« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月29日 (土)

DVDチェックしました

帰ってきました。。。カシマから。。。既に日付は変わっています。
初のカシマスタジアムでしたがジュビロ磐田はロスタイムで痛い失点。よく頑張りましたが勝ち点1を失ってしまいました。
とりあえず千葉と東京Vが負けたため、来週勝てば残留となると思いますので、良かったです。

さて、昨日のブログで『明日は話題を競馬にするんで~』と書いたので“ちょっとだけ”書きます。

まずは、今日のメインレース予想キッチリ当たりました!今日はバスの中でじっくり考えましたから・・・明日も頑張ってみます!!

今日はバス移動が12時間以上あったので、ローレル&ユニオンのカタログをチェック。そして、ユニオンマイホース11月号と付録のDVD(秋を迎えたペガサス)を特別に編集し直したものをメモリーカードに入れてチェックを続けました。
今日は全部書くのはちょいと辛いんで、1頭だけ。。。

立ち写真を見て一番気に入ったのは・・・
ペガサス3Red Ransom×クライム
でした。
名前等全て分からないようにして見比べたらそうなりました。背中のラインが僕の好きな形でバランスが非常によく見えました。動画を見てもなかなかいいですね。歩様で少し気になる点はあるんですが、総合点では一番上のような気がします。しかし、この馬は既に満口馬。関東馬ですし、僕には縁が無いですね。。。関東上位の厩舎に入りますし、いいんじゃないでしょうか?

また、役には立たないと思いますが短評を書かせていただきます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年11月28日 (金)

J1残留?J2降格?

今日は競馬の話題ではありませんので、読んでくれる方が減るかも。。。でも、書く側はいつも以上の気合ですので、読んでやってください。(明日は話題を競馬にするんで~)

明日は4時起き。愛するジュビロ磐田を応援しに茨城県カシマサッカースタジアムへ行ってきます。自分でも本当に物好きだと思っています。。。

Jリーグ最強チームと言われていたのも懐かしい話でして、ここ最近はリーグ途中で解任または辞任する監督が続いております。3人連続。。。なんか日本の総理大臣みたいです。現在は強豪ジュビロ磐田の基礎を作り上げた老将ハンス・オフト監督が久々に復帰。チームに劇的な変化は無いものの頑張っています。

それでは現在の順位をおさらいしておきます。(今日はJ1残留・J2降格関係の話題なのでそこだけの順位ですけど。。。

10 柏レイ  43 12 7 13 +3

11 横浜マ  42 11 9 12 +4
12 京都サ  40 11 7 14 -7
13 大宮ア  39 11 6 15 -10
14 ア新潟  39 10 9 13 -14
15 ジ磐田  37 10 7 15 -6
16 東京ヴ  37 10 7 15 -8
17 ジ千葉  35  9 8 15 -18

18 コ札幌  18  4 6 22 -31

左から 順位・チーム・勝ち点・勝数・引分数・負数・得失点差

となっています。10位の柏レイソル以上が残留決定。18位のコンサドーレ札幌は既にJ2降格が決定しています。17位と18位は自動降格で16位はJ2の3位のチーム(現在はベガルタ仙台)との入れ替え戦にまわります。

ということで、残り2節で7チームが凌ぎを削る戦い。ジュビロ磐田はこの中でも苦しい順位となっています。
明日の対戦カードは・・・
磐田vs鹿島
千葉vs清水
東京Vvs横浜FM
新潟vsFC東京
大宮vs京都
となります。

磐田は現在首位の鹿島アントラーズとの対戦。鹿島も負けると首位転落の恐れがあり本気モード。ジュビロ磐田も気持ちでは負けていませんがチーム力には歴然の差が・・・。理想は勝って勝ち点3。最悪でも引き分けて勝ち点1が欲しいところ。磐田は引き気味に粘り強く守って、キープ力と決定力のあるFW前田とFWジウシーニョの2トップに僅かなシュートシーンで一発決めてもらって逃げ切る・・・そんな試合にして欲しいと思います。16位東京ヴェルディとも勝ち点は同じで得失点差が2点だけですので、もしジュビロが負けた場合でも失点は最小限に食い止める必要があります。つまり、何時も試合を捨てられない状態にあります。ここを勝っておくと非常に楽ですので、気迫を全面に出して戦い続けて欲しいところです。
17位のジェフユナイテッド千葉は苦しい状態。千葉●、東京V○、磐田○だと今節での自動降格が決定してしまいます。相手も勢いのある清水エスパルス。。。磐田のことを思えば千葉には負けて欲しい気もありますが・・・僕は、千葉も結構好きなんですよね。。。
東京ヴェルディは横浜Fマリノスとの対戦。横浜も今節で負けると入れ替え戦の危機もあるので本気で勝ちにいくでしょう。ここはマリノス必勝で。。。
新潟も3位以内(アジアチャンピオンズリーグ出場圏内)のかかるFC東京との1戦。個人的には新潟がチーム状態と残り2戦の組み合わせが一番苦しいと思うので、ピンチだと思っています。
大宮vs京都はどういう結果になっても磐田にはあまり影響ないかな?磐田は最終節に大宮との直接対決を残しているので、大宮には手の届くところにいて欲しいところ。京都に勝ってもらいたいなぁ~。

いろいろとジュビロ磐田中心目線で書いてきましたが、ジュビロ磐田が鹿島アントラーズに勝って東京ヴェルディが横浜Fマリノスに負ける・・・これさえ揃えば他はどんな結果でもいいかな?
客観的に見ればジュビロ磐田が鹿島アントラーズに勝つというところが一番難しいと思われるワケですけどね。。。

明日は、ムスコと2人で大声を上げてジュビロ磐田を応援してきます。
因みに、カシマ遠征を計画したのは僕では無くムスコですから・・・ムスコの方がサッカー中毒です。

追伸:
行きのバスの中は暇なんで思いっきり競馬の予想ができます。ブログのコメントの中でガッチリ競馬予想を投稿します!!まぁ参考にはならないと思いますけど。。。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年11月27日 (木)

ベルロードまたも着外

3連休の最終日。そして、その日の最終レースにローレルベルロードが登場。
この週は馬券が好調で結構プラスに・・・サラブレの“穴ぐさ”にもローレルベルロードが登場し、『これはチャンス!』と、ばかりに勝ち分をローレルベルロードにつぎ込んで勝負です。狙うはユニオンのインヴァイト07の一口・・・そして、ブルーレイディスクレコーダー。

穴ぐさのコメント
現級昇級後は⑦⑧着と結果を残せていないが、前走は芝2600mで前半に行きたがって失速したもので、2走前も大外枠で掛かり気味だった。2連体は芝2000mでの1~5枠で挙げていて、デビュー戦②着の鞍上が安藤勝騎手。多頭数でこの枠なら折り合いも付けられるのではないか。

・・・ということで、期待は高まります。

ローレルベルロード
24日(月・休)京都12R 3歳上500万下(混)芝2000㍍
安藤勝己55.0㌔

パドックに登場したローレルベルロードはなんか下を向いて元気がなさそうでしたね。馬体重は8㌔増の486㌔。。。申し分ないでしょう。それでも、テンションが高くなって掛かり気味になる馬だからこれくらいでちょうどいいかも。。。って感じでした。
今日のパドック解説は競馬ニホンの荒木敏宏さん『こちらの方も(前の馬との比較)捌きが硬いですね。休み明けを使ったわりに良くなっていません』と、コメントをいただきました。確かに少し硬いような。。。
騎手が跨る時間にもう一度パドックが映し出されましたが、周回を繰り返している間に徐々に元気になってきた感じ。。。燃えてきた感じだと困るなぁ~とは思いましたがどうでしょう?
荒木さんのパドック推奨馬は⑫スリーオリオン⑩フサイチダイチャン⑧ミスズオペラの3頭でした。ベルロードは引っかからず。。。ますます穴馬の気配か。

さて、レースですが、スターとよく跳び出したローレルベルロードはスピードもあり⑯グランジョイ、⑧ミスズオペラに次ぐ3番手につけ、絶好のポジションを確保。しかし、ベルロードの走りっぷりはぬかるんだ馬場を気にしてか、ややのめっている様な感じでありながら気合が入り掛かっているような感じ。どうも空回りをしているように映りました。そんな効率の悪い走りでも最終コーナーまで3番手から4番手を確保。最終コーナーではまだ手応えがあったのか鞍上の安藤勝騎手が後ろを振り返り、ローレルベルロードを外側に出そうとしていました。
最後の直線では一瞬いい脚を魅せ、2~3着はあるかも・・・と思わせましたが良かったのは本当に一瞬だけ。その後は前を走る馬に引き離されずについていくのが精一杯。最後には馬場の良い外を強襲した⑫スリーオリオンにも交わされ、6着でゴール。
先行し、そのままゴールまで押し切った⑧ミスズオペラが強い競馬で優勝。タイムは2分4秒2でした。“稍重”の表示でしたが馬場は思ったより悪かったようです。少し時計が掛かってしまいましたね。6着のローレルベルロードは0.3秒差の2分4秒5でゴール。最後の直線は勝ち馬に引き離される格好になってしまいました。

京都12Rのハロンタイム
12.6-11.8-12.6-13.3-12.6-13.1-12.1-11.9-11.9-12.3
前半12.6-24.4-37.0-50.3-62.9
後半61.3-48.2-36.1-24.2-12.3

・・・ローレルベルロード自身の上がり3Fの時計は36.1。そこだけ見ると、そんなに悪くないのかなぁ~と言う気はしてしまいます。それなりに力をつけてきているのか?
それでも、気性の幼さを感じるレースでした。。。

安藤(勝)騎手のコメント『気配は悪くなかったけど、2コーナー辺りで行きたがったのと、内を通らされた分だろうね。馬場も良い方がこの馬には合うと思う』
加治木助手のコメント『前走よりは少しはマシやったけど、距離を短くした今日も掛かるシーンがあったね。荒れて湿った馬場も向かなかったようです』
コメントの通り、馬場と気性が問題のようです。
昨日のメルサにありましたが、ソエの様子を厩舎で見ながら続戦の方向ということで、良かったです。もちろん無理は禁物ですが。。。馬場の良い状態で走らせたいのであれば、中京でしょう!
権利を取ることができていれば安心して調整が出来たんですけどね。でも、こういう結果になってしまったのだから仕方なし。番組表とにらめっこしながら適したレースで使ってもらえれば・・・と思います。

馬券の方も全て飛んでいってしまいました。インヴァイトの07とブルーレイディスクレコーダーへの道は険しいですね。今週のJCで勝負か?それともローレルベルロードの次走で取り返してもらおうか。。。なかなかうまく行きませんな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月26日 (水)

ローレル情報11/26

今日はサッカー天皇杯5回戦の1試合が行われ、ジュビロ磐田がガンバ大阪に1-3で敗れました。
J1残留争いの渦中にあり、降格の危機ににあるジュビロ磐田はリーグ戦メンバーを温存。メンバーを全員代えて試合に臨みました。先制して、期待は持たせてくれましたが、あのメンバーでは勝てないよなぁ~。こういう細工をすると、リーグ戦でも痛い目を見そうで心配です。。。

さて、今日は内容を変更してローレル愛馬情報を書かせていただきます。
いつもは年齢順に書かせていただいておりますが、今日は嬉しいニュース順に。

ローレルベルロード(3歳・牡)
(ナリタトップロード×ベルガール)
レース後の上がりの状態に特に変わりないようです。
鮫島調教師のコメント『そんなに悪い競馬ではないけど、掛り癖が出て来ているのがね…。ソエとかの症状が悪くならなければ、在厩で様子を見ながら、どこかで予定します』
★★★権利を取れなかったことで、放牧かなぁ~と、思っていました。もしかしたら24日のベルロードの敗戦で我がファミリーの今年最終レースか・・・と心配していただけに、嬉しい続戦です。
阪神の500万下は来週の1800㍍しかないので、中京出走が濃厚でしょう。希望は13日(土)犬山特別(芝1800㍍)ですけど、権利が無いから少し苦しいかな?中2週だとソエの回復も微妙ですしね。。。
鮫島先生からの評価は相変らず高いということで、次走も楽しみに待ちましょう!

イナズマチーター(2歳・牝)
(カリズマティック×スエヒロジョウオー)
11/19この中間に石川県の小松温泉牧場へ放牧に出ました。
松元調教師のコメント『まだ大きくなりそうな体形だし、あまり詰めて使っていきたくないからね。前走で優先権利を取っているけど、間隔を開ければ出走できるでしょうから。順調なら年内に戻すつもりではいます』

11/26 明後日28日(金)の検疫を経て栗東トレセン・松元厩舎へ帰厩予定となりました。
★★★この前放牧に出たかと思ったらもう帰厩。。。順調なのか、それとも(神経質なイナズマチーターなので)小松温泉牧場に移動してイライラしてしまって、思うように体重が増えなかったのか・・・。
とりあえず、栗東トレセンに戻るのであればレースに使ってくれると思うので、こちらも嬉しい知らせでした。
中京参戦かどうかは微妙なところですが、念願の芝を使ってくれそうなので楽しみにしています。
次走は口取りチャンスだと秘かに狙っています。
20日(土)の阪神に牝馬限定芝1600㍍がありますが、そこになるのかな?権利は期限切れになってしまうけどこの時期であればどこでも入れるでしょう。。。

ローレルウェルシュ(5歳・牡)
(テンビー×モガミヒメ)
宇治田原優駿ステーブルへ到着後も体を緩めることなくWM・トラックコースでのダク~キャンター2400m・坂路でのキャンター1本を18-18の調教メニューを順調に消化しています。
下野氏のコメント『どこも悪いところはないので、いつでも速いところをやれる状態です。先生の指示を待って進めて行きます』
★★★さて、ローレルウェルシュがいつ帰ってくるか・・・そろそろ戻らないと年内に使えませんよ~。以前のコメントの通り2~3週で戻してね。

ローレルボス(2歳・牡)
(レギュラーメンバー×ホシノテンビー)
この中間も変わりなくダク4800m・ハッキングキャンター2000mの調教メニューを順調に消化しています。
★★★少しずつ距離が延びてます。故障の再発さえ無くペースを上げられれば入厩へ向かえるかな?もう少し時間がかかりそうですけど。。。

ローレルアクシス(4歳・牡)
(スペシャルウィーク×ダムドコンパニー)
この中間も変わりなく舎飼いしながら左前球節靭帯の様子を見ています。
★★★この前見学したままですね。。。まだまだ時間はかかります。

今年の競馬ももう終わりかなぁ~と思っていただけに、ローレルベルロードの続戦とイナズマチーターの帰厩は嬉しかったです。クオンもインペリオーソもトレセンに入れそうなので、年末年始の競馬が楽しくなりそうです!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月25日 (火)

牧場巡り0811月⑥

三重ホースTC編②

さて、馬房に戻ったインペリオーソですが、早速オレンジ色のマズルを付けられてしまいました。。。
馬房の方は既に店じまいということで、窓は全て閉められ蛍光灯の明かりのみ。。。ちょっと撮影をするのには不向きな状態でしたので、これ以降の画像・映像はありません。
馬房に戻ったインペリオーソは疝痛が治まりスッキリしたのか、先ほどの眼と全く違っていました。眼に力が戻ったというか、きりっとした顔に戻っていました。そして、厩舎の通路に準備してある飼い葉を見つけ、
『早く食わせろ~』
と、鳴くは喚くは。。。
“さっきまで痛くて苦しんでいたくせに・・・”

そこに、学校から帰ってきた社長のお孫さん(女の子)が登場。。。うちのムスコと同い年でした。
いっぱいお馬さんがいる中で、どの馬が好きかと聞いたところ。。。
『インペリちゃんが一番好き。』
と、答えてくれました。
どこが好きかと聞くと・・・
『インペリちゃんは良い子で目が可愛い。ダントツで可愛いよ』
・・・らしいです。
社長さんの奥さん(娘さんのお婆ちゃんです)に聞いても
『この子(娘さん)は、インペリちゃんが一番好きと、言ってますよ』
とのことでした。

子供のハートもキャッチするインペリオーソはなかなかの奴ですね。
みんなから好かれるインペリオーソはきっと強くなってくれるでしょう。

さて、インペリオーソの馬房ですが斜向いに居た大橋先生のところの2歳馬が厩舎に戻ったということで、ここはズラリとTEAM矢作のオトコ馬が揃ってしまいました。みんな赤白の無口をつけています。矢作厩舎のチームからですから。
牝馬は別棟になりますが、10月13日には三重ホースにいて、帰厩していたはずの馬が結構戻ってきてるんですよね。。。
ユニオンのハーマジェスティ&マイディスカバリーのコンビも1ヶ月も経たないうちにここへ戻ってきていました。それから、先日『矢作厩舎JRA最速100勝』を決めたバトルブリンディスも戻っておりました(あの快挙から3日しか経ってないのに・・・)
矢作先生は昔からこのパターンで厩舎を運営していると聞きます。それでも最速100勝の結果を残せているのですから『成功している』と、言えるでしょう。
『矢作先生の使い方も好きな人と嫌いな人と居ますからね。。。“まだ使えるのに”と、一般的には思える状態で放牧に出しますからね。馬にとってはいい事なんですけど。』
無理使いをせず、馬が精神的に参ってしまう前に三重ホースでリフレッシュできるので、馬が壊れずに長く活躍できるのでしょう。
『矢作先生のところは次に使うレースを決めて放牧に出すんですよ~。アクシデントが無い限りは予定に狂いなく、放牧、帰厩となります。』
と、聞きました。

結構前から『矢作芳人厩舎公認ホームページ』にはお邪魔していたのですが、最近『矢作芳人厩舎公式ブログ・よく稼ぎ、よく遊べ』が開設されました。
このブログには矢作厩舎のスタッフの皆さんの仕事内容や厩舎所属の競走馬の情報までいろいろと書かれていて非常に面白いブログなんですよね。。。
そして、スタッフさんに中に『レーシングマネージャー』という肩書きの方が居るんです。
レーシングマネージャーの仕事内容は

矢作厩舎では毎週水曜日の15時から
先生を中心に作戦会議を行っており、
そこで自厩舎の馬、相手関係、レース条件などを見比べた上で
その週の出走スケジュールを決めています。

矢作芳人厩舎公式ブログ・11月14日より抜粋~

と言うことで、矢作厩舎のレーススケジュールの管理を任されている参謀ということになります。
『あぁ~・・・間違いなく、梅ちゃんのところにはこういう人はいないだろうなぁ~』
と、真っ先に思いました(笑)
これは、三重ホースさんで聞いたのではなく、後日トレセン事情に詳しい人に聞いた話なんですが、
『レーシングマネージャーは関東では藤沢和厩舎にしか居ないかな~。。。関西にもそんなに居ないよ~』
なんだって。
馬は生き物なんで、人間が思うように事が進まないことが多いんですが、最近はあまりにも放牧で待たされたりするケースが多いですからね。腕利きのレーシングマネージャーが居る矢作厩舎への期待は更に高まります。

三重ホースのIさんに
『1歳馬はもう決めたんですか?』
と、聞かれ
『まだ検討中です・・・』
と、答えました。
すると・・・
『タイキシャトル×インヴァイトなんてどうですか?』
と、言われてしまいました。
インヴァイトの仔は高いので僕の中では出資候補圏外だったのですが、
ここにきて、出資候補圏内に入ってきそうです。
元々、馬体は魅力的だったし、厩舎はここにきて更に期待度が高まっている矢作厩舎予定。(見学したあとですが)23日にキャロットのブルーメンブラットがGⅠレースを勝ったり24日にユニオンのマンハッタンスカイが福島記念を勝ったりするのを見ていると
『僕も、重賞を勝つ馬に出資してみたい』
と、思っちゃうんですよね。

また、三重ホースに行く機会はあると思うのですが、僕が出資した馬は条件馬。出資しなかった“タイキシャトル×インヴァイト”がGⅠホースだと、悔みきれないですからね。。。
と言うことで、Iさんに矢作先生に直接“タイキシャトル×インヴァイト”と“シンボリクリスエス×ホシノアテナ”と“フレンチデピュティ×オグリローマン”(これはローレルの馬)の3頭について聞いてもらうようにお願いをしておきました。
矢作先生もスーパーホーネットの香港遠征等もあって忙しそうですし、情報をキャッチできるのがいつになるか分かりませんけど。。。

三重ホースのスタッフも皆様、いろいろとありがとうございました。インペリオーソ並びにこれから出資する愛馬をよろしくお願いします。

さて、長々と続いた牧場巡りレポートですが如何だったでしょうか?不要な情報も盛り沢山ですので長くなっているわけですが、お許しください。“牧場見学臨場感追求型”と言うことで。。。

それではまた。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年11月24日 (月)

牧場巡り0811月⑤

三重ホースTC編①(11/19)

今週は馬券が好調。結構プラスになりそうだったのですが、ローレルベルロードへの勝負で全てが吹っ飛びました。。。と言うことでレース回顧はまた・・・。

さて、グリーンファーム甲南のあとはインペリオーソの待つ三重ホーストレーニングセンターです。
2時間近くの空があったので、高速を使わずに国道で行くことにしました。
それでも余裕をもって到着することができました。

さて、到着すると・・・
『今、むこうのパドックで運動しているよ~』
と、場長さんに言われパドックへ。。。

すると、いつも相手をしてくださるスタッフのIさんに曳かれてゆっくりと歩くインペリオーソがいました。

11241

①パドックで既に運動をしているインペリオーソ

『あれ?午前中に調教すると聞いていたのに・・・僕の訪問のために出してくれているのかなぁ~』
と、申し訳ないなぁ~という気持ちで見ていましたが・・・どうも様子が違うみたいです。。。
『調子はどうですか?』
と聞くと、
『今日の午前中の運動で、また疝痛を発症しちゃってねぇ~。いつも調子が悪い時で申し訳ありません・・・』
とのことでした。
今回でインペリオーソ見学は3回目となるんですが、見事に3回とも“疝痛直後”なんですよね。。。
インペリオーソと僕の相性がたまたま悪いのか・・・それとも、不登校の子とか、仕事が嫌で嫌で・・・朝起きて登校(出社)の準備をするとお腹が痛くなったりする“アレ”ですかね。。。僕が来ると分かるとお腹が痛くなる・・・みたいな。。。
スタッフのIさんにも指摘されてしまいました(笑)

インペリオーソを曳くIさんと話しながらも、インペリオーソはパドックをグルグルと回ります。

“インペリオーソの表情はあまり冴えてないなぁ~”と感じましたね。

11242

②表情はこんな感じ。。。調子がいいかどうかは見れば分かりますね

馬でも、調子の良し悪しがこんなにまでに表情に出るんですね。。。
午後3時という時間帯なので競走馬の生活リズムを考えても既に“お休みタイム”ということもあって
『歩様も元気ないですねぇ~』
って感じでした。
一旦、洗い場に戻り場長さんがドウオン(多分⇒胴音)をチェック。ちょっと心配だったので
『どうなんですか?』
と、聞いたところ・・・
『何かねぇ~、しっかりしないんだよなぁ~』
との返答。。。
腸捻転とか大事には至らないレベルらしいですが、内臓が弱いようです。。。
『ボロもちょうどいい硬さなんですけどねぇ~』
ボロが硬過ぎて便秘気味になると危険信号みたいです。

11244

③胴音チェック中です。痛いんだろうなぁ~。。。

胴音の様子も“OK”が出ず、再びパドックで周回を再開。
周回の途中で立ち止まり前掻きをするんですよね。。。
『痛いと前掻きするんです。。。』
と、言うことで大人しいインペリオーソも自己表現するんですね。
また10分ほどグルグルと回り続けました。
『何のために回ってるんですか?どうなったらOKなんですか?』
と聞いたところ
『体を軽く動かして腸の動きを活発にするんですよ。ガスが出るまでこうやって歩かせます。。。』
と返答してくださいました。
歩いた後に再度洗い場へ・・・そしてまたパドックで運動。。。
1時間以上続きました。
大勢のスタッフがインペリオーソにかかわり、面倒を見てくださいました。
パドックでの運動3回。3回目の胴音チェックで合格。馬房へ戻ることができました。

その他に気付いたところは、1ヶ月前(前回の対面が10月13日)に比べて、やや体が緩んだ感じに見えました。食べる量をセーブしているということなので、
『体重は増えてないと思うんですがね』
と聞きましたが、冬毛がボーボーに生えていてとても臨戦態勢にある感じではありませんでした。
『強い調教ができない状態が続くので、冬毛がね・・・』
と言うことで、今のインペリオーソの状態が理解できました。
一時入厩も・・・という話もありましたが、年内の入厩は無いと考えた方がいいと思います。(僕はそれを確信していますけど)
ただ、矢作先生は『インペリオーソを早く入厩させたい』という気持ちがあるようですので、矢作先生の眼に留まり一発逆転での入厩がある・・・という可能性も捨てきれませんけどね。

何か、今日のレポートを見るとインペリオーソの良い所をひとつも書いていないんですよね。。。皆さんに不安を与えてしまうかも・・・
でも、僕はインペリオーソの新たな良い所を発見してきました。
この馬、後肢(トモ)の踏み込みが深いんです。体調が悪くても深いんです。馬体の大きさもあって力強さも感じますし、スプリンターの高い素質があるんではないか・・・と、思っています。
まだ、しっかりとしたキャンターを見ていないので、いつの日かインペリオーソの走りを見てみたいと思います。
予想以上の働きを見られるかも。。。

今日はこの辺で・・・
三重ホースTC編②へ続く。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月23日 (日)

ベルロード、リベンジ戦

今日はジュビロ磐田スタジアムへ応援に行ってきました。
勝てる展開にもかかわらず引き分け。。。厳しい戦いはまだまだ続きます。

スイマセン。昨日は『明日は三重ホースです』と、書きましたが、明日はローレルベルロードが出走ということでこちらを優先させて書かせていただきます。

ローレルベルロード
24日(月・休)京都12R 3歳上500万下(混)芝2000㍍
【発走16:15】
安藤勝己55.0㌔

出走表です。

競馬ブック
印…〔…………△◎…〕
TM〔△…………△……〕

2走目粘強化
道悪…―
コース―
距離…△
前走…―
調教…―
実績…―

調教
〔意欲的な攻め内容〕→
16日・栗坂重1本・単走・助手・4F58.1-41.9-…-13.9(馬ナリ)
19日・栗坂良1本・単走・助手・4F…-40.4-26.9-13.4(一杯)
先週はオープン馬相手の併せ馬。今週は併せ馬にならなかったが、ビッシリ追われてしっかりした動き。意欲的に調整されており、叩いた上積みは見込んでいいだろう。

予想オッズ12.9倍(6番人気)
前売りオッズ8.1倍 2番人気(23:49現在)

○(コズミ解消
吉田助手――『予定を1週延ばしてコズミがすっかり解消した。距離短縮はプラスだし、これなら力を出せそう』

木曜日のクラブのメルサより
鮫島調教師のコメント『先週の内容は物足りなかったけど、一週延ばしたことで動きは良くなっています』

吉田助手のコメント『先週の追い切り後に右肩の出が気になったので、筋肉注射で処置しましたが、その後は問題ないですし、今朝の動きからももう心配ないと思います。
またソエが出掛かってはいますが、我慢してくれていますし、それほど気にしなくていい程度です』

・・・中間にコズミがでて右肩の出が悪くなったみたいですね。
メンバーは今までローレルベルロードが経験してきたレースの中でも最強メンバーが揃ったレースとなってしまいました。前走と比べたら・・・なんで前回勝っておかなかったんだぁ~。。。
ローレルベルロードが予定をしていた22日(土)福島8Rと24日(祝)福島8Rのメンバー構成と京都12Rを比較してみると・・・福島のメンバーが結構揃っているんですよね。。。先週まではなかなかの弱メンだったのに。。。
アンカツさんが確保できたこともあり、京都で投票して良かったと思います。
コズミが出たこともあり、このレース後に放牧かなぁ~・・・と思っていたのですが、このレースで“勝つ”または“5着以内”で次走権利が取れて、上がりの状態に問題がなければ続戦濃厚との事。番組表を見ても阪神と比べて中京の方が戦い易いレースが多いことから中京遠征が濃厚でしょう。・・・と言うことでここは頑張ってもらわねば。
今までで一番高い倍率となると思います。ここで勝ってくれると財布の中身も潤うんですけどね。。。人気になりそうな実力馬もほとんど休み明けですからね。簡単には収まらないはず。
孝行息子となってくれることを期待しています!!

それでは・・・明日はベルロードが勝とうと負けようと三重ホース編です!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月22日 (土)

牧場巡り0811月④

グリーンファーム甲南編(11/19)

湖南牧場を後にして、続いて向かったのはローレルアクシスがお世話になっているグリーンファーム甲南です。

グリーンファーム甲南さんは8月に来て以来2回目の訪問となります。
新名神から見える一直線に伸びた坂路。。。そこがグリーンファーム甲南さんです。

11223

①奥に見えるのが新名神高速。もうすぐ近くにICができるとか・・・

湖南牧場から約1㌔というご近所の牧場さんです。と、言うことで、湖南牧場を出てすぐに車内にて時間調整。
約束の時間にキッチリと合わせて到着しました。

14日(金)のメルサで“再び左前球節靭帯を気にしだした・・・”と、聞いていたので少々心配しながらの対面となりました。だって『左前球節靭帯』って聞いてもぼんやりとある程度の場所は分かりますが、イメージしにくいですからね。。。僕の場合『あぁ~左前脚が良くないんだなぁ~』程度にしか捉えませんから。。。

到着後早速馬房から出されたローレルアクシス。
後ろからついていくと。。。“あれ?右前脚(蹄)の裏に何か赤いものが装着されている。。。悪いのは左前じゃ無かったっけ?』と思いつつ、広場へ。

アクシスは大人しい。。。こんなに大人しかったっけ?と、思うほど大人しいんですが、過去のブログを読み返しても比較的大人しかったみたいですね。。。でも、“大人し度”は徐々に高くなっている気が。

さて、様子を聞くと・・・やっぱり左前球節靭帯に腫れがあり痛がるようです。
原因はしっかりと分かりませんが、左前脚の前側(靭帯は裏側)に“テコ”という症状が出ており、これが影響しているのでは?という話でした。素人ながらに詳しく話を聞こうと思いましたが、残念ながらやっぱり全てを理解することは不可能でした。。。でも、“テコ”という症状は右前と左前を比較しても明らかに形状が違っており、自分の目で確認することができました。

11221_2

②右前の蹄の上と左前の蹄の上の形の違い分かりますか?

そして、右前の蹄ですが、どうもここ数日気にしているとのこと。痛がるほどではない見たいですけど・・・とりあえず湿布をして冷却中。既に問題ないとのこと。何か硬いものを踏んで内出血があったのかもしれませんね。

1週間以上騎乗調教も控えており、舎飼い(しゃがい)となっており、運動不足も手伝って、ちょっと動かしてもらったんですが、バランスが悪くバタバタしていましたね。

11222

③静止画では歩様の様子は分かり難いですよね。。。

『この状態ではまだまだ辛いですね。。。』
スタッフさんの前でついつい口走ってしまいました。

あまり、アクシスにも負担を掛けられないので10分弱で馬房に戻してもらいました。
ここは馬房の入り口が金網になっており、撮影には非常に不向きなんですよね。。。そんなことも頭を過ぎり、早急に退散かな・・・と思っていたところ。。。
『せっかくなんで、調教見て行きますか?』
と、声を掛けていただきました。
もちろん、
『ありがとうございます』
と言うことで、長く伸びる坂路コースの脇にある『観察小屋』へ。ストーブの入っている暖かい部屋でコーヒーまでご馳走になってしまいました。
そこで、10頭ほどの競走馬の調教を約1時間にわたり見学。。。これまた、非常に見易いベストポジションでの見学となり、良い経験となりました。
見学をしながら
『今、走った4頭のうち、一番いいのは3番目の馬ですよね?』
と質問したところ、
『いや、4番目がフォームもいいし、好仕上がりですよ。最初の1頭以外は似たようなモンですけど・・・』
と、答えてくださいました。
“あれ?4番目は4頭中3番目の出来だと思っていたのになあ・・・”
馬を見るのは難しい。。。

11224

④非常にいい場所で競走馬の走りを見られました。

調教見学の1時間の間にいろいろな話をさせていただきました。
その話の中からひとつ。。。
現在、アクシスの他、ターファイトの馬、キャロットの馬、グリーンファームの馬が滞在しているそうですが、全然見学者が来ないそうです。
“そんなモンなんだなぁ~”
と、思いました。もちろん、いろいろな制約があったり、忙しい方や距離的に難しい方もいらっしゃるので、“行きたくても行けない”人も多いと思いますので、ここで、僕の考えをつらつら書くのも如何なものかと思うのですが、僕は見学に行ける範囲に放牧される馬を選択し、出資していこうという想いを更に強くさせられました。その考えを場長さんに話したら
『そういう考えもあるんやなぁ~』
と、大笑いされましたけど。。。
『うちは大歓迎なのでいつでも遊びにおいで・・・』
と、言葉をいただき嬉しかったです。

さて、このあとの予定もあったのでローレルアクシスの馬房に寄ってから帰ろうとしたところ、
『アクシスは大人しいから一緒に遊んでってあげてよ』
と言われ、場長さんと一緒に馬房に入ってアクシスを撫でてあげました。
ホントに大人しかったです。。。
そして、場長さんが詳しくアクシスの故障箇所の説明をしてくださいました。
実際に“左前球節靭帯”を押さえてくれました。
『この前はこれくらい押さえただけでもの凄い痛がって脚を跳ねたけど、今日は痛がらんなぁ~。熱も引いてきたし大分いいなぁ』
と言うことで、回復に向かっているようです。
鶴留先生はアクシスに早く元気になってもらいたいらしく、結構心配して見に来てくれるそうです。そして、この状態でも栗東トレセンに戻して様子を見たいとも言ってくれていたみたいです。(アクシスの素質を高く評価しているということでしょう)
もう少し様子を見てから・・・という判断になったようですが、高い素質を持っていると言うことで、無理せずもう少し良くなってから動かすみたいです。
『3月の中京には間に合いますかね?』
と聞いたところ・・・
『このまま進めばそこよりも早く復帰できるでしょう・・・』
とのことでした。
あくまでも、“このまま進めば”ですので、焦らず待ちましょう。

そんなワケで、いろいろとお世話になったグリーンファーム甲南をあとにしました。
グリーンファーム甲南のスタッフの皆さんありがとうございました!!

明日は、三重ホースです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月21日 (金)

牧場巡り0811月③

湖南牧場編②

一昨日から当ブログに登場し、昨日は少しだけ紹介をした“メイショウさん柄のメンコ馬”ですが・・・誰も、質問に乗ってくれなかったので、失意のままに種明かしをします(涙)

11211

①この仔も湖南牧場滞在でしたね。。。

帰る間際に聞いたんですが、ローレルオーラだったんですよね。。。
個人馬主さんの馬については写真を撮ったりすることは控えているんで、多分“メイショウさん”の馬だろう・・・と思っていたローレルオーラもカメラに収めること無く、(クオン中心に撮っていて)たまたま写った分しか無かったのですが、コースに面した馬房でクオンと“舌ベロ掴み対決”(今日からこの映像)をしている最中に、場長さんが
『今コースに出ているのがローレルオーラだよ』
と、教えてくださいました。
そして、こちらが何も言わない間に、続けて
『この馬は走るよ。かなりいい馬だね。』
・・・おっと、クオンのときよりも熱がこもったお言葉。。。総額3000万円の評価に相違ない力を秘めているんでしょうか。。。

11212_2

②真っ直ぐに歩く姿勢のしっかりした馬です

ウォーミングアップのときから、クビをうまく使ってリズミカルに歩いていました。
そして、軽めのキャンターに移ったときに場長さんが“かなりいい馬”だと唸った片鱗を見ました。
走るペースをセーブされていたので、気合が表に出てしまい、暴れているようにも見えましたが、もの凄いバネがあるんですよね。それでいてバランスがよく、綺麗な走りをするんです。素人の僕が見ても
『クオンよりこっちの方が強そう・・・』
って思っちゃいます。

11213

③バネを感じますか?推進力を感じますか?

動きが軽いし、一完歩ごとの推進力が大きい。。。何か、グリーンチャンネルのトレセンタイムや調教VTRに登場する馬の映像を見ているような感じでもありました。
でも、何で500万下で上位に来れないんだろう。。。ここであんまり褒めすぎるとよくないかなぁ(笑)褒め殺しとかそういうのではなくて、本当にいい馬に見えましたけどね。(メイショウさんのオープンクラスの馬だと思っていましたから)

11214

④キャンター後のクールダウン。既に息も整っています。

クオンもローレルオーラも未勝利戦を勝ったレースがダート1800㍍ですから直接対決も十分ありえますね。できれば対戦したくないけど・・・でも、レースは身体能力だけで決まるものではないので、クオンが勝つと信じていますけど。。。
ローレルオーラの調教が終わりオーラは洗い場へ。。。僕も洗い場まで・・・は深追いしませんでした。

11215

⑤調教終了。右端の顔を出している馬はクオンです。

そのままクオンと対決していたのですが、湖南牧場のスタッフの皆さんは明るくて人当たりがいいんですよね。
馬場で馬に乗っていても挨拶してくれますし、馬の上からでも『クオン可愛いでしょ?』とか、『クオンも元気になってきたから応援してあげてください』とか、いろいろ声をかけてくれるんですよね。
僕も若いつもりでいますが気が付けば35才。騎乗調教をされているスタッフさんは皆さん若いので、35才のおっさんに声を掛けるのって、なかなかできそうでできない事だと思います。(僕はそっとしてもらえるより声を掛けてくれる方が何倍も嬉しいです)
本当にいい牧場だなぁ~と思うんですよね。

そして、体はやや小さいですが元気のある馬に騎乗したスタッフさんが僕に声を掛けてくださいました。
『この馬いいでしょ。絶対に走るから覚えておいてください!』
・・・なにやら凄い自信。
『長○厩舎のスイ○ンカって言うんです。』
へぇ~。。。映像も写真もありませんが(ローレルオーラの映像をチェックしていたら遠くにこっそりと映っていましたが)名前だけ覚えておいてください!!

さて、湖南牧場にはオールブランニューとルミエールブーケの2頭のユニオン所属馬が居たわけですが、予定時間以上にクオンがじゃれてきたことと、特にリクエストも受けていなかったので見ずに帰ってきてしまいました。オールブランニューは少しだけ興味を持って出資を検討していた馬だったのでどんな馬になったか見たい気持ちもありましたけど・・・。
こんなところで今日のレポート(僕の想い出日記?)は終わりです。
湖南牧場のスタッフの皆さんありがとうございました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年11月20日 (木)

牧場巡り0811月②

湖南牧場編①

休日出勤等が何回か続いたので、19日(水)にお休みを頂いて遊びに行ってきました。
関西牧場巡りの度に書いているのですが、伊勢湾岸&新名神の開通で浜松から関西が近くなりました。。。今日も湖南牧場まで2時間ちょっと。我が家からすれば、同じ県内の御殿場に行くのと同じ感覚かな(こちらも高速を使って)
と言うことで、最初に向かったのが滋賀県甲賀市にある湖南牧場。ここも4回目くらいかな?道も覚えました。

湖南牧場さんへ到着するとちょうどクオンが馬場へ入って調教を行っておりました。ラッキーです。しかし・・・とにかく寒い。湖南牧場さんは厩舎の建物の南側に馬場があるので、見学できる範囲はALL日陰になってしまうんですよね。。。夏だといいのかもしれないですけど。結構風も強かったです。
到着した時は既に馬場でウォーミングアップ中。歩様は多少硬さを感じますが、ウォーミングアップなのでこんなものでしょうか?使い詰め時のパドックに比べると滑らかかな?いい感じに思いました。でも、前に見たときよりもやや踏み込みが浅いかな?と、感じたりもしたんですが、皆さんはどのように思われますか?(こちらの動くパドックで見てみて)
それから、馬場を左回りに使って併せ馬による普通キャンターの調教でした。調教パートナーを内側に入れてキャンター開始。
11201

①外を向いて走るクオン

相変らず口向きが悪く、僕が見ている直線では外ラチを頼るように(もしかしたら僕を見ていたのかな?)外ばかりを見ながらフラフラと走っていました。『これじゃああんまり併せの意味が無いかな・・・』と思っていると、コーナーから向う正面では、内を走る馬に追い着き追い越す走りで能力をアピール。頭の低いフォームで力強く走っていました。
馬の走りを間近で見るとスピード感を感じるもので、『もう、強めの15-15くらいで走っているんですか?』と、聞いたところ・・・『いや、今日はそれほど強く追ってないよ。18-18くらいで様子を見ているよ』。。。とのこと。外ラチは僕の目の前。これほど近い距離で調教を見るのは久しぶりでした。。。迫力を感じました。
周回数を数えそびれましたが、3周か4周くらいしていました。

このスピードで様子を見て、問題なければ来週あたりから15-15まで徐々にペースアップ。そして、帰厩となるようです。
因みに口向きの悪さは『もっと速く走りたい気持ちの表れ』とのことですので、“状態上向き”と捉えたいと思います。
でも・・・トレセンに入って“クオンは調教で走らない”と、いうイメージですが、今日の様子とかを見ていると何となく分かる気もします。『もっとしっかり前を向いて、真っ直ぐ走れ~!』と、言ってあげたいです。
それでも、(今日の調教パートナーは何ていう馬か分かりませんが)パートナーを凌ぐ能力と調子の良さを感じました。。。贔屓目かな(笑)

洗い場に戻り手入れをされるクオン。。。とにかく毛艶がいいんですよね。場長さんも仰っていました。
リラックスできているのか、少し体にも余裕ができてきており、非常にいい馬に見えます。“何で戻せないんだろう・・・”
ズバリ場長さんに聞いてみました。
『かなり良く見えるんですけど、どこがダメなんですか?』
と聞くと・・・
『強い調教をすると、トモに疲れを感じてたんだよね。今は問題ないんですけど・・・。今回の放牧に始まったことではなく、元々腰に少し弱いところがあって、そこからトモに影響が出たりするんですよね。腰については特筆するほどではないんで心配は要らないですけど、ケアしながら付き合っていくしかないですね』
とのこと。
『このまま行けば、入厩までそんなに時間はかからないでしょう。12月に行けるかな?』
と、いただきました。
最近は公式情報でも特に“腰”についてのコメントが多くあるワケですが、“トモの疲れ”ばかりが気になって、マークが甘かったかもしれませんね。
人間のスポーツでもそうですが、腰って大事ですからね。腰が悪いと全体のバランスが崩れるし、重要なところなんですよね。これからは“腰”をキーワードとして、注意してみていきたいと思います。

でも、以前は少し抑えるだけで痛がったり、腰とトモの疲れから運動が終わるとすぐに腰を降ろしたりしていたらしいのですが、だいぶ回復したようです。
・・・クオンは僕が見に来ると調子を上げてくれますからね(笑)
このまま帰厩まで行ってくれるでしょう!!

さて、クオンが洗い場で手入れをしていると、横にメイショウさん柄のメンコをつけた馬が登場。
11202

②クオンの横(一番右)の馬は誰?

『馬格があり強そうな馬だなぁ~』
と思いましたが、以前に個人馬主さんの馬を少し載せたら叩かれた、もとい、指摘をいただいたことがあったので、
『あまり係わってはいけないなぁ』
と、思っていました。
メイショウさん柄の馬の件については後日で種明かしをします。
因みに種を明かす前にこの馬の名前分かりますか?是非答えてみてください!!

とりあえず、話題をクオンに戻します。

寒いので馬服をまとい、馬房の方へ。。。とりあえず今日のお勤め終了。クオンの馬房は湖南牧場の南側でした。つまり、トレーニングをする馬場に面したところになります。

クオンの調教の後にも後から後からいろいろな馬がトレーニングに励んでおります。
クオンは馬場に面した窓から顔を出し
『遊んで~』
と、僕にアピール。
顔や首を撫でて遊びました。

しかし、面白いもので調教している馬が近くを通ると、そちらに注目。。。ボーっと馬場を見たりしています。

そして、撫でてもらうことに飽きたのか、物凄い勢いで首を上下に振りまくります。これも前回(4月13日)やっていましたね。

11204

③フレームからはみ出るほど首を上下に・・・

そして、何とか宥めると。。。舌ベロをペロンと出しています。
この舌ベロですがクオンの場合結構危険なんですよね。ローレルウェルシュは出した舌を掴んでやると目をトロンとさせて喜ぶんですけど、クオンは舌を触りに行くと噛み付きに来るんですよね。舌ベロは罠なんです。

11207

④舌ベロを出すクオン。。。可愛いんだよなぁ~

罠であることを承知でチャレンジ。触ってみました。あれ・・・触っても何も無い。10秒くらい普通に触らせてくれるんです。意外でした(笑)
安心して触っていると。“ガブリ”。。。やられました。ちょっと油断していたら思いっきり噛まれましたね。あんまり痛くないけど、よだれでベタベタ。。。参りました。

11205

⑤噛み付きにくる瞬間を激写

噛まれた手を引いて逃げると。。。また、舌ベロをペロン。
もう、こうなったらクオンと僕の勝負!
『噛まれずに舌ベロを掴んでやる!!』
と、男と男の勝負をしました。
格闘すること30分以上。。。結果は僕の“負け”ですかね。3回くらい噛まれたのに対し僕が舌を掴んだのは1回。後は僕がビビって、逃げていましたので。。。

それから、馬場にメイショウさん柄のメンコの馬が出ていたりしていたのでそちらを見たりしていました。

因みに、帰りがけにクオンに挨拶をしに行くと。。。クオンの窓の下だけが汚い。。。寝藁で。。。

11206

⑥汚い下が汚いところがひとつ・・・クオンが散らかしました

そうです、クオンはご飯の時間まで我慢ができず、寝藁を拾って、窓から顔を出して他の馬の調教を見ながらむしゃむしゃと食べているんですよね。。。
まぁ、元気のいい証拠か。。。

ということで今日のところはおしまい。

インペリオーソ情報、ローレルアクシス情報については順に書いていくと遅くなりそうですので、聞きたい方はメールか掲示板orブログのコメントで。。。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年11月19日 (水)

牧場巡り0811月①

予定通り行ってきました。。。牧場巡り。
今日は①湖南牧場(クオン)⇒②グリーンファーム甲南(ローレルアクシス)⇒③三重ホーストレーニングセンター(インペリオーソ)の順で行ってきました。

今日のところはサッカー日本代表戦観戦の兼ね合いもあるので、写真4枚だけアップ。コメント等は明日以降に・・・ゴメンネ。

08111900

08111901

08111902

08111903

①クオンです。調子は良さそうでした。。。

②今日のスペシャルゲスト。メイショウ柄のメンコですが・・・誰でしょう?

③順調に行かないローレルアクシス・・・

④こちらもなかなかうまく行かないインペリオーソ・・・

今回の牧場巡りは撮影そこそこ、情報収集満載で行ってきたので、結構長いレポートになっちゃうかな?まぁ、書ける範囲のみに止めますけど。。。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年11月18日 (火)

ユニオン愛馬情報11/18

最近は芸能人のブログだけでなく、政治家ブログが人気みたいです。この人のブログは前から話題になっておりましたが、ブログなんかやりそうに無いこの人も。。。そして、この人は結構マメに更新していますね。。。本人では無くライターさんがやっているのかもしれませんけど。。。

今日はユニオン愛馬情報を。。。

クオン(4歳・牡)
(トロットスター×ファーストステップ)
11/18 普通キャンターを乗り、今週から終いのペースを少し強めに乗っている。トモの疲れは取れ、動きも良好。
担当スタッフさんのコメント『並行してトモのケアに努めているので、再度状態は上向いてきました。このまま帰厩まで乗り進めていきたいところです』

インペリオーソ(2歳・牡)
(プリサイスエンド×ピアノレッスン)
11/18 引き続き、普通キャンターで調整中。先日、厩舎スタッフが本馬を視察。「もう少し馬体の張りが欲しい」とのことで、入厩はもう少し先になる見込み。調教の動きには問題なく、体調も安定してきたが、
担当スタッフさんのコメント『普段から少し大人しすぎますね。もう少しピリッとしたところが出てきて欲しいです』
とのこと。
少しずつ終いのペースを強めに乗り、気合をつけていく。
★★★上記2頭については今日は多くを語らず。。。明日見学に行ってきますので、後日最新情報を含めコメントさせていただきます。

エルクラシコ(2歳・牡)
(ナリタトップロード×フレスコ)
11/18 引き続き、舎飼いで浅屈腱炎を発症している左前肢の様子を見ているが、大分患部の熱や腫れは感じなくなりつつある。なお、先週には3回目のショックウェーブによる治療を行っており、しばらく時間をおいてから、エコー検査を行う予定。
★★★クラブからの情報ではイマイチ現状が掴めないですね。。。まぁ、変化なしといったところでしょうか。
エコー検査の結果が出てから少し話が前に進むのかな?

・・・ということで、明日牧場めぐりへと旅立ちます。かなり寒いらしいので、防寒スタイルはキッチリとしていかないとね。雪とか路面凍結がありませんように。。。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年11月17日 (月)

江田照男~

江田照男、飯田祐史、デムーロ、吉田豊、中舘英二、武豊、秋山真一郎、熊沢重文、池添謙一、和田竜二、勝浦正樹、柴田未崎、横山義行、横山典弘、福永祐一、佐藤哲三、田面木博公、四位洋文、和田竜二、宗像徹、木幡初広、幸英明、江田照男、飯田祐史、デムーロ、江田勇亮、蛯名正義、柴田大知、江田照男、飯田祐史、デムーロ、吉田豊、中舘英二、武豊・・・

太字のこれ、なんだか分かりますか?
今、競馬界では話題騒然のネタですよね~。

答はこれ

僕も大好きで覚えました。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月16日 (日)

また、来年です(涙)

今日我がチームが負けてしまいました。1年かけて挑戦してきたワケですが、残念です。。。

また明日から新たなる挑戦の始まりです。

今日はエリザベス女王杯も負けましたが、競馬は来週もあるもんね。

あぁ~1年は長いなぁ~。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月15日 (土)

ローレル愛馬情報11/15

今週はローレルベルロードが出走回避。それから、今日の京都1Rでローレルレガリスが未勝利戦を優勝しました。一口プレゼントでローレルレガリスとローレルボスで迷ってローレルボスに行ってしまった経緯がありますからね。。。ちょっと悔しい気持ち(レガリスが勝ったことに対してでは無く自分の判断に対して)もありましたが、出資者の皆さんおめでとうございます。
では、僕の愛馬の近況報告を。。。

ローレルウェルシュ(牡・5歳)
(テンビー×モガミヒメ)
レース後の上がりの状態に特に変わりないものの、京都の宇治田原優駿ステーブルへ短期放牧に出る予定です。
梅内調教師のコメント『絞ってレースを使って、さらに体を減らしてしまった(-12㎏)。今朝もかなり体が寂しく映るので、2~3週間リフレッシュ放牧させることにしました』
★★★なかなかうまく使ってもらえませんね。。。年末に向けてダート1200㍍戦が結構あるので、どこかで使って欲しかったんですけどね。
梅内先生は一応ローレルウェルシュを大事に思ってくれているみたいなので我慢して帰厩のときを待ちましょう。。。

ローレルアクシス(牡・4歳)
(スペシャルウィーク×ダムドコンパニー)
再び左前球節靭帯を気にしだしたため、舎飼いで様子を見ています。
担当スタッフさんのコメント『獣医の指示で舎飼いを始めましたが、休ませてからは日に日に良くなっている印象です。もうそれほど気にはしていませんが、運動は獣医の指示を待って再開したいと思います』
★★★まだ、良くならないみたいですね。来週様子を見てこようと思いますが、大丈夫ですかね?早く戻ってきて欲しいなぁ。。。もう中京は走られないかな。。。

ローレルベルロード(牡・3歳)
(ナリタトップロード×ベルガール)
12日・栗坂良1本・助手・4F56.0-40.9-27.7-14.6(一杯)
(古馬OP・マコトスパルビエロ・一杯の1.0秒遅れ)
鮫島調教師のコメント『馬場状態が悪かったにしても、この馬にしては動きが良くなかったね。想定を見て検討はしたけど、出走を1週延ばすことにします』
★★★厩舎のマコトスパルビエロ先輩に頑張ってついて行きましたが、鮫島先生にはあまり評価されなかったみたいです。。。もう1週調整して、来週に出走するみたいですね。24日に出走なら行けるかも。。。家族と相談してみます。

イナズマチーター(牝・2歳)
(カリズマティック×スエヒロコマンダー)
レース後の上がりの状態に特に変わりないようですが、現在のところ次走については未定となっています。
★★★来週か再来週の牝馬限定の芝のレースに登場ですかね。この中間も体重を落とすこと無く調整を続けて欲しいところ。距離は1400㍍?1600㍍?気になるところです。

ローレルボス(牡・2歳)
(レギュラーメンバー×ホシノテンビー)
この中間に徐々にペースを上げており、現在はダク~ハッキングキャンター4800mの調教メニューを順調に消化しています。
鍋沢氏『以前モヤ付きの出た左前肢の屈腱部に再度不安が出ないように、もう一度治療を行うと獣医さんから指示が出ましたので、治療を予定しています』
★★★前にも書きましたが僕の中ではローレルレガリスに勝った馬。頑張ってもらわないと。。。乗り込む距離は大分長くなりましたからね。このまま無事にデビューまで行って欲しいですね。2月入厩でお願いしたいところ。。。

ローレル愛馬はこんな感じです。イナズマチーターとローレルベルロードの勝ち上がりに期待したいところです!!

追記:エリザベス女王杯予想
さて、荒れるのか本命サイドで収まるのか・・・

◎⑮カワカミプリンセス・・・久々の前走も素晴らしい競馬。
○⑫アスクデピュティ・・・時計・調教・勢いともマル。岩田騎手で一発。
▲⑱レジネッタ・・・秋華賞で評価落とすが、3歳世代最強に変わりなし。
△⑨アルコセニョーラ・・・秋に活躍する血が騒ぐ。新潟記念制覇。
△⑤ポルトフィーノ・・・底を見せていない良血馬。経験が?
△⑬ベッラレイア・・・最強世代の第3の女。侮れず。。。
この6頭で勝負。
ポルトフィーノの取捨に迷う。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月14日 (金)

日本代表に負けた

昨日は我が社の職員サッカー大会がありました。仕事について13年。この大会にも13年連続で出場しています。
(自称)“スピードでディフェンダーを振り切る点取り屋”
として頑張ってきていますが、昨年は初めて2戦に出場し、無得点の屈辱を味わいました。
進退を賭けて臨んだ今大会初戦。。。2年ぶりのゴールを決め、なかなか良い動きができたかと思います。

しかしこの試合・・・いつもはムスコが応援に来てくれるのですが、今年は
『日本代表の試合(シリア戦)があるから行かない。それにお父さんから学ぶものも特に無いし・・・』
だって。。。

確かに、僕はサッカーは素人なんで、テクニックというものは殆ど無く、身体能力に任せてプレーしておりますが、最近はムスコとサッカーで遊んでいても、翻弄されるんですよね。。。
そして、親父の草サッカーよりも日本代表の試合がいいとは。。。
とうとうこういうときが来てしまいました(涙)

昨日は家に帰って『1点取ったぞ!!』と報告。
『次戦は見に行くよ~』
と、ムスコは言いました。

日本代表の魅力には負けましたが、次戦は更なる活躍でお父さんは凄いんだぞ!!と、見せてやりたい。

たいした大会じゃないんですけどね。

来週の平日に牧場見学へ行くことが決定しました。今から楽しみです!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月13日 (木)

流行語大賞ノミネート

今週はローレルベルロードがまさかの回避。まぁ、昨日のメルサで何となくこうなるとは思っていましたが。。。

今日は社会はネタで・・・といってもスポーツ新聞の社会欄レベルですけど。

今年の世相を反映し、強いインパクトを残した言葉・・・『2008 ユーキャン新語・流行語大賞』のノミネート60語が発表されましたね。
ちょいと古いですけど・・・

今年はこんな言葉がノミネートされました。(60語)

ねじれ国会
糖質ゼロ
サブプライム
ミシュラン
オワンクラゲ
キターー!!
あげあげ
姫電
せんとくん/まんとくん
グ~!
アキバ系
ローゼン麻生
ポ~ニョ、ポニョポニョ、さかなの子~♪
メーク・レジェンド
千年紀(源氏物語千年紀)
おなごの道は一本道にございます。
オネエマン(ズ)
言うよね?
霞ヶ関埋蔵金
朝バナナ
蟹工/蟹工船
エア芸
婚活
カレセン
くいだおれ太郎
おバカキャラ
世界のナベアツ
ホームレス中学生/解散!
私もあなたの作品の一つです
これでいいのだ
キモティー
屁の突っ張りでもないですから
アラフォー
居酒屋タクシー
一斉休漁
ゲリラ豪雨
汚染米/事故米
名ばかり管理職
チョリ~ッス
後期高齢者
サイバンインコ
ゆるキャラ
再発防止検討委員会
毒入りギョーザ
チェンジ(CHANGE)
あなたとは違うんです
メタミドホス
ロスジェネ(宣言)
ゆとり世代/脱ゆとり教育
ねんきん特別便
燃料サーチャージ
フィルタリング
上野の413球
よし、よし、よーし!
神様 仏様 上野様
ささやき女将(つぶやき女将)
ガソリン国会
暫定税率
フリーチベット
何も言えねー

12月1日にトップ10と年間大賞が発表されます。
そこで、入選作品を予想してみたいと思います。
◎ポ~ニョ、ポニョポニョ、さかなの子~♪・・・『あなたとは違うんです』を本命にしたいところですが、表彰式に呼びにくいですからね・・・ポニョ自体も流行ったし、表彰するターゲットもしっかりしているということでこれを本命視。

○何も言えねー・・・五輪イヤーなので絶対入ってきます。ソフトボールか北島康介か・・・言葉としてはこちらの方が浸透していると思うので、こちらを対抗に。

▲ゆるキャラ・・・これは流行ったでしょう。。。『せんとくん・まんとくん』もノミネートされていましたが、美味しいところは『ひこにゃん』が持って行くでしょう。

△世界のナベアツ・・・芸人ブームですからね。やっぱりインパクトはこの人でしょう。大賞はないと思いますがトップ10は確実か。

△サブプライム・・・これも入選するのでは?ちょっとギャンブルしてみましたが・・・

以上5点予想で。

皆さんも予想してみてください!!
・・・賞品は出ませんが(スイマセン)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月12日 (水)

途中で止めちゃった。。。

さて、前日のイナズマチーターの4着に気を良くして臨んだ日曜日。因みに日曜日も朝から仕事でした。前日の夜に応援馬券をちょこっとだけ購入。ウェルシュのレースに“少しだけ”期待をかけて待ちました。

ローレルウェルシュ
9日(日)京都10R 渡月橋S・3歳上1600万下(混)D1400㍍
渡辺薫彦57.0㌔

今回は太め残りの前走を叩いてマイナス12㌔にシェイプアップしての登場となりました。今回の480㌔という体重は昨年秋の連勝した時と比較してもやや少ない体重。やや細かったかもしれませんが、これでいいのかな?って感じでした。
今日のパドック解説は競馬ファン竹中昇さん。竹中さんのウェルシュ評は『休み明けを叩いて無駄肉が取れたせいか、非常に脚捌きがスムーズになっていますね。』とのこと。
は脚捌きは竹中さんの言ったとおりスムーズでした。前走後、中間やや脚捌きが硬くなっていたそうですがその心配も解消されてレースに戻ってきてくれたようです。元々気合を表に出さないタイプの馬ですが、ボーっとしている感じで周回。これでは支持されません。
パドック推奨馬は⑬タガノマーシャル⑧オネストジョン③ハーベストシーズン⑨サンワードランの4頭。一番怖いと思っていた⑭ビクトリーテツニーは入りませんでした。。。
本馬場入場もボーっとした感じで入場。ローレルウェルシュらしいといえばそれまでですけど。。。調子は悪く無さそうかな?
いよいよレースです。相変らずスタートはうまい。そして二の脚を使ってハナを奪おうとする勢い。③ハーベストシーズン⑬タガノマーシャルあたりがハナを譲らず先頭集団を形成。ウェルシュ自身もハナは譲らん!!と活き込んでいましたが、芝では行こうと思っていたのですが、ダートに入る直前に明らかに渡辺騎手がブレーキをかけましたね。その距離約120㍍の出来事。
スタートを控えれらると馬場の内側で既にヤル気を失うウェルシュ。
クビを上げて砂を被ることを嫌がりレース放棄を前進でアピール。400メートルくらいまでは適当に走って前について行きましたがそのあとはズルズル後退。最後の直線でも一度も浮上すること無く14番手でゴール。
勝ったのは⑭ビクトリーテツニー。勝ちタイムは1分22秒9でした。ローレルウェルシュは2秒5差の1分25秒4でした。
ウェルシュがレースをやめた400㍍地点では競走を中止したりタイムオーバーを心配しましたが、先頭から2.5秒しか離されなかった今回は立派。よく頑張ってくれました(笑)

渡辺騎手のコメント『2番の馬が行く気配だったので、1400mをもたせるために野田助手と相談して、控えても構わないとの作戦でした。そしたら2番は行かないし外からは被せられるしで、誤算ができてしまって…。それに3~4コーナーからは止めようと突っ張る感じで、残り1Fでは喉もゴロゴロし出して苦しくなってしまった。砂を嫌がる感じもありますから、結果論ですけどハナに行った方が良かったですかね』

渡辺騎手の人の良さが出てしまった騎乗でした。。。
しかし、脚を突っ張って止まろうとしたり、喉をゴロゴロ鳴らす演技まで入れたり、ウェルシュもなかなかやってくれます。
上がりの状態は問題なく、喉も心配なし、飼い葉の喰いも良好ということで、次走へ向けての状態は申し分無しといったところか。。。しかし、今日のメルサで宇治田原優駿Sへ2~3週間の短期放牧とのこと。。。この短期放牧が梅内先生の場合当てにならない。。。2~3ヶ月とかにならないことを祈ります。年末に中山ダート1200㍍出走を期待していましたが、それに間に合わせてくれるのだろうか?何とかして欲しいですけどね。
梅内先生は京都に来ていなかったとのことでコメントはありませんが、とりあえずここでの引退は無いとのこと。
雰囲気ではクラブ側が現役続行の引き延ばしをお願いしているのではなく、厩舎側がウェルシュに期待を持って走らせている感じですね。

こちらの想いと梅内先生の思惑が結構ずれるのでストレスは溜まるといえば溜まりますが、こればかりは仕方が無いですね。とりあえず、希望を持って使ってくれるワケですので、期待に応えてくれる瞬間があるのだと期待して待ちましょう。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月11日 (火)

ユニオン愛馬情報11/11

ローレルウェルシュのレース回顧は後回しになってしまいますが、今日はユニオン愛馬のレポートを。
世間的には
ユニオン⇒まあまあの結果を残している
ローレル⇒低迷中
といった感じだと思うんですが、
我が社は逆。まぁユニオンは頭数が少ないだけに、1頭1頭にかかる比重が大きいんですけど。。。全馬が外にいるんで苦しいですね。早く入厩してくれる仔が出てきて欲しい。

クオン(牡・4歳)
(トロットスター×ファーストステップ)
11/11 普通キャンターで距離を長めに乗っている。トモの疲れは徐々に取れてきており、様子を見て再度ペースアップしていくことも検討している。
担当スタッフさんのコメント『脚元の状態は問題ありませんし、毛艶も良く、体調は問題ないんですが…。トモの疲れが取れ次第、大橋先生と相談してペースを上げていきます』
★★★停滞中です。弱めの長い距離はこなせるんですが時計を詰めた調教になるとトモが・・・。厩舎も牧場も早く戻したい感じが見て取れるんですけどね。
・・・分かった!多分湖南牧場で僕のことを待っているんでしょう!!ということで、甘えん坊のクオンの陣中見舞いに行ってこようと思います。(休養中故“陣中”ではおかしいかな?)
これから予定を立ててユニオン事務所に電話をするので、実現するかどうかは微妙ですけど。。。僕が行く前に帰厩してくれても全然いいんですけどね。
でも、ここまで長引いている状態を自分の目で確認もしたいし。。。そんな感じです。

インペリオーソ(2歳・牡)
(プリサイスエンド×ピアノレッスン)
11/11 引き続き、普通キャンターを3000m乗っている。飼い葉を通常通り与えているが、問題はなく、体調は落ち着き、しっかり普通キャンターを乗ることができている。様子を見て近く強めキャンターを乗り始める予定。
★★★入厩話も立ち切れかな?ゆっくりしたペースではあるものの順調に調教が進められています。年内デビュー&中京出走は無理な感じですが、この仔に関しては急がなくてもいいかなぁなんて思っています(早くてもいいんですけどね)
強めキャンターは・・・鈍感なタイプですからスンナリと受け入れてスムーズに進んでいくでしょう!
まだ三重ホースさんに残っているようでしたら湖南牧場さんの見学と同じ日に行ってみようかなぁと思っています。

エルクラシコ(2歳・牡)
(ナリタトップロード×フレスコ)
11/11 引き続き、舎飼いで浅屈腱炎を発症している左前肢の様子を見ている。
担当スタッフさんのコメント『まだ患部に腫れや熱感は残りますが、それなりに治癒してきているようで、帰ってきた時に比べれば大分良化の兆しが伺えますね。今後もしっかりとケアしていきたいと思います』
今週中に3回目のショックウェーブによる治療を行う予定。
★★★浅屈腱炎が簡単に治るとは思っていませんので、特に驚くことも無いです。治療には時間が必要ですのでこのままアクシデントが無くゆっくり良化していってくれればいいです。焦ってデビューも無くなることが一番嫌ですからね。ウォーキングマシーンでの運動が再開されるのはいつになるのか・・・とりあえずはその知らせをゆっくり待ちましょう。馬体重はどれくらいになったのだろう?インペリオーソよりも重たくなっていたら・・・ちょっと心配??

総括すると、3頭とも変わり映えの無い感じで過ごしています。
そういえば、会報と共にDVDが送られてから10日が経ちましたが、まだ見ていません。因みにHDDに残しているバラエティー番組や連続ドラマも10月下旬から停滞しており、徐々に消化している状態です(昨日はアメトーークの“笑い飯”の回を見ました。。。遅いでしょ?)

DVDを見たらまたコメントしたいと思います。。。まぁ参考にならないとは思いますけど。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年11月10日 (月)

牝馬最高順位

スイマセン。。。最近は夜に起きていられなくて、ブログ更新に苦しんでいます。。。

今日は土曜日のイナズマチーターのレースを振り返ろうと思います。結果は4着だったんですけど、僕の出資した牝馬の中での最高順位を更新。この仔は優勝まで持っていけるはず!

イナズマチーター
8日(土)京都1R 2歳未勝利(牝) D1400㍍
☆浜中俊53.0㌔

3ヶ月前のデビュー戦以来の出走となりました。前走の馬体重は390㌔。もともと小さい馬体ですが、画面からもやや細身であると感じましたからね。
今回はプラス22㌔。仕事のためパドック映像は見れませんでしたが、予想以上の体重増に期待は高まりました。
以前、イクタトレーニングファームさんで『復帰戦で10㌔増えていれば掲示板以上は期待できるんじゃないかな?』って言っていたことを思い出しました。それが今回予想以上の22㌔増。調教も結構動いていたので、“馬券圏内も十分ありえる”と考え、馬券を結構買い込みましたね(笑)

では、家に帰って観戦した感想に移ります。
イナズマチーターのレースは京都1レース。1レースだといいですね。。。パドック映像が長くて・・・イナズマチーターの姿を何度も拝むことができました!!
馬体重は22㌔増の412㌔。この仔の場合神経質な面があるので、パドックでの仕草に注目です。
今日のパドック解説は競馬評論家の小牧隆之さんでした。小牧さんのイナズマチーター評は『小倉で見たときよりも見違えるように体がねぇプリンとしてきたな・・・と、いう感じですね。あのぉ~いくらか余裕があると思いますが体調は前回より良さそうです。』って感じでした。前回の馬体を覚えているんだ・・・と思い、チーターのデビュー戦回顧を読み返すと、そのときのパドック解説は競馬ニュースの小宮さんでしたから、別番組で解説していたのかそれとも個人的に注目していたのか気になるところです。
僕が見た感じでは体重増の良さを画面を通しても感じました。牝馬らしい丸みを帯びた馬体に変わりましたがそれでいて太め感もかんじることも無く前走以上の出来にあることは一目瞭然でした。GⅠ馬の仔らしくバランスは相変らず良いし、歩様が綺麗なんですよね。。。いい感じです。心配な面があるとしたらやっぱりテンションでしょうか。。。やや小足を使うところもあったり、物見をしていて集中力にやや不安を感じました。
小牧さんのパドック推奨馬は⑥サンデーローズ②アリデット⑤グランプリチェリー④シゲルホタカヤマの4頭。僕も⑥⑤は非常によく見えました。
本馬場入場もじっくりと見ることができました。注目のイナズマチーターは予想外にスンナリと落ち着いた様子で本馬場に放たれていましたね。その後も浜中騎手がイナズマチーターの気持ちをなだめる様にゆっくりと本馬場周回させていましたね。
待機場で輪乗りをしている時はちょっとテンションが高めになっている感じがありました。。。

さて、レーススタートです。スンナリと先行集団にくっついていった前走のスタートの再現に期待です。。。
しかし、スタートはやや遅れました。後のコメントで確認できたのですが、ゲート内でイレ込んでしまったとのこと。
先頭集団には⑩ラストダンス⑥サンデーローズ⑤グランプリチェリー・・・そして②アリデットと人気馬ばかり。。。⑧イナズマチーターは10頭中の8番手。後方からの追走。向う正面では浜中騎手も馬なりで任せたのかポジションをあげることも無く、ついて行きます。3コーナーで後方に居た③ラッキーパズルと⑦フェナサイトが先に仕掛け、イナズマチーターは一時的に最後方へ。コーナーでは大外を回りながら後方から2番手といったポジションで最後の直線へ。既にレースを見るときには4着だったと知っていたので、『ここから巻き返したのか・・・』と、感心しながらの観戦でした。
綺麗な脚の回転から1完歩ごとにグイグイと前との差を詰めていきました。直線途中、イナズマチーターの追い込む姿が大写しとなり、そのスピードと迫力が現地でも抜けていたのでしょう。。。
直線入口から頑張って距離を詰めてきたイナズマチーターも残り50㍍あたりで勢いが無くなってきてしまいました。それでもゴール前で1番人気の⑥サンデーローズまで差し切り、4着でゴール。7番人気の低評価ながらよく頑張りました。勝ったのは⑤グランプリチェリーでタイム1分25秒4。イナズマチーターは0.4秒遅れての1分25秒8の時計でした。そして、上がり3Fの時計はイナズマチーターが1番でした。(37秒1)
重馬場のダート1400㍍。時計はそれほど早くありませんが、先行馬が前残りをするレースの中、唯一追い込んできて4着を確保したところは評価できるのではないでしょうか?

浜中騎手のコメント『ゲートでイレ込んでしまって、重心が後ろに掛かった時に扉が開いてしまいました。そこからは脚抜きの良い馬場もあって感じ良く進められましたし、最後はしっかりとした脚を使ってくれましたね。スタート後、芝のスピードの乗りが良かったので芝でも良さそうですけど、使い込むと更にイレ込んでしまいそうです。その辺りをカバーして馬体もキープできれば十分やれるでしょう』

松元調教師のコメント『今週から急に体が増えてきた。別に楽をさせていた訳ではないから、身になって来ている時期なのだろう。まだき甲も抜けてないし、もう少し大きくなってくれそう。今日だって22キロ増えても少しも太くないものね。良くなって来ている最中だけど、次は芝でも行ってみましょうか』

スタートで出遅れなかったら・・・とか、外々を周らされなかったら・・・とか考えれば今回も勝つチャンスはあったのかなぁ~なんて思う節もあるんですが、出遅れたから、外を周ったから末脚が切れて4着に入れたとも考えられますからね。。。でも、力はあるし勝ち上がりもそう遠くは無いかも。。。
浜中騎手のコメントにありますが、レースに行くとイレ込む気性を何とかしたいですね。レース後の気性はあまりよく分かりませんが、デビュー戦直後にイクタTFでイナズマチーターを見ましたが、馬体減りすることも無く意外と順調だったので、この中間もも成長期に任せてしっかり食べて体重が増えていってくれることを期待したいです。もう少し増えても大丈夫でしょう!!
次は僕も適性があるのでは?と思っている芝のレースを予定。距離を1400にするのか1600にするのか注目です。京都で開催されている間には競馬場に行けそうにありません(涙)2008年最後の開催日に中京で牝馬限定芝1800㍍未勝利戦がありますが・・・それを使うこと無く早々に勝ち上がってくれていることが理想ですけど。。。

翌日には調教パートナーであり同じ小泉牧場出身のイナズマアマリリスが重賞制覇。このレースに生産者であり馬主の小泉さんも来ていたみたいですけど。。。次は、イナズマチーターの優勝にも立ち会ってもらえるようにチーターに頑張ってもらわなければ。。。
イナズマアマリリス・・・牧場の中で一番安い馬だったとのこと。。。競馬は分かりませんね。因みにイナズマアマリリスの父スエヒロコマンダーはイナズマチーターの兄。チーターの潜在能力だって凄いはずだ~!!
スエヒロコマンダー産駒JRA重賞初制覇。おめでとうございます!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 9日 (日)

西武ライオンズ日本一

日本シリーズは逆王手をかけた埼玉西武ライオンズが逆転勝ちで日本一に輝きました。

今日は見ちゃいましたね。。。日本シリーズ。ドラゴンズの試合意外は集中して試合を見続けることは無いんですけど、今年の日本シリーズは接戦も多くて、いい試合が多かったですね。

原監督は残念ながら日本一を逃してしまいましたね。メイクレジェンドは素晴らしいことだし、リーグ戦後半戦は原監督の選手器用や采配の冴えもあって優勝した素晴らしい監督だと思うのですが、ここで勝てないのも原さんらしいかな。。。WBC大丈夫かな?負けたときにいろいろと叩かれると可哀想かな。。。

西武ファンの皆さんおめでとうございます!!でも、知り合いで西武ファンの人って居たかなぁ。。。

この優勝で、ジャイアンツの上原がメジャー挑戦へ。ドラゴンズ川上は。。。メジャー挑戦か国内FAで迷ってるって・・・オイッ!!

明日からはストーブリーグに注目ですね。我が家も今日、暖房器具を出しましたよ~。

本日分の投稿は深夜になります。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 8日 (土)

ウェルシュ今回は?

今日はイナズマチーターが出遅れながら4着に粘り込み。結構気分がいいですが、レース前に『+22㌔』を見て、自信倍増。結構馬券を買ってしまいました。勝ってたら偉いことになるくらい(笑)3着でも結構いけたのになぁ~残念な4着でしたが次走は期待できそう。

明日はローレルウェルシュの登場です。

ローレルウェルシュ
9日(日)京都10R 渡月橋S 3歳上1600万下(混) D1400㍍
【発走15:10】
渡辺薫彦57.0㌔

競馬ブック 
  印 …〔…………………〕
スタッフ…〔………………………〕
速いが詰め甘い

中京スポーツ
印…〔……………………〕
TM〔………………………〕
上位人気
⑬タガノマーシャル
⑧オネストジョン
⑭ビクトリーテツニー
◎連対確率65%
好調教馬
⑬タガノマーシャル
③ハーベストシーズン
⑦マジックボンバー
距離適正
⑧オネストジョン
⑩ミスターモナルコス
⑮ヤマカツブライアン
前走内容
⑬タガノマーシャル
⑧オネストジョン
⑨サンワードラン
コース
⑨サンワードラン
⑧オネストジョン
③ハーベストシーズン

↓藤原助手のコメント『ひと叩きして良くなっているが、この距離は微妙』

状態採点 6点 叩かれて馬体良化
(7点3頭 6点12頭)

調教
5日・栗坂良1本・単走・助手・4F55.2-39.8-26.0-13.0(一杯)

梅内調教師のコメント『距離が微妙だけど、太目が抜けて具合は良くなっているし、何とか頑張って欲しい』

★★★どの新聞も印なし。。。誰も期待していません。
気が付けば今週はイナズマチーターとローレルウェルシュが同じ京都D1400㍍を使っているんですよね。。。今日の2歳牝馬未勝利戦の勝ち時計が1分25秒4。かなり速いですよね。ウェルシュの前走が良馬場とは言え1分27秒4ですから。。。ウェルシュが遅いといえばそれまでなんですけど。。。この速い馬場がウェルシュに味方してくれないだろうか。。。
距離はやっぱり長過ぎますよね。。。1200㍍でも長いんじゃないか?ってくらいですから。それから京都のダートは前が残れないレースが多いのでそこも苦しいところです。ここも無事に走り切ってもらって、中1週でD1200㍍or中山のD1200㍍へ駒を進めて欲しいです。
期待薄ですが、あえて期待を高めるジンクスを探すとしたら・・・乗り替わりです。ウェルシュの4勝のうち3勝が初騎乗の騎手で獲得したもの。初騎乗の騎手でレースに出た場合の成績は[3・0・0・2]で、着外の1回も5着(デビュー戦の熊沢騎手)ということで、非常に成績がいいです。
ウェルシュは走っている時の頭が非常に低く、騎手は前に振り落とされそうになるということで、1回乗った騎手は『次は乗りたくない・・・』と思うようです。
そんな難しい馬ですので、初騎乗のよく判っていない人に乗ってもらったときの方がイイのかもしれません。
馬券の方は今晩のうちに少しだけ買っておこうと思います。(明日は忙しいので・・・)
それから、今現在(21:40)ウェルシュの前売りオッズが4.8倍。誰か思いっきりぶち込みましたね?勝負運のある方の“ブッ込み”と見て、ウェルシュの結果も期待しようと思います。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年11月 7日 (金)

チーター復帰戦

今週は2頭が出走。明日は我がファミリーの先陣を切ってイナズマチーターが出陣。出資者が少ない仔ですが楽しみにしております。

イナズマチーター
8日(土)京都1R 2歳未勝利(牝) D1400㍍
【発走10:05】
☆浜中俊53.0㌔
競馬ブック 
  印 …〔…△…△………〕
スタッフ…〔…………△…………〕
攻め丹念だが
ダート…―
血統 …△
距離 …―
前走 …―
調教 …△
実績 …―
コンピュータ分析…―

田代助手のコメント『ガサがないので非力。さすがに今の坂路では動けないが体は少し増えている』
調教状態【仕上がり良好】
予想オッズ19.8倍(6番人気)

中京スポーツ
印…〔………▲…………〕
上位人気
⑥サンデーローズ
⑩ラストダンス
②アリデット
好調教馬
②アリデット
⑤グランプリチェリー
⑩ラストダンス
距離適正
⑥サンデーローズ
②アリデット
⑩ラストダンス
前走内容
⑤グランプリチェリー
⑥サンデーローズ
⑩ラストダンス

状態採点 6点 乗込十分で仕上がる
(7点2頭 6点6頭 5点2頭)

調教
2日・栗良1本・助手・4F59.3-42.2-26.6-13.4(馬ナリ)
(2歳未勝利・ラヴェリータ・馬ナリの0.3秒遅れ)
5日・栗坂良1本・単走・助手・4F56.1-40.7-26.6-13.2(一杯)

松元調教師のコメント『稽古量は十分だし、前進は見込めるでしょう』

★★★イナズマチーター以外の9頭は休まず使い続けられている組なんですよね。唯一の放牧明けとなるイナズマチーターですが調教状態は一番いいんではないか?と思うような時計です。非力な馬なので芝でもいいんじゃないかな?と思っていたのですが、ダート戦で復帰してきました。距離延長は間違いなくプラスですし、前走は小倉までの輸送に参ってしまったとのことでしたので、この京都競馬場も大幅プラスでしょう。鞍上も浜中騎手ということで強化されていますので、一発もあるんじゃないかと期待しています。
人気の中心は2着経験のある⑤グランプリチェリーと⑥サンデーローズ。それに続くのが3着経験のある②アリデッドと⑩ラストダンス。
⑩ラストダンスはスタートが速そうですけど、それ以外の馬はあんまりテンから行けそうなタイプでもないので、もしかしたらイナズマチーターがスタート2番手辺りにつけるかもしれませんね。
出走馬中一番軽い馬になると思われますので、この少頭数は歓迎。外枠と先行力を生かして揉まれないスムーズな競馬でお願いしたいところ。
大きな舞台でアッと驚かせるのはまだまだ先になるとは思いますが、とりあえず明日のレースでアッと言わせる小さなサプライズを期待しています。

強気にはなれませんが『意外とチャンスあるじゃん!!』って感じですかね。ローレル2歳馬1番星を狙います!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月 6日 (木)

1番人気を裏切る(涙)

体調不良で数日休ませて頂きましたが、今日から復活です。ブログを休んでいた間も仕事は行っていたのですが、家に帰ったらパソコンに向かわずに“すぐに寝る”という生活をしていました。毎日ブログを更新することが日課になっていましたが、書かないとそれはそれでかなり楽だということを再認識することができました(笑)

今日はローレルベルロードのレースを振り返りますが、期待が大きかっただけに書くのが辛いです。。。
ちょっと短くなりそうですけど、まとめてみようと思います。

ローレルベルロード
11月1日(土)福島9R 3歳上500万下 芝2600㍍
☆三浦皇成54.0㌔

3ヶ月ぶりの出走となるローレルベルロードはプラス6㌔の480㌔の馬体重での出走となりました。鞍上も話題の三浦皇成騎手という事で、陣営の期待もファンの期待も相当だったと思います。僕も期待してました。
パドック映像でも落ち着きがあるように映りましたね。現地で見てきた方の情報では眼にも落ち着きが感じられ、非常にいい感じに周回していたようです。馬体も歩様も問題なく、1番人気でありながら2倍を超える単勝オッズは非常においしい数字に映りましたね。
僕は、体調が思わしくなかったと言うことと仕事中だということで、馬券を普段よりやや買い控え傾向にシフト。。。結局これが良かったわけですけど。。。
パドック解説でも『久々になりますが馬体に張りがあって非常に良い身体つきに映ります。うるさいところもないですし、落ち着きがあるのも良い材料だと思います。』と言うことで、好感触。
パドック推奨馬も③ローレルベルロードは1番手に挙げられました。その他⑯ウインボールド、⑫カゼノマイ、⑦ルミノゴールド、⑩エアクラマンが挙げられましたが、ここに挙がった馬は総崩れでしたね。結果から考えると難しいレースだったのかと。。。

レースは五分のスタートから控えること無く馬なりで3番手に着ける序盤。スタートから200㍍付近では⑥スマートスパイラル、⑮シャコーバニラ、⑭インザミストを前に置き、4番手の内側レースを進めることに。1回目のゴール板をいい感じで通過し、2週目の2コーナーでベルロードが外を突いて徐々に前へ進出。向う正面ではスパート?という感じで先頭を走る⑪デスティニーローグのすぐ後ろに付けます。画面を見ている感じではいい感じに見えたんですがねぇ~。。。これがどうやら、鞍上からするとガツンと持ってかれた掛かってしまった状態のようで。。。 残り600㍍の地点では⑪デスティニーローグに追い着きそうだな。。。と余裕のあるように見えたのですが、残り400㍍地点では先頭⑪に離されてしまい、直線ではベルロード自身が全く伸びず。。。8着でゴール。
勝ったのはレース中盤から先頭に立った⑪デスティニーローグ。勝ち時計は2分43秒2。ローレルベルロードは1.1秒遅れた2分44秒3の時計でした。
残念な結果でしたが、休み明けの今回に限り『距離が長かったかなぁ~』といった感じでしょうか?将来的にはもっと長い距離でも活躍して欲しいんですけど、道中に掛かってしまうなどまだまだ幼い感じですね。

三浦皇成騎手のコメント『ペースが落ち着いてしまうとガツンと持って行かれそうになる場面が何度も有りました。能力は間違いなく、上のクラスを目指せる馬です。今日は、すいませんでした。』

鮫島調教師のコメント『現状では2000の方が良かったかな。』

(水曜日の)鮫島調教師のコメント『距離が長かったというよりは、スローペースでの折り合いの問題だろうね。あの前向きさがこの馬の良い所でもあり、悪い所でもあるから。次は1800m~2000mあたりになるでしょう』

次走は中1週か中2週で再び福島の予定のようです。間を詰めて使うとどうしてもテンションが高くなってしまう傾向にある馬ですので、その辺の調整に気をつけて持っていって欲しいです。
僕の気持ちとしては年内に2勝の希望を今も捨てていませんので、何とか頑張って欲しいところです。

さて、ローレルベルロードの活躍は来週以降の楽しみに取っておいて、今週はイナズマチーターとローレルウェルシュが登場。この2頭がローレルクラブに久々の勝利を届けてくれるといいんですが・・・ちょっと難しいかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 4日 (火)

スイマセン

週末に体調を崩し、熱は下がりましたが調子は更に下り坂・・・
体調が戻るまでブログをお休みします。
今日は早く寝ますので、早ければ明日にでも復帰するつもりですけど。。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月 2日 (日)

最強牝馬

今日はいいレースを見させていただきました。
本当に手に汗握り、ついつい声が出てしまう白熱のレースでした。
そうです。
第138回天皇賞。
予定ではローレルベルロードのレース回顧の予定でしたが、こんなに凄いレースを見られるのも滅多にないことであり、天皇賞の話題は絶対今日じゃなければいかんでしょう!!

馬券は結構悩みましたが結局は
◎⑦ダイワスカーレット
○③エアシェイディ
▲⑧ポップロック
△⑨アドマイヤフジ
×⑭ウオッカ
の5頭のボックス馬券で勝負。
⑭ウオッカは武豊騎手で勝てていないことと、外めの枠番ということで、やや評価を落としての印とさせていただきました。今年のダービー馬ディープスカイは現3歳世代はやや弱い世代なのでは・・・という懸念がありここはばっさり。。。
ウオッカとの直接対決で勝ち越しているダイワスカーレットを本命に、東京巧者でこのレースに5頭を送り込む7歳世代を組み合わせての布陣でした。
レースはダイワスカーレットが『速過ぎじゃない??』と、心配させるようなペースでレースを引っ張り直線へ。直線で怒涛の伸びを見せるディープスカイとウオッカ。一旦は差されるも自慢の二段ロケットで差し返すダイワスカーレット。やや遅れて伸びてくる“僕の夢”エアシェイディ、もう1頭忘れちゃいけない“7歳世代”、“雑草魂”カンパニーゴール直前は最強牝馬2頭の一騎打ち。。。
もの凄く長い写真判定でしたね。

結果は僅か2㌢の差でウオッカの勝利。しかも驚きのレコードタイム。馬券は的中こそしましたが、赤字でしたね。でも、それ以上の感動がそこにはありました。
この2頭の対決は年内に再び見ることができるのでしょうか?
エリ女?マイルC?JC?有馬記念?
海外に出ての直接対決も見てみたいかも。。。

しかし、本当にいいレースでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月 1日 (土)

進め!!ベルロード

土曜の夜になってやっと熱が下がってきました。コメントをしてくださった皆さん、返事が遅くなってしまい申し訳ございませんでした。

今日は昨日書けなかった前評判から。。。
福島の裏開催だと、静岡県では新聞もなく情報収集がなかなかできないんですよね。。。幸い午後のレースだとスポニチに馬柱がしっかり載っているので、スポニチを見てチェックさせていただきました。

ローレルベルロード
11月1日(土)福島9R 3歳上500万下 芝2600㍍
【発走14:20】
☆三浦皇成54.0㌔

印…〔◎☆☆◎○◎○◎〕
印…〔☆◎▲…◎○▲△▲〕
専門10紙人気チェック
◎⇒4
○⇒4
▲⇒1
△⇒1
調教状態
⑦ルミノゴールド
③ローレルベルロード
⑩エアクラマン
⑯ウインボールド
⑪ディスティニーローグ
実績
⑯ウインボールド
⑩エアクラマン
⑧サミーデザート
⑤セイカアニマート
⑬ヤマノフェロー
持ち時計
⑩エアクラマン
⑬ヤマノフェロー
⑦ルミノゴールド
⑥スマートスパイラル
⑤セイカアトマーニ
距離適正
⑩エアクラマン
⑬ヤマノフェロー
⑦ルミノゴールド
⑥スマートスパイラル
⑤セイカアトマーニ
馬場適性
⑩エアクラマン
⑫カゼノマイ
⑮シャコーバニラ
⑥スマートスパイラル
⑯ウインボールド

単勝予想オッズ 2.9倍(2番人気)
寸評 いきなり

調教
26日・栗坂重1本・助手・4F57.4-40.9-26.3-13.2(一杯)
(古馬1000万・ケンエンデバー・馬ナリの0.2秒遅れ)
29日・栗CW良・助手・6F80.2-64.9-52.4-39.8-13.1(8分所・強目)
(2歳未勝利・パルクエスト・一杯の外1.9秒先着)

寺井助手のコメント
『フレッシュな方がいいタイプ。久々だが時計は出ているし、後は息さえ持てば』

多頭数だが、未勝利馬も多いだけに狙いはかなり絞れそう。三浦騎手騎乗のローレルベルロードが素質的に一歩リードしている。現級での実績は休養前の7着だけだが、未勝利時にはハイレベルなメンバーで接戦の連続。軌道に乗ればポンポンと出世できそうな逸材だ。

★★★もう結果も分かっているのですが、かなり高い評価であったので期待していたんですけどねぇ・・・コメントにあるように軌道に乗ればポンポンと出世してほしい愛馬です。今までは2000㍍を中心に使われてきましたが、いつも『距離が延びても大丈夫』とコメントを頂いているので、ここも期待でしてけど。。。
あんまり書くとレース回顧が書けなくなってしまうので今日はこの辺で。。。

では、天皇賞現時点予想を
◎⑦ダイワスカーレット
○エアシェイディー
最終予想は、日曜日の昼までに追記でアップします!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »