« 僕も非管理職です | トップページ | 2月反攻へ »

2008年1月29日 (火)

期待の2歳馬

明日、国立競技場で行われるサッカー日本代表VSボスニア・ヘルツェゴビナ戦ですが、お客さんが入らなくて困っているようです。注目度の高い、ハンドボール“五輪アジア予選やり直し”が国立代々木競技場で今日・明日の2日間にかけて行われます。どうやら国民の関心はそちらに向いているようです。(僕も、ハンドボールのルールは知りませんが、気になります。)
でも、明日は家族でサッカーを見るかな?

サッカー&ハンドボールも気になりますがやっぱり愛馬が気になります。

ホシノテンビーの06(2歳牡)
(レギュラーメンバー×ホシノテンビー)
1/22 新冠のホースプレイスで育成中。この中間も変わりなくWM40分・Wコースでダク1400m・キャンター1400m・坂路1本を25-25ペースで順調に消化しています。近親から3連勝でGⅢ中日新聞杯を勝ったサンライズマックスが出ている血統で、本馬も細身ながらも筋肉が発達しており、無駄の無い身体付きをしているのはこの血筋の特徴ではないでしょうか。普段は非常に大人しい性格をしていますが、調教時の気合い乗りが良く、自らが走りたいという意欲が出ますし、キャンターで見せるフォームは走り方のバランスがとても良いのも好印象です。母の父テンビーのスピードが本馬には備わっているように思われます。現在の馬体重450kg(22日情報)
1/29 WM40分・Wコースでダク1400m・キャンター1400mを順調に消化。馬体重は483kgです。調教後テンションが上がる事があるので、落ち着かせるよう心掛けています。

・・・僅かな間に33㌔も太りましたね。。。少し怪しいので、近々クラブに確認しようと思いますけど・・・。運動をしながら体が大きくなっているようで頼もしい限りです。この時期はいいコメントばかりが並びますが、いい感じではないでしょうか。調教後にテンションが上がるところは心配もありますが、走る意欲が高いというようにポジティブに捉えたいと思います。早いデビューを期待しています。それから、BMSテンビーのアーニングインデックスが1.65と非常に高いんですよね。勿論、ローレルゲレイロが居るからなんですけど。。。それでも、比較的産駒が活躍していると思うので、テンビーのスピードをしっかりと受け継いでいる馬が多いのだと思います。

スエヒロジョウオーの06(2歳牝)
(カリズマティック×スエヒロジョウオー)
1/22 この中間も変わりなくWM40分・ダク・軽めのキャンター2400mを順調に消化しています。母スエヒロジョウオーはGⅠの阪神3歳牝馬ステークスを勝ち最優秀3歳牝馬に選ばれました。その産駒からは当クラブで3勝を挙げたイナズマローレルや7勝を挙げ種牡馬となったスエヒロコマンダーを輩出しています。本馬は均整のとれたとても奇麗な馬体をしています。その身体に最近では幅が出て逞しさが備わってきました。自己主張が強く、何か気に入らないことが有ると暴れだす性格は母によく似ていますので、その母のような活躍を期待しています。現在は宮崎県の宮崎保養センターにて育成を行っています。
1/29 WM40分・ダク~軽めのキャンター2400mを順調に消化しています。

・・・こちらは体重の連絡が無く、どのくらいの大きさなのかよく分かりません。馬体のバランスのよさと血統が気に入った馬ですから、特に心配していませんけど・・・。こちらも気性の激しそうな一面が少し紹介されています。
○スエヒロコマンダー(牡・父コマンダーインチーフ)
2歳7月デビュー(初勝利は8戦目)
○コウエイベラドンナ(牝・父メジロライアン)
2歳6月デビュー(2戦目で勝利)
○ゴダイリキ(牡・父コマンダーインチーフ)
3歳1月デビュー(2戦目で勝利)
○コウエイブルーム(牝・父ウォーニング)
3歳4月デビュー(初勝利は10戦目)
○スエヒロサプライズ(牝・父ラムタラ)
3歳1月デビューもこの1戦で引退
○イナズマローレル(牝・父ピルサドスキー)
3歳1月デビューの新馬勝ち(しかも武騎手)
○イナズマゼウス(牡・父フォーティナイナー)
3歳3月デビューで初勝利は障害戦で
○イナズマイージス(牝・父コマンダーインチーフ)
3歳3月デビューで新馬勝ち
○アドマイヤジュエル(牝・父アドマイヤベガ)
3歳3月も未勝利
比較的デビューが早く、新馬勝ちが2頭も居ますので、頼もしい限りです。僕は牝馬とは相性が悪い(未勝利どころか掲示板も0回)ので、この馬でそのジンクスともおさらばしたいと思います。
スエヒロジョウオーの06を所有させている方を一人も知りません。出資されている方!是非連絡ください!!

|

« 僕も非管理職です | トップページ | 2月反攻へ »

コメント

国立競技場と国立代々木競技場は確か^^電車で一駅ですよね。
日韓共催ワールドサッカーの年は、慶應義塾大学病院にお邪魔していたので、隣が国立競技場でした。
私は生で観戦したことがないのですが、病院の旧館で日々聞いた地響きにも近い応援の物音は、今でも忘れず覚えています。明日は、サッカー観戦楽しみですね。

今週末も頑張ってお馬さん応援します

投稿: ひだぶ~ | 2008年1月30日 (水) 01時05分

>ひだぶ~さん

関西にお住まいなのに東京のことにも詳しいんですね(笑)
サッカー応援といっても、自宅観戦です(涙)
時間とお金さえあればサッカーも競馬も現地にて応援したいところです。。。

実は、僕も国立競技場に行ったことがありません。東京でサッカーを見たことは無いですし、ラグビーはお隣の秩父宮ラグビー場でしか見ていないんですよね。。。
一度は国立競技場へ行って見たいものです。

今週末はクオンが頑張ってくれることを期待しています。ユニオンは2008年少々出遅れた感がありますので、2月反攻を・・・

投稿: まひろ | 2008年1月30日 (水) 11時09分

あっ・・・話は違いますがww例の「立派な議員宿舎」は道路財源で建てられているそうですね。そりゃ~wwつなぎでもなんでもあらゆる財源は失う訳にはいきませんよね。
東京の真ん中で暮らしてみるとww庶民はここにいたら干乾びると感じますよww 旧議員宿舎辺りでは、60平米位のうさぎの寝床程の部屋が月2~30万円。駐車場が平面で1台6~10万位じゃ~ないでしょうか?
東京時代は忙しすぎて、年中無休&睡眠時間が3~5時間のみ。手取りは地方勤務時代と変わらずww眠らず働き続けて・・・ご飯代にも困る状況ですよねww上の生活費払うとwww
田舎ぐらいの方がいいな~庶民はwwけっきょく、東京の中心でぬくぬく暮らしている人は庶民ではなく。未だに貴族か上層部で羨ましい限りで御座います。
今週末は、クオン・マリエンベルク・アップステージがエントリ~ですーー^^/
アップステージですが、流石「中竹先生」流石「中舘JK」と再度関心しています(*^_^*)
アップステージは馬の形は個性的でも素晴しいと感じていましたが・・・気性が相当変わっている馬なんですが、真面目に走れています(ここは中竹G&育成を評価)
中舘JKに色々な愛馬に乗ってもらいましたが・・無用な競馬をした事がありません。今回もキッチリ逃がせてくれました。どんな奥義があるんでしょうwww企業秘密でしょうが、素晴しい。努力家・苦労人・真面目な方ですから、今週も大変期待しております。当然^^一競馬ファンとしても中舘JKや武豊JK個人的には酒井JK・福永JKなどは買いの好材料なんですねww反対に藤岡君は、流れの中で持ってくる事がたまにはあるのですが、全く評価せず消しなんです(笑


投稿: ひだぶ~ | 2008年1月30日 (水) 18時15分

あっ・・・クオンとマリエンは揃って小牧さんだ
芝の小牧は洋ナシとww兵庫県競馬おやじが
阪神競馬場でほざいていたけど(笑
マリエンの運命はいかに

投稿: ひだぶ~ | 2008年1月30日 (水) 22時54分

>ひだぶ~さん

僕は・・・都会に住んだことがありません。多分、都会に住んだら馴染めないだろうなぁ。。。やっぱり、東京って生活費がかかるんですね。。。僕の給料ではやっていけませんね。一口馬主をやれるのも地方に居るからですね!!

アップステージは中舘騎手を予定しているようですね。僕の愛馬は中舘騎手に乗ってもらったことが無いんですよね。。。やっぱり“地味だが努力家”といったイメージでしょうか。ヒシアマゾンとのコンビが印象に残っています。

クオンは小牧騎手です。大橋先生の指示で序盤から最後まで、ビシッと追ってくれることでしょう。。。今回こそ脚を余すことが無いようなレースを期待しています。

マリエンは小牧騎手との相性はどうなんでしょうね?
初勝利のときの騎手ですから問題ないのでは・・・スイマセン。愛馬じゃないものですからあまり詳しく覚えていません(汗)

ひだぶ~さんは京都遠征には行かれないんですか?

投稿: まひろ | 2008年1月30日 (水) 23時37分

京都遠征行きたいですよね~

しかし、週末は随分と冷え込んで雪か冷たい雨みたい
どうしようか 思案中です

投稿: ひだぶ~ | 2008年1月31日 (木) 20時36分

>ひだぶ~さん

2レース連続の口取りの可能性も十分あるのではないでしょうか?
今回は是非、スーツを着て会場へ行ってやってください(笑)

投稿: まひろ | 2008年1月31日 (木) 22時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 期待の2歳馬:

« 僕も非管理職です | トップページ | 2月反攻へ »