« ローレルツアーが待ち遠しい② | トップページ | 満口になっちゃった。。。 »

2014年8月13日 (水)

ローレルツアーが待ち遠しい③

募集馬編

今日、ローレルクラブの会報が届きました。ムーンエクスプレスの特集は良かったです。鈴木孝志先生の雰囲気も感じ取れましたし、鈴木孝志先生とムーンエクスプレスの出会いについても触れられていて、ムーンエクスプレスへの期待の高さも感じることができました。次走はきっちり決めてもらいたいですね。

ツアーまであと1ヶ月。今回の会報に1歳追加募集馬や当歳新規募集馬が載るかなぁ~。。。なんて微かな望みを託しておりましたが、やっぱりありませんでした。
1週間前くらいにクラブに募集馬のことを聞いたのですが、『まだ決まっておりません』と、答えられてしまいました。決まっていても答えられなかったのかもしれませんが、言葉の雰囲気からは『本当に決まっていないんだろうな~』と、感じました。

11年世代は5頭が勝ち上がり(8月13日現在)で2勝馬はゼロ。12年世代は新馬が始まって約2ヶ月ですが、4頭がデビュー。そのうち3頭が入着し、近々勝てそうな馬も居ます。今のところ12年世代は成功する可能性が高いかと思います。そうなると。。。13年産は大事です。数年に1回成功する世代があってもそれは、たまたまであるに過ぎず、クラブ会員からも会員外からも『偶然』の感じでしか捉えてもらえないでしょう。クラブの盛り上がりを定着させるためには2世代、3世代の成功が必要となります。
学生スポーツでも初優勝や○○年振りの優勝は素晴らしいけど、決して時代をつくれないし強豪となってその地区に定着しません。
しかし、連続優勝をすると指導やチームが評価され、有望な選手も勝手に集まるようになり負けないチームとして定着します。
12年世代が勝ち上がり間近のキャノンプレートムーンエクスプレスを筆頭に、スティンライクビーグランジゲレイロパンテーラネロ、レイオーロなど活躍する世代だと手応えを感じているのならば、13年世代で更なる高みを目指して欲しいです。そのチャレンジは現会員の定着とともに新規会員の増加にもつながりますし、ローレルクラブ自体に還元されていくと思います。
クラブ関係者様をはじめ日高地方の生産牧場様も頑張ってくれているとは思いますが、ここは本当に頑張りどころだと思うんですよね。

個人的には質を高めることに拘り『量より質』で攻めるより、多くの募集馬を集めました的な『質より量』でお願いしたい。もちろん当たりゼロのハズレのみの募集では困りますが。。。
ツアーに行くときもいろいろな馬を見て楽しみたいですしね。。。

ローレルクラブがいいクラブだというイメージが定着するように。いい馬いっぱい揃えてくださいね!

|

« ローレルツアーが待ち遠しい② | トップページ | 満口になっちゃった。。。 »

コメント

9月の新規募集が気になります。
しかし、高額馬が、なかなか満口になりませんので…。募集馬が牝馬(繁殖用)などに偏らないか心配です。


投稿: ごう | 2014年8月15日 (金) 08時17分

>ごうさん

気になりますね。。。
募集馬の選定も少々難航しているようです。
昨年は牡馬が結構多かったですからね。今年はどうなるか。。。いい馬をツアーで直接見たいです!!

投稿: まひ3 | 2014年8月16日 (土) 05時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ローレルツアーが待ち遠しい③:

« ローレルツアーが待ち遠しい② | トップページ | 満口になっちゃった。。。 »