« スティンライクビーが復帰戦勝利 | トップページ | 決断のとき »

2015年12月21日 (月)

一口馬主生活最高のとき

スティンライクビー勝利の余韻からまだ抜けない状態です。

振り返ると。。。ローレルシード以来10年ぶりの関東所属馬の勝ち星。通算2勝目となります。

最強世代と期待した12年産ですが、これで4頭目の勝ち上がり。7頭出資した中の4頭勝ち上がりです。
☆☆ムーンエクスプレス
グランジゲレイロ
ピアレスピンク
スティンライクビー
マザーアース
パンテーラネロ
ラームリュンヌ
ということで、期待に応えてくれていると思います。マザーアースは最後の最後までキャノンプレートとどちらに出資するか迷ったワケですけど、後悔はしておりません。マザーアースは僕の出資した唯一のディープインパクト産駒として、心に残っております。見た目だって良かったんですからね・・・。

そして、現在の陣容を振り返ってみると。。。
ローレルベローチェ OPクラス
ローレルブレット 1600万下クラス
ファインスカイ 1000万下クラス
ムーンエクスプレス 1000万下クラス
スティンライクビー 1000万下クラス
グランジゲレイロ 500万下クラス
ピアレスピンク 500万下クラス
ティノ 未勝利クラス
グランパルファン 未勝利クラス
スプレーモゲレイロ 未勝利クラス
ベストティアラ 新馬クラス

の11頭。集計するとオープン馬1頭、準オープン1頭、1000万下3頭、500万下2頭。。。今までにない分厚い布陣になっております。それも若い世代が中心であり活気がある。そこに12年産世代を超えると期待している最強世代2ndである14年産世代が大挙参戦するワケです。
一口馬主2004年夏に初出走を果たし、12回目のシーズンになりますが、最高の時代を迎えようとしております。(シルクさんやキャロットさん所属の会員さんと比較するとショボいと思いますけど)
最高の時代を盤石にするためには13年世代の活躍と14年世代が総コケしないことが必須です。

さて、2015年の競馬もラスト1週。2016年を更に楽しみに思わせるレースを期待しています。

|

« スティンライクビーが復帰戦勝利 | トップページ | 決断のとき »

コメント

スティンライクビー優勝おめでとうございます!
とても強い勝ち方で昇級後も期待できますね。
高い勝ち上がり率、分厚い布陣羨ましいです。
それだけ馬を見る目があるのでしょう。

キャロットはG1馬がいますし活躍が目覚ましいですよね。ただ抽選で好きな馬が選べないのが難点かと。

それぞれのクラブの成績をみてみると
2011年産オープン馬
・キャロット 4/88頭
・シルク 0/62頭

2012年産オープン馬
・キャロット 7/86頭
・シルク 2/60頭

オープン馬は意外といないですね。
ただ勝ち上がり率がいずれも50%前後と高いです。

まとめると好きな馬に出資できるローレルクラブの馬で50%以上の勝ち上がり率を維持できれば一番良いのではないでしょうか。それもベローチェがオープン馬ですしまち3さんが羨ましいです。

投稿: ko | 2015年12月21日 (月) 21時39分

>koさん

スティンライクビーは強かったです。ありがとうございました。

シルク、キャロットとも思ったよりもオープン馬が少ないんですね。ローレルクラブでのオープン馬がなかなか出なかったことも、このデータから頷けます。

ローレルとユニオンは好きですし、ここで活躍馬を持ちたい。。。そう思っています。(心揺れた日もありますけど)

秋のツアーで見た馬の中からオープン馬が出るといいですね。。。

投稿: まひ3 | 2015年12月22日 (火) 23時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163964/62913182

この記事へのトラックバック一覧です: 一口馬主生活最高のとき:

« スティンライクビーが復帰戦勝利 | トップページ | 決断のとき »