« ツアープレビュー2015アクセス数ランキング | トップページ | 2016新年交流会案内 »

2015年12月15日 (火)

12月5レースを振り返る

12月に入り2週間で5頭が出走しました。今日はこの5レースを一気に振り返ります。。。で始めた今日の文章ですが、、、3度目の書き直し。
1度目は、windows10のアップグレード更新だとか何かを自動的に行われ、、、既に書き終えていた文章(メモ帳にて記入)がなくなってしまうトラブル。90分かけました。そして、泣く泣く2度目のトライ。。。アップグレードされた後は、なんだか不安定。メモ帳で書き始めるも何度も(反応なし)になってしまいストップ。。。それでも休み休み書き、中盤戦へ差し掛かったところで、いきなり終了。。。2時間以上の作業が消えてしまいました。。。と言うことで、皆さんには何の非もないのですが、心折れましたので超短く書きます。スイマセン。

12月5日(土) 中山10R 舞浜特別 ダート1200m(牝) ファインスカイ 7着 秋山真一郎騎手

体重減も馬体の張りは良く期待しておりましたが。。。スタートはまずまずでしたが二の脚つかず中団へ。それでも、ゴチャつかないいいポジションにつけました。コーナーでは外に膨らみ、直線もじわじわと伸びてはいるのですが、内を掬った馬の方が伸び脚が良かったですね。5着争いの格好になりましたが内から差されての7着。まずまずだったかなと思います。

クラブからのコメント
秋山真一郎騎手「内に潜り込んで最後にサッと脚を使う競馬の方が良かったけど、スタートから3~4頭横並びで行ってしまったからね。最後も良い脚が少ししか使えませんでした。ダラダラした競馬になってしまいましたね」

角田晃一師「少ししか脚を使えない馬ではあるけれど、もう少し上手く乗って欲しかったのが本音ですね。このクラスでもやれる力は持っているはずですので、チャンスを作ってあげたいです」

ファインスカイは明け6歳になりますが現役続行となりそう。これからは1戦1戦が引退と背中合わせの勝負です。頑張って欲しい。

12月5日(土) 阪神12R 3歳以上1000万下 芝1200m ムーンエクスプレス 2着 松山弘平騎手

こちらは叩き3戦目で更に良くなりました。強敵スナッチマインドが居ますが、スナッチマインドが後方なら粘れるかもって思いました。
レースはゲートはそこそこでしたが二の脚が速く2~3番手の内側へ。理想的な位置取りで最後の直線へ。逃げたフォンタネットポーは少し楽をさせたので逃げ切り濃厚でしたが、直線ですぐ外に居たショウナンアズサピンストライプに封じ込まれないかを心配しましたが、能力の差でアッサリ交わしますが・・・やはり出てきました。大外からスナッチマインドが強襲。一時は並ばれるも、ここからムーンエクスプレスも頑張ります。再度前に出る力強さ。そして、再びスナッチマインドが急追したところでゴール。体勢不利かと思いましたが魂の走りで2着同着。。。頑張りました。

クラブからのコメント
松山弘平騎手「狙い通りのポジションが獲れましたし、道中はリズム良く運ぶ事が出来たのですが、あまりペースが上がらなかった分、前を捕まえられませんでした」

鈴木孝志師「もう少し早めに動いても良かった様には思いますが、ポケットにも入っていたし、展開に負けましたね。競馬内容はそう悪くなかったですし、クロス鼻革の頭絡に替えて操作性は良くなりました。この後はしばらく1400の番組が無いので、少しどうするか考える時間をください。放牧に出すとまた最初からやり直しになってしまいますし、馬次第ですが、距離をマイルに変えて続戦させる事も考えています」

距離延長と言うことで、中京日経賞を期待していましたが、サンクフルハンデキャップへの出走が発表されました。2015年未勝利。最後に勝って笑いましょう。
 
12月6日(日) 中京10R 浜松S 芝1200m ローレルベローチェ 1着 中井裕二騎手

こちらは中京競馬場観戦記で書いた通りですので、省略いたします。次走等のこともあるので後日特集を組みます。

クラブからのコメント
中井裕二騎手「いつもより気合いを入れて行きましたが、行くだろうと思っていたのが遅れ気味でしたから、案外短い距離でスーッと馬任せにすることができました。コースが広くコーナーが緩やかなこともありますけど、3コーナーでバカ付くことはなかったです。でもやはり1600万下への昇級で誰かは後ろから来るだろうと。ベローチェ自身も後ろからの馬が視界に入るのは好きではないので、直線は早めに仕掛けたんです。今のベローチェは僕の意図することに応えてくれるまでに力を付けています。それと、担当の平木厩務員さんもスイッチが効くように上手に仕上げてくれました」

飯田雄三師「食べた分が全部筋肉になっていると獣医が言っていたように、充実してきました。後は中井の努力に尽きるでしょう。毎日地味な調教から跨がって、1000万、1600万特別を連勝させたのですからね。強い競馬でした。今後も状態と番組を見ながら芝1200を中心に使って行きましょう」

12月12日(土) 阪神2R 2歳未勝利 ダート1200m スプレーモゲレイロ 5着 藤岡康太騎手

まずは6番人気に推されたことにビックリ。でも、この馬はパドックでの雰囲気がいいんですよね。強そうに見えます。見栄えがするっていうかね。
レースはゲートが下手体重が後ろに残っちゃうので、上に力が抜けてしまう。。。しかし二の脚の速さでカバー。好位につけます。気合をつけて外々を回り直線へ。藤岡康太騎手のアクションにしっかり答え最後まで頑張って走りゴール直前で1頭抜き5着。ローレルベローチェの勝利よりもビックリしました。根性あるし頑張り屋です。

クラブからのコメント
藤岡康太騎手のコメント「真面目な馬ですね。スタートで置かれて、砂を被って嫌がっていましたけど、最後まで止めずに一生懸命走ってくれました。直線で外に出したら反応良く伸びてきましたし、慣れてくればすぐにチャンスが回ってきますよ。追っつけ追っつけでしたが、忙しいというよりは、まだレースを分かっていない感じ。距離はこのくらいで良いと思います」

次走もう1回使うかな。。。走り方からすると芝の方が良さそうですけど、相手はダートの方が弱いですからね。。。どのレースを選択しますでしょうか?

12月13日(日) 中山10R 
美浦S 芝1800m ローレルブレット 12着 長岡禎仁騎手

1戦損した。。。と言うのは結果論。前走の積極的な競馬でもしかしたら。。。のシーンを見たら、この積極策も仕方ないしよく頑張ったと思う。でも、雨で芝が濡れていたことが敗因だったと思う。かなり走り辛そうでしたから。
パドックでは尻っぱねするシーンも映し出されており、ローレルブレットファンからすると頼もしい限り。
レースはビックリするくらいの好スタートから2、3番手を追走。ここから出入りの激しい競馬になり、内側の湿った馬場で苦しんでいたローレルブレットは直線手前で手応えが無くなって万事休す。巧く乗ったとは言えませんけど、騎手のせいでもないかな。。。残念ではあるけども。

クラブからのコメント
長岡禎仁騎手「道悪は駄目ですね。スタートからポジションを取りに行きましたが、頭を上げ気味でノメッていたので進んで行かなかったです。そんな様子なので、今日は追走で体力を消耗しました」

竹内正洋師「道悪もありますが、コーナー4つの競馬はやっぱり向かないのかな。条件を考えて次に進めます」

次はどの条件で走らせるのか?非常に興味深いですが、中山は本当にないのでしょうか?京都もダメ、中山もダメ。。。だと、走るところないよ。。。

と言うことで、散々な目に遭いました。。。今日はここまで。

|

« ツアープレビュー2015アクセス数ランキング | トップページ | 2016新年交流会案内 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 12月5レースを振り返る:

« ツアープレビュー2015アクセス数ランキング | トップページ | 2016新年交流会案内 »