« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月31日 (月)

スエヒロジョウオーの06

2007年も今日で終わりです。皆さんの1年はどんな1年だったでしょうか?
僕の2007年は、仕事ではいろいろと辛いことが多い1年でしたが、一口馬主では自分の予想をはるかに超える好成績でした。
具体的な目標は立てなかったワケですが、2月にローレルウェルシュが500万下条件を勝ち、初の2勝馬に。5月にはローレルアクシスが新潟で勝利。その後、6月には初の特別競争挑戦を果たしてくれました。9月にはクオンがユニオン所属馬初の勝利。名付け馬として初の優勝ということで、本当に嬉しい勝利でした。10月の福島ではローレルウェルシュが500万下条件を2着馬を5馬身離して優勝。11月にはウェルシュが秋保特別(1000万下)を逃げ切り、初めての特別競争優勝をプレゼントしてくれました。そして、翌週にローレルアクシスが安城特別(500万下)を優勝。鶴留先生の500勝メモリアル勝利馬となりました。
今まで、3年で2勝しかできていなかったのですが、今年は6勝。本当に愛馬たちが躍動してくれた1年でした。来年も今年以上の結果を期待しています。

さて、今日も新戦力を発表します。

新戦力発表③
スエヒロジョウオーの06 Suehirozi Jo O 06
父カリズマティック 母スエヒロジョウオー(母父トウショウペガサス)
総額 1800万円
総口数 300口
一口 60,000円
兄弟
スエヒロコマンダー牡(95産)父コマンダーインチーフ
7勝 種牡馬 鳴尾記念G2 小倉大賞典G3
コウエイベラドンナ牝(96産)父メジロライアン
1勝 小倉3歳S・ファンタジーS出走
ゴダイリキ牡(97産)父コマンダーインチーフ
1勝
コウエイブルーム牝(98産)父ウォーニング
1勝
スエヒロジョウオーの99牡 父サクラローレル
未出走
スエヒロサプライズ(00産)父ラムタラ
未勝利
イナズマローレル牝(01産)父ピルサドスキー
3勝
イナズマゼウス牡(02産)父フォーティナイナー
2勝(現役)
イナズマイージス牝(03産)父コマンダーインチーフ
1勝(現役)
アドマイヤジュエル牝(04産)父アドマイヤベガ
未勝利
スエヒロジョウオーの05牡 父ボストンハーバー
未出走

生産・育成の現場から
姉のイナズマローレルに良く似ているでしょう?額が広くて利発そうな顔立ちなんかはそっくりなんじゃないかな。ただ品行方正なだけではなくて、普段は大人しいが内に秘めたものを感じています。配合の時にはカリズマティックの父サマースコールに魅力を感じて種付けしたんだけど、馬体全体のバランスや素軽そうな所はピルサドスキーの時よりもさらに良く出てくれましたね。引き続き上の子達同様に松元茂先生にお世話になりますから、この子の力を充分に引き出してくれるでしょう。賭ける期待は当然大きくなりますね。

・・・あまり出資者がいらっしゃらないと思うのですが。。。06世代はこの馬に決めました。今まで、ここにも殆ど名前が挙がっていなかったと思いますので、意外と思われた方もいらっしゃるかと思います。実は11月頃までは全然出資候補にも入っておらず、やや割高感もあって“ノーマーク”でした。
でも、この馬になっちゃいました(笑)
ユニオンも牡馬ですし、06世代の牡馬はキャンペーンでひとつ(←キャンペーンは多分当たったと思いますが連絡が無いのでまだ確定しておりません)。。。と思っていましたので、牝馬への出資を考えました。
この馬の前に出資候補に挙がっていたのは
①ダーケストスターの06・・・この仔は大好きなサウスヴィグラスの下ということで最後まで迷いました。特にマイナス材料は無いんですけど、後に書くスエヒロジョウオーの06の出資理由の方が優先されました。
②シルクアピールの06・・・BT産駒でこの値段であれば買いのつもりでしたが、マサカーネが予想以上に足踏み。。。マサカーネが勝っていれば出資を・・・と思っていましたが、庄野先生の力をもう少し見たいと思いとりあえず今回は。。。
③ウインクパールの06・・・ナリタトップロード産駒ということで注目していましたが、トップロード産駒には3世代の牡馬に出資。まだ結果も出ていないことから、『トップロードと心中』も怖いので静観。
それぞれ決め手に欠いていました。

スエヒロジョウオーの06に決めたのは、馬体、血統、そして厩舎とそれぞれトップクラスの評価ができたので少しお高めですが、この馬に決めました。

馬体はパンフレットの2ページ~3ページの一覧をチラッと見たときにかなり良く見えたんですよね。牝馬に限れば一番いい馬体ではないか?と感じました。そして、HPにあった11月撮影の写真を見るとその成長は一目瞭然。幅が出てきて、力強さが備わってきたように思います。蹄と皮膚病が少し心配なところもありますが、大丈夫だと信じたいと思います。

血統は素晴らしいと思います。母自体もGⅠホースですし、上記のように産駒がよく走ります。父カリズマティックはいい種牡馬ではないか?と思っていたのですが、現在のところこれといった活躍馬も居らず、種付け料も70万円まで下がっているみたいですね。競争実績は残しているので、きっかけさえあれば、活躍馬も出せると思うしまた、評価も上がることでしょう。
アウトブリードですが、成長力もある血統ですので長く活躍してくれると思います。父の比較をしてもイナズマローレルは超えてくれるのではないだろうか?と、期待して、出資に前向きになりました。
良血ダーケストスターとの比較ですが、こちらの方が距離がもつのではないだろうか?という理由もあってスエヒロジョウオーの06に傾きました。

厩舎は栗東の松元茂樹厩舎を予定。この血統は一杯預かってくれていますから、安心してお任せできると思います。そして、松元先生はイクタTFを放牧先に使ってくれるということで、放牧中に会うことができるというポイントが大きいですね。(結局そこかい!という感じですけど。。。)
騎手も武豊騎手をはじめ一流騎手もしっかり用意してくれますし、大丈夫でしょう!!
松元厩舎所属の馬というと、ユニオンのマリエンベルクが居ますが、この馬がイクタに来ると知っていたら出資していたと思います。『イクタに来る活躍馬に出資できなかった・・・』というのは本当に後悔しています。出資できなかったことに対して悔しいです。
スエヒロジョウオーの06が大活躍して、マリエンベルクで味わった悔しい思いを再びするのも嫌ですからね。。。

そんな理由で、この馬に決めました。
GⅠホースの仔をはじめて所有することになりました。何か嬉しいです。

皆さんもご一緒にどうですか?
出資者が比較的少ない馬の中から活躍馬が出ることが多いローレルクラブですから、この馬にはその資質を感じています(笑)
放牧に出たときはガッチリ取材に行ってきますので、一緒に楽しみませんか?

それでは、皆さんよいお歳を・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月30日 (日)

熱戦を観戦

昨日、今日と出張。
昨日はブログを休ませていただきました。

今日は近鉄花園ラグビー場に行ってきました。
現在開催中の第87回全国高校ラグビーフットボール大会を見てきました。
朝一番から15時まで見てきましたが、最初に向かったのは第一グランド。
伏見工業(京都)-正智深谷(埼玉)
西のAシード伏見工業と留学生パワー擁する正智深谷の激突。
伏見工業は2人のトンガ人を徹底的にマーク。前半は伏見工業の低いタックルが炸裂。大きなトンガ人留学生が一発で倒されるシーンが何度もありました。
正智深谷は1次攻撃、2次攻撃でトンガ人を使ってしまうと3次攻撃で手が無くなってしまうんですよね。。。苦し紛れに外に回して、下げられる。。。正直苦しかったです。
伏見工業は低いタックるとタックル後の動きが早く、ターンオーバーを何度もしていました。そして、FWもBKも鋭い動きで確実にゲインを切っていく。。。
結果は27対7で伏見工業が圧倒。Aシードの貫禄を見せました。

次に向かったのは第3グランド。
仙台育英(宮城)-長崎北陽台(長崎)
ラグビーどころ長崎の代表長崎北陽台はシード漏れしたものの実力は誰もが認めるところ。仙台育英は東のBシード。高校ラグビー界は大学と反対で西高東低。試合前からシード校食いの予感がありました。
仙台育英はキックからコンタクト、パスからタックルまで全てのプレーの中心となっているNO8のナータを中心にした攻撃。しかし、このナータは凄い。デカイし速いし、パスももの凄くうまい。先ほど見た正智深谷のトンガ人と一味違います。流石はニュージーランダーです。
長崎北陽台は鉄壁のディフェンスとFWの早い集散が売り。1回戦の静岡代表の東海大翔洋戦でもFW&BK一体の攻撃とディフェンスで圧倒してましたからね。。。
試合は終始北陽台ペース。強烈なダブルタックルで仙台育英オフェンスをシャットアウト。連続攻撃を許しませんでした。
スピードと接点の強さで圧倒した長崎北陽台がシード校を圧倒。38対5のスコアーで見事シード校を倒しました。仙台育英は自分たちのラグビーを全くやらせてもらえず、いいところ無く敗退。。。北陽台は今後も期待できそうです。

次もそのまま第三グランドへ残って観戦しました。
東海大仰星(大阪第1)-尾道(広島)
東海大仰星は前大会で圧倒的な強さを見せ付け優勝した強豪校。
尾道は2回目の出場であまり馴染みの無いチームです。
しかし、この両チームは4月に行われた選抜大会で対戦していたんです。そのときは10対7の僅差で仰星が勝ったものの『尾道の前に出るディフェンスが仰星を苦しめた・・・』と、ラグビー界では結構評判になっていました。
菅平でも練習試合をした両チームですが、この1年で仰星が尾道に3戦3勝と、貫禄を見せ付けていました。
試合は風上にたった尾道を仰星が完璧な組織ディフェンスで食い止め、仰星有利。尾道はキック合戦でやや負けていましたね。前半を終了して、12対7と風下だった仰星がリードで折り返し、『これは、後半は仰星が陣地の利を生かして圧倒するかな?』と思いました。
しかし、この予想は外れました。風下に立った尾道はFWがラッシュを仕掛け、激しいタックルの仰星ディフェンスを相手に少しずつ前に出られるようになってきました。
ラインアウトが不安定だった仰星に対し、尾道はラインアウト&モールが完璧で、ここからゲームを優位に進めていきます。尾道がゴール前に攻め込んでも仰星も鉄壁のディフェンスではね返し、見応えのある攻防が続くもののスコアは動かず20分が過ぎました。モールをゴリゴリ押される仰星ディフェンスが徐々に崩れていきました。尾道のモールを止めきれず仰星が反則を繰り返す。。。尾道はクイックスタートで相手陣深くに攻め込み、待望のトライ。。。ゴールも決まり尾道が14対12と逆転に成功。
逆転後も尾道が優位にゲームを支配できるモールでしっかりと時間を費やし、仰星を焦らせる。。。残り7分のところで痺れを切らした仰星のタックルが高くなりシンビン(一時退場)に。。。ここで勝負あり。
尾道が前回Vの東海大仰星を食う大金星。。。本当に熱戦でした。素晴らしい戦いを見せてもらいました。
尾道は決してまぐれで勝ったワケではありませんので、今後も旋風を巻き起こすかもしれませんよ。。。

この試合の後もいろいろと見て周りましたが、この試合が凄すぎて、この後の試合の印象はあまり残っていませんでした。

今日の内容はラグビーを知らない人にはあまり読む気がしない内容だったかもしれませんが、感動を伝えたくて書かせていただきました。

本当に凄かったッス!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月28日 (金)

急遽出資

本日、家族旅行から帰って参りました。
明日から出張です(涙)

今日は家に帰ってきて、まず最初に何をやったかというと。。。ユニオン東京事務所の年内営業が今日までということで、ユニオン東京事務所に急いで電話をしました。
12月中の出資だと、ユニオンポイントが通常の3倍ということで、それにガッチリ乗っかるために出資予約を入れました。
では・・・本日出資決定したばかりの新戦力を発表します!!
それは・・・

『ペガサス25 ピアノレッスンの06』

です!!

出資の決め手になった理由はいくつかありますが、『ひだぶ~さん』から頂いた育成先のDVDに映っていた『ピアノレッスンの06』の映像が気に入ったことですかね・・・。
それだけではなかなか、『ピアノレッスンの06』の良さが伝わりにくいと思うので、いろいろ書こうと思います。

2歳上のプラグマティック(父ディアブロ)への出資も考えていたくらいで、意外と少ないメジロティターンを父に持つ繁殖牝馬ということで、この血統には非常に興味を持っていました。
母のピアノレッスン自身も水沢・盛岡で65戦11勝と牝馬ながら7歳までタフに走り続けました。
産駒の成績も秀逸で、
長女ピアノコンサート(父サマーサスピション)
地方4勝
長男サウンドスケープ(父スキャン)※
中央1勝・地方1勝
次女ラブリーバローズ(父キングヘイロー)
地方3勝
次男クラヴィーア(父ラムタラ)※
中央1勝(現役)
三男プラグマティック(父ディアブロ)※
中央1勝(現役)
三女ピアノレッスンの05(父リンドシェーバー)
未出走
※はユニオンで募集された馬

ということで、牡馬は全てユニオンで募集されており、全馬勝ち上がっております。牝馬も、三女がまだデビューしていませんが、全馬勝ち上がっています。
この堅実な産駒成績は、かなり信頼できる血統であると言えると思います。(最近は特に牝系を気にしながら出資するようにしています)
父プリサイスエンドも良いですね。輸入された産駒が全て勝ち上がりというデータも頼もしいですが、GⅠ馬4頭を輩出したエンドスウィープの有力後継種牡馬ということで、かなり期待しています。

それから・・・立派な馬体が出資意欲を更に駆り立てます。
立派過ぎて、故障が心配・・・という方も多いと思いますが、長男クラヴィーアは450㌔に満たない小さな馬体だったものの、次男プラグマティックは最大550㌔で出走したデカイ馬体の持ち主なワケですが、3歳夏までは故障も無くコンスタントに出走しています。(去勢後に故障して出走していませんが)
基本的には健康家族だと思っているので、大丈夫でしょう!!

そして、誕生日が募集馬の中でもダントツに早い1月19日生まれ。これはかなりのアドバンテージになると考えられます。
ユニオンでもローレルでも誕生日が早い馬というのはなかなか出てこないんですよね。これは、『早生まれの馬は絶対に有利』というデータに基づき、個人馬主さんが早々に買われるということも多いとか。『この血統』、『この馬体』、『この誕生日』にも拘らず総額1155万円で募集されているのは、奇跡に近いかと思います。(そこを怪しむ方もいると思いますけど・・・)

あとは、『ひだぶ~さん』から頂いたビデオを見ても、気性が非常に大人しくドッシリとしています。それから、顔もいいですね。男前です。いいんじゃないでしょうか?

最後に付け加えるとしたら、全国リーディング103位(15勝)⇒45位(23勝)⇒11位(33勝)と、着実に進化している矢作厩舎に入厩予定であるということ。一時期、匿名掲示板による『コバシン&ハーマジェスティ問題』で心配したこともありましたが、矢作先生への期待が勝りました(笑)
矢作先生は放牧先に『三重ホーストレーニングセンター』や『イクタトレーニングファーム』を使用することがある。。。ということで、本馬に会えることもあるでしょう。(僕にとってはこれも大切なファクターのひとつです)

以上、いろいろな理由があって、(出資するに)問題ないだろう!ということで、出資を決めました。
この仔の名付け親に成れれば言うこと無しなんですけどね。。。それはまだ当分わかりませんから。。。

お仲間の方、今後もよろしくお願いします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年12月27日 (木)

家族旅行

今日は、家族旅行。
家族旅行といっても浜松から程近い『名古屋』ですけどね。
今日は工場見学へ。。。
まずは、春華堂うなぎパイファクトリー(これは浜松なんですけどね)
そして、高速道路で移動。
午後からはアサヒビール名古屋工場を見学。

春華堂ではうなぎパイをお土産に。。。
そして、アサヒビール工場では出来立てビールを試飲(僕は飲めないのでカミさんが飲んだんですけどね)。。。

しかし、大きな工場へ行くとそれぞれの規模の大きさに驚きますね。息子も大満足。いい社会勉強になったのではないでしょうか。

今日は、名古屋市内のホテルで宿泊。明日は浜松に戻ります。

さて、今日は愛馬の話も。。。
クオン(トロットスター×ファーストステップ)
12/19 レース後も脚元等に異常はない。次走は年明けの1回京都2週目ダ1800m戦を予定。
大橋調教師のコメント『休み明けの昇級戦、芝替わりといろんな条件があったが、よく頑張ってくれたと思う。一叩きして年明けすぐにでも行きたいところだが、来年からは優先出走権が5着までになって、権利のない本馬はすぐの出走は難しいだろう。2週目ならダート1800m戦が2鞍あるから出られるかな。とりあえずそこを目標にしましょう』
12/26 角馬場⇒坂路(普通キャンター)
引き続き、京都2週目ダ1800m戦に向け調整中。
大橋調教師のコメント『状態は変わりなく順調だが、あとは出走できるかどうかだね。権利を持っている馬が予想以上に多く、2場開催のうちは厳しいかもしれないね。一応、2週目に行けるように調整していって、1週目の投票状況を見てから考えましょう』

・・・無事に出走できるように願っています。

ローレルアクシス(スペシャルウィーク×ダムドコンパニー)
この中間も変わりなく順調に調整されています。
想定次第では1月6日(日)京都8R・4歳上1000万下(混)D1800mに出走を予定する場合があります。

・・・6日に京都なら行ってみようかな?勝つチャンスも十分あると思います。

明日は、新戦力の紹介ができると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月26日 (水)

父親の威厳を守れ

息子がサンタクロースにお願いしたプレゼントがきっかけで、平和だった我が家が戦場と化しました。
というのも、息子がお願いしたプレゼントが『小倉百人一首』・・・小学2年生ののクセに渋い物を。。。
今は、CDがついていて、ランダム演奏で再生すれば、詠み手がいらないんですよね。

親子3人による百人一首大会が連日行われるようになりました。
カミさんは読書をこよなく愛す文学少女だったようで、なかなかの凄腕。息子は百人一首の本を買うなど、勉強に目覚めているようで、覚えも早くめちゃくちゃ強い。。。僕は・・・上の句で反応できるのが『ひさかたの~』とか、『たごのうらに~』など10句くらいしか無く教養の無い分、苦戦は必死。。。

昨日が第1戦。僕は・・・24枚しか取れず最下位。(因みに1位は息子の48枚)
今日の第2戦。。。息子とカミさんは僕が仕事している間に勉強をしていたようで、更に腕を上げ19枚しか取れず最下位。。。
『悔しいです!!』

愛馬の馬名を考えている場合じゃないかも知れんぞ!!
ということで、我が家で馬鹿にされているこの状況を打破しようと頑張ろうと思います。

明日は、家族旅行に行ってきます。
でも、ブログは休みませんので、お付き合いよろしくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月25日 (火)

三重ホースセンター

昨日から始まった、この冬に新たに出資した『新戦力』の紹介ですが、早速小休止。
今日は急遽四日市に出張となったので、夕方に三重ホーストレーニングセンターに寄って参りました。

ここにはローレルクラブ所属のローレルオーラとキアーロ、そしてユニオン所属のブラッシュアップの3頭の2歳馬が在厩しています。
いつもの牧場見学は馬が元気な午前中に行っていますが、今日は午後3時に三重ホースさんにお邪魔しました。
到着すると、牧場は既に“店終いモード”馬房の各馬も夕飯をガツガツ食べているところでした。従業員の皆さんも忙しそうにお仕事をしておりました。
まず最初に案内されたのはローレルオーラの馬房。ローレルオーラもガッチリ食事の最中でした。
こんな忙しそうなところで、各馬も一日の中で一番楽しみにしている“ディナー”の時間に『少し馬を出してもらえませんか・・・』なんて言えるワケもなく、ローレルオーラの“お食事シーン”をビデオに収め続けました。(この映像も動くパドックで放映予定です)
忙しい中、ローレルオーラについて説明をしてくださったのは、伊藤さんでした。以前ここを訪れて、フローネやローレルボンバーに会いにきたときに案内してくださった伊藤さんです。驚いたことに、伊藤さんは僕のことを覚えていてくださいました。そして、クオンを持っていること、そして、クオンが勝利を挙げたことも知っていました。(クオンは三重ホースさんにはお世話になったことはないんですけどね。。。)
伊藤さんは非常に丁寧な方で、いろいろなことを教えてくださいました。
ローレルオーラについては、『北海道でやった捻挫も全然心配ないですよ。かなり長い距離も乗っていますからね。一度入厩させてくださいよ~と、言っているんですけどね(笑)』ということで、元気なようです。
ローレルオーラとは1年半ぶりの再会なのですが、相変らず背が高い馬でした。雰囲気があるというか、とにかく強そうです。『名は体を表す』ではないですけど、オーラを感じました。馬代の3000万円を稼ぐことは簡単ではないけれど、3000万円の値がつけられた馬であることに納得できる雰囲気はありました。
伊藤さんからは『元々の骨格があるので、幅はそれほどないけれど、背はありますからね・・・でも、乗り易い馬ですね。いい感じですよ。。。』と、嬉しい言葉を頂きました。

Aura01 ローレルオーラに時間を掛け過ぎてしまい、キアーロとは数分しか会うことが出来ず(キアーロの馬房に着いたところで、伊藤さんは仕事に向かわれてしまいました)、独りになってしまった僕は、キアーロをビデオで撮って、再びローレルオーラの元へ戻り、写真撮影をしました。しかし、馬房内は暗いし、4時も過ぎると辺りも暗くなってきて、良い写真が撮れませんでした。そして、残念なことにブラッシュアップには会うことが出来ませんでした。

帰り際に聞いたところによると、タイセイアトムも現在ここに居るらしいです。(会わなかったけど)
タイセイアトムは年内に帰厩してガーネットSを視野に入れているとのこと。ローレルウェルシュを一蹴した力の持ち主ですからね。ガーネットSはこの馬で勝負してみようかな?

結局、1時間近くお邪魔してしまいました。
お忙しい時間にもかかわらず、丁寧な対応をしてくださった三重ホースセンターの皆様、ありがとうございました。

うっちさん見てますか~(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月24日 (月)

グレイスクインの07

メリークリスマス。
今日から、新戦力になった愛馬を紹介していきます。

新戦力発表①
グレイスクインの07 Grace Queen07
父オグリキャップ母グレイスクイン(母父メンデス)
総額  800万円
総口数 400口
一口  20,000円
兄弟
ユシマノミコサン牝(98産)父カーネギー
荒尾4勝
ヤマジュンシャトー牝(00産)父シャンハイ
大井3勝
グレイスクインの01牝 父ブロッコ
未出走
ティプシーラス牝(02産)父ヘネシー
笠松2勝
グレイスクインの03牝 父ヘネシー
未出走
ヤマジュンシルバー牝(04産)父スキャターザゴールド
大井1勝
ルビーティアラ牝(05産)父オース
大井未勝利
グレイスクインの06牡 父オース
未出走

Oguri5

生産・育成の現場から
アイドルからとって「アイちゃん」と名付けた飼養者の荻巣さんが「生後20分で立ち上がって、30分ぐらいでお乳を飲んだんです。こんな馬、初めて見ました」と驚くほどの赤ちゃんだったアイちゃん。夜半に生まれて翌日には早くも取材を受け、その後も新聞やテレビに出ている生まれながらのアイドルです。最近になって自我が芽生えはじめ、睨み返したりヤンチャをしたりするようになっても、叱ったりなだめたりするとすぐに理解するというすごく賢いコです。顔の可愛さも超一流ですが、元祖アイドルホースの父の能力を少しでも受け継いでくれますように!

・・・ハルカチャン出資者に1口プレゼントに乗りました。
『オグリキャップ最後の産駒』ということで、話題の仔です。
顔は非常に可愛いです。そして、まだ当歳なのにご覧のような毛色(写真はローレルクラブ提供)。デビューする頃にはかなり白くなっているかもしれませんね。
オグリキャップ産駒が大成しない理由のひとつに『骨の弱さ』というものがあるようです。 ハルカチャンも化骨があって、デビューが遅れ、強い調教もなかなか出来ないままに未勝利のまま引退してしまいました。
グレイスクインの07の『アイちゃん』は骨の心配なく成長していって欲しいですね。
馬体は脚長でスラッとした感じでしょうか?あまり大型馬にならないことを祈ります。
また、この仔は入厩先も決まっていないということで、どこになるのか。。。美浦なのか栗東なのか。。。注目ですね。
兄弟からもこれといった活躍馬が出ていないのですが、奇跡を起こして欲しいですね。
皆さんも、『奇跡の遺伝子を受け継ぐ仔』で一緒に夢を見ませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月23日 (日)

キャンペーンに。。。

今日は有馬記念。皆さんは的中しましたか?僕は、ダイワスカーレットを軸に、3歳馬のウオッカ、ロックドゥカンブ、サンツェッペリンの3頭にダイワメジャーを加えて3連単マルチ、36点勝負で敗れました。なかなか難しいですね。

ローレルのキャンペーンに思い切って乗ることにしました。
当歳馬に10万円以上出資したら1歳牡馬を抽選で一口プレゼントというものですけど、金曜日にクラブに問い合わせたところ
『予想以上に好評で・・・』ということで、『“出資された皆さん全員に一口当たる”ということはないかもしれません。。。』とのことでした。でも、ローレルクラブの1歳馬に1頭も出資していないので、1歳馬も欲しかったので、『だめもと』で一口プレゼントに挑戦しました。

当たるといいなぁ・・・。

出資した馬等については、出資した理由もしっかり入れて紹介します。
・・・今日全部書いちゃうと、年末はネタが無くなってしまいますからね(笑)

あと、馬名を応募しなくては・・・今年も(?)自信の馬名が一杯浮びましたから!皆さんも忘れずに応募してください。ユニオン&ローレルとも12月末日が締切りとなっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月22日 (土)

阪神競馬場観戦記③

昨日は、忘年会。。。絡んでくる先輩に引きずられ、2次会、3次会と連れ回されてしまいました。

さて、本馬場に入場したクオンは引っ張ってくれていた坂井さんを振り払うように跳び上がりながらの登場。鞍上のルメール騎手も必死につかまっていました。(しっかりビデオに撮りましたので、後日に動くパドックで)
クオンは一度、ダクで左から右へ。そして、ゴール前の直線のちょうど真ん中に差しかかった頃に、“回れ右”をして返し馬に入りました。
時折、アタマを低く下げての返し馬。いつものフォームでした(笑)
調子は良さそうです。

風が出てきて、徐々に寒くなってきました。中京競馬場も東京競馬場もスタンドの南側に競馬場が広がっているのですが、阪神競馬場はスタンドの北側にコースがあるんです。スタンドの影が観客席全体を覆っているんです。夏は涼しくて良いかもしれませんが、冬は日に当たりながらレースを見たいですね。。。

スタート地点は左手奥のポケット。ゴール前からはかなり遠く、よく見えませんでした。阪神競馬場の広さを再び体感しました。
ファンファーレが鳴り、スタートです。発馬は五分。クオンの外側の⑱ニシノイツマデモと⑯ドリームサンデーが出ていき、⑫コアレスウィークも前へ。クオンは8番手から10番手辺りでしょうか。スタート直後からルメール騎手が手を動かして追ってくれていました。
現地ではスタート直後に肉眼ではクオンの居場所を見失い、ターフビジョンでクオンの位置を確認しました。
クオンは少しポジションを落として12番手辺り。正直、『思ったよりも前に居るなぁ~』と思いました。クオンはルメール騎手のアクションにも反応が悪く、先頭との差は開くばかり。。。3コーナーから4コーナーへと入っていきました。残り600㍍を切ったところでクオンが外側から徐々に進出。長い直線入り口では先頭とはかなりの差があったものの前に壁は無く『追い込め~~』と、期待を込めての応援です。
坂に差し掛かる前はいい脚色で、『掲示板はあるかも。もしかしたら馬券圏内へ?』と、淡い期待を抱かせてくれましたが、坂の途中でストップ。。。伸びがなくなりました。すぐ後ろに居た⑦イブキレボルシオンが鋭い伸びを見せ、交わされてしまいました。
ゴール前ではクオンの走りをカメラに収めようとカメラのディスプレイから目を離して15コマ撮影の連写モードにして、シャッターボタンを押し続け、目は実際に走っているクオンに向けて応援していました。後でゴール前写真を見ると⑯ドリームサンデーと⑥スパニッシュソウルから写りはじめ、15コマ目では⑦イブキレボルシオンが写っていました。クオンがゴールしたのは⑦イブキレボルシオンの後。先頭から1秒遅れの1分47秒8の8着でゴール。残念ながらクオンのレースシーンをカメラに収めることができませんでした。

レースを終えたクオンが戻ってきたクオンはスタンドから見てウイナーズサークルの左側からコースを出て行きました。阪神競馬場初体験の僕はレースを終えた馬が戻るところまでリサーチすることができず。その場面もカメラに収めることができませんでした。。。

クオンを見ることができたのもここまで。
次の阪神競馬場遠征の際は写真を撮るポイントも覚えたので、もう少しいい写真が撮れるかと思います。今回はいろいろ失敗しましたが勉強になりましたね。

C.ルメール騎手のコメント『ズブいですねぇ。追い通しでヘトヘトです。これならもう少し距離が長い方が良いかもしれませんね』
大橋調教師のコメント『休み明けの昇級戦という条件の中でよく頑張ってくれましたね。ここを叩いて状態も上がってくるでしょうし、また様子を見て使っていきます』

クオンの1分47秒8というタイムですが、能力の高さを覗える好タイムだったことが分かりました。
勝った⑥スパニッシュソウルのタイム(1分46秒8)は1週前に行われた鳴尾記念(GⅢ)の勝ち馬ハイアーゲームの1分47秒5をはるかに上回る時計。クオンも時計的には鳴尾記念でも8着に入るんです。同じ3歳のGⅠホースドリームジャーニーと同タイムなんです。500万下のレースであれば十分勝ちに値する時計です。。。このレースのレベルが高すぎた。。。
このレースで勝つようなことがあればクオンもオープンで通用する力がある証明になる。。。なんて、レース前に“元予想屋さん”や“ひだぶ~さん”と話していたワケですが、勝てなかったにしてもクオンの成長と能力の高さを確認できるレースとなりました。

レース直後に口取り集合場所の優勝賞品ブース前に行って、誰か来るかも。。。と淡い期待をしながら待っていましたが誰も来ませんでした(涙)
クオンの頑張りをみんなで話せたら良かったのに。。。
でも、今回は“ひだぶ~さん”と、クオンのレースを一緒に振り返ることができたので良かったです。

クオンのレースが終わった後は、“元予想屋さん”の出資馬であるソリッドプラチナムとユニオンの牡馬のエースであるマンハッタンスカイが登場する10RオリオンSの観戦です。パドックではこの2頭をガッチリ写真に収めることができました。7Rリリカルヴァースと8Rクオンで撮影のいい練習ができたことと10Rは11頭立てということで、馬と馬との間隔が十分にあったこと。そして、特別レースになるとパドックを周回する時間が長いんですよね。やっぱり自分の愛馬もここら辺のレースに出られるレベルにあって欲しいなぁ。。。なんて思いました。
10RオリオンSは『“元予想屋さん”の口取りが目の前で見られるかも・・・』と思わせる惜しいレースでした。ソリッドプラチナムは小さいですけど本当に良く頑張る馬ですね。次はチャンスですね。マンハッタンスカイもここを叩かれて次は上昇するのではないでしょうか?
11Rはローレルクラブのエースローレルゲレイロが登場。漆黒の馬体が逞しく移りました。黒光りする馬体は復調を意味していました。レースでも逃げ切りか?と思わせる粘りを見せ、健在ぶりをアピール。この仔も次が楽しみです。もしかしたらフェブラリーSに登場するかも。。。と思いました。
ローレルゲレイロの写真もガッチリ撮りましたので、徐々にアップしていきます。

今回の阪神競馬場は。。。疲れましたね(笑)
慣れないし、広いし、1階と2階を何度も間違えるし。。。そして、やっぱり浜松から遠いなぁ。。。行き帰りで7時間を越える移動はやっぱりヘビーです。
でも、ユニオン会員さんと出会えた今回の遠征は疲れを忘れてしまうくらい、大きな意味のあるものでした。
“元予想屋さん”、“ひだぶ~さん”どうもありがとうございました。そして、これからもどうぞよろしくお願いします。

ヘトヘトになって家に帰り、早く寝る予定が。。。“ひだぶ~さん”から頂いたお土産のDVDを見てしまい、気が付けば午前3時。次の日の仕事は・・・辛かったです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月20日 (木)

阪神競馬場観戦記②

リリカルヴァースを含めた7Rに出走するメンバーがパドックから本馬場へ向かいました。馬が居なくなったパドック・・・。とりあえず良いポジションをキープして、クオンの登場を待ちます。
7Rが始まる直前に8Rに出走する馬がゆっくりとパドックに登場しました。
先頭はもちろん①フローラルカーヴ。1番から順番に登場し、⑭マヤノゴクウが登場し、いよいよ次はクオン!となったワケですが、クオンは⑭マヤノゴクウから少し離れての登場となりました。
見た感じでは以前に牧場で見たときよりも大きくなった感じがしました。ボーっとした感じですけど、毛艶もなかなか良かったですし、デキとしては良いのかな?と思いました。
でも、歩様が少し硬いように感じました。元々歩様が硬いと言われている馬なのですが、寒さもあって一段と柔らかさに欠けていたのかもしれません。でも、競走馬としては成長が感じられました。
しかし、それ以上に周りの馬が良く見えました。②フミノウインダム、⑤ニシノブルームーン、⑨ツルマルオジョウ、⑮クオンを挟む⑭マヤノゴクウと⑯ドリームサンデーの2頭も強そうに見えました。強そうな馬2頭に囲まれたクオンは少し割り引いて見えました。
撮影の方は、登場して1周目と2周目はビデオカメラでの撮影を重視。これはなかなか上手く撮れました。
3周目からは主体をデジカメにして、撮影。。。ナゼか、なかなか納得のいく写真が取れません。。。3周、4周・・・と周回を重ねているうちに7Rが終わりお客さんも戻ってきました。ナゼよい写真が撮れないか・・・確かに自分に写真の腕がないことやカメラも一眼レフではない安いカメラであることもあるのでしょうが、自分の居た位置と、阪神競馬場の構造にも問題があることが分かりました。
自分が居た位置はパドックの一番西側。8Rにもなると、太陽もだいぶ西日になります。そして、この阪神競馬場はパドックに大きな屋根がかかっていることと、パドックの南側に大きなビジョンがあるんですよね。大きなビジョンによる影がパドックの大半を覆ってしまうんですよね。。。パドックを回るクオンに太陽の光が当たり綺麗に見えるのは僕の位置から一番遠い東側のみになってしまうんですよね。そして、近くになると日陰になってしまい、明るさが足らず暗い写真になってしまう。。。
初の阪神競馬場に慣れておらず、早速洗礼を受けました。
それと、クオンは⑭マヤノゴクウにピッタリくっついて歩いており、パドックの外側を大きく周っていたため、なかなかクオンの顔を捕らえることが出来なかったんですよね。。。
当HPでも、この日の写真をドンドンとアップしていきますがあまり出来が良くないので、お許しください。
ちょうどその頃、グリーンチャンネルでは競馬ニホンの荒木敏宏さんが解説をしておりました。クオンについては『そうですね、久しぶりで~~ま、体もプラス10キロでもそんな見た目で太くないですけど、まだまだ気配は表に出ていません。。。』といったコメントでした。荒木さんのパドック推奨馬は②フミノウインダム⑪シルバーブレイズ⑭マヤノゴクウ⑯ドリームサンデーの4頭でした。

そして、本馬場入場へ・・・

スイマセン。。。また明日へ続く。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月19日 (水)

アクシス昇級戦&オマケ

今日は土曜日のアクシスのレースを振り返ると共に、16日の阪神競馬場観戦記を書こうと思います。

ローレルアクシス
15日(土)阪神12R・3歳上1000万下(混)D2000㍍
船曳文士53.0㌔

前走は好タイムで安城特別を勝ちました。そこで負かした2着馬、3着馬が次走でそれぞれ500万下条件を圧勝しているので、昇級戦ではありますが胸を張って送り出すことができる1戦と感じていました。。。

前走よりも2㌔減って488㌔での出走。
パドック解説で登場したローレルアクシスは小足を使って落ち着かない様子。気合が入り過ぎているように見えました。アクシスを曳く厩務員さんも抑えるのに大変そうでしたね。手綱を放したら飛び上がってひっくり返ってしまいそうな・・・そんな印象を受けました。
パドック解説の方は『まっ、少しチャカつき加減なんですけど・・・まっ、馬体の方はスカッとしていて悪く無いと思います。』と言ったコメントをいただきました。誰にでも口癖はあるものですが、この方は言葉の頭に“まっ”とつけるのが口癖のようで凄く気になりましたね。
パドック推奨馬は⑧ストラディバリオ⑭トシセント⑩ツルマルビビッド⑫クラリオンコールの4頭でした。このときのアクシスのオッズは16.2倍。中穴としては持って来いのオッズとなりました。
因みに馬券の方は普段の買い方からすれば中勝負。やっぱり船曳騎手が跨るということで、少々買い控えました。
しかし、1番人気に推された⑧ストラディバリオはいいッスね。

本馬場入場の入場でもアクシスの入れ込み(気合?)具合が感じられる入場でしたね。この気合が良い方向に向かって欲しいと願うばかりです。

入れ込んでいたので心配していたスタートですが、心配を他所に非常にいいスタートを切りました。芝コースからダートコースに変わる地点で先頭から7~8番手あたり。外を回ってたので『これならいいぞ!』と内心期待していました。ダートコースに入って人気の⑧ストラディバリオをマークするかのように外側につけ『お~文士~!勝つ気で乗っているんだな~』と思っていると、その外側から危険な影が・・・船曳文士騎手と同級生の北村友一騎手が乗る⑭トシセント(今日はこれ以降⑭トシセントではなく⑭北村友一騎手と書かせていただきます)が⑬ローレルアクシスをぴったりマークしているではありませんか。スタートから500㍍走ったところで、⑧ストラディバリオが完全にアクシスの前に出たところで、外から幅寄せしてきた⑭北村友一騎手に押される様に内側へ行くアクシス。。。『友一君!同い年の文士君をいじめないでおくれ!!』と、心の中で叫んだときは既に遅かった。。。1コーナーでは5枠の2頭と⑭北村友一騎手にガッチリ封じ込まれておりました。
1コーナーに入り向正面、そして3コーナーへ入るまでの約1分間。前回のミスを振り返る時間もあっただろうに何の工夫も見られず(もしかしたら、船曳騎手ナリに何か考え、工夫していたかもしれないけど・・・)内に封じ込められたまま・・・再び⑭北村友一騎手に外側から被されて、万事休す。。。直線入口ではうしろを一回振り返り、⑤マイネルカンターレを行かせてから外に出そうとしていましたね。(これでは前回と同じになっちゃうよ~)
しかし、スパートをかけようとするアクシスは内側へ潜り込んでしまい、残念なことに直線で伸びを欠いた⑨マルノユビキタスと⑫クラリオンコールの間にぶち込み、2頭の壁にくっついて走ったままゴール。。。外側を伸びる各馬にも抜かれアクシスは力を出し切らないまま11着となってしまいました。勝ったのは⑧ストラディバリオ。勝ち馬から1.3秒も遅れて2分8秒4でのゴールとなりました。⑬ローレルアクシスをきっちりマークしたいじめっ子⑭北村友一騎手はきっちり伸びて2着に。。。サスガにこの結果は辛いです。

船曳騎手のコメント『外枠の馬にぴったりマークされてしまって、何とか振り切ろうしたのですが、中に閉じ込められる形に。直線も前に入られたりで、力を出し切れませんでした。状態も良くて能力的にもやれる馬なのに、前回の失敗を生かせず、すいません』
鶴留調教師のコメント『外に入ったことだし、不利を避けて外を回って来いと言っておいたが、上手くいかんかったな。でもこのクラスで十分やれることはわかった』

今回は除外覚悟で香嵐渓特別にエントリーし抽選にはずれ、再抽選に回って阪神12Rにはまり込んだようです。そんな事情もあり、有力騎手も頼むことができず、追い切りもレース前日になる14日(金)に馬ナリで流しただけ・・・と、準備不足が明白だったわけですが、アクシスの潜在能力と前走の失敗を取り返そうと燃える船曳騎手(←これはあくまでも僕の想像ですけど)に僕も賭けていたけど、結果に結びつきませんでした。残念ですね。
しかし、負い切りも軽く流しただけだし、レースもそれほど消耗するような感じでもなかったので、『公開調教』になったかな?
次走の巻き返しは必至です。

抽選に外れた香嵐渓特別は・・・勝ち時計1分46秒1・・・アクシスの優勝だったな。。。

さて、気を取り直して阪神競馬場観戦記。
日曜日の朝は5:30に起床。朝食も食べずに同じ浜松に在住の元予想屋さんと待ち合わせをしていた場所に行きました。元予想屋さんとはインターネット上ではやり取りはありましたが、お会いするのは初めて。。。かなり緊張しました。でも、お会いしてすぐにその緊張も解けるような素敵な方でした。車中の中ではいろいろな話を聞かせていただきました。因みにローレルクラブで顔の分かる方は20人くらい居るのですが、ユニオン会員の方で直接お会いするのは元予想屋さんが初めてになります。
浜松西インターを6:30に出発して、東名高速⇒い伊勢湾岸道路⇒東名阪道⇒名阪国道⇒西名阪道⇒近畿道⇒中国道と、車を走らせること3時間30分。10:10頃に阪神競馬場に到着しました。
初めての阪神競馬場について感じたことは・・・まず、綺麗で大きいこと。中京慣れしている僕にとては正直驚きました。そして、パドックも凄いです。何かコンサートのステージのようですね。
元予想屋さんと座席を確保し、昼休み前に口取り集合場所に向かい、ここで待ち合わせしていた“ひだぶ~”さんと合流しました。ひだぶ~さんは社台R、サンデーRにも出資してらっしゃるので、『年輩の方かな~』なんて予想しておりましたが、予想は外れました。そして、ひだぶ~さんも非常に素敵な方でした。
レースも昼休みに入り3人で昼食をとることになりました。そこでいろいろな話をしましたが、元予想屋さん、ひだぶ~さん共に10年以上前からユニオンに出資されている方々で、僕の知らなかったユニオン昔話や裏話をいろいろと聞かせていただきました。
食後はユニオンとローレル所属馬の馬券を先に買い込んで、パドックと本馬場を行ったり来たりしながら写真の練習。6レースと7レースでで練習しました。7Rに出走したリリカルヴァースはしっかり写真に撮ってきましたよ。。。
本番(一応、クオンの登場する8Rのことです)を前に準備も万端・・・のつもりでしたが・・・。

明日へ続く・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月18日 (火)

どうなる?ローレルベルロード

今日は仕事が忙しかったのと、日曜日&月曜日に夜更かしをしてしまい、スタミナ切れ。。。早く寝ることにします。
週末から週明けにかけて多くの方が当HPへ訪れてくださいました。本当にありがとうございます。期待している内容は分かっています・
阪神競馬場遠征レポートの方も進めておりますので、アップまで今しばらくお待ちください。
今日も『動くパドック』の方を更新しておきましたのでそちらをお楽しみください。

少し出遅れて心配していたローレルベルロードに新しい情報が入りました。

ローレルベルロード(ナリタトップロード×ベルガール)
宇治田原優駿ステーブルで育成中。
WM40分・コースでダク~キャンター3600m。週に1~2回は坂路で15-15の調教を順調に消化。鮫島師は『良い感じできていますね。正直な話、僕の中での当初のイメージよりかなりやってくれそうな雰囲気が出てきていますよ。走るフォームがすごく良いもの。1月末位までを目処に入厩させようと思っています』とコメント。

・・・ナリタトップロードは好きだったのですが、産駒の方は大苦戦中。初年度産駒(現3歳)に重賞勝ちの牝馬ベッラレイアが居ますが、その次になる代表格はインパーフェクト。獲得賞金を見ると、ベッラレイア1頭が成功で、その他はとても成功していると言い難い状況。2年目の産駒についてはまだ1頭も勝ちあがっていません。もしかするとベルロードが1頭目の勝ち馬になるかも。。。
ベルロードも含め、ナリタトップロード産駒は晩成でしょうから、これから勝ち上がる馬が出てくると思いますけど、少し心配です。。。3世代目の産駒も1頭(フレスコの06)持っていますしね。
鮫島先生の言葉を信じて、期待してデビューを待つことにします。

明日は、少し時間をかけて阪神競馬場レポートを進めるぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月17日 (月)

マサカーネ&阪神の写真

ブログの話題も鮮度が大事ですから、昨日のことを・・・と思っているのですが、今日は昨日の写真と大分前の事ですが、マサカーネのレース回顧をやっていないのでマサカーネの3戦目回顧のコンビネーションでお送りします。

まずは昨日の写真から

07121601

07121602

07121603

07121604_2

07121605

07121606

07121607

①でっかい阪神競馬場
②クオン
③クオン
④リリカルヴァース
⑤ソリッドプラチナム
⑥マンハッタンスカイ
⑦ローレルゲレイロ

スイマセン。ここからは大分前の話です。

マサカーネ
9日(日)阪神3R・2歳未勝利(牝)芝1600㍍
秋山真一郎54.0㌔
前走は小さい体を更に小さくしての出走となりましたが、今回はどうなんでしょう?

注目の馬体重は-2㌔の408㌔での登場となりました。画面を通しても小さく見える馬体ですね。
今回のパドック解説は競馬評論家の小牧隆之さんです。マサカーネは2番枠なのにどうやら一番後ろを歩いていたようですね①コスモサラマンダーの後は飛ばされてしまい、最後の紹介となりました。。小牧さんからは『う~んこの馬はまだ子供っぽいですね。』というコメント。他に良い馬が多くてマサカーネを見てもくれていない様な感じのコメントですが仕方が無いですかね。。。しかし、この時点で62.2倍。結構売れているようです。結局最終オッズは222.5倍に跳ね上がりましたけどね。
小牧さんが選んだ推奨馬は『良い馬がたくさんいる』と前置きしながら⑩サムワントゥラブ③グリッツェルン⑤マルティンスターク④ホッコーティアラの4頭を選び、穴に⑭オースミマコと⑮エリモラフィーネの2頭を指名していました。マサカーネは眼中にないようです(涙)

本馬場入場のシーンでは、午前中の明るい太陽の光が反射した馬体が綺麗に映りました。『体調は良いのかな?』と思いました。
ここで、9月下旬に信楽牧場に行ったときの言葉を思い出しました。
『前と見違えるほど柔らかくなったね。。。乗ってても全然違うでしょ?良くなったよ。』
パドックでの歩様を見ても本馬場入場のシーンを見ても柔らかさは感じるのですが、非常に非力な感じを受けます。『このレースはちょっと厳しいかな?』レース前はあまり弱気にならないのですが、今回はどうしても前走よりも前進するイメージが浮かびませんでした。庄野先生のコメントを信じて、芝に戻って良さが出ることを祈るばかりです。

レースの方はスタート良く飛び出し、⑥コーニングストーン、⑦シチリアーナ、⑤マルティンスタークに続く4番手に付けるもジワジワと後退。先頭集団から後続へと映していくカメラと同期が合ってしまったので、スタートから36秒間テレビに映りっぱなしでした。残り1000㍍を切ったところでは、既に後ろから5番目。直線ではかなり早い段階から秋山騎手のムチが入るも反応も悪く、伸びてきません。
結局、後半はあまりテレビ画面に映ることもなくブービーの14着でゴール。タイムは1分38秒0。勝ち馬の⑤マルティンスタークから1.8秒離されてのゴールでした。勝った⑤マルティンスタークはキャロットの所属馬。マサカーネも持っている“らいちさん”の愛馬なんですね。
『らいちさんおめでとうございます』
スタート直後からガンガン下がっていったにもかかわらず1.8秒差というのは予想以上に僅差での敗戦。上がり3Fも36.6でそれほど悪くない(良くもないですけど)・・・何か余力を残していてレースに意欲的ではないような気がします。

ここまでのところ、何か同じ栗毛の小型馬“クリオ”と重なるんですよね。。。先行力はありそうだけど、貧弱な馬体と気持ちの面で他の馬に競られると引いてしまう。。。2歳戦はそれでも誤魔化せますが、3アウトやタイムオーバー(これは2歳でもありますが)があり、ローテーションも上手く組めるか分からなくなるこれからのことを考えると、マサカーネの将来が非常に心配です。
クリオもマサカーネも僕が名付けです。同じ様な道を辿るのでは困るし、皆さんにも申し訳ないです。何とか踏ん張って次に繋げて欲しいです。

秋山騎手のコメント『頑張ってますけどねー。もう少し短い方が良さそうです』
庄野調教師のコメント『一生懸命走ってますが、芝ダート関係なく短い距離の方が合う感じですね。色々やってみましょう。この後は2~3週間放牧に出すかもしれません』

距離は短い方が良いと思いますが、何度も書きますが貧弱な感じが拭えません。このレースの後に信楽牧場へ出されたので、少しでも体を大きくしてパワー不足を補ってもらいたいところです。

早くレースで期待を持てるような馬になって欲しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月16日 (日)

集合しませんか?

今日は阪神競馬場に行ってきました。
クオンは8着。口取りは叶いませんでしたが非常に楽しい1日を過ごすことができました。
ユニオン会員の方と初めてお会いすることができました。。。
しかし、クオンの口取り希望者が9人いらっしゃったワケですが、お会いできたのは結局一人だけ。。。皆さん遠くから同じ目的で阪神競馬場に集まっているのに顔も会わせることも出来ないなんて、やっぱり少し寂しいですね。
今日なんか『クオンよく頑張った!』とか、『やっぱりズブいね~』なんて、盛り上がれるはずなのに。。。
ローレルクラブはレース前に1度集合して、レース後は勝っても負けても、もう一度集合(負けたときは来る来ないは自由ですけど)して、調教師の先生の話や騎手の話を伝えてくださいます。
ローレルクラブ以外でもこのようなサービスをしているところは結構多いと思います。ユニオンさんも是非、このような形に改良していただきたいと思います。
クラブのスタッフさんが間に入らないと僕たちクラブ会員は、なかなか繋がりを持つことができませんから。。。

今日は疲れましたので、続報は後日。。。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年12月15日 (土)

クオン復帰戦

明日は予定通りクオンの応援です。
名刺をいっぱい準備しておきました。
皆さんにお会いできることを楽しみにしております。

今日のローレルアクシスは非常にに残念でした。。。この話題を書き出すと止まらなくなってしまいますので、レース回顧は後日(先週のマサカーネのレース回顧もまだでしたね)

明日は朝も早いので短くクオンの前評判を書きます。

クオン
16日(日)阪神8R3歳上500万下 芝1800m
【発走14:00】
C・ルメール56.0㌔

8R 500万下 3歳上 □指(定量) 芝1800m 
  本紙 PC      
1   フローラルカーヴ 牝3 藤田
2 フミノウインダム 牡4 武 幸
3   トミーブランド 牡4 ▲田村
4     コスミックブライト 牡5 北村宏
5 ニシノブルームーン 牝3 武 豊
6   スパニッシュソウル 牝4 田中学
7     イブキレボルシオン 牡5 藤岡佑
8     マイネルスパーダ 牡4 鮫島
9     ツルマルオジョウ 牝3 川田
10     エリモブラスト セ4 角田
11   シルバーブレイズ 牡3 安藤勝
12     コアレスウィーク セ5 石橋
13   エイシンテンリュー 牡4 岩田
14   マヤノゴクウ 牡4 四位
15     クオン 牡3 ルメール
16     ドリームサンデー 牡3
17     タイカーリアン 牡3 小牧
18   ニシノイツマデモ 牡4 ☆北村友

  印 …〔…………………〕
スタッフ…〔……………………〕
相手なりかも
道悪 …―
コース…―
距離 …―
前走 …―
調教 …―
実績 …―
コンピュータ分析…―
大橋調教師のコメント『もともと攻め駆けしないタイプ。体はキッチリできているよ。昇級してどこまでやれるかだね。』
調教より…仕上がり良好
予想オッズ31.2倍(12番人気)
展開予想
ペースM
逃げ ⑯・⑫
好位 ④⑪⑱①
中位 一団(クオンを含む)
後方 ⑧
12日、坂路良、56.8-40.8-27.1-13.7 叩き一杯

クラブより
充分にリフレッシュでき、本馬なりに良い状態で復帰戦を迎えます。レベルの高いメンバー構成となりましたが、今後に目処が立つ走りを期待します。

・・・予想通り印は全くありませんでした。しかし、クオンの成長を見込んでいますので、敵わない相手ではないはず。勝ち負けを期待しています。鞍上は名手ルメール騎手ですし、アッと驚くレースをしても何の不思議もありません。僕を含め9名の方が口取り希望で集結します。皆さんの応援と強い想いで、クオンを後押ししたいと思います。
このレースで勝ったら、先々非常に楽しみです。
先ほどJRAのHPでオッズを確認したところ、11.2倍の5番人気。最終オッズは変わると思いますが、結構人気していますね。

明日は気をつけて行ってこようと思います。
ユニオンのリリカルヴァース、ソリッドプラチナム、マンハッタンスカイ、ローレルのローレルゲレイロなどなるべく多くの写真を撮ってこようと思っています。
それではお休みなさい!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月14日 (金)

燃えろ!文士!!

日曜日は阪神競馬場に行きます。今日の11時過ぎにユニオン東京事務所に連絡をしてクオンの口取り希望の旨を伝えました。余裕で口取りに参加できるだろう・・・と高をくくっていましたが、家に帰ってユニオンHPを確認すると、9名の方が口取り希望をされていました。危うく抽選となるところでした。
日曜日の阪神はクオンの他、出資者の多いリリカルヴァース(7R)、ソリッドプラチナム、マンハッタンスカイ(10RオリオンS)も出走。ユニオン会員さんで賑わいそうです。しかし、ユニオンの場合は所属馬が勝たなければ、会員さんが集合することはないみたいですので、少し寂しいですね。レースで負けてもそのあとのレクチャー等があると嬉しいのですが・・・。
日曜日はローレルクラブのスタッフの方に出資申込書を手渡す約束をしていますので、12:00頃にスタンド2階・西ウイング受付前(賞品展示ブース横)に顔を出しますので、お会いできる方は是非この時間によろしくお願いします。
クオンの話題は明日にすることにします。

土曜日の阪神にはローレルアクシスが出走します。
今日も競馬ブックでアクシスの評価をチェック!!
昨日、マサカーネの出走表を作ったところ思いのほか上手く出来て、気に入ったので今日も作ってみました。因みに印はnetkeibaのものです。

ローレルアクシス
15日(土)阪神12R3歳上1000万下(混)D2000m
【発走16:20】
▲船曳文士53.0㌔

阪神12R3歳上1000万下(混)D2000m
本紙 PC 馬 名 性齢 騎 手
1      ゲットアウト 牡4 長谷川
2      ゼンノジュウシン 牡4 武 幸
3  ナリタブラック 牡5 藤岡佑
4    トップオブザロック 牡3 デムーロ
5    マイネルカンターレ 牡3 柴原
6      アドマイヤレグルス 牡4 福永
7    ナムラスピード 牡4 渡辺
8    ストラディヴァリオ 牡4 岩田
9      マルノユビキタス 牡6 池添
10    ツルマルビビッド 牡3 四位
11      パーフェクトラン 牡4 藤田
12    クラリオンコール 牡6 秋山
13    ローレルアクシス 牡3 船曳
14  トシセント 牡3 ☆北村友

  印 …〔…………▼▼…〕※▼は二重三角 
スタッフ…〔……▲△△……▼〕※▼は二重三角
相手なりかも
ダート…―
コース…―
距離 …―
前走 …△
調教 …―
実績 …―
コンピュータ分析…―
情報○(やっと良くなり)
鶴留調教師のコメント『前走の勝ち時計が速かった。春先は芝に使って結果を出せなかったり、足踏みが続いたけれど、やっと良くなってきたね。距離は心配していないから、昇級しても通じないか。』
調教より…好気配保つ
馬体が充実し、動きもスムーズ。久々で追い不足だった前々走を叩きつつ着実に良化。
予想オッズ19.7倍(7番人気)
展開予想
ペースM
逃げ ⑦
好位 ⑪④⑫⑧
中位 一団(ローレルアクシス含む)
後方 ⑤
⑦ナムラスピードがハナへ。⑪パーフェクトラン、④トップオブザロック、⑫クラリオンコールが好位。⑧ストラディヴァリオはその直後か。⑭トシセントが早めにスパート。

今朝の追い切り
14日・栗B良・助手・5F70.7-56.5-41.8-12.9(馬なり余力)

・・・相手も揃いましたが印が少ないですね。除外の可能性が高かったため強い調教をしていないことも人気がなくなっている一因かと思います。しかし、馬自体の調子は良さそうですからチャンスは十分にあると思います。枠順も願いが叶い、外枠に。これならコースロスは多少あるかもしれませんが、内側に閉じ込められること無く力を出し切れるかと思います。しかし、周りの騎手は錚々たる顔ぶれ。まるでGⅠレースでも始まるかのようなメンバーです。その中で、文士騎手では・・・心配ですね。しかし、文士君も前々走のアクシスに騎乗し悔しい思いをしていますし、それを忘れていないと思いますので、前回の反省を生かして良い騎乗をしてくれるものと信じています。『燃えろ!文士!!』馬の力は上位でしょうから。。。
1番人気が予想される⑧ストラディヴァリオはターファイトクラブの馬で、大昔にローレルウェルシュと走ったこともある馬です。ウェルシュと一緒に走ったときに『いい馬だなぁ・・・』と、思った相手です。ここはウェルシュ兄さんの仇をアクシスにキッチリととってもらいたいと思います。
前走は鶴留先生に500勝目のメモリアル勝利をプレゼントしたアクシスですが、今回は船曳文士騎手に通算10勝目のメモリアル勝利がかかったレースとなります。多分表彰はないと思いますが・・・。でも、メモリアル勝利に縁のあるローレルクラブ所属馬ですから、ここも縁起のいいレースになりそうです!期待しましょう!!
日曜日の阪神遠征費を稼がせていただきたいと思います。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007年12月13日 (木)

6枠12番マサカーネ

ローレルアクシスは土曜日の阪神に出走が決定。鞍上は少々心配ですが、距離が伸びることはアクシスにとっていいことだと思うので期待しましょう!4コーナーで内側に閉じ込められることが心配ですので、外枠になるか、逃げ馬に頑張ってもらって、バラける展開になってもらうことを希望です。
クオンは予定通り日曜日の阪神に出走。こちらは、相手が結構揃っている感じです。ここで頑張れるようだと先々楽しみですが、どうでしょう?ルメール騎手の手腕にも期待です。

今日は、この2頭に先駆けて枠順発表があったマサカーネの話題を。
現在発売されているサラブレ1月号の54ページに
『第11回珍名馬オブザイヤー2007』
の出走表がありました。
出馬表は以下の通りです。

1 オレノマエニイクナ
2 コワイモノシラズ
3 コンナジダイニ
4 サケダイスキ
5 チョウノヨウニマイ
6 キヲウエタオトコ
7 ソンナノカンケーネ
8 ドンダケー
9 トノノオナリー
10 ハンサムデイイヤツ
11 ビーボタンダッシュ
12 マサカーネ
13 ゾルトンワージ
14 ヨシカツゾー
15 ワタシメダチタイノ
16 その他

JRA主催のレースでは勝っていないマサカーネですがここでは一発を見せて欲しいところです。
昨年の優勝馬は『モチ』。JRAのレースでも強さを見せると人気も高まるのですがね。。。第6回の優勝馬にはユニオンの『ウォーニングムスメ』の名も。
今年のメンバーではマサカーネが唯一の一口クラブ所属馬です。
マサカーネの名付け親としては、ここで初タイトルを奪取してレースの方でもこの勢いに乗せてあげたいところです。
皆様、暇と50円がありましたら是非、マサカーネへ清き一票をお願いします!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月12日 (水)

ユニオン愛馬情報12/12

今日は久々のラグビーの練習に参加。年齢のせいもあるのか、少し動いただけでヘトヘトになってしまいました。
今日は中日の新人選手入団発表があり、福留選手のカブス入りが決定的とのニュースも。明日は『トヨタ・クラブワールドカップ』準決勝ACミランVS浦和レッズがあるし、競馬だけでなくいろいろなスポーツにも注目しています!!
でも、今週はローレルアクシスとクオンに気持ちがいってしまいます。
日曜日に(1人で)競馬場に行くことを決定しましたので、楽しみです。ローレルアクシスの応援になるかクオンの応援になるかは明日を待ってということになりますね。
ということで、今日はユニオン愛馬情報を・・・といってもクオン情報なんですけどね。

クオン(トロットスター×ファーストステップ)
12/12 坂路(56.8-40.8-27.1-13.7)叩き一杯
10馬身以上後方にいた僚馬に最後は差を詰められたが、一杯に追い、2馬身ほど先着。
相変わらず時計は掛かっているが、本馬なりに動きは悪くなかった。
阪神(日)8R芝1800で復帰する予定。本馬は前走からの間隔が大分空いており、想定の段階では優先順位が上位のため、除外の可能性はない見込み。
大橋調教師のコメント『やっぱりケイコでは動かんなぁ。もともと動かないことを考慮して相手は随分後ろから行っていたのに、追いつかれそうになってたもんね。でも本馬なりに良い状態には仕上がってきている。芝の昇級戦でどれだけやれるか見てみましょう』
・・・相変らず調教は動きません。しかし、調教の動きがレースに直結しないことは周知の通り。しかし、3ヶ月を超えるレース間隔が心配です。
そして、鞍上はC・ルメール騎手を予定。福永騎手、渡辺騎手でないことは少し残念ですが、腕としては申し分ない頼れる騎手を用意してくれました。大橋先生のコメントからはそれほど強気な感じは受けませんが、ルメール騎手を用意してくれたということで、内心期待してもいいんだろうか・・・
ローレルアクシスのレースも気になりますが、クオンへの現地応援に気持ちは傾いております。
ローレルアクシスは左回りの方が合っている様な感じもするので、香嵐渓特別に登録⇒出走⇒優勝が理想ですが、そうなると経済的な問題も絡み中京遠征となりますので、ローレルアクシスには土曜日の阪神12R(ダート2000㍍)に廻ってもらって、右回りコースの不安(僕が勝手に思っているだけですけど)を払拭するようなレースでキッチリ勝ってもらって、日曜日はクオンが阪神で勝利⇒クオンとの初の口取り・・・となるシナリオが理想的です。
どのような週末になるかは明日を待って決めたいと思います。
しかし、久々の競馬場は今から楽しみです。あまり寒くならなければ嬉しいのですが。。。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2007年12月11日 (火)

サンクスデー

12月16日(日)は入場無料!

「JRAサンクスデー」です。

このJRAサンクスデーに出走する可能性のある愛馬は・・・クオン(阪神競馬場8R)とローレルアクシス(中京競馬場11R香嵐渓特別)の2頭です。
今年は忙しい一年でしたし、ここでちょっと自分にご褒美をあげてもいいかな?と思ったりもしています。
中京でアクシスが出走するようだったら中京に行きますが、アクシスが前日の阪神OR除外となった場合には思い切って初の阪神競馬場へ行ってみようかな?・・・とも考えています。

まずは、明日の想定を見て楽しみを膨らめておこうと思います。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007年12月10日 (月)

また落選。。。

今日、ユニオンの当歳先行募集馬プレゼント抽選結果発表がありました。
美浦入厩予定の
PEGASUS-1 ネオユニヴァース×ステファニーズホープ

栗東入厩予定の
PEGASUS-2 スペシャルウィーク×グローバルカード
です。
僕は、栗東のスペシャルウィーク×グローバルカードへ応募しましたが・・・
残念ながら今年も落選。
なかなか当たりませんね。因みにユニオンでは15回も走っているクオンのゼッケンも1度も当たったことがありません。(全部応募しているのに・・・相性が悪いんでしょうか?)
どなたか、ユニオンで懸賞に当選するテクニックを知っていたら教えてください。
よろしくお願いします。。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年12月 9日 (日)

そろそろ決めなくては

マサカーネはブービー負け。レースの感想は明日以降に書かせていただきます。

さて、ローレルクラブもユニオンも馬名募集が大詰めとなってきました。
そして、フレスコの06しか出資していないこの世代の出資馬の決定についても考えを固めなければなりません。

06世代はユニオンからフレスコの06に既に出資済み。割引券があるのでこれを使ってしまわなければならず、
①候補ムービースクリーンの06(キャンセル待ちも厳しい状態)
②候補ピアノレッスンの06
③候補ニューデイダウニングの06
の3頭に絞って出資する予定でした。
しかし、当歳先行募集のグローバルカードの07にも強い興味が湧いてしまったので、そちらに靡くかもしれません。
グローバルカードの07にいったときは06世代は1頭のみの出資となります。

そして、ローレルクラブの06世代にはキャンペーンに乗って1頭プレゼントを期待しています。そして、キャンペーンのプレゼント馬に入っていない仔へ1頭出資する予定です。
という事で、プレゼントに当たれば2頭。そうでなければ1頭のみの出資となります。

と、いうことで、06世代は最少で2頭。最多で4頭への出資になる見込みです。

07は困りましたね。。。ハルカチャンの代替で“オグリ娘”1頭への出資が既に決まっているわけですが、キャンペーンに乗っかるということで加えて2頭に出資します。すると・・・既に3頭。グローバルカードに出資することになると、4頭になってしまいます。グレイスクインの07(オグリ娘)にしても、グローバルカードの07にしても総口数が多いので、毎月の維持費はそれほど嵩む事はありませんが、愛馬が多いと会いに行ったり、応援するのが少し大変になります。
今までの世代別出資馬を振り返ると・・・
01産 1頭・・・ラッキーナンバー(維持費3000円)
02産 2頭・・・ローレルジェイ・ローレルシード(同6000円)
03産 3頭・・・ローレルウェルシュ・ハルカチャン・パシスタ(同5400円)
04産 5頭・・・ローレルアクシス・スリジェ・クリオ・ローレルアクア・クオン(同15000円)
05産 3頭・・・ローレルキャノン・マサカーネ・ローレルベルロード(同8000円)

頭数も3~4頭あたりが一番僕に合っている感じですかね。
ピアノレッスンの06とニューデイダウニングの06については馬名応募して採用されたら出資・・・というスタンスで行こうかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 8日 (土)

マサカーネ頑張れ!

明日はマサカーネが出走します。
昨日も書きましたが、このレースの相手はかなり強力。。。
競馬専門紙『競馬ブック』でマサカーネの前評判をどうぞ。

マサカーネ
9日(日)阪神3R 2歳未勝利(牝) 芝1600㍍
15頭立2枠2番【発走11:05】
秋山真一郎54.0㌔
  印 …〔…………………〕 
スタッフ…〔……………………〕
成長見られず
道悪 …○
血統 …―
距離 …―
前走 …―
調教 …―
実績 …―
コンピュータ分析…―
情報○
庄野調教師のコメント『外から被せられて気にする面を見せていた前走。叩き2走目だし、もう少しやれてもいいが。』

調教より…馬体細化なし
予想オッズ32.8倍(11番人気)

netkeiba予想 本紙… PC予想…

・・・中1週での出走になりますが、調教のタイムも詰めていますし、デビュー戦で見所のあった芝のレースは楽しみです。
しかし・・・相手が強すぎる。2着の実績のある馬が5頭(③グリッツェリン・⑤マルティンスターク・⑩サムワントゥラブ・⑬アメイジングベガ・⑮エリモラフィーネ)、そして3着経験のある馬が3頭(④ホッコーティアラ・⑦シチリアーナ・⑭オースミマコ)。。。2着&3着経験のある馬が半分を超えているんです。連続10着のマサカーネがこの中に入って予想オッズが11番人気なのが不思議です。(実際はもっと売れないと思いますが)
目標は1ケタ順位かな?
ローレルクラブの最近の勢いに乗ることができれば掲示板くらいには・・・なんて、他力本願的な想いもありますが、冷静に見れば今回は厳しいでしょう。
レース回顧のときに少しでも褒められるところを見つけることができればいいかな?なんて思っています。

でも、応援馬券を買って観戦します!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 7日 (金)

92

トップページの右下にある『馬主成績』の更新をかなりの間やっていませんでした。
今朝、もしかしたらそろそろ100戦目に到達するかも・・・なんて思い愛馬の成績を集計しました。

結果は次のとおりです。
92戦
1着 8回
2着 5回
3着 7回
4着 5回
5着 7回
着外60回
掲示板率 .348
 複勝率 .217
 連対率 .141
 勝 率 .086

とりあえず、まだ100戦には到達していませんでした。

100戦まであと8戦。8戦のうち2勝すれば区切りのところで勝率1割を保つことができます。
現状を考えれば入厩中のローレルウェルシュ、ローレルアクシス、クオン、マサカーネがそれぞれ2戦して計8戦となります。『8戦2勝もあり得るかな?』と、期待しています。
93戦目は今週出走の“マサカーネ”、来週は“ローレルアクシス”と“クオン”が出走することでしょう。
年内に10勝目を目標に愛馬を応援していきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 6日 (木)

ローレル情報12/6

今日はローレルクラブ愛馬情報です。
ローレルクラブのキャンペーンに乗るかどうか毎日迷っています。面倒な仕事がようやく片付いたので、パッとお金を使いたい気分!この勢いでキャンペーンに乗っかりそうですけど。。。もう少し悩んでおきます。

ローレルウェルシュ(テンビー×モガミヒメ)
9日(日)中山10R・アクアラインステークス・3歳上1600万下(混・H)D1200㍍に勝浦正樹53.0㌔で出走を予定しています。
5日・栗坂1本良・単走・助手・4F53.4-37.9-25.2-12.9(馬ナリ)
梅内調教師のコメント『この条件は登録していかないと仕方ないから、すぐに入ってしまったらゴメンな。ここでハジかれて、年内に一戦できれば』
アクアラインステークスは除外となりました。
・・・予定通り除外になって良かったです。ハンデ戦は魅力でしたが連闘して、そのあと中1週ではウェルシュも辛いでしょうからね。ハンデももう1㌔少ないかなぁ・・・なんて思っていましたし。年末のフェアウェルステークスか、それも弾かれて新年早々の京都D1200㍍初夢ステークスに行ってくれた方がいいかな?フェアウェルステークスで勝ったらガーネットステークス(GⅢ)に出走できるかも。。。ですね。

ローレルアクシス(スペシャルウィーク×ダムドコンパニー)
この中間も変わりなく順調な調整を続けています。想定次第では9日(日)阪神12R・3歳上1000万下(混)D1800㍍に出馬投票を行う可能性があります。
・・・出馬投票しなかったのでしょうか?それとも投票しながら除外になったのか?よく分かりませんが、来週の中京香嵐渓特別にエントリーしますね。クオンもこの日の阪神ではなく、中京芝2000㍍鳴海特別に出てくれないかなぁ・・・。アクシスはどのレースに出ても勝ち負けでしょう!安城特別で3着に負かしたショウナンラノビアとはあんまり当たりたくないかも。。。

マサカーネ(トワイニング×ナイスジュノー)
この中間も変わりなく順調な調整を続けています。
8日(土)阪神3R・2歳未勝利(混)芝1400㍍または9日(日)阪神3R・2歳未勝利(牝)芝1600㍍に藤岡佑介で出走を予定しています。
5日・栗CW良・助手・6F86.2-68.9-53.3-38.9-12.6(6分所・一杯)
(2歳新馬・ミネルヴァアイ・馬ナリの外同入)
庄野調教師のコメント『ダートの走りも悪くないですが、それほどパワーのあるタイプではないですし、現状では芝の方が合っていそうです』
9日(日)阪神3R(発走11:05)2歳未勝利(牝)芝1600㍍・15頭立に秋山真一郎54.0㌔で出走します。
・・・結局日曜日の牝馬限定戦へ出走となりました。鞍上は藤岡兄ではなく秋山真一郎騎手。藤岡兄はシンデレラロマンスという馬に乗りますね。しかし、このレースは相手が揃った感じ。マサカーネにとってかなり厳しいレースとなりそうです。2戦連続10着ですので、今回は1桁順位でのゴールを期待しています。

ローレルベルロード(ナリタトップロード×ベルガール)
WM40分・コースでダク~キャンター3600m。週に1~2回は坂路で15-15の調教を順調に消化しています。
・・・変わらずですね。それでも評判はかなり良いようです。鮫島調教師もここに来て急に熱視線をベルロードに向けているとのこと。ナリタトップロード産駒は総じて仕上がりが遅いですから、このペースも致し方ないと思うしかないですね。無事にデビューを迎えて欲しいです。

好調のローレルクラブですが今週末はマサカーネのみの出走。この勢いに乗ってマサカーネが勝つようなことがあったとすると。。。ちょっと恐ろしいです。でも少しだけ期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 5日 (水)

クオン、芝への挑戦

先週はローレルクラブの所属馬が大健闘。2勝を挙げました。我が愛馬もローレルクラブの馬が順調です。
ユニオン愛馬クオンも具体的なプランが発表されました。

クオン(トロットスター×ファーストステップ)
12/1 坂路(58.4-41.7-27.5-13.4)末強めに追う
12/5 坂路(55.9-40.8-27.2-13.7)叩き一杯
本馬なりに動きはまずまず良好。
復帰戦は来週の阪神(日)芝1800へ向かうことになった。
大橋調教師のコメント『いろいろ検討したが、来週の阪神に向かうことにします。やっぱり小回りよりは広いコースの方が本馬にはいいと思うし、もともと追走が苦しいタイプで復帰戦かつ昇級戦だからね。直線が長い方がこの馬のレースをしやすいんじゃないかな。ダートは年明けでも使えるから、間隔の空いている今回は芝のレースを使ってみましょう』

・・・芝レース復帰は、秘かに期待していました。芝への期待には応えてくれましたが、中京ではなく阪神での出走とは・・・残念です。一番期待していたことは、中京競馬場の芝レースへの出走だったんですね。来週の鳴海特別(芝2000㍍)に出てくれればなぁ。。。と思っておりました。この日のメインレースである香嵐渓特別(ダート1700㍍)にローレルアクシスが出走してくれれば、尚嬉しいってところでしたが、ローレルアクシスも今週(の阪神)に出走するような感じですし、僕の思惑は大きく外れてしまいました。
クオンのレースも録画応援になりそうな感じです。
因みに今日のユニオン栗東情報はユニオンのスタッフが直接栗東トレセンへ出向き取材した情報とのことです。

フレスコ06(ナリタトップロード×フレスコ)
加藤ステーブル分場で、集団で隊列を組んだり馬の前に入ったりする部班運動で馬込みに慣らしていたが、現在は本場へ移動し、スクーリングを兼ねて坂路やダートコースで軽めキャンターを乗っている。素直で呑み込みが早く、気性面の心配は全くない。また、柔らかい動きを見せており、「大型馬の割りに俊敏なところを見せていますし、悪さをすることのない良い馬ですね。期待に応えられるようにしっかりやっていきたいと思います」と場長は高く評価している。また、10月上旬に田所秀孝調教師が視察に訪れ、本馬の状態をしっかりチェックされた。

・・・評判いいみたいですね。この頃のコメントは鵜呑みにしない方がいいと言われますが、この仔には期待しています。今月の会報の付録に募集馬のDVDがついていましたが、まだ見ていません。来週の水曜日までにはしっかりと見て、感想を書きたいと思います。
ローレルクラブの06産馬は1月に入ると毎週火曜日に情報が入るようになるんですが、ユニオンの06産馬は入厩するまでは月イチでしか情報が入ってこないんですよね。。。そこはもう少し改善してもらい所です。クラブスタッフの方!よろしくお願いします!!

今、ユニオンの馬にも1頭出資を考えています。
クオンがしっかり稼いでくれれば、すんなり“GOサイン”を出す予定です。
頼むぞ!クオン!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年12月 4日 (火)

速球派から技巧派へ

うちの息子は小学校2年生です。
父親として比較的子育てに参加している方だと思っているのですが、知らないうちにいろいろと勉強をしている息子の学習スピードに驚かされます。
今日、息子の宿題を見たのですが、結構難しい漢字を書けるようになっているんですよね。。。つい1年前までは平仮名しか書けなかったのに・・・。今では『新』や『角』、『日曜日』とか『教室』など・・・書いたり読めたりしちゃうんです。
僕は・・・息子が生まれた8年前からどれだけ知識が増えただろうか??
もしかしたら・・・34歳にして、学力が退化しているかも。

競馬とパソコン・・・1日のうちで、ここにかけている時間が多過ぎるかな?趣味なのでこの時間を全て削ることは無いかもしれませんが、息子に負けず教養を高める努力をしなくては・・・。
今までラグビーを続けてきて、スポーツや体力には自信はあるのですがこのところ衰えは隠せません。私生活についても仕事についても、いつまでも『直球に拘る速球派ピッチャー』ではなく『テクニックと頭脳を駆使する技巧派ピッチャー』にならなければならない分岐点に到達しているのかもしれません。

努力せねば。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 2日 (日)

愛馬選定中

ローレルクラブの06年世代の出資馬が未だに0頭です。
興味のある馬は何頭かいるのですが、迷っているのが現状です。
12月末日に馬名の締切りもあるので、それまでには出資馬への意思を固めたいと思っています。
現在候補に残っているのは(17頭中)10頭。。。半分以上が残っているワケで・・・全然絞れていません。

04世代(クオンやアクシスの代)は5頭に出資。月の維持会費が15,000円となっていました。僕の小遣いからするとこれはちょっと多過ぎ。
05世代はローレルキャノンとローレルベルロードとマサカーネの3頭に出資。維持会費は3頭で8,000円でした。
一口馬主も数年続けてきて、維持会費が10,000円以内に収まればヒヤヒヤせず、この趣味を続けられそうかな?なんて思いました。
既にユニオンのフレスコ06(1/500)に出資していますので、上記の規定で言えば残りは8,800円以内です。お財布と相談しながら決定しなければ。。。

今週のローレルクラブ所属馬はよく頑張りましたね。来週以降も続くことを期待しています!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年12月 1日 (土)

ローレルアクシス反省会

ローレルアクシスの勝利も既に一週間前のことになるんですね。。。今週は忙しかったし、体調も悪かったのでアクシスの勝利の余韻に浸る暇がありませんでした。
ローレルアクシス
25日(日)中京10R・安城特別・3歳上500万下(混) D1700㍍
安藤光彰55.0㌔
実は、この日は予定が無く中京競馬場へ行ってアクシスの応援&口取りをする予定だったのですが、前日の夜にいきなり上司から電話が入り『日曜日に○○へ行ってくれ』と言われてしまいました。
『この日は既に用事がありまして・・・』と言ってかわす事も可能だったかもしれませんが、嘘をついて競馬場に行って、事故などに巻き込まれても困るし、やましい気持ちを持って応援をしてもアクシスに迷惑が掛かるかもしれないと思い、急遽断念。クラブのスタッフ様にはご迷惑をおかけしました。このレース、結果はローレルアクシスが優勝しましたが、僕が応援に行っていたら・・・優勝していなかったでしょう。口取りを一回逃した悔しさはありますが、アクシスの優勝は僕にとっても(応援を我慢して仕事に行った)ご褒美だと思っていますので、次の口取りチャンスをモノにしたいと思います。

安城特別の第一回登録はかなりの頭数が揃ったのですが、同じようなダート中距離レースが多数あったので、メンバーがバラけて結果的には8頭の少頭数に落ち着きました。相手はそこそこ揃いましたが、後方から差して来るアクシスにとって少頭数は歓迎すべき好条件です。馬体重は前走より6㌔減っての490㌔。前走がプラス8㌔ですから休養前の体重に戻った感じです。なかなか体重が増えませんね。
パドック解説では『ここに来てだいぶ落ち着いてきましたね。まぁ前走に比べれば、馬体も絞れてきましたし、気合乗りもいいですね。』といったコメントをいただきました。
前走のパドックと比較すると馬体が絞まって見えるし、毛艶もいいように見えました。気合乗りは前走は2人曳きで、グイグイ引っ張っていた感じでしたが今回は、幾分テンションが高いのかなぁ・・・なんて思いました。でも、いい感じです。パドック解説時のオッズは5.7倍。金曜日のマサカーネと土曜日のローレルウェルシュで負けた馬券を何とか取り戻そうと、アクシスの単勝が2.5倍となった場合にトントンになるように単勝馬券に注ぎ込んだので、この倍率は美味しかったですね。
パドックからの推奨馬は③ローレルアクシス、⑧トウカイフラッグ、④ショウナンラノビア、②マルブツフラッシュの4頭が挙がりました。アクシスが1番手評価。。。ここで名前が挙がると嬉しいものですね。勝利への期待は更に高まります。

さて、スタートです。スタート前のファンファーレですが、僕はこのファンファーレが一番好きなんですよね。。。中京&小倉の特別競争用のもので愛馬がこのファンファーレで走ることは初めて。ちょっと“ゾクゾク”ってしました。
さて、スタートもそれほど上手くなく、変なところでスイッチがオンになるという乗り難いアクシスをベテランジョッキー安藤光騎手がどのように導いてくれるのか非常に楽しみです。そして、鶴留先生の通算500勝がかかったこのレース。メモリアルレースに縁のあるローレルクラブ所属馬ですので、より一層の期待をしてしまいます。

スタートしました。アクシスの両隣の②マルブツフラッシュと④ショウナンラノビアが好スタートを切ってしまったためにローレルアクシスはこの両馬に少し遅れた形に。100㍍ほど走ったところで②マルブツフラッシュと④ショウナンラノビアと③ローレルアクシスの3頭が先手を譲らず。。。安藤光騎手のコメントにもありましたが少し挟まれるような形になってしまいました。しかしそれにも怯むこと無く前に出ました。第一コーナーではコーナーワークで②マルブツフラッシュに先頭を譲るものの2番手につけました。この格好はいい感じ。アクシスが初勝利を挙げたときと同じような位置取りです。
向正面でも淡々としたペースで②マルブツフラッシュがレースを引っ張り③ローレルアクシスは相変らず楽をしながら2番手をキープしています。強敵と思われた⑧トウカイフラッグはやや引き離された7番手を追走。この時点で⑧トウカイフラッグは届かないだろう。。。と感じ、アクシスに絶対的有利なレースになったと思いました。
3コーナーから4コーナーも位置は変わらず、そのまま直線へ。内ラチ沿いを逃げる②マルブツフラッシュを追いかける④ショウナンラノビアと③ローレルアクシス見応えのある3頭の叩き合いに後続の馬はついていくこともできず、残り200㍍のところで勝負もこの3頭に絞られました。
残り100㍍のところでややアクシスが不利かな?と思ったあとに再びアクシスのズブいスタミナエンジンに火がつきました。ジワジワと前に頭に追いつきジワジワと引き離しにかかりました。ゴール板のところでは完全にアクシスが抜け出し、安城特別優勝。この瞬間に鶴留先生の通算500勝と僕の初の2週連続勝利、そして2週連続の特別戦勝利。3連休3連戦の締めくくりを最高の形で飾ってくれました。
勝ちタイムは1分46秒0で2着にクビ差をつけました。

この時計ですが前日に行われた1000万下条件・大須特別(D1700㍍)と同タイムなんですね。これなら上のクラスでも十分やっていけることを示していると思います。着差以上の強い勝ち方に喜んでいたわけですが、今日の中京10レース沓掛特別(500万下)で安城特別3着だったショウナンラノビアが1分45秒8で優勝。あっさりと早いタイムを出されてしまいました。でもそう考えると安城特別で負かした相手も相当強い相手だったといえるかもしれませんね。

安藤(光)騎手のコメント『スタートで他馬とぶつかった時にハミが抜けてしまって、どうなるのかと…。でも直線内から来てくれたお陰でハミを取ってくれて、そこからは地力を見せてくれましたね』

鶴留調教師のコメント(通算500勝について)『馬主、先輩、友人、そしてスタッフの方々に感謝しています。これからも価値ある1勝をあげていきたいと思いますので、ファンの皆様も応援よろしくお願いします』

まだまだ活躍できますね。同世代のローレルゲレイロを超える活躍を期待したいです。彼(ローレルアクシス)ならできる!ここから快進撃が始まりますよ~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »