« グローバルリーチが2歳戦勝利 | トップページ | ムーンエクスプレスもう一花咲かせたい »

2017年9月30日 (土)

2017ローレルツアーレポートその6

今週は過ぎるのが早かった。。。あっという間に終わった感じです。ローレルツアーから1週間が経ったなんて思えないインパクトを今も僕の心の中に残しています。ツアー特典等のこともあるのでそろそろいろいろと決めたりしないと。。。

ツアーレポートを書いていますが、先に懇親会のことを書かないとうまく話が伝わらないところが出てきまして。。。

と言うことで、今日から懇親会のことについて特集していくことにしました。

例年はホテルローレルで開催されている懇親会ですが、今回は参加者多数と言うことで、会場を静内エクリプスホテルに移動しての開催となりました。静内ウエリントンホテルの時代に一度宿泊したことがあります。

開宴直前に会場へ到着しましたが、座席は指定は無いのですが、半分ほど埋まっておりました。僕は。。。ツアーにお誘いした友人(友人といっても年上の先輩なんですけど)と埋まっていない席へ2人で座りました。そこへ村上欽哉夫妻がお隣りへ。。。これで3年連続村上欽哉夫妻との相席となります。これで僕も村上欽哉ファミリーの一員かな~なんて。この円卓にはその他に御夫婦で参加されている会員さんが1組と村上欽哉夫妻夫妻の横に川島牧場社長。そして、僕の友人の横に村田牧場場長さん。。。会員4名と牧場関係者4名というなかなか濃厚な円卓となりました。
村上さんは僕のことを覚えてくださっておりまして、本当に嬉しいです。
しかし、、、村上欽哉夫妻は揃って表情が硬い。。。まぁ、その理由も分かっていたのでこちらから話を振りましたけど。。。先週のアビーム(1番人気で着外)、21日木曜日のジェルファルレイ(園田で1番人気も2着)、今朝の中山1Rのハイチーズ(まさかの8着)。
『はぁ~(懇親会を)休みたかった~』と、ため息を連発。その気持ちは痛いほどわかります。僕もラグビーチームを持っていて、期待された結果を出せなかったときの集まりは本当に辛いですから。でも、この2歳世代を真っ先に牽引しているのはアビームハイチーズ。最高の結果が待ち遠しいですけど、頑張っていると思います。そんなに気を落とすこともないです。そして、ジェルファルレイも好時計の2着。レース内容にも少し悔しさを露にしていましたが、結果はすぐにも出ることでしょう。
ハイチーズについては鞍上強化との情報を受けました。月末の出走はトップジョッキーを背に走るかもしれませんよ~

松浦社長の挨拶に続き、当ブログでもコメントをいただいており、昨年は、ツアーのバスで隣の席に座っていた仲良くさせていただいている会員さんが乾杯のご発声。素晴らしいご挨拶から歓談タイムが始まりました。

料理は。。。お昼の『ウマキチ』でのバーベキューがまだ体内に充満しており、野菜中心の生活。普段は飲めないのですけど、1杯目を村上夫人に注いでいただき。。。そのあとは。。。自分の力量も関係なく結構飲みました。。。僕にとっては半年分を一気に飲んだ感じです。

まずは、昨年お隣に座っていただきいろいろとお話を聞かせていただいた樋渡牧場夫人にご挨拶。一声目には『ダイヤインザラフ勝ちました。○○さんのつけた名前が良かったから~。。。本当にありがとうございます』と。こちらからすると本当にありがたいお言葉を。。。私からもお礼の言葉を述べさせていただきました。樋渡さんとは昨年こんなやり取りを

~昨年のツアーレポートより抜粋~
『樋渡さんは関東馬ばかりなので、僕としては出資を見送るケースが多いんです』
と、話をすると。。。ここでは書けない裏話を披露してくださり(笑)その後・・・
『関西もつながりのある先生も居るから聞いてみるよ~~』といった話の方向になりました。僕の発言だけでいろいろ変わることは無いとは思いますが、樋渡尚志牧場産の募集馬が関西に登場した場合は、注目したいと思います。

・・・そして、今回は樋渡さん提供の当歳馬コンフォータブルの2017が関西募集そして、昨年『例えば~』でお願いした『飯田雄三厩舎』・・・このやり取りによって動いていただいたワケではないと樋渡さんからは聞きましたが、少なくとも僕だけは感謝しなければいけない出来事であると思いました。出資しないと人としてダメだと各方面から非難されることでしょう。。。

そして、マオジャパン代表の大城さんの元へ。昨年は懇親会に参加されていませんでしたが2年前はお隣でお話をさせていただきました。ピアレスピンクのことも含め、いろいろとお話したいことがありまして。。。

まずはピアレスピンクに対してのお礼を。。。大怪我をした時に引退撤回で復活したことに対してですけど。。。『スイマセン。勝ててなくて』と、返事をくださいましたが、、、よく頑張っていますし、何の不満もありませんから。
今のピアレスピンクの状態には大城さんも期待しているようで、『安定してきたし、最低1つ以上は勝たせます』と、力強いコメントが。。。今後のこともあり既定の6歳3月での引退が濃厚。『そこまでには!』強い意志を感じました。
そして、注目のマジェスティックブライトの2016についての話を。。。『○○○○』マル秘話ですがいい話を聞かせていただきました。

続いては川島さん。ローレルティーダタッソーニーの2017についてのお話を。。。この話についてはそれぞれのレポートで披露させていただきます。

それから村田さんへ。。。
まだまだ続きますが、とりあえずここで一区切り。。。

|

« グローバルリーチが2歳戦勝利 | トップページ | ムーンエクスプレスもう一花咲かせたい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163964/65857531

この記事へのトラックバック一覧です: 2017ローレルツアーレポートその6:

« グローバルリーチが2歳戦勝利 | トップページ | ムーンエクスプレスもう一花咲かせたい »