« ジェルファルレイ一発解答なるか? | トップページ | 20180204関東牧場巡り④ »

2018年2月13日 (火)

20180204関東牧場巡り③

今日からバイク通勤。寒いですけど、気持ちが若返ります。整備費で10万円以上かかりましたからね。。。毎日乗らないと勿体ないかな。。。って、気持ちが一番ですけど。
これからはしっかり乗り続けようと思います。

さて、関東牧場見学。。。2か所目は、KSTCです。こちらは2014年2月に来たことがあります。カズサクションニナフェアリーの見学をしました。
今回は、4年前に見学したカズサクションの仔であるカズサクションの2016を見るために訪問しました。

ダイヤインザラフのレースよりも優先したかった馬。。。それがこのカズサクションの2016です。当歳時も1歳時もツアーの中で、村上欽哉牧場さんで見学。ハイチーズアイスグレーアビームレッドティムールの2016と一緒に見学したことで、印象に残り難い立場での展示だったことは事実。しかし、HPでの写真を見て『これは実際に見ておきたい』と、強く思うようになりました。

KSTCはリニューアルしたばかりで、門から馬房まで新しいモノになっています。メチャクチャ綺麗です。4年前に見学した写真を見ると、カズサクションニナフェアリーもだいぶ古い施設の前で写っていましたからね。。。

リニューアルされたKSTCでの見学。。。この日は場長さんが東京競馬場へ出向いており不在。しかしこの日の夜に、ローレルクラブ新年交流会に出席されると言うことで、見学時は若いスタッフさんからお話を聞き、詳しい話を場長さんから新年交流会のときに聞きました。それをオーバーラップさせてレポートを書いていこうと思います。
1802131
まずは馬房内に案内され、頭絡をつけていただき厩舎の外へ。。。いやぁ~見るからに立派な好馬体。秋のツアーでも見ているのですが、こんなに迫力があったっけ?と、思うくらいの成長を感じさせます。
1802132
直近の計測では馬体重487キロ。2017年9月のツアーレポートを見ると、『決して大柄ではないですし、地味な存在に映りますが馬体は筋肉質でコンパクト。特筆すべきところは少ないですけど、減点すべきところもない。。。』と書いていましたね。
今回の見学で思った印象は、『馬体に伸びがあり大きくて、脚長。脚元もしっかりしていて、サウスヴィグラスっぽくない感じ。。。』といったところでしょうか?決してコンパクトだとは思えなし、地味でもないですね。
1802133
ガッチリしていて、伸びのある馬体は迫力があり、サウスヴィグラスにありがちな、コンパクトで脚が短い重戦車タイプではありません。大型馬であった母カズサクションの影響が出ているのだと思います。場長さんも『カズサクションは母馬として魅力があったし、大きな馬体だったので、サウスヴィグラスをつけてみたら面白いと思っていた。そして生まれてきたこの仔は本当に狙い通りのいい馬になっています』とのこと。
1802134
アジュディケーティングゴールドアリュールサウスヴィグラスと配合された所も狙い通りで、『ダートで走らせます』と、聞きましたが、繋ぎの角度を見ると芝でもイケそうな感じがしちゃいます。でも、ダートでいいんだろうな。。。色気をもって芝を使ってリズムを崩しても良くないので、ダートで世界を狙いましょう。ダンケシェーンのように。
1802135
脚元もスッキリしており、脚元の不安に泣かされるような感じはありません。これから本格的な乗り込みがされるワケですが、かなりのハードトレーニングにもついて行けそうな馬体。もともと筋肉質だったこの身体に更に良質な筋肉がついてくるとなるとワクワクします。


この仔はKSTCさんの所有する繁殖カズサクションの仔なのですが、生産は村上欽哉牧場さん。村上欽哉牧場に委託されて生産を行っています。未勝利だったカズサクションに地味なサウスヴィグラスの仔と言うことで、当初はもう少し低い価格設定で提供する予定だったそうです。しかし、生まれてきた仔の馬体が素晴らしく良く、村上欽哉さんとの相談により『この価格では安過ぎる』という結論で1000万円募集になったのだと聞きました。何が言いたいかというと、生まれてきたときに既に好馬体で評価されており、この秋から冬にかけて更に馬体が進化。。。もはや1000万円の馬体でもないそれ以上の馬体と言うことです。
1802136
関東牡馬では人気のネネグースの2016ロードカナロア)がいたり、サウスヴィグラス産駒ではカクテルラウンジの2016が800万円の安価であり、全姉グラヴィオーラエーデルワイス賞2着、東京2歳優駿牝馬競走優勝と活躍しており、カズサクションの2016は存在自体が地味になりがち。。。それでも馬体はいいと思うんですけど。。。皆さんはどう思われますか?
1802137
馬を歩かせてもらいましたけど、いい姿勢で歩きます。後から見ても体軸がしっかりしていてブレが少ない感じ。速いところをどんなフォームで走るのか、今から楽しみになる歩き方です。

男馬ですが、人に従順で悪さをしないとのこと。普段は本当に大人しく、オンオフがしっかりしたタイプだと言うことです。
1802138
今のところは至って順調であり、早い時期から使っていく予定を考えていらっしゃるそうです。岩戸孝樹先生とも連絡を密に取れる状態にあり、不可解な使われ方は無いんじゃないかな?
元々、ダート1800mあたりを中心に考えられていた仔ですが、馬体の成長とともに更にその適性に寄っている気がします。稼げる条件で走れることはいいですね。
1802139
見学の最後に、KSTC代表自慢のウッドデッキを見学。今度はこのウッドデッキの上からカズサクションの2016を見学できたらな。。。と思いました。

お休みのところ見学に時間を割いていただき本当にありがとうございました。

そして、このレポートを読んでくださいましてありがとうございました。。。

|

« ジェルファルレイ一発解答なるか? | トップページ | 20180204関東牧場巡り④ »

コメント

まひ3の事前情報の通り、ポポチャンの予定厩舎が関西の奥村豊厩舎になりましたね。

アメムがお世話になる美浦の奥村武厩舎と関係があるのでしょうか。

関西でよかったです。

投稿: K太郎 | 2018年2月14日 (水) 11時25分

>K太郎さん

11月にハクツさんで少し聞いておりましたので、、、そのまま決まって良かったです。
奥村豊先生は。。。これから調査します。関東の奥村先生とは・・・同期と言うことくらいですかね?

ポポチャンの2017からも目が離せなくなりました。

投稿: まひ3 | 2018年2月14日 (水) 15時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163964/66390155

この記事へのトラックバック一覧です: 20180204関東牧場巡り③:

« ジェルファルレイ一発解答なるか? | トップページ | 20180204関東牧場巡り④ »