« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月31日 (月)

ツアーレポート2016その26

昨日は京都競馬場に行ってきました。そして、天候次第だけど今週は牧場に行ってくる予定です。ということで、いろいろと書かないといけないこともあるんだけど、1ヶ月以上前に行ったローレルツアーのレポートを書き終えておりません。まずはローレルツアーレポートを書き切らなければ。。。頑張ります!!

★写真をクリックすると大きくなります。ご覧ください。

ローレルベローチェ
父サクラバクシンオー×母ヘイローフジ
牡 栗毛 飯田雄三厩舎

久々に来ました~。協和牧場~~。ここは好きな場所なんですよね~~~。
1610311
今年は馬房の中に居ましたが、アサカディフィートにしっかりあいさつしてきました。

ここで見学したのはローレルベローチェです。ここ協和牧場でゆっくり休んでいますので、身体は緩んでいますけどやっぱり2歳馬や募集馬とは迫力が違います。オープン馬でありシルクロードS2着馬ですから。。。
1610312
相変わらず立派なトモ。そして、前にもボリュームがあり芝も走れるけどダートもいけそうな馬体は健在です。先日スプリンターズSを勝ったレッドファルクスと同じような雰囲気がありますね。
1610313
札幌競馬場から協和牧場に来たときは、だいぶ疲れた様子でしたが、落ち着いた環境で回復してきたとのことでした。
この後は10月中に宇治田原優駿Sに移動(これは実行されました)して、年内に再度芝の短距離に挑戦するようです。。。
1610314
しかし、、、年内のレースで出走の可能性があるのは、ラピスラズリSか、ダート戦ですけどカペラSくらい。それを逃すと。。。昨年と同じ淀短距離SシルクロードS高松宮記念のローテーションではないでしょうか?
1610315
久々に協和牧場から募集馬を~。。。という声に対して、ファインスカイの初仔を提供します。。。とのことでした。因みにこの話は、ファインスカイが引退する半年前に既に場長さんから聞いておりました。黙っていてスイマセン。
因みに、ファインスカイの初仔のお相手はヘニーヒューズ。。。この言葉が出た瞬間に、、、会員さんからは何とも言えない“どよめき”が。。。
1610316
芝ダート兼用のファインスカイに芝ダート兼用のヘニーヒューズ。。。いいなじゃないでしょうか?楽しみです~
1610317
では、今日はこの辺で失礼します。

読んでくださいましてありがとうございました。

ローレルクラブ・ユニオンへの入会希望の際には紹介させていただきたいので連絡をいただきたいと思っております。どうぞよろしくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月定例反省会

現在、スカパー無料放送中。ベストティアラのレースも見られます。明後日の園田です。

それでは10月の反省会です。

①年間出走数・・・80戦
1月・・・7戦
2月・・・6戦
3月・・・8戦
4月・・・7戦
5月・・・2戦
6月・・・3戦
7月・・・6戦
8月・・・4戦
9月・・・2戦
今月は。。。7戦です。80戦と考えれば、これが平均ですからね。あと2ヶ月で15戦ずつしないといけないワケですからね。。。絶望的な数字です。

②3歳馬全馬勝ち上がり
未勝利戦は終わりましたが11月からベストティアラリベンジマッチ(再ファンド)が始まります。

③年間勝利数・・・10勝
今月はスティンライクビーが頑張って1勝。5勝。。。あと2ヶ月で5勝か。。。10勝の壁って難しいですね。

④新馬戦勝利
ジークグランツが7着デビュー。今週はローレルメーゼが出走。あと数と出走できないかなぁ~。。。

⑤引退馬2頭以内
引退は無いけど成績も上がらない。

⑥重賞2着以内
今月の出走もないなぁ~。。。年内にもう1戦どこかで誰かが出走しないかな?

⑦GⅠ出走掲示板以内
今年は終戦の模様。。。

⑧年間3勝馬の出現。
スティンライクビーが2勝目。まだ2戦くらい走りそうなので、スティンライクビーに期待。

⑨総賞金1億3000万円以上
6,964万円から1200万円増の8,164万円になります。13,000万円まで5,000万円です。難しい。

⑩競馬場全場勝利
スティンライクビーの東京再挑戦に期待。。

⑪口取り
今週は口取り失敗。11月中にもう一回行こうかどうしようか?

⑫馬券でプラス
愛馬馬券のマイナスがキツいですね。。。愛馬が出ていないレースの収支はプラスです。

⑬牧場見学・競馬場観戦を合わせて10回以上
京都競馬場に行きました。そして、今週に牧場に行ってきます。

⑭愛馬の名前を付ける
2015年産馬名検討中。ちょっとずつ形になってきています。

⑮愛馬のレースをその日のうちに必ず見る
見てます。

⑯懸賞で12回以上当てる
これが当たりました。
1610310
10/6の投稿でジェンティルドンナのクオカードが当たったことを報告しましたが、全く同じものです。
それから、JRA「夏の2歳単勝キャンペーン」の賞品とオッズマスターズグランプリの名古屋コーチンの味噌漬けとゼッケンで、5本当たりました。凄いですね。

⑰休日は家の仕事を率先してやる
口だけになっています。。。一応カミさんに言われてやっていますけど。。。

⑱ブログアクセス数500以上(アベレージ)
今月は26,000アクセス(まだ増えていますけど)
1日平均は839アクセスになります。ツアーのお陰ですけど。競馬場速報も人気でした。

今月は、ブログのアクセス数の多さに尽きます。本当に大勢の方に読んでいただけて、嬉しいです。これからも頑張ります!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年10月30日 (日)

20161030京都競馬場探訪速報⑧

京都2R 2歳未勝利(牝)
ウィッシュノート
京都3R 2歳未勝利
ジェルファルレイ /
スティーマーレーン /
アドラメレク /
マイネルシルバリー /
レッドストーリア
京都4R 2歳新馬
ベディヴィア /
ブラックジェイド /
エルデュクラージュ /
プライムコード
京都5R 2歳新馬
サンタテレサ /
ザモンゴメリー
京都6R 2歳500万下
メイクグローリー
京都7R 3歳以上500万下
セカンドエフォート /
ワンダフルラスター /
キングカーティス
京都8R 3歳以上500万下
ジュールポレール /
エールデュレーヴ /
リーサルストライク /
ファンタサイズ
京都9R 北國新聞杯(1000万下)
マイアベーア /
ツィンクルソード /
ムーンエクスプレス /
ラッフォルツァート

写真は撮りましたが、使えるものと加工が必要なものがありまして。。。

また、少しずつ投稿します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20161030京都競馬場探訪速報⑦

現在、帰りの車内です。

写真は3レース2着のレッドストーリア。
14778169264640


| | コメント (0) | トラックバック (0)

20161030京都競馬場探訪速報⑥

サンタテレサはデビュー戦。こちらもキャロット馬。
人気になっていたので、3連勝もあるか?と思わせました。
14778164411150


| | コメント (0) | トラックバック (0)

20161030京都競馬場探訪速報⑤

ユニオンのキングカーティス。
よく頑張りましたが、ムーンエクスプレスと同じ着順(5着)でした。
14778163102170


| | コメント (0) | トラックバック (0)

20161030京都競馬場探訪速報④

ムーンエクスプレスは良かったよ~

ご覧の通りです。
14778161396490


| | コメント (0) | トラックバック (0)

20161030京都競馬場探訪速報③

京都4レースもキャロットのエルデュクラーシュが優勝。

口取りの様子です。

羨ましい~

スティーマーレーンに続いての連勝でクラブスタッフさんも忙しそう。
14778152743330


| | コメント (0) | トラックバック (0)

20161030京都競馬場探訪速報②

ジェルファルレイが出走する予定だった3レース・・・
勝ったのはスティーマーレーン(キャロット)でした。

口取り写真は撮り損ねましたがパドックは・・・ジェルファルレイが居ないパドックでした。
14778107789640


| | コメント (0) | トラックバック (0)

20161030京都競馬場探訪速報①

ジェルファルレイが競走除外。

安心してください。

装鞍所で放馬。
かすり傷を負い出血。軽傷です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月29日 (土)

明日は京都へ口取り狙います

明日は京都へ。今日は明日の交通費を稼ごうと目論んでおりましたが、大敗。。。明日の交通費は倍以上(笑)
明日は愛馬も馬券も頑張ります!

2016/10/30(日)
3R
2歳未勝利
芝2000m / 天気: / 馬場: / 発走:10:50
4回京都9日目 2歳
[指定] 11頭
本賞金:500、200、130、75、50万円
1 エイシンルーシー 牝2 54 酒井
2 クリノハリウッド 牡2 55 幸
3 ジェルファルレイ 牝2 54 水口優也
4 スティーマーレーン 牡2 55 和田
5 シャドウブリランテ 牡2 55 藤岡康
6 エスピリトゥオーゾ 牡2 55 四位
7 バーディーズカフェ 牡2 55 秋山
8 アドラメレク 牡2 55 浜中
9 マイネルシルバリー 牡2 55 国分優
10 ウエスタンアッレ 牡2 53 義
11 レッドストーリア 牝2 54 松若

レース評…順当 小波乱 順当決着 上位拮抗

短評・・・前走馬場応え

予想コメント
▲。。。
△。。。
▲。。。ジェルファルレイも上位へ

調教
2016/10/26(水)
CW 良 水口 84.8-69.4-54.6-39.3-12.1 一杯
サンタテレサ一杯を6Fで0秒7追走1F併せで併入
アルアイン一杯を6Fで0秒7追走1F併せで0秒1先着
やや良化 評価C

厩舎コメント
池江泰寿調教師
前回は馬場が応えたね。もともと攻め駆けするが、この中間も結構動いているし、もう1ハロン延びてもと思わせる馬。

クラブからのコメント
兼武助手「先週の動きも悪くなかったですし、今週の動きは競馬に行っても恥ずかしくないものでした。放牧は挟みましたが、前走からの間隔は開いていませんし、状態は良いと思います」

★★★3走目。デビュー戦は魅力いっぱいの5着。前走は馬場に脚を取られていいところなく8着。今回が勝負です。初の京都になりますが、先行力もあると思いますし、楽しみです。
調教は良く動きますね。デイリーの調教評価はCですけど、、、いいと思うんだけどな。
鞍上は水口優也騎手。。。あまりイメージがありません。調教できっちり走らせているので、何とかしてくれることでしょう。
3番枠は。。。内側に包まれることになると心配ですけど、11頭立ての長距離戦。馬群がばらける展開になるでしょうし、心配ないと思います。
このレース。。。スティーマーレーンキャロット)、アドラメレク(GⅠレーシング)、レッドストーリア(東サラ)。。。人気馬はクラブ馬が多く、更にマイネルシルバリー(ラフィアン)も出走します。
パドックやゴール板前は各クラブの会員さんで溢れるでしょう。。。負けられません。頑張ります!

続いては。。。

9R
北國新聞杯
芝1400m / 天気: / 馬場: / 発走:14:15
4回京都9日目 3歳上 サラ3歳上1000万下
混[指定]ハンデ 11頭
本賞金:1500、600、380、230、150万円
1 タガノバラード 牝5 52 古川
2 グレイスミノル 牝4 54 浜中
3 マイアベーア 牡4 54 松若
4 ビナイーグル 牡3 55 和田
5 ガルデルスリール 牝5 52 藤岡康
6 サンセットスカイ 牡6 54 坂井
7 ツィンクルソード 牡5 53 小牧
8 ムーンエクスプレス 牝4 54 秋山真一郎
9 ボールドジャパン 牡5 53 中谷
10 ラッフォルツァート 牝4 53 幸
11 キアロスクーロ セ3 55 松山

レース評…ヒモ穴注 小波乱 先行有利 逃げ注意

短評・・・1ハロン短縮歓迎

予想コメント
△。。。
☆。。。
△。。。
▲。。。ムーンエクスプレスは単騎ハナ。粘り込み可能。

調教
2016/10/26(水)
栗坂 良 助手 54.7-39.7-25.6-12.6 一杯
多少良化 評価C

厩舎コメント
ムーンエクスプレス(1400メートルで)
小栗助手
前走は休み明けだったとはいえ負け過ぎの感がありますが、今回は相性のいい1400メートル。現級勝ちした時と同じ斤量で前進を。
ポイント。。。近走が冴えないが、1ハロン短縮は好材料。叩いて上積みが見込め、単騎ハナで展開利も。一変可。

(小栗助手)
→前走は距離が長かったし、デキも本来のものではなかった。今は体もふっくら見せて、状態面の問題はない。2歳レコードを記録した距離なので今後にメドの立つ内容を期待。

馬体増は良かったが、やはりマイルは少し長い。上積みも感じるし一変を。〈鈴木孝志師〉評価○

クラブからのコメント
鈴木孝志師「中1週ですので終い重点で調整程度の内容でしたが、ラストの伸びは良かったです。適距離だと思う1400であらためて期待しています」

★★★コチラはもう少し内枠が良かった。。。スタートを決め、スーッと中に入れればそれで問題ないけど。テンのスピードがない馬が多いので、そこを生かさないと。。。キアロスクーロが逃げようしているようなので、気を付けたいところ。
京都1400mは⑤①④⑤と着外なし。絶好の舞台です。
調教は以前より動かないですけど、これだけ動けば大丈夫でしょう。
今回は人気がないと思いますが、馬券的にはチャンスです。
馬体重の大幅減だけは無いように出てきてもらいたいかな。。。
楽しみにしていますよ~

最近は現地応援に行くと愛馬が好走する確率が高いです。そして、馬券も負けません。。。このジンクスをしっかり運んで楽しみたいと思います。

明日の京都出走クラブ馬です。応援しています!!
京都2R 2歳未勝利(牝)
ウィッシュノート
京都3R 2歳未勝利
ジェルファルレイ /
スティーマーレーン /
アドラメレク /
マイネルシルバリー /
レッドストーリア
京都4R 2歳新馬
ベディヴィア /
ブラックジェイド /
エルデュクラージュ /
プライムコード
京都5R 2歳新馬
サンタテレサ /
ザモンゴメリー
京都6R 2歳500万下
メイクグローリー
京都7R 3歳以上500万下
セカンドエフォート /
ワンダフルラスター /
キングカーティス
京都8R 3歳以上500万下
ジュールポレール /
エールデュレーヴ /
リーサルストライク /
ファンタサイズ
京都9R 北國新聞杯(1000万下)
マイアベーア /
ツィンクルソード /
ムーンエクスプレス /
ラッフォルツァート
京都10R 御陵S(1600万下)
ロードフォワード
京都11R カシオペアS(OP)
クラリティシチー /
レプランシュ /
フェイマスエンド /
ウインリバティ /
ベルーフ
京都12R 3歳以上1000万下
ヒドゥンブレイド /
ジョディーズロマン /
グリューヴァイン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ツアーレポート2016その25

今日は。。。期待していた牡馬2頭(ローレルブレットスティンライクビー)が掲示板にも残れず惨敗。ちょっと残念でした。そして散財。。。気持ちを切り替えようと思います。

それではツアーレポートです。

★写真をクリックすると大きくなります。ご覧ください。

キャタラクトの2015
(父ルーラーシップ×母父Storm Cat
牝 鹿毛 15年3月8日生
生産者→松浦牧場 入厩先→矢作芳人厩舎

去年は松浦牧場で見学(ツアーレポート2015その29)しましたが、今年は諸事情がありまして、既にチェスナットファームに移動しております。
1610281_2
昨年は堂々した立ち振る舞いが印象的で、会員さんにも触れられておりましたが、、、今年は事情が違う。
右後肢の捻挫および関節炎を発症しており、サンシャインパドック放牧と舎飼い。競走能力に影響が出るほどではないのですが、そこそこの時間を要する怪我となっていたのです。育成にも影響ないそうです。
1610282_2
写真でもお分かりかと思いますが、首の角度が低い。。。これは怪我の影響でもなく、競走能力の影響でもなく、、、眠たいだけなんですね。。。場長さんに質問したので間違いないです!普段は元気だそうですので安心してください。

普段のこの時間はお休みだそうです。
1610283
まずは、ルーラーシップ産駒の活躍。現時点で41頭がデビューし8頭が勝ち上がり。芙蓉Sではルーラーシップ産駒のワンツー(キングズラッシュレジェンドセラー)、重賞でもタンビュライトやイブキが好走。2歳リーディング5位ですからね。。。昨年のツアー時も種牡馬ルーラーシップの評価が高く、実は『そこまでの馬か~?』って、疑っていたところもあるのですが、やっぱり専門家の方の見立ては凄いです。
1610284
母キャタラクトは重賞勝ち馬こそ出していませんが、ペルルノワールミヤジエルビスといった活躍馬を生んでおります。ペルルノワールといえば現役時代は能力はあったが、脚元の不安と常に闘っていた馬です。この仔も捻挫がありましたが、ペルルノワールのような脚部不安は関係ないとのこと。ちょっとお転婆が過ぎた怪我ですから。。。
1610285
ルーラーシップの種付け料は高騰中。活躍馬を出している母との仔でこの価格は破格の設定です。

怪我で動けていませんが、馬体の良さは抜群。柔らかみがあってメリハリのある馬体はセンスの表れ。怪我が癒えて動けるようになったら更に迫力のある馬体に変身してくるものと思います。
1610286
現時点での馬体重は443キロ。コンパクトな馬体はキングカメハメハルーラーシップの強い遺伝であると思います。前が少し勝っているように見えますのでダートが強いのか?と思いますが、後ろを怪我しているんですもんね。。。この見立てはあてになりません。しっかり調教を積んだのちに再チェックしたいと思います。

予定している矢作芳人厩舎は今年のリーディング(現時点)です。成績や管理については言うことはありません。この矢作芳人先生は人気がありまして。矢作芳人ファンを集めてツアーをされるようです。そして、昨年は松浦牧場に来て、この仔をめちゃめちゃ宣伝されたそうです。先生からかなり気に入られている様子。先生から気に入られると言うことは本当に大切なこと。出資するに大事な要素の一つです。
1610287
オープン馬ミヤジエルビスより(能力が)上。そして、ミヤジエルビスより気が強い。お褒めの言葉が並びます。そして、『脚元も丈夫ですよ』と、、、この状態では説得力がないですけど(笑)
普段はうるさいけど調教は前向きなタイプで、牝馬はこのくらいの(気性の)ほうが楽しみ。。。とのことで、育成場でも期待されています。

このツアー直後に松浦牧場に戻ることになっております。

僕はロードカナロアの馬体も好きなんですけど、キングカメハメハ系の馬体が好きなことに気づきました。
昔は長距離を走れそうな胴伸びのある馬体が好きだったのですが、筋肉の付き方である程度馬を見れるようになってから(本当はよくわかってないんですけど)は、ガッチリタイプも好きになってきているような気がします。

ルーラーシップポテンシャルを体現した好馬体好素質の本馬に期待しています。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2016年10月28日 (金)

土曜2頭、日曜2頭

週末4頭出し。。。3頭出しは記憶にあるけど、4頭出しは。。。あまり記憶にない。もしかしたら1回くらいあるかもしれないけど。。。土曜日2頭、日曜日2頭。。。頑張ってもらいたい。

2016/10/29(土)
1R
3歳上障害未勝利
障2850m / 天気: / 馬場: / 発走:09:50
3回新潟5日目 障害3歳上
定量 14頭
本賞金:750、300、190、110、75万円
1 トーアディラン セ3 58 大江原
2 カズノテナンゴ 牡4 60 草野
3 サトノギャラント 牡7 60 五十嵐
4 タイセイエナジー 牡4 60 石神
5 ハギノパトリオット セ4 60 熊沢
6 ローレルブレット 牡7 60 浜野谷
7 メイショウルンバ 牝5 58 森一
8 スズカグランデ セ5 60 林
9 コリャコリャ 牝5 58 山本
10 マンテンロード 牡3 58 佐久間
11 ハクユウドルフィン 牡5 60 難波
12 ラスカルトップ 牡7 60 北沢
13 シゲルロウニンアジ 牡3 58 植野
14 ノーブルクリスタル 牡4 60 上野

レース評…先行警戒 相手探し

短評・・・2度目で一変

予想コメント
○。。。
ローレルブレットは初障害で、飛越後の躓きが響いたが、そこまではスピード十分。経験を糧に一変。

調教
2016/10/26(水)
美P 良 師 67.9-53.4-40.4-13.0 馬也
追毎良化 評価B

厩舎コメント
竹内正洋調教師
〇前走は2週目の飛越でリズムを崩した。背中の感じが良く、スムーズなら。

クラブからのコメント
竹内正洋師「先週しっかりやっているので調整程度ですが、背腰の状態が良いので前回より良い状態で使えると思います。障害を仕込んだ浜野谷騎手に代わりますし、2戦目で慣れも見込めますので楽しみにしています」

★★★障害レース2戦目。。。前走後は背腰の状態が良く、竹内正洋厩舎転厩後初めて放牧地で治療を行わずに過ごせたそうです。前走は山本康志騎手でしたがこれは代打。今回は乗り慣れた浜野谷憲尚騎手に戻ること。これは大きなプラスです。
そして、調教でも動きは抜群。その様子を見ていた某厩舎の障害馬を多く手掛けている某調教助手さんが『この動きならこの馬が勝つわ』と、言わせました。
前走は急仕上げでも、躓くまでは上位争い。その集中力を欠きましたが、やれるところを十分に見せました。
ここは勝ち負け。。。馬券的にもサトノギャラントの1本被りで人気を落としているだけに勝負です!

続いて。。。

10R
神無月S
ダ1400m / 天気: / 馬場: / 発走:15:10
4回東京8日目 3歳上 サラ3歳上1600万下
混(特指)定量 16頭
本賞金:1820、730、460、270、182万円
1 ナンヨーカノン 牝6 55 Mデムーロ
2 スティンライクビー 牡4 57 吉田豊
3 マシェリガール 牝3 53 大野
4 ゴールドスーク 牡5 57 内田博
5 グラスエトワール 牝4 55 木幡広
6 メイショウカノン 牡5 57 柴田大
7 サクセスグローリー 牡5 57 北村宏
8 エイシンバランサー 牡4 57 田中勝
9 サングラス 牡5 57 蛯名
10 アルテ 牡5 57 古川
11 ニットウスバル 牡4 57 柴田善
12 アールプロセス 牡5 57 石川
13 ベストマッチョ 牡3 55 ルメール
14 トウカイビジョン 牡6 57 松岡
15 ビッグリバティ 牡7 57 柴山
16 サウススターマン 牡5 57 横山典

レース評…伏兵注意 上位拮抗 小波乱 

短評・・・昇級と千四が鍵

予想コメント
○。。。スティンライクビーは勢い十分。

調教
2016/10/26(水)
南W 良 江田勇 83.4-67.5-51.8-37.8-13.0 強め
ロッカフェスタ強めと6F併せで0秒4遅れ
元気一杯 評価B

厩舎コメント
右側だけブリンカーを着けるので左回りもOKのはず。脚質に幅が出てきた。〈田村康仁師〉 評価〇

→前走後は放牧に出たがすぐに帰厩してここを目標。今回は右だけ片ブリンカー着用の予定。前回は前で競馬ができて収穫があったし力的にはやれても

クラブからのコメント
田村康仁調教師「幾らか重い感じなので遅れてしまいましたが、この追い切りでピリッとしてくるでしょう。今回は左回り対策でブリンカーを使ってみます。前走で逃げない競馬も出来ましたし、モタレなければこの条件でもやれると思います」

★★★スティンライクビーは思ったよりも印がありませんね。昇級と距離延長と左回りと嫌う要素がいっぱいありますからね。。。仕方ないかな。
まず調教ですが、かなりいい動きだったそうです。併せた相手は調教横綱のロッカフェスタ。この馬についていったこの時計は上々であるとのこと。遅れても問題ありません。
このレースへの出走は、、、吉田豊騎手の意見ではなく田村康仁先生の自信らしいです。調教での左回り対策は。。。やっていません(笑)。というよりもできないそうです。
左回りのモタレ癖は、左回りというよりも疲れたから出る症状らしいのです。ということで、中山1200mは余裕残しで勝っているということ。ということで、調教では疲れるまで追い込まないので左でもモタレないのです。
逆に言うと、左回りだから負けるのではなく、レースで力が及ばず負けるのであり更に力を出し切るとモタレるということです。ということで、以前よりも力をつけている今ならこの条件でもやれるのでは。。。という師の判断なのです。
幸運にも内枠を引いて、前走で砂を被っても戦えるところを見せましたので、人気がない今回が勝負です。

ローレルブレットスティンライクビーで明日の京都遠征代をガッチリ稼げると思っております。

ジェルファルレイは良馬場が希望。ムーンエクスプレスは内側の枠を希望。。。これが叶えば日曜日も2連勝。。。期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

我がファミリー長距離の星誕生

レースを振り返らないと。。。今週末は4頭が出走予定。忙しくなりますからね。。。

10月22日(土) 東京5R 2歳新馬 芝2000m ジークグランツ 7着 内田博幸騎手

あまり、会員さんを喜ばせるようなコメントが聞こえてこなかったジークグランツのデビュー戦。体重も気になるところですが、実際に映像を見て自分の中でどんな感想が生まれてくるんだろう。。。と、気になっておりました。

馬体重の発表は430キロ。心配していた体重は合格ラインギリギリの数字ではありますが、関東遠征を考慮すれば素晴らしい準備だったと言えると思います。

パドック映像も見ましたが、力強くパドックの外目を歩く姿は想像以上に頼もしく、デビュー戦での一発もあるのではないかと思わせる出来でした。『なんだぁ~いい馬じゃん。』今まで過度なリップサービスはありませんでしたが、この馬への期待の大きさの裏返しが厳しいコメントにつながっていたのではないか。。。と感じました。

スタートも五分。道中は鞍上の指示にもしっかりと応えながらの¥も意欲のある走りを見せ、中団をきっちりキープ。

徐々に先頭集団との間合いを詰めセンスのあるところも見せます。

直線入口では馬場の3分どころを7番手~10番手で入ってきました。強い馬ならここから伸びて先頭を次元の違う末脚で飲み込む絶好のポジションだったのですが、、、なかなか伸びない。。。それでもなかなかバテない。。。
人気の一角を担ったラボーナと競り合う形で、競り落とし前から下がってきた馬を交わすも、外から伸びた馬には差されるといった感じで7着フィニッシュ。
1番人気のクレッシェンドラヴにも勝ちましたが、上位争いを展開するところまでも生きませんでした。

クラブからのコメント
内田博幸騎手「デビュー戦で長距離輸送でしたが、馬は落ち着いていました。跨がると少し気合いが入って雰囲気は良かったですよ。ペースが遅かったですが、内に入れてうまく折り合ってくれました。直線で追い出してからの反応も良かったですよ。まだ、トモが固まっていないので、その差が出たと思いますが、もっとパンとしたら走りそうですよ。デビュー戦の内容としては、悪くないと思います。長い距離が良さそうですね」

野中賢二調教師「デビュー戦で長距離輸送でしたが、馬は落ち着いていました。跨がると少し気合いが入って雰囲気は良かったですよ。ペースが遅かったですが、内に入れてうまく折り合ってくれました。直線で追い出してからの反応も良かったですよ。まだ、トモが固まっていないので、その差が出たと思いますが、もっとパンとしたら走りそうですよ。デビュー戦の内容としては、悪くないと思います。長い距離が良さそうですね」

思っていたよりも全然いい馬であり、今後のことを考えるとかなり期待しちゃう馬になりました。
長距離をしっかり走れる馬って、夢が広がります。一つ勝ったら先々楽しめますからね。この仔にはそんな資質があると感じました。まだまだ体ができていない感じはありますので、ここで休養を取って成長を促し、次に戻った時に体重がある程度乗っているようならアッサリも。
そして、クラシック戦線に顔を出せる馬にならないかなぁ~~。。。そんな気持ちが湧いてきます。

久々に長距離戦線で活躍しそうな馬の出現を嬉しく思います。

ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月27日 (木)

ローレルクラブに入会しませんか?

2本立ての2本目はちょっとパンチ不足な文章になっちゃいますけど。。。お得な情報です。

ローレルクラブにまだ入会されていない方で、入会を迷っている方。。。“今の入会”がお得です。入会を迷って・・・数週間後に入会すると損しちゃいますよ~~

ここでは詳しく言えないこともありますので、申し訳ないのですが・・・入会を迷っている方、のちに結局入会しちゃう方。。。一番得する方法をレクチャーできます。

是非是非紹介させてください。。。

あのぉ~。。。『紹介』、『紹介』って、なんかガメツい感じでお恥ずかしいのですが。。。実は、『紹介』をさせ続けていくと、、、ローレルクラブ初の快挙を成し遂げることになります。。。あとは、ローレルベローチェジェルファルレイエランサゲレイロか。。。このあたりのアシストも必要になるんですけど。。。

殆どの方が『何を言っているのか分からない』と思いますけど。。。結構ガチなんです。

この件は、、、後日必ず書かせていただきます。

絶対に損はさせませんので、よろしくお願いします。

紹介希望の方もそうでない方もコメント待ってます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2016年10月26日 (水)

ツアーレポート2016その24

昨日は人間ドック。。。その後いろいろと、勤務しているとできない用事を済ませると。。。家に帰るのがかなり遅くなってしまいました。そして今日は勤務先でドタバタ。。。帰りが遅くなりました。
ということで、今日もちょっと短めに。

明日はしっかり書くぞ~~

まだ、レポートを書いていない募集馬は。。。キャタラクトの2015ジターナの2015チーズマヨの2015カズサクションの2016ハレクラニの2015、そしてローレルベローチェと今日書かせていただくダイヤインザラフ。。。もうちょっとです。

それから、、、競馬場に行って来ようと思います。そして、牧場に行って来ようと思います。詳細は後日。。。

それでは、ツアーレポートです。

★写真をクリックすると大きくなります。ご覧ください。

ダイヤインザラフスーパーラヴァーの2014)
(父スマートファルコン×母父Silver Deputy
牝 黒鹿毛 14年3月21日生
生産者→樋渡牧場 入厩先→尾関知人厩舎
1610261
2年前(ローレルプレビュー2014~5~)にこの仔の当歳時の様子を見ました。
昨年(ツアーレポート2015その10)はこの仔の1歳時の様子を見ました。
そして、今年は2歳馬になったこの仔を見ました。3年連続で愛馬の成長を確認できる。。。これは楽しいんだけど、ここで3回目を見ちゃいけない。。。入厩していてくれれば見ることは不可能だったのに。。。でも、いいんです。
1610262
ダイヤインザラフ
一応名付けました。樋渡さんのところの募集馬にはペンカーレッグの2004とスーパーラヴァーの2014の2頭に応募して、2度とも採用。馬名募集においては樋渡さんと相性が良いようです。
2014年産ではkoさんがパイオニアシーザーの名付けとなり世代1号の勝ち上がり。yukkyさんが名付けたローレルヴィクターもかなりいい感じ。。。これは間違いなく勝ち上がると思っています。。。僕が名付けた2頭。。。エランサゲレイロダイヤインザラフは、、、なかなかうまくいかず。。。お仲間さんに後れを取っております。エランサゲレイロダイヤインザラフに出資してくださっている方。。。申し訳ございません。
1610263
日高軽種馬共同育成公社にて見学。ここでダートコース2600mと坂路1本を15-15のキャンター調教を行っております。
馬体重は433キロ。。。やっぱり小さめ。入厩したらもうちょっと締まると思いますので、420キロを維持してくれれば御の字。。。ってところでしょうか?
小さい牝馬×まひ3名付け×出資者少ない=ムーンエクスプレスです。
小さいことが常に心配の種だったのですが、馬体はバランスが良く雰囲気はありますし、以前よりも馬体が成長し体力がついたというコメントがありました。
調教での走りも安定感が増し、脚元にも不安はないしそろそろ仕上げに掛かるみたいです。
1610264
厩舎はツアー翌週にスプリンターズSレッドファルクス号で制した尾関知人厩舎

尾関先生はいいです。スティンライクビーは勝たせられませんでしたが、スティンライクビーを現在の姿に作る基礎を作ってくれた先生です。この仔も大事に育ててくれると信じています。
1610265
昨年は嘶きまくり、暴れておりましたが今年は落ち着いていました。
しっかりと調教を積んで競走馬らしくなってきております。元々、胸前の発達とトモのボリュームはありましたが、そこの陰りは感じませんでした。推進力がありパワーも兼ね備えている感じであります。
いいと思うんだけどなぁ~~人気ないんですよね。。。同じスマートファルコンを父に持つローレルメーゼに人気も取られていますからね。小さいところ以外は気になるところもないです。。。我がファミリーの隠し玉的存在です。。。期待しています。
1610266
懇親会では樋渡信義さんの奥様が横に座ってくださいまして、10年以上前に個人で樋渡牧場さんにお邪魔した昔話なども含め楽しいひと時を過ごさせていただきました。

一口馬主は、稼ぐことも大事ですが、人とのつながりやロマンに出資することも悪くない。。。樋渡さんにはお世話になりましたからね。。。(けっして、この仔をロマンのみで出資しているというワケではないですけど)
1610267
先週の競馬では50万円を獲得できませんでしたので、ベルビューへの出資を諦めました。今週は競馬場へ行く予定です。競馬場では・・・ここのところ負けていません。今週50万円勝ったら。。。ダイヤインザラフに再度出資することをここに宣言します。

読んでくださいましてありがとうございました。

ローレルクラブ・ユニオンへの入会希望の際には紹介させていただきたいので連絡をいただきたいと思っております。どうぞよろしくお願い致します。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2016年10月25日 (火)

ムーンエクスプレス好時計のブービー

北國新聞杯のハンデが決まりました。ムーンエクスプレスのハンデは54キロ(トップハンデはマテンロウハピネスマリオーロの57キロ)ということで、予想通り。勝ったサンクフルHのときと同じ。結果も同じになりそうな気がします。。。

ムーンエクスプレスが出走する前にはレースを振り返っておかないとね。

10月16日(日) 京都7R 3歳上1000万下 芝1600m ムーンエクスプレス 11着 松山弘平騎手

408キロでデビューを果たした2年前から考えるとプラス30キロ。増減を繰り返しながらも着実に大きくなっています。まだまだ走れる感じを見せておりますし、この馬の最大のセールスポイントである気性も相変わらず穏やかでありそれでいて走ることに前向き。。。まだまだやっていけそうです。
パドック推奨馬にも挙げられていました。

レースは、相変わらずの好スタート。そのあとも、スピードのあるところを見せ、4番手から5番手の外へ。いい感じでレースを進めていきます。
コーナーでも馬群の外を廻り、いい感じで先頭集団に襲い掛かります。
直線ではバテないけど突き抜けれない。。。そんな状態が200m近く続いて、そこからスーッと下がってしまいました。。。着順はブービーの11着。
うぅ~ん。。。距離はちょっと長い気はしますけど、休み明けの分かな。。。よく頑張りましたけどね。

クラブからのコメント
松山弘平騎手「今日は外枠を引いていたのが良くありませんでしたね。ゲートを出てくれて行き脚もついたのですが、前々で競馬をしたい馬が自分達の内側にいるぶん外側に振られてしまいました。もし内枠を引いていたら、逃げた馬のすぐ後ろでロスのない競馬ができたでしょうし、マイルの距離が特に長いとは思いません。それに全体を通してやはり久し振りといった感じがありましたから、休み明けを叩いた次はもっと動けると思います」

鈴木孝志師「馬体重は成長分でプラスで出せたことは良かったと思いますが、勝てている条件ですから今日の着順は負けすぎです。見た目とは違って、休み明けの分まだ中身が伴なっていなかったのだと思います。上がりが問題なければ、中1週で予定したいですね。今の1000万下は芝短距離でもフルゲートにならない番組がありますから」

外枠の分のロスか。。。体が小さいので、コーナーで外にいるとどうしても外々へ弾かれてしまう。と言っても、内側で馬群の中でも体が小さいので、抉じ開けれない。。。それでも、前走比14キロ増はこの弱点を解消に向かわせるものであるし、まだまだ伸びしろがあるように感じます。

まぁ、6か月の休み明けですからね。。。そもそも、鉄砲駆けするタイプでもなかったですし、ひと叩きした次走は非常に楽しみです。

それと。。。このレースの時計です。1分33秒0。。。自身の持ち時計を1秒7更新。前日に行われた準オープン清水S(勝ち馬ムーンクレスト)よりも0秒2速い時計。それも、先行してレースを作って更に外を回って、勝ちに行って出した時計。。。価値はあると思います。

次走は北國新聞杯。ハンデも恵まれ、距離短縮。。。そしてひと叩き。。。鈴木孝志先生からも『勝てている条件ですから今日の着順は負けすぎです。』と言わせるくらいの期待を背負っています。。。このレースは勝ちを強く意識して良さそうですね。。。

まだまだ、頑張れるムーンエクスプレス。よく頑張ってくれました。
また、よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月24日 (月)

ツアーレポート2016その23

明日は人間ドックです。。。今年はちょっと不摂生(暴飲暴食気味)があったと思います。体重も結構増えちゃいました。。。いろいろと心配です。2016年もあと2ヶ月あります。ここからライザップします!頑張ってスタイルを保てるよう努力します。

それでは、ツアーレポートです。

★写真をクリックすると大きくなります。ご覧ください。

シタールの2016
(父ジャスタウェイ×母父Fusaichi Pegasus
牝 鹿毛 16年5月13日生
生産者→松浦牧場 入厩先→高橋康之厩舎
1610241
ジャスタウェイ。。。レーティング歴代トップで世界一になったスーパースターですが、馬体は特徴的。一般的には背中が長いと言われています。背中が長いと、バランスが取り辛く、それを補う筋肉と運動神経がなければジャスタウェイ自身も大成していなかっただろうと言われています。
ということで、ジャスタウェイから授かりたいのは、馬体では無く、運動能力と筋肉。。。馬体が似てしまうとそれを補うモノが備わっていないと厳しくなります。。。
1610242
この仔は馬体がジャスタウェイと似ていない。。。それは僕でも感じます。でもそれが逆に評価を高めます。馬体は胴伸びはあるが背中が長いワケではなく、このバランスは母父のフサイチペガサスに似ていると言われます。
1610243
性格は大人しく、落ち着きがあります。牝馬は落ち着きが大切。この馬もゆったり構えられるタイプであり、レースで力を発揮できる仔になるのではないでしょうか。
1610244
松浦牧場の仔は人に慣れていることが特徴で、見学時も会員さんとの距離が近い。。。歩様も素軽くスピードを感じます。

この仔は5月生まれ。。。遅生まれの当歳はやっぱり小さく見えます。パッと見た感じはバランスが良くマイルあたりで活躍しそうな馬体ではありますが、小さいし筋肉が薄い。。。逆にこれからの成長分は大きいでしょうから、この後の様子をしっかり見る必要がありますね。
1610245_2
母シタールは蹄葉炎を患っており、この仔が最後の産駒になる予定。。。シタールは亡くなったワケではないですけど、『母が残した最後の産駒は走る。。。』は生産界の定説の一つでもあります。母が残した最後の産駒が大暴れするかもしれませんよ。兄姉の活躍はありませんが、1歳上の2105年産はロードカナロア産駒の牡馬ですが3,348万円 (2016年 北海道セレクションセール)で売られました。兄は1歳馬として凄くいい馬でした。これからの成長して、筋肉がついてこれば楽しみです。
1610246
『手足が長く、軽やかな動きをしている、肉付きが良くシュッとしていて全体のシルエットが美しい。』と評価するのは、入厩予定先の高橋康之先生。。。レオパルディナラヴァーズポイントが重賞2着になっていますが、勝ち切れておりません。今年3年目の先生ですが、少しずつに勝ち星を増やしてきており、今後の活躍が楽しみな若手調教師の一人です。ブラックノヴァが勝てませんでしたけど、今度こそ。。。そう思ってくれていると思います。
1610247
ジャスタウェイ産駒で1500万円。ユニオンは牡馬で3800万円と3600万円。。。牡牝の違いや血統の違いがあるとはいえ、半額以下。。。僕たち会員からするとお買い得であり、有り難いです。。。松浦牧場さんからすると、会員さんに喜んでもらうためのサービス。。。

そういう気持ちを大切にしたいですね。。。

読んでくださいましてありがとうございました。

ローレルクラブ・ユニオンへの入会希望の際には紹介させていただきたいので連絡をいただきたいと思っております。どうぞよろしくお願い致します。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2016年10月23日 (日)

4歳2枚看板が特別登録。馬券GPも

今日は、ムスコの部活の大会を観戦してきました。(補欠ですけど。。。)厳しい試合でしたが勝つことができました。全国大会まであと少し。。。頑張ってもらいたいですね。

今日は書きたいこともいっぱいあるので、ツアーレポートはお休み。。。あと7頭分くらいですね。。。今月中に終われるかな?頑張ります。
1610231
さて、今はオッズマスターズグランプリ2016にエントリーして、勝負をしています。

先週は377位。。。好スタートを切れたと思っています。
1610232
そして。。。今週は更に的中数、払い戻し金額が上がりましたので、順位が上がるんじゃないかな。。。と期待しています。

そんな中、誕生日であった昨日。。。我が家にこんな贈り物が。。。見づらいかもしれませんが、名古屋コーチンの味噌漬けです。これはオッズマスターズグランプリの夏シーズンの賞品。。。また賞品を貰いたいですね。頑張ります!!
1610233
そうそう。。。今週は競馬で50万円獲得を目指し、ベルビューへの出資を目標に頑張ってきましたが、大きく及ばず。ベルビューへの出資を諦めましたが、ちょっと狙っている馬も居ますので、来週も50万円獲得を狙って頑張ります。

50万円獲得のキーマンになるのが3頭の愛馬です。

まずは特別登録へ2頭の名前が。。。

2016/10/29(土)
10R
神無月S
ダ1400m
4回東京8日目 3歳上 サラ3歳上1600万下
混(特指)定量 20頭
本賞金:1820、730、460、270、182万円
アールプロセス 牡5 57
アルテ 牡5 57
エイシンバランサー 牡4 57
キリシマオジョウ 牝3 53
グラスエトワール 牝4 55
ゴールドスーク 牡5 57
サウススターマン 牡5 57
サクセスグローリー 牡5 57
サングラス 牡5 57
スティンライクビー 牡4 57
トウカイビジョン 牡6 57
ナンヨーカノン 牝6 55
ニットウスバル 牡4 57
ビッグリバティ 牡7 57
プラントハンター 牡6 57
プレスティージオ 牡3 55
ベストマッチョ 牡3 55
マシェリガール 牝3 53
メイショウカノン 牡5 57
モンテネオ 牡6 57

2016/10/30(日)
9R
北國新聞杯
芝1400m4回京都9日目 3歳上 サラ3歳上1000万下
混[指定]ハンデ 18頭
本賞金:1500、600、380、230、150万円
ウインミレーユ 牝3
ガルデルスリール 牝5
キアロスクーロ セ3
グレイスミノル 牝4
サンセットスカイ 牡6
ショウナンワダチ 牡5
タイキパラドックス 牡4
タガノバラード 牝5
ツィンクルソード 牡5
ナイトオブナイツ 牡3
バンザイ 牡7
ビナイーグル 牡3
ボールドジャパン 牡5
マイアベーア 牡4
マテンロウハピネス 牡4
マリオーロ 牡4
ムーンエクスプレス 牝4
ラッフォルツァート 牝4

★★★神無月S出走予定のスティンライクビーは苦手の東京。そして、距離延長で可能性を観ます。このレースはなかなか強いメンバーが揃いました。人気はそこまで無いと思われます。オッズは上がると思いますので、あとは調教でどこまで左回りを克服できるか。。。賞金でも馬券でも力になって欲しいです。

北國新聞杯に出走するムーンエクスプレス。コチラはやや手薄なメンバー構成。ムーンエクス自身は4戦連続2桁順位が続いているので人気は無いでしょう。叩き2走目と距離短縮。。。そして、前走の好時計は期待ばかりが膨らみます。

そして、ローレルブレットが新潟障害未勝利へ出走予定。こちらは障害慣れで2走目は期待したいところ。こちらも馬券に絡んでくれれば、勢いがつきそう。。。

さて、、、また、ツアーレポート頑張ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月22日 (土)

ツアーレポート2016その22

ジークグランツには(よく頑張ったけど)残念ながら祝ってもらえませんでしたが、職場の後輩らに誕生会を開いていただきまして、遅れました。結婚して、誕生日を家族で過ごさなかったのは何年振りでしょう。。。カミさんもOKしてくれたので問題ありませんでしたが、ありがたいことです。今年も1年頑張りたいと思います。

それでは、ツアーレポートです。

★写真をクリックすると大きくなります。ご覧ください。

ネネグースの2016
(父ロードカナロア×母父クロフネ
牝 鹿毛 16年4月15日生
生産者→新冠橋本牧場 入厩先→斉藤誠厩舎
1610221
代表が変わって。。。という話はジョディーズラインの2015ツアーレポート2016その9)のときに書きましたので割愛させていただきますが、注目の新冠橋本牧場さんの提供馬です。

ネネグースは金子真人氏所有で現役を過ごしました。引退後は初仔から4年連続でキングカメハメハを配合(産駒はロノ、ワイカプハイクタウン、マカオワクイーン)、その後にカネヒキリを配合(産駒はアウアウ)。
その後、新冠橋本牧場に来てブラックタイドを配合(産駒はベッキー)。そして、2015年産とこの仔と2年連続でロードカナロアが配合(1歳上の全兄はクインズチャパラ)されました。つまり、配合された種牡馬は全て金子真人氏の馬。金子色一色の一族です。
1610222
ロードカナロアは種牡馬同期にオルフェーヴルが居ます。初年度産駒誕生前と誕生直後はオルフェーヴル産駒の評価が高かったが、その後はロードカナロアの評価が高まっていると聞きます。産駒の出来は良い様ですが、父に似た短距離に特化しそうな馬体に出ると言います。短距離に特化した種牡馬と言えば。。。『サクラバクシンオー』。まぁ、十分なんでしょうけど、、、多少好き嫌いが出るかもしれませんね。僕は好きですけど。
1610223
この仔も胴が詰まっていて、ロードカナロア似。BMSクロフネということもあり、短距離馬っぽい作りになっております。
立ち姿は綺麗であり、リズミカルな歩様は推進力の高い証拠。今後の成長を見届けたい1頭であります。
新冠橋本牧場さんの育成技術の過程も見ていきたいですしね。。。2015年産のロードカナロア産駒を見て、傾向を確認してからでも遅くない気もします。
1610224
斉藤誠調教師からは『初めて見た時からロードカナロアによく似ていると思った。骨が丈夫そう。骨格がしっかりしておりバランスが良い馬体。マイルくらいが良いように見えます。あとは、僕(斉藤誠師)のところに入厩することだけが心配ですね(笑)』
ということで、ストリートキャップを活躍させている先生らしい余裕のコメント。
斉藤誠厩舎入厩はローレルクラブにとってはプラス材料の一つ。人気も出るでしょう。
1610225
母父がクロフネということで成長力も期待でき、筋肉がついて短距離馬らしい体格になれば更に期待できそうです。
1610226
橋本場長からも、力強くバネを感じる。万能性を期待したい。。。ということで、誉め言葉が続きます。
普段はボーっとしているのですがスイッチが入ると凄い。と言っても普段はカッカするところもなく落ち着いている。。。オン・オフの切り替えができるタイプのようです。

母は馬格があったのでこの仔も大きくなると思う。。。とのこと。。。
1610227
現役時代は歴代スプリンター最強馬であるロードカナロア。その産駒がローレルクラブに出ることだけでもちょっと嬉しいこと。そして、この仔にはオーラがあります。注目の1頭であることは間違いありません。。。

読んでくださいましてありがとうございました。

ローレルクラブ・ユニオンへの入会希望の際には紹介させていただきたいので連絡をいただきたいと思っております。どうぞよろしくお願い致します。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2016年10月21日 (金)

奇跡のメイクデビューに期待

スイマセン。。。寝ちゃいました。ということで、朝の投稿です。奇跡の出走に期待します。。。奇跡の理由は後述で。。。

ではジークグランツのメイクデビュー。。。よろしくお願いします。

2016/10/22(土)
5R
2歳新馬
芝2000m / 天気: / 馬場: / 発走:12:35
4回東京6日目 2歳
混[指定] 16頭
本賞金:700、280、180、110、70万円
1 コマノインパルス 牡2 55 田辺
2 ポッドダンテ 牡2 55 田中勝
3 ビバトリオ 牡2 55 大野
4 クロノスドリーム 牡2 52 野中
5 ベストベット 牝2 54 Mデムーロ
6 ベストプライド 牡2 55 丸田
7 ジークグランツ 牡2 55 内田博幸
8 ラボーナ 牡2 55 ルメール
9 フェイバリットラン 牝2 54 池添
10 パーマネンスグロウ 牡2 55 戸崎圭
11 スターライトブルー 牡2 55 福永
12 マイネルパロサント 牡2 55 柴田大
13 マイネルデュナミス 牡2 55 松岡
14 クレッシェンドラヴ 牡2 55 蛯名
15 ブリッツシュラーク 牡2 55 北村宏
16 コウユーカゼニノリ 牡2 53 井上

レース評…平穏 主力伯仲 軸不動 伏兵注意

短評・・・追い不足否ず 初戦は?

予想コメント
△。。。ジークグランツは条件的に合いそうなタイプで穴として挙げておく。

調教
2016/10/19(水)
CW 稍 浜中 89.1-72.3-56.7-41.0-13.1 馬也
ベディヴィア馬也を6Fで0秒5追走4F併せで0秒2遅れ
気配平凡 評価C

厩舎コメント
野中賢二調教師
綺麗なトビをしていて素質は感じる。距離は合っていると思う。まだ華奢なところがあり、使いつつかな。

野中賢二調教師
→跳びは大きくてきれいに走る。これくらいの距離も合いそう。先々はかなり良くなってくるのでは。

跳びが大きく、ワンペースで長めの距離が向く。芝向きの軽いフットワーク。〈野中賢二師〉評価 ○

クラブからのコメント
野中賢二師「良い感じで走っていたね。先週末も獣医が『大分、心臓ができてきた』と話していたし、こちらが考えているより中身ができてきたみたい。それに、今日のひと追いで更に上がってくるだろう。気性的にもあまり追い込むより、使いつつ良くしていった方が良いかもしれない。飼い葉もなんとか食べているし、ここで競馬を経験させても良いんじゃないかな。本当に良くなるのは先かもしれないが、格好はつけてくれると思うよ」
野中賢二師「ストライドが大きいし、一瞬の脚というよりも、トップスピードに乗ってから持続させることのできるタイプだと思う。そう考えると、京都の内回りよりも直線の長い東京の方が力を出せるのではないだろうか。それに、落ち着きがあるので輸送も問題なさそうだからね。ちょうど同じ週に芝2000mが組まれているので、そちらに向かうことにした。良い競馬を期待したい」

★★★実は奇跡が連発。まずは、今週にデビューしたこと。そして、日曜日の京都『伝説の新馬戦』に出走。これは嬉しかった。そして、木曜日。。。京都の出走表になく、、、ショックを受けたが土曜日東京の新馬戦へ。。。『伝説の新馬戦』に出られないのは残念ですが、22日。。。僕の誕生日なのです。誕生日出走は・・・そうそう誕生日に土日が重なる年も少ないので、5月くらいから気にしていました。
9月頃から『今年はダメかな。。。』と思っていましたが、奇跡の連続。。。2011年10月22日(土)以来2回目の誕生日出走となりました。13年間で2回目。やっぱりなかなかないことです。
因みに2011年はローレルブレッドが優勝。『まひ3誕生日』×『愛馬出走』は勝率100%なのです。

調教はまずまず。今までのコメントから見ると思ったよりもしっかり仕上がっている感じ。体重が減っていることを気にしていますが、それでも関東遠征。。。クラブコメントにもありますが、野中賢二師は勝負に来ています。京都よりも闘い易い東京を敢えて選んだ。。。その熱意に期待を感じます。相手はよくわかりません。。。ジークグランツに自分のレースをしてもらうだけかな。。。

奇跡の誕生日。。。あるでしょうか?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ツアーレポート2016その21

山岡トレセンに行きたい。。。タルトリンツァースプレーモゲレイロが滞在していますから。。。ということで、来週の木曜日に行こう!と思った矢先に。。。突然の用事が入ってしまい、キャンセルに。そうなると。。。山岡トレセンに行けそうなのが11月中旬。。。流石に2頭とも帰厩している気が。。。そうでないと困りますけどね。

それでは、ツアーレポートです。

★写真をクリックすると大きくなります。ご覧ください。

ハートフルメロディの2015
父スクリーンヒーロー×母父チーフベアハート
牝 栗毛 15年3月2日生
生産者→三石橋本牧場 入厩先→宗像義忠厩舎
1610211
ハクツ牧場さんで登場した2頭目。。。昨日のカクテルラウンジの2016と栗毛の明るさも似ており、写真の整理をする側としてはちょっと苦労します。

ツアー当日に発表された追加募集馬です。昨年のアイスグレーと同じ状況です。
1610212
三石橋本牧場生産ですがサマーセールでハクツ牧場さんが購入。281万円で競り落としました。

カクテルラウンジの2015同様にダイナアクトレスの好きなハクツさん(村田さん)。この仔の顔に一目惚れ。『この仔を絶対に買う』と、狙っていたそうです。
1610213
母系はカワカミプリンセスの近親です。カワカミプリンセスというと、、、父はローレルクラブでお馴染みのキングヘイローですが、ターファイトクラブのイメージが強いです。ハートフルメロディ自身はキングヘイローを持っていませんが、この一族がローレルクラブに登場します。この仔の兄姉はキングヘイローをやたらとつけていますけど。
1610214
父はスクリーンヒーロー。。。ローレルクラブ初登場であり、今後もなかなか無いんじゃないかな?
スクリーンヒーローの活躍は昨日も書きましたが、ゴールドアクターモーリスの活躍は有名ですが、2歳馬の活躍も顕著であり、道営出身のトラスト札幌2歳Sを制覇。繁殖牝馬のレベルを考えてもとんでもない快進撃。ゴールドアクターの母父はキョウワアリシバです。なかなか目に止まることのない名前です。まぁ、ローレルベローチェを生産した協和牧場さんの持ち馬ですけど。
1610215
そんなスーパー種牡馬の仔であり、母系もしっかりしている。。。期待して当然の募集馬ですが。。。驚きの600万円募集。それも、維持会費的にも有り難い200口募集。
スクリーンヒーロー産駒の活躍により今年の種付け料は10倍の300万円。来年以降は更に高騰すると噂されています。今後、スクリーンヒーロー産駒が600万円で募集されることは無いでしょう。。。

村田場長は開口一番『これは走る!』と自信のコメント。続けて『小さくもなく、大きくもなく胴伸びがある』と評価。セールのときは筋肉が少し落ちて寂しく見えたが、ハクツ牧場さんで放牧が始まると、新しい環境も物ともせず走り回っており、筋肉も元に戻ってきました。
血統的にも大きな期待を寄せている馬。。。数年後にはハクツ牧場さんに戻って繁殖になるのでしょう。。。そしたらサウスヴィグラスがつくのかなぁ~~。。。
1610216
10月中旬にはヤシレーシングでの育成を予定。人気のある育成場です。。。

新入りということで洗礼を受けているのか。。。傷があり、どうも他馬にいじめられているようです。それでも、負けずにメキメキと成長しています。。。ハクツさんではもう少しふっくらさせてからヤシレーシングさんにバトンタッチをする予定のようです。

入厩予定は宗像義忠厩舎。。。ローレルクラブでは初めてでしょう。情報もイメージもなくよくわかりませんが、データから見ると堅実さは感じますし、重賞も毎年勝つ感じ。。。
1610217
さて、見た感じはやっぱり胴が長い。1800m~2000mで活躍しそうなイメージ。歩き方からは完全に芝ってこともないかな。。。この距離は芝であれば、牝馬限定戦が重賞にもある距離。ダートでは先日パイオニアシーザーが、勝ち上がりましたが、出走頭数が比較的少なく、ローテーションに苦労しない距離。。。この距離で活躍できるとしたら、長く楽しめるのではないでしょうか。。。

600万円の200口割り。。。2口で1口もらえるキャンペーンとかがあれば、、、もしかしたら、キーマンになる提供馬なのかもしれませんよ。

読んでくださいましてありがとうございました。

ローレルクラブ・ユニオンへの入会希望の際には紹介させていただきたいので連絡をいただきたいと思っております。どうぞよろしくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月20日 (木)

ツアーレポート2016その20

ベルビューが入厩したり、ジークグランツが二転三転してデビューが決まったりと。。。書くことがいっぱい。まだ、ムーンエクスプレスのレースも回顧したいのに。ツアーレポートも書かないとね。ということで、1日3本立ては厳しいので、ムーンエクスプレスのレースは後日振り返ります。

アンケートの様子を見ると、急にハクツさん関係の馬が票を伸ばしています。人気急上昇?それとも組織票?わかりませんが、アンケート結果に応えます!

それでは、ツアーレポートです。

★写真をクリックすると大きくなります。ご覧ください。

カクテルラウンジの2016
父サウスヴィグラス×母父タニノギムレット
牝 栗毛 16年3月29日生
生産者→ハクツ牧場 入厩先→清水英克厩舎
1610201
ツアーに何度か参加している僕ですが、ハクツ牧場さんには初めて訪れました。

ハクツ→泊津の地名から牧場名が来ているのですが、『ハクツ』って、僕の頭の中に残っている単語なんですよね。
馬名で『ハクツ○○』の名が印象に残っているのかな?と思って、検索しましたが特に思い当たるモノがなく。。。力士の四股名かな?と思って、検索しても思い当たるモノがなく。。。何なのでしょうか?時間があるときに調べてみようと思います。
1610202
ハクツ牧場からは以前、プチアノの子どもたち、グラッドリーボヤージクリーペルの三姉妹が提供されました。僕は出資していませんがグラッドリーは1勝を挙げました。

母カクテルラウンジは社台ファーム産で吉田照哉氏の名義で走り大井3勝。その後は社台で繁殖として残りました。グラスワンダーフレアバーテンダー)→メイショウサムソンミチェラーダ)→ワークフォースジンロックカフェ)と種付けされその後繁殖牝馬セールで2014年、274万円でハクツ牧場へ移籍。その後は2015年産、2016年産とサウスヴィグラスを付けたということです。
1610203
ハクツ牧場さんは『サウスヴィグラスのハクツ』と言われるくらい、サウスヴィグラス産駒が多く、相性も良いようです。おととしは4頭のサウスヴィグラス産駒を生産。昨年は6頭のサウスヴィグラス産駒を生産。牧場の規模からしてもかなりサウスヴィグラス率が高いです。
質問で『なぜ、サウスヴィグラスをつけるのですか?』と出ましたが『走るからです』と即答。。。
それもそのはず。サウスヴィグラスは勝ち上がり率も高いですし、本場を含め産駒の見栄えも良い。種付け料もリーズナブルですし、こんなに馬主孝行な種牡馬もいません。

その中でもカクテルラウンジの2016が自信の1頭。
1610204
母系は村田代表(ハクツ牧場の代表さんも村田さんといいます)の大切にしている血統。この血統を探して、繁殖牝馬セールでも狙っていた馬だそうです。ダイナアクトレスにつながる母系からはJC馬スクリーンヒーローが出ており、種牡馬としてもゴールドアクターモーリスを輩出し勢いのある血統です。

サウスヴィグラス産駒を数多く見ている村田代表から『走るタイプのサウスヴィグラス産駒』というお墨付き。今後の成長も楽しみであり、牧場期待の1頭である。
1610205
ハクツさんとしては、この仔が活躍し無事に牧場に帰ってきてほしい。。。繁殖牝馬として、後継馬を残していく役割を担っております。

個人的には『堅実感』を感じました。まず間違いなく丈夫であろうかと思います。バランスがよく骨太な感じで歩様もしっかりしたタイプ。短距離でガリガリ地面を掻いて走るタイプに見えます。
場長からは芝で良さが出そうな感じ。。。と、期待を寄せています。
1610206
外れが少ないタイプで800万円。かなりの確率で、ペイできると思います。この母系ですからね。。。成長力を期待できる馬です。

ちなみに、来春に生まれてくるカクテルラウンジの2017もサウスヴィグラス産駒。。。この仔の出来の良さを裏付けるエピソードです。
1610207
読んでくださいましてありがとうございました。

ローレルクラブ・ユニオンへの入会希望の際には紹介させていただきたいので連絡をいただきたいと思っております。どうぞよろしくお願い致します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ベルビューせーるすとーく

今日も2本立てで行きます。

クラブからの情報
ベルビュー(ケストレルクエスト14)募集締切直前
美浦トレセン・高橋(文)厩舎へ来週入厩予定となりましたので、10月24日(月)をもちまして募集締切とさせて戴きます。

ベルビューが間もなく入厩します。3年前にローレルクラブのツアーでダーレー・ジャパン・スタリオン・コンプレックスに見学に行った際にストリートセンスを見学しました。その頃から『ストリートセンスの仔を持ちたい』と思っていました。昨年のツアーでマオジャパンの代表大城さんとお話をし、この仔のことについて聞いておりました。かなり興味を持っておりましたが、残念なことに関東募集。。。今回は11頭の出資馬がいたこともあり、関東馬だと言うこともあり、そして、実馬と一度も会えなかったと言うこともあり、、、ベルビューへの出資を断念しました。

マオジャパンさんといえば、ピアレスピンクの提供者でもあり、ピアレスピンクが全治9か月の骨折をした時も、現役続行の英断をされました。

出資者の皆さんも居る手前、この英断はなかなか勇気のいること。
完治すれば走る。。。という強い信念がなければできません。
馬の能力を信じる心。。。これを持っている提供者の仔は幸せだと思います。

僕は、上記の理由で出資を見送りますが、ストリートセンスの仔。。。実際に活躍していますし、ダートコースを長く乗り込まれている本馬も楽しみではないでしょうか?ストリートセンスの仔でこの価格はお買い得だと思います。

広尾→→→→→ディグアップセンス→1,580万円
ユニオン→→→アビイロード→1,300万円
G1サラ→→→ヴェストリス→2,800万円
友駿→→→→→クレイトンシチー→2,800万円
ターファイトマダムストーリー→2,000万円

ですから。もちろん母系や性別は違いますけどね。キャロットやシルクでは募集がなかったんですね。。。

因みに・・・僕は、アビイロードの締切直前に信楽牧場へ見学に行きました。勿論ストリートセンスの仔を持ちたいと思って。。。実際に見たアビイロードはいい馬でした。。。が、一緒にいたローレルメーゼの方が良く見えたんですよね。。。勿論、両方持つという選択肢もありましたが、懐事情もありますので。。。アビイロードローレルメーゼも間もなくデビューを迎えます。逃がした魚は大きいのか?ちょっと気になります。

こんなことを書いておいて何ですが、アビイロードはいい馬ですし、同行した馬主さんも『これはいい馬だ』とおっしゃっていましたので、ご安心を。

話は逸れましたが、ストリートセンスの仔。。。ベルビュー。もう一度お考え下さい。

最後に・・・週末で50万円儲けたらこの仔に出資します!!公約です!!そのような馬券にも挑戦するつもりですのでよろしくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

緊急アンケート2

当歳馬でレポートを早く読みたい仔は居ませんか?

アンケートにどうぞ!
一日1回の投票が可能です。次の日も投票よろしくお願いします。  キャロット馬/シルク馬/ノルマンディー馬/東サラ馬なども

| | コメント (0) | トラックバック (0)

緊急アンケート

1歳馬でレポートを早く読みたい仔は居ませんか?

アンケートにどうぞ!
一日1回の投票が可能です。次の日も投票よろしくお願いします。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月19日 (水)

ツアーレポート2016その19

入厩馬が増えてきました。嬉しいですね。出走馬が増えそうで忙しくなりそう。それもうれしい悲鳴です。来週辺りにちょっと競馬場にも行きましょうか。。。検討してみます。

それでは、ツアーレポートです。

★写真をクリックすると大きくなります。ご覧ください。

オーシャンフリートの2016
(父ヘニーヒューズ×母父アフリート
牝 栗毛 16年2月7日生
生産者→村田牧場 入厩先→関西予定
1610191
昨日に引き続き村田牧場産ヘニーヒューズ産駒の登場です。
まずは、昨日紹介したゼフィランサスの2015と誕生日が同じと言うこと。そして、ゼフィランサスの2015オーシャンフリートの2016が走ったら。。。2/7生まれ。。。注目キーワードに認定となります。

オーシャンフリートはローレルクラブで活躍17戦5勝でオープンまで上り詰めました。今もオープン馬が少ないローレルクラブですが、当時は今よりもクラブ全体が地味で苦しんでいた時代。その中でこの活躍は素晴らしかった。でも、僕は出資しませんでした。。。同世代の出資馬は・・・ローレルジャブラニ(2勝)とアルボランシー(1勝)、ユニオンでハナカゲ(1勝)、ライトアップゲラン(0勝)の4頭。4頭のうち3頭が勝ち上がりと言うことで、個人的には当たり年。当時は村田牧場産や昆貢厩舎への出資が極端に少なかったです。。。そして、仕事に入れ込んでおり余裕がない時期でしたね。。。
1610192
そして、ローレル同世代のアルボランシーの仔と一緒にラインナップ。。。それも父が同じヘニーヒューズで。

同じ村田牧場産のゼフィランサスの2015との比較、同い年のアルボランシーの2016との比較は避けては通れない道ですが、3頭のうちで一番ヘニーヒューズっぽくない感じはしました。
1610193
村田場長からも『母(オーシャンフリート)に似ている』とあったように、父の良さをうまく伝承しながらダート短距離で無類の強さを見せた母の良いところを体現しているように見えます。また、脚長で薄手の馬体はオーシャンフリート母ウインクパールその父トニービンの雰囲気も感じると、関係者さんの言葉もありました。

カタログで見たときから当歳馬離れした馬格は特筆もので、実際に見てもトモの発達は素晴らしく、歩かせてもいい。後肢でグーッと前に出る歩様は母と同じ短い距離でのスピードと変わっていくことでしょう。ちょっと前肢の出がもうちょっとあればな。。。と思ったりもしましたが。。。後ろが強ければ前は必然的に出てくるでしょうから問題ないんですけど。
1610194
初仔のとなる2015年産も父はヘニーヒューズ。その仔の出来の良さを見て2016年産の本馬もヘニーヒューズ産駒。そして、現在受胎されている2017年産もヘニーヒューズ産駒。。。3年連続のヘニーヒューズであり、それだけ出来の良さに自信があり、目的も明確なのです。

調教駆けしたオーシャンフリートは天皇賞馬ヒルノダムールを追い切りで子ども扱い。そんな母よりも出来が良く能力も上ではないか。。。とは、村田場長。
1610195
大きく育ちそうで500キロ近くでのデビューを描いております。性格はきつく、ウインクパールからの気の強さが出ているのでは?母は(気性は)まだましだった。。。人にはいい(従順)だけど、馬にはやる(闘争心を出す)からね。。。馬体も中身も期待できるスペックであると思います。
1610196
入厩先が決まっていないので調教師からのコメントはありませんが、このレベルの馬で決まらないワケがなく、何か駆け引きの臭いを感じます。それも関西で動いているワケですから、昆貢厩舎かそれ以外か。。。昆貢先生に決まった時には、何か覚悟を決めての入厩になりそうで、プラスアルファの力が働くのでは。。。と勝手に思っています。
1610197
脚長なので馬体の変化があると思いますし、注目していきたいところです。でも、明確な方向性があるこの馬に外れはないでしょう。母に近い活躍をするのか?母以上の活躍を見せるのか?その見極めでしょうかね?

読んでくださいましてありがとうございました。

ローレルクラブ・ユニオンへの入会希望の際には紹介させていただきたいので連絡をいただきたいと思っております。どうぞよろしくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

待ってました『伝説の新馬戦』

今日は2本立てで行きますので、ツアーレポートも楽しみにしていてください。

昨日、ジークグランツのゲート試験合格の記事を出しましたが、『もしかしたら。。。』という気が、少しだけありました。そして、その『もしかしたら。。。』が現実に。

想定表
2016/10/23(日)
5R
2歳新馬
芝2000m
4回京都7日目
混[指定]
本賞金:700、280、180、110、70万円
アドマイヤローザ 牝2 ― 梅田
ウエスタンアッレ 牡2 ― 崎山
エイシンユニコーン 牡2 和田 沖
ジークグランツ 牡2 浜中俊 野中賢二
タガノフューチャー 牝2 藤岡康 宮
トゥザクラウン 牡2 ルメール 池江
トップゴーイング 牡2 四位 昆
ベストアプローチ 牡2 川田 藤原英
メイショウテンシャ 牡2 池添 池添兼
ライオネルカズマ 牡2 福永 西浦
ラントシャフト 牝2 ― 西園

なんと、菊花賞当日の京都芝2000mデビュー濃厚です。あの新馬戦ですよ。日本で一番有名な。。。
菊花賞当日の新馬戦2000mといえば、アンライバルドリーチザクラウンブエナビスタスリーロールスが闘った一戦。翌年もローズキングダムヴィクトワールピサがデビュー。近年ではエピファネイアダノンバラードトーセンスターダムドレッドノータスなど強豪馬がデビューした一戦。
噂には聞いていましたが、無縁だと思っていたこのレースに愛馬が出走するなんて。。。このレースを重賞扱いでもよろしいでしょうか?

しかし、今回は少し手薄な感じ。。。でも、このレースが評価されるのはずーっと先の話。何がドラマになるのかわかりませんよ。

勿論注目度の高い馬は居ます。キャロットの至宝。。。トゥザヴィクトリーの仔でトゥザワールドトゥザグローリーの弟になるトゥザクラウンや○外の大物ベストアプローチメイショウテンシャエイシンユニコーンも良血。でも、ステイゴールド×ブリリアントレイジークグランツも引けを取りません。

各馬の追い切りですが、、、
トゥザクラウン
10/19 栗CW 稍 水口 82.7 67.2 52.4 38.1 12. 一杯
アッシュゴールドの内を1.1秒追走0.6秒遅れ

ベストアプローチ
10/14 栗CW 良 川田 67.5 52.4 38.1 11.8 強目
ルペールノエル(外 岡田)馬なりを1.3秒追走1.6秒先着
トルネードアレイ(中 浜中)馬なりを0.5秒追走0.5秒先着

メイショウテンシャ
10/19  栗CW 稍 池添 84.0 67.9 53.2 39.2 12.2 一杯
カロスの内を0.3秒先行3F付同入

調べられる範囲ではこんなところ。

一方
ジークグランツ
10/19 栗CW 稍 浜中 89.2 72.0 56.2 40.7 12.6 馬ナリ余力
ベディヴィア(新馬)馬ナリの内を0.5秒追走0.2秒遅れ

抜群に動いている馬もおらず、ジークグランツにもチャンスがあるような気がしてなりません。
馬体重のことは気になりますが、まずまず動けているので、心配よりも期待の方が大きいです。

まさかの結果もあるんじゃないかな。楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月18日 (火)

ジークグランツがゲート試験合格

ユニオン情報。。。久しぶりです。
ジークグランツは昨年ツアー翌日に見学しましたし、期待のステイゴールド産駒。。。

ユニオンからの情報
2016/10/05
栗東トレセン
栗E稍  12.7 14.3 ゲートナリ
週単位で馬体重が減っており、このまま練習を重ねてストレスを掛けるよりは、早めにゲートをクリアさせてしまった方が良いだろうとの考えから、予定を変更して本日試験を受けた。入りや駐立は至って素直。発馬も2本ともポンと好スタートを切っていた。一連の流れに気になる点はなく、無事に1発で合格。今後もデビュー目標はどことは定めず、馬体の回復を促しながらじっくりと態勢を整えていく。「飼い葉を食べてはいるんですが、430㎏にまで減ってしまいました。練習自体は受かってからでもできますからね。先生とも相談して、早めに試験だけクリアしておきました。素直で乗りやすいし、良いものを持っていると思います。タンパク質の高い飼料を与えるなど飼い葉を工夫して、まずはふっくらさせるように調整していきます」(助手)

2016/10/10
栗東トレセン
栗坂重  56.6 41.4 26.9 13.2  馬ナリ余力
ベディヴィア(新馬)馬ナリを0.2秒追走同入

2016/10/14
栗東トレセン
栗CW良  68.7 53.3 39.4 12.8  末強目余力
ウイングルイーズ(新馬)強目の外を1.0秒先行0.5秒先着
*城戸義政騎手騎乗

★★★10月5日にゲート試験に合格。その後10日も坂路にて4000万円(40口)のベディヴィアと同入。14日にはCコースでウイングルイーズに先着。。。このウイングルイーズムーンクレストの半妹になるんですね。父はハーツクライですし期待も高いのではないでしょうか?
馬体重はかなり減っているようですが、何とか回復を期待したいところ。
このジークグランツですが、、、全体的に見ても厳しいコメントが多いような気がします。ちょっと心配していますが、追い切りの時計はいいのではないでしょうか?ホッとしていることと、この馬に対する厳しい眼は何だろう?って思ったりします。
体重が増えてきませんが明日の情報で何か変化があると嬉しいです。体重が増えたら一度使うんじゃないかな?
とりあえず明日の追い切りも楽しみです。

ということで、ユニオンも応援しています。ユニオンよりのコメントも是非!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ツアーレポート2016その18

ムーンエクスプレスの10着のレースも振り返ろうと思いますが、マイルを1分33秒0で走破。それも先行。外を回ってこの時計。。。前日のメインレース清水Sに出走していたらムーンクレストに先着したんじゃないか。。。と思うくらいの時計です。(ムーンクレスト出資者の方・・・スイマセン)
もちろんレースは時計だけではないですので、何とも言えませんが、後日振り返ろうと思います。

それでは、ツアーレポートです。

★写真をクリックすると大きくなります。ご覧ください。

ゼフィランサスの2015
(父ヘニーヒューズ ×母父キングヘイロー
牡 栗毛 15年2月7日生
生産者→村田牧場 入厩先→昆貢厩舎

昨年のツアーレポートはこちら→ツアーレポート2015その23

昨年はかなり暴れておりまして、、、それでも評価は高かったですけど。。。今年はどうかな?って思っていましたが、だいぶ落ち着いていました。そして、馬体の迫力が更に増していました。
1610181
初仔ではありますが、大きな馬体。。。モガミヒメの牝系は初仔の牡馬が走ると言われますが、ローレルゲレイロが448キロデビュー。トキノフウジンが438キロデビュー。ということで、あまり大きくならない方がいいかなと思います。因みにビビッドハートの初仔であるローレルパシオンスズカマンボ産駒)は470キロデビューで中央未勝利。
この仔は既に430キロ。460キロくらいで走るのではないかという話でした。せっかくなら458キロでデビューしましょうか?
1610182
場長は
『初仔ではあるが腰高で骨量がある。これから成長して行くと思います。体高は無くても幅があるら、馬体重は結構乗ってくると思うけどね。初子の牡としてはローレルゲレイロよりは大きい馬ですね。』
ということで、大きくなることをアピール。
しかし個人的には上があまり大きくなることはちょっと心配。それについては外向気味の前肢。そして、外から回し蹴りのような脚捌き。。。ちょっと重たくなると更に足が外に向くんじゃないかというところ。。。最近では、蹄鉄でその向きも矯正できますし、そこまで心配していませんけど、、、悩ましいところですね。この馬のセールスポイントの一つがガッチリした馬体。そこから繰り出される推進力も維持したい。。。だからあまりスマートだとそれはそれで良くないんですよね。。。まぁ、能力があってセンスのある馬は僕が心配しなくても理想的な馬体になっていきますので、、、この仔は何だかんだ『心配御無用』で成長していくと思います。
1610183
そして、『へニーヒューズに似てる。歩様が軟らかい。筋肉がすごく発達している。スピードに恵まれている。活気がある。活力がある。綺麗な馬。扱いやすい性格。気も強い。気が良い。牡馬らしい強い感性を持っている。相撲も負けない。。。』
箇条書きでメモりましたが、兎に角、村田場長が褒めまくる。。。まぁ、見ていても過剰セールストークではなく、そのまんまだと思いますので、僕も評価しています。

母であるゼフィランサスが芝とダートで勝っておりこの仔も芝ダート兼用で行けるおっしゃっており、距離はマイルくらいで。。。とのことでした。
1610184
昆貢先生は
『全体の雰囲気がいい馬。ダートでの活躍馬が目立つヘニーヒューズ産駒ではあるが、繋ぎや歩様が柔らかいので芝実いいと思う。』
と高評価。

歩様は多少、脚の回し方は気になりますが、リズミカルでグイグイ前に出る推進力は才能だと思います。昆貢先生がおっしゃる歩様の柔らかさっていう意味もよくわかります。踏み込みが深く美しい動きですから。。。
1610185
モーニンアジアエクスプレスヘニーハウンドゴドリー。。。栗毛の影響もありますが、どの馬も似ているんですよね。。。父ヘニーヒューズに。そして、この馬も昨年よりも更に父に似てきました。走るだろうなぁ。。。って、強く思います。
ヘニーヒューズ産駒の重賞馬の共通点はデビュー勝ち。モーニンは3歳5月デビューですが、アジアエクスプレスヘニーハウンドは2歳秋デビュー。。。この仔は??グランジゲレイロエランサゲレイロ兄弟が函館最初の新馬に拘って進められましたが、うまくいかなかったことが記憶に新しいのですが。。。実は母ゼフィランサスも函館最初の新馬戦に出走。1番人気に推されましたが2着。そのレースで勝ったのが川島牧場のルリニガナ(母はダムドコンパニー)は元出資馬ローレルアクシスの半妹になります。。。ゼフィランサスも元出資馬のローレルウェルシュの半妹になりますけど。
ということで、この仔も函館1週目を目標に作ってきそうな気が。。。ヘニーヒューズも仕上がりは早いでしょうから可能なのかもしれませんが、無理をしないで馬本位でデビューを組み立ててもらいたいですね。
1610186
モガミヒメキングヘイロー専用肌馬としてまだ頑張っていますが、ビッグママビッグテンビーも高齢。この血統の主力はラヴァーズレーンでもなくビビットハートでもなくゼフィランサスだと思います。因みに1歳下はハービンジャー産駒の牡馬。是非、クラブへ・・・とお願いしておきました。
1610187
読んでくださいましてありがとうございました。

ローレルクラブ・ユニオンへの入会希望の際には紹介させていただきたいので連絡をいただきたいと思っております。どうぞよろしくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月17日 (月)

病んでいるワケではないですけど

日曜日のショックを引き摺っております。後悔してもそこには戻れないんですけどね。。。結果を出せずに終わっても、批判や中傷は受けず、どちらかというと激励の言葉を多くかけられます。

これが競馬の調教師や騎手だったらどうなんだろう?
とか、
これがプロ野球やJリーグの監督や選手だったらどうなんだろう?
とかを考えてしまいます。

今回の結果はよくやったのか?それとも、ダメだったのか?僕の中では、やっぱり・・・何回考えても“ダメ”という結論になります。

スタート当初のレベルをここまで上げた。。。とか、このメンバーでここまでやれた。。。とか、僕もこの道では経験が長いので、ある程度やれる自信もあるし評価もされてきましたが。。。ここ一番で、結果を出さないとね。

人生を振り返っても、自分が陣頭に立って戦ってきた全てのこと(受験とか人生の選択とかも含めて)について考えると。。。『ジャイアントキリング』(番狂わせ)を収めたことって。。。殆ど無いんですよね。勝つときは順当勝ちが多く、稀に金星を配給してしまう。。。そんな人生です。

闘う前の自分の設定する想定が少し甘いと言うことも理由の一つでしょう。
そして、何よりも『持っていない』んだろうな、、、と思います。

でも、結局はそんなことで、結果が出せないレベル。。。努力が足らないんです。凡人は努力しないと天才には勝てません。馬だって騎手だって調教師だってそう。因みに、天才はかなり努力をした上で成り立っている場合が多いですからね。

今回の結果を糧に更に努力をしていきたいと思います。

今日もレポートをサボってしまった形になりスイマセン。途中まで書き上げているものが完成間近です。火曜日分はきっちり披露できると思いますので、お楽しみに!!

月曜日分の投稿はこれで許してください。

別に病んでいないので大丈夫ですよ~~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月16日 (日)

悔しい。。。共倒れですわ

今日は・・・ツアーレポートを書き上げました。金曜日に穴をあけてしまいましたので、ツアーレポートを金曜日分に投稿しましたのでそちらをお楽しみください。。。

日曜日分は。。。今日はムーンエクスプレスが頑張りましたが結果を出せず。

わたくし、“まひ3”も結果を出せず。。。春に続き秋もマスコミの期待を裏切ってしまう失態。。。その様子は明日の18:15からのニュース番組で特集を組んでいただき放送されます。見ることができる環境にある方は、ダメな僕を観てやってください。

皮肉なもので、結果を出すまで取材を続けてくれるとのことで、また取材が続いてしまいます。。。次は・・・結果を出せるように準備をしたいと思います。

結果を出せなかったことに流石に凹んでおります。

ということで、今日の分は短い文章になってしまいますがここまで。明日から切り替えて頑張ります。

ツアーレポートは日付が14日(金)となっておりますので、スルーせず読んでやってください。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年10月15日 (土)

ムーンエクスプレスとともに

スイマセン。。。明日の大一番を前にちょっとブログを書く余裕がなく、、、『今日は書きます』とか言いながら、投稿しておりません。(一応は少し書いたのですが完成には至らず)
ツアーレポートもボチボチ書いて行くので、落ち着くまでのらりくらり行かせてください。

明日のムーンエクスプレスのことは今日書きます!

頑張れムーンエクスプレス

2016/10/16(日)
7R
3歳上1000万下
芝1600m / 天気: / 馬場: / 発走:13:20
4回京都5日目 3歳上
混[指定]定量 12頭
本賞金:1050、420、260、160、105万円
1 テラノヴァ 牝3 53 川田
2 フォールインラブ 牝3 53 古川
3 バンザイ 牡7 57 藤岡康
4 カープストリーマー 牡3 55 Mデムーロ
5 ブランドベルグ 牡4 57 藤岡佑
6 エルビッシュ 牝3 53 浜中
7 ラルク 牝3 53 武豊
8 アドマイヤスカイ 牡4 57 幸
9 サンセットスカイ 牡6 54 坂井
10 ムーンエクスプレス 牝4 55 松山
11 ナムラアッパー 牡5 57 和田
12 トップアート 牡5 57 蛯名

レース評…先行警戒 逃げ注意 小波乱

短評・・・一応注意が

予想コメント
印なし

調教
2016/10/13(木)
栗坂 良 松山 53.8-39.5-25.6-12.8 一杯
ゼセル一杯と併せで0秒2先着
動き軽快 評価B

厩舎コメント
小栗助手
1000万クラスでこの距離で勝ったことがあるけど、当時はハンデや展開に恵まれたところもあった。力は上位だが、完調までは・・・

小栗助手
以前ほど稽古で動かなくなったけど、1000万では能力は上だと思ってます。マイルはこの馬に少し長い気もするけど期待しています。

クラブからのコメント
鈴木孝志師「昨年テン乗りで勝たせてくれた秋山が以前に、1000万なら1600mでも通用するけどその上になると1400mかなと言っていました。僕の中では秋山のジャッジはいつも的を射ていると思ってはいるのですが、余裕を持った内容でここで結果を出せるようならこの先の競馬の幅が広がるとも思っていますので期待しています」

★★★小栗助手は『以前ほど稽古で動かなくなったけど』と言っていますが、本来叩き良化型ですし、坂路もウッドが深くなっているので、非力なムーンエクスプレスには向かない馬場。十分動けていると思います。ひと叩きしてもっと動けるようになると思いますし、今回も楽しみではあります。
印があまり回っておりませんが、オッズは思ったよりも低く、残念でなりません。。。パイオニアシーザーの単万馬券を見てしまうとね。。。『こっちも!』って、思いますけど。
注目は鞍上の松山弘平騎手。最近は調子がいいですし、今日もパイオニアシーザーをしっかり持ってきました。ムーンエクスプレスと言えば、松山弘平騎手。この馬は松山弘平騎手のお手馬なのです。ここまでこの馬を育ててくれたのは間違いなく松山弘平騎手騎手。前走より鞍上に戻ってきたこのコンビはプラスアルファの能力を出してくれると思います。
本来京都は得意だと思いますし、先行激化する雰囲気がありますので、やや外枠の10番枠が逆にプラスに働くのではないでしょうか?
休養前も1000万下クラスでは崩れておりません。実は降級馬でもありますので、穴狙いで一考。。。イケると思います。

さて、明日の仕事が、、、僕の人生の中で考えるとGⅠ級の大一番になるのかも。。。この先もっと大きなこともあり得るので、GⅡくらいかな?でも、頑張ります。ムーンエクスプレスとともに祝杯をあげたいと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年10月14日 (金)

ツアーレポート2016その17

アンケートを再度、うえに上げました。投票結果を見ると。。。シルクヴァルキリ―の2015票が急増。事実人気があるのか?組織票なのか?それとも、一定の人しか投票していないのか?

ということで、今日の主役はコチラ。

★写真をクリックすると大きくなります。ご覧ください。

シルクヴァルキリーの2015
(父ベーカバド×母父マーベラスサンデー
牡 鹿毛 2015年4月12日生
生産者→対馬正牧場 入厩先→和田正一郎厩舎
1610141
昨年のツアーでは1日目の最後の展示となった本馬。今年のツアーでは2日目のラス前。。。会員さんに疲れが出たり、暗くなってきて写真的に上手く撮れない。。。決して恵まれた日程ではない仔ですが昨年から注目をしていました。。。

昨年のツアーレポートはこちら→→ツアーレポート2015その4

昨年も書きましたが、ベーカバド産駒のサリールの2013に注目していて、出資したいと思っていました。その子も対馬正牧場の仔。。。そんな縁もあってこの仔には注目していましたが、『自分ルール』に引っかかってしまい、この仔への出資は叶いませんでした。
しかし、、、今回のツアー特典プレゼントの1頭にこの仔が入っていました。
1610142
個人的には運命的な巡り会わせを感じます。

ツアーの前に週にこの仔の4歳世代の半姉フクノグローリアが500万下を勝ったことで解説もフクノグローリア絡みの話となりました。

この仔は総額800万円の牡馬。安かろう悪かろうでの提供ではなく、対馬正牧場さんはキルシュブリューテ以降ローレルクラブでの勝ち上がりがなく、この馬で勝負したい。皆さんに持っていただきたい、そういう強い思いがあることをお聞きしました。
1610143
ベーカバドは現3歳馬がデビュー世代。オルレアンローズが3勝を挙げております。3歳世代は14頭が勝ち上がり。2歳世代も1頭勝ちあがりで、2016年リーディング69位に位置しております。

母シルクヴァルキリ―も2勝馬。1000万下でも3着という実績馬。
1610144
父も種牡馬として実績を作っています。母も実績馬。兄姉にも活躍馬が居てこの価格。。。絶対お買い得です。
因みに、2016年産もベーカバドをつけております。。。この仔に自信がある証拠なのです。
1610145
入厩予定先の和田正一郎調教師は
『当歳の頃からバランスは良かった。線の細さを心配していましたが、この1年で筋肉がついてが解消され、パワフルな馬体に成長してきました。良いバネを持っています。』
とコメントをいただきました。

対馬さんは“生まれた時からいいと思った”と、自信を持っています。生まれてから1年半経った今年のツアー時もその思いは変わらず。。。“雰囲気を持っている”と、更に期待を持たせてくれます。
闘争心があり、人には優しく、馬にはきつく。。。走る馬の要素を持っています。
1610146
育成はフジワラF内NYSで行います。新規開業の育成牧場だそうです。

母は短距離馬。姉フクノグローリアも短距離馬ですが、本馬はベーカバドに似ておりガッチリした馬体ではあるものの少し胴が長目。場長も1800mくらいの距離を期待していました。

動きはキビキビしている中にも確かな推進力を感じる重厚感があります。現時点では450キロくらい。デビューは480キロくらいを想定。
1610147
そして、あることが最後に起きました。。。もしかしたら僕しか気付いていないことかもしれません。まひ3調べでは、これが起こると必ず勝ち上がります。。。ゴーストノートピアレスピンクデフィニールパイオニアシーザー。。。この馬もこのジンクスに続いてくれると思います。。。

読んでくださいましてありがとうございました。

ローレルクラブ・ユニオンへの入会希望の際には紹介させていただきたいので連絡をいただきたいと思っております。どうぞよろしくお願い致します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年10月13日 (木)

今日だけ休憩

ここ数日は怒涛の忙しさ。。。そして、家に帰るとすぐに眠くなっちゃいます。。。ということで、夜中にちょっと起きて書いたり、朝早く起きて書いたり。。。そんなこんなで、ちょっとずつ更新が遅れています。
そして、今週末は大きなことが控えております。4月以来久々にテレビ取材が入りまして、日曜日まで密着取材となりました。春は取材者側の期待に応えられず結果を残せませんでしたが、今回はその反省を生かし修正してきました。今度はやります!
16日(日)はムーンエクスプレスの出走も決まりました。ムーンエクスプレスも自分も結果を出せたら最高です!共倒れにならないようにお互い頑張ろうと思います。
16010131
ローレルクラブの『会員ツアーレポート』に当ブログのリンクも貼られました。
リンクが貼られたすべてのブログを見ましたが、皆さん熱心であり丁寧ですね。

この企画は昨年から始まり2回目。。。それまでは、そんなにツアーの詳細を書かれているブログもありませんでしたから、『僕が頑張ろう!』的な勝手な使命感がありました。

皆さん丁寧ですし、読み応えがあります。この辺で僕のブログの役割も変わってくるのかな~って思ったりもしています。

今日はツアーレポートを1日だけお休みさせていただきます。

お気づきでしょうか。。。題名をツアーレポートに変えました。先日まではツアープレビューだったのですが。。。
ある方から指摘をいただきまして。。。『ツアープレビューじゃなくてツアーレビューだよね。。。』って。スイマセン。学がなくて(笑)
プレビュー⇒『下見・展示』という意味でして、募集馬を展示しそれを下見に行くことが目的のローレルプレビュー(所謂ツアー)はそれでいいんですね。
レビュー⇒『評論・批評』という意味。こちらの方が確かにやっていることと言えばやっていること。。。でも、評論したり批評したりっていう偉そうな立場じゃないしなぁ~と、個人的には思っています。(偉そうな物言いに感じられていたらスイマセン)

じゃあ僕のやっていることは何だろう?
ある部分では覚え書き(⇒メモ?)ある部分では日記(⇒ダイアリージャーナル?)
でも、一番しっくりくるのは『報告書』かな?そうなると。。。⇒レポートということになります。

ということで、直せる範囲で修正中2015年のツアーレポートまで遡って修正しましたがそれだけでもなかなかの仕事になってしまいました。

ブログ等のSNSって、皆さんに見られてしまうし残るじゃないですか。。。そして、コピーもできてしまうし、広がってしまう。。。人を傷つけてしまったり誤解させてしまうフレーズも残ってしまいますが、自分の頭の悪さも残ってしまうし広がってしまう。。。SNSの危険をこんな形で実感することになるとは。。。

少しずつ、自分の失敗を修正する作業を続けていきます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年10月12日 (水)

ツアーレポート2016その16

久々にアンケートを見てきました。まだまだ票が伸びておりました。ご協力ありがとうございます。この馬が票を伸ばしておりましたので、期待に応えたいと思います。

★写真をクリックすると大きくなります。ご覧ください。

アモーレペガサスの2015
父スターリングローズ×母父メジロライアン
牝 栗毛 15年4月27日生
生産者→坂牧場 入厩先→鈴木孝志厩舎
1610121
昨年も見学しました。その様子は↓
ツアープレビュー2015その21

馬名採用となりましたムーンエクスプレスの半妹になります。
10年前にペガサスビームを見学に来たときは牧場前の道路で見学。昨年のツアーでは坂牧場さんの入り口の少し窪んだ芝で。今年のツアーでは。。。見学した位置は同じなのですが、今話題の盛土をして、少し高い丘の上での見学となりました。。。この“芝の丘”ですがムーンエクスプレスの活躍によりできた“芝の丘”だそうです。それだけムーンエクスプレスの出資者が少なかったということでもあるんですけど。。。今週はムーンエクスプレスが久々に出走します。結果を出してくれると。。。昨日、出資予約した馬代金も捻出できるんですけどね。坂牧場さんも賞金が舞い込んできますし。。。
1610122
さて、そのムーンエクスプレスステージに登場したアモーレペガサスの2015は。。。昨年もかなり良かったのですが、今年は更に良くなっております。
ムーンエクスプレスの1歳時もバランスの良さと筋肉の付き方に惚れましたが、こちらはムーンエクスプレスの良さをそのままに更にトモの大きさと胸前の大きさを備えております。そこから生まれるであろう推進力に期待しています。がっちりした馬体からはダートでガリガリ走るイメージを感じますが、半姉同様に歩様が柔らかく芝で走るんじゃないかな。。。と思わせます。ダートは間違い無く走るでょうけど、芝で良さが出る。。。って、感じました。
1610123
この仔はディープブリランテを2回つけたが止まらず、仕方なくスターリングローズをつけて生まれた仔。。。
坂牧場×スターリングローズは。。。以下の通り
ボーダーライン 牡 2006 バーニングアップ
コウギョウダグラス 牡 2007 アモーレペガサス
シンクオブミー 牝 2008 バーニングアップ
エスプリブラウン 牡 2012 ケイワイデュラブ
ニシノグリーディ 牝 2013 グロリアスドータ
アモーレペガサスの2015 牝 2015 アモーレペガサス

コウギョウダグラスは6,483万円の賞金を稼いだ大井の強豪。エスプリブラウンも地方3勝。シンクオブミーは中央2勝し、2,410万円を稼ぎました。ニシノグリーディも中央1勝しています。。。坂牧場さんもおっしゃっていましたが、非常に相性がいいのです。この仔は全兄となるコウギョウダグラスを超える活躍を期待しています。
1610124
予定厩舎もムーンエクスプレスと同じ鈴木孝志厩舎。。。ここにはタルトリンツァーもお世話になっております。

鈴木孝志先生からのコメントは。。。
『小さい時から馬っぷりが良かったがますます筋肉の付き良くなってきています。半姉のムーンエクスプレスのスピードにパワーを兼ね備えた感じ。仕上がりが早ければ2歳夏から使っていきたいと思う。』
ということで、早い時期に一回走らせてくれる先生です。そこで好走すれば、そのまま在厩で大きいところを目指して走らせてくれます。この仔には合っていると思います。

1610125
坂牧場の場長さんは所用で不在だったのですが、コメントはいただけました。
『会員さんにお会いできなくて残念ですが、ムーンエクスプレスの今時期と比較してトモの容量は上。性格や皮膚感などもムーンに似ていますね。あとはエンジン(がしっかりしているかどうか)かな?ローレルクラブにはたくさんいい馬が居るので大吉を引くことを期待しています。競馬場で会いしましょう。』
1610126
胴は短く短距離馬でしょうね。。。父スターリングローズアスカクリチャンアラマサローズ、、、コウギョウダグラスと多彩な条件で活躍する仔を輩出。この仔もどの様に成長していくか分かりませんが母はスプリンターを出すことに長けているので、、、やっぱりスプリンターかな。
現在は420キロくらいだとのことですが、ムーンエクスプレスよりも大きい状態で出走できるかな。馬格で苦労しないことを願いたい。

姉と同じ内田Sでの育成を予定。それも頼もしいところ。。。ムーンエクスプレス同様、気性が安定しているといいですね。
1610127
見学中『よく食べる』というコメントが3回出たと思います。本当にしっかり食べるのでしょう。環境が変わってもしっかり食べる長所は損なわないようにして欲しいですね。

最後に。。。僕の“馬師匠”もこの馬をイチオシ。。。成長も要注目です。

読んでくださいましてありがとうございました。

ローレルクラブ・ユニオンへの入会希望の際には紹介させていただきたいので連絡をいただきたいと思っております。どうぞよろしくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月11日 (火)

ツアーレポート2016その15

今日だけツアーレポートと言っても、いつもと違う趣向で。。。いつもの様な募集馬や現役馬のレポートはお休み。。。理由は・・・写真が保存されているSDカードを職場に置いてきてしまいました。。。と、言うことで自分のミスで今日だけお休みします。

今日は、ツアーのプレゼントキャンペーン付きの出資申込書を書き上げました。
合計●口の出資申込をしますが、そのうちの半数がツアー前の出資シミュレーションと変わりました。。。ということは、ツアーに行かなければ出資馬の陣容が全然違ったということ。
この変化は正解かどうかは1年後2年後に分かることですが、個人的にはツアーを十分に楽しめた成果だと思います。ツアー特典等は13日到着分有効です。明日には投函しましょうね。。。

さて、今日のツアープレビューはビンゴ大会の結果。。。10年以上前のツアーでは。。。
『競馬エイトグッズ』当せん
クリオの無償口』当せん
『ローレルクラブ勝負服Tシャツ』当せん
振り返ると、必ず何か当選していました。。。

そして最近はというと。。。
2013年ツアー→→出資馬代金割引券●万円(1位抜けでした)
2014年ツアー→→ローレルブレット蹄鉄
2015年ツアー→→ムーンエクスプレスCGフォトスタンド
2016年新年会→→昆貢厩舎300勝記念キャップ
これまで必ず何かを当ててきました。

そして今回のツアーは。。。
2016年ツアー→→出資馬代金割引券●万円(5位抜けでした)
今年もビンゴ当せん。。。連勝記録を更新中です。ここで運を使い果たしているんですね。。。でも、感謝しなければいけません。

ビンゴ大会の前には恒例の出資者限定参加の勝ち馬ゼッケンジャンケン大会があります。
今回は・・・
スティンライクビー
ローレルジャック
デフィニール
ゴーストノート
グランパルファン
ストリートキャップ
の6枚のゼッケンが出展され、そのうち2枚に僕は参加することができます。。。しかし、じゃんけん大会は2戦2敗。。。やっぱり駄目ですね。片岡さんに助けてもらわないと(笑)
因みにスティンライクビーは決勝戦まで残ったのですが、最後に負けてしまいました。。。

ツアーにはこんな楽しみもありますので、、、因みにビンゴ大会とジャンケン大会は新年交流会でもありますので、参加費もリーズナブルで参加し易い新年交流会で雰囲気を感じるのもいいかと思います。

ツアーレポートはここまでですが。。。先週末の3連休は競馬で大負けを喰らいました。一口出資分以上の負け。。。やっちゃいましたね。でもそれによって出資馬を安い馬に鞍替えしたり、出資断念とかはありませんので。。。でも、痛いですね。

そして。。。今日、こんなものが届いておりました。
1610111
JRA「夏の2歳単勝キャンペーン」の賞品です。

最近は1ヶ月に1枚以上のペースでクオカードがJRAから届きます。勿体なくて使っておりませんけど。。。かなりレアなクオカードも増えてきています。今度、全てのクオカード、テレホンカードをここで披露しようと思います。。。そういえば、大昔タバタファームさんからスターリングローズのクオカードをいただいたことがあったっけ。。。もしかしたらテレホンカードだったかも。。。貴重な品があるかもしれません。。。何方か査定してもらってもよろしいでしょうか?よろしくお願いします。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年10月10日 (月)

ツアーレポート2016その14

今日も2歳馬。。。明日にはツアー特典を受ける出資申込書を提出しなければいけなく、、、仕事もありまして。。。今日もレポートは短めに。申し訳ございませんがよろしくお願いします。

フルトベングラーヒカルマイゴールの2014)
(父サマーバード×母父エアジハード
牡 栗毛 14年3月30日生
生産者→森永牧場 入厩先→高橋義忠厩舎
1610101
2歳馬ですが追加募集馬ですので、今年のツアーでの見学がこの仔との初めての対面となります。昨日のローレルリーベと同じ場所での見学ですが、こちらは“日高軽種馬共同育成公社内・エンパワーファーム”での育成になります。馬を引いてくださった方も変わりまして。。。筋肉質な場長。。。そうです。2年前にパンテーラネロを引いてくださった方です。
1610102
ということで、森永牧場→エンパワーファーム→高橋義忠厩舎になります。パンテーラネロは宮崎のサンダンス育成場を挟みましたが、この仔はそのまま入厩となりそうです。

父はサマーバード。ベルモントS勝ち馬で、期待されて日本に来ましたが1世代を残しただけで亡くなってしまいました。今年デビューした産駒は上々の滑り出し。新馬勝ちも複数出ています。(フォーカードトミケンカリムエーティーラッセン)立派です。
母ヒカルマイゴールは1勝馬。社台の繫殖馬として、ショウナンダイラ父ウォーエンブレム)を輩出。その前はウインマクレガーウインアズーリとウインに提供した馬を産んでおりました。
森永牧場へ移籍して2番目の仔がこのフルトベングラーになります。現1歳馬の半妹はヘニーヒューズをつけられているので、牧場としても期待の大きい繁殖なのです。
1610103
入厩予定の高橋義忠師は厩舎のブログを運営しており、ローレルクラブの情報とは違う情報をそこから得ることができたりするので付加価値は大きいと思います。

その高橋義忠先生は
『夏を境に心身共に成長してきた。特に身体が良くなりました。あとは更なる中身の成長ですね。』
とのコメントをいただきました。
1610104
場長からは、完成度は高くいつでも入厩可能だとか。芝をスピードで押し切るタイプをイメージされているようです。1400m~1600mの距離で力を発揮できるのではないか。。。と。『脚元は丈夫』という言葉が何度も出ていたので、その部分は自信があるのだと思います。気性も落ち着いており、距離も持つであろうとの見解でした。
1610105
それから、子供っぽい馬だ。。。とのコメントもありました。これは徐々に成長していくと思うので気にしなくてもいいと思いますが。

馬を引いているときも、なかなかの暴れん坊ぶりを見せておりまして、場長のコメントも馬に引き摺られながらのコメント。。。ちょっと面白かったです。
1610106
馬体も迫力があり、なかなか自我がしっかりしており、楽しみな存在。牡馬でこの血統。1000万円募集はお買い得感があります。因みにツアー出資申込候補として検討馬の1頭になっております。
デビューまで時間を要さない即戦力希望の方はこの馬の洗濯も悪くはないと思います。

読んでくださいましてありがとうございました。

ローレルクラブ・ユニオンへの入会希望の際には紹介させていただきたいので連絡をいただきたいと思っております。どうぞよろしくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アップしました

長らくお待たせしております。。。現在2日分を執筆中。もう少しお待ちください。明日にはツアー特典付きの出資申込を済ませなければならず、時間がかかっております。。。

シルク抽選キャロットクラブ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2016年10月 9日 (日)

ツアーレポート2016その13

明日(月曜日)の京都行きは断念。家族のために家のお仕事をすることにしました。今日も仕事だったのですが、成果を出しました!!来週の本番に向けて自信をつけた形。明日の馬券でも結果を残したいところ。。。

今日は2歳馬を。。。2歳馬は情報が少ないので少し短くなります。。。

ローレルリーベケイアイメルヘンの2014)
(父カネヒキリ×母父エンドスウィープ
牡 栗毛 14年3月25日生
生産者→リコーファーム 入厩先→奥平雅士厩舎
1610091
ローレルヴィクターと誕生日が一緒です。
昨年と同じ育成公社での見学となりました。昨年もデカいと思いましたが、今年は更に大きくなっている感じ。毛色も含めて父に似た感じがします。
相変わらず歩様もしっかりしていました。
ちょうど1年前は490キロ。今は560キロに成長。。。脚元は大丈夫なのか?と心配になりそうな体重ですけど、まずは脚が真っ直ぐであること。そして、トモの張りが素晴らしくただ重いだけの馬体でないことは写真で見て頂ければ理解していただけると思います。
この馬体ですので脚腰への負担はやっぱり大きく、疲れが貯まりやすいのかも。それでも、ケアをしながらしっかりと調整を続けられています。近々スピリットファームへの移動が検討されています。(先日移動しましたね)
1610092
そして、、、母ケイアイメルヘンは4勝を挙げており、重賞出走も果たしている馬。父も母もダートで活躍しており、この仔もその路線で行くことでしょう。迷いはありません。
1610093
個人的には背中がポイントかな。。。と感じています。

力強い走りを競馬場で見たいですね。
1610094
調教師の先生からのコメントや育成場からのコメントも少なめですので、こんな感じでサラッと終わります。

読んでくださいましてありがとうございました。

ローレルクラブ・ユニオンへの入会希望の際には紹介させていただきたいので連絡をいただきたいと思っております。どうぞよろしくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 8日 (土)

ツアーレポート2016その12

今日から競馬は3日間開催。馬券でお金を作りたい。。。ツアーでの出資予約期間も間もなく締め切りとなりますので、月曜日には投函するつもりですので、頑張ろうと思います。。。ツアーに行かれた皆さんはもうファイナルアンサーを出しましたか?

★写真をクリックすると大きくなります。ご覧ください。

ベルベティーンの2015
父ブラックタイド×母父タイキシャトル
牡 鹿毛 15年3月10日生
生産者→川島牧場 入厩先→中竹和也厩舎

昨年も見学をしています。昨年の様子はコチラ
ツアーレポート2015その17
をご覧ください。
1610081
この馬は当歳時に川島牧場に中竹和也先生が来られて、血統を隠した状態で数多く居る当歳馬の中から『この馬がいい!!』と、選んだ馬。そうです。中竹和也先生が大好きな馬なのです。
1610086
今回も中竹和也先生のコメントがありましたが相変わらず高い評価でした。
『(当歳)当初から薄くて(胴が)長手の印象。柔軟性に富んだ筋肉があり、飛節に柔らか味があり弾力性があって大きな推進力を生みだします。これから育成場に入って筋肉が更についてくると思う。芝もいけそう。クラシックディスタンスを期待したい。この時期に完成度が高過ぎると将来的にあまり変わって来ないタイプが多い。この馬には成長力を期待できる。クラシックディスタンスという層の厚い条件に挑戦するのでアベレージ重視の馬では厳しい戦いになる。この馬はホームランを狙える馬であると思う。私と一緒にホームランの夢を狙ってみませんか。』
・・・各馬の紹介のときには入厩予定の調教師の先生からコメントがあるのですが、中竹和也先生のベルベティーンの2015に対するコメントが一番長く熱いコメントだったように思います。僕は中竹和也先生がこの馬に期待しているんだろうと思っていますが、穿った見方をすると、、、『何か心配なところがあるのかな?』と思っちゃうような熱いコメント。。。
1610082
では、実際に見たらどうなのか?

出てきた瞬間は、当歳時から『変わってきたな』という印象。もちろん若駒の1年なので変わって当たり前なのですが、良い方向に変わったということ。正直なところ、(ツアー前から)この馬よりも魅力的に感じていた馬も多く居たので、軽視していた仔。写真を撮ってレポートを書けるくらいに見学しようと思っていましたが、その考えは一瞬で変わりました。僕が以前から好きであった胴長の長距離タイプの体格に更に寄っていました。とは言えまだまだ馬体は薄く、筋肉が更につかないと戦えない印象。それでも骨格のバランスの良さは抜群であり、先生のおっしゃる通り成長に期待したくなります。
形も中長距離に適した感じになっています。ただ、ブラックタイドキタサンブラックを輩出したからと言って、長距離種牡馬と考えるのは時期尚早。長距離と決めつけず育成場でもしっかりと筋肉をつけるトレーニングをしていただきたい。その結果、長距離タイプになることが望ましいですが。
1610083
川島牧場からは現在は420キロくらい。450キロくらいでデビューするのでは?腹回りに筋肉がついてきて逞しくなってきた。今月中(9月)に小国Sへ移動。早期デビュープランではなく秋以降中長距離へのデビューを目指していきたい・・・とのこと。
成長はゆっくりであり気性は大人しく、悪さはしないとのことでした。
16100841610085_2
母系は地味に映りますが堅実タイプと考えます。祖母タケノベルベットはブービー人気でエリザベス女王杯を制覇。。。これは決してフロックではなく、牡牝混合のGⅡ鳴尾記念優勝。豪華メンバーだった日経新春杯阪神大賞典での好走もありました。父がパドスールでの実績ですからね。その直仔は長女タケノハーモニーがが中央1勝。。。ベルベティーンを含めそれ以外は中央未勝利。。。しかし、タケノベルベットの孫たちはそこそこ中央で勝ち上がっています。ベルベティーンの仔は2頭が中央デビューして2頭とも勝ち上がり。ゲティスバーグはユニオンで募集されました。
BMSタイキシャトルは種牡馬によって多彩な仔を生むとして定評があります。種付け料が50万円から300万円に跳ね上がったブラックタイドの良さも引き出してくれるものと思います。今後、この募集価格では提供されないことでしょう。。。
1610087
最後に。。。牧場ではよく鳴いているそうです。

読んでくださいましてありがとうございました。

ローレルクラブ・ユニオンへの入会希望の際には紹介させていただきたいので連絡をいただきたいと思っております。どうぞよろしくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 7日 (金)

ツアーレポート2016その11

土曜日も日曜日も仕事。。。10日(月)はお休みになりそう。。。京都に行こうかな?ちょっと検討中。一日ゆっくり競馬場に居るのもいいかなぁ~って。明日、明後日の仕事との兼ね合いを見て考えよ~

★写真をクリックすると大きくなります。ご覧ください。

グロースバンダムの2015
(父ヴァーミリアン×母父ダンスインザダーク
牝 青鹿毛 15年3月12日生
生産者→中神牧場 入厩先→庄野靖志厩舎
1610071
中神牧場・・・聞いたことがなく、初提供かと思いましたが、1998年産ローレルキラリンを提供されていたようですね。。。というのも、僕が入会する前の話です。

そんな中神牧場さんからの提供。でも、見学したのは『シェアリング』さんでした。
1610072
中神牧場はバンダム牧場さんとの関係がありダンスインザダーク好きということで、母父ダンスインザダークの肌馬が多いとのこと。そのため、種牡馬選びも簡単ではないようです。。。

普段は6頭の牝馬で放牧されている中のリーダーとして君臨しているのが本馬だそうです。
1610073
でも、気性も落ち着いていて手が掛からないとのこと。『これだけ手の掛からない馬も珍しい』と、おっしゃっていました。人に対しても従順であり牧場としても楽しみにしているようです。

シェアリングさんは育成先ではなく、これから育成場に移動するのですが現時点では未定とのことでした。

入厩先は庄野靖志厩舎
庄野靖志先生からのコメントは、
『父がヴァーミリアンだからゴツゴツした感じかと思ったらそうでもない。まとまりのある馬体をしている。気が良いところは父に似ている。適性はトレセンに入ってから考えたい。ダートに拘らない。』
と、この馬への高い期待を感じました。
1610074
見た感じは『ヴァーミリアン』ぽさはあまり感じませんが。。。とにかく立派。ガッチリしていて筋肉質。それでも、『ダートっぽいなぁ』って、感じもなく、柔らかな歩様です。今回は2歳馬も何頭か見たけど、それらと遜色ないくらいの大きさ。グロースバンダムの初仔ということらしですけど、とても初仔とは思えない大きさ。。。480キロくらいあるんじゃないかという話です。
でも、雄大な馬体の中身はまだまだ子供ということで、これからの育成でどれだけ成長していくかを見守らなければなりませんね。
1610075
この日は皮膚病が少しありました。。。北海道に多数上陸した台風の影響のようです。この馬だけでなく多数の北海道滞在馬に皮膚病が出たりしたようです。この仔については皮膚病も良くなってきているようです。
1610076
NARチャンピオンサイアを父に持っているのでダートかな?と思いますが、JRAで重賞を勝ったのは芝のレース。フェアリーSを勝ったノットフォーマル。そのノットフォーマルサンデーサイレンスの3×3を持っています。この特徴的な血が何かやってくれそうです。
1610077
ヴァーミリアンエルコンドルパサー。。。やっぱり、、、エルコンドルパサーの血は気になります。それは、、、現役時代のエルコンドルパサーを応援していたこともありますし、ローレルクラブに入会したきっかけであるローレルジェイ(ブランディニーの2002)が常に心の何処かにあるんですよね。。。

読んでくださいましてありがとうございました。

ローレルクラブ・ユニオンへの入会希望の際には紹介させていただきたいので連絡をいただきたいと思っております。どうぞよろしくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 6日 (木)

ツアーレポート2016その10

今日はこの馬を書きたくて。。。そして、2本立てで行きますので後ほど楽しみにしていてください。

★写真をクリックすると大きくなります。ご覧ください。

ローレルヴィクターシルクアワードの2014)
(父バトルプラン×母父スピニングワールド
牡 鹿毛 14年3月25日生
生産者→石田牧場 入厩先→羽月友彦厩舎
1610061
ツアーレポート2015その13
ローレルプレビュー2014~10~

いきなり関係ない切り口で始まりますが、10月2日にスティンライクビーが優勝。。。馬体重増で心配していたのですが、netkeibaのレース掲示板に『スティンライクビーをせっせと買うバカが居る』というコメントを見ました。。。“根拠のない悪口”(レース後に見るとコメントが修正されておりました)
僕はこういうコメントを見ると燃えるんですよね。。。僕も根拠はないけど、『スティンライクビーの勝つ可能性が上がった!』って思っちゃいました。そして、結果は周知のとおり。。。
1610062
ローレルヴィクターは2年前のツアー特典プレゼント馬でもあり、年末の会員向けプレゼント馬でもあり、入会特典プレゼント馬でもあった馬です。
その当時のいろいろな方のブログ記事も残っておりまして、『プレゼント拒否しました』とか『要らない』とか。。。もっと過激な表現もあったりして、結構風当たりが強かったプレゼント馬でした。
僕は他に)出資して、それでローレルヴィクターのプレゼントをいただけるだけ最大限頂いたので、複数口出資していることになります。(この行為を肯定するつもりもありませんけど)
昨年のツアープレビュー(コチラ)で不安があったことを書いていますが、結構な言われ方をしていたローレルヴィクターに対しては『逆風を力に変えろ』、『逆風を見返してやれ』と強く思う気持ちもありました。懇親会で石田牧場さんとお話をした機会もあり、応援する気持ちも強かったので。。。
1610063
当歳時は期待をしながらも半信半疑。
1歳時は既に出資しているというところで期待を持ちながらの見学。。。期待の少し上を行く成長過程。。。
そして今年は。。。結論から書かせていただきます。『おめでとうございます。プレゼントを含め出資された方々・・・当たりです!』(←この言葉に責任を負えませんけど)

まずは、今回の見学がno.9HTM(ナンバーナインホーストレーニングメソッド)であったということ。緑の美しい傾斜のある石田牧場にも行きたかったのですがね。
1610064
遠くにある厩舎から長い距離を歩いて会員さんの前に登場しましたが、、、別馬の様に成長していました。当歳時は『石田牧場さんらしくない馬体』→1歳時『薄手だったけど後肢が発達してきた』→今回『グッドルッキングホース』です。プレゼントでもらって本当に良かった~。。。と思いました。

蹄鉄を替えた頃から成長に変化が出てきたということですが、何がきっかけでスイッチが見つかるか分かりませんね。。。
1610065
この馬についてはここまで焦らずじっくりやったことが功を奏しました。脚が素軽るくストライドの大きい歩様が特徴。関節の可動域の広さも評価されていました。
入厩予定の羽月友彦師は『もっともっと成長しそう』と、即入厩の方向ではなく、更なる成長を促すようです。NO.9HTM場長も『骨格の成長に対して筋肉の成長が遅れていて非力だったが大分追い付いてきた。もうちょっとです』と、この馬の完成に大きな期待を感じるコメントをいただきました。

現在の馬体重は480キロ。『お盆くらいから急成長しました』と、目を細くされていました。
1610066
オマケの情報ですが、既に満口のローレルヴィクターですがキャンセルが出て数口まだ余っているそうです(ツアー当時)
因みに僕は『増資しようか?』と、本気で悩んでいます。

上記にある『プレゼントをキャンセルされた会員さん』にもいろいろな事情もあるでしょうから、否定的なことを書いてしまい申し訳ございませんでしたが、驚くくらいの活躍を見せてくれる気がします。そんな僕も、『1勝くらいするかな・・・1勝すればプレゼント馬だし元は取れるから・・・』と、どこかで思っていたので。。。ローレルヴィクターはそんな僕に対してのリベンジに燃えていたのかもしれませんね。
1610067
会報9月号のスペシャルレポートのコメントにあるように『500万下、1000万下と着実にステップを踏んでいくことができる子ですよ』を現実のものとしてくれる仔だと思います。

読んでくださいましてありがとうございました。

ローレルクラブ・ユニオンへの入会希望の際には紹介させていただきたいので連絡をいただきたいと思っております。どうぞよろしくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ローレルメーゼがゲート試験合格

今日は嬉しいことがいろいろ。。。仕事もうまくいくことが多く、良かったなぁ~~
サッカーも蛍のスーパーゴールで勝利。良かったなぁ~~

ポストを見るとJRAから緑の封筒が。。。

中を開けると。。。
161068
ジェンティルドンナのクオカードが。。。やりました!久々の当せん・・・良かったなぁ~~

そして、ローレルメーゼゲート試験に合格。良かったなぁ~~

サンスポより抜粋
栗東でディープインパクトのおいなど25頭がゲート合格
10月6日(木)の栗東トレセンでは、2歳馬25頭がゲート試験に合格。デビューへの関門を突破した。

ローレルメーゼ母ルナースフィア、牝、松永昌)
 半兄メイショウトウコン東海S・GIIなどJRA重賞3勝、交流GII・ブリーダーズゴールドCなど交流重賞2勝

ローレルクラブより
2016年10月6日(木)
本日のゲート試験に合格しました。
助手・10月6日(木)栗E重・14.5-15.7(ゲート試験・馬なり)
松永昌博師「無事に合格したよ。これからは乗る方を重点にボチボチ進めてみようか」

ということで、デビューに向けてもう一つ階段を上りました。
ここで放牧ってこともなさそうですね。順調であればデビュー戦まで行ってくれそう。
あくまでも個人的な予想ですが、D1400デビューになる気がします。そうすると・・・10月22日or11月5日。。。2週後のデビューはちょっと急過ぎるかな?じっくり乗り込んで。。。となると11月5日かな。芝の可能性も捨てきれませんので、どこでデビューになるかはわかりませんが、待つ時間もワクワク。。。

ローレルメーゼの動向から目が離せません!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年10月 5日 (水)

ツアーレポート2016その9

今日も人気投票の結果からピックアップ。。。最近はアンケートの結果を見るのも少し楽しみになっています。もちろん重複投票(歓迎です)もあると思いますが、予想していなかった結果にもなっているので、自分の考えとの誤差を感じたり、人気になっている馬の理由を再度見直したり。。。僕の反省にも役に立っております。これからも投票よろしくお願いします。

★写真をクリックすると大きくなります。ご覧ください。

ジョディーズラインの2015
(父ドリームジャーニー×母父クロフネ
牝 栗毛 2015年2月19日生
生産者→新冠橋本牧場 入厩先→高橋義忠厩舎
1610051
この馬は1年前のツアーでも見学した馬です。当歳時のレポートと照らし合わせてみて頂けると尚いいのかもしれません。

ツアーレポート2015その8
1610052
まずは受胎率の低いドリームジャーニー産駒。各世代数十頭しかいません。そして、ドリームジャーニー自身が小さい馬で、産駒もそのサイズを継承することが多く、総じて小さめ。。。それでも勝ち上がり率は高く、45%を記録。スピードをしっかりと産駒に伝えているようです。
1610053
そんな中、この馬は母馬が大きく、生まれてきたこの仔も大きい。。。当歳時は“やや大きい”と言った程度の印象でしたが、今回は十分な大きさだと感じました。数字としても430キロから440キロくらいとの見立て。冬を越してデビュー時には450キロから460キロになると想定しています。既に立派な馬体をしている馬が育成場に入りどんな成長をしていくのか。。。橋本牧場代表さんも期待しているようでした。
1610054
母は社台生産でキャロットクラブで走りましたが繁殖牝馬セールで新冠橋本牧場さんが購入。ジョディーの牝系は新しい新冠橋本牧場の根幹となる血統になる可能性を秘めていると思います。

『背中の芯がしっかりしている』・・・そこが一番のセールスポイントなのだという話がありました。何となく分かり難いのですが、歩様も力強くキビキビしていることから、その辺のことを言っているのだろうな。。。と思います。
1610055
また、
『普段は大人しく、動くとピリッとしたところがあり“オンとオフがしっかりしている”馬である』
と、コメントがありました。それも、“オンとオフ”コメントは2回もありましたからそこも期待しているのだと思います。

昨年もありましたが、高橋義忠厩舎は新冠橋本牧場さんの希望で選ばれた厩舎です。その期待を高橋義忠先生が感じて相乗効果が生まれるのではないでしょうか?育成場は昨年、アイーダを見学したヤシレーシングを予定しているようです。生産地でのヤシレーシングの評価の高さは感じました。。。
1610056_2
眼がキリッとしており気持ちの強さを感じられ、芝に対応できるスピードも兼ね備えているような感じです。扱い易さも評価されており、仕上げには苦労しないような感じです。

この馬は人気投票でも上位。。。いい馬ですけど、ここまで上位になるとは思っていませんでした。それには馬の質の高さももちろんですけど、若き橋本英之代表の存在も大きいと思います。しっかりとした自分の考えを持ち、それを実行しています。その様子を会員さんが見たり聞いたりしても納得ができる。。。理解できる。。。その能力ってなかなか持つことができないと思います。それを彼は若くして持っている。。。代表が変わって2世代目になる2015世代。。。僕もチームを新しく持って、今年が1世代目。。。来年が2世代目になるので橋本英之代表と同じような状況下です。。。チームが軌道に乗るには数年かかると言われています。しかし、その変化がすぐに出る場合もあります。少なくとも橋本英之代表にはその雰囲気を感じさせてくれます。。。そして、彼には生産者としての一面の他にクラブ経営の面にも期待をしちゃいます。現時点ではクラブの代表でも何でもないのですが、ローレルクラブのことを大事に思ってくれています。提供馬を見てもその思いを強く感じます。そして、懇親会での立ち回りやツアーバスに同行してくださるところ。。。ローレルクラブを盛り上げたいという意思が伝わります。先代の代表がローレルクラブの副代表だったこともあり、ゆくゆくはクラブの代表に就任する気がします。
1610057
こういった気持ちを表現できる牧場さんの提供馬。。。きっと人気も出てくると思いますし、納得の出資になるのだと思います。

読んでくださいましてありがとうございました。

ローレルクラブ・ユニオンへの入会希望の際には紹介させていただきたいので連絡をいただきたいと思っております。どうぞよろしくお願い致します。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2016年10月 4日 (火)

ツアーレポート2016その8

今日は久々に募集馬見学のレポートに戻ります。。。アンケートは継続中ですが、今1歳馬で一番票が集まっているこの馬を紹介します。

★写真をクリックすると大きくなります。ご覧ください。

ボストンタイムの2015
(父オルフェーヴル×母父ブライアンズタイム
牝 鹿毛 15年5月29日生
生産者→松浦牧場 入厩先→矢作芳人厩舎
1610041
松浦牧場1歳馬は既にそれぞれが育成牧場に移動。このボストンタイムの2015も浦河のシュウジデイファームに移動をしておりそこでの見学となりました。

個人的にはシュウジデイファームの施設及びスタッフさんは好きなんですが、ここで見た仔がドラゴンフライマザーアース。。。我がファミリーの走らなかった代表格的な馬が集まっており、相性は今のところ良くないです。
同じシュウジデイファームでの育成でも、この仔は牧場も違うし厩舎も違うので気にすることないかと思いますけど。。。そうです。シュウジデイファーム×矢作芳人厩舎キョウエイギアレヴァンテライオン等の2016年重賞馬も育成はシュウジデイファーム。シュウジデイファーム×矢作芳人厩舎ラインは信頼度アップなのであります。
1610042
僕は矢作芳人厩舎の馬に1頭だけ出資したことがあります。インペリオーソという馬ですが3歳時に現役のまま病気で亡くなってしまいました。その時の対応も丁寧であり、矢作芳人先生のところに所属する馬にはまた出資したいと思っておりました。
インペリオーソが現役時代のとき以上に厩舎の成績が上がり、2016年のリーディングもトップを快走している矢作芳人厩舎。勝たせることへのテクニックは高いものがあります。
1610043
登場した本馬はカタログで見たものと別馬のように成長しておりました。『え?こんなバランスの良い馬だっけ?』と、直感で感じてしまいました。カタログを見た時にはこの馬よりもラーイコネクションの2015にばかり目が行っていました。。。遅生まれでありこの短いスパンでも成長力が発揮されていたのだと思います。元々種牡馬であるオルフェーヴル自身が形のいい馬なワケではないので、ちょっと心配はしていたんですけどね。。。キングディグニティは当歳からバランスのいい好馬体が評判でしたが、この仔は兄弟の中で1番胴長で、距離も持ちそうです。
1610044
気は強いようですが、オルフェーヴル自身やステイゴールド自身の様な気難しいところは無いとのこと。五月下旬の遅生まれでもありこれからの成長をかなり期待しているような感じでした。“眼力(めぢから)”があり、その鋭い眼から強い闘争心が伺えます。そしてグランパルファンキングディグニティや1番の活躍馬であるドリームサンデーとも違ったタイプです。父オルフェーヴルよりスタミナと瞬発力を受け継いでるという話もありましたので、僕もこの馬の成長を楽しみにしています。
1610045
現在の馬体重は403キロ少し小さめですが、、、もう少し大きく見えます。
矢作芳人先生は『当歳から見ているが順調に成長している。。。気が勝っている印象です。今は少し幼い馬体ですが育てて勝たせるので大丈夫。適性はこれから判断したい。』ということで、自信のあるお言葉。。。この先生に任せておけば大丈夫な気がします。
1610046
ここシュウジデイファームではオルフェーヴル産駒はこの1頭のみ。。。(オルフェーヴル産駒どうしでの)比較はできないみたいですけど、ステイゴールド産駒と比較しても柔らかさがあり、タイプが違うとのこと。

松浦牧場としては当歳時よりこの馬を募集馬候補としていたのですが、遅生まれであり成長を見て自信を持って提供できる時期を待っていたようです。
その話は昨年のツアー翌日のMYツアーで松浦牧場に行ったときに、少し聞かせていただきました。。。その時に数枚だけ写真を撮らせていただいたんですよね。。。当歳時のボストンタイムの2015の写真を。。。また公開しますね。。。
1610047
放牧地でもその立ち振る舞いと馬体の良さから馬主さんや調教師さんに注目されていた本馬。これからもっともっと良くなってきます。更に注目される馬になってターフを駆けるときを思うと。。。ワクワクしますね。

読んでくださいましてありがとうございました。

ローレルクラブ・ユニオンへの入会希望の際には紹介させていただきたいので連絡をいただきたいと思っております。どうぞよろしくお願い致します。  シルクツアー

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年10月 3日 (月)

ツアーレポート2016その7

今日は、ツアーレポート行きます!でも、今日は週末のレースのことを書かないといけません。だって、スティンライクビーが勝ちましたから。。。長文2本立ては厳しいので、ツアーレポートはこぼれ話的な内容で。。。

エランサゲレイロ
(父ローレルゲレイロ×母エルトベーレ
牡 鹿毛 昆貢厩舎

現在はファンタストクラブで休養中。DDSPの手術を受け(ローレルクラブ所属馬では初めて)ました。

ここ数年はファンタストクラブが見学コースに入っていましたし、エランサゲレイロ(舎飼い)、グランジゲレイロ(舎飼い)、キャノンプレート(15-15キャンター)の3頭が居るので見学に行けるか。。。と思っておりましたが、今回はハードスケジュールでカットに。非常に残念でありました。

でも、話は聞けました。

手術については成功したということで、そのまま放っておいても徐々にDDSPの症状は良化していくとのことでしたが、予測がつかない時間がかかるということと、エランサゲレイロの能力への期待が大きく、手術して走らせても十分元が取れるという計算の元手術に踏み切りました。

スピードがありファンタストクラブのスタッフさんからも『乗り味がいい』と、高評価を受けております。。。昆貢先生は函館開幕週に照準を合わせ、函館2歳Sを狙っておりましたが、まだまだキ甲も抜けておらず、背も伸びるし成長もあるということで、この休養は逆にエランサゲレイロの強さを増すものになるかもしれないとのことでした。
全兄グランジゲレイロと比較しても、エランサゲレイロの方が成長が遅いとのことで、秋から年明けくらいのデビューの方がこの馬に合っているのではないか。。。とのことでした。
スピードは間違いないということで、函館デビューと函館2歳Sは能力で突破し、そのあとは少し休養。。。との青写真だったようです。

しかし、早期デビューを期待して早期入厩、、、そこで長目を追い切ってみて発覚した重度のDDSP。。。いまで良かったのだと思います。10月中にはキャンターを再開、そこから時計を縮めていって、年明けがデビュー戦となる予想です。
『年内デビューもあるかも。。。うぅ~ん。。。やっぱりちょっと難しいなぁ』
って感じのコメントでしたので、2017年の年明け早々のお年玉に取っておきましょうか。
距離は短いところで。。。冬は芝の短距離の番組を見つけることも大変になりますからね。。。良くなってデビューの算段がつく時を待ちましょう。

読んでくださいましてありがとうございました。

ローレルクラブ・ユニオンへの入会希望の際には紹介させていただきたいので連絡をいただきたいと思っております。どうぞよろしくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年の5勝目スティンライクビーが優勝

ツアーレポートもやらなきゃ。。。と思っていますが、愛馬の出走活躍がないとこの趣味も継続できません。
今週末は・・・やってくれました。

まずはこちらから。

10月1日(土) 阪神3R 2歳未勝利 芝1800m ジェルファルレイ 8着 藤岡康太騎手

デビュー戦は後方から追い込んで5着。距離延長に期待して中2週でこのレースに挑みました。馬体重は10キロ増の460キロ。中間もしっかり乗り込まれていましたし、この体重増は意外でした。多少馬体の余裕は感じましたが、仕上がりとしては悪くない感じ。。。のちに、厩舎コメントで馬体の成長に触れていますが、どんどん大きくなる時期なのかもしれないと感じました。。。馬体には活気があり、『期待できる』と思いましたが・・・7番人気。これはちょっと評価が低いんじゃない?と思いました。

レースは行き脚はつきませんでしたが、藤岡康太騎手が押して押して中団へ。外にカデナを置いての7番手。絶好のポジションに見えました。でも、終始のめっているような走り。。。頭が変なリズムで動き続け、走り難そうでした。
直線に入ってもそのフォームは変わらず、追走に苦労します。外から伸びてくる馬に飲み込まれそうになり、グングン後退するかと思われましたが、残り200mからジワジワと伸びましたね。。。何とか8着を確保。。。

クラブからのコメント
藤岡康太騎手「前走の感じで伸びてくれたならよかったのですけど、下(馬場)が緩くてバランスを失なっていました。今日の敗因はそれだけです」
兼武助手「先生の指示で、ある程度の位置で流れに乗るようにと康太には伝えていました。プラス体重は中間飼い葉食いが良かったのとまだ成長期というのもあると思います

レースは馬場が合わずに苦しんでいただけですね。パンパンの良馬場ならロカみたいな末脚を見せてくれるかも。。。でも、ダービー出走を!オークス出走を!!ってところは、少し冷静に見ないといけないですね。
でも、もう少し距離が長い方が力を発揮できそうな気もします。2000mとか2400mで走らせてみたいですね。。。距離短縮は追走に苦労しそうなので苦しいかな。。。

次走は続戦か休養か。。。まだわかりませんが、良いものを持っている馬であることは間違いありません。見守りたいと思います。

続いてはコチラ。

10月2日(日) 中山8R 3歳上1000万下 ダ1200m スティンライクビー 優勝 吉田豊騎手
1610031
やってくれました。7月中京グランパルファン以来の勝利です。

馬体重はプラス8キロの482キロでの出走。デビュー以来最重量での出走となり、パドック映像を見てもかなり余裕があるように見えました。どのチャンネルも余裕がある馬体を指摘され、馬体重発表後はミルミル人気を落とし、4番人気に。。。まあありがたいことにはなるんですけどね。
レースは発馬五分もいつもの二の脚が使えない。。。やはり余裕残りの馬体からか。。。
吉田豊騎手も最初は押していましたが、④ヴェアリアスサマーが譲らないことを確認すると手綱を緩め3番手の内へ。外からは快速馬エムエムアリーオンが被せてきまして、砂を被る最悪な状況。。。コーナーでも間違いなく砂を被ることを嫌がる仕草。。。『これは大敗パターンだ。。。』と、心の中で思いました。
直線では前を行くヴェアリアスサマーの内側を抜けようとしましたが内側が空かず、、、体勢を整える間にヴェアリアスサマーに引き離され、外から勢い良くサウンドジャンゴに交わされ、ズルズル後退する気配。。。でも、ここから頑張り、この2頭についていきます。そして、2頭の間。。。狭いところをグイグイ伸びて1着でゴール。。。類希な勝負根性がないとできない芸当でした。。。

クラブからのコメント
吉田豊騎手「逃げない競馬をしたいと思っていたので、上手く3番手から競馬が出来ました。直線でも手応え通り強い競馬をしてくれました」
田村康仁師「戻って来た時の状態を考えたら馬が良く調教に堪えてくれたと思います。強い競馬を見せられて良かったです」

まずは吉田豊騎手が乗ってくれたこと。吉田豊騎手はこの馬のことをよく理解しています。これって本当に大事なことなんだなぁ~って思いました。ローレルベローチェ×中井裕二騎手ムーンエクスプレス×松山弘平騎手、、、そして、スティンライクビー×吉田豊騎手。。。この組み合わせは、時に僕たちが予想していないことをガツンと起こしてくれます。今回も、逃げられず砂を被るインコースで走った時点で『ダメだ~』と思った人が多かったかと思います。でも吉田豊騎手は『ダメだ』と思っていなかったのです。もしかしたらそう思っていた唯一の人物かもしれません。。。感謝しております。

この日はスプリンターズS凱旋門賞もあり、こんな平場のレースは忘れ去られてしまいそうですが、良馬場での1分10秒8の走破タイム。これは地味にいい時計。
中山競馬場のダート1200m優勝タイム(準オープン以上)
1/16 ジャニュアリーS(OP)1分11秒2(良)マキャヴィティ
1/17 初春S(1600万下)1分11秒1(良)キタサンミカヅキ
2/28 ブラッドストーンS(1600万下)1分11秒6(良)ワイドエクセレント
3/20 千葉S(OP)1分9秒5(重)ブルドッグボス
3/26 春風S(1600万下)1分11秒4(良)モルジアナ
4/17 京葉S(OP)1分11秒8(良)キタサンミカヅキ
9/11 ながつきS(1600万下)1分10秒6(稍)シャトーウインド

ということで、千葉Sは重馬場なので外しますが。。。1分10秒8は断トツトップ。中山のダート1200mを走らせたらどのレースに出ても優勝しちゃうんです。。。それも、太目残りでも。(ながつきSも稍重です)

休養を挟んで12月10日(土)中山10RアクアラインSに出走したら勝っちゃうでしょう。有馬記念当日のフェアウェルSもダ1200です。無駄なレースを無くし、確実に仕留めるのであればこれが正解でしょう。。。中山ダ1200は敵なしなんですから。

もう一つは12月11日中山11RカペラS(GⅢ)を狙いに行くプラン。ここを狙うには早めに一つ勝たなければいけない。。。そうなると在厩のままもう一走。
東京で走るなら10/29神無月S。。。でもダ1400m。新潟に遠征すれば10/23北陸S。。。こちらはダ1200ですが左回り。京都に行けば10/16藤森S。。。ダ1200ではあるが中1週。。。

どのプランで行きますかね。。。でも、スティンライクビーは相当強い馬であることを認識できました。近い将来重賞を獲る馬であることをここで宣言します!!(←責任は取りませんけど)→シルクツアー キャロット

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年10月 2日 (日)

凱旋門賞

今日は・・・一日お仕事。先ほど(22:00)帰ってきました。
ちょっと疲れましたので、今日は無念のレポートお休みです。
1610021
ご飯食べて、お風呂から出たらちょうど凱旋門賞。。。マカヒキを応援しますが、もう一頭応援する馬を。それは『ミグワール』です。なぜかと言いますと、、、勝負服がローレルクラブに似ているから。応援するときに感情移入しやすいので。馬券も購入して応援します。

スティンライクビーも勝ちましたし、今日のお仕事もうまく行きましたし。。。

深夜もいいことで締めくくりたいですね。

明日はしっかりブログを書きます!! シルクツアー

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2016年10月 1日 (土)

ツアーレポート2016その6

ジェルファルレイ。。。前走の5着から8着に成績を落としました。。。ちょっと余裕があったかな?馬場が悪かったこと合わなかったかな?

モーディッシュの2016
父ゼンノロブロイ×母父Singspiel)
牡 黒鹿毛 16年3月15日生
提供者→ワールドファーム 入厩先→田村康仁厩舎

スティンライクビーが活躍中の田村康仁厩舎に入厩予定(明日はスティンライクビーを勝たせてくれないかなぁ~)です。

見学は叶わなかったので、これもバスの中での解説となりました。
解説はカタログに掲載されていることも多かったので、割愛させていただく部分は多いのですが、気になった話を。。。

母モテックサンテミリオンや現役オープン馬レコンダイトを輩出した活力ある母系。モテックから生まれたモーディッシュは青森県ワールドファームと好相性のようでして、、、社台ファームで生んだボルトポーズは地方で3勝止まり。その後モーディッシュの2008からは平取町の二風谷ファームで生まれましたが、2009年産駒のクーデターも中央では勝てず。それからワールドファームに移籍し、生まれた最初のトウカイワイルド産駒ミッキーボクサーが中央1勝。スティンライクビーが中央2勝。ニューイングランド産駒カミノライデンも中央1勝。新潟2歳S東京スポーツ杯2歳S京成杯にも出走。。。頑張っています。何とワールドファーム移籍後は全馬勝ち上がっているのです。それもリーディング上位ではないマイナーな種牡馬でも。。。
これは凄いことです。

父がゼンノロブロイということで、オークスサンテミリオンとは3/4同血。つける種牡馬によって仔が変わるモーディッシュの産駒。。。見た目もかなりサンテミリオンに近いというお話でした。

ゼンノロブロイは牡馬よりも牝馬に活躍馬が多いこと。田村康仁師メジャーエンブレムで初GⅠのタイトルを獲得するなど勢いのある厩舎。ワールドファームも青森産12年ぶりのGⅠ馬キョウエイギアを生産。。。この勢いに逆らえないでしょう!!

期待をもって成長を見守りましょう!!

読んでくださいましてありがとうございました。

ローレルクラブ・ユニオンへの入会希望の際には紹介させていただきたいので連絡をいただきたいと思っております。どうぞよろしくお願い致します。

シルクツアー キャロット抽選

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スティンライクビーが取り返す!

10月に入った~まだ暑いけど。。。10月に入って2連勝を期待していましたけど、、、なかなか思うようにはいきませんね。ジェルファルレイは8着に敗退。。。コチラにはその分の期待も背負ってもらいます。

頑張れスティンライクビー

2016/10/02(日)
8R
3歳上1000万下
ダ1200m / 天気: / 馬場: / 発走:13:55
4回中山8日目 3歳上
混[指定]定量 16頭
本賞金:1050、420、260、160、105万円
1 ヨシオ 牡3 55 川田
2 シャラク 牡5 57 柴山
3 スティンライクビー 牡4 57 吉田豊
4 ヴェアリアスサマー 牡5 57 柴田善
5 サニーデイズ 牡5 54 藤田菜
6 タッチシタイ 牡6 57 戸崎圭
7 ウインヴォイジャー 牡5 57 丸山
8 ノーモアゲーム 牡3 55 石橋脩
9 サウスキング 牡5 54 野中
10 チーフアセスメント 牡5 57 武豊
11 チュウワベイビー 牝5 55 蛯名
12 ウサギノカケアシ 牡4 57 武士沢
13 エムエムアリオーン 牡6 57 岩田
14 ウォリアーズソウル セ4 57 内田博
15 サウンドジャンゴ 牡4 57 福永
16 ビービーサレンダー 牡3 55 伊藤

レース評…高配含み 惑星台頭 軸不動 混戦

短評・・・降級速力上位 同型捌けば

予想コメント
△。。。スティンライクビーもスムーズなら侮れず
○。。。
▲。。。スティンライクビーは今回も単騎逃げが叶えば押し切りが視野に。
△。。。

調教
2016/09/28(水)
南W 良 江田勇 68.0-52.5-39.0-12.6 馬也
センチュリオン一杯と5F併せで0秒6先着
動き絶好 評価A

厩舎コメント
田村康仁調教師
元々口向きに課題はあったが、前走は競馬にならなかった。休養明けで多少余裕がある体つきだが、右回りなら。

クラブからのコメント
田村康仁師「先週の追い切り辺りから、この馬本来の軽快な動きや前向きな面が出てきました。今週の追い切りも格上馬を問題にしない動きでしたから、力を出せるぐらいには仕上がっていると思います」

★★★調教の動きが絶好。評価もAということで、こんなことはあまりないですからね。能力を発揮できる状態にあると思います。帰厩直後は体調が上がらず、心配しましたが。。。師の言葉にもある通り、少し追い不足のところもあるでしょうし馬体に余裕がありそう。良化途上でもあると思います。
枠順は3枠。外枠で好走が目立つワケですが、今までは能力の違いで封じ込めていたところがあると思います。本来のテンのスピードを生かせるのは内枠でしょう。むしろこの枠で圧倒劇が見られると思います。
警戒していたエムエムアリーオンはテンのスピードがあり無謀な逃げをしてきそうな気配がありましたが外枠。。。ローズSクロコスミア×岩田康誠の様に覚悟を決められるとね。。。でもその心配もなさそう。タイムの良いサウンドジャンゴビービーサレンダーも外枠。ノルマンディーウォリアーズソウル、社台HCのチーフアセスメント、ウインのウインヴォイジャー等クラブ馬にも負けられません。
内枠のヨシオがどんな競馬をしてきますか。。。でも、能力の違いで圧勝してくれるんじゃないかな?
負けたら中2週で京都。10月23日(日)大山崎特別が既定路線。勝って中2週で京都。。。10月16日(日)藤森Sでオープン入りを。。。と、期待しております。そして、12月にカペラSに出走できたら最高ですね。
そのためにも明日勝ちたい。
メンバー的にもチャンスだと思います。
モーディッシュの2016を特集しましたので、この仔が勝ってくれると読んでくれる人も増えるんじゃないかと。。。

頑張れ!!スティンライクビー  キャロット シルク

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »