« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月31日 (土)

定例反省会5月

今日で5月も終わりです。最近は帰りが遅くて寝不足気味。それに加えていきなりの気温上昇。体力的に踏ん張りどころです。7月までこれが続く予定。まだまだと言えばそうですけど、あと少しといえばあと少し。。。僕は『あと少し』だと思って頑張っています!
それでは、定例反省会スタートです。

①年間出走数・・・66戦
今月の出走数は7戦。
5月までの出走数が39戦となりました。なかなかのハイペース。ここにきて3歳馬以上の馬が放牧に大勢出ています。2歳馬の入厩は早くて嬉しいですけど、ちょっとペースダウンするかもしれませんね。6月は踏ん張りどころか?

②3歳馬全馬勝ち上がり
今月未勝利。ヴォルカヌスが早い復帰の可能性あり。そして、ローレルゼフィーロもきっかけを掴むかも。出走できる期間もあと3ヶ月程度。

③年間勝利数・・・10勝
今月未勝利。2着1回3着1回。ダメではないけど、少々残念。今月は何とか1勝を期待。因みに成績は(0・1・1・0・0・5)でした。

④特別戦勝利
今月は4戦を消化も未勝利。

⑧口取り
一度も競馬場に行かず。。。。

⑨馬券でプラス
愛馬馬券中心にマイナス。何とかしたい。

⑩体重を65㌔維持
現状維持。痩せたい。

⑪牧場見学・競馬場観戦を合わせて10回以上
5月21日にイクタTFと山岡TCにお邪魔しました。次は西に行ってみようか?

⑫愛馬のレースをその日のうちに必ず見る
完璧!

⑬愛馬の名前を付ける
今月に追加募集馬の馬名発表がありませんでしたね。週明け早々に確定するかな?

⑭仕事の愚痴を言わない
疲れているけど頑張っています!

3月4月に比べると低調も、マズマズ結果かな。。。上半期最後の月となる6月を納得できる形で締めくくりたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月30日 (金)

ムーンエクスプレス記念品そして入厩

【入厩】(2014/05/29)
ムーンエクスプレス
本日の検疫を経て、栗東トレセン・鈴木(孝)厩舎へ入厩しました。
鈴木(孝)師「輸送熱を出す事もなく、無事に到着しました。環境慣らしからスタートさせて、まずはゲート試験合格を目標に進めて行きましょう」
ということで、スティンライクビーに続いて2頭目の入厩。今年は早いです。3頭目の入厩もすぐに控えています。6頭中3頭が早期入厩。残りの3頭も入厩がそれほど遠くない感じ。楽しみです。

はなしは変わりますが、一昨日のことになりますが、我が家に届きました。競走馬名採用記念品。これで、確実に自分の応募した馬名が採用されたことが確定しました。

いままでで馬名が採用されたのは
クオン(ユニオン04年産牡・1勝)
クリオ(ローレル04年産牝・0勝)
マサカーネ(ローレル05年産牝・0勝)
ローレルジャブラニ(ローレル08年産牡・2勝)
に続いて4年ぶり5頭目。久しぶりの採用。。。そして、繰り上げ当選的な採用。首の皮一枚で踏ん張りました。

今まで馬名が採用されたときの記念品ですが
クオン→キーホルダーとスプーンセット
クリオ→キーホルダー
マサカーネ→キーホルダー
ローレルジャブラニ→粘土細工のストラップ

まぁ、思いを込めた馬名が採用されただけで嬉しいんですけどね。
馬名が刻まれたキーホルダーは使ったことはありませんでした。まだ3つとも引き出しにありますけど、まずは愛馬が活躍してくれないことには“馬名が刻まれたキーホルダー”は一般の方には何が刻まれているのか分からない。。。謎のキーホルダーになってしまします。
クオンで採用された時はユニオンさんからスプーンセットをいただいたのですが、ちょっとクセが強い代物。我が家の家族が揃って“馬好き一家”ならばつかっても支障はないでしょうけど、ある程度馬に寛容で僕の趣味にも理解がある。。。その程度の家族の中で、あのスプーンセットを活躍させるのは難しい。ということで、10年もの間封印されています。(もちろん、記念品として大切に保存していますけど)
今までの記念品ではローレルジャブラニのときの粘土細工ストラップがダントツで嬉しかったですね。ローレルジャブラニ自身を可愛くデフォルメした小さい粘土細工のストラップ。何かに着けて壊しちゃったりするのが怖くて4年間机の上に飾っています。でも、我が家のオブジェとして十分貢献しています。

長々と昔の実績を書いてきましたが、今年の記念品は・・・宮川弘美氏によるムーンエクスプレスの肖像画が書かれたはがきサイズの『命名馬のガラスフレーム付きイラスト画』とローレルクラブ発行の『馬名命名証明書』。これは嬉しいです。多分、昨年も同じものだったと風の便りで聞きましたが、これは飾るしか道はないですし、迷うことはありません。サイズ的にも他を押しのけるような威圧感も無いですし、“いいね”を連打したくなるようなちょうどいい記念品です。かなりテンションが上がりました。

明日で5月も終わりです。ローレル追加募集馬の3頭の馬名も“決まるかなぁ~”と思っていましたが、6月突入ですね。理由は聞いておりませんが、いまさらそれほど焦っていませんし、その時はのちに来ますからゆっくりと待つことにします。
一応、ツルマルオトメ12(牝馬・父エンパイアメーカー)は、自信を持って待っているんですけどね。フラワーガイア12はダメっぽいですので。。。

ツルマルオトメ12にて、今年2個目の馬名採用記念品を期待しています。
何とかならないかな。。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年5月29日 (木)

140521牧場めぐりレポート⑤

明日はラインレジーナ12=ボーベルレーヌが入厩により募集終了となります。ということで、ボーベルレーヌの宣伝もしたいのですが、、、ツアーで見てないし、よく分からないんですよね。でも、当歳時は注目していましたし、馬選びの師匠からも薦められていました。。。多分、ツアーで見ていたら感情も違ったでしょうけど、、、いい馬だと思います。興味がある方は是非!

今日も山岡トレセンレポートの続きを。今日の主役はアステュート。河内厩舎所属の牝馬です。河内厩舎。。。言いたいことは無いワケじゃないんですけど、アステュートについては河内厩舎と分かって出資しましたし、アルボランシー、アステュートと2頭中2頭勝ち上がらせてくれていますから、いいんです!
1405291
ヴォルカヌスのあとに登場したアステュートはとにかく背が高い。大きいです。また、漆黒の馬体は見栄えがしますし、格好いいです。
1405292
午前中にトレーニングをしていますがこの時間は休憩モード。とにかく落ち着いています。この仔がトレセンや宇治田原ではカリカリしてビュンと飛び出しちゃうなんて想像もつきません。すなわち、ここ山岡トレセンでは静かな環境の中リラックスして伸び伸びと生活していることが分かります。クラス再編成前に一度出走しましたが結果は出せず。。。時間的にはもうひとつ走ることはできましたが身体が持たないということで、1戦のみで放牧へ。じっくりと使えることができませんね。。。能力はあると思うのですが。
1405293
見た感じではそれほど身体が寂しい感じはしませんでしたが、聞いてみると『来たばっかりのときは、かなり可哀想な体つきでしたよ。ここにきてだいぶ増えましたからね。』とのこと。続けて『まだまだ足らないし、トレセンに持っていくとすぐに減っちゃうので、それを見越して太らせますよ』と教えてくれました。
1405294
よく見ると。。。皮膚病の形跡があります。『そうです。皮膚病も徐々に良くなってきています。体調面も万全ではなかったんでしょうね。』これから暑くなってきます。汗などで皮膚に悪い影響が無ければいいんですけどね。
『まだまだ気性の面で成長が欲しいですから。まぁ、最初から走る気が無い馬よりはいいですけど。このクラスは勝てる馬ですから。もっと上でやれてもおかしくないんですけどね』
やはり見栄えのするアステュート。近くで見続けているスタッフさんも期待しちゃうんでしょう。
1405295
写真を数枚撮って馬房へ戻るアステュート。スタッフさんに許可を得て追いかけて行きましたが、桶の中に顔を突っ込んで食べる食べる。。。『よく食べますよ。でも、新陳代謝がいいのか、食べた分がそのまま体重に反映されないんですよ。もうちょっと時間をください』
本当によく食べます。そして、かなり大きくなって戻るようなことがあったらちょっと楽しみです。元々背丈のある馬ですので、ふっくらしたらプラス20㌔くらいの大幅増でも不思議ではありません。それこそ、本来の力を発揮できる馬体重のような気がします。

食事のあとは馬房の窓から顔を出して僕に愛想をふってくれたり、隣の馬にちょっかい掛けたり。。。
1405296
いい感じで休めているアステュート。山岡トレセンさんこれからもアステュートをよろしくお願いします。そして、いろいろとお世話になりました。ありがとうございます。

| | コメント (2)

2014年5月28日 (水)

140521牧場めぐりレポート④

今日もレポートの続きを。

午前中はイクタTFへ見学に行き、ローレルベローチェと会ってきました。午後はさらに北上して山岡トレーニングセンターへ行ってきました。
こちらもアルボランシーをはじめ何度か訪問しているのですが、イクタTF→山岡TCのハシゴは初めて。

ちょっと時間があったので、途中『明智町』に寄りました。明智駅には現在上映中の『WOOD JOB!(ウッジョブ!)』のロケで使われたモノの展示や『日本大正村』を見学。ちょっとした小旅行となりました。馬と関係ないところに行くことってあまり無いのですが、何か新鮮でしたね。

そして、時間調整をして山岡トレセンに到着しました。
ここ山岡トレセンは河内師、大橋師、佐藤正師、石橋守師等が頻繁に利用しております。

河内厩舎所属のアステュートと大橋厩舎のヴォルカヌスが居るワケですけど、ローレルクラブの所属馬はアルボランシー以来、ここにはお世話になっていないようです。

ここに来るのも久しぶりですが、スタッフさんは僕のことを覚えてくれていました。ありがとうございます。場長さんは不在でしたが、牧場一の乗り役さんが案内をしてくださいました。

まず登場したのはヴォルカヌス。
穏やかな表情です。先週からウォーキングマシーンに入っており今日も午前中にこなしたようですが、追い込まれることもなかったので、落ち着きまくっております。
1405281
相変わらず背は低くいが幅があるズングリむっくりタイプ。後に出てくるアステュートとは対照的な雰囲気。ヴォルカヌスは不器用そうで可愛い感じの仔です。

まず気になったのは骨折個所の回復状態。質問をすると、レントゲン撮影はこの山岡トレセンで行い、その写真を5/7に乗り役さんが栗東トレセンの獣医さんのところに持って行き、写真を見ながら診断をされたそうです。クラブ情報のコメントそのままに『すっかりきれいになっている。骨折したことが分からないくらい。これなら少しずつ動かしても大丈夫』と言われたそうです。因みに骨折した場所を覚えていらっしゃいますか?右前肢橈骨遠位端骨折ということで、右前膝なんです。写真には右前と左前を並べて撮影しました。手術では右前を切開して除去手術をしたそうなのですが、見た目にもどこを切開したのか?どこが骨折箇所なのか?全く分からないくらい綺麗に回復しております。『触っても腫れもありませんし、本人(ヴォルカヌス自身)も気にしませんからね。。。大丈夫だと思います』とのことでした。
1405282写真を見て怪我の個所が分りますか?

屋外に出てきたヴォルカヌス。
1405283_2
やっぱり青空の下の競走馬は綺麗です。午前中はここ恵那市も大雨だったようですが、見学直前にこの天気。空も綺麗ですしヴォルカヌスも美しい。
1405284
歩様もスムーズで痛んでいるところはなさそうです。さて、今後のことですが来週からゆっくりと騎乗トレーニングをしていくとのこと。1ヶ月もあれば戻せるところまで行けるんではないかとのこと。既に6ヶ月の休養の診断を受け、見舞金もいただいているワケですけど、、、そうなると基本的には9月8日までは出走できないことになります。6ヶ月の休養ですと見舞金245万円になります。乗り役さんに聞くと『今の様子なら9月まで待たなくてもレースに出られるかもしれませんね。見舞金返上でレースに出ることも可能ですからね』という話をしてくださいました。
1405285
1ヶ月もあれば仕上がる。そして見舞金返上。。。もちろん大橋先生の判断になりますが、あるかもしれませんよ。
7月中旬にはレースに出られる計算(僕の勝手な計算)になりますから、それはそれで勝ち上がるチャンスは増えます。スーパー未勝利ですとメンバー弱化と共に見舞金もガッチリ入ります。どちらを選ぶのか。。。もちろん、まだこのままスムーズに復帰できるかどうかも分からないんですけどね。因みに3ヶ月休養ですと見舞金は195万円(-50万円)になります。

そしてヴォルカヌスは馬房へと帰っていきました。
1405286
馬房では桶いっぱいにご飯が。。。ヴォルカヌスはよく食べるようです。函館戦を終え年明けの京都ではプラス18㌔での出走となりましたが、太目感もありませんでしたし4着と結果を残しました。ここ山岡トレセンではリラックスしているしよく食べるそうです。しっかりと成長させてトレセンに戻してくれます。今回も大幅体重増で戻るかもしれませんけど、太め残りではなく“成長”しての出走になるのではないでしょうか。

そして、12年産のユニオン募集馬の話に。僕が『大橋先生のところのキングカメハメハ産駒の牝馬に興味はあるんですけど。。。これといった決め手が無いんですよね。』と、いうと、『ここに大橋先生のところのキングカメハメハ産駒の牝馬が居るけど見ていきますか?』そして、『見た感じ、普通でしょ?これで、既に(3歳)2勝してるんですよダートの短いところで物凄い脚を使って勝ってるんですよ。。。大橋先生はこういう馬もしっかり勝たせますからね』と、教えてくれました。その馬はカネトシビバーチェ。キングカメハメハ牝馬と大橋先生との相性も良いようです。そうなると・・・ちょっと迷っちゃうんですよね。。。ピエノフィオレ。。。締め切りは5/31。。。どうしましょう?

ということで、特ダネも掴んだヴォルカヌスレポートいかがだったでしょうか?アステュートレポートはまた後日。
今日はここまで。ありがとうございました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年5月27日 (火)

パンテーラネロせーるすとーく

明日5月28日(水)にロッソペーガゾ12=パンテーラネロの出資申込が締切になります。この仔には既に出資しています。本当は今日、牧場レポートを書く予定でしたが、帰宅がてっぺんを過ぎてしまいました。ちょっと余裕が無いのでパンテーラネロの宣伝を中心に。

クラブからの情報
今日の情報
【入厩直前】
パンテーラネロ(ロッソペーガゾ12)
滋賀県のグリーンウッドへ到着後はポリトラックコース2500mを20秒ペースのキャンター調教を行なっており、近日中に栗東トレセン・高橋(忠)厩舎へ入厩予定ですので、明日5月28日(水)をもちまして募集締切とさせて戴きます。
高橋(忠)師「至って順調ですね。最短で今週末の可能性も残っていますが、検疫の都合で来週の入厩が有力です」
グリーンウッド厩舎長「輸送で熱発した様子はなかったですし、着いてすぐ与えた投げ草を美味しそうに食んでいました。その後もよく食べてくれますし、飼葉や体力面の心配は全くないです。昨日まではこの施設の環境に慣れてもらう作業が中心でしたが、今朝から馬場入りして普通の調教を開始しています。兄のイントレピッドもここでやらせてもらったのですが、兄と同じで我が強いです。それでも、宮崎の玉置さんの所でしっかり教育されて来ただけあって、扱いに困る事はないですし、こういった強い気性はかえって頼もしいです」

2014/05/23(金)
【入厩直前】
パンテーラネロ(ロッソペーガゾ12)
宮崎県のサンダンスを昨日出発し、滋賀県のグリーンウッドへ本日到着しており、近日中に栗東トレセン・高橋(忠)厩舎へ入厩予定となりましたので、5月28日(水)をもちまして募集締切とさせて戴きます。
高橋(忠)師「『普通の馬より2段階上のギアを持っている』と牧場で高い評価を貰っていましたし、実際に見に行く度に馬が良くなっていましたので、こちらへ来るのを楽しみに待っていました。早朝便でグリーンウッドに到着しましたが、宮崎からの長距離輸送を無事にクリアしてくれた様で、着いた後の飼葉もしっかり食べているとの事です。念のため数日間は様子を見なければいけませんが、今日の感じなら来週末には入厩させられるでしょう」

★★★23日の『2段階上のギア』が注目を浴びているようです。写真も週末のものに差し替えとなりましたが、筋肉質のいい馬体ですね。長期移動したばかりの2歳馬とは思えない闘う馬体となっています。これはいいですね。ムーンエクスプレスよりもガッチリしています。まぁ、牡牝の違いもありますし、タイプが違いますので見た目だけで能力比較はできませんが、パッと見はこちらでしょう。
森永牧場の提供馬と言えば、僕が名付けとなったローレルジャブラニの生産牧場。そして、ツアーでの森永牧場さんの熱意はこちらに強く伝わるものがありました。その時の感想はこちら
また、パンテーラネロのツアー時の動画はこちら
素晴らしい馬であることは間違いありません。
そして、輸送熱も出なかったということで、心身ともに健康であることが証明されています。
高橋義忠厩舎はホームページも充実しており、厩舎内の様子であったり放牧先の近況も丁寧に書かれております。これも、パンテーラネロに出資するひとつの楽しみとなることでしょう。
パンテーラネロへの出資締め切りは明日まで。まだ間に合います。一緒に応援しませんか?

ムーンエクスプレス情報
今日の情報
【入厩予定】
ムーンエクスプレス(アモーレペガサス12)
この中間にBTC内の坂路2本を14-14の調教を行ない、栗東トレセンへ向けて本日出発しました。5月29日(木)の検疫を経て、鈴木(孝)厩舎へ入厩予定です。馬体重440kg 体高158cm 胸囲185cm 管囲20cm
内田ステーブル社長「追い切りを掛ける様になってからは、飼料の与え方を更に工夫し、見せかけではなく落ちない身体造りをしてきました。色々なオイルや配合飼料を混ぜ与えて、環境の変化で飼葉食いが悪くならない対策もとっています。競馬場の強い調教で腹回りはスッキリとしてくるでしょうが、肩先や腰回りの筋肉がしぼむ事はないと思っています。努力した成果が出てくれれば嬉しいです」

★★★やはり、未勝利馬の入れ替えにより入厩を果たすこととなりました。440㌔の馬体は少々不安ですが、体高が158cm。高さは結構ありますね。輸送熱が出なければいいのですが。。。このまま行けばデビューも早い気がします。
こんなに早い時期から2歳勢が活気づいていることは初めて。嬉しくもあり楽しみであります。

明日は出張ですが、直帰で普段よりも早く帰れると思います。レポート書きますのでお楽しみに。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年5月26日 (月)

5月の大トリはアルボランシー

今日は出走がありませんでしたが、一日空けて明日は出走ありなんですよね。それから、ムーンエクスプレスがお世話になる鈴木孝志厩舎ですが、未勝利馬が権利を取れない成績。。。これによって今週の入厩が濃厚になりました。
ムーンエクスプレス。。。思った以上にいい馬かも。

明日はアルボランシーが頑張ります。

2014/05/27(火)
10R マルチステッキ特別
ダ1400m / 天気: / 馬場: / 発走:16:05
2回浦和2日目 一般   12頭
本賞金:400、120、68、52、40万円
7枠10番 アルボランシー 牝6 55㌔ 山崎誠士

予想
◎ 12番 モリデンバーグ
○ 3番 マイネルドメニカ
▲ 10番 アルボランシー
△ 7番 ディープジュジュ
△ 9番 ワンダーアベニール
☆ 5番 リアライズリンクス
コメント
【差し注意】12モリデンバーグはひと押しがカギだが善戦続きの現状を評価。3マイネルドメニカは前走惜敗の走り再現なら勝機大。10アルボランシーは底力に欠けるが力量的に好勝負が必至とみる。5リアライズリンクスは休み明けだが力量上位で要注意。9ワンダーアベニールは条件的に悪くなさそうで連下の穴で押さえておく。流れ込みタイプの7ディープジュジュが押さえ。

PC予想
◎ 9 ワンダーアベニール
○ 5 リアライズリンクス
▲ 10 アルボランシー
△ 12 モリデンバーグ

調教
2014/05/22(木)
美南坂重1回・4F58.9-43.5-28.3-14.0(馬なり余力)

クラブからのコメント
和田(雄)調教師のコメント『短期放牧明けですが、牧場でも緩めずに乗っていましたから、状態については変わりないですね。週末にも坂路に入れてサッとやる予定です。引き続き山崎君が乗る事になりましたので、不利を受けて競馬に参加できなかった前回の悔しい気持ちを今回の競馬で晴らして欲しいですね』

★★★まず皆さんに申し上げたいのは5月に入って、今まで未勝利だということ。3月は2勝、4月も2勝。そしてこの5月はブレーキ。ここは何としてでも勝ちたいのであります。
5月はスカパーから3チャンネルを一ヶ月間無料プレゼントしていただいております。そこで、678CH南関東地方競馬チャンネルを視聴できるようになっております。
5月1日のマルチスター特別は狙って無料契約しましたが、まさか、この5月終わり間際のこのレースでも引っかかってくるなんて。。。これは何かある。勝ってくれる気がする。馬券は買いませんがね。・・・っていうか、馬券が買えないんですよね。何ででしょう?もし知っていらっしゃる方がおりましたら教えてください。
まずは鞍上は信頼できる山﨑ジョッキーですし、文句ありません。そして、枠が嬉しい外目の枠。これは大きいです。内枠だとどうしても包まれてしまい、後方から追い出すまでに時間がかかってしまい、前に届かず。。。外枠ですと自分のリズムで走ることができますので、好走条件は揃ったかと思います。
それから、今現在浜松は雨。浦和も降っているような気がします。馬場が湿って高速になることでしょう。これはアルボランシーにとって少し不安材料。湿っちゃうと更に前につけた馬が有利になっちゃう。アルボランシーも外からロングスパートで直線入り口で前につけられれば、、、と思いますが、ちょっとそんなレースができそうな気がしません。うまくいくといいんですけどね。
理想の展開は上記に書いたように、スタート五分も自分のペースを保ち、中団の外目を追走。向正面から進出開始。先行勢の外をグイグイと上がっていき、直線入り口で先頭へ。そのままロングスパートの勢い衰えず先頭でゴール。。。これで行きましょう!

明日はお仕事ですので、家に帰ってからVTR観戦します!

牧場レポートは明日に!!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2014年5月25日 (日)

140521牧場めぐりレポート③

今日はムスコが中学の県大会を制し地区大会進出を決めました。僕は現役時代に達成できなかったことを達成しましたからね。。。嬉しいし羨ましい。
アメージングムーン。。。背水の陣になりそうです(涙)ゲートはどうにかならないのかな?

さて、ローレルベローチェのレポートの続きを。。。

この日の調教は内馬場でウォーミングアップを30分ほど。そして、軽めのキャンターを右回り&左回り。。。です。
ウォーミングアップ時にゲートを通過するのですが、スンナリ。アメージングムーンにレクチャーしてもらいたいほどです。ローレルベローチェはゲート速いですからね。
1405251
雨天の中、黙々とウォーミングアップ。集中力を保てています。
キャンターは軽めですし、体重増加を目標としている時期ですので、これと言ったコメントもありませんので、写真を見てください。
14052521405253
しっかり走れていますし、寒かったですけど、ローレルベローチェは汗をかいていました。
1405254
装鞍所に戻ってきたローレルベローチェは砂だらけ。よく頑張りました。
1405255
乗り役さんに話を聞くと、2歳時に乗った時よりもしっかりしてきたようです。前に馬が居たりすると『抜かしてやろう!』という気合は相変わらずのようですが、少なからず鞍上の指示に従えるようになってきているとのことです。
1405256
三田馬事公苑の場長さんは『オープン馬だ!』と、この仔を評していましたがイクタTFの乗り役さんは『1000万下は勝てると思いますし、勝たせられるように頑張ります』と、控え目。でも、嬉しいコメントですね。そして『ゆっくりとした成長の馬ですので、長く活躍してくれると思いますよ』と添えてくれました。
今後は芝もいけると思いますが、今はダートの方が良い感じですかね。

『前駆と後駆とどちらが強いですか?』と、聞いたところ、、、『後駆の推進力は見るモノがありますよ』とのこと。若駒は前でガリガリ掻き込む馬が多いのですが、まだ馬が完成の域に達していないこの時期のベローチェに対して後駆の力を褒められるのは正直、意外でもあり嬉しくもありました。
前走が2着で権利を持っていながら今回は放牧になりましたけど、長い目で見ればこの休養は大きなプラスになるかもしれません。

ローレルベローチェはサクラバクシンオー産駒らしい気性の持ち主で、オンオフがしっかりしている。スイッチが入ると大変。。。という、性格のようです。

フックラさせることを重視されるようですが、順調に行けば6月中に戻せるとのこと。期待しましょう。しかし。。。これで、ローレルベローチェはファインスカイと同じ条件で戦うことになるんですよね。。。それぞれ長い活躍期間になると思いますので、どこかで直接対決とかもあるかな?なんか。。。ダート短距離馬が増えていきそう雰囲気です(笑)

ということで、最後は同じイクタTFに放牧中のジョディーズロマン牝4を見学。大人しい雰囲気ですがコースに出ると煩くて困るそうです。人にはお見せできないほど気合が入ってしまうのだとか。。。馬房では本当に落ち着いているんですけどね。
1405257
それではイクタTFレポートを終わりにしたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年5月24日 (土)

最弱500万下を制すアメージングムーン

今日も投稿が遅れてスイマセン。明日はアメージングムーンが出走します。

2014/05/25(日)
7R 4歳上500万下
芝1400m / 天気: / 馬場: / 発走:13:00
1回新潟8日目 4歳上  牝定量 16頭
本賞金:670、270、170、100、67万円
4枠8番 アメージングムーン 牝4 55㌔ 松田

予想
◎ 10番 スーパーアース
○ 2番 テイエムコウノトリ
▲ 5番 カフェブリリアント
△ 3番 メイショウジェーン
△ 8番 アメージングムーン
△ 13番 アラカメジョウ

調教
2014/05/21(水)
CW 重 助手 81.2-65.8-51.4-38.2-13.1  7 一杯
仕上十分 評価C

クラブからのコメント
昆調教師のコメント『先週から比較すると全体時計は詰まったけど、終いの伸びが物足りない感じ。今回はメンバーを見て出走を判断したが、ブランクが長いので一度競馬を使えば中身も変わってくるとは思う』

★★★この記事を書いている時点で20倍を超えるオッズで12番人気。思ったよりも人気していません。正直5~6番人気くらいになると思っていましたので。調教の動きはまずまずかなぁ~と思っていますが、評価はC。客観的には良くないみたいですね。
とは言え、クラス再編成前の地方の牝馬限定500万下。。。すなわち、今年歳弱メンバーにおける500万下戦なんですよね。
人気も1番人気が⑩スーパーアースの5倍くらい。2番人気が①クロイゼリンチャン、②テイエムコウノトリ、あたりが争う形で10倍弱。12番人気のアメージングムーンもそんなに差の無いオッズですので、どの馬にも穴があるし逆に言えばチャンスもあることになります。
まぁ相手どうこうよりも、自分の走りができるかどうか?このレースを含め、ここ2~3戦で結果が出なければ後継繁殖牝馬の居ないモガミヒメ~ビッグテンビー系ですので、即引退もあるかもしれない危険な状態。できればここで最低権利を確保すれば得意の北海道に連れて行ってもらえるかもしれません。もちろん、勝ってくれる事が最高に良いんですけど。
持っているスピードは間違いなく上位。まともな体調で出走できたことが2歳時のデビュー戦しかない。。。という虚弱体質(虚弱精神力)の仔です。まともな状態であればこんなところに居るレベルの仔ではありませんので、是非夢をつないでもらいたいところ。
今日もパドックは確認できませんが、馬券は直前でも買える予定。馬券は買いますけど、加減は馬体重を見てからかな。。。最低450㌔。460㌔まであれば楽しみなんですけど。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年5月23日 (金)

パンテーラネロとスティンライクビー

申し訳ございません。心が折れまして、イクタTFのレポートの途中でありますがちょっと書き続ける元気がありません。ので、ちょっと別の話題を。。。

【入厩直前】
パンテーラネロ(ロッソペーガゾ12)
宮崎県のサンダンスを昨日出発し、滋賀県のグリーンウッドへ本日到着しており、近日中に栗東トレセン・高橋(忠)厩舎へ入厩予定となりましたので、5月28日(水)をもちまして募集締切とさせて戴きます。
高橋(忠)師「『普通の馬より2段階上のギアを持っている』と牧場で高い評価を貰っていましたし、実際に見に行く度に馬が良くなっていましたので、こちらへ来るのを楽しみに待っていました。早朝便でグリーンウッドに到着しましたが、宮崎からの長距離輸送を無事にクリアしてくれた様で、着いた後の飼葉もしっかり食べているとの事です。念のため数日間は様子を見なければいけませんが、今日の感じなら来週末には入厩させられるでしょう」

★★★ムーンエクスプレスの募集が終了したと時同じくしてパンテーラネロにも締め切りシグナルが。こちらも評判が良い馬でした。ツアー時も動きが綺麗で筋肉のつき方もgoodでした。兄姉にもそれぞれ脚に不安があり、この馬も少々不安に思えるところがありました。しかし、その不安も解消された様に思います。短距離戦で力を発揮しそうな本馬。追加出資したい気持ちもありますが、今週、ムーンエクスプレスに追加出資を決めてしまいましたので、パンテーラネロへの追加出資は断念する方向で考えております。しかし、出資する価値はある馬ですよ。現時点でもムーンエクスプレスよりも人気があるようですから。。。そういう評価をされている方も多いのでしょうね。

それから。。。

【ゲート試験】
スティンライクビー
本日のゲート試験を受験し、無事合格となりました。
尾関師「全然問題ありませんでした。合格です。週末から少しペースを上げてみて、感じを確かめてから今後のスケジュールを立てる事にします」

★★★スティンライクビーが一発でゲート試験に合格。体調との相談になりますが、東京出走が可能となりましたね。期待は高まるばかりです。そして、希望で胸膨らむ時期から現実を見る時期へと差しかかります。現実が希望を越えることを楽しみにしています。

ということで、いいこと2つ。

また、早急にレポートは再開しますのでよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月22日 (木)

140521牧場めぐりレポート②

2月下旬に牧場見学ビッグツアーを敢行してから3ヶ月。。。週末も基本的には仕事ばかりでした。3ヶ月ほぼ休みなしでやったんだから、ちょっと自分にご褒美を。。。ということで、牧場見学に行ってきました。ラームリュンヌ&ローレルブレットが滞在中の宇治田原優駿Sも魅力的だったのですが、ローレルベローチェとは牧場で一度も会っていない・・・ということで、イクタTFを中心に計画しました。

今日のレポートはそのイクタTFから。

我が家から1時間半。しかも一般道で。という距離にある近い牧場さん。ローレルウェルシュがお世話になっていた頃から行っております。平成17年からのお付き合いとなるんですね。
ここでお世話になっている仔が最近は居なかったので、2年振りの訪問となりました。

この日は生憎の雨。気温も低く更に風が強くて冷たかったので、肉体的に辛い見学であり撮影も難しい日となってしまいました。

ローレルベローチェのイメージは煩くて、気合剥き出しタイプだと思っていたのですが、出てきたベローチェは大人しい。落ち着いたいい仔でした。
1405222
クラブコメントで『両前肢の膝裏に軽く張りがあった程度』とあったので最初にそこを聞きました。『デビュー前もそういうことがあって、そういう癖なんでしょうね。でも、大袈裟にして心配させるような張りじゃないですよ~』とのことでした。ということで、基本的には元気です。体重は少々減ったようですが、在厩のままでも調整できたレベルですが、未勝利馬を優先する厩舎事情があり休養に出た感じのようです。基本的には大人しくボーっとしているのですが、装鞍するときにたまに突然暴れ出す・・・何でですか?と聞くと、『お腹を触られると嫌がるんですよ~。』乗り役さんがサッとお腹を触るとバーっと動くベローチェ。意外な弱点を発見しました。

1405224
緑円は張りがあった部分。赤円はポッコリ部分。

そのお腹は現在はポッコリ。イクタに来た直後は痩せていてお腹も寂しい状態だったようですが、ここに来てカイバの食べも良く、いいリフレッシュが出来ているとのこと。
今週いっぱいはリラックス中心で騎乗運動も軽いキャンター程度。来週からは坂路にも入れて調教の強度を上げていくようです。
1405223
因みにこの乗り役さん。ローレルクラシックにも乗ってくださっていた。技術の高い乗り役さんです。本当に馬が好きな方で、ベローチェのことも可愛がってくれています。僕と会うのも2年振りなんですが覚えてくださっていましたし。。。この方に任せておけば安心です。

そうこうしている間に装鞍もおわり、調教が始められる状態になりました。

1405221

このへんから雨が更に強くなってきました。

こんな感じなんですよ~見てる僕も辛かったですけど、ローレルベローチェも嫌だっただろうな。。。

1405225

ベローチェの話も途中ですけど内容盛りだくさんになっちゃいます。
明日に続く。。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2014年5月21日 (水)

140521牧場めぐりレポート①

今日は頑張ってきた自分にご褒美!久々に牧場めぐりに行ってまいりました。

本日訪問した牧場はローレルベローチェが放牧中のイクタTF。こちらは2012年4月20日以来約2年振りの訪問となりました。ローレルクラシックとハナカゲの2頭を見学した時ですから大分昔のことですね。

そして、もうひとつはヴォルカヌスとアステュートが放牧中の山岡TC。こちらは2013年5月1日以来ちょうど1年ぶりの訪問となります。そのもヴォルカヌスとアステュートを見に行ったときです。ヴォルカヌスがデビュー直前でしたね。

いろいろとお話を聞くことができましたが、雨の中の見学となり、山中で気温も低く体調を少し崩してしまいましたので、今日は動画だけとさせていただきます。。。明日は仕事を頑張らないといけませんしね。動画のレート変換に時間もかかってしまいましたし。。。

まずは「ローレルベローチェの騎乗トレーニングの様子」です。

そして、「アステュートの食事の様子」です。

それから、「ヴォルカヌスの食事の様子」です。

最後はこちら
1405213
休養中のジョディーズロマンです。

因みに空いた時間で明智大正村で観光散策をしてきました。

そして、戻ってから散髪を。。。かなり斬新な髪形に(笑)チョイワルになりました。

ということで、今日はこれまで。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年5月20日 (火)

ムーンエクスプレスせーるすとーく

明日5月20日(水)にアモーレペガサス12=ムーンエクスプレスの出資申込が締切になります。名付け親としてローレルクラブさんに替わってムーンエクスプレスの宣伝をさせていただきます。

クラブからの情報
今日の情報
【入厩直前】
ムーンエクスプレス(アモーレペガサス12)
この中間にBTC内の屋内ダートコース1800mと坂路1本を11.5-11.5の調教を行ない、5月下旬に栗東トレセン・鈴木(孝)厩舎へ入厩予定となりましたので、明日5月21日(水)をもちまして募集締切とさせて戴きます。
内田ステーブル社長「BTCの坂路は時計が出やすい馬場状態にはなっていますが、馬なりでこの時計が出る様に体力もあるし、スピードも豊富ですね。強い調教をやっても飼葉食いが落ちてこないどころか、より良くなっていますので気性面の心配もありません。調教の進み具合から考えても、ちょうど良いタイミングで入厩出来るので非常に楽しみです」
2014年5月16日(金)
この中間にBTC内の屋内ダートコース1800mと坂路1本を13-13の調教を行ない、5月下旬に栗東トレセン・鈴木(孝)厩舎へ入厩予定となりましたので、5月21日(水)をもちまして募集締切とさせて戴きます。
鈴木(孝)師「予定通りに夏競馬デビュー出来る状態ですから、来週の競馬で使った馬との入替えで入厩させます。スピードを活かした競馬が合いそうなイメージを持っていますから、短い距離で活躍させたいですね」 
2014年5月13日(火)
引き続きBTC内の屋内ダートコース1800mと坂路1本を14-14の調教を行なっています。
鈴木(孝)師「軽やかな動きをしていますし、ここまで順調に来ています。これからも身体がどんどん成長してくるでしょうし、仕上がりも早いタイプだと思っています」
2014年5月7日(水)
この中間はBTC内の屋内ダートコース1800mと坂路1本を14-14の調教を行なっています。
内田ステーブル社長「器用な走り方が出来る馬なので、トラックコースのコーナーを上手く回る事ができます。小回りコースに対応できるセンスの持ち主ですね」
2014年4月28日(月)
引き続きBTC内の屋内ダートコース1800mと坂路1本を15-15のキャンター調教を行なっています。
内田ステーブル社長「ウッドチップ坂路のような軽い馬場はこの仔には合う様で、スッとスピードを上げて走ることが出来ます。ピッチ走法ではありませんが、トビもあまり大きくなく、回転数でスピードを出して走るタイプです」
2014年5月
浦河町の内田ステーブルにて、BTC内の屋内ダートコース1800mと坂路1本を20秒ペースのキャンター調教を消化。馬体重442kg、体高157cm、胸囲181cm、管囲19.5cmです。社長によると「調教でも手先のスナップが利いたしなやかで素軽い動きを見せていますよ。スピードがあるので、早い時期から競馬させたいと思っています」との事です。その後は坂路調教のペースを18秒、16秒、15秒と段階的にアップ。調教で無理をさせすぎるとカリカリする面が出てくる事がありますので、そうならない様に調教量のさじ加減をうまく調整しながら鍛え、体力の充実を図っています。社長は「脚元もスカッとしていますし、体調面の心配は何もありませんね。飼葉食いも問題ありませんし、良い筋肉が付いてきました」と話しています。本馬の母系の特徴のひとつは2歳戦に強いという事です。また、母は違いますが、同じ父を持つ当クラブのアメージングムーンにトモの肉付きや顔が酷似しており、そんなところからも、早い時期からスピード能力を活かした活躍をしてくれるだろうと期待させます。

★★★昨日、HPの写真が最新のものに差し替えとなりました。『いや~~いい馬じゃないですか』
今日は昨日の記事のとおりムーンエクスプレスに追加出資の予約をするためローレルクラブに電話をしました。ローレルベルカントは締切アナウンスと共に出資が増えそこそこ口数が埋まったようです。しかし、ムーンエクスプレスは締切アナウンス後もヤマは無く、平穏だとか。。。地味だし、飛びつく要素に欠けることは事実ですね。しかし、アドマイヤムーン産駒で800万円ですよ。馬体はアドマイヤムーン産駒らしさが出ていて、脚元も心配なし。走ってみないとわからないところは当然あるワケですけど、バランスの良い好馬体。皆さん見逃していませんか?
坂牧場さんですけど一口馬主成績はローレルクラブを含め芳しくありません。
生産馬はサムソンフェアリーの仔、カネスラファールとゼロスが引っ張っていて、ムーンエクスプレスの兄コウギョウダグラス(父スターリングローズ)が南関東の重賞の常連でベテランながら今年の(坂牧場産の)リーディングです。でも、目玉となる馬がまだ居ません。きっとこの仔がその目玉になってくれるのでは。。。

ツアー時のレポートはこちら⑭です。そして、ツアー時の動画はこちらから見ることができます。

ツアーレポートでも触れていますけど、坂牧場さんが期待しているアモーレペガサスにアドマイヤムーンをつけた“この仔が勝負”。。。意気込みが違います。バランス、トモの発達、、、ツアー時も今も申し分なし。アドマイヤムーン特有の圧倒的なスピードを秘めていることでしょう。ダーレーのスタッフさんの言葉が今も心に残っているのですが、この仔には『アドマイヤムーンのいいところが出ていて走りそうだ』ということ。アメージングムーンよりもアドマイヤムーンらしさがある。オペラハウスやリアルシャダイなど重厚なBMSとマッチする種牡馬だけにメジロライアンは楽しみ。僕の好きなメジロライアンですから!!

アドマイヤムーンは短距離での活躍が目覚しく、2歳戦からガンガン走ります。だからといって早熟なワケではなく、レオアクティブが2歳重賞と4歳時に重賞を制覇。ファインチョイスも函館2歳Sを勝ち、4歳時にも函館で連勝しましたし。アルキメデスも2歳時から5歳まで中距離でコンスタントに活躍中。オースミムーンは障害戦で開花。まだまだ成長しそう。勿論、スプリント界を引っ張るハクサンムーンも2歳から勝ち上がりまだまだ強くなっています。このように仕上がりが早くても成長力も兼ね備えており、早々にりアイアすることはありません。驚異の追い込みや影をも踏ませぬ逃げなど極端な戦法は類なれなるスピードとレースで燃える激しい気性からくるもの。戦う馬に必要な遺伝子をしっかりと受け継がせます。

母系は最優秀2歳牡馬の実績が光るコスモサンビームから2歳戦に強いと思われておりますが、3歳時にGⅠ2着と4着。4歳時にGⅡ制覇と、こちらも単純な早熟でもありません。兄コウギョウダグラスも古馬になってから衰えが少ないですし、成長力があるといってもいいと思います。ムーンエクスプレスも高い成長力とともに長く活躍してくれると思います。

以前のクラブ会報に『1勝できれば3勝目が見えてくる』というコメントがありました。まさにそのコメントのとおりだと思います。勝てない場合は仕方がない。勝ったら3勝、それ以上も望めそうな気がします。

価格は800万円だが未来への期待はプライスレス。。。
そう思います。是非一緒に応援していきましょう!!

もし、このブログを見て出資を決断された方。。。コメント等に御一報ください。よろしくお願いいたします。(ここで頑張って書いたことが多少なりとも影響があるのかどうか。。。ちょっと知りたいので)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年5月19日 (月)

とっておきジンクス

ムーンエクスプレス(アモーレペガサス12)
この中間にBTC内の屋内ダートコース1800mと坂路1本を13-13の調教を行ない、5月下旬に栗東トレセン・鈴木(孝)厩舎へ入厩予定となりましたので、5月21日(水)をもちまして募集締切とさせて戴きます。
鈴木(孝)師「予定通りに夏競馬デビュー出来る状態ですから、来週の競馬で使った馬との入替えで入厩させます。スピードを活かした競馬が合いそうなイメージを持っていますから、短い距離で活躍させたいですね」

アモーレペガサスも明後日で締め切りとなります。昨日は『懐が寂しくなってきました』といった内容のことを書きました。。。それでも、とっておきのジンクスを発動させ愛馬を応援しようと思います。

結論から書きますと、ムーンエクスプレス牝(アドマイヤムーン×アモーレペガサス)に増資しようと思います。

今まで、複数口いっていた仔は以下の通り

ローレルシード02年産牡 18戦1勝
ローレルウェルシュ03年産牡 14戦4勝
ローレルクラシック07年産牡 28戦1勝
アメージングムーン10年産牝 6戦1勝
ローレルストーム11年産牡 6戦1勝

です。複数口いっている馬は全馬勝ち上がっております。そして、引退した3頭は回収率(賞金÷募集価格)は100%を超えております。
アメージングムーンも今週末のレースを勝って回収率100%を超えてくれることでしょう。ローレルストームはまだ3歳。順当に行けば回収率100%を越えてくるはず。
と、いうことで、『勝負!』を懸けて複数口いった馬は勝ち上がり&回収率100%というジンクスを守っています。

ローレルベルカントは迷いましたが出資を断念。期待の大きいビッグテンビーの仔であるキャノンプレートも最終的に見送り。。。ユニオンで最後まで迷っているピエノフィオレも決め手に欠ける。。。残るは馬名応募し結果待ちのツルマルオトメ12ですが、ムーンエクスプレスの締め切りを待ってくれません。ということで、馬の出来もいいですし、この時期の入厩は力が認められている証拠。名付けでもある期待の大きな仔ですので追加出資をしようと思います。

因みに以前グランジゲレイロに追加出資した文章を書きましたが、、、出資予約だけしてその後忙しさのあまり放置しておりまして。。。気付いた時には満口となっており、自分のポカで増資のチャンスを逃してしまいました。

ムーンエクスプレスの増資は失敗しないぞ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月18日 (日)

本当にあれこれ話

今日はパソコンを一度も開きませんでした。ということで、投稿が遅くなりました。毎回訪れてくださる方。。。申し訳ございません。

土曜日の馬券はファインスカイ馬券は複勝と三連複でトントン。しかし、メインレース等で大敗。日曜日はユニオン馬券と協和牧場馬券で健闘するもこちらもメインレースで大敗。。。ここのところ負けが込んでいます。

そして、カード決済の引き落としが。。。とうとう残高不足になりまして、督促状が来てしまう失態。昨日払い込みを済ませ、明日月曜日に口座に入金するつもりですけど。。。ムスコが中3になり、やっぱりお金がかかるんですね。。。私学で寮生活ですし。。。貯金も目減りしてきまして・・・今までのような余裕は無くなってきちゃいましたね。まだ、渇々の状態ではありませんけど。

どうやってこの状態を打破していくのか。。。節約はしていかなければいけないワケですけど、馬券技術を高めないとね。WIN5を一度も当てていませんし、WIN5の研究&練習をしていかなければいけないかな。。。サッカーくじtotoも買い続けていますけど、当たる気配ないし。。。一応、馬券の方が成績がいい気がします。

愛馬の活躍も大いに期待したいですけど、出資している口数頭を考えてもガツンと大金が舞い込んでくることは難しい。。。そうなると、縮小。。。寂しい道も考えなければなりません。

頑張る方向で打破していこうと思いますけど、火だるまにならないようにしたいですね。

2歳馬に動きが出てきました。ユニオンはプラチナコード牡が5/2に入厩しました。ローレルのスティンライクビー牡は5/15入厩。ローレルベルカント牡が5/17に入厩しました。プラチナコードは14日(水)に13.9-13.1-14.7ゲートなりでゲート試験合格。デビューに向けて先頭を走ります。

因みに今日の様子は以下の通りです。
栗東
7:16 ローレルベルカント 牡 69.1-49.8-31.7-15.0
8:53 プラチナコード 牡 78.2-56.0-36.4-17.8

美浦
7:40 スティンライクビー 牡 69.7-51.8-34.7-17.2

馬本位で進めて欲しいですけど、レースまでいって欲しいなぁ~。

そして、牧場見学行くことに決めました。近々行きますので、レポートも楽しみにしていてください。

今日はダラダラと下らないことを書き続けてしまいましたがまた明日からがんばります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年5月17日 (土)

2歳戦デビュー前予想

ニナフェアリー未勝利戦優勝おめでとうございます。名付け親であり、このブログにもコメントをくださるヤマトさんもおめでとうございます。
ファインスカイは馬体重減が心配されましたが頑張って3着。直線では余裕のある手応えで⑦スズノオオタカの内を突いたときは一気に突き抜けるかと思ったのですが、そこからジワジワしか伸びず。それでもバテることなく脚を伸ばしての3着。次走も楽しみです。中1週でもう一度1000万下を使うのか?それとも、中2週以上で降級後にレースをするのか・・・想像するのも楽しいですね。

さて、3週間後には2歳戦が始まります。現時点で早期デビューを果たせそうなローレルクラブ所属馬は・・・

スティンライクビー牡(5/15に美浦尾関厩舎入厩)
レースノワエ牡(サンチバ受検・近日美浦大和田厩舎入厩)
ローレルベルカント牡(近日栗東高野厩舎入厩)
ムーンエクスプレス牝(近日栗東鈴木孝厩舎入厩)
フラワーガイア12牡(馬名決定次第入厩か)

の5頭か。

それに続くのが
ラームリュンヌ牝(宇治田原優駿S移動済)
パンテーラネロ牡(近日グリーンウッド移動予定)
ストリートキャップ牝(エンパワーメントF移動済)
マザーアース牝(先生のGOサインが近々出そう)

ですかね。。。それ以外の募集馬もいきなり入厩があってもおかしくないですし、それほど遅い入厩にもならない気がします。

昨年の11年産駒デビュー状況を振り返りますと、最初にデビューしたのが
2013/08/11新潟12着アメノウズメ牝

そして、

2013/08/17新潟8着パンチショット牝
2013/08/17小倉5着パラディドル牝
2013/09/01函館13着カズサクション牝
2013/10/05京都15着アガペー牝

と続きます。

8月3頭→9月1頭→10月1頭のデビューですからね。遅いし結果も出ていない。。。デビュー勝ちゼロ。2歳時勝ち上がりゼロですからね。

10年産は
2012/06/10函館2着アメージングムーン牝
2012/08/04小倉7着ファインスカイ牝

が早いデビュー組。

09年産は
2011/06/25阪神1着ローレルボルケーノ牡
2011/07/10京都9着ローレルイニシオ牡
2011/08/07小倉3着ローレルブレット牡
2011/08/14新潟12着ローレルレーロ牡

となります。

今年はそれらと比較してもデビューが早いです。

6月デビューあり。夏競馬デビューも片手では収まらないかもしれません。

では、どの馬が最初にデビューするのか?あくまでも予想ですが、レースノワエが有力と思っていましたが、スティンライクビーの方が早そうですね。ゲート試験も既に合格レベルにあるというので、問題無し。疲労回復と重負荷調教に慣れれば6月中のデビューもあるかも。東京1400㍍ですね。

レースノワエは1000~1200を希望していると思うので、福島デビュー濃厚。函館もありますけど、輸送を考えると函館に持って行くにしても7月になる気がします。こちらは函館2歳Sを意識されているので、それを逆算してのデビューとなるでしょう。

それに続くのはローレルベルカント。牧場での負荷はこの馬が一番強く掛けられていますので、逆転1番デビューの可能性も残しています。煩い気性に時々触れられたコメントがありますので、トレセンに入って即重負荷となることができるか。個人的にはゲート試験まで少々時間を費やしそうな気がします。7月小倉デビューかな。阪神への適性も見てみたいけど。

そして、ムーンエクスプレス。こちらは阪神デビューは無いですからね。じっくりやって8月小倉でしょう。
そうなると、フラワーガイア12とラームリュンヌが先にデビューすることになるかも。

フラワーガイア12は仕上がりに少々時間がかかる気もしますので、福島かな。。。ゲートももっさりと出そうなイメージで入厩後に時間を要してデビューにつなげるタイプか?

さて、12年産駒はどの馬が最初にデビューしどの馬が最初に勝ち上がりどの馬が重賞へ駒を進めるか。。。

楽しみが尽きません!!

それから・・・本来はここで記事は終わる予定でしたが、09年産から11年産の早期デビュー組を紹介して気づいたことが。。。早期デビュー組はかなりの確率で勝ち上がり、そして早熟に留まらず後々も活躍している馬もいます。ローレルベルカントやムーンエクスプレスなどが締め切り直前となっておりますが、それらに飛び込み出資するのも悪くないと思いますよ。。。是非御一考を。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年5月16日 (金)

5月にも勝利をファインスカイ

5月は毎週出走継続中ですが・・・勝てない。土曜日も仕事ですけど、毎週の土曜日よりもちょっと軽い仕事のシフト。馬券も買い易いんですよね。いい週末になることを今から期待しています。

明日はファインスカイが出走します。

2014/05/17(土)
11R 八海山特別
ダ1200m / 天気: / 馬場: / 発走:15:25
1回新潟5日目 4歳上 サラ4歳上1000万下 混定量 15頭
本賞金:1290、520、320、190、129万円
2枠2番 ファインスカイ 牝4 55㌔ 松田

予想
◎ 8番 キクノラフィカ
○ 10番 ドレッシースタイル
▲ 4番 ナリタシーズン
☆ 14番 ヒラボクダッシュ
△ 2番 ファインスカイ
△ 12番 ミリアグラシア
△ 13番 ポークチョップ
コメント
【伏兵多し】キクノラフィカの充実振りが光る。中央・東海地区を転々としてきたが、一時460キロ台だった馬体も490キロに増量し、前回の1分7秒8は、同日の米沢特別を0秒3上回る、後続に0秒3差の快勝。昇級でも即通用の時計的下地は整った。名古屋のマイルで勝ち負けなら、1200m延長も不問。
ドレッシースタイルは、10月の新潟1200ダートで1分10秒7。ナリタシーズンも、新潟は3戦2勝。ただ、米沢3着のヒラボクダッシュも含め、57キロが微妙。負担増で微妙に伸びを欠くようなら、ファインスカイ以下にもチャンスの目。

調教
2014/05/14(水)
栗坂 良 助手 54.6-39.6-25.4-12.6 馬也
好調持続 評価B

厩舎コメント
ダートではまだ底を見せていない。さらに出来は良くなっている。昇級でも。〈角田師〉 評価○

クラブからのコメント
角田調教師のコメント『追い切りはいつものように気持ちが乗って唸っていました。筋肉が付いて身が入りパワーアップしているから、跨っている方は抑えるのに必死です。もう少しリラックスして走ることができればいいのですけど、その辺は今後の課題ですね。でも好調を維持している気配が窺えます』

★★★現在のところ思ったより売れています。20倍くらいつく予定でいたのですが、1桁の可能性も出てきましたね。馬券的にはちょっと残念ですが皆さんから評価されていることはありがたいことです。
まずは背中の状態ですが、現在のところ“良くない”という情報は無く、調教も良いことから症状は軽いものであると思われます(何もないってことは無いと思いますけど)。
追い切り時計も上々であり気力体力的には前走からの上積みもあるように思われます。あまり気合が入り過ぎると馬体重減っちゃいますからね。。。前走が480㌔のプラス10での出走でした。今回もプラスまたは増減なしで出て来られれば勝負できるのですが、さて、どこまで。。。馬券購入時は馬体重は確認できますけど、パドックは見られないですからね。。。気配も確認できるといいんですけど。仕事ですから(涙)
枠は内になりました。外に速い馬も居り、被されることが心配。当のファインスカイも速いので、それらの前や横につけられれば内枠の利を生かせるというモノ。スタートは注目です。
鞍上の松田騎手は前走の騎乗をかなり悔いていました。勝ったのに。。。それだけファインスカイの力を認めている証拠でもあるし、今回は更に良い騎乗でファインスカイを導いてくれるはず。つまり、鞍上からの上積みもあるということです。
時計的にもメンバーから劣っており、楽なレースではありませんが、可能性は十分に秘める能力は持っています。砂を被っても我慢できるのであれば4番手くらいの内に入れてコーナーを我慢。直線入り口からじわじわと動いて、残り150㍍で先頭、、、押し切るって形がいいかな。期待しています。
相手は・・・登録時から弾かれたメンバーの中にも有力視していた馬が3頭ほどいましたのでそれらと戦わなくて済んだのはラッキー。出走馬にも⑧キクノラフィカ、⑩ドレッシースタイル(ユニオン所属)、⑭ヒラボクダッシュあたりは要注意。⑥ローレルシャイン(ローレル所属)も直前の調教も良く期待できます。ローレルシャインも前に来そうで、潰し合いにならないことを願っておるのですけど 。
5月は今のところ未勝利。月の初めからこの馬に一番期待をかけていました。相手は思ったよりも強敵になりましたが、楽しみです。

僕が思っていたよりも1週間早くムーンエクスプレスが入厩となりました。ここでお金が入ったらムーンエクスプレスに増資しましょう。

前向きに増資を検討したいので、ファインスカイには是非頑張ってもらいたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年5月15日 (木)

GW後クラブ馬情報140515

スティンライクビー(モーディッシュ12)
本日の検疫を経て、美浦トレセン・尾関厩舎へ入厩しました。
ブルーステーブルスタッフ「先週の金曜日に尾関先生が来られた時に状態の良さを報告させてはもらっていたのですが、すぐに入厩になりましたね。先月あたりはまだ物足りなさもありましたけど、最近は動きもレベルアップしていましたし、ゲートの心配もない馬ですから、楽しみにしています」

入厩しましたね。週明けに見学を計画しておりましたので、やっぱり僕の見学を待ってくれませんでした。クラブよりもちょっと情報が早かったですね(^ム^)
長いことブログをやっているとフッとこういう情報が入ってくることもあるんですね。。。これからも我がブログをよろしくお願いします。

スティンライクビーですけど、背も大きくなってボリュームが増した感じですね。実はちょっと疲れがありそうな感じです。ミッドウェイに移動して速いところを乗りだして2ヶ月経ってないですからね。体力は十分であってもそれなりに疲労はあるようです。無理はして欲しくないですけど、トレセンでも頑張ってもらいたいですね。尾関先生もこの馬をえらく気に入ってくれていますよ。

そして、明日はローレルベルカントが募集締め切りになります。いい馬だと思います。お金が余っていれば行くところですけど、、、ここは静観。ダートで活躍しそうですね。
小さいですけど、仕上がりも早そうですしコンスタントに出走して活躍してくれそうな気がします。

それからムーンエクスプレスについて。結局サンチバを受けずに栗東に入厩となります。栗東入厩も間近です。栗東近郊の放牧先は宇治田原優駿Sになりそうですが直接入厩の可能性もあるということで、楽しみでなりません。
鈴木孝先生も見に来られて、高い評価をくださっています。仕上がりも早そうですしスピードを感じる動きのようです。
キビキビとした牝馬ですので、環境が変わっても状態を維持できれば小倉デビューもありそうですね。。。中京はちょっと無理かな?まずはゲート試験をしっかりクリアしないとその先のプランは浮かんでこないですから。募集締め切りアナウンスが出るかもしれませんよ~。

一方、既に宇治田原優駿Sに移動しているラームリュンヌ。環境の変化でだいぶ体重が減ってしまいました。元々おっとりしていて、環境の変化にも動じないと思っていたのに、、、この馬体重減を取り返すのに多少時間はかかるかもしれませんね。飯田祐先生は中京も匂わせるコメントを発表していますが、馬体が早い時期に回復したら・・・ですね。このままであれば小倉デビューかな。

ということで、今年の2歳馬は早いデビューが多そうです。デビューするだけでなく、現3歳馬が2歳時に勝ち上がることができなかった分までこの世代には勝ち上がりまくって欲しいです。

今日はここまで。。。

情報については、僕の主観や妄想も多く含まれております。決して公式情報ではありませんので、取り扱いには気をつけていただきたいと思います。あくまでも個人ブログであるということを忘れずに。。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年5月14日 (水)

GW後クラブ馬情報140514想定表付

今日も昨日の続きとなりますが、想定も発表されております。愛馬ファインスカイも出走予定となっておりますのでコラボレーション企画とさせていただきます。

2014/05/17(土)
11R 八海山特別
ダ1200m / 天気: / 馬場: / 発走:--:--
1回新潟5日目 4歳上 サラ4歳上1000万下 混定量 35頭
本賞金:1290、520、320、190、129万円
ファインスカイ 牝4 松田大作

登録頭数は多いですけど、優先順位が高いため出走できる見込み。期待しましょう。

出走予定に対するコメントはこんな程度ですが、今日は協和牧場の誇るアサカフジファミリー全体を主役として書こうと思います。もちろん僕の“素人呟き”だけでなく、有識者からの“確かな目の呟き”も含めた文章でいかせて頂きます。
まずは直前に迫ったファインスカイの八海山特別に向けてのコメントですが、能力的には十分戦えるとのこと。馬券を買うなら当日の馬体重に注意と言うことのようです。
ひとつ走って背腰に負担がきていることは間違いないのでは?毎回そうですので、今回も多少なりともきているはず。その負担が大きいのかそうでもないのかは分かりませんけど。。。当日の馬体重がマイナスであると。。。ちょっと要注意。プラス体重。。。480㌔以上で出走することができればちょっと面白いんじゃないかな。。。なんて思っています。
ファインスカイ。。。このレースを走ったら結果に関係なく恐らく短期放牧に出ると思います。相変わらず続けて走らせることができないタイプですのでね。クラス再編成直後のレースでは流石に相手が強い(八海山特別を勝って1000万下に留まるにしても、500万下に降級するにしても)。休養を挟んで夏競馬になれば強い高級組みが捌けてファインスカイもきっちり勝てるのではないかと思います。その時期を逆算して再編成直後に放牧に出して仕切りなおしと行きましょう。

このファミリーを語るにファインスカイの兄ローレルレジェンドに触れないワケにはいきません。怪我で長期離脱を強いられ、6歳で復活したのですが先週の好走。全く能力落ちがなく、晩成血統であることを見せてくれました。ローレルレジェンドも近いうちに500万下をクリアできると思われますし、これから更に強くなってくるのかもしれません。

このお兄さん(ローレルレジェンド)を見ると、ファインスカイとローレルベローチェの成長力に期待せずにはいられません。

再度ファインスカイに話は戻りますが、現在は抑えなければどこまでも時計が出てしまう前向き過ぎる気性が仇となって背腰への負担が大きくなっているようです。具体的に申しますと調教時に抑えられて縮こまったフォームで登坂していると言うことで、無理が出ているようです。『じゃあ思うがままに走らせれば・・・』となると、脚部に負担が出てしまいますし、ガレガレになってしまい、走れる状態が作れないとのこと。ダートと芝ではやはりダートの方が負担は少ないのでダート戦かな。。。芝ではハナを奪えるほどのスピードも無いですし、最後の直線で前の馬を捌ける切れも無い。。。現状の能力ですとダートの短距離が一番あっていると思われます。
背腰は馬体の本格化よりも精神的な成長が望まれるようです。今後の成長に伴い心身ともに本格化してきたら。。。準オープン、オープン、重賞と、楽しめる馬になるかもしれませんね。

そして、ヘイローフジの仔ローレルベローチェ。こちらはまだまだ完成の域に達していないのに未勝利戦を勝ち上がり500万下も好走できている状態。今後は更に期待がかけられそうな感じです。
三田馬事公苑の場長さんも『これはオープン馬になる』とコメントされていますし、イクタTFのスタッフさんの評価も高い。何よりも飯田雄厩舎のトップ厩務員である佐々木さんのお気に入りであることが何よりの証明。
今回の放牧は特に大きな問題があったわけでは無く、レクチャー時には続戦の話しも出ていたくらいですが、前膝裏に多少の張りが出たとのことで単純に休養の意を込めた放牧。まだまだ『こどもこども』している馬体でこれだけのスピードを発揮しているベローチェが本格化したら相当楽しみみたいです。現状、芝でも走れるとは思いますが、こちらも前向き過ぎる気性。脚が折れようが前に馬が居れば抜きに行く。。。この仔にはまだダートで走らせないとダメですね。大人の身体になってから芝に向かいましょう。
こちらも牝系から晩成であることは間違いありません。成長が楽しみです。

さて、今日の文章は読み難くて仕方ありません。構成も全く考えず、書ける時間に思うがままに書いた文章ですので、、、良く言えば随想になるのでしょうが、思いつきの行き当たりばったり作文です。ちょっとでも僕の言いたいことが伝わってくれればありがたいです。お付き合いありがとうございました。

情報については、僕の主観や妄想も多く含まれております。決して公式情報ではありませんので、取り扱いには気をつけていただきたいと思います。あくまでも個人ブログであるということを忘れずに。。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年5月13日 (火)

GW後クラブ馬情報140513

いろいろ情報が収集できました。これを全部書くと。。。今日のブログ長くなり過ぎちゃいますので、分割して書かせていただきます。

まずはグランジゲレイロの情報です。

先週、歩様に乱れが見られ検査をしました。ファンタストクラブのスタッフさんが感じられたところは『前肢の歩様の硬さ』、そしてついでにレントゲン撮影をして発覚したのが『右後肢種子骨の骨折』でした。歩様の乱れと骨折の個所が違うということ。
手術前にも右後肢種子骨の骨折を触診しても痛がる素振りもないということで、今回前肢の件が無ければ骨折があった状態で函館で走っていただろうという見方が濃厚であったかと思います。つまり『右後肢種子骨骨折』は放っておいても何とかなっていたワケですが、この時期に発覚して前肢の疲れも見られてペースダウンするタイミングでもあったため、『今後、この骨片がワルサ(腱に悪影響)をするかもしれない』と、言うことで手術へ。。。
骨片は思った以上に大きいということで、骨を除去するのに腱に触れなければいけないので、術後に腫れが出てしまいます。ということで、安静期間は必要になりますが、『3ヶ月・・・程度』ですので、多く見積もっての『3ヶ月程度』だと思います。若駒ですし、それほどかからないんじゃないかな。。。なんて思っています。再検査の予定も早まることを期待してもいいと思います。もちろん、今後の経過によって変動しますけども。
話を戻しますが、骨折の影響で歩様が乱れたワケではなく、骨折は古傷。調教の負荷が増して、前肢の種子骨骨折はあり得る話ですが、後肢種子骨の骨折はあり得ない話。ここを骨折するようではどれだけ弱い馬なんだ!ってことになります。そもそも競走馬にはなれません。恐らく、馬房で暴れたりして壁を蹴ったりしたときに欠けたのでしょう。
グランジゲレイロの将来を考えれば、今回の前肢の歩様の硬さ、そして、それに伴って発覚した古傷の後肢の骨折。。。そして、手術。。。非常に良かったと思います。函館デビュー、函館2歳Sは見送りになりましたが、札幌後半から秋競馬でのデビューに間に合うと思います。(無理に間に合わせなくてもいいですけど)
前肢の歩様の硬さが無ければ昆先生にガンガン使われていたと思います。アメージングムーンのこともありましたし、成長を促す休養も必要な時もあります。今がちょうどその時期なのではないかと思います。この休養を経て更に強いグランジゲレイロになる気がしてなりません。
一頓挫は残念かもしれませんけど、それほど悲観することではありませんよ。。。僕は、前向きです(笑)

そして、スティンライクビー情報。

見学も考えていましたが、見学行けそうにございません。入厩の可能性が出てきました。尾関先生もかなりの手応えを感じていらっしゃるようで、僕の見学に行ける日を待ってくれそうにないことが発覚しました。
まずは、ゲート試験。。。となるみたいですが、恐らく入厩したらそれだけでは終わらないでしょう。多分レースまで行っちゃうことでしょう。
デビューは福島か?僕は東京だってあるのではないかと思っています。東京デビューであれば1400㍍or1600㍍になります。スプリンターとして考えているようであれば東京を見送り、1000㍍or1200㍍の福島に向かうことでしょう。函館は。。。可能性ゼロじゃないですけど、メリット少ない気がします。早い時期にひとつ勝てば函館2歳Sへ行く。。。ことはあるかと思いますけど。
結局大きくはなりませんでしたが、体力面はお墨付き。気性は激しい奴なので、怪我の無い様に頑張って欲しいです。

ということで、今日はここまで!

情報については、僕の主観や妄想も多く含まれております。決して公式情報ではありませんので、取り扱いには気をつけていただきたいと思います。あくまでも個人ブログであるということを忘れずに。。。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2014年5月12日 (月)

行くぞ~!ご褒美だ~!!

我がブログは休日になると少しアクセス数が落ちます。平日の夜20:00~0:00の間にかなりのアクセスがあるワケですけど、このGWは連日500アクセスを超え、ブログ設立以来1日あたりのアクセス数および1週間のアクセス数の最高記録を達成することができました。昨日は、大した記事を書くことができませんでしたが、それでも多くのアクセスを頂きましてありがとうございます。お陰で疲れも吹っ飛び、記事を書く気力が沸いてきました。

ということで、今日は皆さんにしっかり読んでもらえる内容を書かなければ。。。

2月下旬に関東&関西牧場見学に行って以来、2ヶ月以上仕事の休みなく毎日頑張ってきました。その間、いろいろなトラブルもあり(最近またちょっと萎える要素があるんですけど。。。)一心不乱に頑張ってきました。ということで、自分に『ご褒美』。久々に牧場見学にいってやる!!

現在の我がファミリー放牧リストは以下のようになっております。

北海道組
グランジゲレイロ牡2→ファンタストC
ムーンエクスプレス牝2→内田ステーブル
ブルーオアシス牝2→シュウジデイファーム

美浦近郊組
スティンライクビー牡2→ミッドウェイ内ブルーS
アルボランシー牝6→スピリットF
(検討中)
フラワーガイア12牝2→KSトレセン

栗東近郊組
ラームリュンヌ牝2→宇治田原優駿S
ローレルストーム牡3→大山ヒルズ
ローレルゼフィーロ牡3→吉澤S west
ローレルベローチェ牡3→イクタTF
ヴォルカヌス牡3→山岡トレセン
アステュート牡4→山岡トレセン
ワイルドアンセム牝4→島上牧場
(検討中)
ローレルベルカント牡2→グリーンウッド

九州組
パンテーラネロ牡2→サンダンス(宮崎)

予算的・日程的に考えて北海道と九州はありません。
栗東近郊にこれだけの数の馬が放牧に出ているとは。。。ちょっと驚きました。

コストパフォーマンス的に見ればイクタさんや2頭滞在中の山岡トレセンもいいですね。2歳馬を見たいなぁ~と、思うと関東や栗東近郊も更に西の方へ行く手もあります。
関東だとストリートキャップ牝2なども居ますし、、、

じっくりゆっくり家で休養することだって選択肢にあるんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月11日 (日)

閑話休題

今日はローレルブレットが負けてしまいました。展開の利が無いと苦しいのかな。1600万下でも戦えるスペックはあるはずなんですが。。。田辺騎手からの騎乗変更もマイナスだったかな。。。不運でしたね。。。もちろん浜中騎手は一流ですし、騎乗ミスがあったワケではないんですけど、テン乗りか乗り慣れていたかというのはちょっと違う気がします。
いつの日かポンと勝つ日が来ると思いますけどね。

閑話休題。

今日も仕事。。。疲れました。家に帰ったのが21:00。明日は平日バージョンの仕事ですが、日曜日の夜から月曜日の夜がホッと一息つける時間になっております。

ということで、ローレルブレットのレースは残念だったワケですけど、今日の本題はこちら。

日曜日の夜は気持ちが乗っていないとちょっと長文を書く感じでは無くなるんですよね。

ということで今日はこんなもんで。

明日は気力も復活させます。
皆さんまた読んでやってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月10日 (土)

ローレルブレット今回こそ

いろいろ忙しいです。今日もお仕事でしたけど、明日もお仕事です。金曜日の夕方からちょっと疲れが表面に出ましたが、もう一度ネジを巻き直して頑張ります。愛馬の活躍は更に頑張れるエネルギー源になります。期待しています!!

明日はローレルブレットが出走します。

2014/05/11(日)
9R 湘南S
芝1600m / 天気: / 馬場: / 発走:14:25
2回東京6日目 4歳上 サラ4歳上1600万下 混[指定]定量 18頭
本賞金:1790、720、450、270、179万円
5枠9番 ローレルブレット 牡5 田辺

予想1
◎ 17番 ホーカーテンペスト
○ 3番 レッドセシリア
▲ 13番 デウスウルト
△ 9番 ローレルブレット
△ 12番 ロードガルーダ
△ 16番 オマワリサン
☆ 8番 ダノンジェラート
コメント
【上位拮抗】ホーカーテンペストは3戦連続2着と惜しい競馬続ける。疲れもなく活気十分で今度こそ。レッドセシリアは昇級戦の前走で2着と力量見せる。条件もベストで逆転も。デウスウルトは2年間の休養有り出世遅れるも能力確かで前走以上も十分。ダノンジェラートは休み明けも力を出せる態勢で見劣らない。オマワリサンも底力そん色なく、ロードガルーダやローレルブレットにも注意したい。

予想2
◎ 9番 ローレルブレット
○ 7番 チェリーヒロイン
▲ 17番 ホーカーテンペスト
△ 8番 ダノンジェラート
△ 10番 キッズニゴウハン
△ 13番 デウスウルト
☆ 3番 レッドセシリア
コメント
有力馬だらけ。どの馬にも可能性を感じる混戦である。全体的に数値が高いのが特徴だ。しかし本命には人気薄◎ローレルブレットが浮上。どの指数も総じて高く、平均値でもナンバー1。ここは思い切った馬券の勝負に出る。反対に人気ダノンジェラートはまったく数値が低くて△が精いっぱいとなる。

予想3
◎ 8番 ダノンジェラート
○ 3番 レッドセシリア
▲ 17番 ホーカーテンペスト
△ 7番 チェリーヒロイン
△ 12番 ロードガルーダ
△ 13番 デウスウルト
☆ 9番 ローレルブレット
コメント
【ジェラート美味】メインのミッキーアイルの前に、まずはダノンジェラートで前祝い?。あのフェノーメノを相手に、セントライト記念を2分11秒3で3着。三走前の東京1800mの上がりは32秒8。その時々において、重賞級のポテンシャルを幾度か示してきたが、我慢を強いる中距離より、よどみなく流れるマイル転向は正解。むろん、ここで勝ち負けなら、さすがに安田記念はどうかも、エプソムCくらいは視野に入ってくる。
レッドセシリアも、振り返れば阪神JF3着。420-430キロ台の馬体を慮り、意識的に間隔を開けたローテを敷いているが、準OPはまだ通過点。
ホーカーテンペストも高値安定。2月の東京で現級連対もある。ただ、1分33秒前半の決着となると微妙。手の内に入れている田辺に戻ったとはいえ、ローレルブレット、デウスウルトやチェリーヒロインも、決着タイムに限界があるかもしれない。

予想4
◎ 8番 ダノンジェラート
○ 13番 デウスウルト
▲ 3番 レッドセシリア
△ 9番 ローレルブレット
△ 14番 ドリームトレイン
△ 17番 ホーカーテンペスト

調教
2014/05/07(水)
栗坂 良 助手 56.8-40.9-26.0-12.7 馬也
出来は良 評価B

厩舎コメント
自分で競馬をつくれない脚質だが、決め手は通用する。展開の助けがあれば。〈今野師〉 評価○

クラブからのコメント
今野調教師のコメント『全体で56秒後半でしたが、折り合いは付いてキビキビ動いていました。引き続き良い状態を保てています』

★★★準オープン2戦目を迎えるローレルブレット。昇級初戦は阪神で10着。少々残念な結果でした。テン乗りだった藤岡佑騎手が追い込み不可能なところまで下げて勝負しちゃいましたからね。度外視でいいんじゃないでしょうか?今回は田辺騎手に戻ります。田辺騎手であればしっかりと力を発揮させてくれますからね。良化は必至でしょう。
東京には不安はありますが、期待もあります。左回りが実績から見るにそんなにダメだとは思っていません。上位進出してくれないかなぁ~。
調教もまずまず。高いレベルで安定していると思います。走破指数もメンバーを見渡しても高い値ですので、力的にも見劣りしないと思います。
人気もそれほどなさそう。馬券勝負的には今回は美味しい気がします。
ローレルブレット自身は自分の力を出し切ることが大事なのですが、相手関係は。。。なかなか強敵揃い。前走も対決した⑬デウスウルトは決め手あり。⑰ホーカーテンペストも安定した結果を残しており強力です。休み明けも実力ある⑧ダノンジェラート、昇級初戦の前走も力を見せた③レッドセシリアも強敵。。。以前戦ったことのある⑤ダローネガなども出ているんですね。
いいレースを期待しています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年5月 9日 (金)

今日も今日も動画特集140509

スイマセン。忙しくて、投稿サボっちゃいました。
だいぶ遅れてになりますが、記事をアップします。
今日も動画でお茶を濁します。スイマセン。

ということで、2頭だけですがご覧ください。

一頭目はマザーアースです。ツアーの一発目にお披露目になった馬ですが、馬が良過ぎてビックリ。ツアーで馬を見る目のハードルが一気に高くなりました。でも、他の馬も出来が良かったので、それほど問題ではありませんでしたけど。。。でも、マザーアースはいい馬ですよ。
「マザーアース」をダウンロード

そして2頭目はレイオーロ。こちらはツアー2日目のトップバッター。僕は出資予定はありませんが、良血馬です。その品の良さが映像を通してご覧いただけるかと思います。
「レイオーロ」をダウンロード

ということで、短いですが今日はここまで。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年5月 8日 (木)

今日も動画特集140508

ローレルブレットが厳しい抽選をくぐり抜け、湘南S出走となりました。良かったです。強敵が数頭引っかかり除外となりましたので、ブレットにチャンスが更に舞い込んできたのではないでしょうか。詳しくは出走前日に。

さて、本日ローレルベルカントに新情報が。
ローレルベルカント(ベルガール12) 
近日中に栗東トレセン・高野厩舎へ入厩予定となりましたので、5月16日(金)の予約受付をもちまして募集を終了とさせていただきます。
高野師「ここまで大きなアクシデントもなく順調に調教できているのが、何よりも強みですね。それにスピード調教に入ってから牧場の評価が再上昇。とても素軽い動きをするそうです。この感じならトレセンへ入れて早期デビューを目指しても良さそうなので、馬房の入れ替え態勢が整い次第、入厩させましょう」

ということで、出資検討に貢献できるか。。。今日も動画特集です。

僕のイチオシ馬2頭から。

1頭目はムーンエクスプレスです。
13年9月21日(土)ローレルツアー初日の映像です。
「ムーンエクスプレス」をダウンロード
ビデオを見返しても綺麗な馬体だし、キビキビ歩く感じはセンスを感じます。800万円の低価格。まだ、残り口数多数あり。損はしない気がするんですけどね。。。どう思われましたか?

続いてはパンテーラネロ。
13年9月21日(土)の映像です。
「パンテーラネロ」をダウンロード
こちらも、バランスの良さを感じる好馬体。スピード感を体格や仕草から感じるのは決して僕だけではないはずです。こちらも総額800万円。こちらは牡馬です。更にお買い得感が増しませんか?

最後は、入厩直前アナウンスが入ったローレルベルカント。
13年9月22日(日)の映像となります。
「ローレルベルカント」をダウンロード
ちょっと小さめですが、バランスが良く楽しみです。見た感じパワーよりもスピードを感じます。残り口は100を切っております。お求めはお早めに!!

つうことで、今日はここまで。眠いですわ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年5月 7日 (水)

今日は動画特集140508

グランジゲレイロですが、、、先日書いた途端に骨折半明。函館デビューは無くなりました。残念です。
そして、今週出走のローレルブレットはかなり厳しい抽選をクリアしなければいけません。ここで除外になると適条件が3週間後まで無いですからね。大事な抽選になります。頑張れ!!

毎週水曜日は想定表からいろいろ書くのですが、今週予定のローレルブレットは月曜日から特別登録で名前が出ていますし、抽選も激戦ですので確定後に記事にしようと思います。

昨日は当ブログ開設以来初めての500アクセス超え。ここは勢いに乗じて、動画で更に勝負をかけようと思います!
多分、こちらの方がニーズも多いと思うので。。。

まずは、今日残念な情報があったグランジゲレイロです。
「グランジゲレイロ」をダウンロード
この映像は13年9月22日のローレルクラブのツアー時の映像です。

そして、こちら。。。
吉澤ステーブルWestのローレルゼフィーロ。
「ローレルゼフィーロ」をダウンロード
もちろん今回の映像ではなく、13年11月2日のものです。

最後に、13年3月12日のヒルサイドステーブルでトレーニング中時のアメージングムーンです。
「アメージングムーン」をダウンロード
今月末に復帰戦があります。この映像を見て勝つイメージをつけてください!

ということで、今日は文章少な目。映像多めでやらせていただきました。

牧場見学や競馬場に行ったときの映像は殆どありますので、リクエスト等ありましたら言ってください。

ということで、今日はおしまい。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2014年5月 6日 (火)

GWクラブ馬情報②140506

今日もGW特報。。。ということで、昨日と同じく僕の情報網で収集した内容ですので、『そんな可能性もある』程度のレベルでよろしくお願いいたします。

まずは内田ステーブルで育成中のムーンエクスプレス牝(アドマイヤムーン×アモーレペガサス)坂路で15-15を乗っており、それ以上の時計も出しているワケですが反動もなく順調のようです。現在の馬体重が442㌔。まだ、成長途上でしょうけどちょっと小さめですね。鈴木孝先生も早期デビューを視野に入れていらっしゃるようで栗東入厩もあるかも。。。ですが、聞いたところでは、あまり具体的なプランは決まっていないようです。鈴木孝先生が直接見に行かれた時にスケジュールが決まりそうですね。

マザーアース牝(ディープインパクト×ブルーオアシス)はクラブ情報では地味な感じです(笑)
シュウジデイファームの担当者さんがあまり派手なコメントをされない方で、クラブにもセールストークはあまり無いようですが、かなり出来が良いようです。ディープインパクト産駒らしい馬体になってきたと評判。調教は13-13とかなり進んできていますが、今のところ夏デビューって感じではないようです。秋口(9月)デビューを目標に行っているようですが『やれる!』って、感じになれば前倒しもあり得ます。まぁ、早いデビューばかりが絶対というワケでもないと思いますので、じっくりゆっくり様子を見ようと思います。

注目の追加募集馬。フラワーガイア12牡(父キングカメハメハ)は、夏デビューよりも秋デビューが濃厚か。この仔は社台系関係者からローレルに来た募集馬であり、育成場にも調教師にも睨みが利く状態ですので、ストレスなく使われることでしょう。気性も評判が良いですし、500㌔を超える馬体重も骨太でしっかりした骨格からくるモノですので、脚部不安につながるような心配もなさそう。相当稼いでくれそうな感じです。本間先生も数使ってくれそうですし、重賞勝ちこそありませんがオープン馬も育てていますし、悪くないと思います。コストパフォーマンスは期待できることでしょう。
フラワーガイア12には1通の馬名を応募しました。この馬にしか当てはまらない馬名なので、ちょっと出しちゃいますけど『○ォイエ○バッハ』です。気に入っています。採用されれば出資確定です(笑)

そして、ツルマルオトメ12牝(父エンパイアメーカー)はエンパイアメーカー産駒らしい馬体とのこと。海外のセリを見たときにエンパイアメーカー産駒を数々見てきた方の話ではそのイメージそのものらしいです。そして、その仔たちが結構走ったということなので、この仔もいけるのでは?ダートっぽいかもしれませんけど(僕は全然気にしませんけど)。
山内先生も気に入っていらっしゃるらしいのですが、この馬を推薦されたのはヤマダステーブルの社長さんということで、『チーム山内に入れても耐えられる馬』という観点で選ばれているらしいので、ガンガン使ってくれそうですし、それに耐えられる健康面も兼ね備えていそうです。
こちらは3通応募。英語・ラテン語・サンスクリット語と、バラエティーに富んだ言語でいきました。こちらも自信あり。採用されれば出資確定です(^o^)丿

そして、ウインゼフィール12牝(父キングカメハメハ)。出資予定でないので、あまり詳しく話は聞きませんでしたが、ウイン軍団を多く抱えている村上欽哉牧場。現在はウインから離れローレルクラブ中心(ユニオンにも出していますけど)に頑張ってくれています。元ウイン会員さんもローレルに大勢いらっしゃっていますし(ツアーでも何組かの元ウイン会員さんとお話をさせていただきました)、元ウインさん意識した提供馬ですので、しっかりした馬を出してくださっているとのこと。侮れません。あまり深く話を聞いていないのでこの程度しか情報がありません。。。スイマセン。

では、3歳馬&古馬情報。

大山ヒルズに放牧中のローレルストーム。こちらはクラブ情報以上のモノは特にありませんが、元気であるとのことで、意外とすぐに戻るかも。。。そういえば、大山ヒルズは見学禁止。。。ということで、大山ヒルズを多用する中竹先生の馬はよっぽどのことが無いと出資しないかも。ローレルトレゾールはちょっと注目していましたが、出資候補から一歩後退です(T_T)

ローレルゼフィーロは気合の立て直し中。何とか勝たせたいという気持ちを感じます。その気持ちが実を結ぶような気がします。ローレルラシームの件もありましたしね。。。

ファインスカイの厩舎での評価が急上昇。背腰の状態もだいぶ安定しているようで、逞しさが増したとのこと。テンションが上がり過ぎて出走時に馬体減でなければ昇級戦でもいきなり勝負できる!って思っても良さそうです。。。人気もそれほどないでしょうし。。。兎に角、好評価。

アメージングムーンは新潟最終週。まだまだ半信半疑ですが適距離。再編成前の最弱500万下戦ですので、能力は確実に上位。こちらも勝負ですが、、、ある程度人気になりそう。

今週出走のローレルブレット。。。情報はありません(笑)
期待してますけど。。。夏は休ませるみたいですけど、サマーマイルシリーズに出て欲しかったなぁ~。。。もちろんここで勝たないと、そんな夢も叶わないワケですけど。

ということで、GW最終日。。。気合を入れていっぱい書いちゃいました。昨日&今日と、かなりのアクセス数となっておりまして、、、嬉しいです。頑張って書いた甲斐があったというモノ。今日も仕事、明日も仕事。。。次の休みはだいぶ先ですけど、頑張ります!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年5月 5日 (月)

GWクラブ馬情報①140505

★5/6(火)AM6:30に訂正しました。勘違いがありました。お許しください。また、公式情報ではありません。今後の予定変更や僕が聞いた方の憶測もありますので、『そんな可能性もある』程度のレベルで感じてくれるとありがたいと思います。

今日はローレル2歳馬情報を。今回も情報網を最大限活用してお送りいたします。

まずは、入厩予定情報。グリーンウッドにて育成中のローレルベルカント牡(カネヒキリ×ベルガール)ですが、ゴールデンウィーク明けに入厩の可能性があるとのこと。そして、そのグリーンウッドに宮崎のサンダンスで育成中のパンテーラネロ牡(マルカシェンク×ロッソペーガゾ)が移動する可能性があるとのこと。サンダンスではダート1000㍍を16-16で走っています。サンダンス場長の評判はかなり良く。ひょっとするとこの馬が一番出世となる可能性もあるかも。。。まだ50%も売れていないんですよね。もうちょっと注目する価値がある気がするんですけど。。。移動する時期は明確には聞けませんでしたが、ちょうど入れ替わりになるかちょっとだけ重なる時期があるかどうか。。。重なるようであればグリーンウッドに見学に行こうかな。。。なんて思っていましたが、グリーンウッドは見学できないようです。
以前、ファインスカイの見学で2度ほど行ったことはあるのですが、ちょっとした手違いだったようで、見学は本来できないとのこと。。。決して僕を含めたローレルクラブ会員さんが粗相をしたワケではなく、しっかりした手続きをしていましたし、本来の状態に戻った、、、ということで、残念ではありますが、逆に言えば期間限定で貴重なグリーンウッド見学経験者となったワケですので、良かったのかも。

ミッドウェイ・ブルーステーブルのスティンライクビー牡(キンシャサノキセキ×モーディッシュ)は抜群の出来とのこと。体力的には世代の上の競走馬の上をいくとのこと。こちらも近々入厩の可能性があります。ブルーステーブルスタッフさんはゲート試験の合格を済ませたいとのこと。尾関先生は関東でデビューさせるか函館に向かうか。。。まだ決定していないようです。こちらも早期デビューに向けて順調です。ブルーステーブルには体重計がありません。体高および馬体重は入厩してみないと分りませんが、見た目的にももう少し大きくなってくれることを期待しているようです。

グランジゲレイロ牡(ローレルゲレイロ×エルトベーレ)は早期デビューに向けて進んでいきます。函館で行きますかね。。。身体はかなり強いみたいです。馬体重が多少心配ですけど、昆先生はイケイケタイプですので、このままなのかな。。。

吉田ステーブルで育成中のラームリュンヌ牝(ブライアンズタイム×プリティジョディー)が移動する可能性があるとのこと。時期はゴールデンウィーク明けの可能性ありだそうです。早期デビューの可能性もありますが、暑くなる前に栗東近郊への異動を希望しているようです。こちらは宇治田原優駿Sへの移動が濃厚です。

明日も仕事ですわ。。。GW最終日。。。疲れが溜まりました。まだまだ書きたいこともあったのですが、エネルギー切れ。残りは明日にします。因みに明日は2歳馬だけでなく3歳馬や古馬情報も書くつもりです。お楽しみに!コメントも書くためのエネルギーになります。コメントよろしくお願いいたします。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2014年5月 4日 (日)

ローレル2歳馬好調の理由

4月29日の記事で触れたように、ローレルクラブ2歳馬の育成が例年になく順調。早いペースで進んでいます。題名に挙げた『好調の理由』って書くと結果が出たような書き方ですが、まだ走り出していませんからね。育成状態が順調ってだけなんですけど。

この好調の理由ですがやはり気になりまして、僕の聞ける情報網を最大限使って聞いて回りました。

理由その1
日高地方の雪

関東や甲信越は雪に悩まされた昨冬でしたが、日高地方は調教に困る雪の日はあまり無く、調教を休む日が少なかったようです。
ローレルクラブのみではなく、全体的に仕上がりが早い傾向にあるとのこと。
と、いうことは、早い時期から頭数の多い2歳戦が増えるということ。それは、ちょっと残念ですね。
ローレルクラブ各馬には、その競争に勝つ活躍を期待したいところです。

理由その2
2歳戦の前倒しに伴う意識改革

2歳戦が早まり、未勝利戦の終了も早いということで年々『早く仕上げよう』と、いう意識は育成牧場にも根付いてきているようです。

理由その3
調教技術の向上

調教技術が向上し、仕上がりのタイミングが早くなってきているとのこと。海外での研修や日高地方の方も社台系の育成牧場で働き、大手育成場のノウハウを学んでいらっしゃるとのことでした。

理由その4
ローレルクラブ募集馬の馬体の強さ

上記の3つの理由であれば、ローレルだけってことはないのですが、正直、他のクラブと比較しても少し早い仕上がりになっていることも事実。
その最大の理由はローレルの募集馬の健康状態。強い負荷に対しても負けない仔が多いようです。ツアーで見たときも、数年前に行ったツアーの時とは馬の雰囲気がまるっきり違いました。脚元が不安だと思った仔もいませんでした。気になるかな・・・と、思った仔がパンテーラネロだったのですが、ご存知の通り早い時期から深い砂で16-16をこなしておりながら反動も無い。気になる部分は杞憂に終わりそうです。
追加募集馬も脚部不安は無さそうですし。ツアーに行って良かったなって本当に感じます。

さて、以上の理由で好調な2歳馬たち。まだまだ募集中の馬もいっぱい居ます。ローレルクラブ会員の皆さんは勿論。ローレルクラブの会員さんで無い方もこの機会にローレルクラブに出資してみてはどうでしょうか?新規入会の際にはクラブに紹介させていただきますので、ご一報ください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年5月 3日 (土)

アステュートは更に上を!

今日のローレルベローチェは素晴らしかった。惜しかった。熱くなりました。BS11の競馬中継でレースを見ることはできましたが、グリーンチャンネルの調子がおかしく、録画がうまくいかず。。。明日のレースを前に屋根の上に登ってアンテナの再調整。。。うまくいくといいんですが・・・

明日はアステュートが出走します。

2014/05/04(日)
7R 4歳上500万下
ダ1800m / 天気: / 馬場: / 発走:13:05
1回新潟2日目 4歳上  牝[指定]定量 11頭
本賞金:670、270、170、100、67万円
1枠1番 アステュート 牝4 55㌔ 中舘

予想1
◎ 11番 アルティメイトラブ
○ 1番 アステュート
▲ 8番 ヤマガール
△ 3番 シナーラ
△ 4番 エーシンウェンディ
☆ 5番 グレートエンジェル
コメント
【順当】このメンバーならアルティメイトラブが先手主張から押し切れそう。アステュートはひと押し不足も先行粘り込みが十分狙える。ヤマガールは差し脚堅実で仕掛けが決まれば逆転可能。グレートエンジェルも展開ひとつで首位争いに加われる。流れ込みタイプのシナーラ、エーシンウェンディが穴。

予想2
◎ 1番 アステュート
○ 11番 アルティメイトラブ
▲ 5番 グレートエンジェル
△ 3番 シナーラ
△ 4番 エーシンウェンディ
△ 8番 ヤマガール

調教
2014/04/30(水)
栗坂 重 助手 56.0-41.4-27.5-14.3 一杯
実戦向き 評価C

クラブからのコメント
追い切りの動きは上々で、力を出せる状態に仕上がっています。気性的に休み明けはプラスで、上位争いを期待します。

河内調教師のコメント『相変わらず元気が良いなぁ。どうしても馬場入りの時にテンションが上がってしまうね。今日は馬場が悪かったし、時計はこんなもんだろう。動きはまずまず良かったんじゃないかな。使い込むと良くないタイプだし、良いところを見せてほしいね』

★★★ユニオン愛馬に頑張ってもらいたい。。。本当にそう思います。アステュートも1歳時に北海道にて実際に見て、気に入った馬。頑張ってもらいましょう!!
調教はあまり良くないですね。元々坂路で好時計を出すタイプではありませんし、はじめが速く、終いが甘くなるタイプですので、いつも通かもしれませんけど。。。それでもやっぱり時計がかかり過ぎかな?少々不安です。
休み明けは苦にしないタイプですが、遠征が心配。GWですので、平常よりもやや時間がかかりそうですし、アステュートへの負担が心配です。
前向きな気性が仇となることの多いアステュートには1番枠は良いと思います。この枠ですと中舘騎手は更にプラスとなると思われます。今まで中舘騎手とはあまり相性が良くありませんでしたが、ここは素晴らしい答えを出してくれそうな気がします。
相手ではなく、アステュートがどんな状態でレースに出られるか。それにかかっていると思います。
相手関係は・・・このレースの勝者は①アステュートか⑪アルティメイトラブしか居ないでしょう。ヒモで④エーシンウェンディ、⑤グレートエンジェル、⑧ヤマガールか。
メンバー的にも恵まれたこの1戦。再編成前にここでしっかり勝ち上がってもらいたいところです。
ユニオン存続のためにも頑張れアステュート!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 2日 (金)

ローレルベローチェ昇級戦

5月は昨日も愛馬が出走し、明日から毎週出走予定がある楽しみな1ヶ月。ローレルベローチェにアルボランシーの仇を取ってもらいましょう。

頼むぞ!ローレルベローチェ!!

2014/05/03(土)
5R 3歳500万下
ダ1200m / 天気: / 馬場: / 発走:12:25
3回京都3日目 3歳  [指定] 16頭
本賞金:720、290、180、110、72万円
6枠11番 ローレルベローチェ 牡3 56㌔ 藤田

調教
2014/04/30(水)
栗坂 重 助手 57.1-41.9-27.4-13.4 一杯
出来安定 評価B

クラブからのコメント
佐々木助手のコメント『いつも走路では前の馬が見えていると追い掛けてガーッと行ってしまうのですけど、今回は同じシチュエーションでも抑えが利いて、自分のペースで走ることができました。精神的に少しずつ成長してくれたら良いですね』

★★★今日は新聞を買う余裕が無く、情報が少ないですけど、頑張って書こうと思います。
ローレルベローチェ・・・人気なさそうですね。一番人気になりそうなのが2走前にローレルベローチェを差し切り勝ち上がり、前走は500万下戦を2着の⑭デンコウヒノマル。2走前の中京未勝利戦は先行馬には厳しい展開であり、3着に残ったローレルベローチェは立派。勝ち馬の⑭デンコウヒノマルとそんなに差があるとは思えない。やや贔屓目かもしれないがローレルベローチェの方が力があるのではないかと思っています。
調教は、昼の時点では評価Cでコメントは『前走並み』だったのですが、どのタイミングで評価Bになったのか分かりませんが、他馬と比較しても上出来だと思っています。佐々木さんのコメントは慎重というか弱気というか。。。あまり羽振りの良いフレーズは出てきませんが、そういうときの方が楽しみかも。。。
枠番はいいところだと思います。やや外目から内に1頭入れて2番手から3番手くらいで直線に入り、前の馬を競り落とす。。。そんなレースを期待しています。
強そうなのは⑭デンコウヒノマル、⑫ジャコカッテ、⑩ディアゴッホ、①トリックデックあたりでしょうか。。。フルゲートでありメンバーも揃った感じです。
明日の京都6R3歳500万下芝1200㍍と土曜日新潟10Rゆきつばき賞3歳500万下芝1200㍍の方がメンバー的に恵まれている感じ。。。その辺が飯田雄先生っぽいっていうか。。。もう少しいろいろ見てくれても良かったかな。。。しかし、このダート戦でもローレルベローチェがダメだとは思っていません。そういえば先週の佐々木助手のコメントに『ここ2走のメンバーは弱いとの下馬評でしたけど、前走の2着と3着は4馬身離れていますし、前々走の相手のその後を調べてみたら言われたほど弱くないですよ。暖かくなってきたこともあり、冬毛がボロボロ抜け出していますから、体調はまだ上昇しそうです。まだいらない動作が多すぎるので、無駄なことを少なくすればもっと走れると思います』というものがありました。
ローレルベローチェは弱くない!という強い気持ちが伝わってきます。
飯田雄先生や佐々木助手の期待に応えていただきたいですね。
鞍上も手の合う藤田騎手。悪い乗り方はしないと思います。力を出し切ってくれることでしょう。
ただ、京都は原因不明の大敗をした競馬場。なにか苦手な要素があると困りますけど、多分大丈夫でしょう。
基本、どこをとってもマイナス要素が少ないローレルベローチェ。人気薄からの勝ち負けを期待したいと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年5月 1日 (木)

ユニオン13年産駒発表

今日はアルボランシーが浦和で走りましたが負けてしまいました。映像も見ましたが、スタートで失敗しましたね。枠も悪かったかな。また、交流戦を狙うようですので、頑張ってもらいましょう。

ゴールデンウィークはクラブ情報も無くなりますが、代わりに僕が。。。直接聞いた情報もありますので、休日は『Mスポ』でお楽しみください。

今日はユニオンから。

ユニオン13年産世代のラインナップがHPで発表されました。

先行募集馬2頭と新規募集馬44頭の合計46頭。

ユニオンは現4歳世代に2頭、3歳世代は1頭、2歳世代は現在のところゼロ頭。4歳世代はローレルよりもユニオンがメインとなる出資額だったワケですけど、最近ユニオンでの楽しみが少ないんですよね。。。2歳世代もまだ迷っているんですけども、出資しないかも。そして、13年産世代に出資しないことになると・・・ユニオンから退会の可能性も出てきちゃうんですよね。。。ユニオンやっていて楽しい!ってところがもっとあるといいんですけどね。

ということで、13年産世代を真剣に検討したいと思っています。

気になっているのは
ローレルゲレイロ×スキャニングジョイ
ハービンジャー×クーファセクメト
マンハッタンカフェ×エアラホーヤ
ジャングルポケット×セクシーココナッツ
ザール×ラッシュウインド
ヴァーミリアン×フィリグリーレース

あたりですかね。

血統と提供先だけでコメントしている状態ですが、写真と提供牧場からの売り込みコメントを見て再度決めることになると思いますが、カタログ到着が楽しみです。

皆さんはどの募集馬に期待をされましたか?

2歳馬、1歳馬に関わらず知っていることがあれば教えてください。

ユニオンでの楽しみ方を模索中です!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »