« 今日はお月見 | トップページ | 珍しい一日 »

2006年10月 8日 (日)

激戦を征す!

昨日はエコパスタジアムに、2006Jリーグ第26節・ジュビロ磐田対ガンバ大阪の一戦を見に行きました。

結果は・・・
磐田は、太田が中央からドリブルを仕掛けてアグレッシブに突破を図る。前半7分にはカレン・ロバートが先制ゴール。同37分には上田が2点目を決めた。G大阪はゴール前に人が密集するあまり、磐田DFにマークされワイドな攻撃ができない。だが、後半に家長と寺田を投入するとサイド攻撃が活性化。後半24分に遠藤が芸術的なFKを直接決めて1点を返すと、終盤パワープレーからシジクレイが頭で同点とした。ところが、前田に2試合連続となるロスタイムゴールを決められ、勝ち越されてしまう。G大阪は勝ち点1を逃した悔しい敗戦となった。
                 〔Yahoo!スポーツより〕

・・・『ガンバはジュビロをちょっとナメていたかなぁ・・・』という感想を持ちました。
ガンバの播戸とマグノアウベスの両FWも自分たちの思ったプレーをすることができずに、イライラしていた感じは観客にも伝わってきました。後半終了間際にシジクレイが執念の同点ゴール。その直後に第四審判から“ロスタイム3分”の表示が・・・。
同点に追いついただけでもおさまらないガンバはロスタイムに入ってからも攻撃の手を緩めることなく、シュート。シュートが外れ、ゴールキックになったボールをジュビロGKの川口よりも早く播戸がセット。ジュビロのゴールキックを奪い得点したい播戸の焦りが致命的なミスになりました。ガンバディフェンス陣もオーバーラップしていたため、ディフェンスを整えることができなかったのです。フィードキックがあんまり上手ではないGK川口のキックが直接ジュビロMF犬塚へ。ペナルティーエリアへ切れ込んだ犬塚からFW前田へ・・・このゴールで試合が決まりました。

ジュビロはアジウソン監督に代わり、戦い方が大きく変わりましたが、ここにきて調子が出てきました。ガンバのミスから得た勝利とも言えるかもしれませんが、上位チームに勝った今節の勢いをそのままに、上位進出を目指して欲しいです!!

昨日は、日記休んじゃいました。スイマセン。

|

« 今日はお月見 | トップページ | 珍しい一日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 激戦を征す!:

« 今日はお月見 | トップページ | 珍しい一日 »