« ファビコン登場 | トップページ | 2017ローレルツアーレポートその8 »

2017年10月 3日 (火)

ムーンエクスプレスよ永遠に

ムーンエクスプレスが引退することとなりました。

2012年生まれ。2013年ローレルツアーはツアー10年ぶりの参加で、いきなり巡り合えた我がファミリーの名馬でした。

名付けになれたことで更に入れ込んでしまい、増資もして応援しました。

デビュー3戦目に勝つとアメージングムーン以来の2歳重賞ファンタジーSに出走。秋明菊賞では口取りにも参加させてもらいました。
それから、ローレルブレット以来のGⅠ出走。暮れの阪神JFでは最後の直線で、もしかしたら勝つんじゃないか?と思わせる激走で4着。GⅠレース初の掲示板入着を記録しました。そして、僕が生で見た初めての愛馬GⅠ出走レースでもありました。
フィリーズレビューでは3着を確保し、堂々の牝馬クラシック桜花賞出走。愛馬のクラシック出走も初めてでした。

その後も大崩れすることなく、そして人気にもならず。。。サンクフルハンデ、猪名川特別石清水Sに優勝。今年2月には京都牝馬SGⅢで5着と健闘。。。

獲得賞金は1億円を超えました。

募集価格800万円の安馬のシンデレラストーリーでした。

ここ最近は、気持ちの中で闘争心が消えてしまっていたようで、、、牝馬はその辺のスイッチがはっきりしているようで、グズグズ引き摺るのは人間も馬もオトコばかりのようで。。。牝馬も切り替えが早いようです。

ということで、能力的にはまだまだ大丈夫な様ですけど、気持ちが切れてしまった様子では、無理に走っても凡走が続くでしょうし怪我の心配も出てきます。ポートアイランドSも、行けずに2番手は悲観する点ではないにしても、一切掛からずに、折り合っていながら最後の直線では、踏ん張ろうともせずスーッと流して走っていたところを見て、決断されたようです。

ムーンエクスプレスもお母さんの準備をしているかのようですね。

勝手にライバル視していた同期のキャロットのルージュバックレッツゴードンキはまだまだ一線級で活躍しています。その様子を見ていると少し悔しい気もしますが、本当にここまで頑張ってくれてありがとう。。。と言ってあげたいです。

この仔に名前を付けることができたことを本当に嬉しく思います。

2017年の最初にはローレルブレットローレルベローチェムーンエクスプレスと1億円ホーストリオで我がファミリーを引っ張ってくれましたが、その3頭が相次いで引退。。。世代交代の年となってしまいました。

現在の稼ぎ頭はスティンライクビーピアレスピンクとなっております。若い世代はまだまだ育っている感じではありませんが、この3頭を超えるパフォーマンスができる愛馬の誕生を期待しています。

ムーンエクスプレスの最終戦は口取り希望者ゼロ。。。僕も都合がつかずに行かなかった一人ですが、これだけの功労馬の最後の1戦に駆け付けた出資者ゼロは少し寂しいですね。。。

またどこかで会えると気があると思います。。。ムーンエクスプレスに似た心の穏やかな快速馬を誕生させ、またローレルクラブで募集していただきたいと思います。

本当にお疲れ様でした。。。ありがとう。

最後のレース。。。友人からいただいた写真です。

1507001139730 20171003122554 1507001144893

|

« ファビコン登場 | トップページ | 2017ローレルツアーレポートその8 »

コメント

ムーンエクスプレスお疲れ様でした!
こうして戦績を振り返ると素晴らしいですね(^^)
まひ3さんもレースごとの興奮が甦ったのではないでしょうか(*´-`)
果たせなかったGI制覇の夢は子供達に託しましょう♪

投稿: ひぃくん | 2017年10月 3日 (火) 21時34分

>ひぃくん

本当にムーンエクスプレスには感謝しています。いろいろと初めての体験をさせてもらいましたし、楽しませてくれました。
この仔には間違いなく出資します。
鈴木孝志厩舎でお願いしたいところです。

投稿: まひ3 | 2017年10月 3日 (火) 22時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ムーンエクスプレスよ永遠に:

« ファビコン登場 | トップページ | 2017ローレルツアーレポートその8 »