« ロズせーるすとーく | トップページ | POG本発売シーズン到来 »

2018年5月 3日 (木)

ローレルジェイドいきなり入厩

明日から連休後半戦。クラブもお休みに入りますので、情報がなかなか入りにくい状況になりますが、我がブログ。。。一応その期間のネタもストックしておりますので、暇なときには是非遊びに来てください。
なるべく、定期更新できるように頑張ります。

ローレルクラブからのお知らせ
ローレルジェイド
2018年4月24日(火)
この中間は屋外ダートコース2400mと坂路1本を13-13の調教を行なっており、4月28日(土)に茨城県の松風馬事センターへ向けて(北海道ヤシレーシングランチより)出発予定です。馬体重494kg

2018年5月1日(火)
茨城県の松風馬事センターに到着後は角馬場で軽めの騎乗調教を行なっており、近日中に美浦トレセン・斎藤(誠)厩舎へ入厩予定です。到着時の馬体重483kg
松風馬事センター主任「予定より若干前倒しで28日(土)にこちらへ到着しました。到着日の夕方から夜にかけて軟便気味だった以外に体調的な変化も見受けられませんでしたし、輸送熱もなく輸送減りもほぼしなかったようですね。一昨日と昨日は休養に充て、今朝の斎藤先生の視察に合わせて騎乗を開始したのですが、環境変化に動じる事なく落ち着いていますし、馬に元気もありますので、来週一杯を目処に入厩させようという事になりましたよ」

ローレルクラブの馬としてはペネトレーターとロズ次いで3頭目の入厩馬となります。早いですね。。。

そして、ローレルジェイドは元々見栄えのするいい馬でしたが、少し動きに重たさを感じておりました。僅かなことなのですけど、同じ2,000万円募集であった1歳上のダンケシェーンと比べるとダンケシェーンの方が良く見えたこともあったり、同じ募集価格同じロードカナロア産駒であった1歳下のアメージングムーンの2017と比べても、アメージングムーンの2017の方が気に入った馬体だと言うこと、そして関東馬だったり・・・いろいろな要素があり、出資に躊躇しておりました。
2,000万円募集だからこそ、気になった動きの重たさ・・・これが1,800万円募集だったら、気にせずGOだったかもしれません。

そんなこんなで、先延ばしになっていましたが、馬体はみるみる成長。重たさを感じていた動きもなくなり、本当に立派な馬となりました。ダンケシェーンに勝るとも劣らない馬体。そして、気性のことを考えるとローレルジェイドの方がいいのではないか?と思わせるほどに。

一口10,000万円というハードルに躊躇してしまった結果になりましたが、この馬への評価は急上昇。入厩直前にダメもとでクラブにキャンセル待ちをお願いしようかな・・・本気で思っております。(多分、無理でしょうけど・・・)

その他にも早期入厩の噂のある2歳馬も数頭控えています。楽しみな世代になりましたね。

|

« ロズせーるすとーく | トップページ | POG本発売シーズン到来 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ローレルジェイドいきなり入厩:

« ロズせーるすとーく | トップページ | POG本発売シーズン到来 »