« 2011年11月 | トップページ | 2012年2月 »

2011年12月17日 (土)

ローレルクラシックこれも通過点

ローレルブレットの報道が大きいので、陰に隠れた感じですが、ローレルクラシックは本命視。クラシックも行きますよ~

ローレルクラシック
(スペシャルウィーク×キョウワホウセキ)
18日(日)小倉10R(発走14:55)名古屋日刊S杯・3歳以上1000万下(混・H)芝2600㍍
中舘英二55.0㌔

競馬ブック
レース評…主力対等 
短評…余勢を駆るか
印…〔◎○○○◎▲◎〕  ▼は二重三角
TM〔△○◎○▲◎▲◎▼〕
道悪…◎
コース○
距離…◎
前走…◎
調教…○
実績…―
コンピューター▲
本紙の見解
ローレルクラシックの前走は楽な手応えから突き放して圧勝。2600㍍の適性が高く、昇級でも。

○ローレルクラシック(距離合う)
飯田雄師――
前走は展開も向いたけど、強い内容。調子が良くなっていたし、右回りのこの距離も合っていたと思う。状態は変わらずいいよ。
ポイント…余裕十分の立ち回りから5馬身差のレコード勝ち。昇級でもむしろ力は上。気配も更に良化。

直前聞き込み情報
→ローレルクラシック
“レコード駆けの反動もなく、元気一杯。前走のように、道中で慌てなければ終いは確実。1000万でも流れひとつ”と飯田雄師。

この1頭血統から推す
父も母の父もダービーとジャパンCに勝ち、母はオークストライアル勝ち馬でオークス3着のクラシック仕様。半兄キョウワスプレンダはスプリングS2着。ダービーで4着。

調教より
→末の粘り増す
11日・栗坂良4F57.5-41.7-27.2-13.4(馬ナリ余力)
14日・栗坂良4F55.2-40.1-26.4-13.2(一杯追)

予想オッズ 3.1倍(1番人気)

中京スポーツ
印…〔◎△○◎○○▲○〕
TM〔◎…○○◎〕

予想単配当2.9倍(1番人気)  

データBOX
上位人気
③ローレルクラシック
⑩サクラキングオー
①ヒットザターゲット
好調教馬
④エーシンミラージュ
⑦ナムラアーガス
①ヒットザターゲット
距離適性
③ローレルクラシック
②キンセイポラリス
⑬シンボリニース
前走内容
④エーシンミラージュ
⑬シンボリニース
③ローレルクラシック

直前Vサイン
ローレルクラシックの飯田雄調教師は「前走は時計、内容ともに優秀だった。あのレースぶりなら1000万ニクラスが上がっても勝負になりそうだね」。

【調教】
引き続き好調保つ
状態採点 6点(7点5頭 6点9頭)

クラブからのコメント
飯田雄調教師のコメント『坂路に入った時間帯は平均55秒前後と時計が掛かっていたので、こんなものでしょう。終いまでしっかりとした脚取りでしたし、引き続き状態は良さそうです。今度は人気を集めそうですけど、もっと上でやれる馬だと思っていますから、このあたりはアッサリと通過して欲しいです』

★★★眠くなっちゃいましたので、コメントは明日。。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年12月16日 (金)

ローレルブレットGⅠWeek④

金曜日付の文章投稿ですが、今日はローレルブレット特集、明日はローレルクラシックを特集します。
ローレルブレットの前評判の前にローレルブレットの特集を日刊スポーツより(抜粋)

日刊スポーツ
G1的中伝・キナミの帝王:朝日杯FS
混戦の朝日杯FS(G1、芝1600メートル、中山競馬場=18日)は完成度を重視する。「キナミの帝王」木南友輔は、◎ローレルブレットで勝負だ。好内容の前走から中1週の強行軍だが、坂路4ハロン52秒4の自己ベストをマークしたように状態は文句なし。高速決着への対応、世代トップクラスの瞬発力に加え、中山マイル戦では願ってもない内枠も引き当てた。史上最年少の3冠ジョッキー池添謙一騎手(32)が馬群を突き抜ける。

◎ローレルブレットで勝負したい。6戦の豊富なキャリアを誇り、使われながらレース内容が良化してきた。現時点の完成度は出走馬中NO・1だろう。

2週前の千両賞が鮮やかだった。重賞好走馬を並ぶことなくかわし、1分34秒7の勝ち時計は先週同じコースで行われた阪神JFを0秒2上回る。スタートから気合をつけられ、追っつけ通し。それでもジワジワと加速して直線は強烈に伸びた。○マイネルロブスト、▲アルフレード、△クラレント、△ダローネガなどの人気馬に大物感では劣るが、持ち時計でこの馬たちをしのぐ。3走前に1分34秒4の好時計で未勝利を勝ち、2走前は荒れた京都コースで1分47秒6。短距離志向の馬が多く出走し、タフな流れになる2歳王者決定戦で最も力を発揮できる馬だ。

今週の稽古が抜群だったのも大きな強調材料になる。栗東坂路で4ハロン52秒4-37秒9-25秒2-12秒7。短い出走間隔なのに自己ベストを馬なりでマークした。騎乗しなかった池添騎手も「予定より時計が出たと聞いてるし、中1週でこれだけやれるのは状態がいい証拠」と歓迎する。

特殊な形態の中山マイル戦は内枠が絶対有利。2番枠を引いた運もある。戦法は「差し・追い込み」だが、決してスタートの下手な馬ではなく、中団の内を確保することが濃厚。4角で各馬がまくりにまわる中で3冠ジョッキーが華麗にインをさばいてくるとみる。

父サムライハートは新種牡馬としてダイワメジャー、アドマイヤムーンに大きく水をあけられているが、父が大種牡馬サンデーサイレンス、母が96年オークス、97年天皇賞・秋を制した名牝エアグルーヴという一流の血統を持つ。祖母の半兄は91年トウカイテイオーの皐月賞で16番人気2着のシャコーグレイド。一見地味な血統であり、6戦のキャリアが示す通り戦績も地味だが、実力は本物。◎ローレルブレットが勝つ。

愛馬が出るときに買っている中京スポーツ(東京スポーツ)もローレルブレット特集!!

朝日杯SF渡辺指名爆弾★
②ブレット弾丸
どうも気になったのが、ローレルブレットだ。
キャリアの多さ(6戦)は混戦の今年なら有利な材料だろうし、前走の500万下・千両賞の中身も濃い。2馬身差で完封したオリービンはGⅡ京王杯2歳Sの3着馬。着差の横関係を見れば(オリービンは両レースとも勝ち馬から0秒3差)、京王杯Vのレオアクティブと同格、という見方もできる。さらに千両賞は昨年の優勝馬リベルタスが小差3着に食い込んだゲンのいいステップレースでもある。
もちろん決定的な材料ではないので、当初は△止まりとしたが…。引いた枠順①枠②番は最短距離を走れる理想ゲート、しかも中山競馬場にわざわざ前日(16日)に入厩…陣営は万全の態勢を敷いてきた。これはもう、流れで評価をアップするしかない。★に格上げして、馬単③=②を新規にプッシュしたい。

ブレット「この枠は最高」
☆関西勢で唯一、金曜(16日)に中山競馬場入りしたのが、②ローレルブレット。17日朝は出張厩舎周りの運動。馬体の張りは良く、ゆったりとした動作で落ち着き十分だ。進藤厩務員は「道中はズブいから内枠を引いて4、5番手を進みたかったんだ。だからこの枠は最高。俺はGⅠ2着はある(07年秋華賞レインダンス)けど、1着はない。なんとかならないかな」。栗東屈指の大ベテランが静かな闘志を燃やしている。

まだまだいっぱい特集されていますが、書ききれないので、この辺で。。。
ということで通常版に戻ります。

ローレルブレット牡2歳
(サムライハート×タッソーニー)
18日(日)中山11R(発走15:25)朝日杯FS(G1)芝1600㍍
池添謙一55.0㌔

競馬ブック
レース評…惑星注意 
短評…末脚威力増し
印…〔▼△▼▼△……〕  ▼は二重三角
関東スタッフ〔………△……△…◎▼〕
TM〔…○★……………▼〕
道悪…―
コース―
距離…△
前走…―
調教…―
実績…―
コンピューター△
○ローレルブレット(馬体減りなく)
鶴留師――
金曜日に中山へ輸送した。中1週と間隔は詰まっているが、そう目方は減っていない。前走はいい勝ち方をしてくれた。期待している。
ポイント…ローレルブレットは1600㍍で2勝。前走、京王杯2歳S3着のオリービンに2馬身差をつけた。ズブさも解消の方向へ。

直前聞き込み情報
→ローレルブレット
“小倉、そして新潟と、あちこちで使ってきた。輸送は特に心配していない”と鶴留師。

調教より
→元気一杯
14日・栗坂良・4F52.4-37.9-25.2-12.7(馬ナリ余力)

前売りオッズ 13.7倍(5番人気)

中京スポーツ
印…〔△……△…△▲…〕
TM〔…………△△…△△…〕
〔○…………◎…………★◎…○△〕

前売り13.0倍(6番人気)  

データBOX
大荒れ
上位人気
③アルフレード
⑦クラレント
⑯ダローネガ
◎連対率21%
好調教馬
⑬ハクサンムーン
⑮レオアクティブ
③アルフレード
距離適性
②ローレルブレット
⑧ショウナンラムジ
⑯ダローネガ
前走内容
⑮レオアクティブ
⑥スノードン
①サドンストーム
コース
③アルフレード
④マイネルロブスト
⑮レオアクティブ

コメント&調教情報
↑ローレルブレット(鶴留調教師)
中1週でもいい動きをしていた。輸送も経験しているし、流れが向けば。
【調教】
素軽さ満点の登坂で好調をアピール

状態採点 7点(8点2頭 7点5頭 6点9頭)

クラブからのコメント
鶴留調教師のコメント『馬場のコンディションが良い時間帯だったけど、時計は出ているし、調子落ちはないと思うよ』

★★★いよいよGⅠレースが近づいてきました。楽しみです。レース自体とは関係ありませんが、フジテレビの中継での本馬場入場でどのようなコメントをいただけるか・・・そこが楽しみです。
肝心のレースですが・・・ローレルブレットに死角は少ない様に思います。好枠ですし、騎手もローレルブレットの特徴を分かっているし、調子も良さそうですし、力は十分足りています。出遅れさえなくレース序盤で内の好位を取れれば勝ち負け。馬券圏内は確実だと思っています。出遅れさえなければ。。。自信を持って勝負したいと思います!
多くは語りません!!

勝ちます!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月15日 (木)

ローレルブレットGⅠWeek③

木曜日の新聞は追い切り情報が中心。ローレルブレットも追い切りの様子がしっかり載っていました。日刊スポーツと中日スポーツはカラー写真も掲載。ローレルブレットは格好いい馬です!!

サンスポ
ローレルブレット元気一杯
新種牡馬サムライハート産駒のローレルブレットは、坂路を馬なりで4ハロン52秒4の好タイム。快勝した前走の千両賞から中1週でも、元気一杯に駆け上がった。「これだけやれるのは調子がいい証拠。前走の勝ち方が本当によかったし、ここも楽しみを持って臨める」。来年2月いっぱいで定年を迎える鶴留調教師は、スイープトウショウで勝った05年エリザベス女王杯以来となるGI制覇に期待を込めた。

日刊スポーツ
一発候補ブレット12秒7/朝日杯FS
ローレルブレット(牡、鶴留)は朝一番の坂路で4ハロン52秒4-12秒7。素軽い動きで好時計をマークした。前走の千両賞勝ちから中1週でG1となるが、鶴留師は「中1週でもこれだけやれている。変わりなく順調」と調整は予定どおり。「前走の勝ち方が良かったから」と振り返る千両賞組は、昨年1着のリベルタスが朝日杯でも3着に好走しており、ブレットも一発候補となりそうだ。
評価…B
総合…90 動き…22 時計…24 馬体…22 感触…22

スポニチ
中1週も元気
ローレルブレットは前走から中1週となるが元気いっぱい。最終追いは坂路単走でキビキビした動きを見せた。「前走と同じぐらいにやったけど、あの馬なりに元気良く走っていたね」と鶴留師。前走(千両賞1着)は直線手前で鞍上の手が動いていたが、そこからしぶとく伸びて2着馬との追い比べを制した。「この前の勝ち方が良かったからG1を目指すことに。相手は強いけど頑張ってほしいね」と話した。

中日スポーツ
ローレルブレット力強い
○…千両賞で2勝目を挙げたローレルブレットは、坂路で52秒4-12.7を計時。パワフルなフットワークを繰り出して、好調を伝えた。「中1週ですが、これだけやれたように、順調に来ています。前走の勝ち方も良かったので」と、鶴留調教師。間隔は詰まっているがかなり体調は良さそう。更に上昇中か。
評価・・・B

そして、夕方には出走馬が確定。抽選にかかることはなかったのでドキドキはあまりありませんでしたが、これで愛馬の重賞初出走が決定。そして、その重賞がGⅠですから。。。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2011年12月14日 (水)

ローレルブレットGⅠWeek②

今週も忙しいんですけど、新聞は毎日欠かさずチェック。ちょっと日を遡って載っていた記事を書こうと思います。

スポニチ
ローレルブレット 息の長い末脚期待
ローレルブレットは坂路からポリトラックコースでの調整だった。「変わりない。体のある馬じゃないし(最近の馬体重は440キロ台)中1週。追い切りもそうやらないと思う」と須崎助手。そして「攻め馬では具合良くいくのに、競馬ではちょっとズブい。それでもいい脚を使ってくれているからね」と息の長い末脚に期待を寄せていた。

中日スポーツ
中1週も大丈夫
○…すでに6戦と順調に使い込まれているローレルブレットが中1週のローテーションで臨む。山田助手は「ずっと体重に変動がないように見た目に元気いっぱい。大丈夫でしょう」とタフネスぶりを強調。キャリアは無視できない。

毎日載るんだなぁ~。。。GⅠに出るって凄いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月13日 (火)

ローレルブレットGⅠWeek①

今日は新聞をいっぱい買いました。
メインレースの想定の馬柱にローレルブレットが掲載され、ローレルブレットの記事も各紙で見ることができ、愛馬のGⅠレース出走をヒシヒシと感じております。
信楽牧場レポートも書きたいのですが、今日は愛馬ローレルブレットのGⅠWeek火曜日をお伝えします。

日刊スポーツ
ローレルブレット~直線侮れない~
ローレルブレットは千両賞で重賞好走馬を撃破。ここ2戦で最速上がりをマークしているように、直線の追い比べになれば侮れない存在だ。ベテランの進藤厩務員も「ズブい面があるけど、しまいの脚はしっかりしている。中1週でも変わりなく元気」と好感触だ。

高木一成の朝日杯FS・ランキング
10位ローレルブレット~上昇は期待薄~
前走で重賞上位馬を下したが、使い詰めで上積み疑問

スポーツニッポン
【朝日杯FS】
ローレルブレット“サムライ”が斬る
新種牡馬サムライハートは父サンデーサイレンス、母エアグルーヴという超良血馬。その初年度産駒のローレルブレットがG1舞台を踏む。「ヤンチャだね。手がかかるよ」と進藤厩務員。実戦へ向けては「しまいは確実。ズブいから乗り方ひとつ。輸送は慣れている。新潟に行った時もかえって太っていたぐらい」との手応えだった。

中日スポーツ
東名10記者ウマ~イ狙い馬
山田氏・・・ローレルブレット
経験を重ねて着実にステップアップ。調教の密度を増しながら末脚を強化してきた。3角を過ぎたあたりからステッキが入っていた前走。手応えは決して良く映らなかったが、そこから長くいい脚を使えたのは、鍛え込まれた証し。タフなレースになればなるほど、力を発揮するタイプだろう。

追記
UMAJIN
ローレルブレット(牡、栗東・鶴留)
馬体減りはなく、疲れを全く感じさせない。動きにしても体の使い方がうまくて、バネの利いた素軽いフットワーク。気合乗りも良くなり、ここにきて気持ちの面でも上向いてきた感じ。大物感こそ感じないが、小柄でも前後のバランスが良く、均整のとれた体つきをしている。デキもいいようだし、ここに入ってもそこそこの競馬はできるのではないか。

netkeiba予想オッズ 33.5倍(12番人気)

各紙では△の穴馬扱い。中日スポーツの山田さんは◎でしたね。クラブから出走確実の情報はありませんが、雰囲気としては出走する感じ。本番でもそこそこ人気になりそうで、勝つチャンスもありそう。この1週間楽しみたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月 8日 (木)

111207信楽牧場訪問記①

忙しいことは忙しいんですが。。。今月は土曜日・日曜日がフルでお仕事。。。ラグビーの影響も多いんですけども。その代休ということで、昨日休ませていただきました。家にも誰も居ませんし、急遽(アポなしではありませんよ)、信楽牧場に行かせていただきました。

今日は写真で。

1112081
・・・まずはカルミナ。笹針治療をしたばかりなので馬房でお休み。。。残念でした(涙)

1112082
・・・肩には出血の跡が。。。笹針治療ってかなりエグいらしいんですが、なんとなくわかる気がしました。

1112083
・・・続いてロイヤルワラントです。愛馬ではないんですが。。。紹介してくれました。

1112084
・・・かなり乗り味がいいらしいですよ。ローレルクラシックのように○地の星になることができるか?

1112085
・・・そしてローレルジャブラニ。前が出てこないですね。まだまだ、復帰には時間がかかりそうです。

1112086
・・・ 相変わらず、凛々しい顔をしております。まだまだ痩せております。グッと体重を増やして戻ってきて欲しいですね。

ということで、今日はここまで。

レポートしっかり書こうと思います!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年12月 5日 (月)

ローレルブレット勝ったぁ~

ローレルブレット牡2歳
(サムライハート×タッソーニー)
12月4日(日)阪神9R・千両賞・2歳500万下(混)芝1600m・11頭立7枠8番に池添謙一55.0㎏・馬体重444㎏(±0)で出走し、タイム1分34秒7で2着に2馬身差の優勝。

先週のローレルクラシックに続いて愛馬が勝ちました。先週は初めてのレコード勝利。今週は初めての2歳特別戦勝利、2歳500万下戦勝利、そして初のオープン馬を持つ。。。という経験をさせていただきました。2週前のラグビー優勝から数えれば毎週夢のような週末を経験させていただいております。

さて、ローレルブレットのレースですが、日曜日はラグビーの練習中であり、レースを見ることができませんでした。朝のうちにローレルブレットの勝利を信じて、単勝で勝負。。。ラグビーが終わった時刻がPM5:00。愛馬が勝つとお友達から電話やメールをいただくことが多いのですが、この日は携帯を見てもそんな履歴がなかったので、『1着にはなれなかったのかな?』と思いながら帰宅。家族が寝静まってからレースを見ました。
『勝ってないんだろう』という気持ちで見ていましたが、パドックでも調子が良さそうでした。そして、スタートもバッチリ決め好位でレースを進めていました。『これでも勝てなかったのか~』なんて気持ちで見ておりました。4コーナーで、池添騎手の鞭がとび、かなりアクションが激しくなったものの前にはメイショウグラハムなども居り、『前を捕まえきれなかったのかな?』『3着から4着くらいかな』と、思って見た直線。ローレルブレットは渋太い。。。追えば追うほど伸びてきます。前日も書きましたが、いつも脚を余した形で余裕を持ってゴールしているワケですが、これ程深みがあり、力があるとは・・・。このレースでも池添騎手のアクションに応え伸び続け、最後は手綱を緩める余裕も・・・。強かったです。僕も強い期待を持って応援しておりますが、それを超える力を持っているようです。
そして、2週後の第63回 朝日杯フューチュリティステークス(GI) に登録。愛馬の初のGⅠ登録にもなりました。レースを休みなく使っているので、このレースに出るかどうかは微妙ですが、状態が保たれた形で出るのであれば勝ち負けでしょう。それくらい力があると思います。少し休養させて・・・ということであれば、年明けのシンザン記念あたりでしょうか?どうなるか分かりませんが、何となくGⅠを選んでくるような気がしております。
まずは無事に。。。

馬券の方もガッチリとることができました。これで、2011年の負債を完済。先週と合わせて1ヶ月の給料以上に利益が出ました。嬉しいです。

浮かれているのは・・・このブログのこの記事を書き終えるまでにしたいと思います。

うわつかないように、身を引き締めて生活したいと思います。足元を掬われない様に。。。

これからの愛馬の活躍も楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 3日 (土)

ローレルブレットGⅠへの通過点?

今日のドラゴンフライは・・・スピード不足が明確になってしまった感じになってしまいました。これからの成長に期待しましょう。

明日は期待大。

ローレルブレット牡2歳
(サムライハート×タッソーニー)
4日(日)阪神9R(発走14:25)千両賞・2歳500万下(混)芝1600㍍
池添謙一55.0㌔

競馬ブック
レース評…平穏 
短評…好調末脚確実
印…〔▼○△◎△▼▼〕  ▼は二重三角
TM〔▼▲◎▼○○△▲▼〕
道悪…―
コース△
距離…△
前走…△
調教…―
実績…△
コンピューター▲
○ローレルブレット(良くなっている)
鶴留師――
前走は直線でよく伸びている。夏場より強い調教を課しているが、それに耐えていい方向へ変わってきた。引き続き期待したい。
ポイント…前走の上がりはメンバー最速。ズブいが追われての味があり、長い直線はプラス。いいデキも維持。

調教より
→動きキビキビ
11月27日・栗坂良・4F56.0-41.3-27.8-14.2(馬ナリ)
12月1日・栗坂良・4F54.8-39.8-26.1-13.1(一杯追)

羽生佳孝の単勝勝負!!
阪神9R⑧ローレルブレット
エンジンのかかりは遅いが、終いの伸びは上々。走法からマイル向き、広い阪神も合う。

予想オッズ 5.7倍(4番人気)

中京スポーツ
印…〔▲▲△△▲▲△△〕
TM〔△○…▲▲…△〕

単配当(予想)6.3倍(4番人気)  

データBOX
上位人気
⑦オリービン
②マカハ
⑨メイショウグラハム
◎連対率46%
好調教馬
⑨メイショウグラハム
⑦オリービン
⑤ブロッケン
距離適性
④タイセイシュバリエ
①リフレイン
⑧ローレルブレット
前走内容
⑦オリービン
⑥エーシンフルマーク
⑧ローレルブレット
コース
⑦オリービン
③ラフィングインメイ
④タイセイシュバリエ

気になるコメント
→ローレルブレット(山田助手)
いつも最後はしぶとく差を詰めている。道中のポジションがポイントになりそうだ。

状態採点 7点(8点1頭 7点7頭 6点3頭)

上田琢巳のデータ室
<黄菊賞で最速上がり>
▲ローレルブレットは黄菊賞で最速の上がりをマークして0秒1差。◎メイショウグラハムに先着している。5阪のマイル戦でも上がり34秒1をマークするなど、瞬発力にはかなりの自信を持っている。当然、力関係からもV圏に数えたい。

クラブからのコメント
鶴留調教師のコメント『使ってきているから大きな上積みがあるという訳ではないが、至って順調だし、前走の内容からここでも好レースができると思っている』

★★★GⅡ3着の実績を持つ⑦オリービンが人気になりそう。しかし、怖いのは⑨メイショウグラハムのような気がします。⑧ローレルブレットも好調だし、阪神のマイルは前走以上に力を発揮できそうな条件。鞍上も2回目の騎乗となる池添J。いつも、脚を余してゴールしているローレルブレットにとって、阪神の坂もプラスに働くことでしょう。そして、道中の位置取りは相当心配ではありますが、頭数も手頃ですし、包まれたり置いていかれることも無いでしょう。そうなれば3着は堅いかな。。。単の頭でも行けると信じております。
今日は飲み会があった関係で、時間も時間なので多くは書きませんけど、書かずとも結構な自信があります。ローレルクラシックは5.5倍の単勝でしたが、ローレルブレットはそれ以上になりそう。今週も大きく勝ち越せるように大勝負しますかね。。。

ここを勝って2週間後のGⅠレースに胸を張っていきましょう!ここでも勝負になると思っております。頑張れローレルブレット!

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2011年12月 2日 (金)

注目されないドラゴンフライ(涙)

先週は、ローレルクラシックでいい気持ちになりました。(実はちょっと凹む出来事も私生活であったんですけど。。。)今週も続いて欲しい。土曜日に1騎、日曜日に1騎登場します。まずはユニオンのこちらから。

ドラゴンフライ牡2歳
(フォーティナイナーズサン×スペシャルウィーン)
3日(土)阪神1R(発走10:05)2歳未勝利D1800㍍
吉原寛人55.0㌔

競馬ブック
レース評…小波乱 
短評…ダートは良くても
印…〔▼………………〕  ▼は二重三角
TM〔………………………〕
ダート―
血統…―
距離…―
前走…―
調教…―
実績…―
コンピューター…
○ドラゴンフライ【佐藤正師】
外枠もあったが、大事に乗り過ぎたね。上積みはあるのでダートで変わり身を。

調教より
→気配今ひとつ
11/27 坂路 61.2-43.8-29.3-14.7馬なり余力
スズノハヤブサ(二未勝)馬なりに同入
11/30 CW 83.4-67.7-52.9-39.1-12.9追って一杯
サウンドアフリート(二未勝)直線強めの外0.3秒遅れ

予想オッズ ☆ 100倍以上(最低人気)

中京スポーツ
印…〔……………………〕

変わり身 C
スタート C
初戦内容 C

調教採点 5点

クラブからのコメント
佐藤正調教師のコメント『もう少し動くかなとは思っていたから、外を回らせました。遅れたのはその分もあったと思うし、相手は2頭ともジョッキー騎乗だったからね。本馬の助手との体重差もあったと思います。内を回っていれば、遅れることはなかったと思いますし、状態自体は使って良くなっていると思います。ジリっぽいところがあったので、ダートでどのような走りができるか見てみたいと思います』
助手コメント『遅れはしましたが、一叩きして状態は良くなっていますし、馬格もまずまずあって非力という感じもしませんからダートでもいけると思いますよ。』
ジリっぽいところがあるため、ダートに向かうことになりました。一度レースを経験した上積みも見込め、変わり身を期待します。

★★★ドラゴンフライ・・・とにかく注目度が低過ぎます。今回の口取り希望者ゼロ。netkeibaの掲示板は2011年2月6日に一件書き込みがあったきり更新無く。我がブログでも“ドラゴンフライ”の検索ゼロ。。。競馬新聞でも印が殆ど無い。。。競馬ブックの長岡さん!結構重たい印をありがとうございます!!
デビュー戦も地味。スタートで出遅れ行き脚もつかず、大きく遅れながらも直線でじわじわと詰めて11着。調教も地味ですので取り上げる人は居ませんね。
前走は芝1800㍍の重馬馬。滑る馬場を気にして走っていたとのコメントもあったので、前回は度外視でいいんではないでしょうか?1歳時から大きな怪我も無く乗り続けられ、9月に入厩してからもかなりじっくり乗り込まれました。走り込みの量はナンバーワンだと思っています。“練習は嘘をつかない”、“努力は裏切らない”・・・どの馬も練習していますし努力していますので、何とも言えませんが、練習量の多いドラゴンフライにいい結果が出てもいいんじゃないでしょうか。。。
競馬ブックはデビュー前から『ダート向き』と、ドラゴンフライを評価。今の状態ではスピードが不足している感じなので、ダートの長いところがいいのかな?なんて思っています。体ができてきたらローレルジャブラニのような感じで芝長距離で力を発揮するのではないかと思っています。今のダート1800㍍であれば層が薄いですし、ドラゴンフライ自身にもチャンスがあっていいと思います。
人気になりそうなのは⑥ハタノヴァンクール、⑦カーバ、⑧スマートステラ、⑮マラネロあたり。⑥ハタノヴァンクール以外はダート1800㍍で好走していますしね。。。
ドラゴンフライはスタートである程度前につけられるかがポイントでしょう。鞍上は金沢の吉原騎手。追えるジョッキーみたいですし、ドラゴンフライには合っているかな?
ローレルクラシックと同じく1/100の馬。勝ってくれるとかなり大きいです。ちょうど一年前に写真を見て、この馬ならやってくれる!と、直感で感じた愛馬です。井高牧場さんと同じく父フォーティナイナーズサンにも注目しております。(この仔に関しては母父スペシャルウィークに似ていたので出資に踏み切ったんですけどね)
フォーティナイナーズサン産駒は現在3勝。苦戦中ですが、晩成っぽいですので、これから活躍馬も出てくると思います。
ドラゴンフライにはビックリするようなレースを期待します!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年2月 »