« プレゼント馬当せん者発表 | トップページ | カタログ来た? »

2018年9月13日 (木)

走れていないベルキューズ

今週は出走馬なし。3日開催でお祭り気分なのですが、、、特に月曜日はお仕事もないのに・・・冷静に馬券買います。

昨日はベルキューズの追い切りが行われました。

黛・9月12日(水)美南W良・4F56.7-41.1-13.5(9分所・G前仕掛け)
バカラクイーン(新馬)馬なりの外同入

黛弘人騎手のコメント
「札幌でも調教から乗りましたが、フケの影響は別としても単走では自分からは動かない馬です。今週は併走馬とのタイミングも良くて、しっかりと併せられたので、最後まで頑張って動いていましたね。普段の調教から常に併せ馬で慣れさせてやる事がこの馬には必要だと思います」

相変わらず時計が詰まってきませんね。
新馬の馬也に対して気合をつけないとついていけないワケですからね。。。

では、ベルキューズの今までの調教を一気に振り返ります。(そのあとにも記事がありますので読んでね)

助手・7月1日(日)美南坂良1回・4F57.1-42.4-28.1-14.1(馬なり余力)
スターフラッシュ(古馬500万)馬なりを0.4秒追走同入
助手・7月4日(水)美南W良・4F56.9-41.3-14.0(8分所・馬なり余力)
ルーレットクイーン(古馬1000万)馬なりの内0.4秒遅れ
助手・7月8日(日)美南坂良1回・4F59.0-42.9-28.5-14.7(馬なり余力)
助手・7月11日(水)美南W良・4F54.3-39.1-13.0(5分所・馬なり余力)
フローラルシトラス(古馬500万)馬なりの内を0.6秒先行3F付同入
助手・7月15日(日)美南坂良1回・4F57.9-42.0-26.9-12.9(馬なり余力)
助手・7月19日(木)美南W良・4F56.3-40.9-13.2(8分所・強目に追う)
ヘニッヒ(新馬)馬なりの外同入
助手・7月22日(日)美南坂良1回・4F55.3-40.5-27.3-13.7(馬なり余力)
助手・7月25日(水)美南W良・5F70.9-55.0-40.3-14.3(6分所・一杯に追う)
アマーティ(新馬)強目の内0.8秒遅れ
助手・7月29日(日)美南坂不1回・4F61.3-44.7-29.1-14.1(馬なり余力)
助手・8月1日(水)美南W良・5F72.5-56.9-41.3-13.3(8分所・一杯に追う)
ミスティックグロウ(古馬500万)直一杯の外0.6秒先行1.0秒遅れ
助手・8月5日(日)美南坂良1回・4F58.4-43.3-28.9-14.4(馬なり余力)
助手・8月8日(水)美南W稍・4F57.6-42.3-14.4(6分所・強目に追う)
アマーティ(新馬)馬なりの内0.6秒先行0.4秒遅れ
黛・8月22日(水)札ダ重・6F83.4-66.9-53.3-39.4-12.9(9分所・一杯に追う)
キモンボーイ(2歳未勝利)馬なりの外同入
助手・9月9日(日)美坂稍1回・4F57.0-41.3-26.6-13.3(馬なり余力)
スポーカンテソーロ(2歳未勝利)馬なりに0.3秒先行0.4秒遅れ
黛・9月12日(水)美南W良・4F56.7-41.1-13.5(9分所・G前仕掛け)
バカラクイーン(新馬)馬なりの外同入

―――――――――――――――――――――――――

入厩前は高い評価のコメントが多かったのですが、移動後はトーンダウン。。。調教の時計も今まで一度も『いいね』と、言えるものがありません。
苦しい時計が並びます。

入厩直後は仕方がない。。。レースが近づいてきて、フケの影響が出てきて仕方がない。。。そして、その後も・・・

母オーシャンフリートは、スピードを備えたステイヤーであるヒルノダムールを調教で子ども扱いしたことでも知れている『調教クイーン』その調教クイーンの娘がこんな時計で。。。と、僕自身も落胆しておりましたが・・・

オーシャンフリートの調教を振り返ると・・・
デビュー前はそれほどいい時計で走っていたワケではないんですね。(たまにいい時計を出しており、調教クイーンの片鱗は見せていましたけど)

調教で時計が一気に変わってきたのは3歳を過ぎてから。古馬になってからは追えばいくらでも時計が出せそうなレベルにもなっていましたが、2歳時はそこまででもありませんでした。

ベルキューズ自身もまだ、本気で走ったことがない馬。
デビュー戦で手綱を取ってくれた黛弘人騎手が付きっきりで調教も跨ってくれています。
黛弘人騎手はレースではそこまで成績は出ていないモノの、馬を観察する力もありますし、調教で攻め馬をする能力も評価されている騎手です。(レースでも決してダメなワケではないですよ)

その黛弘人騎手が、工夫をしながら次戦に向けてしっかりと調教をつけてくれています。

オーシャンフリートへ近づく道はまだ始まったばかり。。。村田牧場さんもオーシャンフリートに対して3年連続でヘニーヒューズをつけた自信の産物。

全兄であるヒルノアルゲイロ(今週出走)も未勝利戦で苦しんでおりますが、一時期は同じヘニーヒューズ産駒であるダンケシェーンよりも評価の高かった馬。
調教も少しずつ走れるようになってきましたし。。。奇跡の一発を期待して見ています。

ベルキューズもこれからの馬。。。黛弘人騎手と共に歩んでいくこれからの成長を見ていきたいと思います。

|

« プレゼント馬当せん者発表 | トップページ | カタログ来た? »

コメント

オーシャンフリート強かったなあ…。ローレルクラブの勝負服が1着だと出資馬じゃなくても、震えてしまうのはワタクシだけでしょうか…?さてミンナノアイドル18がカタログでローレルクラブ色のリボンつけてて、可愛すぎますね~♪

投稿: おおちゃん | 2018年9月14日 (金) 23時59分

おおちゃんさん

オーシャンフリートはなかなかインパクトの強い馬でした。僕もローレルクラブの馬が活躍すると出資していなくても嬉しく思っています。

カタログ届いていないんですよ・・・みんないいなぁ~

投稿: まーひー | 2018年9月15日 (土) 08時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163964/67166448

この記事へのトラックバック一覧です: 走れていないベルキューズ:

« プレゼント馬当せん者発表 | トップページ | カタログ来た? »