« ブルーコーラルせーるすとーく | トップページ | 2018ローレルツアーレポその20 »

2018年10月25日 (木)

2018ローレルツアーレポその19

更新が遅れました。そして、写真はアップできておらず。。。忙しいというか仕事が遅いというか。。。体力がないというか。。。とにかく時間がそこまで回せません。

書く書く詐欺はしてはいけないと思っているんですけど。。。。本当に申し訳ございません。

★写真をクリックすると大きくなります。ご覧ください。

フェニーチェの2018
(父ロードカナロア×母父ファルブラヴ
牝 鹿毛 18年4月15日生
生産者→村上欽哉 入厩先→加藤征弘厩舎

2018年は間違いなく、村上欽哉牧場にローレルクラブは引っ張っていただいています。ハイチーズアビーム。。。アビームは今週末も期待できそうですし、年内に1つ以上・・・もしかしたらもう2つ勝つかもしれないポテンシャルを備えているように思います。
それまでは、ローレルクラブ未勝利。。。松浦牧場さんが代表になったところで、大きな変化があったように思います。
1809961
ローレルクラブを牽引する村上欽哉牧場の新たなる刺客。。。フェニーチェの2018です。

母もこの仔も加藤征弘厩舎でお世話になります。母フェニーチェは坂東牧場の生産馬で、広尾ホースクラブで募集。24戦4勝。芝1200~芝2000で勝ち星を挙げており活躍。
1809962
初仔になるエレナレジーナノヴェリスト産駒)は恵比寿牧場生産でこちらも広尾ホースクラブでの募集。8月札幌のデビュー戦を快勝。1戦1勝で将来を期待されております。
1809963
1歳になるフェニーチェスタ(キングズベスト産駒)は村上欽哉牧場に来てからの産駒になります。

そして、当歳は満を持してロードカナロアをつけ、立派な牝馬が生まれてきました。
1809964
フェニーチェダイナカールに繋がる名牝系で、サムソンズプライドブレスジャーニーなどが近親に居り、エアグルーヴルーラーシップドゥラメンテなど・・・勢いのある血統です。
1809965
ロードカナロアアーモンドアイが三冠馬になるなど、これからの活躍も楽しみな種牡馬です。そして、そのロードカナロアの代表産駒の1頭であるステルヴィオステルヴィオフェニーチェの2018は8分の7同血。ロードカナロアファルブラヴサンデーサイレンスが紡ぐ血統に外れなしかと思います。

しかし、フェニーチェはこんなすばらしい牝馬を残した後に亡くなってしまいました。村上欽哉牧場の新たなる主力血脈になろうとするこの血統は本馬に受け継がれました。
1809966
村上欽哉さんは前日の二次会で『明日募集締め切りです(笑)』・・・『本当は自分で持ちたい・・・』と、本音を漏らしておりました。

そして、この日も『名前を呼んだら、(馬が)返事をします』と、冗談を連発。。。村上欽哉さんがこの馬をかなり気に入っていることと、村上欽哉さんがこういう冗談を言う馬は走ります!期待して良いんじゃないでしょうか?
1809967
加藤征弘先生は
先ずはクラシック初戦の桜花賞を目指します。夢物語で言っているのではなく、この馬を生まれた時から見ているのでそう言えるのです。母親も入厩していましたし、姉のエレナレジーナも入厩しております。エレナレジーナは線が細く、身体が小さいのでデビュー戦も半信半疑でしたが上手な競馬で札幌の新馬戦を勝ってくれました。父がロードカナロアに変わり幅のあるバランスの取れた好馬体ですから当然期待してしまいます。母の忘れ形見ですから、しっかりと育てていきたいと思います。
と、最大級の評価。

乳母に育てられましたが、大きな乳母から最近離乳。。。実母と一度お別れをしている経験があり乳母との別れもしっかり割り切ってすんなり受け入れたようです。そういうところを見ても自立しているし賢い馬だと評価されているようです。
1809968
村上欽哉牧場の当歳馬は45頭。その45頭の中でNO.1の馬。。。広尾ホースクラブからも熱烈なオファーがあり、個人馬主さんからも何件もオファーがありましたが、この馬を母の後継に考えていた場長は全てをお断り。そんな中でも、松浦社長とローレルクラブ北海道事務所スタッフさんのかなりしつこいオファーに折れての登場となりました。本当は村上欽哉牧場名義での登録をされたかったようです。

そんな経緯があって、そしてロードカナロアフィーバーの中、2400万円募集。。。ローレルクラブの中ではNO.1価格ですけど、世間一般から見たら倍の価格でも納得できるレベルの出来と血統。個人馬主や広尾さんに売ったって2400万円以上の値がつくでしょうに、この価格での募集は村上欽哉さんの優しさと努力だと思います。

歩かせても・・・いいですね。力強いですしバネを感じます。接地してからの蹴りが強い。推進力を感じる歩様です。そして、馬体も当歳の牝馬としてはしっかりした馬体でありながら、重苦しさがない。バランスが非常にいいです。
1809969
加藤征弘先生ともアビームでの良い繋がりもありますし、この血統に強い思い入れもありますから、この厩舎でお世話になることは大きなプラスが発生するものと思われます。

(ローレルクラブにしては)高いけど・・・今後も、注目していかなければいけない1頭ですね。

ユニオン・ローレルクラブ・ニューワールドレーシングクラブに入会を考えてくださっている方。。。紹介させていただきますのでご一報ください。
特典として、他では話せないマル秘情報をメールにて送らせていただきます。

|

« ブルーコーラルせーるすとーく | トップページ | 2018ローレルツアーレポその20 »

コメント

この血統でこのお値段ならお買い得ですよね
この馬だけでも実際に見てみたかったです。
ローレルジェイドでちょっとがっかりしてる状態ですので出資はまだ悩んでます
今年の当歳本当にいいですね!

投稿: あやか | 2018年10月26日 (金) 15時22分

あやかさん

そうなんですよ。絶対安いと思います。
スピードがありそうな感じですね。
注目するのは当然ですけど、他の馬もいいんですよね。。。当歳馬の世代は。
僕もいろいろと迷っています。

投稿: まーひー | 2018年10月26日 (金) 23時03分

初めまして。一口を始めようとして、フェニーチェ2018も候補です。情報があまりなく、こちらのブログに辿りつきました。新規で考慮中です。。当歳馬の記事ですが、凄く参考になりました。

投稿: シン | 2019年9月19日 (木) 03時34分

シンさん

初めまして。
コメントありがとうございます。

ちょっと忙しくて、ブログの更新がままならない状態ですけど、お力になれればと思っております。

紹介させていただくこともできますし、そのときには僕が知っている限りのフェニーチェ2018情報を提供しますので、必要とあればまたコメントしてください。

投稿: まーひー | 2019年9月19日 (木) 13時46分

ご回答有難うございます。
他クラブと悩んでいますが、募集馬では一番気になっており。はっきりいって社台系の血統ですし(笑)

少し気になる点がありまして、測尺(特に管囲)と左後脚だけバンテージ巻いていたので何か問題ある?のかだけ、気になっていました。あれこれ言って申し訳ないです。。

投稿: シン | 2019年9月19日 (木) 14時38分

シンさん

返答が遅くなり申し訳ございません。

見学時は当歳馬だったので、測尺の発表はありませんでした。。。

左後脚はバンテージではなく、白色の毛です。綺麗な白毛です。見とれてしまいますね。

測尺は来週のツアー時にも発表されるかと思います。

投稿: まーひー | 2019年9月23日 (月) 08時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2018ローレルツアーレポその19:

« ブルーコーラルせーるすとーく | トップページ | 2018ローレルツアーレポその20 »