« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月30日 (月)

定例反省会6月

6月・・・あっという間に終わりました。競馬的にも自分の生活的にも。。。忙しかったし、競馬の時間もあまりなく。まぁ、僕としてはそんな季節です。あと少しで大きな仕事もひと段落。頑張っていきましょう。
それでは、定例反省会スタートです。

①年間出走数・・・66戦
今月の出走数は僅か2戦。上半期の出走数が41戦。今月は今まで頑張ってきた愛馬たちの休憩の1ヶ月でした。7月からの出走に期待です。

②3歳馬全馬勝ち上がり
今月は3歳馬もみんな休養。7月8月が勝負。ローレルゼフィーロは7月から出走。ヴォルカヌスは8月から出走の見込み。

③年間勝利数・・・10勝
今月は2戦未勝利
(0・0・0・0・1・1)

④特別戦勝利
アルボランシーが地方交流特別出走も不発。。。

⑧口取り
一度も競馬場に行かず。。。。

⑨馬券でプラス
今月は馬券も殆ど買わず。。。マイナスですけど。。

⑩体重を65㌔維持
体調不良効果で痩せました。もう少し痩せたい。。

⑪牧場見学・競馬場観戦を合わせて10回以上
7月は後半に行けるかも。でも、8月に入ってからになるかも。競馬場は・・・ちょっと無理かな?せっかく中京もあるのに(涙)

⑫愛馬のレースをその日のうちに必ず見る
完璧!

⑬愛馬の名前を付ける
追加募集馬には自分の応募した名前はつきませんでした。

⑭仕事の愚痴を言わない
疲れているけど頑張っています!

まぁ、ちょっと薄味な1ヶ月でしたね。7月は2歳馬の出走もありそうですし、有力馬も続々帰厩。楽しみな1ヶ月になりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月29日 (日)

140629ローレル愛馬情報

続きましては、ローレル愛馬情報といきます。最近は、自分も忙しく情報収集を怠っておりまして、クラブからの公式情報しか、自分にもありません。そろそろ、忙しい時間の合間を縫って情報収集しますかね。。。
やってみますので、期待していてください!!

とりあえず今日はノーマルな感じで。

アルボランシー6歳牝
ロックオブジブラルタル×フィーユドゥレーヴ
2014/06/25(水)
ヤナガワステーブル
レース後の上がりの状態に特に変わりないものの、茨城県のヤナガワステーブルへ放牧に出ました。
和田(雄)師のコメント『気分転換のための放牧ですから、検疫次第では今週末にも帰厩させる予定です。次は福島競馬のダート1700を予定したいと思います』
★★★スーパー短期放牧。もう戻ってるのかな?でも、タフですね。もしかしたら全力を出していないのかも。福島ダートならチャンスあると思うんだけどな。。。レース前半で置いてかれ過ぎないようにしたいところ。

ローレルブレット5歳牡
サムライハート×タッソーニー
2014/06/27(金)
宇治田原優駿S→栗東トレセン
7月19日(土)中京11R・マレーシアカップ・3歳以上1600万下・芝2000mに出走を予定しています。
この中間は屋外ウッドコース2400mと坂路1本を15-15のキャンター調教を行なっており、7月3日(木)の検疫を経て栗東トレセン・今野厩舎へ帰厩予定です。
今野師のコメント『順調に乗れている様ですし、来週戻せばちょうど良いと思います。今後のレース選択に幅を持たせる意味もあり、次は2000を使ってみます』
★★★19日出走かぁ~。。。中京に行きたいなぁ~でも、絶対に行けないんだよなぁ~19日は朝から土砂降りか、1週間前の13日に県下全般に大雨で外が使えない状態になれば、行けるけど。。。雨降ってもローレルブレットにはデメリットだしなぁ~。順調であることは何より。嬉しいですね。

アメージングムーン4歳牝
アドマイヤムーン×ビッグテンビー
2014/06/27(金)
信楽牧場
引き続き屋外ダートコース3000mを20秒ペースのキャンター調教をなっています。
信楽牧場場長のコメント『調教中にうるさい面を見せる時がありますし、鞍がキ甲に当たると身体をよじって気にする事もありますけど、普段はとても大人しくて素直な馬です』
★★★まだまだ子どもなのか扱い難そうな感じですね。力はあるんですけどね。なかなかうまくいきません。本当にもう、カウントダウンが聞こえそうですから。

ファインスカイ4歳牝
アグネスタキオン×アサカフジ
2014/06/27(金)
グリーンウッド
引き続きウォーキングマシン運動を行なっています。
グリーンウッド厩舎長『背腰の痛みがキツく、ちょっと触られるのも嫌がります。痛みのせいもあってか飼葉の食いももうひとつですので、まずは治療を優先しています』
★★★結構傷みが激しいみたいですね。復帰戦を楽しみにしていましたが、ちょっと時間がかかりそうですね。ゆっくりじっくりやってもらいましょう。


ローレルストーム3歳牡
ゼンノロブロイ×ローレルデフィー
2014/06/27(金)
大山ヒルズ
この中間は軽めの騎乗運動を行なっています。
大山ヒルズゼネラルマネージャーのコメント『トモについては色々と検査もしてみましたが、特に問題は見つからず、疲労の蓄積が原因だった様です。一時はあまりにも踏ん張れないので腰フラにでもなったかと思ったぐらいでしたから、まずは一安心ですが、しばらくは楽をさせてあげましょう』
★★★こちらも時間がかかりそう。短期放牧を考えていたんですけどね。能力を下げることなくしっかりと調整がされればいいかな。

ローレルベローチェ3歳牡
サクラバクシンオー×ヘイローフジ
2014/06/27(金)
イクタトレーニングファーム
引き続き屋外ダートコース2400mと坂路1本を15-15のキャンター調教を行っています。
イクタトレーニングファーム場長のコメント『休養中の身体付きとしてはスッキリした感じですが、飼葉食いの問題はありませんし、男馬ですからね。速い所の本数を重ねて筋肉の張りが増してくればドッシリ感も出てくると思います』
★★★そんなに時間はかからないかな?とは思っているものの、なかなか戻りそうなプランも浮上しません。最新の写真ですと、目の周りが黒いんですよね。。。栗毛だと目立つのですが、夏に弱いのかも。。。来年のサマースプリントシリーズを狙っているのに。。。

ローレルゼフィーロ3歳牡
ゼンノロブロイ×オータムブリーズ
2014/06/26(木)
栗東トレセン
6月21日(土)の検疫を経て、栗東トレセン・安田厩舎へ帰厩。
助手・6月25日(水)栗坂良1回・4F55.7-40.5-25.8-13.1(馬なり余力)
山下助手のコメント『大人しかった馬がうるさくなってきました。良い様に取れば、気が入ってきたと言えるかも知れませんね。これまでの競馬内容では新馬の芝2000が一番良かったと思いますし、この時期のメンバーなら何とかなりそうな気はしますけどね』
★★★いい時計が出ました。この馬は、馬なりは気持ちよく走るのですが、一杯で追うと時計がそれほど出ません。今回は馬なりでの計時。一杯に追った時に良い時計が出るようであれば楽しみですね。期待しちゃっていいですかね?

ムーンエクスプレス2歳牝
アドマイヤムーン×アモーレペガサス
金曜日に書いたとおり

スティンライクビー2歳牡
キンシャサノキセキ×モーディッシュ
2014/06/27(金)
ブルーステーブル
引き続きウォーキングマシン運動を行なっています。
ブルーステーブル社長のコメント『しばらく治療が続いたから身体を触られるのを嫌がる様な素振りを見せる事はあるけど、朝晩のマシン運動中の動きはだいぶ良くなっています。そろそろ騎乗を再開してみても良い頃ですね』
★★★良くなってきているようですが、慎重ですね。まぁ、先のある若駒ですから慎重にゆっくりでいいんですけどね。まだまだ時間がかかりそうですね。

グランジゲレイロ2歳牡
ローレルゲレイロ×エルトベーレ
2014/06/24(火)
ファンタストクラブ
引き続き舎飼いで静養させています。
ファンタストクラブスタッフのコメント『右後肢球節の手術痕は縫合していましたが、抜糸を済ませ、もう包帯を巻く必要もなくなりました。除去した種子骨の骨片が大きかったので、患部を見ただけで骨が欠けていると判りますね』
★★★どれだけ大きい骨片だったのでしょうか?能力に影響がなければいいんですけどね。。。大丈夫だと期待しましょう。

ラームリュンヌ2歳牝
ブライアンズタイム×プリティジョディー
2014/06/24(火)
宇治田原優駿S
引き続き屋外ウッドコース2400mと坂路1本を15-15のキャンター調教を行なっています。
宇治田原優駿ステーブルマネージャーコメント『馬体的にはもうワンパンチといった所ですけど、入場当初は物足りなかったトモに力が付いてきた事で、全体の動きにだいぶ勢いが出てきました』
★★★やっといい感じのコメントが出てきました。小倉に間に合うのか?

パンテーラネロ2歳牡
マルカシェンク×ロッソペーガゾ
2014/06/24(火)
グリーンウッド
引き続きポリトラックコース3000mと坂路1本を17秒ペースのキャンター調教を行なっています。尚、本馬の父マルカシェンク産駒のリバークルーズ号が6月21日・東京1R・2歳未勝利で優勝しました。
高橋(忠)師のコメント『まだトモに緩さを残している状態なので、右前肢を前に投げ出す様子があります。急に改善される事ではないので、調教を強化し競馬を使いながら成長するものだと思いますけど、トレセンに入ったらそうもじっくりできないので、あと少しだけ牧場でベースを作って入厩させたいと思います』
★★★宮崎からグリーンウッドに来たときの大きな期待からちょっと薄まっちゃった感じの最近。。。ダメではないと思いますが、ちょっとシラケ気味。。。復権期待。

マザーアース2歳牝
ディープインパクト×ブルーオアシス
2014/06/24(火)
シュウジデイファーム
この中間はBTC内の屋外ダートコース2400mを20秒ペースの調教を行なっています。尚、本馬の父ディープインパクト産駒のテンダリーヴォイス号が6月22日・東京5R・2歳新馬で優勝しました。
シュウジデイファームスタッフのコメント『今はこの仔が自らで動いていく様な調教が出来ていない状態なので、調教ペースを落として心身の成長を待ちたいと思います。気持ちが乗らないのに無理をさせても良い事はないからね』
★★★なんかなぁ~。。。ネガティブコメントが並ぶ最近の情報。締め切り後のネガティブコメントではないので、騙された感はありませんが、ちょっと心配です。そのへんもしっかり取材したいと思います。

ということで、多くなったなぁ~。。。ローレル愛馬。
2歳馬がちょっと勢い不足。心配ではあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月28日 (土)

140628ユニオン愛馬情報

投稿が遅れていますが、今日はユニオン愛馬情報です。

アステュート4歳牝
アグネスタキオン×オブザーヴァント
2014/06/22(日)
栗東トレセン
栗坂重  55.3 41.4 27.9 14.3 馬なり余力
2014/06/25(水)
栗東トレセン
角馬場(軽めの調整)
岩崎翼騎手騎乗。明日、追い切る。
今のところ、7/20中京(日)ダ1800・牝への出走が目標。
河内調教師のコメント『牧場では500kgくらいまで増えていたけど、輸送もあって480kg台まで減っている。でも、飼い葉はしっかり食べているから大丈夫だろう。それに、今のところ大分落ち着いている。以前ほど馬場入りの時にガツンと行かなくなっているね。これから追い切って、テンションが上がらなければ良いが』
2014/06/26(木)
栗東トレセン
栗坂良  53.5 38.4 24.9 12.4 末強目追う
坂路で単走の追い切り。岩崎翼騎手騎乗。
テンはやや行きたがる素振りを見せたが、すぐに落ち着き道中の折り合いはスムーズ。以前のように掛かり気味になることはなかった。最後も軽く促した程度でスッと脚を伸ばしてゴール。今までは上がりを要することが多かったが、ラスト1Fを12秒台でまとめてきたことは好印象。また、飼い喰いが良く、本日の計測で鞍を着けて498kgと増えてきたのは良い傾向だ。徐々に負荷を強め、出走態勢を整えていく。
岩崎翼騎手のコメント『前よりも落ち着いていますね。13秒を切っていたように、時計も速かったと思います。それに、トモがパンと張ってきましたし、馬体も良くなっていますよ。休ませたことが良かったみたいですね』
★★★調教も前半がしっかりセーブされ、後半に時計が出せる、この馬にとって理想的な追い切りとなりました。体重も変動がないことが何より。しかし、出走が7/20。あと、3週間もある。。。長い。。。その間、この状態をキープできればベストですが、どこかでテンションが上がってこないだろうか。。。まぁ、先生を信じて出走の日を待つしかないのだが。
今のところは、素晴らしい状態です。

ワイルドアンセム4歳牡
ワイルドラッシュ×コスモリバー
2014/06/24(火)
島上牧場
引き続き、ウォーキングマシーン運動を90分間行っている。右前の球節にはまだ若干熱感は残るが、徐々に良化傾向。大分浮腫みがなくなってきて、すっきりと映るようになってきた。担当者も「ようやく、休ませて治療してきたことが回復に繋がってきました。もうちょっとですね」とひと安心といったところだ。もうしばらくは水冷とレーザー治療でケアしながら経過を観察していく予定。
★★★ちょっと良化したような話ですが、そんなに期待できない状態なんだろうな。。。って思ってしまいます。
ワイルドアンセムの障害戦を早く見てみたい気持ちはあるのですが、本馬がそれを許してくれません。早く良くなってほしいな。

ヴォルカヌス3歳牡
スウェプトオーヴァーボード×イフリータ
2014/06/24(火)
山岡トレーニングセンター
更に一段階調教を強め、坂路でハッキングを1本と普通キャンターを2本乗っている。ここまですこぶる順調。元気一杯に走っており、脚元にも一切問題は出ていない。なお、昨日は大橋調教師が来場。「この感じなら、思っていたよりも早く使えるかもしれない。来週中に1本15-15を乗ってみて、問題なければ早めにトレセンに戻すことも考えたい」と話されていた。今後の調整過程にもよるが7月中に帰厩する可能性もある。
★★★経過良好。この馬は想定を上回る回復を見せています。元気がいいことは可愛がられますし、期待されるし、いいこと尽くめ。大橋先生も楽しみにしていることでしょう。今の先生の話や牧場の雰囲気からすると、復帰戦即勝負でいけそうな気もします。人気はあまり背負わないタイプですので馬券的にも楽しみ。。。なんて、相当先の話を今書いていますけど(笑)
小倉での出走&勝利を期待しています。

とりあえず、土曜日分の更新完了。
まだまだ頑張りますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月27日 (金)

ムーンエクスプレス初追い切り

今日はちょっと時間がありません。スイマセン。ということで、期待のムーンエクスプレスについてのみ書かせていただきます。

ムーンエクスプレス牝2歳
アドマイヤムーン×アモーレペガサス
2014/06/26(木)
7月19日(土)中京5R・2歳新馬・芝1200mに出走を予定しています。
見習・6月22日(日)栗坂重1回・4F60.1-44.8-29.4-14.5(馬なり余力)
助手・6月25日(水)栗坂良1回・4F53.4-39.3-26.1-13.4(一杯に追う)
ティーエスナイン(新馬)一杯を0.1秒追走0.2秒遅れ
中渕厩務員のコメント『初めてテンからビシッとやったにしては合格点のタイム。スタミナ面はまだ少し足りない気がするけど、良いスピードがありそうだから、芝の短距離が理想かな』

★★★先週は鈴木孝志先生から『思っていた様にスピードを持った馬です』と、コメントがありましたが、僕の中で『思っていた“以上に”様にスピードを持った馬です』と勘違いしてしまいました。ということで、少し文章も変になってしまいました。自分の中で期待が大き過ぎるのでしょう(笑)

今日の時計もいいのではないでしょうか?
十分というか、相当良い様に思うのは僕だけ?
因みに今日の坂路4Fの時計上位馬です。

レッドソロモン   52.5-38.0-24.4-12.1
クールホタルビ   52.8-37.7-24.7-12.5
ティルナノーグ   52.9-38.5-24.8-12.2
ウインアーマー   53.0-38.5-25.0-12.5
ジャストドゥイング 53.2-38.3-25.0-12.7
ティーエスナイン  53.3-39.2-26.0-13.2
ヤマカツライデン  53.3-39.1-25.4-12.6
スズカプレスト   53.3-39.3-26.0-13.0
タマモイヤリング  53.3-38.5-25.0-12.8
ムーンエクスプレス 53.4-39.3-26.1-13.4

この日の10番時計。最初の追い切りだったら期待していいと思うけどな。

最後の1Fに時計がかかったのは中渕厩務員の言うとおり、スタミナ面でしょう。これからちょっと追い切ればすぐに解消されることでしょう。
とにかく期待しちゃうなぁ~。。。ムーンエクスプレス

ということで今日はおしまい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月26日 (木)

ユニオン第一次受付中

14.06.23 PEGASUS2014第一次受付開始!
PEGASUS2014(1歳募集馬)の第一次受付を開始しました。第一次受付は6月27日(金)17:00までです。なお、この期間に募集口数を超えるお申込みがあった募集馬は抽選となります。

ということで、明日で13年産駒の一次募集が終了します。
本日の時点での人気上位は以下の通り。

PEGASUS2014 出資申込受付上位馬 6/26現在
1.P39 マンハッタンカフェ×エアラホーヤ 牝・抽選間近
2.P45 シンボリクリスエス×アルコセニョーラ 牡
3.P33 キングカメハメハ×ソリッドプラチナム 牝
4.P42 ハービンジャー×クーファセクメト 牡
5.P41 シンボリクリスエス×アメーリア 牡
6.P34 マンハッタンカフェ×シェアエレガンス 牝
7.P 6 ダイワメジャー×マリアージュ 牝
8.P38 ダイワメジャー×リボンストライプ 牝
9.P12 キンシャサノキセキ×カーリーエンジェル 牡
10 P31 ヴィクトワールピサ×カーニバルソング 牝

予想通りマジェスティハーツの半妹であるP39は人気に。今日の時点で抽選間近ということは明日で確実に抽選となるでしょう。
2位になっているP45アルコセニョーラ13ですが、『高い』なんて言っていましたが、よく考えればこの血統でこの価格は安いですよね。ローレルクラブのツアー後まで残っていれば検討します。でも、ちょっと無理かな?そして、4位に上昇してきたP42クーファセクメト13は超注目しています。ここまで抽選は無いと思いますが、少々不安になってきました。厩舎のこともあって絶対に満口にならないだろう。。。って思っていただけに、困りましたね。明日は度々ホームページをチェック。抽選間近のサインが出たら行くべきか。。。それとも縁が無かったと割り切ってスルーするか。。。勝手に緊張したりしています。ハービンジャー×クーファセクメトの情報をお持ちの方。。。是非お聞かせください。

ユニオン会員の皆さんは申し込みされましたか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月25日 (水)

リーディングサイヤー2014③

1 ディープインパクト 7 2
2 ダイワメジャー 7 2
3 ゴールドアリュール 6 2
4 スニッツェル 3 2
5 クロフネ 3 1
5 ショウナンカンプ 2 1
5 チチカステナンゴ 2 1
8 サムライハート 4 1
8 ストーミングホーム 5 1
8 マイネルラヴ 4 1
11 ファルブラヴ 6 0
12 Makfi 1 1
12 アサクサデンエン 1 1
12 キングヘイロー 1 1
12 キンシャサノキセキ 8 0
12 ヨハネスブルグ 3 1
17 マルカシェンク 3 1
18 カネヒキリ 6 0
18 バゴ 4 0
20 マツリダゴッホ 4 0
41 キングカメハメハ 5 0

左の数字は順位。馬名の右の数字は出走頭数と勝利数。

年間のリーディングサイヤーにあまり出てこないメンバーが出てきたりするのでちょっと面白くて追いかけていた2014年度リーディングサイヤー(サラ系2歳)ですが、鞍数が多くなれば層の厚さもあり、ディープインパクトダイワメジャーなど常連さんが上位に名を連ねるようになっちゃいます。
ということで、これからはこのコーナーも不定期になっていくかと思いますけど、今日はちょっとしたニュースが3つほど。

まずはパンテーラネロの父であり、本年度から産駒がデビューしたマルカシェンク産駒がJRA初勝利を記録しました。勝ったのはリバークルーズ。未勝利戦での勝利。おめでとうございます。パンテーラネロが狙っていたマルカシェンク産駒初勝利の座は奪われましたが、初の新馬勝ちや初重賞勝ちなど、まだまだいろいろと狙える肩書きがありますので、頑張ってもらいましょう。
このマルカシェンクですが、3頭がデビュー。勝った上記の産駒以外にもフォースターもデビュー戦で掲示板に残るなど、なかなかの頑張りを見せています。

そして、種牡馬失格の烙印を押されたアサクサデンエンの産駒がこの時期に勝ち上がり。ちょっと注目したいですね。初年度産駒の期待馬ローレルレントラーに出資しましたが、思うように使えず、現在は地方競馬で走っております。初年度産駒は全く鳴かず飛ばずで期待を裏切りましたが、ここに来てちょっとずつ頑張り始めています。来年には半弟のヴィクトワールピサの産駒もデビューします。弟の存在が兄の血に活力を与えたかもしれません。アサクサデンエン自身も種牡馬復活しないかなぁ~。

最後は今年デビュー種牡馬のキンシャサノキセキカネヒキリ。。。スティンライクビーローレルベルカントの父ですが、勝ってはいないものの出走頭数がかなり多くいます。それぞれ入着馬も出ております。今年のクラシックをイスラボニータブレイクしたフジキセキ系。今後の活躍にも注目しましょう。

ということで、僕の愛馬関係血統も頑張っています。突然ブレイクする種牡馬を常に見つけているのですがね。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月24日 (火)

クラブを引っ張る両輪

ワールドカップの真っ最中。なんだかんだ言ってサッカーを見ちゃう。結局寝不足。仕事もワールドカップで軽減されるワケではないし、、、どうすればいいんだ?

では、本題に入ります。
ローレルクラブの本年度勝利数は9勝。JRAリーディングでローレルレーシングは53位。ローレルクラブとしては好調なシーズンとなっています。9勝の内訳は以下の通り

140205ローレルシャイニー
140302ローレルボルケーノ
140308ローレルラシーム
140315ローレルストーム
140321ローレルブレット
140413ローレルベローチェ
140419ファインスカイ
140517ニナフェアリー
140608ローレルレジェンド

因みに自分の2014年勝利は

140315ローレルストーム
140321ローレルブレット
140413ローレルベローチェ
140419ファインスカイ

提供牧場で分類すると、
協和牧場3勝
川島牧場2勝
松浦牧場1勝
アラキF1勝
ヤマダS1勝
豊郷牧場1勝

ということで、協和牧場と川島牧場がクラブを引っ張っている状態です。僕個人の成績では協和牧場2勝、川島牧場2勝ですからね。。。依存しています(悪い意味ではなくて)
以前にも金脈牧場探しということで、協和特集しました。
データ的には協和牧場と川島牧場だけを買っていれば間違いないということになります。
12年産はといいますと・・・久々にこの2つの牧場提供馬を外してしまいました。現時点で、川島牧場のローレルトレゾールと協和牧場のレイオーロに出資できるチャンスはありますが、、、出資する方向には動いておりません。

さて。。。これが吉と出るのか凶と出るのか。。。

今日の時点ではクラブを引っ張っている2つの牧場の12年産駒はゆっくりとした調整であり、入厩を果たしておりません。確かにローレルストームローレルベローチェは入厩は遅くてもしっかり勝ち上がりましたし、関係ないかもしれませんけど、、、それを待つのではなく、既に入厩している各馬に活躍してもらって、クラブ全体に勢いがつくことを願っております。

『やっぱり協和牧場と川島牧場か・・・』って、あとで反省しなくてもいいように。。。まずはムーンエクスプレスに期待したい。(←結局ここに結びつけるんかい!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月23日 (月)

ユニオンセレクトツアー2014①

昨日はユニオンセレクトツアー2014でした。ペガサスセレクトツアー2014かな?このツアーに行かれた方から様子を少し聞かせていただいたりもしました。天候も良く、楽しめたということで、詳しいことについてはまた後日落ち着いたところで聞くことができるかも。。。

そして、本日はクラブHPのトップに以下の記事が出ておりました。

PEGASUS2014 セレクトツアーでの出資申込受付ランキング

1.P39 マンハッタンカフェ×エアラホーヤ 牝・関西
2.P33 キングカメハメハ×ソリッドプラチナム 牝・関西
3.P45 シンボリクリスエス×アルコセニョーラ 牡・関西
4.P 9 エンパイアメーカー×クーヴェルチュール 牝・関東
4.P41 シンボリクリスエス×アメーリア 牡・関西
6.P34 マンハッタンカフェ×シェアエレガンス 牝・関西
7.P 7 マンハッタンカフェ×ヒシバイタル 牝・関東
7.P16 バトルプラン×カチョウフウゲツ 牡・関東
9.P 6 ダイワメジャー×マリアージュ 牝・関東
10 P22 アンライバルド×リリカルヴァース 牡・関東
10 P24 ザール×ラッシュウインド 牝・関西
10 P42 ハービンジャー×クーファセクメト 牡・関西

どの馬も納得のランキング。母馬が活躍しているか兄姉が活躍しているかユニオン縁の牝系か。。。このパターンがやはり人気です。

ユニオンでは人気上位にはあまり手を出さず、穴馬を購入している傾向にあるのですが、、、今回は人気上位と僕の興味のある馬がそこそこに被っています。
そして、ユニオンは人気上位馬が好走する傾向にありますので、これはいいことかも。。。ということで、ランクインした各馬に対してそれぞれ短評を書かせていただきます。

1位エアラホーヤの2013
・・・興味はあるが即完売必至。即出資には動きませんので、多分縁がないかと。
2位ソリッドプラチナムの2013
・・・馬はいいですね。バランス良し。価格も良心的ですがこちらも早いうちに完売しそう。
3位アルコセニョーラの2013
・・・早めの購入に出るならこの馬かな。。。血統的に一番楽しみ。でも。。。ちょっと高いので僕には無理ですね。
4位クーヴェルチュールの2013
・・・基本関東なので出資しないことでしょう。それほどエンパイアメーカーっぽくない馬体に見えますけど。
5位アメーリアの2013
・・・この馬も良く見えます。村上欣哉牧場侮れず。この馬も実は興味急上昇。松永昌厩舎の当たりはこちらかも?
6位シェアエレガンスの2013
・・・こんなに人気が低いことが逆にビックリ。ベスト3に入るだろうと予想していたんですけどね。のちのちまで残っていれば。。。考えます。
7位ヒシバイタルの2013
7位カチョウフウゲツの2013
9位マリアージュの2013
10位リリカルヴァースの2013
・・・ユニオンお馴染みの一族。関東馬ですのであまり気にして見ておりませんでした。またの機会に書かせていただきます。
10位ラッシュウインドの2013
・・・父ザールということで注目の1頭。まさか、ランクインするとは思っておらず。僕も注目しております。
10位クーファセクメトの2013
・・・父のハービンジャーに注目しております。河内洋厩舎ですが一応、行く構え。今日いただいたツアーの感想では評判が良いとか。

う~ん。関西入厩予定の馬の多いこと。そして、10位で関西の2頭のランクインは予想外。早くローレルクラブのラインナップと見比べて、検討しないとな~。まぁ、ローレルクラブのラインナップの発表は夏の終わりですからね。それまでは完売しませんように。。。

ユニオンツアーで何か情報がありましたらぜひ宜しくお願い致します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年6月22日 (日)

140622ローレル愛馬情報

今日は馬券がさっぱり。どうもうまくいきません。早くいい流れを呼び戻したいところ。まずはポジティブに頑張っていこう。今日で流れを変えようと思います。

今日は金曜日に書ききれなかったローレル愛馬情報を。

ローレルブレット5歳牡
2014/06/20(金)
サムライハート×タッソーニー
宇治田原優駿Sに放牧中
この中間は屋外ウッドコース2400mと坂路1本を18秒ペースのキャンター調教を行なっています。
宇治田原優駿ステーブルマネージャーのコメント『背腰に関してはすべての治療を終えていますが、痛みや張りもなく良い状態をキープできています。ゴーサインが出ればいつでもペースアップ可能です』
★★★昨日は半弟のゼスト(父カネヒキリ)が新馬戦を2着。弟も頑張っております。一方本馬は準オープンに上がってからというもの成績がガクッと落ちてしまい、立て直しが急務。治療を終えた段階ということで、これから乗り込み。ツアーのときあたりに勝つ感じを逆算して調整してもらいましょう。

アメージングムーン4歳牝
アドマイヤムーン×ビッグテンビー
2014/06/20(金)
信楽牧場に放牧中
この中間は屋外ダートコース3000mを20秒ペースのキャンター調教をなっています。
信楽牧場場長のコメント『その後も肩やトモの動きに不安は出ていないのですが、食いがいまひとつですね。食べない訳ではないのですが遅いですし、なかなか身に付きにくい感じですので、飼葉と調教のバランスに気を付けながら進めています』
★★★この休養明けに結果が出なければ引退かも。。。ビッグテンビーの唯一の後継牝馬ですからね。無理はさせないでしょう。でも、もうひと花咲かせて繁殖牝馬としてもハクをつけないと。頑張れ。

ファインスカイ4歳牝
アグネスタキオン×アサカフジ
2014/06/20(金)
グリーンウッドに放牧中
滋賀県のグリーンウッドへ到着後はウォーキングマシン運動を行なっています。
グリーンウッド厩舎長のコメント『楽をさせている事でようやくこの馬らしさが少しずつ出てきてはいるのですが、今回はかなり疲れてしまった様です。いつもはピリピリした感じでトレセンから戻ってくるのに、しばらくクタッとしていましたからね』
★★★体重の変動が大きかったですからね。疲れもありましたか。この仔はしっかりと馬をつくって出走できればかなり上のクラスまでいきます。まずは小倉の後半に戻ってきてもらいましょうか?

ローレルストーム3歳牡
ゼンノロブロイ×ローレルデフィー
2014/06/20(金)
大山ヒルズへ放牧中
この中間は坂路1本を15-15のキャンター調教を行なっています。
大山ヒルズゼネラルマネージャーのコメント『今朝の調教では右のトモが付いて来ない感じが見受けられました。もともとトモに緩い所のある馬ではありますが、疲れが溜まってきている様ですので、一旦ペースを落として立て直しを図る事も検討しています』
★★★あらあら。。。右トモが付いて来ない感じでペースダウン。今日のユニコーンSへ出走予定だったのに。。。このままだと、レパードS出走も厳しそうですね。焦らず再調整ですね。

ローレルベローチェ3歳牡
サクラバクシンオー×ヘイローフジ
2014/06/20(金)
イクタTFへ放牧中
この中間は屋外ダートコース2400mと坂路1本を15-15のキャンター調教を行っています。
イクタトレーニングファーム場長のコメント『少し気になっていたハミ受けが最近になってかなり改善されてきました。心身のリフレッシュが上手くいったので、馬自身も気持ちよく動けているのでしょう』
★★★大分回復したようですが、帰厩への具体的プランもなさそうで、まだまだ時間がかかりそう。飯田雄三厩舎も緊急帰厩があるかもしれません。帰厩後も期待できそうですが、芝を使うのかダートを使うのか。。。気になるところ。

グランジゲレイロ2歳牡
ローレルゲレイロ×エルトベーレ
2014/06/10(火)
ファンタストクラブで静養中
引き続き舎飼いで静養させています。
ファンタストクラブスタッフのコメント『運動を行なえないので、オーバーコンディションにならない様に飼葉量を減らしています。可愛そうですが、寝藁を食べてしまわない様に馬房の敷料をチップに替えました』
2014/06/17(火)
引き続き舎飼いで静養させています。馬体重490kg 体高158cm 胸囲188cm 管囲20cm
★★★ちょっとだけ大きくなりましたね。放っておくとガツガツ食べて太り過ぎないように気を使っていただいております。早く戻らないかなぁ~。

スティンライクビー2歳牡
キンシャサノキセキ×モーディッシュ
2014/06/20(金)
ブルーステーブルへ放牧中
この中間はウォーキングマシン運動を行なっています。
ブルーステーブル社長のコメント『トレセンから出て来たばかりの時はトモに力が入らない状態だったから、股関節でも痛めたのかと心配したけど、笹鍼休養とショックウェーブで今は歩様も元通り。馬に活気も戻ってきましたよ』
★★★治療を終え復帰に向けてトレーニング開始。現在はウォーキングマシーンだけなので、まだまだかかりますね。8月には戻りたい。

ラームリュンヌ2歳牝
ブライアンズタイム×プリティジョディー
2014/06/10(火)
宇治田原優駿Sで育成中
この中間は屋外ウッドコース2400mと坂路1本を15-15のキャンター調教を行なっています。
飯田(祐)師のコメント『宇治では一番仕上がりの良い組と併せて調教しています。ここの坂路コースはトレセンの坂路よりもタフなくらいですから、まだ現段階では動きに余裕があるとは言えないですけど、それでも小倉あたりで使えそうなペースでは進んでいますよ』
★★★ちょっと時間がかかっています。飯田祐史先生は前向きなコメントが多いのですが、なかなかその通りに行きませんね。心配しているワケではないのですが、たまには先生のコメントの通りいきたいですね。

パンテーラネロ2歳牡
マルカシェンク×ロッソペーガゾ
2014/06/17(火)
グリーンウッドで育成中
引き続きポリトラックコース3000mと坂路1本を17秒ペースのキャンター調教を行なっています。
高橋義忠師のコメント『当初の予定より入厩が遅れていますが、トレセンでのメニューをスムーズに行なえるように牧場で調教は積んでいますので心配ありません』
★★★なかなか入厩できません。今週こそ!!って思っています。馬の雰囲気はいいですので入厩したあとは一気にデビューまでいくのかな?楽しみです。マルカシェンク産駒勝ち上がり第一号をリバークルーズに奪われてしまった。残念。でも、マルカシェンク産駒は最初から活躍していますね。

マザーアース2歳牝
ディープインパクト×ブルーオアシス
2014/06/17(火)
シュウジデイファームで育成中
引き続きBTC内の屋外ダートコース1200mと坂路1本を15-15の調教を行なっています。尚、本馬の父ディープインパクト産駒のディサイファ号が6月15日・東京11R・エプソムカップ(G3)で優勝しました。
シュウジデイファームスタッフのコメント『最近は左右にフラフラ走ってしまう様に、身体の成長に伴なって苦しいところが出てきている様です。現状いろいろな面で子供子供しているので、馬体と精神面の成長を待ちたいですね』
★★★最近はネガティブコメントが多く並びますが、ベタ褒めよりもこれくらいの方がいいかも。徐々に改善してもらいたいですね。でも、気性の改善が一番厄介なんですよね。『能力が足りてない』よりはいいか。。。

ということで、放牧馬、未入厩馬が多過ぎ。頑張ってトレセンでの調整にみんななりますように。。。

リンクがいっぱいついているタイプで記事を書いていますが、感想はどうですか?邪魔であるようでしたら戻します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月21日 (土)

期待の新種牡馬②

うぅ~。。。まだ、熱が下がらない。。。こんなことをグズグズ言い続けても先に進まないので今日は通院。血液検査を受けることになりました。結果は月曜日に聞きに行きます。そんでもって今日も仕事。蒸し暑くて敵いません。明日は雨予報も。。。どうも回復傾向。雨が降ればリフレッシュ休暇になるんですけどね。

さて、今日は期待の新種牡馬特集の第2弾。先日書いたハービンジャーの対抗馬的位置づけであり、日高の雄になるのか?エンパイアメーカーです。

エンパイアメーカーは日本軽種馬協会静内種馬場で繋養されているため、日高地方の期待の繁殖牝馬を中心に種付けされている。ということで、初年度産駒になるツルマルオトメ12もその中の1頭と数えられる。ユニオンには初年度産駒は募集馬に無く、2年目産駒はラインナップされているが、やはり期待の繁殖牝馬につけられている。

やはり社台グループのハービンジャーより配合相手の質はやや劣りますが、エンパイアメーカーには輸入競走馬や持ち込み馬であるフェデラリストやイジゲンなどが既に活躍しているという実績がある。そして、日本に渡ってきた後になる2012年には北米に残してきた産駒たちが活躍し、リーディングサイアを獲得という肩書も。。。余談ではあるが、この2012年北米リディングサイアですが、エンパイアメーカーだという記事と、僅差でジャイアンツコーズウェイが獲得したという記事と両方ある。実際のところはどうなんでしょう?気になるところです。

振り返ると、北米リーディングサイアで日本に来ても活躍した種牡馬はフォーティナイナーくらいで、サンダーガルチやパレスミュージックは既に後継馬も日本から姿を消している。フォーティナイナーとて、リーディングサイアを争うところまでいったワケではない。ということで、北米リーディングサイアの肩書はあまりアテにならない。まぁ、エンパイアメーカー自身も一年だけの単発リーディングサイアですしね。

前評判ではダート向きの種牡馬であるとなっているが、これは本馬が全8戦をダートで戦い、ベルモントSをはじめダートGⅠ3勝を挙げたことによるところもあると思う。産駒は北米でもダート芝共に走っているし、フェデラリストは芝中距離、イジゲンはダートという成果も出している。同じミスタープロスペクター系全般におけることで、キングカメハメハやフォーティナイナーと同じようにコース距離を選ばない万能型になると考えられる。

ツルマルオトメ12=ピアレスピンクも芝でもいける能力を備えていると思う。ユニオンの1歳募集馬オーサムチャーム12とハルワカ12はダートかな?って思うけど、クーヴェルチュール12とバリスタ12はどう出るのか?楽しみでなりません。

タフで長く活躍できる雰囲気はあるし、仕上がりも早そうなタイプ。

ローレル&ユニオンでも今後も募集されるであろうエンパイアメーカーに期待したいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年6月20日 (金)

ローレルゼフィーロ緊急帰厩

ここのところ仕事には行っていますが、時間を見つけて休養をとっているはずなのですが、一向に良くならない体調。。。歳なのかな?
身体は大切にしなければいけないけど、一応『働き盛り』と言われる年齢。甘えずに頑張らねば。

今日はローレル愛馬情報予定でしたが、体調の事もあり、在厩馬のみのレポートとさせていただきます。

まずは嬉しいニュース。

ローレルゼフィーロ3歳牡
ゼンノロブロイ×オータムブリーズ
2014/06/20(金)
明日6月21日(土)の検疫を経て、栗東トレセン・安田厩舎へ帰厩予定です。
★★★やっと帰ってきました。考えていたよりも1ヶ月遅かったです。僕の希望としては函館に行って、ローレルトルネードが出走予定の芝2600㍍を希望していたのですが。。。まぁ、どこを使ってくれても勝ってくれればいいんですけど。吉澤ステーブルWESTさんの調整がきっちりハマるといいんだけどな。。。体力はあるはず!

アルボランシー6歳牝
ロックオブジブラルタル×フィーユドゥレーヴ
2014/06/18(水)
6月18日(水)船橋10R・ファンシーサドル特別(交)D1800m・12頭立6枠8番に和田譲治55.0㎏・馬体重476㎏(+1)で出走し、タイム1分55秒8で1.4差の8着。
和田騎手のコメント『道中ずっとハミを噛んでいました。何処かでハミを外してくれたら最後も粘れたと思うのですが…。すいません』
和田(雄)師のコメント『このところ1400の距離を中心に使って来ましたからね。この距離だと掛かってしまいましたね。ブリンカーの効果も有ったと思います。ただ、今回の競馬が良い刺激になって次に繋がると思いますよ』
★★★レースは見ていません。距離慣れしていなかったようなコメント。まだまだ、使ってくれそうです。期待して待つしかないでしょう。

ムーンエクスプレス2歳牝
アドマイヤムーン×アモーレペガサス
助手・6月15日(日)栗坂良1回・4F58.9-42.7-27.6-13.7(馬なり余力)
ティーエスナイン(新馬)馬なりを0.1秒先行同入
見習・6月18日(水)栗坂稍1回・4F58.0-41.3-26.2-12.8(一杯に追う)
ティーエスビート(3歳未勝利)一杯を0.5秒先行0.2秒先着
鈴木(孝)師のコメント『終い2ハロンだけ気合いを付ける程度の追い切りでした。最初にしてはマズマズで、思っていた様にスピードを持った馬です。ただ、まだ飼い葉食いが安定せず、先週のゲート試験後や追い切り後などは食いか細くなっていましたから、その辺は注意しながら進めたいです』
★★★初めての追い切り。。。終いだけの時計ですが上々の時計。鈴木孝先生のコメントの『思っていた以上のスピード』って、どう思っていたんだろう?期待していなかったのか?それとも、大きな期待の上を行っているのか?楽しみは広がります。デビュー戦は7月19日(土)中京5R・2歳新馬・芝1200mということですが、この日は多分見に行くことができません。1週早くても1週遅くても見ることはできそうにないので、仕方ないですけど。。。近いところで走っているのに残念です。
デビュー戦を勝って、次走をじっくり決めてもらいたいなぁ~。

ということで、今日はここまで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月19日 (木)

アステュート緊急帰厩

本日は発熱してしまい、少し早く帰ってきました。連日の仕事の疲れが出たのだと思います。この記事も一度寝てから再度起きて書いているのですが、ちょっと復活。明日も仕事を頑張ろう。

今日は本当に久々の愛馬近況情報になります。

ユニオン愛馬情報はじまります。

まずは、予定外でしたが嬉しいニュース。

アステュート4歳牝
(アグネスタキオン×オブザーヴァント)
2014/06/17
山岡トレーニングセンター
引き続き、コースで軽めキャンターを3500m乗っている。現在の馬体重は504kg。数字が示すように、以前よりもかなりふっくら見せるようになってきた。相変わらず飼い葉をしっかり食べており、調教中にテンションが上がることもない。リラックスできていることで、食べたものがしっかり実になっているのだろう。もうしばらくは更なる回復を促すことを目標に調整していく予定。
担当者コメント『順調に馬体が戻ってきて、大分格好の良い馬になってきましたね。でも、まだトモのあたりに物足りないところがあるので、増やせるうちに少しでも増やしたいと思います』
2014/06/19
栗東トレセン
本日、栗東トレセン帰厩。
★★★2日前の情報ではまだまだ山岡トレセンにて乗り込まれる雰囲気でしたが、急遽入厩。流石は河内先生。。。って感じです(笑)
まぁ、今回は良い方向に転んだ話なので良かったです。現在の馬体重が504㌔。前走出走時よりも34㌔増。体重マックス時が486㌔ですので、その時よりも大幅に体重増です。さて、トレセンに戻ってどうか。。。ってところですね。木曜日帰厩ということはレースまで3週間を要することになります。もう一日早く戻せなかったものか。。。そう思ってしまいます。
でも、これだけ体重が増えたので、17日間懸けて出走させるのがちょうどいいかも。今回はコースにてテンションが上がり過ぎないように。。。いい調整ができるといいです。
ローレル勢を含め放牧馬が多いのでこの帰厩は嬉しいです。でも、6月出走はルール上無理ですからね。。。中京での走りを楽しみにしています。

ワイルドアンセム4歳牡
(ワイルドラッシュ×コスモリバー)
2014/06/17
島上牧場
引き続き、ウォーキングマシーン運動を90分間行っている。脚元は悪くはなっていないが、今ひとつすっきりとしてこない。やや良化がスローなようだ。少しでも不安が残るうちはこれ以上の負荷は掛けず、ケア中心に進めていく予定。
担当者コメント『う~ん、なかなか良くなってきませんねぇ。でも、中途半端な状態で乗っても再発したら余計に長引いてしまいますからね。小崎先生からも『無理はしないように』と指示されていますので、しっかり水冷でケアしていきます』
★★★ダートの雄になる予定でしたが、気性の問題で障害レースにチャレンジすることになったワイルドアンセム。リスタートを切る直前に屈腱周囲炎を発症。ゆっくりじっくり回復に向けてプログラムされていますが、2ヶ月が経過。。。何の進展もなく、不安を感じております。
待つしかないかな。。。

ヴォルカヌス3歳牡
(スウェプトオーヴァーボード×イフリータ)
2014/06/17
山岡トレーニングセンター
コースでダクを行ったあと、坂路で軽めキャンターを3本乗っている。現在の馬体重は460kg。全体的に余裕はあるが、この休養でひと回り成長している印象だ。少しずつ落ち着きも増しており、復帰に向けてここまで順調である。今後も様子を見ながら負荷を強めていき態勢を整えていく予定。
担当者コメント『大橋先生の指示もあって、坂路主体で進めています。膝に熱を持つこともありませんし、もう完全に治ったと思って良いでしょう。あと1ヶ月くらい乗り込んだら帰厩の目処が立ちそうですね』
★★★こちらは好調。予定を上回る回復軌道を進んでいます。小倉出走がちょっと見えてきました。見舞金を一部返上となると思いますが賞金で十分穴埋めがされることでしょう。加えて勝ち星も拾ってくれれば。。。楽しみです。

最近は、愛馬情報も少なく、競馬コラム的な文章も多かったかと思います。
やっぱり愛馬に目を向けないとね。。。

また体調を元に戻して頑張ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月18日 (水)

リーディングサイア2014②

今日はアルボランシーが出走しました。レース映像は見られませんでしたが結果は。。。8着。まぁ、こんなものでしょう。アイティテイオーにも負けてしまいました(涙)次走に期待しましょう。

1 スニッツェル
2 ダイワメジャー
3 ディープインパクト
4 ショウナンカンプ
4 チチカステナンゴ
6 ゴールドアリュール
7 キングヘイロー
7 クロフネ
7 ストーミングホーム
7 ヨハネスブルグ
11 バゴ
12 メイショウボーラー
13 フレンチデピュティ
14 ハーツクライ
15 キンシャサノキセキ
15 コンデュイット
17 カネヒキリ
17 グラスワンダー
17 スクワートルスクワート
17 ファルブラヴ

今週から函館も始まり3場開催。新馬戦も一気に増えました。2週目を終えての2014年度リーディングサイヤー(サラ系2歳)のデータです。先週のトップであるチチカステナンゴが4位に後退。ディープインパクトやダイワメジャーといった、常連組が急上昇してきました。

今週の注目は1位に躍り出たスニッツェルと4位をキープしたショウナンカンプです。

スニッツェルは土曜日にテイケイラピッドが芝1400㍍を、日曜日にはレオパルディナが芝1200㍍をそれぞれ阪神競馬場で勝利。2頭出走で2勝。素晴らしい再スタートを切りました。
2007年にシャトル供用された2008年産駒がプチブレイク。ローレルアクシスの半妹ルリニガナの活躍も記憶に新しいところ。この活躍が認められ2011年に2度目のシャトル供用で日本へ。その時の産駒が今年デビュー。今年デビュー予定の産駒は56頭を数えます。08年産駒たちも芝短距離を中心に活躍していましたが、今年デビューの仔たちも同じ能力を持っているようです。
オーストラリアではリーディングサイアを獲得。オセアニア活躍種牡馬は日本ではイマイチなんですが、この馬は違うようです。
先日特集したハービンジャーと同じデインヒル系。父もハービンジャーはダンシリに対して、スニッツェルの父はリダウスチョイス。父も適性(まだ不確定要素は多いですが)も違いますが、同じデインヒル系の活躍は嬉しい限りです。スニッツェルは今後の活躍次第では3回目のシャトルがあるかもしれませんね。
そして、ショウナンカンプ。先週はノーブルルージュが芝1400㍍で優勝。今週はオメガタックスマンが芝1200㍍で前述のレオパルディナの2着。2頭出走しオール連対。因みにショウナンカンプ産駒も阪神で活躍。。。ショウナンカンプはその父サクラバクシンオーが亡くなってから急に覚醒。11年産駒から重賞戦線を賑わすショウナンアチーヴとショウナンワダチが活躍。05年産駒のショウナンカザンの活躍以来の輝きを見せています。
今年は冠名ショウナンではない仔たちが活躍。父サクラバクシンオーの後継馬として頑張る意欲が出てきたのでしょうか?
ローレルベローチェもサクラバクシンオーの後継馬としてスタッドインできるように期待したいところ。

メジャー種牡馬に混じって、健闘する2頭の種牡馬。。。今後も注目していこうと思います。

ショウナンカンプ産駒は募集されたらちょっと注目してみようと思います。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年6月17日 (火)

アルボランシー船橋へ

明日は水曜日。平日ですが愛馬が出走します。5月は678CH南関東地方競馬チャンネルを無料視聴ができたのですが、今月はそれが無し。残念です。

アルボランシー頑張れ!

2014/06/18(水)
10R ファンシーサドル特別
ダ1800m / 天気: / 馬場: / 発走:15:40
3回船橋3日目 一般 12頭
本賞金:400、120、80、48、32万円
6枠8番 アルボランシー 牝6 55㌔ 和田譲治

予想
◎ 2番 モズブラックアイ
○ 12番 モリデンバーグ
▲ 5番 スペシャルイモン
△ 3番 メテオーラビアンカ
△ 8番 アルボランシー
☆ 11番 シンボリルルド
【三つ巴】2モズブラックアイは斤量増だが勝って同条件なら引き続き勝機。12モリデンバーグはひと押しがカギだがコース替わりと距離延長はプラスだろう。5スペシャルイモンも力量互角で叩き3走目ならチャンス大で、この三つ巴が本線だ。流れ込みタイプの11シンボリルルドが連下の筆頭。流れ込み図る8アルボランシーは3連勝式で押さえたい。

調教
2014/06/11(水)
助手・美南坂稍1回・4F55.4-40.8-27.0-14.0(末強目追う)

★★★6月は実働馬が少なく、淋しい毎日を過ごしております。
6月7日に堂々の一番人気で出走したファインスカイがまさかの5着。。。苦しい戦いを強いられております。
あすのアルボランシーが我がファミリーの6月2走目。期待をしていないワケではないのですが、トーンが上がってこない。
1800㍍を走ったことはありますが、得意な距離ではないですし、ちょっと出来落ちな感じは否めないところ。グリーンチャンネルも地方競馬中継が明日もありますが、番組は15:45から。アルボランシーが出走するファンシーサドル特別のレースのあとから中継が入るんですよね。残念。
能力的には②モズブラックアイと⑤スペシャルイモンが能力上位と見ます。アルボランシーは予想紙にも名前は出ていますがちょっと荷が重たそう。掲示板を目標にすることが現実的な目標かな。
天候はどうなんでしょう?ちょっと雨が降りそうですね。枠番はやや外目。この枠はアルボランシーにはプラスにはたらきます。
スイマセン。応援して盛り上げなければいけない立場の僕が少し冷めた文章で。。。
死んだふりで、人気が落ちたところで激走。。。それも競馬ですし、そんな結果が待っていることを期待したいと思います。

そうそう。。。ローレルストームの兄、アイティテイオーも同じレースに出走しますね。負けないように!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月16日 (月)

ユニオンのホームページリニューアル

本日、ユニオンオーナーズクラブのホームページがリニューアルされました。僕が会員になって10年になります。その間、一度もホームページのデザインは変わっておりません。

クラブ事務所に遊びに行ったことがあるのですが、ホームページはクラブスタッフさんがホームページビルダーで更新をされていました。僕がブログ中心になる前に運営していたホームページと同レベルだったということで、個人的にも『ちょっとなぁ~スタイリッシュじゃないなぁ~』と思っていました。

そして変わったホームページを見ようと、家のパソコンで閲覧しようとしたところ。。。


1406161
こんな感じに。

見ることができないんです。

掲示板等を見てもそんな苦情はありません。僕の家だけなのでしょうか?それとも、操作方法に問題があるのでしょうか?何方か教えてください。

因みに、スマホでは見られます。スマホでは見ています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年6月15日 (日)

カプリオーレせーるすとーく

【締切直前】
カプリオーレ(ウインゼフィール12)
この中間は屋外ダートコース3000mを17秒ペースのキャンター調教を行なっており、近日中の検疫を経て栗東トレセン・佐々木厩舎へ入厩予定となりましたので、6月16日(月)をもちまして募集終了とさせて戴きます。馬体重448kg 体高162cm 胸囲181cm 管囲20cm
西山牧場阿見分場長「普通に歩いているのを見ているだけでも運動神経の良さは感じ取れるけど、ちょっと動かすと手先がしなやかで本当に素軽いからね。これは動くと思うよ。良いところまで行けるんじゃないかな」

ということで、もうすぐ締め切り。。。ノーマークでした。よく見ればいい馬ですし、厩舎も良いですし、血統も良い。価格もそれほど高くない。
出資候補に挙がっても何の不思議もありません。そして、このタイミングでの入厩ですからね。。。
ただ、露出が少ない。僕も実馬を見ていませんし、情報がちょっと少ないんですよね。。。ツアーで見ていたら出資候補になっていたかもしれません。

残念ですが出資には至りませんので、ここからはローレルクラブの1番デビューへの道のりを考えようと思います。

まずはローレルクラブ。ローレルベルカントとグランジゲレイロとスティンライクビーの3頭が早期デビュー候補でしたが再調整。

入厩を果たし順調に調整されているのが以下の馬になります。

レースノワエ牡
(ファスリエフ×ダンシングナウ)
美浦:大和田厩舎
5月24日(土)入厩⇒5月30日(金)ゲート試験合格

ムーンエクスプレス牝
(アドマイヤムーン×アモーレペガサス)
栗東:鈴木孝志厩舎
5月29日(木)入厩⇒6月11日(水)ゲート試験合格

ボーベルレーヌ牝
(シンボリクリスエス×ラインレジーナ)
栗東:加用厩舎
5月31日(土)入厩

もうすぐ入厩が

パンテーラネロ牡
(マルカシェンク×ロッソペーガゾ)
栗東:高橋義忠厩舎
と上記の
カプリオーレ牝
(キングカメハメハ×ウインゼフィール)
栗東:佐々木晶三厩舎

レースノワエが先頭を走っているのですが、先週の追い切りの時計が案外。ゴーサインはまだ時間がかかりそう。
ムーンエクスプレスはゲート試験を合格し、来週から追い切られます。この結果によってはムーンエクスプレスが前に出る可能性も。ボーベルレーヌは今週のゲート試験での合格を目指します。精神的には安定しているようで、レースノワエとムーンエクスプレスがモタモタしている様だと逆転も。。。この3頭がパンテーラネロやカプリオーレにデビュー時期を抜かれるようだと。。。この世代も期待外れと言われちゃうかも。。。頑張って欲しい。

そして。。。ユニオン所属馬のデビューへの道のりも書こうと思いましたが。。。ホームページリニューアルに伴いちょっと情報を集めきれません。ということで、ユニオンファンの皆さんスイマセン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月14日 (土)

グランジゲレイロではなくスルターナ

2014/06/14(土)
5R 2歳新馬
芝1000m / 天気:曇 / 馬場:稍重 / 発走:12:10
1回函館1日目 2歳  混[指定] 14頭
本賞金:700、280、180、110、70万円
1着 スルターナ

スルターナが北海道シリーズ最初の新馬戦を1番人気の期待に応えて勝ちました。
スルターナ・・・牝2
父…キングヘイロー
母…ラヴァーズレーン
調教師…昆貢
生産者…村田牧場
そして、馬主は・・・ターフ・スポット
すなわちターファイトクラブです。

今年のターファイトクラブは大苦戦
2011年産世代最初の勝利が1ヶ月前の2014年5月18日。オールデフィートが東京未勝利戦。そして、この勝利が2014年クラブ初勝利。
翌週には所属馬が新潟メインレースを含む3勝。頑張りましたがその後また、未勝利。。。
そして、今日。。。所属馬の12年世代スルターナが勝利。一世代前の初勝利から1ヶ月足らずで2歳馬が勝ちました。おめでとうございます。

このスルターナはローレルクラブに所属していたローレルキングダムの半妹。全兄トキノフウジンは5勝しています。母の母がモガミヒメ。。。元愛馬のローレルウェルシュの母です。ローレルゲレイロやアメージングムーンもこの一族であり、日高のプレミアム一族。。。モガミヒメ一族です。
ローレルキングダムは関東所属であったため出資はしていませんでした。

この血統で昆貢厩舎であれば出資を考えていたかも。。。でも、1800万円募集か。。。ちょっと高いかも。

そして、同じ昆貢厩舎所属で函館最初の新馬戦を予定していたのがグランジゲレイロ。。。そう考えると悔しいですね。
今後、スルターナには活躍してもらいたいと思いますが、グランジゲレイロが干されませんように。。。昆先生よろしくお願いします。

ターファイトクラブの会員の皆様、そしてスルターナへ出資の皆さまおめでとうございます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年6月13日 (金)

期待の新種牡馬①

ワールドカップが開幕しました。以前はサッカーネタ一本でブログを書き上げましたが、今ではブログのアクセス数が想像を超える数になっておりまして、少しでも馬に関する記事を書かないと。。。と、ちょっとビビっております。幸いにも今日も馬に関するネタがありますので、ちょこっと馬に触れて書こうと思います。

先日、リーディングサイア2014①を書きましたが、その中に注目の種牡馬が。その名は。。。2014年に産駒がデビューする新種牡馬ハービンジャー。自身はキング・ジョージⅥ世&クイーン・エリザベスSを英ダービー馬ワークフォース、愛ダービー馬ケープブランコといった強豪を相手に2着馬に11馬身差をつけての圧勝。最高レーティングも135の驚異的な数字を獲得。世界的にはハービンジャーのように名馬であってもステイヤーとしての人気は低く、日本のように2400㍍を中心としたクラシックディスタンスで活躍する種牡馬がスポットライトを浴びるこの地へ来たのは自然な流れといえるでしょう。

安平・社台SSで種牡馬生活を開始。産駒が今年デビューする新種牡馬種付け数3強は・・・
ハービンジャー⇒211頭
ヴァ―ミリアン⇒216頭
エンパイアメーカー⇒204頭
そして、それに続くのが
カネヒキリ、キンシャサノキセキ
となります。

200頭越えの3強の中でも、配合相手の質はハービンジャーが圧倒しており、僕が知っているだけでも、シーザリオ、ダイワスカーレット、レジネッタ、コイウタ、ダンスインザムード、マイケイティーズ、ギーニョなど。。。そうそうたるメンバーであり、馬産地での期待も非常に高いようです。
日本で主流血脈となっているヘイルトゥリーズンの血を含まない血統構成も人気の理由になっていると思います。

父はデインヒル産駒のダンシリ。ダンシリ自身はマイラーでしたが、産駒はハービンジャー他、凱旋門賞勝ちのレイルリンクなどステイヤーが多いのです。
デインヒル系は世界で活躍馬を輩出するトレンド血統ですが日本では、デインヒル自身を含め、デインヒル系種牡馬はそれほど成功しておりません。その理由としてはデインヒル系の競走馬は胴体が大きく脚部への負担がどうしても大きくなり、日本の硬い馬場では長い期間活躍することができない面がありました。現在では当歳時に昼夜放牧によって脚部を鍛えることが当たり前となり、同時に馬体が大きくなり過ぎない理由のひとつになっていると思います。
ハービンジャー産駒も生産地での馬体の良さは評判であり、馬体重もそれほど気にならないものも多いと聞きます。社台グループの後押しもありこれからハービンジャーの時代が来てもおかしくありません。
今まで、デインヒル系が活躍できなかった不安点が緩和されたことも楽しみですね。
仕上がりも早そうで、芝で力を発揮しそう。長距離が中心でしょうけど、配合相手によっては短距離でも活躍できそうなスピードも兼ね備えております。ただ、自身も圧巻のGⅠレース11馬身圧勝はあるものの結局GⅠはこの1勝のみ。ピークは長くなく短期活躍型の大物種牡馬となるかも。。。

先日、ぴぐれっとさんからコメントをいただきましたが、ローレルクラブ12年産駒にはステイヤーズSを勝ちそうなステイヤー血統は残念ながら不在です。僕も、昔からステイヤーが好きで、長い距離を走れそうな馬を探して出資しておりましたが、12年産はそういう仔はいません。13年産駒から探そうと思っているワケですが、ローレルの13年産先行募集馬に長距離馬はおらず。。。追加募集馬に期待するところです。ユニオンは。。。楽しみな長距離血統馬が数頭居ます。その中には今日の主役であるハービンジャー産駒も。。。

本日、ユニオンのカタログが届きました。早速、カタログとDVDを見て、検討したいと思います。
ローレルさんも13年産駒の選定、期待していますのでよろしくお願いしますよ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年6月12日 (木)

来週はユニオンセレクトツアー

今日、ユニオンのペガサス2014のカタログが到着しているだろう。。。と、意気揚々と家に帰ったのですが。。。残念ながら届いておらず。。。明日には届くといいな。

ということで、ユニオン1歳馬には触れられませんが、今日はユニオンの話題で。。。来週はユニオンのツアーになります。3年前までは自分の専門であったラグビーに関わっていたので、秋の方が忙しく、初夏は比較的余裕がありました。ということで、何度かユニオンのツアーに行こうと計画していたのですが、なかなか日程が合わなかったんですよね。。。それからはのこじきは忙しさのピークを迎える野球に関わっているので、全く行ける気がしません。
一口馬主10年を迎えている、僕の馬主人生の中でもユニオン重視のときもあったんですよね。って言うか、『ユニオンの方が馬が良いな。。。』って、思うときもありましたからね。

と言いつつも。。。今年もローレルのツアーに行くことになりそう。既に秋の大まかな予定が分かってきました。
9月27日(土)28日(日)はどうしても外せそうにない予定が入りました。例年でいけばその前の週である9月20日(土)21日(日)でしょう。今年も是非その予定でお願いしたいところ。

ちょっとローレルに話が逸れましたが、ユニオンの今週は東西の重賞に所属馬がエントリーします。

東の重賞エプソムカップにはユニオンのエース、マジェスティハーツが出走します。マジェスティハーツはハーツクライ産駒。現在3週連続GⅠ制覇中。マジェスティハーツが勝てば4週連続重賞制覇となります。そうでなくても鞍上に横山典騎手を配し、実績も上位。文句なしに上位人気となります。

西の重賞マーメイドSにカノンが出走します。カノン。。。この馬に出資できなかったことを本当に後悔しております。。。
3年前に1歳時のカノンをヒダカファームで見ているのに。。。そのときの写真はこちら
馬は良かったです。ヒダカファームのスタッフさんも気さくな方でいろいろと見せていただきました。(ちょっと漫才みたいなスタッフトリオさんでしたけど)
カノンの兄であるインペリオーソ(父プリサイスエンド)にも出資していましたし、カノンの父フォーティナイナーズサンは好きな父で、その産駒も好きな形で生まれていたので、そこも問題なし。馬体良し。。。では何故に出資できなかったのか?まずは全然分からない崎山厩舎に所属になるという点でした。育成先、放牧先が分からなかったので、ちょっと躊躇したんですよね。現在では吉澤ステーブルWESTを使っています。吉澤ステーブルWESTは関西地区で一番しっかりやってくれると信じているイチオシ牧場。それを募集締め切り前に知っていれば。。。放牧先を知って更に後悔の念は強くなりました。
そして、もうひとつの理由は、その年にユニオン関係の牧場を回り過ぎて、既に出資馬がオーバーフローしてしまったこと。。。この年は、ワイルドアンセムとアステュートに出資。この2頭も勝ち上がっており(その後はイマイチですけど)、選択が間違っていたとは言えませんが、、、カノンまでお金が残っていなかったんですよね。
因みにローレル勢はファインスカイとアメージングムーンに出資。この2頭もそのときに見に行きました。。。やっぱり、選択ミスではないと言い切れます。
ということで、結局“縁”が無かったんですよね。。。

マーメイドSに格上挑戦するカノンですが、出走馬の殆どが条件馬。GⅢとはいえ、1000万下条件と変わらない面子。調教状態は非常に良さそうですので、ここは一発ある予感がします。ここで勝たなければどこで勝つの?って感じです。

東西の重賞に出走するユニオンの2頭。。。しっかり応援したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月11日 (水)

リーディングサイア2014①

1 チチカステナンゴ
2 ショウナンカンプ
2 ストーミングホーム
2 ダイワメジャー
5 グラスワンダー
5 バゴ
5 ファルブラヴ
8 アドマイヤムーン
8 スウェプトオーヴァーボード
8 タイキシャトル
8 ディープインパクト
8 ネオユニヴァース
13 キンシャサノキセキ
13 コンデュイット
13 サクラバクシンオー
16 アルデバラン2
16 スターリングローズ
16 ゼンノロブロイ

いきなりですが、2歳戦が始まって1週目の2014年度リーディングサイヤー(サラ系2歳)のデータです。
この18頭の産駒が中央で入着を果たし、賞金を加算しました。
1位は何と、チチカステナンゴ。2014年最初の新馬戦で①ケツァルテナンゴ②ウインバニラスカイでチチカステナンゴ産駒のワンツーフィニッシュ。1週目は4鞍の新馬戦がありましたが、最初にこの結果を出し、現在もそのままの状態をキープしています。4戦中この2頭のみの出走でこの結果ですので恐れ入ります。

その他、掲示板には上がりませんでしたが産駒が出走を果たした種牡馬がこちら。

サクラプレジデント
シンボリクリスエス
スクリーンヒーロー
ステイゴールド
スペシャルウィーク
ダンスインザダーク
ハービンジャー
フォーティナイナーズサン
プリサイスエンド
マルカシェンク
マンハッタンカフェ
リンカーン
ロッコウオロシ
ヴァーミリアン
オンファイア
クロフネ

ランキング的には同率で19位タイとなります。
我がファミリーの2歳馬と関連しているのは、8位のアドマイヤムーンとディープインパクト。現時点でのフレッシュサイア1位である13位キンシャサノキセキ。まさかのマルカシェンクもいます。名前が無いのはグランジゲレイロの父ローレルゲレイロとラームリュンヌの父ブライアンズタイムだけです。
自分の馬が出走したわけではないのですが、6頭中4頭の仔の父が載っているというのは嬉しいです。
因みに1歳上の世代になりますが現3歳馬ローレルゼフィーロとローレルストームの父ゼンノロブロイとヴォルカヌスの父スウェプトオーヴァーボードとローレルベローチェの父サクラバクシンオーはそれぞれランクインしていますからね。勢いがある軍団なのかも!

出資している2歳馬の活躍はもちろん、その父にも頑張ってもらいたいのです。

そして、リーディング8位のアドマイヤムーン産駒の愛馬ムーンエクスプレスが本日ゲート試験(2回目)を合格しました。

クラブ情報より
ムーンエクスプレス
本日のゲート試験を受験し、無事合格となりました。
助手・6月11日(水)栗E良・12.0-11.9-13.1(ゲートなり)
鈴木(孝)師「今朝は無事に合格です。来週からは少しずつ競馬に向けての時計を出して行きたいと思います」

おめでとう!予定通りの今週合格。先週の受験は練習だったということで。
そして、調教師のコメントから、合格後⇒放牧。。。といった趣旨のコメントではありません。ちょいちょいちょい。。。と、進めていけば7月6日(日)中京6R2歳新馬(牝)芝1400㍍がちょうど良い目標になるのではないでしょうか?仕上げようと思えばスーッと仕上がるのでしょうけど、あまり体重を減らしたくないですしね。

もうひとつ、2歳リーディングサイア絡みで書きたいことがあったんですが、それはまたの機会に。

ムーンエクスプレスよ。。。頑張れ!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年6月10日 (火)

ペガサス2014インスピ検討会④

僕の住んでいる地域も梅雨入りしたはずなんですが、雨は降りません。まぁ、一般的な考えからすればありがたいことなんでしょうけど、勤務形態上、雨だと早く帰れるんです。たまには雨を期待してるんですけどね。。。明日は雨予報も。。。降るかどうかは微妙な感じ。雨が多過ぎて被害を受けていらっしゃる地域の方もいらっしゃると思うので『雨降れ』なんて、安易に書いてはいけないかもしれませんけど。雨が続いている地域の方はお気をつけください。そんなことを考えれば、早く帰れるから・・・という理由の雨乞いは控えなければ。。。

話は変わりますが、今日はユニオン1歳馬について。4回目の今日は関東牡馬編です。お楽しみください。

ペガサス12
産駒の評判の良いキシャサノキセキの第2世代。母は立派ですが高齢。1800万円か。。。もう少し安くして欲しいかな?

ペガサス13
父メイショウボーラーで800万円牡馬。母との相性も良さそうな気がします。

ペガサス14
ヴァーミリアン×キンカメ牝馬。尾関厩舎も僕の中では◎。1200万円は1割くらい割高かな。。。

ペガサス15
SS系のダート部門を一手に引き受けるゴールドアリュール産駒。この父はローレルでも多く募集されます。

ペガサス16
バトルプラン×カチョウフウゲツ。。。ユニオンっぽい。800万円ならリスクも少ないですが。。。

ペガサス17
ネオユニ牡馬。1200万円はちょっとお買い得。こんなところからひょっこり大物が出てこないものか?

ペガサス18
新種牡馬ダノンシャンティ×セレーサ。1400万円は少しお高めですが、これには少し興味があります。いかにも短距離でスピードもありそう。厩舎は全くイメージが沸かず。

ペガサス19
ジャイアントレッカー牡馬で700万円。これもユニオンっぽい

ペガサス20
フレンチデピュティー×母父トウカイテイオー。母メイクデュースは応援していた馬。出資も考えていましたが見送りました。700万円なら。。。と、思ってしまう。

ペガサス21
キングカメハメハ牡馬で1300万円。母父SSの黄金配合。血統的にもGOですけどね。

ペガサス22
新種牡馬アンライバルド。日進牧場産でもあるし、1000万円はちょっと気になります。馬が良ければ。

ペガサス23
出ました。ヒダカファームらしさ爆発。ノボジャック×アムネリス。父も母もマイナー。900万円は少し高くないですか?それだけ馬がいいということかも。
ヒダカファーム産はこういう馬が走ります。

ということで、気になる馬はどれだろう?基本的には関東なので出資に至る可能性は極めて低いのですが、特筆すべき馬は。。。

1位→ペガサス23・・・ヒダカファーム魂
2位→ペガサス18・・・スピードありそう
3位→ペガサス20・・・好きな母、リーズナブル

こんなところですかね。よっぽどなことが無いと出資までは無いなぁ~。。。スイマセン消極的なコメントが並びまして。

早く馬を見たいですね。ツアーに行かれる方。もうすぐですね。是非とも情報&感想をお聞かせ願いたいと思っております。よろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 9日 (月)

勝率は高いのか?低いのか?

そろそろ一口馬主400戦目になるのでは?と思い、今までの愛馬の記録を振り返ってみました。
先週のファインスカイのレースで394戦目でした。
いっぱい走ってるなぁ~と、正直思いました。
愛馬のデビューが2004年7月18日ですからもうすぐデビュー10周年を数えることになります。
この間の成績は
394戦
1着→27回
2着→33回
3着→36回
4着→21回
5着→35回
勝率→→.069
連対率→.153
複勝率→.244
掲示板率.385

うぅ~ん。もっと悪いと思っていました。思ったよりも良かったです。
20回に1回以上勝っている自覚がないんですよね(笑)
もっと負け続けている気が。。。4回に1回も馬券に絡んでいるなんて。。。だったらもっとしっかり儲けていてもいいはずなのに。更に愛馬馬券に重点を置けばプラスに転じるのかな?

そして、2011年から連対率、複勝率、掲示板率はぐ~んとアップ。勝率は年によってまちまちなんですけどね。

因みにファインスカイのレースの前のこれを調べていたので、自信を持ってファインスカイの馬券を買っちゃったんですよね。残念だ~。

500戦のメモリアルは順当に行けば来年の暮れくらいになりそうです。それまでに勝率1割に乗らないかな・・・あと、106戦23勝。。。逆にあと1年半で23勝。。。10年で27勝しかしていないのに?ちょっと難しい計算ですが、一応それもひとつの目標にしたいと思います。

皆さんは勝率としてはどれくらいですか?

ユニオン(netkeiba調べ)
累計
12284戦
1着→814回
2着→846回
3着→945回
着外→9679回
勝率→→.066
連対率→.135
複勝率→.212

過去3年
2014年
勝率→→.046
連対率→.128
複勝率→.215
2013年
勝率→→.061
連対率→.131
複勝率→.205
2012年
勝率→→.057
連対率→.122
複勝率→.198

ローレル(netkeiba調べ)
累計
3166戦
1着→208回
2着→225回
3着→229回
着外→2513回
勝率→→.066
連対率→.137
複勝率→.206

過去3年
2014年
勝率→→.082
連対率→.186
複勝率→.299
2013年
勝率→→.049
連対率→.118
複勝率→.177
2012年
勝率→→.059
連対率→.166
複勝率→.260

社台レースホース
累計
勝率→→.115
連対率→.221
複勝率→.317

サンデーレーシング
累計
勝率→→.112
連対率→.209
複勝率→.296

キャロットファーム
累計
勝率→→.103
連対率→.186
複勝率→.266

東京R
累計
勝率→→.093
連対率→.190
複勝率→.269
(ただし、リニューアル後は大躍進)

ラフィアン
累計
勝率→→.073
連対率→.153
複勝率→.234

僕はローレル&ユニオンのそれぞれの平均のちょっと上を行っていますかね?ということは、健闘していることになります。
そして、社台系は凄いです。勝つなら行くべきところなのかなぁ~。それなりにショックを受けます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 8日 (日)

ペガサス2014インスピ検討会③

今日からWIN5の払い戻し最高限度額が6億円になりました。最近はWIN5もあまり買っていませんでしたが、今日からまた頑張って買おうと思いました。・・・結果はダメでしたけどね。

さて、今日は久々にペガサス検討に戻りましょう。
今日は関東牝馬編です。

ペガサス3
お世話になった槇本牧場さんからの募集馬。750万円はリーズナブル。パイロはフレッシュサイアランキング2位。ダートで強そう。

ペガサス4
エンパイアメーカー牝馬が1200万円。字面だけでしたらペガサス12に行っちゃいますよ。

ペガサス5
キンカメ牝馬。母2勝の1200万円。的場厩舎か・・・。僕はいかないかな。まぁ、基本的に関東はいきませんけど。

ペガサス6
池上厩舎はちょっと好きかな。ダイワメジャー×マリアージュ(4勝)で1300万円はお得感を感じます。初仔。

ペガサス7
マンカフェ×ヒシバイタル=1200万円。池上厩舎じゃないんだ。。。金額的にはお買い得感あり。新人厩舎も個人的には歓迎ですけど。バイタルスタイル、ソルレヴァンテそれぞれ4勝。

ペガサス8
カネヒキリはまだデビュー前ですけど、600万円は安い。同じ父のローレルベルカントにも注目しつつ、写真や動画を見たいですね。

ペガサス9
クラブのヒロインであるクーヴェルチュールの産駒。父がエンパイアメーカーになり血統的には楽しみ。奥村武厩舎。。。ユニオンのこれからの主力厩舎になるのか?

ペガサス10
タニノギムレット牝馬。タニノギムレットもユニオンでしか買えないもんなぁ~。現役時代は好きな馬でした。800万円なら安い感じ。母は23戦中14戦で1番人気(3勝)

ペガサス11
応援しているヒダカファーム。父プリサイスエンドもヒダカファームらしさ満点。550万円はありがたいですね。1勝すれば元取れますからね。

全体的にリーズナブル。『関東』という理由だけであまり出資意欲も湧かないのですが、出資候補順位をつけるとしたら・・・
1位→ペガサス8・・・カネヒキリ産駒でこの価格。
2位→ペガサス3・・・パイロ注目。槇本牧場産
3位→ペガサス11・・・ヒダカファーム

結局安い募集馬ばかり。。。馬が良ければまた変わるんでしょうけど。。。
今年は、ユニオンもしっかり見て、検討しようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 7日 (土)

うまくいきませんね

うまくいかない。。。何事も思った通りに行かないことが多いですね。
まずは、ファインスカイ。454㌔。。。この体重は2012年8月4日に448㌔でデビューして以来、2番目に軽い馬体重。ちょっとビックリです。そして、前走比マイナス18㌔この減量はデビュー以来最大の減。前走も前々走からマイナス8㌔ですから、相当のマイナスです。
前走直後にも『480㌔に戻りました』というコメントがありましたし、今回のレース後のコメントにも『昨日まで480㌔あったのに…』というコメントがありましたので、体重の増減が激し過ぎる。少なくとも昨日からレースまでで30㌔くらい減った計算になります。これではダメです。でも、、、仕事のため馬券買っちゃってました。これは取り戻せませんからね。。。まぁ、馬体重が発表になっていても少額で買っていたでしょうけど。
それでも、3着争いに絡み、5着に粘ったところは地力のあるところの証明といいましょうか。頑張ってくれたとは思います。
馬体重の変動が多い馬ですね。
着順は安定しているといえば安定していますけど。心身ともに強くなって帰ってきてもらいたいですね。

一応速報のレースコメント
ファインスカイ
5着
松田騎手「返し馬から力んでいたので省エネで済ませたのですけど、レースではいつものようなハミを噛み気味に唸って行くことがなく、ちょっとガス欠のように元気なく感じられました。続けて使ってきていたので、キリキリの状態だったのかもしれませんね。ただ競馬自体は凄く上手になってきています」
角田師「競馬場の出張馬房で隣の馬がイレ込んでいて、その馬に影響されて身体をずっと揺すりながら最終レースまで待たされ、一汗かいてのパドックでした。昨日までは480kgあったのにまるで別の馬になってしまった。運が悪かったですけど、まだ精神的には大人になりきってないということ。先ずはリセットして立て直します」

そして、ムーンエクスプレス

メールサービスより

【ゲート試験】
ムーンエクスプレス
本日のゲート試験を受験しましたが、残念ながら不合格となりました。
鈴木(孝)師「練習ついでに試験を受けてみたのですが、頭を上げながらゲートを出てしまい、今日は駄目でした。その他の内容にはほとんど問題がなかったので、来週の再試験は大丈夫だと思います」

あらら・・・一発合格を予想し、このブログにも書きました。突出したスピードがあれば多少のミスは誤魔化せるだろうと思っていましたが、頭を上げながらゲートを出たのでは目立ってしまいますね。まぁ、来週受験予定を練習のつもりで受験したワケですから、いいでしょう。でも、一発合格していたら一気にデビューに向かって盛り上がっただろうに。。。
こちらも思った通りにはいきませんね。

来週は合格して、そのままデビュー戦を迎えて欲しいです。
頑張れ!ムーンエクスプレス!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 6日 (金)

ファインスカイ不動の本命

明日も仕事だ~。年齢も重ねてきて、この暑さ。。。週1日は休みが欲しい~~。。。おっと、愚痴は言わないと目標にしたので、これ以上は言いません。与えられたポジションで頑張っていきます。

明日は最終レースにファインスカイが登場。最終レースは新聞も競馬中継も少し大きく取り上げてくれます。ちょっとお得な感じです。

2014/06/07(土)
12R 3歳上500万下
ダ1200m / 天気: / 馬場: / 発走:16:10
3回阪神1日目 3歳上  牝[指定]定量 15頭
本賞金:750、300、190、110、75万円
7枠13番 ファインスカイ 牝4 55㌔ 松田

予想1
◎ 13番 ファインスカイ
○ 3番 レディー
▲ 15番 アルティメイト
☆ 10番 ウインドストリーム
△ 1番 ハニードント
△ 5番 スターペスユウコ
△ 8番 レッドフェザー
コメント
【小波乱】ファインスカイの前走は昇級戦で3着と好走。ダートでは5着以下なしと安定しており、降級戦の今回は首位争い。レディーの前走は発馬で後手を踏んだ。前々で流れに乗れれば巻き返せる。アルティメイトは休み明けを使いつつ良化。ウインドストリームの前走は序盤に脚を使った。スターペスユウコ、ハニードント、レッドフェザーを押さえる。

予想2
◎ 13番 ファインスカイ
○ 10番 ウインドストリーム
▲ 4番 レディカリビアン
☆ 5番 スターペスユウコ
△ 3番 レディー
△ 8番 レッドフェザー
△ 15番 アルティメイト
コメント
【伏兵多し】ファインスカイは、ダート転身でいきなりの勝利。その勝ち星も含め、以降の短距離ダートは[2021]。馬体の変動もなく、コースを問わず、着実に勝ち負けを展開してきた。調教もキビキビ。アグネスタキオン×シーキングゴールド配合なら、時計勝負もたぶん望むところ。
ウインドストリームは、前回は逃げてバッタリ。ブリンカーが効きすぎ、気分よく行き過ぎたが、今度はそれを除去。松若も中間稽古で入念。減量騎手起用の特典に応えたい。
本命馬以外は、古馬勢に降級の恩恵少なし。ならば、3歳500万でモマれてきたレディカリビアン。スターペスユウコも、前走の1分12秒6は、とりあえず現級レベル。アルティメイト、レッドフェザー以下、上位は力拮抗。

予想3
◎ 13番 ファインスカイ
○ 3番 レディー
▲ 5番 スターペスユウコ
△ 1番 ハニードント
△ 4番 レディカリビアン
△ 8番 レッドフェザー
△ 10番 ウインドストリーム

予想4
◎ 8番 レッドフェザー
○ 14番 ディオレサンス
▲ 6番 ダンシングバトー
☆ 13番 ファインスカイ
△ 1番 ハニードント
△ 5番 スターペスユウコ
△ 10番 ウインドストリーム
コメント
【小波乱】レッドフェザーは自在性があり決め手も十分。良化一途のディオレサンス。まだまだ上積みがあるダンシングバトーにも注目。

調教
2014/06/04(水)
栗坂 良 助手 52.1-38.1-24.9-12.7 馬也
好調子 評価B

降級ファイン不動
降級馬はファインスカイ1頭のみ。1000万下に昇級した前走でいきなり3着に好走した能力は間違いなく一枚上で、阪神のダート1200㍍は未勝利勝ちした相性のいいコースでもある。当時の勝ち時計は1分12秒0。未勝利戦としては出色のタイムだった。この時計でも勝ち負け必至だが、現在は当時よりもパワーアップしている。不動の◎でOK。

レース評・・・軸不動
人気上位⑬ファインスカイ⑮⑩
予想1番人気連対確率・・・78%
好調教馬⑩⑬ファインスカイ⑪
距離適性⑤⑭⑬ファインスカイ
前走内容⑬ファインスカイ⑮⑨
コース⑩⑬ファインスカイ⑫

直前Vサイン
ファインスカイの角田師が『中間も具合は上々。特に注文のつく馬ではないし、降級ならいつ順番がきてもおかしくない。』

クラブからのコメント
角田調教師のコメント『変らず好調をキープしていて、追い切りの動きも良かったですね。バッチリって感じです』

★★★降級馬はファインスカイの1頭のみ。メンバーに恵まれた感のあるメンバー構成です。古馬は軒並み近走不振で、前走3着の⑯アルティメイトもあまり怖さを感じない。前走12着も2走前2着の⑩ウインドストリームの方がちょっと怖いかも。おなじアグネスタキオン産駒ですし。3歳は未勝利を勝ったばかりの馬が多いが⑤スターペスユウコは勝ち時計が速く、斤量3㌔差もあるので、やや心配。④レディカリビアンは要注意ですが斤量差も6キロ大きいですね。⑧レッドフェザーも少々気になります。実際にはもう少し手を広げて馬券を買うかもしれませんが、ファインスカイの軸は固く、相手も限られることでしょう。
連戦がきかないファインスカイですが、調教からもこのレースは良い状態で出走できそう。また、外目の枠もファインスカイにとってはいい材料だと思います。
直線で内を突ける、馬群に怯まない根性もあるしスピード上位で前でレースを作ることもできる。力で抜けているので、どんなレースにでも対応できる強みがあります。かなり自信を持って見られるレースです。(あまり自信過剰では足元を掬われかねませんが。。。)
鞍上松田騎手も問題ないでしょう。

明日は職場でこのレースの結果を知ることになるでしょう。疲れた身体を朗報で癒される。。。そんな土曜出勤を期待します。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2014年6月 5日 (木)

2歳追加募集馬の競走名決定

今日は家に帰ると、ローレルクラブから郵送されたものが2点。ひとつは大きな袋。もうひとつは小さな封筒。
大きな袋の中身はローレルブレットの難波Sの使用ゼッケン。今まで何枚かのゼッケンをいただいておりますが、白じゃないゼッケンが当籤したのは初めてです。嬉しい!しかもメイン競走のゼッケンですから。もうちょっといい成績だったら更に良かったんですけどね。
そして、小さい封筒はムーンエクスプレスの出資証。ムーンエクスプレスについては後ほど触れようと思います。

まずは・・・

【2歳追加募集馬の競走名決定】

フラワーガイア12 ローレルウラノス
Laurel Ouranos (ギリシア語) 冠名+「ギリシア神話の天空神(ガイアの子)」

ツルマルオトメ12 ピアレスピンク
Peerless Pink (英語) 「天下無双のピンク(厩舎の最高傑作になってほしい)」

ウインゼフィール12 カプリオーレ
Capriole (イタリア語) 「ダンスなどの跳躍、跳ね回る」

僕が送った馬名は不採用。。。自信はありましたが、決まった馬名も良いと思います。パッと見たときにツルマルオトメ12のピアレスピンクについては『どういうこと?』って、思っちゃいましたけど。
ピアレスピンクに出資しようかどうか。。。迷います。もう少し様子見します。

さて、本日出資証が届いたムーンエクスプレスですが、栗東でも元気に調教を積んでいます。

ローレルクラブ所属馬の早期入厩組は・・・
最初に入厩したスティンライクビーは右後肢の歩様に違和感が出たため本日放牧に出ました。
2日遅れで入厩したローレルベルカントも疲れが見え放牧へ。
期待は大きかったのですが、なかなかうまくいきません。

レースノワエは想定の範囲内で徐々に良化。この馬がデビュー一番槍を果たすのでしょうか?
ボ―ベルレーヌも入厩しました。

ムーンエクスプレスは身体はやや薄いですが、育成場で馬なり11.5-11.5はなかなか出せる時計ではありません。
来週のゲート試験も合格することでしょう。仕上がりは早いタイプでしょうから、小倉までじっくりゆっくりってのはトレセン内でやる必要もないのかな?って思っています。短期放牧で一度リフレッシュ&成長を促して、小倉かな。。。個人的にはそのまま在厩で馬本位の調整で中京でおろしていただけるとありがたいかな。。。
ムーンエクスプレスには一頓挫あったグランジゲレイロとスティンライクビーの分も頑張って欲しいと思っています。頼むぞムーンエクスプレス!!

2歳馬が頑張れ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年6月 4日 (水)

ファインスカイ降格後初レースへ~想定表~

ちょっと前までアクセス数が300を超える超えないで、一喜一憂していたのですが、最近はそのボーダーが500に。500アクセスをコンスタントに打ち出せるように頑張っていこうと思っています。
昨日&一昨日と、ユニオンの募集馬について書いてきたワケなんですが、非常に残念なことにアクセス数が減っています。ユニオンの会員さんも多いと思うんだけどなぁ~。やっぱりローレルクラブに生きろということか?

今日は想定表と愛馬の動向について。

まずはファインスカイの出走想定表について。

2014/06/07(土)
12R 3歳上500万下
ダ1200m / 天気: / 馬場: / 発走:--:--
3回阪神1日目   牝[指定]定量 頭
本賞金:750、300、190、110、75万円
ファインスカイ 牝4 松田大作

アルティメイト 牝5
ウィットウォーター 牝3
ウインドストリーム 牝4
シゲルミマサカ 牝3
スターペスユウコ 牝3
ダンシングバトー 牝3
ディオレサンス 牝3
ハニードント 牝3
メイショウアシタバ 牝4
レッドフェザー 牝3
レディー 牝4
レディカリビアン 牝3
ロンギングシャネル 牝4

★★★4歳馬で降格馬はファインスカイだけみたい。古馬の中では未勝利戦を勝つきっかけとなった、小倉の5着時のレースで1番人気に推されたGⅠレーシングのウインドストリーム。近走はパッとしませんけど、ファインスカイに先着経験がありますからね。
そして、数頭いる3歳馬。3歳はひとつ勝っただけの馬です。1歳上のお姉さんが“ひとつ勝っただけの馬”に簡単に負けてはなりません。調べてみれば要注意馬はレディカリビアンでしょうけど、恐れる必要はありません。ここはファインスカイが人気を背負う形になりそうです。6月を勝利でスタートさせたいですね。

さて、2歳馬を含め我がファミリーの近況を一挙放出してみようと思います。

6歳馬
アルボランシー(牝)
在厩中。交流戦を視野に調整を進めている。

5歳馬
ローレルブレット(牡)
宇治田原優駿Sに放牧中。夏は全休かな?

4歳馬
ワイルドアンセム(牡)
島上牧場に放牧中。まだ熱感があるようで時間がかかります。

アメージングムーン(牝)
中間に信楽牧場へ放牧。函館戦は使ってもらえず。中京予定。

アステュート(牝)
山岡トレセンへ放牧中。時間がかかりそう。

ファインスカイ(牝)
今週出走。その後放牧へ。

3歳馬
ローレルベローチェ(牡)
イクタTFへ放牧中。6月中に帰厩できるでしょう。

ローレルストーム(牡)
大山トレセンへ放牧中。徐々にペースアップも7月帰厩か?

ローレルゼフィーロ(牡)
吉澤ステーブルWESTへ放牧中。戻りそうで戻らない。でも、そろそろかな?

ヴォルカヌス(牡)
山岡トレセンへ放牧中。調子は上がってきましたが時間をかけて戻ってくると思われます。

2歳馬
スティンライクビー(牡)
右後肢に違和感。ブルーステーブルへ放牧。少し捻った程度であれば1ヶ月くらいで戻ってくるかな?

グランジゲレイロ(牡)
骨折手術後現在も静養中。あと2ヶ月くらいは静養します。

パンテーラネロ(牡)
来週に入厩の予定。期待の新人選手。ローレルクラブ先鋒隊も脱落者続出。こいつに懸けろ!

ラームリュンヌ(牝)
宇治田原優駿Sで育成中。体重が戻り次第入厩でしょうか?

ブルーオアシス(牝)
シュウジデイファームで育成中。秋デビューで考えているみたいですね。

アモーレペガサス(牝)
栗東入厩中。ゲート練習中で来週あたりにゲート試験受検。ゲート試験合格後放牧するかも。。。中京デビュー希望ですけど。

ということで、放牧馬の多いこと。6月は出走数が少なそう。。。1戦1戦を大切にせねばならない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年6月 3日 (火)

ペガサス2014インスピ検討会②

14火曜日はユニオンは放牧馬について。ローレルは2歳未入厩馬についての情報になります。ユニオンはこの火曜日に全馬登場。まぁ、大して変動もありませんけど。ローレルは早期入厩馬が多く、徐々に減ってきています。火曜日の情報が楽しみではなくなってきています。こうして早期入厩馬が多いことを実感します。

さて、今日もペガサス2014を簡単に見渡していこうと思います。

関西牝馬編です。

ちょっと頭数が多いんだよな。。。

いけるとこまで!

ペガサス24
父ザールって。。。“X”ではじまる馬名です。以前のブログにも書きましたが、興味あるんですよね。そして、予想通りの低価格。槇本さんにもお世話になりましたし、注目します。

ペガサス25
クラシック戦線で頑張ったプレノタートの全妹。でも、ちょっと高くないかな?プレノタートくらい活躍すれば余裕でペイできますけど。

ペガサス26
矢野牧場産のキンカメ牝馬。今野貞一厩舎はどうなんでしょう?とりあえずローレルブレットとは相性が良くないですけど。

ペガサス27
エンパイアメーカーの牝馬で1200万円。まだ、産駒がデビュー前で評価し難いけど、リーズナブルな感じはします。石橋守厩舎ってのも楽しみです。ここにきて注目の1頭。

ペガサス28
大橋厩舎です。今年はマンハッタンカフェの牝馬。昨年はキンカメ牝馬。。。大橋厩舎×マイナー種牡馬は非常にマッチしていたのですが、ここのところ王道血統が続きます。

ペガサス29
クロフネ産駒で700万円なら。。。悪くないですよね。宮徹厩舎も見学させていただいて、興味のある厩舎のひとつです。

ペガサス30
こちらも700万円。ローレルでもお世話になる高橋康之厩舎。ロージズインメイか・・・リーディング上位サイアだけど、何となくそんな感じがしない。

ペガサス31
ヴィクトワールピサ×エルコンドルパサー。。。これだけでちょっと興味出ちゃいます。1000万円か。。。要注目です。厩舎研究に入ります。

ペガサス32
ヴァーミリアンの牝馬。笹田厩舎って今まで気にしたことも無く。どんな感じなんだろう?

ペガサス33
キングカメハメハ×ソリッドプラチナム。1400万円なら妥当かな。クラブの重賞勝ち馬だしね。ソリッドプラチナムを持っていた人なら行っちゃうんじゃないかな?

ペガサス34
ヒルノダムールの全妹。2000万円切ってますよ~。昆厩舎ではなく飯田祐厩舎。ラームリュンヌもお世話になっており、好感のもてる厩舎であるが昆厩舎で無い理由を知りたい。

ペガサス35
パンテーラネロがお世話になる高橋義忠厩舎。HPは充実していますので、オススメの厩舎です。血統的にはあまり興味が惹かれませんが、800万円ならね。。。

ペガサス36
こちらは更に低価格。600万円です。父はブラックタイド。そんなものかな?

ペガサス37
注目のヒダカファーム。相変わらず独自路線の血統馬。父カリズマティック。イナズマチーターで持ちましたが、僕は嫌いな父じゃないですよね。700万円なら注目。目野厩舎の研究もしなければ。

ペガサス38
ユニオンの中心牧場である藤原牧場。ダイワメジャー×トニービンで1200万円なら良心的。そういえばダイワメジャーってユニオンではそこそこ出てきますが、ローレルクラブでは出てこない。。。何でだろう?

ペガサス39
ユニオンの誇りマジェスティハーツの半妹。父がマンハッタンカフェに変わりながら1200万円募集。良心的かな。。。厩舎はもちろん松永昌厩舎。でも、様子見できないんだろうなぁ~~。即満口もあるな。

ということで、16頭を見渡して感想を書きましたが、いい加減な感想で申し訳ございません。僕の馬選びってこんなものです。大体写真を見たり動画を見たり実馬を見たりで決めますけど、先入観も結構大事にします。

先入観としては
ペガサス24→ザール
ペガサス27→エンパイアメーカー、石橋守厩舎
ペガサス28→大橋厩舎
ペガサス29→宮厩舎、クロフネ
ペガサス31→父と母父
ペガサス34→ヒルノダムールの半妹
ペガサス37→オモシロ血統
この辺かな?

頭数が多かったので、リンクを貼る作業までいきませんでしたが、時間があったら後ほど頑張ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 2日 (月)

ペガサス2014インスピ検討会①

昨日の記事で、ダービーに出走できそうな馬へ出資したいという旨の記事を書きました。2012産駒はやはり厳しい。では2013産駒に託してみよう。と思います。

今日はユニオンの13年産駒→ペガサス2014の募集価格&予定厩舎が発表されました。
46頭もいますので、何回かに分けて感想を書こうと思います。

ローレルクラブとユニオンに入会しているワケですけども、どちらも新聞の懸賞にて当籤し、会員になったので、『このクラブがいい!』と、自分で調べて積極的に入会したのではないんです。
当籤したので、『まぁいいか。。。』って感じの(上から目線でスイマセン)入会でした。もちろん恩を感じており、今まで会員を続けているワケですけど。
現、4歳まではユニオンとローレルと同比率で考えていましたし、ユニオンの方が出資割合が多い年もありました。しかし11産駒世代からローレル寄りに。
昨秋にツアーに参加した影響が一番大きいのですが、ユニオンでの知り合いも少なく、ちょっとつまらなくなっているんですよね。。。
ということで、ユニオンへ(現時点での)求めることをおさらいします。

ユニオン募集馬に(自分の中で)求めているもの
①走る馬(重賞を勝てそうな馬)
②低価格で稼げそうな馬(回収率の高い馬)
③長く活躍できそうな馬(まず1勝そして、丈夫な馬)

①~③はローレルクラブにも求めている基本的な部分です。では、それ以外に何を求めているか。。。

④山岡トレセンに入厩されそうな馬
⑤三重ホースTCに入厩されそうな馬
⑥イクタTFに入厩されそうな馬

④~⑥は見学に行き易いですからね。特に山岡トレセンと三重ホースTCはローレルではあまり居ませんからね。

⑦ローレルクラブでは入厩しそうにない厩舎所属馬

具体的に言うと大橋厩舎、佐藤正厩舎、小崎厩舎、矢作厩舎ですね。

⑧なかなか募集されそうにないレアな父馬の産駒

スマートボーイは興味がありましたが、結局関西には来なかった。今までですとトロットスターやマサラッキ、フォーティナイナーズサンなども。。。

⑨ローレルクラブでは出なさそうなユニオンらしい血統

ユニオンゆかりの牝系血統です。

あたりがユニオンに求めるものですかね?

そのへんを考慮してペガサス2014を見渡します。

今日は関西牡馬編です。

ペガサス40
父バゴも興味のある1頭。母ゴールデンハピネスもやや高齢だけど悪くない。それで1000万牡馬なら一考の価値あり。厩舎がなぁ~よくわからない。

ペガサス41
村上欽哉牧場の松永昌厩舎。シンボリクリスエスで1500万なら。。。祖母がビハインドザマスク。強い馬でしたからね。松昌厩舎も僕の中では○

ペガサス42
こちらも村上欽哉牧場ですが厩舎が河内厩舎。河内厩舎も一口クラブ馬が激減していますからね。でも、乗っかってきました。父ハービンジャーは気になります。ローレルでは出なさそうですし。1200万なら。。。

ペガサス43
父ローレルゲレイロで700万。母もユニオンゆかりのスキャニングジョイ。佐藤正調教師ゆかりの血統でもあります。この馬が注目一番目。多分人気もないと思いますが、馬が良ければGOです。

ペガサス44
父ヴァーミリアンも興味アリ。加用厩舎はちょっと割引なんです。先生が悪いわけではないんですけど、育成先が。。。

ペガサス45
シンボリクリスエスに重賞勝ち馬のアルコセニョーラ。そして、矢作厩舎。行きたい気持ちはありますが、2200万円は簡単に出資できる値段ではありません。うぅ~ん。矢作厩舎に入る馬はこの仔しかいないんですよね。

ペガサス46
高野厩舎で父キングヘイローの牡馬。ちょっとローレルっぽいじゃないですか。総額800万円はリーズナブル。でも兄弟は走れていませんね。ちょっと心配。

こんなところでしょうか。
ダービー出走を!と思うなら高額ですがペガサス45かな。。。ハービンジャーも要チェックですね。

まずはユニオンでもいい馬を探せるように頑張ろう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2014年6月 1日 (日)

ダービーを目指すぞ

本日のダービー。ワンアンドオンリーとイスラボニータの激戦の末、3番人気のワンアンドオンリーが勝ちました。僕の一口馬主人生の中でダービーの出走は無いんですけど、ゆくゆくは出走。そして、ダービー制覇をしてみたいものです。
この夢を手っ取り早く叶えようとするなら社台系クラブへの入会もひとつかなぁ~と思ったりもします。

現2歳馬の距離適正と成長を考えると・・・
牡馬
スティンライクビー(父キンシャサノキセキ)
グランジゲレイロ(父ローレルゲレイロ)
パンテーラネロ(父マルカシェンク)
★★★それぞれ芝で走りそうですけど、短距離にシフトしていますからね。
スティンライクビーは2歳戦で勝って、朝日FSに出走。結果を残してもらいたい。マイル戦線で活躍を期待されるでしょうから、目標はNHKマイルになるのかな。。。ミッキーアイル路線で。NHKマイルを余力残しで好走すれば、母父がシングスピールだし、近親にオークス馬もいますから、ダービー出ないかな?
グランジゲレイロも短距離芝でしょう。ローレルゲレイロ自身はマイルでも走りました。でもスティンライクビーよりも短い適性になることでしょう。まずは怪我からの復帰が目標。2歳戦でデビュー&勝利が当面の目標です。
パンテーラネロはスプリンターというよりはマイラーかな?上記の2頭よりも少し長めの距離適性を想定。ローレルブレットのような守備範囲で走って欲しいな。。。

牝馬
ラームリュンヌ(父ブライアンズタイム)
ムーンエクスプレス(父アドマイヤムーン)
マザーアース(父ディープインパクト)
★★★牡馬に比べて牝馬は少しクラシックディスタンスにシフトしている感じ。
ラームリュンヌは母父もダンスインザダーク。短距離ではないでしょう。2000㍍を中心に2400㍍も守備範囲となりそう。ダートっぽいと言われますが、動きからは芝馬の印象。もちろん目標は牝馬優駿になるわけですけど、早い時期にポンと勝てば、成長力も感じる血統なだけにチャンスはありそう。ただ、スピードに欠ける心配も無いわけではありませんけど。。。関東オークスも有りか?
ムーンエクスプレスはスピードに突出したタイプ。短距離に目標を向けて走らせていくことでしょう。阪神JFはもちろん。桜花賞を春の大目標として頑張ってもらいましょう。父アドマイヤムーンも母父メジロライアンも古馬になって再度開花した成長力ある馬でしたので、ムーンエクスプレスも長く活躍してくれるかな。
マザーアースは父ディープインパクト。マイル以上クラシックディスタンスでの活躍を期待。母父サドラーズウェルズからもオークスを意識したくなりますが、須田鷹雄さんはディープインパクトのBMSとして、トニービンとサドラーズウェルズは好きではないと、おっしゃっていました。数あるBMSの中の2つに指名されるとは。。。残念でなりません。でも、馬体からも楽しみは増しますし、育成場で早い時期から13-13をこなしていながら入厩の時期を早めていない。。。王道で活躍できそうな雰囲気を感じます。春のクラシックを意識するにはこの馬が一番でしょう。。。

ユニオン2歳馬は昨日をもって募集期間終了。結局出資もしませんでしたがクラシックを強く意識できる馬はいませんでした。
ローレルでは父マンハッタンカフェのキャノンプレートがいましたが募集締め切り。父キングカメハメハのレイオーロとダービー馬の父となったハーツクライ産駒のローレルトレゾールは募集中ですがデビューは少し遅くなりそうですし、出資の決め手となるポイントに欠けていますからね。クラシックもちょっと意識できないかな。。。もちろんそればかりが出資に至る全てではありませんし、それぞれいい馬だ在るとも思っていますけど。

これから募集の始まる2013年産駒からクラシック戦線に乗ってこられる馬を探してみましょうかね。。。今年は未入会の他クラブからも資料を取り寄せて真剣に考えましょうかね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »