« ローレル愛馬情報11/28 | トップページ | イクタTF見学計画断念 »

2009年11月29日 (日)

2009最後のJリーグ観戦

昨日のヤマハスタジアム、ジュビロ磐田vsサンフレッチェ広島戦に続き、今日はフクダ電子アリーナ、ジェフ千葉vs大分トリニータ戦を観戦しました。

降格が決定している両チームの最下位決定戦。。。結果は2-0で大分トリニータの勝利。ジェフのゴール裏で声を枯らして応援していた甲斐も無く、残念な結果に終わってしまいました。

監督が代わり、ここ9戦無敗の大分トリニータ。そして、1勝しか挙げることのできないジェフ千葉。。。来年のジェフ千葉は大丈夫なんだろうか?と心配になってしまいます。試合終了後のジェフ千葉の三木社長が『多くの選手が来期も千葉で戦ってくれると思います』のコメント。。。それに対して大ブーイング。

僕も多くの選手がジェフ愛をもって来期も戦って欲しいが、三木社長の何の根拠もない無責任なコメントにはガッカリしました。

さて、来期の話や今期の総括はちょっと置いといて、この日の試合の感想を。。。江尻千葉の目指す人もボールも動く攻撃的なサッカーはある程度形に現れてきているような気がします。前半は大分にワンチャンスをものにされ失点したもののほとんどはジェフペース。惜しいシュートもありましたし、得点の臭いは十分しました。
しかし・・・後半になると、大分トリニータが修正。ジェフ千葉の左からのサイドアタック(MF谷澤とDFアレックスのサイド)に苦しめられていたため、(千葉側からみた)左のディフェンスに意識を置きながらややディフェンシブなポジションに。そうなると、パスを回すものの大分が前に引き出されないため、全く攻められない。そのうち、ボランチの下村のミスやサイドバックからの不用意なロングパスを狙われインターセプト。速攻を掛けられ苦しみます。それでもスタイルを変えない江尻千葉。。。それしかできないのか、相手の変更に気づいていないのか、それとも勝敗よりもジェフらしさの信念を貫くことを求めたのか・・・真意は分かりませんが、前半のような躍動感は無く更に失点してしまい、”THE END”

遥々遠くまで来たのに残念な試合展開でした。そして、来年の開幕に江尻監督の目指すサッカーにある程度計算が立つのか・・・非常に心配になった試合でした。

来年1年でJ1復帰が最高のシナリオですが、江尻監督に全てを託すのであれば、フロントもサポーターもあまり焦らず、3年以内に江尻色が出る攻撃的サッカーを引っ下げてJ1に戻るくらいの展望でもいいのかなぁ~なんて思いました。

江尻さんは静岡県出身。江尻監督の高校時代。清商の選手だった時からのファンで応援し続けています。頑張って欲しいんだけどなぁ~

|

« ローレル愛馬情報11/28 | トップページ | イクタTF見学計画断念 »

コメント

できれば広島パターンでいきたいところですが、選手が戦術を消化しているとはいえない現状では、セレッソパターンもやむなしかもしれません。今から1ヶ月のフロントの頑張りが(もちろんそのあともですが)、後数年の千葉の命運を決めることになるでしょう。ここで迷走するようだとかつての名門Vのようなことに・・・。そう考えると鹿島のフロントはすごいなと思います。

投稿: しろねこ | 2009年12月 2日 (水) 12時24分

>しろねこさん

千葉はいままで外国人監督が多かったのですが、現在のところ来期は『江尻千葉』で行くようですので、そこの方向性だけは固まったような気がします。千葉はサポーターの雰囲気は大好きですが、フロントの方向性が定まらず不安定なオフを過ごすので、降格を機にフロント、選手、サポーターが一丸となって戦えるチームになって欲しいと思います。それは、時間がかかっても今回やるべき最重要ポイントだと思います。
千葉愛を口にする選手はジェフ内にも移籍した選手の中にも結構いるんですけどね。それを繋ぎ留めれる魅力がなきゃ。。。

投稿: まひろ | 2009年12月 3日 (木) 10時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2009最後のJリーグ観戦:

« ローレル愛馬情報11/28 | トップページ | イクタTF見学計画断念 »