« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月29日 (金)

クオンの応援に行きます!!

今日は12:45にユニオン事務所に口取り予約の電話を入れました。ここで、クオンの様子をいろいろと聞きたかったのですが、仕事が忙しくてそんな余裕は無かったです(涙)実は電話をするのも忘れそうだったので、結構危なかったです(汗)
明日の口取りは8名ですね。クオンが勝ったときにはこの皆さんとお会いできるワケですが、クオンが負けたときにも会うことができると嬉しいですね。HIROさんとはお会いできそうですが、ここをご覧になってくれたクオン出資者の方もお会いしましょう!スーツに赤白のエナメルバッグ(運動部の学生がよく持っているヤツです)というアンバランスな格好で行きますのでよろしくお願いします。因みに赤白のストライプシャツに黒のスーツで行きます。
まぁ、クオンが勝ってくれればそんなの関係ないんですけどね。。。

今日はクオンの前評判を中京スポーツで。。。

クオン
3月1日(土)阪神7R 4歳上500万下(混・指)D1800㍍
【発走13:30】
渡辺薫彦57.0㌔

本紙 PC 馬名   騎手
1 ショウケイ 牡5 57 武豊
2 クオン 牡4 57 渡辺
3     ファンドリコンドル 牡5 57
4   オーキッドコート 牡5 54 ▲田中克
5   アドマイヤウイナー 牡5 57 川田
6     ニシオハンセル 牡4 57 高橋
7     ハードシーキング 牡4 57 長谷川
8   ストロングウィル 牡4 57 藤田
9   ランドマッハ 牡4 57 後藤
10 ケージームサシ 牡4 57 福永
11     トップオブオナー 牡4 57 池添
12     ファイブアロー セ5 57 和田
13   テイエムヒリュウ 牡4 57 熊沢

中京スポーツ
印…〔▲△▲▲△▲△▲〕

上位人気
⑩ケージームサシ
①ショウケイ
②クオン
好調教馬
⑧ストロングウィル
⑥ニシオハンセル
⑨ランドマッハ
距離適正
⑤アドマイヤウイナー
②クオン
⑫ファイブアロー
前走内容
①ショウケイ
②クオン
⑩ケージームサシ

状態採点 5点 追われて伸び欠く
(出走馬中 8点1頭 7点5頭 6点3頭 5点4頭)
クオンの追い切り
27日 角馬場⇒坂路(55.5-40.0-計不-13.7)叩き一杯

大橋調教師のコメント『前走は自分の競馬をして負けたのだから仕方ない。終いは確実だし、メンバーと展開次第では。』

クラブからのコメント『中1週が続きますが、状態に変わりはありません。阪神コースに変わることはプラスと思われ、差し切り勝ちを狙います。』

・・・HIROさんの言葉『勝つなら今週と思ってますので・・・』の言葉に動かされ、現地応援を決心しました。明日、早朝の新幹線で浜松を出発します!
印から見ると3~4番人気くらいになるんでしょうか?もっと人気するかなぁ・・・と思ったんですけどね。まぁ勝つのはクオンだから人気が無い方がいいか。。。
①ショウケイですが、サンデーサイレンス×アドラーブルという凄い血統なんですね。半兄にエモシオンが居るんですが、その他の兄弟はあまり勝っていないんですね。。。①ショウケイも未勝利戦を勝ちきれず地方へ・・・地方では無敗の5連勝で中央へ戻ってきました。ここ2走連続2着で怖い存在です。
そして・・・その他はよく見るメンバーです。クオンの前走のレースで1番人気だった⑬テイエムヒリュウや2走前のレースの3番人気だった⑧ストロングウィル(この馬は前のレースでも⑧番枠でしたね)それから③ファンドリコンドルとも戦いましたね。
それから懐かしいのが⑫ファイブアロー。この馬はローレルウェルシュのデビュー戦で一緒に戦いました(菊花賞馬ソングオブウインドも一緒でした)
今回の出走馬の中では持ち時計も上位ですし、クオンの勝利もかなり近いのではないでしょうか?

明日は、ローレルクラブで話題の赤の勝負パンツを穿いて出陣です!!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年2月28日 (木)

2月クラブ成績

2月度の各クラブの成績を出してみました。

2月度成績

順位 club 賞金 勝数
1 社台 34017 17
2 サンデー 23024 8
3 ラフィアン 13013 6
4 シルク 9093 6
5 キャロット 6135 5
6 セゾン 5259 2
7 ユニオン 4923 2
8 ブルー 4650 1
9 ローレル 4330 1
10 ターファイト 3927 3
11 グリーン 2643 0
12 友駿 2058 0
13 ロード 1790 2
14 広尾 1243 0
15 大樹 735 0
16 ゴールド 490 0
17 ウイン 440 0
18 東京 160 0
19 エプソム 155 0

しかし・・・社台TCの勢いは凄いですね。。。サンデーRは先週のフェブラリーSのヴァーミリアンの活躍で賞金を稼いだので、賞金的には社台TCに迫っていますけど。。。
我等がユニオン&ローレルですが、2月はよく巻返したと言っていいのかな?でも、ユニオン&ローレルが好調というよりは、他クラブがかなり苦戦しています。ターファイト、グリーン、友駿など・・・冠名騒動で揺れる東京はとんでもなく苦戦。。。お家事情を表しているかのようだ。。。それから、ウインや広尾も馬の価格からいえば月間未勝利ではいけないはず。。。『格差社会』という言葉が流行していますが、一口馬主界もそんな色が濃くなっているよな・・・(一口馬主の格差は今に始まったことじゃないか。。。)
雰囲気としては社台TCが圧倒的な感じですね。

2008年間成績

順位 culb 賞金 勝ち数 勝率
1 社台 5億7318万 31 .169
2 サンデー 4億6287万 16 .105
3 ラフィアン 2億2985万 8 .041
4 シルク 1億5231万 9 .106
5 セゾン 1億4035万 6 .125
6 キャロット 1億0085万 8 .114
7 ユニオン 8415万 2 .024
8 友駿 6916万 4 .059
9 ターファイト 6527万 6 .111
10 ブルー 6020万 3 .273
11 ロード 5610万 5 .217
12 ローレル 5443万 2 .087
13 グリーン 4573万 2 .071
14 大樹 2050万 1 .036
15 広尾 1738万 0 0000
16 東京 1620万 2 .125
17 ウイン 1400万 1 .024
18 ゴールド 1160万 0 0000
19 エプソム 303万 0 0000

ユニオンはフリートアドミラルが1000万下を圧勝。それからステラフィッサの新馬勝ちもありました。クオンをはじめ入着馬も増えたといえるでしょう。
ローレルは月の初めにローレルゲレイロの東京新聞杯(GⅢ)勝利に沸きましたが、その後が続かず。。。ユーヴェリアとフローネの3着で賞金を加算しましたが、3歳馬に元気が無いです。。。そろそろクラシック候補が・・・という時期にキアーロの未勝利戦5着だけではサスガに寂しい感じです。

今週はローレルクラブとユニオンそれぞれ多数の出走が叶いました。上位人気になりそうな馬も居ますからね。。。期待しましょう!!
クオンも“チャンス大”です。ここで勝ちを拾ってもらわないと。。。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年2月27日 (水)

2/27ユニオン愛馬情報

原因は分かりませんが今日からブログ復活です。
BBSに書いた昨日の日記もカット&ペーストで修復しておきましたのでご覧ください。

今日はクオン情報です。

クオン(牡・4歳)
(トロットスター×ファーストステップ)
2/27 角馬場⇒坂路(55.5-40.0-計不-13.7)叩き一杯
後半はムチが入り、一杯に追う。最終的には想定を見てから判断する予定だが、今週の阪神(土)ダ1800・混に出走予定。
本馬は前走5着以内の優先出走権を持っており、除外にはならない見込み。
大橋調教師のコメント『中1週が続くが、元気一杯だし、今週投票する予定。追い切りも相変わらず派手な時計ではないが、本馬なりには良い動きだったと思う。展開等に左右される部分はあるが、今回は坂のある阪神コースで差し切りを期待したい』
助手さんのコメント『前走は中1週なのにプラス体重で少し太かったのかなとの思いもあります。レース前に雪の影響で軽めの調教に留めた影響もあったと思いますが、あと僅かという、結果が結果だけに残念でした。また中1週ですが、馬は元気一杯です。今週は雪が降ってもしっかり乗り込むことができていますし、良い状態で送り出せように頑張ります』

