすトロットスターも鮮明に覚えていました。そしてGⅠを2勝し最優秀短距離馬になったにもかかわらず、初年度産駒は14頭。。。2年目産駒はたったの2頭・・・現役時代の成績を考えるととても少ない産駒数です。おまけに昨年秋に韓国へ輸出されてしまいました。
ミスプロ系でスピード豊富なトロットスターは種牡馬として成功する可能性を十分秘めているし、祖父ダミスターは自信ももう少し長い距離で活躍していたし、産駒もマイラーが多いことから楽しみも多いと思っています。こんなにレアで頼もしい父の産駒ですから、やっぱり注目しちゃいました。
母も中央31戦4勝ということでタフに活躍した馬ですから(産駒はちょっと振るわない成績ですけど)、総額735万円はお買い得だと思いました。
今年に入って三重大静牧場で育成されています。その様子を見に行きましたが、思った以上に良い馬でした(やっぱりちょっと小さいですけど。。。)。入厩予定先の大橋調教師も気に入ってくださっているようで頻繁にチェックに来られているそうです。これは出資するしかないでしょう!!皆さん!!!

今回は懐と相談して1口のみの出資としました。予算に余裕が出てこれば増資も検討してみたいと思います。
あとはローレルクラブの馬名発表を期待して待つことにします。
『早く発表にならないかなぁ~』

| | トラックバック (0)

2006年3月 1日 (水)

疑問に思っていたこと

昨日のサッカーは日本代表のディフェンスが崩壊するも、執念の同点劇を見せてくれました。昨日の中継ではアナウンサーが『ボスニア・ヘルツェゴビナ』って連呼するのもちょっと大変そうでしたね。因みに以下がボスニア・ヘルツェゴビナの出場メンバーです。
ハセギッチ
スパヒッチ
ベルベロビッチ
ムシッチ
フルゴビッチ
パパッツ
グルイッチ
ヤキロビッチ
バイラモビッチ
ビディッチ
ベシュリヤ
ブラダビッチ
バルバレス
ラスチッチ
ミシモビッチ
イブリチッチ
バルトロビッチ
・・・ほとんど“チッチ”“チッチ”なっています。

・・・ということで、声に出して早口で連呼すると結構疲れます。・・・それは置いといて、今日は以前から気になっていることを書こうと思います。
昨年からローレルクラブの募集馬パンフレットに入厩予定厩舎の名前が掲載されるようになりました。以前は『関東予定』や『関西予定』と記されているだけで、名前をあえて記入していませんでした。一方のユニオンについては以前と同じように表向きは『関東予定』、『関西予定』となっていて、会員専用ページには予定厩舎名が書かれているスタイルです。
やっぱり以前はBBS等にも予定厩舎名を書かないような注意がありました。
昨年になって、何故ローレルクラブは厩舎名を会員でない方にも確認できるHPやパンフレットに記載するようになったのか?また、逆に以前はなぜ伏せていたのかを聞いてみました。
クラブの方の返答『一昨年までは広告やカタログへの入厩予定厩舎記載は、JRAの指導の下禁止(実際に入厩するまでは変更の可能性があり、出資者の混乱を避けるため)となっていましたが、農水省の見方はこれと異なっており(ファンド事業者は顧客に対して情報開示の義務がある)、予定厩舎記載は各事業者に任されることになりました。』とのことでした。
まだ、開示に至っていないクラブもいくつかあるようですが、今後はどんどん予定厩舎名が分かるようになるんだと思います。

ユニオンについてはまだ、開示の方向には至っていないので、このホームページでも注意して扱って行きたいと思います。皆さんもご協力ください。(・・・でも、ユニオン会員の方で書き込みをしてくださった方って、おそらく1人しかいないんですよね・・・)

| | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »