« 巻誠一郎旅立ちのセレモニー | トップページ | 100730山岡トレセン訪問記③ »

2010年8月 2日 (月)

巻は巻

サッカー日本代表の次期監督が3名に絞り込まれているらしいですね。僕は前チリ代表監督のマルセロ・ビエルサ氏が好きですが、どうでしょう?報道では最有力候補に挙がっているみたいですけど。。。

スイマセン。。。今日は山岡トレセンのレポートを書こうと思っていたのですが、僕の中ではフクアリの巻誠一郎選手の退団セレモニーの興奮さめやらない状態ですので、そちらを書かせていただきます。

『巻は巻、ジダンにはなれないが・・・ジダンにはないものを持っている』
で始まったセレモニーのオープニング。。。そうです。元ジェフ千葉監督であるオシムさんの言葉です。
オシム監督に育てられ、千葉が苦しい時も常に千葉を支えてくれた巻選手。
不器用ですが情熱溢れる巻選手は好きな人と嫌いな人と別れると思いますが、僕は素直に自分の気持ちを表現できる巻選手に憧れます。
千葉を応援するサポーターの中にもそういう思いの人は多いのではないでしょうか?
千葉というクラブは熱い魂の選手の気持ちを逆撫でする出来事が度々あるクラブであり、主力選手の大量放出などの危機も何度かありました。そんな中でも非難の矢おもてに立ちながらチーム引っ張ってきた巻選手。今回も移籍の決まった巻選手に練習をさせないなど、クラブ側の対応にはガッカリさせられたこともありました。
それでも巻は最後までジェフ千葉に真の愛情を注ぎ続けました。
そして、『また帰ってくる』と、言ってくれました。

これには、クラブの経済状況や監督の方針など熱い気持ちだけで何とかなるものではありませんが、まずは巻選手に海外で大活躍してもらって、誰もが納得する“千葉の戦力”として戻ってきて欲しいと思います。

巻のセレモニー映像ですが、“You Tube”に挙がっておりましたので、こちらをリンクさせていただきます。

巻セレモニー①

巻セレモニー②

僕も、この映像を見返したいと思います。

感極まって、コメントも何度も詰まってしまった巻。。。それでも、熱い気持ちはみんなに伝わりました。

やっぱり“巻は巻”なのである。

|

« 巻誠一郎旅立ちのセレモニー | トップページ | 100730山岡トレセン訪問記③ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 巻は巻:

« 巻誠一郎旅立ちのセレモニー | トップページ | 100730山岡トレセン訪問記③ »