« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月28日 (水)

チャンピオンシップを振り返る②

時間が経ち過ぎると良くないんで、今日はラグビー日本選手権決勝の話を。。。

掲示板の方にも書いたことなんですが、お世話になったことのある朽木監督のトヨタを応援したゲームでした。

トヨタ(朽木監督)も東芝(薫田監督)も共にこの試合で勇退という事で、『最後は勝って送り出したい』と言う、両チームとも高いモチベーションの中での試合になりました。
東芝の2年連続の優勝か。
トヨタ自動車が20年ぶりの優勝を飾るのか。
もっと報道されてもいいはずなのに、事前の報道が少ないのは残念ながら今のラグビー人気を象徴している結果かと思います。

試合は開始早々からトヨタが猛攻を仕掛けました。前評判からも実績からも東芝が勝っているワケで、トヨタは“受け”に回っては分が悪いです。『とにかく先制点が欲しい』・・・そんな気合を見せてくれました。
トヨタは先制点が欲しいのに早い時間帯に2本のペナルティーゴールを外す。。。このまま押し戻されて東芝に先制点を取られたりしたら・・・一気に試合が決まる可能性もありました。
前半6分、何とか踏みとどまりトヨタのSOアイイ選手がペナルティーゴールを成功させます。
トヨタにとっては絶対に欲しかった先制点。とりあえずはこれでゲームを作ることができるでしょう。。。
しかし、試合を落ち着かせる時間も無く、東芝はその2分後に石澤選手がトライ。。。立て続けにまたも石澤選手が18分にトライを重ね、12-3で東芝リードとなります。9点差は東芝にとってはセーフティーリード。トヨタにとっては重た過ぎる大きなハンデ。。。ここから20分以上前半が続くワケですが、東芝は精神的にも体力的にもスタミナを温存できましたね。対するトヨタは『前半のうちに何とか7点差以内に戻さなければならない・・・』と言う焦りから、結構参ってしまったかと思います。。。できれば5点、最低でも3点。トヨタは前半30分にもペナルティーゴールのチャンスを得ますが失敗。前半3度のPG失敗はこの試合の大きなポイントになりましたね。

東芝12-3トヨタ

のスコアで後半戦へ突入。
トヨタは、後半11分赤沼選手がトライを決めます。後半最初の得点を執念で奪ったトヨタの頑張りは凄かったです。(ロスタイムの攻防よりも魂を感じました)
トライのあとのゴールも決まり2点差。スタミナを浪費した戦いの中にも微かな光が見えたと思います。
そして、後半21分。トヨタはペナルティーゴールを選択。決まれば逆転。。。先制点以来のリードを奪うことができます。
しかし・・・SOアイイ選手が蹴ったボールはゴールを捉えることができず。。。エースキッカー廣瀬選手が出場していたら。。。でも、彼は怪我をしてしまったわけですからそんなことをぼやいても仕方がありません!

ここでも頑張り続けるトヨタは攻め続けるも東芝の鉄壁のディフェンスを破ることができません。東芝は攻め込まれながらも自信と余裕があるかのような感じすらしました。
後半38分、東芝の立川選手がトライ。19-10と東芝がリードを広げたところで勝負アリ。

トヨタは意地で1トライを獲りに行くも最後まで鉄のディフェンスを打ち破ることができませんでした。。。
試合終了後東芝の主将冨岡は

「激しさに差はなかった。違ったのはハートの部分。一人一人の強い思いが上回った」

とコメントしていましたが、接点の部分では本当に差が無く、日本選手権決勝に相応しい戦いでした。ハートの部分は・・・東芝の選手には“自信”があったというところの差でしょうか?

東芝は昨年に続きタイトルを独占。黄金時代と言っても過言ではないでしょう。。。

一度低迷した東芝を最強の集団に作り上げ、10度も胴上げされた薫田監督は東芝を去り、ラグビー日本協会という立場から、日本のラグビーを強化していくとの事。

トヨタの朽木監督はトップリーグでのタイトルには手が届かなかったものの、トップリーグ元年に“屈辱の”下部リーグ(トップウェストA)からスタートしたのと同時に監督に就任。1年でトップリーグ返り咲きを果たすと共に、上位チームと対等に戦えるチームを早々に作り上げた。今後はトヨタの部長としてチームを支えていくらしい。

両監督のお陰もあって、素晴らしい日本選手権決勝を見せてもらうことができました。

これだけの試合ができるのに、ラグビー人気は・・・
ラグビー日本協会にはもう少し頑張ってもらって、人気のスポーツに押し上げてもらいたいところ。。。

来シーズンへの(僕の勝手な)目標は、地上波放送の試合を2倍にすること。選手の皆さん、チームの関係者の皆さん、協会の偉い人たち・・・頑張ってください!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年2月27日 (火)

日テレの決断

今日は、内容差替えでプロ野球の話題を・・・

日テレが巨人戦の放送を原則として中継を延長しない方向で行くようです。
僕の記憶が正しければ、数年前は最大1時間延長とか45分延長の文字が新聞テレビ欄に記載されていたはず・・・。現在は野球中継では視聴者を確保できない現状があるようですね。

日テレの久保伸太郎社長は、プロ野球に3時間を超える試合が多いことを指摘し「まず試合のテンポを上げてもらいたい」と訴えていたようですが、本心はそこには無いような気がします。

以前もここで書いたと思いますが、単純に野球人気が低迷したわけではなく、CS影響も大きいかと思います。“3度の飯より巨人が命”という人は、『G+』(ジータス)に加入していることでしょう。日テレとしても『G+』への加入者が多い方が懐が潤うわけですから、地上波のジャイアンツ中継を減らすことで『G+』加入へ拍車がかかることも狙いなんだと思います。

僕は中日ファンですし、ラグビーやサッカーも見たいということで、Jスポーツの3チャンネルセット(Jスポーツ1・Jスポーツ2・Jスポーツプラス)に加入しています。(Jスポーツ2では中日戦をいっぱい中継します)

だから、地上波の中継が多少減っても中継延長が無くても大きなマイナスは感じません。。。でも、ちょっと寂しい気持ちになるかな?
久保伸太郎社長は「延長によってあとの番組が押されてしまう。きちんとした視聴習慣を確立したい」とも話されていたようですが、これには同意見ですね。夏場はラグビーの練習とかも長くなりがちで、帰りが遅くなります。ドラマなどの録画も増えるでしょうから、延長で、『ドラマの後半が見られない・・・』という心配がなくなりますからね。そういえば、僕のDVD&HDDレコーダに『ナイター延長モード』というものがあったけど、これも必要なくなるのか・・・と思うと、これもまた寂しいですね。(時代の流れに置き去りにされた産物っぽくて。。。)

東京ドームの開幕カードである4月3~5日の対中日3連戦は野球中継の30分延長を用意“頑張って”準備してくれたようです。中継試合予定数も昨年の63試合から42試合へ大幅削減になった今年。ジャイアンツの選手には“親会社”の低評価を覆すような熱い試合を続けてもらい、日本のプロ野球を盛り上げていただきたいところです。

最後に笑うのはドラゴンズですけど。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月26日 (月)

チャンピオンシップを振り返る①

土曜日にJリーグの年間王者を決めるゼロックススーパーカップがありました。
日曜日にラグビー年間王者を決める日本選手権決勝がありました。
今日はこの2つのカードを振り返ってみようと思います。

まずは、ゼロックススーパーカップ(浦和レッズVSガンバ大阪)から。
結果は4-0の大差でガンバ大阪が勝ちました。
ガンバ大阪はかなり強いです。。。この強さには正直驚きました。負けた浦和レッズもガンバが相手でなければもっとやれていたと思いますし、大抵の相手には勝つことができたでしょう。
両チームの補強ポイントから検証をしてみましょう。
ガンバ大阪の最高の補強ポイントはFWバレー(前・甲府所属)でしょう。『超攻撃サッカー』を更に進化させる補強です。バレーの登場は後半30分の時点でしたので、この試合に関しては大きな影響は無かったかと思います。しかし、セットプレーからボールを放り込める遠藤やサイドからボールを入れれる家長、加地、二川そして、今日の試合の隠れMVPとも言える左サイドバックの安田らが揃うガンバにとって背が高く、空中戦に強いFWバレーが加入したことはとてつもなく大きいですね。Jリーグ開幕前にこれだけ完成度の高いサッカーができているということは、キャンプからオフェンスの組み立てにおける方針がしっかりとしていたのだと思います。バレーがチームにしっかりと馴染んだらどのようなフォーメーションになるのか?バレー&マグノアウベスの2トップか?そこに播戸を絡ませた3トップになるのか・・・末恐ろしいです。。。
対して、浦和レッズはMF阿部勇樹をジェフから獲得。阿部はまだまだチームに馴染んでいませんでしたね。90分間で阿部が目立ったシーンはひとつも無かったように思います。レッズMFにタレントが揃っていますが、比較的ディフェンシブな選手が多い気がします。(阿部もそうですし、鈴木啓太、小野、長谷部(彼は前めかな)、酒井・・・それぞれ、オフェンシブな場所も行けますがあっているのは後の方かと・・・)もう少し、それぞれが上手く役割分担ができてくると機能するようになるのかなぁ・・・なんて思います。
次は、選手が居なくなった部分ですが・・・
ガンバ大阪はディフェンスの中心であり、象徴的存在であったDF宮本恒靖が居なくなったわけですが、チームが3バックから4バックに上手く転換(昨年から4バックを採用)できたため、センターバックは屈強なシジクレイと昨年から宮本のポジションを脅かし続けた山口智(今年からゲームキャプテン)で穴を感じさせませんでした。それどころか、宮本が居た昨年よりもディフェンスが強くなった?と、錯覚しちゃうくらいです。
浦和レッズは三都州が移籍。ここに小野が入った形になりましたが、やっぱりタイプが違います。三都州の代わりは難しいようですね。(もちろん、小野の良さもあったし三都州のマネをする必要は無いんですけど・・・)
その他浦和レッズはディフェンスの柱である闘莉王やオフェンシブハーフの長谷部を怪我で欠いていた不運もありましたし・・・この結果だけで『今年の浦和はダメだ・・・』とは思いませんけどね。しかし、阿部を補強して、JリーグNO.1の中盤を揃えている浦和レッズが、中盤が上手く連携せず中盤に苦しむこととなるとは・・・。

1週間後にはJリーグ2007がはじまります。我がジュビロ磐田はこんなに強いガンバ大阪や浦和レッズを相手に戦っていけるのか本当に心配です。福西、金珍圭らが抜けた穴を大きな補強もせず、若手の成長に期待する形で補おうとしているのですが、どこまでやれるのか・・・昨年はよく頑張って5位に踏みとどまりました。ファンとしては昨年以上の成績を望むことは当然ですが、ちょっと不安の方が大きいかな?

結局、ガンバ大阪VS浦和レッズを振り返ろうとした日記がジュビロ磐田を想うまとめで終わってしまいました。ラグビーの話題は今日は辞めておきます。。。まとまりの無い散文になってしまい申し訳ありませんがこの辺で。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月25日 (日)

3ヶ月ぶり

髪の毛を切りました。前回美容室に行ったのが11月だったので、3ヶ月振りの散髪になります。年が明けてからこれまでかなり忙しかったので、髪の毛は伸び放題でした。
僕の髪の毛は天然パーマがかかっておりまして、伸びると、本当に収拾がつかなくなります。一応、オールバックにしてワックスでガッチリ固めて職場に行っていたのですが、周りからは『変態ヘアー』と呼ばれるほどキツイものがありましたので、美容室に行ける時間があることを本当に嬉しく思いました。

さて・・・どんな髪型にしようか・・・

2年~3年前はストレートパーマをかけて(僕の場合はかなり強めのストパーをかけます)手入れをし易い髪型にしておりました。昨年くらいからは坊主頭に近い短髪(ベリーショート)にしていました。
今回もベリーショートにしようかなぁ・・・(代金も安いし。。。)と思っていたのですが、最近は息子がサッカーオタクに変身してしまい、
『三都州の髪型にして!』(日本代表、ザルツブルグ所属)
・・・坊主頭に縦に剃り込みを入れ、スイカみたいな奴ですね。。。これでは仕事にいけません。
『ロナウジーニョにして!』(ブラジル代表、バルセロナ所属)
・・・ポニーテールです。。。そこまで髪の毛は伸びていません。
『プジョルは?』(スペイン代表、バルセロナ所属)
・・・、あんなに髪の毛がいっぱいありません(涙)
『ジダンにして!』
・・・坊主というか○ゲじゃないですか・・・さすがにマネできません。
『俊輔(中村)は?』
・・・髪の毛サラサラじゃないし・・・

・・・ということで、美容室に行って『要相談』になりました。

美容師さんにお願いしたことは、
①『クセが出ちゃうと髪の毛の手入れが大変なんで、クセを抑える方向で』
②『サッカー選手っぽい髪型で』
③『息子をアッと驚かせるインパクトを』
④『それでも、仕事に行けるような髪型で』
の4点でした。

美容師さんもかなり悩まれたのですが・・・
①『せっかく髪が伸びたので、ベリーショートはやめましょう。』
②『クセが生きる方向の髪形で行きましょう。』
③『ビジネスとプライベートでオンとオフができる髪形で』
という事で、まとまった結論が・・・リーガエスパニョーラのバルセロナ。。。ロナウジーニョでも無くプジョルでも無く・・・ライカールト監督です(笑)
さすがにあそこまで癖毛ではありませんが、イメージはライカールト監督で作業が進みました。

散髪の途中で、
①僕の髪の毛がちょっと少ないこと
②このままでは仕事に行けなくなりそう。。。
という理由で、ちょっと方向転換。。。

散髪すること3時間以上。。。

結局、
(ライカールト監督+カズ(三浦知良選手)×3)÷4
のような髪形になりました。
(カズの髪型でストレートではなくクセ毛の状態・・・ライカールトテーストは殆ど無いような・・・))

個人的には結構気に入っています。息子も結構気に入ってくれて(髪の毛を切る前と切ったあとのギャップが大きかったので)いますので、よかったです。
この髪型でラグビーも頑張ろうと思うし、愛馬の口取り写真にも納まりたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月24日 (土)

ローレル在厩馬情報

今年は我がファミリーも好調です(笑)
ただ、2年前にツアーにいったりして愛馬が増えただけな気もしますけど。。。しかし、ツアー世代の前世代のウェルシュが早々に07初勝利を僕にプレゼントしてくれました。04生まれ世代もこれからガンガン出走してきますし、3月中の勝利も期待していますので・・・
というワケで、ローレル愛馬情報です。

ローレルアクシス(スペシャルウィーク×ダムドコンパニー)
鶴留厩舎(栗東)在厩中
この中間も変わりなく順調に調整されています。
次走については中京開催での出走の可能性が高いものの、現在のところ未定となっています。
・・・明日行われる阪神芝2400㍍には結局投票せず、中京出走が決定しましたね。中京に出てくれるのであれば僕としてはありがたいことです。アクシスも間を詰めて3走したので、次走までの間にじっくりと調整ができるといいですね。因みに出走が有力視される10日(土)は中京のメインレースにファルコンSが組まれています。他場では重賞がないことから、有力騎手が中京に集まることでしょう。ここを勝負と考え、加えて先のことまで考えると“池添騎手”にお願いしたいところです。武騎手や安藤勝騎手でも嬉しいですけど、意外と安藤光騎手なんかが当たっても面白いかな?(話題性もありますからね)
明日の京都2400㍍の2着・3着は恐らく中京2500㍍に回ってくるかと思います。この時期の3歳未勝利長距離戦線のレベルを確認するためにもレースをチェックしようと思います。。。

クリオ(スクワートルスクワート×ペンカーレッグ)
高橋裕厩舎(美浦)在厩中
帰厩後も変わりなく順調に調整されています。
17日・美南W良・単走・助手・4F60.3-44.6-14.8(最内・馬ナリ)
21日・美南W稍・助手・5F68.9-54.2-39.7-13.4(3分所・馬ナリ)
(3歳新馬・シルバーゴブレット・一杯の外0.2秒先着)
高橋(裕)師「新馬に合わせた追い切りなので時計はこんなものだけど、やれば幾らでも詰まる手応えだったね。来週以降の想定次第ですが、もう一度ダートの短距離へ予定したいと思っています」
・・・この仔については(アクシデントさえなければ)未勝利で終わることは無いでしょう。。。調教はいいですし、スピードをもっていますので行けるでしょう!さて、次走はどこになるのかな?
来週だと3日(土)中山にD1200㍍(牝馬限定)があります。4日(日)には中山D1200㍍が2鞍、中京にD1000㍍がありますね。僕が中京に出掛けることが決まっている10日(土)は中京D1000㍍が1鞍。中山にもD1200㍍が1鞍あります。11日(日)には中山にD1200㍍(牝馬限定)とD1200㍍があり、中京にもD1000㍍(牝馬限定)が予定されていますね。阪神での出走は考え難いですから上記の中からレースを選ぶことになることでしょう。生観戦は難しいかもしれませんけど、持ち前のスピードで決めて欲しいですね。
遅くとも春の福島で簡単に勝ちあがれるだろうと思っていますけどね。
軽快なスピードがあるだけに芝の短距離も見てみたいですね。希望は4月7日に福島で“雪うさぎ賞”(芝1200㍍)に出るところ見てみたいですね。頑張れクリオ!

ハルカチャン(オグリキャップ×ツジノチェリー)
矢野進厩舎(美浦)在厩中
この中間も変わりなく順調に調整されており、引き続き障害調教を中心とした調教メニューを消化しています。
・・・中京の平地出走もあるのでは?と思って、クラブ事務所に聞いてみましたが『同じ裏開催でも小倉のようには行かない・・・』ということで、出走は難しいようです。このまま障害デビューに向けて進めていくとのことでした。

在厩馬の様子はこんな感じです。今日のゲレイロは惜しかった・・・そして、オーデコロンは1000万下クラスを1発で抜けました。。。これは驚き。ウェルシュにも期待しちゃいますね。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月23日 (金)

ピンチ・・・

喉がひどく腫れ、まぶたが痒い。。。そして倦怠感が・・・昨日まで調子が良かったのに急に花粉症か??

ということで、今日の日記はここまで。

明日はJリーグのゼロックス・スーパーカップ(浦和レッズ-ガンバ大阪)がありますね。もうすぐJリーグの開幕です。ちょっと嬉しくなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月22日 (木)

パシスタ&クオン情報2・22

今週はユニオンのパシスタが阪神を予定するも除外となってしまいました。出走の可能性を僅かに残していたローレルアクシスも中京に回ることになったので、初の阪神遠征も考えていたのですが残念ながらお預けとなってしまいました。

今日はユニオン愛馬情報を・・・

パシスタ(ダンスインザダーク×プレティッシモ)
2/21 南角⇒南W 併せ馬で5Fから 68.3-53.0-39.0-13.3(ブック)一杯に追う
エスケーアパッチ(古1000万)強目の内に先行3F付0.2秒遅れ
3馬身ほど先行してスタート。馬場の内めを通り、直線は一杯に追われるも、やや遅れてゴール。
阪神(日)障害未勝利・混に出走を予定し、出馬投票するも除外。。。
天間調教師のコメント「斬れる脚を使えるタイプではないので、追い切りの終いの脚はこんなもんでしょう。疲れはないですし、状態は悪くないですよ。抽選をクリアしたら、金曜日に飛越を確認してレースに臨みます」

・・・想定の段階ではフルゲート14頭に対して39頭が予定していたようです。パシスタは先週のレースに除外の権利取り目当てに投票し除外となったため、1回除外の優先権利持ちとなっていたのですが、パシスタを含めて1回除外の優先馬は13頭。2回連続除外の優先馬が10頭いたようです。5頭枠を除いた9頭分の枠は2回除外の馬に最優先されるということで、2回除外馬1頭とパシスタを含めた1回除外馬13頭に加えて除外回数ゼロ回の16頭の計30頭で5頭枠を抽選し出走権を争奪することなったようです。
5/30のくじ引きは難しかったですね。果たして来週は出走できるのでしょうか?・・・と、心配しつつも・・・とりあえず今週は出走が確定してから動くみたいなところがあったので、確実に出られる週(来週かな?再来週かな?)にその週のあたまからきっちりと調整して、万全の状態でレースに臨んで欲しいですね。障害デビュー戦は勝ち馬から大差をつけられてしまいましたが、ベストの状態になかったということですからね。次に期待です。 

クオン(トロットスター×ファーストステップ)
2/21 来週の中京(土)(日)いずれかの芝1200mに出走予定とのこと。開幕週ということで、スピード競馬となると展開の利が欲しいかも。。。
2/22 坂路良 併せ走で55.0-40.2-26.5-13.8 叩き一杯
パープルパンチ(3歳未勝利)叩き一杯に1.0秒遅れ
本馬なりに順調。

・・・タイムもマズマズかなぁ?クオンは本当に調教は走らないので判断が難しいです。クラブからも好調というコメントがあるので、それを信じようと思います。
中京の短距離戦を目指すということですが、一番の希望は3日(土)・4日(日)とも除外となって、10日(土)の中京3R芝1200㍍(混)に出てくれると嬉しいです。10日は確実に中京競馬場に居ますので、ここで生クオンを見られることを期待しています。
3日は何とか競馬場に行けそうですが、4日は仕事があっていけないので来週出走となるならば何とか3日にと切に願うばかりです。よろしくお願いします。。。

そんなワケで、今週は競馬場へ行かず家でゆっくりしようと思います。来週から中京競馬場参戦かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月21日 (水)

募集馬の馬名

最近になって匿名掲示板でも『05世代の名前』が話題となってきておりますね。
ローレルクラブもユニオンも馬名の募集締め切りは12月末日でした。1年前に遡って04世代の馬名決定の頃を思い出すと・・・
ユニオンは2月27日(月)に公式HPを通じて発表となっていましたね。発表の約1週間前あたりから匿名掲示板では名前がちらほらと漏れていたりしましたが・・・。
クラブの方のお話では『もう少し遅い時期に公表する予定だったのですが、いろいろと情報が飛び交っていたので、早くなってしまった・・・』ということでした。

ローレルクラブの馬名発表はユニオンから遅れること約1ヶ月の3月20日でしたね。当時のメルサを見ると3月20日に3頭。残りが3日後の23日に発表されていました。ローレルクラブの方の馬名は匿名掲示板でもあまり流出していなかったような記憶がありますけど・・・。

昨年は、ユニオンのクオン(トロットスター×ファーストステップ)とローレルクラブのクリオ(スクワートルスクワート×ペンカーレッグ)の2頭の名付け親になりました。昨年は馬名募集の時点で出資済の馬にはもちろんのこと、出資していない馬にも応募したりしていました。
今年の2歳馬については、出資馬の3頭(ベルガールの05・プリティロマンサーの05・ナイスジュノーの05)に絞って馬名を考え応募しました。というワケで、ユニオンの2歳馬には1頭も応募していません。
ユニオンは基本的にはクラブスタッフの皆さんが馬名を決定し登録するようなので、昨年同様にそろそろ、決定してくるのかと思います。対してローレルクラブはと言いますと・・・クラブ事務所の方と募集馬を提供してくださった牧場さんで決定するようなので、ユニオンさんよりもちょっと時間がかかるみたいですね。。。
ユニオンは先ほども書きましたが応募していないので(2歳馬に出資する可能性もゼロということで)ちょっと寂しいですね。
ローレルクラブの出資済馬3頭については、自信のある名前を含め、各2候補から4候補の名前を応募したので楽しみです。2年連続で愛馬の名付け親になれると嬉しいです!
今日の夕方に、別件でクラブに電話をしたのですが、ついでに2歳馬の馬名のことも聞きました。名前決定の作業は昨年よりも早いペースで進んでいるようで、発表の方も昨年と比べて、かなり早くなるような感じでしたよ。。。なんだか急にドキドキしてきました(笑)

因みに既に1歳馬のフレスコ06の馬名について考えております。いくつか気に入った名前が・・・。こちらは500口の満口馬。ライバルが多そうですけど。。。

さて、今からHPの更新作業をするか~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月20日 (火)

今週の出走予定馬

今週は予定通りユニオン所属の“パシスタ”が障害未勝利戦を予定しています。
先週の時点では中山と阪神のどちらかに投票となっていたのですが、今のところ土曜日の中山ではなく日曜日の阪神1本に絞って考えているような感じですね。(同じユニオンのデイトレーダーとブルーノーザーは中山と阪神の両方に名前が入っていましたけど。。。)

日曜日は暇になりそうだから、思い切って阪神まで遠征しようかな?とも思っています。でも、パシスタ1頭の出走では思い切って遠征ができません。

明日あたりにローレルクラブ所属の“ローレルアクシス”が『調子がいいので日曜日の阪神芝2400㍍を考えています。』ってことにならないかなぁ・・・なんて思っています。もし、パシスタとアクシスの2頭出走となったときには初の阪神競馬場遠征を・・・と考えています。

しかし、パシスタは何故阪神のみを狙っているのでしょうか?明日の夕方には公式コメントが発表になると思いますが、知っている方がいらっしゃいましたら教えていただきたいと思います。。。

それでは!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月19日 (月)

2年ぶりの機種変更

携帯電話を換えました。NTTドコモの携帯を使っているんですが『SO505iS』から『SO902iWP+』にしました。
2年間SO505を使ってきましたが最近は電池の減りが激しく、モバイルカメラも使用できなくなったため機種変更を決意しました。
SO505はかなりのお気に入りでした。今までも何台かの携帯を使用してきましたが一番不満も無く、長期間使用したと思います。

これからお世話になる機種は同じソニーエリクソン製のものなのですが、一番気に入っているのが防水仕様であるというところ。ラグビーをやっていると(自分が動いているときはグランド脇に置いてあるのですが・・・)、携帯電話が砂ぼこりまみれになってしまうんですよね。。。今までは、砂だらけの携帯の手入れが非常に面倒だったわけなんですが、これからはサッと水洗いで元どおり!安心してグランドに持って行くことができます。

携帯電話が軽量化していく中で、僕の新しい携帯電話は結構重たいんですよね。。。防水仕様だからなのかなぁ。。。
しかし、毎日所持するものが新しくなると浮かれ気分になります。普段よりもいっぱいメールしたりして・・・(メールをもらった相手は何も変わりないのにね。。。)
これから、どれだけの期間、『SO902iWP+』を使うのか分かりませんが、大事に使っていこうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月18日 (日)

とりあえず…ひと段落

今日はラグビー県大会の決勝戦と3位決定戦がありました。。。
先週の準決勝で負けてしまったので、我が社は3位決定戦に回ることになったわけです。
3位決定戦では前半は先制され、2度のリードを許すシーソーゲームになったものの、15-14のスコアとなり、我が社が1点リードで折り返しました。
後半はディフェンスがよく頑張り、失点をゼロに押さえトータル27-14で勝利。
苦しんだものの3位となることができました。

県大会3位ということで、上位大会への挑戦権を得ることができました。
個人的には初めて県大会を突破し、上位大会へ駒を進めることができました。本当に嬉しいです。もちろん、周りの方の期待は3位ではなく優勝だということはよくわかっているんですけどね。。。

とりあえず、1ヶ月半にわたって開催された県大会がひと段落しました。

束の間の休日を楽しむとともに、またラグビーを頑張っていきたいと思います!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月17日 (土)

フェブラリーS

明日は2007年GⅠレース第一弾。フェブラリーステークスです。

昨日も書きましたが今週は愛馬が出走しないので馬券購入に専念できます。

しかし、明日はラグビーの公式戦があるため、当日の馬券購入は御法度(自分の中で決めたことなんですけど・・・)なので、17日中に購入しなければなりません。。。
I・PATって、前日の20時から夜間ずーっと馬券を購入することができるんですね。。。実は今日になって初めて知りました。

というワケで、早速フェブラリーSの予想を。。。
そして、ここで予想したものを即購入したいと思います。

因みに、今日は東西の重賞を各6点買いで3連単をゲットしましたので乗っています!

フェブラリーS
・・・雨が昼頃まで降り続きそうですね。。。砂もかなり水を含んで先行馬が有利になりそうな雰囲気ですね。。。東京D1600㍍は外枠は苦しいと聞いたことがあるのですが、砂を被らずに行けそうな外枠の先行馬にチャンスがあるのでは・・・
ということを考えて。

◎⑭メイショウバトラー
○④シーキングザダイヤ
▲⑩シーキングザベスト
△⑫サンライズバッカス
△⑥メイショウトウコン
△⑮ビッググラス
×⑦ブルーコンコルド
×⑧フィールドルージュ

最初は◎メイショウトウコン○サンライズバッカスの平安Sのワンツーで行こうと思っていたのですが。。。じっくり考えて上記の予想に乗り換えました。

買い目は
単勝⑭200円
3連複④⑭(2頭軸から)⇒⑥⑦⑧⑩⑫⑮の6点へ各100円
3連単フォーメーション
1着④⑭
2着④⑭
3着⑥⑦⑧⑩⑫⑮
12点へ各100円
合計2000円で勝負。

これ以外は買いません!

当たるといいんですけどねぇ・・・。

追記
3月18日までは夜間の投票ができないんですね。
明日の朝7:00からしか買えないんです。
ということで、予想はしたけど買わないことに決めました!残念です。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月16日 (金)

ほっと一息

今年に入り、6週中5週で愛馬が出走し、ローレルウェルシュが優勝。ローレルアクシスが掲示板確保。パシスタが障害デビュー・・・いろいろなことがあり、好スタートを切った2007年ですが、今週は出走がありません。。。

愛馬が元気で一生懸命走ってくれることは非常にありがたいことなんですが、僕自身が土日が忙しくて・・・愛馬の応援も手が抜けないですから、輪をかけて忙しい週末でした。
だから、今週末に愛馬が出走しないことで『ほっ』と一息つけることができたりするわけです。。。(贅沢なことを書いているようで反感を買うかもしれませんがお許しください。。。)

ラグビーの方も今週末の試合でひと段落。。。残念ながら決勝戦へは進めず、3位決定戦へ回ることになりましたがここはしっかりと勝って、気分よく締めくくりたいと思います。3月17日・18日にまたラグビーの大会がありますが、その間1ヶ月は1日~3日くらいは競馬場へ行けると思います。

来週はパシスタが2度目の障害レースを予定。中京が始まる再来週はクオンがスタンバイとなることでしょう(お願いだから3日のレースに出てね。。。4日は仕事です)
そして、満を持してローレルアクシスが3月10日の中京芝2500㍍に出走となる予定です(2月25日の阪神芝2400㍍や3月3日の阪神芝2000㍍、同日の中京芝2000㍍の可能性もあり)
クリオも3月3日から11日の間に1本使ってくると思われます。
ハルカチャンも中京の平地500万下の牝馬限定戦に顔を出してくれないかなぁ・・・応援できるし。。。

ということで、ラグビー中心だった2ヶ月もこれでひと段落(ラグビーは好きなのでちょっと寂しいんですけどね)
ちょっと競馬と家族中心の週末にして、一息入れたいと思います。

そして、またラグビーを頑張るぞ~!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月15日 (木)

ユニオン愛馬情報2・15

さて、今日はユニオン愛馬の近況を・・・と思ったのですが、パシスタ&クオンともクラブからの情報はたったの1行。。。
今週はクラブ事務所にも連絡を入れていないので、特ダネ情報もありません。

・・・そんなワケで、とりあえず発表されているコメントの概要を。。。

パシスタ(ダンスインザダーク×プレティッシモ)
10日のレース後も上がりに変わりないようです。除外の権利取りも兼ねて、今週の東京(土)障害未勝利・混に投票するも抽選除外に・・・来週の中山か阪神に再度投票。

・・・クラブからの情報は上記の内容だけでした。前走はまだ体が絞りきれていない状態のようでしたし、この仔の場合は同じユニオン所属のデイトレーダーのように経験を積んでいった方がいいと思うので、どんどん出走してもらいたいと思います。来週の出走が叶い、内容に前進があると嬉しいのですが・・・。

クオン(トロットスター×ファーストステップ)
2/14 中間も変わらず、本馬なりに順調とのこと。次走については、今週・来週と芝の短距離戦が組まれていないことから中京開催の芝の短距離のレースまで待つ予定。

・・・今週は、京都の芝未勝利戦は2000㍍の1鞍。来週の阪神も芝の未勝利戦は2400㍍の1鞍。ダートの短距離戦は数多く組まれていただけに、動向が気になっていたクオンですが、今までの方針を貫くかたちで中京芝1200㍍に持っていくようです。
個人的にはダートのレースもちょっと見てみたかったのですがね。。。
でも、中京へ来てくれるということで、感謝です。『中京まで待つ』ということは、恐らく1週目に入れてくると思われます。3月3日は予定が無いのですが、4日は既に仕事が入っており、現地応援に行くことは不可能です。。。何とか、3日のレースに潜り込んでもらいたいところ。。。僕とクオンとの相性にかかっているかも(笑)1度でいいからクオンのレースを見たいですね。

さて、今日はもう1頭紹介させていただきます。

フレスコの06(ナリタトップロード×母父リアルシャダイ)
06世代初の出資馬です。
ローレルではなくユニオン所属馬です。
フレスコ06は昨年のオータムセールでユニオンが購入した男馬ですので、我がファミリー初の(市)馬となります。出資しようかギリギリまで様子を見ようか迷っていたわけですが、クラブから『残り口あと僅か』と発表があった日に意を決して、出資予約を入れたのですが、501番目(総口数500)の予約とだということで、そのまま“キャンセル待ち”の立場となってしまいました。1月30日に『キャンセルが出ました』と言う一報を受け、すぐに出資する意思をクラブに伝え、新たな愛馬として迎えることとなりました。よろしくお願いいたします。
この仔へ出資した理由ですが、
①ナリタトップロード産駒であること
・・・ローレルアクア・ベルガール05に続いて、3世代連続3頭目のトップロードの仔への出資となります。トップロードが1昨年秋に亡くなってから、どうしてもトップロードの06産駒が欲しかったので、良かったです。
②芦毛の長距離血統かな?
・・・トップロード×リアルシャダイということで、僕の大好きな長距離向けの血統であり、しかも本馬は芦毛ということで、『芦毛の長距離馬』の期待が持てます。タマモクロスやメジロマックィーン、セイウンスカイなど、僕を夢中にしてきた“芦毛の長距離馬”になる可能性があるこの仔への期待は大きいです。
③予定厩舎が栗東・田所秀厩舎である
・・・田所秀先生に預かってもらえる馬は今後もかなりの確率で出資すると思われます。それは・・・メインの放牧先が愛知のイクタトレーニングファームであるということです。土日に競馬場へ行くことが難しくなってきている今、平日の僅かな暇を見つけて愛馬に会いにいけるチャンスがある馬に出資したいですね。イクタさんへ入ることは決定していないものの放牧地として利用する可能性は高いですので、これが最大の決め手となりました。また、田所秀厩舎は公式HPを持っています。クラブ以外にも、こちらのHPから情報が得られるというところも良いところです。

さて、逆に出資をギリギリまで待とうと思った、不安な要素を・・・
①ナリタトップロード産駒であること
・・・まだ、中央競馬でこれといった活躍馬が出ていないですからね。。。僕の愛馬のラインナップを見てもトップロード産駒だらけですから、トップロード産駒がコケると厳しいんですよね。。。
②BMSがリアルシャダイ
・・・これも3頭目。上記のパシスタが(ダンスインザダーク×リアルシャダイ)、ローレルアクアが(ナリタトップロード×リアルシャダイ)ということで、我がファミリーで順調にいっていない2頭は母父がリアルシャダイなんです。。。アクアについては父も母父も一緒。。。全兄弟みたいな感じです(笑)
母父リアルシャダイは意外と大物が居ません。。。最近の活躍馬はキャロットのインテレットが重賞2着でクラシックにも出走しましたが、重賞勝ち馬となると・・・イングランディーレやサンライズバッカス程度なんですね。。。netkeibaで調べても、BMS上位の馬の中ではEIがかなり低いのがリアルシャダイ。。。心配です。

そんな心配も承知で出資していますが、フレスコ06がどんな活躍をしてくれるか楽しみにしています。フレスコ06に出資されている方がいらっしゃいましたら御一報ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月14日 (水)

パシスタ障害デビュー

昨日はローレルウェルシュのレースを振り返りましたが、その前にユニオン所属の愛馬“パシスタ”が走りました。レース前日の新聞には予想以上に印がついていたので、期待は薄い中でもどんなレースをするのか楽しみにしていました。
それでは、早速レースを振り返ろうと思います。

パシスタ
(10日(土)東京4R 4歳上障害未勝利(混)D3000㍍・5枠8番 出津孝一59.0㌔)
パシスタにとってはちょうど半年振りのレースになります。そして、我がファミリー初の障害レース出走となりました。パシスタが障害試験に合格した頃から、一口仲間の一人から『障害レースに愛馬が出ると障害の魅力にはまりますよ。。。自分の愛馬が強いと更にはまりますからね(笑)』と聞かされていました。
僕は一口をはじめる以前から長距離レースが大好きでしたし、障害レースも好きでした。だからこの日を楽しみにしていました。

この日の午前中はラグビーの練習があったので、パシスタのレースは生で見ることができませんでした。昨日書いたローレルウェルシュのレースを観戦したあとに、(興奮の中)パシスタのレースをビデオにて観戦しました。

馬体重は前走よりプラス10㌔増えて492㌔での出走です。元々、巾があってしっかりした馬体の持ち主だったわけですが、今回も『なかなか良い馬体だなぁ~』と思わせました。
パドック解説のスポーツ報知の春木宏夫さんは『えぇ~。。。10㌔増えて太いという感じは無いですね』と、パシスタには全く興味が無さそうなコメント。残念ですが仕方が無いですね。
このときのオッズは31.2倍。一口クラブの満口馬の不人気馬ですから、ここから徐々にオッズが上がっていくことは予測できましたが、それにしても結構な人気です。一方、同門の⑤デイトレーダーは8.3倍と人気の一角を形成。気合乗りはイマイチに見えましたが実績がありますからね。。。
春木さんのパドック推奨馬は⑬グラスファイター⑪ブレイブスペシャル⑭シャーディーナイス⑤デイトレーダー⑦タイキダイナスティでした。同門の⑤デイトレーダーはしっかりと入りましたね。一度は出資を迷った馬ですから、彼にも頑張って欲しいところ。。。
それから再度パドックの様子が映し出されました。パシスタは・・・少々物見をしていて、集中力が無い感じです。
「止まれ~」の号令でパドックを周回する馬たちは歩みを止め、騎手たちが整列を始めます。一礼を終え、それぞれのパートナーの元へ行くわけですが、パシスタへ騎乗する出津騎手は股関節のストレッチをしてから小走りをしてパシスタの元へ・・・このストレッチは何を意味しているのか?『久々の騎乗で体が鈍っているのか?それとも気合が入っているのか?』たぶん結果には関係無いでしょうが、細かいところが気になってしまいました。
出津騎手が騎乗したあともパシスタには集中力が無く、馬を曳く厩務員さんに甘えていました。『これは厳しいレースになるかも・・・』と、平地のレースで惨敗を続けた頃を思い出してしまいました。
本馬場入場でパシスタが紹介されました『イデツコウイチ騎手59キロ・・・』出津騎手って『イデツ』って読むんですね。僕は今まで『デヅ』と思っていました。失礼しました。(同じ漢字で“デヅ”と読む地名があるもんですから。。。)
パシスタの様子は・・・首を斜めに傾けながら横にステップ。。。この様子はパシスタに限らず見かけるのですが、騎手が意図的にやらせているのでしょうか(ストレッチとかの意味があって)?それとも、馬がレースを察知し嫌がっているのか?どうなんでしょう?分かる方は教えてください。

さて、レースですが同枠の⑦タイキダイナスティとともにゲートで立ち遅れ。。。⑦の前にはいるものの後方2番手からのスタートとなりました。スタート直後の第一障害で⑩カツホマレが落馬。画面では落馬を確認できなかったですし、実況のアナウンサーも落馬した馬を確実に把握できていなかった感じでしたので、『見間違えでパシスタが落馬ってことはないだろうなぁ~』と心配しました。
大きな飛越ミスはなかったが、終始後方2、3番手を追走。。。後ろを走りすぎてテレビにもあまり登場しません。。。各障害でパシスタの登場する僅かな瞬間を見るのがとても疲れました(笑)
本当に少しずつしか映らないので、パシスタのレース振りだとか展開とかも確認できず、最後の直線へ。。。
直線でもパシスタの姿を確認することができず。。。最後も盛り返す脚は無かったようですね。ゴール板通過のリプレイで、大きく離された後方での入線を確認。

先頭から遅れること、9.1秒の3分30秒6でゴール11着でした。
出津孝一騎手のコメント「道中、ハミをとって行きっぷりは良かったです。今日は、初障害で久々だったのでじっくり行きましたが、行かせようと思えばもっと行けますね。いくらか重かったこともあって終いバテてしまいましたが、障害は最後まできっちりと飛んでいました。飛越は結構上手ですね。ゲートの中で落ち着かず周りを気にしていましたが、レース慣れしていけばもっと走れますよ。いろいろ教え込みながら乗ってみたい、と思いました。機会があれば、また是非お願いします」

今回は・・・愛馬が障害レースに出る楽しみを感じることができませんでした。。。本当に画面に登場する時間が短過ぎて、このレースにパシスタが出ていることを忘れてしまいそうでした。少なくとも⑤デイトレーダーくらいの位置で走らないと位置取りも確認できないし、名前も呼んでもらえないし・・・という事で3000㍍も走ったのにレース中における感想は短くなってしまいました。

ダンスインザダーク×リアルシャダイ・・・血統を見れば長いところに向きそうな感じはしますし、馬体も良いし、出津騎手のコメントも悲観した内容でも無いですし。。。デイトレーダーのように場慣れしてこれば何とかなるのかな?
全くもって次走への展望が見えませんが、じっくりと応援して行こうと思います。決して『引退しろ~』とか思いませんから。。。
しかし、強い競馬でガッチリ勝ったローレルウェルシュと同じ日の出走だったことも運が悪かったかな?やっぱりちょっと比較しちゃうもんね。。。

次走はいつになるのか?今回以上の出来での出走に期待したいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年2月13日 (火)

ローレルウェルシュの優勝を振り返る

2日間ブログをお休みさせていただきました。。。ラグビーの試合で勝たなければいけない相手に負けてしまいました。。。
そんなことで、ブログを休む(しかも2日間も)なんて情けないことですが、どうしてもパソコンに向かって文章を書く気になれず、2日が経過してしまいました。今日は通常通りに出勤。朝は家を出るのも憂鬱でした(寝不足だし・・・)が、仕事を始めると不思議なことに負けた悔しさも和らぎ、
『よ~し、今週末の3位決定戦に向けて頑張るぞ~!』
という気持ちになりました。
対戦相手も決勝進出を逃したわけで同じ境遇なワケですから、頑張らねばいけません。

対抗馬として見られていたので、攻めて複勝圏内に残っておかなければ・・・。

それでは、本題に。。。ローレルウェルシュが優勝しました。そのレースを振り返ります。。。

ローレルウェルシュ
(10日(土)小倉6R 4歳上500万下D1000㍍・7枠12番 野元昭嘉57.0㌔)
土曜日は翌日のラグビーの試合に向けての調整をやってから、昼前に帰ってきました。ウェルシュの前にパシスタのレースが東京競馬場であったので、スカパー388チャンネルから389チャンネルに変えてからの観戦となりました。

レース前日から『相手は弱化している・・・』と少々自信を持っていましたので、パドックの様子&体が絞れていれば、馬券を買うと勝てないという禁断の“単勝馬券”を購入しようと思っていました。

馬体重は494㌔。前走よりも10㌔減っての登場です。この数字だけでも好感が持てましたが、馬体も前走に比べて幾分締まっているように見えました。歩様もスムーズでしたし、気合乗りも良い感じです。このときのオッズは18.8倍の6番人気でした。注目は競馬ニホンの木本英次さんのパドック解説です。
『まだ、絞れる体つきじゃないでしょうかね。。。』
・・・コメントが短い。。。それにより、ウェルシュの映っている時間も短い。。。結構良い感じに見えたのに“木本さん!それは無いんじゃないですか”って気になりました。
木本さんが選んだ推奨馬は⑥シルクゲイナー⑤フジマサビューティー⑧フレンチミステリーの3頭でした。金曜日の当ブログでも警戒していた⑥シルクゲイナーは予定通り推奨馬に選ばれましたね。パドックの周回も良かったですし、戦績も安定(4戦連続2着)しているし、仕方が無いところでしょうか?
木本さんが推奨馬に挙げてくれませんでしたが、僕はウェルシュが3着以内に入ることは間違いないだろう。。。と確信しました。
勇気を出して“禁断の馬券”を購入します。講座に残っていた残金は『?万3千円』大勝負をして、ウェルシュが何かのアクシデントに見舞われたら、ショックが大きすぎて立ち直れなくなりそうだったので、端数の3,000円を2つに割って、1500円ずつ単勝と複勝を購入しました。

さて、この前のアクシスと同じですが、馬場入場のシーンも無くレースの時間となります。。。
好スタートを決めたのは⑭サッサイヤでした。そして、スタートから150㍍の地点で2番手を伺う人気の⑥シルクゲイナーの外から⑫ローレルウェルシュが伸びてきました。3コーナー入り口、残り800㍍のところで、⑫ローレルウェルシュがあっさりと先頭に立ちました。コーナーでも相手を寄せ付けることなく先頭のまま直線へ。。。
2馬身ほど離れた2番手争いには⑥シルクゲイナー④チャイナバロック⑦エフテーコンコルドらが居ました。
先頭集団のアップの映像から全体を映すカメラから直線を広く映し出すカメラに変わった瞬間に、脚色が変わらない⑫ローレルウェルシュと一向に差を縮めることができない⑥シルクゲイナーを見て、勝利を確信しました!
ウェルシュがゴール板を通過した直後に、出資者仲間の一人からお電話を頂きました。勝ったことに大興奮で、電話の途中に映し出された12番の単勝オッズ『22.1倍』を見て、再度2人で盛り上がりました。

勝ちタイムは57秒7で2着に1馬身3/4差での優勝。この57.7秒というのは前走のレースで勝ったマイティーキラーの出したものと同じ時計です。
今開催の小倉競馬場では11鞍のD1000㍍のレース(500万下7鞍、3歳未勝利4鞍が行われました。馬場の違い等はありますが勝ちタイムのランク付けをすると以下のようになります。
1位 ローレルウェルシュ 牡4 57.0  野元昭嘉 0:57.7
1位 マイティーキラー 牡4 55.0 ☆ 鮫島良太 0:57.7
3位 サウンドスピリット 牡6 57.0  松田大作 0:58.2
4位 オーデコロン 牝4 55.0  岩部純二 0:58.5
5位 マコトジンライ 牡3 53.0 ▲ 北村友一 0:59.1
5位 ユーオーミー 牝3 54.0  中舘英二 0:59.1
5位 ヴィヴァーチェ 牝3 53.0 ☆ 塚田祥雄 0:59.1
8位 ゼンノリヴァーサル 牡3 56.0  藤岡佑介 0:59.2
9位 アンクルストロング 牡4 54.0 ▲ 北村友一 0:59.3
9位 コアレスパレード 牡8 57.0  藤岡佑介 0:59.3
11位 イエスオアノー 牝4 52.0 △ 大野拓弥 0:59.4
・・・なかなか良いタイムです。これなら上のクラスでもやっていけるのではないでしょうか?

野元騎手のコメント「番手でも良かったですが、変な形になるよりはと思って行きました。まだ弱い所がありながら強い競馬でしたね。楽しみですよ。有難うございました」

梅内調教師のコメント「稽古はオープン級やからね。行き切って正解。これ位はやって貰わんと。先もあるし、上がり次第で一息入れるかも」

SAKURASAKURAさんの情報によると、『右手前を気にしていたということで、休養に入る』ようです。心配ないということでしたが、どのような様子か早く知りたいですね。。。明日のクラブからの情報ではっきりすると思いますので、気持ちを落ち着かせて待ってみます。

『なかなか勝ちきらないが、丈夫で数多く走れる馬・・・』という予想で出資したのですが、予想と違う現状ですね。しかし、ウェルシュも頑張ってくれていますし、楽しませてもらってますから、復帰のときをじっくり待ちたいと思います。

中京で芝1200㍍を試して欲しかったけど、ちょっと無理かな?
もし休養するようでしたら、思い切って“せん馬”にしてみてはどうでしょう?夏場はバテて睾丸を腫らせてしまうし・・・馬体の強化にもなると思いますので。。。長く活躍する馬であって欲しいです!

とにかく、初の1000万下クラス進出。よく頑張ってくれました!!

明日は、パシスタのレースを振り返ろうと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年2月10日 (土)

祝辞を頂きましてありがとうございます

ローレルウェルシュが6番人気の低評価を覆す激走で優勝しました。
メールや電話、そして掲示板への多くの祝辞を頂きました。ありがとうございます。

このめでたい日に、僕は・・・明日の(ラグビー)準決勝への『決起集会』ということで、夕方から出掛けてしまいました。。。

返事が遅くなってしまいました。。。明日に返事をさせていただきます。申し訳ございません・・・お許しください。

ウェルシュの優勝は本当に嬉しかったです。

この勢いで明日も・・・そんなに簡単なことではないことは分かっておりますが、頑張ります。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年2月 9日 (金)

パシスタとウェルシュ

今週も愛馬が元気に走ってくれます。本当に有難いことです。平地の未勝利戦で2桁順位を連発していた我がファミリーの“ユニオン長男”パシスタと2週前に『故障?』とも思わせる惨敗を喫した我がファミリー唯一の(現役)優勝経験馬のローレルウェルシュが出走します。
今日は仕事帰りにローソンに寄って“1馬”を購入してきました。
それでは明日出走の2頭の評価を書かせていただきます。

パシスタ
10日(土)東京4R 4歳上障害未勝利 D3000㍍・5枠8番 59.0㌔【11:30発馬】
 印…〔……△…△△〕
TM…〔……………△…〕
△まで
天間師『慎重だが飛越は○。平地力不足を補えればだが』
調教より △…試験の内容はマズマズ。仕上りも良い。 気配7 動き8
予想オッズ36.6倍(10番人気)

netkeiba予想は印なし。

ライバル・・・デイトレーダー(ユニオン)
 印…〔△△△△△△〕
TM…〔△△▲…▲△△〕
予想オッズ12.8倍(5番人気)

・・・『印は無いだろう・・・』と思っていましたが、予想以上に印がついていました。関東出走と言うことで、競馬エイトとダービーニュースをチラッと立ち読みしてきましたが、両紙とも△がチラホラありました。意外でしたね。
抽選を終えた後のユニオン公式ページの天間調教師のコメントですけど、
『今週除外されて来週の出走がベストだったんですけどね。追い切りは終い気合いを付ける程度でしたが、動き自体は悪くなかったですよ。まずは本番でどれだけ飛越できるか確認しましょう』
と言う事とで、やっぱり除外狙いだった今週よりも来週の方が良かったみたいですね。しかし、競走馬ですから出走してナンボですから厳しい抽選をクリアした強運を生かして頑張って欲しいところです。
印のわりに予想オッズも10番人気と低いのですが、よく見ると14頭中13頭に印がついていて、“混戦模様”ですね。もしかしたらパシスタにもチャンスがあるのかも・・・と思っています。
同じユニオンのデイトレーダーもなかなか勝てずに苦しんでいる馬なんですが、このホームページをはじめて、最初に書いた日記に『この馬に出資しようか迷いました』と書いていました。(2005年7月)
デイトレーダーにも頑張って欲しいのですが、『デイトレーダーには負けたくないな・・・』といった複雑な気持ちです。
昨日も書きましたが、出津騎手になったことは本当に嬉しいですし、もしかしたらパシスタに良い風が吹いているのかもしれません。。。アッと驚く激走を期待します!

ローレルウェルシュ
10日(土)小倉6R 4歳上500万下 D1000㍍・7枠12番 57.0㌔【12:40発馬】
 印…〔△△…△△△〕
TM…〔△…◎……注△〕
見直す手も
藤原助手『前走は休み明けの分バテた。一シボりできれば』
調教より ○…まだシボれる馬体ながら動きは良化。 気配8 動き8
予想オッズ15.7倍(8番人気)

netkeiba予想は印なし。

ライバル・・・シルクゲイナー(ナイスジュノー05と同郷の石田牧場産)
 印…〔○○○○○◎〕
TM…〔▲○○◎◎◎◎〕
予想オッズ2.3倍(1番人気)

・・・前走がタイムオーバーギリギリのタイムでの大敗。。。しかし調教では、7日水曜日の坂路調教で13番時計、上がり1Fはダントツの12.3秒でまとめる素晴らしい動き(噂のオーシャンエイプスを凌ぐ動きです。。。エイプスは3歳馬ですけどね)をしていただけに、どのような評価になるのか楽しみでした。。。
4戦連続2着の安定した成績を残す⑥シルクゲイナー(出資済みのナイスジュノーの05と同郷の石田牧場産)や前回のレースの2着馬⑦エフテーコンコルドと3着馬⑪セレナダンスが出走していて、見た目は前走よりも相手が強化されたように見えますね。。。しかし、放牧明けの馬(②③④⑤⑧⑬⑭)が多く、先ほど挙げた⑦エフテーコンコルドと⑪セレナダンスも前回の対決ではウェルシュが人気では上位(⑦は7番人気・⑪は11番人気・ウェルシュは3番人気)だったワケですから、見た目とは裏腹に弱化していると思います。そんな中、ウェルシュの人気は下がり、オッズも少なくとも10倍以上になると思われますから、今回は美味しい馬券にありつけそうな気もします。。。心配なのは、『アクシデント』です。一つ勝った後も相変わらず不幸に見舞われているので、無事に回ってこられることを願いたいです。それから・・・前走も『右手前に変えると嫌な感じになりました』(野元騎手のコメント)もありましたが“ウェルシュは左回りが得意なのではないかな?”と思ったりもしています。今までのレースではアクシデントも多いし、1800㍍と、適正よりも長めの距離でしかレースをしていなかったのですが、最終コーナーを満足な状態で回れたのはデビュー戦くらいしかないんですよね。。。マイナスと考えられる要素はそこらへんでしょうか。。。あと、馬体重とか小倉競馬場との相性(2戦して2回とも最下位)など、いろいろありますね(笑)
でも、⑥シルクゲイナーさえ何とかなれば圧勝もありえると思っています。⑥シルクゲイナーも前走の勝ち馬であるマイティーキラーほど強くないと思っています。。。

頑張れ!ウェルシュ!!

最近は(↑)のようなコメントを毎週書いていますね。。。そろそろ、この気持ちが実って欲しいな。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 8日 (木)

ユニオン愛馬情報2・8

我が社のラグビー部の準決勝まであと3日となりました。日に日に気合が入ってきました。
さて、今日は出走をしていたパシスタ&クオンのユニオン所属の愛馬の近況を報告します。

パシスタ(ダンスインザダーク×プレティッシモ)
2/1 北角から北障害へそして北Bコースへ
併せ馬で半マイルから 55.7-40.3-13.1(ブック)馬ナリ余力
スプリングラゴス(古500万)馬なりの内0.4秒先着 *五十嵐雄祐騎手騎乗。(ここまでは前回のユニオン愛馬情報で書きましたが、その後コメントが書き足されましたので、追って報告を)
角馬場で飛越を確認した後、スプリングラゴスと障害コースに入る。
正面の連続障害を飛越し、一旦ペースダウンをした。向正面から再度スタートし、追い切り開始。
飛越は特に問題なく、久々に時計を出したが動きもまずまず良好で、最後は軽く気合いをつける程度で先着した。
五十嵐雄祐騎手のコメント『馬体に幅があって、すごく乗りやすいですね。飛越もまずまずですよ』
天間調教師のコメント『沢騎手が先週の落馬で負傷して乗れなくなったので、騎手の確保が難しくなってしまいましたが、なんとか確保して来週から投票したいと思います。現在の投票状況からすると、来週除外されて再来週出走といった線が濃厚ですね。そのため来週は7,8分ぐらいの出来で投票する感じで調整します』
2/7 南角から南W 単走で5Fから 69.4-55.4-41.6-14.0(ブック)強めに追う
まだ多少動きが重い感じとのこと。東京(土)障害未勝利・混に出走を予定。想定の段階では、フルゲート14頭に対して35頭予定となる。除外による優先権利持ちの馬は20頭予定。まずは、5頭枠を除いた9頭分を権利持ちの20頭で抽選(今回は2回除外の馬9頭が最優先されるため、9頭分の抽選はない)し、そこで外れた11頭と権利無しの15頭(計26頭)で残り5頭分を再抽選する。そのため、除外の可能性は高い。
しかし、抽選をクリアーし出走が確定。
10日(土)東京4R 4歳上障害未勝利D3000㍍・14頭立に出津孝一騎手59.0㌔で出走となりました。
・・・除外狙いの投票で通ってしまいましたね。。。今まで、障害レースの抽選の仕組みがよく分かっていませんでしたが、ユニオンさんの詳しい説明により、しっかり理解することができました。26分の5の抽選を通るなんて、なかなかやりますね。しかし、まだ動きが少々重い感じということで運が悪いというか・・・間が悪いというか・・・それでも、久々にレースに出走できるということで僕は嬉しいです。
沢騎手が負傷のためパシスタには騎乗できなくなり、新しいパートナーになったのは“出津孝一騎手”です。
出津騎手といえば2004年末に中山大障害にメルシータカオーに騎乗。見事に優勝しました。この勝利が2004年初勝利となり、勝利騎手インタビューで『これで来年も騎手を続けられっかな』 の名言を残した“あの”出津騎手です。沢騎手には申し訳ないのですが、(沢騎手には)強い印象が無いので、僕の心の中にあの名言がしっかりと焼きついている出津騎手になったのは結構嬉しいです。(後で調べたのですが、沢騎手は僕と同世代なんですね。。。今後、パシスタへの騎乗もお願いします)
初障害のパシスタがどれだけ走れるのか?相手がどんなものなのか?同じユニオンのデイトレーダーとどちらが上位に来るのか?さっぱり分かりません。。。明日の競馬新聞を楽しみにしてみようと思います。

クオン(トロットスター×ファーストステップ)
2/7 坂 良 1 回 57.1 41.2 27.0 13.5  一杯に追う
終いを一杯に追い切った。細くなっていた飼い喰いは良くなってきており、更に元気が出てきた感があるようである。京都(土)の芝1600m・混に投票するも除外となってしまった。。。
先日、ユニオン大阪事務所にクオン情報を聞いたところ・・・
クオンはバナナが大好物だということを聞きました。『バナナを見たら、目の色が変わりますよ~。』とのこと。
以前、ユニオンの会報『マイホース』にも登場した“坂井さん”の奥様も、よくバナナを持ってクオンのところに来て下さると聞きました。
坂井さんと一緒に、ご夫婦で子供のように可愛がって下さっているということで『クオンも幸せだなぁ~~』と嬉しくなってしまいました。

(ひとつ勝って)三重大静牧場にリフレッシュに来たときには大好きなバナナを持ってクオンを喜ばせてあげようと思います。
来週と再来週は芝の短いところが無いですね。。。どうするんでしょうか?ダート戦を試すのか?それとも中京まで我慢するのか・・・気になるところです。

クオンは残念ながら除外になってしまいましたがパシスタとともにローレルウェルシュが土曜日の小倉に登場します。ウェルシュにはガッチリ勝ってもらいたいところです。
勝ち負けを期待のウェルシュと我がファミリー初の障害レースに登場するパシスタということで、楽しみな週末になりそうです!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年2月 7日 (水)

ローレル愛馬情報2・7

今年に入ってローレルクラブの火曜日のメルサが2歳馬情報になりました。この世代には既に3頭の出資をしているわけですが、お気に入りの栗毛トリオです。
今日は05世代3頭の近況を中心に、月曜日にクラブ事務所の方に聞いた放牧馬情報も加えて書かせていただきます。

ベルガールの05(父ナリタトップロード)
新冠のホースプレイスにて育成が行われています。年明けから現在まで変わらずWM(ウォーキングマシーン)40分・ダク・ハッキングキャンター2000㍍を順調に消化しています。
ベルガールの05に関するコメント
『気性の勝った性格をしており、跨った際の気合い乗りは良好です。』
『抑えるのに苦労するくらいの気合で調教を受けており、骨格も成長段階で馬が変わってきています。』
2月6日付の馬体
馬体重 470㌔ 体高 163㌢ 胸囲 182㌢ 管囲 19.2㌢
・・・この馬に関しては評判も良いようですね。写真で見てもバランスが良いですし、雰囲気が良いです。父ナリタトップロードの仔はインパーフェクト以外に目立った産駒が無く、未知なところはありますが、血統通り長めの距離で走ってくれるようだと、活躍も期待できるのではないでしょうか?

プリティロマンサーの05(父ムーンバラッド)
浦河のシュウジデイファームにて育成が行われています。毎日BTCに輸送され、ダク・ハッキングキャンター2000㍍およびダク1000㍍・キャンター1000㍍・週に数回1200㍍坂路1本の調教メニューをこなしているとのこと。
プリティロマンサーの05についてのコメント
『身軽な動きを見せており、体も徐々に増えています。』
『ピリッとした性格で、軽やかな動きを見せています。』
石川氏のコメント『馬運車を嫌がっていたけど、だんだん慣れてきました。調教では真っ直ぐ走らない幼い面はあるけど、気の良い馬ですね。まずは集中して走る訓練をしています』
現在の馬体重は456㌔
・・・この馬は個人的には大きな期待をしております。ローレルクラブで募集されているムーンバラッド産駒の中で1番父に近い体形をしていると思うので、父のフィールドに似た適性で走ってくれればと思っています。既に坂路調教もこなしているということで、ホースプレイス組よりも早い仕上がりだといえるのではないでしょうか?
浦河のシュウジデイファームは西村牧場さんと仲が良いと聞いておりますので、西村牧場期待のこの仔をしっかりと仕上げてくれるものと思っています。コメントからも軽快な動きを見せているようですし、予想よりも早くデビュー(まだこんな話は早すぎるかな?)できるかもしれませんね。

ナイスジュノーの05(父トワイニング)
新冠のホースプレイスにて育成が行われています。年明けから現在まで変わらずWM(ウォーキングマシーン)40分・ダク・ハッキングキャンター2000㍍を順調に消化しています。
ナイスジュノーの05に関するコメント
『気性の激しい面のある同馬ですが、徐々に自分の仕事に理解を示してきています。』
『多少臆病な面が残っていますが、調教を重ねていけば問題ないでしょう。』
2月6日付の馬体
馬体重 451㌔ 体高 157㌢ 胸囲 185㌢ 管囲 18.8㌢
・・・重心が低く丈夫そうなこの馬は精神面でのコメントが目に付きます。ホースプレイスにて早い段階で内面のことが理解されていることは良いことなのかもしれません。。。丈夫であるということで出資していますので、脚元の不安についてのコメントは今後とも無いと思いたいですね。3頭の中では一番心配な面を残す1頭ですが、今後の成長に期待したいところです。

火曜日のメルサにもう1頭登場する愛馬がいます。3歳になりながらまだ入厩できていない彼です。。。

ローレルアクア(ナリタトップロード×ローレルメロウ)
年末に左前蹄球部を外傷してしまいました。
当時の担当スタッフのコメント「年末に脚を引っ掛けて外傷してしまいました。怪我の程度は軽いですし、運動は始めていますが、まだ歩様が良くないので、もうしばらく舎飼いにします。週末には野口獣医に両前深管部にショックウェーヴを当てて貰いました」
その後、ショックウェーブ治療を行いながらWM40分・常歩2400㍍・ダク2400㍍・週に2回ハッキングキャンター1200㍍の騎乗調教を再開したと聞いていたのですが、再び骨瘤を気にする所が見られ、騎乗調教を控えて様子を見ている状況に逆戻り。。。
・・・クラブの方に聞いても『ちょっと時間がかかるかもしれないですね。。。』とのことでした。戦いの場が長距離戦になることが予想されることから、デビューできれば除外等の困難は比較的少なく出走できそうなので、なんとかこれ以降順調に調教がすすむように頑張って欲しいところです。クラブの方も『4月くらいに入れるようなら、無理な使い方をせずとも何走かいけると思いますよ』と言ってくれました。そちらの方向に向かって欲しいところです。

最後に、年末に放牧に出た2頭の3歳愛馬の近況です。

スリジェ(フサイチコンコルド×セクシーディナー)
滋賀の湖南牧場にてWM・ダク・キャンター3000㍍の調教メニューを順調に消化しているようです。
担当スタッフの最近のコメント『鶴留先生からの指示もあって、とにかく太らせるのに専念しているので、調教は軽めにしています。ただ、カイバ食いが細いので、なかなかフックラとしてくれません。ジックリやった方が良いと思います』
・・・リフレッシュ目標の放牧ですが、カイバが細くフックラしないのは心配ですね。。。もともと新しい環境に直に順応するタイプではないので、ある程度予想通りかもしれません。しかし、公式HPにアップされている2月2日付のスリジェの写真では、多少冬毛があるものの心配するほど細く見えることも無いですし、楽をし過ぎて冬毛ボーボーでもないですから、あと一息で帰ってこられるかもしれませんね。。。(希望的観測ですけど。。。)
アクシスと同じ満口馬ですから、復帰を待っている人も多いかと思います。頑張れ!スリジェ!!

クリオ(スクワートルスクワート×ペンカーレッグ)
添田牧場にてWM・ダク・キャンター3000㍍の調教メニューを順調に消化しています。
最近の高橋(裕)師によるコメント『10㎏くらい体は増えているし、馬は良くなっているね。まだ良化途上だから、競馬に戻す時期を考えるのはこれからだね』
ちょっと前の添田氏のコメント『こっちに来た時と比べると、動きの固さが取れてきたし、体もフックラしてきたよ。もう少し体を増やさないといけないけど、戻ったら良い競馬が出来るんじゃないかな』
・・・こちらもリフレッシュ放牧。クリオは本当に手が掛からないというか、およそ想定の範囲内で事が進んでいきます。リフレッシュ放牧も上手くいっているようで、『もうちょっとで帰厩かな?』(ローレルクラブスタッフさんのコメント)と言うことでした。
クリオについてはある程度やれそうな気がしていますので、怪我無く無事に帰ってきて欲しいところです。

さて、今週はローレルウェルシュを含め3頭出しの可能性も。。。毎週、愛馬が走ってくれるので本当にありがたいことです。僕もラグビー頑張るよ~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 6日 (火)

ローレルアクシス頑張った!

今週は、ラグビーで最低限の目標にしていた『上位大会進出』を達成できたので、気分は上々です。あと2つ勝って、県大会制覇といきたいところです。3連勝すれば夢の全国大会出場となるワケですが・・・結構難しいですけど、チャンスがある限り頑張ります!

それでは、日曜日に出走したローレルアクシスのレースを振り返ります。。。

ローレルアクシス
(4日(日)小倉2R 3歳未勝利(父)芝2000㍍・5枠6番☆塚田祥雄55.0㌔)
中2週ということで、出走できるかどうかの不安もありましたが無事に出走することができました。やっぱり、長距離戦は短距離に比べて登録馬が少ないですね。レースを選んで使えるところが長距離馬の強みだと改めて感じました。
馬体重は484㌔。パドックでは相変わらずの垢抜けた馬体を披露してくれました。デビュー戦と同じ2人引きで周回していましたね。皆さんもお気づきだと思いますが、今回から赤いメンコを着用していましたね。。。なかなか似合っていたのではないでしょうか?このときのオッズは23.9倍の8番人気でした。僕は7番人気を予想していたのですが・・・“1馬”の予想(20.0倍の8番人気)が当たっていましたね。さすがはプロです!
注目のパドック解説コメントですが『着順はあまりよくないですけど、この馬自身の気配としては決して悪くないですからね。。。条件はこの2000㍍は合っていますのでね。前進はあると思いますよ』と・・・結構前向きなコメントを長い時間を割いて言ってくれました。『これは・・・推奨馬に挙げてくれるかも?』と思いました。しかし残念ながら推奨馬として上がったのは⑧マイネルグラナーテ⑩ピエナグッドラック⑦スラージ⑫フミノパッション③マルイチキセキの5頭でした。まぁ、推奨馬が必ず勝つわけではありませんので、いいんですけど。。。やっぱりここに挙げてもらえると勇気が出るんだよなぁ。。。

さて、小倉での出走ということで馬場入場場面も無く、いきなりレースに入ります。レース直前にはアナウンサーが『サンデーサイレンス系の馬が7頭、ブライアンズタイム系の馬が3頭・・・』と言っていました。僕と着目点が一緒でしたね(笑)
スタートは5分も二の脚で前に持って行くことはできず。。。その直後に⑦スラージに被されてしまいました。昨日ローレル事務所に電話をしたところ、ここで⑦スラージにちょっとぶつけられたというようなことを聞きました。
この不利を受けて、アクシスは後退。後方から3番手の位置でレースをすることになります。アクシスはこの位置にいながらも前に進出しようとする意欲が見えていたように思います。以前のレースに比べて進歩していますね。3角から4角にかけて大外を回って進出。。。(クラブの方によると)ここでも、前の馬に塞がれる不利があったようです。
直線に入ってアクシスのギアが入りました。その勢いを感じたのかグリーンチャンネルの画面でもローレルアクシスが大映しになり、『どこまで伸びるのか?』と期待させました。徐々に進出するも先行した⑧マイネルグラナーテ⑫フミノパッション⑪コスモグラディウスも止まりませんでしたね。タイムは2分3秒9。先頭から1.1秒差の5着でした。上がり3Fは4番目タイの37.6でしたが上位3頭はアクシスよりも速い上がりでしたので、直線勝負で3位入賞はちょっと苦しかったかな?位置取り次第では行けたかもしれませんけど。。。

塚田騎手のコメント「追い出して少しモタモタしていましたが、勢いがついてからは良い脚で伸びてくれました。走る力はある馬ですし、今日も前半もう少しスムーズに運べていたら、もっと上に来れていたと思います」

鶴留師のコメント「まだ腰のあたりがフラフラしてるが、やっと何とか格好はつけたかな。スペシャルウィークだし、もっと走らないとね」

塚田騎手のコメントの通り前半の不利がちょっと痛かったですね。走る気はあったように見えますし、終いの脚も見せてくれましたから、僕としても今後に期待の持てるレースとなりました。
鶴留先生のコメントにもあるのですが、まだ腰がフラフラしてしっかりしていないとのこと。『坂のある阪神よりも坂の無い中京が良いのかも・・・』とは、ローレルクラブ事務所のスタッフの方のコメント。まだ、次走のプランも決まっていないとのことでしたので、中1週で17日(土)京都5R(芝2000㍍)や中2週で25日(日)阪神3R(芝2400㍍)、中3週で3月3日(土)阪神4R(芝2000㍍)辺りの可能性もあるな。。。と思っていますが、確実に応援にいける3月10日(土)中京4R(芝2500㍍)に出てきて欲しいですね。
一瞬の切れる脚が無い(ローレルクラブスタッフさんのコメント)アクシスですから、少しでも長い距離で相手の切れ脚も消すことができるようなレースならば結構早く勝ち上がりができるかな?と、アクシスに関して初めて楽観的な気持ちが生まれてきたりしています!

とりあえず、どのレースを選ぶにしても怪我無く順調に調整が進んでくれることを願うばかりです。。。

今回のレースは負けはしましたが本当に良かったです!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年2月 5日 (月)

お年玉年賀はがき

今日は家に早く帰ってくることができました。。。
ということで、ローレルクラブ事務所に電話をして、頑張ったアクシスの話をちょっと聞きました。その話は・・・後日。

今日は、お年玉年賀はがきの当選番号チェックをしました。
最近はイースト株式会社さん提供の『大当たり』でチェックをしています。グーグルで『お年玉年賀はがき』を入力して検索すると一番最初に出てくるので皆さんもよく利用されているかもしれませんね。。。このサイトは便利ですので、まだ当選番号チェックをされていない方はこのサイトを利用されてみてはどうでしょう。

このサイトでは下2桁の番号を入力してチェックするわけですが、入力枚数もカウントしてくれるので頂いた年賀状の枚数も分かるんですね。。。今年頂いた年賀状は107枚。昨年とほぼ同等の数です。33歳になってそろそろ年賀状をやり取りする相手が決まってきたのかなぁ・・・今後数年間は転勤も無さそうですから、ここら辺の枚数で推移するのかな?

当選番号チェックを始めると・・・いきなり一枚目が3等を的中。。。好調な出だしに驚きました。『今年は、地域の特産小包が当たるかも』なんて期待も膨らみましたね。

しかし、その後は当たりが全然出ませんでした(笑)

結果は3等のお年玉切手シートが4通。。。例年通りでしたね。1等当選だったらデジタル一眼レフカメラ+プリンタセットを狙っていたのですが予想通りダメでしたね。
明日、郵便局に行く用事があるので交換してこようと思います。

話は変わりますが、アメリカンフットボールチャンピオンシップ・スーパーボールはインディアナポリスコルツが36年ぶりの勝利を飾りました。戦前の予想通りの結果になりましたが点数以上に差があったかと思います。来年は応援するピッツバーグスティラーズが再びスーパーボールの舞台に立てるように頑張って欲しいところです。

今日はまとまりの無い日記になってしまいましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 4日 (日)

予選突破

『やった~!』

本日、我が社のラグビーチームは(僕の)古巣と対戦し41-5で勝利を収めました。勝ち点5を加え、勝ち点14となり予選突破を決めました。来週の準決勝進出と上位大会への出場権を得ることができました。

僕にとって、県ベスト4の経験はあるのですが、上位大会への出場は初めてです。。。今日は興奮して眠れない夜になりそうです。
新聞でも(この件を)取り扱ってくれるかもしれないので、朝担ったらコンビニへ行ってチェックしようと思います。・・・もちろん県内版ですけどね。

昨日はラグビー日本選手権の1回戦が行われました。関東学院大学と九州電力が準決勝進出を決めましたね。
今日はマイクロソフトカップ決勝が行われ、東芝がサントリーを14-13の接戦で破り優勝を決めました。。。まだ、試合を見ていませんが劇的な試合だったとか。。。

それから、今週からラグビーの世界最高リーグの“スーパー14”とヨーロッパ伝統のリーグ戦“シックスネイションズ”も始まりました。
これからは、グリーンチャンネルとJ-スカイスポーツと息子のカートゥーンネットワークの録画時間調整が本当に難しくなりそうです。。。

ラグビーではありませんが明日はアメリカンフットボールのナンバーワンを決める『スーパーボール』があります。
昨年は、僕の応援している“ピッツバーグスティーラーズ”がスーパーボールに出場し、優勝しましたが今年のスティーラーズはプレーオフにも進出できず・・・今年のスーパーボールはインディアナポリスコルツとシカゴベアーズ・・・ベアーズは“弱いチーム”のイメージが僕の中で強いのですが。。。前評判もコルツ優位のようですね。どんな試合になるか注目です。

でも今日は自分のチームの勝利に尽きますね。。。長々と書きましたが、言いたかったのはこれだけです(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 3日 (土)

アクシス3戦目の事前評価

アクシス2戦目の客観的評価
息子と一緒にベッドに入って、読み聞かせをしたらそのまま眠ってしまいました。。。ということで、ちょっと遅い時間の更新になってしまいましたがお許しください。
今回も競優の“1馬”を見ながらアクシスの評価を・・・

ローレルアクシス
4日(日)小倉2R 3歳未勝利(父)芝2000m・5枠6番 ☆塚田祥雄55.0㌔
 印…〔△△▲…△△〕
TM…〔………△△△…〕
△まで
鶴留師『この馬なりに良化中だが、ガラリ一変となると』
調教より △…併走で余裕の動き。前走以上には 気配7 動き8
予想オッズ20.0倍(8番人気)

netkeiba予想も印なし。

・・・掲示板を経験したことのない馬がアクシスを含めて7頭(12頭中)。相手は明らかに弱化した気はします。。。しかし、相手がどうこうではなくアクシスがしっかり走れるか・・・そこにかかっていると思います。
直前の調教が
1日・栗B良・助手・6F81.1-66.8-51.0-38.5-12.9(6分所・馬ナリ)
(古馬500万・シゲルシテカブ・馬ナリの内0.4秒先着)
ということで、坂路からBコースに変わったわけですが、併せた相手に先着。そして、悪くない時計を出せるようになってきたのでここは『変わってきた』と強気に判断したいところです。あまり良い事を言わない鶴留先生に『少しは良くなっているかな』と前向きなコメントを出させたワケですから“大幅良化(?)”なのかもしれません(笑)
単純に前走より200㍍の距離延長はアクシスにとってプラスでしょうし、減量騎手による-1㌔、枠順も悪くないと思いますのでチャンスはあると思っています。ここで、若手ホープ塚田騎手のローレル初勝利も見てみたいなぁ・・・
人気になりそうなのは⑫フミノパッション(父マンハッタンカフェ)、③マルイチキセキ(父フジキセキ)、⑩ピエナグッドラック(父ダンスインザダーク)のサンデーサイレンスの孫たち・・・ここは是非スペシャルウィークの偉大さを見せつけてもらいたいところです。(他馬の父もじっくり見てみると・・・(12頭中)サンデーサイレンスの孫が7頭・ブライアンズタイムの孫が3頭。。。残りがサッカーボーイ産駒とラガーレグルス産駒・・・ラガーレグルス産駒のラガーイメージにはちょっと頑張ってもらいたい)

アクシスの潜在能力が本物ならここは“前進”だけにとどまらず、一気に“突き抜ける”ところを期待。

頼むよ・・・アクシス、塚田騎手。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年2月 2日 (金)

2007年の一口馬主を振り返る

今週もローレルアクシスが出走します。これで、2007年で5週のうち4週に愛馬が出走し、延べ5回の出走回数を数えます。現時点で来週も3頭(ローレルウェルシュ・クオン・パシスタ)がスタンバイしているということで、楽しみが多いです。
その半面で、1月に入り預託料等の支払いが必要になった愛馬の数は11頭になりました。これは僕の収入を考えるとちょっと多過ぎかな?ホームページを作ったりツアーに行ったりしてついつい愛馬を増やし過ぎてしまいました。(今後は、小遣いによる収入と愛馬の活躍による収入をしっかりと見極めて出資していこうと思います。)昨年1年間で引退した馬がローレルシードの1頭だけ(嬉しいことです)ということもあり、現役馬が増えているわけです。
(番組がまだ無い2歳馬を除くと)8頭のうち7頭が故障も無く短期放牧を挟みながら上手く回ってくれています。唯一順調さを欠いているローレルアクアなんですが、現在は徐々に巻き返しに入っているので春先の入厩⇒ダービー前にデビューとなって欲しいところです。

上記のことがあったりして、今までに無いほど稼働馬が増え、出走回数も多いのですが結果がついてきていないのが“悲しい”現状です。
今は、週末にラグビーの公式戦が続いているためそちらの方に重点が置かれていて、愛馬の敗戦で大きく凹むことも無いのですが、出走するからには良い成績を持ってきてくれる方が嬉しいのは当然な訳で、(そんな兆しも見えるので)そろそろ頑張ってほしいなぁ・・・なんて思っています。

日曜日にはラグビーの公式戦(予選リーグ最終節)があります。この結果により3月に行われる上位大会への出場が決まります。3月には“お楽しみの”中京開催があるわけですが競馬場に行くよりもラグビーの大会に出たいですね!
ラグビーの上位大会に出場したとしても開催8日間の全てにおいて競馬場に行けなくなるわけでもないですから、愛馬の出走と自分の予定が上手く合致してくれることを祈るばかりです。。。とりあえず、ローレルアクシスには4日の未勝利戦を勝ってもらって、3月3日(土)中京競馬10Rフリージア賞(3歳500万下・芝2000㍍混)への出走にこぎつけてもらいたいところです。この日は間違いなく競馬場に行くことができるでしょう!そんな夢を見続けることができるようにアクシスよ・・・頑張れ~!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年2月 1日 (木)

クオンのレース結果

昨日はローレルウェルシュとハルカチャンの2頭のレースを振り返りました。今日は書ききれなかったクオンのレース結果とともに、ユニオン愛馬の近況も加えつつ書こうと思います。それでは早速。。。

クオン
(28日(日)京都5R 3歳未勝利 芝1400m㍍・2枠3番 柴山雄一56.0㌔)
パドック解説時は19.4倍。436㌔(-8)で登場してきました。やはり、飼い喰いが落ちたことが影響したのでしょうか。。。年末年始に『体重が落ちたため馬体回復』のために放牧に出たのに、マイナス体重はちょっと残念な気も。。。相変わらず歩様も硬そうでしたが、雰囲気は良さそうでしたね。パドック解説のスポーツニッポン、仙波広雄さんも『そう見栄えもしないですし、歩様なんかも硬さはあるのですがこの馬なりに良くなっていると思います』とコメントしてくれました。。。僕と似た感想でしたね。。。因みに同僚のドライマティーニは28.9倍。集中力を欠いているように見えました。パドックからの推奨馬は⑨モンサンミシェル⑭トーホウラムセス⑤スピードカンニング⑪シャリバンメイツ⑬ソルヴィエントの5頭でした。しかし、⑭トーホウラムセスはデカいっすね。。。566㌔の馬体重。このレースで一番軽い①ハギノプレーミオが402㌔でその差は164㌔・・・その馬体重以上に体格差を感じました。
馬場入場時は相変わらず口を割りながらのサイドステップ。。。まぁ、こんなものなのかな?クオンの紹介の直後、人気の一角⑤スピードカンニングが放馬してしまったようですね。
放馬した⑤スピードカンニングはルメール騎手が跨り輪乗りの近くまではいったのですが、馬体に故障発生ということで結局除外となり14頭でのスタートとなりました。
スタートは悪くありませんでした。そこから前についていける脚も無く、騎手が押して行くものの結局前には行けず、中団やや後方からのレース。。。クオンはここら辺が定位置となっていますね。インコースの経済コースを上手く進み脚を溜めていました。追い出しのタイミングを待ち。直線に入ると、ラチ沿いをスルスルと伸びてきました。残り100㍍を切ったあたりで⑥ドライマティーニを含む数頭を抜き、6着でフィニッシュ。。。
勝ったのは大型馬⑭トーホウラムセス。クオンはトーホウラムセスから遅れること1.5秒の1分23秒6でした。。。

柴山雄一騎手のコメント「前半もうちょっと行けたら良かったんですが、多頭数の内枠でしたし、内でじっと我慢していました。直線では内を突いて良く伸びてくれましたが、もう少し器用さが欲しいですね。使っていくうちに変わり身がありそうですよ」

もうちょっとやってくれると思っていましたが、万全でない状態の休み明けですからこんなもんでしょうか?ワンパンチ足らない気もしますが、大崩れすることなくよく頑張ってくれています。次は調子を整えて出走し、前進を期待したいところです。
まぁ~大丈夫でしょう!

さて、後半は・・・

パシスタ&クオン情報2月1日を。

パシスタ(ダンスインザダーク×プレティッシモ)
1/31 美浦トレセン南角⇒南W(普通キャンター)をこなす。来週から出馬投票を行う予定とのこと。
2/1 美浦トレセン北角⇒北障害~北B
併せ馬で半マイルから
55.7-40.3-13.1(ブック)馬ナリ余力
スプリングラゴス(古500万)馬なりの内0.4秒先着

・・・追い切りは短い距離ですが、併せた相手に先着しましたね。驚きです。。。今までは追い切りをやる度にガッカリするイメージばかりが残ったワケですが、ちょっと楽しみが増えました。天間先生の話では来週から出馬投票をするようですね。眠れる長距離砲が目を覚ます瞬間が近づいてきましたね(笑)

クオン(トロットスター×ファーストステップ)
1/31 レース後も変わりなく、元気一杯とのこと。状態は良いので、以前くらい食べるようになってくれれば、言うことはないようです。中間の様子を見て、問題なければ、来週の京都(土)芝1600m・混に出走予定。

・・・早速、中1週で準備が進められているようです。この後は2ヶ月近く芝の短距離レースが激減するんですね。。。ちょっとクオンのダートのレースも見たくなったりして。。。結構やってくれる気がしています。
ひとつ勝てば、3歳500万下条件は芝の短距離もいっぱい組まれていますので、次で勝ってくれれば言うこと無いのになぁ。。。
体重が減ってしまったので、しっかり食べてプラス体重で次走に登場してくれることを期待しています。

さて、ユニオン愛馬たちも軌道に乗ってきた感じです。。。
今年は早い段階でひとつ勝ちたいですね!そして、ユニオンでの初勝利も!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »