« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月31日 (木)

僕が悪かったです。。。

スイマセン。。。
今日はローレルアクシスのレースを振り返ろうと思っていたのですが・・・
『毎日、パソコンばっかり開いて!(怒)』
と、妻に怒られてしまいました。。。帰りも遅かったワケですが、晩御飯を終えたあとにすぐパソコンを開いたら怒るわな。。。妻は待っていてくれたわけだし。。。

ということで、今日はこの辺で。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月30日 (水)

スリジェ17着。。。

今日は26日土曜日に中京で走った3頭のうちのスリジェのレースを振り返ろうと思います。
スリジェは頑張って欲しいとは思っていましたが、馬券的には弱気に勝負。クオンの半分以下の『単勝』と『複勝』で勝負しました。勝ってくれればクオンが勝つの以上に儲かるわけですから、これでいいんです!目標は8着以内。掲示板圏内に来てくれれば満足です。相手も弱いですから、チャンスはあるかな?そう思って応援しました。

スリジェ
26日(土)中京4R 3歳未勝利(若)芝1200㍍6枠12番に佐久間寛志54.0㌔で出走。
体調も良くなり、馬体も良くなってきたと聞きましたが、どうなんでしょうか?パドックで彼女を見るのが楽しみです。。。
448㌔(前走から+2㌔)での出走です。グリーンチャンネルのパドック解説で登場したときは27.4倍・・・予想以上にオッズが低かったので驚きました。ここから徐々にオッズが跳ね上がることは想像できていましたけど。。。
馬体は大分いい感じになってきたような気もするのですが、うつむき加減で、どうも元気が無いように見えました。パドックからもちょっと上位は厳しいかな?と不安になってしまいました。
このレースのパドック解説もクオンが走ったレースと同じく『中日スポーツ』の海老原秀夫さんです。『もう少しトモに肉が付いて欲しいかなって感じですね。力強さに欠ける現状です』やっぱりちょっと良くないコメントをいただきました。。。僕が見ても頼り無さそうな雰囲気に見えたもんなぁ~。。。
パドック推奨馬に挙がったのは⑱スリーキュラソー(4番人気)⑯スプラッシュアウト(2番人気)③コウエイバッカス(8番人気)⑨ベターデイズ(7番人気)の5頭でした。1番人気の⑩ピエネヴェーレと3番人気の⑭トーセンダッシュを外すなんて・・・なかなか強気のよそうだなぁ~なんて思いました。
ユニオンの馬で、人気の一角を担っている⑯スプラッシュアウトは順調に使われてきて、調子も良さそうです。若手騎手限定戦なので、どの騎手にも不安があるワケですが、スプラッシュアウトと中村将之騎手との相性はどうなのか・・・ちょっと心配してしましました。
再びパドックが映しだされ、佐久間騎手を背負ったスリジェは相変わらず、ヤル気が無さそう。。。跨られたことを非常に嫌がっている感じでしたし、パドックの内、内を回っており、消極的な感じがしていました。ここでは、人気の無いスリジェの話は出てこなかったわけですけど、そんな人気の無いスリジェであってもテレビ画面にちょっとでも映ることができたので有難いことです。

本馬場入場時では、返し馬をしているスリジェの様子をみることができました。スムーズに走れている感じました。でも、どうしても、うつむき加減というか元気が無いように見えるんですよね。。。メンコのせいもあるのかもしれないけど・・・。
本馬場入場後も輪乗りの映像を長く映してくれていました。驚いたことに、不人気のスリジェも大映しで追ってくれました。


スタートです。スリジェはいつもスタートが悪く、後方からのレースなワケですが、今回はスタートが決まりました。僕がレース前から期待していた、“逃げ”をうってくれるのか?と更に期待が高まりました。。。しかし、無理に先頭に競りかけていくこともなく、3番手に控えさせましたね。レース後にクラブの方に聞いたのですが、スリジェがスタート良く飛び出し掛かり気味になっていたので、レース終盤まで脚が持たない・・・と佐久間騎手が判断したようで、抑えにいったようです。。。GC画面では3番手にスリジェがつけているにも拘らずあまりしっかりと映りませんでした。。。運も無いのかなぁ・・・?
佐久間騎手が抑えてからは、内ラチ沿いを⑩ピエネヴェーレ⑭トーセンダッシュ③コウエイバッカスに次ぐ4番手を追走。『なかなか頑張っているなぁ~』なんて思っていましたが、後から聞いた話によるとこの時点(佐久間騎手が抑えたとき)で走る気を無くしてしまったようです。。。
4コーナーまで何とか4番手をキープしていたものの、直線入り口で各馬がスパートに入ると、スリジェはもの凄い勢いで後退。クビを上げて歩いていましたね。。。ゴール前のスローリプレイを見ると、最後方にいた⑮ミラクルジーンをハナ差で抑えて何とか17着になった・・・というゴールでした。

上がり3Fのタイムは37.5秒。ダントツの遅さです(涙)タイムは先頭から遅れること2.6秒の1分11秒5。何とかタイムオーバーは免れました。。。しかし、デビュー以来オール2桁順位。不味いことになりましたね。。。

佐久間騎手のコメント『そのまま行かせてしまえば良かった…。良いスタートを切って、ガツンと引っ掛かってしまったから控えたのですが、逆にフワッとしてしまって、
そのまま直線でもハミを取ってくれませんでした』

(水曜日の)鶴留調教師のコメント『ここで思い切って休ませて、しっかり立て直したい気もあるが、次も走れないと3アウトで1ヶ月もらってしまうしなぁ。馬の状態は少しずつ良くなっているから、もう少し観ながら考えます』

引退の話も出るかな?なんて心配していたのですが、鶴留先生は何らかの手応えを感じているようなコメント。。。ちょっと安心しました。佐久間騎手のコメントからも、次走は思い切って行けるところまで逃げまくるような競馬でいいのかもしれませんね。

とにかく後がないでしょうから、現役続行できるような成績を次走に期待したいところ。。。
鶴留先生よろしくお願いします!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月29日 (火)

ローレルアイ

題名は“ローレル”ですが、ユニオンの話です。

ユニオンの1歳募集馬が既に発表されているわけですが、非常に気になる1頭を見つけました。。。
それはノーリーズン×ローレルアイの牡馬。最初のラインナップより遅れて、昨日追加発表になった馬です。
ローレルアイはローレルクラブで追加募集馬として総額735万円/100口で登場しました。当時入会したばかりの僕はローレルアイにかなり興味を持っていましたが、申し込みの方法とかよく分からないまま月日が経ち、気が付いたときにはローレルアイの募集が終了していました。
2歳の6月に早くもデビュー。初戦で5着にはいると、3戦目には3着⇒4戦目は2着と安定した力を発揮しました。6着以下が無い状態で迎えた9戦目に未勝利戦を優勝。その後はクイーンC(GⅢ)、フローラS(GⅡ)に出走しました。(結果は出なかったけど。。。)
とにかく、興味を持った馬でしたので注目しておりました。

父はノーリーズン。個人的にはブライアンズタイムの孫とサッカーボーイの孫に興味を持っているので、ノーリーズン(父ブライアンズタイム)は注目の種牡馬の1頭です。(本当はマヤノトップガンとかタニノギムレットの方に興味が強いんですけど・・・)
そんな理由で、ノーリーズン×ローレルアイは今後も注目です。因みに総額840万円/200口。。。関東の厩舎を予定しているそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月28日 (月)

クオン中京競馬場、初見参!

今日は26日土曜日に中京で走った3頭のうちのクオンのレースを振り返ろうと思います。
今日も『単勝』と『複勝』に加え前走で味を占めた『ワイド総流し』・・・それから今日は『馬単1着固定総流し』を買い、気合の入る応援となりました。
相手もそこそこ揃っているものの掲示板は堅いだろう・・・というレース前の読み。勝つまではいかなくても、3着までに入れば儲けが出るだろうし、勝ったりしたら大儲け。。。ちょっと欲を出しての応援となりました。

クオン
26日(土)中京3R 3歳未勝利(混)芝1800㍍8枠15番に渡辺薫彦56.0㌔で出走。
暖かくなってきて、クオンの毛艶もピカピカで、体調の良さが覗えました。追い切りもだいぶ動けるようになってきたし、硬かった歩様も柔らかくなってきているのでいい感じでしょうか・・・。
444㌔(前走から-2㌔)での出走となりました。グリーンチャンネルのパドック解説で登場したときは22.8倍・・・“1馬”の予想オッズ通りでしたね。。。今日のパドックもちょっと暴れていて、馬を曳く坂井さんに迷惑をかけていましたね。。。これは、どう評価したらいいんでしょう??走る気になっているのか?それとも入れ込み過ぎているのか?僕は個人的には良い様に解釈していますけどね。。。
後日、クラブの方に聞いたら
『最初はおとなしかったのですが、パドックを何周か回ったら、遊び始めました。前向きな気持ちが出てきているのは確かですが、更に遊ぶくらいの余裕が出てきたように思います。』
ということでした。
ウン、ウン・・・いいことだな!

今日のパドック解説は中日スポーツの海老原秀夫さんです。『えぇ~ちょっと入れ込んでいますが、あの~終い伸びるようになって来ていますし、気配は上昇しています。』というコメント。褒めてくれていました(喜)海老原さんはコメントも短くまとめてくれるし、滑舌が良いので非常に聞き取りやすく。書き取るのも本当に楽でした。。。入れ込んでいること“良し”としての褒めコメントだったので、もしかしたら『パドック推奨馬に挙がるかな?』なんて期待しました。
パドック推奨馬に挙がったのは③ウインスペンサー(1番人気)⑧モンサンミシェル(2番人気)⑮クオン(7番人気)⑥アントラン(6番人気)⑭キングオブブルース(5番人気)の5頭。。。やっぱり、推奨してもらえると嬉しいですね。しかし・・・パドック推奨馬に挙げてもらったときは成績があまりよろしくないんですよね。。。まぁ、パドック推奨馬に挙がるときは前走が2着のときと決まっていますから、当てにはなりませんけど・・・。
再びパドックが映されたときにはクオンもだいぶ落ち着いてきたようで、入れ込む仕草を見せること無く周回をしておりました。
『入れ込んでいるという話しがありましたが・・・』推奨馬に挙がったクオンの話題になりました。。。
『そうですね、ただ前走も6番人気で2着に来ていますし、終いに伸びが出てきていますので、攻め気配見ても・・・気配も上向いていますのでていますので、今回も流れひとつかな?と思うんですがね。。。やはり芝が合うんですかね。』とコメントされました。
渡辺騎手が跨った後もクオンは落ち着いていましたし、いい感じに映りました。『これはやってくれるかも・・・』ちょっと強気になっちゃいました。
馬場入場ではここ最近のお決まりの仕草である『クビを上下に大きく振る』動きで、渡辺騎手に迷惑をかけていましたね。。。やっぱり、かなりヤンチャな感じになってきているのでしょうか?
この日は2場開催であったため、馬場入場後も3分以上にわたって返し馬の様子や輪乗りの様子を映してくれていました。大体人気の高い順に映し出されるわけですけど、7番人気のクオンまで順番が回ってきました。。。入れ込み過ぎることなく、良い感じで気合が入っている感じがしました。

いよいよスタートです。スタートは今までで一番良かったような気がします。以前はかなり悪かったスタートも最近のレースでは『まずまず』であったり『五分』であったりと・・・ゲート難は無くなってきた様に思います。
今回はスタート直後の後退も無く、積極的に前へ着いていきます。。。15番枠スタートでしたが、クオンは馬群に入れても落ち着いてレースができるので、コースロスが無い内側へ入れて欲しいと思っていました。渡辺騎手も同じように考えていたのかクオンを内側へと誘導しはじめました。しかし・・・そこに邪魔な馬が・・・。飯田騎手騎乗の⑨メイショウイチバンがクオンの行き先を阻むように内側へ馬体を併せてきたのです。。。残念ながらクオンは思ったようなポジションニングをとることができず、内ラチから3㍍から4㍍の位置でレースをすることになりました。 『ここにメイショウイチバンが居なければ・・・』と思いました。
1コーナー入口では10番手の位置でレースをすすめる事となります。いつもはもっと後ろからのレースになるので、この位置にいることに少々驚きました。道中もポジションを替えることなく、常に10番手を追走。。。クオンは落ち着いていたしいい感じでしたが、⑥アントラン③ウインスペンサーらが形成する先頭集団はやりあうことも無く、楽をして走っている感じでした。1000㍍の通過タイムも65秒とゆっくりですから。。。これは前残りの雰囲気。嫌な感じはしました。
3コーナーから4コーナーにかけてもクオンは外を回されていましたが、渡辺騎手の手が動きエンジンが掛かろうか・・・という感じでした。直線に入った後もグイグイ伸びるような雰囲気もありません。いつも、『無理かな?』と思ったところで、予想外の末脚を見せてくれるので、今回も密かに期待していましたが、ここは“中京競馬場”直線が短いのです。。。画面は先頭集団に切り替わりクオンは画面から外れてしまいました。。。
先頭集団は⑧モンサンミシェルが③ウインスペンサーを交わし1着に。。。
クオンの順位は確認できませんでしたが・・・ゴール前リプレイを見て、クオンが8着でゴールしたことを確認しました。『末脚は不発で、もしかしたらトボトボ歩いてゴールかな?』なんて思ったりもしましたが、地味にじわじわと伸びていたようですね。追い出しのタイミングで失敗したのか?それとも、道悪で脚が滑ったのか?・・・そこら辺が原因かな?なんて思いました。

勝ち馬⑧モンサンミシェルのタイムは1分47秒6。クオンは先頭から1秒6離された、1分49秒2でゴールしました。上がり3Fは35.8。前走とコースも馬場状態も違いますが、前走の上がり35.1よりも大分遅いです。。。走破タイムは前走の1分49秒6を上回っているんですけどね。。。


渡辺薫彦騎手のコメント『道中の手応えは凄く良かったのですが、ペースが上がった所でついて行けませんでした。道悪は気にしていませんでしたが、広いコースの方がいいですね』

・・・このコメントと今回の順位、そして間隔からすると・・・中京での出走は無さそうですね。阪神開催での出走になる感じですかね?
今回は、⑧モンサンミシェルは強かったと思います。クオンも今回は8着と残念な結果でしたが、タイムは決して悪いものではないし、次走に期待したいですね。。。
中京でクオンの走りを見たいけど、クオンは中京競馬場と相性が良くないかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月27日 (日)

負けばっかり。。。

今日のダービーは牝馬のウオッカが優勝。牝馬のダービー制覇は何と64年振りで、1937年のヒサトモ、43年のクリフジ以来史上3頭目とのこと。馬券は外れましたが衝撃的なレースに感動しました。
角居調教師はダービー初制覇。凄い調教師さんです。
カントリー牧場さんは現3歳世代からユニオンにも馬を提供されています。04産はシーフェニックス牡(ニホンピロニール×タニノビッグネーム)とエレオカリス牡(ブライアンズタイム×タニノカリス)の2頭。。。ウオッカに比べたら・・・かなり悪い成績です。05産はリトルビスケット牝(タニノギムレット×タニノマウナケア)マイディアダーリン牝(フジキセキ×タニノダーリン)の2頭。06産は牝(キングカメハメハ×ファンシーブライド)の1頭。果たして、05産06産の活躍はいかに?ちょっと、カントリーさんの人気は??ですからね。。。

野球は中日が日ハムに競り負けてしまいました。昨年の日本シリーズもコテンパンにやられましたが、ちょっと苦手になった感じですかね。。。
楽天は強いですね。もしかすると・・・プレーオフ進出もありえるかも。山崎武選手の活躍と共に期待しております。

サッカーはジュビロ磐田がアルビレックス新潟に逆転負け。かなり、不安定なチーム状態になっております。。。アジウソン監督も更迭になってしまうかも。。。かなり心配です。

今日は応援していた馬(ローレルゲレイロ)、チームが揃って負けてしまいました。。。
31日にユニオンの2歳馬募集も終了です。僕はこんな感じですので、追加出資は厳しいかな?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年5月26日 (土)

惜しい・・・悔しい・・・

今日の成績・・・
中京3Rクオン⇒8着。
今までで一番悪い順位をとってきてしまいました。。。
次走は1800㍍?それとも距離短縮??

中京4Rスリジェ⇒17着。
タイムオーバーにはならなかったものの、厳しい成績です。スリジェに次はあるのか?とても心配です。

中京6Rローレルアクシス⇒3着。
馬券で儲けさせていただきました。。。しかし、想像を超えるほどの低評価。何が嫌われて14番人気になってしまったのか?馬主?それとも騎手?この人気で勝つところまでいってくれれば、週明けに“ギフト”に“一口”行ってただろうに・・・惜しいことをしました。しかし、この馬には感謝です。

今日はこの辺で・・・。また、明日以降にレース回顧をしていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月25日 (金)

1勝くらいしたいな・・・

さて、今日は忙しいですよ。。。1日で3頭が出走。愛馬の前評判を書くのが大変です。愛馬の応援は・・・雨なら行けそうなんですが、今のところ天気は回復しそうで、中京競馬場遠征はお預けになりそうですね。。。

とりあえず、今日も“1馬”を買ってきました。3頭がどのような評価になっているか楽しみです。

クオン
26日(土)中京3R 3歳未勝利(混)芝1800㍍8枠15番【11:10発馬】
渡辺薫彦56.0㌔
 印…〔△…△△…△〕
TM…〔…△△△…○◎△〕
上位の一角
大橋師『ロスなく追走できれば小回りでも勝負になる』
調教より △…調教は動かないタイプもデキ自体は良い 気配8 動き7
予想オッズ19.4倍(7番人気)

netkeiba予想…本紙○ PC予想…

・・・メンバー見たら『こんなに不人気になることはないでしょう・・・』と思うんですけどね。持ち時計は4番目。能力的には上位かと思います。心配は枠順とコースですかね。。。中京1800㍍は1コーナーまでの距離が短いですから、ロスなく走れる内側に入れるかどうか・・・外、外を走ったら2走前、3走前のような中途半端な成績になりそうな気がします。
因みに、今日、ユニオン大阪事務所に電話をしてみたところ・・・
『以前とは見違えるほど動きが良くなっている。』ということでした。
『今回の追い切りも、馬なりで、ほんの少し気合を入れただけで、
(坂路良、55.7-40.0-26.0-12.7)←このタイムですから、調子もかなりいいですよ・・・』
とお話してくれました。
『雨が降っていますけど、良馬場でやらせてあげたいなぁ・・・』ということで、クオンのためには晴れた方がいいんでしょうけど、僕がクオンに会うためには土砂降りの方がいいので、複雑な感じです。。。
ライバルは
①ホウショウループ(3着⇒3着、安藤勝騎手)
②ディジュリドゥー(前走3着、2着3回岩田騎手)
③ウインスペンサー(1番人気予想、武豊騎手)
⑧モンサンミシェル(2着3回、安定度抜群)
ですかね。
それから、⑭キングオブブルースが初出走ながら人気を集めそうです。アグネスタキオン産駒です。
ちゃんと走ってくれれば掲示板は堅いか?
馬券を買って応援します!

スリジェ
26日(土)中京4R 3歳未勝利(若)芝1200㍍6枠12番【11:40発馬】
佐久間寛志54.0㌔
 印…〔………………〕
TM…〔……………………〕
上位はムリ
鶴留師『この馬なりに状態は上向きだが一変となると・・・』
調教より △…気合は悪くないが特に変わりはない 気配7 動き7
予想オッズ53.5倍(最低人気)

netkeiba予想…本紙… PC予想…

ライバル
スプラッシュアウト・・・ユニオンの馬
 印…〔○○注○▲◎〕
TM…〔○注○○○△注◎〕
予想オッズ4.2倍(2番人気)

・・・スプラッシュアウトが上位人気になるみたいですね。スリジェは今までの成績が成績だけに多くは望めませんが彼女なりに良くなっている気がします。ハナに拘りそうな馬が2~3頭いますが、スリジェも“逃げ”で勝負してもらいたいところ・・・。
スプラッシュアウトが1番人気になるくらいなので(別にスプラッシュアウトを馬鹿にしているわけではないのですけど・・・)、メンバー的には弱化していると思います。スリジェには上位進出を期待しようと思います。

ローレルアクシス
26日(土)中京6R 3歳500万下D1700㍍8枠16番【13:00発馬】
▲田村太雅53.0㌔
 印…〔…△……△…〕
TM…〔……………………〕
連は苦しい
鶴留師『クラスが上がるし、まずはメドを立てられれば・・・』
作戦【好位~中団】
状態【至って順調】
ポイント【前2走は相手に恵まれた印象も。即通用となると・・・】
調教より △…前走後もいたって順調で変わりなし 気配8 動き7
予想オッズ45.6倍(13番人気)

netkeiba予想…本紙… PC予想…

ライバル
レゾリューション・・・ユニオンの馬
 印…〔◎○△△○△〕
TM…〔△△◎…注△◎△〕
予想オッズ6.3倍(3番人気)

・・・本紙予想では最低評価。。。短距離で活躍していたユニオンのレゾリューションがなかなか高い評価を受けております。カルストンライトオの半妹ですし、成績も安定している馬ですので、人気になるのも頷けますが、ローレルアクシスも結構いい線にあると思うのですけど。。。
これは、チャンス!馬券で大儲けしましょうか?
因みに人気になりそうな馬は。。。
⑤トップオブハワイキ(この馬も昇級戦です。アクシスと戦績は似ているもの持ちタイムがいいです)
③ビートラスティック(前走(8着)は不利があったようです。現級で安定。持ちタイム良い)
⑧レゾリューション(安定感あり。騎手も主戦に戻って・・・)
①ナムラカゲトラ(現級で3着3回)
こんなところです。
マズマズのメンバーですが、『どうにも敵いそうにない』相手はいないような気がします。ナムラジョンブルよりも弱いでしょう・・・。
田村太雅騎手にかかっていますが、上手く乗ってくれれば勝つこともありえるような気が・・・。ちょっと過大評価し過ぎですかね?
因みに田村太雅騎手といえば4Rに出るスプラッシュアウトを初めて、4着⇒3着⇒2着と持ってきたことで、少し話題になった騎手なんですよね。。。ユニオン会員の中では“時の人”となったので、僕はこの騎手を知っていました。・・・しかし、あまり成績が良くないですね。こんなに勝てていないことにビックリしました。
ここも馬券を買って応援ですかね。。。

3頭の活躍と、愛馬馬券を的中させて、2歳馬への追加出資を決めたいですね!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月24日 (木)

3頭の愛馬が中京に集結

今週は中京で3頭の愛馬が出走します。しかも同じ土曜日に・・・。
正直・・・行きたい!
でも・・・仕事もあるし、息子の運動会もあるし・・・ちょっとムリかな?

出走レースは・・・
3Rにクオン(渡辺薫彦騎手)
23日、坂路良、55.7-40.0-26.0-12.7 強め
終いだけ気合を付けた程度で、動きは良好。ここのところ、追い切りの動きも良化しており、状態は引き続き良好。
・・・ライバルは2頭ほどかな?複勝圏内には入れるかな?
乗り慣れた渡辺騎手が今回も鞍上に収まってくれたので嬉しい限りです。
中京競馬場が合うかどうか分かりませんが、勝ち負けを期待しています。

4Rにスリジェ(佐久間寛志)
23日・栗DW良・単走・助手・6F82.3-66.0-52.5-39.5-12.9(7分所・馬ナリ)
鶴留調教師のコメント『徐々に動きは良くなっているし、芝の走りも悪くないから、変わり身を見せてくれないかな』
・・・スリジェは11着⇒14着⇒14着⇒15着の散々な戦績ですので、いきなりの勝ち負けを期待するのは難しいかもしれませんけど、調教タイムは結構良い気がします。何かが変わってきてくれるといいのですが・・・
他の馬を怖がっている感じがあるということで、馬込みを避けて“逃げ”か“追い込み”で勝負するしかないと思います。追い込みだとそのまま『テレビに1度も映らず・・・』という可能性もあるので、思い切った”逃げ”でお願いしたいところ。
成績が安定しているライバルは2~3頭。逃げがハマればいいところがあるかも。。。佐久間騎手ならば若手騎手限定の中では実績上位かな?なんて思っています。頑張って欲しいところ。。。

6Rにローレルアクシス(▲田村太雅)
23日・栗B良・単走・助手・6F85.7-67.9-53.3-40.3-13.5(7分所・馬ナリ)
鶴留調教師のコメント『使って来ているから調整程度で十分。3歳限定戦のあるうちに使っておきたいからね。上でも目処の立つ内容を見せて欲しい』
・・・無理してこのレースを選ぶ必要が無かったのでは・・・と思ってしまうのですがどうなんでしょう?相手はマズマズ揃った感じはありますが、何とかなりそうな気も・・・掲示板はいけるかな?なんて思っていますが、どうでしょう?
心配は若い▲田村騎手のレース運びですね。人気はなくなるでしょうから馬券的にはオイシイかも・・・。
未勝利戦優勝後、放牧せずに1レース使うことに方向転換してくれたわけですから『使って良かった!』っていうレースをしてくれないと困りますね。期待しましょう!!

この他に愛馬に動きが・・・
ローレルウェルシュが22日に入厩したとのこと。(←良い知らせ)
マサカーネがゲート試験に合格できませんでした。(←悪い知らせ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月23日 (水)

ローレル2歳馬検討会

昨日、ローレルクラブに電話をした中で、05産募集馬(出資受付中の各馬)のことも聞きました。
果たして、ローレルキャノンに代わる愛馬は見つかるのか・・・。

僕が一番気になっているのがギフト(シンボリクリスエス×ニューヘヴン)です。なんといっても動きの良さが目立っています。高額なのはちょっと残念ですが、血統から見ても仕方が無い気がしています。早期デビューならクラシック戦線に乗ってきそうな感じなので、“欲しいなぁ~”と思っていました。しかし、あまり売れていないみたいですね。。。やっぱり一口10万円というところがネックなんでしょうね。。。能力は高いみたいです。みなさん一口どうですか?

ローレルウェンスは乗り込んでなかなか良い筋肉がついてきたとのこと。ローレルウェルシュに似た体形になってきたようです。(←これは一応褒め言葉として読んでください)お勧めの1頭のようです。

僕が気になっていた1頭・・・リオですが、順調に育成が進んでいるとの事。父ジャングルポケット×母トーヨーサンバの豪華血統でこの値段は安過ぎです。馬も変なところがあるワケでもないので、この馬は“買い”ですね。。。とりあえず予定厩舎の研究をします。

そして、デキの良さをアピールされたのは、
パルティータ(馬体はちょっと小さいけど・・・)
ペガサスビーム(最近は少し楽をさせています)
ローレルスクデット(かなり小さいみたいですけど、バランスはいいみたいです)
この3頭についてはお好みで・・・。

最近よく売れているのはロドリゴエミリの05とのこと。動きは抜群に良いようです。←200口なら買ったかもな・・・。

その他、いろいろと聞きました。。。全馬についてコメント貰ったかな?
もし、情報を聞きたい募集馬がありましたら連絡ください!

どの馬を選ぶかは・・・ユニオンの募集馬とも比較しながらじっくり考えることにします。。。

今週の愛馬の活躍に懸かっているかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月22日 (火)

ローレル在厩馬“裏?”情報

今日は久々にローレルクラブへ電話をしました。

一番気になっていたのは、マサカーネのゲート試験の結果。
水曜日に『明日のゲート試験を予定』と書いてあったのを最後に情報が無かったので、直接聞いたところ
『マサカーネに疲れもあったということで、今週は無理をせず来週のゲート試験にまわることになりました。。。』ということでした。
ゲートの出が悪いワケでも無く、アクシデントがあったワケでもないので、安心しました。
『マサカーネは非常に前向きな性格で評判がいいです』
ということで、嬉しいかぎりです。
絶対的なスピードなど能力があるかどうかはレースに出てみないと分かりませんが、丈夫であり早い段階で仕上がりそうだということで、期待は高まります。
距離が短いところなら芝でもダートでも行けそうな感じですので、6月17日(日)阪神5R芝1200㍍か6月23日(土)阪神5Rダ1200㍍のどちらかに出走するかと思います。

ついでにいろいろと聞いてみました。
ローレルアクシスですが、
『匿名掲示板に書いてあったような“ユニコーンS”に出走するなんてこと無いですよねぇ・・・』
と聞いたところ
『(出走が)0%ではないですよ。。。うち(ローレルクラブ)も鶴留先生に預けたのは初めてですので、正直(どのレースを選択しそうなのか)分からないんですよね・・・。今のところの予定では自己条件ですけど、ユニコーンSの登録馬次第ではありえますよ。。。』
という返答でした。アクシスは輸送は苦にしないタイプのようですが、使い詰めの状態なのでムリはさせないだろう・・・という感じかな?

ローレルウェルシュは、
『帰厩できそうなんですが、時期がいつになるか分からないですね。。。』
とのこと。この厩舎もいろいろあるんですかね。。。早く戻ってきて欲しいところ。降級前に1回使えそうな可能性もなくなったので、北海道に持って行ってくれれば・・・と思っております。

ローレルアクアは、今日のメルサであった通り、徐々にペースアップ。1ヶ月以内に入厩できそうかな?
5/8の担当スタッフさんのコメント『まだ硬さは残っていますが、休む前と比べたらフットワークに柔らかみが出てきて、叩きつけるような感じで走ることがなくなりました。今の感じなら衝撃も少ないし、これなら問題なさそうです。NHKのゲレイロは惜しかったですね。遅れていますが、アクアも力のある馬ですし、秋にはこの馬でと感じさせるところがありますよ』
が本当なら楽しみですね。
でも、クラブの方に聞いたらローレルアクアの担当さんはアクアに毎日跨っていて、本当に惚れ込んでいるようです。期待しましょう。。。

最後にスリジェですけど・・・今週の出走がひとつの分岐点になりそうです。
タイムオーバーなら引退の可能性も・・・。
土曜のダート1700㍍か日曜の芝2000㍍に出走予定との事。今のところスリジェのいいところが全く出ていないので、思い切って今までと全く違う条件である芝2000㍍に出てくれないかな・・・“スリジェは馬を怖がっているようで・・・”ということでしたので、芝2000㍍なら馬群もバラけるだろうから、スリジェにとっていいことが多いかも。。。とにかく頑張って欲しいところです。

あと、現2歳馬についてもいろいろと聞きましたが、これは明日以降に書かせていただきます。お買い得馬がまだまだありそうですよ。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月21日 (月)

明日から交流戦

今日は、眠い・・・最近毎日のように夜更かしをしていたので、パソコンを開きながらでもウトウトとしています。

プロ野球も明日から交流戦です。
昨年はこの交流戦でジャイアンツが大きく負け越し、Bクラスに落ちる原因を作ってしまいました。ドラゴンズもパ・リーグ相手の真剣勝負は苦手なようで、2005年は15勝21敗、2006年は交流戦こそ20勝15敗1分で勝ち越したもののシーズン全体の勝率を下回っていますし、日本シリーズの日ハム戦を入れるとその勝率はグンと下がってしまいます。
首位ジャイアンツと1ゲーム差で迎える交流戦・・・1ヵ月後のレギュラーシーズンに戻ったときに、どのように影響しているか。。。心配でもあり楽しみでもあります。

しかし、眠い。。。それでは!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月20日 (日)

残念

1時間くらいかけて書いた文章を“公開”しようと思ったら、消えてしまいました。

残念です。

今日はさすがにもう一度書こうという気になれません。。。

内容をダイジェスト版で。。。

ローレルキャノンの募集取下げにより、もう1頭出資しようかな?って思ってユニオンの募集馬から気になる馬を探して見ました。

①ペガサス11 アムネリス(サウスヴィグラス×ロンシャンオペラ)美・中野栄厩舎 牝735万円

②ペガサス20 クリプトゾーン(アグネスワールド×キミガヨ)美・的場厩舎 牡1260万円

③ペガサス7 ジェヴォーナ(トウカイテイオー×タケノデュムカ)美・成島厩舎 牝840万円

④ペガサス29 マイディスカバリー(フォーティナイナー×マイグリーン)栗・矢作厩舎 牝1050万円

この4頭ですかね。

気になる理由もいろいろと書いたのですが、今から書き直す気力も無く・・・。

今週あたりに臨時収入が入ったら出資を本格的に考えます。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年5月18日 (金)

totoBIG

今日、totoBIGを買いました。今まで、自分で勝敗を予想する普通のtotoは購入していたのですが、世間の流行に乗り遅れまいと、totoBIGに挑戦してみました。

totoの控除率って50%なんだとか、ロト6は55%?

totoの方が配当率が高いんですね。
今まで、一攫千金を夢見てロト6も買っていたのですが、これからは買うのを辞めようかな。。。なんて思っています。

もちろん、ロト6や宝くじよりもtotoよりも競馬の控除率の方が低いワケで・・・。
やっぱり競馬で勝負していこうかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月17日 (木)

パシスタ&クオン情報5・17

今日はユニオン愛馬情報を・・・
どうやら、障害競走未勝利競走の出走馬決定順位が今週から変更になったようですね。平たく言うと平地の未勝利戦と同じ形になったみたいですね。ということで、パシスタの今後の動向が気になるところです。まずは3着以内に入れるように頑張って欲しいところ。。。

パシスタ(ダンスインザダーク×プレティッシモ)
5/16 坂路⇒南D(普通キャンター)
馬場状態が良ければ、5/17に追い切り予定。
5/17 南角⇒南W 単走で5Fから 69.4-54.6-40.2-13.5(ブック)馬なり余力
沢騎手騎乗。終始馬ナリで、軽く流した。
天間調教師のコメント『一応来週出走させたいと考えていますが、今週の中京の出馬状況を見ると、3節では厳しいかもしれません。それもあって、ひとまず今週は軽めに追い切りました。状態は変わらず調整できていますよ』

・・・調教は以前より良くなっていると思いますが、もう少し時計を詰めてもらいたいところ。。。今のところレースでは見せ場を作ることすらできない状態で、心配な仔です。馬体はいいのになぁ・・・。同僚のデイトレーダーは前走も2着になり、天間厩舎のエース格となりそうな勢いです。デイトレーダー出資者には申し訳ないですけど、パシスタが天間厩舎の勝ち馬第一号になってもらいたいところ。。。頑張れ!パシスタ!!・・・今はこれしか言いようが無いです。

クオン
5/16 レース後も脚元等に異常はない。中間様子を見て中京戦を使っていく予定。
大橋調教師のコメント『長めの距離も心配ないので、安心してレースを選べる』

・・・クラブからの情報の通り、中京競馬場で登場すると思うのですが、どのレースで使ってくるか・・・。大橋先生は想定を見て組みやすい相手を選んでくれるので、次戦“確勝”を期待しております。1800㍍で出すのか、2000㍍で出すのか。2500㍍・・・これは流石に無いかな?
トロットスター産駒初勝利の瞬間も間近だと思っています。次は行けますよ。。。
中京ですし応援に行きたいのですが、予定が上手く合うかどうか・・・今のところ最終日だけは確実に行けそうですが、この日は芝2500㍍くらいしかないので可能性としては低そうです。狙うは・・・来週出走してもらって、未勝利戦を勝利。中1週で中京最終日6Rの3歳500万下芝1800㍍戦に出走。これが僕の理想です。

クオンもアクシス同様に丈夫で元気な馬です。僕の理想のように事が運べば最高ですが、怪我の無いように頑張り続けてもらいたいところ。。。
以上、ユニオン愛馬情報でした!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月16日 (水)

ローレルキャノン募集取下げ

今日・・・今週に入って2回目の小さい封筒がローレルクラブより届きました。
中身は、『ローレルキャノンの募集取下げ報告』でした。
理由は化骨異常に加え頚椎の形成異常ということでした。

この仔は昨年の夏のツアーで見つけたのですが、ムーンバラッド産駒3頭(ローレルキャノン・ローレルフリーゲン・ブランデンブルグ)の中で一番父に近い体形の仔で、馬体も良かったのでかなり期待していました。厩舎も田中章先生のところに決まり、楽しみも倍増していただけに、今回の故障&取下げは残念でした。
これで、我がファミリーの2歳馬は2頭になってしまいました。僕の小遣いからすると世代2頭は妥当な感じはするのですが、気になる募集馬も居たので、新たな出資を悩んでいるところです。

しかし、1週間で2頭の愛馬と“お別れ”をしなければいけなくなってしまいました。やっぱり“切ない”ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月15日 (火)

ハルカチャン引退

昨日、ローレルクラブから2通の封書が届きました。
1通は毎月送られてくる大きな封筒。中身はいつもと同じ会報です(今月で200号なんですね) それから、付録の運用報告書が入っていましたね。ということで、いつもより重量がありました。

そして、もう1通の封筒の中身は・・・開ける前から察しがついていました(他の会員さんのブログや書き込み等で)。。。

開けてみると予想通りハルカチャンの『引退報告書』でした。この通知をもらうのはローレルシード以来のことなので1年ぶりです。我がファミリーの成績からすると、『1年ぶりの通知』というのは驚きです。もっとあってもおかしくないような成績なんですけどね。この引退は残念ではありますが仕方がありませんね。ハルカチャンは6度レースに出ましたが、残念ながら1度も競馬場で応援することができませんでした。。。しかし、放牧先の井ノ岡TCで“生ハルカチャン”に会うことができました。『1度も本物を見ずにお別れ・・・』とならなかったことが僕にとって救いだったかな?

一口馬主をやっている方の中でも、仕事の都合や住んでいる場所によって、愛馬に会いたくても会えない方、愛馬の応援に行きたくても行けない方、もしかしたら愛馬のレースを映像で見られない方もいらっしゃるのかもしれません。
僕は最近は仕事が忙しくてなかなか愛馬を見に行ったりする機会がありませんが、そこそこ行ける環境にある人間だと思っています。
このHPを立ち上げたきっかけも『愛馬に会いたくても会いにいけない方に少しでも動いている愛馬の映像を・・・』と思って設立した・・・ということを思い出しました。
最近は、HPの更新も少々ゆっくりになってしまい、訪れてくれる皆さんにつまらない思いをさせているかもしれません。(アクセス数もかなり減ってきていますし・・・)

ハルカチャンの引退報告書を見て、初心に帰ることができました。
これからも、我がHPをよろしくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月14日 (月)

クオンも頑張った!2着に!!

アクシスの優勝から約2時間後にクオンが京都で出走しました。
録画観戦の僕にとってはアクシスの優勝を確認した興奮が覚めやらぬ10分後のスタートとなりました。
金曜日のブログにも書いたのですが、相手が強そうでいて、そうでもないように見えたので、ちょっぴり期待していました。しかも、アクシスの優勝で舞い上がっていたので、『クオンも続け!』という気持ちが強かったですね。
馬券は単勝と複勝をそれぞれ購入。それから⑩クオンからワイド総流しを敢行。。。馬券購入歴14年目を迎えますが、総流しをしたのは初めてですね。ちょっとドキドキしました。

クオン
12日(日)京都4R 3歳未勝利(混)芝1800㍍5枠10番に渡辺薫彦56.0㌔で出走。
馬体重は4㌔減の446㌔での出走となりましたが、毛艶はピカピカで雰囲気は非常に良く見えました。しかし、最近のクオンはパドックであまり集中していないような・・・馬を曳く厩務員さんにじゃれる感じで周回しています。逆に普段通りの雰囲気で、落ち着いているのかも。。。
因みにこの日のパドック解説は日刊スポーツの岡本光男さん『ここのところズッと体重が増え続けていたのですが、今回やっと減りましてその分いいかなと思います。』とコメントをいただいたのですが、言葉が聞き取りにくくて・・・何度か聞きなおしましたが、このようにコメントされていたと思います。
岡本さんのパドック推奨馬は③エーシンエーエル(1番人気)⑦エストラゴン(2番人気)⑪ヴァンタリエル(3番人気)⑭アグネスペンタゴン(5番人気)②マルブツファースト(4番人気)⑮セイザンフレイム(7番人気)でした。おいおい!6頭も挙げて、しかも1番人気~5番人気の馬をガッチリ挙げておきながら、6番人気のクオンを外して7番人気の馬を挙げるなんて。。。これに反発して、頑張ってくれ!クオン!!

再びパドックに映像が戻った後も、クオンは口を割って遊んでいる感じが見られました。『もしかしたら、まだまだ本気で走っていないのかも?』と、思いましたが、皆さんはどう感じたでしょうか?

本馬場入場もちょっと心配な・・・前走の本馬場入場と同様に首を大きく下げて、渡辺騎手を振り落とさんばかりのフォームで走っていました。。。こういうところを見ていると『気性がうるさくなってきているのかな?』と、感じます。

ゲートインは相変わらずすんなり。スタートはまずまずでした。今までは短距離戦だったので“スタート命”の馬が多かったのですが、中距離線になってそうでもなくなったような感じ。。。これもクオンにとって良かったのでは?
スタートで安心したのも束の間、100㍍も走らないうちに徐々に後退。馬群から大きく置かれてしまった⑧メイショウダイセツを除くと、ほぼいつも通りの指定席である、最後方(今日は16番手~17番手)になってしまいました。しかし、今日のクオン&渡辺騎手はいつもと一味違いました。大方の意見と同様に1800㍍の距離への心配があったのでしょう。。。いつもであれば馬込みを嫌って外へ出して追走するのですが、今日は我慢をさせながらインコースを追走。馬込みに入れても頭を上げたり、嫌がらないクオンは成長したのかな? ・・・なんて思わせてくれました。16番手くらいにの位置取りだったクオンもじっと内側を追走している間に後退してくる馬が居たりして徐々にポジションが上がってきます。
3コーナーでは10番手を最内から追走。コーナーワークで直線入口ではもう少し前進するか?と思っていたのですが、コーナーを回っているときは渡辺騎手があえて抑えて、末脚を貯めていましたね。僕はこの映像を見て『だめだ~~。。。ついていけない。。。』と家族の居る前で口走ってしまいました。
妻の『クオン、ダメなの?』というコメントに対して、
『何とか頑張って5着以内に・・・』と言い放った直後から、渡辺騎手の手が動き、追走モードに。直線入口での10番手位置から最内をグイグイ伸びてきました。

⑬シガーバー②マルブツファースト⑥ダンツイッドン⑦エストラゴンを一瞬で抜き去り、⑭アグネスペンタゴン⑨ウォータースポートも交わしていきました。クオンの末脚を見ていて少し気になったのはクオンが蹴る砂の量。最内はやっぱりちょっと荒れているのか、蹴り上げる砂の量が多いような。。。外から強襲する相手に交わされなければ良いが。。。と思っていました。
⑫アストラピンク⑱テイエムウミナリの2頭を交わし、残るは1馬身ほどリードしている⑯ゼンノベリルのみ・・・というところで、クオンの末脚も止まってしまいました。そして、恐れていたことが・・・直線入口で一度は交わした②マルブツファーストと⑥ダンツイッドンの2頭が大外を強襲してきたのです。『マズイ・・・飲み込まれる・・・』と思ったところでゴール。1着の⑯ゼンノベリルは間違いありませんでしたが、2着争いは非常に接戦。スローリプレイでの確認となりました。。。
ゴール前残り1㍍~2㍍のところでは、クオンが体制有利でしたが、その次のコマでは非常に微妙でした。一応、1・2度巻き戻したりストップモーションにして確認しました。
とりあえず、画面でもクオンの2着が何となく“当確”に見えました。

確定成績は
1着⑯ゼンノベリル    1.49.4
2着⑩クオン      【1 1/4】
3着②マルブツファースト【ハナ】
4着⑥ダンツイッドン  【ハナ】
5着⑫アストラピンク  【クビ】
6着⑱テイエムウミナリ 【クビ】
の大接戦。

馬券は複勝とワイドが2点的中。。。馬連も行きたかったなぁ(勇気が無かったです)ハナ差で4着に敗れた⑥ダンツイッドンが絡んだワイドなら・・・万馬券を取れたのにな。(贅沢なことを言ってはいけませんね)

クオンの走破タイムは1分49秒6でした。上がり3Fはメンバー中最速の35.1ということで、『サスガだな・・・』なんてクオンと渡辺騎手に感心してしまいました。

直線入口では5着以内も厳しいか?と思ったりもしましたが、本当によく伸びてくれました。これでクオンの最適の条件が分からなくなってきましたね。ダート替わり初戦の激走もビックリしましたが、今回の中距離替わり初戦の激走にもビックリです。
もしかしたら、前走と違う条件で気分を変えて走らせることが良いのかもしれません(笑)
冗談はさておき、次走も芝の中距離戦での出走が予想されます。次こそ、決めてもらいたいですね!勝てばトロットスター産駒初勝利!大きなニュースにはならないと思いますが、クオン出資者だけでなく、トロットスターを愛した皆さんにとってはビッグニュース。クオンの背負っているものは結構大きいです。頑張れ!クオン!!

渡辺薫彦騎手のコメント『この距離でもテンはズブいので追っ付けていきました。最後は内を突いてよく伸びてきてくれましたし、この距離も問題ありませんでした』
大橋調教師のコメント『この距離をこなしてくれるのなら、レースを選びやすいです。次も芝の長い所を使いましょう』

渡辺騎手、大橋先生、坂井さん・・・(クオンの初勝利まで)あともう少しです。感謝の言葉はそのときに取っておこうと思っています。今はただ・・・よろしくお願いします!!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年5月13日 (日)

ローレルアクシス優勝!

やった~!愛馬ローレルアクシスが勝ちました!2005年1勝(ローレルシード)、2006年1勝(ローレルウェルシュ)と、2年連続年間1勝だったのですが、この日2007年2勝目(1勝目は2月のローレルウェルシュ)を挙げることができました。多くの祝辞をいただきましてありがとうございます。
今日はローレルアクシスのレースを“詳しく”振り返ろうと思います。

この日は日曜日のラグビーの試合に向けて午前中は練習。。。いつもの事ながらレースを見ることができませんでした(最近は本当に慣れっ子になってしまいました・・・愛馬が午後のレースに出てくれれば見られる可能性も大きくなるのですがね)
ということで、レースはお昼に家に帰ってから、HDレコーダーに録画されたアクシスのレースを見ました。
馬券は単勝と複勝をラグビーの練習開始直前に購入。。。因みに練習中は競馬のことは一切考えずに頑張りましたよ(当たり前か・・・)

ローレルアクシス
12日(土)新潟1R 3歳未勝利(父)D1800㍍5枠5番に☆塚田祥雄55.0㌔で出走。
家に帰って見たのは、いきなりレースシーンからなんですが、パドックから振り返って書かせていただきます。
今日のパドック解説は競馬研究のの野口彰さんでした。野口さんのコメントは『気合面が特に目立ちますしね。中1週ですけど更に上昇を感じさせますね』というものでした。褒めてくれてはいますが、ちょっとあっさりした感じ・・・
前走から+4㌔の490㌔ということで、細くならなかったことに一安心。相変わらずの好馬体でした。厩務員さんをグイグイ引っ張って気合を表に出しているアクシスは本当に好感が持てました。前走のパドックでも厩務員さんを引っ張っていく仕草を見せていましたが、ここ2戦は本当に走る気が出てきているように思えました。
野口さんのパドック推奨馬は⑥タイムオブデライト(3番人気)⑩ドンアドヴァイタ(1番人気)④テイエムデンセツ(8番人気)⑤ローレルアクシス(2番人気)⑨オースミステータス(4番人気)の5頭でした。今回も前回同様に4番目の推奨馬。。。

締め切り直前のオッズでは⑩ドンアドヴァイタに次ぐ2番人気(3.5倍)になっていました。1番人気になると思っていたので、少々以外でしたが購入した馬券のためには良かったです!

人気の一角となったアクシスはゲートに誘導される前から映し出され、『ローレルアクシス曳かれて・・・』と言った実況もいただきました。ありがたいことです。
スタートは今までのレースで1番良かったです。塚田騎手も好位でレースを進めようと少々押していましたね。100メートルを走ったところで、先頭は予定通り⑩ドンアドヴァイタ。アクシスが最内にポジションを取ったところで、⑨オースミステータスが外から2番手の位置に上がってきました。
1コーナーでは逃げる⑩ドンアドヴァイタ、掛かり気味の⑪ホークドーター、⑩をマークする様に走る⑨オースミステータス。その後ろに⑤ローレルアクシス(4番手)。⑧タケカサチノヤマを挟んで6番手に⑥タイムオブデライトということで、人気どころが前に集結しました。
アクシスは⑩ドンアドヴァイタの蹴る砂を被る最内を追走するも怯むこと無く頑張っています。向う正面では逃げる⑩ドンアドヴァイタとの距離を縮めてきました。
3コーナーに入り、残り600㍍を切ったところで、馬群の外側を⑥タイムオブデライトと④テイエムデンセツがスーッと前に出て先頭を伺う勢い。⑤ローレルアクシスと塚田騎手はそれでも落ち着いて、内ラチ沿いで我慢して追走していました。
直線入り口で⑨オースミステータスが先頭。そのすぐ内側にいた⑩ドンアドヴァイタが2番手。外を回った④テイエムデンセツはコーナーワークでちょっと遅れたか・・・最内を回った⑤ローレルアクシスが3番手の位置を取り戻していました。(⑪ホークドーターはバテて後方へ。⑥タイムオブデライトは外を走り過ぎたか、ちょっと膨れてしまいました)

とりあえず、この時点で3着以内は堅いだろうということで、“ホッと一安心”

直線では⑨オースミステータスと⑩ドンアドヴァイタと⑤ローレルアクシスによる3頭の叩き合い。残り200㍍のところで⑨オースミステータスが後退。⑤ローレルアクシスが頭ひとつリードを奪いました。ここからは徐々に⑩ドンアドヴァイタも突き離し、余裕残しでゴール板を通過。。。2着の⑩ドンアドヴァイタに【2 1/2】の差をつけて優勝しました。

勝ちタイムは1分56秒2。前走が1分57秒2だったわけですから、1秒短縮しました。上がり3Fもメンバー最速の37秒9でまとめ、力のあるところを見せてくれました。
とりあえずこの勝ち時計を分析してみると。。。
①ローレルアクシス(12日新潟1R3歳未勝利戦優勝馬)1:56.2
②アクセルカフェ(5日新潟1R3歳未勝利戦優勝馬)1:56.5
③ルドベキア (4/29新潟1R3歳未勝利戦優勝馬)1:56.7
③シュウザンウィーク(12日新潟3R3歳未勝利戦優勝馬)1:56.7
⑤ビコールミエール (4/28新潟3R3歳未勝利戦優勝馬)1:56.8
⑥マイネルハヤト(13日新潟1R3歳未勝利戦優勝馬)1:58.3
ということで、この新潟開催では今日まで6鞍のダート1800㍍の未勝利戦が組まれていますが、その中ではダントツの好タイムでした。しかし・・・

グッドフロマージュ(12日新潟9R4歳上500万優勝馬)1:54.3

因みにここに入ると12着に。。。

ゴールデンシャイン(6日新潟10Rわらび賞3歳500万優勝)1:54.9

因みにここに入ると7着に。。。

と言うことで、上のクラスで“即”通用するかというと分からないですね。。。

今回のレースは塚田騎手が文句ナシの好騎乗もアクシスの優勝に大きく貢献してくれたものと思っています。スタート良し。道中も3番手から4番手の好位をキープしてくれたことも良し。最内で粘り強く追走してくれたことも良し。直線で内側を突く判断も良し。追い出すタイミングも良し。。。素晴らしい騎乗だったと思います。
過去のレースを振り返ると、デビューから15着⇒11着と苦しんでいたときに初の掲示板圏内の5着に持ってきたのも塚田騎手。(初めての複勝圏内に持ってきたのは秋山騎手でしたが)前走で初めて2着に持ってきたのも塚田騎手。塚田騎手とローレルアクシスは相性がいいのかもしれません。次走も塚田騎手にお願いしたいです。

塚田騎手のコメント『終始手応えも良く、上手な競馬をしてくれました。直線に入っても余裕がありましたね』

これで休養とのことです。(欲張ってはいけないのかもしれませんが、折角なので3歳500万下条件を1戦だけやってもらいたい気も・・・。6月3日中京6R芝2500㍍、7RD1700㍍、それか6月10日中京9RインディアントロフィーD1700㍍。こんなところを見てみたい気も・・・。しかし、アクシスの状態を最優先ですから・・・休養の必要があるのであればゆっくり休んで秋につなげてもらいたいですね。

今日はちょっと嬉しくなって、見苦しい文もあったかもしれませんがお許しください。
この勝利は本当に嬉しかったです!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月11日 (金)

クオン&アクシス高評価

明日はローレルアクシスとクオンが出走。。。昨日も書きましたが3週連続で複数頭の愛馬の出走となりました。しかも、今週は結構期待は大きいです。アクシスは実績から見ても人気になりそうだし、クオンは人気にならないかもしれませんが、得意の芝に戻ってなんとなくやってくれそうな気配。期待していますよ。

それでは、2頭の前評判を“1馬”でどうぞ!

ローレルアクシス
12日(土)新潟1R 3歳未勝利(父)D1800㍍5枠5番【9:50発馬】
☆塚田祥雄55.0㌔
 印…〔○注○○○◎〕
TM…〔◎◎○◎◎△○○〕
今回も好戦
鶴留師『もう本物と見ていいと思う。あとは流れひとつ』
調教より ○…攻め強化し前走以上の気配 気配8 動き8
予想オッズ2.7倍(1番人気)

netkeiba予想…本紙◎ PC予想…

・・・予想オッズでも一番人気ですね。軽い気管支炎の症状があるとクラブから聞いたのですが、新聞からはそのことは読み取れませんね。気管支炎の症状が知られたならば、人気が多少落ちたかもしれないのに・・・。冷静に見てアクシスは3着以内を外さないとは思いますが、相手もそんなに弱くないですね。。。強敵を紹介します。
⑥タイムオブデライト・・・初出走の未勝利戦を2着。末脚がしっかりしてますので、スタートが五分ならば侮れない相手です。(予想4番人気)
⑩ドンアドヴァイタ・・・近走が4着⇒2着⇒3着と安定。鞍上も強化され怖い一頭。(予想2番人気)
⑨オースミステータス・・・近走安定。ナリタトップロード産駒ということで、頑張って欲しい!(予想3番人気)
そんなところかな?
それでも上記の⑨オースミステータスには抜かれることはないと思いますので、やっぱりローレルアクシスの3着以内は堅いかと。。。
今週の追い切では芝でなかなかの時計をマーク。パートナーに先着し良い雰囲気になってきましたので、ビシッと決めて欲しいですね。噂によるとここを使って放牧に出されるということなので、勝ってくれると今後のプランに余裕ができるので頑張って欲しいところです。
馬券は単勝と複勝を同額分購入しようと思います。複勝だけ当たった場合は儲からないかな?

クオン
12日(日)京都4R 3歳未勝利(混)芝1800㍍5枠10番【11:40発馬】
渡辺薫彦56.0㌔
 印…〔△△△……△〕
TM…〔……………△◎△〕
穴でなら
大橋師『馬体はシボれた。距離を延ばして前進を見込む』
調教より △…調教は走らないタイプでこれで十分 気配8 動き7
予想オッズ23.4倍(9番人気)

netkeiba予想…本紙… PC予想…

・・・クオンはダートに替わって2着⇒4着⇒6着と徐々に順位を落としているので人気が無いかと思ったら、意外と人気になりそうですね。新聞を見ながら相手を分析すると。。。
初出走が2頭(そのうち1頭は人気なりそうな感じですが)
デビュー戦の折り返しが6頭(みんなデビュー戦の成績がひどいです)
ということで、これらを省くと残りは10頭。その他にも2桁順位を繰り返している馬も複数いますのでクオンがそこそこ人気になるという理由が分かりました。しかし、芝の中距離戦で実績がある馬もいるので、決して楽なレースではありません。それ以前にクオン自身が芝1800㍍が初めての条件で実績が無いわけですからね。でも・・・クオンは芝に戻って良さが出そうです。距離は微妙ですが、ハマれば大仕事も可能かと思っています。
気になる相手ですが・・・
③エーシンエーエル・・・2着⇒2着と来ています。この馬が1番人気でしょう。でも、この馬の場合連続2着がマイル戦なんですよね。血統から見てもマイルかそれ以下の距離が良さそうで、負かすチャンスはありそうです。
⑦エストラゴン・・・この馬も前走マイル戦で好成績も1800㍍だと11着。この馬は危ない人気馬でしょうか?
②マルブツファースト・・・前走2000㍍で3着の好成績。この馬が一番怖いかな。。。
怖いのはこの3頭でしょうか。。。
初出走組では、この馬が人気になるようです。
⑪ヴァンタリエル・・・兄弟にヒシフェアレディがいる血統。調教の動きも良く、馬体もいいらしい。
その他では、
⑯ゼンノベリル・・・3戦目ですが、2000㍍戦での成績が安定しています。要注意か?

クオンがこの条件で走れるということであれば、掲示板のチャンスは十分にあるメンバー構成です。
クオンはこの条件でも好走可能と考え、馬券もちょこっと買おうかと思います。
単勝&複勝・・・そして、ワイド総流し・・・人気どころがコケれば結構儲かるかも。。。

そんなワケで、2頭とも勝つチャンスがあると思っています。皆さん応援よろしくお願いします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年5月10日 (木)

今週も2頭

今週はクオンとローレルアクシスの2頭が出走となりました。アクシスは間違いなく勝ち負けに。クオンも人気は無さそうですが、密かにチャンスだと思っています。
明日は、この2頭の前評判を書く予定です。

期待の2歳馬ローレルキャノンが化骨異常で今後について協議されているようです。まだ、封筒が来ていませんので細かいことは分かりませんが、不安です。
ハルカチャンも“引退”では?という噂が・・・こちらも、封筒が来ていませんので真相は分かりませんが、心配です。

放牧中のローレルウェルシュが帰厩との噂が・・・クリオも運動ができる所まで回復したとか・・・

少しだけ耳にした話ばかりですので、確実な話ではないんですけどね。。。忙しい毎日でなかなかクラブに電話もできない毎日ですが、明日くらいにここら辺の話を確認しようかと思っています。
確認できたら、またここに書きますので楽しみにしていてください!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月 9日 (水)

パシスタ&クオン情報5・9

今日は久々にユニオン愛馬情報を書こうと思います。
ユニオンに入会して、4年が経ちますが未だに未勝利なんですよね。。。そろそろ結果が欲しいところ。

パシスタ(ダンスインザダーク×プレティッシモ)
5/9 レース後も脚元等に異常はない。次走は未定。なお、次の東京開催からは障害未勝利戦は3歳未勝利戦や4歳上500万下戦と同様の出走馬選択方法になり、前走4着以下の本馬は出走間隔を空けないと除外対象になる可能性もある。
・・・来週からの投票になりそうな感じですけど、3着以内の優先権が無いと苦しくなりそうですね。このまま、勝利や3着以内が無いと順調に使えなくなって・・・引退も近くなってしまうのではないか。。。と、心配してしまいます。そろそろいいところを見せてもらわないとね。そのためにも、厩舎での調教を頑張ってこなして欲しいです。

クオン(トロットスター×ファーストステップ)
5/9 坂 良     1 回 57.5 41.2 26.8 13.2   強目に追う
本馬なりに順調で、馬体は際立って良くなっている。今週の京都(土)芝1800mに出走予定。
大橋町教師のコメント『もう一度芝を使いたいのと、それに距離の長いレースを試してみたい』
除外の可能性もある。
・・・僕も希望していた芝のレースに再度挑戦ということで、嬉しいです。京都4Rの想定を見ると21頭。出走の可能性の方が高いのですが、相手も弱化しそうで、想定の時点でフルゲート割れしている土曜新潟6R(芝1800㍍)なんかどうでしょう?新潟は直線が長いのでクオンにはいいと思うんですけどね。
それよりも、短距離のカテゴリーから中距離のカテゴリーへ転戦するんですが、どんなレースを見せてくれるのか楽しみです。
この条件でクオンの能力が花開いてくれると嬉しいですね。

クオンが今週勝ってくれそうな予感。。。新潟だと渡辺騎手じゃなくなるのかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月 8日 (火)

9着と14着

こどもの日の5月5日は我がファミリー初の“愛馬同士の対決”が行われました。これが重賞だとか特別戦だとかレベルの高いレースでの対決なら嬉しいのですが、残念ながら今回は“4歳上障害未勝利”での対決。しかも、2頭とも一度も8着以内を経験したことの無いコンビ“パシスタ”と“ハルカチャン”です。どうなることやら・・・不安いっぱいのレースを振り返ります。

ハルカチャン
5日(土)東京4R 4歳未勝利 障3000㍍・2枠2番 平沢健治57.0㌔

パシスタ
5日(土)東京4R 4歳未勝利 障3000㍍・2枠2番 沢昭典59.0㌔

まずは、ハルカチャンのパドックから。このときのオッズは24.5倍。予想以上の人気でした。馬体重は前走から14㌔減って458㌔。さすがに少し細く見えました。パドック解説の日刊競馬・久保田正則さんのコメントも『攻め馬両をしっかり積んでのマイナス14㌔ですけども、やっぱりちょっと体が寂しくなってしまいましたね・・・』ということで、僕と同じ感想でした。平沢騎手が跨ったところの映像もありましたが、落ち着いていて気性は悪くなさそうですけど、やっぱりちょっと細く見えるのが心配かな?

続いてパシスタ。オッズは32.3倍。前日の新聞予想通りこちらの方が人気が無かったです。馬体重は前走から2㌔増えての496㌔。。。相変わらず雄大な馬体です。日刊競馬・久保田正則さんのコメントは『ちょっと体の張りが無くて、小ぢんまり映るのが気になりますね。。。』と言うことでしたが、僕の場合比べる相手がハルカチャンになってしまうので『大きいなぁ・・・』という感想です。沢騎手が跨る前からチャカついていましたが、騎手が跨ったあとも落ち着きが戻らず同じような感じでパドックを周回していました。残念ながらレースに集中できていない感じに映りました。

②ハルカチャン-⑭パシスタを馬連で買うと1397倍・・・これは凄い倍率です。買いませんでしたけど。。。
久保田さんのパドック推奨馬は⑥ユキノアメージング⑩サーガキャスケード④レオスターライト(驚いたのは障害29戦目ということ)⑪ヒカルミキティ⑬ダイワラファエルの5頭。予想通り愛馬2頭の名前は挙がりませんでした。

本場場入場ではハルカチャンは平沢騎手の指示でダートコースでダクを踏んでいました。馬体の寂しさを除けば“良い感じ”に見えました。一方パシスタは芝コースでダクを踏んでいましたが、首を横に振ったり口を割ったり、走ることに対して前向きな感じが見られませんでした。。。

レース映像では新潟4Rが落鉄のアクシデントがあり、ファンファーレが聞けませんでした。ハルカチャン、パシスタ共にゲートにはスンナリ収まり、いよいよスタート。ゲートが開くと・・・内の方でハルカチャンがダッシュがつかずに『最後方スタート』。外ではパシスタがダラ~っと出て、後ろから3番目くらいの位置取りとなってしまいました。
道中はパシスタが集団の一番後ろ(先頭から12~13馬身ほど離されたところ)を必死についていっている感じ。ハルカチャンはパシスタから大きく離れて3頭で後方グループを形成。。。ハルカチャンについては『何とか無事に回ってきてくれ!!』という気持ちでした。パシスタも集団の後ろで何とか着いて行っていましたが、掲示板圏内も無理そうな雰囲気。。。ここで注目は先行し絶好の位置でレースを展開していた“同じユニオンの勝負服”を纏った⑤デイトレーダーです。これは勝つんじゃないか?と思わせるレースで、愛馬2頭をそっちのけで、デイトレーダーを追いかけていました。(愛馬2頭は殆ど画面に出てきませんでしたからね。。。)
最後の直線でも⑤デイトレーダーは先頭に追いつきそうな末脚を一瞬だけ見せましたが、残念ながら2着でフィニッシュ。
パシスタは大分遅れて9着でフィニッシュ。ハルカチャンはパシスタから更に更に遅れて14着でフィニッシュ。。。これには参りましたね。

勝った⑥ユキノアメージングのタイムは3分30秒2。パシスタは3秒4遅れの3分24秒1。ハルカチャンは9秒5も遅れてしまいました。

ハルカチャンについてのコメント
平沢騎手のコメント 「飛越は無難にまとめましたが、トモが弱いから競馬では追走が精一杯でした。完全に息が上がって喉が鳴っていました」
矢野(進)師のコメント 「やはり元々、右の股関節が弱い馬だから厳しかったね」

パシスタについてのコメント
沢騎手のコメント『返し馬でもハミを取らず、集中できていなかったですね。レースでも最初の3つの障害をすごく気を使って飛んでいました』
天間調教師のコメント『集中できていなかったですね。今後は、普段の調教からジョッキーに乗ってもらって調教し直しましょう』

パシスタはそろそろ走る気持ちになって欲しいところ。
ハルカチャンは引退かな?まだ茶封筒は着ていませんが、今日の時点でいろいろな方から連絡を貰い、なんだか“そんな”雰囲気のようです。

こんな感じの愛馬同士の初直接対戦が終わりました。
あまりにも2頭が画面に映らなかったことが残念です。

今後も愛馬の活躍を期待していますよ~~。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 7日 (月)

散々なGW??

こんばんは。3日ぶりのブログ更新になります。
今年は・・・大変なゴールデンウィークでした。ゴールデンウィーク後半初日となる3日に息子が珍しく熱を出し『ダウン』。3日に買い物に出掛ける予定が・・・当然、キャンセルになってしまいました。病院に行くと“扁桃腺炎”による発熱(39℃以上出ました)とのこと。天気が良いのに、ず~っと家で看病しておりました。
4日も熱が下がること無く、自宅待機(午前中はラグビーの練習があったので、僕は外出していたんですけど。。。)でした。
4日の午後には24時間体制で息子に付いているカミさんのストレスが爆発!夫婦喧嘩に発展してしまいました。
5日のこどもの日はパシスタとハルカチャンが障害レースに出走し惨敗(後日、レースを振り返ります)もありましたが、もっとキツかったのは我が社のラグビーチームが1月の公式戦で勝ったことがある相手に13-17で逆転負けしてしまいました。(これが一番ショックだっただすね。。。)
6日も当初はエコパスタジアムへJリーグ『ジュビロ磐田』VS『名古屋グランパスエイト』を見に行く予定も体調が回復しない息子を連れて行くわけにも行かず、この日も自宅待機。。。かなり辛いゴールデンウィークでした。

今日はゴールデンウィーク明けの仕事初日。疲れを癒すために早く寝かさせていただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 4日 (金)

愛馬の直接対決

明日は愛馬同士の初対決となりました。現在のところ浮上の切っ掛けが見つからないパシスタとハルカチャンの2頭の直接対決です。JRAのHPで明日の東京4Rの出走メンバーを確認したのが昨日の夕方。かなり低調なメンバーだったので、我が愛馬2頭にも印が付くかも・・・なんて、淡い期待を持ちながら“1馬”を購入しました。

新聞を開いてみると。。。

ハルカチャン
5日(土)東京4R 4歳未勝利 障3000㍍・2枠2番 【11:30発馬】
平沢健治57.0㌔
 印…〔…△△………〕
TM…〔………………〕
馬券は消し
金成助手『飛越のセンスは良いが実戦に慣れてからだろう』
調教より △…丹念に乗られ仕上がり自体は良い 気配8 動き7
予想オッズ42.0倍(11番人気)

netkeiba予想…本紙… PC予想…

パシスタ
5日(土)東京4R 4歳未勝利 障3000㍍・2枠2番 【11:30発馬】
沢昭典59.0㌔
 印…〔………………〕
TM…〔………………〕
連はムリ
天間師『バンケットのある中山より良いが、上位迄は?』
調教より △…動きはまずまずだがデキは変わりない 気配7 動き7
予想オッズ47.6倍(最低人気)

netkeiba予想…本紙… PC予想…

・・・予想以上に印が付きませんでした。ということで、今日のブログは思いの他、楽でしたね(涙)
『低調なメンバー・・・』というのはハルカチャンとパシスタも含まれての『低調メンバー』ですので、仕方が無いかな?掲示板圏内に入ったこともある、ユニオンのデイトレーダーもあまり評価が高く無かったですね(△…△△△△ 22.0倍) ということで“レベルの低いところで混戦”といったところですかね。ハルカチャンとパシスタには浮上の切っ掛けを掴んでもらいたい所です。

僕も、明日は大切な試合を控えています。ラグビー頑張るぞ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 3日 (木)

クオンは6着でした

今日は愛馬3頭が頑張った先週のレース回顧最終回。日曜日に走ったクオンのレースを振り返ります。
ダートに替わり3戦目。2着⇒4着と安定しているので今回も期待がかかります。ただ、ちょっと今回は相手が揃った感じがあります。特にヴイマックスは強そうです。。。勝てれば最高なんですが、何とか3着以内で優先出走権を確保して欲しいところです。因みにこの日も仕事のため録画したものを夜になって見ました。。。馬券の方は買おうと思っていたのですが・・・仕事をしていて、『買わなきゃ!』って気づいたときには既に発走時間を過ぎていました。ということで、馬券を買うことができませんでした。(こんなときに限って好走してくれるかも・・・という期待もしちゃいました)

クオン
29日(土)京都2R・3歳未勝利ダート1400㍍・16頭立5枠9番に渡辺薫彦54.0㌔で出走。
今日は+10㌔の450㌔での出走でした。デビュー以来一番重い馬体重での登場です。先週ユニオン大阪事務所にクオンの様子を聞きましたが、調子は更に上向いているようですし、この体重増はクオンの成長分といっていいのかな?
今日のパドック解説はデイリースポーツの井上達也さんコメントは結構控えめな感じの方なんですがクオンに対しては『数字が示すとおり、やや余裕を感じますね。』と短いコメント。僕が見た感じでは体に余裕を感じることも無かったのですが、心の面での余裕が見られたというか・・・前走なんかよりも集中力が無いように感じましたね。元々パドックで『走る気マンマン!』というタイプではなかったのですが、ここ2走は、レースに対して前向きな感じが見られていたのですが・・・『今日はちょっと・・・』って感じに見えました。
井上さんのパドック推奨馬は②ヴイマックス(ダントツの1番人気)⑯タニノロッキー(6番人気)⑦アドマイヤリバティ(3番人気)④ニホンピロリーガ(10番人気)・・・井上さんは結構穴党なんでしょうか?しかし、②ヴイマックスは大きく見えるし強そうでした。

本馬場入場でもクオンはあまり良い仔ではなかったですね。渡辺騎手を振り落とすような勢いで前傾して走っていきました。やっぱり、ちょっと走る気に成りきれていないのかな?

レースとなりました。スタートは五分も、すぐに後退。前に行きたくても行けなかったのか、それとも渡辺騎手が『差し』に徹するために意図的に抑えたのか分かりませんがダートコースに入ったときには後方2番手の位置まで下がっていました。後方から最後の直線に賭ける作戦は理解できるのですが、先頭集団とは大きく離れての追走。3コーナーに入る前から『これは、さすがに置いて行かれ過ぎなのでは?』と、心配になっていました。
3コーナーから4コーナーにかけて外側を徐々に進出するも、先頭集団と離れ過ぎているため、なかなか中継画面にも入ってきません。直線入り口では画面に僅かながらに映り込み『末脚爆発の予感』も・・・。しかし、本当に先頭集団と離れ過ぎ・・・。どんな脚を見せてくれようとも先頭を捕らえることが出来そうに無い位置。。。
画面は粘り込む②ヴイマックス⑩レッドザボックス⑫ユウキタイティを交わす⑦アドマイヤリバティの戦いばかりが映されていて、必死に追い込んでいると思われる⑨クオンは全く映りませんでした。ゴール板の映像で⑭トレド⑮エーシンドレーメンをギリギリで交わした⑨クオンがちょこっと映りました。
優勝した⑦アドマイヤリバティの勝ち時計は1分25秒7。クオンは1秒3差の6着。。。上がり3Fはメンバー中2番目の37.3秒で追い込むも流石にあの位置からでは逆転は不可能か?好位につけると末脚が不発になるし、末脚に賭けて後方待機をすると、先行馬に惜しくも届かない・・・こんな状態が続いています。クオンは展開がハマらなければなかなか勝てないのか?常に勝ち負けの感じもあるけど、絶対に勝てる!といったレースも無いんだろうなぁ・・・。

渡辺薫彦騎手のコメント『今日はかなりズブかったですね。終いは詰めていけましたが、もう少し楽に行けたら結果も違っていたと思います。展開が向けば、もっと良いところがあると思います』

クオンも成長してきて、馬体もしっかりしてきたようですし、体が硬いクオンにとって気温が上昇してきて、本来の走りが出来るようになってきたので、そろそろ芝でのレースも見てみたい。。。なんて思いました。
そう思っていた矢先、今日の公式HPの情報で『次走はもう少し距離を延ばすか、芝に戻すか、検討する。』といった内容のコメントがありました。
次は芝1400㍍のレースを見てみたいな。

頑張れクオン!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月 2日 (水)

ローレルアクシス2着に

今日はローレルアクシスのレースを振り返ります。

アクシスも今日で7戦目になるんですね。秋口に入厩して以来、アクシスは鶴留厩舎を一度も出ることなくここまで戦い続けています。(11月のデビュー時にはアクシデントがありましたが・・・)
年明けにデビューを果たしてからは月に2回のペースでレースに出ているタフな馬です。普通だったら少々疲労を気にするところですが、アクシスの場合、レースを重ねながら状態も上向きになっている気がします。ダート替わり初戦の前走で3着に入り、出資者も陣営も期待の高まる今回のレースは非常に楽しみでした。
朝一番のオッズを見ると2倍台になっていたりして、人気の一角を担う勢いでしたし『チャンス有りだな・・・』と思い、仕事から帰ってきてHDレコーダーに録画されたアクシスの映像を見ました。

ローレルアクシス
28日(土)新潟2R・3歳未勝利・D1800m・14頭立4枠6番に☆塚田祥雄55.0㌔で出走。
パドック解説は誰なのか分からなかったのですが、『まぁ、2人引きですけどね。テンションも上がるところもありませんし、なかなか歩様も力強く良い状態だと思います』と、結構いい言葉をいただきました。この仔は相変わらずいい体をしています。前走から-6㌔ですが、細く見える感じも無く、調子は良さそうです。厩務員さんを引っ張るような仕草を見せていましたし、期待は高まります。この時点のオッズは3.8倍。予想以上の人気に正直驚きました。
パドック解説の推奨馬は④シュプリームローズ(6番人気)⑤ヤマタケフレッシュ(5番人気)⑬タガノファントム(3番人気)⑥ローレルアクシス⑭ボージョボー(2番人気)の5頭が挙がりました。ローレルアクシスも4番手に挙げてくれました(嬉)

スタートはやや躓いた感じで、先頭集団にはついて行けず、中団からの競馬となりました。1コーナーに差し掛かる前に、前にいた⑦ドナプレミア(梅内先生のところの馬じゃないですか!)がローレルアクシスの前をカットするように内側へ。。。アクシスは残念ながら後ろへポジションを下げました。そして、1コーナーに入ってからも再び⑦ドナプレミアに絡まれて、後方へ。。。結局、向う正面では後方2番手となるまでポジションを下げました。
ここで、馬群が固まっていると判断した塚田騎手は、アクシスを大外に持ち出し、徐々に進出。3コーナーから4コーナーにかけて、上位に上がってきました。直線に入って残り400㍍の地点でアクシスは6番手まで上がって来ていました。
直線入り口でトップに立ったのは⑪ビコールミエール。ビコールミエールから僅かに遅れた2番手集団を形成するのが⑩タマモコマンダー③ディテスタ⑭ボージョボー⑬タガノファントムだったわけですが、この4頭を並ぶ間も無く抜き去るものの⑪ビコールミエールとの差がなかなか縮まりません。。。アクシスはラスト3Fをメンバー最速の38.8秒でまとめ、⑪ビコールミエールとの差を【2 1/2】馬身まで縮めたところでゴール。タイム1分57秒2で0.4秒差の2着という結果に終わりました。

結果論でしかないわけですが、向う正面で塚田騎手が思い切って大外に出したわけですが、3コーナー~4コーナーでは馬群の内側も結構ばらけて、内を掬ってロス無く進出できた可能性もあったので、逆にそっちを選択しても良かったのかな?大外に出さずに内側で我慢していれば勝つところまであったかもしれないですね。(勿論、内側に入れていたら前に出せずに悪い結果になっていたかもしれませんけど。。。)
しかし、1コーナーから逃げていた⑪ビコールミエールを最後までバテさせないペースのレースでは、追い込みのアクシスには出番が無いですね。。。しかし、ガッチリと次走の優先出走件を確保。ダートでの力は本物のようですね。ダートでも力強く伸びる脚はなかなか魅力的です!
今後も放牧に出さずに続戦のようですので、次こそはバッチリと決めてもらいたいですね!

塚田騎手のコメント『1コーナーで前の馬がフラフラしていて行き場がなかったので、あの位置からになりました。前の馬にスローで逃げられては仕方ないと思います。ダートの方が良いと思います』

次はどこの競馬場をどの騎手を背負って走るのか?鶴留先生は良い騎手を乗せてくれるので本当に有難いです。次はアクシスに勝たせてあげてください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 1日 (火)

スリジェ15着

昨日は家族と一緒に過ごして、そのまま一緒に寝てしまったのでブログを書けませんでした。申し訳ございません。
今日から愛馬のレースを振り返ろうと思います。

今日は先陣を切ったスリジェから。。。

スリジェ
28日(土)京都1R・3歳未勝利(牝)D1400m・16頭立8枠15番に池添謙一54.0㌔で出走。
結局、土曜日は388CH(グリーンチャンネル関東版)で録画したので、京都で出走したスリジェのパドック、馬場入場は見ることが出来ませんでした。ということで、レースシーンからのみの回顧になります。
レース前から気にしていたのが入厩直後の疝痛の影響でした。放牧先で増えた体重がどれだけ減ってしまったのか・・・と思っておりましたが、デビューして以来最重量となる446㌔(前走から+16㌔)での出走となりました。かなり大きくなっていましたね。それでも疝痛で体重が減ったでしょうから、やっぱり残念です。
最終オッズも162.2倍の10番人気。。。倍率が一桁台の馬が5頭。十倍台の馬が4頭。100倍を超える馬が7頭。。。結構、極端な感じになりましたね。
スタートはマズマズでしたが、直後から頭が高いフォームでレースに集中していない感じでした。250㍍を越えたところで、再びスリジェが映りました。勝った⑦ハッピーランと⑥スリーフェミニン、⑭エリモヴィヴィアン、⑩スリーリュージュあたりとひと塊になって走っていましたが、スリジェの頭が一番高い。。。『これは追走に苦労するだろう・・・』と思っていたのも束の間。レースは3コーナーへ。スリジェは馬込みを嫌って外を回っていましたが、4コーナーではスピードに付いて行けず最後方まで順位を下げておりました。
『タイムオーバーになるなよ・・・』
この時点で、“勝ち負け”とか“掲示板確保”などという思いは無く、1ヶ月の謹慎制裁だけは勘弁して欲しい・・・という気持ちでいっぱいでした。
直線映像ではスリジェの姿を見ることは残念ながら無かったので、どのように走っていたのか全く分かりません。推定上がりが43.0秒ですから、馬なり調教のような最後だったことが予測されます。
走破タイムは1分32秒8で5.6秒差の15着。。。
残念ながらタイムオーバーの対象となる大差負け。。。しかし、いろいろな方HPを見るとスリジェに道中不利があったようで、タイムオーバーの制裁を受けずに済むみたいですね。
タイムオーバーの制裁を受けようと受けまいと次走は1ヵ月後になるかもしれませんが、2度目のタイムオーバーがあると2ヶ月の出走停止制裁を受けることになるので、それを考えるとスリジェには運があるのかもしれません。(厳しい状態であることは理解していますが。。。)
しかし、勝負所で置いていかれてしまう、“スピードの無さ”はちょっと心配です。レース内容も徐々に悪くなっている気がして・・・。

池添騎手のコメント『頭が高いし、上に上に飛び上がるような感じの走り方で、競馬になりませんでした』

次走の巻き返しを心から願っております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »