« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月30日 (木)

ローレル愛馬情報11・30

今日は勤務時間終了後にちょっと時間がとれたので、ローレルクラブ&ヒダカブリーダーズユニオンの両クラブ事務所に電話をしました。両クラブ事務所からいい話を貰いましたが、今日はローレルクラブ愛馬情報について書きたいと思います。

ローレルアクア(ナリタトップロード×ローレルメロウ)
【最新クラブ公式情報】
両前深管部に不安が出ているため、痛みが治まるまで常歩60分の調教にセーブしています。
・・・年内に入厩の運びになる予定が・・・手痛いアクシデントです。骨瘤のようですが深管部ということで、なかなか治療にも手間と時間を要する分部とのこと。入厩は春まで持ち越しとなりそうです。もともと脚元に不安がありそうな感じで、そのリスクを承知でありながら“生粋のステイヤー血統”に賭けたところもありますので、残念ではありますが少々覚悟をしておりました。
上が立派に成り過ぎたところもあるので、仕方が無いことかも。とりあえず、長距離でいける血統だと思いますので、今はじっくりと治療に専念してもらって、春以降の長距離未勝利戦でのデビューを期待したいと思います。

クリオ(スクワートルスクワート×ペンカーレッグ)
【最新クラブ公式情報】
29日・美南W稍・助手・5F69.4-54.1-40.2-13.6(3分所・馬ナリ)
(2歳500万・メイクユーハッピー・馬ナリの外同入)
「外には古馬をおいて、実際は3頭併せの真ん中に入れました。首を下げて気合の乗った良い感じのフォームで、手応えにも余裕があったね。安藤勝己君にも依頼出来たし、良い状態に仕上げたいと思っています」(高橋裕師)
来週日曜の中山競馬4R・2歳新馬・牝馬限定・ダート1200㍍にデビュー戦を予定しています。
・・・クリオについての情報を聞くと
『アンカツさんに決まりましたよ。来週の口取り予約もしますか(笑)』
とコメントをいただきました。
GⅠレースの日ですから、武豊騎手の騎乗も密かに期待していたんですが・・・この日は武騎手は香港の方にいっているので騎乗は不可能とのこと。そして、安藤勝己騎手なワケですから何の文句もありません。先週のメルサにあった『ヤネは良い所を考えています』(高橋裕師)のコメントのとおり頑張ってくれました(喜)
調教の方は時計もなかなかですが、時計には表れない部分ですが『馬体』、『気合』、『フォーム』とも“非常に良い”という評価を調教師の先生からいただいているようで、かなり新馬勝ちを意識されているようです。
そして、ローレルクラブスタッフ&ホースプレイススタッフも結構“その気”みたいです。
本日、中山競馬場までの所要時間および運賃も調べてみました。10日は仕事は無いんですけど・・・息子の行事が絡んできそうで、行けるかどうか微妙な状態です。この問題は来週末まで持ち越しですね。。。
とりあえず、来週のギャロップの“注目新馬”に載らないかなぁ・・・と、期待しています。

ローレルアクシス(スペシャルウィーク×ダムドコンパニー)
【最新クラブ公式情報】
順調に調整中で本日はDWコースでの調教を消化。
「今週末位には強めの所をやれるでしょう。その後も脚元に変わりなければ、年内には予定できそうだね」(鶴留師)
・・・今まで坂路での調教でしたが、週末から下で(下・・・坂路ではなく平地のことらしい)調教を始めるということで、怪我についての心配は全くないようです。調子も上向きのようで、鶴留先生のコメントにもあるように年内にひとつ走らせるということです。
鶴留先生はなかなか強気なコメントを出さない方ですので、なかなか本質を掴むのも難しいですが、大丈夫なんでしょう!強く追い始めてからのコメントも注目です!

スリジェ(フサイチコンコルド×セクシーディナー)
【最新クラブ公式情報】
29日・栗DW重・単走・助手・6F86.9-69.5-54.0-40.3-11.9(9分所・一杯)
「稽古は終い重点にやりました。新馬からの優先があるうちに色々と試してみたいから、今回は芝で走らせてみます」(鶴留師)
12月2日(土)中京4R(発走11:30)2歳未勝利(牝)芝1200m・18頭立に柴山雄一54.0㎏で出走が確定しました。
・・・突然の出走となりましたね。
しかし、一度レースを使ってから動きも良くなってきたみたいです。前走以上の出来であることは間違いないみたいですから。。。どんなレースをしてくれるか楽しみです。
今回の騎手は柴山騎手。競馬を良く知っている方でも『鶴留先生は騎手を読みにくい』みたいですね。しかし主戦の池添騎手は阪神だし、中京へ行く騎手でまだ確定していない中でNO1を選んでくれているようですので、鶴留先生には感謝しております。
せっかく中京に愛馬が来るので応援に行きたいのですが。。。ちょっと用事がありまして・・・明日調整をしてみたいと思います。
相手も結構揃いましたね。前走2着が4頭。前走3着が1頭。単勝人気は100倍を越すでしょう。
しかし、スリジェを含めて2桁着順の馬も10頭居ますから。掲示板確保も十分ありえると思います。もちろん勝ってくれれば最高ですが。。。
とりあえず、変わり身に期待ですね。

今日はここまで。。。ユニオン事務所で聞いたクオンとっておき情報は後日ということで・・・。
最高の土曜日になることを期待しています!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月29日 (水)

パシスタ&クオン情報11・29

さて、先週の水曜日はイクタTFへ行ってきたので、パシスタ&クオン情報をお休みしました。
今週は先週の分も含めて2週分の情報をお送りします。

それではどうぞ!!

パシスタ(ダンスインザダーク×プレティッシモ)
11/21 北総TCにて、軽めキャンターを4000㍍と、走路で障害練習を行っています。
「馬体は随分良く見せるようになりましたね。力がついてきて大分中身も伴っていると思います。あとは精神面だけですね。飛越の一つ一つは上手いのですが、相変わらず集中力が続かないことが課題です」(担当者)
11/28 先週に引き続き、北総TCにて軽めキャンターを4000㍍を乗り、走路で障害練習を行っているようです。
「馬体や息遣いは良くなってきて、いつ声が掛かっても良い状態だと思います。あとは飛越をもう少し確認したいですね。繰り返し飛ばして集中力を切らさないようにビッシリ乗っています」(担当者)
・・・もともと馬体はしっかりとしていますからね。。。その馬体に更に磨きがかかっているなら言うこと無しですね。担当者の方のコメントでは、厩舎に戻せる状態にあると言うことなので一安心です。
しかし。。。問題は3週連続でコメントされている『集中力の欠如』が心配ですね。パシスタの能力にブレーキをかけているこの部分ですけど、何とかしていただきたいですね。

クオン(トロットスター×ファーストステップ)
11/22 レース後も順調とのこと。
「もう少し伸びてもいいんだけどね。レースにいって結構難しいところがあるのかな」(助手)。
次走は阪神の1週目(土)の芝1600mか(土)芝1400mに出走予定。
11/29  DW 重 6Fから  85.4 68.7 53.7 40.4 12.6 [7] 一杯に追う
ノースエスパー(二未勝)一杯の内クビ先着
状態も良好。
阪神(土)の芝1600m・昆、芝1400m、もしくは(日)の芝1800mいずれかの未勝利戦に出走予定。
相手関係を見て決めるとのこと。
・・・追い切りで調教パートナーに先着なんて珍しいですね。調子もいいようです。本日公式HPを見てみると、土曜日の芝1400㍍出走のときは秋山騎手に決定しているようですが、土曜日の芝1600㍍と日曜日の芝1800㍍に出走となると騎手は未定となっていましたね。渡辺騎手にはならないみたいですね。。。ちょっと残念。。。3レースを天秤にかけ、相手が一番楽なレースを選ぶようなので、“勝負”レースと思ってもいいですかね?
一昨日のブログでも書いたように期待度“大”で、楽しみにしたいと思います。

さて、今日のメルサでローレルクラブの愛馬も急展開がありました。
・・・明日以降に書こうと思います。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年11月28日 (火)

予定厩舎決定

1歳馬で厩舎の決定していなかった愛馬2頭の入厩予定厩舎が決定しました。

ナイスジュノーの05は新人の庄野厩舎。

プリティーロマンサの05は紆余曲折を経て・・・

                      田中章博厩舎に決まりました。

ナイスジュノーの05は夏のツアー時から『新人厩舎になる可能性が高い・・・』と言われていましたので、この決定について特に驚きもありませんが、プリティーロマンサーの05が田中章博厩舎に決定したことは少々ビックリしましたね。
田中章博厩舎と言えばローレル所属のエターナルサーガですけど、それ以上にユニオン所属のソリッドプラチナムのイメージが強いですね。あとは小田切さんの“おもしろ馬名”の馬が多く所属していますね。

この田中章博先生ですけどイクタトレーニングファームさんを使ってくれる先生でもあるんですよね。。。プリティーロマンサの05も短期放牧にはイクタTFを使ってくれると嬉しいなぁ・・・なんて思っています。

とりあえず、いい厩舎に決まってよかったです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月27日 (月)

12月になりますね

今週末はとうとう12月に突入。。。師走です。。。競馬でも今年の〆の1ヶ月となります。

一口馬主をやられている皆さんのHPやブログを拝見すると、この12月での愛馬の追い込みに賭けている方が結構多いようですね。。。因みに僕も、皆さんと同じ気持ちです(笑)
今年の目標としている年間5勝まであと4勝・・・まだひとつしか勝ってないんです(涙)
年間35走については諦めましたが、この年間4勝については最後の最後まで、しつこく狙って行きたいと思っています。
とりあえず、予定では年内に愛馬が4走以上は走ってくれそうなので、“全部勝ってくれれば”この目標が達成されることとなります。
それでは、2006年1勝そして通算でも2勝しか挙げていない、まひろファミリーの今年最後の“夢”を書かせて頂こうと思います。

12月攻勢の先陣を切って今週の土曜日にクオン(トロットスター×ファーストステップ)が出走します。予定しているレースが阪神1Rの芝1600㍍混合未勝利戦または阪神5Rの芝1400㍍未勝利戦です。
鞍上はどちらのレースになっても恐らく渡辺薫彦騎手でしょう。改装後で開幕週の芝がどのように影響するのか計れない部分はありますが、渡辺騎手ならきっと上手くクオンを導いてくれると思っています。
とりあえず、クオンは十分勝ち負けになると思うので、ここで“1勝”を計算に入れておきます。

来週にはクリオ(スクワートルスクワート×ペンカーレッグ)が登場します。結構早い時期から12月10日中山4Rのダート1200㍍新馬戦(牝馬限定)への出走を明言しており、そこに向けて調整が続けられています。
ローレルクラブから送られるメルサの内容も
『もっと時計を詰めて来るだろうし、ヤネは良い所を考えています』(高橋裕調教師)
なんて、コメントもあったりして評価が高いようなので優勝を意識したいと思います。この日は中山でGⅠレースがあり、一流ジョッキーも集結しますので、『ヤネには誰が納まるのか・・・』それを考えるだけでも楽しいです。

そして、出走の期待をしているのがスリジェとローレルアクシスの鶴留厩舎の2頭。スリジェも1回叩いた影響か、調教タイムも幾分良くなってきたように思いますので、何とか頑張ってもらいたいですね。
ローレルアクシスも出走除外を味方につけて、じっくり乗り込まれているようですから万全を期したところで年内に一走してもらいましょう。
この2頭ですけど。。。両馬とも満口の人気馬ですし、高い能力を秘めていると思うので本番でいきなり『能力開花』となることを期待しましょう。。。この2頭に、年内2走で2勝はちょっと過度な期待をかけすぎかな?

さて、続いては2006年まひろファミリーに1勝をプレゼントしてくれた、ローレルウェルシュです。帰厩の目処もたっていませんが、初勝利を挙げたこの中京で1走・・・そして、もう1勝を期待しています。梅内先生のことですから、突然帰厩させて突然出走・・・と言うことも十分考えられますから、ここでも1勝を計算に入れておきましょう。。。

これで、愛馬が5走する計算になるのですが、最後にもうひとつ。。。

今週のレースでクオンが勝てば、間違いなく12月24日(日)阪神6R芝1600㍍2歳500万円以下条件に出走してくると思います。
一応、ここでの勝利もちゃっかり計算に入れておこうと思います。

ということで、2006年12月は出走数6回、勝利数5回以上を予定しています。。。
読んでいて、『バカだなぁ~』なんて思われるかもしれませんけど、やってくれると信じています!

競馬の神様が僕に微笑みかけてくれるように、1日1善を心掛けて、清く正しく生活していこうと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月26日 (日)

納得の結果

今日は、秋の大会が終わって新チーム結成後初の練習試合。

ハーフを4本やって、得トライが7本で失トライが4本。。。まずまずの結果かな。

今年は、昨年とスタイルをガラリと変えて秋を目指します。

その、スタイルチェンジの片鱗を今日の試合でも見せることができたので、まずまず納得の試合でした。

頑張ります!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月25日 (土)

イクタTF見学レポート②

昨日の続きです。。。

このあとは馬房にて鞍を取り洗い場にて馬体の手入れです。

気温もかなり低いということもありますが、息もあんまり切れておらず『まだまだやれるゼ!』っていうような感じでした。『本当に立派になったなぁ~~~(涙)』と感じました。

放牧中の身であるので、多少ふっくらしているものの調子は凄く良いようです。
スタッフの方も
『今すぐ戻しても大丈夫くらい良いですよ』
とおっしゃっていました。
(ここからはイクタTFで聞いた話ではなく、僕の感想です)
梅内厩舎は担当馬を変えないで面倒を見る厩舎のようで、現時点でローレルウェルシュが入厩できる環境が整っているかどうかわからないのですが、中京に間に合うように戻して欲しいですね。
未勝利優勝時は少々コズミ気味だったということでしたが、現在はそのコズミも癒えて前走以上の走りができそうな状態ですし、得意と思われる(?)左回りで走らせてやりたいですね。
妹のエンドレスヒロインが先日入厩しましたが、メルサで送られる最近の調教内容からも
『ウェルシュを先に入れてあげてよ~』
って、思っちゃうんですけどね。(エンドレスヒロインの出資者の皆様申し訳ございません。)
・・・とにかく、未勝利優勝時以上の状態にあることは間違いないです。

さて・・・洗い場にいるウェルシュの話に戻ります。
洗われている最中も大人しくなりましたね。。。以前と変わりました。
変わらないのは舌ベロを出すこと。そして舌ベロを触らせるところ。調教も終わったし、スタッフの方もグイグイ触っていましたので、僕も調子に乗っていっぱい触ってあげました。
『2度とレース中に舌ベロをノドに巻き込ませるんじゃないよ~』って言い聞かせながら。。。

このあとは、クールダウンということで、WMの方へ行ってしまいましたのでローレルウェルシュとはお別れ。。。

『次もよろしく頼むぞ!ウェルシュ!!』

さて、ウェルシュと分かれたあとに少々厩社内を見学。。。
壁に在厩馬一覧表を発見。ちょっと見させていただきました。
デビュー前の2歳馬が居たり、オープン馬が居たり。。。イクタTFさんも調教師さんから人気のようで、いつも空き馬房が無い状態です。梅内先生の馬もこのイクタTFにいっぱい居るのですが、ベルガールの05を預かる鮫島一歩先生もイクタTFに馬を預けることが分かりました。これは嬉しいです!放牧に頻繁に出るようだとそれはそれで困ってしまいますが、ベルガールの05を放牧に出す際には是非、イクタTFさんへお願いしたいところです。
当歳募集馬で気になっているレギュラメンバー産駒のホシノテンビーの06を預かる予定の加用先生もイクタTFを利用しているようですね。これにて、ホシノテンビーの06の評価がワンランクアップ!最終的に出資に踏み切ってしまうかもしれません。
プリティロマンサーはどこの厩舎になるんでしょう?ここを利用している上記の先生のところやT厩舎、M厩舎、Y厩舎に入ってくれると嬉しいんですけど。。。

それから、イクタTFの前の道路を挟んだ向かい側に新しくて大きな建物が!!
これはイクタTF新しい馬房のようです。この馬房が完成すればここに入る馬も増えるし、ここを利用する調教師さんも増えることでしょう。
庄野先生や鶴留先生もどうですか?それは冗談として、各先生から高い評価を得ているイクタTFで調整されているワケですからウェルシュも安心ですね。

いろいろな場面で賛否両論を受けるローレルウェルシュですが、何とか頑張ってもらってもらいましょう!次に戻ってくるときはお隣さんだったホーマンアピール以上の獲得賞金を咥えてきてくれると嬉しいんですけどね。。。そんなに甘くは無いか?

・・・滞在時間は1時間30分。。。イクタTFのスタッフの皆さん、ありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月24日 (金)

イクタTF見学レポート①

11月22日は職場に遅刻して、愛知県豊田市にあるイクタトレーニングファーム(以降イクタTF)へ行ってきました。お目当てはもちろん愛馬ローレルウェルシュとの対面です。。。
イクタTFへ行くのはちょうど半年振りになります。今回で5度目の見学になるのですが、1度目こそ晴天に恵まれ、過ごしやすくまた撮影の方も順調にできたわけですけども、それ以降は雨に降られたりして、結構辛い環境での見学が多かったので、『今回は大丈夫かな・・・』と、かなり心配しました。
朝起きると朝日がしっかり出ていていい天気でした。とりあえず一安心。今回は午後2時には職場に直接行かなければならないこともあって、服装はスーツにネクタイ、移動手段もバイクをやめて乗用車にすることにしました。この日のローレルウェルシュの調教は午前10時からということで、いつもの出勤時間よりも遅い8時に自宅を出発。。。車で5分くらい走ったところで、デジカメを忘れたことに気付き一回帰宅。。。実質は8:20くらいに家を出たことになりました。

移動中のラジオで紅葉の話題が出ていて『都会の街路樹の紅葉の色付きと大自然の中での紅葉の色付きでは全然違う・・・』という話があったのですが、イクタTFに向かう車中から見えた大自然の中での紅葉はドキッとするほど綺麗でした。
山道を行くこと1時間30分・・・9:55にイクタTFへ到着。走行距離を見ると65㌔でした。・・・『やっぱり近いんだなぁ・・・』と、思いました。

到着すると、イクタTFの稲本さんが『こんにちは~!おめでとうございます~!!』と声をかけてくださいました。もちろん、ウェルシュの未勝利戦優勝を指しての言葉です。やっぱりうれしいですね。
この日は水曜日ということで、イクタTFでも栗東トレセンに併せて、強めの調教をする日となっています。まぁ、強い調教をする日を選んで来たわけなんですけど。。。

早速、本日ウェルシュの調教を担当する若手スタッフさんに誘導され、ウェルシュの馬房へ。前回ここに来たときは“バンブーフィーゴ”が横の馬房にいたのですが、今日は“ホーマンアピール”のお隣になっていました。
早速顔を撫でさせていただいたんですが、顔を撫でると直に“ベロッ”と舌を出してきます。ウェルシュが期待していることは何か分かっていたのですが、わざと無視して顔を撫で続けると・・・『舌ベロ触ってくれよ!』と、顔を上下に激しく振り出しました。不覚にもこれにはちょっとビックリしました(笑)
舌ベロを触ってやると・・・ホッとした顔をして、目を細めて気持ちよさそうにしていました。これから調教というときにこんなにリラックスさせていいのかどうか??ウェルシュは僕の馬ではなく出資者皆さんの馬ですから、舌ベロを触りすぎてしまったことで調整に狂いが生じた。。。なんてことがあったらマズイので程々にしておきました。

馬房内で鞍と着けられるわけですけど、以前に比べて大人しくしていることに驚きました。以前はスタッフの方にちょっかいを出したり、蹄鉄チェックのときも全然脚を上げなかったり・・・スタッフの方に怒鳴られたりすることも多かったのに、どうしちゃったんでしょうか?
『春に比べても性格は凄く大人になりましたよ。。。と言ってもまだまだ子供ですけど。以前は“凄く子供”だったので(笑)』(担当スタッフ)
スムーズに装鞍が終了し、屋外へ登場。。。そして、光が差すところでウェルシュを見て再び驚きました。屋外の洗い場に10頭近くの競走馬が繋がれていたわけですが、毛ヅヤが良くどの馬よりも馬体がピカピカでした。それから、ガッチリしていてとても強そうな馬に見えました。(当然ですが贔屓目に見えてしまっていると思うんですけど。。。)

そうこうしているうちに、今日の調教が始まりました。まずは1周400㍍のダート走路を“常歩”で1周。それから内馬場にて“ダク”を20分くらいやっていました。
ここでも、ウェルシュの成長を感じました。乗り役さんを振り落とそうと首を激しく振ったりしなくなったし、首を上げてイヤイヤもしなくなったと思います。

それから、400㍍のダート走路を普通キャンターで4周。
・・・これについては昨年9月18日との比較しかできませんが、随分リズム良くスムーズに走れるようになったと思います。今日の走りを検証するため、05年9月の『イクタTF見学レポート』を読み返すと・・・
『この仔は首を巻いて走ろうとするんだよね。ハミを追いかけて走るのではなく、ハミから逃げようと下を向く。だから余計に頭が下がっちゃうんだよ』(稲本さん談)
『前足と後足のバランスがバラバラ。走り方を覚えたら良くなるよ』(稲本さん談)
『左後足で左前足を踏んだんだよね。この仔は足元が不器用で、よく躓くんですよ。怪我したときは、一度前に躓いて、立て直した直後にもう一度躓いて・・・』(稲本さん談)
といった言葉を拾うことができました。その頃に比べたら雲泥の差ですね。いつも騎乗してくだされスタッフの方に聞いても、
『落とされることはないですね。。。』と言っていましたし。。。

続いては、全長650㍍のウッドチップ坂路2本です。前回お邪魔した5月に初めて坂路調教を見たわけですが、いつスタートするのか?とか、どのように見学してよいのか?など、勝手が分からず撮影等にも苦労したわけですが、今回は大丈夫。デジカメでの撮影は最初から諦めて(坂路のトップスピードに近い勢いで走る競走馬を追うのは難しい。。。)、ビデオカメラ一本に絞っての撮影。。。余裕を持って見学することができました。
家に帰って、5月に撮った坂路調教の様子と今回の坂路調教の様子を見比べたところ、明らかに今回の方が良いですね。実際にタイムも1Fあたり1~2秒ほど今回の方が速い感じもしますが、フォームが綺麗で余裕がある感じがします。乗り役さんは両方とも同じ人なんですが、今回の方が乗りやすそうですし・・・(彼の騎乗技術の向上という可能性もありますが)
24日から3日間“動くパドック”にて見ることができるようにしますので、皆さんも比べてみてください。

坂路2本の調教が終了すると
『今日の運動はこれで終わりです。』
とスタッフの方から言われました。お疲れ様です。

文章も長くなりましたので、今日はこれにて終了。。。続きはまた明日です!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年11月23日 (木)

Jリーグもクライマックス

今日は勤労感謝の日ということで、競馬はありませんでしたがフットボールは満開でした。

ラグビーでは関東対抗戦グループの早慶戦が行われ、41-26で早稲田大学が逆転勝ち。大学王者らしい強さを見せ無敗のまま最終戦の明治大学戦へ。。。今年の明治はパッとしない感じはしますが、“強い”と言われた帝京大学にも完封勝ちをしていましたし、久々に“燃える”早明戦を期待したいところです。

Jリーグの方も、熱く燃えています。
J1優勝争いは、前節トップの浦和レッズが前半途中に退場者を出し、10人になったヴァンフォーレ甲府を3-0で一蹴。
最終節の直接対決まで浦和レッズに勝ち点3点差以内で喰らい付いて行きたい2位のガンバ大阪はJ2降格圏内で気合の入っているアビスパ福岡に開始早々に先制するも、直ぐに追いつかれてしまう最近のだらしなさが浮き彫りになるような展開で1-1のドロー。。。勝ち点差は『5』に。最終節を待たずに次節優勝が決まってしまうような雰囲気になってきました。
3位の川崎フロンターレは清水エスパルスのルーキー『藤本淳吾』にハットトリックを献上し、4-3で敗戦。残念ながら今日、優勝の可能性がなくなってしまいました。
さて、熱く燃えているのはJ1の下位グループ。とJ2の上位グループ。昇格と降格が懸かる順位にいるチームです。
J1下位の崖っぷち争いはアビスパ福岡が上位のガンバ大阪に対して執念の引き分け。勝ち点1つの差で現在のところ自動降格を免れているセレッソ大阪は実力的に同等の不振名古屋グランパスエイトに引き分け。。。こちらは、勝ちきれない歯がゆさを感じます。現在最下位の京都パープルサンガは絶好調ジュビロ磐田に1-3で大敗。。。まだまだ、入れ替え戦の可能性は残ってはいるモノのかなり厳しい状態になってしまいました。
J2トップグループも自動昇格の2席を狙って横浜FCと柏レイソル、ヴィッセル神戸が激しい戦いを繰り広げています。今日は横浜と神戸がそれぞれ引き分け。柏がモンテディオ山形に惜敗。勝ち点差“2”の中に3チームが集結する大混戦状態です。あと2節。。。

どんな結末になるのか本当に楽しみです。

僕の応援するジュビロ磐田はアジウソン監督に替わってからは絶好調。。。同県のライバル清水エスパルスと4位争いをしております。今日はジュビロ磐田、清水エスパルス共に勝ったので、勝ち点差は2のまま。。。次節の静岡ダービーで決着をつけることとなりました。実はこの日の観戦を家族みんなで楽しみにしていたのですが、自分のチームの練習試合が急遽入ってしまったため、お父さんだけエコパに遠征することを断念。。。妻にも子供にもブーブー言われましたが、理解してくれました。

とりあえず、父抜きで観戦に行く母子の機嫌をこれ以上損ねないためにもジュビロにしっかりと勝ってもらいたいところです。

※イクタTF訪問記は今から制作に入ります。明日にはアップできるかと。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月22日 (水)

今日の出来事

今日は、午前中はイクタTFへ。

午後は職場へ行ってお仕事。。。

夜は飲み会でした。。。

イクタTFでのローレルウェルシュ情報は明日以降に書かせていただきます。

今日は、ウェルシュに会えて癒されましたが、午後から仕事に行くとリズムも掴めず、仕事も溜まりますから疲れますね。。。

夜は飲み会ですが、僕はお酒が飲めないので・・・本当に“お付き合い”です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月21日 (火)

明日はイクタTFへ

明日は半年ぶりにイクタTFへ行ってきます。ローレルウェルシュの調教は午前10時からということなので、それに合わせてお邪魔させていただきます。
国道を通って1時間30分くらいですから、いつもの出勤時間よりもゆっくり家を出られますね。。。嬉しいです。
寒いのは辛いので、今回はバイクをやめて車で行ってこようと思います。

9月24日に中京競馬場でローレルウェルシュと口取り写真を一緒に撮りましたが、それ以来の対面となります。
とりあえず、ギリギリのところで未勝利を脱出してくれましたから、会ってお礼を言いたいですね。
それから『舌べろ』をしっかり触ってきたいと思います。
あとは、しっかりと調教を見て(もちろんビデオカメラに調教映像を撮ってきます)担当の方に放牧後の様子をしっかりと聞いてこようと思います。

もし、何か要望がありましたら、22日午前7時までにメールおよび、掲示板への書き込みまたはブログへコメントをください。

では、ウェルシュとの再開を楽しんできます!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月20日 (月)

愛馬2頭のレース回顧

昨日は息子と一緒に寝てしまい、ブログの更新もできませんでした。。。
今日は、昨日出走した愛馬2頭のレースを振り返ろうと思います。

昨日は出掛ける予定だったので、リアルタイムでレースを見られないかなぁ・・・なんて思っていたところ、雨が降ったことにより、午前中は家に居ることができました。・・・というワケで、クオンとスリジェのレースをグリーンチャンネルでリアルタイムで観戦することができました。

先陣はクオンです。
パドック解説時では4.1倍。。。かなりの人気です。スポニチの仙波さんは『馬全体がぼやけている』と言っていましたが、結構キビキビと歩いているように見えたんですが皆さんはどのように見えたのでしょうか?
このパドックの様子を見て、クオンの単勝&複勝、そしてクオンの1着固定の馬単馬券を買うことにしました。『愛馬が勝つときは僕が馬券を買わないとき・・・』のジンクスを今日こそ破りたいものです。

本馬場入場ではロッキーのテーマで入場。若手騎手限定戦ということで、普通の未勝利戦とは違うところはちょっとオイシイですね。
クオンが映しだされたときは、口を割りながら横へステップ中。。。全馬の入場が終わったあとも、もう一度クオンが画面に出てきましたが、相変わらず横へステップ。。。いつもはパドックでもゆったりしている感じなんですけど、今日はちょっと入れ込んでいたのかなぁ・・・それとも難波騎手と合わなかったのか・・・よく分かりませんが、なんかちぐはぐな感じがしました。

さて、いよいよ出走の時間。。。出走直前もカメラはズーッとクオンを映し続けてくれていました。『これは、“優勝する”というサインかな?』なんて勝手に良い解釈をしていました。
いよいよスタート。
相変わらず、スタートが下手でスタート直後は後方2番手。。。しかし、今日のクオンはここからが違いました。カメラが先頭集団を捉え、クオンがフレームアウトしたあと、徐々に順位を上げていたようで、次に映った時にはコースの内で6番手あたりを追走。そのまま最終コーナーを回り、直線入り口へ。。。ここから『いつものクオンの末脚が爆発すれば・・・』と思う間もなく、先頭集団から徐々に離されだしました。。。『やばい・・・これはいつもと違うぞ。。。』と、とっさに感じました。残り200㍍を切った辺りでは、先行した5頭が更に後続を引き離した状態。クオンの位置も小さ過ぎてあまり確認できない状態でした。スローのリプレイを見ると、直線で⑪ノースフォンテン1頭に交わされ、ひとつ順位を落とした7着でフィニッシュ。。。タイムは勝ち馬から遅れること1.5秒の1.24.7。直線入り口でとっさに感じた悪い予感よりは順位を大きく落とすことなく頑張っていましたが、上位5頭からはかなり離されてしまいましたね。優勝馬との着差、タイム差ともちょっとがっかりしてしまう結果でした。

難波騎手のコメント「思ったより前に行けました。他の馬が動いた時に一緒に上がっていければ良かったのですが…。前の馬も残っていましたし、今日は後ろからレースをしていたらそのままの位置だったかもしれません」
敗因がいまいち掴めませんが、脚元が無事であれば次走にもう一度期待したいところです。次は渡辺騎手でお願いしたいところです。馬券の方は・・・次も買えたら買っちゃいます。

さて、お次はスリジェ。クオンでちょっと凹んでしまったので、スリジェがどのようなデキであろうと、どのような評価を受けていようと、馬券を買うことはやめました。

パドック解説時は49.8倍。。。こちらも『意外とオッズが低いなぁ・・・』と、思いました。
パドックの様子は、ちょっと煩そうだけど、意外と良い感じだと思いました。皆さんはどう思われました?
相手も評判馬が揃っていましたし、どれだけこの仔が頑張ってくれるか。。。注目です。

本馬場入場では、新馬戦ということで“Take On Me”で登場。やっぱりいいですね。。。いつもと違う雰囲気が。。。
スリジェの本馬場入場ですけど、ちょっと気合が入り過ぎかな?なんて見えましたが、ここでも意外と良い感じに見えました。

さて、レースですけど。。。スタートはゲート内で立ち上がるような感じで出遅れ。。。そこから押し上げられて中団へ。『その後方からはスリジェが追走・・・』とアナウンサーに言われて画面から消えた瞬間に首を上げてズルズルと後退。。。僕には⑨ジョイフルタイムが後退してきた影響もあって下がったように見えたのですがどうなんでしょう?最終コーナーでは内側にいたスリジェを大外に出して最後の直線へ。一時は後方2番手になるものの3頭を交わして11着でフィニッシュ。タイムは勝ったローランバークから遅れること1.5秒の1.16.0。ちぐはぐなレースだった割に、上がり3Fを38.1でまとめてましたので、『おぉ~。結構頑張ったなぁ・・・』と、思いました。(考えが甘いかもしれませんけどね(笑))

小牧騎手のコメント「乗り味はすごくいい馬なのですが、力がまだ上へ上へ行っている感じですね。使いつつ良くなってくるでしょう」
道中、首を上げて下がったことについて、どこにも書かれていないんですけど、どうなんでしょうか?僕はちょっと気になるところですけど。。。
次に期待するしかありません。
次は中京に来てくれないかなぁ・・・。

12月に入れば競馬場に行けそうな日も増えると思うので、昨日走った両馬には年内にもう一度走ってもらいたいところですね。

次は応援に行くぞ!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月18日 (土)

愛馬の客観的評価

明日は2週間ぶりに愛馬2頭の出走です。1頭はデビュー戦を迎えるスリジェ。もう1頭は前走は低評価だったものの斬れる脚を見せて5着に入ったクオンが出走します。

ということで、今日も“1馬”を購入してきました。。。浜松地区はコンビニによっては競馬新聞を置いていないし、置いてあったとしても関東版が多いんですよね。。。なので、関西地区での出走があるときは“1馬”になってしまいます。
とりあえず、愛馬2頭の評価を・・・

クオン
19日(日)京都2R 2歳未勝利(若手騎手)芝1400m・4枠6番 難波剛健54.0㎏
 印…〔…△△△△△〕
TM…〔…△△注…△注…▲〕
大橋師『ソエが治まり内容量化 距離延長で一押しを期待』
調教より △…調教は動かないタイプもデキ自体は良い 気配8 動き7
予想オッズ17.2倍(9番人気)

netkeiba予想は本紙△・PC予想▲でした。
JRA発表の前売りオッズは5.8倍(2番人気)

・・・相手は少々楽なような気がしますが、前売りオッズの2番人気はビックリしました。まぁこれから徐々に人気が下がって1馬の予想オッズくらいに落ち着くかなぁ・・・と思っています。調教内容も良化していますし、距離延長もクオンにとってはプラス。乗り慣れた渡辺騎手から難波騎手に乗り換わったことと、斤量差がちょっと心配です。
それでも、期待は大きいです。難波騎手がうまく乗ってくれれば勝ってくれるでしょう!

スリジェ
19日(日)京都4R 2歳新馬D1200m・1枠1番 小牧太54.0㎏
印…△(佐藤隆)
TM・・・ナシ
診断…太目ない仕上りも力強さに欠け追って頼りない。入着一杯
山田助手『まだ全体的に完成途上 調教でも終いが甘くなってしまうし、カリカリした面もあるんだ。もっと馬がパンとしてからの期待になるかな・・・』
調教より △…動き平凡でひと叩きされてから 気配7 動き7
予想オッズ54.7倍(10番人気)

netkeiba予想は、本紙△でした。
JRA発表の前売りオッズは39.2倍(6番人気)

・・・調教がさっぱりですから、人気にはならないですね。。。しかも、相手は良血馬が揃っていますし・・・。馬体の方は太目感も無く仕上がっているようですから、この仔の潜在能力に期待して、好走するところを願っております。
川島牧場生産のウインアンジェラスが新馬戦を勝ちましたね。募集時はこの馬よりもスリジェの方が良いという評判でしたので、同郷のアンジェラスに続いて欲しいところです。

明日は馬券を買えそうですが・・・どうしようか??
以上、愛馬の客観的評価でした。

追記
グリーンチャンネルの“明日のレース分析”の馬券定食A・B・Cでクオンが出ておりました。
デイリースポーツの井上達也記者が馬単の頭に指名。。。やってくれそうです!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月17日 (金)

ローレル愛馬…続報

えぇ~。。。とりあえず、来週の水曜日にイクタTFへ行けそうです。ローレルウェルシュは順調に調整が進んでいるようですが、入厩の日が決まればそれに合わせて、もう一段階、坂路で時計を詰めるようです。

とりあえずクラブからの最新コメントを・・・

ローレルウェルシュ(テンビー×モガミヒメ)
愛知県イクタTFにて、ウォーキングマシーン・ダク・普通キャンター3000m・坂路1本の調教メニューを20-20のペースで順調に消化しています。
担当スタッフ「まだ目一杯にはやっていませんが、順調に坂路に入れられていますし、特に気になるところもないですね」
・・・そろそろ戻して欲しいんですけどね。。。中京での復帰も考えられている一方で小倉復帰の可能性もあるような感じでした。梅内先生のことですから、“いきなり帰厩”もありえます。とりあえず、22日の水曜日もウェルシュが確実にイクタTFに居るかどうかは・・・クラブの方も分からないようです(笑)
前日にもう一度イクタさんと連絡を取ることになりました。

ハルカチャン(オグリキャップ×ツジノチェリー)
那須TFにて、先週と変わらず平地トレーニングとの並行で障害トレーニングを順調に消化しています。
・・・特に変化はないようですが、あと1ヶ月・・・矢野進先生から声が掛かるまで順調にいってほしいです。

スリジェ(フサイチコンコルド×セクシーディナー)
・・・馬体の方は出来上がっているようです。調教の方は『3頭併せの調教を行った時に調教パートナーの1頭が突然斜行し飛んでいってしまったため、それを気にしているのでは・・・』と、いうことで、調教で走らない理由を分析されているようでした。。。担当厩務員さんも『競馬場で変わってくれれば・・・』と期待されているようです。
一発に期待したいです!

さて、明日は息子のラグビー大会です!父を超えるプレーを期待したいところです!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月16日 (木)

ローレル愛馬情報11・16

今日は、ローレルウェルシュが放牧されているイクタTFさんへ見学のお願いをするためにローレルクラブ事務所へ電話をしました。少し遅い時間でしたので、イクタさんからの返事は明日もらえることになったわけですが、日曜日に出走が決まったスリジェの話を中心にローレル愛馬の話もしましたので、そんな話も含めたローレル愛馬情報をどうぞ!

スリジェ(フサイチコンコルド×セクシーディナー)
19日(日)京都4R(発走11:30)2歳新馬・D1200mに小牧太54.0㎏で出走します。
12日・栗坂重1本・助手・4F56.2-42.1-28.2-14.2(馬ナリ)
(2歳新馬・アスカノプリンセス・強目の0.1秒先着)
15日・栗坂稍1本・助手・4F54.7-40.4-27.3-14.4(一杯)
(2歳新馬・アスカノプリンセス・一杯の0.8秒遅れ)
鶴留師「順調に乗っては来ているし、ちょこちょこ本数もこなしているけど、なかなか時計が詰まって来ないね。実戦を経験すれば、変わり身も出るだろうから使ってみましょう」
・・・ローレルアクシスに代わってこのスリジェがホースプレイスの先陣を切ってレースに出ることとなりました。期待しています。クラブの方のお話では、追い切りの本数はこなしているので、追い不足ってことは無さそうです。クラブの方も追い切りの時計が詰まってこないことを驚いていました。『ホースプレイスでの調教を考えたら、こんなタイムしか出せないなんて考えられないですよ・・・』と、おっしゃっておりました。続けて『もともと、気の良い馬ではないですから“調教では走らない”けど、競馬場へ行って一変する馬かもしれないですから(笑)同厩のスウィープトウショウのように、調教では言うことを聞かないけど、レースではきちっと追い込める馬だといいんですけど・・・』ともおっしゃっておりました。
満口馬ですからクラブの方も力が入っているようです。もちろん僕も大切な愛馬の一頭ですから力が入ります。
この日曜日の京都4Rですが、16頭立てでアグネスタキオン×ブロードアピールの“オートクレール”とか、ナリタトップロードの妹“レンデフルール”、バンブーユベントスの妹“バンビーナココ”など・・・豪華な顔ぶれです。期待のスリジェは間違いなく人気薄でしょう。。。調教も走っていないし・・・。馬券を買えたらちょっと勝負してみようかなぁ・・・なんて思っています。男勝りの胸前、母&父共にダートでバリバリやれそうな血統背景がありますから、激走があってもなんら不思議ではありません。
“調教で走らない馬”はクオンで免疫ができましたから、スリジェも大丈夫・・・のような気がします。
頑張れ!スリジェ!!

ローレルアクシス(スペシャルウィーク×ダムドコンパニー)
この中間、患部の症状も順調に良化し、坂路でのキャンターを消化しています。
鶴留師「脚の方は良くなっているよ。日曜から坂路にも入れ始めているし、少しづつペースアップだね」
・・・怪我の影響はもう考えなくても良いそうです。このままであれば12月に出走できそうだとのこと。12月9日の中京芝1800㍍でのデビューも可能性があると言うことで、応援に行ける中京デビューを期待したいですね。

クリオ(スクワートルスクワート×ペンカーレッグ)
5日・美南坂良2本・単走・助手・4F57.7-39.3-25.2-12.3(馬ナリ)
高橋(裕)師「速いところは初めてなので、今回は単走でやりました。素直な気性で問題ないし順調ですね。来週からは併せ馬でやる予定にしています」
12月10日(日)中山4R・2歳新馬(牝)D1200mに出走を予定しています。
・・・クリオはスリジェとは対照的にいきなりまずまずの時計を出しました。こちらは、今後しっかりと時計を詰めてきそうな雰囲気です。クラブの方も『高橋先生も新馬勝ちを本気で期待していますよ』と、楽しみなコメントをいただけました。10日は時間が取れそうなんですよね。。。同日にローレルゲレイロもGⅠの晴れ舞台に立つので、何とか応援に行こうと考えています。

ローレルアクア(ナリタトップロード×ローレルメロウ)
常歩2400m・ダク1400m・キャンター2800mの調教メニューを順調に消化しており、週に2回は併せ馬での15-15を乗られています。馬体重502kg
担当スタッフ「性格は素直だし、走るフォームも良いですね。でもまだ体に緩さがあるので、1ヶ月間ビッシリ乗り込みます」
・・・かなり良くなっているみたいです。年内出走は厳しいものの、年内入厩は十分あるようです。『下総Tへは二ノ宮厩舎のスタッフの方も頻繁に視察に来られているようなので、このまま行けばしっかり入厩できるでしょう。。。』と、クラブの方からコメントをいただきました。

ローレルウェルシュについては、本日よりクラブスタッフの方が栗東トレセンへ行っているそうです。梅内厩舎にも行くようです。ウェルシュの動向については『明日の連絡を待ってから』とのことでした。

・・・と、いうことで、僕がウェルシュに会おうとしている日には栗東へ戻ってしまうかもしれません。明日の連絡を待ってからとなりますが、それはそれで仕方が無いですね(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月15日 (水)

パシスタ&クオン情報11・15

サッカー日本代表が勝ちました!ジュビロ磐田所属の前田遼一選手が出場しなかったことは少々残念ですが、これで予選を1位通過。良かったです。
さて、今日は水曜日ということでユニオン愛馬情報です。

パシスタ(ダンスインザダーク×プレティッシモ)
11/14 先週より引き続き北総TCにて、軽目キャンターを4000㍍と走路で障害練習を行っているようです。体調は良く、毛艶も良好とのこと。より一層馬体を良く見せるようになったようである。問題点は調教中の集中力を高めること。繰り返し障害飛越を行い、鍛えていくことで克服を目指すようである。
・・・最近のレポートでは馬体の良さが書かれていますね。。。もともと好馬体でしたけど、更に磨きがかかっているような感じなのでしょうか?『集中力』がねぇ・・・。何とか頑張ってもらいたいところ。
放牧に出て3ヶ月が経ちました。そろそろ帰厩への具体的なプランが聞けるといいんですけどね。

クオン(トロットスター×ファーストステップ)
11/15 坂 稍     1 回 56.6 40.4 26.3 13.4   馬なり余力
パープルパンチ(新馬)叩一杯に0.3秒先行同入
京都(土)2R芝1600㍍未勝利戦に渡辺薫彦騎手で出走予定。もしくは京都(日)2R芝1400㍍若手騎手限定戦(騎手未定)に出走予定。
・・・おぉ~。。。中1週で出走ですね。嬉しいです。調教も気合が入った動きで、併せた僚馬にも遅れることなく喰らいついていたと言うことで、調子が上がってきたようですね。先週、直接話した渡辺騎手からも『次走は楽しみ』と聞きました。ここは馬券でも勝負するところでしょうか。。。土曜日なら渡辺騎手でいけるわけですが、日曜日の若手騎手限定戦に回ったときには誰が乗ってくれるのでしょうか?大橋厩舎の馬に若手が乗ることってあんまり記憶が無いんですよね。。。調べてみたら、頻繁に乗っているわけではないのですが、柴原騎手と田中克騎手の名前がありましたね。でも、出来れば土曜日にナベちゃんでお願いしたいところ。。。
今週も応援に行くことはできないと思いますが、勝って中京の“つわぶき賞”に出てきて欲しいです。(芝1200㍍ということで、微妙なところですけど)

今週は、クオン以外にもローレルクラブ所属の各馬にいろいろと動きが。。。明日は、ローレル愛馬情報になることでしょう!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月14日 (火)

牧場に行こうかなぁ

さて、予定では今週末も忙しいつもりでしたが、予想に反して比較的楽な週末を迎えることとなってしまいました(涙)
ラグビーが負けても仕事の量が減るわけではないので、忙しいことには変わりないのですが、少々『仕事を休んで気分転換をしたいなぁ・・・』なんて思うようになります。

競馬場の方は、京都や東京に遠征するお金も無いので、暮れの中京まで待つことにして・・・愛馬に会いに牧場へ行こうかなぁ・・・と思っています。

来週の水曜日か土曜日に、僕に口取りをプレゼントしてくれたローレルウェルシュにお礼を言いに、イクタTFさんへ行くことを計画しています。(まだ、職場の調整も出来ていませんし、家族の許可も得ていません。もちろん、クラブを通じてイクタさんにもOKをいただいておりませんが・・・)

しかし、このローレルウェルシュですが、中京に出走するなら『そろそろトレセンへ戻った方が良いのでは・・・』と思ったりもしています。

明日か、明後日にはクラブへ連絡するつもりですが、

『スイマセ~ン。。。栗東へ戻るので、見学できませ~ん。。。』

と、言われても、それはそれでいいかなぁ・・・なんて思ったりもしています。(まぁ、気分転換にはウェルシュに会えた方がいいんですけど・・・)

さて、どうなることやら。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月12日 (日)

新しいスタート

戦前の報道等では、うちのチームが有利という感じだったのですが、19-27で敗れてしまいました。。。9点のリードを守りきれず・・・逆転負け。
なかなか難しいものです。応援してくださっていた皆様、ありがとうございました。そして、申し訳ありませんでした。

また、今日から新しいスタートとなります。来年の11月はこのブログでも、胸を張って優勝報告ができるように頑張ります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月11日 (土)

明日は準決勝

明日は準決勝です。調整も万全です。。。
今日は世界バレー日本対セルビア・モンテネグロ戦を見ました。この熱戦を見て、気合が入りました。本当に日本の粘りは素晴らしかった。。。諦めない気持ちが勝利を呼び込んだのだと思います。
明日は、我が社も最後まで集中を切らさず、自分たちのラグビーに徹して勝利を掴みたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月10日 (金)

コナミカップ アジアシリーズ

日米野球は結局1試合もテレビで見ることは無かったが『コナミカップ アジアシリーズ』は昨日に続いて見ています。
中日が日本ハムに負けたのはやっぱり悔しいですが、僕の中で日本ハムが2番目に好きな球団であるようですね(笑)
戦前の予想では『結局決勝戦は“日本ハム”と“サムスンライオンズ”かなぁ。。。』と思っていたのですが、台湾の“LA NEWベアーズ”が意外とやりますね。。。明日の対サムスン戦が楽しみです。明日は24歳の若きエース“呉偲佑”が投げるようですから、日本球界入り前にどんなパフォーマンスをしてくれるか?それも見どころのひとつですね。

今、試合が終わりましたが・・・結果は2-1で日本ハムの勝利。元広島のレイボーンが予想以上の好投をしました。元阪神のモレルのところで流れが変わりましたが、モレルも何回も打てるようなピッチャーではないと思うので、決勝戦でもう一度当たることになると厄介な相手になるかもしれません。
・・・とにかく明日のサムスン対LA NEWの試合が楽しみですね。

日本ハムは・・・大勝するよね?!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月 9日 (木)

パシスタ&クオン情報11・09

月曜日にも書きましたが、クオンの低評価を覆す好走は本当に嬉しかったです。
今日は、クオンの主戦騎手である“渡辺薫彦ジョッキー”からの生情報も“ほんのり”加えたユニオン愛馬情報スペシャルバージョンをお楽しみください。

パシスタ(ダンスインザダーク×プレティッシモ)
11/7 北総TCにて、引き続き軽目のキャンターを4000m乗っています。走路に出て障害練習も同時進行で行っているとのこと。
「ひところの疲れは全く感じなくなりましたし、状態は良いですね。障害練習に必要な筋肉も大分付いてきたと思います」(担当者)
・・・あたりさわりない感じのコメントですね。クラブ事務所に電話をすると『年内に2戦を予定』(1ヶ月くらい前に聞いた話でして、疲れが出たりして状況は変わっていますが・・・)だとか『飛越センスは非常に高い』など、具体的で期待させるコメントが取れるのですが、HPでの公式コメントではかなり慎重な言葉が並んでいる気がします。
実態はどうなのか分かりませんが、出走して勝つチャンスがそこにあるのであれば、僕は期待を胸に応援するしかありません。北総TCのスタッフさんと戸田先生!よろしくお願いいたします。

クオン(トロットスター×ファーストステップ)
11/8 使った後も順調ということで、栗東トレセンにて軽目の調整を行っているとのこと。
「正直びっくりしたよ。これならば楽しみがあるよ」(厩務員)
中間様子を見て使っていく予定ですが、次走も芝の短い所が濃厚か?

渡辺騎手の(非公式)コメント
『まだ、ソエの部分がしっかり固まっていない(今は大丈夫なんですけど)馬だけど、いい馬ですよ。今回は調教の動きも悪くて先生からの期待もそれほど高くなかったんですけど、レース本番ではよく走ってくれますね。ウッドチップは苦手みたいだけど芝のような軽いコースだと馬が変わりますよ。スタートから行くタイプではないので、(今後も)後方からの競馬になると思いますけど、もう少し長い距離でいけると思います。今回の1200㍍でもちょっと忙しい印象ですね。能力的には勝てると思いますよ。。。』
(渡辺騎手から頂いたコメントを一部省略および表現を少々変えさせていただいております)

・・・渡辺騎手も外食中でした(笑)
クオンのことを高く評価してくれているようで嬉しかったです。Yさんからは『ナベちゃんの言うことを全部鵜呑みにしたらアカンで~(笑)』と言われましたけど。。。
厩務員さんや渡辺騎手をはじめ、いろいろな方を驚かせ期待を持たせてくれたようですので、次走あたりは狙ってみたいと思います。この5着で多少は評価が上がるでしょうけど、56.4倍(デビュー戦)→253.5倍(前走)ですからね。。。まぁ、20倍を切る人気にはならないでしょう。(恐らく直前の調教も走らないでしょうから・・・)
次の予定も決まっていそうな感じですから、頑張ってもらいましょう!

ここ数日、急に寒くなってきました。風邪を引かないようにせねば・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年11月 8日 (水)

ナベちゃんと話しちゃった。。。

今日は、神戸製鋼時代にラグビー日本一にもなったYさんと一緒に、食事に出かけました。
Yさんもかなり競馬が好きでいろいろと詳しい方なんですが、競馬関係者にも知り合いが多い方でして・・・。

『そうや、ナベちゃんのことろに電話したろ。』(Yさん)

ということで、渡辺薫彦騎手と電話で話しちゃいました。(喜)

その内容は・・・ちょっとここに書いたらマズいこともありそうなので、一度しっかりと整理して、明日にこの場で書かせていただきます。

明日は、パシスタ&クオン情報特別バージョンです。楽しみにしていてください。

今日はこの辺で・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月 7日 (火)

ローレル放牧馬情報11・7

先週の金曜日は文化の日でお休みでしたのでローレルクラブのメルサも配信されず・・・。
先日クラブに電話をした際に、雑談の中で放牧に出されている愛馬2騎(ハルカチャン&ローレルウェルシュ)の近況について聞けたのでローレル愛馬情報をどうぞ。

ハルカチャン(オグリキャップ×ツジノチェリー)
10日以上前のクラブ公式コメントからは『慣れない障害に躊躇する時もありますが・・・』と、いったコメントがあり少々心配しましたが、状態はかなり上向きになっているようです。
矢野進先生もハルカチャンの調教を確認し『あと一ヶ月もあればモノになる』と言ったとか。(←電話越しでの会話なので僕にはこのようなニュアンスで聞こえましたが、正式にはクラブから金曜日に発表されるコメントをお読みください)
体もしっかりしてきており、調教も予定通りに進んでいるようです。
ハルカチャンの滞在している那須TFは障害コースや多岐にわたるハードル等があり、障害馬を育成するには、かなり良い環境のようです。性格的に慎重なところはあるようですが、慣れればしっかりとしたフォームで障害を飛越しているようですから、安心しました。
僕のホームページのトップにある“Mスポヘッドライン”でも『ハルカチャンが障害にて現役続行を検討中』から『検討中』という部分を削らせていただくことにしました。

帰厩および障害レースデビューはまだまだ先になりそうですが、“適性有”という判断が下って良かったです。障害で1勝してくれれば御の字ですから。。。もちろん更なる活躍を期待しておりますが。

ローレルウェルシュ(テンビー×モガミヒメ)
普通キャンターで体を作っていたようですが、先週末から坂路に入れての調教を開始したようです。脚元の方はすっかり良くなっているようです。
得意の中京開催まであと4週を切ったわけですが、梅内先生から具体的な帰厩プランが明かされていないとのこと。イクタさんでしっかりと追われれば、帰厩後1週間で十分レースに使えるところまで仕上げてくれますから、まだ心配はしていませんが、早めに復帰プランがイクタさんに伝われば生田さんもやり易いと思いますので、よろしくお願いします。
希望は中京で2戦(最低1勝)。年明け後も数戦こなして欲しいものです。ウェルシュは丈夫さが売ウリだと判断して出資したのに、不運もあってなかなか順調に使えていませんから、暑くないこれからの時期にいっぱい走って、結果も残してもらいたいと思います。
目指せ!03世代の稼ぎ頭!!

ということで、ローレル愛馬情報でした。

今週のローレルオスカーは激走の予感。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 6日 (月)

クオン5着

昨日はラグビーの勝利が嬉しくて、ブログも手短に済ませてしまいました。
今日は昨日書けなかった、愛馬クオンのレースを振り返ってみようと思います。

レース結果はビデオを見る前に、現地応援に行かれた方からメールにて知らされていましたので、緊張感は無かったのですがどのようなレースをしたのか強い興味を持ってみることとなりました。

馬体重は前走と変わらない440㌔。先日、ユニオン事務所に電話掛けて聞いたとおり、大きくなっていませんでしたね。しかし、馬体は引き締まって良い感じに見えました。
歩様の方は・・・やや、スムーズさを欠いているような気がしました。パドック周回中のオッズは100倍。『そんなに人気が無いのかぁ・・・』と、少々落胆しておりました。それと『これで本当に5着に滑り込めたのだろうか…』お仲間から頂いたメールをもう一度見直そうかとも思っちゃいました。(見直していませんが)
人気の3頭は良く見えましたね。

本場場入場のシーンも見て、いよいよレースに。

スタートは相変わらずでした(笑)
スタート直後もクビを上げて、効率の悪い追走。。。勝ち星を挙げた愛馬“ローレルシード”や“ローレルウェルシュ”のような脚質(先行馬)とはならないようですね。

道中は、同じくスタートに失敗したユニオン所属馬の“スプラッシュアウト”と馬体を併せるようにして追走。坂の下りからは外目を周って中位から直線へ。。。なかなか良い感じです。

カメラがクオンを捕らえている間は、トップギアには入れずに徐々に前進。そして、カメラがクオンの前を走る3頭にズームした瞬間。。。クオンの末脚が弾けました!実況では同じタイミングで追い出しに掛かったスプラッシュアウトの馬名はコールされましたが、それについて頑張るクオンの姿が(映っていなかったものの)僕にはしっかりイメージできました。

結果は・・・
勝ち馬から0.2秒遅れた1:09.8の5着(13頭中)。。。よく頑張りました。上がり3Fは最速の34.3でまとめ、見どころ十分のレース振りでした。
GCではレース直後に単勝オッズが映し出されるのですが、『253.5倍の11番人気』正直ビックリしました。もうちょっと評価してやってよ~・・・

次は、チャンスです!!

関係者コメント
渡辺薫彦騎手(ユニオンHPより)
「デビュー戦はもっとコトコトしていましたが、今日はそういうところがありませんでしたから前より状態は良かったと思います。使いながらもっと良くなってきそうですね。距離はもう少し伸びても良さそうです」(渡辺薫彦騎手)
・・・好騎乗、ありがとうございました。渡辺騎手で口取りをしたいです!!次はよろしくお願いしますよ!!!

大橋調教師(ギャロップより)
「行き脚がついてからは良かったし、距離が長くなってチャンスがありそう」
・・・次は1400㍍でしょうか?1600㍍でしょうか?できればスプラッシュアウトとの再戦は避けたいんですが・・・(もし再戦した時はリベンジを果たしますが)
上記の距離だと中京出走が無さそうで残念ですけど。。。しかし、クオンの適距離を早く見つけてもらって勝たせてあげてください。よろしくお願いします。

明日、渡辺騎手と親交のある某チームの監督さんと会います。渡辺騎手にスペシャルコメントを(聞けたらですけど)聞こうと思います。お楽しみに!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 5日 (日)

まずは1勝!

今日はラグビートーナメント初戦。(我が社はシードされており、2回戦からの登場)

7トライの猛攻で、41-0の完封勝ち。練習試合ではなかなか結果が出なかったわけですが、本番で良い勝ち方が出来、自信がつきました。また来週も頑張ります!!

クオンも見どころ十分のレースで5着に!

ローレルアクシスの出走取り消しで、この週末も『どうなることやら・・・』と思いましたが、とりあえず今日はぐっすり眠れそうです!!(もちろんアクシスはちょっと残念でしたが。。。)

クオンのレース回顧も明日にまわさせていただきます。

今日はとりあえず、チームの勝利の余韻に浸ります。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 4日 (土)

愛馬の客観的評価

明日は我がファミリー2頭出し!・・・と思っていたんですが、期待のローレルアクシスが“左前蹄球炎”により“出走取り消し”となってしまいました。

少々残念です。。。

しかし、主戦予定の池添騎手も怪我で不在だったわけですし、人馬共に万全な状態でもう一度“新馬戦”に臨んでもらいたいと思います。

今日は、ローレルアクシスとクオンの評価がかなり気になり、早々に競馬新聞“1馬”を購入してきました。両馬の客観的評価をご覧ください。

ローレルアクシス
5日(日)京都6R 2歳新馬(混)芝2000m・11頭立4枠4番 秋山真一郎55.0㎏
印…△(那谷)▲(TM持木) 予想オッズ39.9倍(10番人気)
診断…水準がやっとの時計で遅れと感心しない内容。強調できぬ。
鶴留師のコメント…『遅れが目立つし体にも余裕がある。叩いてから』

ちなみに、netkeibaの本紙は△予想でした。

・・・予想以上に人気が無くてビックリしました。しかし、鶴留先生がローレルアクシスを評価し、育成先のホースプレイスの調教を絶賛し(そのこともあってキングカメハメハ×スロクルージュも鶴留先生に決定したような・・・)、強行して出走してきたわけですから、『人気以上にやってくれるはず・・・もしかしたら勝っちゃうぞ!』と思っていただけに残念です。鶴留先生も比較的強気の発言が少ない先生のようですしね。
まぁ、この取り消しにより少なくとも、あと1本~2本は追い切りをこなすことになるでしょうから、良い方向に向かうといいですね。

クオン
5日(日)京都3R 2歳未勝利(混)芝1200m・13頭立4枠5番 渡辺薫彦55.0㎏
印…△(加茂) 予想オッズ52.3倍(11番人気)
大橋師コメント…『ソエ完治も肝心の動きがピリッとしなくて』

ちなみに、netkeibaのPC予想は△でした。

・・・クオンはウッドチップの調教が全く動きませんから、評価は低いだろうと思っていました。冷静に見ればこんなもんでしょう。しかし、芝では動きが一変しますから、楽しみにしています。それでも、馬券的には、ひと叩きして次走あたりが狙い目かなぁ・・・と、思ったりしています。どちらにしても明日は馬券を買えません。『馬券を買っていたら儲かったのに・・・』と、悔しい思いを僕にさせて欲しいところです。相手もそれほど強いように思いませんので、どれだけやってくれるか本当に楽しみです。同じユニオンのスプラッシュアウト(こちらは満口にもなった評判馬)との対決も楽しみです。クオンが勝てないのならスプラッシュアウトに勝ってもらってもいいんですけど・・・どっちも頑張れ!!

以上、こんな感じでした。

客観的評価は両馬とも、ちょっと寂しかったかな?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年11月 3日 (金)

期待の2頭が出走

日曜日に愛馬クオンとローレルアクシスの2頭の出走が決まりました。

出資しているどの馬に対しても期待していますが、楽しみな2頭が同じ日に同じ京都競馬場に出走します。時間があったら京都競馬場に飛んで行きたいのですが、以前からこのブログにも書いているようにこの日はラグビーの公式戦がありますのでそちらに集中します。

ラグビーのキックオフは13:30ですので、

先鋒 クオン        11:10出走
中堅 ローレルアクシス 13:00出走
大将 まひろ        13:30K.O.

ということになります。

目指すは3戦全勝ですね。先鋒のクオンと中堅アクシスは、たとえ負けてもチャンスは巡ってきますが、大将まひろはトーナメント戦なので、次は・・・1年後になってしまいますので、大将は絶対に負けられません!

クオンもローレルアクシスも“現地応援の方”&“口取り希望者”がいらっしゃるようです。皆さん両馬の応援をよろしくお願いします。

もしよろしければ、写真や応援馬券等いただけると嬉しいのですが・・・。

気合が入る週末です!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月 1日 (水)

パシスタ&クオン情報11・01

今日から11月になりました。2006年の競馬もあと8週。少しでも愛馬が勝ち上がってくれることを願っております。
今週はローレルの愛馬ローレルアクシスとユニオン愛馬クオンが出走予定ですし・・・。
頑張れ、トロットスター!!産駒』です!!!

今週の月曜日にユニオン東京事務所と大阪事務所に電話をしました。
今日はユニオン愛馬情報“スペシャル”でどうぞ!

パシスタ(ダンスインザダーク×プレティッシモ)
【最新情報】
10/31 北総TCでトレーニング中です。軽目のキャンター4000㍍と、角馬場と走路で障害練習を行っています。
「馬体はドッシリして以前にも増して良く見せるようになってきました。飛越自体もきれいなので、あとはもう少し集中力が続くと良いんですが…」(担当者)
・・・東京事務所に電話で聞いたところ、『飛越センスは非常に高い』ということでした。相変わらず『集中力』だとか『真剣に走ってくれるか・・・』などのコメントもありましたけど。。。
最新情報のコメントにもあるように、馬体もしっかりしてきており、ショックウェーブ治療も功を奏して、疲れも取れたということで、もう少しで入厩もあるんじゃないか・・・という話でした。何とか年内デビューを果たしてくれると嬉しいですね。

クオン(トロットスター×ファーストステップ)
10/21 CW良、併走5F 72.3 56.0 41.2 12.8 [7] 馬なり
ノースエスパー(新馬)馬ナリの内に先行し3F付同入

10/28 CW 良 5F 73.4 57.8 43.0 13.7 [7] 馬なり余力
ナムラコネリー(二500万)馬なりの内同入

11/1  CW 良 6F 84.8 67.8 53.3 40.2 14.7 [5] 叩き一杯
ジョーユウリ(二未勝)馬なりの内に先行4F付0.1秒遅れ

ウッドチップでは相変わらず動きは悪いようです。『芝コースでの動きは悪くないとのこと』で期待されているのかなぁ。。。とも思ったりしています。
「実戦でどれだけ変わってくれるかですね」(助手)
馬体に硬さはあるものの、デビュー戦よりは良い状態で出走できそう。。。とのこと。
京都(日)の芝1200m、もしくは芝1600m未勝利戦に出走予定。
・・・今週のギャロップに10/25の3頭併せの調教タイムが掲載されていました。詳しいタイムは覚えていませんが、二未勝のニホンピロマナツに1.5秒くらい遅れて、かなり遅いタイムだったわけですけども、クラブHPに掲載されていませんでしたので、『何か、作為的に掲載しなかったのですか?』と聞いたところ、『そういうつもりは無いです。スイマセン掲載漏れだと思います。』と言うことでした。
放牧から帰ってきて、脚元の不安は全く無くなっているようです。大橋先生としては『もう少し馬体が大きくなっていると良かった』みたいですけど、1歳の頃からそれほど大きかった馬ではなかったので、現時点ではこれくらいの成長で止まっているのかもしれませんね。
デビュー戦の走りより、今回は距離を伸ばすとのことでした。『(月曜日の時点では)今回は日曜日の1200㍍を使って、一度叩いた様子を見て1600㍍くらいまで試す方向になると思います。』ということでした。今日の公式発表ではいきなり1600㍍も可能性としてある感じですね。
大橋先生はひと叩きして2走目、3走目で良績を残しているので、クオンもそうなるのかなぁ・・・と、ちょっと思ったりもしていますけど、いきなり勝って2走目となる500万下条件戦で、もっと良い状態でレースに出走できることが一番の希望です。

頑張れ!クオン!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »