« アルボランシー船橋へ | トップページ | アステュート緊急帰厩 »

2014年6月18日 (水)

リーディングサイア2014②

今日はアルボランシーが出走しました。レース映像は見られませんでしたが結果は。。。8着。まぁ、こんなものでしょう。アイティテイオーにも負けてしまいました(涙)次走に期待しましょう。

1 スニッツェル
2 ダイワメジャー
3 ディープインパクト
4 ショウナンカンプ
4 チチカステナンゴ
6 ゴールドアリュール
7 キングヘイロー
7 クロフネ
7 ストーミングホーム
7 ヨハネスブルグ
11 バゴ
12 メイショウボーラー
13 フレンチデピュティ
14 ハーツクライ
15 キンシャサノキセキ
15 コンデュイット
17 カネヒキリ
17 グラスワンダー
17 スクワートルスクワート
17 ファルブラヴ

今週から函館も始まり3場開催。新馬戦も一気に増えました。2週目を終えての2014年度リーディングサイヤー(サラ系2歳)のデータです。先週のトップであるチチカステナンゴが4位に後退。ディープインパクトやダイワメジャーといった、常連組が急上昇してきました。

今週の注目は1位に躍り出たスニッツェルと4位をキープしたショウナンカンプです。

スニッツェルは土曜日にテイケイラピッドが芝1400㍍を、日曜日にはレオパルディナが芝1200㍍をそれぞれ阪神競馬場で勝利。2頭出走で2勝。素晴らしい再スタートを切りました。
2007年にシャトル供用された2008年産駒がプチブレイク。ローレルアクシスの半妹ルリニガナの活躍も記憶に新しいところ。この活躍が認められ2011年に2度目のシャトル供用で日本へ。その時の産駒が今年デビュー。今年デビュー予定の産駒は56頭を数えます。08年産駒たちも芝短距離を中心に活躍していましたが、今年デビューの仔たちも同じ能力を持っているようです。
オーストラリアではリーディングサイアを獲得。オセアニア活躍種牡馬は日本ではイマイチなんですが、この馬は違うようです。
先日特集したハービンジャーと同じデインヒル系。父もハービンジャーはダンシリに対して、スニッツェルの父はリダウスチョイス。父も適性(まだ不確定要素は多いですが)も違いますが、同じデインヒル系の活躍は嬉しい限りです。スニッツェルは今後の活躍次第では3回目のシャトルがあるかもしれませんね。
そして、ショウナンカンプ。先週はノーブルルージュが芝1400㍍で優勝。今週はオメガタックスマンが芝1200㍍で前述のレオパルディナの2着。2頭出走しオール連対。因みにショウナンカンプ産駒も阪神で活躍。。。ショウナンカンプはその父サクラバクシンオーが亡くなってから急に覚醒。11年産駒から重賞戦線を賑わすショウナンアチーヴとショウナンワダチが活躍。05年産駒のショウナンカザンの活躍以来の輝きを見せています。
今年は冠名ショウナンではない仔たちが活躍。父サクラバクシンオーの後継馬として頑張る意欲が出てきたのでしょうか?
ローレルベローチェもサクラバクシンオーの後継馬としてスタッドインできるように期待したいところ。

メジャー種牡馬に混じって、健闘する2頭の種牡馬。。。今後も注目していこうと思います。

ショウナンカンプ産駒は募集されたらちょっと注目してみようと思います。。。

|

« アルボランシー船橋へ | トップページ | アステュート緊急帰厩 »

コメント

サクラユタカオー、バクシンオーと続く
日高の血脈ぜひ残して欲しいですね。
ショウナンカンプは本当に覚醒しましたね

投稿: ヤマト | 2014年6月19日 (木) 23時46分

>ヤマトさん

そうなんです。ショウナンカンプのような土着血統は応援したくなるしそこから活躍馬が出ることは夢があります。
ローレルやユニオンでも募集されないかな?

投稿: まひ3 | 2014年6月20日 (金) 01時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163964/59838362

この記事へのトラックバック一覧です: リーディングサイア2014②:

« アルボランシー船橋へ | トップページ | アステュート緊急帰厩 »