« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月31日 (金)

2010年大反省会

今日で飛躍の年に・・・と、誓った2010年が終わります。
生活全般を振り返ると・・・楽しい一年でした。いい人生を送っていると思っております。
では、競馬を中心としたこのブログ内での生活はどうだったでしょうか?
・・・2010年1月1日に【2010年飛躍の年に】で目標としていたものの達成度を振り返りながら反省をしていきたいと思います。

昨年のスターターは以下のメンバーでした。
・クオン6歳
・ローレルベルロード5歳
・ローレルクラシック3歳
・ミンナノアイドル3歳
・ローレルイグザルト3歳
・ゴールドロザリー3歳
・フライトミッション3歳
・ライトアップゲラン2歳
・ハナカゲ2歳
・アルボランシー2歳
・ローレルジャブラニ2歳
の11頭。
それぞれの成績
・クオン6歳 9戦(0/0/2/0/2/5)
・ローレルベルロード5歳 4戦(1/0/0/0/0/3)
・ローレルクラシック3歳 9戦(0/3/0/0/1/5)
・ミンナノアイドル3歳 1戦(0/0/0/0/0/1)
・ローレルイグザルト3歳 6戦(0/0/0/0/0/6)
・ゴールドロザリー3歳 1戦(0/0/0/0/0/1)
・フライトミッション3歳 1戦(0/0/0/0/0/1)
・ライトアップゲラン2歳 出走なし
・ハナカゲ2歳 出走なし
・アルボランシー2歳 3戦(1/0/0/0/1/1)
・ローレルジャブラニ2歳 出走なし
3歳以上がローレルクラシックを除いて6頭が引退。引退馬が多かったことと3歳馬の不振(5頭で18戦0勝)が痛かったですね。

では、目標に対しての結果は。。。
①年間出走数・・・34戦(目標は51戦)
3歳馬がコンスタントに走ってくれれば達成できた数字かもしれませんが、3頭が1戦で引退。。。これでは苦しいですね。判定×。
②年間勝利数・・・2勝(目標は6勝)
目標が達成できず、、、でも、昨年の1勝を上回る数字。勝てなかったけど、クラシックとクオンのお陰で連対率(.147)と複勝率(.206)はまずまずの数字。判定△。(←甘い)
③新馬勝ちor2歳戦の勝利・・・アルボランシーが2歳未勝利戦勝利で達成。2歳で勝つとかなり落ち着けますね。。。判定○。
④特別戦勝利・・・ベルロードが信夫山特別を勝利で達成。判定○。
⑤重賞出走・・・ベルロードがアルゼンチン共和国杯(GⅡ)に登録も除外。判定△。
⑥口取り・・・11月20日にアルボランシーで達成。2勝しかできなかった中で、巡り合えて良かったです。判定◎。

その他
⑦馬券でプラス・・・回収率50%強。これはドイヒー。今までの競馬人生の中で最悪の結果。どうしていきましょうか?判定×。
⑧体重を5㌔減らす・・・これをできたことがビックリ。現在も維持できております。これが達成できたおかげで、いろいろと楽しい。。。一番良い目標達成だったかも。判定◎。
⑨牧場見学8回以上・・・これがちょうど8回。それ以外にも競馬場に結構行けたので、良かったかな?判定○。
番外⇒A・馬名が採用に。久々に馬名が採用されました。目標には掲げておりませんでしたが、やっぱり嬉しいですね。因みに採用されたのは『ローレルジャブラニ』です。
B・POGがグダグダに。。。忙しいやな何やらで、ご迷惑をかけております。何とかします!

ということで、目標達成率は・・・9戦5勝。5割超え達成。まあまあ良かった一年かな?
来年は僕にとっていい年でありますように。そして皆さんにもいい年でありますように。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月30日 (木)

101230ローレル愛馬情報

本日(30日)に帰って参りました。。。高校ラグビーは昼に雨に降られてしまい、再び風邪をひいてしまうんではないか?という心配もありましたが、何とか持ち堪えました。

今日はローレル愛馬情報。

ローレルクラシック(3歳・牡)
(スペシャルウィーク×キョウワホウセキ)
12/29 1月23日(日)小倉競8R・4歳以上500万下・芝2600mに出走を予定しています。
この中間も変わりなく調整されており、本日追い切られました。
26日・栗坂良1本・単走・助手・4F60.2-43.5-27.8-13.3(末強目追)
29日・栗坂良1本・単走・助手・4F60.5-43.7-27.7-12.9(馬ナリ余力)
飯田(雄)調教師のコメント『結局年内にもう1回は使えませんでしたけど、年明けから小倉開催がありますし、賞金面で辛い立場は変わりませんが、未勝利馬でも実績を残しましたからね。このまま在厩させて、状態を整えて次の小倉を目指したいと思います。今週も程よい気合乗りを保てていますよ』
佐々木助手のコメント『小倉まで少し時間があって、しかもいつ使えるか分からない状況とはいえ、身体を緩めるわけには行きませんからね。具合はずっと良いですから、すぐにでもレースに使いたいくらいです』
★★★予定は1ヶ月あと。そして、最短でもこのレースしか使えないんですよね。賞金面による辛さ。。。相変わらず噛みしめています。まずは使ってもらいたい。調子も良くなってきて、馬も成長してきていると思うので、在厩のまま(ちょっとお金はかかるけど)ちょっと楽をさせて、1月の小倉ステージで爆発して欲しいです。

アルボランシー(2歳・牝)
(ロックオブジブラルタル×フィーユドゥレーヴ)
12/29 この中間は屋外ウッドコースでのダク1200m・キャンター1200mの調教を行っています。
山岡トレセン場長のコメント『腰高な体型だから、まだ体は大きくなりそう。短期のリフレッシュと聞いているので、体は緩ませないで調整しています』
★★★岐阜県の山岡トレセンで放牧中。
“短期放牧”が強調されているコメントが続きます。その真相を探りに年明け早々に山岡トレセンに行って参ります。でも、ちょっとペースを落としてますね。緩めていないならそれでいいんですけどね。

ローレルジャブラニ(2歳・牡)
(シンボリクリスエス×パフェ)
12/29 この中間も変わりなく調整されており、本日追い切られました。
26日・栗坂良1本・単走・助手・4F58.3-43.5-29.3-14.6(馬ナリ余力)
29日・栗坂良1本・単走・助手・4F57.2-42.1-27.6-13.4(馬ナリ余力)
石橋(守)騎手のコメント『先週のゲート試験に乗って、普通に出たはずなのに、あれで駄目なんて言われて正直イラッとしたよ。また年明けに受ける予定だけど、今度は大丈夫でしょう。レースでもよろしくお願いします』
★★★ゲート試験に合格していませんが、ゲート練習は多く必要ないということで、坂路に入って鍛えております。馬なりですが、まずまずの時計ではないでしょうか?4Fの時計ですけど。。。
ダービージョッキーである石橋守騎手に気にしていただけるなんて嬉しいです。
次回の試験は確実に合格でしょう!そしてデビューに向けて。。。今まで痛いところが出たことのない仔ですので、速い時計も難無く出してくれるかな?
この仔については楽しみばかりです。

ということでして、年賀状もアルボランシー中心で作りました!来年も愛馬との口取り写真で年賀状を作れることを願っております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月29日 (水)

101229ユニオン愛馬情報

全国高校ラグビーも始まりましたが静岡県代表は早々に負けてしまいました。。。
トンガパワーは普通の高校生では止められない。。。

今日はユニオン愛馬情報。

ハナカゲ(2歳・牝)
(サクラプレジデント×シャドウスプリング)
12/28  普通キャンターでコースと坂路を乗り、先週末には坂路で少し速めの調教を行った。
担当者コメント『徐々に頭を下げて良い動きができるようになってきましたが、まだ速いところへ行った時など頭を上げることがありますね。もう少し注意をしながら乗り込んでいきたいと思います』
★★★ペソアシステムによる矯正の効果が徐々に出てきましたかね?頭を下げて走るところが出てきているようですね。でも、速い時計になるとフォームが崩れてしまうようです。もう少し頑張ってもらいましょう。早く坂路で15-15をできるまでになりますように。。。

ライトアップゲラン(2歳・牝)
12/29 角馬場⇒坂路(60.2-45.7-30.1-15.2)馬ナリ余力 
状態は良くなってきているため、本日は単走で15-15程度の追い切り。様子を見て徐々にペースを上げていく。
谷調教師『大分上向いてきたので、15-15程度から再開しています。一気にペースを上げることはできませんが、年明けからは徐々に進めていきたいと思います。デビューまではもう少し時間が掛かるかもしれませんが、もう少しお待ちください』
★★★とりあえず状態が上向き。。。これはいいですね。15-15とはいえ、坂路入りしてそれなりに調教ができたということで進歩です。デビューまで時間がかかるとのこと。。。相当時間がかかりそう(笑)

入厩してから・・・ゲート試験合格してから・・・デビューまで時間がかかっていますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月28日 (火)

09産馬名応募②

では続きましてユニオン。
ユニオンは・・・そういえば最近クラブの方と話をする機会が少なく(愛馬も少ないし活躍馬もいないし懇親会とかにも参加していないし)、馬名採用のシステムを聞いていませんね。。。昔聞いた話を思い出してみると。。。応募された馬名はクラブ事務所でクラブスタッフさんが検討し決定すると聞いた覚えがあります。(もし、違っていたらごめんなさい)
ユニオンは完全なる父名と母名からの連想が格段に多いですね。個人的には名前は“想い”や“願い”が入るものだと思っているので、連想色の強いユニオンは苦手だしあまり好きではありません。唯一採用された名前もトロットスター×ファーストステップで『クオン』(久遠:永遠の意)ですので、連想ではありません。
今年もめげずに応募しますが、自分の気持ちだけを優先しても仕方が無いですし、かと言って、採用されても後悔しない馬名でなければならないので、『連想』と『想い』と『響き』の折衷名でいきたいと思います。

今年、応募する募集馬は、P25マイグリーン09、P30オオシマルチア09、P39ローランハビーバ09、P40スペシャルウィーン09、P41フォーチュネイター09の5頭です。現在出資していない馬で採用された場合は、追って出資します・・・が、5頭採用になったら資金が底をつきますね。。。赤字運営で出資せねば。。。

今年はユニオンで採用されたい!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月27日 (月)

09産馬名応募①

この文章も31日に書いているんですが、、、ローレルクラブもユニオンも“馬名募集締め切り”が間近に迫っています。ローレルもユニオンも出資者以外であっても良い馬名であれば採用されます。
ということで、ローレルクラブ(今日)とユニオン(明日)の馬名採用の傾向とともに応募する馬を書かせていただきます。

1日目はローレルクラブ。
昨年より馬名決定のシステムをマイナーチェンジしたらしいです。そのお陰もあって、昨年『ローレルジャブラニ』が採用されたのだと思っております。
それでも、募集された馬名を募集馬の生産牧場に送り、牧場産の方で決定するシステムは変わりません。
ローレルクラブは父馬や母馬の馬名からの連想よりも、『言葉としていい響き』のものが多く採用されている気がします。それに関連すると思いますが、“エルヴェル”や“ソラン”など、造語も目立ちますね。因みに“ジャブラニ”はサッカーが好きな森本牧場の場長さんの趣味につけ込み、ワールドカップ公式球となる『ジャブラニ』で応募。見事にハマりました。。。(母名パフェや父名シンボリクリスエスとはかすりもしていませんよね)
牧場の場長さんの趣味や今まで選ばれた馬名の傾向からハマりそうな馬名を探り出すこともいいかも。。。
川島牧場さんは・・・響き重視か?
協和牧場さんは・・・結構単純なオーソドックス好きか?

僕の勝手な分析の一部です。。。

今年、応募する募集馬は、タッソーニ―09、スターロッチ09、アサカフジ09、エフィシェントフロンティア09の4頭です。現在出資していない馬で採用された場合は、追って出資します!

そうそう、、、出資者が少ない馬は応募数もかなり少ないらしいので、狙い目だと思いますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月26日 (日)

年末に向けてご迷惑をおかけします

今日(26日)から熱を出してしまいました。27日から東大阪近鉄花園ラグビー場で第90回全国高校ラグビーフットボール大会が始まります。そして28日から30日まで、その花園ラグビー場へ出張で出掛けます。高校ラグビーも見てきますけど。。。ということで、ブログも書けない場合がありますがお許しください。
昨日の文章も追って書き足します。

因みに有馬記念は的中せず。。。今年の馬券は大幅赤字です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月25日 (土)

ローレル09年産12月ジャッジ

2009年産駒の陣容が固まりつつあります。
ユニオンからはオオシマルチア09(父ディクタット)。
ローレルからはタッソーニ―09(父サムライハート)と暫定ですがプレゼント馬のロッチダンス09(父アサクサデンエン)。
ということで、プレゼント馬もあわせて3頭体制。
そうなると僕の懐状況からすると、あと1頭くらいでしょうか。。。でも『欲しいなぁ~』って思う馬は2頭以上いて、、、困っております。

今日は、ローレルクラブで僕のネットワークの範囲を駆使して集めた情報を書ける範囲で書きながら、紹介していきたいと思います。

まずは、NO.05サムライハート×タッソーニ―から。
この馬は既に満口となっており、新たに出資するのであれば、キャンセル待ちしかないと思うのですが、この馬はいいみたいですね。川島牧場ではヤンチャで、小国ステーブルで初期馴致に入ると大人しくなり素直で従順だとのこと。この『川島牧場⇒小国ステーブル』ラインは2010年2歳新馬勝ち馬第一号となったルリニガナと同じなんですよね。川島社長も小国さんも1回函館を目標に調整していくとのこと。このたくらみは鶴留先生の耳にも入っているものと思われます。馬の出来から見てもルリニガナの再現も十分可能。来年は“新馬第一号勝ち馬⇒函館2歳S優勝”を狙っていきましょう。できればローレルゲレイロ路線で行きたいですね。
3歳2月までは鶴留厩舎ですが、その後がどこに行くか。。。そこがちょっと心配なところではあります。

続いて。。。NO.03アサクサデンエン×ロッチダンスです。初年度の種付数が81頭(⇒2009年66頭⇒2010年79頭)ということで、まずまずの人気を誇る新種牡馬の仔ですが、ロッチダンスの仔が初年度アサクサデンエン産駒の中で一番出来のいい馬であるとの噂を聞いております。ホースプレイスでも評判が良く、動きもいいとのこと。ちょっと太めだったといわれていた体もすぐにスリムになったとか。
石田牧場×シルクは結構いい確率で勝ち上がるんですが、石田牧場×ローレルクラブは未だに勝利なし。ヌーンティーナが勝ちそうだったんですが、残念なことになってしまいましたからね。。。関係者内では『この馬で石田牧場初勝利は堅い』という言葉も出ているとか。。。マッハジュウクンも収得賞金が1億円を超えましたし、ニイハオジュウクンも勝ち上がり既に1300万円以上を獲得。活力を失いつつある名牝ロッチ系に再び光を。。。この馬はかなりいいと思うんですけどね。募集総額1000万円ですし、回収率100%超えはかなりの確率ではないでしょうか?プレゼントで一口もらって、もう一口行ってみようか?って思うくらいです。

それから。。。NO.07ディープインパクト×アサカフジ。この馬はかなりいいですね。牝系も優秀であり、GⅢ勝ち馬(キョウワロアリング)とGⅢ3着馬(ヘイローフジ)を生むなど、抜群の安定感。父がディープインパクトになりその良さがしっかりと仔に反映されている感じ。『重賞に駒を進めるならこの馬で』。。。そう言われているそうです。勝ち上がれるかどうか。。。の心配は(当然あるんですけど)考えなくてもいい。。。重賞まで行きますよ!って感じです。
ただ、回収率のことを考えると・・・4000万円を回収し切れるか?平場3勝で準オープン。。。では、儲からないですからね。まぁ、重賞勝ちするようでしたら、4000万円も回収できるし楽しめるし。。。いいですよね。回収率を意識しなければおススメです。
あと、鶴留先生勇退後のことを考えると・・・どこに行くかで状況も少なからず変わりますからね。

次にNO.13アグネスタキオン×エフィシェントフロンティア。
この馬もいいんですよね。そして、既にこの世にいないリーディングサイアのアグネスタキオンの仔ということで、非常に出資意欲をそそられます。ただ、動きをみると非常に硬い。タキオン産駒のイメージは芝の中距離戦での活躍が頭に浮かびますが、この仔はダート寄りになりそうな感じを受けます。それでも活躍をしてくれそうなだけのスケールは感じますし、動きが硬くてもブエナビスタのように芝でも平気で走れちゃうような仔も出てくることもあるわけですから、あまり気にしなくてもいいのかも?とりあえず僕にとっては『アグネスタキオンの仔』というところが出資に迷うポイントですかね?

ということで、迷っております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月24日 (金)

101224ローレル愛馬情報

メリークリスマス。今日は僕もサンタですのでちょっと夜更かしです。

今日はローレル愛馬情報。

ローレルクラシック(3歳・牡)
(スペシャルウィーク×キョウワホウセキ)
12/22 26日(日)小倉6R・3歳以上500万下・芝2600m(フルゲート16頭・想定24頭中23番手タイ)に松山弘平で出走を予定しています。
この中間も変わりなく調整されており、本日追い切られました。
19日・栗坂良1本・単走・助手・4F58.8-41.7-26.6-12.9(馬ナリ余力)
22日・栗坂不1本・単走・助手・4F56.5-41.1-26.9-13.2(末強目追)
佐々木助手のコメント『使い減りはまったくなく、むしろ調子は良くなってきている感じです。筋肉の張りや毛艶などはこの時期にしてはあり得ない程だし、いつまでも触っていたいくらい気持ち良いですよ。前走は取りこぼしてしまったけど、松山に次の週に2600m特別を勝った馬と比べてどうだと聞いたら、『ローレルの方が全然強いです』と言っていましたよ。普段は気の弱い面がまだあるけど、競馬ではその辺が出ないのが良いところです』
★★★小倉のレースに投票するも非抽選で除外となってしまいましたね。仮にダート2400㍍に投票したとしても非抽選で除外でしたね。
クラシックはこの後どうなるかといいますと・・・在厩のまま2011年1回小倉で再チャレンジするとのこと。そして、連戦続きで馬体の方が心配されていたんですが、ここにきて使い減りもなく更に馬体が良くなってきているとのこと。毛艶もよくいい馬になってきているようです。助手の佐々木さんもクラシックのことをかなり気に入っているようで、手元に置いておきたいとのこと。“いつまでも触っていたいくらい”というくらいベタ惚れのようで厩舎に訪れる人にも『触ってみてください』という感じで、自慢の仔になっているようです。松山騎手もクラシックを気に入ってくれているようで、“強い馬”と見ているようです。松山騎手にも気に入られて、助手の佐々木さんにもかなり気に入られているようで、これは競走馬にとっていいことですね。
きっちり調整して、次走はきっちり決めてもらいたいです。

ローレルジャブラニ(2歳・牡)
(シンボリクリスエス×パフェ)
12/22 この中間も変わりなく調整されており、明日のゲート試験を予定しています。
岡部助手のコメント『食欲が物凄くて、飼い葉を催促する時に前掻きをして、左膝が馬栓棒にぶつかり内出血してしまっていますけど、獣医さんは問題ないと言っています。ここに来て数日はヤンチャな所を出していましたが、今は角馬場でも大人しくなりましたし、乗りやすくてメッチャ良い馬ですよ。担当馬のエイシンボストンに乗り味が似ている感じで、この馬が走らなければおかしいんちゃうかと思うほど期待しています。ゲートもセンスがあるし、すぐに試験に受かるはずです』
12/24 昨日23日(木)のゲート試験を受検しましたが、不合格となりました。
23日・栗E重・石橋(守)ゲート13.6-12.7-13.1-14.6-15.8(強目)
松永(昌)調教師のコメント『2頭併せの形で受けて、普通にできたと思ったのだけれど、2頭とも出が悪いとの理由で駄目だった。試験官には『えらく厳しいやんか』とクレームを付けておいたけど、文句をいくら言ってもね…。年明けにまた受けるつもりです』
★★★う~ん。。。ゲート試験は不合格でしたか。現2歳馬は今まで3頭がゲート試験を1発合格。ジャブラニにも1発で。。。と思っていたんですが、うまくいかないもんですね。でも、次は大丈夫でしょう。年明けにゲート試験ですので、デビューは2月ですね。もう少しゆっくり待ちましょう。
そして、この仔も担当助手である岡部さんから熱いコメントが。。。ジャブラニも担当助手さんにかなり気に入られていると聞きました。エイシンボストンくらい活躍してくれれば御の字。“走らなければおかしい”。。。いい言葉ですね。活躍してもらいましょう!
因みにジャブラニはかなり食欲旺盛のようで、飼葉催促の前掻きが凄いみたいです。そして、食べながらも前掻きするらしいです。“食べながら前掻き”は珍しいです。そんな馬あまりいませんから。。。
こちらもクラシック同様に担当助手さんから気に入られていますんで、ちょっとやそっとのことでは放牧にならないと思いますのでちょっと安心です。

アルボランシー(2歳・牝)
(ロックオブジブラルタル×フィーユドゥレーヴ)
12/24 山岡トレセンへ到着後も体を緩めることなくWM・ダク~キャンター2400mの調教を行っています。
山岡トレセン場長のコメント『短期のリフレッシュと聞いているので、緩めないように調整しています』
★★★“短期のリフレッシュ”ですって。河内先生!信じていいですか?とりあえず緩めずに乗るということで、期待しましょう。年末or年始に牧場見学に行ってきますかね?行ける日があるかな?

そうそう。。。年賀状を書かないと。。。クリスマスを迎えるとやっと火がつく。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月23日 (木)

オーシャンフリートが勝たなければいけない理由

今週は愛馬の出走なし。。。ローレルクラシックが日曜日小倉6R芝2600㍍に投票するも抽選にもならず。。。でも、トレセンに在厩のまま年越しして、2011年1回小倉に備えるようです。アルボランシーの3戦目で年内の我がファミリーの戦いが終了しました。34戦2勝。ちょっと苦い一年でしたね。今年を振り返るのはまた後日。。。
さて、今日の主役はオーシャンフリート。
オーシャンフリートはローレルクラブで最初に勝ち上がった08年産駒なんですが、当ブログであまりクローズアップされたことは無いんですが、、、オーシャンフリート(アフリート×ウインクパール)は今週土曜日小倉10R樅の木賞に出走します。今回はこのオーシャンフリートにどうしても勝っていただきたい。我が愛馬アルボランシーのために。。。
どういう理由でこのようなことを書いているかといいますと。。。実はアルボランシーの着順はこのオーシャンフリートの後を追っているんです。

オーシャンフリートの戦績
2010.10.10 京都 2歳新馬  芝1400  5着
2010.10.24 京都 2歳未勝利  ダ1400   1着
2010.11.07 東京 2歳500万下  ダ1300  10着
2010.11.21 京都 もちの木賞  ダ1800 5着

アルボランシーの戦績
2010.11.06 京都 2歳新馬  ダ1400  5着
2010.11.20 京都 2歳未勝利  ダ1200  1着
2010.12.11 阪神 2歳500万下  芝1400  10着

ということで、アルボランシーは2月に復帰するとしまして。。。復帰戦は5着と決まっています。そして、復帰2戦目はデビュー2戦目と同じように勝って欲しい。。。できれば桜花賞トライアルで。。。オーシャンフリートが土曜日の樅の木賞に勝ってくれれば勇気100倍なんです。ガンバレ!オーシャンフリート!!
でも、今週勝つと次走は・・・ループの法則で10着?
アルボランシーも桜花賞本番は10着?そんな楽しい2011年への夢を見られるように頼んだぞ!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年12月22日 (水)

101222ユニオン愛馬情報

クラシック出走できるか?芝2600㍍に入れなかったら、ダート2400㍍で出てもらえないだろうか?その中に入っても十分勝てる気がする。。。もちろん芝の方がいいと思うが。

今日はユニオン愛馬情報。

ライトアップゲラン(2歳・牝)
(ファンタスティックライト×ヒダカゲラン)
12/22 角馬場⇒坂路(普通キャンター) 
スクミの症状は改善されてきているが、またフケがきている。徐々にペースを上げていきたいところだが、もう少し様子を見ていく。
担当厩務員のコメント『動きがスムーズになってきたなと思っていたところだったんですが、またフケがきてしまいましたね。周期的にはもう少し先だと思っていたんですが、早くもその兆候が見られます。こうなるとまたイレ込みがきつくなる可能性がありますので、慎重に進めていきたいと思います』
★★★スクミの症状が消えたことは良かったですね。多少筋肉に張りが出た程度なんでしょう。しかし、また、フケ(牝馬の発情)が出たということで、調整に苦しみますね。無理に走らせて、性格に歪が出るとイヤですし。。。とりあえず、ゲート試験を既に通っていることが救いですね。年明けすぐのレースには間に合わないかもしれませんが、馬に合わせてじっくりやっていただきたい。

ハナカゲ(2歳・牝)
(サクラプレジデント×シャドウスプリング)
12/21  普通キャンターでコースと坂路を乗っている。テンションの高さが気になるところ。
担当者コメント『落ち着いている時と落ち着いていない時の差が大きいですね。良い動きをしているかと思えば、気持ちが入り過ぎて頭が高い走りになってしまっている時がありますね。引き続き、注意しながら乗っていきたいと思います』
★★★状態に変わりなく。。。活気があっていいところもあるんですけど、落ち着きがない。そして、いろいろなことに敏感過ぎる。。。調整も難しくなりますし、太らなくなる。。。牝馬の自滅パターンの一歩手前とも言える状況とかなり心配しております。夏になってガレるような感じになると辛いですね。。。血統的には夏向きらしいのに。。。まずは落ち着け!ハナカゲ!!

何となく似ているユニオン愛馬2頭。大丈夫だろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月21日 (火)

2010世代第1号出資馬

2010世代第1号の出資馬が誕生しました。それは・・・昨日のキャンペーンのところでも書きましたが、ビッグテンビー10です。絶好調の村田牧場。僕の一口馬主生活も村田牧場産のローレルウェルシュ無くして語れませんからね。
では、クラブからのコメントを。

ビッグテンビー10(当歳・牝)
(アドマイヤムーン×母父テンビー)
コメント
ハイレベルで堅実。ローレルゲレイロの母ビッグテンビーを例えるなら、そんなフレーズが頭に浮かぶ。初仔のローレルゲレイロからマンゴプティングまで4頭連続でJRA勝馬となった。そのすべてと比較して「いままでの産駒と比べてモノが違う」と言わしめる同馬の存在感が今回の募集ラインナップに厚みを増している。父のアドマイヤムーンは2007年の年度代表馬。血の宿命を乗り超えて、世界に認められたその豪脚を受け継ぐ産駒に注目して欲しい。

10/09/10
ハイレベルで堅実。ローレルゲレイロの母ビッグテンビーを例えるなら、そんなフレーズが頭に浮かぶ。初仔のローレルゲレイロからマンゴプティングまで4頭連続でJRA勝馬となった。そのすべてと比較して「いままでの産駒と比べてモノが違う」と言わしめる同馬の存在感が今回の募集ラインナップに厚みを増している。父のアドマイヤムーンは2007年の年度代表馬。血の宿命を乗り超えて、世界に認められたその豪脚を受け継ぐ産駒に注目して欲しい。

10/11/10 
一目見て印象的なのは、全体的なまとまりとバランスの良さです。脚長で背が高く、馬っぷりは、偉大な兄ローレルゲレイロにも負けていません。兄姉に共通の気性も受け継いでおり、気に入らないことがあると、立ち上がったり蹴ったりと自己主張をすることも。「でも、してはいけないことは、すぐに覚えてくれますし、普段は無駄なことをせず、素直ですよ。馬体面でも気性面でも、放牧地で見せる動きからも、かなり良いものを持っていると思います」と村田牧場大富分場長。この母系特有のズバ抜けたスピード能力はもちろん標準装備。そこに父アドマイヤムーンのカミソリのような切れ味が加わって、一体どうなるのやら。「夢を見させてくれる馬」に相違ありません。
★★★この仔はローレルウェルシュの近親でもあります。兄弟全てが勝ち上がっていることも非常に頼もしいです。兄姉の父はキングヘイロー(×3)、メイショウドトウ、メジロライアン、ムーンバラッド。。。今回は実績は無いものの、将来を期待されているアドマイヤムーンが父となり、今までよりもグレードが上がった感じ。それでいて2000万円募集はありがたい限り。
もちろん、馬体もバランスの良い好馬体で夢は広がります。未勝利で終わる馬ではないですしね。。。プレゼント馬と抱き合わせで考えれば、半額で購入したとも考えられるワケですからね。。。買うしかないでしょう!!
皆さんも一緒に応援しませんか?ローレルクラブに入会されていない方にもお勧めできる一頭です。
ということで、我がファミリーに仲間入り。よろしくお願いします。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2010年12月20日 (月)

当歳募集馬出資キャンペーン

ローレルで会員向けキャンペーン実施中。
会員限定で2010年産募集馬(当歳馬)出資キャンペーンということで、12月24日までに当歳馬2口に出資すると、1歳馬であるミスカスウェル09、ロッチダンス09、ローズホーラー09、サカイヤレミー09のいずれかを一口プレゼント。
当歳馬に2口出資ということでなかなかリスキーなところもあるんですが、気に入っている1歳馬がプレゼント馬になっているということと、出資を前向きに検討している当歳馬がいるところからこのキャンペーンに乗っかることにしました。

出資を決めた当歳馬はローレルゲレイロとマンゴプディングの妹であるビッグテンビー10に2口。サムライハート産駒のジョディーディア10にもかなり心惹かれましたが、この時点で2頭に出資は、今後の追加募集馬に出資することが難しくなる恐れがあるので、ここは我慢。父アドマイヤムーンのビッグテンビー10への出資と決めました。
そして、プレゼント希望馬はロッチダンス09。。。希望はエフィシェントフロンティア09かアサカフジ09だったんですけどね。この2頭はプレゼント馬に名前が無かったので、こんなこと書いても仕方が無いんですけどね。

ロッチダンスはアサクサデンエン産駒。馬体も頼もしく、以前から注目しておりました。これが当たるといいんですけどね。
第二希望は関西馬ローズホーラー09ではなく、珍しく関東馬のミスカスウェル09。。。この馬もちょっと気に入っております。でも、ロッチダンスが欲しいなぁ~~。
ということで、皆さんもこのキャンペーンを有効に使ってみませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月19日 (日)

銀河系馬券

今週もGⅠレースがありました。朝日杯FSです。人気は⑩サダムパテック。馬券はこの馬から行きました。結果はもちろん。。。轟沈。最近は全く当たりません。その他のレースも・・・イマイチでした。

そして、阪神メインのギャラクシーSも
◎⑧ケイアイガーベラ
○④ダノンカモン
▲⑨アイアムルビー
△⑩セイカアレグロ
△②ワンダーポデリオ
と予想。
このレースは三連複で勝負しておりました。

出張から帰ってVTR観戦していたんですが、逃げた⑯アーリーロブストが粘ったところで“THE END”。
本日も大敗でした。。。

しかし・・・“club A-PAT”で確認したところ、大幅プラスになっておりまして。。。

確認したところ・・・購入した馬券が④-⑧-⑯で的中。。。46.5倍ですね。

種明かしは。。。僕は、新聞で予想して、購入する買い目をいったんメモに書き写してから携帯等で入力するんですが、字が下手でして・・・⑩と⑯を見間違えての購入です。
大体こういう時って、⑩が馬券圏内に入ってきて泣くに泣けない結果になるんですが、今回は珍しく逆パターン。。。我が懐を救う奇跡の馬券となりました。
でも、馬券下手は治っていない状態ですので、手放しで喜べないんですけどね。

しかし・・・ギャラクティコ馬券に助けられた週末でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月18日 (土)

感染

最近、ブログの更新ができておりません。。。忙しいこともあるんですが、実は・・・パソコンがコンピューターウィルスに感染していることが発覚。実は初めて感染しました。

そして、解決するまでは必要最低限の仕事以外はPCを動かさない毎日が続きました。
4日くらい費やしましたが、何とか回復。。。これから、書けなかった日の分も随時アップしていきますので遡って読んでやってください。

よろしくお願いします。

でも・・・回復しているはずなのにPCの動きが悪い。。。原因は何だろう?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月17日 (金)

2009世代第2号出資馬

新戦力の発表です。
12月に入り急に売れ始めたドラフト1位候補のP30(オオシマルチア09)にギリギリで出資を決め何とか無事に出資することができました。

P30については以下の通りです。

P30(1歳・牝)
(ディクタット×オオシマルチア)
大島牧場産・沖厩舎 総額1,050万円(200口)

ポイント
スプリンターズSを影をも踏ませぬ逃走劇で圧勝した“韋駄天”カルストンライトオの妹。クラブ所属の姉レゾリューションも3勝を挙げており、兄姉は堅実且つ優秀。今回、父にディクタットを迎えたことで、快速G1馬の兄と4分の3同血となったことは最大のポイントだ。本馬は母の産駒らしくボリューム満点の好馬体。背中が短く、兄と同じくスプリント戦での活躍が期待できる。柔らかくしなやかな動きは芝向きの印象。パンパンに張ったトモは高い推進力を秘め、抜群のダッシュ力とスピードの違いで一気に押し切るレースが似合いそう。多くの活躍馬を送り出した母もこれがラストクロップ。最後に大きな勲章を届けるのは本馬だ。

予想体重 470~490kg
距離適性 短距離

生産者からのPR
兄カルストンライトオの4分の3同血を意識して父を選びました。本馬は母の産駒らしい雄大な馬格にプラスしてバランスの良さがあり、狙い通りのスピードタイプの体形に出ました。血統的にも、スピードを活かした競馬をしてほしいと思います。また、本馬は活躍馬を多く輩出した母の最後の産駒になります。兄のように短距離戦線で活躍して、母に大きな勲章をもたらしてほしいと思っています。
(大島牧場・小島郁雄)

9/20 大島牧場でゴールデンウィーク明けから夜間放牧を行っている。兄カルストンライトオを意識して配合された本馬。春先から目立った好馬体をしていたが、ここにきて一段と成長した。馬体の幅が増したことはもちろんだが、トモはパンパンに張って見るからに力強い。また、骨太で骨格がしっかりしていて頑丈そうなところも頼もしい。これには生産者である小島氏、管理予定の沖調教師も「想像通りに成長している。良い仕事をしてくれそうで、先々が楽しみ」と声を揃えて期待を大きくしている。なお、寒暖の差が大きくなる10月一杯までは、このまま夜間放牧を行い馬体の強化に努める予定。

9/30 ヒダカシーサイドファームに移動。

10/4 付くべきところに筋肉が付き、引き締まるところは引き締まり、メリハリの利いた馬体になってきた。ギュッと中身が詰まった印象で、パンパンに張ったトモは目を惹く。高い推進力を備えていることだろう。なお、9月30日にヒダカシーサイドFへ移動している。 体高 158cm 胸囲 182cm 管囲 21.0cm

10/20 移動後も夜間放牧を継続していたが、中旬からはブレーキングを開始。教えたことに対しての理解力が高く、口向きも良好でドライビングも難なくクリア。現在はダクを乗っている。まずは基礎体力を強化するように、じっくり乗り込んでいく。

11/20 徐々にダクの距離を延長し、現在は屋内ダートコースで2000mほど乗っている。雄大な馬体を持て余すことはなく、見た目通り動きはとても力強い。騎乗している場長からは「この時期は、体の中身が入っていないとどうしても小手先だけで走りるため、ふらふらしがちになるもの。でも、本馬はとてもしっかりしています。また、力強さの中に柔らか味を感じさせるのも良いですね」と高評価を得ている。今後は更にダクの距離を延長し、一層の基礎体力の強化に努める予定。先日新馬勝ちした兄ワンダーフォルテに続きたい。
★★★いい馬に出資できたと満足しております。ただ、100%の満足感ではなく、出資する以前から躊躇する要素を2~3持っていたので、その部分で悩んでおりました。(書きませんけど)
でも、それをカバーできる楽しみを持っていると、出資検討ギリギリで確認できましたので、出資に至りました。だから、差し引きすると満足度115%くらいになります。
出資証と一緒に写真も送られてきましたが、みっちりと中身が詰まった感じでいい馬体ですね。特にトモの発達が気に入っております。短距離ベースでレースを考えられていると思いますが、レゾリューションのようにマイル付近まではやれそうな感じ。芝でもダートでも。。。でしょうか?
早期の勝ち上がりを期待しておりますが、その後も息の長い活躍を期待したい。この仔ならやれるはず。早い時計を出す時期になったら、このみっちりと中身の詰まった馬体がどんな感じで弾けるのか今から楽しみです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年12月16日 (木)

101216ローレル愛馬情報

今日と明日は2日連続で忘年会。ということで、眠いです。

ローレルクラシック(3歳・牡)
(スペシャルウィーク×キョウワホウセキ)
12/16 18日(土)小倉7R・3歳以上500万下・芝2600m(フルゲート16頭・想定12頭中10番手タイ)に☆松山弘平で出走を予定しています。⇒除外
この中間も変わりなく順調に調整されており、本日追い切られました。
12日・栗坂良1本・単走・助手・4F63.1-44.6-27.9-13.0(馬ナリ余力)
15日・栗坂重1本・単走・助手・4F57.7-42.2-27.4-13.3(一杯追)
飯田(雄)調教師のコメント『ジョッキーも2回はあんなヘマをしないでしょうし、想定メンバー的には本命にもなりそうでしたが、未勝利馬同士で抽選になり、除外されてしまいました。状態面はキープできていますし、1週伸びれば更に馬が良くなりそうな感じですから、来週の2600mで今度こその気持ちです』
★★★抽選に持ち込みましたが外れくじ。。。除外となってしまいました。飯田先生のコメントの通り出走となれば本命となったでしょう。メンバーは薄かったですね。何とか出走して欲しかった。。。
こうなると来週の2600㍍狙いですが、ここも出走馬が駆け込みで増えそうで出走も微妙な感じ。。。僕としては先週の日曜日から19日小倉10R名古屋日刊スポーツ杯(芝2600㍍)1000万下条件に登録して、ここに出走するガッツが欲しかったです。メンバーは知っている名前ばかりで強力ですが・・・出走できなかったら何にもならないですしね。
今週水曜日は一杯追い。時計も重ながらまずまずですね。好調は持続できているとのことで安心しました。今一番怖いのは故障ですからね。
来週は芝2600㍍にチャレンジするワケですが、除外確実になった場合どうするんですかね?芝1800㍍もありますがこちらも登録が殺到でしょう。。。ダート2400㍍もあるんですが、そちらに出走もありますかね?再ファンドを考えているんであれば、ダートはダメとも言っていられないワケで、フルゲート割れする状況であれば挑戦して欲しいと思う。その時は逃げろ!!

アルボランシー(2歳・牝)
(ロックオブジブラルタル×フィーユドゥレーヴ)
12/15 レース中に右前の繋ぎ部に軽度の外傷を負いました。本日より運動を再開していますが、近日中に山岡トレセンに放牧に出る予定です。
河内調教師のコメント『レース中に引っ掛けたか何かで外傷し、1日だけ若干の腫れと熱を持ったけど、塗り薬だけで症状は治まっているから問題ない。でも芝で案外だったし、ストレス掛かっているだろうから、1~2ヶ月くらいリフレッシュさせようと思う。次からはダートだね』
★★★レース後、多少の外傷はあるものの問題ない様子。山岡トレセンに放牧に出るようですね。
『1月5日京都のダート戦に出走して欲しいなぁ~』と、思っておりましたが叶いませんでした。帰厩は1ヶ月~2ヶ月後となっておりますが、河内先生ですのでここがどれだけの長さになるのか掴めません。匿名掲示板で書かれているように、半年や1年後の可能性も秘めており、心配ではありますが、コメントの通り1ヶ月~2ヶ月での帰厩だって当然のことながらあり得ると思うので、期待するしかありません。
桜花賞に挑戦できるプランで戻ってきて欲しいところ。

ローレルジャブラニ(2歳・牡)
(シンボリクリスエス×パフェ)
12/15 入厩後ここまで変わりなく調整されています。
松永(昌)調教師のコメント『まだトレセンに来てから数日だから環境に慣れていないこともあるんだろうけど、チャカチャカして落ち着きがなく煩いところを見せているよ。だからゲート練習はもう少し落ち着くのを待ってから始めたいと思っています。体重はまだ530kgあるけど、こんな感じならすぐに絞れてくるだろう』
★★★入厩おめでとう。入厩直後はまぁ、こんなもんでしょう。
530キロを超える雄大な馬体をしっかり絞ってレースに出てきて欲しいですね。1/15京都・1/16京都であれば応援に行けそうです。15日のダート1800㍍新馬戦はどうでしょう?ギリギリ間に合うかどうか・・・ってところですね。ゲート試験を1回でもしくじるとダメかな?
ところで・・・JRAの2011年のレーシングカレンダーって見難くなりましたよね。。。適鞍を探すのに時間がかかります。

ローレルクラシックの除外は非常に残念。来週に夢をつなぐしかないですね。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月15日 (水)

101215ユニオン愛馬情報

火曜日分の文章が仕上がっておりません。アルボランシーのレース回顧を書こうと思っています。しっかり書きますのでまた読んでやってください。
それから、ローレルクラシック。。。想定では12頭。フルゲート16頭でギリギリ出られそうかな。。。楽しみにしておきましょう。

今日はユニオン愛馬情報です。

ハナカゲ(2歳・牝)
(サクラプレジデント×シャドウスプリング)
12/14  普通キャンターでコースと坂路を乗っている。
担当者コメント『若干テンションが高いところが見られるようになりました。少し姿勢の高い走りになり、引っ掛ることもありますので、注意しています。乗っていて良いところと悪いところが交互に出てきている感じもしますので、うまく調整していきたいですね』
★★★この前見に行ってきましたので、イメージは沸くんですけど、もう坂路に入ったんですかね?坂路に入ったのであれば土曜日だと思うんですけど。。。思ったよりも早く坂路入りしましたね。いくつかの課題が見つかりましたので、それをクリアして栗東に戻ってきて欲しいです。
担当者はIさんでしょうね。この前、牧場で話してくれた通りのコメントです。これからもよろしくお願いします。

ライトアップゲラン(2歳・牝)
(ファンタスティックライト×ヒダカゲラン)
12/15 角馬場⇒坂路(普通キャンター) 
全休明けの昨日、スクミの症状が見られたため、本日は普通キャンターに留めている。徐々に良くなってきているため、様子を見て追い切りを再開する予定。
谷調教師のコメント『今日にもしっかり乗ろうかと思っていましたが、スクミの症状が出てしまいました。ひどいものではありませんが、もう少し時間が掛かりそうです』
★★★こちらもスムーズにいきません。軽いスクミということで、調教の負担が筋肉に出てしまったかとは思うんですが、それほど強い負担が掛かってるわけではないですからね。。。まだまだ、身体が追い付いていないということか?晩成血統ですので、焦らずゆっくりとした調整でお願いしたい。気難しそうでもあるので、あまりプレッシャーをかけ過ぎないように。。。5月くらいのデビューでもいいですよ。

ということで、なかなか思う通りに運ばれないユニオン愛馬。。。でも、ここは我慢の時。後に大輪の花を咲かせてくれれば。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月13日 (月)

101208イクタTF訪問記③

イクタTF訪問記②を書いたのですが、皆さん気付いてくれました?
というか、訪問履歴を見ると『イクタTF訪問記②』を見てくれた人がほとんどいない。。。ひと桁。ということで、今日アップしたレポートは『イクタ~②』の続きとなりますので、皆さん!→こちら←を見てから今日の分を読んでください。一応、今日でファイナルの予定です。

さて、ロンギ場でフォームの矯正調教を終えたハナカゲは一度装鞍所へ。。。そして、担当のIさんが騎乗。コースへ出ての調教です。
1012131 ウォーミングアップとして、内馬場でダク。。。ここでもやはり大きな物音がすると横跳ねをしたり立ち止まったり。。。動き出すといいところはあるんですけど、まだまだ幼いというかどっしりとしていない感じです。
1012132 そして、コースに出てのキャンター。今日はやや軽めでしたね。そして、ロンギ場で結構長い時間調教をしているので、コースでは短めですね。そして、動きはといいますと・・・速い時計ではありませんがピリッとしたところがあっていいところもあるんですが、やはりクビを上げて走ってしまう場面も所々。。。場長さんが隣で解説してくれたんですけど、“鼻面がクビの根元よりも下がった状態で走っていればいい”らしいです。ハナカゲも矯正されたこともあって大体そんなフォームで行けるんですけど、たまにクッとクビを上げてしまう。。。もう少し、イクタさんでの調整が必要ですね。
そして、内馬場に戻りクールダウンとゲート練習。
そして、洗い場へ。。。
1012133 洗い場につくと。。。クビがかゆいのか、仕切ってある棒へクビをゴリゴリ擦りつけておりました。それがまたカワイイ。そして、結構発汗があったのですが、あまり息を切らしている感じではなく。。。そんな状態でも大人しい。触っても大人しい。怒らない。耳を絞らない。。。本当に気のいいお馬さんです。以前、ここに来ていたサクラプレジデントの仔はSS系らしいキツい性格で扱いが難しかったようです。ということで、ハナカゲのことも警戒していたようなんですが、反対に大人し過ぎる仔で驚いているとのこと。
『この仔の兄のマリエンベルクも大人しいんですよね。よっぽどお母さんの性格が良いんでしょうね。母系の良さがハナカゲにもしっかり出ていますよ。マリエンは縫いぐるみみたくボーっとしてますから。。。まだ、ハナカゲの方がピリッとしたところを見せますよ。』とのこと。
続けて、
『2歳のときにマリエンに跨った時は“凄い馬”って思いましたね。。。ちょっと買い被り過ぎたみたいですけど(笑)マリエンもハナカゲも冬は苦手なのかもしれませね。冬毛がボーボーで。。。マリエンも帰厩してきたときは(馬体も)縫いぐるみみたいでしたから。ハナカゲもちょっと冬毛が気になりますからね。。。』
マリエンベルクも現在2勝馬ですが、やりそうな雰囲気は秘めているはず。競走成績を見ても冬は下降線ですので、ここでしっかり充電して、春先からが勝負ですかね?因みに帰厩はそんなに後にはならないとのこと。年内か年明けか。。。

では、マリエンの妹のハナカゲに話は戻りますが、栗東トレセンでのハナカゲ担当者はイクタTFのスタッフさんと親交が深いと言うことで、この仔の情報はしっかりと伝わっているようです。前にも書きましたが速いところになると口向きが悪くなると言うことでその矯正。そして、しっかり食べさせて痩せないようにして欲しいとの注文のようです。ということで、徐々に早いところはやっていくみたいなんですが、き甲も抜け切れておらず、もう少し大きくなるということやここで厳しくやりすぎて人に対して従順でおっとりした性格をつぶしてしまうことも良くないという事で、ちょっと時間をかけてやっていくみたいです。なので、年内復帰はギリギリのラインですね。僕の予想だと1月中旬復帰と見ております。
今のところ少し冬毛が出ていて、毛艶もあまり良くありませんね。体重ももう少し増やさないと・・・Iさんは以前お世話をしてくれていたイナズマチーターを引き合いに話をしてくれましたが、イナズマチーターみたく終始ピリピリした状態になってしまうと体重の調整が難しくなるし、扱い辛くなってしまう。ハナカゲは今のところ人に対して敵意は無く指示にしっかり従うとのこと。でも、この兄弟(姉妹)は一番深いところで人間を信用しきっていないのだという。ハナカゲはイナズマチーターと比較して、体に幅があるので薄っぺらい身体にしないよう気をつけ体と話しておりました。飼い食いの方もいいみたいですけど、草はしっかり食べるんですけど、配合飼料はやや苦手としているようで、穀物やサプリメントが入った餌は工夫しないと残してしまうようです。。。それでは、体重も維持できなくなるので困りますね。
さて、イクタTFのNO.1のIさん何ですが、今、『馬と話す男』の世界的調教師“モンティ・ロバーツ”さんを目標にして、普段の調教にもそれを取り入れているのだといいます。『成果がすぐに出るかは分かりませんけど、勉強しています』ということで、ウデのある人でも、更に高みを目指して精進することは大切です。Iさんにその効果が出てユニオン各馬にも良い影響が出てくれることを期待したいですね。
ハナカゲは身体の手入れをされている間も大人しく、暴れたりしないんですよね。。。これはみんなに可愛がられます。ここ、イクタTFでもしっかり可愛がられて立派に成長していって欲しいと思います。

そして、次に控えるはクエルクス。。。この仔も大人しい。そして、かなり馬格もあり、強そう。。。見学の時はクエルクスが既に1勝を挙げていることを知らずに見ておりましたが『これは勝つだろうなぁ~』って思ってみてました。帰厩時は相当ガレて戻ってきたんですが、少しプレッシャーから解き放って軽めの調教に切り替えたところ、急に食いも良くなり馬体重も大幅増。プラス30㌔くらいついてしまったとのこと。(←いいことなんですけどね)
ということで、これから徐々に乗り込んで絞っていくらしいです。
それから・・・ライトアップゲランの話も少し。。。姉オドゥールゲランは入厩前はおっとりした性格で、身体もしっかりしており、『これはもしかすると・・・』と、思っていたらしいのですが、一度入厩してからは・・・とてもキツイ性格になってしまい、ここでもかなり手を焼いたそうです。ライトアップゲランも難しいところがある見たいは情報はクラブから入っていますので、『やっぱり姉妹ですね(笑)』と言っておりました。素質の高いところも併せて持っていて欲しいものです。
クエルクス、ハナカゲ・・・もう少し話は持っているんですが、この辺にさせていただこうと思います。
そういえば、ローレルクラブのローレルブライトもイクタさんに居たんですよね。。。見るのを忘れました。スイマセン。次回のチャンスにでも。。。
ということで、イクタTFの皆さん。いろいろとありがとうございました。
ハナカゲ、クエルクス、マリエンベルク、ローレルブライトをよろしくお願いします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年12月12日 (日)

101212ユニオン愛馬情報

最近は体調が優れない。。。そして、先週の水曜日に仕事をお休みしてハナカゲに会いに行ったので仕事が溜まってしまった。。。ということで、いろいろなところに歪が生じております。。。このブログの更新もままならず、、、ご迷惑をおかけしております。

今日は遅くなりましたがユニオン愛馬情報。

ハナカゲ(2歳・牝)
(サクラプレジデント×シャドウスプリング)
12/7 普通キャンターでコースと坂路を乗っている。定期的に坂路で15-15を乗っていく。
担当者コメント『特に悪いところはありませんので、しっかり乗っています。速いところを乗ってどうなるかというところはありますが、厩舎での印象と同様に普通キャンターでは前向きで良い感触をしていますね。感触を確かめながらどんどん乗り込んでいきたいと思います』
★★★先週水曜日に見学に行ってきました。詳しいレポートを早く書きます。悪いところはありませんので、しっかり乗り込めそうです。見学前に“15-15を乗っていく”を“15-15を乗っている”って、勘違いしてましたね。。。ということで、“これから”乗っていくということです。

ライトアップゲラン(2歳・牝)
(ファンタスティックライト×ヒダカゲラン)
12/3 E ゲートから 13.7-15.1(ブック)強めに追う ゲート試験合格
12/8 角馬場⇒坂路(60.8-44.2-29.0-14.1)馬ナリ余力 ワタシミリョク(新馬)強めを0.3秒追走同入
先週の金曜日にゲート試験を受け無事合格。今後はデビューへ向け、徐々に追い切りのペースを上げていく。本日は坂路で併せ馬の追い切り。15-15程度で問題なく駆け上がっていた。
谷調教師『ゲート試験では決して速い出ではなかったものの、無事に合格できた。1回で合格できたのは何より。今後は徐々にペースを上げてく。まずは15-15からだし、年明けのレースになる見込み。やっぱりフケの周期に合わせてイレ込みが激しくなるようで、今は非常に落ち着いて良い精神状態だね』
12/12 坂路(60.5-45.2-29.8-14.3)馬ナリ余力
★★★12/3に一発でゲート試験に合格しましたね。時計はそれほどでもないですけど、試験は合格することが大切。ゲートの出はこれからの練習でうまくなってもらいましょう。まだまだこれから速いところを乗っていくので、デビューまではもう少し時間がかかりますね。12/12の坂路は馬なりながらまずまずな感じ。気合をつければいい時計が出そうな感じで楽しみです。難しい血の一族ですので、気分を損ねないように面倒を見てもらいましょう。

ユニオン愛馬も“デビュー”の言葉が聞こえてきました。勝ってもらわないと困るぞ!!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年12月11日 (土)

101211ローレル愛馬情報

イクタTF訪問記②のアップが遅れておりまして申し訳ございません。書くこともいっぱいあるんですけど、この土日がちょっと忙しくて・・・日曜日に書けたら頑張ります。

今日はローレル愛馬情報。

ローレルクラシック(3歳・牡)
(スペシャルウィーク×キョウワホウセキ)
12/8 18日(土)小倉7R・3歳以上500万下・芝2600mに出走を予定しています。
レース後の上がりの状態に特に変わりないようです。
飯田(雄)調教師のコメント『本当はせめて中2週くらいは空けてあげたいけど、結果を出さなければいけない状況ですからね。今回も上がりの状態面に異常はないし、馬も頑張ってくれています』
★★★来週の出走ですね。多分、レース直前にも書くと思うんですけど。。。いつも勝ち馬に先に出られて、それを追走して届かず2着。。。ってのが多いので、逃げたり4角先頭抜け出し。。。みたいな戦術はどうでしょう?クラシックは直線で交わされたりしないと思っていますけど。
彦島特別(小倉芝2600㍍500万下)もフルゲート。未勝利馬は入り込めなかったですね。来週の18日(土)平場芝2600㍍も結構いっぱいになるかもしれませんね。と、いうことで、19日小倉10R名古屋日刊スポーツ杯(芝2600㍍・1000万下クラス)に登録してもらえないだろうか。。。勝つチャンスはあると思います。

アルボランシー(2歳・牝)
(ロックオブジブラルタル×フィーユドゥレーヴ)
11/9 11日(土)阪神6R・2歳500万下(混)芝1400mに川田将雅で出走を予定しています。
この中間も変わりなく調整されており、本日追い切られました。
8日・栗P良・助手・6F81.0-65.2-51.0-37.9-12.0(9分所・強目余力)
(2歳未勝利・ココモオレンジ・馬ナリの外同入脚色劣)
河内調教師のコメント『馬体重もキープしているし、状態面は使いながら良くなっているようだ。馬なりの調整でも良い時計だったし、トビ自体が芝でも…と思わせるようになってきた。距離もこなせるようなら楽しみだ』
★★★期待していましたが、本日10着。。。詳しくはレース回顧で。

ローレルジャブラニ(2歳・牡)
(シンボリクリスエス×パフェ)
11/30 この中間はWM・ウッドコースでのダク600m・キャンター1800m・坂路1本18-18・週2本15-15の調教を行っています。
松永(昌)調教師のコメント『先週から本格的な調教を始めたので、それほどビシビシ乗ったわけではないけれど、宇治に着いてからも順調で体が引き締まってきた感じだから、そろそろトレセンへ連れて来ようと思う』
12/7 引き続きWM・ウッドコースでのダク600m・キャンター1800m・坂路1本18-18・週2本15-15の調教を行っています。
12/8 明日9日(木)の検疫を経て栗東トレセン・松永昌博厩舎へ入厩予定です。
★★★宇治田原優駿Sで15-15まで行きましたので、栗東トレセンの坂路に対応できるところまで整いました。そして、そんなことを思っている間にトレセンに入りました。身体の大きな馬で、仕上がりも少し時間のかかりそうなタイプですので、年内にゲート試験を受けられれば御の字ですね。デビューは1月から2月になるでしょう。。。新馬戦がある間に出走して欲しいです。
とりあえず次のステップに進めて良かったです。

さて、役者が揃いました。みんな頑張れ~。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月10日 (金)

2歳500万下に出るよアルボランシー

ボーナス減りました。。。妻がフルタイムで働きだしましたので、我が家にとっては大幅UPのボーナスでしたが個人的にはねぇ~・・・ちょっと残念です。
さて、この減った分を明日取り戻したい。

アルボランシー
11日(土)阪神6R2歳500万下(混)芝1400㍍
【発走13:00】
川田将雅54.0㌔

中京スポーツ
印…〔…………△…○…〕

競馬ブック
レース評・・・上位拮抗
短評⇒昇級戦で初芝
印…〔…………………〕
TM〔……………△………〕 
道悪…―
コース―
距離…―
前走…―
調教…―
実績…―

○アルボランシー【河内師】
芝もこなせそうなタイプ。今は具合がいいだけに、昇級しても通じるか見てみたい。

調教より→脚いろ見劣る
8日・栗P良・助手・6F81.0-65.2-51.0-37.9-12.0(9分所・強目余力)
(2歳未勝利・ココモオレンジ・馬ナリの外同入脚色劣)

予想オッズ28.6倍(10番人気)

クラブからのコメント
河内調教師のコメント『馬体重もキープしているし、状態面は使いながら良くなっているようだ。馬なりの調整でも良い時計だったし、トビ自体が芝でも…と思わせるようになってきた。距離もこなせるようなら楽しみだ』

★★★未勝利戦勝利から中2週。ダート路線を進む話もありましたがデビュー3戦目にして初の芝コースになります。500万下平場のレースですが、メンバーはまずまず揃った感じ。阪神JFに抽選で漏れた⑩ゼフィランサスと2戦1勝のフジキセキ産駒⑨シャイニーホークが人気を集めそう。この⑩ゼフィランサスですが、元愛馬のローレルウェルシュの半妹になります。前走はやや不利があって4着に沈みましたがそれまでは6戦6連対。なかなかの安定感です。そして、⑨シャイニーホークは兄にダイタクリーヴァやダイタクバートラムを持つ良血馬。期待が大きいです。
それに続くのがオンファイア産駒の⑥オウエイバスターとアルボと同じザ・ロックの仔⑤エイシンオスマンの2頭か?
アルボランシーよりもはるかに実績で勝る馬が多過ぎますので、“○○○を要注意”とかって言うのも特にないですね。まずはアルボが自分の力を発揮できるかどうかです。
まずは芝挑戦について。デビュー戦と2戦目はダートでしたがどうも砂を被ることを嫌がっている感じ芝の方が気分良く走ってくれるんではないかと考えております。そして、勝ったD1200㍍よりも200㍍のびた1400㍍という距離。。。これはプラスではないかと思います。前走でも終始おっつけながらのレースでしたので、もう少し落ち着ける方がいいのかと。。。また、ゲートがうまいという触れ込みだったのに、全くその片鱗を見せず2戦ともやや出負け。。。スタートがあまりうまくない感じであればこの距離延長は嬉しいですし、3戦目にしてやっとスタートをうまく切ってくれる感じであればこの距離は更に魅力です。そして、阪神は開催2週目。芝の傷みもなく良いコンディションでのレースとなるでしょう。ダートではキレのある末脚を魅せてくれました。キレのある末脚を芝でもきっちりと出してくれるようであれば、おもしろいんじゃないでしょうかね?
あと、“調教で走らない馬は芝で走る”ってことも聞きますし、河内先生も“芝でも良さそう”って感じのコメントも出してくれていますのでダートよりもいい走りができるようだと楽しみ。それから“調子が良さそう”って書いてありますよね。。。デビュー戦は明らかな追い不足。2戦目は叩いて中1週。。。明らかな良化途上の状態での出走でありました。そして、今回が叩き3走目。前走よりも更に状態が上向いていることは明らか。。。レースは相手があることなんで着順はどうなるか分かりませんが、今までの中で最高の状態でレースができそうです。
鞍上は全レースで跨ってくれている川田将雅騎手。このコンビのまま桜花賞に出て欲しいなぁ~なんて思います。
もし仮にこのレースでうまくいかなくてもダートがあるじゃないか!!
気楽な気持ちで臨んで欲しい。
明日はローレルゆかり馬券で楽しみますかね。
⑨ゼフィランサス⇒村田牧場 ローレルウェルシュの妹。
⑫キョウワジャンヌ⇒協和牧場 1歳募集馬の姉
⑬アルボランシー⇒高瀬牧場 我が愛馬

どんなレースをしてくれるか楽しみです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月 9日 (木)

101208イクタTF訪問記②

  これで2010年8回目の牧場見学。目標達成のために行っているワケではありませんが、一口馬主を楽しむバロメータになっている年間8回の目標を達成しました。やっぱり嬉しいですね。
では、イクタTFレポートを書こうと思います。

バイクで行くことを考えておりましたが、変更して車で牧場へ。一般道で1時間半。。。ドライブとしても楽しめる距離ですので、バイクでツーリングがてら行きたいですね。
イクタTFに到着した時はまだハナカゲの調教前。。。1012090
『まだ、馬房に居るからどうぞ・・・』ということで、ハナカゲのいる馬房へ。。。ここで初めての対面をすることになります。写真では綺麗な栗毛で金髪のタテガミ。。。なかなか派手な見た目だったんですが、実際に会ってみてもやっぱり派手でした。
1012091 そして、馬房のフェンスには“花影空飼”と書いてありました。当牧場NO.1のIさんがハナカゲの担当をしてくださっているんですが、『いい名前』ということで、かなり気に入ってくれておりまして、自分で“花影”って書いちゃったんですね。担当者さんにかわいがられているってことはいいことです。(多分、担当する人は自分の担当する馬は全て可愛く見えていると思うんですけどね)
ユニオンの3頭(ハナカゲとクエルクスとマリエンベルク)はIさんが担当してくれているようです。いい乗り役さんに面倒を見てもらっていますんで、ありがたいことです。
因みに“空飼”とは飼い葉や配合飼料に水を混ぜずに乾いた状態で馬に提供することらしいです。ハナカゲは食いが遅いということと、湿った飼料の臭いが苦手なようで、そうしているらしいです。
そして、馬房に居るクエルクスとマリエンベルクにも会いに行ってきました。
1012092_2 クエルクスもマリエンベルクも大人しい。。。1012093 ハナカゲも大人しかったのですが、それ以上にこの2頭は大人しかったです。

ハナカゲが装鞍所に登場。今日は坂路なし。コースで騎乗調教だけかなぁ~と思っていたら、今まで見たことのない馬具を取りつけて・・・Iさんも騎乗せずに馬を引いて坂路コースの内側にあるロンギ場へ。。。今まで何度かこのイクタさんへ来ましたがこの調教は見たことが無いですね。。。何をやるかといいますと・・・口向きが悪いのでこれで矯正するらしいです。ゆっくりのキャンターではいい感じなんですが、時計が速くなりだすとクビが上がる。斜めを向いたりする。。。そのせいで追い切りで思ったような時計が出ない。。。それを矯正するとのこと。1012094_2 写真のように、頭絡についた紐が腹下を通り、トモにあるボアに直結。クビを上げて走るとボアが引っ張られトモに圧力がかかる。馬はそれを嫌がるのでクビを下げて走る。。。ということで、フォームの矯正。まぁ、集中力の無いこと。。。馬はすべてそうなのかもしれませんが、ハナカゲはこの調教をかなり嫌がっていましたね。そして、もう一つ気になったことが音や動くモノに対してかなり敏感。。。ちょっと神経質な感じでしたね。ピリピリしたりして食いが悪くなったり調教を積めない様なことになったらかなり嫌ですね。今のところ、“やや臆病なところがある”という範囲で収まっており、食べるものはしっかり食べるし、調教もしっかり積めそうだということで、安心しました。

イクタTF訪問記③へ続く。。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年12月 8日 (水)

101208イクタTF訪問記①

本日予定通り、イクタTFへ行って参りました。
ハナカゲと初めての面会をしました。品のある感じで可愛い小さなお馬さんでした。

今日は写真で。。。

1012081
・・・ハナカゲです。本当にかわいい仔ですよ。

1012086
・・・まずはフォーム矯正。いろいろな馬具があるんだなぁ~

1012082_2
・・・騎乗調教に入るハナカゲ。チョイと神経質ですね。

1012087
・・・どーとコースに入ったハナカゲ。フォームがたまに崩れます。。。

1012083
・・・これは誰でしょう?

1012084
・・・藤原厩舎のクエルクスです。

1012088
・・・ハナカゲよりも圧倒的に強そうです。

1012085
・・・こちらはハナカゲの兄マリエンベルク。大人しい仔です。

ということで、ユニオン3頭が放牧中。それぞれいろいろな話を聞いてきました。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年12月 7日 (火)

ハナカゲの見学に行ってきます

浜松地区もPM8:30頃に雨が降ってきました。明日、イクタTFさんへハナカゲに会いに行こうと思っていたんですよね。
イクタTFさんは愛知の山間にあるので、そちらだとみぞれの予報もあったりして・・・ということで、愛車HONDAのCB400で出動を予定していたんですけど、山の中でどんな状態になっているか分からないので、危険を察知して辞めておきます。ということで、乗用車で行って参ります。

ハナカゲ情報も本日出ましたが、悪いところがあっての放牧ですので、イクタTFに行った直後も坂路に出ているようですね。15-15をやるようですので、これをしっかりこなせれば先生の言った通り帰厩できるでしょう。

この雨ですけどハナカゲは屋外コースで乗れるかな?できれば乗って欲しいですけど。。。スタッフさんにいろいろと聞いてこようと思います。馬体もチェックしてきま~す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 6日 (月)

2010年中にやっておかねばならないこと

師走に入りました。
2010年も残り1ヶ月。。。今年のうちにやっておかないといけないこともいろいろあります。
まずは、1歳馬出資について。。。ユニオン1歳馬も今月はユニポン還元率アップ月間ということもありまして、売れ行きが好調。ドラフト1位候補として狙っていたP30ディクタット×オオシマルチアが急激に売れておりまして、今日の時点で残り36口。。。今週中に結論を出さないといけない状況に。もしかしたら水曜日くらいに完売になる可能性も。。。他の候補馬との比較しながら早急に決めたいと思います。
そして、ローレルクラブの当歳馬について。当歳馬購入に際してイベントが発生すると聞きました。当歳馬の選定も早くしないとね。
ローレル1歳馬については入厩ギリギリか満口ギリギリまで粘って決定しようと思っております。
それから馬券について。。。今年は酷い。20万円くらい負けております。これをあと6日の開催で取り戻したいんですけどね。。。どうするか?元金を増やして勝負すると結局は返り討ちに遭うと思うので、ここは3連単などで高配当狙いで勝負。本当に馬券センスが無いんですよね。。。本当にどうにかせねばならん。。。
それから、、、2010年1月1日に立てた目標を確認したいと思います。

①年間出走数・・・51戦

達成不可能。現在33戦。
現3歳馬の早期引退が辛かったです。

②年間勝利数・・・6勝

達成不可能。現在2勝。
今週のアルボと来週のクラシックで4勝にしたい。。。

③新馬勝ちor2歳戦の勝利

達成。アルボランシーが悲願の勝利。

④特別戦勝利

達成。ローレルベルロードが信夫山特別を勝利。

⑤重賞出走

達成不可能。アルボが阪神JFに出てくれれば。。。

⑥口取り

達成。11/20にアルボランシーで達成。

⑦馬券でプラス

達成微妙。マイナス20万円
ここから巻き返す。

⑧体重を5㌔減らす

達成。現在8㌔減をキープ。

⑨牧場見学8回以上

達成確実。現在7回。
ハナカゲの見学で達成します。

ということで、結構頑張ってますね。達成不可能な目標についてもひとつひとつ目標に近づけたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 5日 (日)

いつでも勝てる、いつも勝てない(182戦目)

疲れまだとれず。。。歳ですね。明日から仕事復帰ですので、頑張らないと。

今日は残念で仕方ないローレルクラシックのレースを振り返ります。

ローレルクラシック
4日(土)小倉6R3歳以上500万下・芝2600㍍
☆松山弘平54.0㌔

さて、今日のレースかなり期待しておりました。WINS梅田でローレルクラシックの単勝馬券も○万円購入して気合十分。勝ってくれれば出張で使ったお金が全て返ってきて、更に一口くらい出資できそうな感じ。。。切れ味のあるタイプがいなさそうですし、能力だけならクラシックが頭一つリード。人気は3~4でしょうけど、やってくれると信じておりました。
中2週のクラシック今日の馬体重は前走よりプラス4㌔の478㌔での出走。太いかな?って思われた2走前、3走前に数字的には戻った感じですけど、パドックで見た感じでは太目感もなくスッキリした感じ。キビキビした感じでクラシック自身、自信を持ってパドックを周回しているように見えます。踏み込みも深くしっかりしております。前走や前々走と比較しても今回が一番いい感じに見えました。今回のパドック解説は優馬の武井友彦さん『はい、えぇ~ここ2走ともそうなんですけど、こう、非常に外々を力強い動き。未勝利馬とは思わせない立派ないい動きをしますね。』とのコメントをいただきました。
⑫マナクーラ⑪ローレルクラシック⑦ナリタプラチナ⑤ナムラチェンジ⑧アクアブルーフライの5頭。クラシックは2番手評価。まぁ、パドックの雰囲気からしたら当然でしょう。
そしてレースに。
スタートは相変わらずうまいですね。好スタートから前につけるかと思ったのですが、3番手から徐々に後退。6番手あたりで最初の3コーナーを迎えます。それでもゆったりした追走。ホームストレートでは6番手の内側。個人的にはもっと前に行って欲しい(能力だけ見てもクラシックが抜けてますから、最初から前を走っても誰にも捕まらないと思っていますから)
先頭は⑬オリオンザドーターと①サクラエンブレム。中央未勝利馬の2騎が引っ張る感じ。強敵と思われる⑦ナリタプラチナがクラシックの直前に居りまして、この馬をしっかりマークする作戦でしょうか?この馬に先に動かれたら追いつかない可能性が高いので気をつけて!
そうこうしているうちに⑫マナクーラと④シゲルダイドウにも交わされており、向正面で8番手くらいそして、外から⑤ナムラチェンジが捲っていき⑧アクアブルーフライもクラシックを飲み込みます。キレのあるタイプではないクラシックが3コーナーの時点で11番手。それも馬場の内側。。。これはキツイ。4コーナーでは捲りに行った⑤ナムラチェンジはちょっと苦しくなりましたが、それに反応して外を回った⑧アクアブルーフライは良い手応えで直線に向きまだ荒れていない綺麗な馬場の内側で粘り込みを計る各馬を一気に交わしていきます。ローレルクラシックは4コーナーの内側でもがいた分、外に出すのが遅れて直線入り口で⑧アクアブルーフライから3馬身ほど後ろからの追走となってしまいました。警戒していた⑦ナリタプラチナも更にその2馬身前。実は先にハナ差の2着で負けたってことを知っていましたので、『よくここから2着まで持って行ったなぁ~』なんて、感心しつつ、その絵を想像できないまま観戦しておりました。
直線では残り200㍍あたりで先行していた各馬の脚が上がりそこに含まれた⑦サクラエンブレムもいっぱいに。それを外から交わす⑧アクアブルーフライと内の狭いところを縫うようにして抜けてきた⑥テラノパンサー。その伸びる2頭を上回る末脚で外から⑪ローレルクラシックが猛追。その差をグイグイと詰めて⑧アクアブルーフライとハナ面を併せたところがゴール。既に2着と知っていましたが、2走前の福島のハナ差よりも際どい差に見えましたね。。。これを結果を知らずに見ていたらかなりエキサイトしたでしょう。
勝ったのは⑧アクアブルーフライ。勝ち時計は2分40秒5。ローレルクラシックは同タイムの2着。。。クラシックにとっては大きなハナ差となってしまいました。開幕週の良馬場ということで、キレの無いクラシックにとってはマイナスかな?って思っていたのですが、直線では今まで見たことのない様な脚を見せてくれました。調子が良かったようにも見えましたが、前でも中団でも良い競馬ができるんだな、、、と思いましたね。⑧アクアブルーフライとの差は僅かでしたが、3コーナーの仕掛けのタイミングの差が大きな1着と2着の差として表れてしまいましたね。
しかし能力はこの中にあっても頭一つ抜けております。普通に前に前に行って回ってこれば勝てると思うんだけどなぁ~・・・そんなに甘くないのかもしれないけど。

このレースのハロンタイム
12.7-11.8-12.4-12.5-12.9-13.1-13.9-12.3-12.0-11.7-11.5-11.7-12.0

このレースでローレルクラシックの上がり3Fの時計は全体の2番目の時計で34.3秒。上位に来た馬の中では最速でした。

松山騎手のコメント『前半は良い位置に付けられていたのですが、だんだんポジションを悪くしてゴチャついて行くところが無くなってしまいました。それでも直線は伸びてくれて、勝った!と思ったのですけど…。もう少し上手く乗ることが出来たなら結果が出たのに、本当にすいません』
飯田調教師のコメント『外枠だったから、ずっと外目を気分良く行かせてあげるだけでも楽に勝てていた筈なのに、悔しいですね。一応レース後も変わりなければ、3週目の2600mを予定してみましょう』
佐々木助手のコメント『今回はレースまでの調整期間も長く取れて、落ち着きがありましたね。体調は夏よりこの時期の方が、皮下脂肪や皮膚も薄くなっているので、断然合う季節なのでしょう』

松山騎手のスイマセンは、まぁ許せる範囲かな?クラシックの置かれる立場からすれば結構辛い騎乗でしたが、減量をもらっている若手騎手ですから許容範囲。。。しかし、怪我をしてからというもの松山騎手はちょっと良くないですね。
飯田先生のコメントの通り普通に走ってこれば楽に勝てるメンバーでした。コメントの通りであれば中1週で小倉2600㍍。再ファンド無くもう一度走らせてもらえるようでありがたいですね。
佐々木助手のコメントにありますが、この季節に調子が上がってきているようで、もう一回くらい使えそうな手応えを持っているようですので次に期待しましょう。

獲得賞金が890万円になりました。これだけ獲得賞金が増えると地方へ転籍しても上位クラスでのレースを強いられます。そして、苦手なダート、そして距離も長いレースは少ないんですよね。。。そう考えると、再ファンドすれば確実に500万下になって戻ってこられるワケでは無いんですよね。ここまで賞金を稼いだら中央の500万下戦で勝って現役を続けてもらうしかないですね。因みに今日の小倉11Rで前走ローレルクラシクに先着したメイショウカンパクが1番人気で圧勝。これで、福島でクラシックの前を走った2頭が楽々1000万下クラスを卒業。クラシックにも十分前記の2頭と同等の力を持っていると思います。
いつでも勝てる力を持っているんですがね。。。なかなか勝たせてもらえませんね。
連戦と遠征による疲れは心配なところだが、次走は中1週を予定ということで、そこで確実に決めてもらいたいですね。
馬券はかなりやられましたね。。。まぁ、いいんですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 4日 (土)

101204ユニオン愛馬情報

出張から本日帰って参りました。
ちょいと疲れましたので、ローレルクラシックのレースについては後日書かせていただきます。2着。。。なかなか勝たせてもらえませんね。。。

今日はユニオン愛馬情報。

ハナカゲ(2歳・牝)
(サクラプレジデント×シャドウスプリング)
11/28 坂路(58.5-41.7-26.6-13.2)末強めに追う
ライトレール(新馬)末強めを0.3秒先行アタマ差遅れ
12/1 先週末に追い切った際にやや終いの動きに不満があったため、もう一度放牧に出て、調教を積むことになった。本日、イクタトレーニングファームへ移動。速めの調教を行いながら、1ヶ月ほどの調整を行い、年明けのデビューを目指す予定。
松元調教師のコメント『素直で普通キャンターの感触が良かったから、もっと動けると思って期待していたんだが、追ってからの動きがまだ物足りなかった。もっとグンと伸びる感じが欲しいところ。幸いゲート試験はパスしているし、脚元や体調に悪いところがある訳ではないので、しっかり乗り込めば良くなると思う。更に鍛えてからデビューを目指しましょう』
金折騎手のコメント『先週末の追い切りに騎乗しましたが、もっと伸びてくれると期待していたんです。普段の感触が良い馬でしたしね。追ってから『アレ?』って感じでした。隣の僚馬に跨る助手さんも首を傾げる感じでしたね。キャンターの感触は良いですし、更に鍛えていろいろ覚えていければ、もっと終いの伸びも変わってくれると思いますよ』
★★★ゲート試験も合格し、仕上がりも早そうだったので年内出走が叶いそうだな。。。なんて思っておったんですが、速い時計を出すには少々パワー不足のようでして。。。水曜日に放牧に出ました。行き先はイクタTF。。。これは、見学に行かなければ。。。ということで、近々イクタTFに行ってきます。
松元先生の期待もなかなか高いみたいですし、今後もっと良くなる要素を持っているように思えます。1ヶ月程度の調整で年明けデビュー。松元先生は結構言うこと通りに動いてくれるんで、何かなければこれで行けるんでしょう。帰厩後はもっと速い時計で坂路を駆け上がるハナカゲが見られることでしょう!待ってます!!

ライトアップゲラン(2歳・牝)
(ファンタスティックライト×ヒダカゲラン)
12/1 角馬場⇒坂路(普通キャンター)⇒E(ゲート練習)
引き続き、ゲート練習。入り・駐立・発馬と概ね問題なくこなしている。そろそろゲート試験を受けることになりそうだ。
谷調教師のコメント『今日の練習は問題なかったが、2~3日前にまたフケが来ていて、その期間はイレ込みもきつかった。今後もこの周期毎に調整が難しくなる時がありそうなので、注意していきたい』
12/3 E ゲートから 13.7-15.1(ブック)強めに追う
★★★ゲート練習を入念にやってますね。12/3の時計だとどうなんですかね?合格ラインなのかどうなのか?ゲート試験に合格してから速い追い切りをすると思われるので早く合格して欲しいですね。ところで、ゲート試験の合格の条件って、皆さんご存知ですか?

ということで、イクタTFに行ってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 3日 (金)

ここが正念場?クラシック出走

今日は小豆島にて釣りとサイクリングとゴルフ。。。なかなか快適な旅行・・・となる予定が、突然の大雨。釣りはできましたが、サイクリング中にズブ濡れ。ゴルフも中止。イマイチな感じになっちゃいました。

明日は旅行最終日。ローレルクラシックのレースは家に帰ってからの確認となりそうです。

今日は小豆島にて釣りとサイクリングとゴルフ。。。なかなか快適な旅行・・・となる予定が、突然の大雨。釣りはできましたが、サイクリング中にズブ濡れ。ゴルフも中止。イマイチな感じになっちゃいました。

明日は旅行最終日。ローレルクラシックのレースは家に帰ってからの確認となりそうです。

今日は神戸泊。神戸のコンビニはいろいろな競馬新聞が売っているのでいいですね。ということでしたが、いつもの競馬ブックを購入しました。

ローレルクラシック(3歳・牡)
(スペシャルウィーク×キョウワホウセキ)
4日(土)小倉6R3歳以上500万下・芝2600㍍
【発走12:50】
☆松山弘平54.0㌔

大阪スポーツ
〔○▲○△〕

競馬ブック
レース評・・・主力対等
短評⇒悲願の初Vへ
印…〔▼▼▲▲◎…◎〕
TM〔○△○▲▲▲◎○▼〕 ▼は二重三角
道悪…△
コース―
距離…△
前走…△
調教…
実績…△

○ローレルクラシック【飯田雄師】
2000㍍にも対応できたけど、長い方がいい馬。最近は真剣に走るようになった。

調教より→順調に乗り込む
11月28日・栗坂良1本・単走・助手・4F60.4-43.8-28.1-13.3(馬ナリ余力)
12月1日・栗坂良1本・単走・助手・4F56.7-41.3-26.9-13.2(一杯追)

予想オッズ4.1倍(3番人気)

クラブからのコメント
飯田雄調教師のコメント『引き続き良い状態をキープできています。福島でハナ差負けした馬が先週の京都で1000万を勝っているし、力は証明しているのですから当然力が入りますね』

★★★昨日も書きましたがまずは出走できたことを感謝。それも得意な2600㍍戦で。出走14頭のうち未勝利馬が6頭なんですが、未勝利戦や格上挑戦で好走している①サクラエンブレムや③シンボリボルドー、④シルクダイドウや⑨ゲットアヘッド・・・メンバーが揃いました。500万下の馬も近走での活躍が目立つ馬が多く、クラシックにとってはこれだけ厚いメンバーで走るのは初めてですね。
2戦連続で2着になり小倉で『今度こそ!』って思っているんですが、ここは厳しい戦いと言わざるを得ないでしょう。最強の相手は3戦連続2600㍍せん2着の⑧アクアブルーフライ末脚がしっかりしており主戦の長谷川騎手がそのまま乗ることも大きい。そして、安定感があり崩れない⑦ナリタプラチナ。騎手がC・ウイリアムス騎手。長距離戦での名手起用は怖いですね。そして、こちらも現級では力量上位の⑫マナクーラ。この辺はクラシックよりも人気になることでしょう。そうなるとクラシックの倍率が上がりますので、勝ってくれれば大きく儲けることができます。これは美味しいですね。
相手は揃いましたが、クラシック自身はどうなんでしょう?とりあえず、調教はピリッとしませんね。長距離馬なので坂路時計はあまり気にするところではないんでしょうけどね。心配な点は競馬場が変わったことと騎手が変わったこと。競馬場については輸送距離が減る分いいかもしれないし、福島巧者の可能性もあるのでどう出ますでしょうか?騎手は平野騎手が今までしっかり乗ってくれていましたし▲による減量も少なからず効いておりました。今回は☆松山騎手。格や実力は前走よりも上であることは間違いないでしょうが、初乗りでうまくエスコート出来るかどうか?位置取りと追い出しのタイミングをしっかり掴んでくれれば圧勝だってあるんですけどね。
ここで勝ってくれれば今後もJRAで活躍を続けることが出来るんでしょうが、大敗すると『疲れもあるので~』ということで、“放牧⇒地方再ファンド”と、行ってしまうかもしれません。期待の大きい今回ですが正念場でもあるんですよね。頑張れ!クラシック!!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年12月 2日 (木)

101202ローレル愛馬情報

スイマセン。。。旅行1日目・・・ベッドが合わなくて眠ることが出来ず、ほぼ徹夜。ということで、2日目のこの日は知らず知らずのうちに熟睡しておりました。投稿が遅くなりまして申し訳ございません。

今日はローレル愛馬情報。

ローレルクラシック(3歳・牡)
(スペシャルウィーク×キョウワホウセキ)
12/2 12月4日(土)小倉6R・3歳以上500万下・芝2600mに☆松山弘平で出走を予定しています。
この中間も変わりなく調整されており、本日追い切られました。
12月1日・栗坂良1本・単走・助手・4F56.7-41.3-26.9-13.2(一杯追)
11月28日・栗坂良1本・単走・助手・4F60.4-43.8-28.1-13.3(馬ナリ余力)
12月1日・栗坂良1本・単走・助手・4F56.7-41.3-26.9-13.2(一杯追)
飯田雄調教師『引き続き良い状態をキープできています。福島でハナ差負けした馬が先週の京都で1000万を勝っているし、力は証明しているのですから当然力が入りますね』
★★★想定ではこのレース9頭。多少は出走馬が増えると思いましたが、思ったよりも増えました。まぁ、出走が叶ったので良かったです。飯田先生が言っている福島でハナ差負けした馬ってのはカネトシパサージュですね。昇級後2着⇒1着ですので、かなり力があったんですね。前走クラシックの前を走ったメイショウカンパクも土曜日のメインレースに出走します。この馬も勝ち負け。と言うか勝ちそうな気がします。先生がこのコメントを言う理由もよく分かります。詳しくは土曜日に。

アルボランシー(2歳・牝)
(ロックオブジブラルタル×フィーユドゥレーヴ)
12/2 12月11日(土)阪神6R・2歳500万下(混)芝1400mに出走を予定しています。
この中間も変わりなく調整されており、追い切られました。
(2歳未勝利・イデア・馬ナリの内同入脚色劣)
河内調教師のコメント『あまりテンションを上げすぎないようにと思って、馬なりの追い切りにした。次も同じダートの条件がいいかなとも思っていたけど、一度芝を試してみたい気持ちもあるので、次は芝で行ってみたい』
★★★ダート1200㍍を予定していたんですが、芝1400㍍に変更。河内先生らしいと言えば河内先生らしいですね。とりあえずこの変更は僕は歓迎。。。もっと言うと、こう変更されるなら阪神JFに登録して欲しかったなぁ~なんて思ったりもしましたけど。
僕が思うに現在のアルボのベスト条件はダート1400㍍だと思うんですよね。でも、その番組がない。1200㍍よりはもう少し距離があったほうがいいと思うので、芝でも1400㍍の距離は魅力的ですが、芝なら1600㍍くらいで見てみたいですね。
今のところ、『ゲートがうまい』と言われているのにその片鱗が全く見えないアルボ。そこが決まれば楽しみ。そして、状態も間違いなく前走よりもアップするでしょうから更に楽しみ。来週の1400㍍戦で勝利を収めてもらいたいですね。そうなれば夢が広がります。

ローレルジャブラニ(2歳・牡)
(シンボリクリスエス×パフェ)
★★★出張中ですので、いつものパソコンと違うため、情報を家に忘れてきてしまいました。この部分は明日更新します。

ということで、それぞれいい情報。2週連続勝利だってあるかもしれないよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月 1日 (水)

ユニオン1歳馬どうする?秋の陣

今日はローレルもユニオンも在厩馬情報。比較的嬉しい情報が多かったかな?明日以降ちょっと情報が動きそうな馬もいますので、愛馬情報は明日に。。。

今日はユニオンの気になる1歳馬情報を。

僕は、特殊な馬の選び方をしているので、皆さんの参考にはなりませんが、こんな馬を気にしているということを勝手に発信します。

関東馬を併せて考えるならば・・・P19キングカメハメハ×ヒシバイタルがいいですね。。。でも、関東馬だしちょっと価格が張るので、出資しません。満口だからこんなこと書いても仕方ないんですけどね。

僕が購入するのは関西馬。これは、基本ですのでよっぽどなことがない限り崩れません。今回はよっぽどなことはないです。

いろいろと前置きが長くなりましたが、始めます。

ドラフト1位候補
P30ディクタット×オオシマルチア
DVDも見ましたが、馬格があり迫力がある。迫力がある馬といえば“ローレルゲレイロ”。。。タイプは違うけど、迫力のある馬からGⅠホースが生まれる気がします。この馬はその可能性を秘めている?
短距離だけではなくマイルくらいまでは守備範囲となりそうで、兄ワンダーフォルテも京都で勝ちましたが、この仔にもそれくらいの時期に勝ち上がってもらいたいところ。阪神JFや桜花賞出走を期待したい。そして、一介の早熟馬ではない一族。長い活躍も期待できそうで・・・そんなことを思うとワクワクします。

ドラフト2位候補
P25シンボリクリスエス×マイグリーン
こちらも牝馬とは思えぬ立派な体格。相当パワーがありそう。同じ父を持つローレルジャブラニに似ている感じ。ダートでやってくれそうな感じ。総額735万円ですし、回収率を考えればこの馬はかなりプラスとなりそうな感じ。姉マイディスカバリーもタフに活躍。厩舎も同じですので、馬体に弱いところがなければ同じように使ってくれそうで、長い期間楽しめそう。
外傷はそれほど気にすること無いかな?ドラフト1位とこの馬で2頭牝馬ってのがちょっと・・・バランスを考え回避する可能性も。。。

ドラフト3位候補
P41アドマイヤコジーン×フォーチュネイター
地味な存在ですがこれが結構気になる存在。バネのありそうな感じで、身体能力の高いスポーツ選手みたいな感じ。P30を超えるスプリンターになるかもしれない。。。ちょっとこれからも注目していきたい馬ですね。牡馬で735万円。。。これも魅力。佐藤正先生も地味な血統を粘り強く面倒見てくれますからね。締め切りギリギリに出資するかどうか決めるでしょう。

ドラフト4位候補
P29ブライアンズタイム×スウィートエルフ
血統も楽しみで馬格も合格点。ダートでしっかり走ってくれそう。現時点ではドラ1、ドラ2に遅れを取っている牝馬ですので、今後上記の2頭を超える成長または魅力を見つけたときは出資に至る可能性も。。。

ドラフト5位候補
P40フォーティーナイナーズサン×スペシャルウィーン
フォーティーナイナーズサン産駒が気になる。以前はP31フォーティーナイナーズサン×アジタートに注目していましたが、こちらもいい。ただ、、、100分の1がネック。でも、この仔の名前でちょっといいやつが浮かんでいます。採用されたら行きますかね。。。ということで、5位候補ながら逆転の可能性大有り。

その他。。。
P39ケイムホーム×ローランハビーバ
P34フジキセキ×メガミゲラン
ここまでは予算がまわりません。ということで、上位候補者が何らかの理由で総崩れになった場合に再度チェックを入れます。

こんな感じ。補償も結構あるので、ユニオンから1歳馬を1頭買うことは決定しております。それ以上は。。。ハナカゲとライトアップゲランの活躍次第か?それか馬名採用ですね。。。皆さんから見てそれぞれの馬はどう映りますか?

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »