« 足踏みしている場合じゃない | トップページ | グローバルリーチがゲート試験合格 »

2017年5月11日 (木)

グローバルリーチで感じる一口馬主クラブ観

グローバルリーチで感じる一口馬主クラブ観。。。

グローバルリーチが高評価。募集締め切りギリギリのタイミングで奇跡的な牧場スタッフさんからの一本の電話。。。僕とユニオンをつなぐ赤い糸だったのかもしれません。。。

先日、このブログにもコメントをくださっているひぃくんさんのブログ『一口馬主と予想のキャバログ』に興味深い記事が載っていました。

5/9~5/10に掲載されている『クラブの個人的印象』の記事です。
ひぃくんさんは所属しているクラブに対して率直な感想を述べられておりました。

ユニオンやローレルクラブに関しての感想も載っていました。『なるほどなぁ~』と思いました。僕はほかのクラブを知らないので比較はできないですけど、ひぃくんさんの感じている感覚は僕の感じているものとも一致していると思いました。

その他、東京サラブレッドクラブ、キャロットクラブ、シルクホースクラブ、ノルマンディーオーナーズクラブについても。。。

この4クラブは僕も入会を考えたクラブであり、興味深く読ませていただきました。『へぇ~そうなんだぁ~』って思って読んだところもあるし、以前にひぃくんさんからいただいたコメントに書いてあったことがあったりもしました。僕はどのクラブに進めばいいんだろう?と思いながら読ませていただきました。とても参考になりましたぁ~

そこで、グローバルリーチのことを思い出し、各クラブに僕が入会したときのシミュレーションをしてみました。

グローバルリーチ。。。現時点で評価が高くワクワクする気持ちもあるのですが、実馬を一度も見ておらず、全く実感が沸かない。何となくですけど、ダービースタリオンで滅茶苦茶いい馬が生まれてきた感覚に近いというか、、、馬券で深く検討もせず前日発売でGⅠレースをPATで勝っている感覚に近いというか、、、僕の中でバーチャル感が凄く強いことに気付きました。

一口馬主会員=仕事をしている社会人
の等式がほぼ成り立つと思いますので、暇な人も多くない。地域的に生産牧場や育成牧場、放牧地から遠い方も大勢いらっしゃる。。。ですので、ツアーに行って実馬を見たり競馬場や放牧地で愛馬を見る方はほんの一部の方だけでしょうし、大半の方は実馬を見ることなく愛馬の選定をし、デビューを迎え引退していく。。。結果や近況はネットやテレビを通して。そして、入出金で実感していく。。。
その関わり方を否定する気は全くありませんけど、僕は今までの関わり方もありまして、今からバーチャル感が強くお金の動きだけで一口馬主をする方向には進めないかなぁ~と、感じちゃいました。
そうなると、東京サラブレッドクラブのようにツアーをはじめイベントが少なく謎の多いクラブは無理でしょうね。。。勝負服は格好いいですけど。

キャロットクラブやシルクホースクラブはツアーはあるけど、、、どうなんでしょう?落ち着いて見られたりするのかなぁ~会員数の概数を聞いただけで少々ビビっています。そして、検討熟考を与えられず、即決を迫られるクラブは僕の目指しているクラブライフから外れるんじゃないかと感じています。
GⅠ馬を持ちたいとか物凄く稼ぐ馬を持ちたいとか。。。そういう気持ちもありますけど、、、実生活で僕が競馬をこよなく愛しているとか一口馬主をやっているとか。。。している人は殆どいないですし、仮に愛馬がGⅠを勝ったとしても、どこにも自慢しないでしょう。。。カミさんと本当に身近な人に言ったりはするでしょうけど、『ふ~ん、、、凄いね』くらいのリアクションしか得られないと思うし、その次には『いくらくらい儲かったの?』って、聞かれることでしょう。結果、その快挙は伝わらないし、リアクションにガッカリするだけだと思います。
『いくらくらい儲かったの?』については、キャロットクラブやシルクホースクラブで高い馬に少口出資してGⅠ勝つよりも、ムーンエクスプレスピアレスピンクとかで条件戦を勝ったりする方がそこについては大きな話が出来ちゃったりします。(競馬をよく知らない人に500口割で例えばダービーに勝って25万くらいの賞金分配があってその話をしてもちょっと夢が小さいかな。。。ムーンエクスプレスがGⅢを勝ってもそれ以上の配当がもらえるのでそれの方が一般の方に話をしても夢があるように感じます)
結果、愛馬自慢をしているのってブログだけだし、、、ブログの世界で愛馬自慢になるのって単純にGⅠに勝つとかでなく、もっと特殊なことなのかな。。。なんて思ったりします。

ローレルクラブやユニオンは慣れ合いクラブだとか仲良しクラブだとかディスられ、強い馬に出資することにこの趣味の醍醐味を求めている人も大勢います。それはそれでいいと思います。命の次に大事なお金がかかっている趣味なのでそういう意見が出てきて当然だと思います。
でも、やっぱり趣味の範囲ですからね。。。お金のことを考えたらこの趣味はやめた方がいいです。ブログや掲示板に載っている話は成功例しか載らないことが多いので、羨ましく感じることが多いと思いますけど、大半は損していると思います。トントンなら良しと考えるとか。。。
ローレルクラブやユニオンを退会される方も最後っ屁みたく、苦情や文句を掲示板等で一方的に言い放って去っていくのはやめて欲しいなぁ~。。。一口馬主クラブの選択は自由だしここで楽しめる方法だってあるのだから。。。不満があってもいい方もあると思いますし。。。

こういうことを書くと『お前だって否定してるじゃないか~』と言われがちですけどね。
仕方ないかな。。。

話を戻しますけど。。。唯一ここに名前が出てこなかったクラブ。。。ノルマンディーオーナーズクラブは一考の余地があるのかも。

グローバルリーチも競馬場で応援するとか、放牧地で見学するとか。。。自分の中で『愛馬』と自覚できるような接し方をしたいと再度思いました。

これが僕の求める一口クラブです。 

|

« 足踏みしている場合じゃない | トップページ | グローバルリーチがゲート試験合格 »

コメント

ブログを紹介していただき、ありがとうございます!

あくまで個人的な印象というか感想をツラツラと書いたので、不快に感じる方もいるかもしれません。どのクラブにも特徴があり、結局は自分の遊び方に合うか合わないかだと思います。

私がキャロットやシルクのツアーに参加しないのは、実馬を見て気に入ったところで出資できない可能性が高いからです。これほどストレスになることはありません。懇親会も有名騎手や調教師との写真撮影会になっていますし、それならユニオンのように生産者さんと募集馬や現役馬について話すほうが有益に感じます。

ノルマンディーは以前に比べて募集価格が少し高くなってきています。その代わり上のクラスまで行ける馬も増えてますし、値付け相応の成績が顕著に出ています。育成時は遠いですがノルマンディーファームまで行けば見学可能で、外厩の小野町に移動してしまうと見学不可です。

投稿: ひぃくん | 2017年5月12日 (金) 22時59分

>ひぃくんさん

こちらこそ。。。快諾していただきましてありがとうございます。

ひぃくんさんの記事は毎回興味深いもので、参考になることが多く書かれています。

キャロットやシルクは馬主遊びというよりも投資遊びの要素を強く感じるし、僕が求めている方向からずれてしまう気がします。

ひぃくんさんにも是非ローレルクラブのツアーに来ていただきたいと思っています。このままだとローレルクラブから退会しちゃいそうな気がしますので。。。

ノルマンディーはこれからも継続的に検討を重ねていこうと思います。
また、相談させていただくかもしれません。
よろしくお願いいたします。

投稿: まひ3 | 2017年5月13日 (土) 12時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163964/65270560

この記事へのトラックバック一覧です: グローバルリーチで感じる一口馬主クラブ観:

« 足踏みしている場合じゃない | トップページ | グローバルリーチがゲート試験合格 »