« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月31日 (水)

ローレル愛馬情報3/31

今日はローレル情報!!ちょっといい感じなんです。。。

ローレルベルロード(5歳・牡)
(ナリタトップロード×ベルガール)
3/19 引き続きWM・トラックコースでのダク・キャンター2400m・坂路1本18-18の調教を行っており、今週末より15-15を再開予定です。馬体重486kg
担当スタッフコメント『背腰の疲れも取れて、ペースを上げられる状態に戻りましたので、週末あたりからピッチを上げたいと思っています』
3/26 この中間も変わりなくWM・トラックコースでのダク・キャンター2400m・坂路1本18-18の調教を行っています。馬体重505kg
鮫島調教師のコメント『まだペースは上げていませんが、疲れも取れて馬体も良化してきています』
★★★まだまだ15-15に到達していないのでもう少し時間がかかる感じですね。体重も増えてきたし、担当スタッフと鮫島先生がそれぞれ、『疲れが取れて良くなってきた』と、前向きなコメントをしてくれているところがいいですね。尾頭橋特別も辛かったですが、その前の福島2600㍍連闘の疲れがまだあったかもしれないので。。。まずは、完璧に体調を戻すことが先決ですね。

ローレルクラシック(3歳・牡)
(スペシャルウィーク×キョウワホウセキ)
3/17 20日(土)中京5R・3歳未勝利・芝2000mに北村友一で出走を予定しています。
この中間も変わりなく調整されており、本日追い切られました。
17日・栗P良・単走・北村(友)6F82.8-66.8-51.7-38.2-11.6(9分所・馬ナリ余力)
3/18 17日・栗P良・単走・北村(友)・6F82.8-66.8-51.7-38.2-11.6(9分所・馬ナリ)
飯田(雄)調教師のコメント『今朝の調教後に獣医さんに診てもらったら『徐々に心肺機能が良くなっているね』と言われました。間隔は空いてしまったけど、叩いた効果で前進させたいね』
3/24 レース後に左前を気にしたため翌日検査を受け、軽度の打撲と診断されました。
飯田(雄)調教師のコメント『熱も腫れもなく歩様も問題ないのですけど、レース後に北村が左前が気になったと言っていたので、日曜日に念のため左前繋部の検査を受けました。骨や腱、深管などにも異常はないとのことでしたが、ぶつけたような感じもあったので、打撲と診断されました。いずれにしても今週はレース明けでしたので、少し楽なメニューを考えていましたから、今後に影響は出ないでしょう。明日から調教を再開します』
3/31 4月18日(日)阪神6R・3歳未勝利・芝1800mに出走を予定しています。
この中間も変わりなく調整されています。
飯田(雄)調教師のコメント『打撲といっても軽度だったですし、たまたまその部分に季節性の赤ギレもあったので慎重に経過を見ていましたけど、問題なく今週からは普通に調整しています。この分なら阪神の最後あたりには使えそうですね』
★★★ローレル愛馬情報が久々ですので、情報も2戦目出走前のものからになっておりますが。。。
レース中に打撲があったようですが、とりあえず大事に至らなかったようで良かったです。今日になって早速、次走の予定が発表されました。中3週で阪神かぁ~。。。んっ!!芝1800㍍?!2000またはそれ以上の距離を探して出走すると思っていましたが、あえて1800㍍。。。控えずにスピードで押して、まずは一つ勝ち切る方向なんでしょうか?それとも、短めの距離に適性を感じる?それとも騎手の関係?因みにその日は皐月賞(中山)の裏になりますけど。。。相変わらず、飯田雄先生の評価は高いようですので期待しましょう。

ローレルイグザルト(3歳・牡)
(フレンチデピュティ×アサカプティット)
3/19 WM40分・坂路ダク1本・軽めのキャンター1本・18-18ペース1本。週に1~2回は15-15を順調に消化しています。馬体重474kg
担当スタッフのコメント『順調に乗れていますし、ここにいるときは大人しくまったく手のかからない仔です。飼い葉も良く食べてくれますから、体調面は問題ありません』
池添師『今週見てきました。順調に乗れているようだが、まだ3歳の未入厩馬も残っているので帰厩についてはもう少し待って下さい。牧場にはいつでも戻せるようにバリバリ乗って欲しいと伝えています』
3/29 26日(金)の検疫を経て栗東トレセン・池添兼雄厩舎へ帰厩しています。
3/31 帰厩後ここまで変わりなく調整されており、本日追い切られました。来週以降の阪神開催での出走を予定しています。
31日・栗CW良・助手・6F86.6-71.3-56.4-42.0-14.4(7分所・一杯追バテ)
(3歳未勝利・ヤマカツマヤリス・一杯の内1.1秒遅)
★★★6F追いとはいえ、CWコースで一杯バテはがっかりです。別に最初の時計が速いワケでもないですし。。。帰厩が金曜日なので今週の出走はルール的に不可能。最短の来週からスタンバイの予定のようですが、今日の追い切りの様子では少々心配ですね。。。でも、ダートの短距離に条件を絞って出走の方向のようですので、スタートダッシュでハナを奪いそのまま押し切るパターンで勝って欲しいです。今週末の追い切りに注目しましょう。

ミンナノアイドル(3歳・牝)
(オグリキャップ×グレイスクイン)
3/16 ダートコースでのキャンター2400mと坂路でのキャンター1本を17-17で、週に1本15-15で順調に消化しています。
尾関調教師のコメント『坂で15-15を開始。さすがに息はフーフー言ってるけど脚元は問題ない様子です。あと1ヵ月位で目処が立てば良いですね』
3/23 コースでダク・20-20ペースのキャンター2400m・坂路1本17-17、週に1本15-15の調教を順調に消化しています。
3/30 ミンナノアイドルは、コースでのキャンター2400mと坂路でのキャンター1本を17-17で、週に2本15-15で順調に消化しています。4月中旬での入厩を目指しています。
★★★4月中旬に入厩??思っていたよりも早いですね。まだまだ競走馬として未熟なところが多そうですが、注目のオグリっ仔だし早く走るところを見たいですね。注目度は高いと思いますので、一つでも多くレースに参加して欲しいところ。脚元に不安がなさそうなので良かったぁ~

ローレルジャブラニ(パフェ08)2歳・牡
(シンボリクリスエス×パフェ)
3/16 この中間も変わりなくダートコースでのダク700m・キャンター2000m・坂路1本を22秒ペースの調教を行なっています。
前元場長のコメント『馬体はそれほど変わってきていませんが、乗った感触が良くなってきました。身体に芯が通ってきて、キャンターで力強さが出てきています。ただ、まだ常歩では身体全体の緩さを感じますので、これから夏を越してどの様に変わってきてくれるか楽しみですね』
3/23 この中間も変わりなくダートコースでのダク700m・キャンター2000m・坂路1本を22秒ペースの調教を行なっています。馬体重513kg 体高162cm 胸囲186cm 管囲20.5cm
3/30 引き続きダートコースでのダク700m・キャンター2000m・坂路1本を22秒ペースの調教を行なっています。
前元場長のコメント『引き続き調教内容はあまり変えずに、身体の成長を促しながら継続して調教を行なっています』
★★★写真を見ると本当にいい馬だなぁ~と感じる今日この頃。。。いい馬の名付けとなり誇りに思っております。しかし、ローレルジャブラニにはプレゼントの一口持ちなだけ。。。もう一口を自腹で買った方がいいかなぁ~なんて考え中。。。調整も順調。そろそろ、栗東近郊へ行きましょう!!

アルボランシー(フィーユドゥレーヴ08)2歳・牝
(ロックオブジブラルタル×フィーユドゥレーヴ
3/16 引き続きBTC内600m屋内ダートコースでのダク・軽目のキャンター1800mの調教を行なっています。
森本氏のコメント『河内師が視察に来られ、基本的に馬体成長が進んでいない2歳の早い時期からは競馬させる気持ちはないので、冬のデビューを目標にして、ある程度調教が進んだ今はペースを落としてほしいとの指示が有りました』
3/23 この中間も変わりなくBTC内600m屋内ダートコースでのダク・軽目のキャンター1800mの調教を行なっています。近親のオウケンサクラ号が3/20中山11RフラワーC(G3)で優勝しました。
3/30 引き続きBTC内600m屋内ダートコースでのダク・軽目のキャンター1800mの調教を行なっています。
森本氏のコメント『引き続き軽めの調教ですが、後肢の踏み込みが深くて身体が前に前に出て行く良い走りをしますね』
★★★こちらは、早期デビューはないということで、成長を促しながらじっくり育てる方針。まぁ無理をせず。。。因みに馬名アルボランシーですが、(父名)ジブラルタル橋の架かっているスペインの海の名前らしいです。こちらも、早く栗東近郊へ来ないかなぁ

ということで、馬それぞれは万全ではありませんが、入厩馬もちょこちょこ増えてきて楽しみは増えつつあります。早く2010年初星を挙げたいですね!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月30日 (火)

ユニオン愛馬情報3/30

今日、我が家の・・・イヤ、僕の・・・大切なパートナーが返ってきました。3月上旬に修理に出したパソコンが返ってきたのです。
因みに、いろいろ調べてもらったところ、『異状なし』。。。ということで、何にも手を加えられずに返ってきました。まぁ、それならそれでいいんですけど。。。後ほど、動作チェックをします。

今日は、在厩馬が居なくなり、火曜日に更新できるようになったユニオン愛馬情報をお送りします。

クオン(6歳・牡)
(トロットスター×ファーストステップ)
3/30 軽めキャンターで調整中。新潟開催で出走予定のため、4月中旬あたりに栗東トレセンへ帰厩する予定。
★★★今日は短めのコメント。。。4月中旬帰厩か~。。。早く見学に行かないと、居なくなっちゃうね。まぁ、入厩してレースに出て頑張ってくれることが一番いいんですけど。。。と、いうことで、早めに行ってこようと思います。

フライトミッション(3歳・牡)
(アグネスフライト×エンジェルマインド)
3/30 軽めキャンターを3000m乗っている。
担当者コメント『針の効果もあり、元気が出てきましたね。余裕も出てきたのか、馬っ気を出すところも見せ始めています。これからどんどん乗り込んでいってトモを鍛えていきます』
★★★今度はいい感じみたいですね。もしかしたら、ローレルのミンナノアイドルよりも遅いデビューになるんじゃないかとドキドキしていますけど。。。
フライトミッション自身に気持ちの余裕ができたことはいいことですね。

ということで、相変わらず層の薄いユニオンファミリー。。。よく考えればローレルも同じ感じ。。。我がファミリー全体に勢いが無い。。。何とかしたい!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月29日 (月)

サヨナラ中京

Chukyo03  昨日は中京競馬ラストの日。。。高松宮記念は当てたい!!と、意気込んで臨むも・・・本命エイシンタイガーは殿負け。惨敗でした。
中京競馬場はこの日を最後に長い改築・改造工事に入ります。工事内容は以下の通り(JRAホームページより抜粋)

Chukyo02_2

 【主な工事内容】

1.中京競馬場スタンド等改築工事概要

着工 : 2010年4月上旬
竣工 : 2012年1月15日(日)(メインスタンドオープン)
 
 安全で快適な環境において、より多くのお客様に競馬をお楽しみいただくため、万全な耐震性の確保・ユニバーサルデザインの積極導入・省エネルギーに努め環境に配慮したスタンドに改築いたします。
 また、パドックはスタンドに隣接した位置に移設し、お客様の利便性を図ります。

