« ツアーレポート2015その13 | トップページ | ツアーレポート2015その15 »

2015年10月20日 (火)

ツアーレポート2015その14

POG-INFOの中の『競馬ブログクリックランキングベスト30』にランクイン。28位になりました。初めてかな。。。多分。上位はシルクHC、キャロット、東京サラブレッド、ロードが中心。ローレルクラブとユニオン中心でここまで健闘できていることは・・・もちろん皆さんのおかげです。今後もよろしくお願いいたします。

★写真をクリックすると大きくなります。ご覧ください。

エルトベーレの2014
(父ローレルゲレイロ×母父Lion Heart
牡 鹿毛 14年2月24日生
生産者→村田牧場 入厩先→昆貢厩舎
1510201
この仔の存在はずーっと前から気にしておりました。写真も見たことはないですけども、グランジゲレイロの出来があまりにも良かったので全弟にも同じ期待をかけ続けていて、募集にならないかな・・・と、思っておりました。
カタログで見た第一印象は・・・『グランジゲレイロに似ていない。。。これどうなの?』でした。
しかし、昆貢先生からは『違うように見えるけど首差しなどはグランジゲレイロに似ている。柔らかみがあって素質がある。兄のリベンジで函館2歳Sを。と考えている』ということで、見る人が見れば似ていると言えるんですかね?僕は何度見直しても似ていると思えないんです。いい馬だという評価はしていますけど。
1510202
兄よりも気持ち小さいがボリュームのある馬体は母の仔である所以。アメリカ産の母はローレルゲレイロとの配合専用のために買ってきた馬です。この配合に外れはないでしょう。
ローレルゲレイロ産らしい激しい気性は備えており、仕上がりの早さも期待できるとのこと。
1510203
歩かせても柔らかいですし、芝で走りそう・・・とは言いつつも、全兄グランジゲレイロもダートの方がいいのでは?という意見もありますし、この仔は更にパワータイプにシフトした雰囲気もあるので、ダート短距離で活躍しそうな雰囲気を僕は感じます。

場長さんからは『横からのシルエットがグランジゲレイロに似ている』とコメントしておりました。やっぱりこの仔の方が幅のあるタイプに見えるんだけどなぁ~。。。
1510204
9/30にファンタストクラブへ移動し、育成が始まるようです。
470キロから480キロでデビューさせたいとのコメントもありましたが、そうなるとグランジゲレイロと同じサイズを想定されているんですね。

ローレルゲレイロはローレルクラブの活躍馬ですが、優駿SSで繋養されており、安い種付け料ですが人気は高く年を追うごとに種付け数が増えていくレアケースな種牡馬だそうです。産駒の出来の良さと勝ち上がり率の高さがその要因のようです。先日も代表産駒のアイライン白秋Sを勝ち、オープン馬になりました。最初の評判が低くても実際に産駒が生まれてきて評価が上がり、その仔が活躍して更に評価を上げる。。。そういう馬は応援したくなりますよ。
1510205
グランジゲレイロは骨折により函館デビューを見送り。函館2歳Sも見送りました。
昆貢先生のことです。果敢にチャレンジしてくると思います。グランジゲレイロが見送ってきたことをすべてこの仔に達成されるかと思うと。。。後悔しても後悔しきれない。注意して見ていかなければなりません。

|

« ツアーレポート2015その13 | トップページ | ツアーレポート2015その15 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163964/62515639

この記事へのトラックバック一覧です: ツアーレポート2015その14:

« ツアーレポート2015その13 | トップページ | ツアーレポート2015その15 »