« クラブを引っ張る両輪 | トップページ | ユニオン第一次受付中 »

2014年6月25日 (水)

リーディングサイヤー2014③

1 ディープインパクト 7 2
2 ダイワメジャー 7 2
3 ゴールドアリュール 6 2
4 スニッツェル 3 2
5 クロフネ 3 1
5 ショウナンカンプ 2 1
5 チチカステナンゴ 2 1
8 サムライハート 4 1
8 ストーミングホーム 5 1
8 マイネルラヴ 4 1
11 ファルブラヴ 6 0
12 Makfi 1 1
12 アサクサデンエン 1 1
12 キングヘイロー 1 1
12 キンシャサノキセキ 8 0
12 ヨハネスブルグ 3 1
17 マルカシェンク 3 1
18 カネヒキリ 6 0
18 バゴ 4 0
20 マツリダゴッホ 4 0
41 キングカメハメハ 5 0

左の数字は順位。馬名の右の数字は出走頭数と勝利数。

年間のリーディングサイヤーにあまり出てこないメンバーが出てきたりするのでちょっと面白くて追いかけていた2014年度リーディングサイヤー(サラ系2歳)ですが、鞍数が多くなれば層の厚さもあり、ディープインパクトダイワメジャーなど常連さんが上位に名を連ねるようになっちゃいます。
ということで、これからはこのコーナーも不定期になっていくかと思いますけど、今日はちょっとしたニュースが3つほど。

まずはパンテーラネロの父であり、本年度から産駒がデビューしたマルカシェンク産駒がJRA初勝利を記録しました。勝ったのはリバークルーズ。未勝利戦での勝利。おめでとうございます。パンテーラネロが狙っていたマルカシェンク産駒初勝利の座は奪われましたが、初の新馬勝ちや初重賞勝ちなど、まだまだいろいろと狙える肩書きがありますので、頑張ってもらいましょう。
このマルカシェンクですが、3頭がデビュー。勝った上記の産駒以外にもフォースターもデビュー戦で掲示板に残るなど、なかなかの頑張りを見せています。

そして、種牡馬失格の烙印を押されたアサクサデンエンの産駒がこの時期に勝ち上がり。ちょっと注目したいですね。初年度産駒の期待馬ローレルレントラーに出資しましたが、思うように使えず、現在は地方競馬で走っております。初年度産駒は全く鳴かず飛ばずで期待を裏切りましたが、ここに来てちょっとずつ頑張り始めています。来年には半弟のヴィクトワールピサの産駒もデビューします。弟の存在が兄の血に活力を与えたかもしれません。アサクサデンエン自身も種牡馬復活しないかなぁ~。

最後は今年デビュー種牡馬のキンシャサノキセキカネヒキリ。。。スティンライクビーローレルベルカントの父ですが、勝ってはいないものの出走頭数がかなり多くいます。それぞれ入着馬も出ております。今年のクラシックをイスラボニータブレイクしたフジキセキ系。今後の活躍にも注目しましょう。

ということで、僕の愛馬関係血統も頑張っています。突然ブレイクする種牡馬を常に見つけているのですがね。。。

|

« クラブを引っ張る両輪 | トップページ | ユニオン第一次受付中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163964/59877341

この記事へのトラックバック一覧です: リーディングサイヤー2014③:

« クラブを引っ張る両輪 | トップページ | ユニオン第一次受付中 »