・・・前走は惜しいレースでしたが、大雪があったりして満足な仕上げができなかったですからね。(他の栗東所属馬も条件は一緒だと思いますけど)
今回はキッチリと仕上げることができたということでしょう。直線の長い阪神競馬場も合うと思いますので楽しみですね。積極的に動ける面も出てきたクオンですから、脚を余して・・・ってことも少ないでしょう。
想定の段階では13頭立てでしたので、フルゲートを割りそうですので、展開に左右されるクオンにとっては好材料のひとつですね。できれば13頭を割るようだと更に有難いです。
今週末は・・・競馬場に行けそうなんですよね。。。予定的には。中京だったら間違い無く行ったのですが。。。京都なら考えた末に行ったと思うのですが・・・。阪神競馬場は・・・結構遠いんですよね。。。かなりの決心が必要です。
何方か、僕の背中を押してくれませんか?

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年2月26日 (火)

激走系

ローレルクラブの付録についていたDVDですけど、何日かかかりましたが、全馬見ました。。。
この、DVDサービスですが、昨年まではクラブのスタッフの方が、ホームビデオで撮影したものを事務所で編集し、焼き増しして配布していましたが、今年は急遽、業者さんにお願いして作ったそうです。
『来年からはもう少し早い時期に送る事が出来ると思います』
と、スタッフさんから言葉をいただきました。

それぞれのHPや匿名掲示板では、『シクレノンジュエルの06』モトイ、今日から『アメジストオブレイ』ですね。
とか、『スロクルージュの06』モトイ、『ローレルレガリス』とか、『グッバイヘイローの07』などが結構評価を上げていますね。。。
これらの馬ですが、映像の後半部分の放牧地での様子で、“激走”している馬なんですよね。。。
やっぱり、放牧地でもガリガリ走って他馬を抜く姿を見ると『カッコイ~』って、思いますもんね。。。

これら、激走系の馬はこのDVDによって、ややプラス評価になるのかな?

こんな姿も見られるDVDは良いサービスだと思います。こういうサービスはドンドン積極的にやって欲しいですね。

今日、06世代の馬名が発表になりました。
今年は・・・採用されなかったようで。。。
まぁ、昨年まで2年連続採用されたことに感謝ですね。

コメントがある方は、この文の下にぶらさがって下さい。
復旧するまでいろいろとご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月24日 (日)

フェブラリーS

今日はフェブラリーS。ヴァーミリアンが人気に応えて圧勝しました。
今日は久々に馬券が当たったぞ~~。。。

2時半の時点で馬券を買おうと思い、パソコンへ向かいMYホームページを開き、フェブラリーSについての書き込みがあるかどうか確認。。。この時点では、誰も予想を書いてくれていなかったので、山崎エリカ先生に頼り、何も考えずに馬券を購入。パワーポイント指数の高い順に⑮ヴァーミリアン④フィールドルージュ⑯ワイルドワンダー⑩ブルーコンコルド⑨メイショウトウコンの5頭を3連複のBOXで勝負。

自分の考えが入っていないため的中しました(笑)

よく考えると、今年に入って自力で的中させた(的中してプラスになった)レースはクオンが2着になったときのレースと、タイセイアトムが勝ったガーネットSだけですね。。。タイセイアトムは高松宮記念に出走の意向を見せているということで、ここは一発勝負してみましょうかね?追いかけてみる価値はありそうな感じです。

今日も風が凄く、終にスカパーアンテナが電波を拾わなくなるまで向きが変わってしまいました。明日は早めに仕事を切り上げて屋根に上ろうと思います。。。

レースを途中で終えたフィールドルージュですが大事には至らず、今後厩舎で様子を見るようです。(よかった、よかった)

最後に。。。山崎エリカさんありがとう!!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年2月23日 (土)

21ロッソ06&22プチアノ06

今日は関東地方で『春一番』が吹いたと発表がありました。ここ浜松ももの凄い風が午前中から続き『春の嵐』となりました。この風のせいで、我が家の屋根に設置されているスカパーのパラボラアンテナとBSアンテナの方向がずれてしまったらしく、今日のグリーンチャンネルは時々画像が乱れる放送になってしまいました。。。夕方になったら屋根に上ってアンテナを直そうか・・・と思っていたのですが、風がおさまらないため断念。。。明日はフェブラリーSがあるのに・・・その放送までに直すことが出来るか。。。心配です。

さて、今日は昨日の続き。

★募集パンフレットは発走予定3月会報誌同封。
★予約申込開始3月17日(月)より。

NO.21 ロッソの06(牝)
タイキシャトル×ロッソ(母父ティンバーカントリー)
美浦予定 生産者 森永牧場

母ロッソ(10歳)JRA2勝
生産者 森永正昭氏
馬主 山内邦一氏

2005産 ダンツブライト 牝 父フジキセキ
地方未勝利(現役)

本馬は2番仔(?)

・・・近親にトーホウアラン(牡ダンスインザダーク4勝京都新聞杯(G2)、中日新聞杯(G3))のいる血統です。森永牧場を調べてみましたが、競馬への登録頭数も少なく、新しい牧場さんでしょうか?母の生産者は森永正昭氏になっていますので、代替わりされたのでしょうか?代表する生産馬はコウユーキズナ(2勝)です。

NO.22 プチアノの06(牝)
タイキシャトル×プチアノ(母父Rubiano)
未定 生産者 ハクツ牧場

母プチアノ(13歳)

2005 ボヤージ 牝 父クロフネ
現役
2003 グラッドリー 牝 父アグネスタキオン
1勝
2002 ファニーゴールド 牝 父エリシオ
未勝利
2001 ラストパートナー 牝 父エリシオ
中央1勝 地方3勝
2000 ヤチブキ 牝 父ラムタラ
未勝利
1999 オースミカイゼン 牡 父ナリタブライアン
地方6勝
1998 ナリタマッキンリー セ 父Storm Bird
中央未勝利 地方7勝

・・・こちらはご存知ハクツ牧場のプチアノ一族。ハクツさんはかなり好意的にローレルクラブへ馬を卸している感じがありますからね。この、プチアノの06も1000万円を切る値段での登場になりそうだとのこと。(因みにNO.21ロッソの06も1000万円を切りそうだとのこと)
ローレルクラブでは募集の無かったタイキシャトル産駒ですが、ユニオンでは毎年何頭かのタイキシャトル産駒がラインナップされますからね。。。ユニオンのタイキシャトル産駒は牝馬でも1000万円を割ることは無いですから・・・お買い得のような気もしますね。タイキシャトル産駒は堅実なイメージですが、大物となるとメイショウボーラーやゴールデンキャスト・・・それからウインクリューガーでしょうか。。。ややインパクトに欠けますね。(僕はメイショウボーラーは大好きですけど)

評判が高いようだったら、追加募集馬から1頭くらい行っときますかね?厩舎も含めてじっくり考えようと思います!!

明日はフェブラリーS。今日の東西重賞も的中せず、最近は全く馬券は不調で負債が雪だるま式に増えている状態です。明日は誰かの予想に乗っかろうと思います。
自信のある方、是非書き込みをお願いします!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年2月22日 (金)

20ガディスクオーツの06

風邪とクオンの好走で忘れていましたが、久々にローレル2006年産2歳調教馬について書こうと思います。

★募集パンフレットは発走予定3月会報誌同封。
★予約申込開始3月17日(月)より。

NO.20ガディスクオーツの06(牝)
レギュラーメンバー×ガディスクオーツ(母父ブライアンズタイム)
生産者 高瀬牧場

母ガディスクオーツ(8歳)未勝利
生産者 高瀬牧場
馬主ノースヒルズマネージメント

2005産 フジキサンダー 牡 父テンビー
地方未勝利

本馬は2番仔

・・・高瀬牧場の募集馬であったローレルプリンセスの06が募集中止となり、代わりに登場(?)したのがこのガディスクオーツの06です。同じレギュラーメンバーを父に持つ馬ですが、ローレルプリンセスに出資していた方は前者の方に思い入れがあるでしょうね。。。
ガディスクオーツの06は祖母にミルフォードスルー(GⅢ2勝)を持つ良血馬です。近親にはローレルクラブ所属馬で、重賞を勝ったフィーユドゥレーヴ(函館2歳S)が居ますね。募集総額はローレルプリンセスの06と同じ様な価格帯になるということでしたので、比較的お求め安い馬になるのではないでしょうか?

明後日は今年初のGⅠレースです。じっくり予想しようと思います!!

今日はここまで!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月21日 (木)

真打ち登場!!

やっぱり『風邪』といっても仕事は待ってくれません。。。職場では仕事が山積み・・・職場で片付け切れなかったので、家に持って帰ってやってます(涙)

いよいよローレルベルロードが入厩となりました。
この世代最高の期待馬だけに力が入ります。

このローレルベルロードですが、かなりのナルシストのようです(笑)
何よりも『自分の匂い』が大好きだと聞きました。自分の匂いが染み付いた馬服が大好き。その匂いで上機嫌になってしまうとのことでした。
そんな“ナルシスト”ベルロードの募集締切りが明日になっています。まだ残り口があるという事ですので、是非一緒に応援しましょう!!
本当に栗毛の美しい馬ですのでよろしくお願いします。。。

JRAのHPでチェックしましたが、今日の時点では入厩していないようですね。しかし・・・鮫島厩舎の管理馬の多いこと!5歳馬がもの凄く多い(13頭居ました)です。9歳になるシルクフェイマスを筆頭に計54頭。ひとつ勝ちさえすれば長く面倒を見てくれそうな感じですね。

新馬戦の最終戦がちょうど1ヵ月後の3月23日。この番組に間に合うかどうか・・・でも、この時期に入厩させてくれたワケですから、鮫島先生もこの23日の新馬戦を視野に入れてくれていることかと思います(これは僕の勝手な思い込みですけど・・・)
デビューまでアクシデント無く行って欲しいです!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月20日 (水)

クビ差の2着

何とか、体調も回復してきました。まだ、咳が出るんですけど・・・
今日は、ちょっと前のクオンのレースを振り返ろうと思います。

日曜日は仕事のため、現地応援はもちろん、テレビでのリアルタイム観戦もできませんでした。
今年度中に車を買い換えることが確定しているので、お金が欲しいところ。。。クオン馬券でオプションをいっぱいつけようと意気込んでいました。

クオン
17日(日)京都7R 4歳上500万下(指)D1800㍍
渡辺薫彦56.0㌔

今回は9頭という少頭数のレースとなりました。後から追い込むクオンにとってはいい条件です。最近の競馬はどのクラスも抽選が行われ、一桁頭数で行われるレースなんて珍しいですからね。クオンの一発を期待したいところ。

馬体重は6㌔増の468㌔での出走です。前走より中1週であり、比較的間を詰めての4走目でも体重が増え続けています。クオンのタフネスぶりには感心します。
パドックでは、周回中に時折小足を使って馬を曳く坂井さんを引っ張ったりするなど適度な気合のりを見せていました。歩様の硬さも前走ほど気になりませんでした。

パドック解説の競馬ブック牟田雅直さんは『はい、なかなかまぁ活気がありますしね。踏み込みもしっかりしていて、状態は良さそうです。』とコメントしていました。
そして、牟田さんのパドック推奨馬は③クオン、②マルカシリウス、④アイファードラゴン、⑧テイエムヒリュウ、①ツルマルシルバーの5頭が挙がりました。見事にクオンがパドック推奨1番手に挙がりました。やっぱり嬉しいものです。

一度、映像がスタジオに戻り、再びパドックが映し出されたときにはビックリ。。。もの凄い雪が舞っていました。とても数分前と同じ場所の映像と思えませんでした。

そこでもクオンは牟田さんからコメントを頂きました。
『時折小足を使って、前走を見ると自在に動けるかなと思います。使いながら状態も上向きかな?』とのこと。
雪も降り先行馬有利の状況に拍車がかかりそうで、ちょっと心配ですね。
しかし・・・このレースのパドックは少頭数ですが周回する順番もバラバラでしたね。。。だからどうだっていうことも無いんですけど。。。

本馬場入場のときはまずは横にサイドステップを踏んで、その後の返し馬は相変わらずの頭をかなり低くしたフォームで走っていました。

レースは、互角のスタートからテンの行き脚が鈍く徐々に後退。1コーナー入口では中団の6番手に落ち着きました。2コーナーから向う正面でペースが落ち着き、ゆったりとした流れに。予想通りの逃げを打った②マルカシリウスもスタートから600㍍を越えたところでしっかりと一息入れられましたね(600㍍~1000㍍のハロンタイム 12.9-13.4)
向う正面でクオンが一度映りましたが、エラく頭を下げて走っていましたね。。。騎手にとてはかなり怖いと思うんですが、クオンがレースに対して『負けたくない』という気持ちが入っているようで嬉しく思いました。

3コーナー手前から最後方に居た①ツルマルシルバーが加速して、一気に先団とりつき、ここからレースの流れが変わりました。1000㍍から1400㍍のハロンタイムが(12.2-12.2)。体力温存に成功した②マルカシリウスが3コーナーから4コーナーで後続を突き放します。2番手集団を形成していた⑤アイノグレコリー、⑥ペケジェイ、⑧テイエムヒリュウ、①ツルマルシルバーは②マルカシリウスの一気のスピードアップについて行けず、共倒れ・・・。
直線入口で、この2番手集団の直後まで上がってきたクオン。。。これは勝ったかも?と、思いました。
直線入口で2番手集団が横に広がりクオンの前に壁ができてしまいました。渡辺騎手は1番人気だった⑧テイエムヒリュウが抜け出し、その穴にクオンを突っ込ませて行かせたかったのだろうと思いました(これは僕の勝手な想像です)が、⑧テイエムヒリュウがズルズル後退。クオンの外側にいた①ツルマルシルバーもスーッと加速せず、クオンはこの少頭数にも拘らず囲まれた状態に・・・。そこで、渡辺騎手はスパートのタイミングを遅らせて①ツルマルシルバーを先に行かせてから馬を外に出してスパート。なかなかスピードの衰えない②マルカシリウスを大外から猛然と追いかけるクオン。徐々に差を詰め、②マルカシリウスと並びかけたところでゴール。。。
勝ったのは②マルカシリウス。。。勝ちタイムは1分53秒8。2着はクビ差及ばず③クオン。タイム差の1分53秒8でした。3着に入った①ツルマルシルバーとは3馬身の差をつけましたからね。。。いい競馬だったかと思います。

渡辺騎手のコメント『前に比べればズブさがなくなってきて、随分行きっぷりは良くなっています。最後はもう少しだったんですけど、(勝ち馬との差は)3キロ減の分かなぁ?』

大橋調教師のコメント『最後の差は相手の3㌔減の分かなぁ。残念だった。もっと前がやりあってくれれば良かったんだけどね。でも、堅実に結果を残せるようになったし、このクラスには充分目処が立ったね』(2/20)

前走あたりからレースに対して前向きになっているような感じですね。上がり3Fの時計も出走馬中最速の37.9秒でした。
ハロンタイムは
12.5-11.6-12.6-12.9-13.4-12.2-12.2-12.8-13.6
ということで、序盤は早い時計。中盤はきっちりとペースを落とし、3角から再び早いペース。。。でしたので、②マルカシリウス&田村太雅騎手にまんまとやられましたね。チークピーシーズをつけたマルカシリウスの目には他の8頭が一度も目に入ることは無かったんでしょうね・・・マルカシリウスに楽をさせ過ぎました。。。
②マルカシリウスに3㌔減がなければ・・・
直線入口で壁ができなければ・・・
馬群の内を突けば・・・
もしかしたら勝ったかもしれませんが・・・切り替えて次走に期待しましょう。

前走と今回のレースを見て、マルカシリウスって思ったよりも強い馬なんだなぁ・・・なんて思いました。

あと、レース中にクオンの名前が9回も叫ばれました。(何回かリプレイして数えました)
レース中だけで9回も名前を呼ばれるのは初めてですね。。。なんか嬉しい。。。

クオンは徐々にズブさも抜け、馬体の成長も感じられて成長してきている気がします。
このクラスを卒業するにはそれ程時間を要さないと思いますが、上のクラスでも通用する力をつけてもらいたいですね。

次走は中1週で阪神D1800㍍の予定です。これで20戦目。。。本当によく頑張ってくれます。

久々のブログのため、気合が入り長い文章になってしまいましたが、お付き合いどうもありがとうございました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年2月18日 (月)

風邪を拗らす

まだ良くなりません。

とにかく咳が止まらなくて。。。

あと、鼻水が止まりません。。。もう鼻が痛いッス。

明日からは保湿ティッシュを使います。

今日はスイマセン。

風邪が治ったら、いろいろと書きたいことがありますので、ボリュームアップで書かせていただきます。

コメント等も明日以降に・・・申し訳ございません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月17日 (日)

発熱。。。

今日は午後からかなりのアクセスを頂いております。
本当にありがとうございます。
私ですが、1日仕事に出掛け家に帰ると39℃の熱がありました。
あまりにも辛かったので、パドック等をとばしてクオンのレースのみ見ました。
結果は2着。よく頑張ってくれたと思います。単勝・複勝・馬単(クオンの1着固定)でガッチリ勝負したので、あと少し・・・交わしてくれればエライことになっていたんですけどね。。。

今日はこれにてお休みさせていただきます。

レース回顧は早ければ明日・・・まずは風邪を治します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月16日 (土)

クオンにチャンス到来

今日も体調が良くないです。。。仕事も早退させてもらって回復を目指しましたが、なかなか手強い風邪です。熱は無いのですが、咳がひどく頭が痛い・・・。それでも明日は仕事を休めませんので、今日も早く寝ます。

僕の体調は悪くても、愛馬は走る。
明日の京都7Rでクオンが走ります。レースはリアルタイムで見ることは出来ませんが、かなり期待しています。
今日は“競馬ブック”を買ってきました。最近よく買う“中京スポーツ”は印があまり付いていなかったので今回はやめました。因みに中京スポーツの印は【◎⇒一人】【△⇒一人】でした。

クオン
17日(日)京都7R 4歳上500万下(指)D1800㍍
【発走13:30】
渡辺薫彦56.0㌔

本紙 PC 馬名   騎手
1 ツルマルシルバー 牡4 56 岩田
2     マルカシリウス 牡5 54 田村
3   クオン 牡4 56 渡辺薫
4 アイファードラゴン 牡5 57 藤田
5     アイノグレゴリー 牡5 54 浜中
6     ペケジェイ 牝5 53 藤岡康
7     サムシンググッド 牡5 57 小牧太
8 テイエムヒリュウ 牡4 56 和田
9 クロニクル 牡4 56 福永

  印 …〔△△△△○△△〕
スタッフ…〔…△△○…△▼…〕※▼は二重三角
ひと押利けば
ダート…△
コース…―
距離 …△
前走 …―
調教 …―
実績 …―
コンピュータ分析…△
大橋調教師のコメント『前走は一気に脚を使った分、終い止まった。脚をタメて行けば、もう少しやれると思うんだ。』
調教より…ジリッぽさ目立つ
予想オッズ9.4倍(6番人気)
展開予想
ペースM
逃げ ②・・・⑧
好位 ⑧⑨
中位 ⑤③①
後方 ④⑦
14日、坂路(54.8-40.0-26.5-13.3)叩き一杯

クラブより
中1週となりますが、疲れはなく、状態は安定しています。前走を見ても気持ちに前向きさが出てきており、更に上の着順を期待したいところです。

・・・9頭立てのレース。今まで9頭以下での出走経験がありません。これはクオンにとってありがたいことだと思います。
クオンは競馬ブックの予想オッズでは6番人気に甘んじていますが、掲示板はまず間違いないでしょう。5着以内の馬に次走優先権がもらえる現在のルールだと本当にありがたいことです。しかし、人気上位馬も下位馬も実力差が無いですから混戦だといえるでしょう。馬柱の上には【逃げ注意】と、書かれていました。前走も人気薄のマルカシリウスに逃げ粘りを食らいましたが、今回も②マルカシリウスがハナから飛ばし捲るでしょう。今回はしっかりと捕まえたいですね。天気予報では京都に雪が降るようです。馬場が悪くなり、前に行った馬の粘りが増すような馬場になりそうなのでそこは気をつけたいですね。
前々走渡辺騎手を背に5着に敗れたレースでは、最終コーナーで前が壁になりスパートのタイミングが遅れました。新潟で勝った時はコーナーを大きく回って差し切りしました。クオンは砂を被る馬込みでも嫌がらずに我慢が利く馬ですが、負けるときは直線入り口で前が壁になりスパートのタイミングが遅くなってしまうことが多いんですよね。今回は頭数が少ない上に大逃げを希望する②マルカシリウスが居て馬群がバラけそうですので、大外を回されること無く、行きたいタイミングで追い出せるでしょうし、キッチリと差し切るレースが目に浮かびます。
これで負けたら距離延長に着手した方が良いんではないでしょうか?そんな考えも杞憂に終わることを期待しています。
出走メンバーの中に懐かしい名前が。。。⑥ペケジェイです。2年前にローレルウェルシュのデビュー戦で一緒に戦った馬です。僕はヤマハのバイク『XJR』を所有していることもあり、よく覚えている名前でした。1勝の身で秋華賞トライアルのローズSにも出走したこともありましたね。(このときは複勝馬券を少し買って応援していました)
④アイファードラゴン、⑧テイエムヒリュウ、⑨クロニクル辺りは前走の内容も良く、手強い相手ですが敵わない相手ではないですからね。
昨日も書きましたが、新車購入の資金を作るために③クオンに賭けてみようと思います。
思い出してみると、クオンの初勝利のときも体調が悪かったんだよなぁ~~。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月15日 (金)

新しいヤツを買うぞ!!

相変らず体調が思わしくありません。。。週末も寒いようなので、更に体調を崩してしまわないか心配です。

突然ですが、車を買おうと検討中です。
“欲しい車”と言うことで、購入したステップワゴンが2006年末に事故ってしまいました。あれから一年。。。結婚した妹の“赤いシエンタ”を乗り続けていました。
職場でも・・・『お前には似合わない』と、言われ続けていました。

この度、新婚当時に買った、妻が乗っているスターレットを買い換える話が家庭内で浮上。。。実は昨年末からセッセと車屋さんを回っていました。
3車種にまで絞りましたが、そこからがなかなか決まらない・・・トヨタの車と日産の車とスバルの車。。。新しい車のオプションを充実させるのは・・・クオンの頑張りです!
クオンもここが勝負かと思いますので、ガツンと賭けてみようかと思います。もちろん破産しない程度に。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月14日 (木)

クオン出走確定

今日はJRAより2008年度調教師・騎手免許試験合格者の発表がありました。合格者は以下の通りです。

◆新規騎手免許試験合格者(計5名)
伊藤工真 17歳 平地・障害、美浦・古賀史生厩舎
内田博幸 37歳 平地 大井競馬より
大江原圭 17歳 平地・障害、栗東・作田誠二厩舎
片山宏史 43歳 平地 高知競馬より
三浦皇成 18歳平地・障害、美浦・河野通文厩舎

◆新規調教師免許試験合格者(計7名)
大竹正博 38歳 美浦
尾關知人 36歳 美浦
笹田和秀 51歳 栗東
須貝尚介 41歳栗東
牧光二 35歳 美浦
村山明 36歳 栗東
矢野英一 37歳 美浦

新人騎手は5名。そのうち2名は地方からの移籍ですので、新人賞の資格があるのは3名。。。同期のライバルは少ないですけど頑張って欲しいです。
合格者のプロフィールおよびコメントはJRAHPでご覧ください。

さて、クオンですが・・・こうなりました。

クオン(牡・4歳)
(トロットスター×ファーストステップ)
2/14 角馬場⇒坂路(54.8-40.0-26.5-13.3)
大橋調教師のコメント『本馬なりの時計は出せているし、状態に変わりはない。思ったよりも頭数が少なくなりそうなので予定通り今週投票しましょう。あとは馬場状態かな。今週末もまた天気が悪くなりそうだからね。馬場が悪いのを本馬がそれほど苦にしなくても、どうしても前が止まりにくい展開になってしまうからね』
京都(日)ダ1800に出馬投票し、渡辺薫彦騎手で確定。

・・・悪い馬場の中の追い切りとなりました。時計についてはこんなものでしょう。この時期に出走頭数が9頭しか揃わないなんて珍しいですね。クオンにもチャンスがあるかも。。。出走馬についてはこちらでご確認ください。レース分析、予想等は土曜日のブログで書こうと思います。

昨日は、帰りが遅くなり少々風邪気味。。。早く寝ることにします。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008年2月13日 (水)

クオン今週出走か?

気が付けばローレルクラブ愛馬の入厩馬害がいなくなっていました。
唯一の入厩馬であるユニオンのクオンに期待しましょう。

クオン(牡・4歳)
(トロットスター×ファーストステップ)
2/13 角馬場(軽めの調整)
降雪の影響で11日(月)も競馬開催になったため、昨日がトレセン全休日となり、また本日も降雪がひどく、トレセンの坂路・障害・芝・CWコースは閉鎖されるほどの馬場状態だったため、本馬は時間を遅らせて、角馬場で軽めの調整のみ行った。
明日、追い切る予定。今週の京都(日)ダ1800に出走予定。
なお、本馬は前走5着以内の優先出走権を持っており、除外の可能性はない見込み。

・・・来週の土曜日出走であれば応援に行けたのですが、残念ながら今週の出走になる感じですね。でも、今週出走であっても好走してくれれば問題ないです。心配なのは今日の時点で追い切りが出来ていないということ。。。明日の天気次第だと思いますが、木曜追い切りが出来るようであれば日曜日に照準を合わせることが出来ると思うのですが、明日も動けないようだと・・・出走が来週に延びたりするのかなぁ・・・。でも、他の馬も追い切りが出来ないから逆にチャンスかも。。。
騎手は小牧騎手から渡辺騎手に戻るようですね。前走の小牧騎手の騎乗ぶりは評判が良かったですから、渡辺騎手にもそれに負けない好騎乗を期待したいですね。
続報については明日になるかと思います。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月12日 (火)

19シーサイドエンゼルの06

今日は久々の出勤日。。。やっぱり疲れましたね。

昨日に引き続き、2006年産2歳調教馬について書こうと思います。

★募集パンフレットは発走予定3月会報誌同封。
★予約申込開始3月17日(月)より。

NO.19シーサイドエンゼルの06(牝・美浦予定)
バチアー×シーサイドエンゼル(母父ジャッジアンジェルーチ)
生産者 加藤ステーブル

母シーサイドエンゼル(牝・17歳)未勝利
生産者 社台ファーム
馬主 社台HR

1997産 エプソムキラー 牡 父サッカーボーイ
地方2勝
1998産 プチブル 牡 父ホリスキー
地方13勝
1999産 サルサクイーン 牝 父リンドシェーバー
地方2勝 東京プリンセス賞1着 ジャパンダートダービー出走
2000産 ムギワラボウシ 牝 父シャーディー
中央1勝 地方2勝
2003産 ブレイズワン 牡 父ブラックタキシード
4勝(浄土平特別・英彦山特別・名古屋日刊スポーツ杯)現役
2004産 シーサイドエンゼルの04 牝 父ボストンハーバー
未出走

・・・バチアー×ジャッジアンジェルーチ。。。母は社台産&社台ブランドで走った馬ですが、父、母父、共に地味な感が否めない仔ですね。
バチアーはアイルランド産で仏愛で2000ギニーのGⅠレースを勝ち10戦5勝。ダンチヒ⇒グリーンデザートの血を継承している。JRAの主な産駒はヘラクレスバイオ(中央2勝)やスズノメヒョー(中央2勝現役)など。残念ながら好成績とは言えません。フランスに再輸出されたので、数少ない産駒の中から活躍馬を出すことが出来るか??
母父ジャッジアンチェルーチは米で22戦10勝。種牡馬を引退して10年になり、直仔は走っておりません。活躍した産駒はゴーカイ(52戦9勝・うちJ.GⅠ2勝)くらいでしょうか。。。しかし、BMSに入ってダート王アジュディミツオーやオレハマッテルゼの輩出し、頑張っている。
母自身も高齢になってからサルサクイーンやブレイズワンなどの活躍馬を出しているので、そこに期待でしょうか?

加藤ステーブルと言えば育成牧場として有名でありサンツェッペリンやユニオンのソリッドプラチナム等を育てた実績を持っているのですが、生産もやっているとは知りませんでした。稼ぎ頭はブレイズワンのようですね。
加藤ステーブルにて生産から育成まで行われているのでどれだけ能力を伸ばすことが出来るのか注目ですね。
兄ブレイズワンは栗東の西浦厩舎ですがこの仔は美浦を予定しているということで、どこに入るのでしょうか?

明日あたり、クラブに電話をしていろいろと聞いてみようと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月11日 (月)

18パイナップルスターの06

今週は、雪の影響で競馬が3連休3連続開催の豪華版。。。楽しめましたが、負債も増えてしまいました。。。冬場の競馬は相性が悪いのか、馬券下手なのか・・・ぜんぜん当たりませんね。

さて、土曜日にローレルクラブの会報が届きました。会報のP18に2006年産2歳調教馬の一覧が掲載されていました。まだ、詳しいデーターはありませんが個人的にいろいろと調べてみました。

★募集パンフレットは発走予定3月会報誌同封。
★予約申込開始3月17日(月)より。

NO.18 パイナップルスターの06(牡・美浦予定)
アジュディケーティング×パイナップルスター(母父ニホンピロウイナー)
生産者 飯岡牧場

母パイナップルスター(牝・19歳)社台ファーム産
6戦1勝(サフラン賞)

産駒
パイナップルスターの94牡(94産)父トニービン
未出走
オリジナルデザート牡(95産)父リアルシャダイ
5戦未勝利
パイナップルスターの96牡(96産)父トニービン
未出走
ディアドロップス牝(97産)父サンデーサイレンス
未出走
アイアンブリッジ牝(98産)父トニービン
佐賀1勝
スプンティーノ牝(99産)父ナリタブライアン
中央未勝利 佐賀2勝
ピーニャ牝(00産)父ジェイドロバリー
3戦未勝利
ホシエコー牡(01産)父ダンスインザダーク
中央1勝 園田3勝
トラストアモーレ牡(02産)父フサイチコンコルド
6戦未勝利
パイナップルスターの03牝(03産)父ムタファーウエク
未出走
ハードスターマン牡(04産)父スウェプトオーヴァーボード
大井未勝利
マイネルマカリイ牡(05産)父アドマイヤコジーン
入厩(現役)

★飯岡牧場産の一口クラブ馬
◎ゴールドザボーガー牡(02産)ラストタイクーン×ミユキマツカゼ
募集価格・・・1500万円
現在の獲得賞金・・・2310万円
26戦1勝 回収率154%

○ゴールドスミス牡(04産)スキャターザゴールド×ミユキマツカゼ
募集価格・・・1760万円
現在の獲得賞金・・・1580万円
8戦1勝 回収率89%

△マイネルマカリイ牡(05産)アドマイヤコジーン×パイナップルスター
募集価格・・・17万円
現在の獲得賞金・・・0万円
0戦0勝 回収率0%

・・・叔父に北九州記念を勝ち、種牡馬となったダンディコマンドがいる血統です。パイナップルスター産駒はサンデーサイレンス、トニービン、ジェイドロバリーなどサイアーランキング上位の馬を付けられていましたので、期待の大きな繁殖牝馬だったことが分かります。
そして、産駒の何頭かがサンデーレーシングや社台HRで募集されていたようです。
父アジュディケーティングは『南関東のサンデーサイレンス』といわれる種牡馬でありダートの強さは特筆もの。恐らくダートの短距離血統だと思いますが、長く楽しめるような馬ではないでしょうか?
このパイナップルスターの06ですが、育成場での評判が非常に良いようです。派手な血統ではないものの新馬勝ちしたローレルエルヴェルに匹敵する評価を得ているようで、そこそこの価格での登場になるかも・・・とのことでした。やや高齢の仔ということで、そこが気になります。因みに誕生日は06/04/30です。

19~22については明日以降に書きます!!お付き合いありがとうございました!!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月 8日 (金)

ユニオン2歳馬情報(1月)

今日はユニオン2歳馬2頭の近況を書こうと思います。ユニオンは入厩するまで1ヶ月に1度しか情報が更新されませんので、そこがやや残念です。

フレスコの06(2歳牡)
(ナリタトップロード×フレスコ)
徐々にペースを上げ、ダートコースでハロン22~23秒のキャンターを1500~2000m乗っていたが、12月中頃に両前肢の膝裏に熱感があったためレントゲン検査を行った。診断の結果、右前肢に骨膜の発症を確認。
場長のコメント『症状としては初期のもので、歩様に乱れはありませんし、熱も若干ある程度ですので長引くことはないでしょう』
現在は調教を控え、パドック放牧を行っている。9月中頃から、継続して乗り運動を行ってきたため、一息入れる予定だったこともあり、良いリフレッシュ休養と捉えたい。幸い熱は引いてきており、この期間にしっかり患部をケアし早期の調教再開に繋げてもらいたい。

・・・ナリタトップロード産駒があまり動いていないので、最近はいろいろ心配しているのですが、それに追い討ちをかけるような『熱感』。かなり心配しましたが、すぐに熱も引いており、急激な馬体成長により脚元に負担がかかってしまったのではないか?というようなことらしいです。(←公式コメントではありませんので・・・)
田所先生はフレスコ06をかなり気に入ってくれているようですので、その期待に応えられる馬になって欲しいですね。フレスコ06については情報を聞こうと思っていますので、お待ちください!!
今のところ、ローレルアクア(ローレルメロウの04)もローレルベルロード(ベルガールの05)も年明け入厩です。この仔には早い入厩を期待しているのですが、どうでしょうか????

ピアノレッスンの06(2歳牡)
(プリサイスエンド×ピアノレッスン)
基礎体力強化の段階から、"レースに向けての調教"の段階へとシフトした。現在は、ダクを2000m、軽めキャンターを2400~3000m乗っている。2頭併せでの調教でもしっかり折り合いがつき、周りの馬に影響されることはなく、逆にカリカリする馬のなだめ役になるくらいどっしりと構えている。
近藤聡明氏のコメント『手先も素軽いですし、脚元も丈夫そうです。このまま順調に調教が進むと思いますし、結果も自然とついてくるタイプでしょうね』
視察に訪れた矢作調教師も、ここまでの調教過程に大変満足そう。
矢作調教師のコメント『特に何も注文はないですね。このまま馬に合せてじっくり進めて行きましょう』

・・・こちらは、雄大な馬体を持ちながら脚元に不安も無く『順調』のようです。あまり、大袈裟なコメントも無く心配材料になりそうなコメントも無く、平坦なコメントですが、それがまた心強い(笑)
このまま行けば早期デビューそして大きなところも狙えるような気がしています。臨時収入が入ったら増資しようかな?と、思えるくらいに期待は高まります。
特に食いつく様な情報も無いので、コメントもあっさりになってしまいますね。。。

ユニオン所属馬の馬名発表は例年、2月下旬。あと1~2週間くらいで発表になるんですよね。。。今から楽しみです。フレスコの06、ピアノレッスンの06共に応募数がかなり多いようなので、採用される可能性は低いですけど、“男らしい”名前を送ったので何とかならないかなぁ~。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 6日 (水)

5着・・・堅実だねぇ~

今日はクオンのレースを振り返ります。

クオン
3日(日)京都8R 4歳上500万下(混・指)D1800㍍
小牧太56.0㌔

前日のローレルアクシスと同じ大外枠での出走となったクオンですが、馬体重の方もアクシスと同じく、前走時と馬体重増減無しの462㌔での出走となりました。

パドックでは、気分良く周回している様に見えましたが、やっぱり歩様が硬いです。そして、体が小さく見えますね。。。でも、いい状態にあるように思えました。
パドック解説では『まぁ、ゴトゴトした歩様というのはいつもの事ですね。問題はないと思います。力は出せる状態です。』ということでマズマズのコメントを頂きました。
クオンの後ろを周回していた⑤マルカシリウスですが、騎手ではなく厩務員の方が跨って周回していました。。。このような光景ははじめて見ましたが、どんな効果があるのでしょう?ご存知の方がいらっしゃいましたら、是非教えてください。
パドックからの推奨馬は⑥アドマイヤダンク(2番人気)⑪ティズインパルス(5番人気)②アロド(4番人気)⑧ストロングウィル(3番人気)③オーシャンクルーズ(1番人気)の5頭。クオンは残念ながら選ばれませんでした。

本馬場入場時のクオンはいつものような、頭が地面に着きそうな低い大勢で走ること無く、比較的普通に走っていました。『お~っっ、、、今日は調子がいいのかな?』と思いました。それから、今年に入って新しくなった本馬場入場時のBGMにも大分慣れました。結構格好いい曲ですね。

レースは、マズマズのスタートから、グズグズと後退すること無く中団で食らいついていくレース展開。今までにない積極的なクオンですね。。。正直驚きました。
ペースが落ち着き、比較的ゆったりとしたレース展開。。。クオンも離されること無く6~7番手をキープ。3コーナーへと向かいます。小雨で湿ってた高速馬場の中、スタートから400㍍~1000㍍の間のハロンタイムが 12.9 - 12.7 - 13.1 と、超スローペース。追い込みを得意とするクオンにとっては苦しいレース展開です。このスローペースを嫌って鞍上の小牧騎手がグイグイと押し上げ捲りかげんに外側から襲い掛かり一気に先頭集団へ。。。このときには『これは勝つぞ!!』と思わせる勢いでした。そして、直線に入り小牧騎手の鞭が飛び、それに応えるように走るクオン。。。外側から併せてくる⑥アドマイヤダンクに必死について行くも、残り300㍍のハロン棒あたりで⑥アドマイヤダンクから徐々に離され万事休す。。。先頭でゴールした⑥アドマイヤダンク(時計1分52秒8)から遅れること0.8秒の1分53秒6の5着でゴール。。。
積極的なレースで見せ場も作りましたが、最後はバテてしまい、逃げを打って3着に粘りこんだ人気薄の⑤マルカシリウスにも及ばない上がり3Fのタイムが38.6秒(マルカシリウスは38.5秒)でした。

小牧太騎手のコメント『テンにムチを入れましたが、聞いていたよりも行きっぷりは良く、道中もしっかりハミを取ってくれました。ハミを取ってくれてやる気があるうちに行けるところまでいってしまおうと思い、3コーナー手前から思い切って上がって行きました。終い勢いは止まってしまいましたが、力はあると思います。こういう馬場も合っているのかもしれませんね。特に気にしている様子もありませんでした』

大橋調教師のコメント『ちょっと仕掛けのタイミングが早かったかなぁ。でも、テンの行きっぷりはかなり良くなっているし、チャンスは回ってきそうだね』

小牧騎手の好騎乗と、クオンがレースに対して積極的な気持ちを見せるなど、収穫の多いレースでした。それから・・・本当に堅実に走ってくれる孝行馬ですね。今回もキッチリと優先権を獲ってくるところは流石です。もうちょっと頑張って馬券圏内に来てくれると更に嬉しいんですけどね。。。
レース後も脚元等に異常はなく、次走は来週か再来週の京都ダ1800m戦を予定しているとのこと(2/6情報)

違う条件でのレースを見てみたい気もしますが。。。しっかりと5着圏内に入り安定しているダート1800㍍で前進を図るみたいですね。昨年も暖かくなってから末脚も切れるようになり、成績も良くなって来ました。歩様が硬いクオンは春から夏にかけて力を発揮するものと思います。そう考えると・・・暖かい時期に放牧に出されると困るかなぁ・・・。しかし、非常に丈夫な馬ですのでこのまま年末くらいまで栗東で調整され続け、戦い続けてくれるかもしれませんね。。。

次走が23日ならば応援に行けるかも・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月 5日 (火)

いいところ無く…9着

今日はローレルアクシスのレースを振り返ります。いつも、レースを振り返るときに熱くなり過ぎて無駄に長い文章になってしまうので、今回からなるべく無駄を省いてお伝えしたいと思います。

ローレルアクシス
2日(土)小倉11R 和布刈特別・4歳上1000万下(混・H)D1700㍍
安藤光彰54.0㌔

3週連続除外、そして先週はフレグモーネによる出走回避と思うように使えず調整に苦労するアクシスですが、今回は土曜日小倉メインレースへの出走。馬体重は前走と変わらずの488㌔での登場です。

パドックの様子は気合乗りもマズマズでいい雰囲気に見えましたが、体重の割に少し細く見えました。でも、調子は良さそうに思いました。
パドック解説の方の1馬・須藤大和さんのコメントは『そうですね。。。力強く踏み込み、気合も乗っていますし調子落ちってことはないです。』でした。結構褒めてくれたなぁ・・・と思いました。
パドック推奨馬は⑮トシセント(1番人気)⑥タカオセンチュリー(3番人気)⑦スプリングザスパ(5番人気)⑬ロトブルースター(2番人気)でした。

レースは、マズマズのスタートを切るも先行するスピードが無く、押して行くも1コーナーへは9番手辺りで入っていきました。大外を回っていたので、向正面では1つ2つ順位を落とした感じ。この辺でも終始気合をつけられながら追い出されているんですが、ローレルアクシスの動きは悪かったですね。
そして、3~4コーナーでは外を回されたという理由もあったかもしれませんが、スムーズに立ち回ることが出来ず、直線入り口では先頭から7馬身ほど離された“後ろから2番目”を追走・・・これでは、絶対に届きません。。。馬群の外に持ち出し、一瞬だけ良い脚を見せましたが残り100㍍あたりでガス欠・・・。タイム1分45秒7で勝った⑧パントマイミストから1.1秒離されての9着。上がり3Fも38.0秒。。。ちょっとらしさが出なかったですね。

安藤(光)騎手のコメント『いやぁ~気が悪いな。追っ付けて行かせた方が良いかもしれないね』

鶴留調教師のコメント『9着か。伸びてはきたけど、最後はバテてたな』

ハロンタイムは
7.0 - 11.3 - 11.8 - 12.7 - 12.3 - 12.0 - 12.1 - 12.5 - 12.9。
因みに、同じ日に行われた6Rダート1700㍍ 4歳500万下の勝ち馬③ギルティストライクの勝ちタイムは1分45秒6。8Rダート1700㍍ 4歳500万下の勝ち馬③フライデイフライトの勝ちタイムは1分45秒8。結局のところ500万下では勝つだけの力はあるものの1000万下では簡単には通用しないレベルだということですね。
フレグモーネによる熱発明け、3回連続除外、外枠スタートなど条件としては厳しいところもありました。今回のレースの3~4コーナーのチグハグなコーナーリングを見ると左回りの方が得意な感じですかね。。。

今後は放牧の可能性もあるのかな?3月の中京または開催中である東京の最終週にリトライして欲しいです。
まだまだ、成長の余地があると思いますので使われながら強くなっていって欲しいですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年2月 4日 (月)

祝・“初”重賞制覇

今日は昨日の大雪による東京競馬の代替開催が行われました。ローレルアクシスとクオンで食らった『負け分』を取り返そうと根岸Sを買おうと思っていましたが、やっぱり平日に開催される競馬はいけませんね。。。仕事の合間にふと気付いたら“15:50』・・・買いそびれました。本命にしていたタイセイアトムが2着に来ました。。。運が無いときはこんなもの。

ローレルアクシス&クオンのレース回顧は少しお待ちを。。。
ローレルクラブ所属のローレルゲレイロが悲願の重賞初勝利を飾りました。

2月2日(土)東京11R・東京新聞杯(G3)芝1600m・16頭立4枠7番に藤田伸二57.0㎏・馬体重470㎏(+6)で出走し、タイム1分32秒8で2着にクビ差の優勝。

藤田騎手のコメント『絡まれたけど、マイペースで行けたからね。出来が良かったこともあるけど、もっと前から行かせる競馬をさせていれば、結果は早く出ていたよ』

昆調教師のコメント『今日勝てなければいつ勝てるのかという出来。古馬の心臓になって来ていると獣医が言うし、最後のひと踏ん張りなんかもその辺の成長だろうね。結果がでなければフェブラリーSも頭にあったけど、これで今後の可能性が広がった。大事に使って行きたい』

勝ち星はローレルアクシスと同じ“2つ”の同級生ですが、収得賞金は1億5000万円の差が・・・。羨ましいですけど、所属馬から活躍馬が出ると励みになります!

今日は本屋さんで『全部見せます中央競馬2007』を購入しました。まだ20㌻ほどしか見ていませんが、18㌻の東京新聞杯の欄(勝ち馬スズカフェニックス)に楽しみが倍増になる内容が・・・

内容一部抜粋
“東京新聞杯の連対馬からは2年連続で後のGⅠ馬が出ているが・・・”

と記載されていました。ということで調べてみました。

2005年
1着 ハットトリック(後にマイルCS・香港マイルを優勝)
2着 キネティクス(後に富士S(GⅢ)優勝)

2006年
1着 フジサイレンス(その後未勝利だが現在も現役)
2着 オレハマッテルゼ(後に高松宮記念を優勝)

2007年
1着 スズカフェニックス(後に高松宮記念を優勝)
2着 エアシェイディ(後にAJCC(GⅡ)を優勝)

2008年
1着 ローレルゲレイロ
2着 リキッドノーツ

2着のリキッドノーツは7歳。4歳のローレルゲレイロに可能性を感じるのは僕だけではないはず。。。
今後は高松宮記念(GⅠ)も安田記念(GⅠ)も使ってくると思いますし、GⅠ制覇の可能性は十分あると思います。同級生のローレルアクシス、近親のローレルウェルシュも能力はあると思いますので、ローレルゲレイロの活躍に少しでも近づけることを期待しています!!

それから、ユニオンも本日ステラフィッサが新馬戦を勝ち、2008年初勝利を挙げることができました。おめでとうございます!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 2日 (土)

クオン叩き3走目

今日は3場メインレースをローレル&ユニオンで全部勝つ予定が、小倉(和布刈特別)のローレルアクシスが9位、京都(橿原S)のゴッドヘイローが10位と揮いませんでした。しかし、重賞である東京(東京新聞杯)のローレルゲレイロが優勝。ローレルゲレイロの出資者の皆さんおめでとうございます。
ローレルアクシスのレース回顧は後日。。。

今日はクオンの前評判を中京スポーツで。。。

クオン
3日(日)京都8R 4歳上500万下(混・指)D1800㍍
【発走14:00】
小牧太56.0㌔

  本紙 PC 馬名   騎手
1     マーベラスチーフ 牡5 57 角田
2     アロド 牡4 56 吉田稔
3 オーシャンクルーズ 牡4 56 四位
4 エーケーリープ 牡5 57 藤田
5     マルカシリウス 牡5 54 ▲田村太
6 アドマイヤダンク 牡4 56 福永
7     ウォーゲーム 牡4 56 川田
8   ストロングウィル 牡4 56 安藤
9     シルバーガル 牡7 57 高田
10   マイティーバッカス 牡4 56 藤岡佑
11   ティズインパルス 牡5 57 ペリエ
12   ウエスタンホーク 牡5 57 秋山
13   クオン 牡4 56 小牧

中京スポーツ
印…〔△……◎△………〕
TM〔………△……〕

上位人気
③オーシャンクルーズ
⑧ストロングウィル
⑥アドマイヤダンク
好調教馬
⑧ストロングウィル
⑦ウォーゲーム
①マーベラスチーフ
距離適正
⑬クオン
⑪ティズインパルス
③オーシャンクルーズ
前走内容
⑩マイティーバッカス
⑫ウエスタンホーク
⑪ティズインパルス

状態採点 6点 前走時の調子維持
(出走馬中 7点3頭 6点7頭 5点3頭)
クオンの追い切り
30日・栗坂重・単走・助手
4F54.9-40.1-26.7-14.0(叩き一杯)

大橋調教師のコメント『前走は道中で2度下げてチグハグな競馬になった。それでも5着に来るんだから力がある』

クラブからのコメント『前走後も順調に追い切りを消化してきました。展開に注文はつきますが、比較的先行馬が揃っており、上位争いが期待できそうです。』

・・・競馬ブックには★を中心に印がチラホラ。。。ちょっとした穴人気になりそうな感じです。今日のローレルアクシスと同じ大外枠。やはりこの点がどのように影響するか注目したいですね。天気は悪くなりそうな予想。速い馬場に対応することができるかどうかですね。テンの速そうな力のある馬はいなさそうですから、序盤から押して好位をキープしてもらいたいですね。
連闘でこのレースに臨む③オーシャンクルーズ(ローレルクラブの募集馬ウインクパールの06の半兄)が強そうですね。そして、底を見せていない⑥アドマイヤダンクも要注意か?人気を背負いそうな⑧ストロングウィルは8ヶ月の放牧明けですが調教の動きが良いようです。近走実績や持ち時計を見てもどの馬が勝ってもおかしくない実力伯仲のレースではないでしょうか?クオンは5~8番人気くらいの評価かな?20倍くらいのオッズだと馬券的にもオイシイですね。
今日のローレルアクシスでかなりの負債を抱えてしまいましたので、明日のクオンで何とか取り戻したいところです(ゲレイロで少々取り戻すことができましたけど。。。)
最低でも次に繋がる“5着以内”ですが、勝てるチャンスも幾度も巡って来るわけではないと思いますので、小牧騎手を配してズブいクオン対策を施してくれていますので、ここでキッチリ決めておきたいところ。
ここを勝ったら、芝の長距離戦も視野に入れてこれからのローテーションを考えてくれそうな気がしますからね。。。(←あくまでも僕の憶測ですけど)

ローレルクラブは2月反攻の点火が上手く出来た様に思います。明日もハーリカが一発やってくれるんではないかと思ってきます。これをきっかけに来週以降も所属馬がガンガン勝ってくれることを期待しています。勿論、ローレルアクシスの次走もこの勢いに乗ってもらいたいところです。

対するユニオンは今日も勝ち星がつかず。。。明日は出走馬も多いですし、ひとつと言わず、今まで勝てなかった分何勝かまとめて取り返したいところですね。。。

頑張れクオン!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年2月 1日 (金)

小倉で2008初勝利を

今日から、プロ野球のキャンプが始まりました。ドラゴンズの2連覇がここから始まります!!
明日はローレルアクシスが出走します。競馬ブックを買おうと思いましたが、印がゼロ(涙)。。。中京スポーツを買うことにしました。
それでは、ローレルアクシスの前評判をどうぞ!

ローレルアクシス
2月2日(土)小倉11R 和布刈特別・4歳上1000万下(混・H)D1700㍍
【発走15:30】
安藤光彰54.0㌔

      馬名   ハンデ 騎手
1     ティティボス 牡4 54 菊沢
2     ブルルイ セ7 53 難波
3   スナークエベレスト 牡7 53 熊沢
4   アンクルピース 牡6 54 川島
5     ストロングドン 牡8 51 田中健
6   タカオセンチュリー 牡5 57 鮫島
7   スプリングザスパ 牡5 54 二本柳
8 パントマイミスト 牡7 55 上村
9   タガノエクリプス 牡5 57 長谷川
10     チェリーロビン 牡5 54 高橋
11     トウカイポリシー 牡5 54 芹沢
12     アグネスハッピー 牡6 55 松田
13   ロトブルースター 牡5 57 中舘
14     ウインサウザー セ6 52 武英智
15 トシセント 牡4 56.5 北村友
16     ローレルアクシス 牡4 54 安藤光

中京スポーツ
印…〔▲……▲▲………〕
TM〔………………◎◎…〕

【力互角】
上位人気
⑬ロトブルースター
⑮トシセント
⑥タカオセンチュリー
 ◎連対確立80%
好調教馬
③スナークエベレスト
⑪トウカイポリシー
⑮トシセント
距離適正
⑦スプリングザスパ
⑩チェリーロビン
⑮トシセント
前走内容
③スナークエベレスト
⑨タガノエクリプス
⑮トシセント
コース
③スナークエベレスト
⑩チェリーロビン
⑮トシセント

状態採点 7点 動き軽快で好調子
(出走馬中 7点7頭 6点9頭)
ローレルアクシスの追い切り
31日・栗芝重・単走・助手
5F64.5-51.5-39.0-13.7(5分所・馬ナリ)

勝木調教師のコメント『小倉のダートは初めてだが、ローカルで勝っているので問題ないはず。好位でスムーズな競馬ができればいいが』

鶴留調教師のコメント(クラブより)『先週のフレグモーネは症状も軽かったし、競馬への影響はそれ程ないと思う。手の合う安藤君だし、ハンデ戦で前進させたいね』

・・・先に書きましたが、競馬ブックでは印が全くなし。。。トシセントが人気を被りそうな感じですね。大外枠は少し残念ですが、上手く先行して欲しいところ。馬群がバラけるような雰囲気なら内側に入れてもいいですかね?勝った安城特別と同距離のダート戦を1㌔軽い54㌔のハンデで走れますので、人気は無いが好勝負できる下地は持っていると思います。
鶴留先生は自分の気持ちを表現することが下手な方のようですが、会員想いの馬主さん想いの強い方だと聞きました。今回の和布刈特別への強行出走(状態が良く無いという訳ではなく、大事をとって来週への出走としなかったという意味で)も先週のフレグモーネによる失敗を取り返そうと頑張って調整をしてくれたものだと、僕は感じました。(勝手な想像ですけどね)
こんなところもあって、僕は鶴留先生が結構好きです。(今更ながらキングカメハメハ×スロクルージュを買えなかった事を後悔しています)
話は戻りますが、今回は安藤光騎手を鞍上に配しました。鶴留先生に500勝目をプレゼントしたコンビですので、安藤光騎手もローレルアクシスの脚質を覚えていると思います。アクシスの力を出し切ってくれるでしょう。。。フレグモーネによる一頓挫も心配なさそうですし、美味しい馬券にありつけるかな?

しかし・・・ひとつだけ心配なことが・・・
今日は小学2年生になる我が息子の宿題を見ていました。
国語の教材で『スーホの白い馬』というところを勉強しているらしく、“お~。。。馬の話を勉強しているのか!いいねぇ~”なんて思いながら音読を聞いていました。そして、次はこの単元で新しく習う漢字の勉強。そこで・・・このような漢字を勉強していたのです↓↓↓↓
Kanji_2 
“馬”・“売”・“弱”って・・・
テンションが下がる字並び。。。
アクシス&クオンには関係ないですよ~~

それから、ホシノテンビー06ですが、ここ数週間で本当に30㌔ほど増加したということでした。カントリーバッハ06と共に早いペースで調教を進めていたのですが、ホシノテンビー06は少しペースを落としたとのこと。少し楽をしているということもあって、体重増となったワケですが『半分筋肉、半分ゼイ肉かな?』なんて感じのようです。
それから、匿名掲示板に『ビッグテンビー06が追加募集されるかも・・・』といった情報が載っていて、気になっていました。そのことも聞いたんですけど、『今のところそんな話はない・・・』とのことでした。
ビッグテンビーの06というと、父がメジロライアンの牡馬なんです。非常に興味のある血統です。ちょっと残念かな。。。

とりあえず、アクシスの激走を期待することにします!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »