« 140706中京競馬場観戦記① | トップページ | 期待の新種牡馬③ »

2014年7月 7日 (月)

140707取材しました

今日は七夕ですね。はっきりしない天気で僕の調子もスッキリしません。台風が近づいています。自分も含め、皆さん気をつけましょう。

今日は取材してい終わっているネタで早く出さないと腐ってしまうものを優先して出して行きます。
140706中京競馬場レポートは後日。

まずは、宇治田原優駿Sで育成中のラームリュンヌブライアンズタイム×プリティジョディー)2歳牝から。
こちらは、移動直後は飼葉食いが悪く、飯田先生が想定しているよりも時間がかかってしまいました。飯田祐史厩舎は2歳馬も数頭デビューしていますが、まだ入着も出来ていません。相変わらずラームリュンヌを気に入ってくれているようです。その熱意が先週の2歳馬情報のコメントにも出ていましたね。
ゲート練習は先生の拘りもあり、気合が入っていらっしゃるようです。
そして、デビューは今も小倉を予定しているようです。夏の小倉はダートは1レースのみ。芝でデビューを考えていらっしゃるようです。芝は1200㍍と1800㍍があります。ここからは僕の予想ですが、芝1800㍍デビューですかね?血統的にはこちらが合っているように見えますね。
近々入厩のところまで準備が進んでいます。早期デビューできそうです。まだ、残り口もありますし、新規会員の方はプレゼントで戴ける状態です。いいプレゼントだと思いますよ。

そして、骨折手術明けのグランジゲレイロローレルゲレイロ×エルトベーレ)2歳牡。
先々週の『患部を見ただけで骨が欠けていると分かりますね』のコメントにちょっと心配しましたが、この件については競走能力には全く関係ないということです。安心しました。相変わらず焦らず無理せず進めていくようですが、そんなに遅くもならない感じです。話の雰囲気では心配は全くなさそうです。皆さんの考えているスピードと一緒かどうか分かりませんけど。。。スタッフさんにお任せしましょう。
年内デビューできっちり勝ってもらおうと思いますが、先週デビューしたサカダッシュ(父ローレルゲレイロ)がいいレースをしました。産駒初勝利をグランジゲレイロで!と思っていましたが、サカダッシュが待ってはくれないでしょうね。
焦らず待ちましょう。

そして、勝ち上がっている3歳勢。

ローレルベローチェサクラバクシンオー×ヘイローフジ)3歳牡は元気一杯。そろそろペースアップして、帰厩に備える模様。小倉で復帰できるかな。

心配なのがこちら。ローレルストームゼンノロブロイ×ローレルデフィー)3歳牡です。
腰がシャキッとしないようで、歩くのも困難な感じらしいです。(ちょっと大袈裟かな?)
それでも、時間をかけて回復させるようです。疲れが抜けないことが最大の原因のようで、僕が期待していたレパードS(GⅢ)は『絶対に無理』だそうです。
1年はかからないらしいですが、数ヶ月の覚悟はしておいた方がいいかも。

取材した内容はこのくらいかな。。。皆さん、有益な情報はありましたか?

ということで、今日はここまで!

|

« 140706中京競馬場観戦記① | トップページ | 期待の新種牡馬③ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 140707取材しました:

« 140706中京競馬場観戦記① | トップページ | 期待の新種牡馬③ »