« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月30日 (土)

監督は誰?

今日は久々にサッカーネタで。
ジュビロ磐田の内山篤監督が解任されました。これでジュビロは3年連続のシーズン中の監督後退劇。チームがうまく回っていないことを象徴しています。メンバーを見ると・・・それほど悪くないと思うのですがね。
この2週間のワールドカップ予選休みで新しい監督が決まるわけですが、僕の願望と共に新監督候補をリストアップします。

◎イビツァ・オシム氏
僕はこの方に引き受けて欲しいです。スポーツしにもオシム氏がリストアップされていると書かれていますが、健康面で心配があります。ジュビロサッカーは明らかに停滞しているので、思い切った改革のできるこの人にお願いしたい。名波あたりは将来ジュビロの監督をやると思うので、オシム氏のサッカーを勉強して欲しいとも思います。

○関塚隆氏
前川崎フロンターレ監督。冷静であり試合になると大声でこーちんぐをする熱血漢。思い切ったコンバートもやってのける革命のできる指導者だと思う。こちらも4月に健康上の理由で川崎を辞任しており、そこが心配。

▲柳下正明氏
元ジュビロ磐田監督。現ジュビロ磐田コーチ。ヤマハ生え抜きの指導者で、攻撃的なサッカーの指導には定評がある。コンサドーレ札幌を再生させた実績もあり評価は高い。ジュビロらしいサッカーを再生させるのであれば彼が適任かと思うが、僕の希望は外部からの指導者を登用して欲しい。報知新聞の本命。

△桑原隆氏
元ジュビロ磐田監督。前横浜Fマリノス監督。ジュビロを指導し、Jリーグ優勝も果たしたが、僕はあんまり好きではないかな。。。それでもジュビロの黄金期を基礎を作った監督ですので相性はいいかも。。。

△原博実氏
元FC東京監督、元浦和レッズ監督。若手育成に長けた指導者で、僕はあまり好きではないかな。。。でも、健康面や指導歴を考えるとこの方の監督就任は結構現実味がある気もします。

△アマル・オシム氏
元ジェフ千葉監督。イビツァ・オシム氏の息子。ジェフ時代の指導を見てもちょっと今のジュビロを立て直すエネルギーは無いように感じますね。一部報道では名前が出たりしていますがこの方は無いでしょう。。。

新聞やサポーター内の口コミではこのあたりが候補者でしょうか。。。
とにかく現在16位の入れ替え戦圏内で苦戦しているジュビロ磐田を救ってくれる救世主を期待しています。イビツァ・オシムさん!お願いします!!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年8月29日 (金)

関西牧場巡り②

ローレルベルロードの次はローレルウェルシュです。
こちらは相変らず背は低いのですがガッチリとした馬体。さすがは準オープン馬といった雰囲気を感じさせます。ローレルウェルシュとは今年の4月以来の4ヶ月ぶりの再会。4ヶ月前もこの宇治田原優駿ステーブルで会ったんですよね。これで10回目の対面。。。もう長い付き合いです(笑)

馬体重は500㌔ちょうど。よく食べると言うことで少々太めです。放牧の原因となった『右前球節外側上部の腫れ(捻挫)』は完全に引いてウェルシュ自身も痛がっていないと言う事でした。
常に不安を抱えている爪については・・・『ここ(宇治田原優駿S)に来てから蹄鉄をとって裸足の状態にして少し歩かせたりするなどの工夫をしました。その効果もあって爪も強くなったと思いますよ』とのこと。
放牧に来た7月初旬より順調に調整が進んでおり、こんな順調に進んでいることは初めてじゃないかな・・・と思うような感じですね。7月より『8月末には帰厩』と言うことで進められており、このまま帰厩も可能な状態なのですが、梅内先生が『9月に適当な番組が無いのでもう少しここで調整を続けて欲しい』との話があったそうで、順調な帰厩延期と言うことで安心してください。
帰厩に向けて強い調教を続けてきているようですが、ここからは少々ペースを落として調整を続けていくとのことでした。少し立派になっている感じがあるので、これ以上太らない様に気を付けて欲しいですね。

歩様は硬さも無く本格化を迎えたのかな?って勝手に思っています。前走後の野元騎手のコメントにも『歩様そのものは以前より比べものにならないくらい良くなっているし・・・』
とありましたからね。。。
この状態であればダート短距離戦に限定されること無く芝の短距離も十分に行けそうな感じです。1600万下条件は在籍頭数が多く、狙ったレースに出走するのも大変ですので芝&ダートの短距離戦の両方に登録していく必要がありますからね。
準オープンに昇格してから十分な状態で出走することもできず二桁順位が続いています。上でも通用するスピードは持っていますので、年内に勝負を賭けるつもりで頑張って欲しいです。

このウェルシュですが、常に一生懸命走る真面目な奴らしいです。手を抜くことをしないということで、レース前の追い切りも好時計が出るみたいですね。
そして、4月には見ることのできなかった“舌”が今回は復活していました。ベロ~ンと出した舌ベロを引っ張ってやりました。。。これはウェルシュの本来の癖ですので、精神的にも余裕が出てきているのかな?と勝手にポジティブに捉えています。

遅刻をしてしまい宇治田原優駿Sさんには多大なるご迷惑をおかけしました。仕事に支障が出ないように見学時間も最大限短縮するよう努力しましたので、撮影したビデオも写真も少なかったのですが、愛馬に会えて元気そうな様子を見ることができたので良かったです。
それでも、帰り際には『また、是非来て下さい』という言葉をかけていただき涙が出そうになりました。

馬房数約300、従業員約60人の最大規模を擁する宇治田原優駿Sで頑張っているローレルベルロードとローレルウェルシュは結果を出してくれることでしょう!!
宇治田原優駿ステーブルさん。これからも何度もお世話になると思いますのでよろしくお願いします!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月28日 (木)

関西牧場巡り①

旅行2日目までは何とか雨にも降られずに持ち応えましたが、最終日は残念ながら雨。。。パンダが誕生したばかりの王子動物園を予定していたのですが遭えなく科学館へ変更(←特に神戸っぽくも無いですけど・・・)

午後は帰り道に栗東周辺の放牧地を周ってきました。
まずは宇治田原優駿ステーブルへ。。。雨の影響もあり予定時刻よりも遅くなりご迷惑をかけてしまいました。申し訳ございません。。。皆さんも集合時間はしっかり守りましょう。僕も今回が初めての遅刻かなぁ・・・でもいけません!気を付けます!!

さて、ここに滞在しているのはローレルベルロードとローレルウェルシュの2頭。それぞれ久しぶりの対面となります。

今日はローレルベルロードの話を。。。

宇治田原優駿Sに到着した現在は結構強い雨が降っていたので、ベルロードの見学は屋根のついた場所となりました。この宇治田原優駿Sは大きな工場のような建物ですので、屋根も高く全く圧迫感が無いところでの再会となりました。
ベルロードとは・・・2年ぶりの再会となります。大きくなりましたねぇ~。額の星は相変わらず綺麗で昔と変わりありませんでした。馬体は大分締まっており仔馬時代とは違い、現役馬であることを実感しました。
ベルロードの担当厩務員さんに聞いたところ、現在の馬体重は476㌔。ここに来たときは472㌔だったので、4㌔の馬体重増となったそうです。『もう少し増えてもいいかなぁ・・・』とも思いますが、飼い葉の食いも良好でありながらトレーニングの量が増えてきているのでこの体重になっているのだということでした。ソエについてはメルサでの報告のとおり全く問題が無いということで、近々帰厩の運びとなるようです。
毛艶も良く調子も良いのかな?前の筋肉がなかなか発達していましたね。
今後の予定ですが、早ければ来週中にも声がかかるかもしれないということでしたが、入厩が遅れた場合は現在週2回の坂路が1本というところを本数を増やして負荷をかけていくということでした。
とにかくまじめに走る馬なので、1走した後の消耗も激しく、間を詰めて競馬をすることはちょっと向かないかな?とのコメントもいただきました。
歩様も滑らかであり、痛んでいるところはなさそうでしたね。ベルロードも昼食後ということでかなりリラックスしている様子で、撫でても大人しいですね。
ほんの数分しか対面できませんでしたが、その間も馬っ気を出していました。厩務員さんからもかなり『馬っ気が強い』と聞きましたので、去勢されることの無いような成績を収め種牡馬への道を歩んでほしいなぁ・・・なんて思いました。
ベルロードはこの宇治田原優駿Sが非常に気に入っているようで、ここに来るとかなりリラックスするようです。スタッフが少し気を抜くと直に太ってしまうようで、とにかく体が緩まないように乗り込みを続けているとのことでした。
栗東へ戻ったら緊張感のあるところへ滞在することになります。ベルロードにとっても精神的に疲れるのかもしれませんが、何とか1つ、出来れば2つ勝ってもらってここに休憩に来てもらいたいと思います。
狙い目はやっぱり復帰緒戦ですね!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月27日 (水)

ホムスタ

今日は午前中に須磨海浜水族園へ行って、午後は三宮の街を散策してからヴィッセル神戸のホームスタジアムである『ホームズスタジアム神戸』へ行ってきました。
ヴィッセル神戸vs鹿島アントラーズの試合もスリリングで楽しかったのですが、ワールドカップも開催されたホームズスタジアムが素晴らしかった。スタンドとピッチの距離が非常に短く、臨場感溢れる雰囲気は最高でした。
明日は、旅行最終日。。。
妻はあまり協力的ではありませんが関西牧場めぐりを決行します。(天気が心配ですが)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月26日 (火)

クオン情報8/26

旅行1日目・・・今日はハーバーランド&メリケンパークへ行ってきました。天気が心配でしたが雨も殆ど降らず、良い初日でした。明日は更に天気が悪そうで・・・心配です。

今回の旅行は・・・初めてパソコンを持って旅行に出かけたのですが・・・ランケーブルをホテルのフロントで借りて部屋で接続すると・・・簡単にインターネット接続。
・・・こんな簡単に接続できるなんて知りませんでした(恥)

さて、今日は久留米特別で6着に敗れたクオン情報です。

クオン(4歳・牡)
(トロットスター×ファーストステップ)
8/20 レース後も脚元等に異常はない。次走まで再度間隔を空ける必要があるため、短期放牧に出すことも検討している。
8/21 明日、湖南牧場へ移動予定。 
8/22 湖南牧場へ移動。
8/26 軽めの調整で様子を見ている。球節に若干疲れが感じられ、軽い浮腫みが見られるが、その他には大きな異常はない。
大橋調教師のコメント『状態を見ながらだが、いつでも帰厩できるようにできるだけ緩めないように』
疲れを取りつつ乗り込みを継続して調整していく予定。

・・・先週に湖南牧場へ移動したと言うことで、見学にも行くことは出来るのですが、やや疲れもあるようですので見学取り止めを決定しました。
今回は断念しますが、9月下旬にもまだ湖南牧場に居るようだったら一度行ってこようかなぁ・・・とも思っています。でも、ガソリン価格も高騰していますからね。。。お金に余裕があったら行くことにします。
クオン自身のことですが、ここのところクラブに電話をしていないので詳しい情報は入っていませんが『優先権がないとレースに出られない』と、言っていましたのでこのような状態になってしまったかと。。。湖南さんにあまり長居すること無く早く戻ってきて欲しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月25日 (月)

牧場見学旅行?

今日、太陽と海の教室を見そびれました。。。残念です。誰か録画されていませんか?
そんなワケで今日の投稿が始まりましたが、明日から神戸へ旅行へ行きます。
メインは『サッカーバカ憎』のムスコが『行きたい!』と言っていたホームズスタジアム神戸でのサッカー観戦。僕も楽しみです!!

そして、旅行の途中に京都・滋賀に寄って放牧中の愛馬を見に行ってきます。見学予定は宇治田原優駿S(ローレルウェルシュ&ローレルベルロード)とグリーンファーム甲南(ローレルアクシス)です。近くに湖南牧場(クオン)もあるのですが、クラブ事務所に連絡することができず、お流れになりそうです(涙)

9歳になった息子とあと何回家族旅行に行けるのかな・・・(寂)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月24日 (日)

イクタTF訪問記②

なかなか約束どおり更新されない『Mスポ裏トーク』ですが、日曜日付けでイクタTF訪問記の第2弾を書かせていただきます。

今回の主役はエルクラシコ。先日書いたイナズマチーターよりも馬房から出てきたのは3分ほど早かったです。
調教のタイムテーブルとしては牝馬のイナズマチーターが早い時間で、牡馬エルクラシコはイナズマチーターから1時間半くらいあとの予定だったのですが、予定を変更してエルクラシコの開始時間を早くしてくださったようです。イクタTFのみなさん本当にありがとうございます。
登場したエルクラシコは流石にもう覚えました。相変わらずの男らしいハンサムフェイスですし、毛色も特徴的(芦毛になりかけの感じ)ですし、馬体も相変わらず大きく雄大なイメージ。心配していた脚元も全然心配なくきっちりと追えているみたいです。

この日のエルクラシコの調教メニューは、内馬場でのウォーミングアップ⇒ゲート練習⇒ダートコースでのキャンター3000㍍(15-15)⇒坂路での追い切り2本(15-15)⇒WMということで、イクタTFでは最もハードなメニューでした。
イナズマチーターとエルクラシコは性別も違いますし、調教の強度も違いますので、2頭が併せで走ることはなかったのですが、同じ時間に内馬場でウォーミングアップをしていました。内馬場でも少し離れたところにいましたが、時々2頭の距離が近くなったりしてそのときの写真や映像がありますので近々アップしたいと思います。

内馬場でのアップは特に暴れたりこちらが心配するような動きもなく、鞍上の指示に従う優等生振りを発揮。馬体は大きいですが動きも滑らかでありいい感じです。
ゲート練習も問題無く消化。
続いてダートコースでのキャンターに入ります。
前回来た7月には調教パートナーを内側に置いて馬場の外を回ったのですが、今日の併せ馬では内側のコースを取ります。聞いたところによると併せの内外は調子や調教の進度に関係なく、今日はたまたま内側だった。。。ということでした。

このキャンターでも首を使った伸びのあるフォームでしなやかに走ります。そのフォームは以前ここで見たローレルウェルシュとは全く違う感じですね。小型で首をかなり下げてパワフルに走ったウェルシュはダートが主戦場に。しなやかなエルクラシコは芝長距離で力を発揮するのかな?

エルクラシコは走ることが好きなようですね。非常に前向きだし気合の入った走りをします。今まで持った馬にそれぞれ個性があるわけですが、エルクラシコはもしかして・・・今までに無い雰囲気を持つ馬であり余分な期待をしちゃいます。

続いて坂路コースへ。そこでは・・・圧巻の動き。(←あんまり大きく書くとあとで恥ずかしい思いをするかもしれませんが、本当に良かったです)
7月に見たときも坂路15-15だったわけですが、そのときとフォームも違うしスピード感も違う。。。多分、実際の時計も今回の方が速いんじゃないかな?格好いいぞ!エルクラシコ!!

2本の追い切りを終えてWMに入る前に洗い場に戻ってきたエルクラシコの息は既に整っておりました。なかなかの心肺機能じゃないか!
そのあと、ムスコと記念撮影をしたりしましたが、悪さをする馬でもないし、本当にみんなから愛される性格です。
田所秀先生!こんなにいい馬をトレセンに入れないのは勿体無いですよ!!本当にそろそろ考えてやってください。
前も書きましたが、エルクラシコに2口出資できるチャンスもあったのですが、慎重になって1口にしてしまったあのときを物凄く後悔する日が来るんだろうなぁ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月23日 (土)

ど~も、スイマセン

帰って参りました。。。
土曜日の笛の出来が悪くて、関西協会の偉い方にかなり長い時間入魂されてしまい、イクタレポートを書く気力が湧きませんでした。
日曜日の笛は挽回できましたが。。。

書きたいネタはいっぱいありますので、月曜日になってから日曜日付けの記事でイクタTFレポートを書かせていただきます。

月曜日の記事はそのまま書かせていただきますのでお楽しみに!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月22日 (金)

イクタTF訪問記①

昨日は、ソフトボール決勝で感動し、ダイジェストやニュースをはしごしている間に睡魔に負けてしまいました。。。スイマセン。
今日は頑張ります!

ムスコの自由研究の合間に見たイナズマチーターとエルクラシコ。。。今日はイナズマチーターについて書かせていただきます。

9日(土)のメイクデビュー小倉に出走し、6着に敗れました。その後13日(水)にイクタTFへ移動してきた彼女。。。今日が緊張の初対面となります。

レース時の馬体重が390㌔のイナズマチーター。出走馬の中でも2番目に軽い馬体重で出走していたので、どれだけ小さいのかなぁ・・・なんて思っていました。
まだ会ったことが無かったのですが、イナズマチーターが厩舎から出てきた瞬間に『アッ!あれがイナズマチーターだ』と、馬を紹介される前に直感で分かりました。
小さいだろうと予想した馬体ですが、それほど小さいと感じませんでした。馬体重が示すとおり大きい訳でもなく背もやや低めなんですが、バランスの良い綺麗な馬体は好感が持てました。でも、ちょっと巾が無いかな。。。もう少し巾が出てくるといいですね。
歩様もなかなか滑らかで、良血馬の醸し出す雰囲気が滲み出ておりました。レース時のパドック解説では『脚捌きが硬いのがのが気になります』と、解説されていたイナズマチーターですが、ひと叩きして硬さも抜けたのかもしれませんね。
そして、イナズマチーターを見た瞬間に一目惚れしたのは『顔』です。女の子らしい滅茶苦茶可愛い顔をしています。目が可愛いんだなぁ~。顔のバランスもいいし。。。顔写真をいっぱい撮ってしまいました。
今日はイクタTFへ移動して初めての追い切り調教日。イナズマチーターは移動して間もないため超軽めの運動で終わりとのこと。。。、内馬場で“常歩”⇒“ダク”の運動。神経質な馬だということは聞いていたのですが、内馬場に入るときもスンナリと入ってくれません。。。横にフラフラ動いたり後退りをしたり・・・内ラチに打つかって怪我などしないかと心配しました。。。しかし、そこは鞍上のIさん。騎乗技術はイクタTF“NO.1”(と僕は思っています)の彼が焦らずに宥めながら時間をかけて調教を続けます。
内馬場に入り約10分。イナズマチーターも観念し、鞍上の指示に従い走る気になってくれました。
常歩のフォームもダクのフォームもなかなか綺麗です。『これはいいですねぇ』
さて、内馬場で軽い運動をこなした後はダートコースに出ての軽いキャンター・・・しかし、本当に軽いキャンターでした。多分馬ナリよりもかなり抑えたスピード。内馬場でやっていたダクよりも遅いくらいのスピードだったんじゃないかな?
今日の調教はここで終わり・・・洗い場へ戻ってきました。顔くらい撫でたかったのですが、神経質で環境が変わった直後はあまり刺激しない方が良い(小倉の出張馬房でも落ち着きが無かったですしね・・・)と思ったので、今回は遠巻きに写真を撮るだけにしました。それでも洗い場では比較的落ち着いていたかなぁ・・・。
話を聞いたところ松元先生からは『体重を増やすように』という指示が出ているようです。食いが悪いのかなぁ・・・とも思ったのですが、食いっぷりもそれほど悪くないようで、前日の計量で389㌔ということですのでレース後、長距離輸送を考えれば馬体減はかなり少ないといっていいのではないでしょうか?

さて、デビュー直前は『イナズマチーター大丈夫かな?』と思っていた面もあったのですが、対面してみて予想以上に良い馬でした。もう少しパワーが付けば勝ち上がるのにも時間を要しないことでしょう。。。再度高い期待を持ってイナズマチーターを応援していこうと思います。
もう少しイナズマチーターをじっくり乗ってもらった後に、またイクタさんへ行ってイナズマチーターの感想を聞いてみたいと思います。

明日は・・・大きな大会のレフリーの仕事があります。頑張るぞ!!
そして、明日のブログはイクタTF訪問記の続編を予定しております。書く時間があればですけど・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月20日 (水)

自由研究

ムスコは小学校3年生。今年から夏休みの自由研究が宿題に入ってきました。僕が小学生の頃は1年からあったんですけどね。因みに僕は自由研究でクラス代表として全校発表会に6年間で3度選出されました。。。
さて、ムスコは自由研究の内容は・・・『馬について』。←これですけど僕が“やれ!”と、命令したわけではありません。
小さい頃から牧場や競馬場に連れて行っているので、競馬については常に身近に感じていると思うのですが、この夏はダビスタDSを購入し(←これは本当は僕がやろうかな・・・と買った物)、やり捲っています。独り言も競馬の実況だったりもして。。。(2年前のローレルオータムツアーでも、我がムスコが一人実況をしていましたけど。。。)
ダビスタで競走馬への興味が一気に湧いてきて『お父さん、馬の生活や一生について研究したいんだけど・・・』といきなり言ってきました。

・・・というワケでいろいろなところに協力のお願いをしました。。。(勿論、正規のルートでお願いをしましたが・・・)
そして、近所の乗馬クラブさんとイナズマチーターとエルクラシコがお世話になっているイクタTFさんから取材許可?(研究許可?)をいただきました。
イクタTFさんは8月16日なら時間が取れるということで、出張直後でしたが急遽行って参りました。

ムスコの取材に応じてくれたのはイクタTFの若大将のIさん。。。いつもいろいろと対応してくださり本当にありがとうございます。

一口馬主歴も7年目、競馬歴も15年にもなるので、競走馬の事もよく知っているつもりですが・・・ムスコの取材を通してはじめて知ることも多かったです(恥)
馬の一日の生活とか、馬の食事とか・・・etc。
馬って1日に1時間半~2時間くらいしか寝ないって知ってました?それも、一気に寝るんじゃなくて、20分くらいを何回かに分けて寝るそうですよ。。。恥ずかしながら僕は知りませんでした。

そんな感じで、今は取材を終えて研究のまとめに入っています。学校の先生には気に入ってもらえるか分かりませんが、なかなかクオリティーの高い自由研究になりました。
妻からも『研究は数年間継続してやってみたら・・・』と言われていますので、来年は・・・合法的に北海道へ行けそうかな?

勿論、ムスコの研究の合間にエルクラシコとイナズマチーターの取材もしてきましたので、また書かせていただきます!HPの方ではその様子をアップしておりますのでご覧ください!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月19日 (火)

ボス・・・大丈夫?

今日はローレルクラブのメルサで少々ドキッとする情報が。。。

ローレルボス(2歳・牡)
(レギュラーメンバー×ホシノテンビー)
左前脚裏筋にモヤつきが出たため、エコー検査を受けました。腱に損傷は見られなかったものの休養が必要との判断から、鍋沢トレーニングセンターへ移動しています。

・・・先週まではホースプレースにてWコースダク~キャンター3000㍍と坂路1本を18-18ペースで走っており、近々加用先生がローレルボスの視察を予定しており、そのまま入厩の可能性もあったのですが、ここでまた一頓挫。。。
別件の話もありローレルクラブに電話を入れたところ、
『今のところ、腱が切れて腫れ上がっているワケではないので、屈腱炎ではないです』とのこと。。。しかし、今後に大きな影響を残すのではないでしょうか。。。と思っていたのですが、今のところ患部を冷やしながらゆっくりと休ませれば大丈夫なようです。
入厩直前にきての休養で、入厩の時期も後ろに長引くのは少々残念ですが、引退となるような怪我では無く安心しました。冬に骨折した箇所をかばって少々バランスを崩したのかもしれませんね。

同じ2歳馬のローレルレガリスとローレルファイヤーが満を持しての入厩。ローレルレガリスは鶴留先生もかなり期待しているとか。。。一口プレゼントでローレルボスとローレルレガリスとかなり悩んだのですが、ローレルボスで思い切って勝負しました。。。ローレルレガリスには是非活躍して欲しいと思っていますが、ローレルボスにも巻き返しを期待しています。

ローレルボスの一口を貰ってローレルクラブで一口馬主ライフを始めた方も多いかと思います。とりあえずボスは復活してくれると思いますので、一緒に応援していきましょう!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月18日 (月)

MスポPOG8月の陣

2歳新馬戦が始まって9週間が過ぎました。2開催が終了した時点ですが、ローレルクラブでデビューした2歳馬はイナズマチーターとオーシャンロードの2頭。ユニオンからはメイクデュース、スマイルオンリップ、エルプレジデンテ、サザンウィスパー、プレザントブリーズの5頭がデビューし、プレザントブリーズが昨日の新馬戦で勝ち上がりました。

我がファミリーも近年は一昨年にクオンが7月小倉デビュー、昨年もマサカーネが7月小倉デビューということで、早期デビューが1頭ずつ居り今年もイナズマチーターが8月小倉デビューと頑張ってくれています。今年は頑張ってもらって何とか2歳戦勝ち上がりを期待したいところです。

MスポPOG大会も結構ポイントが動いているんですよね。。。
中堅順位はこのようになっています。

順位 参加者名 ポイント
1 イスト 33,500,000
2 元予想屋 18,300,000
3 どらどん 10,100,000
4 ヒーホー 8,100,000
5 くにくん 7,000,000
5 NORI 7,000,000
7 雪之丞 3,900,000
8 波平 3,800,000
9 HIRO 2,400,000
10 ひだぶ~ 1,800,000
10 超能力学園&Co 1,800,000
12 まひろ 1,100,000
13 えるぷす 500,000
14 KFL 0
14 いでちん 0

(こちらがnetkeibaPOG集計表です。)
今週のプレザントブリーズの新馬勝ちで『イストさん』が一歩抜け出した感じです。『イストさん』おめでとうございます。
『イストさん』の指名馬を確認すると。。。イナズマチーターとエルクラシコの2頭の名が。。。この2頭は僕が実際に出資している愛馬2頭。。。イナズマチーターはオークスへ(笑)エルクラシコはダービーへ出走する(苦笑)と思っていますので、このままでは『イストさん』の圧勝になってしまうかも。。。

これから2歳重賞戦線も慌しくなってきますので、既に1勝を挙げている指名馬をお持ちの方は1発逆転の可能性も秘めていますからね。。。
今後もポイントがドンドン動いて活発なPOG大会になることを期待しています。

POG大会に参加してくださった皆様にはPOG集計ページのパスワードをメールで送ります。
そちらを使ってログインしてください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月17日 (日)

6着・・・其の2

今日の浜松は風があって過ごし易かったです。もう秋の空気ですかね。。。でも、まだまだ残暑は厳しそう。。。

マサカーネが頑張ったレースを終えて3時間30分後、次はクオンの登場です。
除外を2回食らい、7月13日の阪神開催以来1ヶ月以上間隔を空けての出走となりました。6月に帰厩して以来⑯着⇒⑥着と、以前の掲示板は死守するクオンの成績と比べるとやや不満を感じる最近のデキ。。。今日は希望の新潟出走が叶わず、コース条件としては不安が残るここ小倉競馬場でどれだけ頑張れるか。。。非常に楽しみにしておりました。サラブレモバイルでもクオンが『穴ぐさ馬』に指名されており、楽しみは更に大きくなりました。

前走より4㌔増の472㌔での出走となりました。今回はクオン自身の最重量記録を更新する馬体重。。。デビュー戦が440㌔でしたので、この2年でかなり馬体も大きくなりました。成長し続けているんですかね。。。
初めての特別競走出走ということで、ゼッケンもいつもの白では無く黒いゼッケンを着用。やっぱり雰囲気も違います。
激しく降った雨もひと段落のようで、雨こそ降っていないものの薄暗い中でのパドック周回でした。
パドック解説の競馬ニュースの小宮邦裕さんからは『除外でレースは開いているんですけどもそんなに太め感は無いですね。ただ、ちょっと動きが硬いかなという印象です』というコメントをいただきました。栗毛の馬体が薄暗い天候でくすんで見えてしまってましたね。馬体は太め感も無く調子は良さそうです。動きの硬さはそんなに気になりませんでした。元々柔らかい動きの馬ではないですので、こんな感じでしょう。気合の方も周回を続けている間に徐々に上向いている感じでした。
小宮さんのパドック推奨馬は①パープルアカデミー⑩タガノタイムピース⑦スマートトリック⑧ヨクバリの4頭でした。。。パープルアカデミーは強そうだったもんなぁ。。。
本馬場入場時は相変らず頭を下げた姿勢で疾走していました。。。本当にいつもと変わらないクオンです。主戦の渡辺騎手に戻っていいところが出れば・・・と、思いました。

ダートコースは相変らず水の浮いた超不良コース。マサカーネのレースを見ると前が渋太く残りそうな感じで心配です。。。
スタートはまずまず。。。でも、ここからが遅いクオン。今回はかなり下げましたね。。。1コーナーでは馬場の内側後方から5番手の位置取りとなりました。
渡辺騎手も『まぁクオンではこに位置で仕方が無い・・・』といった感じでそのままの位置をキープして4コーナーへ。クオンと渡辺騎手の理想は集団が膨らんだ直線入口で馬場の3分所を突いて一気に突き抜けたかったと思うのですが、このレースは先団から後方まで一団となってしまい、前に壁ができてしまい前に出られません。
仕方なく馬を外に出しましたが、そのロスは非常に痛かった。。。内側で我慢していた⑧ヨクバリと⑪ロールオブザダイスが伸びる。直線入口で前に壁が無かった①パープルアカデミー、②アイファードラゴンもスーッと足を伸ばします。クオンの少し前に居た④レッドゾーンも勢いよく伸びてきます。
クオンは『今回もちょっと厳しいかな・・・』と諦めかけていましたが、大外の赤い帽子(クオン)もなかなかの伸び脚。。。前を何とか捉えて掲示板を確保したいところ。。。結局、前も捉えきれず、後方から来た③トムトップにも交わされ7番手でゴール板を通過。。。
先頭で突き抜けた①パープルアカデミーは1分44秒5。クオンは1分45秒4の走破タイムとなりました。
しかしこのレースは審議。。。クオンばかり見ていたので、審議の対象となった瞬間を全然見ていませんでしたが、1着入線の①パープルアカデミーの斜行があったようで、①パープルアカデミーは降着。クオンは入線した7番手からひとつ繰り上がり6着という成績に。。。勝った⑧ヨクバリは1分44秒7でしたので、勝ち馬から0.7秒遅れたことになりました。
今回もそうですが、『おぉ~!と思う瞬間』が無いんですよね。。。以前は特徴のあるレース振りでワクワクしたことも多かったのですが、直線での末脚も少々鈍ってきているんですよね。。。よく頑張ってるし、そこそこの位置まで持ってくるんですけどね。。。これは一時的に調子が悪いのか、成長と共に斬れる脚が無くなってきているのか。。。心配です。
このような脚質なので脚を余してゴールしているようにも見えるし、いつも変わらない感じなので底が見えた感じにも映りますし。。。皆さんはどう見えているのでしょうか?
何かいい方法は無いですかね。。。芝の長距離戦に目を向けるとか、直線の長いコースに照準を絞るとか(これは大橋先生も考えていらっしゃいますが、優先権が無いのでうまくいきません。。。)とにかく足りない所があるクオン。いいところもある奴なんで何とかならないかなぁ。。。

渡辺騎手のコメント『やっぱり追走が苦しいですね。今日は雨の影響で馬場が締まっていたのでより一層ついて行くのに苦労しました。終いは良い脚で伸びていますし、馬場が悪いことを苦労する訳でもないので、後は展開の助けがあればもっと上位もあると思います』

マサカーネの6着は期待以上だったのでよく頑張った6着と評価しましたが、クオンはもっと期待しているんだけどなぁ。。。ということで、残念な6着。今回も優先権が取れなかったということで、新潟での出走は無理かな?今年1年結局得意と思われる新潟での出走はゼロになりそう。。。
でも、何とか1回は走らせて欲しいところ。。。クオンの上がりの状態にもよりますが、思い切って新潟最終週『瓢湖特別』芝2400㍍に向けて調整しませんか?(因みにこの週にはダート1800㍍戦もあります)
クオンの左回りを見てみたい!!

頑張れクオン!何かいい条件のレースを掴み取って、まだまだ現役で頑張ってくださいよ~!(直線が長くなったリニューアル中京でクオンの走りが見たい!!)
イセノイチ先輩よりも長く現役で!!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月16日 (土)

6着・・・其の1

今日は牧場へ行ってきました。牧場へ行ったと言っても、今日の僕は付き添い。。。息子の自由研究についていきました。その話は後日。。。
牧場から帰ったのが12:00。マサカーネのレースは見られないかな?と思っていましたが、パドックから見ることができました。良かった。良かった。。。

中2週での出走となったマサカーネ。陣営が希望していた芝1200㍍では無く、出走登録数の少ないダート1700㍍に矛先を変えて出走となりました。
前走は芝1200㍍戦で思い切って先行策をとり、直線入口まで4番手をキープするなかなか見所のあるレースを展開。直線ではスタミナが切れ14着に敗退しましたが、同じ様な先行策を取ると考えられる今回のレースは注目。レース終盤の粘りに期待です。

前走より4㌔増の410㌔での出走となりました。前走が少々細身の馬体かな?と思ったので、体重増での出走は良かったです。今日のパドック解説は大阪スポーツの松浪大樹さんでした。マサカーネに関しては『そうですね。ひと叩きして気合が表に出てきたと思います。上積みはあると思います。』とコメント。。。この方、各馬に対してのコメントが非常に短い。。。4Rのスタートが遅れていたのでGCのスタッフから『短めにお願いします』と、頼まれたかのような短さでした。
松浪波さんのパドック推奨馬は⑪カラメルマキアート③オメガクエスト⑮ミキノジャズマン⑧グランドツインクルの4頭。まぁ、人気上位の4頭でしたね。
マサカーネは僕から見てもひと叩きの効果があったように見えました。前走は厩務員さんに甘えてばかりいましたが、今日はそんなそぶりもなく、前向きな姿勢で周回していましたね。毛艶は・・・雨がひどくてよく分かりませんでした。栗毛馬は天候が悪いと良く見えませんからね。。。それでも、前進が期待できるデキではないでしょうか?

レース直前に上から降る雨は少々弱まったようですが、ダートコースの表面に水溜りが浮くようなひどい馬場コンディション。。。無事に先行できれば少し楽しみが増えますが、出遅れたらそこで終わりですね。。。マサカーネ自身、今回で2桁順位だと引退を迫られる可能性もあるので何とか良績を残したいところです。
スタートは躓いた様に前に沈みましたが、うまく立て直すことができました。高野騎手の手が動いて気合を付けられて先頭集団について行きます。100㍍を走ったところでは⑪カラメルマキアートの次である2番手の位置に上がっていきました。。。マサカーネはやっぱりスピードがある。でも、スタートで気合を入れた分後半のスタミナが少々心配です。
1コーナーでは流れも落ち着きマサカーネは4番手。まずまずの位置取りではないでしょうか?マサカーネの前に先行したのは⑪カラメルマキアート、③オメガクエスト、①トーワヒヨシマルの3頭。人気どころが居りこのままだと苦しい展開です。
3コーナー入口では⑮ミキノジャズマンにも交わされ5番手に・・・。先頭集団からも少々離され、後続集団も前に上がってきたため『この前と同じ様にズルズルと後退して殿負けか?』と思いました。しかし、直線に入ってからも後退すること無く頑張って5番手をキープ。逆に後続集団がマサカーネにも離されるような感じ。⑧グランドツインクルの1頭だけが食い下がってきます。
前に目を向けると・・・人気の⑪カラメルマキアートと③オメガクエストの2頭のマッチレース。他馬とは次元の違う感じで競り合いながら突き放していきます。。。結局、この2頭が後続を引き離してのゴール。3着にも先行した①トーワヒヨシマルが入り、先行有利のレースとなりました。。。マサカーネは直線で人気の一角である⑮ミキノジャズマンを交わしたみたいですね。。。素晴らしい。
勝った③オメガクエストの時計は1分45秒1。マサカーネは大きく離されました。2.6秒開いた1分47秒8の時計で6着。。。馬場と展開が向いたとはいえよく頑張りました。
上がり3Fが39.2秒ですからね。。。まだまだ粘り込みが足りません。

今回のレースのハロンタイム
7.1-11.0-12.0-13.3-12.5-12.2-12.2-12.0-12.8
馬場が悪かったのでタイムはかなり良い訳ですが、前2頭のレベルはなかなかのものだと思います。この時期の未勝利戦としては・・・まぁこんなものかな?それほどハイレベルな1戦でもないか。。。マサカーネもその中でよく頑張りました。。。欲を言えばもう1頭交わして優先出走権が欲しかったわけですけど。。。とりあえず首の皮1枚でつながったかな。

高野(容)騎手のコメント『前回のレースと中間の調教から、ダートの1700なら先行できると思いましたし、あわよくばそのまま前残りの展開のイメージがあったので、1700を使ってもらいました。返し馬の感じで不良馬場は合うなと思いましたし、最後は一杯になってしまったけど、良く頑張りましたよ。脚抜きの良い、軽い馬場が合いますね』

庄野調教師のコメント『使われて状態が良くなっていましたが、馬場も味方してくれましたね。次は中2週で小倉最終週の1700を予定しましょう』

高野騎手とは相性がいいのかな?高野騎手もマサカーネをよく研究してくれているようで、次走に更なる前進が期待できそうです。次走はどこを使ってくるか注目していましたが、小倉最終週。。。僕もこの選択しかないと思っていましたので、考えが一致です。庄野先生ありがとうございます。使うレースはダート1700㍍とのことですが、登録の様子次第では芝1800㍍(牝馬限定)や芝1200㍍は無いだろうか?芝1800㍍は目があると思うんですがね。。。優先出走件が無いので開いているところに狙いを定めるしかないですね。
次走はノーマル未勝利戦最終週。次戦が6戦目なのでここで6着以下になれば使えるレースがなくなるので終わりです。勝てば最高ですが、5着以内に入ればスーパー未勝利戦にエントリーできるので、最低でもそのラインで踏ん張って欲しいです。もし、小倉最終週に登録馬が殺到しても、次戦が6走目となるマサカーネはスーパー未勝利戦にも出ることができますので、良かったです。
何とか、踏みとどまっているマサカーネに運が回ってくることを期待します。我がファミリーもローレルクラブもスーパー未勝利とは相性がいいですからね(本当はそれでは困るんですけど。。。)

よく頑張った6着。。。そう評価したいと思います!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月15日 (金)

久々の2頭出し

久々にゆっくりできる週末。。。また来週の週末は忙しいです。。。
明日は2頭が出走します。この2頭ですが、実は希望しているベストの条件での出走ではないんですよね。。。マサカーネは芝短距離のレースに出たかったのですが、抽選にもならない状態ということでダート中距離戦へ。クオンは直線が長く広い馬場の新潟ダート戦が希望だったワケですが、優先出走件が無く除外が続いていることもあり小回りの小倉での出走となりました。
やっぱり、優先出走件というのは本当に大事ですね。2頭は勝ってくれれば最高ですが、最低でも優先権が取れる5着以内を目指して欲しいところです。

今日は久々に『中京スポーツ』ではなく『競馬ブック』を購入しました。中京スポーツには準メインの久留米特別に出走するクオンについてはいろいろ書いてありましたが、未勝利戦のマサカーネについては何も書いてなかったので、奮発して高価な競馬ブックを買いました。それでは、両馬の前評判をどうぞ!

マサカーネ
16日(土)小倉5R 3歳未勝利 ダート1700㍍
【発走12:40】
高野容輔54.0㌔

競馬ブック
印…〔…………………〕
TM〔……………………〕
距離延長心配
ダート△
血統…―
距離…―
前走…―
調教…―
実績…―

調教
〔力強さに欠け〕→
13日・小ダ稍・単走・高野(容)5F74.5-58.6-42.9-13.3
(8分所・馬ナリ)

予想オッズ☆(=100倍以上)最低人気

○【高野容騎手】
『積極的に行かせた前走でスピードを見せた。あの競馬が今回につながってくれれば。』

木曜日のクラブのメルサより
庄野調教師のコメント『予定していた所には入れないので路線変更しましたが、前回のレース後に高野君が『中距離なら上手く先行出来るかも』とも言っていましたからね。叩いた上積みにも期待したいです』

・・・冒頭にも書きましたが日曜日の芝1200㍍牝馬限定戦を希望していましたが入れそうにないということでこちらに回ってきました。(このレースもカシノボイスが出走しているので、マサカーネも潜り込めたのでは?と思いますけど)
芝1200㍍の条件に拘るなら土曜日の7Rもあったかな?と思いましたが、5Rダート1700㍍戦の方が勝算アリと考えてくれたのでしょう。。。出走確定前に小倉へ輸送しているので、『除外になってしまいました』ではシャレにならないので、確実に出られるこの番組を選んだのだと思います。
調教は馬ナリということでこの時計でいいでしょう。高野騎手と二人三脚で動いているところに好感が持てます。こういった地味ながら地道なところが実を結んで結果が出ないかなぁ・・・なんて期待していたりもします。
コメントにあるように中距離戦であれば楽に先行できるだけのスピードがあると思うので何とか粘りを見せてほしいところです。明日は雨が降りそうなんですが、湿った馬場はどうなんでしょう?いい方向に作用してくれることを期待しています。
人気を背負うであろう⑪カラメルマキアート、③オメガクエストも先行されると思われ、このレベル相手に先手を取れるかどうかが見所のひとつとなるでしょう。。。
調子は上向きだと思うのでそろそろ“一発”を期待してみようと思います。
レースは12:40なんですね。。。明日は仕事はありませんが、午前中はお出掛けをするのでGC観戦できるかどうかは非常に微妙なところ。。。テレビは無理でもラジオでレースを聞けると思うので魂を込めて応援します!

クオン
16日(土)小倉11R 久留米特別・3歳上500万下 ダート1700㍍
【発走16:10】
渡辺薫彦57.0㌔

競馬ブック
印…〔……………△…〕
TM〔………△……▼…〕 ▼は二重三角
展開注文つき
ダート△
コース△
距離…△
前走…△
調教…―
実績…△

調教
〔攻め動かぬタイプ〕→
7/30 角馬場⇒坂路(55.5-40.2-26.4-13.2)一杯に追う
8/6 角馬場⇒坂路(54.9-40.3-計不-13.9)一杯に追う
8/13 角馬場⇒坂路(56.2-41.1-27.0-13.5)一杯に追う
時計、動きとも平凡だったが、もともと攻め駆けしないタイプ。馬体の張り、毛ヅヤは上々。体調そのものは悪くなさそう。

予想オッズ 27.4倍(9番人気)

○クオン(除外続きも変わりなく)
大橋師『前走でも渋太く伸びていた。除外が続いてレースは開いたが、状態は変わりなくきているよ。』

水曜日のクラブからの情報より
大橋調教師のコメント『できれば広いコースのレースに向かいたいが、今週も新潟のダート戦は除外確実な状況(本馬が5節に対し、ボーダーラインは9節)。しばらく待ってもなかなか状況は変わらない見込みだし、暑い日が続く中、追い切りばかりになると徐々にしんどくなってくるからね。今週の小倉のダート戦なら出走できそうだし、こちらへ向かいましょう。除外が続いても本馬なりの動きは変わらなくできているし、1年ぶりの小倉での出走となるが、未勝利戦とはいえ、3着にきた実績もあるので期待しましょう。』

クラブコメントより
追い切りの動きを見る限り、除外が続いた影響は感じられません。小回りの小倉コースはベストとは言えませんが、過去に好走の実績もあり、前進を期待します。

・・・2度の除外がありましたが今週は何とか出走に漕ぎ着けることができました。そして、今まで平場のレースにしか出走したことがありませんでしたが、はじめて特別競走に出走することになりました。白いゼッケンではなく色つきゼッケンです(一度、若手騎手限定戦で色つきを付けたことはありますけど)まだ、使用ゼッケンの懸賞に当籤したことがないのでこれは是非欲しいですね。しかも渡辺騎手のサイン入りで!
新潟のレースも見てみたかったですが、小倉ダートも安定したレースをしてくれるでしょうから、できれば勝利を。。。それが無理でも何とか掲示板を。。。
強そうなのは①パープルアカデミーくらいですかね。。。その他はクオンを含めてレベルは拮抗しているような気がします。相手は周りの馬では無く自分自身ですね。除外続きで調整が難しかったと思うので、小倉への輸送を含めて無事にレースまでもっていけたらいいなぁと思います。
5ヶ月ぶりの渡辺騎手とのコンビで復活走といきたいところ。。。今まで一番多く一緒に走ってきた渡辺騎手とのコンビでどうにか結果を残して欲しいですね。
さて、こちらも雨がどのように影響するか。。。道悪はそこそこ結果を出していると思うので、こちらも一発を期待しましょう!
クオンが出走する時間には間違いなく家に帰っていると思います。クオンの激走をテレビの前でじっくり見たいと思います。

今週2頭は穴気配ムンムンだと思いますので、楽しみにしています!明日、いい日記が書けます様に。。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年8月14日 (木)

出張終了

やっと、長野県の山奥から帰ってきました。
出張に行った前半は『携帯で毎日文章を投稿しよう!』と思っていましたが、疲労と山中で情報量が極端に少なく、書くことが無かった・・・ということで、勝手にお休みさせていただきました。
今日から復活しますが・・・また、出張があったりしますので、歯抜け状態の更新になるかもしれませんが今後も御贔屓をよろしくお願いいたします。

今日の情報ですとマサカーネとクオンが土曜日の小倉に登場。。。

マサカーネは距離延長、クオンは初の特別競走出走です。

土曜の午後は家に居ると思うのでクオンのレースはリアルタイム観戦が出来そうです。(マサカーネの時間は微妙です)

明日は久々に出走馬2頭の前評判をじっくりと書けそうです!

また、盛り上がっていきましょう!!

メール等いただきましてありがとうございます。後ほど返信させていただきます。

それから、昨日付けでイナズマチーター関連の記事を書かせていただきます。今日の深夜から明日未明のアップとなると思いますがどうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月13日 (水)

デビュー戦6着

やっと、長野県の山奥から帰ってきました。
さて、今回も先週末に遡ってイナズマチーターのデビュー戦を振り返ろうと思います。

イナズマチーター
9日(土)小倉4R メイクデビュー小倉 2歳 ダート1000㍍
【発走12:10】
△田中健52.0㌔

中京スポーツ
印…〔△△▲△○…△〕
配合□
将来性□
信頼性△
開花…普通
芝□ ダ○
詰め甘さ残る
仕上がりB
スタートA
初戦駆けA
スピードA

上位人気
①サダムヨカモン
⑭クリノオンビート
③レディルージュ
好調教馬
⑭クリノオンビート
①サダムヨカモン
③レディルージュ
距離適正
⑪バイオレットコイン
⑫ファンドリプライド
③レディルージュ
スピード
⑭クリノオンビート
⑫ファンドリプライド
②ハードイチオー

状態採点 6点 追う毎に調子上る
(出走馬中 7点3頭 6点8頭 5点3頭)
イナズマチーターの追い切り
3日・栗坂稍1本・単走・助手・4F60.0-43.4-28.8-14.4(馬ナリ)
5日・栗坂良1本・単走・助手・4F61.4-45.5-30.2-14.9(馬ナリ)
6日・栗坂良1本・田中(健)4F56.8-40.1-25.9-13.2(強目)
(3歳未勝利・タイキディザイア・一杯の0.1秒遅れ)
松元調教師のコメント『全体的に時計の掛かる馬場だったこともあって、威張れるようなタイムは出せなかったけど、動き自体は悪くなかったです』

〔Vサイン〕
イナズマチーターの田代助手は
『ゲートは速いし、まじめに走るのがいい。小柄で動きは素軽いし、初戦から』と新馬向きの性格をアピール。

・・・体は小さいですし調教の動きもまだまだですし、ローレルクラブにイナズマチーターに出資されている方が少ないということで盛り上がりに欠けていたので、イナズマチーターに印は付かないだろう・・・と思っていました。しかし、やっぱり実績ある母の仔でしたのでそこそこ印が付きましたね。調教の方も他の2歳馬と比べると・・・それほど悲観することも無いような内容なんですね。。。新聞の馬柱からは①サダムヨカモン、⑭クリノオンビート、③レディルージュの3強に次ぐ存在のような感じでしたね。ちょっとした穴馬的存在。。。阪神3歳牝馬Sで穴を開けた母のことを考えると期待が高まる感じでしたね。。。
でも、考えていた以上に人気になっているので驚きました。

この日は朝から忙しく、昼前の僅かな時間を利用して⑤イナズマチーターの単勝馬券と複勝馬券を購入。レースは見れませんが、好結果を期待しています!

馬体重は390㌔・・・元々小さいイナズマチーターなんで、390㌔台での出走はOKでしょう。それから、イナズマチーターよりも小さい馬も出走しているんですね。(⑦カシノヒバリ⇒366㌔)
パドックでも小さく見えましたが極端に細い感じもないし、バランスのよさを感じさせる馬体に好感がもてました。今日のパドック解説は競馬ニュースの小宮邦裕さん。イナズマチーターに関しては『小柄な馬で体の方もキッチリ仕上がっていますね。ちょっと脚捌きが硬いのがのが気になります。』といったコメントをいただきました。まずまず気合の入った前向きなパドック周回に映りましたが、脚捌きは・・・硬い感じなのかな?僕はそれほど感じませんでしたけど。。。小宮さんのパドック推奨馬は③レディルージュ、①サダムヨカモン、⑧キタサンエンペラー、⑭クリノオンビートの4頭でした。③レディルージュは僕が見ても良く見えましたね。。。
それから小宮さんは『上記の4頭以外ではイナズマチーターが調教の動きから見て仕上がりが良いのでは・・・』というコメントをいただきました。
本馬場入場の映像ではクビを使った綺麗な走りのイナズマチーターを見ることができました。

いよいよスタートです。
調教の様子からもスタートは得意だろうと感じておりました。スタートは期待通りでした。ゲートの出は五分でしたがそこからのスピードがあり、先団へ。前を行くのは①サダムヨカモン、⑭クリノオンビート、③レディルージュなど人気の馬。そこにキッチリついていくことができました。レースはコースの内側を4~5番手あたりでレースを進めて行きましたが、勝負処となった3コーナーで前についていけず上位3頭から大きく離されてしまいました。
直線でも先頭集団とは全く関係ないところで⑬エイシンマジックに交わされ6着でフィニッシュ。。。勝ったレディルージュは1分0秒5。イナズマチーターは大きく離され2秒2遅れの1分2秒7でした。時計的にはレベルの低い一戦でしたね。

レース前からいろいろと心配は多かったのですが、思ったよりも良いレースが出来たように思います。レースセンスもあるようですし、スピードもある。気難しそうなところも無かったので放牧後の成長を期待して勝ち上がるときを楽しみにしたいと思います。

レースのハロンタイム
12.4-10.8-11.8-12.4-13.1

イナズマチーターはラスト3Fの時計が39.0秒。。。ここが非常に悪い。普段の調教でも後半が少々だらしないんですよね。。。スタミナが無いのかな?

田中(健)騎手のコメント『乗りにくい所はなかったですが、少し忙しすぎましたね。距離はもっとあってもいいし、芝で脚を溜めて持ち味が出るタイプかもしれません』

松元調教師のコメント『まだ体力不足な感じだね。週明けにイクタTFへ出して一息入れましょう。1ヶ月半くらいを予定しています』

米森持乗助手のコメント『輸送は無事クリアしてくれたのですが、与えられた馬房が気に入らなかったようで、ずっとグルグル回ってました。これはマズイと思って、洗い場に繋いであげたら落ち着いてくれましたけど、夜間は外に出すわけにはいきませんからね。今朝も早くに馬房から出して、準備をしたんですけど…』

助手さんのコメントにありますが少々神経質なところがありそうですね。。。1000㍍は少々忙しすぎた感じがありますのでもう少し長いところでの競馬が見たいですね。イクタさんでしっかりと成長して再び競馬場での勇姿を見せてもらいたいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 9日 (土)

残念

イナズマチーターは意外と人気になり、4番人気くらいになってましたね。
結果は6着…。上位とは結構差はあったみたいですね。。。
また、家に帰ったら録画したレースを見ようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 8日 (金)

4枠5番

イナズマチーターの枠番が決まりましたね。
こちら、長野の山奥も夕刊が翌日の朝に販売となるようで、イナズマチーターの評価もよく分からず。。。
たまには落ち着いた週末を過ごしたいですね。。。

イナズマチーターの評価及び、小倉4Rの有力馬を是非教えてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 7日 (木)

メイクデビュー体験

サッカーは反町ジャパンがまさかの敗退。。。前半最後のプレーがポイントだったかな?ロスタイム(アディショナルタイム?)にコーナーキックを貰ったのにゆっくりとセット。。。あまりにもゆっくりだったので主審に前半終了の笛を鳴らされてしまいました。。。我武者羅さが足らなかったか・・・サッカーの神様にソッポを向かれた瞬間でした。。。

では、本題に・・・
今週の土曜日にローレルクラブの先陣を切ってイナズマチーターがデビューします。『メイクデビュー』ですね。。。2歳新馬戦が始まって2ヶ月。。。殆どのクラブは既にデビューしている馬を抱えております。一口クラブとしては16番目。。。まだデビューしていないクラブはエプソムとブルーの2つを残すのみとなっています。。。

一口クラブの馬で勝ち上がっているのは11頭。イナズマチーターが12番目に??そう簡単ではないと思いますが、期待しちゃいますね。

イナズマチーターは若い時からバランスの良い馬体をしていましたが、非常に小さいんですよね。。。先週の計量で396㌔。小倉への輸送もありますが・・・何とか390㌔台で出走して欲しいところ。聞いたところによると最近の暑さにも少し参っているようで、『1週間先に延ばそうか?』という話もあったとか。。。でも、レースに耐えれる状態で調整が進んでいるということで、今週の出走が決まりました。
調教の方は・・・
7月27日・栗坂良1本・助手・4F61.0-43.0-26.3-12.5(馬ナリ)
(2歳新馬・ポーラシークエンス・馬ナリのアタマ遅れ)
7月30日・栗坂良1本・助手・4F55.1-39.5-26.1-13.4(一杯)
(3歳未勝利・ネオシンフォニー・一杯の0.2秒遅れ)
8月3日・栗坂稍1本・単走・助手・4F60.0-43.4-28.8-14.4(馬ナリ)
5日・栗坂良1本・単走・助手・4F61.4-45.5-30.2-14.9(馬ナリ)
6日・栗坂良1本・田中(健)4F56.8-40.1-25.9-13.2(強目)
(3歳未勝利・タイキディザイア・一杯の0.1秒遅れ)
昨日の追い切りも平凡なタイムで、強調できる材料はありませんが、(いつも書いていますが)デビュー戦に強い血統ですので、そこに賭けるしかないかな?イナズマローレル、イナズマイージスがデビュー戦勝ち。コウエイベラドンナとゴダイリキは折り返しの新馬戦勝ちということで、なかなかのパフォーマンスかと。。。

匿名掲示板では『出資者の方々はあくまでもGⅠとかを目指しているのでしょうか?』なんて、親切に人の心配をしてくれたりするイイ人も出てましたしね。
500万へ勝ち上がれば上出来?まぁ、この時期のデビューですから結果が出れば正直少々驚きですが、無理なく1周してきてくれれば・・・と思っているので、負けてもあまり凹むことはないでしょう。。。レース当日も出張で忙しいので結果わかんないし。。。

レースで乗ってくれる田中健騎手が昨日調教を付けてくれたみたいですね。先週に2勝を積み重ね、今週から▲(3㌔減)⇒△(2㌔減)となってしまいました。馬格が無い仔なので1㌔も惜しいところですが、調子の良さに引っ張られて頑張ってほしいところです。

松元調教師のコメント『全体的に時計の掛かる馬場だったこともあって、威張れるようなタイムは出せなかったけど、動き自体は悪くなかったです』

先週は飛騨の山奥、今週は長野の山奥。。。物流は長野の山奥の方が良さそうなので新聞を見ることができるかもしれません(でも、関東版だろうな・・・)
イナズマチーターの評判やレースを見た方は積極的に書き込みをお願いします。

それでは・・・行ってきます。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年8月 6日 (水)

クオン出走できるか?

昨日は、PM9:00頃から突然の雷雨。。。雷で我が家の犬が大暴れしてしまい投稿が遅れてしまいました。。。申し訳ございません。

今週はイナズマチーターがメイクデビュー予定。。。我がファミリー初のメイクデビュー戦となります。

その話題は明日にでも。。。今日はクオンをメインに。

500万下は中距離ダートが出走馬登録ラッシュ。。。クオンも思うようにレースに出られません。

クオン(4歳・牡)
(トロットスター×ファーストステップ)
8/6 角馬場⇒坂路(54.9-40.3-計不-13.9)一杯に追う
坂路で追い切り。途中で他厩舎の馬と併せる形になり、終いは一杯に追われると相手を離してゴール。時計は相変わらず本馬なりのものだが、動きは良好。
今週の新潟(日)ダ1800、または小倉(日)ダ1700・混に出走予定だが、想定の段階ではどちらのレースも除外対象となっている。今のところボーダーラインが11節となっている新潟よりもボーダーラインが5節となっている小倉に出馬投票はする予定(本馬は4節)。今週も除外の場合は来週まで待つ予定。

・・・調教時計はまずまず。好調を持続していると思われるのでこの間に出走を決めて欲しいところ。希望は新潟ですけど11節がボーダーじゃぁね。。。本線ではないが小倉でも・・・出走できないよりはマシですから。
騎手は今週も芹沢純一騎手を予定。今年は昨年を越えるペースで勝ち星を挙げているので期待しましょう。。。

まずは出走することが大切です。

今週末もまた、出張で自宅に居りません。出張先でいい結果を聞けることを期待しています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月 5日 (火)

青島特別

え~先週末は出張だったので、ローレルベルロードのレースに関する記事が書けずに今日に至りました。
今日は時間を遡ってローレルベルロードの前評判とレース回顧を短縮版で書かせていただきます。

ローレルベルロード
8月2日(土)小倉11R 青島特別・3歳上500万下 芝2000㍍
【発走16:10】
鮫島良太54.0㌔

中京スポーツ
印…〔◎◎○△▲◎△○〕
TM〔△△…◎○◎△△〕

上位人気
⑪ローレルベルロード
⑩ウィルビーキング
①テイエムアンコール
◎連対確率65%
好調教馬
⑩ウィルビーキング
⑨キングスデライト
⑤ロザリオ
距離適正
⑪ローレルベルロード
②メジロラフィキ
①テイエムアンコール
前走内容
⑩ウィルビーキング
⑨キングスデライト
⑤ロザリオ
コース
⑩ウィルビーキング
⑨キングスデライト
⑪ローレルベルロード

状態採点 7点 ひと叩きで上昇
(出走馬中 7点4頭 6点4頭 5点3頭)
ローレルベルロードの追い切り
27日・栗坂良1本・単走・助手・4F62.2-45.4-29.6-15.0(馬ナリ)
30日・栗坂良1本・助手・4F…-39.4-26.5-13.9(一杯)
(古馬1000万・ホワイトピルグリム・一杯の0.6秒先着)

〔Vサイン〕
ローレルベルロードの鮫島調教師は
『まだフワフワしたところはあるもののレースセンスを感じさせる勝ちっぷりだった。時計も速かったし、昇級戦でも引けを取らない』

スポニチ(関西版)
印…〔△○☆○▲▲△○○〕
TM〔△◎▲◎〕
寸評・・・力足りる
コメント『前走がレースセンスを感じさせる勝ちっぷり。時計も速いし、昇級でも引けは取らない』(鮫島師)
予想単勝オッズ3.5倍(2番人気)

・・・レース前の評判はこんなもんだろうと思っていました。ウィルビーキングと人気を分け合い、それにキングスデライトとテイエムアンコールとロザリオが続く。。。ロザリオ以外とは斤量差3㌔もあるし、ローレルベルロードに分があると思っていました。ロザリオもそれほど怖くないかと思っていました。
『勝って菊路線へ邁進・・・』
これをかなり期待していました(笑)

さて、レース当日。。。僕は飛騨の山奥へ出張中。そして、ベルロードが走るその時間と同じ時間にレフリーとしてフィールドを走り回らなければいけない日程になってしまいました。。。
馬券は昼休みに買って・・・準備OK!後は、自分もレフリーで頑張って(一応、レフリー上級資格の研修だったりするので・・・)、ローレルベルロードにも頑張って走ってもらって、気分のいい夜を迎えたいと考えていました。。。
とりあえずここからは、GC観戦の様子も含めて書いていきます。
馬体重は474㌔前走から4㌔減での出走となりました。馬体重減は嫌だなぁ~なんて思っていたので、状態についてもやや心配になりました。この日のパドック解説は競馬ニュースの小宮邦裕さん『ひと叩きされて前回ほどテンションが上がっていないって言うのはいいですね。この中に入っても馬体も見劣りしないと思います。』というコメント。。。でも、僕が見た感じでは・・・少しチャカついた感じで周回していましたね。テンションも高目じゃなかろうか?と映りました。再びパドックの様子が映った時には更に入れ込みがましている感じで・・・あごを引いて厩務員さんに寄りながらチャカついていましたからね。。。
小宮さんから挙がった推奨馬は⑩ウィルビーキング、①テイエムアンコール、⑪ローレルベルロード、⑨キングスデライトの4頭。まぁこの4頭で間違いないでしょう。。。というのも前日からの僕の意見と同じ。
あと、小宮さんは『前走はもっと楽に勝てるかな?と思ったのですが抜け出してからが一息だった。。。未知の魅力を買うならローレルベルロードだ。。。』って事も言っておられました。
本馬場入場は負けたのを知っている状態で見ているので、少し入れ込んだ感じに見えますが、リアルタイムで見ていたら『なかなか気合が入った感じの返し馬だ・・・』なんて思っていたと思います。

レースは皆さんご存知の通り。。。
スタートは悪くないんですが、前走も少し内にヨレるんですよね。。。『競走馬は真っすぐ走らせる事が難しい・・・』なんて事をよく聞きますが、何時もヨレ過ぎ何とか修正してほしいところ。
スタート直後、5~6番手になるものの200メートル地点では既に3番手までポジションを上げ前走と同じ様な位置をキープすることに。
1コーナー入口で内側に馬がいない事を確認した鮫島騎手がローレルベルロードを内ラチ沿いに入れていい感じ。前走の再現を狙います。このままで行けば良かったのかも知れませんが。。。
人気の1角である⑨キングスデライトのペース。2番手も人気の⑩ウィルビーキングが続くが先頭を突くことも無さそうな感じ。。。必然的にペースが落ちてきます。。。
1コーナー⇒2コーナー⇒向う正面と、スローペースで流れポジションの変化も無い感じですが、せっかく内ラチ沿いを楽して走っていたのに、2コーナー出口では気合が入り過ぎてしまい前を行く⑩ウィルビーキングの外へ出て競り合おうとしていましたね。。。向う正面ではローレルベルロードが思いっきり⑩ウィルビーキングを意識しながら挑発するように走っていましたからね。。。
そして、1000㍍地点へ。
1000㍍の通過タイムが62.1秒。。。かなり遅いです。(ペースの比較については後ほど。。。)
1000㍍地点を越えたあたりでローレルベルロードが脚を使って一気に先頭へ襲い掛かります。小回りコースの外を回って脚を使っている割に前を捕まえきれない・・・先頭を捕らえたのは直線に入って50㍍ほど走ったところ。。。しかし、先頭を捕らえた直後に脚が上がってしまい・・・ズルズルと後退。。。結局先頭から0秒6離された2分1秒8の7着でゴール。。。

鮫島騎手のコメント『2コーナー辺りで外から被せられた時に急にハミを取ってしまい、前の馬に乗り掛かりそうになったので外に出しましたが、そこからずっと行きたがっていました。それでも直線に向くまでは弾けそうな手応えもあったのですが、掛かって消耗した分か、伸びてくれませんでした』

鮫島調教師のコメント『パドックでも落ち着きがなかったし、ちょっと怖いくらいに危ない目つきをしていた。その心配が悪い方に出てしまったね。間を開けてあげた方が良いタイプなのかな?ハミも替えて工夫してみます』

鮫島調教師のコメントの通りテンションが高目でしたね。。。2走前も同じでしたが、詰めて使うと良くないタイプだということが分かったことは収穫だったのではないでしょうか?
鮫島騎手のコメントにもありますが、いい感じのポジション運びだったように映るのですが、最後に脚が上がってしまうところを見ると道中に無駄な脚を使い過ぎていたということですね。。。

負けたことは残念ですが思ったよりショックは無いです。。。やっぱりひとつ勝っていると気持ちの余裕が違います。もしこれが未勝利戦だったら・・・イラつきも大きいでしょう。。。でも、これって志し低いかな?
個人的には菊花賞を諦めたわけではありません。少し間を空けて、いきなりトライアル登録を希望します。1勝馬の身ですので、トライアル戦で除外になるかもしれませんが、詰めて使うと良くないことが分かった今、この作戦しかないでしょう。。。2週に渡ってチャンスもあるから可能性はあると思います。もし弾かれたら・・・後の天皇賞を狙って自己条件戦で頑張りましょう。今、一番嫌なのは無理して馬が壊れることが一番嫌ですから。。。
それでは、このレースのハロンタイムと各レースの比較。。。

青島特別(8/2 11R)
12.2-11.8-12.0-13.4-12.7-11.7-11.8-11.8-11.7-12.1
走破タイム2分1秒2
600㍍を越えたところで思いっきりペースが落ちていますね。。。

ローレルベルロードが勝ったレース(7/19 7R)
12.4-11.1-11.4-12.4-12.3-11.9-11.5-11.8-12.0-12.4
走破タイム1分59秒2
いつ見ても優秀な時計だ。。。

同日の高千穂特別(8/2 9R)
12.6-11.6-11.9-12.8-12.3-12.1-12.0-11.3-11.3-12.0
走破タイム1分59秒9
こっちのレースの方が向いてた?

翌日の未勝利戦(8/3 7R)
12.4-11.2-11.3-12.8-12.5-12.2-11.9-12.2-12.1-12.4
走破タイム2分1秒0
前走で競り合ったマチカネカミカゼは1番人気も4着。。。

小倉記念(8/3 10R)
12.4-11.2-11.2-12.6-11.9-11.8-11.8-11.5-11.6-11.9
走破タイム1分57秒9
ドリームジャーニー復活。。。ハイレベルな1戦。

青島特別のスローペースが目立ちますね。ローレルベルロードの良さを消される1戦となってしまいました。

ローレルベルロードはまだまだ気性が若い。。。長い目で見ていきましょう。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 4日 (月)

へたれんぼう将軍

スイマセン。。。へたれで・・・昨日は家に着いたのが夜中の12時。。。流石にブログを更新する気力も残っていませんでした。

昨日までラグビーのレフリーで走り捲っていたとはいえ、飛騨の涼しい気候の中でのこと。熱い浜松へ戻ってきてグッタリ。。。今日もブログをサボらせていただきます。
今、中日の山本昌投手が通算200勝を達成しました。嬉しいですね。プロ入り1勝目を記憶している投手の中で初めて200勝を達成してくれました。。。僕も歳をとったなぁ(笑)

明日は情報満載で巻き返します!!

メールでエルクラシコ仲間さんから動画と写真をアップして欲しいと連絡を頂きましたので、そちらは気力を振り絞って更新しますのでご覧ください!

それから・・・MスポPOG大会ですけど・・・やりっぱなしではなく何とか盛り上げたいと思っていますので、何か対処したいと思いますのでもう少し待ってください!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 2日 (土)

負けたと聞きました

2戦目の負け方を大げさにした感じだったみたいですね。
スローで掛かり気味になって、3角手前で一気に前に取り付き、4角先頭もそれまで。

明日、家に帰って録画観戦します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月 1日 (金)

頑張れベルロード

今日は岐阜県飛騨市に泊まりで来ています。
遊びではなく仕事で…(一応研修と言うことになっています)
ここ飛騨市は夕刊が届かないんですね…夜のミーティングが終わって車で片道40分かけて行ったコンビニで返り討ちに逢ってしまいました。

ということで、ローレルベルロードの前評判は分からず…です。
寂しさを紛らわせるためにサラブレモバイルに登録しちゃいました。

Mスポ裏トークは見ることができますので、何か情報がありましたらガンガン書き込みしてください!
よろしくお願いします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »