« 愛馬情報~カルミナ~110620-110907 | トップページ | 突然のおやすみ »

2011年9月10日 (土)

愛馬情報~ドラゴンフライ~110606-110910

今日も出張。明日も出張。。。9月は休みが一日しかありません。夏の疲れを徐々に解消しながら頑張りたいですね。
愛馬の勝利が一番の良役ですけどね。。。あと、WIN5の的中でも元気になれますけど。

今日はユニオン愛馬情報ドラゴンフライ編です。

ドラゴンフライ(2歳牡)
(フォーティーナイナーズサン×スペシャルウィーン)
6/6 引き続き、BTCの屋外ダートコースではハロン20秒のキャンターを3200m、週2回の坂路調教のうち1回は3ハロンを40秒くらいで乗っている。このくらいの時計であれば全く問題なし。楽な手応えで駆け上がっている。今後もしっかりと乗り込んで、更なる良化を促していく。なお、現在の馬体重は480㎏。
6/20  BTCの屋外ダートコースでハロン20秒のキャンターを3200m、週2回の坂路調教のうち1回は3ハロンを40秒くらいの時計で乗っている。また、ゲートは通過、駐立まで上手くこなせるようになっているため、最近では発馬練習を行っているが、こちらも問題はない。引き続き、週1回は速めの調教を行い、更なる良化を促していく。
7/5 先々週の末にBTCの坂路で追い切ったところ、右前肢にソエの兆候が見られたため、早めにケアすることになり焼烙治療を行った。その後はウォーキングマシーン運動で様子を見ていたが、ソエの状態は落ち着いているため、現在はシュウジデイファームの馬場で軽めの乗り運動を始めている。ソエの様子と相談しながら、BTCでの調教を再開するタイミングを検討していく。
7/20 右前肢のソエは気にならなくなったため、BTCでの調教を再開。現在は屋外のダートコースや屋内坂路を中心にハロン18~20秒のキャンターを乗っている。ペースを上げたあともソエが気になることはないため、今後は速めの調教を行うタイミングを検討していく。
8/5 BTCの屋外のダートコースや屋内坂路を中心にハロン18~20秒のキャンターを乗っているが、8月からは週1回はハロン16秒にペースを上げる日を設けている。ペースを上げてからも、右前肢のソエが気になることはない。また、中間には佐藤正雄調教師が視察に来場。「ソエの心配はなさそうだが、暑い時期だけに移動に関しては慎重に検討したい」と話されていた。
8/19 週1回はBTCの屋内坂路を中心にハロン16秒くらいで乗っていたが、疲れが出る前にひと息入れることになり、中間に笹針治療を行った。そのため、現在はウォーキングマシーン運動に留めている。近く、軽めの乗り運動を始める予定。
9/5 8月下旬から騎乗調教を再開し、現在はBTCの屋内ダートコースで軽めキャンターを2000mほど乗っている。笹針治療を行ったことで心身ともにリフレッシュ。元気一杯に走っている。今後は様子を見ながら運動量を増やしていき、速めの調教を再開する態勢を整えていく。
★★★春まではそこそこ早い調整だったような気がしますがソエの兆候が出てペースダウンしましたが、大きな怪我も無く今まで来ています。もともと長距離で降ろすつもりでしょうから焦りも何もないんでしょうけど、速い調教ができるところまで戻って欲しいですね。
北海道で見たときは少し緩い感じがしましたが、長距離で活躍しそうな馬体は印象的でした。同じシュージデイファームで育成されているソルレヴァンテと比較された話も聞きましたが、『雰囲気も実際の走りもシュウジデイファームに来てから徐々に追いつき、遜色ないところまで来た。』ということで、ユニオン期待の素質馬と肩を並べられた(“雰囲気は”ですけど)ということで、これからの伸び代も考えれば楽しみだと思います。多分、涼しくなってそろそろ山岡トレセンに移動する。。。って感じが佐藤正調教師のパターンかな?移動したら会いに行こうと思います。

|

« 愛馬情報~カルミナ~110620-110907 | トップページ | 突然のおやすみ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 愛馬情報~ドラゴンフライ~110606-110910:

« 愛馬情報~カルミナ~110620-110907 | トップページ | 突然のおやすみ »