« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月28日 (木)

ローレル愛馬情報6・27

先週はローレルアクシスに続いてスリジェも湖南牧場に放牧に出てしまいました。ウェルシュもいませんし、クリオはまだ入厩していませんね。
ということで、入厩中の愛馬はマサカーネのみになっています。

マサカーネ(トワイニング×ナイスジュノー)
この中間も変わりなく順調な調整を続けています。
7月8日(日)阪神5R・2歳新馬(混)芝1800mに出走を予定しています。
昨日の追い切り

27日・栗芝稍・助手・5F66.0-51.0-37.6-12.1(3分所・一杯)
(2歳新馬・ベストルート・一杯の内0.1秒先着)
庄野調教師のコメント『先週までは反応が良くなかったけど、今朝の感じでは、かなり気合が乗って来た感じです。あまり忙しい競馬はさせたくないので、来週の1800m予定で
行きましょう』

・・・なかなか頑張ってます。芝コースでの追いきりですがパートナーに先着していますし、まずまずなのではないでしょうか?
今までの調教の様子と庄野調教師のコメントを並べて見ました。

6日・栗CW良・助手・5F75.7-60.2-45.1-16.1(6分所・馬ナリ)
(2歳新馬・ベストルート・馬ナリの外0.1秒遅れ)
庄野調教師のコメント『下のコースで15-15を馬なりでした。変わりなく順調です。来週位から少しずつピッチを上げてみましょう』

13日・栗坂良1本・助手・4F59.2-43.0-27.8-13.9(馬ナリ)
(2歳新馬・ベストルート・馬ナリの同入)
庄野調教師のコメント『今週は坂路に入れてみました。まだ調整程度の内容ですが、順調に来ています。小倉までは時間もあるし、シッカリ乗り込めるでしょう』

20日・栗E良・助手・5F71.4-55.1-40.6-13.7(5分所・一杯)
(2歳新馬・ホッカイシーラ・一杯の内クビ先着)
庄野調教師のコメント『口はウルサイけど、本質的には大人しい性格です。カイバもシッカリ食べています。もう少し走る気が出て来ても良いのですが、これから本数を重ねて行けば変わって来るでしょう』

27日・栗芝稍・助手・5F66.0-51.0-37.6-12.1(3分所・一杯)
(2歳新馬・ベストルート・一杯の内0.1秒先着)
庄野調教師のコメント『先週までは反応が良くなかったけど、今朝の感じでは、かなり気合が乗って来た感じです。あまり忙しい競馬はさせたくないので、来週の1800m予定で
行きましょう』

調教タイムも良くなってきているし、先生のコメントもだんだん良くなってきましたね。今までじっくりやってくれていますから、忙しくない1800㍍戦ならばじっくりやった調教量のアドバンテージが生きるかもしれませんね。人気薄だとは思いますが密かに期待したいと思います。デビュー戦は若手騎手ではないみたいですしね。。。

あと、ローレルアクアがもう少しで入厩になるかもです。。。
ローレルアクア(ナリタトップロード×ローレルメロウ)
6/19 WM40分・ダク1400m・キャンター2100m。週に1回は5F14-14の調教を順調に消化しています。
二ノ宮調教師のコメント『今日5Fから67.3-53.2-39.8-14.1でやっています。来週やって上がりに問題ないようなら入厩させましょう』

6/26 この中間も変わりなくWM40分・ダク1400m・キャンター2100m・週に1度5Fから14-14の調教メニューを消化しています。
二ノ宮調教師のコメント『少し脚元に疲れは見られますが、泣き言を言っていられる時期でもないので、このまま進めて行きます』
即入厩とはなりませんでしたが、そろそろ入厩してくれることでしょう。こちらは時間がありません。短期決戦で勝ち上がって欲しいところです。

ツアーは行きたいけど難しいかな??もうちょっと迷ってみます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年6月27日 (水)

パシスタ&クオン情報6・27

今日はサラリとユニオン愛馬情報を。。。

クオン(トロットスター×ファーストステップ)
6/27 レース後も特に変わりなく、疲れも見られない様子。前走は、出走間隔が空いたため、動きが重かったのかも知れないので、次走は中1週で、来週の阪神(土)、(日)いずれかのダート1800mを予定している。
・・・芝のレースもありえるかと思いましたが、前走と同じ条件のD1800㍍に出走するようですね。昨日も書きましたが、勝った馬が強かっただけで、クオンも十分いけると思いますので、次は鬼の末脚炸裂で優勝を決めてもらいたいとお思います。

パシスタ(ダンスインザダーク×プレティッシモ)
6/19 普通キャンターを2400m乗っている。
担当者のコメント『少し動きに緩いところが感じられたり、周りを気にしたりしていますが、痛いところや悪いところはありません。出走間隔調整のための放牧なので、様子を見てどんどん強めの調教も行い、帰厩に備えます』
6/26 引き続き、普通キャンターを2400m乗っている。
担当者のコメント『馬体の緩さや集中力に欠けるところは時折感じられますが、基本的には大人しく手の掛からないタイプで、概ね問題なく調整は進んでいます。そろそろ帰厩の声が掛かると思いますので、より良い状態で送り出したいと思っています』
・・・出走感覚が空くという理由での放牧なので、しっかりと乗り込まれています。人間に従順で可愛い奴なんだと思いますが、やっぱり闘争心に欠けるんでしょうね。競走馬として今後もやっていけるのかどうか心配ですが、天間先生が諦めていない間はしっかりと応援していきますよ!

今日は短いですけどこんなところで・・・お終いです。
新潟で復帰するみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月26日 (火)

クオン3着。。。悪くないですよ

今日は1年半ぶりに医者に掛かりました。初診ということもあり、2時間も待たされるハメに。。。参りましたね。もう医者には行きたくない。。。本当にそう思いました。
今日はクオンのレースを振り返ります。ウェルシュ&スリジェが2桁順位で大敗していたこともあり、クオンには何とか頑張ってもらいたいと思っていました。このレースは10頭立てですので、2桁順位はさすがに無いかと・・・。最低でも掲示板。普通に考えれば3位以内。上手くいけば勝ちもあるはず・・・そう思って応援しました。。。

クオン
23日(土)阪神3R 3歳未勝利(父)D1800㍍6枠6番 渡辺薫彦56.0㌔
パドック解説時は17.2倍でした。もう少し人気があっても良いかな?と思ったけど、調教も走らないし、力以下に評価されるもんですね。。。パドック解説は何方かわかりませんでしたが、クオンについては『皮膚の薄い馬で、きちっと出来てますね。バネのありそうないい体をしています。』と、かなり褒めてくださいました。僕が見た感じでは・・・日陰を歩いていたということもありますが、栗毛の馬体がこんがりと日に焼けて、黒っぽくなっていましたね。歩様の方も滑らかに見えましたし、暖かくなってきて良くなってきた感じでしょうか?
ダントツの1番人気に推されていた⑧ウインスペンサーについてのコメントは『非常に身のこなし・・・伸びがあるといいますかね。。。ですから体を大きく見せますよね。距離は向きそうです。』ということで褒められていました。
パドック推奨馬は⑧ウインスペンサー⑥クオン⑨メイショウゲンスイの3頭でした。5番人気のクオンが2番手に推されました。嬉しいですね。でも、僕の眼にもクオンはいい感じに映りましたよ。でも、やっぱり距離がこなせるかどうかは心配として残りましたね。
10頭立てでダートの中距離戦ですから、馬群もばらけて、後ろから行くクオンにとっては相手を捌き易くなるだろうし、好都合なんだろうと思いました。
あとは前日までの雨による重馬場がどう影響するか?

本馬場入場時は、口を割って渡辺騎手と喧嘩をしていたのかな?大人しかったクオンが徐々に男になってきたというか、我がままになってきたというか。。。いい感じですね。レースでは鞍上の指示にしっかり従ってもらいたいところですけど。。。

クオンもスンナリとゲートに収まって、スタートです。発馬は五分もいつも通りグングン後退して、最後方まで下がって1コーナーに入りました。距離が心配なだけに内側に潜り込めたことは良かったかな?コーナーワークを生かして2コーナー出口では2頭交わして8番手に位置を上げました。向う正面でもクオンは積極的に追走し、順位は変わらないものの先頭との差を徐々に詰めていました。残り1000㍍の地点で、前を行く④メイショウグンシが後退しました。クオンは微妙にこの影響を受けたのではないかな・・・と思いました。この④メイショウグンシを交わしたところで渡辺騎手もクオンにゴーサインを出したわけですが、コーナー内側がぱっくり開けばよかったのですが、先行していた⑩オースミステータスがいっぱいになり後退。その内を地味に進出する③セトノギムレットとピッタリ並んでしまい、クオンの進出の邪魔になったように見えました。。。
予想外に相手を捌くのに苦戦したクオンが直線入り口では6番手からの追走。しかも、前を行く⑧ウインスペンサーと②トーホウアタックからはかなり離れていました。そこから少しずつ伸びてきましたが、①タケカサチノヤマ③セトノギムレット⑤ビッグジャガーを交わすまでが精一杯。先行した⑧ウインスペンサーとの距離を詰めるどころか離されてしまい、上位2頭から大差を付けられて3着でゴール。。。(4着⑨メイショウゲンスイにも7馬身の大差を付けましたが。。。)
タイムは勝ち馬⑧ウインスペンサーの1分53秒4から遅れること1秒5差の1分54秒9でした。上がり3Fは39.0・・・これも、1着馬、2着馬についでの3番手のタイム。。。今回は完敗ですね。しかし、勝ったウインスペンサーは強かった。。。

土曜日にはダート1800㍍戦が3鞍あり、日曜日にはダート1800㍍戦が2鞍ありました。この5レースを比較してみたいと思います。

この5鞍で一番速いタイムで勝ったのは・・・
土曜9R城崎特別(500万下)の勝ち馬ウインルーセント
タイム・・・1分53秒2(稍重)

これに続くのが
土曜9R城崎特別(500万下)2着馬ウィキウィキ
タイム・・・1分53秒4(稍重)
土曜3R未勝利戦勝ち馬ウインスペンサー
タイム・・・1分53秒4(重)
なんですね。。。

その他のレースの勝ちタイムは以下の通り
土曜1R未勝利(牝)ルアシェイア
タイム・・・1分56秒5(重)
日曜4R未勝利ハギノエントラータ
タイム・・・1分54秒9(不良)
日曜7R500万下スリーキセキ
タイム・・・1分53秒6(不良)
でした。
ウインスペンサーの強さが光ります。
クオンが他のD1800㍍レースへ出走していたならば・・・
土曜1Rならば・・・優勝。
土曜9Rならば・・・7着。
日曜4Rならば・・・優勝。
日曜7Rならば・・・8着。
・・・もちろん、タイムの比較によるものですけどね。
今回は、勝ち馬から離されたものの、それほど悲観しなくても良いのではないかという結論に至りました。この条件でも行けるのかも。

渡辺騎手のコメント『返し馬の時はカッカしているので、今日は大丈夫かなといつも思うのですが、どんどんズブくなっていきます。ダートが良いのか芝が良いのかはなんとも言えませんが、距離が短いとついて行けないので、長い方がレースはしやすいです』

渡辺騎手が言っているようにどんどんズブくなってきているのかもしれませんが、かっちりハマれば、再び鬼の末脚を見せてくれるような気もするんだけどな。。。
次はどの条件で勝負するのだろうか?
次も勝ち負け必至でしょう!!
結構楽観して見ています(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月25日 (月)

スリジェ切っ掛け掴めず・・・

今日、1週間前のスリジェのレースを観戦しました。順位が芳しくなかったことはメルサ等で知りましたが、積極的なレースを見せたとか・・・。どんなレースをして負けたのか。ちょっと楽しみにしていました。

スリジェ
17日(日)阪神2R 3歳未勝利 D1200㍍・16頭立1枠1番 佐久間寛志54.0㌔
パドック解説時は76倍程度の倍率でしたが、その後グイグイ上昇していきましたね。見た感じでは以前に比べて徐々に良い雰囲気になってきているような気がしました。スポニチの仙波広雄さんのパドック解説でしたがスリジェについては『徐々にこの馬なりに良くなってきてはいるんですけどね。なかなか身が入ってこないですね。厳しいです。』といった、ちょっと厳しい感じのコメントでした。
抜けた1番人気になった⑥プラグマティックについては『前のダイキチヘイローがちょっと小ぢんまりした馬なのでね、余計に大きく見えるのですが堂々と歩いてね、ここら辺では負けないぞ!という雰囲気はあるんですけどね。前走くらいには走ると思います。』と長いコメント。。。このプラグマティックですが、ユニオン所属馬であり、出資するかどうか迷った馬でもあります。
仙波さんのパドック推奨馬はこの⑥プラグマティック(1番人気)⑤ダイキチヘイロー(5番人気 貴重なキョウワダイキチ産駒です)⑦ローケイダブリュ(3番人気)⑨チェリーピット(7番人気)⑩カレンアンプルール(8番人気)の5頭でした。

本馬場入場時のスリジェも悪い雰囲気ではなかったです。実績からも強気にはなれませんが、人気以上の成績は残せるのではないか?と思えたんですけどね。。。

スタートは戦前の宣言通り、果敢にハナを切ろうと佐久間騎手も押していきました。しかし、運が悪いことに③エーシンエムシーが譲ろうとせずにガンガン競りかけてきます。結局、③エーシンエムシーの前に行くことは出来ず、競り落とされてしまいました。スタートから200㍍付近で⑭ゼンノマグニートや⑪プライティアクロス、人気の⑥プラグマティックにも飲み込まれてしまいました。3コーナーから4コーナーにかけても6~7番手の際内で我慢していましたが、直線に向くと歩くように失速してしまい、タイム1分17秒3で勝ち馬から4.0秒差の14着でフィニッシュ。TOにはならなかったものの、かなり厳しい順位となってしまいました。
勝ったのは逃げた③エーシンエムシー。⑥プラグマティックは直線半ばで失速して3着に終わりました。

佐久間騎手のコメント『内枠でしたし行きたかったのですが、行き切れませんでした。良いスピードは持っているけど、砂を被るとフワフワとしてしまい、集中力を無くしてしまう感じでした』
鶴留先生は・・・やっぱりこの結果が悔しかったのでしょう。。。コメントをいただけなかったようですね。

因みに、⑥プラグマティック陣営のコメントも・・・
福永騎手のコメント『ゲートの出も良かったですし、反応も良く素直ですね。4コーナーをまわった時は勝てると思ったんですがね・・・。でも、すぐにチャンスは来ると思います』

このあと、水曜日にスリジェに関するメルサで・・・
トレセン近郊の湖南牧場へ放牧される予定ということで、短期放牧に出ることとなりました。。
鶴留調教師のコメント『昨日から調教はやり出したけど、トレセンに居ても使いたいレースに使えない状態だし、レース振りも変わり栄えしないので、短期放牧して気持ちを切り替えてみよう』
ということで、まだ、チャンスをいただけるみたいです。

次走は芝の短距離でガンガン逃げるか、芝の長距離でゆったり走らせて見たいですね。
どんな結果になるやら・・・心配ですけど、いろいろな手で未勝利脱出を模索して欲しいところ。

頑張れ!スリジェ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月24日 (日)

6億円

ついに出ました。。。6億円。僕は買っていませんので、6億円も手にしていません。繰越金が8億以上あったことは事前に知っていましたが、買いませんでしたね。。。今回1回の売り上げも10億8599万3400円の売り上げがあったらしいですね。
1回の売り上げが14億円を超えると1等が一口出る計算になるのだとか・・・。
totoBIGも徐々に知名度を上げてきていて、1等の出る間隔も短くなってきています。これからは毎回買おうかな?ロト6も引退したことですし。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月23日 (土)

ウェルシュまた殿負け

今日のレースでクオンは3着。権利を獲得したので“良し”としましょう。。。しかし、以前の切れ味が無く心配ですね。善戦はできるけど勝ちきるまではどうか・・・と言った感じに見えました。
次走は芝に戻る気がするので、そこで勝負ですね。

だいぶ古の話に戻りますが、今日は先週のローレルウェルシュのレースを振り返ろうと思います。

ローレルウェルシュ
16日(土)阪神8R 3歳上500万下 D1200㍍・16頭立7枠14番に野元昭嘉57.0㌔で出走。
パドック解説時は13.6倍ということで、結構人気がありましたね。それ以上に驚いたのは『太め残りでプラス20㌔も想定内ですから』と、先週のレクチャーで言われていたのに-2㌔の492㌔で出走していること。。。絞れてきての出走は嬉しいのですが、『調教師の話と実際がこれだけズレていて、良いのか?』と思いました。心配です。
今日のパドック解説は競馬ファンの竹中昇さんでした。ウェルシュについてのコメントは『状態そのものは思ったよりも仕上がったなという気はしますね。』と言ったもの。それほど悪い評判では無いような気はしますが、僕が見た感じでは歩様は滑らかになっているものの下を向き加減で元気が無いように見えました。ヤル気が覗えないと言うか・・・。竹中さんのパドック推奨馬は②トーホウカウンター(2番人気)④クレバージェフリー(3番人気)⑤スズカアゼリア(10番人気)⑪テイエムカゲムシャ(1番人気)の4頭でした。
ウェルシュは得意の外枠から逃げに拘って先手を取りたいところ。

本馬場入場時は、多少ヤル気が出てきたのか、顔を上げて走っていましたね。何とか良いところを見せて欲しいところです。

スタートです。発馬はマズマズも得意の二の脚が炸裂せず、内枠の③ナリタファントム⑨デンコウグラス⑩メイショウヒミコ①ピエナマーメード⑪テイエムカゲムシャら5頭についていけず、6番手から。スタートから300㍍を超えたところで①ピエナマーメードと③ナリタファントムを捕らえたものの、ちょっと強引な感じがして、外を回されていたのでちょっと不安でした。(相変わらず前3頭には追いつけないし・・・)
残り800㍍の地点で、1度差した①ピエナマーメードと③ナリタファントムに再び差し返され、ウェルシュが突然ペースダウン。。。ヤル気が萎えたのか?それとも故障か??非常に心配ですが、とにかくアクシデントが発生したことはわかりました。
3コーナー入り口から徐々に後退。直線入り口では最下位の位置まで後退していました。
激しく競り合う先頭集団とは別次元で、画面に一度も登場すること無く、恐らく歩くようにしてゴールしたウェルシュ。。。上がり3Fの時計が41.6ですからね。。。遅過ぎです。
ウェルシュの走破タイムは1分16秒5で、先頭との差は4.3秒の16着。まさかタイムオーバーです。

野元騎手のコメント『外枠だったこともあるし、前が速いのはわかっていたので無理はしませんでしたが、3コーナー過ぎから喉がゴロゴロ鳴りだして馬が苦しがっていま
した。ただ前回の休み明けもこんな感じでしたから、これで次は変わってくるでしょう』

梅内調教師のコメント『調教では動くのに何でやろ?こんな馬ではないはずなのにな。タイムオーバーになってしまったけど、どうせ小倉の適鞍までは間があるし、獣医と相談して、暑さ負けがないようならトレセンで調整をして行こう』

喉が鳴ってしまったようですね。以前、TOを喰らったときは舌が喉に詰まったということもありました。本当にアクシデントの多い馬です。今回の喉が鳴ったことはちょっと心配ですね。今回だけの『たまたま』であればいいのですが、慢性的な症状になってしまうと、手術だとか、喉を気にしながらのレースになってしまいますからね。。。水曜日のメルサで、獣医にも見てもらって『異常なし』の診断をもらったようですので一安心ですが、得意の小倉D1000㍍に向けて、小松温泉牧場へ放牧に出ましたね。これから小松温泉牧場へ毎回行ってしまうのかな?イクタさんへ出して欲しいんですけどね。。。

次は、人気も落とすことでしょう。馬券でもしっかり取り返したいです。しっかりと調整してもらって頑張ってもらいたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月22日 (金)

クオンD1800に挑戦

先週はほとんどブログを更新しませんでしたが、昨日に続いて2日連続のブログ更新となります。
クオンは先週の阪神芝1800㍍を除外になり今週に回ってきました。しかも、ダート1800㍍へ登場です。。。昨年の夏の時点ではローレルアクシスとクオンが同じ条件で走るなんて思ってもいませんでした。今回はローレルアクシスとは直接戦わないものの、アクシスと一緒に走った相手と戦ったりします。。。
今日も“1馬”で愛馬の前評判を確認したいと思います。

クオン
23日(土)阪神3R 3歳未勝利(父)D1800㍍6枠6番【11:10発馬】
渡辺薫彦56.0㌔
 印…〔△◎△△△△〕
TM…〔▲▲注注△◎△…〕
連下に少し
大橋師『変わらず順調。ダートで詰めの甘さを補えれば』
調教より △…調教駆けせず終いは一杯だが順調 気配8 動き7
予想オッズ7.3倍(4番人気)

netkeiba予想…本紙○ PC予想△

・・・前走の中京では渋った馬場と直線が短い中京コースに加えて、先行馬が残るレース展開で自慢の末脚が爆発せず、8着に終わりました。
今回は、脚質が合いそうな阪神競馬場です。。。しかし・・・ダート1800㍍。またまた、新しい条件への挑戦です。芝短距離⇒ダート短距離⇒芝中距離と来て、ダート中距離への挑戦。。。条件変更直後は2回とも2着に来ています。ダートは阪神で2戦していますが、2着⇒4着ということで好成績を残しています。相性のいいコースと言うことです(笑)
雨は上がりそうですが、湿った馬場になりそうです。この馬場がクオンにどう影響するか・・・。
(トロットスター×ファーストステップ)ということで、どの条件になっても『走ってくれるんじゃないか?』と期待を持たせてくれます。この条件は『もしかしたら・・・』なんて期待も個人的には持っています。
父内国産限定戦ということで、頭数も10頭と捌きやすいお手頃頭数ですし、相手もそこそこ弱化している気がします。
ライバルとなりそうな相手を挙げると。。。
⑧ウインスペンサー(父マンハッタンカフェ)・・・1番人気になりそうです。クオンの前走の中京で芝1800㍍で3着(クオンは8着)で走っている馬です。前走も2着に入っており、安定度は抜群。でも、芝での成績であり今回は初ダート。“今回も善戦どまり”を期待したいところ。。。
⑩オースミステータス(父ナリタトップロード)・・・アクシスが勝ったレースの3着馬です。予想では3番人気になっていましたが、鞍上強化。適距離で要注意です。
④メイショウグンシ(父メイショウオウドウ)・・・3走前にクオンがやっつけている相手ですので問題ないでしょう。2番人気になりそう。。。
こんなところでしょうか?
渡辺騎手も乗ってくれることですし、トロットスター産駒キラキラジェリーも勝ちました。もう1頭のトロットスター産駒JRA所属馬コマノスターもデビューが近いでしょうから、クオンにはここらでビシッと決めてもらいたいところです。

勝てると思うんですけどね。。。前を行くウインスペンサーをマークして、直線で差し切りましょう!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月21日 (木)

スリジェ頑張れ!!

1週間前のことになりますが、スリジェが阪神競馬場で出走しました。。。
一応そのときの愛馬の前評判をダイジェストでここに記したいと思います。(1馬より・・・今回は立ち読みです)

スリジェ
17日(日)阪神2R 3歳未勝利 D1200㍍・16頭立1枠1番 【10:40発馬】
佐久間寛志54.0㌔

 印…〔………………〕
TM…〔……………………〕

調教より △ 気配7 動き7

netkeiba予想…本紙… PC予想…

・・・予想通りの不人気でした。最終オッズも249.7倍の13番人気。さすがに買える要素が無かったです。そんな理由で、今回は1馬を買うことも躊躇しました(忙しかったということと気持ちが参っていたこともあったのですが・・・)
前走で“逃げ”を提唱していた佐久間騎手が跨ってくれるので、『どこまで逃げてくれるのか?』楽しみです。しかし、ユニオン所属馬⑥プラグマティック(2.2倍の1番人気)を含め、相手が結構揃いましたね。優勝は厳しいところでも頑張って一桁順位に載せて欲しいと思いました。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月19日 (火)

心が折れてます。。。

最近心が折れてます。。。

ブログの更新もなかなか意欲が湧きません。

それどころか、スリジェのレースも見ていないんですよねぇ。。。

気持ちが戻ったら、また書こうと思います。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月15日 (金)

ウェルシュ復帰戦

最近は、ちょっと忙しくて時間も無く、ブログ更新から遠ざかってしまい、申し訳ございません。
アクシスのレース後のレクチャーについて書こうと思っていたのですが、アッという間に週末になってしまい、愛馬もレースに出走するということでローレルウェルシュの前評判を先に書かせていただきます。

ローレルウェルシュ
16日(土)阪神8R 3歳上500万下 D1200㍍・16頭立7枠14番 【14:00発馬】
野元昭嘉57.0㌔
 印…〔△……△△△〕
TM…〔…………△…△注〕
【情報注目馬】
藤原助手『休養前より動きがいい 先手さえ取れば勝ち負けだよ』
【作戦】逃げを主張
【状態】仕上がり良好
【ポイント】1200㍍は克服可能と関係者阪神の坂をこなせば一発
調教より △…徐々に時計を詰め気配は上向く 気配8 動き7
予想オッズ26.8倍(9人気)

netkeiba予想…本紙… PC予想…

・・・結構不人気ですね。。。有難いことです。外枠に入れたことは良かったです。これなら外から被されずに行けそうですね。(大外にいる⑯ウォーターネバダも“逃げ”ですけど・・・)外から被されなければ走る気を無くすこともないでしょう!
しかし・・・同型馬が多いですね。ハナを切りたそうな馬が5~6頭。。。ウェルシュはゲートはまずまずですが二の脚が速いですからそこが勝負ですね。ハナを切りたい馬の中には一番人気が予想される⑪テイエムカゲムシャも居ますね。テンのスピードでは勝てそうな気もしますが、競られてウェルシュがムキになると・・・最後の坂でバテそうな気も・・・。この、最後の坂と200㍍の距離延長がウェルシュにとってどう影響してくるのか?未勝利戦を勝った時に野元騎手が『返し馬ではゴトゴトしていましたが、キャンターに入ったら気になりませんでした。レースは、スタートから追っ付け通しで楽ではなかったし、手前の替え方もぎこちなかったですね。最後もあまり余力はなかったですが、ジリジリと伸びてくれました。1000mは忙しい気がするので、1200m位がよさそうだし、上でも通用する力は持ってますよ』とおっしゃっていましたので1200㍍がビシッとはまるかも・・・ですね。
相手は、⑪テイエムカゲムシャ④クレバージェフリー⑦キクノグローリー②トーホウカウンターかな?それほど強いとも思えないけどね。。。

今週の追い切りは
13日・栗坂良1本・単走・野元・4F52.4-38.3-25.4-13.1(強目)
梅内調教師のコメント『行き出しから掛かり気味で、最後は止まってしまった。まだ太目残りだけど、休み明けを感じさせない気合い乗りだよ』
ということで、体重と息遣いが心配ですね。プラス20㌔で出てくるかもしれないよ・・・なんて、先週言われましたし。。。
明日は馬券で勝負するつもりです。仮に明日負けても、次走では確実に勝ってくれることでしょう。復帰初戦から勝負です!!
以上!ローレルウェルシュの前評判でした!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月13日 (水)

スイマセン・・・

スイマセン・・・今日は長々と書ける状況に無いので、今日に書こうと思ったことは明日に回します。

ローレルアクシスが湖南牧場へ放牧。。。

パシスタがスピリットファームに放牧。。。

スリジェが想定次第で今週末に出走か?

クオンは除外の可能性を残すものの日曜日の阪神芝1800㍍戦へ出走の意思を持っているようです。想定は25頭でした。

ローレルウェルシュが土曜阪神8Rダート1200㍍戦へ出走のようです。

今日の段階で動きがあったのはこの4頭でしょうか?クオンもウェルシュも優勝を狙えると思っていますので、頑張って欲しいところ。期待していますよ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月12日 (火)

ローレルアクシス4着。

パシスタのレースをが終わると、ローレルアクシスの口取り受付のために集合場所へと移動しました。
今日は口取り希望者が多かったですね。10名ということで、抽選にならない最大人数となってしまいました。とりあえず、現地抽選は回避することができたので安心しました。
そこで、以前の一昨年前のオータムツアーから仲良くさせていただいている会員の方から、僕が現地応援に行けなかったときの写真や応援馬券をいただきました。。。前回に会ったときもいただいたのですが、本当に嬉しかったです。そして、『僕もこういうことがさり気なくできる大人に成らなければいけないな・・・』と思いました。

ローレルアクシス
10日(日)中京9R インディアトロフィー
3歳500万下(混)D1700m・4枠8番 池添謙一56.0㌔
7Rまではパドックと本馬場を行ったり来たりしていましたが、8Rは本馬場には行かず9Rのパドックに備え、その場に待機していました。
既に買い終えた馬券には“インディアトロフィー”の文字が・・・『アクシスが特別競争に出走するんだな・・・』と、徐々に実感が湧いてきました。
8Rが終わる直前に9Rに出走する各馬が入場してきました。ローレルアクシスは2人曳き。マイナス6㌔を心配しましたが、毛艶も良く心配なさそうでした。ゼッケンの色は初めて“黒”になりました。今までは白しか身にまとった事がないので、僕としては嬉しかったですね。
毛艶も良く馬体も大きく見えたので、体調は良いのだろう・・・と思いました。でも、馬を曳く厩務員さんをグイグイ引っ張って行くほどの気合は今回に限っては見えなかったように思います。歩様もスムーズであり、踏み込みも深かったですから『これなら何とかなるだろう・・・』と期待が膨らみました。
午前中に降っていた雨も上がりかなりキツい日差しが中京競馬場に差し込んできていたので、気温も湿度も高い状態になってきました。アクシスも周回するごとに暑さを感じてきたのか、口をパクつかせ口の周りに泡を吹き、時折よだれを垂らしたりしていました。まぁ、アクシスだけがよだれを垂らしていたわけではないので、それほど心配する要素ではなかったのかもしれませんが、一応その辺がマイナス要素だったかな?
グリーンチャンネル解説の競馬ニホンの木本英次さんは『(⑦ローランバーグと同様)これも、ドシッとした感じもしますし、気配はいいですね』と褒めていただきました。木本さんのパドック推奨馬にも挙がるかな?と期待したのですが、⑯ロリンザーユーザー(1番人気)⑭ウインプレミアム(3番人気)⑤ウッドウインド(7番人気)の3頭が挙げられ⑧ローレルアクシスの名前はありませんでしたね。
『停ま~れ~』の声で馬が止まり、アクシスの上に池添騎手が跨るときがきました。騎手がパドックの中心に集合して自分が騎乗する馬のところへ解散するのですが、池添騎手の移動の遅いこと・・・『おいおい・・・』と思うほどでした。これが部活中の移動だったら、池添騎手は怒られていますよ(笑)
池添騎手が跨ったあとのアクシスは小脚を使って周回。レースが近付いてきていることを察知していましたね。このレースについてはアクシスに集中し過ぎて⑯ロリンザーユーザーや⑭ウインプレミアムを見ていませんでしたね。とりあえず、アクシスは調子が良さそうということで、勝負になることを確信しました。
この頃のオッズは5番人気で10倍を行ったり来たり。僕が予想していたよりもオッズが高かったので『美味しいなぁ~』と思っていました。

本馬場入場でも、ドッシリと落ち着いた感じで常歩で入場。そのあと返し馬に入るワケですが、なかなかスムーズ。仕上げには文句は無い感じですかね。。。

スタートのファンファーレは中京・小倉の特別競争のもので、実は僕が一番好きなファンファーレなんですね。(何か勇ましい気持ちになるというか、大学のときに一番聴き馴染みのあるファンファーレだったからなのかな?)
好みのファンファーレに誘導され“枠入り”が進みます。
スタートです。
⑧ローレルアクシスは五分以上のスタートを切り、最初の100㍍~150㍍は先頭にも踊り出るかのような位置取りでした。そこから⑤ウッドウインドと⑨ピンクバンサーがローレルアクシスを挟み込むように進出。アクシスは無理をせず待機することになりました。内ラチ沿いの中団(10番手)に位置しました。ここで砂を被るのを嫌がって頭を上げて走っていました。1コーナーに入るときにはハミを取って、グッと前傾姿勢に戻りました。
先頭はアクシスを挟み込みながら進出した⑤ウッドウインドと⑨ピンクバンサーの2頭。この2頭に挟まれずに前に付けられたら結果も変わってきたような気もしました。先団2頭に続いたのは⑭ウインプレミアム⑯ロリンザーユーザー④ゼンノモナルカら結果的に上位になった各馬が追走。内ラチ沿いを進んだアクシスの前には壁ができていました。向正面でもその位置取りは変わらないものの馬2頭分ほど外に持ち出しました。
3コーナーから4コーナーにかけて、⑧ローレルアクシスが前との差を詰めようと壁になっている各馬を捌きにかかりますが、前を行く⑭ウインプレミアムや⑯ロリンザーユーザー④ゼンノモナルカは楽々と思い通りのコースを選択していました。アクシスは前に出るためにコーナーでやや外を走らされたため、先行馬との距離は逆に開いてしまいました。。。
直線では前が止まりません。アクシスは直線に入って50㍍くらいしたところで、やっと伸びてきました。⑤ウッドウインド⑨ピンクバンサー①ディアーウィッシュ②アドマイヤコロナの4頭を交わし、猛然と追走する③マルブツセンターに交わされそうになりながらも粘りこみ、ゴールへ。。。もうちょっとで、⑯ロリンザーユーザーと④ゼンノモナルカを交わせそうなところまで行ったのですが、4着でフィニッシュ。。。残念ながら馬券で儲けることはできませんでした(涙)
上位に来たのは⑯ロリンザーユーザーを除いて、1400㍍戦で良績のある⑭ウインプレミアムと④ゼンノモナルカでした。先行馬有利のレースでもあったと思いますが、中京は小回りで短距離適性の馬でも誤魔化しが効いてしまう競馬場なんだなぁ・・・と改めて思いました。もちろんこの2頭の力がかなりあることは間違いないのですけど。。。このメンバーで阪神競馬場や 新潟競馬場でやったのならまた結果が違っていたでしょう(負け惜しみにしか聞こえないと思いますけど)
勝ち時計は1分44秒4。。。ローレルアクシスは0.9秒差の1分45秒3でした。このアクシスの時計も7Rの古馬500万下条件に入れば、
①エイシンハンコック 1分46秒5
を大きく上回る時計でした。。。
ということで、このレースのレベルの高さを感じます。
ローレルアクシスの上がり3Fの時計は38.2秒で猛追した5着馬③マルブツセンター(37.4)、勝ち馬⑭ウインプレミアム(37.8)に次いで3番目の時計でした。しっかりと最後をまとめてくれるアクシスはやっぱり大崩は無いですね。。。

このあと、口取りとはならず。。。レース後のレクチャーに向かいました。
池添騎手からのコメントはクラブからの発表の通りでした。
池添騎手のコメント『最初は砂を嫌がって首を上げていましたが、気合いを入れたらハミを取って集中してくれました。道中は良い感じで進められましたけど、時計が速かったこともあってジリジリとしか伸びてくれなかったです。でも、以前より力を付けてますし、今日のような競馬ができればチャンスはくるでしょう』
池添騎手のコメントの通りですが、砂を被るのを嫌がりましたね。。。珍しい。それにしてもレベルの高い1戦となりましたので、次戦に期待が高まりますね。
鶴留先生からのコメントは・・・取れなかったようです。。。鶴留先生は自分が納得のいく結果だとコメントしてくれるのですが、納得のいかない結果に終わると“悔しくて”コメントできないような感じですね。。。
出資者からすると鶴留先生からのコメントも聞きたいですけど“悔しくてコメントできない鶴留先生”も結構好きです。
鶴留先生からコメントが取れなかったということで、この時点では『放牧に出るか続戦するかは水曜日のメルサ間で待ってください・・・』とのことでした。
アクシスは常温でも比較的体温が高目だということで、何かの拍子に体温が高くなり調教を休むこともありますが、基本的にはタフな馬で使われ続けながら状態は良くなってきているということで“放牧に出す理由が無いといえば無い”と言った意見も聞こえました。
同厩のスリジェについては『厳しい状態』と前置きしながらも、来週の阪神で出てくるのでは?と言うことでした。
それ以上に注目していたのはローレルウェルシュでした。この日の中京競馬場には梅内先生も来ていたので、クラブスタッフさんに『梅内先生からウェルシュ情報は何かありませんでしたか?』と、聞いたところ、
『かなり太め残りみたいですよ・・・プラス20㌔でも想定の範囲内と言うことでお願いします。。。調教はしっかり積んでいますし、調子はいいと思うので、心配しないでください。。。ただ、息が持つかどうか・・・』と言うことでした。

さて。。。アクシスは負けてしまいましたが楽しい競馬場での1日でした。。。今週負け多分は来週のウェルシュ馬券で取り返そう。。。そう思って家に帰りました。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月11日 (月)

パシスタ中京で9着

昨日の中京競馬場が僕にとって本当に良いリフレッシュになったようで、今日も気分よく仕事に行けました。
まずは、パシスタのレースを振り返ろうと思います。

パシスタ
10日(日)中京4R 4歳未勝利 障2800㍍・8枠12番 沢昭典60.0㌔
昨日も書きましたが、僕が中京競馬場のパドックに到着したのは4Rの『停ま~れ~』の声がかかった時でした。ということで、沢騎手が跨っていない状態のパシスタの写真はありません。
488㌔で前走よりも8㌔減って登場してきたパシスタですが、体重以上に小さく見えました。胴長で雄大な馬体のパシスタだと思っていたのですが、なんか小さく見えましたね。栗毛の美しい馬ではありましたが・・・。歩様はスムーズでしたが、ボーっとしながら歩いていましたね。。。緊張感が無いというか、レースだということを意識していないというか。。。
この頃のオッズは40倍くらい。。。もっと人気が無いと思っていたのですが、予想以上に売れていましたね。
家に帰ってグリーンチャンネルのパドック解説を確認しました。今日のパドック解説は中日スポーツ本紙担当の草野武志さんでした。『ちょっと、集中力を欠いてる感じがします』という短い言葉で片付けられてしまいました。中日スポーツを愛読していて、草野さんにはある理由があって親近感を持っているのですがこの短いコメントにはちょっとがっかりしました。。。草野さんのパドック推奨馬は⑪ハッピートゥモロー(1番人気)④シルバーガル(4番人気)⑥ピクシーストーン(2番人気)⑩マーベラスチーフ(9番人気)の4頭でした。
・・・そうそう、パシスタはパドック周回中も口をパクパクやっていて、かなり泡を吹いていましたね。やっぱり心配です。

本場馬入常時は軽やかに返し馬に入っていきました。最終障害の前に停まってパシスタに障害を見せていました。
低調なメンバー構成だったとはいえ、パシスタも強気になれる材料が無いので、単勝馬券と複勝馬券をそれぞれ2枚購入しました。

いよいよスタートの時間が近付いてまいりました。スタート地点は1コーナー入り口(メインスタンド側)でした。輪乗りをしているパシスタの写真を撮りに1コーナーのところへ走っていきました。レース前のパシスタを写真に取ることができましたよ。
ファンファーレがなる前に奇数番の枠入りが始まりました。ファンファーレが鳴っている最中にパシスタもゲートに収まりました。

スタートです。
ゲートから飛び出すパシスタの写真を撮ろうとスタンバっていたのですが、⑫パシスタの外に居た⑬テイエムヒットベの方がスタートが良かったので、パシスタが隠れてしまい良い写真が撮れませんでした。
スタートは五分でありながら二の脚でやや後退し、『これは後ろを着いていくだけのレースで終わるかなぁ~』なんて思ったのも束の間、今日はグイグイ前に働きかけ第一障害手前では一瞬だけ先頭に立ちました。
第一障害手前でパシスタはスローダウン。。。飛越を終えた直後は既に4頭に抜かれ5番手に後退。最初のカーブ(4コーナーを逆に走行)では無駄に外に広がってしまったために7~8番手に後退してしまいました。。。
ここまで下がってしまうとグリーンチャンネル中継では愛馬の姿を画面で見ることもできなくなってしまうワケですが、今日は現地にて生で観戦していますので、大分遅れたパシスタの姿もしっかりと肉眼で追い続けることができました。
パシスタですが思っていたよりも障害の飛越が下手ですね。障害の飛越で差を詰めることもできませんし、平地の脚があって脚力で差を縮めるタイプでもないだけに、かなり厳しい状態になってしまった気がします。
後で聞いた話ですが、飛びが大きい馬(僕が見ても確かにパシスタはストライドが大きかったです)なので、表面の滑る不良の芝はパシスタに合わないようですね。
コーナーでは常に外を回って、無駄の多い走りをしていました。もしかすると中京の小回りコースより新潟や東京など広いコースの方がいいのかもしれませんね。。。
レース中は生涯を飛越する毎に先頭との距離が広がっていく・・・直線でもバテた感じはありませんでしたが、差を縮めるほどのスピードも無く、9番手でゴール板を通過。。。

タイムは3分13秒1。勝ち馬とは3.8秒も離されてしまいました。
残念なことになかなか力を発揮することができないで居ます。なんか3分以上の長いレースを集中し続けて、頑張ることができないのかな?なんてちょっと心配になったりしますね。

沢騎手のコメント『跳びが大きいので、こういう馬場状態になってしまうと厳しいですね。何とか上位を狙っていったんですが、思うように動けませんでした』

ユニオンは負けてしまうとレース後のレクチャもないし、集合もしないんですよね。。。この日は僕以外にパシスタの口取りを希望していた、もう一人のパシスタ出資者の会員さんと『会えそう』だったのに本当に残念です。
ユニオンさん。もしこのブログに来ていただけているのならば、敗戦後もレクチャーや集合などなにかやって欲しいですね。これによって僕たち会員同士もコミュニケーションが取れるでしょうし、いろいろと楽しめることも多いと思うので、今後は何とか検討していただきたいと思います。

明日は、我がファミリーのエース格であるローレルアクシスのレースを振り返ります。お楽しみに!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月10日 (日)

中京競馬場に行ってきました

今日は予定通り中京競馬場に行ってまいりました。
パシスタとローレルアクシスのパドック&レースの話は後日詳しくさせていただきます。。。
今日は9時からお仕事がありまして、職場へ・・・。
浜松の家を出発したのは10:00丁度でした。11:40に出走するパシスタのパドックに間に合うためには、11:00頃には着きたいところ。。。
しかし、高速道路が整備され、我が家からでも1時間程度で中京競馬場に着いちゃうんですね。本当に有難いことです。。。
朝からもの凄い雨に降られ、中京競馬場に向かう道中も雨が酷かったので、競馬場で愛馬の姿を無事に見られるかどうか心配だったのですが、岡崎の辺りから雨も止み雲の切れ間から青空も見えたりしました。本当に運が良かったです。
中京競馬場に到着したのは11:15。息子と妻を置いて、ダッシュでパドックに駆けつけました。
何とかパシスタの出走する4Rのパドックにギリギリ間に合いました。パドックに着いたと同時に『停ま~れ~』の声がかかりました。
パシスタに沢騎手が跨るところを見ることができたので良かったです。
愛馬の障害レースを初めて生で見たワケですが、なかなか楽しかったです。障害レースについては『テレビではなく生に限る!』と本当に思いましたね。

パシスタのレースを見終えて、ローレルアクシスの口取り受付のため集合場所へ。。。今回の口取り希望者は10名。大勢の出資者の方が今日のアクシスに期待をしていることが分かりました。

それからすぐに昼食を調達しにフードコートの吉野家へ。今日は中京最終日であり、GⅡのCBC賞があったわけですが朝からの天候不良でお客さんの出足が鈍っていたのか・・・空いていました。牛丼も直ぐに買うことができ、ストレスも溜まりませんでした(喜)

午後は6Rの⑨イセノオーで儲けさせていただきました。⑨イセノオーが3着に粘り込めたレースです。このレースにアクシスが出ていたら勝てたのではないか?・・・このレースを見ていたときに本当に思いました。でも、アクシスも9Rの特別戦で勝つもんねぇ~と思っていましたから。。。

9Rのパドックではアクシスを密着マーク。かなりの量の写真を撮ることができました。-6㌔での出走となったワケですが、雰囲気も良かったですし、歩様もスムーズ。疲れがあるようには見えませんでした。これなら勝てるかも・・・なんて本気で思いましたから。。。

アクシスは馬券圏内に一歩及ばず4着。馬券では儲ける事ができませんでしたが、かなり楽しめた一日でした。(3ヶ月振りの競馬場でしたし。。。)
レース後のレクチャーでも他の会員さんともいろいろ話せましたし、アクシスの話からスリジェの話、来週出走予定のウェルシュの話まで。。。
来週のウェルシュは順調であれば予定通り出走してくるみたいですが、『太め残り』とのこと。『プラス20㌔でも驚かないように・・・想定の範囲内ということで、理解してください(笑)』なんて言われちゃいました。。。
『調教はしっかり動いているし、能力的には上位であることは間違いないのですが、レースに出て息が持つかどうか・・・そして、気分良く走らせてもらえるか(この仔の場合そこが一番大事なんですけど)が心配ですね。でも、この状態で勝ったりしたら、今後にかなり期待できるんじゃないですか』と締め括ってくださいました。
個人的には、ウェルシュは来週は絶対勝つと思っていますので、今後にかなり期待したいと思いました。

アクシスについては・・・クラブの方が検量室で鶴留先生と話ができなかったようで、放牧か続戦かは水曜日以降のコメントで・・・ということでした。
『疲れが心配』とか『成長のために休養を・・・』という声が多いですが、僕は続戦希望ですかね。アクシスは今日も良かったと思いますし、使われながら成長し続けていると思います。今までのような中1週のローテーションはちょっとキツイですが、ちょっと息を入れて(短期放牧もアリなのかもしれませんけど・・・)、阪神の最終週くらいに一回使ってもらうか、夏の新潟で使って欲しいと思いました。
もちろん、アクシスに怪我をされたりしたら困っちゃいますが、このまま行ける気がするんですけど、皆さんはどうお考えですか?

いろいろ書きましたが、本当に楽しい一日でした。雨がパリッと止んでくれたことに感謝かな?明日からまた仕事を頑張る気になりました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 9日 (土)

パシスタ・アクシスが出走

今日は飲み会があって、更新がかなり遅くなりました。日曜日は久々のお休みということで、中京競馬場に行ってきます。4Rにパシスタ。9Rインディアトロフィーにローレルアクシスが出走します。僕の中では2頭とも“有力”扱いですが、一般的な評価はどうなんでしょう?

パシスタ
10日(日)中京4R 4歳未勝利 障2800㍍・8枠12番 【11:40発馬】
沢昭典60.0㌔
 印…〔………………〕
TM…〔……………………〕
買えない
天間師『関西の速い流れに対応できるかどうか・・・。稽古の動きは悪くないが、勝ち負けとなるとまだ厳しいと思うよ』
調教より △…鋭さに欠ける動きで大きな変わり身は? 気配7 動き7
予想オッズ53.2倍(最低人気)
10日早朝のオッズ91.4倍(12番人気)

netkeiba予想…本紙△ PC予想…

・・・予想通り、競馬専門紙には印がありませんでした。驚いたのはnetkeibaの本紙予想に△がついていたことです。調教は以前に比べて良くなってきたので、楽しみもないワケではないのですが、勝ち負けまでは・・・冷静に見ても難しいところです。でも、平地で実績のある⑪ハッピートゥモロー、④シルバーガル、⑥ピクシーストーン、⑨オジャマシマスの4頭以外はかなり低調なメンバーです。何とか掲示板最後の席を確保して欲しいところ。そして、人気の実績上位馬の一角を崩して3着以内に滑り込んで欲しいところです。
競馬場で愛馬の障害レースを初めて見ることになります。3分以上の長丁場を楽しみにしたいと思います。

ローレルアクシス
10日(日)中京9R インディアトロフィー
3歳500万下(混)D1700m・4枠8番 【14:35発馬】
池添謙一56.0㌔
 印…〔▲△△△…△〕
TM…〔△……△△△△▲〕
好走期待
鶴留師『メドは立ったね。目に見えない疲れさえなければ』
【作戦】待機策
【状態】至って順調
【ポイント】前走の終いの伸びは見処十分。ハマれば再度浮上も
調教より ○…馬体のハリ上々で動きも力強い 気配8 動き8
予想オッズ18.0倍(8番人気)
10日早朝のオッズ11.6倍(6番人気)

netkeiba予想…本紙△ PC予想○

・・・グリーンチャンネルの“明日のレース分析”でも、対抗に推されていました。“1馬”の予想オッズ、実際のオッズはかなり高いですね。。。普通に戦えば6着や8着は無いと思うんですけどね。
1番人気が予想されるのは⑯ロリンザーユーザーですが、先行策を得意とする馬なのに大外枠を引いてしまいました。1コーナーまでが短い中京競馬場ではちょっとマイナスになることでしょう。そして、この⑯ロリンザーユーザーですがそれほどスタートが良い訳では無さそうです。勝つまでは・・・どうでしょうか?
注意したいのは⑥ツルマルキセキでしょうか?中京での成績が安定しています。鞍上も今年のダービージョッキですし、一発があるかもしれません。
あとの馬は・・・実績が短距離に集中していたり、500万下のレースでの実績が無かったり・・・アクシスの方が上でしょう!!
アクシスにとって8枠を引いたこと馬場が荒れることはかなりの好条件だと思います。(今週は何度も同じことを書いていますが)初めて経験する特別レースです。そのレースを現地にて生で見られることを本当に嬉しく思います。
勝って欲しいなぁ・・・。

ということで、興奮気味に文章を書いてしまいました。
中京へ応援に行かれる皆さん!よろしくお願いします!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 8日 (金)

ローレル愛馬情報6・8

気が付けば・・・我がファミリーの愛馬たちが元気です。
ユニオン愛馬はパシスタが今週出走ですし、クオンは来週の出走。。。
ローレルクラブ愛馬もそれぞれ、元気です。。。

ローレルアクシス(スペシャルウィーク×ダムドコンパニー)
10日(日)中京9R・インディアトロフィー・3歳500万下(混)D1700m・16頭立に池添謙一56.0kgで出走します。
・・・入厩してから一度も放牧されること無く、今週10戦目を戦うことになりました。タフな馬です。本当に頭が下がります。。。
ここを戦って休養になるのでしょう。相手も組み易そうですし、日曜日は道悪が予想されます。道悪は得意のアクシスですから運も味方してくれている感じです。ここは好勝負必死。何となく勝つような気がするので、バッチリ口取りの準備をして応援をしてこようと思います。

ローレルウェルシュ(テンビー×モガミヒメ)
6日・栗坂良1本・野元・4F52.6-38.6-25.4-12.9(馬ナリ)
(3歳未勝利・ラブイズメジャー・一杯の0.4秒先着)
梅内調教師のコメント『楽な手応えで追い駆けての先着と、良い稽古が出来たね。動き自体も徐々に良くなっているし、来週はそこそこ良い状態で予定出来るでしょう』
16日(土)阪神8R・3歳上500万下・D1200mに野元昭嘉で出走を予定しています。
・・・主戦の野元騎手が跨っての調教です。馬なりながら好タイムで坂路を駆け上がり、併せた相手に先着しました。レースも調教も一生懸命走る馬です。来週はかなり良い状態で出走できるのではないでしょうか?血統的に人気になりにくい馬ですから、馬券でもオイシイ予感がします。来週は『この馬で1勝!』かなり期待できます。(不安があるとしたら内枠に入り、スタート直後に被されたり馬体をぶつけられたりすること。。。走る気無くしちゃうからね。。。)

スリジェ(フサイチコンコルド×セクシーディナー)
この中間も変わりなく順調な調整を続けており、想定次第では今週の中京競馬・3歳未勝利戦に出走する可能性があります。
・・・今週の出走は叶いませんでしたが、来週の阪神で出走するのかな?なかなかいいところを見せてくれませんが、ここらで一変して欲しいところ。。。

マサカーネ(トワイニング×ナイスジュノー)
6日・栗CW良・助手・5F75.7-60.2-45.1-16.1(6分所・馬ナリ)
(2歳新馬・ベストルート・馬ナリの外0.1秒遅れ)
庄野調教師のコメント『下のコースで15-15を馬なりでした。変わりなく順調です。来週位から少しずつピッチを上げてみましょう』
・・・先週ハリーコマンド(セン7)でJRA初勝利を挙げた庄野先生。。。ハリーコマンドは障害レースでの初勝利。。。そして、鹿戸明厩舎からの移籍組ですので、マサカーネには庄野厩舎の平地初勝利と生え抜き初勝利を期待しましょう。。。調教の様子はまだまだ軽い負荷なので、感触はわかりませんね。来週以降の速い追い切りを見るか、調教パートナーであるベストルート(父キャプテンスティーヴ)のレースを見れば、何と無く感触が掴めるかな?とりあえず、順調で何より。。。期待していますよ。。。

ローレルアクア(ナリタトップロード×ローレルメロウ)
WM40分・ダク1400m・キャンター2100m。週に2回は3F14~15秒ペースの調教を順調に消化しています。
・・・残念なことに未だに火曜日のメルサで登場する3歳馬です(涙)
強い調教もこなせるようになってきましたし、評判も良さそうです。入厩後はそれほどゆっくりレースを選んでいられない立場になってしまいますが、広い馬場の新潟長距離戦でバッチリ決めてもらいたいところです。

クリオ(スクワートルスクワート×ペンカーレッグ)
この中間にWMでの軽目の運動に加えて、軽目の騎乗調教を再開しています。
・・・骨折した期待馬が徐々に復帰への道を歩んでいます。
先行力の生かせる北海道シリーズで復帰して欲しいところ。。。レースに使えるようになるのはいつ頃なのかな?

ローレルベルロード(ナリタトップロード×ベルガール)
WM40分・コースでダク1400m・キャンター1400m・坂路1本を順調に消化。馬体重は488kgです。
・・・こちらはゆっくり焦らず。。。ナリタトップロード産駒ですから、3歳デビューになっても問題ありません。菊花賞に間に合えばOKです。

よく考えると・・・今年は放牧先で愛馬と対面する回数が極端に少ないです。。。みんな、厩舎での生活が長いという証拠なのかな?
アクシス&ウェルシュで2週連続ローレルクラブ勝利を飾りたいところです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 7日 (木)

中京競馬場遠征決定!!

今週は日曜日に2頭の愛馬が出走となりました。
中京の出張馬房の抽選漏れ・・・そして、キャンセル待ち状態だったのですが、運良く出張馬房が獲得できたということで、日曜日の中京4Rに出走することができました。
そして、ローレルアクシスが抽選を乗り越え中京9Rインディアトロフィーに出走することとなりました。我がファミリーにとって初の特別レースへの出走となります。・・・そして、相手関係から見てもチャンスは大きいみたいです。

日曜日は朝にちょっと用事がありますが、パシスタの出走時間には中京競馬場に着くことができそうです。
明日、ローレルクラブ事務所とユニオン事務所に電話をして口取り希望の旨を伝えようと思います。

ウェルシュと口取り写真に納まった“思い出の地”中京競馬場で、再び口取り写真に納まりたいですね。。。午前と午後と2回できたら本当に最高ですけど。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月 6日 (水)

パシスタ&クオン情報6・6

今日はユニオン愛馬情報を。。。

クオン(トロットスター×ファーストステップ)
6/6 軽めの調整。順調に調整している。
大橋調教師のコメント『小回りの中京は合わないと思うので、来週の阪神まで待って、相手、頭数を見てレースを決める』
・・・トロットスター産駒初勝利の座をキラキラジュリー(地方・金沢所属)に奪われてしまいました。クオンにはトロットスター産駒の中央競馬初勝利と芝レース初勝利を決めてもらいましょう。今週の日曜日に中京に登場してくれれば応援に行けたのに・・・でも、僕から見ても阪神の方が合うと思いますので来週はクオンとローレルウェルシュの勝利に酔いしれたいですね。。。騎手は渡辺騎手でお願いしたいところ。

パシスタ(ダンスインザダーク×プレティッシモ)
6/6 北角⇒北障害(飛越確認)⇒北C 単走で5Fから 69.2-54.5-40.3-12.8(ブック)馬ナリ余力
沢騎手が騎乗し、障害飛越確認の後、追い切り。
テンはゆっくり入り、終いはしっかりと伸びていた。
中京(日)障害未勝利・混に出走予定。
想定の段階では優先順位が上位のため除外にはならない見込みだが、中京競馬場の出張馬房の抽選に漏れ、現在キャンセル待ちの状態であるため、投票できない可能性もある。
・・・パシスタの中京出走も見られると思っていたのに。。。残念です。多分ムリなんだろうなぁ。。。調教はかなり良くなっていますね。レースになってヤル気を出して頑張ってくれるかどうか。。。血統はいいのになぁ・・・。

ユニオン05のアムネリス(サウスヴィグラス×ロンシャンオペラ)への出資を最後まで検討したものの、断念!ユニオン06世代に興味の湧く馬が2頭ほど出てきたので、そちらを検討しようと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年6月 5日 (火)

ローレルアクシス3着(後編)

中京6Rがスタートしました。大外16番枠から互角以上のスタートを切るものの、1コーナーに向けて好位に着けようと各馬が殺到。。。実況では8番手に名前を呼ばれましたが、内側に馬が居たため、コーナーでは外を回される破目に。。。1コーナーの通過順位は12番手。先頭グループはクオンの育成パートナーだった④イセノオーが頑張って引っ張っていました。
向正面でも⑯ローレルアクシスはコースの外側を追走。順位に変動は無く12番手ではあるものの、先頭との差は僅かです。3コーナー手前でアクシスが外側を徐々に進出。順位を1つ2つ上げました。・・・ここも外側を回されるだけに、最後の直線で脚が無くなってしまうのではないかと、かなり心配しました。
中京の短い直線の入り口では先頭から10馬身ほど離されていたでしょうか・・・『さすがに追い込みきれないだろう・・・』と思いました。
一度、テレビカメラは先頭の⑥ドキュメントと⑧レゾリューションを捉え、また徐々に後方集団を映してくれたわけですが、アクシスは地味にじわりじわりと進出。アクシスの外から③ビードラスティックが次元の違う脚で追い込んできました。アクシスは③ビードラスティックに外から並ばれると、併せるように着いて行き、5~6頭を抜き去りました。
脚色が明らかに違った③ビードラスティックにはさすがに追い付けませんでしたが、一旦抜け出した⑧レゾリューションを追い詰めるも、1・1/4馬身差に詰め寄ったところでゴール。先行して粘る②マルヨカレッジや④イセノオー、猛追する①ナムラカゲトラらを抑えて3着でゴール。。。(やりました。馬券が当たりましたよ。)
勝った③ビードラスティック(1分45秒8)から0.2秒遅れて1分46秒0のタイムでゴール。上がり3Fは③ビードラスティック①ナムラカゲトラに次ぐ38秒0でした。
この日はダート1700㍍が4鞍もあり、出走頭数は合計で61頭も居ましたので比較してみようと思います。
1Rの牝馬限定戦のメンバーではアクシスに敵う馬(因みに先頭はラブリーコンサートでタイムは1分46秒9です)は居ません。上がり3Fのタイムでも圧倒しています。
9R御岳特別(4歳以上1000万下)に入ると8着。(優勝馬キーンゲイルは1分44秒9でゴール)上がり3Fのタイムは・・・驚くことに2番目に入っちゃうんですよね。
12R4歳以上1000万下に入ると5着(優勝馬キングトップガンは1分45秒6でゴール)。。。掲示板に入れるんですね。。。上がり3Fも4番目になります。
こう考えると、中京6Rはなかなかのハイレベルにあったように思えます。
馬場状態は違いますが、翌日の中京7R4歳以上500万下に出走していても、タイム的には圧勝だし、中京初日に行われた3歳500万下の勝ち馬ヒラボクオウショーの勝ちタイムは1分47秒7(良馬場)ですからね。アクシスが出てたら・・・勝ったと思うんだけど・・・どうでしょうか?

田村騎手のコメント『外枠でしたし、小回りコースで控える訳にもいかないので、外を走らされましたが、行きっぷりも良かったですし、終いも良いですね』

鶴留調教師のコメント『3キロ減が効いたな(笑)よく頑張った』

今週はインディアトロフィーに登録。。。まひろファミリー初の特別登録になりました。(嬉しくてギャロップ買っちゃいました)
持ち時計は1位です。ナムラカゲトラも登録していますが、この馬が怖いです。。。ナムラカゲトラが除外になることを願います。。。もちろんアクシスが出走できることが1番大切ですけど。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 4日 (月)

ローレルアクシス3着(前編)

6月に入って初めての投稿になります。しかも、アクシスの前走から10日近くが経ってしまいましたが。今日は26日土曜日に中京で走ったローレルアクシスのレースを振り返ります。
アクシスは前日の新聞予想でもかなりの低評価が予想されていました。騎手には不安があるもののダート実績から見て、人気上位の馬とそれほど差が無いだろうと考え、ここも馬券で勝負。『単勝』と『複勝』そして、アクシス1着固定の『馬単総流し』とアクシスからの『ワイド総流し』で応援することにしました。クオンもスリジェも馬券圏内に入ってこなかったので、かなり辛い状態でしたが、応援に熱も入ります。(実は半分諦めもありましたけど。。。)

ローレルアクシス
26日(土)中京6R 3歳500万下 D1700㍍8枠16番に▲田村太雅53.0㌔で出走。
相変わらず元気だということで、期待の半面、中1週で使って大丈夫だろうか?という不安もありました。
未勝利戦を勝った2週前より4㌔増の494㌔での出走。・・・しかし、本当にタフな馬だと感心させられます。レースでも力を出し惜しみして手を抜くワケでもないのに調子を維持し続けるのは本当に素晴らしいと思います。パドック解説時には40.3倍。予想通りの不人気でした。馬体の方は心配要らないような感じですし、2人の厩務員さんをグイグイ引っ張っていくような感じで、走ることに前向きな雰囲気に好感が持てました。『なんかやってくれそう・・・』そんな気持ちにもなってきました。
このレースのパドック解説は『ホースニュース』の荒川大希さんです。アナウンサーは石黒志伸さんでした。『気合とかは悪くないですね。体がもう少しふっくらして欲しい気はしますけど、この馬なりに順調ですね。』ということで、人気が無いわりには褒めてくれましたね。因みにユニオン所属の『レゾリューション』はバッチリ褒められていました。もう1頭気になった馬・・・イセノオー(三重大静牧場でクオンと一緒に調教されていた馬)も不人気だったのですが、ちょこっと褒められていました。

パドック推奨馬に挙がったのは⑤トップオブハワイキ(4番人気)⑧レゾリューション(3番人気)③ビードラスティック(1番人気)⑬ナムラマハラジャ(8番人気)⑭ニシオハンセル(9番人気)の5頭でした。1番人気の③ビードラスティックはしっかりと押さえましたが、結構、穴馬を挙げていました。難解なレースといえるのではないでしょうか?多分、アクシスもそんなに低い評価ではないでしょうし・・・。
再びパドックが映しだされ、田村騎手を背負ったアクシスが周回していましたが、なかなかの気合乗りで穴馬の気配がプンプンです。オッズの方も上がってきていますし、ちょっとワクワクしてきましたね。
後日、聞いた話なんですが、鶴留先生はアクシスの調子は悪くないもののトモが少し痩せてきているかなぁ・・・ということをこのパドックで感じたそうです。そろそろ休養に入りそうですね。

本馬場入場時では、返し馬をしているアクシスの姿を後方から捉えた映像が映し出されましたが、頭が下がったいいフォームで走っていました。。。とりあえず、ここまでは文句のつけどころの無い感じです。最低でも、人気以下の着順にはならにでしょう。。。掲示板も十分ありえるだろうし、勝つところまでありそうな・・・(それはちょっと買い被り過ぎかな?)
輪乗りをしているアクシスも映し出されました(人気が無いためか非常に短い時間でしたけど)
ここではクビを上下に振っていました。気合が前面に表れていて、いい感じです。(なんか、褒めるところばっかりで書いていても少し恥ずかしいくらいですけど、本当に良く見えました)

明日の後編に続く。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »