« 初勝利 2011年 8月20日 4回小倉7日 6R ハナカゲ | トップページ | 藤懸貴志騎手初勝利そして2勝目 »

2011年8月20日 (土)

+なことばかりローレルジャブラニ芝替わり

今日はハナカゲがフジカケで勝ちました。。。でも、、、録画に失敗しました。レースはリプレイで見ましたが、パドック映像等ある方は譲っていただきたいのですが・・・どうかよろしくお願いします。

さて、2日連続勝利となるか・・・期待の日曜日。ハナカゲ馬券はアクシデントがあり、かなり凹んでおります。ジャブラニについても馬券がどうのこうのではなく勝ち負けを期待しております。

今日は競馬ブックです。

ローレルジャブラニ牡3歳(シンボリクリスエス×パフェ)
21日(日)小倉7R(発走13:20)3歳以上500万下(混)芝2000㍍
▲森一馬51.0㌔

競馬ブック レース評 平穏
短評⇒芝に活路求め
印…〔△△………△…〕  ▼は二重三角
TM〔★▲★…△…………〕

道悪…―
コース―
距離…―
前走…―
調教…―
実績…―
ブックコンピュータ…△

単勝予想オッズ…30.8倍(10番人気)

○ローレルジャブラニ【中山助手】
稽古は動くが実戦でガツンとくるところがない。休養効果で変わり身があれば。

調教より→落ち着き欲しい
14日・栗P良・単走・助手・4F60.3-41.8-13.3(9分所・馬ナリ余力)
17日・栗CW良・単走・森・7F92.8-77.0-62.2-49.3-37.1-12.3(7分所・一杯追)

クラブからのコメント
松永昌調教師のコメント『先週は坂路で好時計。今週は1番時計で動きも良かったよ。芝の適性は未知数だけど、調子は凄く良いね』

★★★ハナカゲも調教でよく動くが、ジャブラニも素晴らしい。先週の坂路も2歳馬を煽って先着。今週も単走ながらCWで一番時計をマーク。森騎手が跨って調教するといいんだよなぁ~。さて、森騎手といえば先月の栗東トレセンツアーで会話をし『(ジャブラニを)勝たせられなくてスイマセン。勝たせないと…』と、約束したばかり。まだ、あの会話を忘れてはいないでしょう。。。
ローレルジャブラニは新馬戦をダートで勝ち上がってしまったため、なかなか芝に挑戦できませんでしたが、今回は待望の芝。この馬は体が強いですし、調教を見る感じでは動きもいい。ただ、レース中に砂を被ると良くない。。。これだけ欠点がはっきりしている馬なので、芝替わりはプラス。そして、怖がりで馬群に飛びこめないところもあるので、この外枠もプラス。それから、外側の枠は追い込み馬が多く、外側からうまくゲートを出られれば中団外という絶好の位置でレースを進めることも可能。かなりローレルジャブラニに風が吹いていると言える。⑤ダンスラナキラがレースを引っ張り、人気の⑥マイネルガヴロシュと④ミヤコトップガンが好位でレースを進め、それを内側に見る感じで⑫ローレルジャブラニが追走する。。。理想的だ。
ローレルジャブラニのロングスパートは“砂さえ被らなければ”の条件さえかなえば発揮できることでしょう。グズグズのスローペースで前残りにならなければジャブラニの差し切りも十分にあり得るところです。
ローレルジャブラニは近走もダメ。騎手も不人気。芝替わり。一般の人から見ると調教以外で買えるところって無いんですよね。僕たちはダートでダメだった理由を知っていますので、そこら辺は度外視。実質は④ミヤコトップガン、⑤ダンスラナキラ、⑥マイネルガヴロシュ、⑪スーパーオービット、⑫ローレルジャブラニの5頭立てのレース。掲示板は堅いと思います。でも、ここは勝ちに一番近い馬と感じております。ハナカゲで失敗した馬券もここでプラスに持っていきたい意向。単頭で馬券買おうかな?
森騎手の3勝目に期待。

|

« 初勝利 2011年 8月20日 4回小倉7日 6R ハナカゲ | トップページ | 藤懸貴志騎手初勝利そして2勝目 »

コメント

ジャブラニ本領発揮^^おめでとう

単勝握ってた様子なので・・・おめでとうじゃないのかな?
僕も1-2-4着の一点勝負だったので複雑な・・

投稿: ひだぶ~ | 2011年8月21日 (日) 17時03分

>ひだぶ~さん

休み明けですし、こんなもんかな?良くも無く悪くも無く・・・って感じです。馬券的には凹みましたが、今日も最終レースで盛り返しほぼトントン。昨日のハナカゲ分で十分プラスです。

ジャブラニには小倉最終週の芝2600㍍がいいかな?

投稿: まひ3 | 2011年8月21日 (日) 21時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: +なことばかりローレルジャブラニ芝替わり:

« 初勝利 2011年 8月20日 4回小倉7日 6R ハナカゲ | トップページ | 藤懸貴志騎手初勝利そして2勝目 »