« 171130北海道速報⑥ | トップページ | 11月定例反省会 »

2017年11月30日 (木)

171129-30北海道ツアーレポート①

今日帰ってきました。。。明日から仕事です。今日も速報で何本かアップしていますが、今日書きたいこともあるので、書かせていただきます。

今回の北海道ツアー。。。弾丸ツアーでして、土曜日は朝早くに家を出て北海道に午前中に到着しましたが、帰りは・・・次の週に迫っている3泊4日の出張にビビっており、昼に北海道を旅立つ勿体ない設定。ある意味贅沢な旅行でした。
しかし。。。内容は最高!今までの北海道の中でキャリアハイの思い出を作れたような気がします。って、いつもこんなことを書いていますね。多分頭が悪過ぎて、前のことを覚えていないんでしょう。。。いつも、『今が最高っ!』って、なっちゃうんでしょうね。。。でも、今回は最高でした。
なんか、ホストクライアントの関係ではなく、同志に近づいたような感覚になったというか。。。楽しかったなぁ~

まずは、もっと多くの牧場を周りたかったのですが。。。スイマセン。限られた時間の中で優先順位をつけて周ってきました。人気のあるネネグースの2016ミンナノアイドルの2017も時間が無くて漏れてしまいましたし、出資していても浦河の馬は見られませんでしたし、良くしてくださる村上欽哉さんのところにも行けませんでしたし、、、ユニオンの馬も見たかったし。。。全部達成するためにはあと2日くらい延泊しなければダメですね。

さて、今日書きたいことの1番の話は。。。ダンケシェーンのこと。
各牧場さんの代表者さんや従業員さんの自分の手掛けた提供馬への想いの強さはもちろん感じましたが、ダンケシェーンへの期待や興味も強いことが分かりました。

この日はダンケシェーンの調教タイムが速報で出ており、各牧場の方や関係者の方も栗坂4F50.9-36.9-24.3-12.5(馬なり)を知っており。。。『この馬はやっぱり凄いね』とか『重賞行けるんじゃないかな』とか『新馬戦もイダペガサスがもの凄く強かったけど、それと同等かそれ以上の力を持っているね』とか『当歳時のときのスピードとかキレとか只者ではなかった』とか『当歳から抜群でした』とか。。。因みに決して後出しジャンケンではありません。それぞれ提供側の立場があったり、自分の牧場の提供馬のことがあったり、提供牧場でない人であれば複数口出資していたり。。。ダンケシェーンが募集中のときにはなかなか本音では無なせない事情もあるワケで。。。今日はそれぞれの立場でお話をしてくださいました。
僕も、前から“ダンケシェーンは凄い馬”と、言い続けていたのでそれぞれの場所で楽しく話をさせていただきました。

競馬には絶対はありませんが、土曜日の未勝利戦。。。ローレルクラブの関係者皆さんもどんな競馬をするか、どんな勝ち方をするか楽しみにしています。頑張って欲しいですね。

ダンケシェーン。。。ローレルゲレイロ以来の大物になる可能性を秘めていますよ。。。

|

« 171130北海道速報⑥ | トップページ | 11月定例反省会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163964/66106398

この記事へのトラックバック一覧です: 171129-30北海道ツアーレポート①:

« 171130北海道速報⑥ | トップページ | 11月定例反省会 »