« ツアーレポート2015その2 | トップページ | ツアーレポート2015その3 »

2015年10月 2日 (金)

2人の裕二で勝つ!

今日はこちらの記事を優先。余裕がありましたらツアーレポートをアップさせていただきます。
しかし、、、2頭が同じ競馬場に出走。行きたいですねぇ~阪神競馬場に。ムスコの行事に参加しなければいけないので、今週は我慢。レースも深夜にVTR観戦となります。

では、先陣を切るピアレスピンク

2015/10/03(土)
8R
3歳上500万下
ダ1800m / 天気: / 馬場: / 発走:13:50
4回阪神8日目 3歳上
牝[指定]定量 14頭
本賞金:750、300、190、110、75万円
ノーブルソニック 牝3 53 戸崎圭
プルーヴダモール 牝3 53 酒井
グレイスミノル 牝3 52 松若
ガールズライン 牝3 53 小林
ジューンヴィエナ 牝4 53 義
バラブシュカ 牝3 50 加藤
ジュエルメーカー 牝3 53 福永
ピアレスピンク 牝3 53 菱田裕二
ヴェルメンティーノ 牝4 55 和田
エメラルヒマワリ 牝3 50 三津谷
デューイハミテージ 牝3 53 柴田未
ハッピーエム 牝4 55 小坂
ハギノセゾン 牝4 55 川田
ウインクルミラクル 牝4 52 鮫島駿

レース評・・・混戦/小波乱/一角崩し

調教
2015/09/30(水)
栗坂 良 助手 56.8-39.7-24.9-12.1 一杯
エキドナ馬也と併せで0秒1遅れ
遅れ上々 評価C

気になるコメント
ピアレスピンク(川江助手)
具合は悪くない。ただ、いい時に比べると少しおとなし過ぎる感じがする。それがどうかな。

クラブからのコメント
川江助手「放牧帰りから3走目で中1週だから終い重点で十分でしょう。今回の休み明けはこの馬らしい煩さが影を潜めていて、変に落ち着きがあるんです。普通なら成長し大人になったと褒めるべきですが、結果が伴わない状況をみると、以前のように我の強さを出している方が良いのかも知れませんね」

★★★先日書いたとおりです。調教は終い重点ながらラスト1Fを香時計でフィニッシュ。状態の良さは間違いありません。
枠順についてはもう少し外が良かった。そして、隣外のヴェルメンティーノがゲートが速そうで、ここがキーを握りそう。思い切って出せるかどうかですなぁ~。ヴェルメンティーノが出遅れたり、番手に落ち着いてくれるようであればありがたい。。。そんなことよりも、ピアレスピンク自身がしっかりゲートを出ることが大事だけど。ゲートで後手を踏んだら、後方待機策に切り替え。うまく捲ってくれればそれでもいいのだが。
そして、大人しく覇気がないピアレスピンクはちょっと残念。粗削りでワクワクするようなレースが見たいものです。
勝って、『自称・ピアレスピンクを一番愛する男』さんにお祝いのメールを送らせてください。

続いて、ローレルベローチェ

10R
芦屋川特別
芝1200m / 天気: / 馬場: / 発走:15:00
4回阪神8日目 3歳上 サラ3歳上1000万下
混[指定]定量 16頭
本賞金:1500、600、380、230、150万円
フェアラフィネ 牝3 53 戸崎圭
ブレイヴフィート 牝5 55 中谷
メイショウゲンブ 牡6 57 小牧
テイエムゲッタドン 牡4 57 藤懸
サンシカゴ 牡4 57 菱田
エリーティアラ 牝3 53 Mデムーロ
ローレルベローチェ 牡4 57 中井裕二
モズハツコイ 牝4 55 浜中
フリーアズアバード セ7 57 池添
ダイヤモンドハイ 牝4 55 ルメール
カメット 牡4 57 和田
フィドゥーシア 牝3 53 武豊
シンフォニア 牝3 53 四位
ニホンピロアンバー 牝4 55 秋山
トシザキミ 牝4 55 川田
キッズライトオン 牡3 55 福永

レース評…小波乱/波乱含み/小波乱/巻き返す

調教
2015/09/30(水)
栗坂 良 中井 52.2-38.2-25.2-12.6 馬也
仕上十分 評価C

厩舎コメント
予定を1週延ばして気配が良化した。芝でも走れる血統なので自分の形なら。〈飯田雄三師
評価○

気になるコメント
ローレルベローチェ飯田雄三調教師)
ダートで成績を残してきた馬だが、再び芝を試したいと思っていた。放牧明けで息ができているかどうかも、うまくハマれば見せ場を作れてもいい。

クラブからのコメント
平木厩務員「先週の予定をスライドさせて乗り込めた分、仕上がり状態は良好です。精神的にも一皮剥けた感じで、ピリピリしたところは見せていません。久々の芝になりますが、木金と雨予報ですし、適度に時計を要す馬場コンディションならば、この馬に味方するのではないでしょうか」

★★★逃げは打てそうな気がします。芝でも十分通用するスピードがありますから。ただ、本命不在の混戦模様。どの馬がどんな作戦に出てくるのか読めません。思い切って、めちゃくちゃ逃げる馬が居てもおかしくないし、混戦をチャンスと思い、落ち着いた感じでレースが流れるかもしれないし、、、
調教の低評価はおかしくないですか?馬なりでかなり速い時計なのに。最後も垂れていないし。。。シンフォニアに匹敵する評価ができると思うけど。
とりあえずは、芝替わり。人気は落とすことでしょう。それでもメンバーもピリッとしないから5番人気くらいかな?
このレース、圧勝しなかな?逃げて、坂でのひと踏ん張りもできるローレルベローチェですからね。坂で更に突き放せる気がするんです。ここを勝って、10月25日の京都芝1200桂川Sに出走。こちらも連勝でクリア。11月29日の京都芝1200京阪杯にて同期のサクラバクシンオー産駒の大物ビッグアーサーと対決。どちらが1着かは見えませんが、サクラバクシンオー産駒のワンツーフィニッシュで賞金加算。そんなシナリオを勝手に考えております。
今年JRA重賞初勝利を挙げた飯田雄三先生に芝の重賞初勝利をこの馬がプレゼントします。

2人の裕二が我がファミリーの勝利を導きます!

頑張れ!!

|

« ツアーレポート2015その2 | トップページ | ツアーレポート2015その3 »

コメント

ピンクは動くのが早過ぎ、前走よりも
さらに早かった、終いまで持つわけがない(>_<)

投稿: ヤマト | 2015年10月 3日 (土) 14時18分

>ヤマトさん

動くのは早かったですね。馬を気にするワケですからあのタイミングでの捲くりなら、先頭まで行ききって欲しかった。後方待機は。。。序盤から内側に馬を置いていたし、後ろにも馬が居たので、あの位置でじっくり・・・ってのも、精神的に消耗していたと思うし、コーナーで捲くると外に膨らんじゃうし。。。あのタイミングが得策だったと思います。
どうにもこうにも注文が付き過ぎる馬ですね。
力はあると思いますけど。

投稿: まひ3 | 2015年10月 4日 (日) 21時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2人の裕二で勝つ!:

« ツアーレポート2015その2 | トップページ | ツアーレポート2015その3 »