« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月31日 (日)

2着。。。こんなときに(178戦目)

totoBIG1等3口。台風による中止が1試合で的中率が3倍。。。普段は0~1口の1等当せん数なんで、きっちり3倍になりましたね。。。狙いは良かったのですが、13口はすべて負け・・・貧乏になるわなぁ~

今日は早速ローレルクラシックのレースを振り返ります。

ローレルクラシック
31日(日)福島5R3歳以上500万下・芝2600m
▲平野優51.0㌔

さて、ここのところ2桁順位が続きデビュー直前の期待が嘘のように静まり返っているローレルクラシック。。。今回も“人気なく”って感じ。。。
ローレルクラシックは前走比プラス4㌔の480㌔での出走。調教を続けていながらプラス体重で出られるということは、今までにないことで心身ともに成長の跡が伺えると判断してもいいのではないでしょうか?パドックの様子を見ると踏み込みも深くなり歩様もしっかりしており、なかなかの雰囲気に見えました。でも、馬体はまだ幼くきっちりと筋肉がつき切っていない感じ。。。完成形はまだまだ先ですね。気性面も煩くなく、気合乗りもほどほどで、いい感じに映りました。
今日のパドック解説はダービーニュースの沢田美紀さん。ローレルクラシック評は『なかなか馬っぷりは見栄えがしますね』と、褒め言葉。それでも、パドック推奨馬に挙げる勇気も無かったようですね。沢田さんのパドック推奨馬は⑭カネトシサパージュ④オペラオーカン⑤ナムラアーガス⑩トミケンプライム⑫タガノガブリエル①スナークスペインの5頭でした。
そして、いよいよレーススタート。。。⑪ローレルクラシックは抜群のスタート。芝2000㍍や芝1800㍍でも先行できるスピードも兼ね備えているだけあって、ここでもしっかりと先行。⑥トップミノルがグッと飛び出すも、①スナークスペインが二の脚を使って先頭に立ちそのまま3馬身4馬身と2番手に付けた④オペラオーカンを突き放します。⑪ローレルクラシックはそこから1馬身離れた外。並んだ内側には⑥トップミノル。。。そこから後は少し離れて体列を組んでおります。⑪ローレルクラシックは3番手の外側ということで理想的な展開。。。心配は5番手に付けた⑬ドリームリフレクトが外から被さってこないように。。。それによって走る気を無くしたりかかったりするようだと心配でしたんでね。
とりあえず、⑬ドリームリフレクトには被されませんでしたが、仮に被されていても大丈夫だったかもしれませんでしたね。。。それくらい⑪ローレルクラシックは落ち着いていましたし、折り合いもバッチリでしたね。
そのままのポジションをキープしたまま3コーナーへ。ここまでは僕の理想通り。そして、3コーナーで自ら動いてペースアップ。直線入り口では①スナークスペインをとらえて先頭へ。。。これも理想通り!
ここから⑪ローレルクラシックは更に伸び、『これは勝てる!』と思いましたが、外から更に良い脚で上がってくるピンクの帽子。。。人気の⑭カネトシパサーージュ。これを封じ込めれば勝ち。。。しかし、残り50㍍のところで交わされ、⑪ローレルクラシックはそのあともあっさりとレースを止めること無く食い下がり、抵抗するもそのままゴール板を通過。。。1着2着は写真判定になりましたが、レース映像で既に態勢不利は確認できていたので、あまりドキドキはしませんでしたが、“よく頑張ったなぁ~”という感想がすぐに出てきました。
結果は2分42秒0で⑭カネトシパサージュが優勝。ハナ差の同タイムで⑪ローレルクラシックが2着。
僕も描いていた理想的なレースの進め方でまずまずの結果を出してくれました。

このレースのハロンタイム
12.9-11.8-12.4-12.6-13.4-12.5-13.1-13.1-12.5-11.8-11.8-11.7-12.4

上がり4F 47.7 - 3F 35.9

ローレルクラシックの上がり3F 35.5

重の状態でこの時計は結構速い。。。道中少し落ち着きましたが、先行勢が総崩れになる厳しい展開。。。そんな中ローレルクラシックだけは2着に粘りましたからね。評価できると思います。
ローレルクラシック、500万下クラスクリアレベルにあります。それもまだまだ脚を残した状態でのゴールでしたからね。。。
それから、直線で一度抜け出したところ。。。一瞬気を抜いたのはローレルクラシックではなく、鞍上の平野優騎手でしたね。。。福島直線の急坂で一瞬ステッキを持ちなおし、モタつきましたね。。。←これは、映像で後ほど確認しただけで、現地に行った方に情報をいただきました。チェックするとやはりそう見えますね。これが無ければ、、、突き抜けていましたね。

ただ、それまでは理想的なレースの進め方。そして、減量もしっかり生かしていましたんで、文句はないですけどね。。。結論としては“しっかり乗ってくれた”と感謝しております。

平野騎手のコメント『勝てなくちゃ意味がないのに…。すいませんでした。初めて跨りましたが、返し馬の感じは未勝利馬のそれではありませんでしたし、レースへ行っても折り合いが上手で、長い距離は合っていると思います。また機会があれば、よろしくお願いします』
担当助手のコメント『乗り役は注文通りに早めに抜け出す競馬をしてくれましたし、渋った馬場も軽量も最大限に活かせたと思いますが…。本当に惜しかったですね。2600mの競馬は合っていると思いますので、何とかもう一度使いたいですね』

・・・今日は、仕事があって馬券買わなかったんですよね。。。いつも通り買ったとしても大幅プラスに持って行けたのに・・・まぁ、僕が買わなかったから2着に来たという話もありますけど(←カミさん談)
しかし、こんなときに限って馬券圏内に好走するなんて・・・相変わらず僕の運の無さには飽きれます。

さて、今回は2着・・・よく頑張ったわけですが、次を考えなければいけません。

今回、戦前に描いた理想的なレース運びでしたが、結果としては好時計でありながら脚を余している。先行した馬で好走したのはローレルクラシックだけ。
今回はローレルクラシックも凡走を繰り返していたし、この距離も初めてだし、福島も初めてということで、“番手につけて早めに抜け出し・・・”という作戦で問題ないんですけど・・・能力を確認できた次走はもっと早く動いて、直線入り口では更に後続を離す積極策で行ってもらいたいですね。ロングスパートは行けるけど、相変わらず切れは無いですしね。。。
今回は2着でも次走の優先出走権はありませんのでレースに出ることを最優先で考えなければ・・・
現状未勝利での500万下挑戦になるので、東京・京都では出走できず、福島のみ。福島開催が終われば小倉まで空いてしまいます。とりあえず、連闘は無いでしょうから、中1週か中2週。。。今回はある程度どんなものかを探る感じで投票していたと思いますが、次走は勝ちを狙っての出走。。。“ダート”とか“短距離”とかところ構わず・・・ということはないでしょう。まずは、同じ芝2600㍍を本線で行くと思われます。となると、中1週で11/13(土)福島10R芝2600㍍霊山特別(混合定量)に特別登録するでしょう。それと翌11/14(日)福島10R小峰城特別も登録するかな?それと、その週に行われる芝2000㍍、若手騎手限定の芝1800も視野に入れるか。そして、最終週は最終日に芝2600もあり、12Rが伊達特別芝2000㍍、その前日に芝1800㍍があり、このあたりから選択となると思われます。相手については後日あらってみようと思いますが、相手関係はあまり気にせず、ローレルクラシックの得意条件である芝2600㍍を中心に長い距離を強気に狙って欲しいところです。最終週は何があるか分かりませんので、霊山特別に行ってもらいたいですね。ダメだったら小峰城特別でもいいと思いますけど。。。

次は勝ってもらいたい。。。そして、人気になるのかな?馬券はどうしようかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月30日 (土)

なかなかの重馬場…どうなんだい?

台風とJリーグ・・・結構な状態でも試合を強行していましたね。1試合中止。。。まぁ、これで的中率3倍ですから。。。まぁ、いいか。

ローレルクラシック
31日(日)福島5R3歳以上500万下・芝2600m
▲平野優51.0㌔
【発走11:40】

中京スポーツ
印…〔……………〕
netkeiba
本紙…―
CP予想…―

調教
24日・栗坂良1本・単走・助手・4F57.3-41.0-26.4-13.0(強目追)
27日・栗坂良1本・単走・助手・4F55.2-40.0-26.2-13.0(一杯追)
クラブより
飯田(雄)調教師のコメント『しばらくレースは使えなかったけど、ずっと乗ってきているので、状態は良いと思います』

22:30現在のオッズ 8.7倍(3番人気)

★★★関東のローカル戦だと情報が全然入ってこない。。。こうなると、電子競馬新聞がいいなぁ~って思います。
さて、ローレルクラシックですが、遅生まれの遅咲きだけどゆっくりですが良化しているとのこと。まだまだ頭の中が子ども(バカって言うこともあり得ますけど)ということで、成長をじっくり見ていく必要がありますが、それを時間が許さない現状もありますので、難しいですね。
クラシックの状態としてはまずまず。鞍上の指示に従ってしっかり走っていますね。今回は初めての2600㍍。もともと長距離に向いていると思われているので、この条件は楽しみですが、初めての距離、初めての競馬場、初めての騎手・・・初めて尽くしなので、楽観はできません。もちろん、相手も1勝クラスの馬ばかりですのでね。。。鞍上の平野騎手は今年デビューで既に4勝を挙げております。勝ったレースはすべて軽減を生かした平場で中京1勝、新潟2勝、中山1勝です。基本的には前に行っての勝利が多いですね。福島では先週芝2000㍍でロイヤルダリア(7番人気)に騎乗し、終始2番手追走で3着に持ってきた実績があります。
メンバーを見るとスタートが速い馬が見当たりませんので、比較的前のポジションをとれる様な気がします。そうなると、平野騎手の得意パターンでレースを進められるかもしれません。
道中は先頭集団に潜り込んでゆったりレースを進めて、瞬発力不足を補うために3コーナーから仕掛けて、直線入り口では先頭に立つ感じで行けると楽しめそうなんですけどね。。。それは、この距離に出てくる馬の多数に同じことが言えると思うので、そう簡単ではないでしょう。。。
でも、福島は昨日も先行天国でしたからね。。。上のレース展開だったら勝っちゃうかも。
それから、福島は今も雨みたいです。馬場発表は“重”になる見込みですが、ローレルクラシックにとってこの馬場はどうなんでしょうね?パワーがあるようには思えないので良の方が良さそうには感じるんですけど、瞬発力不足を誤魔化すには重の方がいいのかな?
前走は見どころがある10着でしたが、いつまでもこんな着順では説得力がありません。そろそろ掲示板・・・馬券圏内・優勝を掴んでもらいたいところです。
未勝利の身で500万下を勝った馬・・・昨年も1頭、今年も1頭・・・。この高い壁を打ち破る資質を持った馬であって欲しい。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月29日 (金)

totoBIG勝負の時

先週はtotoで大損害。。。でもバイク欲しい。先週書いたんですが、所有していた2台のバイクが思ったよりも高く売れました。ということで、追い金は少なくていいんですけど、やっぱり大金を射止めたい。。。
ということで、今週もtotoやりますけど。
今週は、totoBIGが狙い目です!!

現在のところtotoBIGの繰越金が7,746,991,752円⇒77億円以上が浮いております。
今、台風14号が北上中。明日、東海から関東にかけて上陸する気配。。。これがどう影響するかといいますと・・・サッカーの試合が中止(延期)になるとtotoの当たり目が“1&0&2”つまり“全ての目”が的中になります。1試合中止になれば当せん確率が普段の3倍。2試合中止になれば普段の9倍に膨れ上がります。
試合が中止になる可能性があるカードは・・・清水vsF東京(アウスタ13:00)/名古屋vsC大阪(豊田13:00)/浦和vs山形(埼玉15:00)/川崎Fvs磐田(等々力15:00)の4試合。。。最大で81倍の当せん確率になります。
ということで、今週は10口以上の1等が出ると踏んでおります。13口の1等が出ても6億円の当せん金額は間違いないでしょう。1等が50口出ても2億近い当せん金を手にすることができると思われます。。。
これは大量購入しなければ。。。
そんなワケで先ほどいつもは1口しか買わないtotoBIGを13口購入しました。状況によっては明日も10口くらい買い足そうかとも思っております。
僕のお小遣いではこれくらいが限界ですが、お金持ちの皆さん。。。明日の昼まで購入可能なtotoBIGに大口で行ってみてはどうでしょう?
もし、当ブログを見て購入を決意し大金を手に入れられた方がいましたら・・・少し分けてください(バイク1台分くらい)
↑こういうセコい事を書いている人間には当たらんわな。。。
でも、頑張ります!!目指せtoto長者!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月28日 (木)

101028ローレル愛馬情報

ローレルクラシックの出走が決まりました。良かった良かった。。。勝ってくれるといいのにな。。。

ということで、今日はローレル愛馬情報。2週分貯まっちゃった。。。

ローレルベルロード(5歳・牡)
(ナリタトップロード×ベルガール)
10/20 23日(土)京都10R・古都ステークス・3歳以上1600万下(混・H)芝2400mに川田将雅53.0kgで出走を予定しています。
この中間も変わりなく調整されており、本日追い切られました。
10/21 16日・栗坂良1本・単走・助手・4F56.7-40.8-26.4-13.3(稍一杯追)
20日・栗坂良1本・単走・助手・4F53.9-38.9-24.9-12.5(一杯追)
水岡助手のコメント『今週は変則日程ですが、土曜のレースなので全休明けの昨日追い切りました。前走は夏競馬の長距離輸送ということもあって470kg台での競馬でしたけど、今回は馬体の成長分や輸送の短い京都なので490kg台での競馬になりそうです。最後までしっかりとした脚どりで動きは良かったと思いますし、494kgで勝ったこともありますから体重増は気にしなくてもいいと思います』
10/27 11月7日(日)東京11R・アルゼンチン共和国杯(G2)芝2500mまたは13日(土)京都10R・比叡ステークス・3歳以上1600万下(混)芝2200mに出走を予定しています。
レース後の上がりの状態に特に変わりないようです。
鮫島調教師のコメント『今週一杯様子を見て、ダメージがないようなら、使えるかどうかは分からないけど、G2に登録してみようと思います。まだ未完成の部分はありますけど、体力はだいぶ付いてきていますので』
★★★10/20と10/21の動きはレース前評判とレース回顧で書きましたんで、10/27のコメント以降の話を。現状ではアルゼンチン共和国杯(GⅡ)に登録する予定のようです。格上挑戦ですので、フルゲートを超える登録馬が出た時は除外しかないので、騎手も余っている人からの選択になるようですけど、、、後藤騎手にお願いしてもらいたいですね。A共和国杯も東京ということで直線が長いのでペースが速くなるとは考えにくいですが、思い切って自分から仕掛けていく競馬をすると思われます。出走が決まれば楽しみです。そして、除外になった場合は比叡S。こちらは内回りかと思っていたら外回りですね。。。これでは、ベルロードにとって有利に働く要素が少なそうですからね。。。東京で走らせてもらいましょう!!因みにA共和国杯はハンデ戦。比叡Sは定量戦。

ローレルクラシック(3歳・牡)
10/20 23日(土)福島4R・3歳500万下・芝2000mまたは12R・蔵王特別・3歳以上500万下(混)芝2600mに出走を予定しています。
この中間も変わりなく調整されており、明日の追い切りを予定しています。
10/21 21日・栗坂良1本・単走・助手・4F56.1-40.5-26.0-12.8(一杯追)
飯田(雄)調教師のコメント『最終的に蔵王特別に投票しましたが、除外されました。直前まで出られるかどうか分からないので、調整しながら追い切りを行っている状況ですが、馬は順調です』
10/27 31日(日)福島5R・3歳以上500万下・芝2600mに出走を予定しています。
この中間も変わりなく調整されており、本日追い切られました。
10/28 31日(日)福島5R(発走11:40)3歳以上500万下・芝2600m・14頭立に▲平野優51.0㎏で出走します。
24日・栗坂良1本・単走・助手・4F57.3-41.0-26.4-13.0(強目追)
27日・栗坂良1本・単走・助手・4F55.2-40.0-26.2-13.0(一杯追)
飯田(雄)調教師のコメント『しばらくレースは使えなかったけど、ずっと乗ってきているので、状態は良いと思います』
★★★先週は本命が蔵王特別で次点が芝2000㍍戦でしたが全く入る隙が無く除外。追い切りも除外を考えてのプランだったそうです。今週は水曜朝の時点で“出られる”と、考えての追い切りということで、除外恐れながらの調整ではありません!とりあえずは万全の状態です。坂路ではなかなか40秒を切れない地味な時計ですが長距離馬だし、それほど問題ないでしょう。一応先週よりも時計は詰まっていますからね。『鞍上は関東の黒三角(▲)を予定。。。』と聞いておりましたので、誰になるかドキドキしておりましたが平野優騎手。。。まぁ、OKかな。51㌔はありがたいです。詳しくは前日に書きたいと思います。。。台風大丈夫かな?

アルボランシー(2歳・牝)
(ロックオブジブラルタル×フィーユドゥレーヴ)
10/20 この中間も変わりなく調整されており、22日(金)のゲート試験を予定しています。
河内調教師のコメント『ゲートは入るのも中も大人しいから問題なさそうだけど、まだ発馬の練習が足りていないから、明日スタート練習を重点的にやって、試験を予定したい』
10/27 11月6日(土)京都5R・2歳新馬(牝)D1400mに出走を予定しています。
本日27日(水)ゲート試験に合格しました。
27日・栗E良・助手・ゲート13.5-12.7-14.3(強目)
10/28 27日・栗E良・助手・ゲート13.5-12.7-14.3(強目)
河内調教師のコメント『ゲートからだが、しっかりやった。試験前も長めを乗っているし、息は大体できてきたから、来週使ってみようと思う。(藤田)伸二に騎乗オファーを出して、まだ返事はもらってないけど、ダートの方が合いそうだから、牝馬限定戦を考えている』
★★★先週末はゲート試験を受け損ねた(?)みたいですが、今週はきっちりと一発合格。合格が出た直後に翌週の出走が発表されました。河内調教師のこの決断・・・以外ですね。まずは来週のレースという“期間”についての意外性。河内先生は基本的にはレースを逆算して馬を仕上げるのではなく馬本位で仕上がったら出走させようというタイプ。まだ、速い時計を一度も出していない状態で出走を宣言。今までには無いよなぁ~。今までの様子を見て気に入ってくれているのかかなりの自信があるのかどちらかですね。(因みに週末と来週の追い切りで思った時計が出なかったら回避するらしいッス)
そして、“ダート戦デビュー”という意外性。河内先生は芝のレースが好きですし、この血統であれば少し無理してでも芝で下ろすところ。。。それを(牝)D1400mで使ってきます。同日に芝1600㍍があるにもかかわらず。。。これはどうでしょう?この時期の芝1600というと、かなりの評判馬が顔を揃えるところ。ダート1400㍍それも牝馬限定戦と来ればかなり層が薄い。。。つまり、デビュー戦をどうしても勝たせたい。。。そういう考えでの出走だと思っております。仮にここで勝ってもダート路線に行くことは考え難いんでね。きっちり勝って、あわよくばその先のGⅠレースも視野に入れているんじゃないかと思っております(←妄想が過ぎました)
藤田騎手へ依頼しているところも期待の表れだと思いますし。。。
とにかく、河内厩舎では今までにない異例のケースであることは間違いありません。とりあえず、夢が見られる時点では妄想を膨らめておきましょう。

ローレルジャブラニ(2歳・牡)
(シンボリクリスエス×パフェ)
10/15 近日中の入厩予定となりましたので、10月20日(水)の予約受付をもちまして募集締切といたします。
松永(昌)調教師のコメント『まだ腹回りに余裕のある身体つきをしていますが、素軽い動きをしますし、脚元にも不安はありません。宇治田原に一旦移動させて様子を見てから、トレセンに入れたいと思います』
10/19 近日中の入厩予定となりましたので、10月20日(水)の予約受付をもちまして募集締切といたします。尚、本馬はこの中間に滋賀県の宇治田原優駿ステーブルへ移動しています。
ホースプレイス場長のコメント『547kgでこちらを出発しました。大きい馬体にも関わらず脚元に全然不安のない馬でしたので、順調に調教を進められましたね。これから更に馬が変わってくるタイプだと思いますので、とても楽しみです』
10/26 宇治田原優駿ステーブルへ到着後はWM・ダク~キャンター2400mの調教を行っています。
松永(昌)調教師のコメント『輸送で微熱を出した事もありますが、まだ身体付きが立派なので少し絞ってからトレセンに入れた方が良いですね。牧場で調教を進めてもらいながら、状態を見て入れたいと思っています』
★★★この馬。。。現在現役では唯一の名付け馬でもありますし、かなり入れ込まなければいけないはずなんですけど、まだ一度も対面していないということもあって、イマイチ、ピンと来ない。。。物凄くいいコメントも飛んでこないんで“そこそこ”の期待くらいしかしておりませんでしたが、相当評判がいいみたいです。脚が外向きだ・・・という心配をよそに丈夫であり動きも軽い。ダートで動きそうな感じだということで、かなり稼いでくれそうだとの評判です。ジャブラニを軽く見ておりました。。。スイマセン。
540㌔を超えるワケですが、太く見せない。背が大きく雰囲気のある馬だそうです。。。早く見たいですね。ここ2~3週は非常に忙しく日程調整が難しいですが、無理して日帰り京都旅行でも行ってきますかね。。。高評価のジャブラニを見てきます!!

さて、今週はローレルクラシック。。。メンバーは先週の蔵王特別と比較するとかなり弱くなっております。チャンス・・・無いことは無いでしょう。天気はどうなんだろう?そして、馬場は良の方がいいのか?荒れた方がいいのか?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年10月27日 (水)

来たぜ!出走ラッシュ!!

なんか慌ただしくなってきました。
先週はローレルベルロードが古都ステークスに出走(16着)。
そして、今週はローレルクラシックが1週除外を食らってのスタンバイ。日曜日の福島芝2600㍍戦は想定の段階では9頭。。。大丈夫っぽいですね。(先週無理して、ダート戦とかにブッ込まなくて正解でした)
そして、今日のメルサでアルボランシーが本日27日(水)にゲート試験合格。いきなり11月6日(土)京都5R・2歳新馬(牝)D1400mに出走予定が発表されました。クラブからの情報ではないですけど、フジタ騎手をおさえているらしいッスよ。(←訂正。おさえている⇒予定している
それから、ローレルベルロードが11月7日(日)東京11R・アルゼンチン共和国杯(G2)芝2500mまたは13日(土)京都10R・比叡ステークス・3歳以上1600万下(混)芝2200mを予定。。。一口馬主人生初の重賞レース登録。。。この距離の重賞ですので、登録頭数によっては初の重賞挑戦になるかもしれません。東京競馬場はベルロードにとってプラスになると思われるし、距離延長も魅力ですので楽しみです。翌週の比叡Sは自己条件になりますが、距離短縮ですからね。。。まぁ、京都内回りはプラスですけど。。。
その後も・・・ここからは予想ですけど、ローレルクラシックも福島でもう一発走るでしょうし、アルボランシーも勝てば11/20(土)京都7R500万下芝1400㍍か11/28(日)京都9R白菊賞芝1600㍍を使ってくると思われます。負けても中1週くらいで使ってくるでしょう。。。
ここから年末にかけてかなりの出走ラッシュになるかも。。。出走回数が増えるのは嬉しいことですけど、何勝できるか。。。3勝できたら・・・夢のようですわ。でも、1勝くらいはしたいッスね。

明日は、ローレル愛馬情報を書かせていただきます。結構レアな情報仕入れてますので楽しみにしていてください!

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2010年10月26日 (火)

101026ユニオン愛馬情報

最近ちょっと忙しい。。。そして、気候の変化が激しくて体調低下。。。頭痛がちょいと。。。何とかしたいッス。

今日はユニオン愛馬情報です。

ハナカゲ(2歳・牝)
(サクラプレジデント×シャドウスプリング)
10/26 引き続き、BTCの直線ウッドチップコースでハロン18~20秒のキャンターを2本乗っている。特に馬体が細く映るわけではないが、今後は入厩を意識して馬体を更にふっくらとさせるようにも注意を払いながら乗り込んでいく。「特に時計は出していませんが、良いペース配分で乗り込めていると思います。入厩できる態勢をつくるという点を意識しながらしっかりと乗り込んでいきます」(担当者)
★★★最近は“入厩”という言葉が結構出ているんですけど、その話はあまり進んでいない感じですね。。。牧場の手応えはあるんですけど、厩舎側はそんなに意識していないんでしょうね。。。もう少し時間がかかるかも。。。動きは良いようですので何よりです。

ライトアップゲラン(2歳・牝)
(ファンタスティックライト×ヒダカゲラン)
10/26 ダートコースでハロン20秒くらいのキャンターを2500m、週1回は終いをハロン17~18秒のペースで乗っている。先週の中間には谷潔調教師が視察に来場され、「一生懸命走るタイプで、走ることにとても前向きなところが良いですね。殆んど歩様は気にならなくなってきましたから、今後もしっかり乗り込んでいって下さい」と、話されていた。
★★★谷先生が見てくれたみたいです。良かったです・・・、が・・・“今後もしっかりと乗り込んでいってください”ということで、まだまだお声は掛からないみたいですね。。。まぁ、じっくり育成タイプですんで、いいんですけど。

ということで、まだまだ入厩は先かな?もう少しの辛抱ですね。。。それとは別でユニオン1歳馬・・・出資しようかどうしようか。。。とりあえず、久々にパンフレットを見て検討してみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月25日 (月)

見通し明るい16着?(177戦目)

競馬&toto・・・ギャンブルは全然ダメだけど、それ以外でのお金回りは結構いい。。。ということは、ギャンブル辞めたらお金貯まるのになぁ~。。。貯まったお金を全部吐き出してる。。。そして、誰かのお財布へ~~。。。
今日はローレルベルロードのレースを振り返ります。

ローレルベルロード
23日(土)京都10R古都ステークス・3歳以上1600万下(混・H)芝2400㍍
川田将雅53.0㌔

鞍上は・・・この日のメインレースを勝ち、翌日に人気薄のビッグウィークを菊花賞馬に持っていく乗れている川田将雅。。。前日にも“まずはしっかり乗ってくれると思います”、“ここも楽しみです”と、書いておりました。。。期待してたんですがね。。。

さて、珍しくじっくり調教を積んで狙いを定めて出走した古都S。この後、長距離重賞戦線に進むためには勝ちたいところですが、それは他の17頭も同じこと。まずはこのクラスでしっかり走れるところを見せていただきたい。馬体重は事前の情報の通りプラス18キロの492㌔での出走となりました。前走が大幅減ですので、太いというよりも戻した感じになっていると思われます。パドック映像でのローレルベルロードは・・・とりあえず太目感は無く、どちらかというとまだ細いのか?と思わせるようなスッキリした感じ。まぁ、胴長ですので細く見えたのかもしれませんけど、とりあえずはいい感じですが、ちょっと気合乗りが悪く、元気が無い様に映りましたね。本日のパドック解説は競馬ブックの米満浩生さん。米満さんのローレルベルロード評は『太いところはないですね。これも力を出せる態勢です』ということで、どの馬に対しても非常に短いコメントであまり引き付けられるコメントではありませんでしたが、その通りのコメントですね。まぁ、悪くはないってことでしょう。米満さんのパドック推奨馬は⑪ブルーミングアレー①ロイヤルネックレス⑮カワキタフウジン⑤レッドスパークル⑯フィニステールということで・・・結局1番人気から5番人気までの馬かい!!って感じでした。
本馬場入場時のローレルベルロードもイマイチ気合が感じられない返し馬。ちょっと不安になり、馬券を買い控えることにしました。
さて、レースです。スタートは無難に決めて、予定通りスーッと外側を上がっていき外の3番手~4番手に付け、僕が思った通りのポジションに付けてくれました。先頭は予定通り⑧ワンダームシャ。そして2番手は⑨トモロポケット。内に④エーシンジーラインを置いていい感じ。そのままのポジションでレースは流れていき体列は変わらず。。。前半1000㍍を61.6秒で通過。ローレルベルロードには辛いスローペースの先団が団子のレース。そのあともペースは上がらずモタモタとレースが進んでいきます。取っているポジションはいいんだけど、ペースがなぁ~。。。この時点で、そこそこの結果は出そうだけど、上位進出はちょっと疑問となりました。
そして、3コーナーの下り坂で全体のペースが上がり、ローレルベルロードもこの流れに乗って前に出たいのですが、ここでモタついちゃったんですよね~~。ここで抜け出せればチャンスもあったんですが、後ろに一度飲み込まれてしまい、苦しい状態に。。。直線入り口では一瞬3番手に上がるも本当に一瞬。。。ここからは瞬発力勝負。そのあとはアッという間に馬群に飲み込まれ“The End”。。。
勝ったのは16番人気ロードHCの③ロードキャニオン。勝ち時計は1分26秒3。ローレルベルロードは1秒差1分27秒3の16着。。。着差は小さいですけど思ったよりも大きく負けました。

このレースのハロンタイム
12.8-10.9-12.2-12.8-12.9-12.6-12.7-12.8-12.2-11.5-11.3-11.6

スタートして2F目で10.9秒に上がるも、終始12秒後半のハロンタイムでスローペース。レースの上がり4F46.6秒、上がり3Fが34.4秒。。。この上がりでは走ったことが無いですので厳しいですよね。ベルロード自身は上がり3Fを35.3秒で走っているので、力は出し切っているかと。。。やっぱりもう少し消耗戦にならないと苦しいですよね。。。
16着ですが、残念な16着ではないですね。以前はトレセンに入るとすぐにテンションが上がってしまい、長居出来ないタイプだったんですが、今回はしっかりと調教できましたし、その間馬体も減らなかったですしね。。。今回は悲観する結果ではないと思いますし、これから徐々に良くなっていくことを加味すればむしろ楽しみな結果だったと“前向き”に捉えております。次走は11/13京都比叡S(芝2200)か、11/7東京アルゼンチン共和国杯(芝2500)に登録するか・・・ステイヤーズステークスもありますけど。。。そこまではかなり時間がありますからね。もう少しペースの上がる長距離戦で戦わせたいですよね。

水岡助手のコメント『瞬発力勝負では部が悪いので、フルゲートの2400mでスタミナ比べになれば面白いと思っていたのですが、ペースが落ち着いて上がりの競馬になってしまいましたね。馬体が増えていましたが、中間に楽をさせた訳ではなく、しっかりと調教を積む度に増えていったものなので、今日の結果に影響はなかったと思います。休み明けの今回も具合はとても良かったのですが、一叩きした事で更に状態が上向いてくれたら良いですね』

在厩のままで調整して、上記のどちらかに出走して欲しいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月24日 (日)

ジーワンコンテスト楽しみ

勝負弱い。。。
今週は競馬で勝つもtotoで惜敗。。。toto・・・あと一つで当せん(と、いうことは1等まで3つアウトだったワケですけど)でした。まずまずついただけに残念です。
さて、菊花賞当日の新馬1800㍍は強豪が揃うどころではなく、ヴィクトワールピサやローズキングダム、アンライバルドにブエナビスタ、スリーロールスなども出走した“伝説”の新馬戦だったんですね。。。失礼しました。そんな中、アルボランシーの同僚イデアは6番人気の6着。まずまずだったのではないでしょうか。。。アルボランシーにも期待がかかります。
そして、菊花賞は伏兵⑥ビッグウィークが制覇。鞍上は川田騎手。。。昨日もメインの室町Sを3番人気のマハーバリプラムで勝ち、絶好調でした。。。⑩ローレルベルロードにも乗ってくれていたんですけどね。。。
さて、このビッグウィークの勝利・・・僕は3週間前から予言しておりました。証拠は→こちら
サラブレ“ジーワン18連発予想コンテスト”も5戦が消化されました。10/3スプリンターズSと10/3凱旋門賞はポイント0ですが、10/11南部杯はエスポワールシチーが2着に入り30P。先週10/17秋華賞はアパパネ勝利で50P。そして、10/24菊花賞はビッグウィークで50P+ボーナス20Pを獲得。5戦を終えて150Pを獲得しております。これはなかなかいいところに付けているのではないでしょうか?今週の天皇賞・秋はアーネストリーを指名。そして迎える11/3JBCスプリントでローレルウェルシュが勝ったりでもすると・・・上位も夢じゃないかも。。。因みにビッグウィークでレア指名賞獲得できますかね・・・締め切り時点で出走が確実視され7番人気では“レア”までは行かないですよね。。。
僕の予想を辿っていくと、12/12阪神ジュベナイルFはアルボランシーが勝つ予定になっておりますので、そこは的中すると嬉しいです。そして、12/26有馬記念はビッグウィークを指名しております。。。こちらはレア指名確実でしょう。。。
ということで、昨日の予想ははずれましたが、ちょっと嬉しいこともついてきましたし、また競馬を楽しめそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月23日 (土)

菊花賞と新馬戦

ローレルベルロードは残念な結果に終わりました。。。なかなかうまくいきませんね。
レース回顧はまた後日。。。

今日は明日のGⅠレース【菊花賞】予想とアルボランシーのことを。。。

まずは、アルボランシー関係。
明日の京都5R(芝1800㍍)に④イデアが出走します。イデア(父ジャングルポケット母メイクマイバンドル)は河内厩舎の2歳牡馬。アルボランシーとも仲良く一緒に調教をしているようです。この京都芝1800㍍といえば良血馬がクラシックを意識してデビューしてくるハイレベルレース。今回も噂の⑤ダノンバラード(父ディープインパクト×母レディバラード)が登場。その他にも②タイセイジーニアス(兄ビッグウィーク)や③ブルースビスティー(姉ブロードストリート)⑫ハンドインハンド(母シェイクハンド)などが登場。そんな中でも④イデアはそこそこ印がついており、穴人気になりそうな感じ。イデアがここで好走する様ですと・・・イデアと併せても先着や並入するアルボランシーも楽しみになりますね。イデア・・・応援します。

さて、当たらない“菊花賞”予想いきます。

2010年 10月24日(日) 5回京都6日 
11R 第71回 菊花賞(GI)
◎⑨シルクオールディー
○⑬ゲシュタルト
▲①ヒルノダムール
△⑥ビッグウィーク
△⑮トウカイメロディ
△⑩ローズキングダム
×②レーヴドリアン
×③クォークスター
×⑰アロマカフェ
★★★皐月賞馬もいないダービー馬もいない・・・ステイヤーもいないレースなんで、マンハッタンカフェ産駒が活躍すると読んで並べてみました。ここからもう少し相手を絞って勝負します。また、馬券決定したら(書き込めたら)書き込みます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月22日 (金)

逃げるのか?番手か?

今日は・・・誕生日でした。誕生日ということも忘れておりまして・・・昼頃に届いた広告メールに『誕生日おめでとう』と書かれておりまして、初めて気付きました。
家に帰ってから、カミサンとムスコから『誕生日おめでとう』と言われまして・・・まぁ良かったです。。。忘れられていなくて。ということで、ローレルベルロードが誕生日を祝ってくれないものか。。。

ローレルベルロード
23日(土)京都10R古都ステークス・3歳以上1600万下(混・H)芝2400㍍
【発走15:00】
川田将雅53.0㌔

競馬ブック
短評⇒今回同型強力
印…〔…………………〕
TM〔………………………〕

△ローレルベルロード(鮫島調教師)【久々の方が】
数字は増えているがふっくらしていて仕上がりはいい。それに、好調時のピークが短く、休み明けの方が走るタイプ。

調教(息遣い荒い)
16日・栗坂良1本・単走・助手・4F56.7-40.8-26.4-13.3(稍一杯追)
20日・栗坂良1本・単走・助手・4F53.9-38.9-24.9-12.5(一杯追)

中京スポーツ
印…〔……………………〕
TM〔……………………〕

データBOX
上位人気
⑪ブルーミングアレー
⑮カワキタフウジン
①ロイヤルネックレス
◎連対確立32%
好調教馬
⑮カワキタフウジン
⑪ブルーミングアレー
①ロイヤルネックレス
距離適性
⑫エーシンダードマン
⑧ワンダームシャ
②ミヤビベガ
前走内容
⑮カワキタフウジン
①ロイヤルネックレス
⑪ブルーミングアレー
コース
⑯フィニステール
①ロイヤルネックレス
⑱シゲルタック

気になるコメント
→ローレルベルロード(鮫島調教師)
攻め馬の気配は引き続きいい。ただ、クラスにメドが立っていない状況なので・・・。

調教より
16日・栗坂良1本・単走・助手・4F56.7-40.8-26.4-13.3(稍一杯追)
20日・栗坂良1本・単走・助手・4F53.9-38.9-24.9-12.5(一杯追)
状態採点 7点 活気ある動き目立
(8点3頭 7点5頭 6点8頭 5点2頭)

予想オッズ 46.9倍(13番人気)

クラブからのコメント
水岡助手のコメント『今週は変則日程ですが、土曜のレースなので全休明けの昨日追い切りました。前走は夏競馬の長距離輸送ということもあって470kg台での競馬でしたけど、今回は馬体の成長分や輸送の短い京都なので490kg台での競馬になりそうです。最後までしっかりとした脚どりで動きは良かったと思いますし、494kgで勝ったこともありますから体重増は気にしなくてもいいと思います』

★★★テキのコメントの通り、このクラスでやれるメドが立っておらず楽観できない状態。ここは僕の誕生日パワーで波乱を巻き起こしてもらうしかないですね。
僕が仕入れた情報だと・・・ローレルベルロードは帰厩して貫録がついたとのこと。今まではまだ馬がしっかりしていない印象があったのですが、だいぶしっかりしてきたとのこと。まだまだ成長途上ですので、1戦ごとに強くなっていくことでしょう。馬体重についてもグッと増えて出走になりそう。水岡さんのコメントの通り494㌔で勝ったこともあるし、体重の増減によって走る・走らないのタイプではないので、身が入ったこの体重増はまずは歓迎じゃないでしょうか?また、鮫島先生の話によると・・・出来は相当良く、生涯最高の出来でレースに臨めるようです。。。いままで、帰厩10日で出走⇒放牧を繰り返していますので、2~3週間厩舎において調整した初めてのことですので、それは生涯最高の出来となることでしょうよ。でも、自信が滲み出るコメントはいいことではないでしょうか?枠も10番枠。逃げると思われる⑧ワンダームシャを内に見て2番手を取れそうな感じ。。。いいと思います。⑰アグネススターチの動向こそ気になりますが、外から被されると脆い印象のローレルベルロードからすると、やや外目のこの枠は絶好ではないでしょうか?前走は8着に敗れはしたものの初めて被されてもレースを止めなかった“成長”の跡が見られたので、良かったと思いますし、今回も2番手でレースを進めて4コーナーでは外から先頭に並び押し切る…といったレースを描きたいですね。
鞍上は川田騎手。まずはしっかり乗ってくれると思います。そして、ベルロードはテン乗り成績が異常なくらいいいですからね。。。癖が無く乗り易いんでしょう。ここも楽しみです。
逃げた実績のある馬が何頭か居ますが、それほどハイペースにはならなさそうですし、ローレルベルロードにとっては走り易そうな展開になる予感。3コーナーからの下り坂でペースが速くなったときにもたつかないようにしたいですね。単勝オッズも50倍くらいになるかな。。。さて、馬券でも誕生祝いをいただこうと思っているんですが、どれくらい賭けますかねぇ~~結果を楽しみにしたいです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年10月20日 (水)

toto勝負のとき

バイク欲しいです。
僕はバイクを2台所有しているんですが、ここ2年乗ってません。でも、最近『乗りたい』という気持ちが強くなっています。出来れば、2台を下取りに出して、1台新しいやつを。。。
そのためにはお金が欲しい。

ということで、今週はtotoで大勝負!
totoで7745万円のキャリーオーバーが出ています。今週もかなり売れると思いますので、1等賞金は2億円くらいかな?当選者が100人でも1人200万円・・・これは勝負でしょう!と、いうことで1万円~2万円くらい使って大勝負に出ようと思います。
全通り買うワケにもいきませんからね。。。鉄板の1点買いをなるべく多く見つけなければなりません。出来れば1/3くらいの4試合くらいは。。。
ちょっと真面目に勝負してみます!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月19日 (火)

101019ユニオン愛馬情報

髪の毛切った。。。ちょっと不評である。僕は結構気に入ってるんですけどね。。。

今日はユニオン愛馬情報

ハナカゲ(2歳・牝)
(サクラプレジデント×シャドウスプリング)
10/19  引き続き、BTCの直線ウッドチップコースでハロン18~20秒のキャンターを2本乗っている。前進姿勢は変らず旺盛で、いつも手応え良く走っている。このまま、入厩に向けて良い調教を行っていきたい。「調教を休んだ間に程よいくらいに馬体に伸びがでた印象を受けます。しっかりと乗り込みながら、更に馬体を成長させて良い状態で入厩できるように努めていきます」(担当者)
★★★特に先週と変わったところはありません。・・・が、雰囲気は相変わらずいいようで走りそうなコメントが載っております。『これがこの夏のコメントであれば・・・』と、悔やまずにはいられませんが、いつデビューでも走ってくれれば全然文句はありません。まだまだ桜花賞には十分間に合う時期ですので決して今が遅いワケではございません。むしろ“王道”のデビュー時期なのかもしれません。11月中旬頃の入厩を果たせば年内デビューもありますかね。。。楽しみです。そうそう、HPの写真を見ましたが非常にいい馬に育ってきております。

ライトアップゲラン(2歳・牝)
(ファンタスティックライト×ヒダカゲラン)
10/19 先週末もダートコースで終いをハロン17~18秒のペースで乗っているが、トモの歩様が気になることはなかった。本日は普段通りハロン20秒くらいのキャンターを2500mの調教メニューを行っており、何もないようなら今週末も終いのペースを上げて乗る予定。
★★★こちらは追っている時計はハナカゲよりも速いのですが、慎重なようでまだまだじっくり感が出ております。年明けでビューは覚悟の上でしたが、今のところさっぱりその先が見えてきませんね。谷先生のコメントも全く見えてこないし。。。この仔は本当に入厩予定先があるんだろうか・・・たまにそう思ってしまいます。。。

ユニオン2歳馬頑張れ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月18日 (月)

特別登録クラシック

2010年10月23日(土) 3回福島1日
小名浜特別  第1回特別登録 53頭 
サラ系3歳以上 (混合)[指定]3歳以上500万円以下 定量 1700m ダート・右
アキノグローブ 55.0
アグネスアンカー 57.0
イマカツタイガー 57.0
インディアナポリス 55.0
ヴァルドルフ 57.0
ウィアーザスター 57.0
エターナルロブロイ 55.0
エンパイアシチー 55.0
カノンコード 57.0
カフェラビリンス 55.0
クリスマスキング 57.0
クリノテンペスタ 55.0
サクセスヒューゴー 57.0
サダムセシボン 53.0
サンレイハスラー 57.0
ジャイアンツエール 57.0
シャイニーデザート 57.0
ショウナンタイシ 55.0
スイングエンジン 57.0
スターサイクル 57.0
スターノーブルマン 57.0
スナークツバサ 57.0
スプリングナイル 57.0
セレスブレイク 57.0
タイセイワイルド 55.0
ディアトウシロウ 57.0
トウカイキアーロ 55.0
トウカイライフ 53.0
トウショウレリーフ 57.0
ドリームハッチ 57.0
ドリームヘリテージ 57.0
ナンヨースラッガー 55.0
ニュージェットラン 57.0
ハナノシンノスケ 55.0
パルクエスト 55.0
マイネルサラン 57.0
マーブルアロー 57.0
ミゲール 55.0
ミリオンデンジャー 55.0
ミルフィアタッチ 55.0
メイショウダグザ 57.0
メイショウフェーヴ 55.0
モエレジンダイコ 57.0
ヤマニンワーシップ 57.0
ヤマノベガ 57.0
ユウキハングリー 57.0
ユキノクイーン 55.0
ユキノセントウ 57.0
ユニヴァースガイ 57.0
リエートフィーネ 53.0
ローレルクラシック 55.0
ローレルレガリス 57.0
ワキノキルシェ 55.0
以上53頭

2010年10月23日(土) 3回福島1日
蔵王特別  第1回特別登録 28頭 
サラ系3歳以上 (混合)[指定]3歳以上500万円以下 定量 2600m 芝・右
アイウォントユー 54.0
アクアブルーフライ 54.0
インディアナポリス 54.0
エルブールズ 54.0
オヤマノタイショウ 57.0
カノンコード 57.0
キャプテンキッド 57.0
クリーバレン 57.0
コングラチュレート 54.0
ザバトルクラシック 57.0
サントゥール 55.0
スプリングバレル 57.0
スペースシャトル 57.0
スマートパルス 55.0
ディビデンド 57.0
テラノパンサー 54.0
トレジャーゴッド 54.0
トーアヘンリー 57.0
ハギノウタヒメ 55.0
ヒビケジンダイコ 57.0
ビルトミーアップ 55.0
マイネルウーノ 54.0
マキハタセンシブル 55.0
メイショウギリシャ 54.0
リエートフィーネ 52.0
ロイヤルダリア 57.0
ローレルクラシック 54.0
ワシャモノタリン 57.0
以上28頭

2010年10月24日(日) 3回福島2日   
奥只見特別  第1回特別登録 48頭 
サラ系3歳以上 [指定]3歳以上500万円以下 定量 1700m 芝・右
アイファーハイカラ 55.0
アドマイヤタイシ 55.0
アポロストーム 57.0
カノンコード 57.0
カワキタライジン 57.0
キンセイポラリス 57.0
クロワラモー 53.0
ケージーカチボシ 57.0
ゴーゲッター 55.0
サウスエンピリカル 55.0
シゲルキリガミネ 55.0
シシャモフレンド 55.0
シャイニーデザート 57.0
シルクウェッジ 55.0
スズカケ 57.0
セトノジャーニー 55.0
タガノバッチグー 57.0
タニノネグローニ 57.0
ダーインスレイヴ 55.0
ディアキングサン 55.0   
ドリームヘリテージ 57.0
ドンビザッツウェイ 55.0
トーセンガラシャ 53.0
トーセンバタール 55.0
トーセンペトリュス 57.0
ニュージェットラン 57.0
ハギノアスラン 57.0
ハギノウタヒメ 55.0
ビップレジェンド 55.0
ビルトミーアップ 55.0   
フェリキタース 55.0
フラッパーウィング 53.0
ホークウィンザー 57.0
マイネルインゼル 57.0
マイネルビジュー 57.0
マヤノテムジン 57.0
ミスベルツリー 55.0
ミヤジシェンロン 55.0
メイショウサミット 57.0
ユウキサンオーラ 53.0 
ラガーゴールデン 57.0
ランウェイスナップ 55.0
リエートフィーネ 53.0
リバーインバウンド 55.0
ロックフルマーク 55.0
ローレルクラシック 55.0
ワクワク 55.0
ワールドロレックス 57.0
以上48頭

★★★なんだこの500万下クラスの登録頭数は・・・出走したいレース蔵王特別も28頭の登録。今週は京都や東京も含め平場も多いですので、分散すると思いますがこのレースに28頭とはね。。。ちょっと出走するのは厳しいかも。芝2000㍍か芝1700㍍くらいまでならギリギリ我慢できますが、あまり先を見据えない条件で走らせて欲しくないと、個人的には思います。まぁ、未勝利の身なので選んでいる場合でもないんですけど。。。平場レースで条件的にOKなものを挙げてみますと・・・土曜日東京7R芝2000㍍、8RD2100㍍(?)、土曜日福島4R芝2000㍍、日曜日福島3R芝1800㍍くらいでしょうか?来週の方が芝2600㍍平場を含め、多少選択できるレースが増えるかな?
ということで、今週出走させるのか?それとも1週待ってみるのか。。。その判断に注目したいと思います。個人的には来週でいいんじゃないか?(多分ですけど今週の蔵王特別に回避馬がいっぱい出なければ、来週の平場2600㍍はフルゲート割れるると睨んでいるのですがどうでしょう?)
限られたチャンスをしっかりモノにしてくれ~頑張れローレルクラシック。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月17日 (日)

特別登録ベルロード

2010年10月23日(土) 5回京都5日 
古都ステークス  第1回特別登録 26頭 
サラ系3歳以上 (混合)[指定]3歳以上1600万円以下 ハンデ

アイティトップ 54.0
アグネススターチ 54.0
エーシンジーライン 55.0
エーシンダードマン 56.0
カワキタフウジン 57.0
コスモラピュタ 54.0
ゴールデンハインド 56.0
シゲルタック 56.0
シルクアーネスト 54.0
シルクオールディー 54.0
デンコウミサイル 52.0
トモロポケット 55.0
ピエナグッドラック 53.0
フィニステール 56.0
ブルーミングアレー 52.0
マイネトゥインクル 52.0
ミキノバンジョー 54.0
ミヤビベガ 55.0
メジロラフィキ 55.0
モーニングフェイス 52.0
リリエンタール 54.0
レッドスパークル 53.0
ロイヤルネックレス 53.0
ロードキャニオン 53.0
ローレルベルロード 53.0
ワンダームシャ 56.0
以上26頭

2010年10月24日(日) 4回東京6日   
甲斐路ステークス  第1回特別登録 20頭 
サラ系3歳以上 (混合)[指定]3歳以上1600万円以下 ハンデ 1800m 芝・左

アグネススターチ 54.0
アップルサイダー 54.0
エオリアンハープ 55.0
エフティイカロス 55.0
エーシンジーライン 55.0
クリスタルウイング 56.0
ケイアイドウソジン 57.0
ケイアイライジン 58.0
コスモラピュタ 54.0
ゴールディーロック 55.0
シルクアーネスト 54.0
スズジュピター 56.0
トウカイプライム 53.0
ブルーマーテル 55.0
マイネルアトレ 55.0
メジロラフィキ 55.0
ライオングラス 53.0
レインフォーレスト 57.0
ロードアリエス 57.0
ローレルベルロード 53.0
以上20頭

★★★2400㍍の古都ステークスに26頭もの登録があったことにビックリ。。。ですが、3歳馬で菊花賞とダブル登録の馬も数頭居ます。それから甲斐路ステークスとのダブル登録も数頭居ますので、予定通り古都ステークスに出走できそうですかね?抽選になるかどうかギリギリな感じがします。甲斐路ステークスは恐らく抽選なしになるでしょう。。。ということで、今週出走は出来そうです。ローレルのHPを見ても、古都ステークスの予定騎手は川田君になっておりますが、甲斐路ステークスは未定。鮫島先生も古都ステークスを狙っていますね。コース適性はどちらも良いと思うんですが、距離は1800㍍よりも2400㍍の方が良さそうですからね。是非古都ステークスで見たいものです。ハンデも53㌔ということで、結構おいしい感じになりました。今週の追い切りの時計が気になります。是非いいレースをしてもらいたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月16日 (土)

久々の競馬予想

馬券当たらんなぁ~・・・土曜日はいろいろ買うも全然当たらず。。。今年はとにかく不調。馬券で儲けたお金で○○買った!ってならないんですよね。何方か馬券指南お願いします。今まで、本とかを買ったこと無いんですが、買って勉強しようかなぁ~なんて本当に考えております。(←前にも書いたかな?)

ということで、当たらない予想を。

第15回秋華賞(GⅠ)
◎③ショウリュウムーン
○⑮アパパネ
▲⑧オウケンサクラ
△⑰ワイルドラズベリ
△⑪エーシンリターンズ
△⑬ディアアレトゥーサ

◎③ショウリュウムーンは実力がありながら人気薄。内枠有利の京都内回り2000㍍でその実力を発揮しそう。状態も申し分なく、中心視。
○⑮アパパネは外枠でも結果を残しているが、このコースでどうだろう?能力は高く差の無い2番手で。
▲⑧オウケンサクラは絶好枠から持ち前の粘り強さで前残りを狙えそう。
△⑰ワイルドラズベリは力がありながら外枠、そして後方から。。。届くかどうか?
△⑪エーシンリターンズは安定感があり、前走の走りからも大崩れは無さそう。
△⑬ディアアレトゥーサが上がり馬の秘密兵器となるか?この馬も粘れそう?

ということで、こんな感じです。

第58回府中牝馬S(GⅢ)
◎⑥ブラボーデイジー
○④ニシノブルームーン
▲①シンクライクバード
△③ブロードストリート
△⑧ダイワジャンヌ
△⑪コロンバスサークル
これで行きます!!

当たるかなぁ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月15日 (金)

101015ローレル愛馬情報

いつの間にかローレルは入厩馬が増えましたね。未入厩のジャブラニ以外は全て栗東トレセン。喜ばしいはずなのにどうも盛り上がってこない。。。何とか盛り上がれるような走りを期待したい。

ローレル愛馬情報

ローレルベルロード(5歳・牡)
(ナリタトップロード×ベルガール)
10/13 23日(土)京都10R・古都ステークス・3歳以上1600万下(混・H)芝2400mに川田将雅で出走を予定しています。
この中間も変わりなく調整されており、本日追い切られました。
10日・栗坂不1本・単走・助手・4F56.3-41.6-28.0-14.4(馬ナリ余力)
13日・栗坂良1本・単走・助手・4F53.1-38.3-25.4-13.0(一杯追)
水岡助手のコメント『僕が乗って調教しました。昨日体重を計り鞍を着けたままで492kg。まだ少し身体に余裕がある感じの動きでしたけど、来週になればもっとスッキリとしてくれるでしょうから、動ける状態になると思っています』
★★★予定通りの来週出走。京都芝2400㍍戦。ローレルベルロードにはいい条件だと思うんですけど、、、そして、鞍上は川田将雅騎手。岩田JK、安藤勝JKレベルではありませんが、マズマズの騎手ではないでしょうか?馬体重も鞍つきで492㌔ということで、もう5㌔くらい絞りたい感じですが追い切りの動きも良さそうですし、楽しみな1戦になりそうです。多分“逃げ”を打つと思うんですけど、軽ハンデで出られそうですし、いきなりを期待したいですね。

ローレルクラシック(3歳・牡)
(スペシャルウィーク×キョウワホウセキ)
10/13 この中間も変わりなく調整されており、本日追い切られました。
9日・栗坂稍1本・単走・助手・4F58.7-42.5-27.6-13.2(馬ナリ余力)
13日・栗坂良1本・単走・助手・4F56.9-41.2-26.6-13.0(一杯追)
飯田(雄)調教師のコメント『段々としっかりとしてきた感じを受けています』
★★★来週からはじまる福島。。。1週目から積極的に出走して欲しいところ。まずは蔵王特別(芝2600)に登録して欲しいですね。
今週は東京で芝2400㍍の500万下戦、京都で芝2400㍍の500万下戦がそれぞれ1戦ずつ組まれているんですが、もっと出走頭数が少ないだろうと思っていたのですが、それぞれ17頭ずつの出走。。。結構多いですね。来週、再来週は東京や京都でも500万下戦が何レースか組まれており、レース数も多いんですけど、福島3週目からは鞍数が減ります。今週の東京・京都の出走頭数から見ても長距離戦でも簡単に出走できないかもしれません。出られるときに無理してでも出ないとまずいですね。。。
今週の500万下戦にも3歳未勝利馬も登録されていますが、苦しい戦いを強いられそうです。サラブレで読んだんですが、今年の3歳未勝利馬が500万下に出走し、勝利を収めたのは1頭。昨年も1頭のみということで、未勝利戦と500万下戦の間には大きな壁があるんですね。クラシックにはこの大きな壁を越えてもらわなければ・・・
クラシック自体の出来は・・・良くなってる(?)のかな?

アルボランシー(2歳・牝)
(ロックオブジブラルタル×フィーユドゥレーヴ)
10/13 この中間も変わりなく調整されています。
河内調教師のコメント『時折スクミ気味になるけど、調教には影響ない範囲。ゲートは発馬練習の段階まできていて、ポーンと出てくれるので、来週くらいには試験を受けられそうだ』
★★★順調ですね。ゲート試験もクリアしてくれるでしょう。そうなれば・・・太目感が解消されれば出走もあるかも。苦しい我がファミリーのニューエースの予感を感じております。しっかり追われているので少しスクミも出ちゃってるのかな?

ローレルジャブラニ(2歳・牡)
(シンボリクリスエス×パフェ)
10/12 引き続き屋外ダートコースでのダク1400m・キャンター3600mの調教を行っています。
ホースプレイス場長のコメント『普段は気性的にのんびりしている様に見えますが、調教では気持ちがピリッとして頼もしいですね。いつもペースが上がり過ぎない様、抑えるのに大変です』
10/15 近日中の入厩予定となりましたので、10月20日(水)の予約受付をもちまして募集締切といたします。
松永昌調教師のコメント『まだ腹回りに余裕のある身体つきをしていますが、素軽い動きをしますし、脚元にも不安はありません。宇治田原に一旦移動させて様子を見てから、トレセンに入れたいと思います』
★★★また、移動の話ナシか。。。って思っていましたが、とうとう来ましたね。移動の話。距離も結構乗っているので早く栗東近郊へ移動してほしいと思っていましたから。。。嬉しいです。移動先は信楽牧場ではなく宇治田原ですね。見学に行ければ行きたいですけど・・・遠いのと、見学時間がかなり制限されますからね。僕の日程が合うかどうか。でも、名付けとしてやっぱり一度は見ておきたい。。。調整を図ってやってみますかね。
宇治田原であれば馬場も広いし大きいところですので、入厩直前に向けてしっかり体勢を整えてくれることでしょう。もう一口行っとく?・・・今週末のギャンブルの結果でちょっと考えましょうか・・・。

ということで、注目はローレルクラシックの動向ですね。強くなれ!!クラシック!!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月14日 (木)

101014ユニオン愛馬情報

今日は3ヶ月ぶりに美容室に行ってきました。パーマ当てました。出来上がりは・・・賛否両論。まぁ、前回の方が“爽やか系”でしたね。個人的には気に入っておりますけど。。。

今週からユニオンからの2歳未入厩馬情報も毎週になりました。我が愛馬もちょうどいろいろとある時期でしたので、毎週情報になって良かったなぁ~って思います。

と、いうことでユニオン愛馬情報

ハナカゲ(2歳・牝)
(サクラプレジデント×シャドウスプリング)
10/12 引き続き、BTCの直線ウッドチップコースでハロン18~20秒のキャンターを2本乗っている。骨折のため、しばらく乗り運動を休んでいた割りに馬体に太め感はなく、緩さも感じない。引き続き走る気も旺盛で、グングン前へ前へ走ろうとしている。「乗り始めてまだ時間はそれ程経過していませんが、一度体をつくった馬ですから仕上がるのにもそれ程時間は掛からなさそうです。念には念を入れて脚元に注意しながら進めていきますが、来月には入厩させるくらいのつもりでしっかり乗り込んでいきます」(担当者)
★★★“念には念を”ということで、20-20程度を乗り始めて1ヶ月近くが経ちますが、いきなり入厩プランの話が出てきました。元々仕上がりは早そうなタイプですが、こんなに早くそんな話が出てくるとは・・・嬉しい限りです。骨折がありましたが脚元は弱いわけではなく、むしろ丈夫な仔だと思っています。2歳女王戦には間に合いそうにないですけど、桜花賞の舞台は少し夢見たいもの・・・これからの動向に注目です。

ライトアップゲラン(2歳・牝)
(ファンタスティックライト×ヒダカゲラン)
10/12 ダートコースでハロン20秒くらいのキャンターを2500m、先週の中間には終いのペースをハロン17~18秒に上げて乗った。ペースを上げた際、トモの歩様が気になることはなく、上がりの歩様にも問題はなかった。そのため、今週も終いをハロン17~18秒で乗る日を設け、15-15を再開する態勢を整えていく方針。
★★★歩様が気になったということで、こちらも“念には念を入れて”慎重に進めておりましたが、トモのことも気にならなくなったということで、再度ペースアップ。既に17-17を乗り始め、15-15まで持っていけるということで、こちらも心配ないですね。じっくり行って良さが出る血統ですので、このくらいのペースでちょうどいいのでしょうが、このまま順調に行けばこちらもハナカゲと同じくらいの入厩になりそうな気配。。。いいですね(喜)

2頭とも今週に入っていい情報が出てきました。
うっすらですけど、ユニオン退会も視野に入れての1歳馬検討。この2頭が走ってくれないと・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月13日 (水)

101013タッソーニー09情報②

今日は免許更新に行ってきました。基本的には安全運転なんですが、ボーっとしていることもありまして、ついつい一旦停止が甘かったり、信号で止まっていて隣の車線の車が進むと一緒に飛び出しちゃったり・・・たまにあるんで、ゴールドではありません。ということで、今日も1時間講習。。。次回は優良者になります!

今日も昨日の続きでございます。

タッソーニーの09(1歳・牡)
(サムライハート×母父テンビー)
10/4/10 新冠町の川島牧場で放牧中です。放牧の頭数が4頭だと、2頭ずつの仲良しグループに分かれ、3頭だと2対1、ないし三つ巴というパターンが多く見られるのですが、本馬の場合は2対1の場合が多そう。スタッフによると、「このコ以外の2頭はたまにケンカしているけれど、これが誰かとケンカしている姿を見た覚えがないな……」だそうです。取材者が何度か撮影した際も、1頭だけ悠々と青草を食んでいました。1頭だけになっても全然平気というのは、独立心があり、かつ度胸も良いのでは。それに、争いごとにむやみに首を突っ込まず、巻き込まれない賢いタイプのようです。

10/5/10 会報の4月号に掲載した立ち写真では、まだ他の1歳馬に比べるとちょっと尻尾が短かった本馬ですが、最近はだいぶ伸びてきました。3頭のうち、本馬ともう1頭の尻尾が短くなった事件を以前にもお伝えしましたが、川島牧場のスタッフオリジナルの「シッポ齧り防止オイル」で、事件に終止符が打たれたのです。オイルの中身は、唐辛子、豆板醤、ごま油など、全部人間用の調味料なので、犯人ならぬ犯馬の口に入っても安全(笑)。ただ辛いだけです。この辛さでシッポ齧りの防止に成功したというワケです。

10/6/10 新冠町の川島牧場で放牧中です。川島社長が「最近は目付きが鋭くなって、気の強さが表情に出てきたね。放牧地でも、仲間たちが簡単には近付いて来られないようなオーラがでているよ。もともと身体のラインの綺麗な馬だけど、今後は成長に伴なって体型が崩れてくるだろう。『変われる馬こそ走る馬』とも言うし、この夏、青草をガッツリ食べて、どんどん変わって欲しいね」とコメントしているように、猛々しさを漂わせるほどに成長中です。

10/7/10 新冠町の川島牧場で昼夜放牧中です。仲間たちに「近付き難いオーラ」を発している本馬、最近は人間に対しても我の強さを発揮するようになってきたそうです。川島社長によると「引き馬の時とか、少し強い指示を出してバックさせたりすると、立ち上がって人を威嚇するような動きをして、それに対する人の反応を見ているようなところがあるね。そうかと思うと、前に歩かせたら、行き止まりの壁にぶつかるまで突き進んで行く。その厩舎の壁はパネル状になってて、そこにうっすら自分の顔が映るんだけど、映った自分の顔を見て、不思議そうにペロペロと壁を舐めてたよ(笑)。たくさん食べるけど、太らないな。もうひと幅出てきて欲しいけど、それだけ放牧地で良く運動をしているんだろうね」とのことです。

10/7/x 日本を代表する名血馬サムライハートの初年度産駒。母は脚部不安に泣き2勝で終わったが、潜在的なスピードは持ち、繁殖としての素質は高い。初仔のためコンパクトな体つきだが、放牧地で見せる機敏さは「第二のステイゴールドに」と川島さんも期待を寄せるほど。SS系らしいやんちゃな面も見せるが「活躍するのはだいたいこういう馬」とこれもサラブレッドに必要な要素だ。管理予定の鶴留師も黒光りする馬体に「これはSS」と賞賛を送っており、自身の定年に花を添える活躍を楽しみにしている。

10/8/10 「馬体がちょっとキレイすぎるよね。もうちょっと崩れてきても」と贅沢なコメントをする川島社長。馬体だけでなく、かなりのアップダウンがある放牧地で見せるキャンターやギャロップがまた美しいのです。「うん、本当にキレイでしょう? 直接見られない会員さんはぜひ動画を見てほしいよね」と川島社長が褒めます。管理予定の鶴留師の「これは間違いなくSSだ!」というコメントそのままに、黒光りする薄い皮膚、柔軟な筋肉、素晴らしいバランスの作りと、最高の馬っぷりを誇ります。SSとエアグルーヴという天下の良血を集めたサムライハートの産駒は、やはりスパッと斬れるのか。馬産地で大評判の「宝刀」の切れ味が披露される日は近いです。

10/9/10 新冠町の川島牧場で放牧中です。川島社長は「動きが柔らかいけど、筋肉自体がすごく柔らかい。馬体に一層伸びが出て、背中もよりしなやかになってきたね。無駄肉もないし、そんなに大柄じゃないし、こういうタイプなら早く仕上がる可能性が高いから、早く使えるんじゃないかな。人が乗るとまた全然馬が変わるから、どう変わってくれるか本当に楽しみだね」と、目を細めながら本馬への期待をコメント。生産者が惚れ惚れするほどの馬っぷりを、ぜひツアーや12月に配布予定の動画でご覧ください!

10/10/10 新冠町の川島牧場で9月末まで放牧されました。放牧地での本馬は、とにかくよく走ります。どうやら、「走るの大好き」という、競走馬としては願ってもない趣味の持ち主のようです。ツアーの時は大暴れして、会員の皆さんが近づけなかったほどでしたが、川島社長は「荒くれ者だよね(笑)。でも、荒っぽいヤツほど走るんだ。それに、今は暴れているけど、手入れする時とかは大人しいし、育成場に持っていったら大人しくなるから、大丈夫」と本馬について解説しています。9月29日(大安)に、新冠町の小国ステーブルに移動しました。早々にブレーキングを行います。馬体からも気性からも仕上がりの早そうな本馬、早期デビューを狙っています。
★★★ここまで評判がいいまま・・・ちょっと怖いくらいですね。写真を見た感じではクラブからの情報が捏造ではないと思えるような“良さ”が見られます。
写真からはスピード感溢れるイメージを植えつけられます。12月に動画が配布されるみたいですので早く見たいですね~タッソーニーの09が走っている姿を。。。このタッソーニー09ですけど、相当のヤンチャ坊主のようで、その性格が吉と出るか凶と出るか楽しみでもあり心配なところでもあります。聞いた話になりますが、躍動感があり走ることが大好きな性格みたいですので、そこは好感が持てますね。それから少し頭がイカレている(以前にも書きましたが)らしいのでそこをどう考えるかですね。。。僕はヤンチャで手がかかる仔は(人間でも馬でも)好きですので、全然問題ないんですけど、これが走る要素になるかどうか・・・期待しております。仕上がりも早そうですし、鶴留先生も数を使ってくれる先生ですので、2歳戦からガンガン行ってくれるものと信じております。ローレルアクシス、ローレルレガリスを育てた師の下で先輩たちを超える活躍を期待しております。
残り口数もあと僅か。。。地味な血統で大きな夢を一緒に掴みませんか?
そうそう・・・馬名も決めなきゃね。いい名前を既に思いついております!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月12日 (火)

101012タッソーニー09情報①

先週のあたまにタッソーニー09への出資を発表しましたが新メンバーとなったこの仔についても愛馬情報を。。。
まぁ、1年分なんで記事も多くなっております。・・・と、いうことで2日に分けて書かせていただきます。

タッソーニーの09(1歳・牡)
(サムライハート×母父テンビー)
09/9/10 珠玉の良血サムライハートの初年度産駒。「ひとめ見て調教師の先生も気に入ってくれました」という言葉どおりに放牧地を跳ねまわる同馬は、サンデーサイレンス系特有の皮膚感と躍動感に満ちている。「しなりが違うんですよ。回転するときの俊敏さはさすが、と思いますね」と川島さんも力が入る。母はスピード馬特有の脚部不安に泣いたが、管理調教師の強い勧めで繁殖牝馬となった。クラブにとって相性の良いテンビーの血。脚部不安に泣いた両親の分まで頑張りたい。

09/10/10 「これ、ホントに良いよ。馬体の作りは素晴らしいし、顔も良い。めったにいない美男子だね。ビッグテンビーがゲレイロを生んだようにタッソーニーにも期待しているよ。この馬とディープの仔(アサカフジ09)で、鶴留先生の花道を飾ってほしいね」と川島社長。一目見て誰もが納得する馬っぷりの良さを誇ります。管理予定の鶴留師も「これはサムライハートというより、サンデーサイレンスの仔だ。間違いなし!」と本馬のアカ抜けた馬体のラインとやわらかい筋肉の質を褒めたそうです。撮影のため走ってもらうと、なるほど、収縮力のある身のこなし。傾斜がきつい放牧地をネコ科の肉食獣を思わせるようなフォームで軽々と昇り降りしてくれました。

10/1/13 新冠町の川島牧場で放牧中です。母タッソーニーは、同じ放牧地の母たちの中ではかなり強い方。同じグループに人を襲う危ない母が1頭いるのですが、その馬でさえ、タッソーニーのひと睨みで引き下がります。母がそれだけ強いと、その母に育てられた仔も気が強くなるそうで、初仔である本馬も例外ではありません。離乳前も、お乳を飲むとき以外は母馬のそばにほとんどおらず、遠く離れて好き勝手に遊んでいました。

10/2/10 新冠町の川島牧場で放牧中です。川島社長が、本馬の不思議な癖を発見しました。社長自らが馬房掃除をして、寝ワラをきれいに敷き詰めたのに、わざわざ馬房の奥側に脚で掻き寄せて一段高く造成。そして、その上に立っているのだそうです。「高いところが好きなのかなあ。将来、表彰台に立つ練習でもしてるのかな(笑)」と川島社長。馬の表彰台はありませんが、本馬の馬っぷりの良さからすると、関係者を表彰台に乗せてくれそうな予感がします。

10/3/10 新冠町の川島牧場で放牧中です。先月スクープした「寝ワラ積み上げ&高台駐立」という、本馬の奇妙なマイブームは終わったそうです。また、やはりすでに終わったそうですが、別の「ちょっと変わったクセ」があったことが判明。馬房の隅っこで、ヒッソリと息を殺して佇む本馬を川島社長はじめ複数のスタッフが目撃。そんな時は、放牧するために引き手をつけても、馬房から出ようとしなかったそうです。変わってますね~。今は、「ヒッソリ」もやめ、放牧の際も他の当歳馬同様、喜び勇んで飛びだすようになっていて、川島社長も「変わった癖があったけど、臆病ってことじゃない。態度は堂々としているので、性格は大丈夫です」と証言。心配はご無用です。
★★★父サムライハートについては先日特集を組みましたが、SS×エアグルーヴの超良血。脚に不安があり成績は残せませんでしたが日本一の良血といってもいいくらいですから、ここからどんな馬が生まれてきても不思議はありません。当歳時から1歳3月まで頻繁に言われていたのが『SSの仔』といったイメージのフレーズ。写真を見てもサンデーサイレンスらしさをちりばめたような形になっております。母父テンビーは地味ですがローレルクラブにおいては相性の良い“活躍馬の血”以前出資していたローレルウェルシュ(準オープン)の父であり、GⅠ2勝のローレルクラブの広告塔であるローレルゲレイロの母の父です。
クラブからの情報を見ると、若いうちから変な癖がいろいろとあるみたいですね。栗東近郊に来たら見に行こうと思いますが、そのときにはどんな癖を身につけているのか・・・楽しみです。
とりあえず今日はここまで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月11日 (月)

競馬場に行ってきました

昨日は競馬場に行ってきました。。。といっても、馬は走っていない競馬場。。。馬が走れない競馬場です。
そうです。改装中の中京競馬場です。今はこんな感じになっております。

1010101

レースができるまで1年以上もかかるんですよね。。。寂しいッス。
しかしまぁこんなにボコボコに壊して改装するなんて思っていませんでした。お金と手間と時間をかけた大工事なんですね。工事が終われば中京競馬場らしさがなくなり大きな競馬場に類似した競馬場に生まれ変わります。現時点では寂しさは感じますが、新しい競馬場に慣れたらそんな気持ちも消えちゃうんだろうなぁ~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月10日 (日)

101010ローレルジャブラニ情報

今日は10のフィーバー?101010Dayですね。今日は朝から競馬場に行ってきました。フレンチカクタスとアゼリオの活躍で競馬場ではプラス。でも、携帯で買った分によってトータルでは負け。。。うまく行きませんわ。。。馬券的中のためには競馬のお勉強?それともお祓い?困ったものです。

今日はローレル愛馬最終日。。。ローレルジャブラニ情報です。

ローレルジャブラニ(2歳・牡)
(シンボリクリスエス×パフェ)
8/24 引き続き屋外ダートコースでのダク1400m・キャンター3000m・坂路2本を15秒ペースの調教を行っています。
前元場長「調教ペースを上げてからは、両後肢の鉄を良く減らす様になりました。それだけ後肢を使った走りが出来ているのでしょうね」
8/31 この中間は屋外ダートコースでのダク1400m・キャンター2400m・坂路2本を15秒ペースの調教を行っています。体重525kg 体高165cm 胸囲185cm 管囲21cm
松永昌師「大分良い感じになってきましたが、移動するにはもう少し乗り込んでもらったほうがいいかなと思っています。また近いうちに牧場に行って様子を見てきます」
9/7 引き続き屋外ダートコースでのダク1400m・キャンター2400m・坂路2本を15秒ペースの調教を行っています。
前元場長「ペースを上げた調教により体力もさらについてきましたし、力強さも出てきて安定した走りが出来ています」
9/14 引き続き屋外ダートコースでのダク1400m・キャンター2400m・坂路2本を15秒ペースの調教を行っています。
松永(昌)師「とても素軽い動きが出来ていますし、トレセンに移動できる状態になっています。でも、まだ栗東とは気温差が大きすぎるので、もう暫くは北海道に置いておきましょう。今後は長めをじっくりと乗り込むように指示しています」
9/21 引き続き屋外ダートコースでのダク1400m・キャンター2400m・坂路2本を15秒ペースの調教を行っています。
前元場長「週に数回は15秒ペースのインターバル調教を織り交ぜ、緩急を付けた調教を行なっています」
9/28 この中間は屋外ダートコースでのキャンター1000m×2本のインターバル調教で3ハロン42秒の調教を行っています。馬体重535kg 体高165cm 胸囲188cm 管囲21cm
ホースプレイス前元場長「インターバル調教では自らでハミをしっかりと取る様になっていますし、鞍上がなだめるのに手こずる程の行きっぷりです。強い調教でも息の乱れが少なく、良い心臓をしていそうです」
10/5 この中間は屋外ダートコースでのダク1400m・キャンター3600mの調教を行っています。
ホースプレイス前元場長「右手前の走りに左手前より少し硬さがあるので注意していますが、なかなかの力強さがあります。ダートの方が向く走り方をしていると感じますね」
★★★ここに来てローレルジャブラニの評判が高まっているようです。
『ひょっとして、この馬が09世代のNO1になるのではないか?』との声も出ているらしいです。入厩もそれほど先の話ではなさそうなんですが、どうなんですかね?逆に言えば具体的なプランが出ていないので心配でもあるんですけど・・・。それでも15-15を結構長い期間やっております。即入厩でもいいですけど、ジャブラニの名付け親になったよしみですので、近郊牧場でワンクッション置いてもらって、その隙に会いたいですね。松永昌厩舎ですので信楽牧場になるかな?
脚のことは心配ないみたいですので、意外と行けるんじゃないでしょうか?ジャブラニ君!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年10月 9日 (土)

101009アルボランシー情報

今週はGⅠシリーズの中休み。それでも馬券は買い続けます。
と、いうことで・・・今日は期待の新星アルボランシーの近況情報を。

アルボランシー(2歳・牝)
(ロックオブジブラルタル×フィーユドゥレーヴ)
8/24 この中間はWM40分・ウッドコースでのダク~キャンター3200m・坂路1~2本を17秒ペースの調教を行っています。
担当スタッフ「ここへ来た時は少し反抗的な態度でしたが、最近はスタッフにもよく慣れて、ずいぶん従順になりました」
8/31 引き続きWM40分・ウッドコースでのダク~キャンター3200m・坂路1~2本を17秒ペースの調教を行っています。馬体重489㎏
担当スタッフ「息使いが大分良くなってきましたので、もうすぐ15-15を乗り出そうと思っています。なかなかのモノを持っていそうなので楽しみです」
9/7 引き続きWM40分・ウッドコースでのダク~キャンター3200m・坂路1~2本を17秒ペースの調教を行っています。
9/14 この中間はWM40分・ウッドコースでのダク~キャンター3200m・坂路1~2本を15秒ペースの調教を行っています。
9/21 この中間はWM40分・ウッドコースでのダク~キャンター3200m・坂路1~2本を17秒ペース・週1本15-15の調教を行っています。
山下場長「やっぱり暑さの影響が大きかったんだろうね。最近は随分過ごしやすくなってきて、馬にも元気が出てきた感じだよ。この状態ならどんどん乗り込みを進めていけそうだ」
9/28 30日(木)の検疫を経て栗東トレセン・河内洋厩舎へ入厩を予定しています。
10/6 入厩後ここまで変わりなく調整されています。
河内師「入ってきた時490kg台。飼い葉喰いが良いのはいいことだけど、まだ10kg以上は絞らんとアカンだろうね。今週からゲート練習も始めているよ」
★★★山岡トレセンから宇治田原優駿Sを経由して入厩する方向で行っていましたが、9月30日に急遽入厩となりました。嬉しいです。山岡トレセンでアルボランシーを見たときにも『少し太いかなぁ~』と思いました。そして、坂路15-15を乗っている期間が短いので少し心配でしたが、栗東でも早々に坂路しているようで、、、何とかいけるみたいです。馬体重は490㌔オーバーということで、よく食べるアルボランシーを10㌔絞るのも大変でしょうね。。。ゲート練習もこれからみたいですが、スタートは良さそうな彼女ですので、ゲートの狭い枠に慣れれば大丈夫でしょう。山岡トレセンはJRAで使われているタイプのゲートが無かったのでそこがどうかな?って感じですね。
ゲートに合格したらレースに向けてビッシリ追うことでしょう。
僕の予想ですが11月20日(土)京都6R芝1600㍍(牝馬限定)に行くんじゃないかな?って思っています。ここに勝って中2週で阪神ジュベナイルフィリーズに出ましょう!
これから河内先生からどんなコメントをいただけるのか楽しみですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 8日 (金)

101008ローレルクラシック情報

今日はローレルクラシック情報。かなり放置しておりますが、2回走っているので重複する情報も。。。まぁそれは許してもらうことにして、いっちゃいましょう!

ローレルクラシック(3歳・牡)
(スペシャルウィーク×キョウワホウセキ)
8/20 この中間も変わりなくWM・ダク~普通キャンター3000mの調教を行っています。
8/25 明日26日(木)の検疫を経て栗東トレセン・飯田雄三厩舎へ帰厩予定となりました。
担当スタッフ「普通キャンターで4000mまで進めましたが、歩様もスムーズでここ(三田馬事公苑)へ来た時より調子は上向いています」   
9/2 8月29日・栗坂良1本・単走・助手・4F60.2-43.1-28.4-13.9(馬ナリ余力)
9月1日・栗坂良1本・助手・4F55.6-40.4-26.8-13.2(一杯追)
飯田(雄)師「牧場ではそれ程速い処は乗っていませんでしたが、しっかり下地はできていたので今朝一杯に追ってみたら、動きもマズマズでした。ここを使ってもトータルで5戦。もし勝てなくともスーパー未勝利への回数資格は失いませんし、着順で優先権を取れる可能性も出ますからね」
9/6 9月5日(日)小倉5R・3歳未勝利・D1700m・16頭立1枠2番に赤木高太郎56.0㎏・馬体重478㎏(+2)で出走し、タイム1分49秒2で2.6秒差の10着。
赤木騎手「初めてのダートでしたけど、走りは良かったですよ。今日は内枠でしたから、前に行ってくれと言われていましたが、スタートがもうひとつで前に付けられずポジションが悪くなってしまいました。休み明けもあってフワフワした感じがありましたから、使った次は良くなると思います」
佐々木助手「まだ担当して間もないのですが、体調も良く、スーパー未勝利に向かうまで1回使っておくのと一発勝負とでは、かなり違いがあると思って先生に使いましょうとお願いしました。まわりを気にする馬ですから、外枠からジワッと行かせた方が良いと思うのですが、内枠に入ってしまい包まれてしまいましたね」
9/8 レース後の上がりの状態に特に変わりないようです。
飯田師「ジョッキーの感触は悪くなかったようですので、まだ望みはあると思います。番組がないので次もダートになると思いますけど、今回の1戦が活きてくればいいですね」
9/15 この中間も変わりなく調整されています。
佐々木助手「飼い喰いなどは良く体調は良好です。気付く範囲でフォームなどは矯正していますが、身体を伸ばして走ろうとするわりに間歩が狭い。まだどう走って良いのかが解っていない感じです。とにかくレースを経験させるのが一番良いとは思いますが、時間が無いのが悔しいですね」
9/22 10月2日(土)阪神6R・3歳以上500万下(混)芝2400mに☆国分恭介で出走を予定しています。
この中間も変わりなく調整されており、明日追い切られる予定です。
飯田師「体調自体は良好ですけど、ここまでは弱さを見せたり幼さをみせたり、まだ万全の状態で競馬に向かうことが出来ていないように感じています。一応、今週のダート1800mのスーパー未勝利に出走させる予定で調整していますし、投票もしてみますが、想定の段階で除外確実です。来週は更に状況が悪くなるでしょうから、スーパー未勝利をパスして、500万下の芝2400mを使ってみようかと考えています」
9/24 25日(土)阪神8R(発走14:25)3歳以上500万下(混)芝2000m・13頭立8枠12番に☆国分恭介53.0㎏で出走します。
20日・栗坂良1本・単走・助手・4F56.5-40.7-26.9-13.2(一杯追)
23日・栗坂重1本・単走・助手・4F56.9-41.4-27.1-13.2(一杯追)
飯田(雄)師「今週使うつもりで調整してきたし、頭数が少なかったから、前倒しで格上挑戦することにしました。絶対に来週の500万なら出られるという事でもないからね」
9/27 25日(土)阪神8R・3歳以上500万下(混)芝2000m・13頭立8枠12番に☆国分恭介53.0㎏・馬体重476㎏(-2)で出走し、タイム2分4秒1で0.9秒差の10着。
国分(恭)騎手「前半はスムーズな感じで良かったですけど、いざ追い出すと他が速いから厳しいです」
飯田(雄)師「このクラスでは仕方ないですね。まだまだこれから身が入るような感じですからね。私としては一度条件を整えた方が良いと思います」
9/29 10月23日(土)以降の福島・3歳上500万下に出走を予定しています。
レース後の状態に変わりはないようです。
飯田師「格上相手ではありましたが、今までで一番内容の良かったレースではなかったかなと思います。まだまだ成長の遅れている馬でもあり、福島500万下の芝の長めの距離なら出走できるチャンスもあると思うので、引き続き調教して結果を出せるようやってみたいです」
10/6 福島競馬での出走に備えてこの中間も変わりなく調整されており、本日追い切られました。
6日・栗坂良1本・単走・助手・4F58.1-42.2-27.5-13.6(馬ナリ余力)
飯田師「未勝利なので予定レースを特定することができない状態ですけど、開幕週からは使える態勢を作って調教の加減をしています」
★★★帰厩10日で1走させたのは厩務員さんのファインプレー。500万下を1週前倒しにして使ったのは飯田先生のファインプレー。この仔なりに運があると思っています。25日のレース後は在厩のまま調整が続けられ福島の500万下条件へ参戦します。
坂路調教でも馬ナリ余力でも9/20に一杯で追われた時計とほぼ同等ですし、調子は上向いていると思われます。
先行力を生かして粘り強さを生かせば福島コースも合うだろうし、距離も芝2600㍍を中心に考えているでしょうから、楽しみな要素が結構あるんだよなぁ~。
潜在能力は高いはず。まだまだ成長途上にあり心も体も幼いですので、福島芝2600㍍の強敵が居ないところでこっそりと勝っちゃえば・・・相当先が楽しみです。
相場が結果を出してくれませんので、妄想ばかりが先行している今日この頃ですが、何かいいところを見せてもらいたいです。期待しておりますよ~。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 7日 (木)

101007ローレルベルロード情報

さて、ローレルクラブも放置状態。こちらは毎週情報が入ってきているんですが、8月末から更新していませんのでまとめて書くと相当長くなってしまいますので、1頭ずつ・・・ぼちぼちといきたいと思います。
まずは、我がファミリーの稼ぎ頭ローレルベルロードから。

ローレルベルロード(5歳・牡)
(ナリタトップロード×ベルガール)
8/20 この中間はWM・トラックコースでのダク~キャンター2400m・坂路1本をハロン22~20秒ペースの調教を行っています。馬体重487㎏
鮫島調教師のコメント『暑さによる疲れが少しあるので、速めの調教を行わず調整しています』
8/27 この中間はWM・トラックコースでのダク~キャンター2400m・坂路1本をハロ19~17秒ペースの調教を行っています。 
9/3 この中間はWM・トラックコースでのダク~キャンター2400m・坂路1本をハロ20~19秒ペースの調教を行っています。馬体重484㎏
9/10 この中間はWM・トラックコースでのダク~キャンター2400m・坂路1本をハロン20~17秒ペースの調教を行っています。馬体重496㎏
鮫島調教師のコメント『目標レースを決めてから15秒の速めを入れていく予定です』
9/17 この中間も変わりなくWM・トラックコースでのダク~キャンター2400m・坂路1本をハロン20~17秒ペースの調教を行っています。馬体重496㎏
鮫島調教師のコメント『暑さを考えてあまりペースは上げていませんでしたが体調は良好ですし、少しずつ凌ぎやすくなってきたので、徐々に15-15も乗ってもらうつもりです。馬体には風格を感じますね。一応今後も順調なら、10月23日の京都の2400あたりに使えればと思っています』
9/24 この中間はWM・トラックコースでのダク~キャンター2400m・坂路1本をハロン19~17秒ペース・週1本16-16の調教を行っています。馬体重496㎏
鮫島調教師のコメント『今週末より15-15の速めを取り入れていきます』
10/1 この中間はWM・トラックコースでのダク~キャンター2400m・坂路1本をハロン19~17秒ペース・週2本15-15の調教を行っています。馬体重500㎏
鮫島調教師のコメント『気合が入り動きが良化してきました』
10/6 23日(土)京都10R・古都ステークス・3歳以上1600万下(混・H)芝2400mに出走を予定しています。
週末の入厩後ここまで変わりなく調整されており、本日追い切られました。
6日・栗坂良1本・単走・助手・4F54.5-39.1-26.0-13.6(一杯追)
10/7 3日・栗坂良1本・単走・助手・4F58.2-42.8-28.7-14.7(馬ナリ余力)
6日・栗坂良1本・単走・助手・4F54.5-39.1-26.0-13.6(一杯追)
鮫島調教師のコメント『牧場ではすっかりリフレッシュして順調に乗り込みも消化できました。多少ズブさも出てきてはいますけど、長距離が合う馬ですし、今まで一生懸命すぎるところもありましたから、これが良い方向へ出てくれるといいですね』
★★★7月下旬からじっくり休みましたが、470㌔台だった馬体重もしっかりと戻して帰厩しました。早い時期(多分放牧前)から10月23日京都10R古都Sを目標に調整されております。この馬にとって、初めてじっくりと目標に向けて調整がされているように思います。ここのところ帰厩⇒10日でレース⇒放牧・・・の繰り返しばかりでしたからね。それでも結果を出したワケですけどね。関西馬ですが主戦場は福島。京都は2戦。阪神も2戦(福島は5戦)。この2場では勝っていませんが、そんなに悪い印象もありません。特に京都はやれそうな気がするんですよね。。。鞍上が定まっておらず気になるところですが、岩田騎手か安藤勝騎手で行ってみましょうか?
出走頭数はフルゲート割れすると思われますので出走できるでしょう。
希望はここで勝って次走はアルゼンチン共和国杯(GⅡ)そして、暮れのステイヤーズS(GⅡ)うまくいけば有馬記念(GⅠ)・・・そんなに甘くないか。。。でも、ここで勝ってくれると夢は広がるなぁ~。
鮫島先生!万全な調整をお願いします!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 6日 (水)

101006ユニオン愛馬情報

ユニオンですけど。。。クオンが中央抹消になってからあまりにも動きがスローなものですから愛馬情報も放置状態でした。
久々ですが・・・1ヶ月半分を一気に行きます!

ライトアップゲラン(2歳・牝)
(ファンタスティックライト×ヒダカゲラン)
8/20 引き続き、ダートコースでハロン20秒くらいのキャンターを2500m、週1回は15-15を乗っている。ややテンションが高くなってきた印象だが、動きに関しては着実に良くなっているように感じる。このまま、しっかりと乗り込み、より一層の良化を促す。「調教を継続してきたことでテンションは高めになっていますが、このくらいは許容範囲。逆に、この血統の良さが出ているのだと考えています」(担当者)
9/6 引き続き、ダートコースでハロン20秒くらいのキャンターを2500m、週1回は15-15を乗っている。速めの調教を継続しているが、腹が巻き上がることはない。また、胸が深くなってきたように、ここにきての成長も感じられる。着実に馬体がしっかりした印象だ。このまま週1回は15-15を行い、馬体の強化に努めていく。体高159cm、胸囲180cm、管囲19.3cm、馬体重451kg(前月比+6kg)
9/21 ダートコースでハロン20秒のキャンターを乗り込み、週1回は15-15を行っていたが、中間に乗り始めの左トモの歩様が気になったため、現在は運動を控えパドック放牧を行っている。「乗り出してしまえば問題なくなりますが、乗り始めの数歩の歩様が気になります。無理はさせたくないので、少し楽をさせたいと思います」(担当者)。もうしばらくは、パドック放牧で経過を観察する予定。
10/5 ハロン20秒くらいのキャンターを2500mほど乗っている。まだ乗り始め直後の歩様は幾分気になるが、動き出してからは特に問題ない。念には念を入れて、もうしばらくは今くらいのメニューで様子を見る予定。「もう少し様子を見てこのまま歩様が悪くならなけないようなら、1度ペースを上げることも検討しています」(担当者)
★★★相変わらずゆっくりな育成ですが、これはこれでOK・・・だったんですが、9月下旬に歩様が少し乱れたとのこと。“経過観察”から2週間も放って置かれていたので心配しておりましたが、10/5の情報で特に問題ないということで、20-20から調教を再開。育成技術の高い白井牧場さんですので、この判断でいいのでしょう!“念には念を入れて”我慢しながらの調整。無事にステップアップできるといいのですが。。。とりあえず、年内デビューはなさそうですね。我慢強く応援して行きましょう!

ハナカゲ(2歳・牝)
(サクラプレジデント×シャドウスプリング)
8/20 引き続き、ウォーキングマシーン運動を60分行っているが、骨片の除去手術を行った右前肢に問題は生じていない。そのため、早ければ来週あたりからは乗り運動を再開することを検討している。
9/6 引き続き、ウォーキングマシーン運動を60分行っている。特に歩様が気になることはないため、騎乗調教を再開することも検討したが見送り。近々行う予定のレントゲン検査の結果を見た上で、獣医師と乗り運動を始めるかどうか相談することになった。現在の馬体重462kg(前月比-6kg)
9/21 7日(火)にレントゲン検査を実施。獣医師から騎乗調教再開のGOサインが出されたため、すぐに乗り運動を開始した。現在はBTCの屋内直線ウッドチップでハロン20秒のキャンターを1本乗っている。しばらく乗り運動を控えていたこともあり、馬体には緩さが感じられるため、しっかり乗り込み引き締めていくとともに、速めの調教を行えるように息もつくっていく。
10/5 現在はBTCの直線ウッドチップコースでハロン18~20秒のキャンターを2本乗っている。骨折によるブランクがあるため、念には念を慎重に進めているが、非常に前向きなため、油断していると速めの時計を計測してしまうほど。非常に元気一杯だ。このまましっかりと乗り込み、息をつくっていく。
★★★思った以上に骨折の影響を引きずってしまいました。9月7日にレントゲン検査。。。その結果が掲載されたのが21日・・・ちょっとユニオンさんも放って置き過ぎじゃないですか?できればもう少し早い情報提供をお願いしたい。多分8日か9日くらいから騎乗調教を20-20で始めたんでしょう。そう考えれば1ヶ月が経つ訳ですが、すでに18-18くらいまでペースアップ。前向きな性格でそれ以上の時計が出ちゃうなんて頼もしい限りです(無理はして欲しくないですけど)一頓挫ありましたがこの仔は早く仕上がりそうですね。予想ですけど、ライトアップゲランよりは早くデビューできそうな雰囲気。11月中に入厩かな?年内デビューもあると思っております。勝ち上がり率が高い血統で、仕上がりも早い血統です。巻き返しを期待します。再度怪我をしないように“念には念を”を願いします。

“念には念を”・・・2頭ともこの言葉がはいておりました。牧場関係者がたまたま同じフレーズを発したのか?それともユニオンのHP担当者のお気に入りフレーズなのか?その実態は分かりませんが、2頭とも“順調”という形ではないんですね。。。
ユニオンの火が消えそうだから・・・お願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 5日 (火)

出資しちゃいました

最近はスイマセン。。。夜眠くなるのが早くて・・・朝起きてから書こうとも思っているんですが、日の出が遅いので目が覚めません。ということで記事が滞っております。。。申し訳ございません。

今日、別件でローレルクラブ事務所に電話をしました。用件を済ませた後に、
『タッソーニ―の09はいつ頃まで残ってますかねぇ~』
と聞いたところ、
『結構売れてますので、数週間のうちに満口になるかもしれません』
と言われました。
気になっていた馬でして・・・馬体も血統(地味だけど)も楽しみ。予定厩舎も良いですからね。電話のついでに出資予約を済ませました。

今年はローレルベルロードの1勝のみ。06世代も07世代も勝ち上がり馬ゼロ。。。08世代もデビューすらできていない完全なスランプ。。。こんな状態で出資して大丈夫なんだろうか?ローレルクラブも成績が芳しくないしなぁ~~

タッソーニ―の09
父サムライハート
母父テンビー
入厩予定先 : 栗東・鶴留明雄
総額 : 1,000万円
総口数 : 200口
一口 : 50,000円
維持会費 : 3,000円(2歳1月より)

生産・育成の現場から
新冠町の川島牧場で放牧中です。川島社長は「動きが柔らかいけど、筋肉自体がすごく柔らかい。馬体に一層伸びが出て、背中もよりしなやかになってきたね。無駄肉もないし、そんなに大柄じゃないし、こういうタイプなら早く仕上がる可能性が高いから、早く使えるんじゃないかな。人が乗るとまた全然馬が変わるから、どう変わってくれるか本当に楽しみだね」と、目を細めながら本馬への期待をコメント。生産者が惚れ惚れするほどの馬っぷりを、ぜひツアーや12月に配布予定の動画でご覧ください! 

そうそう・・・鶴留先生が勇退されたらどの厩舎に移籍しそうか聞かなきゃ・・・(多分、担当厩務員によるので分かりません・・・って言われるんだろうけど。。。)

ということで、よろしくお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 4日 (月)

頑張れ!サムライハート!!

タッソーニーの09牡(母父テンビー)
入厩予定先 : 栗東・鶴留明雄
総額 : 1,000万円
総口数 : 200口
一口 : 50,000円
維持会費 : 3,000円(2歳1月より)

ジョディーディアの10牝(母父Woodman)
入厩予定先 : 栗東・飯田雄三
総額 : 800万円
総口数 : 200口
一口 : 40,000円
維持会費 : 3,000円(2歳1月より)

この2頭、結構人気があるみたいです。
この2頭の共通点は父がサムライハートという点。

サムライハート(父サンデーサイレンス母エアグルーヴ)
馬主 サンデーレーシング 
生産者 ノーザンファーム 
中央戦績 5戦[3-0-0-2]
中央収得賞金 3,036.4万円

結局、重賞レースにも出走できなかった。。。成績だけ見れば条件馬なんですが、種牡馬としては仔出しも良く産地でも人気があるみたいです。この成績も脚が丈夫でなかった故の成績であり、能力はあったのではないかと察します。
何と言ってもエアグルーヴにSSを掛けた地上に1頭しか居ない牡馬ですからね。全姉のアドマイヤグルーヴはG1勝ち馬ですし、父が替わった弟や妹も成績を挙げております。そう考えるとやっぱりこの父は魅力的かと。。。
SSの子孫らしさを体現しているサムライハート。来年のフレッシュリーディングサイアランキングを沸かしてくれる存在であると期待しています。今年のオンファイアみたいな。。。それ以上であって欲しいですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 3日 (日)

2戦3敗

今日のスプリンターズSは買えた?・・・ローレルゲレイロに肩入れしていなくても買えなかっただろうなぁ。。。
逃げ馬好きだけど、⑦ウルトラファンタジーは行けなかったね。。。⑭キンシャサノキセキと③サンカルロは絡めていたんですがね。。。

ということで、サラブレのジーワンコンテストもローレルゲレイロ予想でしたので負け。。。

そんでもって、夜中に行われた凱旋門賞。。。ナカヤマフェスタとヴィクトワールピサを応援しながらもケープブランコ(愛)を指名。こちらも見せ場なく負け。。。

恥ずかしながら昨日の札幌2歳Sにも出走した良血アドマイヤセプターを牡馬だと思っており、アドマイヤセプターを朝日杯フューチュリティSに指名してしまう大失態。。。ここは戦わずして敗戦。。。

ということで、まだ2戦しか消化していないのに3敗。。。

2戦3敗

なのである。。。

やっぱり競馬に向かないのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 1日 (金)

中日ドラゴンズ優勝

今日は中日ドラゴンズが4年ぶりのリーグ優勝を果たしました。ベテランも頑張りました。若手も育ってきました。なかなか内容の濃い優勝だったと思います。今年はCSか日本シリーズに行ってこようかなぁ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »