« シルクが2歳馬の馬名発表 | トップページ | 171129-30北海道ツアーレポート⑩ »

2018年1月20日 (土)

正月だからお年玉が

今日は、ローレルクラブの出資馬2頭が出走。。。

ローレルティーダ→5着
キャプチュード→4着

ということで、2頭とも掲示板確保。
これで、2018年は④→⑩→⑩→⑤→④になります。
掲示板率60%なかなかじゃないですか!
本当は、キャプチュードには勝ってもらう予定だったんですけど。

詳しくは後日に振り返ります。

今日は・・・懸賞&プレゼント報告。

まずは、ローレルクラブからゼッケンが届きました~。
1801206
福島開催時のピアレスピンクのゼッケン。あと数回しか走らないと思います。もう一度勝ってもらって、優勝ゼッケン抽選会に参加したい。。。今年の秋のツアー懇親会になるかなぁ~。

そしてもう一つは。。。昨年末に開催された「オッズ・マスターズ・グランプリ2017 -競馬場の達人-」の1stステージ入賞賞品が届きました。
3098位予想家初段でした。ということで、この賞品が。
18012011801205
大事に使おうと思います。色あいもいいですね。

それから。。。ユニオンのお年玉プレゼントにも応募しました。本命は。。。もちろんユニオンセレクトツアー招待です。これに当せんしたら、絶対に参加しますからね。毎年応募していてもなかなか当たりません。そろそろ僕の出番だと思っています。是非よろしくお願いいたします。

ということで今日はここまで。

パワー不足ですけどお許しください。

明日もいいことがありますように。

|

« シルクが2歳馬の馬名発表 | トップページ | 171129-30北海道ツアーレポート⑩ »

コメント

ゼッケンおめでとうございます!
やっぱり愛馬のゼッケンは負けたレースでも嬉しいですよね♪
私はユニオンのお年玉抽選スターストリームの缶バッジだけ応募しました(笑)

投稿: ひぃくん | 2018年1月21日 (日) 18時51分

>ひぃくん

愛馬グッズは嬉しいです。我が家にはいっぱいありますけど。。。愛馬のゼッケンで貰い手がない・・・っていうのは寂しいでしょうし、僕が受け取ります!
ユニオンプレゼント。。。ツアーに行って新たな愛馬を探します!

ひぃくんはユニオンツアー2018に参加されますか?

投稿: まひ3 | 2018年1月21日 (日) 20時22分

今年の初戦は4番人気11着と言う残念な結果となりました
-12kgが響いたのか何なのか・・・
立て直すために放牧になりそうです

ユニオンのお年玉はクイーンマンボの賞状に申し込みました
当たりますように。

投稿: ゆきの | 2018年1月21日 (日) 20時23分

>ゆきのさん

2018年もまだ始まったばかり。巻き返していきましょう。
クイーンマンボの賞状ですか。。。いいですね。僕も、ムーンエクスプレスとローレルベローチェの賞状がありますけど、優勝ゼッケンとまた一味違う喜びがあります。

当たるといいですね。

投稿: まひ3 | 2018年1月21日 (日) 23時54分

愛馬のゼッケン良いですよね。ユニオンお年玉いつもは愛馬のゼッケンに応募していたのですが今年はなかったので何も応募しませんでした。ですが昨日愛馬から勝利のお年玉を貰いました。

投稿: 子馬 | 2018年1月22日 (月) 11時58分

>子馬さん

ゼッケンは大事です。僕は応募します。
新年初勝利おめでとうございます。。。ユニオンのあの馬ですね?

投稿: まひ3 | 2018年1月22日 (月) 18時39分

今年もユニオンツアーは参加予定です!

投稿: ひぃくん | 2018年1月22日 (月) 23時59分

>ひぃくん

僕も行きたい!!
ユニオンさんが背中を押してくれれば行き易い。

投稿: まひ3 | 2018年1月23日 (火) 09時49分

そうです!京都で未勝利勝ちしたユニオン馬です!この時期に勝ち上がるの初めてなのでいろいろ妄想しちゃいます(笑)

投稿: 子馬 | 2018年1月24日 (水) 11時15分

>子馬さん

期待が膨らむ芝1600mの勝利ですもんね。いいですねぇ。。。重賞もいっぱい組まれる条件です。この時期に勝利した喜びをかみしめてください。僕も応援しています!

投稿: まひ3 | 2018年1月24日 (水) 19時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163964/66303681

この記事へのトラックバック一覧です: 正月だからお年玉が:

« シルクが2歳馬の馬名発表 | トップページ | 171129-30北海道ツアーレポート⑩ »