« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月31日 (木)

土曜日は“馬”旅行

今週は仕事を頑張りました!
ということで、土曜日は旅に出ます。

京都競馬場と関西牧場めぐり。。。いい土曜日になるといいなぁ~。

既に牧場のアポも取りましたし、口取り予約も済ませました。
天気は今のところ良いですので、何とか変わらずに(僕のためにもローレルブレットのためにも)

牧場の方は明日、正式な計画が確立されますので今は書けませんが、またレポートさせていただきます。

ローレルブレットの口取りは前走三年坂特別は8名の会員さんが集まったそうですが今回は・・・10人超えそうな気がしています。口取り。。。抽選になるとちょっと・・・緊張しますね。

京都競馬場では皆さんと応援し、また喜びを分かち合いたいです。

皆さんよろしくお願いします!

今日の体重・・・朝69.0㌔ 夜68.6㌔

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月30日 (水)

ローレル人気募集馬ランキング

お陰様で、ブログへのアクセス数も予想を超える推移でして、嬉しい限りです。そして、その原動力となっているのがローレルプレビューレポート。ページ別アクセスで解析しても、2位から13位までを独占中(1位はMスポ『裏トーク』トップページ)です。
このブログを見に来てくださる皆さんが注目している募集馬は何なんだろう?
・・・と、いうことで、ページ別アクセス数ランキングから人気の募集馬を研究してみようと思います。

2位プレビュー⑫
3位プレビュー⑪
4位プレビュー⑯
5位プレビュー⑮
6位プレビュー⑭
7位プレビュー⑨
8位プレビュー③
9位プレビュー⑱
10位プレビュー⑬
11位プレビュー⑩
12位プレビュー⑰
13位プレビュー⑦
15位プレビュー⑥
18位プレビュー④
22位プレビュー⑧
25位プレビュー⑤
40位プレビュー②
48位プレビュー①

ということで、人気馬を整理してランキングしますと。。。
1位 サリール13・ルナースフィア13
2位 レイニータ12
3位 ベルガール12
4位 ビッグテンビー12
5位 アモーレペガサス12
6位 フォーマルアプローバル12
7位 プリティジョディー12
8位 ブルーオアシス12
9位 ぺルルノワール12・ボストンタイム13・ソラーラ12
10位 エルトベーレ12

となりました。
個人的にはちょっと意外な順位となりましたが、実際の売れ行きであるとか人気と一致しているんでしょうか?
何かの参考にしてみてください(笑)

今日の体重・・・朝68.5㌔ 夜69.0㌔

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月29日 (火)

2013秋新愛馬披露①

ツアーから1ヶ月以上が経ちました。もちろん、ツアーでの出資予約はしました。今日は、新メンバーに加わった愛馬の紹介第一弾とさせていただきます。

まず1頭目は。。。
ローレルデフィー11
(父ゼンノロブロイ×母父ラムタラ)
⇒ローレルストーム
です。
既に出資しているんですが、追加しました。この馬は見学していませんが、相当良いみたいです。ただ、ゆっくりとした成長過程を辿っているので、デビューは年明け。。。そこを我慢しなければいけません。1ヶ月後の北海道旅行で見に行こうと思っています。栗東付近に来てくれているならばそれはそれでいいんですけど。。。そうすればいつでも見れますからね。
このローレルストームですけど、芝の中長距離でいいところまで行けそうですし、ダートの中長距離もダメではないでしょう。そして、血統からも馬体からも厩舎からも障害はかなりの確率で走れそうですから。。。長く楽しめること間違いなし。
まだ募集中ですし、皆さんどうですか?
因みにローレルラシーム(ブライアンズタイム×エフィシェントフロンティア)とかなり迷いましたけど。。。ローレルラシームも堅実だとは思いますが、ダート色が強そうですしね。この選択が凶と出るかもしれないワケですけど。僕にアドバイスをしてくださった方の眼を信じたいと思います。
因みに、中竹和也先生はどこの放牧地を多用するか知っていますか?もし知っていたら教えてくださいませ。

そして、2頭目。。。
プリティジョディー12
(父ブライアンズタイム×母父ダンスインザダーク)
です。
こちらは、ツアーレポートでも一生懸命に書いた1頭なんですけど、凄く良く見えました。。。ツアー前から注目していましたがツアーを経て更に評価が高まりました。
上記のローレルストームよりもこちらが先に決まりました。プリティジョディー12の2口でも良かった・・・っていう勢いも多少ありました。
血統的には派手さはありませんが飯田祐先生の手腕も楽しみですし、『僕の中の1番』ですから。ブライアンズタイムの芝馬。大物に出る気がしています。

もしご一緒の方がいらっしゃいましたら一緒に応援していきましょう!!

昨日の体重・・・朝69.9㌔ 夜68.6㌔
今日の体重・・・朝68.4㌔ 夜68.8㌔
まだまだ、修行が足りませぬ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年10月28日 (月)

1ヶ月後にお休みが、、、

北海道に行こうかな。。。って思ったりしています。11月末から12月のはじめにかけて長いこと休みがいただけます。寒さが身にしみる時期ですが、、、ずーっと家に居てもなぁ~なんて思っているんですよね。北海道に行くか、東京に行くか。。。または全然別のところに行くか。。。

ふと思ったのは、北海道。ツアーに行って北海道の良さを改めて感じました。11月末には小国ステーブルのローレルストームにも居てもらっては困るのですが、現1歳馬の大半は北海道から出ていないでしょうから、2ヶ月経って育成牧場に入ったあとの愛馬を見るのもいいかな。。。なんて思ったりもしています。

ただ、この時期の北海道って行ったことが無いので、寒さはどうなのか?降雪や交通事情はどうなのか?この時期に育成牧場は見学できるのか?など、全く分からないことだらけ。。。

北海道に行って得られるものが多ければ是非行きたいのですが、得られるものが(僕の)思っているよりも少ないんだったら行き先を転換しようかなぁ~なんて思ったりもしています。

現在のところヴォルカヌス(岐阜)、アステュート(京都)、ファインスカイ(滋賀)、ワイルドアンセム(滋賀)、アメージングムーン(北海道)、ローレルアウェイク(北海道)、ローレルクラシック(愛知)、ローレルゼフィーロ(滋賀)、ローレルストーム(北海道)・・・と、11月末にはいろいろと入れ替えがあるでしょうけど、内地の放牧地巡り(宿泊で)も、いいかもしれないなぁ~なんて思ったり。

馬から外れて、東京へ買い物ツアー、古城めぐり、社寺仏閣めぐり、、、(あんまり行ってないなぁ~)とか、、、どうせ強制的に休ませられるので、何かテーマを決めて休もうと思っています。

いろいろ考えた結果お金がなくて家に引きこもっていたりして。。。

何かアドバイスをいただける方、是非ご指南よろしくお願いいたします。特にこの時期の北海道について!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月27日 (日)

近江特別登録~ローレルブレット~

今日の天皇賞・秋はジャスタウェイが優勝。ジャスタウェイと言えばローレルブレットが出走したアーリントンカップの優勝馬(ローレルブレットは4着)と言うことで、三連複で馬券も買いましたし、Win5も買いました。そのWin5はカシオペアSのみ外し無念のWin4。悔しい。。。アグネスワルツのハナ差が本当に悔しいハナ差。。。あまりにもでか過ぎる。三連複も18点買いで配当14倍。悔しい。。。まあ、外れるよりは良かったんですがもうちょっと。来週の競馬で取り返すぞ。

次週は我がファミリーのエース、ローレルブレットが中1週で京都土曜日の近江特別に登録があります。

9R 近江特別
芝1800m / 天気: / 馬場: / 発走:--:--
5回京都1日目 3歳上   14頭

アルバタックス  牡3 55.0      
インプレッシヴデイ  牡6 57.0      
ウインミーティア  牝4 55.0      
カッパドキア  牡3 55.0      
キタサンパイロット  牡4 57.0      
サイモンラムセス  牡3 55.0    
サトノキングリー  牡3 55.0      
ジャイアントリープ  牡3 55.0      
スズカアンペール  牡5 57.0      
ダイナミックガイ  牡3 55.0      
デウスウルト  セ5 57.0      
ビッグスマイル  牝5 55.0      
リグヴェーダ  牡3 55.0      
ローレルブレット  牡4 57.0

今日の時点で出走は可能。同日の東京の特別tvk賞とダブル登録の馬がインプレッシヴデイ、ウインミーティア、キタサンパイロット、サイモンラムセスの5頭。出走馬はこの数より少し減りそうです。
でも、なかなかの好メンバー。ローレルブレットも人気の一角を担うと思いますが。。。

今のところ8割現地応援に傾いています。2割は。。。(仕事もないワケではないので人にお願いしないことには・・・)

まずは、明日からの仕事を真面目に頑張ろう。そのご褒美に京都遠征。。。

今日の体重・・・朝69.2㌔ 夜68.8㌔

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月25日 (金)

人気出ないアルボランシー

遅れちゃいました。スイマセン。

明日はアルボランシーが出走します。

2013/10/26(土)
7R 3歳上500万下 ダ1600m / 発走:13:30
4回東京8日目 3歳上  牝[指定]定量 14頭
本賞金:720、290、180、110、72万円
7枠12番 アルボランシー  牝5 55.0㌔ 武士沢

調教
アルボランシー
2013/10/23(水)
南W 良 助手 69.0-53.6-39.5-13.1 馬也
内ビバゴールデン強めに5Fで0秒6先行3F併せで併入
状態良好 評価B

厩舎コメント(中日スポーツ)
まだやめる面はあるが、最後にかける形が合いそう。前回同様の馬場ならいい。(和田雄師)

クラブからのコメント
和田(雄)師「引き続き体調は良さそうです。週末の台風は気になりますが前回と同じ様な馬場状態が見込めるし、武士沢君も2度目ですから何とか競馬をさせたいですね」

★★★雨が降っています。前走同様の馬場は見込めそうです。鞍上武士沢騎手もアルボランシーの特性を理解しているようで楽しみは増します。相手は前走の上位馬が人気の中心になり2着の⑪オフショア、5着③サクセスセレーネ、1番人気だった⑭グリューネヴォッヘ。。。それに加えて安定株の⑨リアライズクレアと前走秀逸の⑤メテオーリカあたり。人気は割れそうです。
しかし・・・アルボランシーは人気出ないですね。その方が馬券を買う身としては嬉しいですが。
惨敗の可能性もありますが、楽しみも十分です。期待しちゃいます。

そして、愛馬ではありませんがローレル2歳馬エイコーンウィルが人気を背負って新馬戦に登場。新聞には初戦駆けするタイプとあります。日高の地に遅ればせながらの新馬勝ちを届けてもらいましょう!

今日の体重・・・朝69.4㌔ 夜69.3㌔

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月24日 (木)

プロ野球ドラフト会議

昨日は体重を図ったのに記入することを忘れていました。
昨日の体重・・・朝70.0㌔ 夜69.6㌔

忘れないようにしなければ。

今日はちょっと忙しかったので馬には触れません。

僕の弟子が今日のプロ野球ドラフト会議にて選択されました。それも上位。嬉しいです。本当に謙虚な奴で、先日もわざわざ連絡をくれたりしました。これからプロ野球の世界で生きていくワケですが、結果が全ての世界。人がいいだけではやっていけないと思います。(もちろん実力もあるんですけど)
厳しい世界の中で頑張って欲しいです。

知り合いの中からプロ野球選手が出たのは2人目。でも、今回の方が嬉しかったです。

今日の体重・・・朝69.0㌔ 夜69.3㌔

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月23日 (水)

131102行くべきか。。。

ローレルブレットの次走が中1週の京都近江特別に決まりそうです。

今野師のコメント『背腰に多少の反動は出ていますけど、これまでのようなダメージの程度ではありませんし、許容範囲のレベルです。この状態なら中2週あたりが理想の間隔ですが、その週は1600のハンデ戦。きっと背負わされる側でしょうし、馬格的に斤量は軽いに越したことはないですから、ここは避けたい。東京も田辺君の感触や左回りのモタれ方を見ると、決して合うコースとは思えませんので、今のところは中1週の京都に行ってみようと考えています』

そうなんですね。背腰には多少のダメージがあるんだ。それでも中1週で行けるんですね。そして、ハンデは。。。僕は軽めに評価されると見積もっていましたが、背負わされる側に評価されるということをこのコメントで知りました。それから、京都での良績も無いですし、東京の方が楽しみかな?なんて思っていましたが、左回りの東京はあまり良くないとされているんですね。

とはいえ、11月2日に次走が決まったローレルブレットですが、、、その日は行こうと思えば京都競馬場に行ける日。行っちゃおうかな?牧場見学の抱き合わせ。そして、許波多神社に行ってお参りしてこようかな。

前向きに検討してみます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年10月22日 (火)

131022誕生日スペシャル

本日10月22日・・・誕生日を迎えました。いい年こいたおっさんですけど。これからもよろしくお願いしますね。

今日は2歳馬情報。(愛馬以外も少し入れて)

この前に少し書きましたが、ローレルもユニオンもスローなスタート。先週の2歳戦もキングカメハメハ産駒のパラディドルが初ダートを3着でしたが、他は期待に応えられない結果。今週はローレルからエイコーンウィル、ユニオンからクライフォージョイとセクシーボーイが出走を予定していますね。

エイコーンウィルは期待値が高いみたいですが、ひとつ叩いてから更に上昇する感じ。ただ、どの馬も初レースですから、能力で何とかしてくれるかも(まだ、想定も出ていないので相手はわかりませんが)
福永騎手にお願いしているあたり、一発回答もある雰囲気を漂わせています。

クライフォージョイはサクラバクシンオー産駒。調教の動きもいいみたいですし、芝の短距離ならいいところがありそう。

セクシーボーイは前走2着。もちろん、勝ち負けでしょう。勝てば確実に、掲示板でも獲得賞金でヴォルカヌスを追い抜きそうです。是非とも勝利でヴォルカヌス超えを期待しています。

さて、他の2歳馬ですけど。。。
ローレルベローチェの評価が高いようです。併せ馬での気迫は凄いようですね。併せでなくても前に馬が走っていると自分から追い抜きにかかるという事で、競走馬としてのメンタルの高さは相当なモノだとのこと。アサカフジ系の血統ですので、仕上がりはゆっくりと聞いていたのですが、ここに来て馬がしっかりしてきたとのこと。そんなに時間がかからずに入厩できそうですよ。出資しとけばよかったかな。。。と思ってしまうような馬になって欲しいなと思います。(もうちょっと早くこれを聞いていたなら、出資してたかも。。。)
ひとつ勝てば長く活躍が見込める血統ではありますので、今からでも出資遅くないかも。

それから、ローレルラシーム。こちらも間も無くの入厩のようです。。。って、思っていたら入厩の情報があり、10月25日(金)締め切りになってしまいました。こちらはツアーのプレゼント馬でもあったので、かなり迷いましたが断念。こちらも楽しみな馬です。パワフルなキャンターで、ダートで能力発揮の期待。芝がダメかどうかは分かりませんが、血統からも堅実に走ってくれそう。こちらも出資断念を悔やむような活躍を期待。先週末に見に行こうと思ってたんですけどね。。。そうしたら、出資に傾いたかも。吉澤Swestは行ってみたいと思っているので、ラシームの入厩の順番が遅くなったらそれはそれで出会えるかも。

その、吉澤Swestに居る愛馬。。。ローレルゼフィーロですが、期待半分不安半分です。体力はバリバリあるようです。速いところをやっても反動もなく頼もしい限り。でも、まだまだ子どもの気性のようで、調教中も後ろっ跳ねをしたり集中できていないようです。現時点では人をなめているところまではいっていないようですので、多少安心なんですが、これがそこまで行ってしまうと。。。走らない馬になり下がる可能性も。。。吉澤Swestのスタッフさん。よろしくお願いしますよ。

そして、ローレルストーム。小国ステーブルで育成中ですが、15-15での動きもしっかりしてきたということで、入厩までも少し時間がかかりそうですけど、順調に進んでいます。年内に入厩。そして年明けにデビュー。。。ってなってくれないかな。。。菊花賞に間に合ってくれればいいですので、じっくり行ってもらいましょう。この仔には追加出資しましたから。

最後はヴォルカヌス。
岐阜の山岡トレセンにて放牧中ですが、いい感じみたいですね。まだまだ、時計は出せそうですが体重は40㌔増の460㌔。もう少し速いところをやって2~3週間くらいで帰厩できそうですかね。年内に出走。ひとつ勝ってもらいましょう。

ということで、頑張れ2歳馬!!頑張れ我がファミリー!!!

今日の体重・・・朝70.2㌔ 夜70.0㌔
→まだまだ、ダイエットを始めたばかり。これからこれから!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年10月21日 (月)

太り過ぎと来年の競馬

最近は疲れが。。。そして、仕事が面白くない(←意欲的にできないという意味)この状態を早く脱したいのですが。。。
そして、久々に体重計に乗ったら○年ぶりに70㌔の大台突破。これは流石にマズイ。服も着れなくなってきている物も。それから、極端に姿勢が悪くなっている気がする。猫背になって、腹を引っ込めている感じ。見た目にも良くないんだろうな。。。負のオーラを自ら感じます。

ダイエット宣言します!

とりあえず、毎日ブログに体重書いていきます。文章の最後に。。。文章の邪魔にならないように気をつけながら。。。

来年の競馬について
★中山競馬場の工事中は新潟が代替開催地に
中山競馬場が皐月賞の後に、検量室付近を大幅改築をするため半年の休業になります。スプリンターズSを含む9月の中山開催は新潟で行う。
久々の新潟スプリンターズSですね。我がファミリーからは出られそうな馬が居ませんけど。。。とりあえず、アメージングムーンとファインスカイはそっち方面ですけど、相当ハードルが高そうですが。

★JCダートが国際競走に格下げとなり、中京競馬場にてチャンピオンズCとして開催
やったー!中京競馬場でのGⅠレース。この時期であれば行けそうですし。。。ワイルドアンセムとアステュート、そしてローレルアウェイク。。。こちらもハードルは高そう。

★朝日杯FSが阪神開催に。ホープフルSがGⅢに格上げ
皐月賞と同距離の芝2000mで開催されていた特別競走のホープフルSがGⅢに格上げとなります。

★いちょうSと京都2歳Sも重賞に
2歳重賞が増えますね。ちょっとやり過ぎ感も。でも、我が1歳勢には期待しているので、いいことかも。
年末の出世レースラジオNIKKEI杯2歳Sが消滅。京都2歳Sに「ラジオNIKKEI杯」の表記が付くそうですけど。

★名称変更や開催変更が
セントライト記念が「朝日杯」の名称が付くことにともない、阪神の「朝日チャレンジC」は「チャレンジC」に変更されるとかようです。
中山大障害は最終週から3週に。
阪神Cは最終週土曜日へ。有馬記念が1年を締めくくる重賞に返り咲き。前述のホープフルSも有馬記念と同日開催になるそうです。

いろいろ変更がありますが、まずは今年のレースが大事。愛馬の活躍もまだまだこれからですし。

今日の体重・・・朝70.4㌔ 夜69.2㌔

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月20日 (日)

菊花賞2番人気

菊花賞。。。以前にも書いたことがありますが、僕は短距離戦より長距離戦が好き。菊花賞は何よりも勝ちたいレースの一つです。その菊花賞にユニオンのマジェスティハーツが出走しました。父は長距離馬のハーツクライ。入厩先もローレルジャブラニ等でお世話になっている松永昌厩舎。。。募集価格も1470万円ですので出資しない理由も少なかったんですよね。
逃した魚は大きいです。
・・・では、なぜ出資できなかったのか。。。考えてみると・・・この世代はユニオンの各牧場に見学に行ったんです。。。カノン、アステュート、エルフショット、クロノマン、ハッピーチャート、ワイルドアンセム、カテリーナ、ルペールノエル、オシャレバンチョウです。そこからアステュートとワイルドアンセムを選べたので、良かったといえばよかったのですが、、、見学していなければマジェスティハーツを選べたかと思うとちょっと複雑。

今日のマジェスティハーツはレースの主役を担う2番人気。名手武豊騎手を背に日高産の牡馬クラシック制覇の期待も大きく堂々の出走。
もちろん応援していました。

結果は重馬場の影響もあって13着。結果は出せませんでしたが、このレースに出走できたことを羨ましく思います。

今年の菊花賞にはエピファネイア(キャロットファーム)、ダービーフィズ(社台レースホース)、ユールシンキング(社台レースホース)、ラストインパクト(シルク)のクラブ馬が出走。エピファネイアはこの菊花賞を制覇しました。

ローレルベルロード、ローレルクラシック、ローレルジャブラニ、ドラゴンフライ・・・長距離戦制覇を夢見て長距離適性が高そうな馬に出資してきました。ローレル、ユニオンから菊花賞に出走する馬が出てきたならば、次のチャンスは逃したくないですね。

次は。。。ローレルストーム(ゼンノロブロイ×ローレルデフィー)だと思っていますけど(笑)

お願いしますよ!ローレルさんユニオンさん!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年10月19日 (土)

黄金世代へ

ちょっと前になりますが、ローレルツアー特典期間中の出資申込を済ませました。

当初予定していた出資予定馬と実際に出資した馬が変わりました。そして、出資金額、頭数とも予定を超えました。。。

12年生世代はローレルクラブ所属馬だけで6頭。。。まだ、追加出資したい馬も残っていまして・・・困っております。

僕のお小遣いからすると、ちょっとオーバーしております。ということで、僕の貯金を切り崩して廻していかないといけない感じになっています。

12年生世代の活躍はもちろん。12年生世代が台頭するまでの期間も現有戦力に活躍を期待しています。

12年生世代がゴールデンエイジになりますように。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月18日 (金)

ローレルブレット連勝街道へ

BSの話ばかりしていますが、再度完全復活!!したかと思ったら、またダメ。。。アンテナの角度ではなく、コードかアンテナの機械そのものが悪いみたいですね。買い替えor整備が必要です。

明日はローレルブレットが戦います。

2013/10/19(土)
9R 三年坂特別 芝1600m  / 発走:14:25
4回京都6日目 3歳上 サラ3歳上1000万下
混(特指)定量 12頭
本賞金:1440、580、360、220、144万円
2枠2番 ローレルブレット  牡4 57.0㌔ 和田

調教
ローレルブレット
2013/10/17(木)
栗坂 重 助手 56.8-40.9-26.3-12.8 馬也
好調持続 評価B

厩舎コメント(デイリースポーツ)
ローレルブレット
以前のひ弱さが抜けて軌道に乗ってきた。千六の流れも合うので昇級戦でも。〈今野師〉
評価◎

クラブからのコメント
今野調教師のコメント『好調子をキープできれば良い程度の追い切りでしたが、しっかりとした動きができ、レース前の調整としては十分だと思います。ひ弱さが取れつつあり、古馬の雰囲気を感じますね。そろそろ完成の域に近づいている時期なんでしょう』

★★★実は、現地応援を考えていましたが前日に断念。。。天候と抱き合わせで滋賀の放牧地を回ろうと思ったのですが、調整がつかなかったので(仕事もありましたし。。。)、我慢してすることにしました。仕事を他人に任せて現地応援して負けると罪悪感がハンパないですからね。真面目に仕事をしながら心の中で応援します。
メンバーはなかなか手強い。
一応人気の一角を②ローレルブレットが担うかと思いますが、混戦模様であり出走ギリギリまでオッズの変動はありそう。
安定株の⑦メイショウヤタロウや2歳時から素質が評価されていた⑥サトノキングリー。。。その次の3番人気に落ち着くかと思いますが、、、ローレルブレットの馬券を買い難い。。。不安要素が多いということです。
不安要素が多いというか、この一点に尽きるのですが、天候です。兎に角、京都の雨は全然ダメ。逢坂山特別は雨の京都の中9着(2番人気)、紫野特別も5着。。。小倉や中京では雨や重でも走っているんですが、京都はね。。。元々結果が出せないですし、更に重馬場じゃあね。。。
そして、追い切りがやや緩くないか?中間はもうちょっとビシッと追った方が結果が出ると思うのですが。前走や前々走あたりで、そんな感じで仕上げることが定番になるかと思ったのですが、馬なり仕上。これが吉とでるのか凶と出るのか。
そして、前走もスローな展開でありブレットの末脚は目立ったものの走破タイムは平凡なんですよね。1000万下の戦いで末脚を爆発させることができるのか。。。未知数です。

ただ、今野先生のコメントを鵜呑みにするならひ弱さが抜けたのであれば、本来の力を発揮できる体質になったのかという期待も。
そして、雨予報ですが雨予報も前日より少し降らない方向に推移してますから、、、元々重馬場にはならない感じですが、雨で表面が滑る事態にすらならないかも。そこに期待ですね。
そうそう、プレノタートがこのレースを回避したことは実はローレルブレットにとってプラスだと思っていたりもします。

昇級戦ではありますが、昇級は形だけ。混戦なだけにどの馬にもチャンスはありそう。天候や馬場状態などの“運”を最後につかんでレースに臨みたい。

期待はしていますが、不安要素もあるので人気以上の過信はしない様に見守りたいと思います。
現地応援に行かなかったことを後悔するような結果を期待したい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年10月17日 (木)

2歳馬頑張れユニオン&ローレル

昨日映ったBS放送がまた映らなくなっちゃいました。。。明日、またアンテナ調整にチャレンジします。
今週はローレルブレットのレースもあるし、BSでも録画したいから。

今日は2歳馬について。

出資している2歳馬はユニオンのヴォルカヌス(スウェプトオーヴァーボード×イフリータ、ローレルクラブからはローレルストーム(ゼンノロブロイ×ローレルデフィー)とローレルゼフィーロ(ゼンノロブロイ×オータムブリーズ)です。

我がファミリーの2歳馬の現状はヴォルカヌスが6月に函館デビュー新馬を③着。その後→⑤着→⑤着→⑧着。獲得賞金は280万円。まだ、未勝利ですし獲得賞金も未勝利1着の賞金にも満たないのですが、現時点でユニオンの稼ぎ頭なんです。(因みに2番目はピーキー255万円。3番目はセクシーボーイ200万円)ユニオン勢はここ数年、早い時期に新馬勝ちを輩出しているだけに今年の出遅れは深刻な感じがします。
主力視されているディープインパクト産駒のハートオブクラリスが先週デビューで5着。まぁ、後々走ってくるでしょうけど。先行募集馬のアビエイターやバイオレットスター、僕が出資を迷ったキスオブザビーナスやスペシャルフォースなどまだまだ逸材がデビュー前です。ここから新馬勝ちも出てきたりすると思いますけど。
今週はリコリッチ(スキャン×リュウダイヤモンド)がデビューを迎えます。実はちょっと出資検討しました。頑張って欲しいですね。
そして、デュナトス(サウスヴィグラス×ダンスカーニバル)が未勝利戦へこちらはデビュー戦、2戦目がパリッとしませんでしたが、ダートに特化した血統。このレースも注目したいと思います。
ヴォルカヌスは函館で4戦使われました。苦手と思われる芝の重馬場も使われ、少々疲労が出ていたようですが、持ち前の前向きな精神で徐々に疲労回復。いい感じで再調整がされています。もうすぐ戻ってきそうですね。この仔の復帰戦がユニオンの勝ち上がり第一号になりませんように。。。各馬の奮起を期待しています。勿論、ヴォルカヌスだって負けませんけど。

そして、ローレルクラブ。ゼンノロブロイ産駒2頭に出資しましたが、デビューは秋から冬というのは想定内。今のところ怪我もなく、育成が進められているのでそれほど不満はありません。ただ、あまりデビューが遅くなると。。。着外になったりすると使えるレースの数が限られちゃうんですよね。まぁ、ストーム、ゼフィーロとも中長距離を走ると思うんで、そんなに心配はいらないかもしれませんけど。
ローレルも未だ未勝利。昨年は早い時期にアメージングムーンが勝ちましたが、ローレルのゆっくりは何となく想定内。これから我が愛馬を中心に巻き返して欲しいところ。
今週は、ローレルトルネード(チアズブライトリー×マイディアガビー)が新馬デビュー。パラディドル(キングカメハメハ×ヤマノボンディール)とアガペー(シンボリクリスエス×スクエアアウェイ)が未勝利戦に出走します。
まずは、ローレルトルネード。ローレルのツアーの懇親会ですけど、ヤマダステーブルのスタッフさんが来ており、ローレルトルネードについては相当な自信を持っていました。お酒も入っていましたのでちょっと話が大きくなっているかもしれませんが、『兄よりいいです』、『新馬勝ちします』なんて言っておりました。もちろん、補償はありませんが、あの話を聞いていてデビュー戦を迎えるとなれば、注目するしかありません!出資馬ではありませんが単勝馬券買っちゃいましょうか!!今日の追い切りも馬場のわりにはいい時計が出ていると思いますので、期待しましょう。
そして、アガペー。デビュー戦前にもここでお伝えしたように、飯田雄先生はかなり期待しているようです。デビュー戦はまさかの結果で期待を裏切っちゃいましたが、持っている素質で2戦目に開花してくれる事を期待したいと思います。提供先のハシモトファームさんですが、今後はローレルに提供しないというワケではなく、たまたま居なかっただけとのこと。
ハシモトファームさんは自分名義で走らせて目立っちゃうと、牧場運営的にあまりよろしくないとのことです。クラブに出した馬が好走して賞金が入れば、売れ残り分何口かを持っているハシモトファームさんにも利益が転がり込んでくるということで、ここらで一発勝ってもらえると、ハシモトファームさんも大喜び。募集馬にハシモトファーム産が入ってくるかもしれません。となれば、アガペーに出資していない僕たちにも大きな利益があります。ここ一発の好走を期待します。
パラディドルは初ダート。未知数な部分はありますが血統的にこなせないことはないでしょう。午後にはローレルブレットにも騎乗してもらうことになっている和田騎手のエスコート。この馬だってチャンスはありますよ。
ローレルブレットが走る時は他の他の馬も激走する。。。そんなジンクスを植え付けたいですね。

ローレルトルネードもアガペーも出資をギリギリまで悩んだ仔たちです。
出資しとけばよかった~と思わせる結果を期待しています。

ローレルもユニオンも2歳不調ですがこれからの活躍に期待しています!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年10月16日 (水)

アンセム力出し切れず、ファインスカイはラストチャンスGET

ツアー時よりBSが映らなくなっていました。今日は風が強かったのですが、仕事はゆっくり出勤して早く帰れたので、アンテナを修正。。。しっかり修復できましたので、ほっと一息。週末の競馬も楽しみが増します!!

今日はちょっと前の愛馬のレースを振り返ります。

13年9月18日 
10 R 名古屋CCヴァルカン
ダ右1400m / 天候 : 晴 / ダート : 良 / 発走 : 16:50
過去の名古屋CCヴァルカン
9回名古屋18日目   (定量)
6着 ワイルドアンセム  牡3 55㌔ 安部幸夫  タイム1:30.1 1番人気 1.8倍 上がり3F39.0 馬体重479(+1)

1310161

見に行ってきましたが、パドックでの様子は馬体、気合とも断トツ。『これは絶対に勝てる』と思っちゃいましたね。それくらい他の馬と見た目に違いましたから。。。近くに居たおっちゃんにも話しかけられ、『4番(ワイルドアンセム)が一番いい出来だな。相手探しだな』なんて言われたもんだから余計に自信がついちゃいました。
レースはスタートもヌルっと出て中団。ゴール前で見守っていましたが、1週目から外へ外へ逃げようとしていて、いきなり『勝つのは難しいかも』と思ってしまいました。お金もがっつり賭けていたので、イライラと不安でレース中の写真が全然撮れませんでした。見せ場無く最後の直線に入り何となく走り続けて、6着でゴール。。。ガッカリしましたね。しかし、ワイルドアンセムの見せ場はここから。ゴール板を通過後にスピードアップ。ゴール板を越えて1コーナー~2コーナーで勝ち馬⑨ラヴィドール、①ビックケンを交わし、向正面でも抑えが利かず、ビュンビュン走っていました。レースでは力を出し切らず、レース後に張り切っちゃいましたね。
力はありそうなんですけど、気性がまだレースに向きません。気持ちさえ前向きになれば、このクラスには居ないでしょう。脚質に工夫をするか、馬具を工夫するか、条件を工夫するか。。。兎に角、もう少しなんですけどね。次走に期待します。

小崎調教師のコメント『どうしても砂を被るとダメなようですね。さすがにクラスが上がると簡単に前にはいけませんし…。レースを使いながら慣らしていくしかないですね』

安部騎手のコメント『なるべく砂を被らない位置で進めたのですが、前に入られて少しでも砂を被ると嫌がりますね。外へ出してからはハミを取って良い感じで走ってくれたのですが…。3コーナーでも被されると、嫌がって外に張り気味になっていました。直線でばらけてからは伸びてくれましたし、能力はあると思います。レース慣れしてくれれば良いですね』

続いてファインスカイのレース

13年9月22日
4 R 3歳未勝利
ダ1200m / 天候:晴 / ダート:良 / 発走:11:25
4回阪神7日目 3歳  [指定] 16頭
本賞金:400、160、100、60、40万円
1着 ファインスカイ 牝3 54㌔ 小牧 タイム1:12.0 3番人気 5.8倍 上がり3F36.3倍 馬体重470(-6)

レース分析
特に厳しくはない流れ。3、4番手で直線を向いた2頭が抜け出し、初ダートのファインスカイが競り合いを制しての1着。オーネットサクセスが2着。人気のサンライズネオも中団からよく伸びたが、これらに届かずの3着。

1着:ファインスカイ 短評
初ダート。行きっぷり良く徐々に好位に上げ、気配は良好。直線では前のオーネットサクセスと併せて前を交わし、この競り合いで同馬を振り切っての1着となった。条件替わりのラストチャンスを、見事ものにできた形。

このレースはローレルのツアー中。北海道で観戦しました。外枠を少し心配しましたが、抜群のスタート。ゆったりとした流れの中、4番手の外につけ完璧な位置取り。砂を被ることもなく初ダートのファインスカイにとってこの上ない展開。3コーナー、4コーナーでも焦って仕掛ける素振りもなく、きっちりと折り合って直線へ。この瞬間『勝った!』と思いましたね。ツアーでは『行けー!』とか声を出して応援していました。“燃えました”ね。。。
坂も失速することなく駆け上がり、上がり3Fをメンバー最速の36.3秒でまとめ2着⑮オーネットサクセスに1.1/4馬身差をつけて圧勝のゴール。最後の最後でチャンスをモノにしました。

勝った直後は皆さんと抱き合い、握手し合い、喜びました。

小牧騎手「ダートは問題なかったし、スムーズな競馬が出来たからね。追っての反応も良かったです」

角田師「外枠も良かったですね。結果を出せて安心しました。続けて使いましたから、リセットしてから次を考えましょう」
「会員さんが何名か来られていましたし、最後に結果を出せて本当に良かった。あとジョッキーの適性への判断が当てにならないことも改めて感じました(笑)。脚元などは問題ないですが、やはり背中には張りがあります。小倉へ2回輸送して3走目。ずっとトレセンに在厩していましたし、精神的なイライラも解消させてやりたいので、ケアしてやりましょう」

この10生世代ですが、ローレルのアメージングムーン、ファインスカイ、ユニオンのアステュート、ワイルドアンセムの4頭全てが勝ち上がり。4頭が勝ち上がったことも初めてであれば勝ち上がり率100%も初めて。この世代は北海道に行って4頭とも見てきたんですよね。それだけに嬉しい記録でした。中でも(出資者さんには申し訳ありませんが)ハッピーチャートとアステュートを同じ桜井牧場さんで見て、どちらを選ぶか相当に迷ったんですが、アステュートに決めた。。。これは自分を信じて良かった。と思う瞬間でした。ハッピーチャートも再ファンド奮闘中ですがすぐに帰ってこれると思いますけど。。。
まぁ、ユニオンのカノンも見てきたんですけど、こちらは見送っちゃいましたので、“完璧”ではないのかもしれませんけど。。。
今年も12生世代を実際に見て出資を決めたメンバーです。10生世代のように全馬勝ち上がりを期待したいと思います。

同じ日に勝ったローレルブレットのレース以降は後日書こうと思いますのでよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月15日 (火)

10年を振り返る~勝ち星編~

台風26号が近づいています。その影響で明日は昼からのお仕事に切り替わりました。うちのボスの懐の深さ。。。感謝します。明日の午前中はゆっくりできるよ。

ふと振り返ると、2004年7月18日にローレルクラブ所属のラッキーナンバー(牝父フジキセキ×母ビンゴビクトリー)がデビューして以来10年が経ちました。長い。。。この趣味も12年以上続けていることになります。
では、愛馬初デビューから10年間の勝ち星の変遷を振り返ると。。。
04年→0勝
05年→1勝(ローレルシード)
06年→1勝(ローレルウェルシュ)
07年→6勝
(ローレルウェルシュ3勝、ローレルアクシス2勝、クオン)
08年→1勝(ローレルベルロード)
09年→1勝(ローレルベルロード)
10年→2勝(ローレルベルロード、アルボランシー)
11年→5勝
(ローレルジャブラニ、ハナカゲ、ローレルブレット2勝、ローレルクラシック)
12年→2勝(アメージングムーン、ローレルジャブラニ)
13年→4勝・・・10月15日現在
(ワイルドアンセム、アステュート、ローレルブレット、ファインスカイ)
合計23勝

10年で23勝は正直少ないですよね(笑)ローレルクラブとユニオンじゃあ仕方ないかな?なんて思ったりもしますけど、皆さんはもっと勝ってるんでしょうか?平均年間2~3勝ですから。。。半年に1勝。。。そう考えるとやっぱり寂しいか。プロ野球選手の投手でしたら、解雇されちゃうような成績ですね。

今年の目標は10勝。残り2ヶ月半で6勝を上積みするのは不可能ではないもののやっぱり苦しい数字ですが、07年の6勝を超える勝ち星を挙げ、一口馬主生活年間勝ち星の新記録を更新したいところ。

我がファミリーの月別勝ち星は
1月→1勝
2月→1勝
3月→0勝
4月→0勝
5月→2勝
6月→1勝
7月→3勝
8月→2勝
9月→5勝
10月3勝
11月4勝
12月1勝

と、いうことで秋冬にめっぽう強い我がファミリー。これからの出走馬にも期待できます。
昨日も書きましたが、今週のローレルブレットに勝ってもらえると、一気にエンジンがかかりそうですけど。

残った2013年でどの馬に勝ち星を期待するか。。。ローレルブレットには2勝を期待。アステュート、ワイルドアンセムもひとつずつ行けるかな。ファインスカイは年内復帰はないかも。アメージングムーンも注目です。ローレルクラシックは諦めていましたが、もうひと花咲かせることができるか。アルボランシーとローレルアウェイクは2頭のうちどちらか勝てるといいな。ヴォルカヌス、ローレルゼフィーロ、ローレルストームの2歳勢は3頭で1勝できないかな?

・・・上記の皮算用だと10勝以上いけちゃうんですよね(笑)

また、いろいろな角度から我が一口馬主ライフを振り返ってみようと思います。

皆さんの一口馬主成績はどうですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月14日 (月)

ローレルブレット三年坂特別登録

昨日はブログおやすみ。。。そうすると、途端にアクセス数が減ります(涙)というか、ローレルプレビューレポートが終わったところでアクセス数は右肩下がり。やはり興味のある内容じゃないと、、、難しいんですかね。

まぁ、興味を持たれそうな内容を探しつつ、自分のペースで頑張って書きます。

この三日間の競馬は惨敗。来週は愛馬の活躍で巻き返したい。
ローレルブレットが特別レースに登録されました。

9R 三年坂特別
芝1600m 4回京都6日目 3歳上 サラ3歳上1000万下 混(特指)定量 特別登録21頭
本賞金:1440、580、360、220、144万円

アイムヒアー 牝5 55
インプレッシヴデイ 牡6 57
オーキッドレイ 牝3 53
キョウエイアシュラ 牡6 57
ゴットラウディー 牡5 57
サイモンラムセス 牡3 55
サトノキングリー 牡3 55
シャンギロンゴ 牡6 57
ショウナンラムジ 牡4 57
スズカアンペール 牡5 57
タガノエンブレム 牡3 55
タガノザイオン 牡6 57
ダイナミックガイ 牡3 55
ダンツアトラス 牡3 55
テンペル 牡5 57
ビッグスマイル 牝5 55
プレノタート 牝4 55
マルタカシクレノン 牡5 57
メイショウヤタロウ 牡5 57
レインフォール 牡4 57
ローレルブレット 牡4 57

芝マイル戦に21頭が登録。メンバーはなかなか強力です。近走成績を見渡しても入着歴がある馬ばかり。ローレルブレットもその中の1頭ですけど。オッズは割れそうですね。混戦になりそうな雰囲気。だからこそ勝つといい配当になります。

ここを通過点とし、僕の希望は2014年京都金杯に出走。。。そこで勝つ予定で日程も空けておきます。そのスケジュールを満たすためにも今回は大切。期待しています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年10月12日 (土)

珍しくGⅠ予想~秋華賞~

明日は秋華賞。PATに加入して初めて大勝ちしたのがティコティコタックの勝った秋華賞。それからというもの比較的相性がいいレースです。

今日は明日のGⅠレース秋華賞を予想します。

◎⑨ノボリディアーナ

○①スマートレイアー

▲③ティアーモ

△⑦トーセンソレイユ

△⑯メイショウマンボ

△⑭デニムアンドルビー

×⑫エバーブロッサム

×⑰ローブディサージュ

これで行きます!

今日は忙しいのでこれで。。。スイマセン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月11日 (金)

ローレルアウェイク中央1勝へ

ふと気がついたこと。最近5Rでの出走が多い。偶然なのか?それともそのレベルのレースしか出られないのか?でも、レースに使ってもらえることはいいことだ。頑張ってもらいましょう!!

明日はローレルアウェイクが出走。

5R 3歳上500万下 ダ1900m / 発走:12:10
4回京都3日目 3歳上  [指定]定量 9頭
本賞金:720、290、180、110、72万円
2枠2番 ローレルアウェイク  牡4 57.0㌔ 松田

★★★メンバー的にも勝てるかと思うんですけどね。。。幸いにも9頭立てだし。
もうちょっと外がいいかな?って思った枠番ですけど、この枠で五分のスタートが切られれば確勝ではないでしょうか?①マッシヴプリンス(大橋厩舎)と③セブンフォースが前で競馬をする馬。。。挟まれてガクッと後方まで下げられると苦しいかもしれませんけど。。。
①マッシヴプリンスと③セブンフォースは人気になるでしょう。
それから⑧シンゼンレンジャーと⑤フミノメモリーに⑦スタンドバイミーと②ローレルアウェイクを加えた6頭立てのレースですから。。。馬券も買い易いかも。BOXで馬券を買うか?それとも②ローレルアウェイクから流し馬券で買うか。。。結局、流し馬券で行っちゃうと思いますけど。

ローレルアウェイクは追い切りは地味ですがこれはいつものこと。叩き3走目での上積みは大きく期待できるワケですが、アウェイク自身あまり体質が強い方ではないので、中1週で使われて疲れが出ないことを期待します。勝ってくれれば言うことなしですが、3着以内だったら嬉しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月10日 (木)

130918名古屋競馬場訪問記②

昨日でローレルツアーもひと段落。まだ、書き足したいこともあるので、また機会を見て書き足します。

今日は久々にユニオン寄り。9月18日に一度書きましたが、久々に第二弾を書きます。

そうです。名古屋競馬場訪問記です。今日はワイルドアンセムが主役です。

でも、写真だけ。。。

1310101
・・・馬体重の表示もアナログ。地方競馬場らしさが出てますね。

1310102
・・・パドックのワイルドアンセム。いい感じだったんですけどね。

1310103
・・・鞍上は安部幸夫騎手。跨る瞬間ですね。

1310104
・・・この様子を見て勝利を確信。馬券を買い足しちゃいましたね。

1310105
・・・ゲートから出たところです。この時は北海道ツアー代を稼げると思っていました。

1310106
・・・1周目のゴール付近。位置取りは確かに悪かった。不安が過ぎりました。

1310107
・・・レースを終えたワイルドアンセム。屈辱の6着。悲しくなりました。。。

口取り、飛行機代を稼ぐ。。。目標は達成できませんでしたが頑張っている愛馬を見て少し元気になれました。そして、ツアーは楽しかったし。

また、競馬場にも行きたいですね。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年10月 9日 (水)

ローレルプレビュー2013⑱

今日で募集馬レポートも最後です。やったー!やっと終わった~。。。誰に頼まれたワケでもありませんが、何となく責任を果たした気分になっております。でもやって良かったと思っております。是非感想をお聞かせください。。。

では最後の募集馬レポート行きます。今日はプリティジョディー12です。

プリティジョディー12
(父ブライアンズタイム×母父ダンスインザダーク)
牝 黒鹿毛 12年3月17日生
生産者→新冠橋本牧場 入厩先→栗東:飯田祐厩舎

1310091_2

厩舎は新人さんですので、公式には“栗東予定”となっていますが元ジョッキーの飯田祐先生になるようです。

飯田祐先生といえば中央379勝の中堅騎手でメイショウオウドウやメジロマイヤーで重賞制覇しております。引退後はメイショウマンボの居る飯田明厩舎(飯田祐先生の父)で勉強しながらルメール騎手の紹介でフランス名門バリー厩舎に修行に出ました。

1310092_6

このバイタリティーは期待以外ナニモノでもないでしょう。飯田祐先生への期待は大きいです。ルメール騎手から紹介されたのも先生の人柄でしょうしね。

1310093

先にローレルクラブが新人厩舎に期待しているモノですが、、、新人調教師さんはとにかく一生懸命に馬の面倒を見てくれるようです。もちろんリスクも発生するワケですけど、、、やはりこれって大事だと思います。プロですので、結果も求められますが新人の先生も2、3年で結果を出さないと干されてしまうので、必死にやってくれます。そして、日高の良血をクラブからお願いすればその馬を主力に置いて(先生に気に入られて)頑張ってくれるとのことです。ペルルノワール12の高橋康先生もそうですし、プリティジョディー12の飯田祐先生もそうです。その飯田祐先生ですが、プリティジョディー12をかなり気に入ってくれているようです。北海道に寄った時には必ずここを訪れるそうですし、毎月来ちゃうみたいです。見学の時の話でも『(飯田祐先生曰く)僕の中の1番』とおっしゃっていましたので、これは期待できると思います。

1310094

10月2日に吉田Sに出て育成に入るようですが、この吉田Sですが、地方を代表する名手吉田稔元騎手が日高町門別ファンタストクラブ内で開業した育成牧場です。新しい体制となった新冠橋本牧場、新しく開業された吉田Sで育成。そして新規開業の飯田祐厩舎。。。ということで、みんなから一生懸命に愛されていい競走馬になりそうな気がしてなりません。

1310095

さて、プリティジョディー12を取り巻く環境ばかり書いてしまいましたが、実際のこの馬について書かせていただきます。

1310096

見た感じでは牡馬のような馬格を誇りいかにもパワーがありそうな感じ。どっしりして見え、いかにもブライアンズタイム産駒の典型のように見えます。この体型はダート馬になることが多いんですよね。しかし、歩かせるとイメージは一変。歩様に柔らかさがあり、肩も前に出てトモも踏む。。。ダート馬ではなく芝馬の動きです。これこそが穴馬だと思っています。

1310097

母はプリティジョディーは白老ファーム産の吉田照哉さんの持ち馬。社台系のお嬢さんです。そこに成長力のあるブライアンズタイムが配合されました。父のいいところがしっかり出ていながら母の柔らかい動きも出ているということで、両親のいいとこ取りの募集馬です。
気性も安定しており扱いやすい馬だとのこと。

1310098

飯田祐先生がどのようなデビューを描いているか分かりませんが、フランスで学ばれた知識と技術を生かして成長力のあるブライアンズタイム産駒の晩年の大物をきっちりと仕上げてくれることでしょう。ダート路線で出世して、裏街道から秋華賞出走。どこから現れたのか分からない伏兵が秋華賞をいきなりポンと勝つパターンですよ!馬券としてもダートから芝代わりで大儲けさせてくれるタイプに妄想してますので、楽しみです。

ブライアンズタイム産駒の芝馬。。。出世する可能性を大きく感じますよ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年10月 8日 (火)

ローレルプレビュー2013⑰

募集馬レポートも終盤に。。。今日書き終えると残った馬は1頭のみとなります。その他にも見せていただいた馬もいますので、続けよと思えば続くのですが。。。とりあえず、皆さんに伝えられる最低限のことはできたかと思いますので、今日と最後の1頭まで手を抜かずに頑張っていこうと思います。

今日の募集馬レポートはエルトベーレ12です。

エルトベーレ12
(父ローレルゲレイロ×母父Lion Heart)
牡 青鹿毛 12年4月7日生
生産者→村田牧場 入厩先→栗東:昆厩舎

1310081

既に当歳時に出資したエルトベーレ12です。父ローレルゲレイロは1歳時にツアーで実際に見て、いい馬だと思いながら出資せず。デビュー後も気に入って応援していました。。。(ただ、ちょっとnet上で嫌なことがあり、心から応援できなかったエピソードはあるのですが、ゲレイロ自身には関係ないですからね)
その、初年度産駒ということで即出資しました。

1310082

実際に見るのは今回が初めてになります。話やクラブレポートを読んでも『ローレルゲレイロそっくり』ということでしたが。。。実際に見てみると、やっぱり似ていましたね。毛色もそうなんですけど、筋肉のつき方とか放たれているオーラとかも似ています。この時期でもガッチリとした身体の造りは天性の素質といっていいでしょう。夜間放牧だけでこの筋肉ですから鍛えたら本当にムキムキになっちゃいますね。1歳時のローレルゲレイロと比べても一回り大きいというお話でしたが、僕自身は当時のゲレイロの大きさまでは記憶しているわけもなく、胴の詰まったコンパクトな馬体で少し小さめなのかな?なんて思っちゃいましたが、牧場スタッフさんが『大きい』と、言っているんだから大きいのでしょう。

1310083

また気性の激しさもこの仔の特徴であり、寮馬『ビッグテンビー12』にちょっかいをかけたり喧嘩しにいったりというエピソードも頂きました。

母エルトベーレは米国のセール昆先生のアドバイスの下、購入した期待の繁殖牝馬でこの仔が初仔になります。初仔ですが大きさ的にも申し分なく、満足のいく仔が出たようです。そして、(僕は母エルトベーレを見たことがないのですが)母の良さも出ている仔だと聞いております。

1310084

現時点では不安もなく、今後はファンタストクラブで育成を進めていきます。450㌔くらいでデビューできるのではないかという話です。

昆先生も自らを出世させたローレルゲレイロへの想いは強いようで、この仔はローレルゲレイロを意識したルートを辿っていくようです。既に函館第1週デビューを目標に考えられており、そこで勝ち上がり、函館2歳Sも視野に入っています。母ライオンハート産駒も2歳戦での活躍が多く、この血統でしたら上記の予想図も実現できそうな感じです。

1310085

動きですが、ガッチリしたトモから繰り出す歩様は推進力はありますが、少し動きが硬いかもしれません。マイルでも力を見せた父ローレルゲレイロですが、この仔は更に少し単距離にシフトしていくかもしれません。もしかしたらダートの方が無敵かも。

1310086

芝でも圧倒的なスピードを見せてくれれば言うことありませんが、ダートに条件を変えてもそこで頭打ちになることもなさそうですので、スプリンターズSと高松宮記念とJBCスプリントの変則三冠を狙っちゃいましょうか。
もしかすると、ローレルウェルシュっぽくなるかも。(もちろん成績はウェルシュを超えてもらいますけど)

1310087

800万円の超お買い得馬。回収率はかなりの確率で100%を超えるのではないでしょうか。

この仔がコケたら初年度産駒22頭であるローレルゲレイロの未来はありませんぞ!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年10月 7日 (月)

ローレルプレビュー2013⑯

昨日は凱旋門賞観戦しましたが惜しい、悔しい、悔しさ一杯でなかなか寝付けませんでした(明日の仕事が嫌だからかもしれませんけど)
ローレルから海外挑戦する馬が出るかどうか。。。ローレルゲレイロ以来の挑戦馬が出ることを期待しています。

今日の募集馬レポートはベルガール12です。

ベルガール12
(父カネヒキリ×母父トニービン)
牡 栗毛 12年4月8日生
生産者→新冠橋本牧場 入厩先→栗東:高野厩舎

1310071

ベルガール。。。以前出資していたローレルベルロードの弟になります。ローレルベルロード(父ナリタトップロード)は芝長距離戦を主戦場とし3勝。準オープンまでいきました。その兄トーセンベルボーイ(父フサイチソニック)も3勝準オープンまでいきました。兄に出資していた縁もあり、当歳募集時から注目していましたが、薄いイメージの馬体から肉付きも良くなりガッチリとした馬体に変わってきました。

1310072

父カネヒキリも実はちょっとした縁があります。僕が生涯で初めて見に行ったGⅠレースがカネヒキリの勝ったジャパンカップでした。家族全員で見に行ったんですが、その雰囲気に魅了されましたし、カネヒキリの強さにも感服しました。カネヒキリ自身は現在優駿SSの新エースとして人気を集めています。見学時もコメントでは芝も行けそうな動きです。。。と、ありましたが、はじめからダートに行くような気がします。これは悪い意味ではなく、ダートへの適性が強く期待できると思います。2歳のローレルラシームと一緒ですよ。ラシームもダートで面白そうじゃないですか!

1310073

母ベルガールですが、母父がトニービンということもあって、芝適性の高そうな種牡馬をつけてきましたが、非SS系だと結構走るんですが、SS系は走らず。。。最近はダート適性の強い種牡馬に急にチェンジしました。
09産クロフネ
10産ゴールドアリュール
11産ゼンノロブロイ
12産カネヒキリ
理由は聞きそびれましたので真意は分かりませんが、何か掴んだのかもしれませんね。

1310074

そして、この仔は相当に食べるようですし、相当に運動をするようです。
飼葉の喰いっぷりは凄く良いようですが、太くないですよね。夜間放牧もGPSをつけて管理しているのですが他の馬よりも1~2㌔くらい多く運動をしているということです。これが毎日積み重なると。。。それは大きな力になります。やっぱり毎日の積み重ねは大切ですし、健康は大事です。それがあって現在のこのシャープな身体をキープできているのです。

1310075

性格は人には従順であり、放牧地では大きい馬にも向かっていく気の強さも兼ね備えています。身のこなしも柔らかく芝もいける。。。という牧場からの説明でした。

1310076

高野先生もこのベルガール12を『気に入った馬体』と評しており注目してくださっているようです。

今後は坂東牧場の方で育成するようです。

1310077

若い息子さんが場長となり、経験してきた牧場での育成をここで実践されています。ということで、新冠橋本牧場の仔が突然社台系っぽく変化する可能性もあります。注目していきましょう。

そして、橋本さんが『この馬は穴馬だと思いますよ』と、言う表現で締めくくってくれました。こういう表現って相当な自信と信頼が無いと言えない言葉ですよね。

この仔も楽しみだと思います。『砂のディープインパクト』の名を継承してもらいましょう。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年10月 6日 (日)

ローレルプレビュー2013⑮

今日はメインレースが荒れてホックホク。先日紹介したブルーオアシス行っちゃいましょうかね。。。マジで。
そして、こんばんは凱旋門賞。。。愛馬でもありませんし、馬券も買えません。。。でも見るしかないでしょう!日本馬の勝利を期待しています。

今日の募集馬レポートはビッグテンビー12です。

ビッグテンビー12
(父マンハッタンカフェ×母父テンビー)
牡 黒鹿毛 12年4月6日生
生産者→村田牧場 入厩先→栗東:昆厩舎

1310061_2

実馬を一番見て確認したかったのがこの仔です。総額3400万円。。。ローレルレジェンド以来の高額馬です。母ビッグテンビーは兄姉に8頭が生まれ走っているんですが、全馬中央勝ち。日高地区最強の繁殖牝馬との呼び声も高い肌馬です。そこに初めてSS系種牡馬。それも2009年リーディングサイアのマンハッタンカフェ。このマンハッタンカフェが種馬として選ばれた背景ですが、これは昆先生のリクエストでマンハッタンカフェとなったという裏話がありました。産駒にはヒルノダムールなど長距離馬も居ますが、ジョーカプチーノなどスピードのある短距離馬も輩出。いわゆる万能種牡馬です。

1310062_2

ビッグテンビー12は父マンハッタンカフェの良さが出た体形でマイルから中距離で力を発揮しそうな感じですね。

そして、この血統がローレルクラブに出てきたのは何か悪いところがあるのか・・・なんていう噂もありましたが、この仔は至って元気。それどころかこの馬がこの価格で出たことが村田牧場さんの自信の表れなんですね。個人馬主に売ることも考えられたのですが、安い値で売る気はない。希望額に達しないようであれば、クラブに出して会員さんに楽しんでいただく。もし売れ残ったとしても牧場で大口を持っても勝つ自信がある。。。ということなんですよね。。。大まかに言うと。(←これは村田さんが直接言ったワケではなく、この馬の説明や懇親会で話されたことを総合して僕が感じた総評ですので、、、悪しからず)

1310063_2

ということで、3400万円以上の賞金は稼げる。。。と、いう自信ですね。

見学時にはビッグテンビーの仔が青鹿毛に生まれたら重賞2着以上。黒鹿毛に生まれたら2勝以上ということで、この仔は生まれた瞬間から2勝が約束されている。。。というセールストークがありました(笑)
鹿毛に生まれたイントゥザブルー(父キングヘイロー)、アメージングムーン(父アドマイヤムーン)、キタサンラブコール(父キングヘイロー)はそれぞれ1勝しかしておらず、出遅れ傾向ですけど、それぞれ現役ですのでこれからの活躍を期待します。

1310064_2

クラブからの情報では放牧地でエルトベーレ12に負けている。。。なんて感じで言われていますが、エルトベーレ12よりも気性に余裕があり賢いので、気持ちで負けているワケではなく、無駄に争わず大人の対応をしているようです。

1310065

馬体もローレルゲレイロの当時よりも大きく、背の高さを感じます。歩かせても柔らかくてスムーズですね。短距離馬っぽい力強さはそれほど感じませんでしたので、やっぱり少し長目の感じですかね。。。

昆先生もビッグテンビー一家は全部面倒見ていますし、先生のリクエストでつけたマンハッタンカフェとの仔。勝手も分かっていますし、プライドに賭けて勝たせてくれるはずです。

デビューについては、『早いデビューを・・・』ではなさそうです。コメントではプランは発表されませんでしたが秋デビュー目標でしょうね。今後はファンタストクラブにて育成が行われます。

1310066

話は母ビッグテンビーに戻ります。今までの種牡馬は優駿SSのエースであるキングヘイローを中心にメジロライアン、メイショウドトウ、ムーンバラッド・・・どんな種牡馬でも結果を出してきた名牝。初のSS系は村田牧場関係者も納得の出来なようで、当歳もSS系のディープスカイをつけ、牡馬が生まれているようです。・・・こちらも“昆色”の濃厚な血統ですね。

村田牧場自信の1頭。どんな馬でも走らせる母に一流種牡馬。。。最強馬になる可能性を持つ1頭です。

まだ、何か書きそびれたことがある気がしてならない。。。でも今日はこの辺で。

今から凱旋門賞中継を見ます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年10月 5日 (土)

ローレルプレビュー2013⑭

愛馬アルボランシーの激走。。。評判馬アガペーの凡走(宣伝してしまいスイマセン)アルボランシーも勝つまで行ってくれたなら。。。次走はそこそこ人気しますからね。
レースも振り返らなくては。。。

と言いつつも、募集馬レポート行きます。今日はアモーレペガサス12です。

アモーレペガサス12
(父アドマイヤムーン×母父メジロライアン)
牝 青鹿毛 12年4月10日生
生産者→坂牧場 入厩先→栗東:鈴木孝厩舎

1310051

アモーレペガサスの05⇒ペガサスビーム(父アグネスデジタル)のときもここにきました。その時は道路で馬を見たんですよね。母父メジロライアン。。。好きです。ということで、冷静な目で見られない可能性がありますので、かなり警戒(変に気に入り過ぎないように)して見学をしました。

1310052

バランスがいいですね。トモも発達しており推進力がありそうな馬体です。

1310053

実際に歩かせても動きも柔らかく、軽い歩様です。芝でいけそうな感じです。スラッとしたイメージは同じ父のアメージングムーンにも近い感じはしますが、この仔の方が幾分力強さを感じます。

1310054

母アモーレペガサスは坂牧場でも期待されている繁殖牝馬のようですが、今のところ輝かしい成果を残しているとは言えません。南関東での好走馬はいますが、中央ではイマイチ。アドマイヤムーンをつけたこの仔が勝負のようです。そして、勝負が成功したようないい仔が生まれました。

坂さんとしてもこの仔を繁殖に戻したい意向で、リーズナブルな良心的価格が設定されました。

1310055

翌日のダーレーの見学でもスタッフさんが言っておりましたが、アモーレペガサス12はアドマイヤムーンのいいところが出ていて走りそうだとのこと。現状アドマイヤムーン産駒は超逃げのハクサンムーンや超追い込みのレオアクティブなど極端なレース振りがアドマイヤムーンの気性と能力を生かす方法なのだとか。。。アメージングムーンもあと少し適性を見つけることができれば。。。とおっしゃっていました。
話は逸れましたが、アモーレペガサス12にもハマる適性を見出してもらいたいところです。
アドマイヤムーン産駒はオペラハウスなど重厚なBMS(レオアクティブのBMSオペラハウス)との配合で走る仔が多いということで、このBMSメジロライアンも面白いのではないか・・・と、ダーレーで言われていました。

1310056

9月末にウチダSに移動するとのことですが、これまたレオアクティブがお世話になったところです。

この展示でも元気がよく暴れ気味でしたが放牧時間前であったからだということも分かりました。気も強いようですがやや繊細な面もありそうな感じです。

1310057

お世話になる鈴木孝先生もこのアモーレペガサス12を気に入ってくださっているようでよく見に来られるそうです。このツアー直後の火曜日にも来られたようです。

450㌔~460㌔でデビューできればとおっしゃっていました。

あまり神経質にならず元気に育って欲しいですね。顔もかなり美形で女の子らしさも強く感じます。

気になっていた仔ですが想像を少し超えて良かったです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年10月 4日 (金)

アルボランシー連闘

レース情報を短めに。

5R 3歳上500万下 ダ1600m / 発走:12:30
4回東京1日目 3歳上  牝[指定]定量 13頭
本賞金:720、290、180、110、72万円
6枠8番 アルボランシー  牝5 55.0㌔ 武士沢
★★★各新聞にもやっと印がちらほら。。。競馬ブック(値上げされました)には△が4つ。TMの方にも△ひとつと▲ひとつ。予想倍率も18倍でした。『連闘策連下注』ということで、伏兵扱いに昇進。。。ですが、前売りは売れていません。未勝利馬よりも扱いが軽い。。。人気なんてそれでいいんですけど。ブルーオアシス買うにはそれの方がいいんだけど。
僕が見た感じではメンバーは手薄。前走②着の⑦グリューネヴォッヘは安定感もあり一目置ける存在。でも、牝馬限定戦での戦績ですので2走叩き、連闘の⑧アルボランシーが肉薄してくると思います。
ガンガン使ってくれる和田雄先生。アルボランシーは脚元が丈夫なのでどんどん使ってください。
デビューから2年半で14走しかしなかった栗東時代。今は5ヶ月で6走。雲泥の差ですね。あとは結果を出すだけ。いつ結果を出してくれるか読み難い仔ですので、注意は必要です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ローレルプレビュー2013⑬

今週は愛馬の出走はないと思っていたのですが、急遽アルボランシーが連闘で出走してきましたので、豪華2本立てで行きます。

今日の募集馬レポートはブルーオアシス12です。

ブルーオアシス12
(父ディープインパクト×母父Sadler's Wells)
牝 鹿毛 12年1月17日生
生産者→天羽牧場 入厩先→美浦:高柳厩舎

1310041

天羽(あまば)牧場・・・いつもクラブのカタログにはありますが10年以上会員をやっている僕にとっても謎の牧場。以前の募集馬を調べるとローレルフェアリー、ローレルローズ、ローレルラヴバード・・・うぅ~ん。。。知らない。この中に21世紀に生まれた募集馬は居ませんので。。。久々のラインナップになるんでしょうね。見学を済ませたその日の夜の懇親会でも天羽牧場の代表の方がそうコメントしていました。

1310042

現在の体重447㌔、体高153㌢。体高がやっぱりもうちょっと欲しい気はしますが、この馬はなかなか良いです。ディープインパクトの薄くて大成するタイプではなく、がっちりして大成するタイプ。。。キズナやジェンティルドンナみたいな。写真だけでなく動画をお見せできないのが残念なんですが、幅があって重厚感のある馬体と思いきや動かせばキビキビと軽い動き。肩の出が柔らかくてトモもしっかり入りストライドが広い。。。これは相当に良いですよ。

1310043

母は英国繁殖セールで購入した期待馬。その肌にリーディングサイアのディープインパクト。この価格でラインナップされることは今後ないでしょう。

1310044

人に従順であり放牧地では元気に駆け回っており、気性的にも評価されているようです。460㌔くらいで競馬におろしたいようで、馬格で苦労することもなさそうです。

1310045

9月26日にBTC内のシュウジディファームへ移動とのこと。ここは栗東の矢作先生が多用するところです。

1310046

この馬は走る確率が高いと思います。関西馬であれば即出資。。。でしたが、今は本当に迷っています。モーディッシュ12に行く予定でありましたので、この仔と2頭出資してしまうと関東馬が多くなっちゃう。。。僕の一口馬主ライフのポリシーが守られなくなっちゃうんですよね。放牧地に行くとか競馬場に行くとか。。。

関東中心に出資されている方や地域を関係なく出資されている方は要注目だと思います。

オマケ
2歳馬情報です。
明日デビューするアガペー(父シンボリクリスエス×母スクエアアウェイ)ですが、僕も出資を相当迷いました。ハシモトファーム2頭買いも考えていたんですよね。。。アガペーですが入厩するやいなや好時計をマーク。今まで順調に来ています。飯田雄先生も今までのローレルクラブ所属の馬で一番良い感じでデビューできるとテンションも高いとか。京都開催初日の芝1600㍍ということで、超良血のレーヴデトワールなど強豪ひしめくデビュー戦ではありますが、密かに期待しても良いかもしれません。

そして、今回ラインナップされなかったハシモトファームさんですけど、今回はたまたま居なかっただけ。これからも出てきますのでご安心を。

アガペーとアルボランシーが勝ったらブルーオアシス行きますかね?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年10月 3日 (木)

ローレルプレビュー2013⑫

ツアーからもうすぐ2週間ですけど、まだ余韻に浸れます。そう考えるとツアーって安いものですね。出資申し込みの締め切りも間もなくですが、まだ申し込み予約しておりません。あと少しのところで迷っているところもあるんですよね。。。それだけいい馬も多いということ。今日は当歳馬特集です。

今日の募集馬レポートはサリール13とルナースフィア13です。

サリール13
(父ベーカバド×母父スペシャルウィーク)
牡 鹿毛 13年4月8日生
生産者→対馬正牧場 入厩先→美浦:和田郎厩舎

1310036_2

新種牡馬ベーカバドは優駿SSの種牡馬であり欧州年度代表馬となったシーザスターズやウィジャボードの父ケープクロスの本邦初の後継種牡馬です。
まだ当歳なので牧場さんからの解説も希望いっぱいのコメントばかりでしたが、個人的には動き馬体ともかなり気に入りました。

胴伸びのあるバランスの良い馬体で動きもキビキビとしており柔らか味を感じました。

1310037_2

700万円での募集はベーカバドに実績がないことが第一に挙げられるワケですが、翌日に優駿SSでお父さんのベーカバドを見ましたがいい種牡馬だと思いますよ。

1310038_2

この仔は父ベーカバドのいいところをしっかり受け継いでいるように見えました。

牧場でも非常に扱いやすく、元気だということで、これからの成長が非常に楽しみです。現2歳世代でブレイク中のヨハネスブルクみたいに来年ブレイクする新種牡馬となって欲しいです。

1310039_2

母はシルクで募集された馬です。この仔は2番仔になりますね。

牧場からは450㌔くらいで中距離を走るイメージだそうです。

関西なら即出資していたかも。。。いいと思います。

ルナースフィア13
(父ゼンノロブロイ×母父ジェイドロバリー)
牝 鹿毛 13年3月25日生
生産者→新冠橋本牧場 入厩先→美浦:大竹厩舎

1310031_2

この馬も非常に良く見えました。母ルナースフィアは当クラブで活躍したローレルロイス(2000年生父ジェニュイン)、ダートの猛者メイショウトウコン(2002年生父マヤノトップガン)、2005年生の父スウェプトオーヴァーボード牡馬を挟んでタイセイボルト(2010生父シンボリクリスエス)、そしてこの仔。。。不受胎が続きなかなかこどもができず、そしてはじめての牝馬。走るまで育てば確実に勝つこの血統に牧場としても期待は大きいです。

1310032

セレクトセールの当歳に出そうと思っていただけの期待馬。でも、これだけの血統の牝馬ですので繁殖としての期待も高く、ローレルクラブへ。

1310033

大竹先生も思っているらしいのですが、この仔はゼンノロブロイ産駒のわりにゴツゴツしておらず、スマートな印象。走るタイプのロブロイ産駒牝馬であるということです。

僕が見てもスッキリした感じである気も柔らかくスムーズです。

1310034

当歳牝馬ですけどお母さんが近くに居なくても落ち着いていましたね。ただ、普段は夜間放牧後でこの時間はグッスリ眠っている時間であるとのこと。見た目の気性は鵜呑みにできないかも。

牧場の橋本代表もかなり気に入っている仔らしく、その自信は相当なものを感じます。

このまま成長していくようであれば楽しみですね。

ということで、今日はこの2頭。

オマケ。。。
“きかんしゃさん”からの依頼のあったローレルベローチェとローレルゼフィーロについての情報です。

ローレルベローチェ。。。こちらは入厩してもこの血統は勝つまでにちょっと時間はかかるでしょう。ファインスカイと同じく長い目で見てあげてください。ひとつ勝てば、長くタフに走り続ける血統ですので楽しみも利益もいっぱいでしょう。身体は見栄えはするものの中身が追いつくまでは少しかかりますね。
血統は短距離肌馬に短距離王の種。方向性がしっかりしてますので、適性を模索したり誤ったり・・・っていう心配はないでしょう。
楽しみだと思いますよ~

そして、ローレルゼフィーロ。。。だいぶ早い時計も出せるようになり期待は大きいですね。安田隆先生もかなり気に入ってくれている馬ですので、うまく使ってくれると思います。年明けにデビューになるかもしれませんが今は焦らず。。。期待できます。

ということで、また何か聞きたいことがあればバッチリ取材します。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年10月 2日 (水)

ローレルプレビュー2013⑪

最近はアクセス数が減ってきていまして寂しい限りです・・・ちょっとマンネリ化しちゃいましたかね。でも、1頭、1頭丁寧に書いているつもりですので、お許しください。書けるときには2頭、3頭行っちゃいましょうか。

今日の募集馬レポートはレイニータ12

レイニータ12
(父キングカメハメハ×母父アグネスデジタル)
牡 栗毛 12年3月6日生
生産者→協和牧場 入厩先→栗東:和田道厩舎

1310021

ローレルクラブに出てきたアグネスデジタル産駒は身体が大きくなり過ぎて苦労し、勝てなかった馬ばかりだったのですが、この母レイニータも名牝グッバイヘイローの仔として期待されたものの上記の様な理由で勝てなかった募集馬でした。この仔の測尺は体高153㌢馬体重440㌔ということで、現時点では理想的な大きさです。競馬をする頃には470㌔くらいであることを想定されていました。

1310022

この仔ももう少し体高が欲しい感じですかね。やはり良血馬らしく動きに柔らか味もありました。

1310023

少し元気が無いように見えたり、脚元が浮腫んで見えるのは少々風邪を引いたことが原因とのこと。体質が弱いのではなく、暑い夏から涼しい季節に移り変わり風邪を引く若駒も少なくないようです。
この風邪もすぐに治るらしいですし後を引くこともないので安心してください。

1310024

ここ協和牧場で春まで育成し、その後美浦近郊の牧場に移動するとのこと。

1310025

この血統は協和牧場さんも相当に高い期待をしています。
祖母グッバイヘイローについての解説ももちろんありましたし、母父は万能能力を発揮したアグネスデジタル。そして、今回父に迎えたのはNHKマイル→日本ダービーの変則二冠を成し遂げ種牡馬としても多彩な産駒を輩出しリーディングサイアにもなったキングカメハメハ。この仔がどんな条件で活躍するのか。。。そして、血統的に“種牡馬入り”する可能性を感じる馬ですので活躍の後の楽しみもあるかもしれません。

1310026

興味が沸く募集馬です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年10月 1日 (火)

ローレルプレビュー2013⑩

今日は3頭のレポート。松浦牧場の2頭と樋渡牧場の1頭。。。分かりやすく書くとペルルノワール12とボストンタイム13、そしてソラーラ12です。

何で、3頭かというと情報が少ないからです。なぜ情報が少ないかというと、樋渡牧場は1日目の最後に行った牧場。松浦牧場は2日目の最後に行った牧場。。。眠くてメモ書きが少ないんですよね。。。牧場さんや募集馬に罪はないのですが、書ける内容に限界がありますんで。。。各馬のレポートを期待してくださった方スイマセン。

まずは
ペルルノワール12
(父ゴールドアリュール×母父ブライアンズタイム)
牝 青鹿毛 12年4月10日生
生産者→松浦牧場 入厩先→栗東:高橋康厩舎

1310011

母も当クラブで活躍し脚部不安と戦いながら準オープンまで勝ち上がった活躍馬です。僕が前にツアーに来た時にここでペルルノワールを見たんですよね。解説にもありましたが見た目が母そっくり。青鹿毛の見栄えのする馬体でしなやかな感じを漂わせています。
前日の懇親会では松浦牧場さんと同席となり、若い女性厩務員から強力なプッシュをいただきました。
前回のツアーの時も『松浦牧場はブライアンズタイムと相性が非常によく、勝ち上がり率が抜群に高い。。。』と、聞きましたが今回も同じフレーズが。以前は父にブライアンズタイムの話でしたが、母父に入ったブライアンズタイムでもいいのでしょうか?スイマセン。。。調査はしておりません。

1310012

ゴールドアリュール×ブライアンズタイムはエスポワールシチーに代表されるニックス。この仔の馬体を見てもそのニックスが巧く体現できている気がします。

年内は松浦牧場、そして育成は吉澤ステーブルを予定とのこと。

この仔は上品な雰囲気を漂わせてますね。母以上の成績(母4勝)を期待していると意気込みを感じました。

1310013

このスペックで1000万円はクラブへの恩返し価格ともいえるでしょう。

予定厩舎は新人の高橋康厩舎。ローレルクラブは新人厩舎が多いのも特徴の一つです。その件については取材しましたので、プリティジョディー12のときにまとめて触れたいと思います。

続いて
ボストンタイム13
(父ゴールドアリュール×母父ブライアンズタイム)
牡 栗毛 13年3月27日生
生産者→松浦牧場 入厩先→栗東:池江厩舎

1310014

父と母父はペルルノワール12と同じになりますので、馬名下の2行目はコピペでいけちゃいます。すなわち3/4同配合となるわけですが、母系が華麗なる一族のイットーの流れ。ハギノカムイオーやダイイチルビーなどの名前が見られます。

兄ドリームサンデー(父タイキシャトル)は池江父厩舎所属で芝中距離戦で6勝を挙げ、母ボストンタイムは芝ダ短距離で4勝。その母ドリームドリームも4勝。その母ハギノトップレディーは7勝の名牝。。。先ほども書きましたがこの血統で1400万円は良心的です。(ドリームサンデー以外の兄姉は苦戦してますけどね)

1310015

当歳牝馬ですが馬体はしっかりしており男勝り。父と母父からはダート、体つきからもダートで力を発揮しそうな気もしますが、この牝系は芝での活躍も多く芝ダ両用の可能性も。ゴールドアリュール×ブライアンズタイムは先ほども書きましたがニックス、エスポワールシチーなどの活躍馬を輩出する配合です。

1310016

この仔はドリームサンデーが池江父厩舎という縁があり池江先生に見ていただく機会があったワケですが、本馬を見て面倒を見てくれることを決めたそうです。

来週にはオルフェーヴルを凱旋門賞に出走させる世界を股にかける名調教師。ここに所属し鍛えられる仔ですから、それだけでローレルっぽくないですよね。

まだ当歳ですので、これからの成長を見ながらいきたいのですが、この仔は可愛らしくて仕方ありませんでした。

最後に
ソラーラ12
(父ローレルゲレイロ×母父Gulch)
牡 鹿毛 12年4月8日生
生産者→樋渡牧場 入厩先→美浦:奥平厩舎

1310017

なかなか大きい馬体です。現在の測尺については発表はありませんでしたが今回の募集馬の中でもトップクラスの大きさでした。

あまり大きくなって欲しくはないが500㌔オーバーになるかも。。。と、言っておりました。1歳時の比較でも兄ローレルソランよりも一回り大き目。デビューも一回り大き目になりそうだとのこと。

1310018

性格は甘えっ子で、男らしく、我がままで凶暴だとのこと。

手先は軽そうで芝のスピードタイプという評価。それでもマイルまではもつでしょうとのことでした。

1310019

エルトベーレ12とは少し雰囲気は違いますが、ローレルゲレイロ産駒の共通点(2頭だけですけど)は筋肉量が多いのかな?なんて思います。ゲレイロ譲りの短距離で爆発する瞬発力が発揮されるのではないかと期待しちゃいます。

ソランは現在2勝ですが、このソラーラ12にはそれ以上のスケールを感じておられるようで、もちろんソラン以上の結果を期待しています。

ローレルゲレイロ産駒ではエルトベーレ12が人気でありこちらソラーラ12は人気がないようです。父ローレルゲレイロも当時は牧場と厩舎も敬遠され、出資者が非常に少なかった募集馬でした。そのような逆境をエネルギーに変える血族かもしれませんので、この静けさは逆に不気味です。
ローレルゲレイロの面影を伝えるエルトベーレ12が当たるのか?それとも人気薄で激走する運命にありソラーラ12が当たるのか?ローレルゲレイロ産駒全般的に走るのか?そうでないのか?
わかりませんが、軽視は禁物ですよ~

早めにデビューできそうとのことで、11月に育成公社に移動し育成が始まります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »