« ユニオンの一日 | トップページ | クオンをよろしくお願いします »

2006年6月19日 (月)

奇跡はあるか?

日本代表ですけど、クロアチアと引き分けてしまいましたね。。。そして、次の試合ではブラジルがオーストラリアを2-0で撃破。決勝トーナメント進出を考えると本当の窮地に立たされてしまいました。。。
ブラジルに2点差以上で勝たなければならない。そして、同じ時間に別会場で行われるクロアチア対オーストラリア戦が引き分けかクロアチアが勝たなければならない。。。そして、その場合の得点や点差も関係してくる・・・。

さて、どうなるやら・・・。

思い起こしてみると、数ヶ月前にWBCで野球日本代表も『決勝トーナメント進出の可能性はゼロに等しい。。。』と、言うところに立たされてからの“奇跡の逆転世界一”を成し遂げました。サッカー日本代表も同じ奇跡が?・・・やっぱり難しいかな?

でも、日本代表にもプラスに考えられる要素がいくつかあるように思います。それをいくつか挙げてみたいと思います。

①ブラジルは既に決勝トーナメント進出を決めている
新聞等でも『レギュラークラスの中で休養が必要な選手は日本戦を欠場させる』といった記事がありましたので、奇跡を演出するためのひとつのポイントになるかもしれません。まぁ、ベストメンバーでないとはいえ、控えも充実しているブラジルの強さは衰えることはないんですけど・・・ブラジルが日本に負けたときの言い訳が立つわけで、日本にとっては間違いなくプラス!!

②日本はブラジルに対して相性が良い
世界の強豪国とてブラジルを撃破することは夢であり奇跡と賞賛されるわけですが、日本はブラジルに対して相性が良いと言いきれる様な実績を残しています。まずは1996年アトランタオリンピック・男子サッカー第1次リーグにおいて、日本代表がブラジル代表を1対0で下した試合の日本である。通称マイアミの奇跡である。そして記憶に新しいのは2005年6月22日 コンフェデレーションズカップでの2対2の引き分けに持ち込んだ試合である。この試合は開始早々に疑惑のオフサイドにより日本の先制点が無効になるなど、もしかしたら2点差以上で勝っていたかもしれない試合であったと思う。(贔屓目で見過ぎなのは承知の上ですけど・・・)
対ブラジルの相性の良さは世界屈指!グループリーグ突破の夢は広がります。

③ジーコの強運に乗ろう!!
ジーコは本当に強運の持ち主だと思う。日本サッカー協会も日本のマスコミもジーコには“大甘”なんですけど、解任かなぁ・・・と思われた直後には必ず結果を残しています。もちろんそれはアジア最終予選突破のときも光っていたと思います。初戦の対北朝鮮での終了間際の大黒のゴール(勿論、ジーコの采配や大黒を選出した眼力もありますけど)やバーレーン戦のウォンゴール。そして北朝鮮の第三国による無観客試合など、実力以外の力も感じました。
この強運がこの崖っぷちの今回、再び爆発するかもしれません!!

日本代表の予選落ちを予想していたわけですけど、当然、頑張ってほしい気持ちもあります。日本国民の大半があきらめた今こそ奇跡が起こるかもしれない。。。

|

« ユニオンの一日 | トップページ | クオンをよろしくお願いします »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奇跡はあるか?:

« ユニオンの一日 | トップページ | クオンをよろしくお願いします »