« LA TA TA!① | トップページ | LA TA TA!② »

2017年9月19日 (火)

ローレルクラブのカタログ到着②

前回の記事では元出資馬も産駒であるミンナノアイドルの2017とアルボランシーの2016アルボランシーの2017そしてアメージングムーンの2017の4頭をピックアップしてコメントを書かせていただきましたが、、、今日はマル秘情報です。ここだけの話にしておいてくださいね。

今日の主役はアラフネの2016です。遅れて登場した2016年産駒。。。種牡馬として活躍中のヘニーヒューズの仔であり、母も生産者のアラキファームさん名義で走り、新馬勝ち。すずらん賞も連勝。桜花賞にも出走しました。4歳で準オープン初音Sを優勝。ただの3勝馬ではなく、内容の濃い3勝馬です。

そんな血統でありながら600万円。。。

生産者サイドのコメントをいただきました。
アラキファームさんが今回ローレルクラブの役員になりまして、『アッと驚く思い切ったことをやりたい』と言うことで、この良血馬を提供。。。提供したことではなく価格でもビッグパフォーマンスを申し出たとのこと。。。場長さんは・・・それこそ皆がアッと驚く価格での提供でも構わない。。。と言った勢いだったようですが、他馬とのバランスもあります。。。個人の自由な感覚のみで価格設定はできません。。。と言うことで、アラキファームさんの意向も受け入れたうえで、この価格に落ち着いたのだとか。。。
馬は悪いところはありません。アラキファームさんが大事にしている血統です。血統を辿っていくと、、、協和牧場生産のアサカマンボウ。当時は社台系生産牧場に対抗できる日高の牧場と言われた協和牧場の血統です。爆発力も秘めています。

馬体は。。。同期のヘニーヒューズ産駒であるオーシャンフリートの2016ともアルボランシーの2016とも似ていないです。母父のクロフネが強く出ている気がします。顔は。。。どうです?毛の色こそ違いますが、クロフネにそっくり。クロフネアエロリットという大物を出しました。クロフネに似過ぎてもいいんじゃないかな?
馬体はちょっと小さそうですが、アラフネの初仔。初仔はその後急激に成長することもありますので、小さいことをあまり不安に感じる必要はないと思います。

アラキファームさんが新役員になったことで、自信を持って提供したアラフネの2016。そして、思い切ったことをやりたいと、ローレルクラブへ一石を投じる行動力。。。アラキファームさんとは2年前のツアーで同席していろいろとお話をさせていただきました。個人的にもアラキファームさんを応援しています。皆さんも是非ご一考いただきたく思います。
1709191_3   1709192
この話を掲載することは許可を得ていますが。。。マル秘情報扱いでお願いしますね。

|

« LA TA TA!① | トップページ | LA TA TA!② »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163964/65813349

この記事へのトラックバック一覧です: ローレルクラブのカタログ到着②:

« LA TA TA!① | トップページ | LA TA TA!② »