« 2017ローレルツアーレポートその3 | トップページ | ユニオン各馬に移動が »

2017年9月27日 (水)

2017ローレルツアーレポートその4

今日も出張。。。ツアー前も忙しかったのですけど、帰ってきてからも忙しいです。。。昨日はカミさんの誕生日。。。忘れていませんよ。仮のプレゼントを渡しました。本当のプレゼントは週末に一緒に買いに行きます。

忙しいけど気力は充実してるのかな?記事はスラスラ書けますね。いい傾向だ。

★写真をクリックすると大きくなります。ご覧ください。

シュヴァルレーヴサチノラパシオンの2015)
父ロードアルティマ×母父マヤノトップガン
牝 黒鹿毛 15年5月9日生
生産者→チェスナットファーム 入厩先→山内研二厩舎
1709276
生産はチェスナットファームさんですが提供はヤマダステーブルさんになります。チェスナットファームさんとヤマダステーブルさんは仲良しですのでこのラインは信頼できるんじゃないでしょうか?

写真で見たときには骨の細さが気になっており、山内研二先生の多出走の使い方に耐えられるかを心配していましたが、実馬を見るとその心配もなさそうですね。脚も真っすぐで上体もそこまで重くならなさそうですので、ソエが固まって安定してこれば行ける気がします。
1709277
母サチノラパシオンは南関東4勝、JRA2着2回 主にダート中距離で活躍。産駒も地方でタフに走っております。
ロードアルティマSeeking the Gold産駒。大種牡馬Gone West、LionCavernの半弟。とんでもない力を発揮する能力を秘めています。

お伝えしなければならないことは、このヤマダステーブル→山内研二ラインでの提供馬は全馬勝ち上がっていると言うこと。カムイフォレストローレルボルケーノローレルトルネードローレルベロボーグピアレスピンク。。。募集価格も安く抑えてくれていますので、全馬回収率100%超えです。
1709278
ヤマダステーブル社長も自信を持っての提供で、『この馬で桜花賞出走』を期待しています。『顔もいいからしっかり走るよ』と、、、因みにピアレスピンクの話をすると『すいませんでした』と、、、1勝を挙げ回収率100%を超えるまで走っているピアレスピンクの競走成績では満足できておらず『スイマセン』という言葉が出るのです。と言うことは。。。シュヴァルレーヴへの自信というものは更に上の成績を指していることになります。山田社長のコメントは説得力がありますし、それぞ実現させてくれます。
1709279
山内先生のコメントは昨日のクラブ情報の通りで
「管理馬だった父のロードアルティマは、重賞級の能力を持っていた馬でしたが、弱い部分も合わせ持っていましたので、タイトルを取ることはできませんでした。本馬については、馬格はそれほどでもありませんが、狂いの少ない四肢と利発そうな顔つきが良い所だと思っています。夏場に疲れが出たようですから、ひと山を越して強くなった状態で栗東に迎えたいと思っています」とおっしゃっております。
1709270
馬体重は馬体重は438kgと少し小さめですが、柔らかい歩様は気品を感じます。入厩まではもう少しここで動かしてから。。。と言うことですが、十分に桜花賞戦線に間に合います。
安定感のある即戦力をお探しの方はこの馬もいいのではないでしょうか?お買い得物件の一つだと思います。

ローレルクラブ・ユニオンへの入会希望の際には紹介させていただきたいので連絡をいただきたいと思っております。どうぞよろしくお願い致します。

|

« 2017ローレルツアーレポートその3 | トップページ | ユニオン各馬に移動が »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163964/65844505

この記事へのトラックバック一覧です: 2017ローレルツアーレポートその4:

« 2017ローレルツアーレポートその3 | トップページ | ユニオン各馬に移動が »