« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月30日 (火)

チーター甲山特別に登場

0906301 今日(6月30日(火))は当ブログにトラブル発生・・・

~ココログHPより~
◇障害日時
2009年06月30日(火)13:38~2009年07月01日(水)11:45

ということで、投稿ができずにご迷惑をお掛けしました。。。ということで、1日遡りますがイナズマチーターのレース前の評判を書こうと思います。

イナズマチーター
7月1日(水)園田10R甲山特別 3歳(交)D1400㍍
15:20発走
木村健(兵庫)54.0㌔

中京スポーツ
印…〔…▲…△〕
明石氏の印
◎⑦エターナルメモリー(園田・碇)
○⑥リラックススマイル(栗東・橋口)
▲⑧ミスカンナ(西脇・森沢)
△⑤アスタージャッジ(栗東・南井)
△⑪リッピアピンク(栗東・佐藤正)
デスクの印
◎⑥リラックススマイル(栗東・橋口)
○⑦エターナルメモリー(園田・碇)
▲②イナズマチーター(栗東・松元)
△⑤アスタージャッジ(栗東・南井)
△⑩バンブーマドリー(園田・渡辺)
村尾氏の印
◎⑤アスタージャッジ(栗東・南井)
○⑧ミスカンナ(西脇・森沢)
▲⑥リラックススマイル(栗東・橋口)
△⑦エターナルメモリー(園田・碇)
△⑩バンブーマドリー(園田・渡辺)
本紙瀬藤氏の印
◎⑥リラックススマイル(栗東・橋口)
○⑤アスタージャッジ(栗東・南井)
▲⑦エターナルメモリー(園田・碇)
△②イナズマチーター(栗東・松元)
△⑧ミスカンナ(西脇・森沢)
★★★厩舎スタッフ等のコメントも無いので各スタッフの予想を並べてみました。
前走5着で、以前にJRA未勝利戦3着の経験もある⑥リラックススマイルと5戦4勝(2着1回)の地元馬⑧ミスカンナが人気を分け合うと思いましたが、意外と印が分かれました。そして、⑧ミスカンナの印が薄いなぁ~って思いました。
②イナズマチーターは持ち時計がメンバー中最高ですので、そこそこ人気するかなぁ~と思っていましたが、印的には5番手。。。もうちょっと強いでしょう。。。と思っていますが、調教もかなり悪いので強気にはなれません。
明日は、スカパー255ch.でテレビ観戦。勝って欲しいなぁ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月29日 (月)

090625三重ホースTC訪問記③

さて、再び三重ホースTCレポートを。
クオンは前走(2週間前)後、左前球節に軽い腫れが確認され、連闘予定でしたが三重ホースTCへ放牧に出されました。

0906291 見学に行った日はまだ、大事をとって運動を休んでいる期間。
『天候にもよるけど、今週末くらいから動かそうと思っています』
とのこと。。。とりあえず、長引く怪我ではなかったので安心しました。
大きな怪我ではなかったので、どのくらいで戻る計画なのかを聞きました。。。(新潟が得意ですので、そこに戻ってきてくれることを期待していますが。。。)
『大橋先生からは短期放牧という話は無いよ~。夏はこっちに居るんじゃないかなぁ~』
と、いう話でした。
大橋先生はこまめに三重ホースTCにも見に来られるようですし、クオンの状態が良くなれば予定を前倒しして、戻してくれる先生ですのでクオンの回復力に期待します。

0906292 クオンは洗い場で手入れをされた後、右前球節に湿布が塗られました。見た目にも殆ど腫れの状態が分からないほどに回復。。。この湿布は大事をとってということのようです。

この日は運動も無いのでそのまま馬房でお休み。。。相変わらず愛想のいい馬なので、すぐに外に面した窓から顔を出してくれました。
クオンと対面したら必ずやる“舌ベロ掴み”対決。。。今回も楽しみにしていたのですが・・・この日は2回~3回『ペロン』と、出しただけであまり乗ってくれませんでした。
スタッフさんに
『クオンに活気が無くなったというか・・・大人しくなりましたね』
と聞くと、
『大人になったんじゃないですか?元気はありますから』
ということで、やんちゃ坊主な一面は少し無くなり、大人の馬になりつつあるのかなぁ~って感じです。
0906293 しかし、
『クオンちゃん、ベェ~』
と言うと、反応して下ベロを出しますので、可愛さは相変わらずでした。
その後も観察していると、全体的に動きがスローで、運動もしない日々が2週間続いているのですが、リラックスした日々を楽しんでいる感じでした。
『動かし始めたら、すぐにピリッとなるので安心してください』
と、言われました。
この前の中京競馬場でも心配していたとおり、現在の戦績ではそろそろ肩を叩かれてもおかしくない状態です。。。最近はゲートの出も悪くなりつつあるので、そこら辺のことも話をしました。

0906294 大橋先生の計画通り進んでいくとすると、8月下旬の入厩⇒函館開催代替の9月新潟で復帰・・・といった感じでしょうけど、個人的には7月いっぱいはゆっくりしてもらって、8月9日(日)の新潟競馬で復帰してくれたら最高だなぁ~なんて思っています。ここで新潟に出張に出るので、見に行けるんで・・・9R2200 (芝)萬代橋特別と、12R1800(ダ)と、両方ありますので何とかそこに・・・。得意の新潟ロング開催を生かして欲しいです。
頑張れクオン!

ということで、三重ホースTC訪問記は以上で終了です。。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年6月28日 (日)

イナズマチーター交流戦へ

今日もだるい・・・瞼もピクピク。。。年齢的なものか、疲れが取れにくくなっております。
そして、両足のアキレス腱を傷めてしまい、病院通いとなってしまいました。。。
さて、今日は三重ホースTC訪問記をお休みして、愛馬出走情報を。。。

イナズマチーター
7月1日(水)園田10R 甲山特別(交)D1400㍍
(発走15:20)
木村健(園田)54.0㌔

3日後のレースですが、既に枠番が決定し、発表されました。イナズマチーターは2枠2番です(11頭立て)
メインが重賞競走ということで、甲山特別はその直前のレースということで、未勝利クラスながら準メイン扱いとなります。
メンバー構成はJRAの馬がイナズマチーターを含め6頭。地元兵庫の馬が5頭です。地方馬のレベルは分からないのですが、2勝馬が2頭と4勝馬が2頭。そして、5勝馬が1頭。5勝を挙げている⑧ミスカンナ(父エイシンワシントン)は6戦5勝2着1回。。。と連対率100%。時計も常にコースの勝馬平均タイムを上回っており、間違いなく強敵・・・注意が必要です。
JRAからは②イナズマチーター、④バイオレットコイン、⑤アスタージャッジ、⑥リラックススマイル、⑨ニホンピロボレー、⑪リッピアピンク・・・成績は芳しくない馬ばかり。⑥リラックススマイルが前走芝ではありますが、5着と好走。それから⑪リッピアピンクも前走交流5着と3走前に3着と、目に付く成績が。。。
時計的には②イナズマチーターが有利であり、調整がうまくいき、力を出し切ることが出来れば勝つことも可能でしょう。。。

さて、天気も悪くなりそうでうまく先行できれば先頭でそのままゴール・・・って可能性もあると思っています。
園田競馬はスカパー255Ch.で無料放送されているので、テレビ観戦可能。期待を込めて観戦したいと思います。
園田競馬の予想印って何処かで見られますかね?知っていたら教えてください。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月27日 (土)

090625三重ホースTC訪問記②

今日はヤマハスタジアムへ行ってきました。磐田vs柏。。。2度のリードを守りきれず、、、ホームで下位チームに痛い敗戦。。。イ・グノ選手がパリSGへの移籍が決まり、どんな試合をしてくれるのか・・・楽しみ半分&不安半分でしたが・・・これから苦しい戦いが続きそうな予感。厳しい試合が続きそうですが僕も頑張って応援し続けます。

では、先延ばしになっていた三重ホースTC訪問記を書いていきます。

前走20日(土)の翌日である日曜日に三重ホースTCへ移動しました。
0906271 この日も軽く走るということで、その様子を見せてもらいました。
この日の運動はWM30分と軽めのキャンターで1500㍍。
矢作先生からは『小倉で走らすから緩めないように・・・』と指示があったとのこと。それから、『阪神の最終週はちょっと厳しいだろうから』というコメントもあったらしいので、本当に小倉がはじまってすぐに戻ってくるんでしょうね。。。
しかし、疲れが少し残っておりトモに少々の張りがあったという事で、この日はまだ、軽い調教となりました。

0906272鞍をつけているインペリオーソは以前と同じように大人しく人に対して従順なんですが、以前と違ってやや活気が出た感じ。『今から調教だよ』っていうことが分かっていて(以前よりも)気合が入っている感じでした。
馬場に入ってきたインペリオーソはダクで1周。。。疝痛明けで見た3月の運動よりも重苦しさがありません。馬格もあるので非常に見栄えがします。

0906273 軽いキャンターは単走。非常にゆっくりではありますが素軽さも出ていい感じで走っています。性格が性格なんで、キャンター中にいたずらをしたり、気の悪さを見せる事無く、鞍上の指示通りに動いていましたよ。

調教を終えたインペリオーソは息を切らす事無くケロッとしていました。(まぁ軽い調教でしたから)

調教を終えたあとは、『今日のお勤めは終了』ということで自分の馬房へ。
表情が以前に比べて明るくなった感じ。とりあえず体調はいいのでしょう。
相変わらず大人しいので、頭を撫でてやってもじゃれてきたりしません。本当にぬいぐるみのよう。。。1時間でも2時間でも撫でていられそうです。
3月にはくっきり出ていた鼻先の一部白い部分が黒くなってきて、薄くなっていました。

0906274 インペリオーソについてスタッフさんに話を聞くと聞くと・・・第一声が
『頭絡の色が以前は皮の色だったけど、今回は赤で戻ってきたんですよね。。。前の方が格好良かったですよねぇ(笑)』
。。。確かに。頭絡はトレセンでつけられ、そのまんま戻ってくるらしい。これは仕方が無いですが、インペリの毛色にはもう少し落ち着いた色頭絡の方が合いますね(笑)
疝痛については、今のところ落ち着いているようですが、どうやらこのインペリオーソ・・・こう見えてかなりの神経質らしく、疝痛も精神的なものだったらしいです。狭いところが苦手らしく、ゲートも前の扉が開いていればスーッと通り抜けることは出来るのですが、扉が閉まっていると取り乱すのだとか・・・そして、馬運車も苦手。。。体が大きい馬なので狭いところが余計に狭く感じられるのでしょう。
それから、“食べ過ぎ”だと言われていた食欲について聞いてみると、5回にわたる“苦手な”ゲート試験。プラス、ゲート練習でかなり精神的に追い詰められ、追い切りでは、結構早い時計でビシビシ追われ続けていたので、疲れが溜まっていたようですね。食欲も減退していたとのこと。。。それでも、食べる量は半端ではないらしいですけど。。。疲れによりガツガツ食べるのではなく、かなりの時間を掛けて完食するようになっているとのこと。

そして、社長さんからは
『(未勝利戦終了までの)時間も無いですから、次は勝たせられるようにきっちり調整しときますから』
と、力強い言葉をいただきました。
社長さんも“インペリオーソの能力”を認めていますので、次走に期待してみましょう!

ということで、インペリオーソ編はここまで。。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年6月26日 (金)

インペリオーソ5番人気だったけど。。。

0906261 今日は三重ホースTCの前にインペリオーソのレースを振り返ろうと思います。

この日(20日)はラグビーの大会がありまして、レースを見たのは2日後。。。少しだけ、三重ホースで聞いた内容も加えて書こうと思います。

デビュー初戦は一瞬だけ追走する気合を見せたもののあまり見所の無いまま終わった戦いでした。
それから3週間。調教ではいい動きを見せ、ひと叩きされて状態は上向き。期待は高まります。

インペリオーソ
20日(土)阪神2R 3歳未勝利(混)・D1200㍍
小林慎一郎56.0㌔
前走と変わらない562㌔で登場したインペリオーソ。6月10日の矢作厩舎オフィシャルブログで助手の渋田さんが『ただ…あいかわらずインペリオーソは食べ過ぎ』というコメントがありましたので、馬体重の心配はしていましたが・・・結構走っていた割には体重が落ちませんでしたね。頼もしいといえば、頼もしいですが・・・
テレビで見た感じでは場体は以前より引き締まった感じはしますがまだまだ気合不足。のんびりした気持ちが前面に出ている感じでした。前走よりは良くなっていますがね。
この日のパドック解説は競馬評論家の小牧隆之さん。小牧さんのインペリ評は『こちらの方は1回使われて素軽い感じは出てきました。』
それから、『インペリオーソは馬っプリがいいですね。前回よりは歩きに重さがなくなりましたね。』
ということで、予想通り馬体重に食いついてくれました。
小牧隆之さんのパドック推奨馬は⑮ジョーシンドバッド⑨メイショウフレアー③ファンドリカップ⑬インペリオーソ⑯サンライズゴールドの5頭。インペリオーソが入りましたね。このレースの5番人気(25.7倍)ということで、手ごろな穴馬でしたからね。

本馬場入場ではしっかりとした足取りで返し馬をするインペリオーソ。多少素軽さも出てきた様な感じでしたね。

レースは、いきなりの出遅れ・・・気合が空回りで出遅れたのではなく、ボーっとしていて出遅れた感じ。。。人馬共にお人好しですからね。。。それがお互いのいいところでもあるんですけどね。
そのあとは・・・ガリガリ押して前に出すことも無く、後方2番手となりました。小林慎ちゃんじゃあガリガリ前に出すこともちょっと無いかなぁ~
砂を被ることを嫌がったようで、インペリオーソも前を追走する気迫を削がれましたし、コーナーでは外を回されるちぐはぐなレース。。。そして、最後の直線では内側に突っ込んで追走。。。しかし、前を差し切るスピード差も無く、ポジションもかなり後ろだったこともあり健闘虚しく12着でゴール。。。直線で3頭抜きましたね。
勝ったのは2番人気の③ファンドリカップで勝ち時計は1分13秒2。インペリオーソは2秒3離された1分15秒5。。。上がり3Fの推定タイムは37.5秒と、ややいいところを見せました。

ハロンタイム
12.5-11.6-12.1-12.5-11.7-12.8
・・・タイムも平凡でしたね。
このレベルのレースならもうちょっと頑張って欲しかったですね。

小林慎一郎騎手のコメント『出遅れて位置取りが悪くなり、前の馬に内に入ってこられて走りのリズムが狂ってしまいました。道中は外に逃げ気味で、大分外を走ってしまいました。最後は良い脚で伸びてくれていますが、もう少しレース慣れが必要ですね。それでも、いつでも一変できるものは持っていると思います』

6/24 レース後も脚元等に異常はないが、21日(日)に三重ホースへ移動。出馬投票の状況を見ながらだが、次走は小倉開催になる可能性が高い。
矢作調教師のコメント『調教の動きが変わってきたから、レースでも変わってくれると思っていたんだが…。あのゲートの出では厳しいね。出走間隔を調整すると小倉開催になると思うので、小倉なら1700m戦に向かってみましょう』

矢作厩舎オフィシャルブログでは矢作先生がインペリオーソについて以下のようにコメントされていました。

ゴーアップドラゴン(←これはインペリオーソの間違い)は期待通りの前進。
相変わらず馬込みで砂を被るのが苦手だが
外に出すと伸びてくる。
もう少し慣れてくれば
初勝利はそう遠くない。

最後の1行。。。『初勝利はそう遠くない』のフレーズはよく覚えておきますよ~お願いしますね。。。矢作先生!!

さて、三重ホースで会ったインペリオーソですが・・・気持ちは前向きになってきたものの、5回にわたるゲート試験。プラス、ゲート練習でかなり精神的に追い詰められ、合格後はびしびし追われ続けていたので、疲れが溜まっていたようですね。三重ホース社長の伊藤さんの話では、ややトモが張っていて、食欲も減退していたとのこと。。。インペリオーソが疲れで食事が咽を通らないなんて・・・相当疲れたと思われます。
伊藤さんは『芝でのレースを見てみたいなぁ~』と、コメントしてくれました。

今日はここまで。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月25日 (木)

090625三重ホースTC訪問記①

緊急情報。。。
ゴールドロザリーが本日入厩しました。
早期デビューが期待できる仔ですから楽しみです。今日はゴールドロザリーの居た信楽牧場も行こうかと思っていましたが、躊躇して良かったです。

今日は、三重ホースTCへ行ってきました。天気も良かったし、久々の休日を楽しめました。

本日は写真中心の投稿で。。。

0906251

①手入れをされているクオン

0906252

・・

②クオンの左前脚には湿布が。。。

0906253

・・

③前の写真ではなく、今日の写真です。(クオン)

0906254

④WMへ向かうインペリオーソ

0906255

⑤調教中のインペリオーソ

0906256

⑥疝痛も無くいい顔しています。頑張れよ~インペリ!

明日から三重ホースTC情報を詳しく書きまぁ~す!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年6月24日 (水)

ローレル愛馬情報6/24

最近はユニオンの話が多い当ブログ。愛馬の数も勝ち星もローレルの方が多いんですけどね。。。ここを見に来てくれる方もユニオンの方が多いんじゃないだろうか・・・と思う今日この頃。。。どうなんでしょう?ローレルクラブ会員の方応援よろしくお願いします!!(って何を応援するの?)

今日は、明日の三重ホースTC遠征に備え仕事をバリバリこなしました。その結果・・・帰りがやや遅くなりましたので(明日も出発が早いし・・・)、インペリオーソのレースについての記事は明日か?それとももう少し先?過去の話題なのでそれほど閲覧者も多くならないとは思いますけど、記録として書き留めておきたいので何れ書きます。と言うことで、今日は『頑張れローレル』(←自分の中で)の気持ちを込めてローレル愛馬情報を急遽差し込むことにしました。

ローレルベルロード(4歳・牡)
(ナリタトップロード×ベルガール)
6/19 この中間はWM・ダク・トラックコースでのキャンター2400m・坂路1本をハロン20~17秒ペースの調教メニューを順調に消化しています。
鮫島調教師のコメント『調教のやり過ぎにならないよう、余力残しの状態をキープしていきます』
★★★早々に鮫島先生からコメントをいただけているので、復帰は早いのかな?って、ちょっと期待しているんですけどね。。。そう思わせながら結構ずるずると放牧期間が延びちゃいますからね。。。油断禁物。

ローレルボス(3歳・牡)
(レギュラーメンバー×ホシノテンビー)
6/24 この中間も変わりなく順調に調整されており、本日追い切られました。
24日・栗CW重・松山・6F85.2-69.4-54.3-39.9-12.3(7分所・一杯)
(3歳未勝利・マルブツロック・一杯の内0.4秒遅れ)
★★★終い重点で追われ、しっかりと反応したようですね。でも、全体の時計はまだまだ。。。このまま追い切りを続けても脚が悪くならなければいいです。

イナズマチーター
6/24 7月1日(水)園田競馬・甲山特別(交)D1400mに木村健(園田)で出走を予定していま
す。
この中間も変わりなく順調に調整されており、本日追い切られました。
24日・栗CW不・助手・4F51.9-39.0-13.1(8分所・一杯)
(3歳未勝利・ゴーイングウェル・馬ナリの外0.2秒遅れ)
★★★時計が詰まってきません。心配です。今日の笠松交流レース(槍ヶ岳賞)は出なくて良かった。。。多分負けていたでしょう。勝ったのは加用厩舎のファッショナブル。これには敵わなかったと思います。
園田競馬の甲山特別へ選出されたようです。相手関係はさっぱり分かりませんが、まずはイナズマチーター自身が調子を上げてレースに臨んでほしいと思います。

ローレルクラシック(2歳・牡)
(スペシャルウィーク×キョウワホウセキ)
6/23 この中間も変わりなく順調に屋内ダートコースでキャンター3000mを20-20・週1回17-17の調教メニューを消化しています。
小野氏のコメント『一度、コースの直線部分で15秒ぐらいのペースまでスピードを上げてみましたが、まだ馬自身が何をしているのかを分かっていない様な感じでした。これから身体の成長と共に徐々に教えて行きましょう』
★★★まだまだ幼いのかな?心身ともに幼くても15-15くらいまで持っていけるのだから身体能力は高いのでしょう。ダービーに間に合うようには成長して欲しいなぁ~

ミンナノアイドル(2歳・牝)
(オグリキャップ×グレイスクイン)
6.23 この中間も変わりなく順調にウッドチップコースでキャンター2500mの調教メニューを順調に消化しています。体重478kg 体高164cm 胸囲186cm 管囲20.0cm
★★★先週と変わらず。。。何かコメントがあると嬉しいです。

ローレルイグザルト(2歳・牡)
(フレンチデピュティ×アサカプティット)
6/23 この中間はBTC内の色々なコースを利用して合計3000mのキャンター調教を行っています。
小野氏のコメント『中間に1600mダートトラックで15-15まで進めて調教を行っています。池添師も視察に訪れて、現状の出来に満足しておられました』
★★★池添先生が見に来てくれたことはプラスですね。JRAホームページを見ると池添厩舎に入厩済の2歳馬が10頭。結構多いです。放牧に出ている馬も居たりで、在厩馬は5頭。3歳馬を含め、管理馬が結構多いので、池添厩舎の2歳枠は今のところいっぱいかな?3歳未勝利馬の動向が決まったあたりにはスッと入厩したいですね。

さて、明日は牧場見学。。。気をつけて行ってきます!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月23日 (火)

ユニオン愛馬情報6/23

『週は替われど我が仕事楽にならず・・・』
週末の三重出張はレフリーを2本こなすなど肉体的にも応えているので、その疲れが2日たった今日も体からはなれず。。。だるい一日を送りました。仕事も先週から続いている問題が片付かず。。。とりあえず明日は頑張ります。

そして、今日はユニオン愛馬情報。いつもは水曜日か木曜日にやることが多いのですが、在厩馬が居なくなってしまったので、火曜日でも可能に。。。ということで、Let's Go!

クオン(5歳・牡)
(トロットスター×ファーストステップ)
6/18 本日、三重ホースへ移動。
6/23 左前球節の腫れは徐々に引いてきており、今週中に再度獣医師の診察を受けてから、運動を開始する予定。
担当者さんコメント『患部も良くなってきていますし、体調面では特に気になるところはありません。脚元の状態を慎重に確認しながら、少しずつ進めていきたいと思います』
★★★脚の腫れも殆ど問題ないようですが、もう少しお休みを入れるようです。体調は良いみたいなので、何とか短期で戻れるように。。。

エルクラシコ(3歳・牡)
(ナリタトップロード×フレスコ)
6/23 BTCの屋内ダートコースと直線ダートコース(1600m)を使い、ハロン20~22秒のキャンターを3000mほど乗り、両前肢の様子を見ている。右前肢の張りは引き続き感じるものの、浅屈腱炎を発症していた左前肢は大分スッキリしてきた印象を受ける。今後も獣医師の診断を仰ぎながら調教メニューを検討していく予定。
★★★前脚にやや不安が出たものの、負担を少し軽くして調教を続けているようですね。このタイミングで無理にペースを上げて壊してしまっては何にもならないんで、軽目を長く乗って体力増強をしていきましょう。

インペリオーソ(3歳・牡)
(プリサイスエンド×ピアノレッスン)
★★★ユニオンHPに情報はありませんが、JRAHPでは既に放牧になっています。おそらく三重ホースでしょう。。。

今週は週末の出張の分を1日だけ振り替えで休ませてもらえるということで、木曜日に休みを戴きました。仕事は大丈夫だろうか?だから明日1日頑張らなければ・・・。そして、木曜日は三重ホースに見学を予定(疲れて文句を言っているなら、休めばいいのに!!)
クオンに会いに行ってきます。もしかしたらインペリオーソもいるのかな?

と、いうことで、牧場見学レポートを楽しみにしていてください!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月22日 (月)

ユニオンセレクトツアー2009

今日も思うように時間がとれず。。。明日と明後日に賭けます。
先週の木曜日分を『ユニオン愛馬情報』として明日更新します。それから、火曜日分と水曜日分の『中京競馬場参戦記』についても、写真を添付し明日完成させたいと思います。
金曜日分の『インペリオーソの前評判』、土曜日分を『インペリオーソのレース回顧』、日曜日分を『ローレル愛馬情報』として、それぞれ明後日に完成させようと思います。

さて、今日はこの話題で行かねばならない理由があります。
ほかの方のHPやブログで、ユニオンセレクトツアーの記事や写真が出ていましたのでチェックしました。
そして、本日セレクトツアー人気ランキングが発表されました。一応、会員専用ページのみでの発表ですので、母名のみ隠させていただきます。
1位・・・P12父タイキシャトル牝
2位・・・P13父ネオユニヴァース牝
3位・・・P23父マヤノトップガン牡
4位・・・P25父アルカセット牡
5位・・・P18父ロックオブジブラルタル牝
6位・・・P39父ネオユニヴァース牝
7位・・・P44父ダンスインザダーク牝
8位・・・P38父ゼンノロブロイ牝
9位・・・P17父フジキセキ牝
9位・・・P26父フジキセキ牡

こんな感じでした。橋本牧場産の安価な牝馬のワンツー。前評判の高かった2頭の牡馬が3位4位。その下には結構高額な馬が居たりして。。。
僕が狙っている馬は総じて人気薄のようですので、ある意味安心か。。。

当ブログ&HPでツアーの感想や映像画像を寄せてくださる方が居ましたら、是非お願いします。
掘り出し物の名馬は居ましたか?

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2009年6月21日 (日)

週明けから普通だと・・・

ただいま帰ってきました。
今週は、忙しい!とか言ってブログが不定期更新となってしまい申し訳ありませんでした。。。週末はインペリオーソは意外と人気になりながら大敗。。。あまりいいこと無かったかな?

週明けから仕事の方が落ち着くといいんだけどなぁ~。。。そうなったら徐々に更新できなかった分のブログを随時更新していきます。

今日は休ませていただきます。。。それでは!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月20日 (土)

ローレル愛馬情報6/20

久々のローレル愛馬情報です。
最近はユニオンの話題が多くて、ローレルクラブの馬に触れることが少ないです。申し訳ございません。
ということで、10日ぶりのローレル愛馬情報となります。

ローレルベルロード(4歳・牡)
(ナリタトップロード×ベルガール)
6/12 宇治田原優駿ステーブルへ10日(水)に移動しました。
担当スタッフさんのコメント『ここに戻ってくるような状態ではないんですけどね…。先生も言ってましたけど、追い切りで気持ち良く走りすぎたんじゃないですかね』
6/19 この中間はWM・ダク・トラックコースでのキャンター2400m・坂路1本をハロン20~17秒ペースの調教メニューを順調に消化しています。
鮫島調教師のコメント『調教のやり過ぎにならないよう、余力残しの状態をキープしていきます』
★★★体調はいいものの使うところが無くて放牧へ。。。希望は小倉の開幕週から滞在で頑張って欲しいところ。夏のうちに2個勝って欲しいです。小倉なら相性もいいしチャンスもあるんじゃないでしょうか?

イナズマチーター(3歳・牝)
(カリズマティック×スエヒロジョウオー)
6/12 明日13日の検疫を経て栗東トレセン・松元茂樹厩舎へ帰厩を予定しており、24(水)の笠松交流戦への申し込みを予定しています。
6/17 帰厩後ここまで変わりなく順調に調整されています。24日の笠松交流競走へ申込みを行ったものの除外となったため、来週の阪神競馬または来週以降の地方交流競走への登録を行う予定です。
14日・栗坂良1本・金折・4F57.9-41.6-27.8-14.9(馬ナリ)
(3歳未勝利・クリニエルドゥオル・馬ナリの0.2秒遅れ)
18日・栗坂良1本・単走・助手・4F53.5-39.7-27.3-14.3(一杯)
(障害未勝利・ブルーラピス・一杯のクビ遅れ)
松元調教師のコメント『少しはフックラして戻せた感じだけど、すぐに減ってしまう馬なので、早目に使ってあげないとね』
★★★24日(水)に出走ならばもらった休みを一日前倒しして応援に行ったかも。。。でも、調教の走りが悪過ぎる。大丈夫だろうか??心配だ。

ローレルボス(3歳・牡)
(レギュラーメンバー×ホシノテンビー)
6/17 この中間も変わりなく順調に調整されており、本日17日(水)ゲート試験に合格しました。週末あたりから徐々に調教のペースを上げて行く予定です。
★★★ゲート試験に無事合格。調教時計は分かりませんが、入厩後はハイペースでデビューへ向かっています。このままトントン拍子でデビュー勝ち・・・なんてうまく行かないかな?

ローレルクラシック(2歳・牡)
(スペシャルウィーク×キョウワホウセキ)
6/16 この中間も変わりなく順調に屋内ダートコースでキャンター3000mを20-20・週1回17-17の調教メニューを消化しています。
小野氏のコメント『併せ馬で、休養のために帰ってきている兄のデイブレイクスベルの胸を借りて調教を行っています』
★★★BTCへの移動は叶いませんでしたが精力的な調教を積んでいるようですね。焦る必要はありませんので、じっくり馬を作ってほしいです。

ミンナノアイドル(2歳・牝)
(オグリキャップ×グレイスクイン)
6/16 この中間はウッドチップコースでキャンター2500mの調教メニューを順調に消化しています。
担当スタッフさんのコメント『少しずつですが、自分から動いていける様になってきています。』
★★★少しだけステップアップ。無事に競走馬になってくれることを期待しています。

ローレルイグザルト(2歳・牡)
(フレンチデピュティ×アサカプティット)
6/16 この中間はBTC内の屋外800mダートコースで軽目のキャンターの調教メニューを消化しています。
小野氏のコメント『移動前にそこそこ時計になる処をやっていましたが、スピードとキレがあって良い感じですね。今年はいつもより少ない育成馬の中でですが、現状うちで一番良い動きをしています』
★★★協和軍団の1番バッター。悪い評価ではないと思うのですが、素晴らしい評価かどうなのか・・・良血馬レイニータよりも動きがいいということならばえばれるのかな?

ということで、今日はここまで。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月19日 (金)

頑張れインペリオーソ

今週はなかなかblogの更新ができずに申し訳ございませんでした。
今日から3日間、三重県に出張です。…と、いうことで、今週分の更新は日曜日になったらササッとやらせてもらいます。

明日はインペリオーソが出走します。印はまったくありませんが、調子も上がり楽しみです…。
掲示板はいけるかな?
少しだけ馬券を買って応援します。

今日はケータイからの投稿なので、この辺で。。。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年6月18日 (木)

ユニオン愛馬情報6/18

ユニオン愛馬情報です。。。
今考えると、この木曜日が一番忙しかったかなぁ~

クオン(5歳・牡)
(トロットスター×ファーストステップ)
6/17 左前の球節に軽い腫れ。
歩様に違和感はなく、念のために撮ったレントゲン検査の結果でも骨には異常はなかった。獣医師からは捻挫であろうとの診断。
レース直後は連闘での出走も検討していたが、大事を取って、リフレッシュ放牧に出ることになった。
明日、三重ホースへ移動する予定。
大橋調教師のコメント『大分芝が荒れていてボコボコしたところがあったからなぁ…。そこで脚を取られて捻ったのかもしれない。幸いひどい症状ではないから、仕切り直しだね』
★★★レースでの消耗が少ないことから連闘が有力だったものの球節の軽い腫れが確認され、三重ホースへ放牧。
一休みして、得意である新潟で一発勝って欲しいですね。

インペリオーソ(3歳・牡)
(プリサイスエンド×ピアノレッスン)
6/17 坂路(計不-39.9-25.6-12.7)一杯に追う
ツルマルダイヤ(三未勝)叩き一杯に0.6秒先着
小林慎一郎騎手騎乗。坂路で併せ馬の追い切り。
後半一杯に追われると、徐々に僚馬との差を広げ、2~3馬身先着。テンをゆっくり入った分、先週ほど全体の時計は出ていないと思われるが、引き続き動きは良好。
今週の阪神(土)ダ1200・混、もしくは阪神(土)ダ1400に出走予定。想定の段階では、どちらのレースでも概ねボーダーライン辺りにはなりそうな状況。
小林慎一郎騎手のコメント『最後までしっかり伸びていましたし、動きは良いですよ。充分上積みはありそうです。楽しみですね』
★★★いい感じで調教時計を詰めてきました。レースの方も期待できそうです。
ポイントはスタートだと思っていました。相変わらず喰い過ぎらしいですけど。。。

エルクラシコ(3歳・牡)
(ナリタトップロード×フレスコ)
6/16 屈腱炎を発症した左前肢がスッキリとしないことに加え、右前肢にやや張りを感じるようになったため、先週末に獣医師の診断を仰いだ。触診と歩様チェックを行ったところ、「エコー検査を行わなくてはいけないほどではないが、念のため慎重に調教を行っていくように」(獣医師)との指示を受けている。
今後もBTCの屋内ダートコースと直線ダートコース(1600m)を使い、長めの距離をじっくりと乗り、患部の様子を見ていく予定。
★★★調教がきつくなって、やや脚への負担も大きくなってきました。とにかく壊れないように慎重にお願いします。

ということで、ここまで!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月17日 (水)

090614中京競馬場参戦記③

昨日の続きです。

向う正面からのスタート。レースは痛恨の出遅れ。。。最後方からのスタート。その後も外を走って1周目の3コーナーへ。外を回されたこともありそのまま最後方。1周目のゴール板前の写真撮影に気合が入ります。。。しかし、、、前のレースでレース中の撮影練習をしておけば良かった~~~。カメラのシャッタースピードをもう少し速くしておけば良かった。。。と反省。正直、失敗しました。次の競馬場遠征ではいい写真が撮れるはず!!
1コーナーへはそのまま最後方で入り、追走開始。向う正面では数頭交わし、いい感じ。しかし、前のペースが上がらない。。。馬群は一団となったが、上がり勝負の気配。。。こうなるとクオンには分が悪い。ちょっと厳しいなぁ~と思いました。クオンのチャンスを探るとしたら・・・最後はバテてでもいいから、捲りまくって直線入り口では先頭に立つといった展開。。。しかし・・・渡辺騎手はそれほど大きなアクションもせずついていく感じ。
3コーナーあたりの勝負どころでペースが上がると、ついていけず後方2番手で直線へ。それなりに伸びている感じはあるものの1頭だけ交わしてゴール。勝ったのは10番人気の⑤ウォーターセレネ。勝ち時計は2分35秒5。クオンは1秒8遅れて2分37秒3(上がり3Fは36.0秒)の14着でゴール。。。人気なりの成績ですが。。。ちょっと残念でした。

渡辺騎手のコメント『もう少し前につけた方が良かったのかなぁ…。勝負所からペースが上がると、この馬なりに伸びてはいるんですが、見劣りしてしまい厳しいですね』

そして・・・今日はこのあとにユニオンスタッフさんにレース後のレクチャーをお願いしておりました。
・・・ということで、中京競馬場の総合インフォメーションへ。
今日、中京競馬場の担当をされていたユニオンスタッフさんは初対面。ペガサス2009パンフレットで顔写真は確認しておりましたが、直接会うと・・・思っていた雰囲気と違うものです。僕もスタッフさんも集合場所に居たのですが、お互いが認識するのに少し時間がかかってしまいました(笑)
あいさつをしてから、今日のレースのこと。。。
もう少し前につけてレースをすすめていくことが(大橋)先生の希望だったようですが・・・前につけられませんでしたね・・・。クオンも前に行こうという気が全然ないらしく、『気持ちの問題でしょうか・・・』という感じもあるようです。道中の追走が楽な長距離戦で最後の直線は、切れる末脚は無いもののバテずに粘れる強みを生かして勝負した勝ったとのことでしたが、思い通りに行かず・・・『全然競馬をしていなかった』ということで、上がりの状態に問題が無ければ連闘で登録馬の少ない香住特別(阪神芝2200㍍)へ登録。出走を目指すとのことでした。(結局、歩様に乱れがあり出走取りやめ)
そして・・・いろいろな条件で走りながら、苦しい成績が続くクオンはまだ使ってもらえるんでしょうか?と、聞いたところ。。。『貴重なトロットスター産駒ということで、大橋先生も少しでも長く走らせてあげたいということで、いろいろと考えてくれているみたいですが・・・いずれ、登録馬が多くなり使い難い状態になったら・・・難しくなると思います。。。』とのことでした。クオンを使い続けてくれる大橋先生には感謝の気持ちでいっぱいです。
では、どんな条件で?
『障害については・・・走りはじめのフォームがクビをグッと低くするので、障害を飛ばすには(騎手にも馬にも)危険が伴いますので、入障の可能性は低いかと・・・平地で頑張ってもらわないと。なんかの拍子でひとつクラスが上がると、逆に苦しくなるかもしれませんね。。。芝もダートも同じような雰囲気の末脚になってしまうので、ダートの方がいいかもしれませんね。。。芝ももう少し試すようですけど』と教えてくれました。
僕も障害は無いだろうと思っていましたが、クラスについては、ひとつ上がっても意外といけるかもしれないなぁ~と思ったりしています。500万下だとマイル以上は芝もダートもスローペースの上がり勝負のレースばかり。1000万下の方が前で引っ張ってくれる馬がいたりするので、展開が嵌るレースがあるのではないかと思っています。どちらにしても、もう少し前につけられる(道中に捲ることのできる)脚が欲しいですね。

それから、2歳馬の話も・・・
ゴールドロザリーはかなりいい感じで調教が進んでいるとのこと。既に入厩の準備も整っており、今週から検疫馬房のキャンセル待ちに登録する方向。今週中は厳しいかもしれないが近々入厩予定。
フライトミッションは無念の疲労骨折。しかし、速い時計でも対応できる能力は実証済み。骨折といっても軽度のことなので、1ヶ月程度の休養で復帰の可能性もあるとのこと。この春で馬が急激に成長し良くなってきたので、この休養で更に成長が促されれば楽しみではないかとのこと。。。元々早いデビューの馬ではないですから良い休養になるかもしれません。

と、いった感じでいろいろとお話を聞かせていただきました。

本当にありがとうございます。

ということで、レース結果は残念でしたが、いろいろと楽しかった今回の中京競馬場。。。でも、そろそろ愛馬の勝利を見たいですね。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月16日 (火)

090614中京競馬場参戦記②

スイマセン。。。ご迷惑をおかけしました。

日曜日は久々に公共の交通機関で中京競馬場に行ってきました。名鉄に乗って行ったのですが・・・中京競馬場前駅に降りると・・・この景色を見たことがない。もしかしたら『中京競馬場』へ電車で来たのは初めてかもしれません。
0906171 到着は15:00頃。メインのCBC賞(のパドック)にギリギリ間に合う時間でした。CBC賞のパドックで写真撮影の練習。。。どこかの掲示板で『カルナバリートを持っています』って、見た事があったような気がしたので、⑤カルナバリートをクオンに見立てて練習をしました。(これが結構役に立ちました)
パドックの周回が終わると、本馬場入場が行われる通用口の確認。そして、再び撮影の練習。。。ここは人が多くて練習も一苦労でした。
CBC賞がはじまると・・・後で考えればレースを見ればよかった・・・と思いましたが、この時間を利用してターフィーショップへ行ってきました。ムスコが目覚まし時計を欲しがっていたので『ファンファーレ』の鳴る時計を探しに行ったのですが、残念ながらありませんでした。自分のポロシャツとムスコ用にぬいぐるみ(小)を購入。。。ゲレイログッズは・・・とりあえず次の機会にしました。

そうこうしていると、11Rの本馬場入場がはじまったので、パドックへ移動。スタンバイ完了です。
パドックでの様子はそれほど歩様に硬さも感じませんでしたし、踏み込みも深く、いい感じに映りました。他の馬との比較でも雰囲気の良さは結構上位だったのではないだろうか。。。と感じました。集中力もありながら多少の余裕も感じましたからね。。。出来は良かったように思います。
0906172 ボロを何回も出していましたね。。。
パドック解説では競馬ライターの古谷剛彦さんが『体つきそのものは状態のいい時と一緒だと思います』とだけおっしゃっていました。。。雑な扱いだなぁ~と思いましたが、クオンのことをよく知らないんだろうな・・・と思いました。そのあとのコメントでも『トロットスター産駒でこの距離はどうかと思いますが・・・』とおっしゃってましたし。。。
因みに古谷さんのパドック推奨馬は⑪スリーサンカリスマ⑩ダークジャケット⑮マイネソシオの3頭。クオンは選ばれないわなぁ~。。。
『停ま~れ~』
の合図で、周回が停まり、渡辺騎手が騎乗。渡辺騎手が乗ってからはクオンは更にリラックス。
0906173 鞍上の渡辺騎手も坂井厩務員も終始笑顔。クオンも笑顔。。。このときはいい雰囲気だと思っていましたが。。。

/

/

それから、本馬場入場。クオンの出てくる場所もしっかりと押さえ、撮影準備も万全。
0906174_2 地下馬道を出てきたクオンは流石に緊張気味。少し気合が入った感じでした。馬場入り口では少し気合が入り過ぎて、外ラチにぶつかりそうになり、後退りをするシーンも。。。鞍上の渡辺騎手もJRAのスタッフの方も苦笑い。。。後ろに馬が控えていたらちょっと危なかったかも。。。それでも無事に馬場へ出て行きました。

馬場では再びリラックスしたのか、得意のクビを下げるフォームで走ったり、止まっている状態から突然、頭を上下に大きく振ったり。。。渡辺騎手と遊んでいましたね。。。途中、渡辺騎手に頭をペシっと殴られて突っ込まれていましたから。。。

そして、スタートの時間。。。ゲートへとクオンも向かいます。

今日はここまで。
次に続く。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月15日 (月)

スイマセン。。。

スイマセン。。。今週は普通の仕事量でいけるはずだったんですが・・・本日、予期せぬトラブルが発生。。。いきなり午前様となってしまいました(涙)

ということで、楽しく中京競馬参戦レポートを書く予定だったのですが、ショートスタイルで。。。

ゴールドロザリーについて
入厩予定が延びておりますが、検疫のキャンセル待ちにゴールドロザリーをエントリーさせる・・・との情報が。もしかしたら今週入厩の可能性も。。。ちょっと期待してください。

フライトミッションについて
疲労骨折ということで、一頓挫。1ヶ月程度の休養で復活できそうな見込み。今までに速い時計も経験できているので、それほど大きな影響はなさそう。成長を促す良い休養になることを期待。

とりあえず、こんなところ。。。

明日も忙しくなるだろうけど、チャンスがあればしっかり書きますのでよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月14日 (日)

090614中京競馬場参戦記①

09061401 今日は中京競馬場へ行ってきました。

クオンの結果は残念でしたけど・・・

とりあえず、撮りたての写真を数枚。。。

09061402

①…パドックに登場したクオン。調子は良さそうでしたが。。。

09061403

②…ボロをいっぱいしてたなぁ~

09061404

③…今日は主戦の渡辺騎手でした。

09061405

④…渡辺騎手も坂井さんも終始笑顔でした。

09061406

⑤…いざ!出陣!!

09061407

⑥…本馬場入場後のクオン。

因みに一番上の写真はレース中のクオンです。ラチが邪魔で全部写ってませんが。。。

レース回顧とその他の情報は後ほど。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年6月13日 (土)

クオン長距離挑戦

今日は名古屋出張。中京競馬場に行くチャンスもあったのですが、メイクデュースのレースに間に合わなくなってしまったので、断念。。。ローレルクラブのハーリカのレースには間に合いそうでしたけど。。。
明日はクオンのレースよりもだいぶ早く中京競馬場に到着予定。。。
クオンの評価はどんなもんでしょう?

クオン
14日(日)中京12R 4歳上500万下・芝2500㍍
(発走16:40)
渡辺薫彦57.0㌔

中京スポーツ
印…〔……………………〕
TM〔………………………〕
波乱含
上位人気
⑧スマートファントム
⑭シゲルアンビシャス
⑥マヤノゴクウ
◎連対確立37%
好調教馬
⑫インテンスブルー
⑦ゼットスピール
⑬タマモランニング
距離適正
⑧スマートファントム
①メイショウリバー
④ウォーターセレネ
前走内容
⑭シゲルアンビシャス
⑮マイネソシオ
⑩ダークジャケット
コース
⑧スマートファントム
①メイショウリバー
⑮マイネソシオ

状態採点 6点(変わりなく順調)
(7点6頭 6点8頭 5点2頭)
調教
5日坂路(56.3-41.0-26.6-13.4)強めに追う
10日坂路(55.6-40.9-26.7-13.1)叩き一杯

気になるコメント
→大橋調教師『道中で置かれることがあるので、追走が楽になるこの距離を使う。芝替わりは問題ないし、うまく流れに乗ればもう少しやれていい。』

予想オッズ69.7倍(15番人気)

★★★叩き4走目。状態は右肩上がりに良くなってきている様に思えます。今回は(僕にとっては)待望の芝長距離戦へ条件を変えての挑戦。不安もあるけど楽しみも大きいです。競馬ブックの一言欄には『嵌れば』の言葉がありましたが、今までの走りを見ていれば嵌る可能性も十分にあると思います。中京での成績はあまりよくありませんし、芝よりもダートの方が良かったですからね。。。そして、大外枠はどうなのか?いろいろと不安要素を考えても関係ないか・・・クオンだから。
相手関係は・・・関係ないでしょう。クオンがこの条件でどう暴れてくれるか・・・前走で掲示板を確保した馬も多いですので、楽はできないと思いますが、チャンスもあるでしょう。
カメラもしっかり持っていきますので、いい写真をいっぱい撮ってこようと思います。
そして、この日のために(?)しっかり散髪してきましたので、クオンとの口取りを達成したいです。
負けても総合インフォメーションに行きますので、クオンの応援に駆けつけてくださる方はひとこと言葉を掛けてください。黒のトートバッグを提げていると思います。それから髭を生やしています。
頑張ってくれ!!クオン!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月12日 (金)

ローレル08産パンフレット到着

昨日のユニオンパンフレットに続いて今日はローレルクラブのパンフレットが届きました。
昨日は、ユニオンからの出資馬が多くなるかも・・・なんて言っていましたが、結局こちらを見たらローレルの馬からも何頭か欲しくなってしまいました。07年産世代は5頭に出資。お金は苦しいのですが、主力放出で若手を衝動買いしてしまいましたからね。。。大丈夫だろうか?08産駒も増えちゃうのかなぁ~。

ローレルクラブで一番気になった追加募集馬はキョウワプラチナの08。血統的にはラヴァーズレーンの08ですけどね。。。
パワー漲る馬体はいい感じです。
そして、当歳からの先行募集馬の中で一番気になっていたのがゴコウの08ですので・・・07産から協和さんの馬ばかりになってきています。この偏りは大丈夫だろうか。。。そんなに気にしていないけど。

それから、ロックオブジブラルタル×フィーユドゥレーヴはいいですね。ちょっと高いけど、興味があります。河内先生の扱い次第か?それからあと2~3頭ほど気になる馬がいます。

さて、また明日から馬券できっちり稼いで、資金を貯めたいですね。。。

明日も名古屋出張。。。中京競馬場に寄ることができたら行ってこようと思います。

日曜日のクオンの口取りは権利が取れました。あとはクオンに頑張ってもらうだけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月11日 (木)

ペガサス23期生パンフ

ユニオンの募集馬が掲載されているDVD付のパンフレットが、本日届きました。
昨年はいろいろとトラブルがあったワケですが、今年はお金を掛けて『速達』での配達となっていました。もの凄く誠意が伝わりました。
DVDは時間があるときに一気に見てしまおうと思っているので、今日のとことはコメントできません。。。

パンフレットの巻頭にユニオンオーナーズクラブ代表の藤原悟郎氏のあいさつがありましたが、『かつてないほどのリーズナブルな価格で・・・』というところに本当に各牧場さんの努力を感じます。
ユニオン自身はソリッドプラチナム(マーメイドS)⇒クーヴェルチュール(キーンランドC)⇒マンハッタンスカイ(福島記念)と、3年連続で重賞勝ちを記録しており、上り調子。現3歳の21期生は勝ち馬頭数を含めちょっと苦しんでいますが、これからの巻き返しがきっとあるでしょう。

パンフレットの中身を見て気になった馬・・・やっぱり比較的高額な馬が良く見えます。。。でも、現実的な価格の中で気になったのはP8ファンタスティックライト×ヒダカゲランですね。百万円台の馬が多い中、この馬は1050万円ですが、リーズナブルですよね。この血統を考えれば。
この馬に引っかかるということは・・・やっぱり長い距離に向きそうな体型が好きなんだろうなぁ~と、改めて感じました。

いろいろなHPの書き込みを見ると今年の募集馬は“低調”との風評ですが、僕はそうでもないと思っています。低価格帯も後押ししていると思いますが、出資候補馬が結構居ます。

もしかすると、初めてローレルでの出資馬よりもユニオン出資馬の数が上回るかも。。。まだローレルクラブのパンフレットが届いていないので、何とも言えませんがこれから数日間パンフレットを眺めながら楽しむ日が続きそうです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年6月10日 (水)

ユニオン愛馬情報6/10

体重が70㌔オーバー・・・なかなか減りません。ということで、本日ダイエットサプリを購入。2ヶ月飲み続ければ痩せるはず・・・とりあえず今日の体重は71.5㌔。5㌔は痩せてみせます!

クオン(5歳・牡)
(トロットスター×ファーストステップ)
6/5 坂路(56.3-41.0-26.6-13.4)強めに追う
6/10 坂路(55.6-40.9-26.7-13.1)叩き一杯 
坂路で単走の追い切り。ラスト1Fで気合を入れ、見せムチで追う。
「叩き一杯」となっているが、前走前同様本馬としては余裕のある動き。後半2Fの時計も本馬としてはまずまず。
中京(日)芝2500・混に出走予定。想定の段階では、フルゲート16頭に対し、優先出走順位が11~19番目となっており、除外の可能性もある。
大橋調教師のコメント『本馬としては上々の動きだったと思う。芝の長距離戦に条件を変えてどんな走りができるか注目しましょう』
★★★今週は午後から中京競馬場に行けそうなんですが・・・除外の可能性もあるとは。。。条件的に新しいチャレンジなので除外にならずにやらせてあげたいですね。時計もまずまずかな。この条件で爆発して欲しい。まずは抽選突破を!

インペリオーソ(3歳・牡)
(プリサイスエンド×ピアノレッスン)
6/6 坂路(60.2-44.9-30.1-15.2)馬ナリ余力
6/10 坂路(52.3-38.7-25.9-13.0)一杯に追う
ツルマルダイヤ(三未勝)バテるに1.0秒先着
坂路で併せ馬の追い切り。僚馬を4~5馬身追走。徐々に差を詰め、1馬身ほど後方につけると、3F目で強めに追い、一気に交わす。最後は僚馬との差ができてしまったため、抑え気味に余力を持ってゴール。やや時計の出やすい馬場状態ではあったが、自己ベストをマークし、最後までしっかりとした脚取り。
一度レースを経験した上積みは大きくありそうだ。追い切り後の状態も問題ないため、今週の出走を検討しているが、想定の段階では2節の本馬は、どのレースも除外の可能性が濃厚。来週以降のレースとなる可能性が高い。
矢作調教師のコメント『良い動きだったね。上積みを充分意識できる状態。できれば、今週の出走でいきたいと思っていますので、投票時までよく吟味したいと思います』
助手さんのコメント『最後で相手がバテていなければ、もっと時計が出ていたと思います。最後は一瞬相手を待った分、余力残しになりましたからね。ハミにモタれることもなく、スッと動けていましたから、2戦目が楽しみですね』
★★★良くなっていますね。我がファミリーとしてはローレルウェルシュに替わる調教大王になる可能性も。これだけ走ることができれば、レースでも行けるのでは?と思います。調教でもスタートの1Fも13.6ですので、スタートにもう少し磨きがかかればダ1000㍍とかでも押し切れるのではないでしょうか?先行有利の地方競馬交流戦も視野に入れてまずひとつ勝たせて欲しいです。

エルクラシコ(3歳・牡)
(ナリタトップロード×フレスコ)
6/9 先週末からBTCの直線ダートコース(1600m)、または屋内ダートコースでハロン20~22秒くらいにペースを上げてキャンターを乗り始めている。やや患部に違和が出ているため、獣医の診断を仰ぎながら、より慎重に調教を行っていきたい。
担当者コメント『手脚が長く大きい馬なので、広いコースでの調教は楽のようで、柔らか味のある走りを見せています。ペースも少しずつ上がっていますし、ここからはより慎重に進めていきたいと思います』
★★★ペースがだいぶ上がり、脚元にやや不安な面が出たみたいですが、これも想定の範囲内でしょう。これまでが順調過ぎましたから。。。今までも、エルクラシコを取り巻くスタッフさんは優秀だと聞いていますので、この不安も乗り越えてくれるでしょう!札幌でビュー・・・いけるかな?

ということで、今日はここまで。2歳馬については後ほど。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 9日 (火)

ローレル愛馬情報6/9

ローレルクラブの2007年産の出資馬が固まってから初めてくらいのローレル愛馬情報になります。
引退馬が出たりで、ガラッとラインナップが変わりましたのでよろしくお願いします。

ローレルベルロード(4歳・牡)
(ナリタトップロード×ベルガール)
6/9 レース後の上がりの状態に特に変わりないものの、京都の宇治田原優駿ステーブルへ水曜日に放牧に出ます。
鮫島調教師のコメント『本当に今回は具合が良かったから期待していたんだけどね。安勝さんが言っているように、先に行かせるとか最後方からとか、極端な競馬をさせてみても良いだろうし、調整方法もあまり馬の気分に任せないなど色々検討する余地があるね』
★★★絶好調宣言も1戦で放牧へ。。。なかなか厩舎へ置いてもらえないですね。調整方法に検討の余地があるなら少しチャレンジしてみて様子を見てくれても良かったかなぁ~って思うんですけどね。また、長期で宇治田原に居て戻ってきた時には今回出てきた反省を忘れて今まで通りの調整法をやってしまう。。。そんな心配をしてしまいます。
能力はあると思うんですが・・・それをしっかり引き出して欲しいと願います。

イナズマチーター(3歳・牝)
(カリズマティック×スエヒロジョウオー)
5/22 イクタトレーニングセンターへ到着後も体を緩めることなくWM・ダク~キャンター2400m・坂路1本の調教メニューを順調に消化しています。
生田氏のコメント『ちょっと細くなって戻って来ましたが、また食わせてフックラさせて行きます』
5/29 この中間も変わりなく順調にWM・ダク~キャンター2400m・坂路1本の調教メニューを消化しています。
6/5 この中間も変わらずWM・ダク~キャンター2400m・坂路1本の調教メニューを順調に消化しています。
★★★こちらはこの前見学に行きましたが、イクタTFでは落ち着いていい感じ。復帰後にどう使ってくれるのか・・・ひとつは勝ってもらわないと。。。

ローレルボス(3歳・牡)
(レギュラーメンバー×ホシノテンビー)
本日9日(火)の検疫を経て栗東トレセン・加用正厩舎へ入厩しています。
★★★ローレル06世代のシンガリで入厩を果たしました。そして、我がファミリーのシンガリ入厩でもあります。
何とか我がファミリーの2歳馬よりも早く入厩できたので良かったです。
脚元に不安が無いわけじゃないですので気をつけながらデビューまで行って欲しいです。

ローレルクラシック(2歳・牡)
(スペシャルウィーク×キョウワホウセキ)
屋内ダートコースでキャンター3000mを20-20・週に1回は17-17の調教メニューを順調に消化しています。馬体重460kg
小野氏のコメント『17-17程度は休まずに乗っていますが、まだ身体が成長している段階なので疲れがきやすい感じです。BTCへの移動は今回は見合わせました』
★★★まずまずいいペースだと思いますが、成長期に入っており馬体のバランスも悪くなっていると聞いていますので、BTCへの移動見合わせは正解だと思います。時計は協和さんでも出せますからね。。。もう少し我慢しましょう。

ミンナノアイドル(2歳・牝)
(オグリキャップ×グレイスクイン)
ウッドチップコースでキャンター2000mの調教メニューを順調に消化しています。
担当スタッフのコメント『もう少し体力が付いて欲しいですね。疲れが出易いのでペースを上げず、このままの調教を続ける予定です』
★★★こちらは我慢承知で見ていますので、じっくりやって欲しいと思います。1回くらい本馬と対面したいなぁ~と思う今日この頃です。

ローレルイグザルト
6/2 この中間も変わりなく順調に屋外ダートコースでキャンター3000mを20-20・週1回15-15の調教メニューを消化しています。馬体重470kg
6/9 先週BTCの滞在馬房へ移動しました。環境に慣らしながら徐々にペースを上げていきます。馬体重470kg
小野氏のコメント『これまではおっとりして鈍臭そうな性格をしていましたが、調教が進むにつれてピリッとした気性が出てきています。BTCではまず環境に慣らした後に調教を進めて行きましょう』
★★★期待の次期エース候補。順調です。BTCの環境に慣れて、一気に時計を出したら・・・早期入厩も期待できそうな馬格の持ち主ですからね。。。秋口入厩では無く秋口デビューに早まってくれると嬉しいです。

ということで、ベルロードが長男になったんですよね。。。そして、2歳馬が3頭も。6頭で1勝しかしていないので、頑張って欲しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 8日 (月)

ジャッジ

ひだぶ~さんからコメントをいただいたので、この話題で。

僕も、ラグビーですけどレフリーの資格を持っています。
レフリーってサッカーもラグビーも難しいんですよね。。。
先日の日本vsウズベキスタンのサッカーの試合は裁く方も難しい試合だったと思います。日本代表はワールドカップ決定がかかった試合。ウズベキスタンとしてはワールドカップ出場への微かな望みをつなぐ試合。タイトな試合になることは明らかでした。

僕も、○○の出場権をかけた大事な1戦を何度か吹いたことはありますが、お金等の賄賂はもらったことはありません。そんな話を持ち掛けられたこともありません。今回の試合もウズベキスタンはシャツキフを欠いた事もあり、劣勢は明らか。仮にウズベキスタン側から賄賂を持ちかけられたとしてもレフリーとしてその要求に答えられることは非常に難しいので、これからのレフリー生命を考えてもこの戦いに賄賂は・・・難しいと思いますね。しかし、ホームウズベキスタンから宿泊先や食事等を含む素晴らしいもてなしはあったかと思います。僕からすると、試合を預かるレフリーに対して敬意を表することは当然だと思っているので、この範囲のことは賄賂でもなんでもなく当たり前だと思っています。

今回の主審はシリアのムフセン・バスマ氏。43歳。年齢的に先も無いので、“賄賂関係”の話は・・・微妙ですが、やっぱり難しいよなぁ~普通はやっぱり受けない。リスクが大き過ぎる。
バスマ氏が普段どんなレベルの試合を吹いているか判りませんが、ちょっとフィットしていなかったですね。
僕が見た感じではかなり神経質になっていた感じが。。。
レフリーって言う仕事は非常に損な仕事です。
『完璧にやって当たり前』
と思われていますので・・・
試合が終わり、両チームから
『レフリーが素晴らしかった』
と言われることは殆どありません。僕なんかも何十試合も公式戦を吹いているけど、片手に収まるくらいしかそんな経験がありません。
ちょっとでも微妙な判定があれば絶対に文句が出ます。人間のやっていることなんでミス(本当はあってはならないですけどね)もあるし、見解の違いで判定がずれることも。。。それを含めて試合だと思っています。
今回の判定は日本に厳しいものになっていたと思います。個人的にその原因を考えるとしたら、『岡田監督』にあったかと思います。
岡田監督は試合序盤からベンチを立て文句を言っている姿が何度かテレビ画面に映りました。周りから文句を言われるほど腹立つこと無いんですよね。。。ベンチとか観客とか・・・『じゃあお前がやってみろよ!』って気になったりするときもあります。(僕は昔は結構そんな気になったなぁ~)
岡田監督の気持ちもわからないではない(生活もかかっているしね)ですが、言っても得することって無いんですよね。(レフリーはそんなことで熱くなってジャッジが偏ってはいけないんですけどそれぞれ人間なんで。。。)

自分はサッカープレー歴と指導歴を含めて、5年くらいしか無いので、長谷部のカードについてやそれぞれの判定についてのコメントはしませんが・・・

試合はレフリー団がチームオブスリー/第4審判を含めたチームオブフォーでやっていますが、基本的には主審がほぼ全権を持って試合を裁きます。アシスタントレフリー(線審)はインカム等でレフリーとコミュニケーションをとりますが主審の見えない部分をサポートする(オフサイドやボールの無いところのラフプレーなど)程度です。あんまり主審以外の人がしゃしゃり出てくると基準が曖昧になり更に変な試合になってしまいます。

ジャッジによって泣かされるチームや選手は可哀想だと思いますが、レフリングを含めた全てが『ゲーム』なんですよね。そう思ってくれる人が増えてくれるとレフリーとしては助かります。レフリーも一生懸命にやってますから。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 7日 (日)

フライトミッション

え~~以前に少しだけ触れましたがユニオンのフライトミッションに出資しました。出資のポイントは・・・大橋先生だからです。それだけ?って思われるかもしれませんが、殆どその理由が占めています。馬もガッチリしていて、脚元もしっかりしているので大橋先生のハードスケジュールにも対応できそうな感じ。血統も母系は秀逸。プレイザフィールド5勝をはじめ、コンスタントに勝ち馬を出している兄弟。いわゆるクズ馬は出さないタイプですね。父アグネスフライトはダービー馬。リーディング首位のアグネスタキオンの全兄にあたります。でも・・・父からは活躍馬が出ていないんですよね。。。そこは心配。この仔自体はあまり早い時期から動くといったイメージではありませんが、中長距離戦で活躍できそうな馬体。嵌れば面白いかなぁ~なんて思ったりもしています。

では、フライトミッションの生い立ちを・・・ダイジェストで。

【愛馬レポート 1月】
軽めキャンターの距離を徐々に延ばし、現在は3000m乗っている。引き続き、速いペースに慣らせるのではなく、基礎体力の強化を念頭に置いて調教を行っている段階。ここにきて馬体の成長が顕著に感じられ、背丈はグッと伸び、馬体は一回りも二回りも大きくなってきたように感じる。トモのボリュームは一段と増し、以前は小柄に感じられていたことが信じられないほど。馬体重は468kgにまで増加している。走りには柔らか味があり、視察に訪れた大橋調教師も「馬がすごく良くなってきた」と驚かれていたほどである。今後は更にキャンターの距離を延ばし、ペースもハロン20秒くらいまで上げていく予定。

【愛馬レポート 2月】
引き続き、基礎体力の強化を念頭に置いて軽めキャンターを3000m乗っている。元々トモにはボリュームがあったが、首から肩に掛けて筋肉が発達してきたことで、前後躯のバランスが良くなってきた。幅も増してきており、乗り込んだ効果が馬体にしっかり表れている。前向きに一生懸命走る姿は好印象だ。また「前躯と後躯のバランスが取れてきたことで、体を上手く使って走れるようになってきた」(場長)というのも頼もしい。今後も更にキャンターの距離を延ばし、まずは基礎をしっかり固めることに専念する。現在の馬体重は472kg(前月比+4kg)。

【愛馬レポート 3月】
ここまで馬体の成長を促すことを目的に、軽めキャンターをじっくり乗り込んできたが、視察に訪れた大橋調教師が「体がグンと大きくなり、良い雰囲気になってきた」と話されているように馬体はグッと良化。全身に良い具合に筋肉が付いてきて、体力もしっかり強化されてきたことから、中旬からは週2回、BTCに通って調教を開始した。現在は、屋内ダートコースや屋内ウッドチップで普通キャンター中心のメニューを行っている。周りに左右されることの少ないどっしりとした気性のため、良くも悪くもマイペースで走りすぎるところがあったが、ペースを上げたことで次第にピリッとしてきたのは良い傾向。今後もBTCで調教を行うことで、心身ともに更に良化を促していく。現在の馬体重は463kg(前月比-9kg)。

【愛馬レポート 4月】
4月上旬にヒダカファームのダートコースで15-15を行ったが、とても初めてとは思えないくらい良い動きを披露。その後も特に問題はないため、中旬からはBTCの屋外ダートコースで長めの距離を乗りながら、週1回は終い3ハロンの15-15を継続している。速めの調教を行うことで、前向きさは増し、馬体の張りも良化。特にトモが発達してきた印象で、元々肉付きは良かったが、最近では筋肉が割れて見えるようになっている。またトモだけでなく胸前もがっちりしてきており、徐々に馬体に実が入ってきた印象だ。視察に訪れた大橋調教師も「馬体は一段と成長してきたし、良い動きをしている」と話されていた。このまま定期的に15-15を行い、しっかりとした息をつくっていく。

今のところ、15-15を入念に乗っているところです。順調に行って秋には入厩⇒年内デビューといきたいところですね。入厩の前に・・・三重ホースか三重大静牧場で調整してもらいたいですね。もちろん時間の隙を狙って応援に行きたいとおもっています。

皆さんもフライトミッションの応援をよろしくお願いします。また、ご一緒という方。これからも一緒に応援していきましょう!!
ということで、新出資馬についての紹介でした。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年6月 6日 (土)

勝ち・・・T

今日は午前中に小包が・・・キリンビールから。。。生涯初の『勝ちT』が当たりました。これは縁起がいい!!絶対にベルロードももらったな。。。って思って高校野球観戦に出掛けました。
高校野球は応援しているチームが逆転サヨナラ負け。馬券は全て外れ。。。そして、迎えた16:40・・・果たしてローレルベルロードは??

ローレルベルロード
6日(土)中京12R 4歳上500万下・芝2000㍍
安藤勝己57.0㌔

今日はローレルベルロードにとってクラス編成前の最後の1戦。勝って降級。500万下を2回勝ちたいだけに大事な1戦でした。フルゲートにはなったものの相手も大した事無く、追い切りの状態からも圧勝を期待したいところ。。。
今回は前走より2㌔増の476㌔での出走。パドック解説時には2.8倍の1番人気を背負っての登場となりました。体重微増、1番人気、名手アンカツが鞍上ということで、かなり期待は高まりました。
パドック映像では・・・かなり気合が入った感じでしたね。僕から見るとちょっと入れ込んでいるようにも見えましたが。。。こういうときはちょっとヤバいんですよね。。。ベルロード。ちぐはぐなレースにならなければいいが。。。まぁ、安藤勝己騎手なら何とかしてくれるかな。。。今日のパドック解説は1馬の田崎泰氏『まぁ非常に気合乗りも早いですしね。切れ、非常に体の張りも良くなってきたんでね。上積みも見込めると思います。』
田崎さんもローレルベルロードの今日の気配が非常によいということで印の順番を変えてまでのベルロード1番手評価。。。本当に良いか?確かに馬体も綺麗に光って見えるし、馬体はいい感じですが、やっぱり気負い過ぎではないだろうか?僕にはそう見えましたが。。。そこが心配でした。
ということで、田崎さんのパドック推奨馬は⑮ローレルベルロード④ベルフリー⑰エーシングレーソロ⑧グッドバニヤン⑬ミッキースターの5頭。僕は半信半疑でした。。。
レースはスタート良く飛び出すもその後は『行くのかな?』という素振は一瞬見せるも、結局無理に前へ付ける事無く、7番手辺り。外目を周回していたのでコーナーワークで更にポジションを落とすも、8番手辺りで向う正面へ。そして・・・ここからがちょっとなぁ~って感じ。ポジションは変わっていないのですが、明らかに前との差が開いてきている。いつもなら、素晴らしい推進力で前との差を詰めてくる残り1000㍍付近でも追走がやっとといった感じで躍動感が感じられない。。。『どうしたんだ?』って、思っているうちに、3コーナーから4コーナーへ。直線入り口では幾分内側にコースを変えていたのですが、既にこの時点で脚色が怪しい。。。前を追いかけようという気迫が感じられない。。。
最後の直線ではやっぱり中途半端。。。『キャンター?』って感じるような、迫力に欠ける追い込み。『さ~らりとした~~う~ご~き~~』って感じでフィニッシュ。勝った⑧グッドバニヤンは1分59秒5の時計で走り切り、⑮ローレルベルロードは1秒7遅れた9着でゴール。上がり3Fも下から数えた方が早い36.5秒。。。がっかりの結果でした。

安藤(勝)騎手のコメント『調教の半分も走れていないね。ハミが抜けてフワッと走っている時の感じは悪くないんだけど、突然ハミを噛んだと思うとフォームがおかしくなったり、チグハグな走り。勝負処で仕掛けてみても反応してくれないし、馬にズルさが出て来たのかな。力があるのは確かだから、思い切ってスタート後に一番後ろまで下げて、ハミを掛けずに追走させてから、直線だけ走らせるような競馬をさせるのも良いかもしれないね』

吉田助手のコメント『前回も具合は良かったけど、今回は正に絶好調の出来でした。『これで勝てなかったら、いつ走るんだ』と思っていたのに…。全く解らないですね…』

鮫島調教師のコメント『体調は良かったけど、ジョッキーが言うようにズルさを覚えて来たのかな。しばらく厩舎で様子を見てから、戦法も含めて次を考えます』

やっぱり気性の問題だったみたいですね。非常に体調が良く陣営の期待も大きかったようですが、残念な結果だったようですね。さて、次はどうするのか?前走後も距離を短くするんだとかダートにしてみるんだとか・・・いろいろと言っていたけど・・・結局同じ条件。そして同じ理由による敗戦。。。もうちょっと何か無かったものか?(僕も今回は行けるのでは?って思っていながらこんな結果になってしまって、文句を言い始めているようで見苦しいですが。。。)まぁ、ローレルベルロードの能力を高く評価してくれた結果のこの条件だと思いたいですけど。。。
さて、次はどうするのかな?もしかして・・・来週連闘?クオンと直接対決?まぁ、それは無いか。。。
勝ちたかった今週。。。うまくいかんなぁ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 5日 (金)

ここが頑張りどころ・・・ベルロード

ローレルベルロード
6日(土)中京12R 4歳上500万下・芝2000㍍
(発走16:40)
安藤勝己57.0㌔

中京スポーツ
印…〔▲◎△△△△…○〕
TM〔△▲▲◎△○◎○◎〕
上位人気
④ベルフリー
①ウォーターセレネ
⑧グッドバニヤン
◎連対確立37%
好調教馬
⑮ローレルベルロード
①ウォーターセレネ
④ベルフリー
距離適正
⑪ラブカーナ
⑰エーシングレーソロ
⑮ローレルベルロード
前走内容
④ベルフリー
①ウォーターセレネ
⑧グッドバニヤン
コース
⑧グッドバニヤン
①ウォーターセレネ
④ベルフリー

状態採点 8点(前走時以上の動き)
(8点1頭 7点4頭 6点10頭 5点3頭)
調教
5月31日・栗坂重1本・単走・助手・4F63.4-45.8-30.5-15.0(馬ナリ)
6月3日・栗CW良・安藤(勝)7F95.3-78.8-64.1-50.4-37.6-12.5(7分所・馬ナリ)
(古馬1600万・ハギノプリンセス・一杯の外クビ遅れ)
鮫島調教師のコメント『良い感じで来ています。安勝さんに乗ってもらえるし、何とかここで結果を出しておきたいね』

予想オッズ9.0倍(5番人気)

直前Vサイン
ローレルベルロードの寺井助手は『追い切りは騎手が乗っていたにしても好時計が出た。能力的にはこのあたりでモタモタする馬ではないよ』

松浪大樹の狙い
○ローレルベルロードは前走のふがいない内容を度外視したくなるほど攻め馬の気配が抜群だった。◎がモタつくようなら逆転まである。

勝手慶郎の最終大逆転
昨夏の小倉未勝利勝ち時計が同開催の古馬1000万下を0秒7上回ったローレルベルロードも侮れない。前走勝ち馬センノカゼは既に準オープンにいる。

★★★競馬ブックの方では⑮ローレルベルロードがグリグリの大本命視。中京スポーツの様に5番人気になるなんて美味しい話も無いのではないかなぁ~って思います。
調教でも安藤勝己騎手が乗ってくれていますので期待も高まります。
追い切りの状態がそのままレースに出ればおそらく圧勝でしょう。
でも、この仔の場合は当日のテンションが心配。。。つまり自分の力を出せるかどうかの1点に絞られます。
騎手が名手になったところで影響が大きいかどうか分かりませんが、安藤勝己騎手の期待にもしっかり応えてクラス編成前に一発決めて欲しいですね。
そして、雨によって緩くなっている馬場が同影響するか・・・。唯一の雨天による稍重のレースでは6着に敗れているだけに心配もありますが、どうでしょう?
でも、圧勝してくれると思うんですけどね。。。鮫島先生は以前、OP馬ホワイトピルグリムと同等の評価をしてくれていましたしね。早くそこまで追いつきたいところです。
強敵は①ウォーターセレネ⑧グッドバニヤンくらいですかね。。。馬券の方もこれにローレルベルロードを加えた3頭でいけると思うんですが。。。
今年初勝利をそろそろください。よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 4日 (木)

デビュー戦は11着

ちょっと遅くなってしまいましたがインペリオーソの前走を振り返ります。

インペリオーソ
31日(日)東京2R 3歳未勝利(混)・D1400㍍
小林慎一郎56.0㌔

初出走馬だらけの未勝利戦。。。デビューまでいろいろとあってやっとのことで辿り着いたデビュー戦。インペリオーソがどんなレースをしてくれるのか・・・非常に楽しみにしていました。そして、もうひとつ楽しみなのが馬体重。。。是非ともインパクトのある馬体重での出走を期待したいところ。。。
馬体重は562㌔・・・でかいけど、もうひと超え欲しかったかな。それでもかなりでかい馬です。
パドックに登場したインペリオーソは、三重ホースで見た雰囲気とガラリと変わってキビキビしていましたね。パドック解説の吉岡哲哉さん(競馬ブック)は『うーん、、、まぁさすがに全てがデカいという感じで、けれどもやはり太目が残っていますね。ノソッとした感じの馬ですし、叩いてからでしょう。』と、ぼんやりしている雰囲気をアピールしていましたが、三重ホースの時に比べたら本当にキリッとしていました。でも、マイペースといえばマイペース。落ち着いた感じは見えました。
小林慎騎手が跨った後も『我関せず』という感じで、カッとすることも無く相変わらずの落ち着いたインペリオーソでした。
東京競馬場は地下馬道も映してくれるんですね。。。でも、インペリオーソは⑯で最後の方。。。カメラは⑬エリモシードまで映し続けてくれましたが、⑯インペリオーソまでは我慢してくれませんでした。
吉岡さんのパドック推奨馬は⑬エリモシード①タカラサンデー⑧ノボジュピター⑨ディーエスバリュー⑦オシャベリコパ⑮ストロングネオの6頭。吉岡さんが見ても一般の方が見ても経験馬が上位。インペリオーソはお呼びでないようです。。。
返し馬では力強いフォームでダートコースを滑らかに走っていました。競馬場を走っているインペリオーソの姿に感動。。。まだレースではないのに僕の気持ちはかなり熱くなっていました。
レースは⑩パワーポテンシャルが馬場入場後に馬体に故障発生ということで、15頭でのレースに。
ゲートは順番通り。インペリオーソが16番ゲートにしっかり収まって無事にゲートを出られるかどうか・・・レース前の注目ポイントです。
スタートは無事にゲートを出ることができました。それも、互角に。。。しかし、一瞬にしておっとりした温室育ちの性格が出てしまい、ずるずると後退。後方から4頭目あたりでレースをすることになってしまいました。
400㍍を走ったところでいきなりインペリオーソがスピードを上げて先頭との差を縮めに向かいました。しかし、その脚も一瞬だけ・・・そこからは必死についていこうとするもののそれが精一杯。なかなか前との差を詰められません。
直線ではほとんど画面に登場しなかったので様子が分かりにくかったのですが、後日のパトロールビデオを見ると追い出しているときに一瞬④クレバーサクラオーに前を横切られて少し邪魔になっていましたね。これが無くても順位は変わっていないと思いますが、もう少し時計を詰められたのではないでしょうか。。。
勝ったのは⑬エリモシード。勝ち時計は1分24秒5でした。インペリオーソは3秒8遅れた1分28秒3の11着でゴール。上がり3Fも39.4秒とかかってしまいました。

レースのハロンタイム
12.5-11.1-11.9-12.4-12.2-11.8-12.6

これだけ離されたレースですので、ハロンタイムを見てどうこうってことは無いんですが、デビューして、レース後も無事だったということで良しとしましょう。
レースは僅かですが前を追いかける脚を見せることができたということで、希望が持てました。大型馬ですし、叩いた効果は大きいと思いますので、レースを経験していく度にぐんぐん良くなっていくことでしょう。
次走はどんな条件で使ってくれるのかなぁ~。。。

小林慎騎手のコメント『ゲートはすんなり出てくれましたが、出てからのダッシュがいまひとつでしたね。しかし、勢いがついてからは良い脚で上がっていけました。終いは息切れしてしまい余力がなかったのですが、大型馬だけに使っての上積みは大きいと思います』

矢作調教師のコメント『ひとまずゲートをしっかり出てくれたので、良しとしましょう。まだ追い足りなかったので終いは一杯になってしまいましたが、使いつつ良くなってくれると思います』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 3日 (水)

ユニオン愛馬情報6/3

今日はムスコの誕生日。仕事を明日にまわして早く帰ってきました。
ムスコの誕生日を祝いながらちょっとゆっくりできたかな?

クオン(5歳・牡)
(トロットスター×ファーストステップ)
6/3 角馬場⇒坂路(普通キャンター)
元気一杯で、動きも問題なし。来週の中京(日)芝2500・混に出走予定。クラス編成前の週ということで、出走頭数が多くなる可能性があり、今週の想定の状況では500万下のレースは概ね3節がボーダーライン。本馬は来週で3節となるため、ボーダーラインには達しそうだ。週末から15-15を再開し、レースに備える。
★★★2場開催で、クラス編成直前。。。ということで、出走馬が殺到する予感はしていましたが、長距離戦なので大丈夫だろうと思っていましたが、クオンの出走も微妙なようですね。この条件にはかなり期待しています。仮に今回が駄目であっても使い続けて欲しいなぁ~この条件で。クオンはやればできる仔ですから。

インペリオーソ(3歳・牡)
(プリサイスエンド×ピアノレッスン)
6/3 レース後も脚元等に異常はない。次走は投票状況を見ながら決める予定。
矢作調教師のコメント『ひとまず無事にデビューできたので良かった。大型馬だし、まだこれから上積みもあるだろう。出走できそうなレースを選んで、使っていきます』
★★★上がりに異常が無いようで安心しました。14日(日)中京で走らないかなぁ~。。。番組も確認していませんが・・・応援に行けるから。

エルクラシコ(3歳・牡)
(ナリタトップロード×フレスコ)
6/2 先週の中間から、BTCの直線ダートコース(1600m)で軽めキャンターを1本乗り始めている。ウッドチップコースでの調教に比べ、ダートコースでの調教は脚元に掛かる負担も大きいが、特に左前肢に問題は出ていない。今週中にはハロン20~22秒くらいにペースを上げて乗ることを検討中。
担当者さんのコメント『調教のコースを変えることで、もしかしたら患部に張りが出るなどの心配もしましたが、特に違和感は出ていません。このまましっかりケアしながら、順調な調整を続けていきたいですね』
★★★予想以上の順調ぶりに驚いております。20-20まで無事に行ったら・・・デビューを真剣に考えましょう。2歳馬よりも早く出られるかなぁ~。でも、スタッフさんのコメントと気持ちは同じです。油断は禁物・・・気を引き締めていきましょう。

松永昌厩舎はパリスブルーを信楽牧場から呼び寄せました。。。ゴールドロザリーはそのままです。悔しいですね。。。先に勝つのはゴールドロザリー・・・そう思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 2日 (火)

ペガサス2009価格発表

昨日はローレルの追加募集馬について書きましたが、今日はユニオンの募集馬各馬についてサラッと書こうと思います。


   
    
PEGASUS 2009 LINE UP
2009年度 募集馬一覧 

関西入厩予定牝馬
父母(母の父) 総額(万円) 
3 ディープインパクト×ファーストナイト(Sadler's Wells) 4,200 
4 ディープインパクト×ペトラ(*ヘクタープロテクター) 3,465 
5 ネオユニヴァース×*デック(Go for Gin) 1,680 
6 ジャングルポケット×イエローブルーム(*パークリージェント) 1,260 
7 キングヘイロー×*ワイルドトゥアクト(Wild Again) 735 
8 ファンタスティックライト×ヒダカゲラン(*ミルジョージ) 1,050 
9 サクラバクシンオー×テンシノキセキ(フジキセキ) 2,625 
10 ダンスインザダーク×メモリーズオブロニー(Storm Cat) 1,680
11 サクラプレジデント×シャドウスプリング(*デインヒル) 840
12 タイキシャトル×アイリッシュクレア(*トニービン) 735
13 ネオユニヴァース×ジプシーダンサー(*ウォーニング) 840
14 ゴールドアリュール×マダムミッテラン(Mr. Prospector) 840
15 ホワイトマズル×ホウヨウカトレア(ビワハヤヒデ) 630
16 ネオユニヴァース×サーストンフラッグ(*ノーアテンション) 1,050
17 フジキセキ×ダイアゴネル(Darshaan) 2,310
18 ロックオブジブラルタル×スターズインハーアイズ(Woodman) 2,205

関西入厩予定牡馬
2 アグネスタキオン×ビツキーロイヤル(*パラダイスクリーク) 2,520
19 Johannesburg×ディキシーランドジェム(Dixieland Band) 2,310
20 リンカーン×ベルベティーン(*タイキシャトル) 735
21 マンハッタンカフェ×ヘイローマジック(キングヘイロー) 1,365
22 ルールオブロー×ミルフォードセト(ニホンピロウイナー) 840
23 マヤノトップガン×ダリーニア(King's Best) 1,260
24 ロックオブジブラルタル×イソシギ(*タイキシャトル) 1,890
25 アルカセット×スウィートエルフ(タマモクロス) 1,575
26 フジキセキ×タイキプリンセス(Kingmambo) 1,470

関東入厩予定牝馬
27 ディープインパクト×ベラミアモーレ(Storm Cat) 3,150
28 アグネスデジタル×ケイアイカーニバル(Wolfhound) 735
29 ハーツクライ×タケノパンジー(*イブンベイ) 1,050
30 タイキシャトル×ブラッシュウィズテキーラ(Broad Brush) 1,050
31 スウェプトオーヴァーボード×ワンピース(*ディアブロ) 525
32 ブラックホーク×ブレスマイソウル(タマモクロス) 945
33 アグネスデジタル×テンザンビーナス(*サンデーサイレンス) 735
34 リンカーン×ミストラルアゲン(*スリルショー) 735
35 キングヘイロー×ホウヨウマリン(*アレミロード) 1,050
36 ワイルドラッシュ×ラクリス(Private Account) 1,155
37 チーフベアハート×イサミサクラサクラ(スペシャルウィーク) 840
38 ゼンノロブロイ×アーミールージュ(Miswaki) 1,575
39 ネオユニヴァース×クレアコート(Glint of Gold) 1,260
40 フジキセキ×ルシエル(Sky Classic) 945

関東入厩予定牡馬
1 ロックオブジブラルタル×ドリームヒット(*フォーティナイナー) 2,205
41 ザッツザプレンティ×トップビクトリア(タマモクロス) 735
42 スズカマンボ×アイチェックユー(Miswaki ) 1,575
43 スマートボーイ×スズカララバイ(*ラムタラ ) 840
44 ダンスインザダーク×ウォーニングムスメ(*ウォーニング) 840 
45  ジャングルポケット×タケノマーキュリ(*スキャターザゴールド) 1,260

以上はユニオン公式ページで何方も見ることができるので、掲載させていただきました。
全体的に見ると、『低価格に抑えられたなぁ~』って感じですね。1000万円未満の牡馬が5頭。牝馬が13頭。ということで、全体の3割近くを占めることになります。
どの馬を選ぶか・・・もちろんパンフレットが届いてからいろいろと考えますが、強く興味を引かれる馬が4頭。。。そのうち3頭が1000万円未満となっています。出資すれば毎月の維持費が発生するので、『安いから全部行く!』ってワケには行きませんが、価格が安いだけに前向きになりますよね。
ということで、皆さんはどの馬に興味を持ちましたか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 1日 (月)

ローレル募集馬発表

ユニオンも今日ラインナップが発表され、会員には価格と予定厩舎の発表もありました。これについてはよく見てからコメントさせていただきます。
今日は一足先に発表されたローレルクラブの追加募集馬について発表させていただきます。

2008年産追加募集馬ラインアップ

No.11 ラヴァーズレーンの08
♂牡 栗毛 4月25日生 未定
父:キングカメハメハ 母父:メジロライアン
総額:1,800万円 一口:60,000円

No.12 キョウワプラチナの08
♂牡 青鹿毛 2月26日生 栗東・飯田雄
父:マンハッタンカフェ 母父:Sadler's Wells
総額:1,400万円 一口:70,000円

No.13 ナイスジュノーの08
♀牝 鹿毛 2月19日生 栗東・笹田
父:ブライアンズタイム 母父:ナイスダンサー
総額:1,000万円 一口:50,000円

No.14 フィーユドゥレーヴの08
♀牝 栗毛 2月29日生 栗東・河内
父:ロックオブジブラルタル 母父:サンデーサイレンス
総額:2,000万円 一口:50,000円

No.15 ミスカスウェルの08
♀牝 鹿毛 3月18日生 美浦・牧
父:ステイゴールド 母父:Seattle Slew
総額:800万円 一口:40,000円

No.16 サクラソレイユの08
♀牝 鹿毛 3月30日生 美浦・和田道
父:スズカマンボ 母父:サクラユタカオー
総額:800万円 一口:40,000円

No.17 キャタラクトの08
♀牝 鹿毛 3月2日生 美浦・大竹
父:タニノギムレット 母父:Storm cat
総額:1,200万円 一口:60,000円

No.18 リコピンの08
♀牝 青鹿毛 4月13日生 美浦・矢野英
父:ゴールドアリュール 母父:ブロッコ
総額:800万円 一口:40,000円

No.19 カントリーバッハの08
♀牝 鹿毛 3月23日生 美浦・勢司
父:ネオユニヴァース 母父:ティンバーカントリー
総額1,200万円 一口:60,000円

因みに 
6月10日(水) パンフレット発送予定
6月17日(水) 募集開始予定
となっています。
関係者から評判のいいのはNo.19 カントリーバッハの08(ローレルカンタータの妹)とNo.14 フィーユドゥレーヴの08(ローレルベオウルフの妹)の2頭らしいです。
ローレルウェルシュ一族になるラヴァーズレーンの08は関東の厩舎が濃厚とのことで、残念ながら縁が無かったかなぁ~

当歳からの募集馬を含めると既に19頭。結構いっぱいです。ここから出資馬を絞っていきます。いい馬を見つけることができるかなぁ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »