« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月30日 (月)

イクタTF見学計画断念

日曜日は千葉に行っていたので投稿が遅れましたが、火曜日までにやり遂げなければいけない仕事があり、月曜日分の投稿とコメントへの返答が遅くなりスイマセンでした。水曜日は夜に飲み会があるんですけど、日中は少し余裕があるので、
『そうだ!ローレルクラシックに会いに行こう』
と思い、クラブに週末に連絡。。。この日、返答が戻ってまいりました。

クラブからの返答は
『見学を希望された水曜日に検疫を受け入厩になりますので、見学できません』
とのこと。。。

ちょっと残念でしたが、クラシック自身は調子も良く良い状態で入厩できそうだ。。。ということで、良かったと思いましょう。

大したことは無いようですが、左前の外向のことを飯田先生はやや気にしているという話もあるので、じっくり行くでしょうから、デビューは年明けになるでしょう。中京デビューしないかな?僕の一口馬主人生の中で最高額のお金を掛けた勝負馬ですので、ちょっと期待したいなぁ~。。。勿論、ほかの馬も期待してますけど。。。

と、いうことで、12/2水曜日のイクタTF見学計画は断念です。

そうそう・・・競馬ダイエットですが、日曜日はJCを含め全敗。。。土曜日の貯金を使い果たし、マイナス1300円。。。⇒1日マイナス100㌔カロリーとなりました。。。辛いわぁ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月29日 (日)

2009最後のJリーグ観戦

昨日のヤマハスタジアム、ジュビロ磐田vsサンフレッチェ広島戦に続き、今日はフクダ電子アリーナ、ジェフ千葉vs大分トリニータ戦を観戦しました。

降格が決定している両チームの最下位決定戦。。。結果は2-0で大分トリニータの勝利。ジェフのゴール裏で声を枯らして応援していた甲斐も無く、残念な結果に終わってしまいました。

監督が代わり、ここ9戦無敗の大分トリニータ。そして、1勝しか挙げることのできないジェフ千葉。。。来年のジェフ千葉は大丈夫なんだろうか?と心配になってしまいます。試合終了後のジェフ千葉の三木社長が『多くの選手が来期も千葉で戦ってくれると思います』のコメント。。。それに対して大ブーイング。

僕も多くの選手がジェフ愛をもって来期も戦って欲しいが、三木社長の何の根拠もない無責任なコメントにはガッカリしました。

さて、来期の話や今期の総括はちょっと置いといて、この日の試合の感想を。。。江尻千葉の目指す人もボールも動く攻撃的なサッカーはある程度形に現れてきているような気がします。前半は大分にワンチャンスをものにされ失点したもののほとんどはジェフペース。惜しいシュートもありましたし、得点の臭いは十分しました。
しかし・・・後半になると、大分トリニータが修正。ジェフ千葉の左からのサイドアタック(MF谷澤とDFアレックスのサイド)に苦しめられていたため、(千葉側からみた)左のディフェンスに意識を置きながらややディフェンシブなポジションに。そうなると、パスを回すものの大分が前に引き出されないため、全く攻められない。そのうち、ボランチの下村のミスやサイドバックからの不用意なロングパスを狙われインターセプト。速攻を掛けられ苦しみます。それでもスタイルを変えない江尻千葉。。。それしかできないのか、相手の変更に気づいていないのか、それとも勝敗よりもジェフらしさの信念を貫くことを求めたのか・・・真意は分かりませんが、前半のような躍動感は無く更に失点してしまい、”THE END”

遥々遠くまで来たのに残念な試合展開でした。そして、来年の開幕に江尻監督の目指すサッカーにある程度計算が立つのか・・・非常に心配になった試合でした。

来年1年でJ1復帰が最高のシナリオですが、江尻監督に全てを託すのであれば、フロントもサポーターもあまり焦らず、3年以内に江尻色が出る攻撃的サッカーを引っ下げてJ1に戻るくらいの展望でもいいのかなぁ~なんて思いました。

江尻さんは静岡県出身。江尻監督の高校時代。清商の選手だった時からのファンで応援し続けています。頑張って欲しいんだけどなぁ~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月28日 (土)

ローレル愛馬情報11/28

今日はヤマハスタジアムにサッカーを見に行ってきました。
試合は負けましたが、中山選手の雄志を見ることができ、セレモニーも非常に感動的でした。新天地でも活躍を期待しています。
今日はローレルクラブ愛馬情報です。
ローレルベルロー(4歳・牡)
(ナリタトップロード×ベルガール)
この中間も変わりなくWM・トラックコースでのダク〜キャンター2400m・坂路1本30〜25秒/ハロンの調教メニューを消化しています。
★★★まだまだゆっくりの調整。3週間後の天竜川特別は出走しないのかもしれませんね。まずはローレルベルロード自身の体調が大切ですので、無理の無いように。
ローレルクラシック(2歳・牡)
(スペシャルウィーク×キョウワホウセキ)
この中間はWM・ダク2000m・キャンター3000m・600m坂路1本20-20の調教メニューを消化しており、今週中の入厩を予定しています。
生田氏のコメント『普段は水曜日と土曜日に速いところを乗っているのですが、かなりの雨で馬場の状態が悪くなっているので無理をさせずに長目を乗るようにしています。検疫も近いことですし壊してしまっては仕方がないですからね。馬は悪いところもなく元気一杯です』
★★★悪いところは無いんですが、馬房調整の関係で入厩が遅れております。最近もグングン成長を続けているようで、飯田雄先生も生田氏もその辺を感じて、無理な入厩は控えているのかもしれませんね。いずれにしても悪い傾向ではないと思います。(出資された方の中にはイライラされている方もいらっしゃるかもしれませんが…ローレルイグザルトも1ヶ月待たされましたからね)
もう少し長引く様でしたら、見に行ってきます。
ローレルイグザルト(2歳・牡)
(フレンチデピュティ×アサカプティット)
22日・栗坂良1本・助手・4F58.8-43.1-28.8-14.4(強目)
(古馬500万・ニューロザリオ・馬ナリの同入)
26日・栗CW良・池添・6F85.5-69.8-55.0-41.1-13.1(6分所・馬ナリ)
(2歳新馬・トップオブカハラ・一杯の外同入)
川端助手のコメント『持ち乗りでやらせてもらっていますけど、芝なのかダートが良いのかは今の時点では何とも言えませんね。ちょっとトモの内側を擦るようなフォームなので保護をして調教しています。1回使えば走り方も変わってくると思うので問題はないと思います』
現在のところデビュー戦については未定となっています。
★★★一杯で追っていないので何とも言えませんが、時計もあまり良くないですし、コメントからもピリッとしないようですね。
精神的には前向きな馬なので、一回使ってみたらガラリと変わる気もします。ピリッとしない理由は、僕が予想するに走るフォームかと…クビが高くて全身を使えない感じかね…。使ってみて変わらないなら矯正馬具を早めに使うことも有りかと。。。
阪神2週目デビューと予想。
ミンナノアイドル(2歳・牝)
(オグリキャップ×グレイスクイン)
引き続きWM・ダク・20-20のキャンター2400mの調教メニューを消化しています。
★★★年内はこのままかな?次に故障しませんように…。
さて、競馬ダイエットは…初日から回収率206%のヒット。正直なところ、少しびびって買い控えてしまいました。(結果的にはそれで無駄な外れ馬券を買わなくて済んだのですが)
今日は目一杯買って、全部外しても、僅かなマイナスにしかならない予定……食事制限は回避できそう?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年11月27日 (金)

競馬ダイエット

ダイエット・・・

うちのカミさんが11月に入ってからレコーディングダイエットを実行し、4週間で5㌔痩せました。。。それも、無理していることもなく、普通に生活していて。。。
僕は・・・かなり前にナイシトールを買って飲んでいたり(途中でやらなくなりました)、お腹ブルブルマシーンをTOKYUHANDSで6,000円で、買ったり(これも途中でやらなくなりました)しましたが、痩せない。。。それどころか微増中。。。『中年だから!』と言えばそうなんだけど、つい最近まで現役プレイヤーとしてラグビーをやっていたし、今でも、現役選手に交じってたまにプレーしたりレフリーとして、バリバリやっているワケで・・・昔の栄光に縋るワケじゃないけど、今の体型が鏡に映るとやっぱりガッカリする。

ということで、カミさんに相談してみました。。。

すると。。。出てきた案は・・・『競馬ダイエット』

(1日の摂取カロリーのベースは減らすんですけど)馬券で負けたら1週間カロリーを削られた食事をする。競馬で勝てば食べられる。。。といったルール。
うちのカミさんは家政学部出身で、いろいろとカロリーや料理に詳しいんで、物凄く細かくルールを決めてくれました。
そして、明日からこの競馬ダイエットが実施されます。楽しみですけど、ちょっと怖いですね。。。そして、競馬が次の1週間の“食”生活を決めるので、必死になりますね。
勝ち続ければ痩せない・・・と、なるんですけど、どんな結果となるやら。。。

それよりも、毎週毎週、負け分や儲けを申告しなければならないので、そっちの方が辛いかも。。。まぁ、楽しめるし、いつも大きくも儲けていないし、大損もしていないから・・・いいかな?

競馬ダイエットの効果については追ってレポートさせていただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月26日 (木)

寮・・・

僕が経験した寮は大学の1年の時だけの1年間。大学2年から4年までは一人暮らしをしていましたが、23歳で結婚したので、生涯で家庭とは別で生活したのはこの4年だけでしたね。
それが・・・小学4年生のムスコが、中学受験を希望。それも寮のある学校を希望しているのです。。。
別に家庭も楽しいし、親子関係が悪いわけでもないんですが・・・
『本気かなぁ~』と、気になっていたのですが、どうやら(現時点では)かなり本気らしい。
『よく、そんな気になるなぁ~』なんて感心していましたが・・・そんな流暢なことを言っている場合ではないんです!!
その、学校の資料を見たところ、学費と寮費で、○○万円。。。家のローンもあるので、それを合わせると・・・残ったお金ではかなり苦しい生活に。。。と、なると小使いが確実に減る・・・ということは、一口馬主ライフも厳しくなるでしょう。。。それも、2年後の話ですからね。クオンは8歳馬になるけど、現2歳馬は5歳。。。既に今年から調整しなければいけないことになります。
少なくともローレルクラブとユニオンの両クラブを維持するのは不可能でしょう。。。でも、それぞれのクラブ会員さんともブログ等を通して仲良くなれたし・・・ちょっと寂しいですね。

まだ、どうなるか分かりませんが、近い将来のことが非常に心配です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月25日 (水)

ユニオン愛馬情報11/25

昨日は週末の行き先を少し迷っていましたが、今日のクオンのコメントで決まりました!
週末は千葉へ。新幹線の中で馬券検討かな?

今日はユニオン愛馬情報。

クオン(5歳・牡)
(トロットスター×ファーストステップ)
11/25 坂路(56.9-41.7-27.7-13.6)一杯に追う
坂路で単走の追い切り。ラストを一杯に追う。馬場が重たい中、本馬なりに動きは良好。京都(日)ダ1800・混に出走予定だが、想定の段階で、フルゲート16頭に対し、優先出走順位が22~29番目となっているため、除外確実な状況。
大橋調教師のコメント『本馬なりに動きは良好。終いもしっかりとした脚取りで14秒を切ってきたし、状態は良くなってきている。あとは出走できるかどうかだね。来週はちょうど良いレースがないし、中京が始まるまで厳しいかな』
★★★時計はまずまず。好調キープといったところでしょうか。しかし、今週は出走除外濃厚。2場開催でメンバーも濃かったですから、無理に出なくてもよかったかな。来週は適条件が無いですので、中京1週目。それはそれでありがたい。ラグビーの試合が入るかもしれないので、その辺は要注意だが応援に行ける可能性も高くなります!前走の結果から中京も合うような気がしておりますが(左回りはいい気がします)・・・どうでしょう?

ゴールドロザリー(2歳・牝)
(アグネスデジタル×クライストストーリ)
11/24 普通キャンターを3000m乗り、週1回15-15を乗っている。
担当者コメント『先週末の動きも良かったですよ。本当に大分気持ちが乗ってきているように感じます。先生にも状態が良くなってきていることは伝えていますし、いつ声が掛かっても良いような状態を維持して乗り込んでいきたいと思います』
★★★一ヶ月近く連続で精神的に成長がみられるといったような内容のコメント。乗っている量は信楽ではこれが限界でしょうから、このまま入厩までこのペースで行くんでしょう。
年内に帰厩で正月競馬で1走。中京で1走の感じですかね。

フライトミッション(2歳・牡)
(アグネスフライト×エンジェルマインド)
11/24 軽めキャンターを乗っている。様子を見ながら徐々に調教を進めていく。
担当者コメント『若干ゴツゴツしたところはありますが、脚元などに異常はありませんし、しばらくほぐしながら乗っていけば良くなってきそうです』
★★★放牧に出た翌日から乗っているんですね。まぁ、多少の筋肉痛といったところでしょうか?筋肉痛を経て更に大きな筋肉がつくので、まぁ無理をしない程度だったら乗ってくれた方がいいですね。太め残りでいきなりの入厩でしたからね。
施設が充実しているこの山岡TCでしっかり鍛えてデビュー戦に向けてしっかり調整して欲しいです。

ということで、愛馬は3頭。。。今年1年で物凄い数の愛馬が引退しましたから・・・寂しくなりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月24日 (火)

西か?東か?

さて、今週は日曜日の京都競馬場にクオンがスタンバイ。。。今週も土曜日&日曜日は暇なんですよね。。。土曜日はヤマハスタジアムに『ジュビロ磐田』vs『サンフレッチェ広島』の試合を見に行く予定でいます(チケットも買いましたし)そして、日曜日をどう過ごすか。。。ムスコは忙しいので、日曜日はフリー。どちらへ行こうか。。。東か西か。。。
西というのはもちろん京都競馬場。クオンの雄姿を見に行こうか。
東というのはフクアリ。。。来季J2降格が決まり、前節久し振りの勝利に沸いたジェフ千葉のホーム最終戦を見に行こうか。。。
現在のところ、本当に半々で迷っています。どちらも行きたいんですよね。
西は水曜日の想定表を見てメンバーの確認を済ましてからかな。東はチケットが完売になったらそこで終了だし、怪我の巻選手が今シーズン絶望となったので、ちょっと意欲が減退してるかな。。。
もう少し考えて結論を出そうと思います。

そうそう。。。ユニオンの懇親会が終わりましたね。僕は(本当だったら)ラグビーの試合が入っていたので不参加でしたが、行きたかったです。
参加された方、お土産話があったらぜひコメントしてください。横柄なお願いで申しわけございませんがよろしくお願いします。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2009年11月23日 (月)

流行語ノミネート作品

ユーキャンから新語・流行語大賞ノミネート候補語が発表されました。

以下がその作品です。

■ファストファッション 百貨店の苦境が続く中、売り上げを伸ばしている「安くて手軽なファッション」のこと。日本ブランドであるユニクロやしまむら、g.u.が健闘していたが、海外からH&M、ZARA、フォーエバー21などが参画してきたことで、大きな社会現象になった。

■990円ジーンズ 「ユニクロ」などを展開するファーストリテイリングによるブランド「g.u.」から発売されて話題を集めた激安ジーンズ。ダメージ加工を入れず、美脚・脚長効果があるONE WASHデニムを使用。その後の低価格ジーンズの走りになった。

■ゼロゼロ物件 敷金ゼロ・礼金ゼロの賃貸住宅。再就職を目指す路上生活者にとって、部屋のあるなしが活動に大きな影響をもたらす。このことを見込んで、敷金・礼金をなくした商法は不動産業界のサービスでもある。とはいえ、それらの物件の中には家賃を一日滞納しただけで部屋を追い出したりする悪質な業者によるものもあるので注意が必要。

■のりピーショック 女優の酒井法子が、夫が職務質問を受けたのち失踪した。捜索願の届出もあったが、その後夫婦ともに覚せい剤取締法違反(所持)容疑で逮捕された。清純派女優の失踪・逮捕劇は、スポーツ新聞から情報番組までを「のりピー一色」に染め、多くのファンがいる台湾、中国などのアジアにも衝撃を与えた。

■あぶり 覚せい剤の結晶をアルミはくに乗せ、火であぶって気化したものをストローなどで吸うという過熱吸引法のこと。警視庁によると、逮捕された酒井法子は「夫と一緒にあぶりをやりました」と、この言葉を使った供述をしたとされる。

■のり塩事件 2009年8月立て続けに起こった、酒井法子と押尾学の事件を併せて指す言葉。酒井の愛称「のりピー」と、押尾の俗称「お塩先生」を合成して作られ、主にネット上の掲示板などで広まった。

■婚活 「就活(就職活動)のように婚活(結婚活動)を始めるべき」と主張したのが、2008年2月刊行の『「婚活」時代』(山田昌弘・白河桃子)という本だった。2009年も注目され、結婚相談所の宣伝コピーや雑誌の特集として「婚活」の2文字が躍り、「結婚詐欺」事件に際しても「婚活の弊害だ」いう指摘が飛び出した。

■離カツ(離活) 「離婚活動」のことで、婚活のバリエーション。『コンカツ・リカツ』とドラマのタイトルにも。かつて自然に行われていたことにノウハウが生まれ、高度化するにつれ、知らなければ損をするという不安が様々な「活」を生んでいる。

■セクスィー部長 NHKのバラエティ番組「サラリーマンNEO」で、沢村一樹演じるキャラクター。会社内で揉め事が起きるとライトがピンクに変わり、セクスィー部長こと色香恋次郎が日焼けした肌と濃いメークで現れ、女性たちの腰を抜かせ去っていく。

■家電芸人 テレビ「雨上がり決死隊のトーク番組アメトーーク!」の企画から発した、家電製品を詳しく熱く語る芸人たち。土田晃之、劇団ひとり、品川祐など。量販店店員も顔負けの、面白く分かりやすい芸人一流の語り口で、視聴者の購買意欲もかき立てた模様。

■あると思います お笑いコンビ「天津」木村卓寛のピン芸ネタ「エロ詩吟」の決めぜりふ。着流しの和装で現れ、「吟じます」と宣言して詩吟を始めるが、その内容はきわどい下ネタ。最後に「あると思います」と自信満々に言い放つ。

■こんなところ来とうはなかった NHK大河ドラマ『天地人』の第2話 「泣き虫、与六」での名ぜりふ。5歳にして親元を離れて、小姓として修行することになった与六の気持ちを熱演したのは加藤清史郎。加藤清史郎はトヨタのCM「こども店長」でも大人気となった。

■こども店長 2009年4月から始まったトヨタ自動車のCMシリーズで、子役の加藤清史郎(2001年8月4日神奈川県生まれ)が自動車販売店の店長を演じる。赤いジャケットがトレードマークで、エコカー減税を子供らしい可愛い比喩でPRする。

■エコカー減税 クルマ販売低迷に苦慮する自動車業界からの働きかけを受けて導入された減税。環境対応のエコカーを購入した消費者に対し、自動車取得税、重量税の双方を免除ないし減額する優遇策。

■エコポイント 省エネ製品やサービスの購入にともない付与されるポイント。たまったポイントは商品などに交換することができる。増加傾向にある家庭からのCO2削減を目的に、身近でわかりやすく個々の努力を促すインセンティブとして、PRが展開された。

■コンビニ受診 平日に行けば済む症状なのに、救急医療を便利だからと、コンビニに行くような感覚で利用すること。夜間や休日の勤務医は通常より少ないため、重症患者の診療の妨げになるほか、医師が疲れ果て、医療崩壊の一因になると指摘されている。

■新型インフルエンザ 2009年4月、メキシコから新型インフルエンザ(H1N1)が発生。世界的に感染が広まりWHOは6月にパンデミック(爆発的流行)を宣言。政府は検疫体制の強化、発熱外来の設置、ワクチンの確保などの対応に追われた。

■パンデミック 「感染症の爆発的流行」を表す言葉。2009年4月、メキシコや北米で新型インフルエンザが発生し、病原性は低いが感染力の高いこのウイルスは瞬く間に世界に広がった。世界保健機関(WHO)は6月12日にパンデミックを宣言した。

■シルバーウィーク 2009年に初めてできた9月の大型連休。敬老の日、秋分の日、それに挟まれた国民の休日と土曜・日曜を合わせ、9月19日~23日が5連休となった。ゴールデンウィークと違って毎年はなく、次に巡って来るのはおそらく2015年。

■国営マンガ喫茶 「国立メディア芸術総合センター」のことを揶揄する呼び方。麻生政権下で117億円の予算が付いたが、鳩山政権は中止を明言。業界でも賛否両論で、国際的なソフトパワーとして近年期待されてきたマンガ・アニメが、額面で社会的価値を問われた。

■女子力 漫画家の安野モヨコが提唱。「きれいになりたいと願い、行動する力」という意味で使われるが、最近ではその意味はさらに広くなり、女性であることを楽しむ積極性や、女性特有の魅力を高めていく前向きな姿勢を指すようになった。

■歴女(レキジョ) 『三国志』や戦国時代をテーマにした映画やゲームが増え、原作本を読み始めて「歴史通」になる女性が増えてきた。小日向えりら歴史好きのアイドルは「歴ドル」と呼ばれる。

■アシュラー 2009年に開催された「国宝 阿修羅展」が記録的な来場者を集めた。女子たちのお寺好きは今に始まったことではないが、仏像好きの「仏像ガール」はちょっと新しい。とりわけ阿修羅像に魅了された女子は「アシュラー」とよばれる。

■マー君神の子 田中将大投手(東北楽天)が登板した試合では、なぜか打線も好調でホームランが続発。その勝負運の強さ、負けのなさに感心して野村克也監督が「マー君、神の子、不思議な子」と試合後のインタビューでつぶやいた。

■ぼやき 東北楽天・野村克也監督は試合後インタビューでの「ぼやき」で有名。昨年は「ぶつぶつ言う」を意味する英語のmumbleから、自ら「マンブーマンはもうやめたい」と発言、2009年版現代用語の基礎知識には「マンブーマン」が掲載された。その語録集CDや似顔絵Tシャツなど、野村監督関連グッズは今年も好調な売れ行きだった。

■侍ジャパン 2009年の第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表チームの呼称。原辰徳監督は、野球界の伝統と憧れを大切にするという理由から「原ジャパン」の呼称を辞退した。韓国を決勝で破り、見事連覇を果たした。

■育成選手 日本のプロ野球12球団が、支配下選手枠70人以外に獲得できる選手。1軍戦に出られないが、2軍戦などには出場可能。最低年俸は240万円。巨人・山口鉄也、楽天・内村賢介両選手などが、育成から支配下登録されて活躍している。

■八ッ場ダム 「やんば」という読み方から手始めに、全国的に注目を集める群馬県吾妻川中流部で建設が進められるダム。民主党が無駄な公共事業の典型としていたが、中止はかなり困難。総予算の7割が既に使われており、反対運動を長年説き伏せてきた関係者の労苦も大変なものがある。

■草食男子 コラムニストの深澤真紀が2006年に命名。協調性が高く、家庭的で優しいが、恋愛やセックスには積極的でない、主に40歳前後までの若い世代の男性を指す。自動車の購入など顕示的消費にも興味を示さず、バブル崩壊後の経済停滞が、その精神構造に影響を与えたという指摘もある。

■弁当男子 自分で弁当を作り、職場に持参する男性が増えている。作るきっかけは、不況による食費節約やダイエットなど様々だが、しぶしぶでなく前向きに楽しんでいることが新風。弁当箱や料理本など関連商品の発売も相次いだ。

■定額給付金 1人当たり一律1万2000円、18歳以下と65歳以上には8000円 を上乗せ。麻生政権の目玉政策の一つになるはずだったが、選挙対策のバラマキと批判を浴びたり、「低額給付金」と揶揄されたり。申請締切りの全国的なピークである 9月・10月を過ぎても 未申請者が約1割という実態も。

■1000円高速 土日祝日の高速道路、普通車は、大都市およびその近郊を除く地方部で上限1000円で通行できるという値下げ。ただしETC車に限る。景気浮揚を狙った経済対策として、実施最初の週末に平均通行量増大の効果報告もあり。

■派遣切り リーマンショック以降の急激な雇用調整において、非正規労働者は真っ先に雇用調整の対象となった。まず削減の対象となったのは派遣労働者で、特に生産の落込みが激しかった自動車や電機など製造業の派遣労働者は真っ先に削減されることに。仕事だけでなくと住居も失った派遣労働者に炊出しなどを行う「派遣村」も注目された。同じように、就職の内定を取り消されるのが「内定切り」。

■年越し派遣村 ホームレス支援や非正規雇用の問題に取り組む大小のグループと労組が手を携える形で2008年12月31日に実現した、一種の避難所。厚生労働省に隣接する東京・日比谷公園に仮設テントが設けられた。開村から5日間で500人近い人が入村登録をし、うち170人超が生活保護申請を希望した。

■貧困 経済的理由により最低限度の生活を営むことが困難になる状態。貧困線すれすれの生活しかできない人々を一般に「ワーキング・プア」と呼ぶが、日本では貧困線の定義が不明確なために正確な数を特定できない。路上生活者や飢えのような絶対的貧困と、所得はある程度あっても人権が保障されていないことから起こる相対的貧困との2種類があるが、先進国では、後者であることが多い。

■ハウジングプア 働いているのに貧困に陥ってしまうワーキング・プアよりも、さらに悲惨なのが、仕事と住居を同時に失ってしまうハウジングプア。労働と住まいは暮らしの両輪。大きな社会問題となっている派遣切りの際にも、ハウジングプアが注目された。何の落ち度もない労働者が突然仕事も住処も失ってしまう現実は、基本的人権が侵害されているというべきという指摘も。

■小沢ガールズ 「選挙のオザワ」といわれる小沢一郎民主党代表代行が指導して衆院選を闘った三宅雪子、福田衣里子、青木愛、田中美絵子、太田和美ら女性議員。「小泉チルドレン」の連想から「小沢チルドレン」とも呼ばれたが、フタを開けてみると与党大物議員相手に大健闘した女性が目立ったため、こちらの使用頻度が増した。

■オバマ政権 2009年、バラク・オバマがアメリカ史上初の黒人大統領に。ケニア人の父とカンザス州出身のアメリカ白人女性の間にハワイで生まれたオバマ大統領。1964年まで南部の州では黒人に対して法律によって明確な差別制度を維持していたアメリカという国を考えると、その当選は画期的なことである。

■故人献金 民主党の鳩山由紀夫代表の政治資金管理団体「友愛政経懇話会」の政治資金収支報告書に、すでに亡くなった人からの献金が記載されていたことが発覚。故人献金つまり偽装献金の疑惑が浮上した。鳩山代表は、会計担当の公設秘書に資金管理を一任していたと釈明し、秘書を解任した。

■裁判員裁判 「裁判の迅速化・民主化」という名目の下に2009年5月にスタート。法務省は「未来の裁判員を育てる」として、08年9月から検察官や刑務官による「出前授業」を全国の小中高でスタートさせている。厳罰化に向けて舵を切りたい国の片棒を国民に担がせる制度だという声も。

■政権交代 8月30日の第45回衆院総選挙。自民党は300から119へと議席を激減させ惨敗。一方、民主党は115から308へと議席を大きく伸ばして圧勝した。投票率は69.3%。総選挙の結果を踏まえて、9月16日、鳩山由紀夫を首班とする民主党内閣が発足した。選挙による政権交代が実現したのは初めてのこと。

■事業仕分け 国や地方自治体が行う個別の事業について、公開の場で必要性や効率的な実施方法を議論する手法。各事業を「不要」「民間に委託」「国ではなく都道府県が行うべき」などと仕分けする。「仕分け人」と呼ばれるのは公務員OBなど、民間人。民主党新政権の下、行政刷新会議はこの手法を用いて、概算要求に盛り込まれた事業の必要性などを判定していく。

■脱官僚 鳩山新政権のキャッチフレーズ。子ども手当の創設やガソリン税の暫定税率廃止など、総選挙のマニフェストを実現する考えを強調している新政権だが、「脱・官僚依存」の行方に国民の注目が集まる。

■チェンジ バラク・オバマが大統領候補の時代から常套したキーワードが「ウィ・キャン・チェンジ」。日本の総選挙の結果をみると、変化を求める気持ちは、日本人も同様だったようだ。

■25%削減 新政権の鳩山首相は、国連気候変動首脳級会合で演説し、温室効果ガスを2020年までに1990年比で25%削減(05年比30%削減)することを表明した。麻生前政権の90年比8%削減(05年比15%)を大きく上回るこの数値目標は、主要排出国が厳しい削減目標を設定するという前提つきではあるものの、新たな日本の中期目標を世界に公約したものだ。

■宇宙人 鳩山首相には、かねてから「宇宙人」というニックネームがある。変人と呼ばれた小泉純一郎が首相だった当時の参院選挙のとき、「私は宇宙人と呼ばれている。宇宙人と変人の一騎打ちとみてもらって結構」と自ら発言。

■ばらまき 有権者の気をひくための甘い政策。「ばらまき減税」といえば、財源や効果を十分に検討せずに減税すること。政権与党の人気取りを批判して使われる表現。

■飛翔体 北朝鮮が人工衛星の名目で打ち上げた長距離弾道ミサイルを、河村建夫官房長官がこう呼んだ。ミサイルと特定せず、麻生首相も「北朝鮮による飛翔体の発射は挑発的行為」と。

■DNA鑑定 細胞内にあるDNA(デオキシリボ核酸)の構造が個人によって異なるという特性を利用するもので、事件現場に残されたわずかな血液、体液、髪の毛などからDNAを抽出し、犯罪捜査に役立てようとするもの。年々精巧になってきている技術だが、過去には大きなミスも。

■UFOで金星に 鳩山由紀夫首相の奥様・幸(みゆき)さん。以前出版した対談集『私が出あった世にも不思議な出来事』の中で「眠っている間に、魂が三角形のUFOに乗って金星に行ってきた」と話したり、「前世でトム・クルーズが日本人だったの」など…、自らの“神秘的な体験”を語っていたことが話題になり、海外メディアが一斉に報道した。

■核なき世界 オバマ大統領は2009年4月、チェコのプラハでの演説において「核兵器のない世界」を目指すことを表明して、世界から注目された。核兵器を使用した唯一の大国として行動する、道義的責任にも触れた。これによりオバマ大統領はノーベル平和賞が決まった。

■トゥース 「M-1グランプリ2008」で準優勝し、一躍“時の人”となったお笑いコンビ「オードリー」春日俊彰のキメぜりふ。指を立てて自信ありげに発する。中高生の間で、挨拶代わりや返事代わりの便利な言葉として流行した。

■オトメン(乙男) 「別冊花とゆめ」連載中の菅野文による漫画作品のタイトルで、テレビドラマ化もされた。従来とは異なる男性像を示す新語が近年増えているが、男らしさを備えながらも乙女的嗜好や思考回路、特技、趣味などをもっている男性をこう呼んでいる。

■草食系/肉食系 恋愛に奥手な「草食男子」が増えたと言われる一方、女性の方からアグレッシブに男子たちを攻略する「肉食女子」が増えているとも言われ、女性誌が特集を組むことも。ドラマ「SEX and the CITY」の主人公4人などが「肉食女子」の典型例。

■1Q84 2009年5月刊行の村上春樹による長編小説。発売前から予約が殺到し、9月には上下巻合わせて200万部を突破。作中に登場する音楽や小説も波及的に売れ行きを伸ばすなど、社会現象となった。2010年夏には続編の刊行も予告されている。

■ノギャル 農業するギャル。ギャルのマーケティング会社「SGR」をつくった元ギャル社長・藤田志穂が、秋田県大潟村で「食のあり方を考えるきっかけ作り」をコンセプトに米作りを始めた。収穫した米は「シブヤ米」として出荷された。

■カツマー 経済評論家で公認会計士の勝間和代を人生のロールモデルとし、努力を重ねて成功を目指す人たちのこと。一方、「勝間和代を目指さないほうが幸せ」と真っ向から反論する香山リカの著書『しがみつかない生き方』も話題となった。

■実物大ガンダム 「緑あふれる都市東京の再生」を目指すプロジェクトとして、TVアニメ放映30周年を迎えたガンダムの実物大立像が東京のお台場・潮風公園に出現。細部まで再現され、高さは18メートル。52日間で415万人以上の来場者数を記録。

■キング・オブ・ポップ 2009年6月26日、「キング・オブ・ポップ」ことマイケル・ジャクソンが、復活ツアーを目前に突然の他界。日本では5月に急逝した忌野清志郎をたくさんのファンが悼み、彼を「キング・オブ・ロック」と呼びつつ、その功績を讃えた。

■ひな壇芸人 バラエティ番組で重用されるお笑い芸人の新ポジション。的を射たコメントで番組を盛り上げ、時にいじられ、絶妙なバランス感覚のボケ、ツッコミを織り交ぜるトーク番組の名脇役。土田晃之、品川祐、カンニング竹山らが代表。

ユーキャンからの引用ですけど。。。
どの作品が大賞に選ばれるでしょうか?
僕の予想では、今年は政治がらみのネタだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月22日 (日)

36R馬券購入

今日は、暇な一日・・・自宅で競馬&サッカーテレビ観戦のまったりした休日を久々に過ごしました。ムスコも在所に泊まりに行っちゃったし。

ということで、久々に3会場全12R⇒36レース馬券購入をやってみました。

結果は・・・午前中はまずまず。午後から急に不調に。。。期待のエースインザホールやリオの惜敗もありましたし・・・このままではマズイ・・・と思ったところで迎えた京都11Rマイルチャンピオンシップ。やっぱり④カンパニーを中心にいきましたが、伏兵⑬マイネルファルケもしっかり押さえ、馬券ゲット。マイナスを大幅に解消できました。
ということで、この日だけの36Rを考えればプラス。土曜日はナイジェラの単勝しか当てることができず、大きく沈んでしまったので、2日間のトータルでは負けてしまいました。。。でも、楽しめたかな。

そして、ジェフ千葉が江尻体制になってから初勝利。嬉しかったです。しかし、巻誠一郎選手が左膝靱帯損傷の怪我で途中交代。心配です。でも、この怪我のために他からのオファーが絶ち切れジェフ千葉に残留してくれることになればいいんですけどね。

ということで、他愛もない内容で申しわけありませんが、こんな一日を過ごさせていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月21日 (土)

YAMAOKA T.C

明日、栗東トレセンで調教を積んでいたフライトミッションが放牧に出ます。
放牧先は・・・大橋厩舎なので三重ホースだろうと思っていたのですが、クラブの情報では『山岡トレーニングセンター』。。。
“山岡トレーニングセンター”ってどこ?最初はぱっと見で“岡山”と見間違えてしまい、『岡山県か~遠いなぁ~』と、一瞬思ってしまいましたが、『山岡かぁ~』と認識しなおして、調査に入りました。

『山岡トレーニングセンター』で検索すると・・・岡山トレーニングセンターのホームページ(ブログタイプ)を見つけました。(⇒こちらです)
岐阜県恵那市山岡町にある競走馬育成場のようですね。
トレーニング施設は以下の通り
●ウッドチップコース 700m×幅5m
●ダートコース 550m×幅5m(内回り)ゴムチップクッション入
●坂路コース 直線700m×幅6m 勾配3.5~4.5% ウッドチップ使用
●サンシャインパドック 20頭 6×6m
●円形馬場 直径10m
●放牧場 10×20m×4箇所
●障害練習用馬場
●厩舎 3棟(収容頭数60頭)
●ウォーキングマシーン 1基
ということで、ウッドチップコースがあったり、700㍍の坂路こーすがあったりで、『施設が揃っている牧場だなぁ~』という印象です。
障害調教の技術も高いものがあるのか、主な育成馬が・ヤマカツジェット号(牡6歳・小島貞厩舎)障害オープン 障害レース成績 5戦、1着2回、2着2回、3着1回
と紹介されています。
この牧場ですが・・・まだ新しいんですかね?ホームページの写真や紹介の文章を読んでいると、そんな感じがします。

さて、来週の後半から仕事に少し余裕ができます。フライトミッションにも会ったことが無いですので、その時期に牧場側に許可を得たら行ってみたいと思います。行ったことがある方や愛馬が山岡トレセンにお世話になっていたという方はご一報ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月20日 (金)

ローレル愛馬情報11/20

今週末は大人しくしていることになりました。来週は・・・サッカー三昧かな?
馬券とtotoで来週遊ぶ資金を調達したいところ。

今日はローレル愛馬情報

ローレルベルロード(4歳・牡)
(ナリタトップロード×ベルガール)
11/20 宇治田原優駿ステーブルへ到着後はWM・トラックコースでのダク~キャンター2400m・坂路1本30~25秒/ハロンの調教メニューを消化しています。馬体重508㎏
鮫島調教師のコメント『若干疲れがあるので、軽目の内容で進めています』
★★★かなり軽く乗っていますね。そりゃ疲れたでしょう。ちょっとゆっくりさせてあげましょう。12月の中京に間に合うか?

ローレルクラシック(2歳・牡)
(スペシャルウィーク×キョウワホウセキ)
11/17 この中間はWM・ダク2000m・キャンター3000m・600m坂路1本20-20の調教メニューを消化しており、今週中の入厩を予定しています。
生田氏のコメント『普段は水曜日と土曜日に速いところを乗っているのですが、かなりの雨で馬場の状態が悪くなっているので無理をさせずに長目を乗るようにしています。検疫も近いことですし壊してしまっては仕方がないですからね。馬は悪いところもなく元気一杯です』
★★★今週の入厩はありませんでした。“早く”って思っている方も多いと思いますが、現在も馬体が成長中。あまりプレッシャーをかけない方がいいかも。。。個人的にはそれほど急いで入厩させることもないかと思っています。この馬には大きな期待をしていますから。。。焦らず、程良いタイミングで。

ミンナノアイドル(2歳・牡)
(オグリキャップ×グレイスクイン)
11/17 引き続きWM・ダク・20-20のキャンター2400mの調教メニューを消化しています。
★★★停滞状態。何とかデビューまで。

ローレルイグザルト(2歳・牡)
(フレンチデピュティ×アサカプティット)
11/13 本日ゲート試験を受検し合格しました。
池添調教師のコメント『練習では出があまり良くなかったのでどうかなと思っていたけど、一緒に受けた相手もさほど速くはなかったので助かったよ。週末から徐々にペースを上げていきます』
11/18 この中間も変わりなく調整されており、阪神競馬・2歳新馬戦への出走を予定しています。

18日・栗CW稍・助手・6F86.2-69.4-54.9-40.7-12.5(6分所・一杯)
(2歳新馬・メイショウスズラン・一杯の外同入)
池添調教師のコメント『まだ動きが重いし、自分からハミを取って行くところはないけど、やり込んで行けばシャキッとして来るでしょう』
★★★先週末にゲート試験合格。調教メニューを強めていますが、まだまだしっかりしていませんね。HPの動画でもわかるとおり、クビが使えてないですからね。迫力のない走りに終始している状態。走り方がまだ身についていない感じ。背も低いので、もっと躍動感のあるフォームにならないと厳しいでしょう。ちょっと時間がかかるかも。使いながら良くなっていくのかな?

ということで、特に進展的な話は無く、好転気味かと思いきや停滞気味でした。
2歳勢には頑張ってもらわないと。。。破綻します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月19日 (木)

ローレルクラシック蔵出し写真

クオンが出走を予定し、抽選に臨みましたが除外。今週も出走馬なし。残念です。

今日は、入厩間近のローレルクラシックを再度クローズアップ。最近、ページ別のアクセスは091004イクタTF訪問記③なんですよね。。。ローレルクラシックの写真を見てくれる方が多いのだと判断しています。

と、いうことで、別の写真を掲載したいと思います。

111901

111902

111903

111904

111905

111906

今回は各写真についてのコメントはしませんが、いい馬だと思います。大きい舞台で戦える素質を持っていると思います。
ローレルクラシックに出資された皆様。また、コメントよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月18日 (水)

ユニオン愛馬情報11/18

さて、先週の試合で勝って、今週末も忙しい予定だったのですが・・・(土曜日は別の出張があるけど)日曜日は暇になってしまいました。何しようか?クオンが日曜日のレースに出るんだったら・・・京都なら行けるけど、福島じゃ無理だな。。。何しようかなぁ~。

と悩みながらのユニオン愛馬情報です。

クオン(5歳・牡)
(トロットスター×ファーストステップ)
11/18 角馬場⇒坂路(57.9-42.7-28.2-14.0)一杯に追う *坂路で単走の追い切り。徐々にペースを上げ、ラストは一杯に追う。時計の掛かる馬場状態でもあったため、本馬としてはまずまずの時計だろう。久々を叩いた上積みにも期待したいところ。福島ダート1700m戦を中心に検討しているが、想定の段階で、2節の本馬では除外の可能性が高いため、今のところ頭数が少ない見込みの京都(土)ダ1800・混への出走も検討している。最終的には明日の出馬投票の状況を見て決める予定。
大橋調教師のコメント『雨などの影響で他馬もかなり時計を要する馬場状態だったからね。本馬はもっと掛かるかなと思ったぐらいだったから、14秒ちょうどなら上々でしょう。真っ直ぐ走って動きも良かったしね。メンバー構成などもよく見てレースを決めたいと思う』
★★★時計はこんなものでしょう。いつも通り。福島に行けば芹沢騎手で行けるということで、期待できたのですがね・・・どうでしょう?福島も今週で終りなので、出走ラッシュとなるのかもしれませんが、2節なら抽選でもどこかに入れないだろうか?京都1800はローレルレガリスもスタンバイということで、2戦連続直接対決は得策でないような気も。。。レガリス強いですからね。
福島で内枠を引いて、先行粘り込みのレースを見てみたい。

ゴールドロザリー(2歳・牝)
(アグネスデジタル×クライストストーリ)
11/17 普通キャンターを3000m乗り、週1回15-15を乗っている。
担当者コメント『引き続き、良い動きができていますよ。以前よりも大分やる気が出てきたと思います。このまま競馬での走りも変わってくれると良いですね』
★★★相変わらず、期待させてくれる文章。。。そして、僕としては半信半疑。12月中旬までは居るだろうから、もう一度見に行きますかね?
いい目をしてくれると嬉しいんですけど。。。

フライトミッション(2歳・牡)
(アグネスフライト×エンジェルマインド)
11/18 追い切り後の金曜日にスクみの症状が見られた。獣医師の診察も受けたところ、筋肉にも張りがあり、あまり無理はできない状況との診断。ゲート試験は合格できており、大事を取って立て直すために15日(日)山岡トレーニングセンターへ放牧へ出た。
大橋調教師のコメント『金曜日には馬房から出るだけでコトコトしていた。獣医さんからも『筋肉がパンパン』と言われていたからね。ビシッと追った反動が出てしまったようだ。まだ馬体に余裕があるし、全体的に幼い。ここで無理をするよりはしっかり鍛えてもう一度進めていった方が将来的にも良いだろう。ゲート試験はクリアしているから、今後戻ってきた時はデビューに向けて進めていくだけ。立て直しでどんどん乗り込み鍛えてもらいましょう』
★★★飛び級気味に入厩しましたが、やはり疲れが出てしまいましたか。。。時計は出ていませんが一杯で追われていますからね。怪我をしたワケではなく、筋肉痛みたいなものでしょう。これを乗り越えて筋肉がつくというもの。
さて、山岡トレーニングセンター?岐阜県恵那市だって。。。近いようで遠い岐阜県。。。見学には一苦労。三重ホースを期待してたんだけどなぁ~。

ということで、フライトミッションがリタイア。クオンの出走が可能かどうか気になります。ラグビーの無念を愛馬がはらしてくれないかなぁ~

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年11月17日 (火)

父の背を追えエースインザホール

今日は中日スポーツにユニオン所属馬のエースインザホールが記事となっておりました。ここでもよくコメントをくださる、くにくんさんの持ち馬。僕もこの馬が欲しくて、当歳プレゼントに応募したんですがね。。。外れてしまいました。価格のこともあり、その後購入には走りませんでしたがちょっと後悔しているかな。。。
ということで、その記事を一語一句省略せず書かせていただきます。

父の背を追えエースインザホール
●●●●●●●
ターフビジョン
●●●●●●●
管理馬を種牡馬として送り出してやること。それがかなった時、調教師としてこの上ない喜びを感じる、と言う。種牡馬となって以後も見守り続け、いつかは2世たちの育ての親に、と願う。夢の続きには、果てが無い。
ブエナビスタ、リーチザクラウン、タガノエリザベートらを輩出。スペシャルウィークは種牡馬として、確固たる地位を確立した、と言っていい。現役時代の管理者・白井調教師は、そんな“わが子”を、父親の顔で応援し続けてきた。
そんな師のもとに、ようやく今年、ダイヤの原石が届く。「セリでどこか父親に似ていい馬だなと、見ていたのですが…」。07年の北海道オータムセール。いつもは足を運ばないそのセールで、白井調教師は偶然、逸材と出会うことになる。スペシャルウィーク産駒の牡馬エースインザホール(牡2歳)。その眼力に、狂いはなかった。
入きゅう後は、坂路で好時計を連発。デビュー戦(10月24日・東京、1600㍍ダート)を馬なりのまま快勝(2着に1秒差)して、つぼみをふくらませた。「初戦で馬なりのまま6馬身差をつけた、というのは初めて。次もダートで、と考えてますが、芝でも間違いなくやれるはずです。あのエルコンドルパサーもそうでしたから」。
トレーナーは、同じ東京のダート1600㍍(2着に1秒1差をつけ圧勝)から競走生活をスタートさせた凱旋門賞銀メダリストの名を挙げた。注目の2戦目は、22日のもちの木賞(京都・1800㍍ダート)。クラシックという大海へ。父の背中を追う旅が、いよいよ始まる。(山田数夫)

ということで、次代のエースとなるかもしれないエースインザホール。2走目が楽しみです。
同じスペシャルウィーク産駒のローレルクラシックもお忘れなく。。。GⅠの舞台で戦いたいですね。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年11月16日 (月)

2009種牡馬種付け料

昨日は短い文章になってしまい申し訳ございません。。。やっぱり競馬よりも大事なものもあるんで。。。
と、いうことで、今日は気持ちを切り替えて、長文。。。行数は稼いでいますけど、文章的には短いですが、、、最新の種牡馬種付け料でございます。データは駄馬さんのところで拝借させていただいておりますが。。。

1000万円 アグネスタキオン  前年同額
     ディープインパクト  200万↓

500万円 キングカメハメハ  前年同額
     ダイワメジャー   前年同額

400万円 アドマイヤムーン  新規条件
     シンボリクリスエス 100万↓
     スペシャルウィーク  100万↓
     ネオユニヴァース  前年同額
     フレンチデピュティ 前年同額
     ロージズインメイ   前年同額

350万円 アグネスデジタル  前年同額
     ジャングルポケット 100万↑
     ハーツクライ      50万↓
     フジキセキ      50万↓

300万円 アグネスデジタル  前年同額
     クロフネ      前年同額
     ゴールドアリュール 前年同額
     ステイゴールド    50万↓
     ゼンノロブロイ   前年同額
     タニノギムレット   100万↓
     ダンスインザダーク  100万↓

250万円 アルカセット    前年同額
     サクラバクシンオー   50万↓
     ステイゴールド   前年同額
     チチカステナンゴ  新種牡馬
     ファンタスティックライト 新規条件
     マンハッタンカフェ  50万↓
     メイショウサムソン 新種牡馬

230万円 ストラヴィンスキー  20万↓

200万円 アルデバラン       新種牡馬
     デュランダル     前年同額
     ファスリエフ     前年同額
     ファルブラヴ     300万↓

180万円 デビッドジュニア   前年同額
     バゴ        前年同額

150万円 サクラプレジデント 前年同額
     ストーミングホーム 新規条件
     ディクタット    新規条件

130万円 チーフベアハート  前年同額

120万円 ケイムホーム    前年同額
     スズカフェニックス 新種牡馬

100万円 アドマイヤマックス 前年同額
     オペラハウス      50万↓
     ザール       新規条件
     サクラプレジデント 前年同額
     スズカフェニックス 新種牡馬
     ボストンハーバー   50万↓
     マーベラスサンデー  30万↓
     ルールオブロー   新規条件

 80万円 アドマイヤコジーン  70万↓
     サクラチトセオー  前年同額
     ゼンノエルシド   新規条件
     ティンバーカントリー 40万↓
     トワイニング    新規条件
     ブラックタイド   新種牡馬
     ホワイトマズル   前年同額
     リンカーン     前年同額

 70万円 アドマイヤマックス 前年同額
     マイネルラヴ    前年同額

 50万円 アグネスワールド  前年同額
     アドマイヤジュピタ 新種牡馬
     アドマイヤドン   前年同額
     イーグルカフェ   前年同額
     エイシンサンディ  前年同額
     カリズマティック   20万↓
     カルストンライトオ 前年同額
     サイレントディール 新種牡馬
     サウスヴィグラス  前年同額
     サクラチトセオー  前年同額
     シルバーチャーム   20万↓
     ゼンノエルシド   前年同額
     スクワートルスクワー前年同額
     タイムパラドックス 前年同額
     タップダンスシチー 前年同額
     ティンバーカントリー 30万↓
     トーセンダンス   前年同額
     トワイニング     30万↓
     パーソナルラッシュ 新種牡馬
     バブルガムフェロー  30万↓
     ヒシミラクル    前年同額
     ブラックタイド   新種牡馬
     ブラックホーク    30万↓
     マイネルラヴ    前年同額
     ヤマニンセラフィム 前年同額

 30万円 イーグルカフェ   前年同額
     カルストンライトオ 前年同額
     キャプテンスティーヴ 20万↓
     キンググローリアス 前年同額
     サイレントディール 新種牡馬
     サムライハート   前年同額
     スターオブコジーン  20万↓
     スパイキュール   前年同額
     タイムパラドックス 前年同額
     タップダンスシチー 前年同額
     テレグノシス    前年同額
     トーセンダンス   前年同額
     ナイキアディライト 新種牡馬
     パーソナルラッシュ 新種牡馬
     バブルガムフェロー  20万↓
     ヒシミラクル    新規条件
     フサイチレオン   新種牡馬
     ブラックホーク    20万↓
     マイネルセレクト  前年同額
     メジロベイリー   前年不明
     ヤマニンセラフィム 前年同額
     ロサード      前年同額

 25万円 ボーナスフィーバー 新種牡馬

 20万円 アラムシャー     50万↓
     サニングデール   前年同額
     トーセンロッキー  新種牡馬
     マイネルセレクト  前年同額
     メジロベイリー   前年不明
     ロサード      前年同額

 10万円 イシノサンデー   前年同額
     サイレントハンター 前年同額
     ダンツシアトル   前年同額
     ロドリゴデトリアーノ前年同額

Private サッカーボーイ
     トウカイテイオー  
     パレスエース    新種牡馬
     モエレヴァチャス  新種牡馬

やっぱり馬って高額なお金が行きかう世界ですよね。。。現2歳にいるローレルクラシックとローレルイグザルト、それからゴールドロザリーの父であるスペシャルウィークとフレンチデピュティが種付け料400万円。アグネスデジタルが300万円。この3頭だけで1100万円。。。自分の実生活を考えると桁違いの金額。。。この世界をある程度安く提供してくれている一口馬主のクラブには感謝の気持ちでいっぱいです。。。
データを整理しながら、そう考えさせられる今日のネタでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月15日 (日)

ガッカリ

大事な試合に負けてしまいました。。。。また、いちから出直しです。

ということで、日曜日は一日PCを開けませんでした。コメントや投稿ができずスイマセンでした。

いつまでも、くよくよしても仕方がありませんので、月曜日からバリバリ書きます。内容はしょ~もないかもしれませんけど。。。

ということで、しばしお待ちを。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月14日 (土)

2009リーディングサイアー11月の順位

2009年もあと2ヶ月を切りました。今週もエリザベス女王杯(GⅠ)がありますが、今後も毎週ビッグレースが組まれています。
競馬は12月末すなわち年末で一区切り。各種タイトルが決まります。人だけではなく現役馬も種牡馬も。。。
ということで、現在のリーディングサイアーをちょっと確認してみました。

中央総合リーディングサイアー
1 マンハッタンカフェ
2 ダンスインザダーク
3 アグネスタキオン
4 シンボリクリスエス
5 スペシャルウィーク
6 クロフネ
7 フジキセキ
8 サクラバクシンオー
9 タニノギムレット
10 ステイゴールド
11 キングカメハメハ
12 ネオユニヴァース
13 フレンチデピュティ
14 ブライアンズタイム
15 タイキシャトル
16 アドマイヤベガ
17 ゴールドアリュール
18 ジャングルポケット
19 グラスワンダー
20 マーベラスサンデー
マンハッタンカフェがリード。賞金ではGⅠ一つでは追いつかないくらいの差がありますので、逃げ切りは濃厚か?そして、菊花賞で逆転に成功したダンスインザダークが2番手。昨年のリーディングサイアーであるアグネスタキオンが3番手の展開。。。僕が出資している現役馬では5位にスペシャルウィークと13位にフレンチデピュティが居ますね。。。

それから、2歳リーディングサイアーは以下の通り

2歳中央リーディングサイアー
1 スペシャルウィーク
2 フジキセキ
3 サクラバクシンオー
4 クロフネ
5 アグネスタキオン
6 キングカメハメハ
7 マンハッタンカフェ
8 スウェプトオーヴァーボード
9 ゼンノロブロイ
10 デュランダル
11 ネオユニヴァース
12 フレンチデピュティ
13 シンボリクリスエス
14 ロージズインメイ
15 ダンスインザダーク
16 タイキシャトル
17 サクラプレジデント
18 ファルブラヴ
19 マイネルラヴ
20 ストラヴィンスキー
こちらはスペシャルウィークがトップ。もちろんユニオンのエースインザホールも貢献しております。
そして、ローレルイグザルトの父フレンチデピュティも総合よりも一つ順位を上げて12位。。。ローレル愛馬の父は名を連ねるんですが、ユニオン愛馬の父は出てきません。特にゴールドロザリーの父アグネスデジタルは現2歳世代は不調・・・ちょっと心配です。
ということで、特に結論となるようなものを見つけることができなかったので、リーディングサイアーランキングを紹介しただけ見たくなっちゃいました。。。申し訳ございません。
でも・・・サンデー系の産駒のランクインの多いこと。。。愛馬もSS系を増やした方が成績上がるかな?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年11月13日 (金)

イグザルト一発合格!

今週末は我がラグビーチームの天王山。今週はそっちに集中。
そして、今日は愛馬情報が入らないかなぁ~と思っていましたが、ありました!!

ローレルイグザルトが一発でゲート試験を合格しました。

ローレルイグザルト(2歳・牡)
(フレンチデピュティ×アサカプティット)
本日ゲート試験を受検し合格しました。
池添調教師のコメント『練習では出があまり良くなかったのでどうかなと思っていたけど、一緒に受けた相手もさほど速くはなかったので助かったよ。週末から徐々にペースを上げていきます』
★★★最近は坂路に入っていないので、調教もゲート中心で、そろそろ受験すると思っていましたが、予想通り。そして、一発で受かってくれました。グリーンファーム甲南で調教を見た時は、スタート地点からもソロソロとスタートしたので、良く分かりませんでしたが、早い段階でスピードに乗ったキャンターを見せていたし、前が勝っていて掻き込むタイプですので、ゲートも速いんじゃないかな?って思っていたのですが、コメントではそうでもないみたい。
それでもこれから強い調教をしていくと思うので、さらなる能力アップに期待しましょう!
今日合格ということですので、デビュー戦は28日(土)の京都5Rメイクデビュー・ダート1200㍍で行きましょう!ここなら応援可能かも。(ムスコがジュビロ磐田を見に行くって言ったらダメだけど)
ここで負けたら、12月12日中京未勝利ダート1000㍍or13日阪神ダート1200㍍。メイクデビューで勝ったら19日中京つわぶき特別芝1200㍍or20日阪神500万下ダート1200㍍でどうでしょう?

ということで、期待のローレルイグザルト。一気に勝ち上がりましょう!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月12日 (木)

ユニオン愛馬情報11/12

今週は愛馬の出走がありません。長いときは1ヶ月半くらいの期間、出走する馬がいないときもあるので慣れっこだと思うのですが、何週か連続で愛馬が走って、そしてそこそこ結果が出ると、つまらなく感じますね。
昨日書いたとおり、ローレル愛馬に元気が出てきました。ユニオン愛馬にも期待したいところ。。。

今日はユニオン愛馬情報です。

クオン(5歳・牡)
(トロットスター×ファーストステップ)
11/11 レース後も脚元等に異常はない。次走は、来週の福島ダート1700m戦も視野に入れている。
大橋調教師のコメント『休み明けでも思った以上の行きっぷりを見せてくれたのは収穫だった。輸送もあって、適度に馬体が絞れてスッキリしていたのも良かったかもしれないね。叩いての上積みもあると思うので、次も楽しみだね』
★★★まずは無事で何より。予想通り来週の福島(福島最終週)ダート1700㍍も予定とのこと。。。同じ週に京都ダート1400㍍もあるんですよね。。。どうですか?大橋先生!!
福島“も”視野にですから、京都“も”視野にあるのかな?福島で何となくいい感じになったので、福島でいいんですけどね。短距離試走はそのあとでもいけますから。。。
いずれにしても、もう少し馬体を引き締めましょう。

ゴールドロザリー(2歳・牝)
(アグネスデジタル×クライストストーリ)
11/10 普通キャンターを3000m乗り、週末には15-15を乗っている。今後も定期的に15-15を乗り込んで、帰厩に備える。
担当者コメント『速いところも動きを継続していますし、良い感じですね。雰囲気も上向いてきていますから、このまま乗り込んでいきます』
★★★先週に続きいい感じのコメントが並びます。。。この前も走っているところを見たわけでは無いので、参考にならないかもしれませんが、気迫を感じなかったので、このコメントも素直に受け取れません。本当に良化しているんであれば何よりです。年末帰厩の予定が良化のため帰厩が前倒しになるのかもしれませんね。そうなれば嬉しい誤算です。馬体は立派だし、顔もいいのになぁ~。

フライトミッション(2歳・牡)
(アグネスフライト×エンジェルマインド)
11/8 DP 単走で半マイルから 58.5-42.4-13.4(ブック)馬ナリ余力 ニホンピロビーナス(新馬)馬ナリの内同入
11/11 芝 併せ馬で5Fから
68.9-53.7-39.6-12.5(ブック)追って一杯
ニホンピロビーナス(新馬)馬ナリの内同入脚色劣
ラストの直線で一杯に追い、僚馬と同入。まだまだ良化途上ではあるが、先週よりも首を上手く使えていた。
大橋調教師のコメント『週末にも追い切っており、順調に調整している。動きも少しずつ良くなってきているよ。幾らか馬体も絞れてきたから、動きやすくなってきたのだろう。ただ、まだ馬体には余裕を残しているし、息遣いはまだまだ。どんどん乗り込んで、鍛えていきましょう』
★★★クオンのデビュー前もそうでしたが、坂路に入れずポリトラック、芝などのコースで長いところをゆっくり乗っている感じですね。調教の雰囲気だけ見ると長距離馬として育成していくのかな?って思っちゃったりしますが、どうなんでしょう?まぁ、クオンもWCコースなどを走っていましたが、デビューは芝短距離でしたからね。。。まぁ、同期の牝馬にもついていくのがやっとの状態ですからね。。。もう少し様子を見たいと思います。
現状が限界だったら・・・ちょっと厳しいかもね。まぁ、そんなことはないでしょうけど。。。

ということで、クオンは来週。ゲート試験合格のフライトミッションは長いところをゆっくりと。。。って感じ。3歳のインペリに次いでエルクラシコも引退したユニオン勢。。。現2歳もダメだったら・・・困るぞ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月11日 (水)

ローレル愛馬情報11/11

やっとブログ投稿が追い付きました。とりあえず良かったです。
閲覧してくださっている方も増えてきたので、やっぱり毎日更新しないとね。。。これからもなるべく頑張ります。

今日は久々のローレル愛馬情報。2週間以上ぶりですね。。。
唯一の古馬ローレルベルロードはレースに出走していたので、毎週のようにこのブログにも登場していましたが、2歳馬は久々ですね。そして、その2歳馬に大きな動きがあったので紹介します。

ローレルベルロード(4歳・牡)
(ナリタトップロード×ベルガール)
11/11 レース後の上がりの状態に特に変わりないようですが、本日宇治田原優駿ステーブルへ放牧に出ました。
鮫島調教師のコメント『連闘は問題ないと思っていたけれども、目に見えない疲れがあったのかもしれませんね。一旦外で調整しますけど、馬の状態と番組を見て次を予定したいと思っています』
★★★磐梯山特別最下位のあと、やっぱり放牧となりました。連闘による疲労や故障を心配しましたが、それも心配なさそうですね。疲労回復のために放牧に出ました。この様子なら12月19日の中京天竜川特別(芝2500㍍)も可能性がありますね。でも無理をせず。。。

ローレルクラシック(2歳・牡)
(スペシャルウィーク×キョウワホウセキ)
11/6 来週中(検疫キャンセル待ち)または再来週の検疫を経て栗東トレセン・飯田雄三厩舎へ入厩予定となりましたので、11日(水)の予約受付をもちまして募集を終了させて頂きます。
生田氏のコメント『こちらへ来てから20㎏程度は体が増えていますが、15-15をしっかり乗っての体重増ですからね。背が伸びて首から肩それにトモに厚みが出ています。お腹まわりにもボテッとした感じはありません。ウチで預っている3歳の現役馬達と比べても遜色ない体つきをしていますし、他の2歳馬からはちょっと抜けた感じがあります。血統面も魅力的ですから、本当に楽しみですね』
★★★いよいよ入厩となりました。飯田雄先生も気に入ってくれているクラシック。獣医学を専攻されていた先生らしく、クラシックの脚元を入念にチェックしてくれていました。そして、無事に入厩へ。。。脚も含めて馬体に不安が無いということなのでしょう。イクタTFでもべた褒めだったローレルクラシック。今から活躍が楽しみです。ローレルの看板選手となるような結果を出して欲しいですね。期待しています。

ミンナノアイドル(2歳・牝)
(オグリキャップ×グレイスクイン)
ホースプレイスで育成中。
11/10 この昼間から屋外ダートコースで2400mのキャンター調教を行っています。
担当スタッフのコメント『20秒ペースのキャンターを再開しました。リフレッシュ効果で、背中の力をしっかり使える様になってきたので前肢もスッキリしています』
★★★まだまだ時間がかかりそうですね。一息入れて調子が戻ったということの様ですので、良かったです。年内入厩はちょっと難しいかな?

ローレルイグザルト(2歳・牡)
(フレンチデピュティ×アサカプティット)
11/2 4日(水)の検疫を経て栗東トレセン・池添兼雄厩舎へ入厩予定となりました。
11/4 本日4日(水)の検疫を経て栗東トレセン・池添兼雄厩舎へ入厩しました。
11/11 先週入厩後も順調に調整中で、コースでのキャンターとゲート練習を消化。
池添調教師のコメント『先週末に15-15はやっておいたよ。まずはゲート試験からだけど、良い状態で連れて来れたし期待をしています』
★★★こちらも入厩を果たしました。直前の様子をグリーンファーム甲南で見ました(HPの動くパドックにて坂路調教を公開中)が、いい動きをしていましたからね。。。池添先生のこのコメントについても納得です。近いうちにゲート試験を受験して、即合格となるでしょう。そして、デビュー戦。。。番組を考えたら11月28日(土)の京都5Rダ1200㍍が理想じゃないでしょうか?是非、ここで使って欲しいです。

ということで、期待の2歳馬が2頭入厩。今年は愛馬の引退が相次ぎちょっと寂しかったのですが、やっと活気が出てきました。
年末に向けて楽しみが増えてきました!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月10日 (火)

休んだ後が勝負だ!ベルロード(146走目)

スイマセン。遅くなりましたが何とか投稿できました。

ローレルベルロード
7日(土)福島1福島11R磐梯山特別・3歳上1000万下(混・H)芝2600㍍
中舘英二57.0㌔

ひとつ前のレースでクオンが走り、そして迎えたメインにローレルベルロードが登場。。。今までにこんなことは無かったですし、今後もこんなことは少ないでしょう。同じ準メイン&メインでも『準オープン&グレードレース』くらいの格でやって欲しいところですけど。。。

それではまずパドックの様子から。
栗東から福島遠征の連闘でしたが、馬体重は僅かに2㌔減の492㌔での出走。これについてはローレルベルロードに体力がついてきたことと、陣営の努力に感心するばかりです。パドックでの動きは、後脚の送りが少し浅いというか硬いというか。。。気性的にややカリカリしているところもあり、気合が入っているように見えましたが、歩様からはそれほど調子がいいというようには見えませんでした。
パドック解説のコメントは『連闘になるんですが、歩様はしっかりしていますし、キビキビと活気があります。疲れを全く感じさせません』と、高評価。
そして、パドック推奨馬は⑤クロカンブッシュ⑪メイショウイチバン②ローレルベルロード⑨アイティトップ⑥ヒカリベルサイユの5頭。ローレルベルロードは3番手に挙げられました。
あまりいい状態には見えませんでしたが、連闘のことを考えれば上出来の部類か?馬券については買い控えましたが、1番人気はちょっと買い被り過ぎだと思いましたね。
怪我無く無事に周って来て欲しいところ。

いよいよスタート。
最低でも2番手くらいでレースを進めたいベルロードですが、スタート直後の出が悪く4~5番手まで下げる序盤。ハロンタイムは12.9-12.0であり、前走のハロンタイム13.0-11.6よりも遅い400㍍。馬場の傷みも多少進んだとは思いますが、やっぱり前に着けられない。疲れがあったんでしょうな。。。400㍍を超えたところからは500万下のように簡単に息が入るわけも無く、更に先頭からは離される展開。1コーナーでは12頭中5番手。とても“先行している”という感覚ではありませんでした。
そのあとも馬場の内側を周るもののどうも追走にも苦戦しているような感じ。。。前走よりもレースのペースは速いですけど、前走の出来なら前についていけそうな感じも。。。
そして、最終コーナーでは更にポジションを落とし、直線入り口では内側の最後方といった感じのポジションに。。。
直線では鞍上の中舘騎手も全く追わず、馬なりでゴール。2番人気を背負いながら見どころの無いレースでしたが、これでよかったと思います。個人的には無理をさせなかった中舘騎手には感謝しています。(勝てる気配があったら頑張ってくれた方が良かったですけど)
勝ったのは8番人気の⑦マサライト。勝ち時計は2分39秒4。②ローレルベルロードは2分41秒2の時計の12着(12頭立て)。とにかく、故障が無くてよかったなぁ~って思うくらいです。
まだ、上がりの状態のコメントはありませんが、故障無く放牧へ出てもらいたいと思います。
それでも早期回復が可能な体力がついているならば、12月19日(土)中京競馬場12R天竜川特別(ハンデ)へ出走してほしいなぁ~と思います。今回の連闘を含めた新潟⇒東京⇒福島の連戦の疲れが溜まっているようであれば年末は無理せず休養でもいいじゃないかな?

今回のレースのハロンタイム
12.9-12.0-11.7-12.1-13.0-13.0-12.5-12.8-12.1-11.4-11.6-11.8-12.5

前走同距離のレースのハロンタイム
13.0-11.6-12.5-12.7-13.3-13.2-13.3-12.6-12.6-11.7-11.8-11.5-12.3

ベルロード自身も前走よりも0.9秒速く走ってきたんですけどね。
因みに上がり3Fの時計は前走が35.6秒。今回は36.6秒。。。明らかに疲れてたね。

中舘騎手のコメント『返し馬からして出て行かないから、連闘で疲れが残っていたね。最後はバテバテでした』

勝負は休養明けの次走から。天皇賞春に間に合うように勝ち進むことが出来るかな?まぁ天皇賞もフルゲート割れになるときもあるし。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 9日 (月)

支度金制度

最近は、時間が無さ過ぎる。忙しすぎる(でも、何とかブログを投稿してるのでワァワァ言うほどではないんですけどね)
ここ数日はブログを定期的に更新するのはちょっと大変な毎日です。

ローレルベルロードのレースも振り返りたいですけど・・・火曜日付けで、明日の昼くらいを目処に何とか投稿します。(ちょっと時間もかかる記事ですので)

ということで、今日は僕の勝手なしきたりを書きます。
ローレルクラシックへの増資を目論んで週末に買った馬券とtotoは失敗。。。昨日起死回生を狙ったナンバーズ4も撃沈。残念ながら増資はあきらめることにします。

・・・というのも、僕の一口馬主出資にはある約束を設けております。その約束とは・・・

“支度金制度”

勝手にネーミングまで考えてやっていますけど、これは04年にローレルシードに出資した時から必ずやっている約束です。
内容はこんな感じです。
金さえあれば出資したいと思う馬はいっぱいいるのですが、当然、使えるお金には限度があります。もともと後先考えず“欲しい”と思った時に無理しちゃう性格(いままで、そうなったことはありませんけど)を抑えるために、馬に出資する場合は必ずこのお金だけは用意するように決めています。
①一括で払えるだけの一口分のお金
②その馬を20ヶ月間養うことのできる維持会費
この2点のお金を用意できた時にだけ出資することに決めております。
①は・・・やっぱりローンとか借金とかはダメなんですよね。。。計画性が無い人間ですので。。。もう、一括でしか買いません。(車もいつも一括です。生涯で家だけはローンを組みましたけど)
②は・・・翌年の8月までの維持会費ということになります。つまり、愛馬が未勝利のままなにも稼がずに引退しても借金を作らない支度金を準備しようということで、この金額を設定しています。
1勝すれば約1年分の維持会費に相当するくらいのお金は持ってきますからね。。。一口馬主とは最初の20ヶ月が大事な勝負です。

ローレルクラシックの場合・・・
①60,000円
②30,000円
ということで、一口出資するに自分の中で9万円のお金が浮いていないと出資することができないというワケです。
ちなみに2口増資を目論んでいたので、18万円。。。クオン頭の3連単が的中すれば行けたんですけどね。。。
と、いうことで明日までに18万円を見繕うことができる大技があるのか?スクラッチ宝くじ?それともナンバーズ?(今日はミニロトもナンバーズも買う時間的余裕が無かったです)

ということで、この面倒くさい“支度金制度”。。。お陰さまで、円満に一口馬主ライフを謳歌しております。現1歳馬世代に出資することを考えると・・・そろそろ“支度金”を集める必要がありますね。不況ということで、来年は給料が減りそう。。。一口馬主ライフも縮小しなければいけないか??

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月 8日 (日)

意外な積極策・・・クオン

昨日はレフリーがありまして早朝から移動。帰りも遅かったし、暑くてバテバテでしたので、またも投稿が遅れてしまいました。そんな理由もありまして、今から一生懸命書きます。

ジェフ千葉がJ2降格へ。。。今日は愛馬のレースを振り返りますが、ジェフ千葉特集も組もうと思っています。只々残念でなりません。

クオン
7日(土)福島10R土湯温泉特別・3歳上500万下(混)D1700㍍
芹沢純一57.0㌔

先週に引き続きこの日もPM5時まで通常業務。。。夕方はちょっと暇になったので、自分のブログをチェックする時間がありましたがコメントの書き込みは無く・・・ヤッパリ負けたのかな・・・って、思ったりもしました。(先週はブログのコメントで勝利の吉報を手に入れたんだけどな・・・)

さて、レースですが、
クオンは自身にとっては珍しい、4ヶ月にも及ぶ長期放牧を挟み、4ヶ月半ぶりの出走となりました。クオンはマイナス6㌔の462㌔での出走。三重ホースTCで見学したときは、お腹に赤ちゃんがいるのでは?と、思うほどの腹の膨らみ。絞るのに苦労していたような状態だという情報もあったので心配しましたが、まずはマイナス体重での出走で安心しました。。。もしかしたら、初の長距離輸送で馬運車に乗ったことで痩せたのかも。。。パドックの様子は・・・相変わらず、ぼんやりと歩いております。僕が見た感じではやや前脚の出が悪いかな?って感じに映りました。気艶はまずまずなので体調は良いのだと思いましたが、やっぱりお腹が出ている。。。良化途上での出走という感じは否めないですね。
パドック解説のコメントでは『はい。マイナス体重なんですけど、まだ体つきに余裕がありますね。』と、簡単なコメント。あんまり興味が無いんだろうなぁ~
パドックからの推奨馬は⑨ディアマジェスティ②ブラッシュアップ(ユニオン馬)①ヘリオスシチー⑧ローレルレガリス(ローレル馬)の4頭。断然の1番人気であるローレルレガリスが3番手評価。これはちょっと意外でしたけど。。。

さてレースです。レースは僕の予想と違い、意外な方向へ。。。
クオンは大外枠ですので、最後の枠入れとなったのでスタート前に一度名前を呼ばれました。ちょっと得した気分です。
スタートは五分。やや外に膨らみ加減ではありますが、直後から押して先頭集団に食らいつく感じ。こんな積極策は久し振り。08年3月23日の阪神ダ2000㍍(9頭立て)でも、最初から4番手~5番手でレースを進め5着に粘り込んだことがありましたね。あの時は福永騎手でした。
今回は久々の芹沢騎手。芹沢騎手は以前乗ってくれたときはかなり後ろに下げてレースを進めていました。今回は別人のような感じ。いきなり差のない4番手につけました。
そして、更に気合を付け②ブラッシュアップと⑤ジェネラルノブレスを外から抜き、向こう正面では3番手につけました。逃げるのは⑧ローレルレガリス。前半はそこそこ早いペースでレースが進みます。クオンは3番手につけたまま折り合いもつき、いい流れのまま3コ―ナーヘ。そこでも芹沢騎手は積極策。手を動かして、更に前に行こうとします。そのアクションに応えてクオンも前へ。直線入り口では一瞬先頭に立った感じ。そのまま伸びれば勝つかも・・・と、一瞬だけ期待しましたが、外から⑨ディアマジェスティがクオンを抜いていき先頭へ。うちからは差し返そうと⑧ローレルレガリスも粘ります。クオンは早々に粘りを無くし馬券圏外へ。それでも掲示板まではあるかも・・・と、一縷の望みを託しましたが、思いのほか垂れてしまい、掲示板確保もならず。。。
先頭でゴール板前を通過したのは3番人気の⑨ディアマジェスティ(勝ち時計1分46秒5)。ローレルvsユニオンを期待しておりましたが、1番人気の⑧ローレルレガリスは2着。②ブラッシュアップは3着でゴール。クオンは先頭から遅れること1秒5の1分48秒0でした。
上がり3Fの時計が39.5秒とかかり過ぎた為、上位は逃しましたが、そこは叩き良化型のクオン。いつも通りの末脚だったら3着以内も夢じゃなかったかも。レース中も何度か“結構いいところに行けるんじゃないだろうか・・・”と、期待を持ってみることができました。

レースのハロンタイムは以下の通り
7.0-11.3-11.9-12.6-13.0-12.6-12.9-12.5-12.7
前半と後半のペースが分かり易く分かれましたね。後半はクオンも先頭集団について行き易かったことでしょう。

芹沢騎手のコメント『前半から積極的に行って、3~4コーナーでも良い感じだったので、勝ちを意識して早めに上がってしまいました。早めに行った分、最後はバテてしまいましたが、見どころのあるレースでしたね。ここを使って息遣いが更に良くなるでしょうし、終いの動きも変わってくると思います。次が楽しみになりました』

レースを終えて思ったことは、とりあえずいい走りだったと思いました。
まずは前半にいいポジションを確保。先行できたことは評価できると思います。
そして、3~4コーナーでも捲り気味に外からポジションアップできたことも良かったんじゃないでしょうか?
コメントにもありますが芹沢騎手は最終コーナーで勝ちを狙ってアクションしてくれました。良い手綱さばきだったと思います。
このようなレースができればそう遠くないうちに好勝負および勝ち上がりを迎える日か来るかもしれませんね。しかし・・・クオンはこういった好走が定着しないというか、波があるっていうか、好調時を持続できないんですよね。。。ぶっつけで『今日はいい』とか『今日はいかんなぁ~』とか、なっちゃう馬なんで、当てにはし辛いですが、期待をしております。

さて、僕が考えるはクオンの次走以降のスケジュール。。。まずは、中1週おいてもう一度福島に連れてきましょう。そこでもう一回ダ1700㍍。ここで何とか5着に入り優先出走権をもらって、中京1週目のダ1700㍍で勝負。。。(ここは勝つ!!)
これでどうでしょう?大橋先生のことですので中1週は確実に使うでしょう。。。そして、少し休めて万全な状態で中京勝負!久々に口取りしたいなぁ~。

大橋先生に500万下で能力頭打ちと、評価されたクオン。大橋先生を見返す活躍を期待ですね。

今回のレースは意外な積極策で楽しめましたよ。次走も頼むぜ芹沢騎手&クオン

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年11月 7日 (土)

福島準メイン&メイン

明日はラグビーの公式戦のレフリーがありますので、今日は早く寝ます。。。ということで、短めにいきます。

クオンもローレルベルロードも着外。。。実は今日期待していたのは準メインのクオン。大器ローレルクラシックが入厩⇒締切となったので、どうにかして増資をしたく、クオンで大勝負をかけました。3連単で・・・2着固定にローレルレガリス(ローレルの皆さんスイマセン)。1着はもちろんクオン・・・そして、ブラッシュアップの2頭。3着にレガリスを外した9頭の馬番を。。。

結果を知らずに帰宅。(当ブログにコメントが無かったので、勝っては無いだろうな・・・と、うすうす感じていましたけど。。。)土湯温泉特別をVTR観戦しましたが・・・クオンよく頑張りましたね。詳しくはあす以降書きますが、最後の直線までワクワクしました。。。これならもう一つは勝てるな。

そして、福島メインのローレルベルロード。。。こちらは完全に連闘による疲労がありあり。。。最後の直線は中舘騎手も追わず。。。故障せず(多分ですけど)回ってきたので良しとしましょう。

馬券は外れ今日の結果ではローレルクラシックへの増資は夢と終わりました。あとは、明日のレースとtotoだね。。。30万欲しい。

レースの回顧は後日きっちりやります!

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009年11月 6日 (金)

まだまだ熱いぜ!福島の陣

明日は終日通常業務。。。8時半から17時まではテレビもラジオも駄目ですね。。。休み時間を利用して馬券購入とホームページチェックで結果は見ることができるかな・・・
さて、明日は初の愛馬2頭が同日特別戦出走。我がファミリーにとっては物凄いことです。早速、前評判を中京スポーツで見てみましょう!!

クオン
7日(土)福島10R土湯温泉特別・3歳上500万下(混)D1700㍍
【発走14:50】
芹沢純一57.0㌔

中京スポーツ
印…〔……………………〕
TM〔………………〕
人気上位
⑧ローレルレガリス
⑨ディアマジェスティ
②ブラッシュアップ
好調教馬
⑧ローレルレガリス
⑨ディアマジェスティ
⑤ジェネラルノブレス
距離適性
⑨ジェネラスノブレス
②ブラッシュアップ
⑧ローレルレガリス
前走内容
⑧ローレルレガリス
⑨ディアマジェスティ
②ブラッシュアップ

状態採点 5点 迫力を欠く動き
(8点1頭 7点4頭 6点4頭 5点1頭)

予想オッズ 48.0倍(8番人気)

気になるコメント
↓(大橋調教師)リフレッシュ放牧の効果に期待したいが、休養前がこのクラスで頭打ちの成績。どこまで太刀打ちできるか。

調教
5日・栗東坂路・56.0-計不-計不-計不(一杯)

クラブからのコメント
使いつつ調子を上げていくタイプですが、直前の動きはなかなかのもの。これまでとは違う走りを見せて欲しいところです。

★★★クオンが2度目の特別戦挑戦。出走頭数が少ないこのレースを選んでくれたことはありがたいと思っております。クオンの脚質からも頭数が少ない方がスムーズに捌けるのは明らか。大橋先生ありがとうございます。そして、レースで人気になりそうなのはローレルレガリスとブラッシュアップというローレルクラブの馬とユニオンの馬。。。レガリスとブラッシュアップの出資者の皆さんはお互いに(レガリス出資者)『ユニオンの馬(ブラッシュアップ)には負けられねぇ~』と(ブラッシュアップ出資者)『ローレルの馬には負けられねぇ~』とお互いに意識していると思いますが、クオンは・・・相手にされてないでしょうね。。。まぁ、ローレルレガリスには出資したいと考えていたので、ずっと注目してきましたが、近走成績は②③②②と安定感抜群。強いです。とてもクオンが先着できる気がしません。ブラッシュアップも先日三重ホースTCで見ましたが、こちらも1000万下でも2着に入る能力があり、実績上位。これは強い。相手関係を考えだしたらとても敵いません。。。
ということで、勝手に“ジンクス”を探して、盛り上がろうと思います。クオンが好走するジンクス・・・それは、
“初めての競馬場ダート戦は好走することが多い”
という、無理矢理こじつけた様な条件。。。
初めての阪神ダート戦(07年3月10日)
ダート1400㍍ 2着
初めての京都ダート戦(07年4月29日)
ダート1400㍍ 6着
初めての小倉ダート戦(07年7月28日)
ダート1700㍍ 3着
初めての新潟ダート戦(07年9月1日)
ダート1800㍍ 1着
トータル(1・1・1・1)
どうですか!!この驚異的な成績。そして、どこでも人気以上の成績を収めています。ということで、8番人気なら7着以上には。。。そんな小さいことを言わずに初の福島競馬場でアッと驚く激走を。。。
それから・・・大橋先生のコメントから『このクラスで頭打ち』という、分かってはいたけど聞きたくないフレーズが・・・こういう時にこそ奮起する雑草魂!クオンにはその魂が宿っていると思いたい。
ローレルレガリスの前走である小名浜特別で勝ったキャッツインブーツは後方から早め捲りの早め抜け出しで勝っていますので、クオンにもその芸当を期待。とにかく厳しい相手であることは分かっていますので、ジンクスに賭けるしかない!!
(でも、クオン自身は結構いい出来だと思っています)

ローレルベルロード
7日(土)福島1福島11R磐梯山特別・3歳上1000万下(混・H)芝2600㍍
【発走15:25】
中舘英二57.0㌔

中京スポーツ
印…〔◎△…▲△△◎…〕
TM〔…○………△〕
上位接戦
人気上位
⑫リヴィエラブルー
②ローレルベルロード
⑤クロカンブッシュ
◎連対確立33%
好調教馬
⑪メイショウイチバン
⑤クロカンブッシュ
⑫リヴィエラブルー
距離適性
⑪メイショウイチバン
②ローレルベルロード
⑫リヴィエラブルー
前走内容
⑤クロカンブッシュ
②ローレルベルロード
⑩マチカネフクノカミ
コース
⑪メイショウイチバン
⑫リヴィエラブルー
②ローレルベルロード

状態採点 6点 連闘のため軽め
(7点7頭 6点5頭)

予想オッズ 3.2倍(2番人気)

気になるコメント
↓(寺井助手)平坦小回りの長丁場がベストの馬。ハンデを生かして自分の競馬ができれば昇級戦でも。

鮫島調教師のコメント『反動は最小限ですし、連闘も問題ないでしょう』

★★★12頭立てと手頃な出走頭数になったローレルベルロードの昇級戦。ベルロードについては前走程度走ってくれれば十分なんですが、問題もいっぱい。。。まずは、連闘。それも2600㍍戦の後の2600㍍戦。これは大変。そして、栗東から福島遠征の後の福島遠征。。。大丈夫か?勝つか負けるかは別として、このレースでしっかりと力を出し切ったならばローレルベルロードの成長に拍手を送りたいと思います。大変な状態の中、まずは無事に周ってきて欲しいところ。それから・・・好走が続かないのがベルロードの悩みの一つ。勝つときは将来を期待しちゃいたくなるような勝ち方をするんですがね・・・でも、未勝利戦を勝った次のレースは・・・『あの勝ち方は幻か?』って思うような惨敗。この前の2着の後もねぇ~(まぁ敗因はしっかり分析できていましたが)
強そうな相手は⑪メイショウイチバン(平坦長距離ばかりの出走、成績も安定)と⑫リヴィエラブルー(1000万下の長丁場でも2着の実績あり)と⑨アイティトップ(GⅢ3着あり)の3頭くらいですかね。。。だからと言って、ローレルベルロードの4着や5着が鉄板なわけではないですけど。。。とりあえず、枠番は2番枠でローレルベルロードのにとっては最高のスタート地点をいただくことができました。鞍上の中舘騎手も3走前には2着に導いてくれた実績もありますし、得意の福島ですし、中舘騎手の公式ブログでも『長い距離でゆったりの競馬で良さが活きる馬です。前走で番手も大丈夫でしたし、この馬の競馬をすれば結果はついてくると思います。』と、前走の様子も見てくれて分析してくれていますので、変な乗り方は無いと思います。ベルロードが連闘に負けず、集中力も欠かさず走ればきっといい結果に導いてくれることでしょう。。。
連勝期待です。

ということで、地方開催ですが準メインとメインに2頭の愛馬が連続で登場。。。福島競馬場に飛んでいきたい気持ちですけどね。。。
仕事をまじめにやるので、何とかいい結果をください!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月 5日 (木)

ユニオン愛馬情報11/5

今日はユニオン愛馬情報。。。
ローレル愛馬情報も2週間やってないんですけど・・・実働がローレルベルロードだけでこの仔は毎週のように走っているので報告もいらないし、その下は・・・2歳馬。昨日期待のローレルイグザルトが入厩したので書けることはあるんですが、また今度ということで・・・

では行きます。

クオン(5歳・牡)
(トロットスター×ファーストステップ)
11/4 坂路(普通キャンター) 
10日(火)金沢競馬・交流競走「プリムラ賞」(ダ1500)に登録したが、補欠の1番手。繰り上がりがあるかどうかを見ながら、今週や来週の福島での出走も視野に入れていく。明日、追い切る予定。
大橋調教師のコメント『昨日、少しスクみが見られたが、今日の歩様は問題なかった。交流競走の状況や想定を見て、レースを検討したい』
11/5 坂路(56.0-計不-計不-計不)一杯に追う
坂路で単走の追い切り。テンからリズム良く進み、最後までしっかりとした脚取りで駆け上がった。時計は計測不能だったが、本馬なりに良い時計が出ていたと思われる。
大橋調教師のコメント『本馬なりに良い動きだったね。時計もそこそこ出ていたと思うよ。間隔は空いているが、力は出せる状態になったと思う。交流競走は繰り上がりそうにないけれど、投票時まで福島のどのレースに向かうか検討して決めたいと思う』
検討した結果、頭数の少なかった福島(土)「土湯温泉特別」(ダ1700)に出馬投票し、芹沢純一騎手で確定。
★★★金沢のプリムラ賞は1500㍍。僕の中でのクオンのベストレースは07年3月10日阪神3Rのダ1400㍍。このレースは2着に敗れたもののあの末脚は素晴らしかった。。。結局そのくらいの距離があっているのでは?って最近思ったりもしています。プリムラ賞の1500㍍戦は結構いいのではないかと思っていました。そして、結局決まったレースは福島の土湯温泉特別。昨日まで特別登録をしていることも知りませんでした。。。直線の短い福島はどうなの?って思いますが、どうなの?って思わせる未知の条件で走ると好走することが多い(芝替わりは大体ダメだけど)ので、意外とこなしちゃうかも。。。ローレルの新エース候補ローレルレガリスとの対戦もあるし、同じユニオンのブラッシュアップ(三重ホースで一回会ったことあるなぁ~)との対戦も楽しみ。。。詳しくは明日。

エルクラシコ(3歳・牡)
(ナリタトップロード×フレスコ)
11/5 中央登録を抹消。
★★★やっぱり引退。。。この文字を実際に見るとやっぱり悲しい。

ゴールドロザリー(2歳・牝)
(アグネスデジタル×クライストストーリ)
11/3 普通キャンターを3000m乗り、先週末には15-15程度の調教を行った。昨日、松永昌博調教師が本馬を視察。
担当者コメント『先生からは『このままどんどん乗り込むように』と言われています。状態は良くなってきたと思いますよ。速いところの動きも継続していけますし、走る気持ちも更に出てきたように感じます』
★★★15-15を走っているということですので、ペースを上げましたね。松永昌先生にはどう映ったんでしょうね?ロザリ―は。。。「状態は良くなっている」とか、「走る気持ちも更に出てきた」とか書いてありますが、あんまり信用できないですね。。。2週間前に見た時は全然覇気がなかったから。。。
ただ、ゴールドロザリーの面倒を見てくれる厩務員さんの話が会報に乗っていましたが、瀬戸口厩舎時代にネオユニヴァースを育てた凄い人なんですよね。そっちにびっくりしました。まずは、ちょっとは記憶に残る活躍ができるように頑張ってもらわないとね。。。

フライトミッション(2歳・牡)
(アグネスフライト×エンジェルマインド)
10/29 E(ゲート試験不合格) 
練習も兼ねて僚馬とゲート試験を受けた。入り・駐立は問題なくこなしたが、2本とも発馬の反応とダッシュが今ひとつ。2本目は頭を上げ、あおるような格好でのスタートとなってしまったため、残念ながら不合格となってしまった。
大橋調教師のコメント『練習も兼ねて受けてみたが、スタートが今ひとつだったね。ただ、基本的に素直で理解力もありそうだから、そう時間は掛からないだろう。来週あたりに再度チャレンジしてみます』
11/4 E(ゲート試験合格) 
入り・駐立は問題なし。2本目の発馬が若干遅かったが、無事合格。今後は徐々に追い切りを積み、デビューに備える。
大橋調教師のコメント『先週の金曜日の練習が全く問題なかったから、今日で受かると思っていたよ。ただ、先週末に自分でも騎乗してみたが、まだ息遣いが荒い。馬体にも余裕があることが影響していると思う。今日のゲートからのダッシュでもまだ首が上手く使えず、硬さも感じられる動きだったからね。まだ幼い体型で馬体を持て余し気味だから、馬体をどんどん引き締めていって成長してくれば、動きも息遣いももっと良くなってくると思うよ』
★★★先週は不合格だったゲート試験を昨日に2度目の挑戦で合格を勝ち取った。まだ、一度も会ったことのない馬なだけに、実感が湧かないのですが、どんどんどんどん進んでるんですよね。もうデビューも間近というところまで。これから強い調教を行い、体を絞るとともに体力強化に努めるようですが、結構早くデビューしちゃうかもしれませんね。レースを使いながら仕上げていくみたいな。。。大橋先生ならあるかな?なんて思っております。一発目は芝のマイルくらいかな?なんとなくそんな感じが。。。

ということで、クオンが驚きの特別競走出走。フライトミッションがゲート試験合格ということで、エルクラシコの無念を払しょくしてくれそうな勢いで頑張ってくれています。
僕の思い描く軌跡を辿って欲しい。。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年11月 4日 (水)

エルクラシコ引退

本日はエルクラシコ特集で。。。

まずは先週末からの動きをユニオンの公式情報で追っていきます。
11/1 福島7R 3歳上500万下 芝2000m (競走除外)
返し馬の時に、左前脚の歩様に異常が見られ馬体検査の結果、競走除外になった。

11/4 左前の裏筋に腫れが見られたため、エコー検査を行ったところ、左前浅屈腱炎との診断。歩様の異常もこれに起因していたものと思われる。関係者間での協議の結果、今回は症状も重度のものであり、再度の立て直しを図ることは難しいとの判断で、残念ながら中央登録を抹消することになった。明日、登録を抹消する予定。

と、いうことで1年前に発症した左前脚の浅屈腱炎。傷めていた部分を再び傷めたということで、復帰後も一番危険だった部分が悪化してしまいました。
エルクラシコはユニオンの当歳先行募集馬として登場し、僕は2006年の年末に『残り口後僅か・・・』の発表があった直後にクラブに電話をしたことを覚えています。
クラブに電話すると・・・『つい先ほど満口になりました』との返事が。ギリギリまで様子を見ていたことがあだとなってしまいましたが、キャンセル待ちを申し出たところ、そんなに時間がかからずにユニオンさんから電話があり、1口出資という運びとなりました。

体が大きいことと、母父リアルシャダイということで、脚元の不安は常に気にしておりました。同じ父ナリタトップロード×母父リアルシャダイであるローレルアクアにも出資していましたが、屈腱炎でデビューも叶わず引退となってしまったこともあり、『無事であって欲しい』と、常に思っていました。
2歳春に少々脚元を傷めましたが、大事に至らず早期入厩を目指し、イクタTFへ移動。そこで、僕はエルクラシコと初対面を果たします。(そのときの感想はこちらこちらこちら
予定通り9月に入厩するもののゲート試験合格直後に左前浅屈腱炎を発症。1年にもわたる治療に入りました。
浅屈腱炎の症状が治まり1年後の2009年9月には調整不足の状態ながらデビュー戦を迎える(こちらこちら)も想定の範囲外となるタイムオーバー負け。未勝利戦が終了するも、格上挑戦の形で、中央競馬に残り戦うこととなりました。そして、イクタTFで調整、このときもエルクラシコの雄大さに痺れましたね(こちら
そして、11月1日。
余裕残しのデビュー戦よりも更に体重が増えての出走となり、帰厩後も調整過程が軽かったので、かなり不安を感じました。パドックでも『もう少し絞れるかな?』とか、『踏み込みが浅い』とか思いました。レースの時間になると、スタート地点で輪乗りをするエルクラシコが大映しになり、『おぉ、これは吉兆か?』と、思ったのも一瞬。。。“エルクラシコ号の馬体検査”ということで、、、この時点で覚悟をしておりました。
放馬しているシーンで“エルクラシコ号の馬体検査”であれば、もう少し安心して見られたかもしれませんが・・・長谷川騎手が騎乗したままで馬体検査じゃぁ~・・・左前脚だろうと思いました。
そして、土曜日のうちにユニオンHPでも“左前脚の歩様に異常”と発表があり、観念。
月曜日にもクラブと連絡を取り状態を確認。水曜日にもひとつの提案として再ファンド(クラブや引取りの馬主さんにはご迷惑がかかることは承知ではありましたが)についても意見しましたが、競走馬として再起が厳しい30%以上の損傷があったということで、引退となってしまいました。
4歳になり能力が開花しつつあるローレルベルロードと同じ父の仔。これからが楽しみな血統であり、馬格もあり抜群の存在感。脚元さえ無事であれば・・・そんなことを言っても限が無いですけどね。
我がファミリー初の芦毛馬。体がまっ白くなるまで応援し続けたかったなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 3日 (火)

祝・区切の10勝目

土曜日のローレルベルロードの勝利で一口馬主生活区切りの10勝目を挙げることができました。
初出走が04年7月18日ですので、足かけ5年での達成となりました。その間出資した馬(現2歳馬は除かせて頂きます)は18頭。普通に考えれば。。。ちょっと遅いわな。
とりあえず、いろいろな思い出はありますが、勝ったレースだけをピックアップして振り返ろうと思います。

年別勝ち数
2005 1勝
2006 1勝
2007 6勝
2008 1勝
2009 1勝

勝ち鞍数ランキング
ローレルウェルシュ 4勝
ローレルアクシス 2勝
ローレルベルロード 2勝
ローレルシード 1勝
クオン 1勝

クラブ別
ローレルクラブ 9勝
ユニオン 1勝

主な勝ち鞍(特別)
秋保特別(1000万下)
安城特別(500万下)

競馬場別勝ち鞍
新潟 3勝
福島 3勝
中京 2勝
小倉 2勝

条件別
ダ 8勝
芝 2勝

1000㍍ 3勝
1150㍍ 1勝
1200㍍ 1勝
1700㍍ 1勝
1800㍍ 2勝
2000㍍ 1勝
2600㍍ 1勝
平均 1525㍍

良 7勝
稍 1勝
重 2勝

勝利ジョッキー
野元騎手 2勝
水出騎手 1勝
塚田騎手 1勝
福永騎手 1勝
大下騎手 1勝
赤木騎手 1勝
安藤光騎手 1勝
岩田騎手 1勝
津村騎手 1勝

人気別
1番人気 2勝
2番人気 2勝
3番人気 3勝
4番人気 1勝
6番人気 2勝

平均オッズ
7.43倍

こんな感じです。
傾向は・・・最大の特色は地方開催(代替の中京と夏の小倉含む)でしか勝ち鞍が無いことですかね。。。空き巣狙い的な感じは否めないですけども勝ちは勝ですから。。。それから勝ち上がった馬は2勝以上挙げるケースが多いといえるでしょうか。。。クオンもまだ現役ですので、この先2勝目を挙げる可能性もありますしね。
一口馬主の平均的な勝率とかってどんな感じなんでしょうかね?一口馬主クラブ馬の総合情報サイトである“一口馬主DB”さんを利用して、今度比較してみますかね。。。
さて、10勝の越えられなかった壁を越えることができました。ここからはポンポン行きたいところですがどうでしょう?次はベルロード?クオン?それとも新勢力の2歳馬か?順番待ちせずにドンドン行きましょう!!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年11月 2日 (月)

長距離の星へベルロード

嬉しいことと辛いことが同時に起こり、気持ちも難しいところ。。。加えてブログ投稿がうまく行かないトラブルが発生し、困った状態に・・・
嬉しいことは今日の主役のローレルベルロード。辛いことは競走除外となり、診断中のエルクラシコのこと。。。

とりあえず、エルクラシコのことは触れずにベルロードのレースについて振り返ろうと思います。

ローレルベルロード
10月31日(土)福島8R3歳上500万下(混)芝2600㍍
津村明秀57.0㌔

この日は平日と同じ、5時まで勤務・・・レースの結果は気になっておりましたが、仕事も忙しく中継を見たり聴いたりできない状態でした。結果を知ったのはこのブログをちょこっと覗いたときにローレルベルロードが勝った事が伝わる内容の書き込みがあったので、それを見て気付きました。
久々の勝利・・・これを当ブログで知ることができ、感無量です!!

レースは以下のとおり。。。

パドックでは気合を感じる仕草を見せながら周回しており、前走同様に非常にいい感じに見えました。踏み込みも深く、長い期間好調をキープしています。前走時にも書きましたが、ひとつふたつクラスが上の馬のような雰囲気。これは決して贔屓目でもないとおもいます。2週前の前走よりも4㌔増の494㌔での出走となり充実一途といった感じではないでしょうか?(勝ったから何とでも言える感じになっちゃってますけど)
パドック解説では『こちらは好気配ですね。あの一歩一歩の踏み込みも力強いですね。好調です。』ということで、一番褒めてもらったような感じでした。
パドック推奨馬は⑬ブルースターキング⑪ベストオーカン⑤ローレルベルロード⑫ワンダーアームフル⑩ネオディメンションの5頭。ローレルベルロードもきっちり名を連ねました。

スタートです。
ローレルベルロードの割にはあまりいいスタートではなかったものの見渡せば五分のスタート。
津村騎手に少し気合をつけられ、好スタートを切った⑧ミヤビタカラオー、内枠から捨て身の先行策を狙う①フサイチエナジーに続く3番手につけるスタート。①フサイチエナジーは未勝利の身。力及ばずあっさりと後退。レースは1コーナーから⑧ミヤビタカラオーから2馬身離れた2番手を追走。この位置で澱み無くレースは流れていきます。
2周目に入っても先行勢の位置取りは変わらず、スローに落とすも淡々とした流れのまま3コーナーへ。ここでは⑧ミヤビタカラオーと⑤ローレルベルロードの直後に⑩ネオディメンションと人気の⑬ブルースターキングそして、外から⑦リアルハヤテが捲くって5頭一団となり4コーナーへ。直線入り口では我慢することなく⑤ローレルベルロードがあっさりと早めに抜け出す展開。今回は脚色が鈍ることなくスイスイと抜け出し、後続を突き放します。残り100㍍を切ったところで、セーフティーリードを確保勝ちを確信できました。ここから、人気の一角⑪ベストオーカンらが強襲するも時既に遅し・・・⑤ローレルベルロードが余裕残しで先頭でゴール板を駆け抜けて行きました。
勝ち時計は2分42秒1。2着⑪ベストオーカンに0.2秒差をつけました。
これで2009年初勝利。ベルロードの2008年7月の勝利以来1年3ヶ月も勝利から遠ざかっておりました。。。長かったです。

ハロンタイムは
13.0-11.6-12.5-12.7-13.3-13.2-13.3-12.6-12.6-11.7-11.8-11.5-12.3
上がり3Fは
35.6(メンバー中6番目、先行した中では最速でした)

この勝利が嬉しくて、グリーンチャンネルのレース分析を見ましたが、ローレルベルロードの勝ったレースの評価は
タイム⇒S
メンバ⇒D
タイムはAの上のスペシャルの“S”かと思ったのですが、スローの“S”。参考外ということみたいですね。メンバーもD評価ということで、褒められませんでしたね。

そして、久々の勝利に歓喜し久々に週刊競馬ブックを購入。
次走へのメモ⇒今日は一頭ノシをつけてきたので譲って2番手に控える。4頭ひと固まりから4角は5頭横並び。直線で抜け出して押し切った。こんな競馬ができれば心強い。

津村騎手のコメント⇒折り合いはついていましたが、途中でやめないように3角からハミを掛けながら走らせました。ワンペースのところがあるので、早目に動いたのも良かったようですね。

この2つのコメントを入手しました。

レースについてはまずは前走の回顧で書いたとおり、“距離の壁ではないと思うのでこの距離をしつこく使って欲しい”と書いたことが実って嬉しかったです。後日入手した情報によると、鮫島先生は2500㍍以上の条件に拘っていく方針とのことで、2400㍍に八瀬特別等も組まれているのですが、『近い時期に敵鞍(2500㍍以上)が無い』(←2500㍍となると暮れの中山か中京まで無い)ということで、連闘になりますが、土曜日福島の磐梯山特別(2600㍍)に登録。上がりの状態に問題ないようでしたら積極的に出走を検討しているようです。ハンデは54.0㌔・・・予定通りでしょうか?実力上位と考えられるメイショウイチバンがハンデ56.0㌔。人気になりそうなリヴィエラブルーがハンデ55.0㌔。ハンデ差と近走の内容を考えると前走程度走れば勝てそうな気も・・・ただ、ローレルベルロードが走ったレースがスローな流れだったので、もう少し速い時計になったときにも対応できるかがポイントですけども。。。是非出走してほしいなぁ~と思っております。

クラブ発表の
津村騎手のコメント『逃げなくても大丈夫でしたね。乗り易い馬ですよ。スタートがあまり良くなくハナには立てなかったので、前半は2番手で折り合いに専念しました。勝負処の2週目の3コーナー入り口からは、とにかく馬が競馬を止めないように気をつけて、気合いを入れながら乗っていました。最後は少し早めに抜け出す形になりましたが、完勝でしたね』
吉田持乗厩務員のコメント『500万はとっくに卒業していなくてはいけない力はある馬ですし、出来も安定していたのですが、気の悪い所がありますからね。担当が僕に戻ってきた訳ではないのですが、今日は代打でも勝てて良かったです』

何よりも連闘も含め、続けて使えるようになった体質の強化に感服しております。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年11月 1日 (日)

エルクラシコレース前に??

今日はエルクラシコの2戦目。期待はしていたのですが・・・レース直前で“競走除外”。
クラブからコメントは
【返し馬の時に、左前脚の歩様に異常が見られ馬体検査の結果、競走除外になった。】
とだけ書かれていました。

1年間かけて治療した個所と同じ“左前脚”ということで、再び・・・なんて可能性も感じておりますが、憶測でいろいろ書くと良くないと思いますので、クラブからの発表を待ちたいと思います。

ということで、気力を吸い取られてしまったので、今日はここまで・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »