« GⅠTCと社台TCで馬名発表 | トップページ | 2018年2歳追加募集馬 »

2018年3月12日 (月)

僕の目指すところ

結局家に帰れず。。。ムスコの下宿先には布団が1セットしかなく。10年ぶりくらいにムスコと一緒の布団で寝ました(笑)
ラグビーをやっているゴリゴリのムスコと44歳のおじさんの添い寝。。。気持ち悪いでしょ(笑)

ということで、更新が遅くなっております。今日は何とか2本書きますので読んでやってください。

最近、、、凄いなぁ~と思っている身近な(お会いしたことのある)一口馬主さんが2名います。

このブログにもコメントをくださる、ひぃくんとAMANISTAさんです。
(許可を得ずにここでいきなり名前を出させていただきました「失礼だぞ!」と、怒り心頭の場合は記事を書き換えますのでご連絡を・・・甘い考えですけど許してくれるんじゃないかな?と思って書きました)

ひぃくんは3歳勢の層の厚さ。
先日、チューリップ賞で掲示板を確保したレッドランディーニに今週の重賞を使うアンブロジオメサルティム。そしてオークスも視野に入るムーンライトナイト。。。抜けがあるかもしれませんけど、いいメンバーです。
僕が凄いな。。。と思っているのは、アンブロジオが代表格なんですけど、安価な馬を走らせていること。アンブロジオなんて、シルクの世代別回収率NO.1に君臨しております。それもローズキングダム産駒。今や、ローズキングダムの代表産駒です。今週のファルコンSはアンブロジオも人気の一角、フラワーCにおいてもメサルティムが人気の一角を担います。
本人にもお伝えしたことがありますが、僕の憧れです。

AMANISTAさんはその勝率の高さ。アルモニカインヘリットデールを中心にダンケシェーンもその一翼を担います。
なかなか勝てなかった過去もありますけど、ここ最近の勝率は考えられないほど高く、複勝率や掲示板入着率もメチャクチャ高い。。。1頭しか出資していないとかという人を除けば、日本トップクラスだと思われます。アルモニカのフィリーズレビューも一旦は「勝ったか?」と思わせる熱い走りでしたからね。。。
こちらも、新年交流会の時に直接お伝えしましたが、尊敬しております。

このお二方はそれぞれブログもやられているのですが、馬選びのファクターに『血統』があるようです。『血統に詳しかったら当たりを引けるのかなぁ~』って、普通に思っちゃったりします(笑)
僕は、血統が全然わからないので。。。ダビスタはやっていたのですが、血統には足を踏み入れることを自ら拒否しました。血統に嵌ると自分の性格上、凝ってしまうことが分かっていたからです。僕はその時間をラグビーの研究に充てました。今でもその判断は間違っていなかったと思っていますが、馬選びに血統はやっぱり大事なのかなぁ~と、彼らの馬が勝ったりすると一瞬だけ後悔の念に駆られます(彼らを恨んだりはしませんよ)
因みにダビスタでの配合は、ハイペリオンだとかナスルーラとかネアルコとか。。。インブリードは考えず、距離適性だけを気にして付けていました。(結果有効なインブリードも発生していたのでしょうけど)
血統の知識がないことで馬選びの楽しさの大半を逃しているのでしょうけど、いまさら仕方がないこと。。。だからアタリを引ける率が低いのでしょうけど。

あと、お二方の共通点はシルクに入会されていること。。。

ひぃくんとAMANISTAさん。。。このお二方の実績に近づきたい。。。頑張ろうと思います。

そして、お二方の愛馬の活躍を心から願っております。

|

« GⅠTCと社台TCで馬名発表 | トップページ | 2018年2歳追加募集馬 »

コメント

記事にしていただき、ありがとうございますm(_ _)m
憧れなんて恐れ多いですが、3歳世代は当たりすぎました(^_^;)
私自身がここまで走るとはと驚いてるくらいですから(笑)
血統を調べるのは趣味ですが、馬体や歩様を見る目がないので課題は山積みですよ(´ー`)

投稿: ひぃくん | 2018年3月14日 (水) 00時09分

おはようございます(´ー`)

自分のような人間を尊敬だなんて…非常に恐れ多いです笑
素人なりにも配合面を考えることが活躍馬を引くための有効なファクターとなれば最高なんですが、逆に自分はパドックとか見ても馬体がまったくわからないので(^-^;
まひ3さんは僕にない捉え方で出資馬選定をされていて、ローレルベローチェやムーンエクスプレスを引かれていたり素晴らしいと思っています
ダンケシェーンをたっぷり持たれているのも羨ましいかぎりです!!

ちなみに自分が血統にハマったのはダビスタがキッカケなんですけど、ナスルーラとかハイペリオンなんて2018年になった現在もめちゃくちゃ有用な血脈なんですよ(・∀・)
実際にはダビスタで省略されている牝馬クロスとかニアリークロスとかもあるので、正直いまだにチンプンカンプンなところもたくさんあって笑、自分のブログ配合分析をやってみてあらためて勉強になっています

長文失礼しました
今後ともよろしくお願い致します!!

投稿: AMANISTA | 2018年3月14日 (水) 12時12分

>ひぃくん

スイマセン。。。勝手に記事に挙げてしまいまして。
でも、いつの日か書きたいと思っていた内容ですし、この3月は僕が『凄いなぁ』と思っているお二方の重賞出走ラッシュ。このタイミングで書かせていただきました。

本当に素晴らしい3歳世代ですね。

僕は、人間のアスリートを見る雰囲気で馬を見ます。正解があるワケではないですけど、気に入った形や動きがあることは間違いないです。

投稿: まひ3 | 2018年3月14日 (水) 21時58分

>AMANISTAさん

いやぁ~本当に凄いなぁ~と思っています。すべてを知っているワケではありませんが、お二方ともお会いした瞬間に『良い方なんだろうなぁ』と、直感で感じました。

AMANISTAさんの血統に関するブログは分かり易い文章で参考になります。

驚いたことがありまして、先日ペネトレーターの配合分析をブログで拝見しました。
『ニアリーワイルドラッシュ』という言葉。僕は血統のことは全然分かりませんが、馬体や動きを見てワイルドラッシュっぽさを感じたんですよね。。。ダートで活躍するだろうと思っています。
全然違う切り口で到達するところが一緒だった。。。って感じました。

気に入った馬が活躍してくれて嬉しいですけど、文章にできる理由がないんですよね。。。何となくというか、直感というか、、、

これからもAMANISTAさんのブログも参考にしながら出資馬を検討していきます!

投稿: まひ3 | 2018年3月14日 (水) 22時30分

『ニアリーワイルドラッシュ』
ペネトレーター、ワイルドラッシュっぽかったですか!?
もし実馬もそうなら、配合分析の答え合わせとしてすごくうれしいことです(´ー`)
女トランセンド目指してほしいですね(・∀・)

配合記事分かり易いですか?
そう言っていただけると励みになります!!
まだまだ6頭分残っているので笑

こちらこそ今後ともよろしくお願い致します!!

投稿: AMANISTA | 2018年3月15日 (木) 15時02分

>AMANISTAさん

スイマセン。。。PC不調と、自身の不調で返答が遅れました。

『ニアリーワイルドラッシュ』
馬体的に、ハーツクライっぽさやジャスタウェイっぽさがなく、ダート馬っぽい形。かといってサウスヴィグラスでもない。。。雰囲気適性的にワイルドラッシュに近い感じがしておりました。
ワイルドラッシュ自身の馬体を細かく見ていたワケではないので、そこ一点で感じたのではないですけど。
かなりいい感じだと思っています。女トランセンド。。。一番の適性はトランセンドが得意としていたところあたりだと思います。

配合記事は結構細かく、そして読み返しております。
僕の教科書ですので(笑)

今後も楽しみにしております。

投稿: まひ3 | 2018年3月17日 (土) 08時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163964/66490004

この記事へのトラックバック一覧です: 僕の目指すところ:

« GⅠTCと社台TCで馬名発表 | トップページ | 2018年2歳追加募集馬 »