« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月30日 (金)

初当せん

今日家に帰ってくると・・・やりました!初めての当せん!!今まで何度も何度も挑戦し、打ちのめされ続けてきたクオンのゼッケンが“当せん”。家に現物が届いておりました。

番号は⑭。。。僕が口取り希望をして、現地応援に行った2月13日中京競馬場(3着)のときの使用ゼッケンですね。応援に行った時の思い出深いゼッケン。。。思い起こせばクオンも30戦以上をこなし、その数に近いだけのゼッケンがプレゼントされていたワケでして・・・今まで毎回応募していたのに、そして名付けでもあったのに、なかなか当せんしなかった賞品。一番欲しかった賞品でしたので本当にうれしいです。

先週はブリーズアップセールのカタログとウォッカの引退記念クオカードを他の懸賞で射止め、上昇ムード。

馬券と愛馬の成績もこのムードに乗って上昇させたいんですけどね。。。

上の一行は愛馬が走っていない人のお決まりコメントみたくなってしまいましたけど、、、まぁ、個人的には元気に楽しく“馬生活”を過ごしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月29日 (木)

ブログ引退

突然ですが、“まひろ”はブログを引退します。。。最近は、“Google”や“yahoo!”の検索能力もかなり上がっており、検索ワードも『まひろ』プラスαで僕のブログが出てきちゃうんですよね。。。『まひろ』だけだったら『片瀬まひろ』が一番前に来るんですけどね。。。
ということで、つい最近も知り合いに『ブログやられているんですね。。。見ましたよ』と、言われてしまいました。実は・・・ちょっとピンチ。別にやましいことを書いたりしているワケでは無いんですけど、仕事柄ちょっと面倒なことも。。。
ということで、“まひろ”はブログから引退し、これからはハンドルネーム“まひ3”で行かせていただきます。読み方は『マヒロ』でいいんですけどね。。。
でも、現在36歳。。。ブログっていつまで書き続けるのかなぁ~。。。

そうそう。。。フライトミッションが本日帰厩しました。。。大橋先生ありがとうございます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月28日 (水)

100428ユニオン愛馬情報

今日はPM9:00にムスコと一緒に寝てしまいました。ということで、更新が遅れております。でも、しっかり寝たので充電できました!!金曜は1日だけノーマル出勤!頑張ります。

ということで、ユニオン愛馬情報。

クオン(牡・6歳)
(トロットスター×ファーストステップ)
4/28 レース後も脚元等に異常はない。次走は、新潟ダート1800m戦を予定。
大橋調教師のコメント『スタート直後の感触だとまたハミを取らず行けないまま終わってしまうのかと心配したが、途中から上がってくる脚には見所があったね。最後もよく追い上げてきっちり次走への権利を取ってくれた。6歳1勝馬でチャンスが限られている中、大きな5着だったと思う』
★★★レース後も異常ナシには一安心。次走は予定通りの新潟。
大橋先生のコメントの通り、大きな5着でした。しかし、“6歳1勝馬でチャンスが限られている中”とあるように大橋先生の頭の中でも“崖っぷち”に居ることは間違いないようです。着外が続けば引退の言葉もうっすら見えてきそうな状況。。。理想はもうひとつ勝って、1000万下クラスで今のような着を拾ってくるようになることかなぁ~。。。最近よくレースで一緒になるホトダー先輩も1勝馬で頑張っていますのでね。。。
とにかく、一つ勝ちそうなところを見せないと危ないです。現状に甘んじないこと!!

フライトミッション(3歳・牡)
(アグネスフライト×エンジェルマインド)
4/27  普通キャンターを3000m乗り、先週末にはラストを15-15で乗った。動きは良かったものの、少し息遣いが荒いのが気になった。今週中に栗東トレセンへ帰厩する予定であり、状態をよく見ながら進めていく。
担当者コメント『良い動きをしていましたし、その後、トモに反動がでるようなこともありません。ただ、速いところへ行ったら息が荒かったですね。強めキャンターまででは特に気にならなかったことなので、帰厩後も注意が必要かもしれません』
★★★急仕上げで何とか15-15までもって行ったような感じ。息が荒くなるというコメントは心配ですが、予定通りの入厩となるようです。
トレセンで態勢が整えば文句内ですけど、トレセンのハードワークで頓挫してしまったら・・・もう終わりですからね。帰厩後、試しにレースに使うのではなく、じっくりやって態勢がしっかり整ってからレースに出した方が結果的によくなるような気がします。焦らず無理せずですが、予定をしっかり守ってくれる大橋先生はありがたいですね。

リンカーン×ベルベティーンへの出資・・・大橋先生なので、行こうかとも思っていますが、皆さんどう思います?コメントできる方是非お願いします!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月27日 (火)

POG本2010-2011

一口馬主ローレルクラブユニオンオーナーズクラブへ入会希望の方はクラブへ私から紹介させていただきます。紹介があればクラブからの特典と私からの特典の両方がつきますよ。。。よろしければ、メールで(題名に『一口馬主クラブ入会希望』とお書きください)。

もうすぐゴールデンウィーク。もう、ダービーもすぐ近くです。
この時期は、クラシック戦線に愛馬が残っている人はかなり熱いんでしょうけど、大半の人は未勝利場を抱えていらっしゃるのではないかと思います。
我がファミリーもこの時期には3歳馬がぜんぜん勝てず。。。歴代で一番早く勝った愛馬がローレルシードの5月8日かなぁ~それに続くのがローレルアクシスの5月12日。。。クラシック的には終戦状態です。今年も同じ。。。結局勝ち上がりなしで5月を迎えてしまいました。ローレルイグザルトが5月2日に出走を予定しておりますので、地味ながら我がファミリーの早期勝ち抜け記録更新が懸かっております。現状厳しいでしょうけど。。。

そして、クラシック戦線に縁がない人は、次世代のPOGに気持ちが行く人も多いのでは・・・

ということで、今日の本題は『POG本』の紹介です。

週刊Gallop臨時増刊「丸ごとPOG 2010-2011」サンケイスポーツ出版
5月10日発売
★★★僕がいつもお世話になっている本です。DVDを見るのは結構楽しいんですよね。。。我が愛馬も産地馬体検査組が居ないので、DVDに収まっている可能性はゼロでしょうけど。。。厩舎リポート、記者・トラックマンの情報が必見です。今年も買います。

「競馬王のPOG本2010-2011」白夜書房
5月13日発売
★★★競馬王のPOG本。黒本ですよね。日高地方に強いですし、ローレルクラブの会報の編集も行っていますからね。。。ローレルの馬が数頭出てきます。馬名採用もされたので載ってたら買っちゃうかも。

須田鷹雄監修「POGの達人完全攻略ガイド2010-2011」光文社
5月15日発売
★★★赤本です。これが一番の老舗だと認識しているのですが真相はどうなんでしょう?
以前はパシスタが有力馬として、載っていたことも。。。(翌年には期待はずれ馬として載っていましたし。。。)

丹下日出夫特別編集「2010-2011年最強のPOG青本」KKベストセラーズ
★★★青本ですね。個人的には一度も買ったことがないです。僕的には必要な情報よりも不要な情報がてんこ盛りの本のような気がして。。。こんなこと書いてスイマセン。
でも、馬を見るポイントとかがしっかり書かれています。POGよりも一口馬主向けの本?

「サラブレ」
5月13日発売
★★★毎月購読している雑誌。POGネタだけではなく、POG大会や他の情報もいっぱい。。。これは買います!

ということで、我が愛馬ローレルジャブラニ(シンボリクリスエス×パフェ)、アルボランシー(ロックオブジブラルタル×フィーユドゥレーヴ)、ライトアップゲラン(ファンタスティックライト×ヒダカゲラン)、ハナカゲ(サクラプレジデント×シャドウスプリング)はどれだけ登場するでしょうか。。。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年4月26日 (月)

やっぱり本格化?(162戦目)

馬券散々です。。。時間があるとついついやっちゃうんですけど、みるみるお金を吸い取られていきます。
馬券は好調時が短く、不調時が長い。。。今は買い控えるべきなんですよね。。。
馬券の反省は置いといて、クオンのレースを振り返ります。

クオン
25日(日)福島9R4歳上500万下D1700㍍
芹沢純一57.0㌔

帰厩後、目標の新潟開催よりも1週繰り上げての福島最終週出走。

出走制限
8. 東京競馬、中山競馬、京都競馬および阪神競馬の平地競走の出走制限
(1) 3歳の未出走馬および未勝利馬は、第5回東京競馬、第5回中山競馬、第5回京都競馬および第5回阪神競馬の平地競走に出走できない。
(2) 4歳以上の未出走馬および未勝利馬ならびに6歳以上の収得賞金400万円以下の馬は、東京競馬、中山競馬、京都競馬および阪神競馬の平地競走に出走できない。

出走制限8-(2)に該当するクオンは数少ない出走チャンスをしっかりとモノにするのは大切なことでしょうけど、良化途上。。。やや心配なレースでした。
馬体重は-12㌔の462㌔での出走。以前から中年太りが気になっており、今回は是非マイナス体重で出走して欲しいなぁ~と、思っていたので、なかなかナイスな馬体重。ちょうどいいんじゃないかなぁ~なんて思っておりました。
パドック映像で見た感じは・・・相変わらず腹袋がしっかりしていて、ぷっくりして見える馬体。マイナス12㌔は『良い』と確信しました。もう少し絞れても良いんじゃないか・・・と、思ったりもしましたけど。歩様の硬さは相変わらず。もう少し、暖かくなったらいい感じになると思うのですがね。でも、毛艶もまぁまぁですし、思ったよりもいい印象でしたね。
パドック解説では『どうも手先が重いというか硬いですね』と、あっさりコメント。あまり、眼中にない感じです。
パドック推奨馬は⑮プライドマウンテン⑭ニュージェットラン⑥サイモントルナーレ⑩スターサイクル⑬デルマリゲルの5頭でした。

レースでは。。。ゲート内で伸び上がった態勢になった時にゲートが開き、最初の一歩が遅れました。そのあともズブく、鞍上の芹沢騎手はグイグイ押すもクオンはみるみる後退。あっという間に後方2番手。後ろには⑫ロングエンパイヤ(最低人気の馬)の1頭だけとなってしまいました。先頭は人気の一角⑮プライドマウンテン。
そのまま1コーナーへ。2コーナーでは同じ2文字名の③ケンマと競り合いながらも敗れ、そのまま後方2頭目。向う正面でも、前との距離は詰めるもののポジションは変わらず。画面を通して見てる側としてはやや不安になる展開。。。
そして3コーナー。。。ここからが、素晴らしかった。
画面からは切られてしまいましたが、大外を捲りながら徐々に進出。残り400㍍のハロン棒が見えた時には、完全に脚色が違う感じで顔を出してきました。しかし、前との距離は結構あり、勝つまでは苦しそう。。。
そして直線へ。
今回は直線でも脚色が衰えずグングン前へ。実況のアナウンサーにも2回ほど名前が呼ばれるほどの脚色。。。逃げ続けた⑮プライドマウンテンの脚色がやや衰え、先行していた⑬デルマリゲル、⑭ニュージェットランがそれを捕まえに行き、前4頭の距離がグッと凝縮。クオンは画面から切れてしまいましたが、5番手を行く先行するもやや脚色が鈍った1番人気⑥サイモントルナーレを捕まえ切れるかどうかの瀬戸際な感じ。クオンの姿は見えないもののドキドキしました。
そして前は⑬デルマリゲルが差し切り1着でゴール。その後続々とゴールし、クオンも⑥サイモントルナーレを交わし5着でゴール。勝ち時計は1分47秒3。クオンは遅れること0秒5遅れの1分47秒8でした。

このレースのハロンタイム
7.1-11.0-11.7-13.2-12.9-12.8-12.7-12.8-13.1

向正面ではペースが落ち、結果的には前残りの展開。後ろから行く馬には厳しい感じでしたが、そんな展開での堂々の5着。もう少しで、前5頭もまとめてぶっこ抜きそうな勢いでしたからね。。。上がり3Fの時計は断トツの1位である38秒1(その次は勝った⑬デルマリゲルの38秒5)でしたので、気持ち良かったです。
今回はスタートで失敗しましたが、明らかに昨年よりもいいレースをしていますよね。

芹沢騎手のコメント。『更にズブくなっていて全然ついていけませんでしたが、終いよく伸びてくれて、なんとか権利は取れました。本馬はローカル開催しか使えないので、権利が取れたのは大きいですね。これで間を置かずに新潟で使えますね。馬体減はそれほど影響はなかったように感じました。輸送中も福島に着いてからも飼い葉は食べていたようですし、状態は変わりなかったですよ。終いはしっかり伸びてくるので、うまく展開がはまってくれれば、更に上位もあると思います』

しかし、この5着・・・次走優先権は大きいですよね。得意の新潟ではどんなレースをしてくれるのか(でも、良さそうだけど走るかどうかが分からないのがクオンなんですよね)楽しみです。

2010年に入って明らかに雰囲気が変わったクオンの今後のレースっぷりも期待できますし、飛躍の年になるかもしれないなぁ~と思っております。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月25日 (日)

5/1はエコパへGO

4月29日は仕事なんですけど、5月1日はゆっくりできそう。。。3~4は出張なので、1日は家族サービス。
我が家の家族サービスといえば。。。競馬(×)かサッカー。ということで、5月1日はエコパに行ってきます。
そして、久々の浦和側での観戦!!熱きハートと赤き血を流して声枯れるまで応援してこようと思います。

5/1浦和戦(@エコパ)でのビジター・浦和レッズ側自由席の入場順番待ちについては以下のとおり

・4月25日(日)午後3時以降、『浦和レッズ側自由席入口』:エコパスタジアムS4ゲートの格子フェンス部分に、厚紙やダンボール等に名前(団体名)を記入した「表示物」を紐で括り付けてください。ガムテープは使用禁止です。
・雨風等による破損、紐がはずれる、記入された文字が読み辛くなる等の責任は負いかねますので、予め対策をお願いします。
・開始日時以前に貼られているものは無効であり、全て撤去します。
・上記の順番に基づき、試合前日4月30日(金)午後7時よりシート貼りを行なっていただきます。
・「表示物」を貼っていた方でも、シート貼りへ不参加の場合は無効となります。
・試合当日、開門30分前(12:30)に列整理(シートを撤去し、待機列を詰める作業)を行いますので、必ずその時間にはシートにお戻りください。

29日に順番とりをしてこようと思います。

埼玉からお越しの方で、サポーター席のアドバイスをしてくださる方がいらっしゃいましたら、一緒に順番取りさせていただきますので、コメントの方にご一報ください!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月24日 (土)

動かない調教でどこまで。。。

今日は出張。。。でも、バス移動が長かったので、ガッチリ馬券検討はできたんですけど、、、賭け金の半分くらいしか回収できず。。。うまくいかんなぁ~。
明日は愛馬馬券で負債を取り返したいです。

今日は中京スポーツより。

クオン
25日(日)福島9R4歳上500万下D1700m
芹沢純一57.0㎏
【発走14:15】
印…〔…………△△△…〕
TM〔………△△〕
データBOX
上位人気
⑥サイモントルナーレ
⑮プライドマウンテン
②シュヴァイツァー
好調教馬
②シュヴァイツァー
⑬デルマリゲル
⑫ロングエンパイヤ
距離適性
⑥サイモントルナーレ
⑭ニュージェットラン
④クオン
前走内容
⑥サイモントルナーレ
⑮プライドマウンテン
⑭ニュージェットラン

直前Vサイン
クオンの大橋調教師が
『前走は目に見えない疲れがあったのかも。短期放牧でリフレッシュできた。実質的にも巻き返して欲しい』。

調教
4/18 坂路(61.2-44.8-29.9-15.0)馬ナリ余力
4/21 坂路(55.4-40.5-26.6-13.8)叩き一杯
ナムラスパウト(三未勝)叩き一杯に1.3秒遅れ
状態採点5点(7点2頭・6点10頭・3頭)

単勝予想オッズ88.2倍(12番人気)

クラブからのコメント
疲れは取れ、本馬なりに状態は良好。展開に左右されるところはありますが、うまく立ち回り、上位を狙いたいところです。

★★★とにかく調教が動かなかったですからね。前走の大敗もあって評価は低いようです。でも、他の出走馬も実績はイマイチ。その中でも⑥サイモントルナーレは実績で群を抜いていますね。あとはトントンといったところでしょうか。クオンとしても掲示板以内も十分にあり得るでしょうし、2桁順位もあり得る混戦模様。1番人気間違いなしの⑥サイモントルナーレも後ろから行く馬ですので、前が壁になったりして脚を余す可能性も(クオンも同じような感じなんですけど)
クオンの場合はどのタイミングで激走するか全然わからないので“ある意味”期待したいと思います。
クオンの最近の好成績のきっかけは09年11月7日の福島土湯温泉特別(ダ1700㍍)の芹沢騎手の思い切った積極策だと思っています。
きっかけとなったこの競馬場、そしてこのコンビで想定外の結果を出してくれたら嬉しいんですけどね。

皆さんの希望的観測はどんな感じですか?

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2010年4月23日 (金)

100423ローレル愛馬情報

やったぁ~今日は金曜日!明日から競馬だ!!先週は惨敗。今週はビシッと決めたい。

今日はローレル愛馬情報。

ローレルベルロード(5歳・牡)
ナリタトップロード×ベルガール)
4/16 ローレルベルロード
この中間はWM・トラックコースでのダク・キャンター2400m・坂路1本18-18・週2回15-15の調教を行っています。馬体重507㎏
鮫島調教師のコメント『状態も良化してきており、動きも良好です』
4/23 この中間はWM・トラックコースでのダク・キャンター2400m・坂路1本17-17・週2回14-14の調教を行っています。馬体重498㎏
鮫島調教師のコメント『状態が安定し、良い頃に近付いてきました』
★★★鮫島先生は毎週見に来ているんですかね?多分、目的はベルロードじゃなくて、もっと実績のある馬でしょうけど。。。
でも、宇治田原で14-14なんて、今まであんまり見たことが無いですからね。調子がいいのと、帰厩間近な感じを受けます。
昨年秋の福島連闘で完全に調子を崩しましたから、ここは我慢してしっかりと立て直して戻ってきて欲しいです。

ローレルクラシック(3歳・牡)
(スペシャルウィーク×キョウワホウセキ)
4/21 レース後に検査を行ない『右前トウ骨骨膜炎』と診断され、現在はレーザー照射での処置を行っています。
飯田調教師のコメント『骨や腱には異常がなく、骨膜炎とのことでした。患部にはレーザーを当てて治療をしています。明日22日(木)にイクタさんに出しますが、継続して信頼できる獣医さんに診てもらいます』
★★★まずは、大事に至らなくてホッとしました。全治はどれくらいなんですかね。。。見舞金の関係もあるので、3ヶ月以上ですね。。。それ以上のお休みは困るんですけど。。。でも、夏には復帰してくれると思いますので、気楽に待ちます。また、イクタTFにお見舞いに行ってこようと思います。

ローレルイグザルト(3歳・牡)
(フレンチデピュティ×アサカプティット)
4/21・22 24日(土)福島1R・3歳未勝利・D1150mまたは25日(日)福島1R・3歳未勝利(混)D1150mに出走を予定しています。
この中間も変わりなく調整されており、本日追い切られました。
21日・栗坂稍1本・単走・助手・4F56.1-39.9-26.0-12.5(強目追)
池添調教師のコメント『今回は5分の3の抽選で外れてしまったけど、体調的には使える状態でした。これからレースを経験して成長してくれれば良いと思う』
★★★調教は動くようになってきましたね。競馬場へ行って気持ちが持続できれば勝つことも出来るでしょう。今回の除外は、レース経験をなるべくたくさん積むということを考えれば残念ですね。でも、長距離輸送の消耗を考えると来週出走でいいんじゃないか?って思います。しかし、5分の3で外れるなんて。。。運が悪いのか、運がいいのか。。。

ローレルジャブラニ(パフェ08)2歳・牡
(シンボリクリスエス×パフェ)
4/20 引き続きダートコースでのダク700m・キャンター2800m・坂路1本を22秒ペースの調教を行なっています。馬体重512kg 体高163cm 胸囲185cm 管囲20.5cm

アルボランシー(フィーユドゥレーヴ08)2歳・牝
(ロックオブジブラルタル×フィーユドゥレーヴ)
4/20 引き続きBTC内600m屋内ダートコースでのダク・軽目のキャンター1800mの調教を行なっています。
森本氏のコメント『馬の成長に併せて、関節を強化するためのサプメントを投与しています』
★★★2頭の2歳馬は変わらず順調。。。といったところでしょうか?ジャブラニももう少しペースが上がってきてくれると嬉しいんですけどね。

それから・・・2歳追加募集馬の馬名が決定しました。

メイショウマキバコ08 ローレルマキバオー
Laurel Makibao (日本語) 冠名+「牧場王(キャラクター名)」

コンゴウエンジェル08 カムイフォレスト
kamui Forest (アイヌ語+英語) 「神+森」

パシアン08 シーアクトレス
She Actress (英語) 「彼女は女優」

★★★僕の応募した馬名は採用されませんでした(涙)メイショウマキバコ08・・・気にはなっているんですけどね。とりあえず縁が無かったと諦めますかね。。。もう少し様子を見ますけど。。。

ということで、今週のローレルはお休み。クオンのレースと馬券で楽しみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月22日 (木)

予想外の週末

今日は別ネタを用意していたのですが、予定外のことが2件。。。
まずはローレルイグザルトが今週の福島未勝利戦を予定していたのですが、土曜日1Rに投票。5分の3の抽選に落ちる波乱。。。因みに日曜日に投票すれば2分の1の確率。。。メンバー的にはチャンスもありそうですし、平坦、小回り、直線短い福島コースはイグザルトに合いそうですので期待もできたんですけどね。。。でも、長距離輸送があるので、気難しいイグザルトには不安要素でもあったかなぁ~・・・と思うので、来週出走できるならそれでいいかなぁ~、、、来週だったら京都ダ1200㍍と新潟ダ1200㍍とどっちがいいのかなぁ~。。。迷うところ。
でも、もともと抽選になると思っていたので、僅かに覚悟はしておりました。

そして、今週最大の予定外は日曜日福島9Rにクオンが出走することになったこと。。。来週の新潟だと思っていたのに。。。メンバー的には中京の時よりもかなり低調な感じ。近走の実績では2戦連続2着のサイレントルナーレくらいで、クオンは2番手くらいの感じ。。。調教がイマイチなので強気にはなれませんがいつも通り走ってくれれば掲示板は十分。3着以内も十分あり得るメンバー構成。次週から始まる新潟への前哨戦と考えるならばいい選択だと言えるかもしれません。
因みにこの情報はnet.keibaのお気に入り馬メールで知りました。このメールが無かったら出走を知らずに週末を過ごしていたかもしれません。。。ありがとうnetkeiba。

ということで、僕の予定では今週はローレルイグザルト、来週はクオンだったのですが逆になりました。。。そろそろワクワクするような結果が欲しい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月21日 (水)

100421ユニオン愛馬情報

今月から妻が仕事に。。。そして、今月の給料が先日入りました!!まぁ、ムスコの教育費捻出のためなんですけど。。。それでも、収入が65%増!小遣いも65%増!!ということで、一口馬主ライフ的にはいい方向に。。。でも、僕が頑張らないと共稼ぎも崩壊するんでね。。。気を引き締めていきたいと思います。

今日はユニオン愛馬情報。

クオン(牡・6歳)
(トロットスター×ファーストステップ)
4/15 本日、栗東トレセン帰厩。
4/18 坂路(61.2-44.8-29.9-15.0)馬ナリ余力
4/21 坂路(55.4-40.5-26.6-13.8)叩き一杯 
ナムラスパウト(三未勝)叩き一杯に1.3秒遅れ
坂路で併せ馬の追い切り。ラストで僚馬に引き離されてしまったが、本馬なりの動きはできている。来週以降の新潟ダート1800m戦に出走予定。
大橋調教師のコメント『3歳未勝利に最後の1Fだけで1秒も置いていかれたなぁ…(苦笑)。本当に良くも悪くも本馬なりの動きしかできないよね。今日の雨で重い馬場状態でもいつもの本馬なりの時計は出ていると思えば良いかな。いつもこんな感じの臨戦過程でもレースで走ってくれるからそんなに気にしなくても良いと思うよ』
★★★新潟開催に合わせての予定通りの帰厩。大橋先生ありがとうございます。そして、坂井さんありがとうございます。
調教は相変わらず。。。ですね。3歳未勝利に遅れるワケですからね。。。大丈夫か?って思うんですけど、レースでは3歳未勝利レベルよりも数段上の時計で走りますからね。。。まぁ、調教の良い悪いではあまり動じなくなりましたけど。。。それでも、中京開催前はもう少し良かったですからね。一回使ってから目を覚ますのか?でも、1回着外になったら新潟で2回目が使えないだろうから、次走は何とか優先権を取る頑張りを期待したいです。

フライトミッション(牡・3歳)
(アグネスフライト×エンジェルマインド)
4/20 普通キャンターを3000m乗り、ラストを少し強めのキャンターで乗っている。担当者コメント『トモに疲れなどは出てきていませんが、欲を言えば、やはりもっと全体的に力強さが出てきて欲しいですね。あとは毛艶がちょっと冴えないんですよ。暖かくなってきましたからもっと良くなっても良いと思うのですが…』
★★★今月中に入厩の話もありましたが、フライトミッション自身の仕上がりが追い付いていないようで。。。なかなかピリッとしたコメントが入ってきません。大橋先生の場合、『まだ仕上がってないけどトレセンの中で調整していきましょう。。。っていう可能性もありますからね。。。帰厩はまずまず早くなるかもしれませんがデビューまでは時間がかかるでしょうね。まだまだ我慢です。

ということで、クオンが孤軍奮闘のなか、なかなか層が厚くなってきません。。。09産へは一発大物へ出資しますかね。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月20日 (火)

タイキフォーチュンメモリアル

今日はいろいろなところで既に話題になっておりますが、この話題を。。。

5月9日に行われる東京スマイルプレミアムのレース名が激闘の末『タイキフォーチュンメモリアル』に決まりました。
タイキフォーチュン。。。このレースの第1回の優勝馬で僕も覚えている馬ですが、今回は投票にややしっくり来ないところがありまして。。。

某掲示板で『ウインクリューガーに投票しましょう!』といった、呼びかけがありウインクリューガーの投票数が急上昇。。。最初は純粋な応援の呼びかけだったと思うんですが、徐々に『ネタ馬の票を伸ばそう』的な良くない方向に。。。それも手伝って、ウインクリューガーは40%以上の支持を受けることになる。。。

そして、4月13日(1週間前)の投票状況。。。
1位ウインクリューガー13250票(40%)
2位エルコンドルパサー8979票(27%)
3位キングカメハメハ4625票(14%)
4位クロフネ1653票(5%)
5位ロジック1055票(3%)
6位ラインクラフト689票(2%)
7位ディープスカイ609票(2%)
8位シーキングザパール562票(2%)
9位ピンクカメオ491票(1%)
10位タイキフォーチュン464票(1%)

呼びかけや疑惑の投票もありウインクリューガーが圧倒的な支持を受けておりました。
2番手は引退後も人気の高いエルコンドルパさー。3番手は変則2冠のキングカメハメハ。。。そして、クロフネ、、、人気・実力から見て順当な感じかな。。。因みに、タイキフォーチュンはこの時点で支持率1%の464票。。。上位争いには加わらなさそうな雰囲気。。。

そして、1週間。。。これが最終結果です。

1位タイキフォーチュン97200票(25%)
2位ウインクリューガー95323票(25%)
3位ロジック69411票(18%)
4位テレグノシス21053票(5%)
5位キングカメハメハ16060票(4%)
6位エルコンドルパサー13875票(4%)
以下
7位ピンクカメオ
8位ディープスカイ
9位ラインクラフト
10位シーキングザパール

皐月賞の総得票数16775票 
選ばれた馬 アグネスタキオン 4649票
天皇賞(春)の総得票数24375票
選ばれた馬 ディープインパパクト 6636票
NHKマイルCの総得票数383331票
選ばれた馬 タイキフォーチュン 97200票
次点 ウインクリューガー 95323票

徐々にこのメモリアルレースの知名度が上がってきているとはいえ、まだまだ歴史の浅いNHKマイルカップ。天皇賞春の10倍以上もの得票数があるというのはやはり怪しい。。。そして、『ウインクリューガーへの投票呼びかけ』は一部では話題になっていたが、たった1週間で96736票を集めたタイキフォーチュンも異常。。。騒ぎは無いけどタイキフォーチュンへも組織票が動いたと思うのが妥当のように思える。
結構昔になるが、プロ野球オールスター戦ファン投票の川崎憲次郎事件では川崎選手本人が傷つき、熱心にプロ野球を応援しているファンの心も傷つけた。。。
今回も、異常な票の動きで名前がネット上に出てきてしまっているウインクリューガー関係者も傷つけられているでしょうし、タイキフォーチュン関係者も傷ついていることでしょう。。。勿論、熱心な競馬ファンもがっかりしていることでしょう。そして、一口馬主馬を一口馬主が抑えて、このような事態になっており、一口馬主出資者もかなり残念な気持ちを持ってこの事件を見ていると思う。(少なくとも僕はそうです)
JRAが発表した『タイキフォーチュンメモリアル』ではタイキフォーチュンの功績に敬意を表しながら馬券を購入したいと思いますが、これからも続くプレミアムレース○○メモリアルの投票・決定についてファンや投票者も納得するような形に戻ってくれることを期待したいと思う。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年4月19日 (月)

レースは見どころなし。レース後聞きどころあり。(161戦目)

昨日は久々の1日休暇。。。買い物行って、家の片付けをしたり、ムスコとサッカーの練習をしたり。。。競馬は二の次の優秀な休日の過ごし方をしました。。。買い物の途中でも気になっていたローレルクラシックの結果。。。振り返ろうと思います。

ローレルクラシック
18日(日)阪神6R3歳未勝利・芝1800㍍
武幸四郎56.0㌔

さて、眠れる大器ローレルクラシックの3戦目。そろそろ目を覚まして欲しい気もしますが、土曜日に投稿した文の通り今回はあまり過度な期待をしているワケではありませんが、罷り間違って優勝・・・なんてこともあったらいいなぁ~なんて思っておりました。
パドックに登場したローレルクラシックは前走よりもマイナス4㌔の464㌔での出走。入厩直後は500㌔だったワケですから、大分減りましたね。。。栗毛が綺麗であり、大きく見せるんですけど、徐々に減り続けている馬体(特に今回は軽めの調整)に少々の不安を感じます。パドックを周回中のクラシックは相変わらず落ち着きが無く視線がいろいろな方向へ向きます。まだまだ子どもなんですね。前走よりもやや元気が無いように映ったのですが、どうでしょう?結果を知ってからパドックを見たせいかな?とにかくなんかあんまり良い様には見えませんでした。今日のパドック解説は競馬ニホンの福井政年さんクラシックへのコメントは『そうですねぇ・・・頭の高さはちょっと気になりますけど、馬体のバランスはいいと思います』・・・とりあえず、可も無く不可も無くといったところでしょうか。。。福井さんのパドック推奨馬は⑯ハードダダンダン⑮ナムラオスカル⑧ヤマニンガーゴイル③シルクオールディー⑭メイショウアルグンの5頭。ローレルクラシックは呼ばれず。。。予想しておりましたが、、、
クラシックはあまりいい状態ではないかな?・・・ということで、僕の気持は次走へ向いております。

レースは相変わらずいいスタートを切り、先団へついて行くか・・・と思われましたが、馬なりで流しズリズリと後退。あっという間に後方4番手へ。そのままで3コーナーに入り、追われることなく直線へ。。。大外に出したローレルクラシックですが、画面の片隅で全く伸びる要素も無く、フレームアウト。。。明日のパトロールビデオを見ないとどうなったのか分からないくらいあっという間に消えていきました。。。
なんじゃこりゃ?と、思っているうちに⑯ハドダダンダン(凄い名前ですね。。。アナウンサーが連呼するとなかなかのインパクトを残す名前。。。気に入りました。)が1分48秒6の時計で優勝。ローレルクラシックは見せ場無く勝ち馬から1秒6遅れての1分50秒2で15着。。。『掲示板に入るか入らないかの勝負だろうなぁ~』と、思っていたのですが、この15着は予定外。。。それにしても武幸四郎騎手は“何故追わない!!”と、思いました。
レース回顧文はたぶん今までの最短。。。それくらい、見るべきところも無く、気持ちも入らないレース展開でした。

このレースのハロンタイム
12.7-11.2-12.1-12.3-12.8-12.7-11.4-11.4-12.0

クラシックは全くレースに参加していないので、ハロンタイムは関係ないですけどね。。。クラシック自身の上がり3Fの時計は35秒3。。。まぁまぁなんだなぁ~と思ったりもして。。。

武幸四郎騎手のコメント『返し馬に行くまでは何でもなかったのに、馬場に入って右前を出したら変な感じがした。やっぱりレースでも右手前だと突っ張る感じで出ていかなくて気持ち悪かったので、流すだけのレースになりました』

飯田(雄)調教師のコメント『何だろうね。調教では何の問題はないのにね。トレセンに帰ったら検査をしてみますけど、どちらにしても身体も少しずつ萎んできていますので、放牧して様子を見ながらやりましょう。もしかしたらしたら、クッションのあるダートの方が現状は良いのかもしれません』

さて、ここからが今日の本題。。。

レースは追われることなく1周回ってきただけ。。。そして、レース後はこのコメント。。。ある程度情報を掴んで書いた方がいいかなぁ~と思い、ローレルクラブの公式とは別ルートで、ローレルクラシック情報を入手。。。

ポイントは2点。ローレルクラシックの右前の状態と、ローレルクラシックへの厩舎の期待度について。。。

まずは、右前について。

これについては中間の調整が軽めでもあったため、レース前から違和感があったのではないか?と、疑念を持ちながらのⅩ氏への取材となりましたが、『飯田先生は獣医学部出身ということもあり、そういうような行為は絶対にない』ということで、コメントの通りパドックまでは全くそれが感じられなかったようです。
パドックや馬場入場時も歩く分には問題ないが、キャンターになると右前の出が悪いと。。。
症状はレースを除外するほどでもなく、壊さないように1周回らせた模様。
では、どのような怪我なのか。。。月曜日はトレセン全休日なので、診察も受けられず火曜日にチェックを受け公式に発表になると思います。
前走後も左前に打撲の診断を受けており、左前をかばって走った結果右前に負担がかかった可能性もあるらしく、大事に至らなければいいんですけどね。。。僕は、大したことが無い!と、信じたいですけどね。。。(根拠はありません)

そして、2点目。。。

ローレルクラシックの期待値について。。。
イクタTFで初めてクラシックに会った時のスタッフさんの褒めっぷり(⇒こちら)は凄かったですし、
入厩後も
091209 飯田(雄)師「何も問題なく来ているし、担当の子は『なかなか素質がありそうだ』と言っているよ。まぁ走ってもらわないと困る馬なんだけどね(笑)」
100113 飯田師「いつもチェックしてもらっている獣医さんからは、『良い心臓をしている』と言われています」

100115 飯田(雄)師「今回も終いだけ伸ばしてみましたが、反応は良かったですよ。今後は2月13日の京都芝2000mを目標に仕上げて行きましょう。鞍上はデムーロかルメールに依頼する予定です」

100127 飯田(雄)師「初戦から能力全開で動けるタイプでもなさそうですが、走る気持ちの凄くある馬でこちらの思い通りに調教も進められていますし、私も将来を楽しみにしていますので、まずはじっくりと構えて今後を見守って行って下さい」

100128 北村(友)騎手「キョウワホウセキの最後の産駒だと聞きましたが、栗毛の色が凄く綺麗で見栄えのする馬ですね。調教に乗せてもらった時に他厩舎の人から『その馬凄いね。何?』と聞かれたので『まだデビュー前の馬ですよ』と応えたらビックリされました。馬っぷりが素晴らしいですし、乗って変な癖もなく、乗り味も良いですよ」

など、物凄い期待の大きさを感じていたのですが、その雰囲気も徐々に薄れている感じがあったので、ここは勇気をもって聞いてみました!
Ⅹ氏曰く、「飯田雄先生のクラシックへの期待は今も昔も変わらず相当高いですよ」・・・とのこと。まだまだ、馬体が完成されておらず、これから更に成長して大きいところを取りに行きたいといったような雰囲気なんだなぁ~と、思いながら話を聞いておりました。
パドックでも集中できず物見が激しいんですが、調教時もその癖があるようで、それが治まってからですかね。。。

もし、骨折等の診断が出た場合は長期離脱を余儀なくされますが、厩舎等関係者の期待もまだまだ高いクラシックです。出資している僕たちが諦めてはいけません!
怪我が無ければリフレッシュして立て直されての復帰となるでしょう。。。デビュー前は密かに狙っていたダービー出走は無理でしたが、古馬になってからの活躍を夢見たいと思います。。。

まぁ、飯田先生の変わらぬ高評価を聞けたことは良かったです。

まずは怪我がありませんように。。。

今日の情報は雑談程度の“裏”入手の情報ですので、取り扱いには十分気をつけてください。。。匿名掲示板とかに書かないでね。。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年4月18日 (日)

明日にリベンジを。。。

土日はローレルクラシックの大敗もあり、馬券は大火事。。。しかし、今週は月曜日があるじゃないか!!昼休みに福島10R・11R・12Rを買ってリベンジしたいと思います!

追記:結果は全レース敗退。。。駄目だなぁ~馬券で儲けている方。。。秘訣を教えてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月17日 (土)

急坂を味方にできるか?

日曜日は期待馬ローレルクラシックが出走します。。。しかし、、、ブログ更新は・・・BS1でやっていたジュビロ磐田vs大宮アルディージャの試合を見ている途中で寝てしまい、投稿が遅れました。ということで、魂を入れなおして書かせていただきます。

ローレルクラシック
18日(日)阪神6R3歳未勝利・芝1800㍍
武幸四郎56.0㌔
【発走13:10】
印…〔……▲△………〕
TM〔…………△…………〕
道悪…―
血統…○
距離…―
前走…―
調教…―
実績…―
○ローレルクラシック【飯田雄師】
まだ完成途上だが、中間は硬さがなく状態は上向き。広いコースも良さそう。

短評 瞬発力が不足

レーティング52.6(5番手)
予想オッズ20.5(7番人気)

調教より
⑬ローレルクラシック〔動き軽快〕
9日・栗P良・単走・助手・4F58.4-43.3-13.5(9分所・馬ナリ余力)
14日・栗P良・単走・助手・6F84.2-67.7-53.2-39.2-11.6(9分所・馬ナリ余力)
(3歳未勝利・ダンツキャッスル・叩一杯の0.4秒先行0.4秒先着)
飯田(雄)師のコメント『この中間は歩様も良くなっていて、少しずつ体も出来てきたかなといった雰囲気です。使ってきている状態なので、今週は上り重点に仕上げています』
★★★日曜日は練習お休み。。。よく考えれば現地応援に行けましたね。。。ウィークデーの忙しさで、『日曜日は競馬場に行こう!』と思うことを忘れていました。。。さて、肝心なレースですけど、鞍上が武幸四郎騎手になって、競馬場が中京から阪神になりましたけど、ちょっと強調材料としては薄い感じ。。。新聞でも7~9番手くらいの評価で、デビュー前のオーラが徐々に消えてきた感じ。。。競馬一般から見れば『普通』になってしまいましたね。
前走で露呈してしまった瞬発力不足。。。この距離で武幸四郎騎手の誘導で『やれそう』っていう自信が少し薄いんですけど、それが逆に不気味かなぁ~なんて、いい方向に捉えておりますけど。。。
ローレルクラブ事務所に木曜日に電話したときには『この中間を軽めにして、リフレッシュを狙った調整ということで、上がりに問題なければ次走も行くような感じ』ということで、ここで勝てばダービートライアル滑り込みも?って思われるんですけど、まずはこのレースで勝たないとね。“勝負は次走?”って感じもするんですけど、ここも馬券を買って応援です。
人気も背負う逃げ馬⑯ハードダダンダンは外枠。ペースもそれほど速くなさそう。。。長い直線と急坂がローレルクラシックの味方をしてくれそうな感じもあり、展開次第ではローレルクラシックの浮上も。。。
ということで、今日はテレビでリアルタイム観戦。。。いいシーンが見られるといいんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月16日 (金)

最高の春

今週は水曜日にミンナノアイドル(オグリキャップ×グレイスクイン)が入厩。そして、その翌日の木曜日にクオン(トロットスター×ファーストステップ)が帰厩。そして週末日曜日はローレルクラシック(スペシャルウィーク×キョウワホウセキ)の出走と、なかなかいい流れになってきております。
在厩のローレルイグザルト(フレンチデピュティ×アサカプティット)も続戦のようで、来週ローレルイグザルト(2節では厳しいかも)再来週はクオンと連続出走の可能性も。。。そうこうしている間にローレルベルロードも戻ってきて、5月9日(日)の白川特別(京都芝2400)あたりが目標になるのかな?そして、フライトミッション(アグネスフライト×エンジェルマインド)も来週中に帰厩。。。じわじわと仕上げられるでしょう。
ローレルクラシックも今週勝てば、特別登録数によってはダービートライアルもあると思っております。。。

そして、2歳新馬戦が始まる6月19日には夏競馬デビューを表明しているハナカゲ(サクラプレジデント×シャドウスプリング)が新馬勝ち。。。

ということで、上記の『絵に描いた餅』が本当になれば『幸せな春競馬』となります。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年4月15日 (木)

馬名は体を表す?

今日は、ちょっと余裕ができたのでローレルクラブに電話をしてみました。内容は大したことの無い感じですが、ローレルクラシックの話も少ししたので、その話は出走前日にでも。。。

ということで、今日は馬名について。意見はいろいろあると思いますが、最近僕が思ったことを書かせていただきます。

『名は体を表す』名はそのものの実体を表している。名と実は相応ずる。
『馬名は体を表す』馬名はそのものの実体を表している。名と実は相応ずる。
と思っております。
僕も競走馬の名付けになる前に我がムスコの名付け親になりましたが、『こうなって欲しい』という願いを込めて名前を付けました。

ユニオン23期生の馬名の由来は以下の通り
1(英)ロックを中心とした音楽イベント、ロックフェスティバルより。父母名より。
2(英)英国王室御用達証。最後の切り札。母名より連想。
3(英+伊)バレエ「眠れる森の美女」のメインシーン。
4(英)神からの(授かりものである)+父母母名より。
5(英)空の惑星。父と兄(マンハッタンスカイ)より。
6(日)月下美人。中南米のジャングルに咲く黄色い花。両親名より。
7(英)魅力的に振舞う。母名より。
8(英+仏)ゲランを明るく浮かび上がらせる。両親名より連想。
9(日)君に会えた奇跡。母名より連想。
10(英)忘れられない思い出。母名より連想。
11(日)花影。月光によってできる花の影、特に桜の花の影。両親名より。
12(英)アイルランドの首都ダブリンで運行しているライトレール。母名より。
13(英)裾の広いロングスカート(ベリーダンス)
14(西)金色のジャージ。スペインのロードレース首位の選手が着用する。父名より連想。
15(英)ブラジル原産のカトレアの一種。白い花びらなので。母名と毛色より。
16(英)F1において安全が確認された時に振られる旗。母名より。
17(ラテン)樫の学名。母系より連想。
18(英)華麗なる一族。活躍馬を多く輩出する母系より。
19(英)ジャズ音楽。母名より連想。
20(英)リンカーン大統領が演説を行ったペンシルベニア州の町名。
21(西)キューバ革命の指導者名より。
22(英)強力な弁護士。父名より連想。
23(仏)ものすごい、壮大な。
24(英)鳥のように自由に。母名より連想。
25(英)妖精の矢。母名より連想。
26(英)けやきの精神。府中での活躍を願って。
27(伊)「愛のある」という意味。母名より。
28(仏)熱狂。母名より連想。
29(英)原子の心。父名より連想。
30(英)テキーラベースのカクテル名。の戦歴(仏GⅠ馬)と母名より。
31(伊)オーダーメイド。母名より連想。
32(英)お大事に、あなたに祝福をの意。母名より。
33(英)ギリシャの島名。ミロのビーナスが発見された。母名より。
34(英)何度でもの意。母名より。
35(英)珊瑚の眺め。母名より連想。
36(英)猛烈な風。父名より連想。
37(日)開花宣言。母名より。
38(仏)愛しい天使。(マリアージュ)より連想。
39(英)イギリス・テムズ川上流にあるハンプトンコート宮殿。母名より連想。
40(仏)晴れた空。母名より連想。
41(英)最高。母名より連想。
42(英)モータースポーツでトップでゴールしたものに振られる旗。母名より連想。
43(英+日)エンジン全開。大排気量のエンジン搭載でパワフルな走りを。
44(英)モーニング娘。の「恋のダンスサイト」より。両親名より。
45(英)水星の表面に見える長い断崖の名前。母名より連想。

母名や父名よりの連想が非常に多い。。。フレーズ的にいい名前もあるんですけど、なんか連想ゲーム的というか、頓知が利いているものが勝つというか、、、僕としてはもう少し、愛馬への願いとか理想とかそういうものが入っていた方がいいと思うんですよね。。。
馬名募集時に、『なぜこの馬にその名前がついたのか分かりやすく説明できるように・・・』なんていう但書きが非常に印象的なんですが、、、確かに、母や父名からの関連や結びつきが明確の方がクレームもつきにくいし、説明もしやすいと思うんですけど、もう少し馬名に“魂”を感じられる方が愛着を更に感じるんですけどね。(勿論、馬名を応募して、名付けになられた方は魂を込めていらっしゃると思いますけど)

何か、書いていて僕の思いが伝わっているのかそれともただのクレーマーみたくなっているだけなのか、書いている途中で自分でもよく分からなくなってしまい、この文章は お蔵入りさせた方がよいのかもしれませんが。。。実は、1年前にも書いておりまして(お蔵入り)、今回はリニューアルして、もう少し思いが伝わるように書き直したつもりなんで、アップしますけど。。。
まぁ、何か思うことがあればコメントください。

因みに、我が出資馬ライトアップゲランとハナカゲについては気に入っておりますので、よろしくお願いします。

よく分からん回になってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月14日 (水)

100414ローレル愛馬情報

今日は寒かったッス。。。グランドに立ったら強風にふっ飛ばされそうになるし、足先の感覚が無くなるほど。。。明日はもっと寒くなるそうで、、、困りますね。箪笥の上にしまった冬物を再登場させねばなりませんわ。。。

今日はローレル愛馬情報。ちょっと前からの情報になりますがお許しください。

ローレルベルロード(牡・5歳)
(ナリタトップロード×ベルガール)
4/2 この中間はWM・トラックコースでのダク・キャンター2400m・坂路1本18-18・週1回15-15の調教を行っています。馬体重500kg
鮫島調教師のコメント『動きは良化しているので、状態を見て15-15の本数を増やしペースを上げて行きます』
4/9 この中間も変わりなくWM・トラックコースでのダク・キャンター2400m・坂路1本18-18・週1回15-15の調教を行っています。
★★★もうそろそろ帰厩かな?馬体重もトレセンに来ると激減しますので、もう少しあっていい気がしますが。あとはどの条件で使っていくのか。。。結構使い辛いというか、適性がイマイチ掴めないというか。。。

ローレルクラシック(牡・3歳)
(スペシャルウィーク×キョウワホウセキ)
4/7 18日(日)阪神6R・3歳未勝利・芝1800mに出走を予定しています。
この中間も変わりなく調整されています。
4/14 18日(日)阪神6R・3歳未勝利・芝1800mに武幸四郎で出走を予定しています。
この中間も変わりなく調整されており、本日追い切られました。
14日・栗P良・単走・助手・6F84.2-67.7-53.2-39.2-11.6(9分所・馬ナリ余力)
★★★今日の情報でも1800㍍を明言されています。2400㍍はないんですね。まぁ、1800㍍戦で、十分勝ち負けになるということなんでしょう。。。そろそろ勝ちたいですからね。鞍上は武幸四郎騎手。我が愛馬に乗ってくれるのは初めてです。期待しましょう。

ローレルイグザルト(牡・3歳)
(フレンチデピュティ×アサカプティット)
4/1 3月28日・栗坂良1本・単走・助手・4F57.1-41.8-27.4-13.6(馬ナリ余力)
3月30日・栗坂稍1本・単走・助手・4F60.8-44.7-29.6-14.8(馬ナリ余力)
3月31日・栗CW良・助手・6F86.6-71.3-56.4-42.0-14.4(7分所・一杯追バテ)
(3歳未勝利・ヤマカツマヤリス・一杯の内1.1秒遅)
池添調教師のコメント『今朝動けるようならすぐにでも使おうとも思っていたけど、あまり動きは良くなかったね。来週ならあと1~2本できるので少しは変わってくれると思うが…』
4/8 4日・栗坂良1本・単走・助手・4F58.3-41.2-26.0-12.4(一杯追)
6日・栗坂良1本・単走・助手・4F62.0-46.1-30.7-14.9(馬ナリ余力)
7日・栗坂良1本・松山・4F55.9-40.1-25.3-12.2(叩一杯)
(3歳未勝利・ダンツキャッスル・叩一杯の0.4秒先行0.4秒先着)
池添師『リフレッシュした効果を期待したい』
4/14 レース後の上がりの状態に特に変わりないものの、次走については現在のところ未定となっています。
★★★帰厩直後は散々な時計。そして、先週はなかなかの追い切りを見せましたが、レースでは惨敗。。。しかし、在厩のまま調整で次走に備えるみたいですね。。。血統的にも馬体もいいんだけどなぁ。。。もう少し応援してやってくださいませ。

ミンナノアイドル(牝・3歳)
(オグリキャップ×グレイスクイン)
4/6 この中間も変わりなくWM・コースでのダク・キャンター2400m・坂路でのキャンター1本17-17・週2本15-15の調教を行っており、今月中旬の入厩を目指しています。
4/13 4月14日(水)の検疫を経て美浦トレセン・尾関知人厩舎予定へ入厩予定となりましたので、4月14日(水)の予約申込みをもって募集を終了いたします。
4/14 本日14日(水)の検疫を経て美浦トレセン・尾関知人厩舎へ入厩しました。
尾関調教師のコメント『まずはゲートから進めますが、牧場でしっかり乗って大分丈夫になったので、このまま進められそうですね』
★★★念願叶いまして、入厩となりました。思ったよりも早く入れました。これからゲート試験をパスして、デビューとなるワケですので、まだまだ時間はかかりますが、何とかトレセンの厳しいトレーニングをクリアして欲しいと思います。オグリの仔は脚元がやや不安ですからね。。。頑張れば、いろいろなメディアに注目される宿命にある馬ですから。。。頑張れ!

ローレルジャブラニ(パフェ08)牡・2歳
(シンボリクリスエス×パフェ)
4/6 この中間も変わりなくダートコースでのダク700m・キャンター2000m・坂路1本を22秒ペースの調教を行なっています。
前元場長のコメント『まだ身体全体に緩さはありますが、徐々に走りに芯が通ってきています。緩い馬にありがちな背腰への疲れが来る事はなく、順調に身体も成長してきています』
4/13 この中間はダートコースでのダク700m・キャンター2800m・坂路1本を22秒ペースの調教を行なっています。
前元場長のコメント『少し馬っ気を出すほど、気性的にもますます男馬っぽくなってきました。今後は調教距離を延ばして、さらに体力を付けて行きます』
★★★早く栗東近郊の牧場で調教してもらいたいなぁ~と思う1頭。ある程度距離も持ちそうな血統&馬体をしております。現在のトレーニングを通して、しっかりと長い距離にも対応できる体力を養って欲しいです。シンボリクリスエスはいろいろなタイプの馬が出てきますからね。。。この仔がどんなタイプに育つのか楽しみです。

アルボランシー(フィーユドゥレーヴ08)牝・2歳
(ロックオブジブラルタル×フィーユドゥレーヴ)
4/6 この中間も変わりなくBTC内600m屋内ダートコースでのダク・軽目のキャンター1800mの調教を行なっています。
森本氏のコメント『相変わらず調教では自分から動こうとはせず、鞍上が要求して仕方なく動いている感じですね』
4/13 この中間も変わりなくBTC内600m屋内ダートコースでのダク・軽目のキャンター1800mの調教を行なっています。
近親のオウケンサクラ号が4月11日(日)阪神10R・桜花賞(G1)で2着に善戦しました。
★★★謹慎のオウケンサクラが桜花賞で激走したのは記憶に新しいところ。この仔にもそのような活躍を期待しているんですけどね。。。森本氏のコメントは某掲示板で物議を醸し出しましたけど、僕はあまり気になりません。まぁ、いいじゃないかって感じです。それにしても、愛馬ではありませんが、ランデブーの評判が物凄くいいですからね。。。このアルボランシーもランデブーに匹敵する能力を持つ馬だと思っていたのですが。。。そうでもないのかな?
でも楽しみです。

ということで、若い世代ばかりの我がファミリー。今年中に全馬1勝以上してもらうことが目標です。

さて、今から冬物を出してきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月13日 (火)

100413ユニオン愛馬情報

仕事がまだまだ軌道に乗らない今日この頃。。。花粉症も厳しく、毎晩眠たいです。。。このウトウトしている辛い毎日を払拭してくれるのは、愛馬の活躍だと思うんですけどね。。。こちらも、まだまだ眠っております。

今日はユニオン愛馬情報。。。

クオン(牡・6歳)
(トロットスター×ファーストステップ)
4/6 普通キャンターを3000mほど乗っている。
担当者コメント『順調ですよ。前走でほとんど走ってこなかったせいか、非常に元気です。注意していますが、順調にペースを上げていますし、目に見えない疲れもなさそうですね』
4/13 普通キャンターを3000m乗っている。今週中に栗東トレセンへ帰厩することも検討している。新潟での出走に備える。
★★★4/6情報は先週見学に行ったときのコメントですので、そのまんまですね。今日のコメントでは“今週中”の帰厩もあるとのことで、嬉しい限りです。新潟では勝って欲しいけど、現地に行くことはちょっと難しいので、口取りは難しいかな?でも、頑張って欲しい。

フライトミッション(牡・3歳)
(アグネスフライト×エンジェルマインド)
4/6  普通キャンターにペースを上げて3000mほど乗っている。
大橋調教師のコメント『今月中の入厩を検討しているので、どんどん進めていくように』
担当者コメント『ペースを上げても元気ですよ。リフレッシュはできていると思いますから、どんどんトモを鍛えていきます』
4/13 普通キャンターを3000m乗っている。今月中の帰厩に備え、徐々にラストのペースを上げて乗り込んでいく予定。
担当者コメント『今のところトモの感じも問題ありませんし、徐々にペースを上げていける状態にあると思います』
★★★キャンターの距離3000㍍は(距離的には)上限なんでしょうけど、時計がどのくらいなのかがちょっと気になるところ。。。帰厩したら勿論デビュー戦まで待っていくと思われますので、その調教に耐えられるレベルまで回復したのかどうかがちょっと心配ですけど、たぶんそこまで戻ったんでしょうね。。。デビューは6月かな?2歳新馬よりも早くデビューできますように。。。

今日から2歳馬も。。。

ライトアップゲラン(牝・2歳)
(ファンタスティックライト×ヒダカゲラン)
屋内ダートコースでハロン22~23秒のキャンターを2500m乗っている。馬体重は前月からほとんど変わらないが、乗り込んだ分だけ筋肉が付き、馬体にはメリハリが出てきた。白井岳氏も「体がひと回り大きくなっているように成長を感じる。着実に体がしっかりしてきた」と成長を評価している。3月下旬からは、屋外コースを使用できる日は慣らす程度に軽めの運動を始めているが、小回りの屋内コースと比べて前脚をスッと伸ばしたきれいなフォームで走っており、本格的に屋外で乗り始めるのが楽しみである。また、下旬には谷調教師が視察に来場。順調な過程に満足されていた。体高158cm、胸囲183cm、管囲18.5cm、馬体重450kg(前月比+2kg)
★★★現2歳馬で、1年前にパンフレットを一目見て真っ先に気に入った馬ですが、僕が想像していた以上に順調に育成が進んでおります。
3月に撮影されたと思われる写真では同じ白井牧場で育成中のフレンチカクタス(タイキシャトル×ブラッシュウィズテキーラ )の写真と入れ違いになっており、HPでもかなりの間そうなっていましたし、今月の会報でも入れ違いになったまま掲載されていましたので、『そのまま入れ違いでデビューを迎えたらどうしよう…』なんて、あり得ない心配をしながら楽しんでおりました。思ったよりも早くデビューできるかな?僕のデビュー予想はかなり遅く設定されておりましたが。。。

ハナカゲ(牝・2歳)
(サクラプレジデント×シャドウスプリング)
引き続き、週2回はBTCの屋内坂路でハロン18秒のキャンターを乗っている。調教パートナーの関係でまだ15-15は行っていないが、行く気に任せているとハロン15秒くらいなら楽に出せそうな勢いだ。馬体重は変わらないものの、幅は増し、締まるところはグッと締まって、一段と馬体に実が入ってきた印象。谷川彰久氏が「硬さはありませんし、かといって柔らかすぎることもない。牝馬らしからぬ力強い走り」と話しているように、動きはとてもしっかりしている。視察に訪れた松元調教師も「非常に馬が良くなっている。早期デビューに向けて順調そうだ。夏競馬に使うつもりで今後の予定を組んでいこう」と喜ばれていた。馬体重446kg(前月比+2kg)
★★★この馬がそれほど売れていないのが不思議なんですけど、なんでなんでしょう?この価格、そして兄姉の活躍(2勝程度ですけど)、この育成過程、夏競馬デビューの言葉。。。相当いいと思うんだけどなぁ~~。体は少し小さめなので、少々心配はありますが、それはそれで脚元に負担がかからないのでいいかな。
第2回産地登録受けないのかなぁ~って思っていますけど。そこら辺のアナウンスが無いので、栗東に持ってくるのかな?

今日はこれまで!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月12日 (月)

追加募集馬に馬名エントリー

今年の2歳メンバーは
ローレルジャブラニ牡
(シンボリクリスエス×Kingmambo)
アルボランシー牝
(ザ・ロック×SS)
ハナカゲ牝
(サクラプレジデント×デインヒル)
ライトアップゲラン牝
(ファンタスティックライト×ミルジョージ)
の4頭で決まりかけていたんですが、、、今年は牝馬3頭に対して牡馬1頭。今までとちょっと違うんですよね。。。

ということで、今後の儲け次第のところもあるんですけど、牡馬でちょっと気になっている馬をもう一度再検討。。。

ユニオンでは
ゲティスバーグ
(リンカーン×ベルベティーン)
マイティローヤー
(ルールオブロー×ミルフォードセト)
エンジンゼンカイ
(スマートボーイ×スズカララバイ)
あたりですかね。。。
ローレルでは
ローレルアリエス
(キングヘイロー×ゴコウ)
シュンプウサイライ
(フレンチデピュティ×オグリローマン)
↑これは牝馬か。。。
そして、遅れてきた期待馬NO.1は・・・
メイショウマキバコ08
(クロフネ×ヤマニンゼファー)
です。
ローレルクラブの追加募集馬でして、、、昨年はこのタイミングでローレルイグザルトに期待に胸をふくらませて出資しましたが、今のところは不発。。。以前も書いたんですけど、この仔はダート重賞戦線で活躍したドンクールの半弟でして、父もクロフネですからね。。。砂で結構な活躍も期待できそう。。。
と、いうことで、金曜日締め切りの馬名公募に2本いきました。イメージは『砂の王様』をイメージしていきました。
通れば“行き”ですかね。。。
ということで、メイショウマキバコ08の今までの情報を。。。

2010年3月
中央競馬、地方交流重賞合わせて2億4千万円を稼ぎだしたドンクールの半弟が登場です。ドンクールの活躍の舞台はダート戦でしたが、本馬は父にクロフネを迎え、さらに圧倒的なパワーを得て、順調に育成が進められています。毛色こそ栗毛ですが、父の産駒らしく首の使い方が巧く、各パーツは太くて丈夫です。体高があり脚が長く、薄い馬体に映りますが、稽古を積んで乗り込むほどに力強く逞しくなっていくのがこのファミリーの特徴です。この折り紙付きの血統は、古馬になって大きな結果が求められるのは当然ですが、兄ドンクールがデビューから5連勝で兵庫CSに勝ち、ダートクラシック競走で活躍していることも忘れてはいけません。育成に入ってから一番早い組で調教が進められており、本馬も早い時期からの使い出しが期待できます。早くから走り、高いレベルで長く丈夫に活躍してくれるとあれば、競走馬としてまさに第一級の資質の持ち主と言えるでしょう。

2010年3月10日(水)
日高町のベーシカルコーチングスクール施設内にある日西ステーブルにて調教が行なわれています。2月中旬の計測では馬体重460kg、体高163cm、胸囲180cm、管囲20.5cmでした。

2010年4月10日(土)
日高町のベーシカルコーチングスクール施設内、日西ステーブルで育成中です。屋内ダートコースでのダク2400m・キャンター1200m・坂路1本23秒ペースの調教を行っています。高山氏は「今のところ性格はおっとりしています。これから調教が強くなるにつれてうるささが出てくるでしょう。うちの中では最も早く進んでいる組みですし、今後の馬の状態や厩舎事情が合えば、早めに競馬に使って行きたいですし、使える状態にあると思います」とコメントしています。なお、本馬は6月の産地馬体検査を受検する予定となっています。

こんな感じ。。。産地馬体検査本当に行くんですかね?早期デビューで結果が出せそうなら。。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年4月11日 (日)

クラシック、、、クラシックに乗れるか?

今日は桜花賞!!馬券獲ったよ~。。。ここにアップすると外しまくるんで、イマイチ信憑性に欠けると思われるでしょうが、僕は喜んでおります!!愛馬は全く関係ないこのクラシック戦線ですけど、このGⅠ的中は牡馬クラシック第一弾の皐月賞も続けたいところです。
今のところの本命はありきたりですが、ヴィクトワールピサ。ハンソデバンドとクォークスターが気になっております。
携帯電話も替えて馬券購入もサクサク。お金もザクザクだと嬉しいんですけどね。。。

来週はローレルクラシックが阪神1800メートルに出走予定。。。ここを圧勝して、格上挑戦でダービートライアルとかないかなぁ。。。我がファミリーで夢を見るとしたらそれしか無いもので。。。
そう考えると、前日の芝2400㍍なんてどうかな?って、思うんですけどね。距離が延びて更にローレルクラシックの良さが出そうな気がしていたんですけど、陣営はそう考えていないようですね。。。ある程度スピード勝負のレース展開でも行けるということでしょうか。。。それはそれで頼もしいですけど。。。そろそろ、大器の片鱗を見せてもらいたいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月10日 (土)

砂を被らず行こう!(160戦目)

今日はローレルイグザルトが阪神競馬場に登場・・・午前中は仕事があったのでVTR観戦となったのですが、ここでトラブル発生。。。3日くらい前にラグビーのビデオ編集をしたときに、HDD録画機のダックパネルを少しいじったんですよね。そうしたら、スカパーチューナーからきている音声ケーブルがHDD録画機に差さっておらず(単純に差し忘れ)ローレルイグザルトのレースは映像は残せたものの無声映画状態。。。レース実況だけは夜中にやっていた『今日のレースリプレイ』でアフレコしましたが、パドックがね。。。何方か阪神2Rを録画された方ご一報ください。

ローレルイグザルト
10日(土)阪神2R3歳未勝利(混)D1200㍍
△松山弘平54.0㌔

さて、待望のダート短距離に登場。ちょっと期待しているんですけど、予想以上の人気。。。朝の時点では一時4番人気と、“危険な人気馬”要素を醸し出していたローレルイグザルト。今日はマイナス6㌔の466キロでの出走となりました。無声映画なのでパドック解説の中日スポーツ武田和則さんがイグザルトに対して何を言ったかは分かりませんが、僕が見た感じでは馬体は以前よりも締ってきており、フレンチデピュティ産駒らしい立派な馬体に。。。馬体重よりも大きく見せる雰囲気は好感が持てます。しかし、踏み込みは浅いですね。少し厩務員さんを頼って、集中力の無い雰囲気も見受けられますが、(後ほどのコメントでもあったように)パドックから体の硬さが少し見られ歩様はそれほど良くなかったように思われます。武田さんのパドック推奨馬は⑧エーシンハダル(断トツの一番人気)⑤アスタータイクーン⑨フリークムーン⑪アクティビュティ⑩サンレイラヴの5頭でした。ローレルイグザルトはなかなかの好馬体もお呼びがかからず。。。
本馬場入場時の映像ではゆっくり歩いているところしか見られませんでしたので、あまり様子が分からず。。。レースの時間となります。

ゲート入り直前も輪乗りしているところが映ったんですが、クビが高い歩き方(グリーンファーム甲南に行った時も思いましたけど)が非常に気になります。今回は集中力持続のために青いチークピーシーズを着用しての出走となりましたが、シャドーロールも併せてくっつけた方がいいような感じもする歩き方。。。まぁ、僕のような素人考えではなく、厩舎スタッフの方はいろいろと見てくれている思いますけど。。。
注目のスタートはやや体重が後ろに残ったような反動を使って飛び出したようなスタート。やや後手を踏みます。そこから松山騎手がぐいぐい押すんですが・・・それに鋭く反応しガンガンスピードに乗り簡単に2番手に。。。この辺の能力はかなりのものだと期待できます。
2番手に上がった後は④タイセイグリッターを内側に置きいいポジション取りで追走しておりましたが、走っているフォームがやや変わりましたね。前よりも多少クビを使って良くなっていると思います。
道中もところどころ手前を替えるのか一瞬足のリズムが崩れるシーンが多いように思いますが、がなって2番手をキープしながら3コーナーへ。残り800㍍あたりで外から⑬アラビアータと⑧エーシンハダルに並ばれますが、気合とコーナーワークでもう一度2頭の前に競り出して2番手のまま直線入り口へ。(ここまでは合格点)
直線に入り先頭を走っていた④タイセイグリッターが少し外に膨らみローレルイグザルトに被り気味になり、外からは完全に脚色が違う⑧エーシンハダルが被さってきて少し前がとじぎみになる状態(全然不利になるような状態ではありませんが、砂は被っただろうなって感じ)、直線に入り早々に3番手に。。。ここですでに顔を少し上げ、惰性での追走。あとは、それなりに走っていたけど、徐々に後退。。。勝ったのは⑧エーシンハダル。1分13秒6の時計。ローレルイグザルトは1秒5遅れての1分15秒1の10着でした。。。

このレースのハロンタイム。
12.6-11.1-11.9-12.5-12.4-13.1
後半に少しペースが落ちましたが、前半はなかなかのハイペース。イグザルトはスタートでやや出負けをしながらもついて行ったので、ちょっと辛かったでしょうね。。。
直線では伸びず上がり3Fの時計が39.4秒。スタミナ切れではないかなと勝手に思っているのですが、クビが上がってフォームの問題なのか?集中力の問題なのか?それとも行く気持ちはあるけど、砂を被って行き切れないのか?(この辺のニュアンスは難しいですけど)
まぁ、それでも行かなきゃいかんのですけどね。
正直、10着は残念ですけど、大きく負けてないし、直線の件が無ければもう少し良かったでしょう。。。

松山騎手のコメント『今日は積極的に行こうと思っていたので出して行きました。結構良いところで進められたと思っていたのですが、交わされたら頭を上げて止めてしまっています。もう少し直線まで突かれる展開になってくれたら粘れていたんですけれど……。やっぱり距離は千二~千四くらいで前々でのレースが合いそうです』

池添調教師のコメント『これまでよりは踏ん張りが効いて競馬はしたとは思うけど、まだまだやな。体質的に硬さのある馬やから、使いつつ柔らかみが出てくればもう少しやれていい』

相変わらず、匿名掲示板ではイグザルトの人気は高いですね。。。殆どは、『もう駄目だ!』的な諦めや中傷に近い内容なんでがっかりですけど。。。
本当に、皆さん出資されているのかな?って思っちゃいます。

それはそうと。。。

イグザルトですが、やっぱりまだまだ修正していかなければならない点が多く、すぐに勝ち上がりというワケにはいかなさそうです。
今後に希望を抱くのであれば、やはり二の脚は特筆もの。ゲートがイマイチですので、たまたまゲートをうまく出て、二の脚で引き離せば、他馬に被られることなく走破出来るかもしれません。そして、歩様が硬いので、レースを使っていく毎に良くなってくるでしょうし、暖かくなって更に良くなってくる雰囲気を持っています。(今日は暖かかったですけど)
今後、更にスピードが出てくることでしょう。
この10着で次走に目処が立たなくなりましたが、可能ならば新潟の芝1200とか芝1000とかダ1200㍍とか一気に行き切れるところで走らせたいですね。それか地方交流競走。こちらはごちゃついて、コーナーを2番手、3番手で回らされるようなことがあると最悪ですが、先頭で行き切れるなら小回りで競られにくい分チャンスがあるかと。。。ただ、地方交流競走って1400㍍が多いイメージなんですよね。
となると、新潟ですか?

ということで、僕は悲観してないですけどね。
一つ勝って、じっくり育てられたら2つ目だって行けると思っていますから。。。でも、楽観も出来ません(涙)一つ勝つことが相当に難しいんですよね。。。特にこのタイプは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 9日 (金)

イライラを払拭する激走を!!

今日は飲み会でした。。。そして、そこで年上の同僚に絡まれまして。。。最悪の気分。因みに凹んでいるのではなく、“怒り”ですけどね。。。まぁ、このネタはいつの日か・・・
明日は、この怒りを納めるべく、イグザルトの快走を期待したいです。

ローレルイグザルト
10日(土)阪神2R3歳未勝利(混)D1200㍍
△松山弘平54.0㌔
【発走11:00】
競馬ブック
印…〔…△……………〕
TM〔………△……………〕
ダート△
血統…◎
距離…―
前走…―
調教…―
実績…―
○ローレルイグザルト【池添助手】
血統や馬っぷりはいいが、体全体を使って走ってくれないのが。

調教から
この一追いで良化 →
4日・栗坂良1本・単走・助手・4F58.3-41.2-26.0-12.4(一杯追)
6日・栗坂良1本・単走・助手・4F62.0-46.1-30.7-14.9(馬ナリ余力)
7日・栗坂良1本・松山・4F55.9-40.1-25.3-12.2(叩一杯)
(3歳未勝利・ダンツキャッスル・叩一杯の0.4秒先行0.4秒先着)

中京スポーツ
印…〔……◎…………△〕
状態採点 7点 追われて伸び鋭い
(7点3頭 6点10頭 5点3頭)
Vサイン
【池添助手】
仕上がりは悪くない。気を抜くところがあるので、チークピーシーズをつけてこの距離を使う。まじめに走れば。』

★★★入厩直後は『大丈夫か?』という、とんでもない調教タイムでしたが、直前の追い切りタイムはかなり評価されている感じですね。僕も『おぉ~』って思いましたけど。でも、寮馬のダンツキャッスルも実践では振るわないだけに、それをちぎれなかったのはちょっと残念?
今回はチークピーシーズ着用で一変を狙います。デビュー戦と前走とスタートの良さと二の脚の速さは証明されていますので、距離短縮は歓迎。うまく先行してもらいたいところ。枠もなかなかの好枠ですので、3コーナーでラチ沿いの位置を取れるといいですね。そして、直線の坂ですが、決してスタミナが無いタイプではないので、その流れのまま行けると思っています。心配なのはスタミナ切れではなく、集中力切れ。。。最後まで気を抜かず走って欲しいです。
あとは、前が勝った走りがどれだけ解消されているか。。。でも、この距離だったら今までの走法でも能力で何とかなってもおかしくはないはず。
相手は。。。連続2着中の⑧エーシンハダル。この馬は既に順番待ち。。。いつ勝ってもおかしくない感じ。この馬が間違いなく1番人気でしょう。そして、2着の実績がある④タイセイグリッターと⑤アスタータイクーンも人気になりそう。比較すれば⑤アスタータイクーンの方が怖いか。。。あとは、連続4着の⑪アクティビューティ。⑦ローレルイグザルトはそれに次ぐ5番人気位になりますかね。。。
こちらは⑧エーシンダハルが居るので勝つのは難しそう。日曜日3Rの方がメンバーが弱そうでしたので、そっちでお願いしたかったです。。。でも、こっちも結構な弱メンですからね。。。最低でも5着以内はお願いしたいです。うまくいけば3着以内もあると思っていますが、、、それはかなり身贔屓が入ってるかと。。。
でも、この直前の追い切りで一変あったとしたら、好勝負の可能性もあるかと思います。。。

さて、今日のイライラした飲み会のお金が取り返せる好走をしてくれたら最高ですね!!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年4月 8日 (木)

100405三重ホースTC訪問記③

今日は三重ホースTC訪問記最終日。。。ローレルイグザルトの出走も決まったので、今日中に書き終えないとね。。。ということで、きっちりと締めたいと思います。

1004066 見学したこの日は月曜日。栗東トレセンもお休みなので、三重ホースTCで偶然調教師さんとお会いできたらうれしいなぁ~なんて思っていました。特に大橋先生と久々の対面ができれば・・・と、淡い期待を抱いておったのですが、三重ホースの伊藤社長さんから
『今日は来ないと思うわぁ』
の一言を聞いて、その思いは断念。。。でも、目的はクオンに会いに来ていたのですからいいんですけどね。

この日クオンと最初に会ったのは、クオンがウォーキングマシーンを使ってアップをしているところ。。。ウォーキングマシーンには6頭ほどがトレーニングをしているワケですが、顔と体を見て『これがクオンだぁ~』と、すぐに見つけることができました。
そしてその場を離れ、トイレに行くなどしたあとに装鞍所へ。すると、装鞍所にはクオンによく似た馬がこれから調教に向かうところでした。栗毛馬はこの三重ホースにもかなりの数が居るんですが、この馬はクオンにかなり似ている。。。『そっくりさん』として、比較するためにも“ここは1枚写真をとっておこうじゃないか!”ということでパシャリ。。。その馬はコースへと向かいました。
そして、その直後、スタッフさんから
『今クオンが出て行きましたんで、コースの方へどうぞ』
といわれてしまいました。。。
道理で、似ているはず。。。だって、そっくりさんではなく、同一馬ですから。。。“牧場で、クオンを見落とすなんて。。。”初めてです(涙)。クオンがまだWMに入っているだろうという先入観はありましたが、見落とすなんて痛恨の極み。。。我が息子を見間違えた様な気持でした。。。

因みにクオンはコースへ向かう馬道の途中(この時はまだ、クオンのそっくりさんだと思っていましたが)に、調教を終えて戻ってくる馬にすれ違い様に噛みつきに行く激しさを見せました。。。“気持ちが乗っているのかな?”
コースに出たクオンは単走で約3000㍍のキャンター。
近々、当ホームページの目玉であるはずの『動くパドック』にクオンの様子をアップしようと思っていますが、かなりいい感じで真っ直ぐに走っていました。
まずはしっかりと真っすぐ走っているということ。それからクビは(もともと低いですが)下げ過ぎることもなく、クビを左右に振るなどして、鞍上に迷惑をかけることもなくうまくクビを使いながら格好良く走っていました。。。これはもしかしたら本格化の兆し?って思うほど、雰囲気が変わりました。
力強いキャンターを見せ、3000㍍を完走。
洗い場へ向かいました。

ここ、三重ホースでクオンを担当してくれているのは“K君”。今回の見学で牧場と競馬場を合わせてクオンとは19回目の対面となりました。K君とクオンのコンビ写真もかなり溜ってきたので、今日はお気に入りの写真を数枚彼にプレゼントしました。

そして、K君にクオンの様子を聞いたところ、
『前走は負けちゃいましたけど、調子はかなりいいですよ。』
とのこと。前走の敗因も、
『見えない疲れですかねぇ~。。。ここで見てると、よくわからないです』
と、いうことで、調子を崩しているような感じではない様子。
やっぱり、前走の敗戦は“空回りかなぁ~”なんて分析したりします。逆にいえば、“ムラなく、常に頑張ってくれよ~”って思うんですけど。。。
洗い場で見るクオンはやっぱり以前とちょっと違う雰囲気が。。。直前の競馬場で見た時よりも腹まわりは多少スリムになった感じ。そして、胸が少し立派になった様なイメージ。もしかしたら姿勢が良くなったのかなぁ~。。。ちょっと風格を感じます。

そして、K君から
『今回はよく走りましたねぇ~。。。3着2回と5着でしょ?』
『もし、この中京で大敗が続くようだったら(現役続行が)危なかったんじゃないかなぁ~。。。って思っていたんですよ。』
ということで、公式発表でもないですし、K君が感じていたことですので、信憑性のほどはわかりませんが、クオンのレース履歴を見て冷静に見てみればそうですよね。。。2年間で12走して入着が5着1回。2年間で稼いだ賞金が72万円ですからね。。。人間界でも扶養手当の対象者になる稼ぎですから。。。と、いうことで、K君の言葉で、クオンの立場を冷静に見つめ直すことができました。
そう思えば、やっぱりこの中京シリーズの活躍は素晴らしかったと思います。

『ここで跨っていると、(クオンは)もっと走りそうな気がするんですけどね。。。1000万条件の馬よりもよっぽどか行きっぷりがいいし、強いと思うんですけどね。。。』
と、添えてくれました。
やっぱり、能力あるんだろうな~。。。500万条件を勝つと、その後のことをちょっと心配してしまっていたのですが、この言葉を聞くと、1000万条件でも何とかついていけるかも。。。と、淡い期待を抱いてしまいます。もう一回勝つところを見たい(可能性は十分)、そして、クオンと口取りをしたい(こっちは中京も無くなったし難しそう)、と強く思っています。
最後に
『次走は結構チャンスだと思っています。馬券買おうと思っています。単勝はどうかなぁ~(笑)。』
嬉しいこと言ってくれます!K君これからもよろしくお願いします。

さて、洗い場でクオンのメンテナンスを熱心にやってくれているK君。。。最近は、馬単体の写真よりも、人が入っている写真の方が格好良く感じております。僕の好みが変わっただけかもしれませんが、一生懸命に馬のことを面倒見てくれている人も格好いいし、馬がその担当者を信頼して心を許している様子もいいんだよなぁ~。。。

ということで、そんな写真をいっぱい撮ってみました。

事務所では、伊藤社長と競馬の話。。。先日のドバイワールドカップ(矢作先生や小林慎騎手から聞いた話)の話をしたり、先日、オープン特別を快勝したナムラタイタンの話をしたり。。。因みに、ナムラタイタンは『あんなに走るとは思っていなかった。。。身体は立派で良かったけど、、、馬って分らんなぁ~』って、言っていました。

次で、クオンと会うのは20回目の記念見学となります。それは競馬場となるのか、それとも牧場になるのか。。。クオンとの対面が続くのもクオンが現役で居続けることが、条件となります。本格化の雰囲気を勝手に感じた今回の見学。。。ちょっとクオンに対して自信が湧いてきました。いけるかもしれませんよ~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月 7日 (水)

F-04Bデビュー!

先週末は、馬券もボロボロでしたが、実は。。。携帯電話(so902iwp+)で馬券購入中に数回リセットがかかり、馬券を買うのに四苦八苦。。。神様が『馬券を買うなよっっ』って忠告してくれていたのかもしれませんが、無駄にパケット通信料を払ってしまい、辛い思いを。。。今週末もそんな状態では、『精神衛生上良くない!』と、判断し、今週中の携帯電話買い替えを検討!
そして今日、仕事の合間を縫って携帯電話ショップを回ってきました。。。現在はdocomoなんですが、ソフトバンクにもちょこっと見に行って、最終選考に残ったのがこの3機種。。。

①i-phone(ソフトバンク)

②Xperia(docomoソニーエリクソン)

③F-04B(docomo富士通)

甲乙つけがたく、非常に悩みましたが、③F-04Bに決定しました。Docomo_f04b11
噂の世界初の分離合体するセパレートケータイ!
これ、結構いいですよ。。。まずはノーマル10キーとQWERTYキーの両方が使える。。。これは僕の中でポイントが高かったです。そのうえ、タッチパネルも搭載。かなり操作性がいいです。
まだ、セパレートにして、使うメリットを見出せずにいますが、何か可能性を感じております。。。

とにかく使いやすいっっ!おススメです。

僕は通勤が車ですので、Xperiaやi-Phoneのメリットを強く感じませんでした。電車やバスを使っての通勤だったらXperiaを買ってただろうな~。。。もう少しF-04Bを使ってみてから感想を書こうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 6日 (火)

100405三重ホースTC訪問記②

スイマセン。投稿が遅れました。最近はやっぱり忙しくて。。。(だったら牧場行くなよ!って聞こえてきそうですけど)

今日も三重ホースTC見学の第二弾と、行かせていただきます!
今日も写真中心で行かせていただきます。

1004061今日の写真は調教の後から。。。これは調教終了直後です。

1004062馬道を通り洗い場へ。この写真は結構気に入っています。

1004063そして洗い場へ。。。

1004064クオンをいつも担当してくれているK君。脚の先までしっかりとケアしてくれています。

1004065クオンもK君に全幅の信頼を置いております。リラックスしております。

1004066クオンの顔のアップ。年をとって、キリッとした感じ!まだまだ活躍を期待できそう??

と、今回も結構いい写真が撮れたような気がしております!まだまだ、クオンの写真を撮り続けたいですからね。。。現役でがんばって欲しいッス。      

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年4月 5日 (月)

100405三重ホースTC訪問記①

今日は仕事の合間を縫って三重ホースTCへ行ってきました。
『短期放牧中のクオンに会えるのはここしかない!!』
と、いうことで明日から本格的に仕事が忙しくなる(本当は今日から忙しいんだけど、今日はサボり。。。今日の分も明日は頑張る!)ので、その前に行ってきました。

今日はとりあえず、見学当日恒例の撮りたて画像一挙公開!!といきます!!!

写真もいっぱいあるんですけど、今日は“馬を格好良く撮る角度”という視点から行ってみます。

1004051今日の一枚目はアンプレシオネ人懐っこいです。本題は②からっ!

1004052 高い位置からの正面写真。

1004053 高い位置からの側面の写真。

1004054 同じレベルに立って目の位置くらいに構えた正面写真。

1004055 しゃがんだ状態でカメラを構えた写真。

1004056カメラを地面すれすれで構えての写真。

1004057_2 これもカメラを地面すれすれにした正面写真。

どの写真が格好いいですか?ご意見お待ちしております。

因みにクオンは元気でした。(いろいろな話は後日!!)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月 4日 (日)

2010 J初観戦

今日は今年初めてのJリーグ観戦。。。一昨年と昨年はかなりの試合を見に行っていたのですが、今年は4節目にして初めて。。。そして、今後も多くは無いでしょう。。。ムスコがこの4月から5年生。今までのサッカースクール&ラグビースクールに加え、学習塾にも入ったため、もう殆ど余裕のないスケジュール。。。お父さんと遊びに行く歳ではなくなったってことですね。。。まぁ、個人的にはそんなに寂しくは思わないんですけどね。むしろ逞しく育ってくれて嬉しい限り!!
そんな中でのJリーグ観戦。ヤマハスタジアムでジュビロ磐田vsガンバ大阪を見てきました。
結果は・・・ジュビロ磐田が常に先手を取り3度のリードを奪うもガンバ大阪に追いつかれる苦しい展開。。。しかし、試合終盤にパク・チュホのこの日2点目となるゴールで4度目のリード。それを何とか守りきり、前節最下位に転落したジュビロ磐田が今季初勝利!いい試合を見に行けました!
今日の試合は、イ・ガンジンと加賀のセンターバックに不安があるものの前から常にプレッシャーをかけ続け、アグレッシブに戦ったジュビロ磐田が90分間それを持続できたという素晴らしい試合でした。3失点は記録から見たらショボいですけど、そんなに悲観するものではないでしょう!それよりも、前線からの激しいプレッシャーで相手のミスを誘い、4得点に繋げたところを褒めてやりたいです!
これがどの試合でも90分間持続できる強さがあれば上位進出もあるかもしれませんが、そうはいかないんだろうなぁ~。。。
ということで、大味な試合が多くなりそうな今年のジュビロ磐田。キャプテン那須がボランチでは無く、最終ラインにこれば、失点は多少防げるかも。。。
ということで、ジュビロ磐田に関心の無い人が見ても何の面白味も無い今日の文章ですが、許してください。。。あまり、競馬ネタがないもので。。。
因みに今日は馬券は全敗。。。競馬もtotoも当たりませんわぁ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 2日 (金)

ローレルジャブラニのストラップ

先日、このブログでも紹介しましたが、今年はパフェの08に応募した“ローレルジャブラニ”の馬名が採用されました。

そして、馬名採用のプレゼントが届きました。。。そのプレゼントは。。。ストラップ。どんなストラップかといいますと。。。ローレルジャブラニが粘土細工で可愛くデフォルメされた姿のものでした。
今まで、ユニオンで1回(クオン)、ローレルで2回(クリオ、マサカーネ)馬名が採用され、その都度プレゼントをいただいていたわけですが、今回のプレゼントが一番嬉しかったです。
因みに『おぐのこねこね粘土』さんで製作されたもので、ネットショップもオープンされていらっしゃるようです。
この前、中京競馬場のターフィーショップへ行ったときに、ローレルゲレイログッズが何点かありまして、『(出資はしていませんが)昔から見ている馬だし、触ったこともある馬だし、そんな仔のグッズは格別だなぁ~』なんて思い、全種類買ってしまいました。。。そして、我が愛馬グッズ、特に名付けにもなったクオングッズが欲しいなぁ~なんて思っちゃった訳です。
そこで、『おぐのこねこね粘土』さんで、クオングッズ作ってもらえないかなぁ~なんてちょっと思っちゃったりしています。
HPを見たりすると、『固有名詞は基本的にお断りしております。肖像権などで問題になる可能性があるため、お受けできません。』とあったりするので、簡単にはいかない感じですが、いろいろなところに働きかけてみて、愛馬グッズ完成まで辿り着きたいなぁ~なんて思ったりもします。

とりあえず、プレゼントでいただいたローレルジャブラニのストラップ。我が愛馬グッズ最高の一品として、我が家のギャラリーに飾られております。。。

本当はローレルジャブラニにはターフィーショップでもグッズが売られるような大活躍を期待しているんですけどね。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 1日 (木)

Xperia登場

携帯電話の調子が悪い。。。今、NTTドコモのS0902iwpを3年間使用しているのですが、メールを打っている途中に、急にリセットがかかり再起動になったり、i-modeを使っていると同じようにリセット⇒再起動となることが最近は非常に多く、困っております。

201004014491871n

今のところ、PATで馬券を買っているときにリセットがかかったことはないんですが、、、もし、そうなったらショックは大きいでしょうからね。。。ということで、携帯電話の機種変更をしようと考えております。

今日、休憩時間にドコモショップに行ってきました。注目はソニーエリクソンのXperiaです。
因みに、普通に買うと7万円もするんですね。いろいろと割引やポイントで3万2000円で本体が買えるとのこと。これはまずまず守備範囲の価格。。。

しかし、ここで問題なのが料金プラン。今は5,000円前後の使用料なんですが、Xperiaを使うとおそよ8,400円くらいの毎月の料金になるとか。。。
この料金を支払うだけの価値があるかどうか・・・ですね。

スマートフォンに移行するか、それともノーマルケータイでこのままいくか。。。非常に迷うところです。

そこで一つ思ったことが、携帯電話にパソコンのキーボード配置のボタンがついているタイプのものがあるじゃないですか。。。あれって使い易いんですか?従来の10キーボタンでの日本語入力方式の方が片手で操作できるし、便利なのかなぁ~なんて思ったりもしたんですがどうなんでしょう?もし、アドバイスいただけるようでしたらよろしくお願いいたします。

明日はソフトバンクに行ってi-Phoneと料金プランを聞いてこようと思います。

家電好きなんですが、携帯電話については少しアンテナが低い私です。是非、いろいろと教えてください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »