« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月22日 (金)

アルボランシー激走あるよ~

久々の投稿になります。今も毎日気にして見に来てくださる方が50名ほどいらっしゃいます。感謝の気持ちでいっぱいです。少し余裕ができたら、復活も考えておりますのでよろしくお願いします。
レース回顧も全然やっていませんので、やらなきゃね。。。
とりあえず今日は、愛馬アルボランシーの応援を兼ねて、レース前の評判を書かせていただきます。

アルボランシー
23日(土)京都6R3歳500万下D1400㌔
【発走12:50】
☆国分恭介53.0㌔

競馬ブック 惑星注意
短評⇒仕上りいいが
印…〔…………………〕  
TM〔……………○………〕

ダート―
コース△
距離…―
前走…―
調教…―
実績…―

単勝予想オッズ…22.1倍(9番人気)

○アルボランシー【河内師】
帰厩して数を乗り込んだ。追い日の動きも良かったから、ダートで見直してみたい。

調教より→久々も動き軽快
3月24日・栗CW稍・助手・6F82.6-66.5-51.1-37.9-12.3(6分所・一杯追)
(3歳500万・イデア・一杯の内0.5秒先行5F付0.5秒遅)3月30日・栗CW良・調教師・6F82.4-66.2-52.1-38.6-12.1(9分所・一杯追)
(3歳500万・イデア・馬ナリの外0.3秒先行5F付0.1秒遅)
4月6日・栗CW良・助手・6F85.5-68.0-53.0-38.9-11.8(9分所・一杯追伸)
(3歳500万・イデア・強目の外0.2秒先行5F付同入)
13日・栗CW良・助手・6F83.6-67.4-52.1-38.2-12.0(6分所・一杯追)
(古馬1600万・トモロポケット・一杯の内0.6秒先行0.6秒先着)
20日・栗P良・調教師・6F84.4-67.4-52.4-38.2-11.6(7分所・馬ナリ余力)
(古馬500万・サンライズコア・馬ナリの内0.7秒先行3F付同入)

中京スポーツ
印…〔……………………〕

クラブからのコメント
河内調教師のコメント『470kgまで締まって、動きにキレが出てきた。ちょうど良い感じの仕上がりになったんじゃないかな』

★★★殆どの新聞で無印。競馬ブックの青木さんだけが対抗評価。人気もなさそうです。
デビュー戦で京都D1400㍍を使いましたが、時計が地味。未勝利戦も地味な勝ち方ですし、昇級戦の前走が負け過ぎ。。。実績からは強調できるところはありません。鞍上もデビューから面倒を見てくれた川田騎手から若い国分恭騎手へ乗り替わり。川田騎手は関東での仕事があるので、仕方が無い乗り替わりですがやはり弱化。若手の中ではまずまずの実績がある騎手であり、減量1㌔もあるので、そこに期待したいところ。
メンバーを見渡すと、決して楽な相手ばかりではありません。人気の中心は③サダムグランジュテ(父キングカメハメハ)。前走は不良の同距離で2着。今日も馬馬が重くなりそうで、実績から見ても評価されるでしょう。対抗と思われる⑮アマノレインジャーは逃げたいが外枠で理想のポジションが取れるかが注目。その他、⑩ヤマノサファイア、⑫リリーファイアー、①セイカプリコーンあたりが続く。⑤アルボランシーは好枠から前につけ、内にいる③サダムグランジュテを外からマークする位置に運べればちょっとおもしろいかな?なんて思います。外枠ながら前に出られる⑫リリーファイアー、⑭ロイヤルサルート、⑮アマノレインジャーあたりに被されなければ気分良くレースができるのでは。。。と思います。
何よりも4ヶ月の休養を経てアルボランシーの馬体がよくなり、過去の写真と見比べても見違えるほど。基本的には叩き良化型と思われるアルボランシーですので、今回か次走に激走する気がします。今回は乗り込みも十分ですし、併せた相手もそうそうたるメンバーであり、それらに対しても見劣りしないアクションを見せているので、今回の激走も十分あり得ると見ております。京都はデビュー戦も見所があったし、2戦目も内でしっかり抑えての直線抜け出し。。。京都は得意なのだと思います。
人気薄の一発で、ガッチリ儲けさせていただきたいと思います。
頑張れ!アルボランシー!!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年4月 6日 (水)

結局。。。

結局・・・ユニオンP40ドラゴンフライ(フォーティーナイナーズサン×スペシャルウィーン)に出資予約をしてしまいました。まだキャンセルってできるのかな?
・・・まぁ、キャンセルもしないと思いますけど、“英断”でしたね。自分の中ではかなり勇気を持って行っちゃいました。。。1/100ですからね。この馬と心中って感じになっちゃいます。
血統は、SS系の肌馬に新種牡馬フォーティーナイナーズサン。フォーティーナイナーズサンは活躍馬を輩出できるかどうかは分かりませんが、産地でもなかなか人気があり、『期待してもいいんじゃないかな?』って思います。まだ、レースには出ておりませんが生まれてきた産駒の出来がいいのでしょう。レースに行ってのスピードは実際に走ってからじゃないと分かりませんけどね。しかし、日本で高い実績を誇るフォーティーナイナー系。父父Distorted Humorもエーシンクールディを輩出しており、いけそうな気はしています。砂の短距離での活躍の多い父系ですが、フォーティーナイナーズサン自身は米芝の長距離を主戦場とし、ドラゴンフライ自身も長いところで楽しめそうな体格。どのような適性で出るか今から楽しみです。母は名が表わす通りスペシャルウィークの仔。活躍はできませんでしたが、期待を感じる血統背景。ドラゴンフライにもSS系の雰囲気が出ているということで、いいですね。
このまましっかりと育って、芝1800㍍の札幌2歳Sを目指して走ってもらいたいと思います。
胴伸びがあって、僕の好みの馬体。長距離戦で活躍してくれるといいな。。。そして、佐藤正雄厩舎ですがどうなんでしょう?正直分かりません。僕の中ではそれほど悪い先生には思えないんですけどね。。。
皆さんの評価を是非お聞かせください。
そして、ドラゴンフライに出資されている方、是非ご一報ください。一緒に応援していきましょう!!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年4月 5日 (火)

110401イクタTF訪問記②

久々に牧場見学に行ってきました。少々ラグビーへの時間を増やしておりますが、馬は好きですからね。。。愛馬に会って活力を蓄えれますからね。定期的な牧場見学は大切です。

さて、今回の牧場見学は我が家から一番近いイクタTFさん。そして、北海道から直接栗東トレセンに入ったライトアップゲランと初めて対面することになります。楽しみです。
2月から3月にかけて3戦使いましたが、順位は7着⇒9着⇒12着と後退。体重もデビュー戦より10㌔減の430㌔と少々ガレてきた感もあり、ここイクタTFさんへ放牧に出されました。
初めて見たライトアップゲラン。。。黒鹿毛に額の白い白斑が映える可愛い顔の仔でした。
左前脚の球節に少々の炎症があるということで、現在は乗り運動を控え、ウォーキングマシーンとパドック放牧を行っているとのこと。ということで、馬服をつけてリラックスしていたライトアップゲランを撮影用にブラッシングして、おめかしをしますが・・・これがなかなかうまく行きません。フケがキツいこともあるのですが、ライトアップゲランはスタッフの言うことを全く聞きません。
1104051 スタッフさんに全体重をかけて圧迫したり、蹄の手入れをしようとしても脚を上げない。。。後脚の手入れ時には蹴りを入れようとするなど、とにかく脚癖が悪い。。。とうとう、スタッフさんの脚にスタンピングを入れ・・・『痛てぇ~!!』と、スタッフさんの声が響き、悶絶直前状態。。。スイマセンでした。
堪りかねて場長さんが自らライトアップゲランの手入れをし、何とか体裁の整ったライトアップゲラン。。。因みにここまで普通の馬の5倍くらい時間がかかりましたからね。。。本当にご迷惑をおかけしました。
1104052 早速、前脚の状態を見ましたが、見た目にはそれほど左右に違いを感じませんでした。でも、スタッフさんからは『多少違いますよ』と、指摘されました。そんなもんなんですね。。。体型は母親譲り、そんなには馬が無い感じですが、『姉オドゥールゲランよりもしっかりしているし、こっちの方がいいと思いますよ』とのこと。『今はフケが来ていて、脚癖も悪く苦労しますが、食べるものはしっかり食べてくれますし、体重の管理はそれほど大変じゃないと思いますよ。(ライトアップゲランは)フケがきつくて、年十九るタイプだと思うので、そこをしっかりと理解して調整しなければなりませんね。。。レース直前でフケが来て“予定変更”ってこともあるタイプなんで、トレセンスタッフさんも苦労されると思いますよ。。。』でも、とりあえずはフケがキツイから能力が低い、、、ってことでもないそうなので、頑張って一つ勝ってもらって、そのあとは出られるところでしっかり仕事をしてもらう感じになってもらいましょう。
話は戻りますが、左前脚の球節炎ですが、これも完治は無いらしく、一生付き合っていかなければならないようです。でも、こちらについてはこの持病を持っている馬も多く、レースもしっかり使えるということで、調教後やレース後にアイシングなどをしてしっかりとケアしていけば大丈夫らしいです。『ダートの方が球節にも負担が来ないことは確かですけどね。。。でも“球節に不安があるから芝を止めてダートにする”ってことはよっぽどなことが無い限りありませんので、気にすることないですよ』ということでしたので、姉のように芝2000㍍戦出走もあるかもしれません。
そして、騎乗調教は無かったのですが馬を引っ張って歩いたり少し速脚で引っ張ってくれました。
1104053 歩様は全く問題の無いところまで回復。左前をかばったりすることもありません。近々騎乗調教を再開するとのことです。脚に少しでも負担が掛からないように坂路を中心としたメニューを組むということでした。餌の食いも良く体重を気にせず追えそうだということで、フケさえなければ早くに戻せるところまで持って行けそうだとのこと。。。しかし、地震の影響で開催や番組の変動が多く、調教師さんも計画を立てにくい状況にありライトアップゲランがどのようなプログラムで進めていくことになるのか聞かせれていないようでした。
次はフケの無い、機嫌のいいときのライトアップゲランと再会したいですね。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 4日 (月)

締切間近ドラゴンフライ

以前から注目していたユニオンP40ドラゴンフライ(フォーティーナイナーズサン×スペシャルウィーン)が明日(4/5)のPM5:00で締め切りになってしまいます。

・・・迷っております。ほとんどが『買い』の要素で固まっておるんですが、1/100の口数が少々ネック。父フォーティーナイナーズサンも未知数なだけに気になりながらも躊躇し続けております。現時点で出資しているユニオン09産駒はP30カルミナ(ディクタット×オオシマルチア)の1頭。このドラゴンフライに出資しなければ、この1頭で落ち着いてしまう可能性も。。。本当にすごく迷っております。ちなみに、この馬に出資している方やこの馬への出資を迷っている方に遭遇したことがありません。

この馬に興味を持っている方。。。コメントをして、僕の背中を押してくれませんか?

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年4月 2日 (土)

ローレルジャブラニ条件良化!

ローレルジャブラニ
3日(日)小倉6R3歳500万下(混)D1700㍍
【発走12:45】
▲森一馬53.0㌔

競馬ブック 混戦模様
短評⇒前走が負け過ぎ
印…〔…△………△…〕  ▼は二重三角
TM〔…………○……△△〕

ダート―
コース―
距離…―
前走…―
調教…―
実績…△

単勝予想オッズ…25.1倍(11番人気)

○ローレルジャブラニ【中山助手】
前走は勝負どころで一緒に動けなかった。鞍上も二度目。巻き返しを。

調教より→単走だけに上々
3月27日・栗P良・単走・助手・5F75.0-59.1-43.7-14.4
(8分所・馬ナリ余力)
3月30日・栗坂・単走・助手・4F52.9-38.9-26.0-13.3
(一杯追)

中京スポーツ
印…〔…△▲○〕

Vサイン
ローレルジャブラニの森助手が『ズブい面があって、前走は勝負どころで置かれてしまったのが…。流れに乗れればもっとやれていい』。

データBOX
上位人気
⑩スズカマジェスタ
⑧モズハリケーン
⑬ロージーライト
好調教馬
①マイネマオ
⑧モズハリケーン
⑬ロージーライト
距離適性
⑩スズカマジェスタ
⑯ユウキマリアッチ
⑧モズハリケーン
前走内容
⑬ロージーライト
⑮ルービンシュタイン
⑧モズハリケーン

クラブからのコメント
岡部助手のコメント
『調教時のテンションは相変わらずですけど、体調面は変わらず良い状態です。競馬場に行っても、前走時のようにパドックで前の馬が速く歩いてくれると、リズムが狂わず落ち着いていられますが、のんびり歩くような馬が前にいるとイラついてしまうようです』

★★★希望としては芝を試してもらいたかったし、チャンスがあれば土曜阪神の芝2400㍍で見たかった気もしましたが、メンバーも揃いましたからね。。。こっちのレースで正解だったように思います。
ローレルジャブラニ。。。人気なさそうですね。前走の結果がかなり影響しているみたいですね。そして、調教もいつもよりもピリッとせず。。。やや評価を落としています。しかし、良化途上で常に来ていただけに、今回も良化を期待したいですね。前走が一番の出来みたいな話は聞きましたが、今回が“調子落ち”って言う話も聞いておりませんし、力を出し切れる状態にあれば、鞍上の森一馬騎手もある程度数を乗っていますし、先週は初勝利を記録しました。鞍上の良化で、前走以上のパフォーマンスを発揮してくれるんじゃないでしょうか?
相手関係は・・・比較しにくいメンバー構成で、時計的に見ればジャブラニも上位と遜色無いように思えます。
京都で好走。坂のある阪神で直線馬群に沈んだだけに、坂の無い小倉に移ることはプラスにも思えます。砂を被ると嫌がるところがあるんですが、前走は森一馬騎手がコースの内側の砂を被る位置を走らせていたので、苦手な砂被りを少しでも克服できたらいいなぁ~と思います。枠も12番枠ですので、無理に内に入って包まれるよりも馬群の外につけて直線入り口で先頭に並びかける感じだったら理想的ですね。
馬体重がデビューより徐々に減っているだけに、今回の馬体重が気になります。あまり減らない方がありがたいんですけど。。。ビシッと絞った究極仕上げで勝ち上がってくれても嬉しいですね。
因みに・・・ローレルジャブラニが今回4走目。全出走馬中レース経験が一番少ないんですよね。そして、鞍上の森一馬騎手も6Rに騎乗する騎手のうち、騎乗回数が一番少ないんです。つまり、フレッシュコンビ(?)。未知の魅力を一番秘めているコンビなんです。
勝てるといいなぁ~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月 1日 (金)

110401イクタTF訪問記①

ブログはあまり更新しておりませんが、競馬への情熱は変わりません。ブログに費やす時間をちょこっとラグビーに動かしているだけです。

さて、この中間にイクタTFへ行ってきましたので、レポートしたいと思います。今回のターゲットは“ライトアップゲラン”。初めて会いますからね。。。どんな仔か楽しみでした。。。

1104011
・・・ライトアップゲランを撮った一枚目。額の白斑ですぐに判りました。

1104012
・・・フケが来ており、脚癖も性格も悪くなっており、スタッフさんも大変。圧迫しております。

1104013
・・・騎乗調教はもう少し後。左前球節に炎症があるようです。

1104014
・・・調教は無いけど、速脚で歩くところを見せてもらいました。大分良いみたいです。

1104015 
・・・なかなかのボリューム。餌の食いは良く、ガレることはなさそう・・・とのこと。

1104016
・・・ライトアップゲランといえばやはりこの白斑。くっきりしていて格好いいです!!

ということで、近日中に詳しいことを書きます。

たまに更新するので覗いてやってください。コメントもぜひよろしく!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »