« 馬名決定第一弾(ローレルC) | トップページ | 週末の予定は・・・ »

2006年3月13日 (月)

WBCアメリカ戦

ここのところ仕事が予想以上に忙しい。。。HPの更新は今日も断念。大静牧場へ行ったレポートも全くの手つかず。。。何とか頑張ろうと思いますので、もう少しお待ちください。

・・・ということで、そんな忙しい職場でも朝は珍しくテレビがついていました。そうです。WBCの2次予選の日本代表-アメリカ代表戦でした。イチローの先頭打者ホームランなどで日本が3点を先制するものの米国の反撃に遭い、6回に3―3の同点に追いつかれてしまった。3―3で迎えた9回、ツーアウト満塁の場面で、藤川球児がピンチの中でも粘り強く投げるもアレックス・ロドリゲスにサヨナラ安打を許してしまった。
この試合でやっぱり注目すべき点は、3―3の8回にロッテの西岡が三塁からタッチアップでホームにかえり、貴重なリードを奪ったかと思ったが、米国側による「タッチアップが早かった」とのアピールが認められ、ファールスタートということで得点が認められなかったところですね。
王監督が抗議している間にも何度かリプレイが流れていましたが、やっぱりスタートが早い様には見えませんでした。ここではじめて気付きました。WBCはビデオジャッジを採用していないんですね。それでは審判のジャッジなので覆らなくても仕方が無いのかもしれませんね。この試合を残念と思うのか?アメリカを相手によく頑張ったと思うのか?皆さんはどちらなのでしょう?僕は密かに後者です。もちろん悔しいですが、敵わないと思っていた相手だったので互角に戦ったことは凄いことだと思いました。この後に続くメキシコ戦、韓国戦に連勝して、是非決勝戦で再びアメリカと戦いリベンジを果たしてくれることを期待しています。

ところで、『ワールド・ベースボール・クラシック』ですが、五輪に代わる野球界主導の最高峰の国際大会として育てたい意向があるようで、今回が第1回となるわけですが、あえて『Classic(古典的・伝統的)』といった言葉をつけているようです。因みにMLBでは夏のオールスターゲームが別名Mid Summer Classic、同様に秋のワールドシリーズがFall Classicと呼ばれています。

|

« 馬名決定第一弾(ローレルC) | トップページ | 週末の予定は・・・ »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: WBCアメリカ戦:

« 馬名決定第一弾(ローレルC) | トップページ | 週末の予定は・・・ »