工事エリア : メインスタンド、東入場門(駐車場連絡通路含む)、下見所
工事概要 : スタンド棟 構造 : 鉄骨造 地下1階・地上6階・PH2階建て
      下見所諸施設 構造 : 鉄筋コンクリート造 地下1階・地上1階建て
      東入場門 構造 : 東入場門 鉄骨造 地上1階建て
      外構、イベントスペース

2.中京競馬場 馬場改造その他工事

着工 : 2010年4月上旬
竣工 : 2012年1月15日(日)
 芝・ダートコースの全面改造及び各諸施設の建て替えを行います。既存馬場を東第一駐車場方向へ拡張し、芝馬場の一周距離が1,705m(既存1,600m)、ダートコースの1周距離が1,530m(既存1,417m)となるよう馬場の改造を行います。
 また、乗馬センターを馬場内遊園地の東側隣接地に移設する工事も併せて行います。

特 徴 : 芝コースの最後の直線における勾配は中山に次ぐ急坂の2.0%となります。
ダートコースの最後の直線は東京に次ぐ西日本最長の410.7mとなります。
改修後の距離
芝 : 1200、1400、1600、2000、2200、3000
ダ : 1200、1400、1800、1900、2500
障 : 3000、3300、3600、3900

Chukyo

・・・ということで、スタンド改築は歓迎ですが、馬場改造。。。こちらは競馬場の大型化ということで、個人的にはちょっと残念です。直線に急坂ができるようで・・・直線だけのヨーイドン!のレースが増えそうで・・・
何か、どのコースも似たような感じになって個性が感じられません。。。
そして、レース距離もマイル戦が組まれることになり、クオンの得意としていたD1700㍍は無くなったり。。。それから、D1000㍍も無くなっちゃうんですね。。。これからは極端な条件を得意とする個性派も住処を無くしていきそうですね。。。
もう、『変わる』と、決定した事項にどうこう言っても仕方がありません!完成を楽しみに待ちたいと思います。

クオンには新しくなった中京競馬場でも走ってもらいたいと思っております!!あと2年。。。頑張ってねクオン!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年3月28日 (日)

ユニオン愛馬情報3/29

最近はなかなかブログを書く時間が取れなくて・・・気がつけばユニオン愛馬情報もご無沙汰となっておりました。。。

ということで、今日は久々にユニオン愛馬情報を書こうと思います。

クオン(6歳・牡)
(トロットスター×ファーストステップ)
2/25 坂路(58.7-43.4-29.1-14.7)馬ナリ余力
3/3 坂路(55.5-40.9-27.0-計不)叩き一杯
坂路で単走の追い切り。ラスト1Fで一杯に追われると、時計は計測不能だったものの、しっかりした脚色で駆け抜けた。芹沢純一騎手が引き続き騎乗可能である中京(日)ダ1700に出走予定。6Rか8Rかはメンバー構成等も考慮して決める。なお、本馬は前走5着以内であるため、優先出走順位が最上位であるため、どちらのレースでも除外の可能性はない見込み。
助手のコメント『ビッシリいったのは終いだけですが、良い感じだったと思います。良くも悪くもいつもと変わらない感じです。なかなか掴み所の難しいタイプの本馬ではありますが、ここ2走続けて頑張ってくれていますし、今回も期待しています』
⇒中京(日)8Rダ1700に出馬投票し、芹沢純一騎手で確定。
3/7 中京8R 4歳以上500万下 ダ1700m (5/16着) 468㌔-2
馬場状態は不良 勝ち時計 1.44.5 本馬は 1.46.4 57㌔芹沢純一騎手騎乗 *押して押して行こうとするが、行きっぷり一息で中団から。終始、鞍上の手が動いていたように、道中も手応えは今ひとつ。3角手前からムチをビシビシ入れ先行集団の直後まで進出すると、直線を向いてからもしぶとく脚を伸ばしてきたが、前も止まらなかった。
芹沢騎手のコメント『ちょっと時計が速すぎました。もう少し時計が掛かった方が良いですね。前が止まらない馬場だったので、意識的に早めに行こうとしたのですが、あの位置につけるのが精一杯でした。頑張って走ってくれているんですけどねぇ…。権利は確保しましたから、次、良馬場で巻き返しましょう』
3/10 レース後も脚元等に異常はない。次走も中京ダート1700m戦を予定。
3/17 坂路(55.6-41.2-27.3-13.6)一杯に追う 
坂路で単走の追い切り。ラスト1Fで一杯に追われると、本馬なりにまずまずの伸びを見せる。状態に変わりはないため、今週の中京ダート1700m戦に出走する予定。前走5着以内である本馬は、優先出走順位が最上位であるため、どのレースに回っても除外の可能性はない見込み。
大橋調教師のコメント『来週だとダート1700m戦が2鞍しかなく、メンバーも集中するだろうから、鞍数の多い今週の出走でいきましょう(牝馬限定戦を含め4鞍)。どのレースに向かうかは想定でメンバー構成などをよく見て決めます。前走は時計の速い馬場になってしまったからね。それでも大きく崩れず走ってきたのは収穫だった。良馬場になってくれれば、勝ち負けできるでしょう』
中京(日)6Rダ1700に出馬投票し、芹沢純一騎手で確定。
大橋調教師のコメント『当初は日曜日のみ天候が崩れる予報だったから、土曜日のレースに回ろうかと思っていたが、土曜日から天候が崩れる可能性も出てきたので、両方のレースを見ながら検討した。メンバー構成なども考慮し、このレースに投票した。雨で馬場は速くなるかもしれないが、今回も崩れずに好走を期待したい』
3/21 中京6R 4歳上500万下 ダ1700m (14/16着) 474㌔+6
馬場状態は良 勝ち時計 1.46.3 本馬は 1.49.4 57㌔芹沢純一騎手騎乗
揃ったスタートを切り押していくが、行き脚が鈍く後方の外を追走。終始、鞍上の手が動き手応えは今ひとつ。3~4コーナーからムチが入り、徐々に進出を図るが、後方のままの入線となった。
芹沢騎手のコメント『跨った時の感触は良かったのですが、レースに行くと全くハミを取ってくれませんでした。こんな感じの馬ではないと思うので、ひょっとしたら目に見えない疲れでもあるのかなぁ』
3/24 レース後も脚元等に大きな異常はないが、目に見えない疲れも考慮し、リフレッシュを図るため、本日、三重ホースへ移動。次走は新潟開催を予定。
大橋調教師のコメント『時計もそんなに速かった訳でもないしなぁ…。スタートしてからもう手応えがいつもと違ったからなぁ…。ここまで走れない馬ではないから、目に見えない疲れがあったのかもしれない。福島開催はパスして、リフレッシュを図ったら新潟開催には出走できるぐらいに調整していきたい』
★★★クオンがリフレッシュのため三重ホースTCに放牧に出ました。先週のレースは『見えない疲れ』が、そんなにあったとは思えないですが、先週のレース自体はかなり疲れが溜まったと思いますので、放牧は歓迎です。
仕事が落ち着いたら、クオンに会いに行ってこようと思います。
疲労の度合いをしっかり見てこようと思いますが、新潟開催にしっかり戻ってこられるように、調整よろしくお願いします!!

フライトミッション(3歳・牡)
(アグネスフライト×エンジェルマインド)
3/2 笹針治療後であったため、今週からウォーキングマシーンでの運動を再開。様子を見て来週あたりから騎乗調教を再開する予定。
3/9 ダク程度の軽めの調教を行っている。様子を見て徐々にペースを上げていく。
大橋調教師のコメント『ちょうど来ていた獣医師と一緒に状態を確認したんだけど、特に左のトモがシャキッとしない感じがあった。針をしたからもう少し時間は掛かってしまうが、闇雲に乗っていってもダメージが大きくなってしまうだろうから、適度にケアをしながら乗り越えていけるようにしたいと思う』
3/16 トモの状態に大きく変わりはなかったが、先週末にトモに再び軽い針治療を行った。現在はウォーキングマシーンでの運動で様子を見ており、近く騎乗調教を再開する予定。
担当者コメント『念のためもう一度ケアを行ってから乗り始めることにしました。念入りに行いましたから今後はどんどん乗って鍛えていけると良いですね』
3/23 先週末から騎乗調教を再開。今週から軽めキャンターを乗っている。今のところ歩様も問題なく乗れており、徐々にペースを上げていく。
★★★1ヶ月放ってあったにもかかわらず、状態は変わらず。。。まぁ、仕方が無いんですけどね。。。2度の笹針治療で、長い休養となりましたが、これでしっかりしてくれればありがたいこと。。。こちらも、一度様子を見に行きたいですね。

ということで、僕のコメントは両方とも短めですけど。。。これで、入厩馬ゼロ。ローレルクラブはローレルイグザルトも入厩したということで、出走は一時ローレルに任せてユニオンはまったりと行きましょう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月27日 (土)

好調が空回り・・・だと思う(159戦目)

大変だった大阪出張の最中に中京で出走したクオン、、、遅くなりましたが、今日はクオンのレースを振り返ります。

クオン
21日(日)中京6R4歳以上500万下・D1700㍍
芹沢純一57.0㌔

心配された天気は晴れ。風の影響もあってか注目の馬場状態も“良”で行われました。風はどうなんでしょうね。。。パドックの映像やレースの映像を見る限りではそんなに強い風では無さそう。。。ということで、条件的にはクオンには○ですかね?といっても、どの馬も同じ条件でやるわけですから、クオンが『力を出し切れそうな条件になった』と、いった表現が適しているでしょうか。。。
前走よりプラス6㌔の474㌔での出走となったクオン。。。やっぱり中年太りで体重が減りにくい身体になっちゃいましたかね。。。でも、それほど気にするような体重ではありません。パドックでは日光も当たり綺麗に輝く栗毛の馬体。体調も良さそうですし、歩様も綺麗。。。現地で応援していたらガッチリ『買い』だったでしょうね。。。幸いにも大荒れの天気だった大阪に居たので、実際のクオン馬券は買い控えましたけど、、、
とにかく、気分よく周回しているように見えました。
パドック解説の一馬の武井友彦さんは『腹構えがしっかりしているもので、少し太く映るのですが、動き自体はキビキビ歩けているので、力は出せると思います。』と、マズマズの評価。パドック推奨馬は⑭クリスタルドア⑧クラレットジャグ⑤マイネルフォルザ⑮リビングストン②ユウキハングリーの5頭。クオンは選ばれず。。。まぁ、こんなもの。

レースは。。。ゲートの出はマズマズもその直後の行き脚が今日はつきません。何か昔のレースを思い出させるような雰囲気。。。あっという間においていかれてしまい、①クオリティタイムと老将⑦ホトダーを従えるのみの後方3番手のポジションとなってしまいました。
そして、1コーナー。クオンは勢いあまって大外をまわる破目に。。。ここで思ったんですが、芹沢騎手もクオン自身も調子の良さを過信しすぎて、レース運びに慎重さが欠けたかな。。。なんて思っています。3走前の3着時はここを我慢して内に突っ込んで、スタミナ消費を避けましたからね。。。
そして、大外をブン回した分、⑦ホトダーにも交わされ、後から2番目に。
向正面では更に押し気味になり、10番手(後には6頭)まで押し上げ、そのまま3コーナーから4コーナーも大外。。。4コーナーではムチを入れて気力を奮い立たせようとするも、2度の大外ブン回しと、息を入れることのできなかった厳しい展開で万事休す。。。直線では(後の芹沢騎手のコメントで確認できたのですが)ハミを取る力も残っておらず、余力のみで直線を追走。。。
逃げた1番人気②ユウキハングリーは堂々の圧勝。1分46秒3の時計で2着⑥フルボディーに3・1/2差をつけました。
クオンは勝ち馬から3秒1遅れた1分49秒4の14着。。。上がり3Fも41.1秒。。。ダート2300㍍の時よりも遅い生涯ワースト記録となってしまいました。

このレースのハロンタイム
7.1-10.6-11.5-12.3-12.5-12.7-12.6-13.2-13.8
全く出入りもなく、②ユウキハングリーの通過時計ですので、クオンには関係ない時計ですし、ユウキハングリーはこの時計で圧勝ですので、立派です。

ユニオンのレース回顧を見ると“終始、鞍上の手が動き手応えは今ひとつ”とありましたが、僕はあんまりそんな風に見えませんでした。多少、連戦の疲れはあったかもしれませんが、パドックの様子を見ても、ある程度調子は良かったように思います。序盤から大きなロスがありながら、3コーナーから4コーナーであれだけ前に出て来られたわけですからね。。。
芹沢騎手も跨った時に“いける”と思って、やや慢心があったかもしれないし、クオン自身も“やれる”と思って、作戦考えなしに我武者羅に走ってしまい、直線入り口で既に脚が上がっちゃうような無理な走りをしたように思います。
これはあくまでも僕の感想ですので、真相は分かりませんが。。。

芹沢騎手のコメント『跨った時の感触は良かったのですが、レースに行くと全くハミを取ってくれませんでした。こんな感じの馬ではないと思うので、ひょっとしたら目に見えない疲れでもあるのかなぁ』

気合が空回りして、ハミを取らないってこともあるんですかね?1コーナー入り口では結構、気合入り捲りの雰囲気でしたからね。

大橋調教師のコメント(水曜日)『時計もそんなに速かった訳でもないしなぁ…。スタートしてからもう手応えがいつもと違ったからなぁ…。ここまで走れない馬ではないから、目に見えない疲れがあったのかもしれない。福島開催はパスして、リフレッシュを図ったら新潟開催には出走できるぐらいに調整していきたい』

ということで、スタート直後の反応の悪さは僕も気になったところでして・・・やっぱりこんなに負ける馬ではないですし、、、(何度も書きますが)疲れがどうのこうのとかではなく、やっぱり空回りだったような気がします。
次走は新潟予定ということで、ここもクオンが得意としているコース。口取り遠征は厳しいかもしれませんが、そろそろ2勝目を挙げてもらいたいですね。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月26日 (金)

大人の階段登らないと(158戦目)

とりあえず、今日でまた大きな仕事の山を越えました。ということで、あの日から1週間が経とうとしていますが、ローレルクラシックのレースを振り返ろうと思います。

1003261

ローレルクラシック
20日(土)中京5R3歳未勝利・芝2000㍍
北村友一56.0㌔

今日は朝からフリー。中京1Rに僕がよくおじゃましている“たまさん”(面識もありませんし、ネット上でもコメントを交わしたことがないですけど)の出資しているユニオンのビクトリアクロスが出走するということで、1Rから競馬を楽しもうと朝早くから家を出たのですが・・・東名高速道路はまさかの大渋滞。。。中京競馬場最寄の豊明ICまでに3度の事故現場を見てしまったので、渋滞するのも当然か・・・ということで、1Rに間に合うかどうかの問題ではなく、ローレルクラシックの口取り受付に間に合うかどうかの戦いとなってしまいました。ローレルクラシックのデビュー戦は16名の会員さんが口取り希望。抽選となりました。。。今回も抽選の可能性を感じておりましたので、この口取り受付時間(発走時間の1時間前)に間に合わないことは不戦敗となる可能性も。。。何とか駐車場に到着。駐車場から集合場所までもダッシュで行きました。。。本当に集合時間ギリギリに到着。予定到着時間より1時間15分遅れての現地入り。。。高速道路もあてになりませんなぁ~。。。集合場所では出席確認。今日の口取り希望者はちょうど10名。無抽選で口取り権利獲得!!せっかくなんで、今日の10名できっちりと口取り写真に収まりたいですね。とりあえず、ここで出席をとった後、解散になったのですが、ダメですねぇ~渋滞の焦りとダッシュの疲労で判断力がかなり鈍っておりました。。。ローレルクラシックのレースだけのことを考えれば時間的には余裕があるはずなのに、“馬券購入締め切り直前”の雰囲気を自分の中で作り上げてしまい、ローレルクラシックの『単勝』『複勝』『頑張れ馬券』を大量マーク記入。。。それぞれいっぱい買ってしまいました。。。
そして、馬券購入後パドックへ。。。そこに登場したローレルクラシック。。。
この日は天気もよく春の日差しがパドックを包みます。ローレルクラシックの金色の馬体もキラキラと輝いておりました。黒いシャドーロールもお洒落なイケメンホース。体重もマイナス6㌔の468㌔ということで、幾分引き締まった感じ。歩様も力強いし、胴長、脚長。。。サラブレッドらしいサラブレッド!いい馬です!!ここまでは『こりゃ口取りあるかも!!』と、ワクワクしたのですが、ここからそのイメージが徐々に揺らぎ始めてきました。。。こんなに格好いい馬なのに何か変。。。写真が撮り辛いのです。僕の写真のウデのせい?そうではありません。。。ローレルクラシックがパドックの内々にドンドン切れ込んでいく。。。前の馬の陰になって全然顔が見えない。つまり、厩務員さんに甘えまくり。。。そして、顔が見えてもうまく写真が撮れない。。。フラフラ蛇行をしているし、顔もクルクルと、いろいろなところを見ていて、視点が定まらない。。。つまり物見をしているということ。まったくもって集中力がなく、レースをする準備ができていない。。。そんな状態でレースに出て勝てるようなメンバー構成ではなかったし、他のライバルたちは比較的で気が良く、この時点で『これは絶対勝てないな・・・』と確信。つい5分前に大量購入した馬券を思い出しかなり後悔しました。。。何となく、前走よりも甘えが激しい感じ。。。掲示板も怪しいと思いました。
家に帰って見たグリーンチャンネルのパドック解説では『まだちょっと甘える様なところはあるんですけどね。なかなか馬体に伸びがありますし、少し柔らか味もあっていい馬ですね。』ということで、似たような感想。。。それでもパドック推奨馬は③アカシックレコード、②マイネルグート、⑦ローレルクラシック、⑱オメガキングコング、⑫サトノサウザーということで、3番手に挙げられました。馬体と歩様を見れば“かなりのオオモノ”感もあるのですが、あの馬体で、1番手に挙げられないのはやはり子どもっぽさが激し過ぎる証拠か・・・
本馬場入場時もスンナリ。。。ではなく、北村友騎手に遊んで貰おうとクビを振ったり、軽く尻っぱねをしたり、、、レースに向かう気合が空回りの雰囲気ではなく、明らかに集中していない感じのアクション。。。心配は更に募ります。。。(この時点で馬券購入を迷えば大火傷せずに済んだ。。。)

レースはまさかの好スタート。ローレルクラシックは将来を睨んで、能力のみでレースをするのではなく、調教から馬を前に置いて、道中は我慢させ、騎手のGOサインで差し脚を伸ばし、前の馬を交わす訓練を続けているので、ここで無理をして、先頭に立つことはしません。(今までの努力が全部無になってしまいますから)
しかし、北村友騎手も無理に抑えることをせず、馬任せに流して、1周目のゴール板を通過。5番手で1コーナーに差し掛かります。レースは18頭が一団となり淡々と進んでいきます。ペースもそれほど上がらないので、前残りの予感。。。ローレルクラシックも最低でもこの位置を確保して3コーナーに差し掛かってもらいたいところだったのですが。。。ローレルクラシックが走っていた内ラチから3頭分くらいの位置は馬場が相当悪いのか、もの凄い芝と砂を巻き上げて走っておりましたし、クラシック自身も何となく脚元を気にしながら走っている感じ。。。向正面でもうまくスピードに乗れず、スタート直後から先頭を走っている⑬タイキエイワンから離される感じ。外から襲い掛かる⑭キチロクアナンにも交わされ、ズルズルと後退するような気配も。。。しかし、3コーナーから4コーナーにかけて何とか盛り返し6番手をキープ。最終コーナーではスパートをかけたいタイミングで前がやや詰まった感じも。。。そして、馬場が一番悪い部分を回り続けたツケもあったか、思ったほどスピードに乗れません。。。直線では後続を抑え一足先に5番手で抜け出しました。前は悠々と⑬タイキエイワンが逃げ切り体勢。2番手にはこれまた終始2番手に付けた⑱オメガキングコングに猛追する人気の③アカシックレコードの争い。ローレルクラシックは粘って掲示板を確保できるかどうかの戦い。。。1着はそのまま⑬タイキエイワン。勝ち時計は2分3秒4でした。ローレルクラシックは⑩スゴイの追撃を何とか振り切って2分4秒4で何とか5着に滑り込み、賞金と次走優先権を確保。。。
あのパドックの様子でこの仕事は、正直嬉しかったです。

集合場所に戻りレクチャーを聴きましたが、『幼さが出た』、『まだまだ子どもっぽい』、『広い馬場の方が良さそう』、『除外続きで調整が難しかった』、『優先出走権が取れて、次はしっかり調整したい』など、聞いてて“そんな感じだろうなぁぁ~”といった予想の範囲内のコメントくらいしか聞けなかったなぁ~。。。
とりあえず、今後も在厩のまま続戦ということで、期待されていますねぇ~。。。イクタさんで会いたい気もちょっと沸いてきましたけど。。。

文の最初の方にもちょこっと登場させた“たまさん”ですけど、週明けにブログを見ると・・・現地にいらしていたみたいですね。。。是非ご挨拶したかった・・・焦りと疲れでフラフラでどんな風貌の方がいらっしゃったか殆ど覚えておりません。。。またの機会があれば・・・

北村友一騎手のコメント『一度使って大分素軽くなって来ました。スタートも良かったから、あの位置から流れに乗れました。ただ気性的に若いので、色々周りを気にしていますね。競馬を使いながらその辺が変わってくれたら良いと思います。』

このレースのハロンタイム
12.2-11.7-12.3-13.5-13.5-12.9-12.1-11.6-11.7-11.9

途中で一息入りましたからね。。。やはり前残りレース。ローレルクラシックもその恩恵を受けたといえるかもしれません。
上がり3Fは35.6秒。馬場の悪いところをまわされ続けたことを考えれば、上出来だと思っております。

この5着。。。
『協和はダメだ!』なんてコメントもあるところでは聞こえますが、このパドック、あのレースでのこの順位は悪くないと思いますよ。。。子どもっぽさが抜けるまでは歯痒いレースが続くかもしれませんが、かなりいい競走馬に成長してくれる可能性も十分秘めております。もう少し待ちましょう!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月25日 (木)

春のジーワンコンテストエントリー!

今週末から春のGⅠシリーズ(前日にはドバイワールドカップがありますが)がはじまります。第一弾の高松宮記念が始まる前に・・・今年も応募しました!サラブレの『春のジーワン13連発』。
GⅠレース13戦の上位入賞馬(3着以内にポイント)を予想するこの大会。。。今まで何度か応募(忘れていない時は必ず送っているんですけど)しているんですが、上位入賞はありません。。。それどころか、そのレースに出走すらしていない、不戦敗レースも多いこと。。。
一応、今回こそは!!と、燃えています。

今回は、勝ちを予想することも大切ですが、確実に出走してくるだろう馬を最優先して選択しました。

僕の予想は以下の通りです。
3/28 高松宮記念 
 エイシンタイガー
4/11 桜花賞
 オウケンサクラ
4/17 中山GJ
 キングジョイ
4/18 皐月賞
 ヴィクトワールピサ
5/02 天皇賞 春
 ゴールデンメイン○
5/05 かしわ記念
 エスポワールシチー
5/09 NHKマイルC
 エーシンホワイティ
5/16 ヴィクトリアマイル
 ワンカラット
5/23 オークス
 オーケンサクラ
5/30 日本ダービー
 ヴィクトワールピサ
6/6 安田記念
 ローレルゲレイロ
6/27 宝塚記念
 ブエナビスタ
6/30 帝王賞
 サクセスブロッケン
以上です。

今週のエイシンタイガーで弾みをつけたいところ。。。
そして、ポイントは桜花賞とオークスのオウケンサクラ。この馬はかなり強いと思うのですが、それほど人気にならない気がします。うまくいけば6番人気くらいで圧勝!もあると思っています。
あとは、ローレルとユニオンの看板馬ローレルゲレイロの安田記念とゴールデンメインの天皇賞春での激走を期待したいですね。。。
1位~10位の賞金1万円もいいけど、11位~20位のサラブレ1年分もいいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月24日 (水)

ダルマ状態

今日は、ローレルクラシックのレースをじっくり振り返ろうと、思って意気込んでおりましたが、残念ながらパソコンを職場に置いてきてしまいました…と、いうことで、ローレルクラブの在厩馬情報もユニオンの在厩馬情報も見られない…パソコンが無いと、かなり不便なんだなあ〜って、改めて感じます。
年度末で仕事も山積みで家で少しでも仕事を進めたかったのに、それもパソコンが無く、出来ず…
マサに手も足も出ないダルマ状態。。。明日こそいろいろ書きます。

そうそう…4月よりうちのカミさんがフルタイムで仕事を始めます。それも、僕と同じ仕事を(仕事場は違いますが)
と、いうことで収入が“倍増”とまではいきませんが、かなり増えます。小遣いも増える予定!
心配された、一口馬主の趣味も続けられそうです。

今日は、携帯からの投稿になりました。

内容の浅い文章で申し訳ございません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年3月23日 (火)

100320中京競馬場観戦記②

大阪遠征・・・わずか2日間の遠征でしたが、その間に3人もの骨折(そのうち2人は入院)という、大変な遠征となってしまいました。ということで、昨日は『てんやわんや』ブログをお休みさせていただきました。

一昨日のブログと重複する場面があるかもしれませんが、せっかくいっぱい写真を撮ってきたので、本日も中京競馬場の写真を中心にいってみようと思います!!

1003231 ローレルクラシックは-6㌔での登場

1003232 クラシックはかなりのイケメンです。黒いシャドーロールも格好いい!

1003233 18頭立てだとパドックも狭く映ります。クラシックがどこに居るか分かりますか?

1003234 地下馬道から上がってきたクラシック。真ん中の地下馬道から登場して欲しかった!!

1003235 これは迫力の最終コーナー。。。お気に入りの一枚です。クラシックはどこか分かりますか?

1003236 今日のメインレースのプレゼンたーの光浦靖子さん。元気な方でした!!

1003237 そして、8Rのエルプレジデンテ。出資されてる方はいらっしゃいますか?

1003238 エルプレジデンテの本馬場入場。真ん中の地下馬道からです!

1003239 ファンサービス中の福永ジョッキー。僕もあそこに参戦したかった!!

ということで、写真撮影に命をかけた今回の遠征。いっぱい撮ったなぁ~~。。。まだまだいい写真もありますが、その写真はいずれの日か。。。

楽しい中京競馬場遠征でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年3月21日 (日)

100320中京競馬場観戦記①

ダメだ。。。眠い・・・眠過ぎる。。。ということで、本当はいろいろと書きたいことがいっぱいあるんですが、グッと押さえて昨日の中京競馬場遠征写真をアップします。

本当に眠たいので、写真のみ。

写真の説明についても明日の朝とかに、追記します。

1003211 パドックに登場のローレルクラシック。

1003212鞍は騎手の自前なんですね。。。鞍に“友”の字がついておりました。

1003213本馬場入場のローレルクラシック。晴天と緑の芝に映えます。

1003214スタート直後。。。お気に入りの一枚です。

1003215スタート後の二の脚も速いっっ!能力の片鱗を見せました。

と、いうことで今日はおしまい!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月20日 (土)

天気は大丈夫か?

今日は中京競馬場へ行ってきましたよ。。。いろいろ書きたいことはありますが、まずは、今日しか書けないクオンのレースの展望を。。。

本日もソースは競馬ブックです。

クオン
21日(日)中京6R4歳以上500万下・D1700㍍
芹沢純一57.0㌔
【発走12:40】

印…〔…△△△△…△〕
TM〔…△…△△……△△〕
戦評…主力対等
レイティング…56.2(4番手)
予想オッズ…17.8倍(6番人気)
短評…ひと押し課題
ダート△
コース△
距離…○
前走…―
調教…―
実績…―

○【大橋師】
前走は時計が速過ぎた。適度に時計がかかる馬場なら。

調教より
→攻め動かぬタイプ
17日 坂路 55.6-41.2-27.3-13.6 一杯に追う

クラブから
良い意味で状態は変わらず平行線。良馬場であれば勝ち負けが期待できそうですが、週末の雨は気になるところです。

★★★表題にも挙げたように天気が心配。。。投票時は『日曜日は大荒れ。でも、土曜日も荒れそうだから』と、いう理由で土日3鞍で一番層の薄そうなこのレースを選んだということです。しかし・・・天気はよく分からん。。。とりあえず、今日は降りませんでした。その時点で、“おいおい”と思っていたのですが、先ほど天気を確認したところ、夜中に雨が降りそうですが、朝から天気は回復。風が結構ありそうで、馬場の回復も結構早いのではないでしょうか?僕の予想では稍重くらいまで回復するのでは?と思っています。となると、クオンにとっては程よい馬場になるのではないかと思っております。
レース中に西風が強くなる気配もありますので、それがクオンにどう影響するか?そこが気になります。
メンバーはここが一番薄いですかね?でも、②ユウキハングリーは強そうですね。ここは一本かぶりの人気になりそうですね。成績も安定していますし、時計も速い。これが勝つためには最大の壁になることでしょう。
そして、再ファンド出戻りの⑮リビングストン。兄弟はあまり走っていませんが・・・強いのか弱いのか読めません。
速い時計になって台頭してきそうなのは⑧クラレットジャグ。。。
この辺が強敵ですかね。

クオンはどうなんだろう?いつもどおり10番手くらいでレースを進めて大外を捲って先頭集団へ・・・ですかね?有力馬は揃って先行しそうなので、やり合って前崩れの展開を期待します。

明日もクオンの応援に行きたいんですが、残念ながら1泊2日で東大阪に出張。。。明日は、口取り希望の方が2名いらっしゃるそうですので、僕は参加できませんが、口取りを楽しんでください!!応援しております!!!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年3月19日 (金)

ローレルクラシック!勝つ!!・・・はずっっ

明日は予定通り中京競馬場へ行ってまいります。
口取りできればいいんですけど・・・

ということで、競馬ブックでローレルクラシックの評判を見ていきたいと思います。

ローレルクラシック
20日(土)中京5R3歳未勝利・芝2000㍍
北村友一56.0㌔
【発走11:50】

印…〔…△○▼◎▼▼〕
TM〔★◎△…△△▼▼△〕
戦評…上位拮抗
レイティング…52.0(3番手)
予想オッズ…7.8倍(4番人気)
短評…素軽さが出て
道悪…―
血統…△
距離…―
前走…△
調教…―
実績…―

【飯田雄師】
まだ真剣に走っていない面はあるけど、素質は高い。2走目の上積みもありそう。

調教より
→ひと叩き素軽さ出
17日・栗P良・単走・北村(友)・6F82.8-66.8-51.7-38.2-11.6(9分所・馬ナリ)

クラブを通じてのコメント
飯田(雄)師「今朝の調教後に獣医さんに診てもらったら『徐々に心肺機能が良くなっているね』と言われました。間隔は空いてしまったけど、叩いた効果で前進させたいね」

★★★前走は2月7日。中2週くらいから出走の意志は持っていたもののなかなか使えない。。。短距離は出走馬が溢れるのは分かるんですが、長距離戦もこんなに出走馬が溢れているとは・・・やはり、5着以内の優先出走権は大事ですね。
ローレルクラシックは前走、レース前半に食らった不利の影響でリズムを崩し、上位に進出できずに敗退。スムーズな競馬ができていれば結果は変わっていたことでしょう。
今回は前走6着の実績から、やや評価を落とすだろうと思っていました。競馬ブックでは4番人気。他の新聞では更に低評価の新聞も・・・。明日は馬券も買うつもりですので、“低評価”は逆にありがたいこと。
一本被りになりそうなのが、③アカシックレコード。母は6勝のポンデローザ。良血ですね。。。この馬はデビュー戦2着。稍重の馬場でクラシックよりも0秒1速い時計で1800㍍を走破しています。
阪神の稍重での好時計は評価できますが、クラシックの走った中京もなかなか馬場が荒れていたし、前半の不利もあったので時計以上に評価してもいいと思っております。よって、勝負になるはず。。。道中の位置取も似ているでしょうから、内側に③アカシックレコードを置いて目標にしながらあわせていけばいい結果が出そうです。
他に要注意馬は・・・②マイネルグートとタイキエイワンあたりですかね。。。でも、1着になれるか・・・というとそこまでは厳しそう。ここには負けたくないです。
ちょっとイヤなのは隣の⑥ニシノブーケスト。先行歴はないんですが、前に行きたがる中舘騎手騎乗。無理に叩いて前に出ようとして、⑦ローレルクラシックの前をカットしたり、出鞭がビシビシとクラシックの前をちらついたりすると厄介です。スタートを決めてきっちりと⑥ニシノブーケストの前に行きたいですね。。。
ということで、スタートを決めて、その後③アカシックレコードをマークしてレースを進めることで優勝が見えてくると思います。。。

もう一頭、阪神で2走目を迎えるローレルベオウルフとともにダブル初勝利といきたいですね。

楽しみな現地応援です!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月18日 (木)

確定の赤ランプ

確定!!

16:00 ローレルクラシックが20日(土)中京5R 3歳未勝利・芝2000㍍・18頭立に北村友一56.0㌔で出走することが確定しました。

16:00 クオンが21日(日)中京6R 4歳上500万下・ダート1700㍍・16頭立に芹沢純一57.0㌔で出走することが確定しました。

ローレルクラシックは想定の段階では抽選対象馬だったのですが、出馬投票締切時は抽選なし(6節)で出走が確定しました。抽選対象となったのは5節の馬。。。もし抽選になっていたら・・・クラシックは多分、除外になっていたでしょう。。。ということで、無事に“この”レースに出られて良かったです。
そして、土曜日のレースに出走となりましたので、現地応援が確定しました!!口取り期待です。

それから・・・クオン。こちらは日曜日に出走。。。週末は徐々に天候が下り坂になっていくので、土曜日の出走の方がいいかな?って思いましたが・・・日曜日に出走となりました。。。メンバー構成は・・・大橋先生がギリギリまで粘って決めてくれたレースです。このレースのメンバーが一番弱いですかね。。。
ただ・・・日曜日は大阪出張ですので、クオンのレースは現地応援ができません。。。でも、得意の中京もおそらくラストラン(改修後にまた走って欲しいけど)ですので、結果を出して欲しい!!頑張れクオン!

そして、ローレルクラシックの口取り予約のためローレルクラブ事務所に早速電話。。。
口取り予約の旨を伝えた後、大切な確認を。。。そして、今日4つ目の確定
ローレルジャブラニの名付けは僕でした。。。ということで、3年ぶり4頭目の名付けとなりました。
この、ローレルジャブラニ(Laurel Jabulani)
ズールー語  冠名+「勝利を祝う」
ということなんですが、ジャブラニは2010サッカーW杯南アフリカ大会で使用されるアディダス社の公式球の名前でもあるんですよね。。。
2009年7月のレポートで提供牧場の森永秀美さんが『中澤と闘利王みたいな感じかな』ということで、大のサッカーファンであることを知り、サッカーに因んだ馬名を半年かけて考えました。ローレルトウショウ(闘将⇒闘利王のニックネーム)だと、トウショウ牧場の馬みたいだし、ローレルボンバー(ボンバー⇒中澤のニックネーム)は既に居たし・・・ということで、W杯イヤーに相応しいタイムリーな馬名だし、響きもいいですからこれで応募をしました。(父や母からの連想ではありませんが、言葉の意味もこの馬への願いということで相応しいですからね)
某掲示板で、ちょこっとだけいじられていましたので残念でしたが、活躍して馬名がガッチリ馴染むように期待しております!!
僕の今まで採用された馬名ですが・・・
クオン(トロットスター×ファーストステップ)
日本語 久遠。時間が無限にあること。永久の意の仏教用語。
クリオ(スクワートルスクワート×ペンカーレッグ)
ラテン語 祝福する
マサカーネ(トワイニング×ナイスジュノー)
ズールー語 皆で力を合わせよう

ということで、比較的短い馬名が多かったのですが、今回は冠名をあわせてですが、最長の9文字の馬名。そして、ローレル○○はどうしても採用されたかったので嬉しいです。

ローレルで名付けになった馬は今のところ全馬未勝利。。。
牡馬で名付けになった馬。。。未勝利で終わったこと無し。
さて、ローレルジャブラニはどちらに向かうのか。。。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2010年3月17日 (水)

今週末は。。。

先週はローレルクラシックが未勝利戦に登録も抽選にまわり無念の除外。。。今週も土曜日中京2000㍍に出走予定。。。今週の土曜日ならば応援に行ける!!ということで、かなり楽しみにしているんですが・・・本日の想定の段階で35頭が登録。当落線が6節、、、そうです。ローレルクラシックも中6節なんですよね。想定そのままで考えれば中6節が8頭。そのうち6頭が出走可能となる見込み。出走できる確率の方が高いのですが、何となく出走運に見放されている感じのローレルクラシック。。。レースに出られれば間違いなく勝ち負けだと思います。何とかしたいです。

そして、クオンも今週にスタンバイ。来週はダート1700の500万した条件があまりなく、メンバーが強化される可能性があるため。ということで、今週に照準を定めての出走を表明。まだ、土曜日か日曜日か決めかねている様子。クオンが狙うレースは土曜日1鞍、日曜日に2鞍。。。レース数でいえば応援に行けない日曜日の出走の方にやや分がある感じ。
何とかクオンも土曜日の出走となって欲しいものです。こちらは想定の段階で土曜日9Rが17頭。日曜日6Rが21頭。日曜日9Rが17頭。。。とりあえず、クオンは優先出走権があり、どのレースにも出走できるということなのですが、メンバーが弱いところを選んでの投票となるようです。

土曜日に2頭そろい踏みの夢の中京遠征にもなるかもしれないし、愛馬出走ゼロになるかも。。。そうしたら遠征も中止だろうな。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月16日 (火)

ローレル08産馬の競走名由来

本日、ローレルクラブから2008年産世代の馬名発表がありました。
例年よりも少し遅い発表でしたね。
因みに、応募したのはパフェの08とフィーユドゥレーヴの08の2頭。2頭とも人気がある馬だし、馬名公募に併せて年末までに出資を考えていた(ローレルは出資者を優先に馬名を選定する色が強いので)のですが、年明けに一口プレゼントキャンペーンがありそれに乗っかる方が魅力的だったので、その当時は出資者外での応募になっており、採用されることもないだろう・・・と思っていましたのでね。。。それほど、心待ちにはしておりませんでした。

いろいろ書きましたが、とりあえずローレルクラブ2008年産馬名前馬発表です。(HPはこちら

パフェ08 ローレルジャブラニ
Laurel Jabulani (ズールー語) 冠名+「勝利を祝う」

ソラーラ08 ローレルソラン
Laurel Sorun (日本語+英語の造語) 冠名+「空(Sora)を走る(Run)」

ピュアドリーム08 ローレルアドニス
Laurel Adonis (ギリシャ語) 冠名+「美少年」

カーテンコールⅡ08 ローレルガイア
Laurel Gaia (ラテン語) 冠名+「地球、大地」

フサイチバナナ08 ローレルクロノス
Laurel Chronus (ラテン語) 冠名+「時間の神」

ゴコウ08 ローレルアリエス
Laurel Aries (ラテン語) 冠名+「4月の星座、おひつじ座」

モーニングタイド08 ランデブー
Rendez Vous (仏語) 「恋人同士が落ち合う」

ウインクパール08 オーシャンフリート
Ocean Fleet (英語) 「大洋の艦隊」

オグリローマン08 シュンプウサイライ
Shunpu Sairai (日本語) 「春風再来」

タイムフェアレディ08 ロックフェアレディ
Rock Fair Lady (英語) 「父名の一部+母名の一部」

ラヴァーズレーン08 ローレルキングダム
Laurel Kingdom (英語) 冠名+「王国」

キョウワプラチナ08 ローレルブライト
Laurel Bright (英語) 冠名+「輝き」

ナイスジュノー08 レアリサール
Realizar (西語) 「達成する」

フィーユドゥレーヴ08 アルボランシー
Alboran Sea (英語) 「アルボラン海(スペインにある海)」

ミスカスウェル08 ウーマンインレッド
Woman In Red (英語) 「赤い服を着た女性(スティーヴィー・ワンダーのアルバム名)」

サクラソレイユ08 セラーナ
Serrana (英語) 「素敵なお嬢さん(Cuerupo Serrana)より」

キャタラクト08 ランニングハイ
Running High (英語) 「マラソンや長距離走における陶酔状態」

リコピン08 ブラッディマリー
Bloody Mary (英語) 「カクテル名(トマトジュースのウォッカ割り)」

カントリーバッハ08 ソノリティ
Sonorite' (仏語) 「よく響くこと」

ということで、我が愛馬
パフェ08⇒ローレルジャブラニ
フィーユドゥレーヴ08⇒アルボランシー
となりました。

ローレルジャブラニ・・・ズールー語。。。
おっっっ。。。この馬名応募した気が・・・
パソコンが修理中のため、ローレルクラブに送ったメールが確認できず、ローレルジャブラニで応募した確信が持てないんですが、ズールー語で馬名を送るなんて多分僕しかいないでしょう。。。ということで、今度ローレルクラブに電話をして聞いてみようと思います。

ここからは僕の応募した馬名が採用されたという仮定で話をしていきますが、ローレルクラブで採用されたズールー語馬名はマサカーネ(トワイニング×ナイスジュノー)以来2頭目。マサカーネは2005年産で3年前に名付けになった馬名。それに続く3年振り4頭目の採用となります。
・・・嬉しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月15日 (月)

無念・・・ラブミーチャン。。。

昨日のフィリーズレビューに“笠松の星”ラブミーチャンが出走しました。
単勝2番人気に推され、レースでも果敢に逃げを打ちました。僕も皆さんと同じく、ラブミーチャンを応援。公営からの桜花賞出走を期待しておりました。
馬券的には③レディアルバローザを軸にしておったので、⑭ラブミーチャンには3着以内の感じで地味に桜花賞出走で決めて欲しいなぁ~と思いました。

結果は・・・
1着 ⑤サウンドバリヤー
2着 ⑮ラナンキュラス
3着 ③レディアルバローザ



12着 ⑭ラブミーチャン

ということで、馬券はワイド&三連複ゲットで今年初の万馬券も獲得で嬉しかったのですが(馬券あたり自慢を入れてしまいましてスイマセン)
⑭ラブミーチャンのJRA桜花賞出走が絶望的。。。話題の馬が桜花賞に出ないのはちょっと残念です。。。フリーズレビューが終わり、ほぼ桜花賞出走メンバーが揃いましたが、ユニオン&ローレルからの出走は略なし。。。頼みの綱はローレルのマンゴープディングがファルコンSに出走(現在は除外対象)し2着以内に入ること。
1年前には“桜花賞向き”とか“桜花賞馬”などの言葉が踊っていた仔も何頭か居たと思うんですが、現実は厳しいですね。。。

現2歳馬の出資は牡馬1頭。牝馬3頭。。。桜花賞を夢見れそうな仔も居ると思っています。。。

ラブミーチャンは3/24の浦和競馬場の桜花賞(ダート1600㍍)に出走予定だとか。。。今後もJRAのレースに出走する機会もあると思います。そのときも応援し続けたいと思います。頑張れ!ラブミーチャン!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月14日 (日)

ローレル愛馬情報3/14

気がつけばローレル愛馬情報を1ヶ月もやっておりません。僕にとってローレルクラブは大事なクラブなんですが、この1ヶ月愛馬の出走もなく、動きも殆どなかったので、やや蔑ろになっておりました。。。

ということで、3/14までのローレル愛馬情報を本日まとめて送ります!!

ローレルベルロード(5歳・牡)
(ナリタトップロード×ベルガール)
2/17 レース後の上がりの状態に特に変わりないものの、次走については現在のところ未定となっています。
鮫島調教師のコメント『何でだろうね。ちょっと体重が減りすぎていましたね。もう少し様子を見てからですけど、もしかしたら短期放牧させるかもしれません』

2/24 この中間に京都の宇治田原優駿ステーブルへ放牧に出ました。
鮫島調教師のコメント『馬体が減っていたし、少し間隔を取ってからの方が優先順位的にも調整しやすいですからね』

2/26 宇治田原優駿ステーブルへ到着後はWM・ウッドコースでのダク~キャンター(25秒/F)3200mの調教を行っています。
担当スタッフのコメント『前走の疲れが残っているようで、それを取り除いてやるまではスローペースで進めていきます』

3/5 この中間はWM・トラックコースでのダク・キャンター2400m・坂路1本18-18の調教を行っています。馬体重500㎏

3/12 引き続きWM・トラックコースでのダク・キャンター2400m・坂路1本18-18の調教を行っています。馬体重496㎏
担当スタッフのコメント『ペース自体は変わっていませんが、より負荷のかかる乗り方で進めています』
★★★1ヶ月も放っておくと、情報もいっぱいになりますね。前走の尾頭橋特別で体重激減の惨敗後、すぐに放牧へ。宇治田原優駿ステーブル放牧後はややペースを落としましたが、既に18-18まで戻しました。ただ・・・体重がなかなか戻りません。入厩するとすぐに減るので、520㌔近く欲しい気がします。3歳時に比べたら成長分もあると思うのでねぇ~出走時にも500㌔くらいで出てくれないものか。。。
宇治田原では15-15をやってからの帰厩になると思うので、もう少し時間が掛かりますかね?とりあえず、万全な状態で戻ってきて欲しいです。

ローレルクラシック(3歳・牡)
(スペシャルウィーク×キョウワホウセキ)
2/17 この中間も変わりなく調整されていますが、次走については現在のところ未定となっています。

2/24 この中間も変わりなく調整されており、本日追い切られました。今週末の阪神競馬・ダート中距離戦に出馬投票する場合があります。

2/25 19日・栗P良・単走・助手・6F85.6-69.9-54.8-40.6-12.5(9分所・馬ナリ余力)
24日・栗CW良・単走・助手・7F97.5-81.3-67.9-53.2-39.9-12.5(8分所・一杯追)
飯田(雄)調教師のコメント『当初の予定通り芝の中距離を使って行きます。一度経験したコースの方が走りやすいとは思ってるので、来週の中京になりますかね』

3/3 6日(土)中京5R・3歳未勝利・芝1800mまたは7日(日)中京4R・3歳未勝利・芝2000mに出走を予定しています。

3/4 3日・栗CW良・助手・6F82.8-67.1-52.9-39.7-12.5(7分所・一杯追)
(3歳未勝利・コイスキャーレ・一杯の内0.5秒追走4F付1.4秒先着)
飯田調教師のコメント『想定の段階で除外が確実だったので、今週は投票しませんでした。1週スライドさせて来週の中京の千八か二千を予定します』

3/10 14日(日)中京5R・3歳未勝利(混)芝2000mに北村友一で出走を予定しています。

3/11 3日・栗P良・単走・助手・4F60.0-43.4-14.5(8分所・馬ナリ余力)
10日・栗P良・単走・北村(友)6F82.4-66.7-52.4-38.4-11.9(9分所・強目追)
飯田(雄)調教師のコメント『昨日の想定が出た段階では何とか使えそうな感じでしたが、抽選ではじかれてしまいました。こればかりは仕方ないので、仕切り直して来週の中京ですね』
★★★デビュー戦の前走6着後、上がりの状態に変わりなく調整もされていますが、優先出走権がないと本当に出られないんですねぇ~。。。調教の動きがいいワケではないので、2戦目が延び延びになってもそれほど、危機感はありませんが、5着以内に入ることの大切さを実感する中間となっております。
次週は流石に出られると思いますので、楽しみにしておきましょう。。。
今週の動きが楽しみです。

ローレルイグザルト(3歳・牡)
(フレンチデピュティ×アサカプティット)
2/19 グリーンファーム甲南へ到着後も体を緩めることなくWM・ダク~キャンター3200mの調教を行っています。

2/26 この中間はWM・坂路コースでのダク1本・キャンター2本(17~18秒/F)週1回15-15の調教を行っています。
担当スタッフのコメント『問題なく順調です。ペースが緩いとトモの爪の内側を当ててしまうので保護カバーを着けて調教しています』

3/5 この中間も変わりなくWM・坂路コースでのダク1本・18-18のキャンター2本・週1回15-15の調教を行っています。

3/12 引き続きWM・坂路コースでのダク1本・18-18のキャンター2本・週1回15-15の調教を行っています。

★★★グリーンファーム甲南へ放牧。早々に15-15を行っております。この中間に牧場見学に行こうとも思っております。。。でも、15-15も1ヶ月近くの期間やっていることになるので、そろそろ帰厩かも。今までよりも極端に距離を短縮して次走に挑戦して欲しいですね。
この仔は何とかなるはず!!

ミンナノアイドル(3歳・牝)
(オグリキャップ×グレイスクイン)
2/10 美浦トレセン近郊のスピリットファームで育成中です。年明け、明智氏は「血液検査の結果、スクミについての数値はそれ程悪くなかったのですが、肝機能の数値が少し悪かったので、獣医さんからは多分北海道からの長距離輸送での疲れと環境変化によるストレスから来るものではないかと言われました。今朝の様子はこれまでで一番元気だったので、日に日に疲れが取れて来ているのと、慣れもあるのでしょう。これからは問題なく進めて行けそうですが、時間は掛かりそうですね。飼料を色々と工夫するなどして体質強化を図りたいです」とコメント。中旬から騎乗運動を再開し、WM・コースでのダク・20‐20のキャンター・坂路1本17‐17の調教を消化。明智氏は「環境にも慣れたし疲れも取れて元気になりました。具合が良さそうだったので坂路で行かせてみたけど、大丈夫でしたよ。ただ、持ったままの馬ナリではなく追っ付けての17‐17で、息も上がっていました。やれた事は先に繋がるし、時間は掛かりそうだけど、馬は悪くないので頑張ります」とコメントしています。1月一杯は同様の調教メニューを消化し、明智氏が「メニューは同じ程度ですが、順調に乗って息の入りが良くなってきました。古馬に普通に付いて行けるようになりましたよ。このペースでもう少し乗り込んでから。坂でペースを上げていく予定です」とコメントするぐらい、良化してきました。

3/10 美浦トレセン近郊のスピリットファームで調整中です。WM・コースでのダク・20‐20のキャンター・坂路1本17‐17の調教を行なっています。中旬までは、明智氏が「少し速いところを乗ったらヒザ裏が張ったりするなど、仕上がり早の2歳馬と同程度なので、時間がかかりそうですが、何とか良い具合でトレセンに入れられるように頑張ります」とコメントするような状況でしたが、下旬には息の入りも良くなり、脚元もシッカリしてきたそうです。
★★★美浦トレセン近郊のスピリットファームに移動し、微かに入厩の臭いを感じさせるも、“即”っていう感じはないですね。2歳馬の新馬解禁よりもデビューは遅れると思いますが、今はじっくりやってもらいたいと思います。故障なくね。。。

ということで、3歳以上の愛馬情報はこれで終わり!!

2歳馬情報は後日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月13日 (土)

“MY パソコン”戦線離脱

昨年9月に買ったパソコンが涙の故障。。。買ってまだ半年。。。ということで、更新が遅れました。
最近はトラブル続きでここを楽しみにしてくれている方(そんなに居ないかもしれませんが)御迷惑をお掛けしました。
とりあえずメーカー保障&販売店保障期間中ですので無料で直るみたいなんですが、メーカーに送って戻ってくる期間が約1ヶ月。。。その期間レンタルパソコンで凌ぎます!
とりあえず、ブログ更新には問題ないのでね!
仕事も忙しい期間が続きますが、頑張りますのでよろしくよろしくお願いします!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月12日 (金)

2008年産追加募集馬検討会

今日から岐阜遠征。。。ということで、我が家にはローレルクラブの会報と追加募集馬のパンフレットが届いたらしいですが、見ることができませんでした。

今年は追加募集馬が3頭。。。昨年は追加募集馬のローレルイグザルトに出資。今のところ結果は出ておりませんが、スピードがありいずれ勝ちあがれると楽観しております。

では、今年の追加募集馬はどうなんでしょう?

No.20 メイショウマキバコ08
♂牡 栗毛 2月29日生 栗東・安達
父:クロフネ 母父:ヤマニンゼファー
総額:1,800万円 一口:60,000円
口数:300口 維持費:2,000円/月(2歳1月~)
公式HPにも写真が出ていないので、血統や情報からの感想だけになってしまいますが、まずは厩舎。。。僕がローレルクラブに入るきっかけとなったローレルジェイが入厩予定だった厩舎です。残念ながら入厩直前の事故でデビューできませんでした。安達厩舎が原因ではありませんが、推している厩舎でもありません。安達厩舎だと放牧先が北陸の方になるイメージがありますので、見学に行き辛いんですよね。。。そんな理由からちょっとマイナス査定です。厩舎としては日本一のエスポワールシチーが育っており、全国からも注目される厩舎になりました。
血統をみると。。。まずは父クロフネ。実はクロフネ産駒が欲しいと思っており、かなりそそられます。そして、母父がヤマニンゼファー。ヤマニンゼファーも大好きなんですよね。。。いい感じです。
そしてメイショウマキバコ。繁殖成績は以下の通りです。

ドンクール ( 牡 2002 鹿毛 ジェニュイン ) 4勝、地方2勝
1着兵庫チャンピオンシッ(G2)、名古屋大賞典指定交流(G3)
ドナラーク ( 牝 2003 鹿毛 スキャン ) 1勝
ドナプレミア ( 牝 2004 黒鹿毛 スキャターザゴールド ) 2勝、中央現役
ドンサルート ( 牡 2005 鹿毛 ブラックホーク ) 地方3勝
ドンヤマト ( 牡 2006 栗毛 ジェニュイン ) 中央現役
メイショウコゴロウ ( 牡 2007 鹿毛 ロージズインメイ ) 中央現役 

重賞ホースのドンクールを輩出し、その下もそこそこの成績です。兄弟の中では一番いい種がついた感じのあるこの仔は期待できるんではないでしょうか?
噂ではメイショウの松本さんがこの仔に注目していたとか。。。金額で折り合いがつかなかったのかな?(←これは僕の憶測)ということで、一応検討中。。。(ちょっと高いかな?)

No.21 コンゴウエンジェル08
♀牝 栗毛 4月11日生 栗東・山内
父:ファンタスティックライト 母父:Salt Lake
総額:800万円 一口:40,000円
口数:200口 維持費:3,000円/月(2歳1月~)
こちらはジャパンホーストレード⇒山内厩舎の黄金パターン。この組み合わせは侮れません。そして、注目すべきはこの価格。。。ファンタスティックライトって僕は評価しているんですけど、馬産地ではそうでもないのかな?これから結果を出してくれれば全然いいんですけど。。。
コンゴウエンジェルの繁殖成績は以下の通り。

コンゴウプリンセス ( 牝 2007 栗毛 チアズブライトリー ) 地方1勝、中央現役 

先日のあざみ賞(マンゴプディングが3着)に出ていましたね。
価格からも人気が出そうな1頭です。

No.22 パシアン08
♀牝 鹿毛 2月29日生 美浦・武市
父:ネオユニヴァース 母父:サクラユタカオー
総額:1,200万円 一口:60,000円
口数:200口 維持費:3,000円/月(2歳1月~)
とりあえず、美浦予定ですし、僕の中ではないですけども、人気のネオユニヴァース産駒。牝馬からはまだ活躍馬が出ておらず、難しいところもありそうですが、兄弟が結構走っていますからね。。。
パシアンの繁殖成績は以下の通り。

ビーナスピアラ ( 牝 1999 栗毛 ジェネラス ) 地方2勝
ハードドレッシー ( 牡 2000 栗毛 サッカーボーイ ) 2勝
ダイシンツウィギー ( 牝 2001 鹿毛 テンビー ) 地方1勝
ノットローズハート ( 牝 2003 鹿毛 スキャン )
トーホウレーサー ( 牡 2004 栗毛 チーフベアハート ) 4勝、中央現役
1着 - ニュージーランドT(G2)
タツキセキ ( 牝 2005 栗毛 フジキセキ ) 地方2勝、中央現役
ウインボナパルト ( 牡 2007 栗毛 ゼンノロブロイ ) 中央現役

トウホウレーサーのNZT勝ちが目を引きます。GⅡホースの下でネオユニヴァース産駒で1200万円なら魅力的ですかね?

ということで、追加出資もありえるこのラインナップ。。。皆さんはどうお考えですか?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年3月11日 (木)

愛馬は僕が気にせずとも走る(157戦目)

先週は、職場の方から見ても物凄い気迫で仕事をしていたらしく、話し掛け辛い状態だったそうです。。。とりあえず、あのときの状態からは解放され、普段よりも少しだけ忙しい状況に戻りました。3月~4月は忙しいですからね。。。GWを楽しみに待つことにします。
 
今日はクオンのレースを振り返ります。
 
クオン
7日(日)中京8R4歳以上500万下(混)D1700㍍
芹沢純一57.0㎏
 
放牧明けに中京競馬場で連続3着。内容もなかなか見どころがあり、迎えた叩き3走目。メンバーも手薄で期待は高まりますが、まだまだ全幅の信頼を置けないクオン。好走は間違いないと睨んでおりますが、連日の大雨。水分を多く含み高速化した馬場が少々心配です。
今日のクオンは前走よりマイナス2㌔の468㌔での出走。個人的には非常にいい体重で調整ができていると思っております。
パドックの様子は日が陰っていることもあり、栗毛の馬体もくすんで見えますが馬体の張りなんかはまずまずではないでしょうか?やはり歩様はやや硬め、、、クオンについては毎回同じことを書いているので、これがクオンの平常です。
パドック解説では『少しコロンとした体形で太く映るんですが、これは前走もそうでしたね。馬体の張りなんかは非常にいいです。』というコメントをいただきました。やはり人気上位だと地味な存在でもある程度褒めてくれるので嬉しいです。
パドック推奨馬は⑯ベオレボルーション、⑨ヤサシイキモチ、⑫イマカツタイガー、①ジョーリゴラス、⑥アストレーションの5頭。まぁまぁ褒められたクオンは挙げられませんでした。

レース映像ではスタート前の様子が映されましたが、物凄いぐちゃぐちゃの不良馬場…不良馬場で走って調子を崩すイメージがあるクオンにはまずは無事に回ってきてほしいなぁーと思いました。
ゲートが開き、スタート。発馬はまずまず。でも、近走の中では一番悪いかな?ハナを切ったのは今週デビューの平野優騎手の⑥アストレーション。それに絡んでいくのが①ジョーリゴラス。
そして、最近でこそスタート直後にある程度前に付けられることができるようになったものの元々は行き脚がつかず、後方に置かれてしまうタイプ。今日の不良馬場では速い馬が積極的に前に行きそうなので、芹沢騎手が押して押して前について行くのか、流れに任せて中位から後位でレースを進めていくのかにも注目。結局、流れに身を任せる感じで、あまり無理をしない形で1コーナーへ。馬場の3分どころを走っていきましたが、10番手あたりですかね?まぁ、こんなものか?中京では結構前に付けているようでもいつもこのくらいのポジションですからね。。。クオンはコーナーでやや外に持ち出すもそのままのポジションで向正面へ。
そこから早くも積極的に前との差を詰めにかかります。徐々に前に押し上げるところを更に被せるように⑭スカイハイシチーと⑮アドリームが前へ。クオンは既に3コーナーで鞭が入り、大外をぶん回して前の馬をまとめて交わします。
400メートルを切ったところで、既に5番手。芹沢騎手は勝ちに行く騎乗でしたね。
クオンもコーナーで頑張って前に来ましたが、前が止まらない。。。⑥アストレーションは全く垂れる気配もなく、人気の⑯ネオレボルーションも余力たっぷりながらなかなか前を詰められない。大きく離れて⑫イマカツタイガーが追走するも離される一方。。。クオンは直線早々に画面から消えてしまいましたが、直線でいっぱいになった⑨ヤサシイキモチと猛追の気配を感じた⑬ソヴリンとの5着争い。雰囲気では⑬ソヴリンには交わさせそうな気配。。。見えないところの戦いにかなりハラハラしました。。。中京でもう一回走るには絶対に優先出走権5着が欲しいですからね。。。
減量騎手と不良馬場を味方につけて悠々と逃げ切った⑥アストレーションの勝ち時計は1分44秒5。上がり3Fもトップの36.8秒ですからね。。。文句のつけようがありません。
注目の5着争いはクビの上げ下げで⑧クオンが何とか死守。勝ち馬から遅れること0秒9の1分46秒4でした。前走との比較からも時計も上がりもかかりましたが最低限の5着を死守。。。次につながりました。
クオンは不良馬場もそれなりに走りますが、前半に前に付けられる速い足が無いので、もう少し時計のかかる馬場の方がよいですね(分かっていたことですが。。。)

このレースのハロンタイム
7.3-10.7-11.2-12.9-12.9-12.7-12.6-12.1-12.1

逃げ馬の台頭するパターンですよね。。。後ろからのレースになったクオンは頑張った方かな?

芹沢騎手のコメント『ちょっと時計が速すぎました。もう少し時計が掛かった方が良いですね。前が止まらない馬場だったので、意識的に早めに行こうとしたのですが、あの位置につけるのが精一杯でした。頑張って走ってくれているんですけどねぇ…。権利は確保しましたから、次、良馬場で巻き返しましょう』

勝ちにいった芹沢騎手はベストの騎乗。それも5着に残してくれたんですから文句の一つもありません。次走も芹沢騎手とのコンビで行くと思います。。。来週の土曜日か再来週の土曜日の出走であれば応援に行けそう。次は勝ってくださいね!!

と、いうことで、僕がクオンのことを気にしていなくてもしっかり走ってくれます。次はしっかり見ていますよ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月10日 (水)

フィーユドゥレーヴの08入団発表

本日は、再び新戦力の紹介をさせていただきます。2/26付の投稿でパフェの08をプレゼントで加入したことを発表しましたが、パフェの08をもらうためには当然、1頭出資しなければいけないワケで・・・
ということで、この馬に出資しました。

フィーユドゥレーヴ08 父ロックオブジブラルタル
2008.2.29生 牝 栗毛 栗東 河内洋厩舎予定
総額 : 2,000万円
総口数 : 400口
一口 : 50,000円

愛馬情報は⇒こちらです。

以前、ロックオブジブラルタルの仔かファンタスティックライトの仔かどちらかに出資したい・・・ということで、父ファンタスティックライトのヒダカゲランの08に出資したのですが、結局ロックオブジブラルタルの仔にも出資してしまいました。さて、この仔ですが、写真と映像だけ見ればローレル募集馬の中では飛び抜けて良く見えます。満口になったのはスピード感のある映像でバネのあるところを見せたモーニングタイドの08でしたが、馬格もあるフィーユドゥレーヴの08の方が個人的には良く見えたりします。
調教でも早々から良い動きを見せており、重苦しさはないのかな?と思っております。キングカメハメハと配合した兄ローレルベオウルフよりも大きく、胴の伸びもあり、マイル(桜花賞)からクラシックディスタンス(オークス)までカバーできそうな感じ。
以前は使い出しが遅く、放牧期間の長い河内厩舎を敬遠しておりました。かなり出資したかったナイジェラ(父ワイルドラッシュ×母ダーケストスター)も河内厩舎ということで見合わせておりましたが、デビューは遅れたものの見事な調整で既に3勝。立派な準オーポン馬になっております。数は使ってもらえないものの、馬を大切に使いながらしっかりと力を出し切らせる先生であると認識が変わりつつあります。そして、我が家から比較的行き易い山岡トレセンを頻繁に使うということもこの馬への出資を後押ししました。
しかし、河内先生は負けるとやっぱり外に出し、放牧期間は長くなる傾向にあるので、フィーユドゥレーヴの08には新馬⇒特別と連勝できるくらいじゃないと牝馬クラシック戦線は厳しいでしょうね。
僕の希望としては北海道デビューと行きたいところですが、この希望の実現をアシストしてくれるのは兄ローレルベオウルフだと思っています。ベオウルフの新馬戦は負けてしまいましたが、2戦目か3戦目できっちり勝ってくれれば、ベオウルフよりも馬格のあるフィーユドゥレーヴの08の早期デビューのチャンスも巡ってくるかと思います。頑張れ!お兄ちゃん!!

2009年6月
ローレルクラブを立ち上げてから最初にJRA重賞を勝ってくれたフィーユドゥレーヴも、すっかりお母さんです。こうやって産駒をクラブに提供できるのは生産者冥利に尽きますね。ロックオブジブラルタルは、1年限りの導入でしたので迷わず配合しました。これだけの名馬を配合できるチャンスは簡単にはないですからね。えぇ、期待どおりの出来映えです。ディンヒル系らしい腰幅もありますし、結構な馬体重になるんではないでしょうか。母同様の活躍を期待しています。

2009年7月10日(金)
「カイバは控えめにしてるのにこの身体だ。脚元も丈夫だし、背中も良い。元気もピカイチ! ほら、ぶっ飛んでるよ」と、堤防に沿った放牧地で急なスロープを上り下りしたり、直線でダッシュする本馬を見ながら、高瀬社長が微笑みます。お母さんよりもグラマラスで、強靭なバネを感じさせ、撮影の際には、軽く飛んでました(笑)。要するに、対空時間の長いフットワークが武器。爆発的な瞬発力を持っているので、速い芝での追い比べなら無双の強さを発揮してくれそうです。「4代続けての重賞制覇を期待して、夢を託してるよ」と高瀬社長。半兄ローレルベオウルフにも英雄級の活躍が期待されていますが、本馬の目標も同じ。大勝負への挑戦はこの血統に課せられた使命です。

2009年8月10日(月)
新冠町の高瀬牧場で放牧中です。あえて牧場内の様々な放牧地に入れ替えながら放牧し、「環境の変化」に動じないよう、教育しています。母は、高瀬社長の奥様の脇の下にたびたび顔を突っ込んで甘え、「メンコイちゃん」と呼ばれたほどの甘えん坊でしたが、本馬のキャラは「甘えん坊というより強情っぱりだ」と、高瀬社長が笑いながら教えてくれました。でも、牝馬としては強い気性は頼もしいもの。オテンバでもいい、逞しく育ってください(笑)。 

2009年9月10日(木)
新冠町の高瀬牧場で放牧中です。「強情っぱり」で、ワガママ&気ままな本馬でしたが、成長するにつれて、少しずつ「ましになってきた(笑)」(by高瀬洋哉氏)そうです。馬体の成長も著しく、ムチムチプリプリの超ナイスバディを誇ります。高瀬社長は「2頭で放牧しているが、もう1頭よりもカイバの量を落としているのにも関わらず、ちょっと太めかな。食べた物が身になりやすい体質で、太めになりやすそうだけど、牝馬としては、これくらいの方が頼もしいと思うよ」とコメントしています。放牧地では、相変わらず背中が柔らかく、手先が伸びた美しいフォームで、「軽く飛んで」います。

2009年10月10日(土)
9月中旬までは新冠町の高瀬牧場で放牧。本馬の「ワガママ&強情っぱり」が少しはましになってきたと先月ご報告しましたが、持って生まれた気の強さは相変わらず。2頭で放牧されている友達と「あまり仲が良くない(by高瀬洋哉氏)」そうで、撮影のためにまず本馬に走ってもらうと、相方は仕方ないといった様子でしぶしぶ後をついていきます。自我の強さは半端ではないという本馬、頼もしいですが、友達はちょっと迷惑そうでした(笑)。下旬には浦河町の森本スティーブルへ移動し、初期馴致をスタートしています。

2009年11月10日(火)
浦河町の森本スティーブルに移動し、育成を開始しました。すでにウッドチップ200mの小さいトラック馬場でダク1000mとハッキングキャンター400mを乗っています。森本社長は「いつでもBTCの馬場に入れる状態まで馴致出来ていますが、他の馬の進み具合もあるので、それに合わせてBTCでの調教を開始する予定です。性格は、すごいワガママというか、普段接していて感じるのは、『私は人がいなくても独りで生きて行けるのよっ』ていう感じで人間をあてにしないというか(笑)、我が道を行く、という感じですね。来たばかりの頃は手がつけられないほどでしたが、馴致を進めて行くに連れて次第に人とのコミュニケーションが取れるようになっています。騎乗運動中にも、なかなか指示通りに前に進まなかったりする事もあるので、今後もしっかりコミュニケーションを取っていきたいです」とコメントしています。やはり、「ワガママ&強情っぱり」はまだまだ健在の様子ですが、育成が進むにつれ、「勝負根性&強さを内に秘める」に変わってくれるに違いありません。 

2009年12月10日(木)
浦河町の森本スティーブルで育成中です。調教パートナーを務められるまでに僚馬たちの調教が進んできたので、BTCの施設での調教を開始しています。立ち写真撮影時は、たまたま風邪を引いていたため、場内のロンギ場でのダクのみでしたが、森本社長が「坂路でのキャンターを見せられなくて残念です!」と悔しがるほど、素晴らしい走りを見せるそうです。今後の成長ぶりがますます楽しみです。

2010年1月13日(水)
浦河町の森本スティーブルで育成中です。BTC内の600m屋内ダートコースで普通キャンター1800m、1000m坂路1本を22‐22の調教を行っています。普通キャンターは3頭併せで行っていますが、外から被せられると怒って尻ッパネをし、「私の前に出るな!」と怒っているような仕草を見せます。坂路でも、けっこうなペースで走っているのに、併せている馬が後ろから近づいて来ると、お尻をその馬に向けて近づけ、「蹴るぞ」のサイン。騎乗スタッフが「気が強いし、力も強いんで、すぐに持っていかれそうになってしまいます」と言うほどです。森本社長によると「河内先生も視察の際に喜んでいました。ゲートも、幅の一番狭いところで駐立するところまでやっています。この時期でここまでやるのは早いと思うけど、鉄は熱いうちに打てと言いますから。早ければ、飲み込みも早いという考え方で進めています」とのことです。

2010年2月10日(水)
浦河町の森本スティーブルで育成中です。BTC内600m屋内ダートコースでの1800mと坂路1本を22‐22での調教を行なっています。森本代表は「正月休みなく調教を継続してきたので、中間に少し楽をさせていました。もう調教は再開しています。性格は相変わらず頑固のまま。調教でも自分から自ら本気で動こうとはせず、鞍上が要求すれば動いてはくれますが、いつも仕方なくといった感じ。他の馬が先に行った時も、『私はしんどいからこのくらいでええわ』って感じでマイペース。結構横着です(笑)。調教内容から考えたらもう少し絞れてきても良いと思うけど、そういう性格なので全然汗をかいてくれない」とコメントしています。中旬の計測では馬体重480kg、体高156cm、胸囲187cm、管囲19.5cmでした。近親のオースミイレブン(父クロフネ×母ロジータ)が1月16日に京都の新馬戦を勝ち、やはり近親のオウケンサクラ(父バゴ×母ランフォザドリーム)が同日の京都で3歳未勝利を勝ち上がりました。勝負根性に溢れた血筋らしい闘争心は秘めているはずです。

かなり強くなると思うんですがどうですかね?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月 9日 (火)

ユニオン08産駒馬名決定

最近は雨ばかり・・・ラグビーの練習もなかなかできません。今週末は大会なんですけどね。。。

昨日(3月8日)に2008年生まれの産駒の名前が公式に発表されました。
やはり昨年と同じタイミング。財団法人 日本軽種馬登録協会の方では3月に入ってからちらほらと馬名が出始めました。。。
さて、今年の愛馬の名前は・・・

P8 ライトアップゲラン Light Up Guerlain
父 ファンタスティックライト
母 ヒダカゲラン
由来(英+仏)ゲランを明るく浮かび上がらせる。両親名より連想。

P11 ハナカゲ Hanakage
父 サクラプレジデント
母 シャドウスプリング
(日)花影。月光によってできる花の影、特に桜の花の影。両親名より。

と、決定しました。
結果的には応募した馬名は不採用。一時期は3頭の馬名が採用され軌道に乗ったかと思われたのですが、ダメみたいですね。。。
今年は3頭(もう1頭はP31 父スウェプトオーヴァーボード 母ワンピース)に応募。結構自信があったんですけどね。しかし、採用されている馬名は素晴らしい。P8ライトアップゲランも語呂がいいし、スッと耳に入ってきます。
そして、P11ハナカゲ。昨日“ひだぶ~さん”からのコメントにもありましたが、これは今年の傑作中の傑作だと思います。僕の馬名も(個人的には)良かったと思いますが、これには敵わない。。。P11については英語の馬名を送ったのですが、日本の馬名も考えていました。ハナカゲと同様に父名の“サクラ(桜)”と母名の“スプリング(春)”に掛かるような名前を。。。結局、パリッと嵌る名前が浮かびませんでした。

ということで、某掲示板では馬名叩きらしきものもありましたが、この2頭については何の文句もありません。負けを認めます。。。
この2頭、、、名前だけで勝ち上がり確定ですかね?

さて、名付けの夢はまだ発表のないローレルに託します。。。多分ダメだと思うけど。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 8日 (月)

クオンのことを全く考えなかった1週間

かなり苦労しましたが・・・仕事がひと段落しました。。。しかし、年度末。別の仕事や後回しにして手をつけていない仕事まで山積み。
書けなかった日も遡って投稿しようとも考えましたが『無理してもなぁ~』と、思い留まったため、今日から平常運転で行こうと思います。今後ともよろしくお願いします。

今日だけは振り返ってクオンのレースの前評判を朝刊の中日スポーツで追ってみたいと思います。

クオン
7日(日)中京8R4歳以上500万下(混)D1700㍍
芹沢純一57.0㎏
【発走13:40】
印…〔○△▲△▲▲〕
戦評…連下微妙
人気指数…16(4番手)
前売りオッズ…7.8倍(3番人気)

厩舎の話
【大橋師】
体調がいいのか、ここ2走は強い相手によく頑張っている再度好レースも。

調教
2/25 坂路(58.7-43.4-29.1-14.7)馬ナリ余力
3/3 坂路(55.5-40.9-27.0-計不)叩き一杯

クラブからのコメント
ここにきて、すっかりレースぶりが安定しました。状態は変わりなく、メンバー次第では勝ち負けまで期待できるでしょう。

★★★ということで、もう結果も出てからの記入になりますが、先週は本当に“仕事の虫”となっておりました。パソコンでの仕事もあったので、少しクオンの様子を知りたいと思えば可能だったのですが・・・昨日気付いたんですけど、水曜日の在厩馬情報を見るのを忘れていたんですよね・・・昨日、ユニオンのHPを見て、それが初見だったことに気付きました。合宿や出張等でHPを見られない環境下に置かれているときは愛馬情報を見られないことはありましたが、見られる環境下にありながらクオン情報を見られなかったのは今回が初めてでした。ということで、今さらクオンのレース前の態で文章も書くのも難しい(レース前にクオンのレースのことを全然考えませんでしたから。。。)ので、ここに書き残したいことだけを書きます。
まず、このレース選択は◎でしたね。。。冷静に見てもこのレースのメンバーが一番弱い。正直、勝てるメンバーだと思いました。ということで、当日はクオンの単勝と複勝をガッチリ買いました。前走も重馬場で3着に来ましたが、速い時計になると苦しくなるかなぁ~と思っていたので、馬場のことは少し心配でした。
⑯ネオレボルーションが一本被りの人気ぶりでしたが、僕は⑫イマカツタイガーを警戒しておりました。
それから・・・③ホトダー。。。8歳馬です。1勝馬です。入着は意外と多く獲得賞金もクオンをはるかに上回っておるんですが、このレースで68戦目。クオンもホトダーくらいレースを重ね、ホトダー以上の年齢まで走ってもらいたいです。・・・最近は高齢の500万下の馬を見つけると結構応援したくなっちゃいます。そして、500万下クラスでも高齢になっても走り続けられるんだぁ~と、勇気をもらっております。

最後に、『土曜出走だったら現地応援に行く』はちょっと無理でしたね。もし行っていたら・・・仕事を終えることができなかったと思います。今回は日曜日に出てくれたことで助かったのかなぁ~なんて思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月 6日 (土)

久々の投稿

スイマセン…先週の日曜日からとんでもなく大変な仕事と戦っておりまして、まったくblogを書く余裕がありません。毎日、睡眠3時間弱です。今も風呂場から携帯電話で投稿しております。

明日はクオンのレース。応援は行けないんですが、競馬新聞を買う余裕すらありません。
明日の相手関係や、クオンの評価はどうなんでしょう?
Mスポblogは、寝る前にチェックしますので、みなさん、書き込んでください。
よろしくお願いします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年3月 1日 (月)

今年こそtotoで

土曜日はJリーグ年間王者の鹿島アントラーズと天皇杯王者のガンバ大阪が対戦するFUJIゼロックスカップが行われました。この試合が始まると本当にJリーグ新シーズン開幕がすぐそこまで来ていることを感じます。
ということは、既にサッカーくじのtoto・totoBIGの発売がもう始まっているんですね。。。totoはここ2年間的中なし。相当酷い結果となっております。
今年こそは何とかしなければ。。。そして、できれば大きく当てたい!!(←これは毎年思っていますけど)

最近はtotoも結構荒れるんですよね。。。そして、開幕はかなり荒れます。チームの格で結果が決まるのではなく、キャンプを通じての仕上がりの良さが勝敗を分けると思います。

開幕戦に向け、早速toto研究に力を注ぎたいと思います。

今年1発目の435回totoの購入カードは以下の通りです。
toto
1 湘南―山形
2 磐田―仙台
3 広島―清水
4 鹿島―浦和
5 川崎―新潟
6 F東京―横浜M
7 G大阪―名古屋
8 神戸―京都
9 大宮―C大阪
10 鳥栖―札幌
11 福岡―甲府
12 徳島―草津
13 水戸―栃木

minitotoA
1 湘南―山形
2 磐田―仙台
3 広島―清水
4 鹿島―浦和
5 川崎―新潟

minitoto
1 F東京―横浜M
2 G大阪―名古屋
3 神戸―京都
4 大宮―C大阪
5 鳥栖―札幌

totoGOAL
広島―清水
鹿島―浦和
川崎―新潟

さて、土曜日の試合はイーブン。PK戦で鹿島が勝ちましたが、短期間で公式戦を2試合やったことがJリーグでどう影響してくるのか・・・

totoBIGも25億円のキャリーオーバー発生中でございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »