« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月30日 (火)

2018ローレルツアーレポその24

この仔のレポートで募集馬の展示レポートは最後になります。写真ですけど、落ち着いたときにしっかりまとめます。見捨てることなく見てやってくださいよろしくお願い致します。
写真をアップしたときには、ブログにてアナウンスしますので。

では、ラストレポートはじめます。

★写真をクリックすると大きくなります。ご覧ください。

ミンナノアイドルの2018
(父モーリス×母父オグリキャップ
牡 芦毛 18年5月1日生
生産者→佐藤信広牧場 入厩先→尾関知人厩舎

ローレルクラブ募集馬視察ツアーのトリを飾るのは和田アキ子さんではなく、ミンナノアイドル2018です。15411220079990
なかなか受胎しなかった
ミンナノアイドルが2年連続で子宝に恵まれたこと(この仔に続いてミンナノアイドルのお腹の中には今年も受胎が確認されています)、そして、待望の牝馬が生まれたということ。
15411220128141
レースに出られる年齢に達した産駒がストリートキャップの1頭しかいないので、確信は持てませんがミンナノアイドルから生まれてくる仔に外れはありません。1歳上のミンナノアイドルの2017にしても、健康であり脚もしっかりしています。
15411220253972
そして、長女となるミンナノアイドルの2018も同様にしっかりした馬体で生まれてきました。当歳時から募集馬として登場させられることは、牧場さんとしても産駒に自信があると言うこと。
15411220318863
母系の話は前回書かせていただきましたので、割愛させていただきますが、父がモーリスに変わりました。モーリスの産駒がまだ当歳世代ですので評価は難しいですけど、現役時代の競走成績は素晴らしいものであり、GⅠ6勝。距離もマイル戦だけでなく2000mの天皇賞・秋も勝ちました。海外GⅠ3戦3勝というところも特筆すべき成績です。
15411220360194
その産駒が牝馬とはいえ1,200万円です。値段のつけ方を間違えたんじゃないの?と思わせますが、そんなことはないようです。佐藤信広牧場さんがローレルクラブ価格に設定してくれたありがたい好意です。
15411220494980
予定厩舎は尾関知人厩舎。母であるミンナノアイドルがお世話になった厩舎。そして、この仔はお母さんと同じ誕生日。。。こういうところがねぇ~。。。競馬はロマンですから。大事なポイントです。
15411220578260
ロマンだけではありません。
馬体もいいです。綺麗な馬体で、バランスがいいと思います。クビの力が強そうです。歩様も真っすぐ歩けますし、ブレがない。クビに力がありそうだという話をしましたが、クビも上手に使ってリズムよく歩けるセンスを持っていると思います。
15411220632461
当歳馬を何頭か見てきたワケですが、いろいろな条件下だったので一概に比較はできませんが、この仔の落ち着きは特筆モノです。当歳牝馬でこれだけ落ち着きがあると言うことは、調教もしっかり積めますし、環境にも動じない精神力が備わっている気がします。そして、レースにいっても自分の持っている力を発揮することができる・・・顔もいいですし、注目していきたいですね。とりあえず、来年のツアーまでは様子を見ますが・・・。結局出資される方は、サラブレージが多く貰える当歳時に出資されることをお勧めします。
15411220705850
と言うことで、長い時間がかかりましたが、ローレルクラブ募集馬視察ツアー内、展示馬レポートを終了します。このあとは番外編と北海道3日目レポート。。。それから先日の山岡トレセンレポートに書きたい内容もいっぱい。。。今後もよろしくお願いします。
15411220836400
ユニオン・ローレルクラブ・ニューワールドレーシングクラブに入会を考えてくださっている方。。。紹介させていただきますのでご一報ください。
特典として、他では話せないマル秘情報をメールにて送らせていただきます。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2018ローレルツアーレポその23

アイドルホースの登場です。この仔の登場を待ってくださった方も1人くらいいらっしゃるのでは。。。見学の順番が最後でしたので、レポートも遅くなり申し訳ございません。

では始めていきます。

★写真をクリックすると大きくなります。ご覧ください。

ミンナノアイドルの2017
父ゴールドアリュール×母父オグリキャップ
牡 芦毛 17年5月20日生
生産者→佐藤信広牧場 入厩先→斎藤誠厩舎

ナックオフィスの2017に続いての登場は・・・社長がオグリキャップファンであり、オグリキャップファンが集う佐藤信広牧場の秘蔵っ子、ミンナノアイドルの2017です。

ストリートキャップの全弟になります。ストリートキャップは芝での活躍が印象的でしたが、この仔はダートにシフトしそうな感じがしています。身体もガッチリしていますし、繋ぎもダート向きです。でも、ダートでのセンスはゴールドアリュール譲りでしょうし、ゴールドアリュール産駒は父が亡くなったあとの方が印象に残る活躍をしている気もしています。ダートでの大活躍を予感させる仔だと思います。
15411219063576
ストリートキャップは集団におけるボスタイプのようですが、この仔は人懐っこく、ボーっとしていて争そい事にも首を突っ込まないタイプのようです。
15411219176567
ミンナノアイドル自身はストリートキャップから5年経過してという久々の産駒になりますが、ゴールドアリュールとの相性が良いらしく、ゴールドアリュールの仔しか生めませんでした。。。が、この仔の後は連続して他の種牡馬の仔を受胎しました。
15411219256128
佐藤さんもストリートキャップとは全然違うタイプだと評しており、お尻がガッチリしてここに来て背も伸びてきて、いい競走馬になってきたおっしゃっていました。成長力のある感じを口にしておりました。
15411219410401
現在の馬体重は453キロ。十分な大きさだといえると思います。恐らく、育成先に行くと少し馬体重が落ちると思いますけど、成長力を考えれば470キロくらいで走るんじゃないでしょうか。。。
15411219530803
現在のところ病気もなく内臓もしっかりしているようです。健康体であることは大事なことですし、休むことなく調教を続けられます。これは大きなアドバンテージになることでしょう。
15411219630464
佐藤牧場の秘蔵っ子はすぐに育成牧場に預けることはせず、ここでしっかり基礎を固めるとのこと。
15411219700905
佐藤信広社長の思い入れも詰まってる仔です。。。オグリキャップファンの皆さんや佐藤信広牧場ファンの方は出資されると思いますけど、僕からも是非お願い致します。
15411219883236
コチラも展示が厩舎内でしたので、なかなか難しいのですが、結構綺麗な芦毛であり更に白くなるとオグリキャップっぽさが出てくるんじゃないかな?と思います。筋肉の付き方はいいですので、面白い存在になるんじゃないかと思います。歩様も力強くグリップが効いている感じですし、人が大勢いても動じない性格は天性のアイドルホースなのかもしれませんね。。。
15411219934337
ストリートキャップを育てた斎藤誠先生が見てくれることは非常にありがたいこと。きっと大事に扱ってくれますから。

ユニオン・ローレルクラブ・ニューワールドレーシングクラブに入会を考えてくださっている方。。。紹介させていただきますのでご一報ください。
特典として、他では話せないマル秘情報をメールにて送らせていただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018ローレルツアーレポその22

あと3頭です。。。見学した募集馬のレポートはこれで一区切りになります。30日といえば・・・1ヶ月前にはローレルクラブのツアーでした。まだレポートが終わっていない・・・本当に申し訳ございません。

では、ラストスパート。頑張ります。

★写真をクリックすると大きくなります。ご覧ください。

ナックオフィスの2017
(父スピルバーグ×母父ジェネラス
牝 栗毛 17年3月6日生
生産者→中川哲也牧場 入厩先→鈴木孝志厩舎

佐藤牧場での見学となりました。外は断続的ではありましたが結構な雨に。。。と言うことで、厩舎の廊下を使っての見学に。

厩舎の中は狭いですし、くらいですので、馬の印象が残り難い・・・ツアーでの売れ行きはこういうところも結構反映されているような気がします。。。

母ナックオフィスは地方で7勝を挙げる現役成績でしたが、産駒が活躍しております。
シャア(ツルマルボーイ産駒)がJRA5勝ののち北海道で2勝。。。ステイヤーズカップも勝ち、賞金を稼ぎました。

セイラスパイキュール産駒)も北海道2勝ののちJRAで3勝。

マチルダストラヴィンスキー産駒)はJRA1勝ののち名古屋3勝。

アムロタイプファスリエフ産駒)、ゼナ(ドリームジャーニー産駒)も地方で大活躍をしており、1歳上の2歳馬ディープブリランテ産駒のナリスにはJRA勝利を期待しています。

上記の活躍馬に共通していることは、年齢を重ねても活躍しているという点。1勝目は結構早い段階で勝つ馬が多いのですが、引退を前にする時期に再度活躍する仔が多い。すなわち成長力を備えた馬は活躍するのです。馬体重もデビュー時から50キロくらい増えるとのこと。

僕はガンダム世代なんですが、ガンダムを全く知りません。シャア、マチルダアムロタイプナリスあたりはガンダムに関係あるらしいのですが、その他の仔ゼナやルナツーシックザールは関係していますか?調べても居ませんけど、教えてください。

と言うことで、馬名はガンダムつながりがいいのではないでしょうか・・・との、コメントがありました。(実際にどうなるかは知りませんよぉ~)

スピルバーグは山本英俊氏に初GⅠ勝利をプレゼントした馬で、ジェンティルドンナエピファネイアイスラボニータなどかなり強力なメンバーを抑えて勝った天皇賞(秋)は衝撃的でした。僕は単勝は当てました。。。

全兄にトーセンラーがおり、既に種牡馬入りしていますが比較的短距離にシフトした産駒を出しています。

ムーンエクスプレスを育てた鈴木孝志厩舎はやっぱり印象は良く、先生のおっとりした雰囲気とは裏腹にハード調教で馬を仕上げるイメージです。

母はボリュームがある馬で気性的にはキツイところがある馬だったそうですが、この仔は落ち着きのある良い馬のようです。

育成先は浦河のチームプレアデスになりますが、それまでは夜間放牧と佐藤牧場の自慢の秘密兵器、ウォーキングマシーンで体力をつけていくそうです。

鈴木孝志先生は、非常にバランスの整った馬体で脚元の狂いは感じない。まだ、トモ高な体型なのでこのあとの成長力も期待しているようです。スピルバーグの種牡馬としての能力は期待をしています。母系もコンスタントに勝ち馬を輩出していてその裏付けはしっかりとしている。また、機動戦士ガンダムに因んだ名前が多いので鈴木先生も良さそうな名前をしたためおり、馬名応募をしたいと考えているようです。。。

スピルバーグ産駒の評判も上々のようですし、この仔も健康そうであることと、真っすぐ歩ける体幹の強さを感じます。

狭いところでの展示でしたので、これくらいしか確認できませんでした。

また、条件のいい時に見学したいと思います。。。

と言うことでこれにて終了。

ユニオン・ローレルクラブ・ニューワールドレーシングクラブに入会を考えてくださっている方。。。紹介させていただきますのでご一報ください。
特典として、他では話せないマル秘情報をメールにて送らせていただきます。

15411218463520 15411218571111 15411218645312 15411218750473 15411218860074 15411218948575

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018ローレルツアーレポその21

なかなか写真をチェックでき余裕がありませんで、文章ばかりが先行しております。
間もなく、作業には取り掛かる予定です。ご理解のほどよろしくお願いいたします。

★写真をクリックすると大きくなります。ご覧ください。

サトノネネの2017
(父エピファネイア×母父ディープインパクト
牝 鹿毛 17年3月7日生
生産者→松浦牧場 入厩先→池江泰寿厩舎

母サトノネネは社台ファーム生産のディープインパクト産駒であり、里見さんからも期待の大きな馬でしたが、気性が邪魔をしてしまい大成することができませんでしたが潜在能力の高さは評価されています。
1809941
父にエピファネイアを配合。エピファネイアは名手スミヨン騎手が『日本で一番強い馬』と賞賛した馬であり、オークス馬シーザリオの最高傑作といっていい馬だと思います。
1809942
エピファネイアの産駒はまだ走っていませんが、馬産地での評判はかなり良く、ロードカナロアジャスタウェイの様に1年目からのブレイクの可能性を秘めています。
1809943
サトノネネの2017は終始煩い感じでの展示になりましたが、動画の音声を聞いていただいても分かるとおり、草刈機の音に敏感に反応してしまい、この日の煩さは度外視して見るしかないんじゃないでしょうか。。。ちょっと可愛そうでしたね。
1809944
予定厩舎は栗東池江泰寿厩舎。先日はキングディグニティの去勢手術を発表しました。2勝しかしていない、500万下クラスの4歳馬に去勢手術をする。。。去勢手術をするということは、向こう1年以上は面倒を見てくれるということ。池江泰寿先生はローレルクラブの馬に対して熱心だということ。結果が出ているかどうかというと・・・微妙なところもありますが、グランパルファンにしてもジェルファルレイにしてもいっぱい使ってくれました。社台系の良血馬の如く結果は出ておりませんが、池江先生はローレルクラブの馬を雑に扱っているワケではありません。
1809945
サトノネネは相当能力が高かった馬で人に対しても従順なタイプでしたが、レースではその能力を発揮できなかった母。そして、馬格があり精神的にも落ち着きのあるエピファネイアをつけたことで、理想的な仔が生まれてきました。初仔とは思えないほどの大きさを持っており、馬格で泣くようなことは無いかと思います。スタッフさんや松浦社長の話を聞いても、普段は大人しく落ち着きがある馬だと聞いていますので、今回の展示は少し可愛そうだったのですが期待の大きさは感じました。
1809946
見た目にも幅が出てきており、牧場スタッフさんからは『ローレルラシームに似た馬体に成長している』とおっしゃっていました。
ローレルラシームブライアンズタイム産駒で、1勝のあと予後不良となってしまいましたが、能力は評価されておりユニコーンSを真剣に考えられていた馬です。そんな評価の高かった馬に似たイメージだということは期待してしまいますね。
1809947
松浦社長のコメントもいただきました。
お母さんは能力の高い馬でこの仔も初仔でありながら骨も太くしっかりした馬体である。昨晩の懇親会でも『触りたい放題』といいましたが、、、今はちょっと難しいですけど、普段は本当に大人しいです。先生も見た瞬間に『やりたい』と、言ってくれたくらいの馬なので心配もしていない。エピファネイア産駒も馬産地では非常に評価が高く走ってくると思う。。。とのこと。
1809948
これからの松浦牧場を引っ張っていく母系になる期待を背負ってのラインナップ。成績を上げて箔がつくことを松浦社長も狙っています。

ツアー終了と同時に浦河の吉澤ステーブルに移動して育成が始まるようです。
今の時点で460キロを超えていますが、まだまだ増えると思います。
ガッチリしていて、ダートのイメージもついてしまいますが、池江泰寿先生は芝で下ろす先生なので最初は芝で。その後はダートの方がいい感じだったらダートも試すと思いますが、芝でも行けそうな素軽さはありますね。
1809949
よく食べる仔のようで、他の牧場ではあげていない位の量をたいらげるとのこと。アスリートは食べることが大事。そこをしっかりクリアするサトノネネの2017は健康な馬体を武器に活躍してくれるものと思います。

見た感想ですけど・・・歩様や動きについては、草刈機の音で馬が全く集中できていないので評価しようがありませんね。歩きながらキョロキョロしちゃいましたし。馬体は立派。芝向きなので芝で走らせられるし、スピードで苦しくなるようだったら、馬格もあるのでダートでも・・・という、芝&ダートの二刀流煮なれる馬だと思います。こういう馬は現役生活が長く、賞金も稼げますからね・・・要注目の1頭だと思います。

ユニオン・ローレルクラブ・ニューワールドレーシングクラブに入会を考えてくださっている方。。。紹介させていただきますのでご一報ください。
特典として、他では話せないマル秘情報をメールにて送らせていただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月29日 (月)

NWRせーるすとーく

ニューワールドレーシングクラブで募集されている残り口が減ってきている各馬の紹介をします。

何せ、10月中に一括払いで出資すると5%オフ。40口割りクラブなので1口分の金額も高額ですし、その分割り引かれる金額も大きい。ということで、このタイミングで売り込ませていただきたいと思います。

11月以降は一括払い3%オフとなります。

先ずは、10月1日にカナイシスタッドにてニューワールドレーシングクラブの募集馬を多数見てきました。速報についてはこちらで見ていただきたいと思います。

トップヴィーナスの2017

フミノサチヒメの2017

タカミツグリーンの2017

そして、動画のアップが遅れていること。。。申し訳ございません。(NWR出資者の方は、毎日その日の募集馬の動画を確認できますので、必要ないかと思いますけど)

更に、レポートについてもローレルクラブのツアーレポートが終わってから書かせていただきます。

2017年世代で残り口僅かの仔は・・・

リリアンタイムの2017
牡 父スクリーンヒーロー 一口100万円

トップヴィーナスの2017
牝 父ワールドエース 一口30万円

フミノサチヒメの2017
牝 父キズナ 一口45万円

タカミツグリーンの2017
牝 父キンシャサノキセキ 一口45万円

ハナズジャンプの2017
牡 父ダンカーク 一口30万円

になります。

もしかすると今日にも満口になる馬が出たかもしれません。

5頭のうち実際に見学した馬はトップヴィーナスの2017フミノサチヒメの2017タカミツグリーンの2017の3頭になります。

リリアンタイムの2017は高額故、僕の守備範囲を超えていたということ。
ハナズジャンプの2017は時間切れで見学が叶いませんでした。

先ずはリリアンタイムの2017について。
一口100万円の400口で総額4,000万円。実馬を見ていないので、情報量は少ないですけど、この馬はいいですね。馬の出来からすると総額4,000万円は安く感じます。
好馬体は写真の示す通りで、動いている動画を見ても素軽さと力から強さを感じますし、運動神経の良さも垣間見えます。NWRは『牡馬はダービーを目指した馬選びをしている』という、セールスポイントがあります。個人的にはダービーよりも皐月賞で見たい感じがしていますが、ダービーもイケちゃう雰囲気も感じます。
スクリーンヒーローの牡馬らしい、スケールの大きさを感じています。この価格で皐月賞かダービー勝ったらね。。。大儲けですよ。
僕も使える100万円が手元に合ったら、リリアンタイムの2017ブロードチョイスの2017父キングカメハメハの牝馬)のどちらかに出資したいと常々思っています。リスクが低い感じがするんですよね。
この仔でダービー出走を目指しませんか?

そして、トップヴィーナスの2017。こちらは実馬を見ましたが、ディープインパクトワールドエースとつながる馬体は大きくないが運動神経の良さとリズミカルな歩様と脚の回転数を受け継いでいる馬だと感じております。不安だった馬格もまずまずの大きさまで持って行けそうな成長を遂げていますので、鬼に金棒。欠点が少ない馬になってしまいました。父ワールドエースに実績が無いことで、この価格になっていますがこれは化ける可能性を秘めていると思っています。
『牝馬は桜花賞を目指した馬選びをしている』というセールスポイントがありますが、ワールドエースの距離適性もマイルに特化していましたし、馬体もマイルで走りそうな形になってきています。この能力で総額1,200万円はお得です。夢を見られると思っています。

続きまして、
フミノサチヒメの2017です。
新種牡馬キズナの初年度産駒ですが、伸びのある好馬体が評判となっています。
中でも、日高地方NO.1のキズナ産駒との評判も上がっているフミノサチヒメの2017です。
こちらも牝馬ですので桜花賞目標になります。筋肉の付き方はいいですし、スピードがありそうな馬体です。母のフミノサチヒメはマイル前後で良績を残したタイキシャトル産駒。札幌記念にも出走しました。父キズナはダービー馬。マイラーですが能力が高くて2400も走れちゃうタイプなので、この仔も桜花賞を目指すといって納得です。馬体は筋肉質ですが伸びのある雄大さも兼ね備えているので2000mとかもいいかも。桜花賞はトップヴィーナスに譲って、オークス&秋華賞って感じもします。
この仔も一口45万円募集の総額1,800万円でしょ?いいと思いますけどね。

それから・・・タカミツグリーンの2017です。
立派な馬体が印象的で、力強さを感じます。こちらも桜花賞仕様ですね。キンシャサノキセキの仔ですので、マイルがギリギリかも・・・でも、3歳上の半兄(父プリサイスエンドフォレストタウンはダート1800mを2勝。母父タニノギムレットの影響でしょうか。。。距離が延びても大丈夫なようです。キンシャサノキセキのスピード感と運動性能を引き継いだといわれているこの仔は頼もしい存在です。間違いなくダートでも行けますから。桜花賞とヴィクトリアマイルとJBCレディスクラシックの変則3冠とかを想像しちゃいたくなる1頭です。

ハナズジャンプの2017は・・・安価な牡馬ですけど、ダービーを目指す馬選びでお眼鏡に適った仔なのですから舐めてはいけません。ただ、僕自身は実馬も見ていないですし、ダンカークもよくわかっていないので、今回は書かずに失礼します。

後日レポートにて、僕がニューワールドレーシングクラブを選んだ理由にも触れたいと思っております。

ニューワールドレーシングクラブへの入会に心揺れている方はご一報ください。紹介させていただきます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

メイクデュースの2017せーるすとーく

6月に細川牧場さんで見学したメイクデュースの2017の残り口が“極”僅かとなりました。

10月1日にも見学を希望しましたが、オータムセールということで細川牧場さんも上場馬が居り、見学ができませんでした。
ということで、僕も即決しておりませんけど、6月に見た時は心身ともに雄大な気品のある牝馬であったことを思い出します。

父は出口牧場産のゴールドシップ。出口牧場の繁殖のメイクデュースで母父がトウカイテイオー。。。注目せずにはいられません。

いい馬でしたので、現時点でも出資を検討しています。。。自分のお財布にいっぱいお金があったら、ホイホイ行きたいんですけど、、、サラリーマンの僕はそこまでの収入がありません。

見学した当時のレポートを振り返っても・・・悩みが深まるばかりです。


いい馬ですので、皆さんよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月27日 (土)

復権グローバルリーチ

今日も勝てなかったです。。。我がチームの成績は年々下降線を辿っています。このままではマズい。頑張ってもらわないと。

明日は、グローバルリーチが復活を賭けます。

2018/10/28(日)
7R
3歳上500万下
ダ1200m (左)
天気:小雨 / 馬場:重 / 発走:13:00
3回新潟6日目 3歳上
(若手騎手)定量 15頭
本賞金:750、300、190、110、75万円
1 アースヴィグラス 牝4 54 井上
2 トラストノブナガ セ3 53 森裕
3 ユッセ 牝5 55 城戸
4 アドマイヤロマン 牡5 56 荻野極
5 グローバルリーチ 牡3 54 義
6 メイショウバイタル 牡3 54 加藤
7 ナムラスパルタクス 牡4 56 川又
8 トロピカルスパート 牝4 53 藤田菜
9 マローネメタリコ 牝3 51 菊沢
10 メイショウトキン セ5 54 西村淳
11 ヴォーガ 牡4 56 木幡巧
12 スフバータル 牡5 57 伴
13 ペッシュカネル 牝5 55 長岡
14 エテルニテ 牝3 51 富田
15 サノノショウグン セ4 56 木幡初

レース評…連軸期待・上位拮抗

短評・・・ダートこなせるが

予想コメント
印なし

調教
2018/10/24(水)
CW 良 義 82.2-67.0-52.9-39.1-13.4 馬也
プリンセスルーラー馬也に6Fで0秒4先行5F併せで0秒8遅れ
気配一息 評価D

厩舎コメント
高橋康之師
芝で結果が出ないから今回はダートに使うが、もう一つ成長が窺えないからね。キッカケを掴むレースをして欲しい。

クラブからのコメント
高橋康之師「週末にしっかり追い切っているので、今日は15-15程度。輸送もあるのであまり疲れを残したくないですからね。これで充分ですよ。きっちり仕上がったと思います。ちょうど義英真騎手を確保できたので、若手騎手限定戦に向かうことにしました。調教でも何度も乗っているように癖をよく知っていますからね。ダートに替わって良い競馬を期待しています」

★★★ユニオンからの情報によると、調教に出ている追い切りの様子は間違いのようで、単走馬也で時計も15-15程度とのこと。実質の追い切りは週末に坂路で一杯に追われているようです。それでも、時計がいいワケではありません。どうも2歳時の元気の良さがなくなっております。
個人的にはダートに戻ることは良いと思っていますが、本調子にないというか迷走中の様な気がしております。
怪我の影響もあるのでしょう。
能力はある仔だと思っていますので、先生のおっしゃる通りキッカケを掴んで欲しい。距離も1200よりも1400の方がいいのかな?スタートがあまり上手じゃないからね。メンバー的にはチャンスはありそうですし、義英真騎手が乗ってくれることは心強い。期待しています。

記事の転載についてはとユニオンの許可をいただいております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

181027山岡トレセン見学速報⑦

まだまだ行きます。
ニューワールドレーシング、もう一頭のフランケル産駒
ドリームライクエマ(一枚目)
シンフォニーナイン(二枚目)
15406386546790


15406386636171


| | コメント (0) | トラックバック (0)

181027山岡トレセン見学速報⑥

続きましては牝馬ZONE。
こちらも、ニューワールドレーシングチーム。
一枚目はセラールネイジュ。
二枚目はアデリナ。
三枚目はトリウンファラ。
15406379359092


15406379216941


15406379084700


| | コメント (0) | トラックバック (0)

181027山岡トレセン見学速報⑤

今日はこれで終わりません。ニューワールドレーシングの一員になりましたので、末席より応援させていただきます。
フランケル産駒のクイーンオブスペインの2016(鞍上黄帽)とレディインラヴの2016です。
15406345944960

まだ募集中です。


15406346218110

こちらもレディインラヴの2016です。

15406346350411


| | コメント (0) | トラックバック (0)

181027山岡トレセン見学速報④

馬房に戻ったスプレーモゲレイロです。
男前ですねぇ~。非常に落ち着きのある馬でした。
15406341567700


15406341663140


| | コメント (0) | トラックバック (0)

181027山岡トレセン見学速報③

もう一丁、スプレーモゲレイロの単走シーン。
悪いところも無いので、元気に走れています。
15406298010050


15406298151221


| | コメント (0) | トラックバック (0)

181027山岡トレセン見学速報②

グループでの調教のあとに、単走のダウン。
グループ時は暗過ぎて写真が撮れませんでした。
と言うことで、単走時の写真です。
15406194970081


15406195035942


| | コメント (0) | トラックバック (0)

181027山岡トレセン見学速報①

今日は、早朝4:30に起床。一路山岡トレセンへ。

雨予報でしたが・・・『奇跡』→雨は止み見学可能に。
この仔に逢いに行きました~
15406185752070

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月26日 (金)

新潟の朝と夕方に出走あり

明日は、放牧先に行ってきます。そして、出資馬も走ります。頑張って欲しいなぁ~。。。45歳になって最初のレース。2頭が僕を祝福してくれます。

最初は朝一番のレースにローレルヴィクターが登場。

2018/10/26(土)
1R
3歳上障害未勝利
障2850m (芝 外-内)
天気:曇 / 馬場:良 / 発走:09:50
3回新潟5日目 障害3歳上
混定量 14頭
本賞金:780、310、200、120、78万円
1 フォルテメンテ 牡4 60 江田勇
2 テイエムフタエマル 牝6 58 佐久間
3 アーバンブラック 牡3 58 草野
4 シゲルレンコン 牡3 58 上野
5 シゲルメジロザメ 牝5 58 植野
6 インペリオーソ 牝3 56 山本
7 スマートカルロス 牡6 60 中村
8 ローレルヴィクター 牡4 60 田村
9 トラスト 牡4 60 熊沢
10 ティーティクイーン 牝4 58 金子
11 パルナッソス セ4 60 高野
12 ルグランパントル セ6 60 石神
13 ホシルミエール セ5 60 白浜
14 プリンシパルスター セ5 60 森一

レース評…上位拮抗

短評・・・そろそろ注意

予想コメント
印なし

調教
2018/10/24(水)
CW 良 田村 85.3-68.6-53.9-40.4-13.8 一杯
スカイルーク一杯に6Fで2秒4先行3F併せで0秒7遅れ
トンバ一杯に6Fで0秒8先行5F併せで1秒3遅れ
伸び一息 評価C

厩舎コメント
羽月友彦師
飛越が不安定な状態ですからね。もう少し時間が必要のようです。

クラブからのコメント
田村大雅騎手「放牧帰りから身体が緩く乗り込み不足を感じていましたので、我がままを聞き入れてもらい1週伸ばしました。それでも調教で作るのは限界もありますので、1度新潟で叩いてトレセンに在厩で調整して、福島で万全の状態に持って行きたいと思っています。ですから、少なくとも優先権利を取れるようなレース運びをさせたいですね」

★★★成長の遅さから現役を続行。障害でチャンスを狙うローレルヴィクターですが、飛越がイマイチだとのこと。個人的には同じ新潟の平場500万下ダート2500mも見てみたいという気持ちがありましたが、そんなことを言っても仕方がありません。
メンバーはなかなか強力。知っている名前がいっぱいありますね。瞬発力では負けますし飛越が不安定だとすると・・・どこに活路を見出せばいいのか?とりあえず叩き台の様なコメントもありますので、無事に。そして陣営が考えている目標に近づけるように。

続きまして。。。最後のレースにベストティアラが登場します。

12R
飛翔特別
芝1000m (直線)
天気:曇 / 馬場:良 / 発走:16:00
3回新潟5日目 3歳上 サラ3歳上500万下
混[指定]定量 18頭
本賞金:1050、420、260、160、105万円
1 マンボスカイ 牝4 55 北村友
2 グラスレガシー 牝3 53 的場
3 オーバースペック 牡4 57 杉原
4 ベストティアラ 牝5 55 義
5 サイモンゼーレ 牡5 57 柴山
6 アリエスムーン 牝7 55 加藤
7 トーホウレジーナ 牝4 55 富田
8 フジマサアクトレス 牝5 55 丹内
9 アイアムビューティ 牝4 55 菱田
10 キャラメルフレンチ 牝4 55 木幡巧
11 キョウワヒラリー 牝4 55 鮫島駿
12 スワニルダ 牝5 55 岩崎
13 ウーマッハ 牝4 55 西田
14 ヤマニンベルベーヌ 牝4 55 菅原
15 リンシャンカイホウ 牡3 55 藤田菜
16 ガーシュウィン 牡4 57 中井
17 ジャスティンラヴ 牝4 55 川須
18 アンインジュリー 牝3 53 丸田

レース評…波乱含み

短評・・・厳しさ否めず

予想コメント
印なし

調教
2018/10/24(水)
栗坂 良 助手 58.9-42.0-25.8-12.5 一杯
好気合 評価B

厩舎コメント
器用さに欠けるタイプだから直線競馬はいい。ケイコの良さがつながれば。〈高橋康師〉 評価○

クラブからのコメント
担当助手『終い重点の指示。びっしりと追っておきました。トモが緩いので今日のような馬場が苦手ですが、それでもしっかり反応してくれましたよ。体の使い方も良くなっています。仕上がりは問題ないですね。スピードはあるので1000mで変わってくれたら。できれば外めの枠を引きたいですね』

★★★調教は動くが本番ではその力を発揮できていないベストティアラ。芝直1000にチャレンジ。高橋康之先生ありがとうございます。
でも、、、1000mを走り切る集中力を保てるか?そこがポイントです。どうも600mくらいでいつもひと息入っちゃう。そのタイミングで脚の回転が弱まっちゃう。
毎回そんな感じを受けています。
でも、どこかのタイミングでなんかずーっと集中力が保てた・・・なんて時に好走してくれる気がします。それが今回なのか次回なのか100戦先なのか・・・そんなに待ってくれないと思いますけど、持っている能力を発揮できるレースを期待します。

ということで、頑張れ~

記事の転載についてはローレルクラブとユニオン両クラブの許可をいただいております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018ローレルツアーレポその20

今日もギリギリの生活。。。明日は午後からの勤務。。。ですが、午前中に行ってきます牧場へ。ということで、速報をやりますが、写真もやっと整理できるかと思います。明日は・・・写真をアップします。そして、2018ローレルツアーレポートINDEXも整理します。

★写真をクリックすると大きくなります。ご覧ください。

キャタラクトの2018
(父オルフェーヴル×母父Storm Cat
牝 栗毛 18年4月24日生
生産者→松浦牧場 入厩先→牧田和弥厩舎

キャタラクト系はローレルクラブ所属だったペルルノワールが4勝を挙げる活躍。同じブライアンズタイムを父に持つミヤジエルビスも5勝と活躍。初仔だった長女フェアリーバニヤンからはコリアC2連覇、エルムSや佐賀記念を勝ったロンドンタウンが生まれており、松浦牧場の根幹となる大事な血統であり活力があります。
1809951
キャタラクトの2015ルーラーシップ)も募集されましたし、僕も出資しましたが、病気により募集取り下げ。この仔の分まで頑張って欲しいところ。この仔はキャタラクトの最後の仔となりますので、松浦さんも気合が入ります。
1809952
オルフェーヴルラッキーライラックロックディスタウンなど牝馬が2歳から活躍しておりユニオンのエポカドーロが皐月賞制覇。大きな仕事をやってのけました。
1809953
現役時代の個性的なレースからも人気のある種牡馬ですが、その仔たちも愛される要素が受け継がれておりこのキャタラクトの2018も愛される馬になりそうな気がしております。
1809954
牧田和弥厩舎ロンドンタウンとその半妹ロンリーハートや半弟グレートバニヤン(キャロット募集)を見ており、キャタラクトの2018はその実績と相性を考えての入厩となります。牧田和弥先生も期待の血統ですので、大事に扱ってくれるものと思われます。
1809955
キャタラクトは年齢的なこともあり、空胎を挟んでの2年ぶりの産駒。高齢ではありますが生まれてきた馬はそれぞれ均整が取れた好馬体であり、軽さを感じる仔が多いです。キャタラクトの仔は芝でもダートでも行ける仔ばかりですが、オルフェーヴルの産駒がダートでの活躍馬が増え始めていますし、ロンドンタウンが近親に居ますので、ダートでの活躍を期待できるのではないかと期待しています。
1809956
お母さんが神経質で高齢ながらピリッとしたところがあり、加えてオルフェーヴル。そして、この見学時には近くで草刈が行われており、草刈り機の音が煩くて馬自身も煩くなるという悪循環。。。でも、『このくらいの方がいいですよ』と、松浦社長。
1809957
左後一白という、左の後ろ脚だけが白い馬はオープン馬になるという言い伝えもあり、この仔はそれを体現してくれるかもしれません。また、右目の周りに白い毛が生えていて、可愛いと評判です。

歩かせてもいいんですよね。。。パンフレットの写真を見たときはそこまで目に止まりませんでしたが、実馬は良かったです。写真と実際とで一番大きな違いを感じた馬でした。
1809958
キャタラクトもそこまで大きくないですし父のオルフェーヴルも大きくないですから、この仔もそこまで大きくならない感じはしますが、バランスもいいですし、何よりもオーラを感じます。

松浦社長さんからもスタッフさんからもこの仔に対しての大きな期待と強い自信を感じます。
1809959
因みに、馬師匠のの一押しです。馬師匠に推されるとね。。。注目せざるを得ません。この仔についても今後の成長を見続けていかなければいけません。

ユニオン・ローレルクラブ・ニューワールドレーシングクラブに入会を考えてくださっている方。。。紹介させていただきますのでご一報ください。
特典として、他では話せないマル秘情報をメールにて送らせていただきます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年10月25日 (木)

2018ローレルツアーレポその19

更新が遅れました。そして、写真はアップできておらず。。。忙しいというか仕事が遅いというか。。。体力がないというか。。。とにかく時間がそこまで回せません。

書く書く詐欺はしてはいけないと思っているんですけど。。。。本当に申し訳ございません。

★写真をクリックすると大きくなります。ご覧ください。

フェニーチェの2018
(父ロードカナロア×母父ファルブラヴ
牝 鹿毛 18年4月15日生
生産者→村上欽哉 入厩先→加藤征弘厩舎

2018年は間違いなく、村上欽哉牧場にローレルクラブは引っ張っていただいています。ハイチーズアビーム。。。アビームは今週末も期待できそうですし、年内に1つ以上・・・もしかしたらもう2つ勝つかもしれないポテンシャルを備えているように思います。
それまでは、ローレルクラブ未勝利。。。松浦牧場さんが代表になったところで、大きな変化があったように思います。
1809961
ローレルクラブを牽引する村上欽哉牧場の新たなる刺客。。。フェニーチェの2018です。

母もこの仔も加藤征弘厩舎でお世話になります。母フェニーチェは坂東牧場の生産馬で、広尾ホースクラブで募集。24戦4勝。芝1200~芝2000で勝ち星を挙げており活躍。
1809962
初仔になるエレナレジーナノヴェリスト産駒)は恵比寿牧場生産でこちらも広尾ホースクラブでの募集。8月札幌のデビュー戦を快勝。1戦1勝で将来を期待されております。
1809963
1歳になるフェニーチェスタ(キングズベスト産駒)は村上欽哉牧場に来てからの産駒になります。

そして、当歳は満を持してロードカナロアをつけ、立派な牝馬が生まれてきました。
1809964
フェニーチェダイナカールに繋がる名牝系で、サムソンズプライドブレスジャーニーなどが近親に居り、エアグルーヴルーラーシップドゥラメンテなど・・・勢いのある血統です。
1809965
ロードカナロアアーモンドアイが三冠馬になるなど、これからの活躍も楽しみな種牡馬です。そして、そのロードカナロアの代表産駒の1頭であるステルヴィオステルヴィオフェニーチェの2018は8分の7同血。ロードカナロアファルブラヴサンデーサイレンスが紡ぐ血統に外れなしかと思います。

しかし、フェニーチェはこんなすばらしい牝馬を残した後に亡くなってしまいました。村上欽哉牧場の新たなる主力血脈になろうとするこの血統は本馬に受け継がれました。
1809966
村上欽哉さんは前日の二次会で『明日募集締め切りです(笑)』・・・『本当は自分で持ちたい・・・』と、本音を漏らしておりました。

そして、この日も『名前を呼んだら、(馬が)返事をします』と、冗談を連発。。。村上欽哉さんがこの馬をかなり気に入っていることと、村上欽哉さんがこういう冗談を言う馬は走ります!期待して良いんじゃないでしょうか?
1809967
加藤征弘先生は
先ずはクラシック初戦の桜花賞を目指します。夢物語で言っているのではなく、この馬を生まれた時から見ているのでそう言えるのです。母親も入厩していましたし、姉のエレナレジーナも入厩しております。エレナレジーナは線が細く、身体が小さいのでデビュー戦も半信半疑でしたが上手な競馬で札幌の新馬戦を勝ってくれました。父がロードカナロアに変わり幅のあるバランスの取れた好馬体ですから当然期待してしまいます。母の忘れ形見ですから、しっかりと育てていきたいと思います。
と、最大級の評価。

乳母に育てられましたが、大きな乳母から最近離乳。。。実母と一度お別れをしている経験があり乳母との別れもしっかり割り切ってすんなり受け入れたようです。そういうところを見ても自立しているし賢い馬だと評価されているようです。
1809968
村上欽哉牧場の当歳馬は45頭。その45頭の中でNO.1の馬。。。広尾ホースクラブからも熱烈なオファーがあり、個人馬主さんからも何件もオファーがありましたが、この馬を母の後継に考えていた場長は全てをお断り。そんな中でも、松浦社長とローレルクラブ北海道事務所スタッフさんのかなりしつこいオファーに折れての登場となりました。本当は村上欽哉牧場名義での登録をされたかったようです。

そんな経緯があって、そしてロードカナロアフィーバーの中、2400万円募集。。。ローレルクラブの中ではNO.1価格ですけど、世間一般から見たら倍の価格でも納得できるレベルの出来と血統。個人馬主や広尾さんに売ったって2400万円以上の値がつくでしょうに、この価格での募集は村上欽哉さんの優しさと努力だと思います。

歩かせても・・・いいですね。力強いですしバネを感じます。接地してからの蹴りが強い。推進力を感じる歩様です。そして、馬体も当歳の牝馬としてはしっかりした馬体でありながら、重苦しさがない。バランスが非常にいいです。
1809969
加藤征弘先生ともアビームでの良い繋がりもありますし、この血統に強い思い入れもありますから、この厩舎でお世話になることは大きなプラスが発生するものと思われます。

(ローレルクラブにしては)高いけど・・・今後も、注目していかなければいけない1頭ですね。

ユニオン・ローレルクラブ・ニューワールドレーシングクラブに入会を考えてくださっている方。。。紹介させていただきますのでご一報ください。
特典として、他では話せないマル秘情報をメールにて送らせていただきます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年10月24日 (水)

ブルーコーラルせーるすとーく

レポートの写真は明日、、、一気に掲載します。少々お待ちください。

ローレルクラブからの情報
―――――――――――――――――――――――――
ブルーコーラルカクテルラウンジ16)締切間近

浦河町のグランデファームにて、BTC内の屋内坂路2本を15-15のキャンター調教を行ない、茨城県の松風馬事センターへ向けて本日出発しました。尚、本馬は近日中に美浦トレセン・清水(英)厩舎へ入厩する可能性があるため、10月30日(火)を持ちまして募集を終了いたします。また、本馬の父サウスヴィグラス産駒のアークヴィグラス号が10月16日・門別11R・エーデルワイス賞(G3)で優勝しました。馬体重473kg

グランデファームスタッフ「いまでもペースを上げると身体が沈み込むような感覚になりますが、フルギャロップの時にはどんな走りをしてくれるか楽しみでなりません」

No.7 カクテルラウンジ16
3月29日生 栗毛 牝
サウスヴィグラス 母父 タニノギムレット
美浦・清水英克入厩予定
総額(口数):800万円(200口)一口価格:40,000円
維持費:3,000円/月 保険料:1,280円/年
―――――――――――――――――――――――――

迷ってます。いい馬だと思います。そして、コメントの熱量もハンパないって。
ツアーで見た時もいい感じでしたから。。。

来週の火曜日が締め切りでしょ?もう一回競馬のチャンスがあるし、ハロウィンジャンボ宝くじも終わっているので資金調達のチャンスはありますね。それから・・・サラブレージが上限を超えてしまうので、1万円分の出資券を使わないと捨てちゃうことに。。。それに合わせて、ちょこちょこと出資割引券も併せて使いたいし。。。
という事情があり更に迷っています。

何方か背中を押してくださいませ。

本当にいい馬でしたよ。価格的にもオススメです。

どうか、ブルーコーラルをよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018ローレルツアーレポその18

今日は暑い。。。汗をかきました。涼しかったり暑かったり・・・体調管理に気をつけないと。もうすぐ人間ドックもありますし。。。今年は何か引っかかる気がしています。

★写真をクリックすると大きくなります。ご覧ください。

コンフォータブルの2017
(父ヴィクトワールピサ×母父ザール
牝 鹿毛 17年2月21日生
生産者→樋渡牧場 入厩先→飯田雄三厩舎

母の父がザールっていうだけで、注目度アップ。Xaar・・・名前がX(エックス)から始まるなんて。。。格好いいじゃないですか!
1809971
現役時代はカルティエ賞最優秀2歳牡馬となった名馬で、スピードが豊富なイメージです。現在も海外で現役種牡馬みたいですけどどうなんですかね?
1809972
父ザールはnetkeibaで検索しても11頭(現役引退含めて)しかおらず、2017年産は本馬を含めて3頭だけ。。。レアな存在です。海外ではアクシデンタルエージェントハーザンドなどがGⅠホースに。日本でも出走年齢に達した馬6頭中3頭が勝ち上り(合計7勝)と、驚異的な成績をマーク。2歳のハギノアップロードも勝つことでしょう。
1809973
そこに、また勝ち上がり率の高いヴィクトワールピサを迎えたワケですから、勝ち上りは間違いないでしょう。
ヴィクトワールピサは身体が大きな牝馬が活躍する傾向にあり、コンフォータブルの2017も立派な体格。期待は高まります。ヴィクトワールピサは樋渡奥様のお気に入り。プラスαの力が働くような気がします。
1809974
コンフォータブルフジノテンビーの半妹。樋渡さんが大事にしている牝系です。トウショウボーイの血が入っていることも見逃せません。
1809975
樋渡さんからも、、、大型馬ですが、身体をうまく使って柔らかく歩くので期待しています。間もなく新冠の育成公社で初期馴致を始めていきます。とのこと。
マイラータイプになることを期待しています。
1809976
浦和競馬で圧勝の3連勝を飾ったヴィクトワールピサ産駒のホウショウレイルHaloの4×5とMr.Prospectorの4×5が生じており、この仔も同じクロスを持っています。ホウショウレイルはこの世代のNO.1になると言われている好素材。この仔も身体が大きいんですよね。。。
1809977
飯田雄三師からのコメントは、、、放牧地では軽快な走りが印象的で、牝馬らしい伸びのある身体と牝のある顔つきに好感を持っています。母系からは芝重賞を勝つ馬も出ており、調教を続けて少しでも適性を感じれば芝でデビューさせたいと考えているようです。
1809978
コンフォータブルも大きな馬でしたが、母が1歳のときよりもこの馬の方がしっかりしているようです。初仔ですが、立派に生まれてきました。大型馬だと、脚元が心配だったり、脚の回転が不器用でスピードに乗れない心配が出てきたりしますが、この仔は背は高いけど、やや薄手であり、脚元もしっかりしていて綺麗ですので、脚部への負担は少なそうですし、歩かせてみても窮屈で重苦しい感じは少なく大きいことを不安に思わせない脚の運びをしています。

樋渡牧場さんの代表産駒は前述のフジノテンビーです。ローレルクラブへの提供馬ではローレルソランローレルオードリーダイヤインザラフが勝ち上っていますが、やっぱり地味な印象。ダイヤインザラフもあまり売れませんでしたけど、この仔もそうなるような気がします。(今のところはやっぱり売れていません)
1809979
でも、この仔はもしかしたら・・・と思わせます。未勝利か複数勝ちかどちらかタイプだと思います。こういう馬が嵌ると輝く気がします。

多分、売れないでしょうからギリギリまで観察できると思います。じっくり見て決められたらどうでしょう。

僕は即決しましたけど(笑)名付けたいと強く思っております。名付けたら・・・大活躍間違いなしですね(笑)

ユニオン・ローレルクラブ・ニューワールドレーシングクラブに入会を考えてくださっている方。。。紹介させていただきますのでご一報ください。
特典として、他では話せないマル秘情報をメールにて送らせていただきます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018ローレルツアーレポその17

まだ8頭も残っている・・・そして、その後も、10月1日のことも書かなきゃいけないし、懇親会やこぼれ話も・・・まだまだ先は長いです。

★写真をクリックすると大きくなります。ご覧ください。

ハーランズルビーの2018
父ヘニーヒューズ×母父Harlan's Holiday
牡 栗毛 18年4月16日生
生産者→村田牧場 入厩先→未定

入厩先が未定となっていますが、目星はつけているようです。決定ではないと言うことで、決定してから発表があると思います。年内に発表くらいでしょうかね。。。
18099811809982
母のハーランズルビーは10戦2勝。アメリカのステークスウイナーです。
半姉ハーランズワンダーはターファイトで募集され、後に北海道で走り5勝。半兄ヒルノアトラーニはJRA2勝。現役で走っております。
18099831809984
父ヘニーヒューズは他のレポートでも触れていますが、日高地方で良績を残している種牡馬であり、村田さんがかなり期待している種牡馬と言うことで、期待している繁殖牝馬につけていますし、出てくる募集馬も期待が高いと言うこと。
1809985
牧場さんが提供馬として、この仔を選んだ時期はダンケシェーンのユニコーンSの前。すなわちダンケシェーンが休養を取る前でしたので、牧場さんとしても気持ち的に勢いがあった頃。。。村田牧場×ヘニーヒューズ×牡馬ということで、ダンケシェーンのお客さんがそのまま興味を持ってくれる皮算用もあったかと思います。
1809986
しかし、現在ダンケシェーンが休養中であり、牝馬ではありますがベルキューズも勝ち上っていないと言うことで、少しアピールポイントに欠けてしまっている気もします。馬自身はいいんですけどね。。。
1809987_2
ここからベルキューズが勝ったり、ダンケシェーンが復活したりすると、売れてくるんじゃないかな・・・と思っております。

見た感じもダンケシェーンよりも胴伸びがあり幅があります。ダンケシェーンよりも距離の融通はあるという見立てであり、ダート1800mを中心とした適性で走るんじゃないでしょうか・・・このダート1800mって、こなせる馬にとっては層の薄い一番回数を走れる条件ですし、実力馬も少ないおいしいところ。この条件で走れるだけでプラス評価です。
1809988
この日は少し入れ込んでおりました。離乳して間もないという理由があったそうです。普段は気性もそこまでうるさくない仔だそうです。

骨格もしっかりしており、馬格で泣くことは無さそうですし、歩様もキビキビとした力強い歩様が印象的でした。
1809989
ヘニーヒューズの特徴をしっかり表現されている仔だと思います。
まーひー作の格言『ローレルクラブでヘニーヒューズ産駒を買い続ければ損はしない』の言葉の通り、リスクの低い馬だと思っています。厩舎が決まったら本格調査になるんだろうなぁ~。。。楽しみな1頭です。

ユニオン・ローレルクラブ・ニューワールドレーシングクラブに入会を考えてくださっている方。。。紹介させていただきますのでご一報ください。
特典として、他では話せないマル秘情報をメールにて送らせていただきます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年10月23日 (火)

2018ローレルツアーレポその16

ペースを上げていきます。なるべくクオリティーも下げたくないと思っています。レポートに注文等あればコメントをいただければと思います。

★写真をクリックすると大きくなります。ご覧ください。

タッソーニーの2017
(父ルーラーシップ×母父テンビー
牝 青鹿毛 17年3月21日生
生産者→川島牧場 入厩先→牧光二厩舎

川島牧場での見学。こちらもよく来ましたし、川島牧場産馬も数多く出資しておりました。振り返ると・・・ほぼ切れ目なく出資馬が現役で繋いでおりましたが、先日ローレルティーダが引退したことで、久々?もしかしたら初めて川島牧場生産馬の出資が途切れたかもしれません。
1809991
ローレルブレットの半妹。ローレルブレットは印象の強い1頭で、我がファミリーを長い間支えてくれた大事な1頭です。

初仔だったローレルブレットはやや薄手で、小さかったのですが、この仔は馬格があります。脚が長いので少し薄く見えますが、しっかりした馬体です。ゴツゴツした硬い筋肉ではなく、しなやかな筋肉がついている感じはローレルブレットと似た感じに映ります。
1809992
そんなにうるさい馬ではないという触れ込みですが、落ち着いていて牝馬にしては雄大でいい馬です。
川島社長も460キロか470キロで走ると思うので牝馬としては十分な大きさでしょう。。。とのこと。
全姉レユシットは2度の(腰の)手術がありながら勝ち上っていると言うこともあり、順調そのもののタッソーニーの2017は桜花賞(出走?)くらいは何とかしたいところ。。。と。
18099931809994
牧調教師は・・・
当歳から見ていますがバランスよく成長しています。いつ見ても毛艶がいいのは内臓が丈夫なのと代謝がいいのでしょう。兄のウィンドライジズも管理していますが兄は距離の守備範囲がマイルまでに限定されますが、タッソーニーの2017は血統的にも伸びのある体系から見ても距離に関しては融通が利くと思いますから、これからが楽しみですね。。。と、コメントされていました。
1809995
今後は、、、川島さんと仲の良い小国ステーブルでの育成が見学したこの日の翌日から始まるとのこと。川島牧場×小国ステーブルは強い馬が生まれるパターンの一つでもありますので、目が離せません。
18099961809997
体型的にはローレルブレットとは違い、柔らかさよりも強さを感じる馬体。母の雰囲気よりもルーラーシップが表現されている馬体のようです。歩かせたイメージは前と同じです。前に書いたイメージは『ローレルブレットに似た歩様。。。凄くしなやかで推進力に対して脚が遅れてくるという表現で伝わるかどうか・・・』上手く伝わりますかね?
18099981809999
ユニオン・ローレルクラブ・ニューワールドレーシングクラブに入会を考えてくださっている方。。。紹介させていただきますのでご一報ください。
特典として、他では話せないマル秘情報をメールにて送らせていただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018ローレルツアーレポその15

まだまだいっぱい書かないと。。。レポートをサボっている感はありませんが、書かなきゃいけない量が多過ぎて追いついていません。頑張ります。

★写真をクリックすると大きくなります。ご覧ください。(写真は明日にアップします)

アルボランシーの2017
父ヘニーヒューズ×母父ロックオブジブラルタル
牡 栗毛 17年3月22日生
生産者→高瀬牧場 入厩先→和田雄二厩舎

育成公社ではアルボランシーの2017を見学。この頃から天気が怪しくなってきました。

アルボランシーはローレルクラブに所属していた馬であり僕も出資しておりました。そして、京都の未勝利戦勝利のときには口取り写真を撮ることができました。
1810011
アルボランシーの2017の全姉ローブドールは2戦を消化しておりますが今のところ未勝利。でも、今後の活躍は期待できるかなと思っております。

高瀬さんとお話をしましたが、『(高瀬牧場生産馬の)低迷が長いので、あまり大きいことを言っても信用してもらえないかもしれないけど、いいと思うよ。買って欲しいけど、売れ残ってもこの馬なら・・・っていう自信があるから、無理して買っていただかなくても(笑)』と、自信が漲っております。
1810012
和田雄二調教師はローブドールと違って雄大な馬体で重厚な雰囲気に好感を持っています。脚元もしっかりした感じだし、放牧中の様子からしっかりしたスピードを受け継いでいることを感じています。早期デビューを考えて早めに美浦近郊に移動させたいと言うことを考えております。とコメント。早いデビューは確実でしょう。
1810013
高瀬さんに『どこがいいと思いますか?』と質問したところ・・・『全体の感じ。母も姉も少し背が低くてスピードが発揮できない感じだったけど、この仔は背が高いし雄大なのでいいと思いますよ。新馬勝ちも濃厚だと思う。』と答えていただけました。
1810014
全姉ローブドールもバランスは良かったのですが、少し小さめだったことは確かです。初仔だという理由もあるかと思いますけど、ローブドールもこのあとの成長もあるでしょうし、勝ち上りは可能だと思っています。こちらは2番仔。しっかりした大きさに生まれてきており、胴や背中の雰囲気もヘニーヒューズらしさが表現されている馬だと思います。
1810015
前から『ローレルクラブから出てくるヘニーヒューズ産駒はいい馬』説を唱えておりますが、やっぱりこの馬はかなりいい。ローレルクラブ&ヘニーヒューズの牡馬→大当たり説の可能性を秘めております。ダンケシェーンを超える活躍も可能かも。
1810016
6月に北海道を訪れたときには、募集馬の中でこの馬が一番良く見えました。9月の末の時点でも維持できていると思います。(自分の中でのNO.1は入れ替わりましたけど)

歩いている感じは、複数いるヘニーヒューズ産駒の中でもベルキューズに一番似ている気がします。ベルキューズがイマイチ活躍できていませんので、説得力に欠けるかもしれませんけど、個人的にはベルキューズの評価は高いので。。。具体的に言うと、グリップの強さを感じますしそれでいて重苦しさがない。。。『ベルキューズも芝でおろすかも』といわれたくらいです。そんなイメージと重なっています。
1810017
高瀬さんとは、プラーナの話もさせていただきました。やっぱり成長がゆっくりで、もう少し時間が欲しいとのこと。牧場のことだけを考えれば、繁殖入りもあったかと思いますが『出資していただいた会員さんに申し訳ない』という思いから再ファンドへ。5,000万円と、ハードルは高いですけど、取り返すべく走り続けます。能力的な期待値は高いです。成長が追いついてくれればブレイクする可能性も秘めています。もう少し待ってあげてください。
1810018
見学中にも雨が酷くなってしまったので、少し早めの終了となってしまいました。いい馬だったのですが、皆さんの印象に留まったかどうか?ちょっと心配ですね。
1810019
いい馬だったことを、当ブログを読んで思い出してください。

ユニオン・ローレルクラブ・ニューワールドレーシングクラブに入会を考えてくださっている方。。。紹介させていただきますのでご一報ください。
特典として、他では話せないマル秘情報をメールにて送らせていただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月22日 (月)

2018ローレルツアーレポその14

今日は誕生日でした。。。何と、、、午前10時くらいに気づきました。昨日いろいろありましてショックのあまり、誕生日を忘れるなんて・・・アーノルドパーマーからのお知らせで誕生日に気づきました(笑)
もう、、、アラフィフです。こんなおじさんですが優しくしてやってくださいませ。

では、レポートを。

★写真をクリックすると大きくなります。ご覧ください。

ジョディーズロマンの2018
父Discreet Cat×母父サムライハート
牡 栗毛 18年2月21日生
生産者→新冠橋本牧場 入厩先→栗東

新冠橋本牧場にてジョディーズロマンの2018と母のジョディーズロマンを見学。
1810001
母のジョディーズロマンもローレルクラブで募集され、再ファンドの後、500万下を勝利。

配合的に工夫がされておりはPrivate Accountの母(Numbered Account)とWoodmanの母(プレイメイト)が全姉妹であり父系と母系が同じような血統構成となる相似クロスが発生しています。(話によると卓越したスピードを強化するそうです)
それとNorthern DancerHis Majestyと更にはsequenceという母系の相似クロスが生じています。。。って書いていますが僕は分かっちゃいません。
18100021810003
母は放牧地では他の馬が近寄ってこないほど、馬にはキツイ気性であり、その仔であるジョディーズロマンの2018も隙あらば噛みついていこうとする気性だそうです。顔は可愛いんですけどね。栗毛で派手な流星を持っていますけど。。。こういう顔はキツイ性格の仔が多いようです。因みに、この性格はこの仔の長所になると思われています。
18100041810005
Discreet Catは6戦無敗でGⅠを制覇。。。かなり早い時期から能力を発揮。エアハリファキズマオーロリンチェが活躍中。海外でもGⅠ馬を出しており、現役時の地味な実績の割に素晴らしい成績だと思います。
1810006
背中のラインも綺麗だし、クビもゆったりとしている。(お母さんはそんな感じではないんですけどね)詰まっていない。バランスのいい馬で、父と母譲りの良質な筋肉がつけばかなり期待できる馬になるのではないでしょうか。骨量もある馬で、歩様も機敏で真っすぐ歩けるし、いい感じ。脚元もガッチリしているし、ダート短距離狙いで行くらしいです。
1810007
父のDiscreet Catは筋肉質でかなり体格のいい馬であり、母ジョディーズロマンも筋肉質であるので、これからゴッツくなるだろうという見立て。でも、初仔なので少し小さく生まれて本当にちょうどいい大きさで生まれてきて、ちょうどいい大きさで収まりそう。
1810008
普通に考えて安くても1,000万円を超えるような馬体と血統。他の募集馬にインパクトがあるので、値段だけでもインパクトをつけようと600万円で出しましたが、、、後悔しています。。。価格のつけ方を間違えました。何にも悪いところがあるワケでもないですし、、、失敗しましたねぇ(笑)
と、橋本社長。

馬もいいし、派手な顔で栗毛も美しいし、、、この価格・・・ツアーでかなり売れるんじゃないかと警戒して、当歳ながら出資をしました。。。が、そこまで売れていないようですね。
1810009
でも、いいと思いますよ・・・成長次第のところもありますが、来年のツアー時には残っていないんじゃないかと思っています。

それくらいいい馬だと思っています。

ユニオン・ローレルクラブ・ニューワールドレーシングクラブに入会を考えてくださっている方。。。紹介させていただきますのでご一報ください。
特典として、他では話せないマル秘情報をメールにて送らせていただきます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年10月21日 (日)

今日は何もやらずに寝ます

負けました。。。RUGBYです。なかなか軌道に乗れません。僕が、競馬を辞めてRUGBYに集中したら結果が出るだろうか・・・昔は、いろいろと作戦がハマった感じがしましたが、最近はイマイチですね。。。時代に追いついていないのか…今のRUGBYにフィットできていないような気がしています。

今日は寝ます。。。また明日から頑張ります。多分寝られないけど・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月20日 (土)

お酒が届きました

明日は大事な試合。。。セイジさんから頂いたお守りが力を発揮するとき・・・ということで、今日のブログは短くて・・・スイマセン。

先ずは、本日久々にローレルクラブの馬が勝ちました。シャワーブーケが新潟で500万下クラスを勝利しました。再ファンド地方登録を乗り越えてのJRA初勝利。おめでとうございます。
そして、ユニオンでは早々に満口になった期待の大きなナスケンアイリスの仔。ゴルトマイスターがデビュー戦を圧勝。内容も良かったですしまだ余裕がある状態での圧勝にこの先の期待が更に高まります。出資したかった~。ユニオンは僕にとってはなかなか難しい。。。
2頭のこれからの活躍を期待しております。

さて、少々前の話になりますが、JRAさんからプレゼントが・・・「いざ、弾け飛べ!夏の2歳単勝キャンペーン」のC賞が当たりました。一応、A賞、B賞、C賞の中で当せん者が一番少ない賞です。ということは一番いい賞なのかな?

よく分かりませんがありがとうございました。

JRAさんからはいろいろといただいておりまして。。。本当にありがとうございます。
まぁ、その分、いっぱい納めていますけどね。

こんなやつです。

では、今日は寝ます。

明日は頑張ります。

15400477517310 15400477613121

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年10月19日 (金)

2歳馬グランヴィクトリアが入厩

19日金曜日・・・なんか久々の飲み会。。。ということで、羽を伸ばし過ぎて、投稿が遅れたことをお詫び申し上げます。
ツアーレポートもとびとびになっちゃいまして。
残りもしっかり書きますので、長い目でお付き合いお願いします。

今日は。。。出資馬のニュースを。

今週の出走はゼロ。
3頭の予定があったのですが、ローレルヴィクターグローバルリーチは攻めが不足しているということで、来週にスライドハイチーズは熱発で回避。。。今週末は我がチームの大事な試合があるので、出走馬がなく、試合に集中できるのは吉兆かな?頑張ります。

そして、、、グランヴィクトリアが遂に入厩します。

ユニオンからの情報
2018/10/19 
栗東トレセン
本日、Awajiトレーニングセンター内ヒイラギステーブルから栗東トレセン・杉山晴紀厩舎に入厩。

―――――――――――――――――――――――――

ということで、本日入厩しました。
少々遅かったですね。こう思っているのは僕だけではなく、パイオニアファーム場長エイドリアン師も。
『ウエミズノウマハ・・・ナンデハイラナイカナ?スギヤマ(師)ハ、オソイ。ウエミズノウマハイイウマ。ナツカラツカウトオモッテイタ。。。』
と、話してくれました。

ユニオンの中でもいい馬だと思っておりますが、馬師匠が薦めてくれたビーマイステディが先週デビューし、見所たっぷりの3着。その馬としのぎを削ってきた仔です。この世代はユニオン1頭ですけど、この仔には僕のユニオン継続のノルマである『3勝』を挙げられる素質を持っている馬だと思っております。

ゲート試験までどれだけ時間を要するのか分かりませんが、ゲート試験合格後はデビューまで早いんじゃないかなぁ~と思っております。スピードがありそうだからね。楽しみにしています。

これで我がファミリーの2歳馬も全馬入厩を果たしました。早期入厩でもすぐに放牧に戻される馬が多く心配になってしまったこの世代ですが、仕上がりが早く、スピードが勝っているタイプが多いと思っていますので、結果を出してくれるのではないかと期待しています。年内に勝ち上がれる馬が出るといいなぁ~

ということで、今日はここまで。

記事の転載についてはユニオンOCから許可をいただいております。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年10月18日 (木)

2018ローレルツアーレポその13

ここから2日目。1日目は体調が悪くてレポートもボリューム不足でしたが、ここからは全快!レポートの厚みも増していきますよぉ~

ということで始めます。

★写真をクリックすると大きくなります。ご覧ください。

ポポチャンの2017
父スクリーンヒーロー×母父トウカイテイオー
牝 栗毛 17年3月11日生
生産者→ハクツ牧場 入厩先→奥村豊厩舎

母父がトウカイテイオー。。。これだけでもねぇ~注目です。
1811011
ポポチャンはラジオ短波杯3歳S覇者ノーザンコンダクトの妹。名門牝系ラトロワンヌ。マジックゴッティスからなるダイナアクトレススクリーンヒーロー。ナンバーアカウントからなるプライベートアカウント、アサティス、リズム、ウッドマン。ノーラックからなるモガミメジロパーマーなど、現代競馬にも大きな影響を与えた名門です。僕が一番熱くなったメジロパーマーが話に出てきただけで注目度は更に高まります。
1811012
ポポチャンの産駒もケントヒーローケントオーが大活躍。ポンポンも頑張っています。1歳上のベストクィーンも頑張っています。ポポチャン自身は未出走ですが、素晴らしい産駒を出す名牝と言っていいでしょう。
1811013
スクリーンヒーロー×ポポチャンの配合はLa Troienneの直仔Baby Leagueの5×8という母系クロスが生じる奇跡の配合だそうです。村田社長は力強くおっしゃっていました。。。血統マニアさんからすると凄いことなんでしょうか。。。僕はピンときませんが『おぉ~。凄いですね』と、同調してしまいました。
1811014
スクリーンヒーローの代表産駒はゴールドアクターモーリスゴールドアクターは有馬記念を含む重賞4勝。ゴールドアクターはハクツ牧場のお隣。。。北勝ファーム産の生産馬。『次は内の番だ~』と、村田社長はおっしゃっていましたが、ハクツ牧場もグラヴィオーラという活躍馬が出たじゃないですか~と、思いましたが、村田社長はもっと上を目指しているんだろうなぁ~。
1811015
奥村豊先生は。。。牝馬によくみられる華奢な感じはなく、肉付きが良い感じ。丈夫そうで数多く使えるタイプだと思います。また、成長力が期待できそうですしある程度のサイズにはなってくれそうです。父がスクリーンヒーローなので芝の中距離くらいからスタートさせたいと考えています。
1811016
現在も昼夜放牧中とのことですが、吉澤ステーブルでの育成が決定しています。アドマイヤカグラの2017と同じところです。

性格は・・・馬にはガーっと行くタイプですが人には従順なかわいい仔だそうです。

でも、本当にかわいいんです。大勢の人に囲まれても動じないですし、、、今のところそれほど人気は無いですけど、僕はもう少し様子を見ながら決定したいと思います。
1811017
村田社長のコメントです。
『勝てると思う人だけ入ってください。僕は結構自信がありますので大丈夫だと思います。お姉ちゃん(全姉ベストクィーン)も4着⇒3着ときてまして、、、厩舎のスタッフが絶対走ると言っていますし大丈夫です』
と、余裕のコメント。。。こういうコメントが一番自信があるんだと思います。
1811018
ポポチャンの2017奥村豊厩舎に決まった経緯ですが。。。村田社長の弟さんが北出厩舎の助手をしていまして、『いいところを紹介してくれ』と頼んだところ、若くて将来性豊かな奥村豊厩舎を推薦されたそうです。この弟さんですが栗東では知らない人は居ないというほど有名な方で、ナリタブライアンシルクジャスティスを作った方で、奥村豊先生も『村田(弟)さんが言うならやらないワケにはいかないでしょう。』という、VIP待遇での厩舎入りとなることでしょう。

この厩舎。。。先日はカンナSの勝ち馬ディアンドルも輩出し勢いに乗っています。ポポチャンの2017も将来のリーディングトレーナーの元、活躍を期待できそうです。

僕が見た感想ですが、毛艶はいい。。。内臓がしっかりしていて代謝もいいのだと思います。腹袋もしっかりしていて、体力がありそうな感じ。調教が進み腹回りもきっちり締まったらかなり形のいい馬になりそうです。首の動きもいいですし、長い距離を走らせたくなるタイプですね。
1811019
動画の人気はあまりないようですけど。。。

皆さんもう一度確認してみてください。
隠れたお宝だと思っています。

ユニオン・ローレルクラブ・ニューワールドレーシングクラブに入会を考えてくださっている方。。。紹介させていただきますのでご一報ください。
特典として、他では話せないマル秘情報をメールにて送らせていただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月17日 (水)

15年振りの改変

一口馬主クラブですが。。。かなりいっぱいあるんですね。一口馬主DBを見ると、23クラブ。。。

牧場系にバイヤー系。大口募集に小口募集。。低価格帯中心に高価格帯中心。。。日高系に社台系。。。。

勝つ負けるは当然あるにしても、自分に合ったクラブを探すことが第一の関門になります。

ローレルクラブとユニオンは入会してそれぞれ15年を越えますが、楽しめているクラブです。

ローレルクラブは勝てない期間が長いですけど、トータルでプラス。勝てる時期が来ると最高に楽しいです。そんな時期が再度来るのではないかと期待しながら今も楽しんでいます。

ユニオンは多岐にわたる選択肢から今の自分のスタイルに合った馬を探せることが一番の良さ。厩舎の選択肢も多いところが好き。最近は自分が選んだ馬の勝ち上がり率が急激に上がり、相性が良くなっています。

ここ数年は、ローレルクラブ、ユニオンの不振の影響とクラブのステップアップとやや余裕が出てきたことで、新しいクラブの入会を考えた時期もありました。

実際に前向きに入会を考えたクラブは・・・
キャロットクラブ
シルクホースクラブ
東京サラブレッドクラブ
ノルマンディーオーナーズクラブ
ロードサラブレッドオーナーズ
ターファイトクラブ
友駿ホースクラブ愛馬会
DMMバヌーシー
YGGオーナーズクラブ
ワラウカド

それぞれ情報を集め、会員さんにも生の声を聞かせていただいたりして、入会ギリギリまで漕ぎ着けたところもありましたが、結局はクラブを増やすことを止めてきました。そして、この1年くらいはそんな話題も出しておらず、このままローレルクラブとユニオンでいいやぁ(ユニオンは3勝馬が出現しないと退会の可能性があると宣言中)と思っていました。本気で。。。

個人的にいろいろなクラブを調べて、会員さんの言葉を聞いて感じたことは・・・

自分が一口馬主に関わるスタンスの確認ができたということ。

最優先が収支のことや名誉ではないということ。
もちろん、お金が湯水のようにあるワケではないので、大損しては困りますけど、リスクを低く抑えて選べば辛い思いはしないし、GⅠ勝ったりしても、どこに自慢するワケでもないですからね。。。もちろん勝ちたいけど。GⅠ勝てれば何でもいいかって言うとそれは違います。

そして、馬をもっと知りたいし馬や競馬に少しでも強い関りを持ちたいということ。
実馬を見ずにネットで出資予約して、引退まで馬も生で見ないレースも生で見ない。。。そんなお金の使い方は僕にとっては無駄使いだと考えました。
牧場見学もお仕事の邪魔になっちゃうので、好きなときに・・・とはいきませんが、見学できる可能性が高いクラブを選びたいですし、クラブからの情報が数字だけでない、感覚の詰まったモノが大切だということ。これは、所属馬が多過ぎると情報も味気ないモノになりがちです。

そして、クラブの理念というか・・・ここはどこもしっかりした理念があるので、どこがいいとか悪いとかはないと思いますけど、縁ですかね。。。僕にとってローレルクラブとユニオンは懸賞の当せんがはじまりですから。
『このクラブで楽しみたい』という、自分の内面から出る何かでしょう。ここは人にはなかなか伝わらないんじゃないかな。。。

究極の理想はリアル馬主になること。JRAの馬主は年収的に全然到達しませんけど、地方競馬馬主は今も虎視眈々と狙っています。

そして、この流れでのいきなり発表ですけど、新しいクラブに出資予約を本日しました。。。

2003年末にユニオンに入会して以来15年振りの改変。

そのクラブは・・・

ニューワールドレーシングクラブです。

厳密に言うと、会費がないので入会ではなく出資です。(今のところ予約の段階ですけど)

このクラブとの縁は8月4日に偶然クラブのGMさんと出会ったこと。

クラブの理念をガッチリ聞かせていただき、興味を持ちました。その後は何度も調査を重ね、他クラブから見るニューワールドレーシングクラブの意見を聞いたり、拠点となる浦河の地元でも評判を聞いたり、先日のツアーでもローレルクラブ内で情報を探ったりもしました。

いろいろ考えると、確認できた上記の『自分が一口馬主に関わるスタンス』にスッポリ一致するんです。

このクラブではリアル馬主にほど近い形での疑似体験ができる気がしています。

ローレルクラブとユニオンでもいろいろな経験をさせていただきましたが、このクラブでは更に新しいモノが経験できそうな気がしています。

ニューワールドレーシングクラブは40口募集の所謂大口募集クラブです。
この前のローレルクラブツアーでも『200口割りを5口買って楽しんだ方がリスクが少ないんじゃないの?』と、アドバイスをいただいたりしましたが。。。そうじゃないんドよな~と、後ほど気づきました。収支だけじゃない。勿論、勝ったときのキャッシュバックも楽しみ(未勝利勝ちで10万円以上入りますからね)の一つですけど、少人数で1頭を支えることは未体験の楽しみです。

新冠中心のローレルクラブ
静内中心のユニオン
浦河中心のニューワールドレーシングクラブ
日高地方一帯を盛り上げるため。。。
そして、URAKAWAを盛り上げるクラブニューワールドレーシングクラブで僕も頑張りたいと思っています。

まーひーとローレルクラブとユニオンとニューワールドレーシングクラブをどうぞよろしくお願いいたします。

一緒にニューワールドレーシングクラブで心中してくださる方大募集です。GMさんに紹介させていただきます。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2018年10月16日 (火)

2018ローレルツアーレポその12

ダラダラと更新していて申し訳ありませんが、2018ローレルツアーレポ11までの写真をアップしました。いい写真もありますので振り返ってみてやってください。

ではツアーレポートはじめます。

★写真をクリックすると大きくなります。ご覧ください。

ベネディーレの2017
父スクリーンヒーロー×母父クロフネ
牝 鹿毛 17年4月9日生
提供者→森本ステーブル 入厩先→石橋守厩舎

母のベネディーレはユニオンでお馴染みの下河辺牧場さんの生産馬でしたが、大樹ファームの勝負服でレースに出ていました。勝ち上りに7戦を要しましたがすべて掲示板に載り、7戦目で勝ったときも2着馬に3馬身以上をつけての圧勝。能力の高さを見せつけました。
木村秀則氏が大樹ファーム出身という縁でベネディーレを繁殖として迎え入れたとのこと。ベネディーレの兄弟にも6勝馬ピサノパテックや小倉記念優勝馬アズマシャトルといった活躍馬もあり、更に下河辺牧場さんが大事にしているブラダマンテ(一族にスティルインラブローブデコルテ)に遡る母系と言うことで、期待の大きな1頭であると思います。
ベネディーレは母としても京成杯2着馬のガンサリュートを生み、今年の2歳馬にもクローバー賞2着になったパブロフノテソーロを生んでおり、繁殖としても能力の高いところを見せています。
1810061_5
4頭の兄がセリに出ており、ブリーズリー(父ナカヤマフェスタ)がセリ取引価格1,188万円、ガンサリュート(父ダノンシャンティ)がセリ取引価格1,620万円、ミルシャトル(父タイキシャトル)がセリ取引価格1,641万円、パブロフノテソーロ父タイキシャトル)がセリ取引価格1,404万円と言うことで、牝馬ではありますが、父がスクリーンヒーローに替わりながら募集価格は1,400万円。。。安くないですか?
これは、繁殖として牧場に戻したい気持ちがあることは勿論ですが、昨年募集が始まった同期になる同じスクリーンヒーローの牝馬ポポチャンの2017が1,200万円と格安であり、それとのバランスを考えてこの価格(1,400万円)に設定されたとのこと。上のセリ取引価格を見ればこの価格での提供はあり得ません。それだけ自信があるのです。
1810062_51810063_5
石橋守厩舎は攻め馬専門に小原義之元騎手と芹沢純一元騎手(646勝)の2人を擁しており、馬をしっかりと仕上げてくれることでしょう。

445キロ牝馬にしては比較的大きい。兄もみんなしっかりした馬体をしており、初めての牝馬であるこの仔ももう少し成長して更にいい身体になりそうな感じだとのことでした。筋肉の付き方が非常に良く、兄弟も非常に似た体型をしていて期待できると、力強く語ってくださいました。更に「体型的にはガンサリュートよりはパブロフテソーロに似ているので、どちらかといえば短い距離に適性がありそうですが、これからさらに成長してくる」との説明もありました。
1810064_51810065_5
森本ステーブルさんはローレルクラブに初めての提供となります。ローレルクラブのスタッフさんの熱心な説得に押し切られての提供となったようです。

この夜の懇親会には提供元の森本ステーブルの社長さんと生産牧場の木村秀則さんが揃って参加。いろいろな話をしてくださり、ローレルクラブにも良い印象を持ってくれたのではないかと感じております。
1810066_51810067_5
木村秀則牧場といえば広尾サラブレッド倶楽部。現役馬ディメンシオンクレッシェンドラヴなど活躍馬を提供。。。この縁を機にローレルクラブにもいい馬を提供していただけると嬉しいです。

そのためにもベネディーレの2017には活躍してもらわないと。。。
1810068_51810069_4
この日の最後の展示となりました。。。ので、毎年やや疲れてしまい、集中力も切れがちなのですが、この馬が展示されたときはパッと目が覚めました。
いい馬だなぁ~と、普通に感じました。1,400万円では安い。血統的にも馬体的にももうひと越えあってもいい馬でした。

皆さんはどんな印象をお持ちになられましたか?

読んでいただきましてありがとうございました。

ユニオン・ローレルクラブに入会を考えてくださっている方。。。紹介させていただきますのでご一報ください。
特典として、他では話せないマル秘情報をメールにて送らせていただきます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年10月15日 (月)

2018ローレルツアーレポその11

なんか久々の月曜日。。。9月から17日敬老の日→24日振替休日→10月1日休暇をいただき北海道→8日体育の日・・・まともに月曜日に仕事をしてきませんでしたから。。。と言うことは今週は長い。。。頑張ります。

★写真をクリックすると大きくなります。ご覧ください。(写真は明日アップします)

アドマイヤカグラの2017
父アドマイヤムーン×母父スペシャルウィーク
牝 鹿毛 17年1月30日生
生産者→新冠橋本牧場 入厩先→安田隆行厩舎

このツアーの2週間ほど前に新冠橋本牧場から浦河の吉澤ステーブルへ移動。今回は吉澤ステーブルでの見学となりました。

アドマイヤムーンは産駒が短距離で大活躍。この見学の翌日にスプリンターズステークスがありまして、ファインニードルが優勝。ファインニードルが優勝した直後にダーレージャパンSSで種牡馬アドマイヤムーンを見学できたことも何かの縁でしょう。
特筆すべきは、全姉アドマイヤナイトを含め、23頭が獲得賞金1億円を突破しているが22頭が日高生産馬であり、1頭ムーンクエイクのみがノーザンファーム生産のキャロット所属馬になります。
如何に日高と相性のいい種牡馬であるかが分かります。ローレルクラブからもムーンエクスプレスが1億円を突破。賞金はそこまで稼げなかったがアメージングムーンも重賞で入着しました。ユニオンでもルペールノエルムーンクレストが1億円を突破重賞戦線で活躍しています。
1810061_4
安田隆行調教師は常にリーディング上位。今年もケイデンスコールで重賞(新潟2歳S)を勝っていますが、特筆すべきはアドマイヤカグラの2017が主戦場としそうなマイル以下の重賞をロードカナロアカレンチャンを筆頭に勝ち捲っていると言うこと。その安田隆行先生が熱心に何回も本馬を見るために北海道へ来ていると言うこと。現在65歳の安田隆行調教師の最後のGⅠ制覇をこの馬で成し遂げて欲しいです(定年は70歳)

安田隆行調教師からは『当歳時からバランスの整ったとても良い馬だなぁ~と思っていましたが、今はその時以上に好感が持てる馬だと感じています。血統的にも全姉が活躍している通り魅力あるバックボーンもしっかりしているし、父がアドマイヤムーンと言うことで芝の短距離がピッタリと合うと思います』とのコメントをいただいております。
1810062_41810063_4
担当スタッフさんからは、馴致はスムーズに終わりまして、血統と馬体を見るに早く使い出せる馬だと思います。

現在の馬体重は420キロと少なく感じますが、馴致を始めたばかりだとどうしても体重は落ちるということで、馬体重は気にしなくてもいいかと思います。

橋本牧場社長さんからは『骨格もしっかりしている馬ですし、もっと体重が載ってくると思います。牧場に居る時よりもトモにボリュームが出てきて、逞しくなってきているのでこのまま吉澤ステーブルさんにお預けして間違いないと思います。。。』と言うことで、生産牧場さんと育成場さんと調教師さんが信頼関係で結ばれており僕も安心しております。
1810064_41810065_4
以前に見たときよりも、筋肉のラインにメリハリが出てきて格好良くなりました。420キロよりも馬体重があるように見えますけどね。。。よく食べるようですし、すぐに馬体重も戻ってくるように思います。よく食べるし、運動もしっかりして無駄肉がつきにくいタイプのようですので、仕上がりも早いんじゃないかと思っております。
ケイデンスコールのように2歳夏の重賞を狙っちゃいましょう。

歩様は相変わらず、踏み込みが深く力強い。動画や写真を見ていただければ感じると思いますが、西日の影響もあるとは思いますが、毛艶がいい。すなわち代謝がいいと言うことです。ブレない背中も僕は気に入っております。
1810066_41810067_4
最新のクラブ情報では橋本社長も
トップラインの美しさに触れていますが僕もやっぱりこの馬のトップラインは美しいと思いますし、姿勢がいいです。お気に入りの1頭です。

気性についても相変わらずの安定。本当に大人しく動じない馬です。無理矢理寄せているワケではありませんが、ムーンエクスプレスの気性に似ている気がしています。
1810068_41810069_3
ということでお薦めの1頭です。読んでいただきましてありがとうございました。

ユニオン・ローレルクラブに入会を考えてくださっている方。。。紹介させていただきますのでご一報ください。
特典として、他では話せないマル秘情報をメールにて送らせていただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

当歳馬がnetkeibaに登場

当歳から募集がかかっている各馬が、netkeibaのデータベースに登場。是非お気に入り登録を。

ラヴインザダークの2018 DMMドリームクラブ
レディオーカモアの2018 DMMドリームクラブ
オールウェイズウィリングの2018 DMMドリームクラブ
キストゥヘヴンの2018 DMMドリームクラブ
コズミックショアの2018 DMMドリームクラブ
シスタリーラヴの2018 DMMドリームクラブ
シュガーハートの2018 DMMドリームクラブ
ソムニアの2018 DMMドリームクラブ
タミーンの2018 DMMドリームクラブ
ドリームオブジェニーの2018 ターフ・スポート
ピュアウィッシーズ の2018 ターフ・スポート
メジェルダの2018 ターフ・スポート
ルヴァンクレールの2018 ターフ・スポート
ウォータープレミアの2018 ターフ・スポート
オリジナルスピンの2018 ターフ・スポート
クールマジョリックの2018 ターフ・スポート
コスモアオイの2018 ターフ・スポート
コンフェッシオンの2018 ターフ・スポート
ジャスティシアの2018 ターフ・スポート
ジュリエットソングの2018 ターフ・スポート
アルーリングハートの2018 ヒダカ・ブリーダーズ・ユニオン
ジプシーマイラブの2018 ヒダカ・ブリーダーズ・ユニオン
ハーランズルビーの2018 ローレルレーシング
フェニーチェの2018 ローレルレーシング
ミンナノアイドルの2018 ローレルレーシング
キャタラクトの2018 ローレルレーシング
ジョディーズロマンの2018 ローレルレーシング
ゴッドフロアーの2018 広尾レース
フラッフの2018 未定
ベストインザワールドの2018 未定
ラズベリータイムの2018 未定
ディプロマの2018 未定

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月14日 (日)

2018ローレルツアーレポその10

自分が悪いのですが、更新を怠るとアクセス数が減ります。アクセス数が減ると書く意欲がなくなります。書く意欲がなくなって、更新しないとアクセス数が減ります・・・負のスパイラル。自分に原因があるので、しっかり立て直します。

ではツアーレポートに。

★写真をクリックすると大きくなります。ご覧ください。
ブルーコーラルカクテルラウンジの2016)
父サウスヴィグラス×母父タニノギムレット
牝 栗毛 16年3月29日生
生産者→ハクツ牧場 入厩先→清水英克厩舎

1日目の午後は浦河に移動。。。個人的にはこの移動の間に体調不良のピークを迎え、バスを下車。戦線離脱をして別動隊でブルーコーラルの待つグランデファームに向かいました。本当にご迷惑をおかけしました。
1810061_3
カクテルラウンジ自身は社台オーナーズクラブ所属で大井競馬で走り3勝。東京2歳優駿牝馬では3着。□地の身分で秋華賞トライアルの紫苑Sにも出走しています。
ハクツ牧場の村田社長の拘り『マジックゴデイス』の直系であり、この血を更に繁栄させる使命を社長から受けている仔です。

全姉グラヴィオーラは村田社長の持ち馬で、東京2歳優駿牝馬競走と東京プリンセス賞競走を優勝。関東オークスに出走すれば間違いなく勝っていただろうと思われますが、関東オークスには目もくれず、ジャパンダートダービーへ。しかし直前の調教で骨折。長期休養を強いられております。因みに、グラヴィオーラもここグランデファームにて放牧されております。(写真撮りたかったのですが、体調不調のためそこに到達できず)

そんなグラヴィオーラよりもこの馬の方が能力が高い。。。と言われているブルーコーラル。。。まだまだ募集中です。
1810062_31810063_3
父サウスヴィグラスはNARでリーディングサイアになる活躍をしていますが昨年亡くなってしまいました。
父が残した仔たちがまだまだ大活躍しそうな雰囲気を感じます。

ご覧の通り元気ですがバランスもいいし運動神経もいい馬。暴れますが、人が嫌いだったり怖がりなタイプではないそうなので、気性の問題は気にしていない様子。でも、飛び跳ねたりすることが多く、そのせいで多少の捻挫や怪我があることは事実なようで、そのために順調さを欠いている状態です。
1810064_31810065_3
かなり立ち上がったり、飛び跳ねたりしましたが、馬は転倒しませんでした。。。馬が転倒しない。。。って当たり前に思うかもしれませんが、馬って結構簡単にひっくり返るようです。。。ブルーコーラルがひっくり返らないのは、この仔のバランスの良さと馬を引くスタッフさんの絶妙な手綱捌き。。。やっぱりいい馬です。

ブルーコーラルの人気映像
https://youtu.be/ci2U95ELfg8
https://youtu.be/KNKAzFbwNBM
https://youtu.be/v-tuP8x_l_M

現在は坂路1本を15-15をこなしており、測尺も馬体重466kg 体高157cm 胸囲177cm 管囲20cmということで、身体の大きさも十分だと思います。

村田社長に翌日、ブルーコーラルについての感想を聞くと。。。
『ダートはかなり走るよ地方重賞は必ず走ってくるよ(笑)』と。
1810066_31810067_3
夜の懇親会でもこの仔は話題の中心でした。
『凄く走る可能性を秘めている馬』ということですが、800万円。。。クラブにも『金額のつけ方が間違っているんじゃないか?』とか『何か言えない(悪いところ)があるんじゃないか』と、勘繰られる馬の1頭(他にはアメージングムーンの2017

僕が見た感想も。。。かなりいい。動きが走るタイプのそれ。関東じゃなかったら即決していたことでしょう。関東故、今まで迷い続けております。。。
1810068_31810069_2
価格も安いですので、臨時収入があったらすぐに行きたい馬。。。アランチオーネとベストデイエヴァーとブルーコーラル。。。即戦力に出資するにはもう少し迷う時間を与えてくれそう。

アランチオーネはやや堅実タイプ。こちらは、大化けの可能性を秘めているタイプ。。。行かなかったことを大きく後悔しそうな気もするんですよね。。。

ローレルクラブ・ユニオンへの入会希望の際には紹介させていただきたいので連絡をいただきたいと思っております。どうぞよろしくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月13日 (土)

いつ走り出すのか分からない

プラーナ掲示板盛り上げ隊の皆さんが揃ってトゥールナージュ掲示板へ引っ越されました。困りました。。。まだ走ってもいない時期からこの盛り上がり。一つの取りこぼし無く、全勝しないと更に加熱するんだろうなぁ~。。。一口に向かないリアル馬主タイプの皆さんなんだと思います。

明日はマリアスパンが出走です。

2018/10/14(日)
6R
3歳上500万下
ダ1400m (右)
天気:晴 / 馬場:良 / 発走:12:50
4回京都5日目 3歳上
[指定]定量 15頭
本賞金:750、300、190、110、75万円
1 オモイサイフ 牡4 54 服部
2 マリアスパン 牝3 53 秋山
3 クインズマラクータ 牡4 57 戸崎圭
4 ディアパリス セ4 57 和田
5 ゼアブラヴ 牡4 57 池添
6 ヴォーガ 牡4 57 Mデムーロ
7 メイショウオオヅツ 牡4 57 川田
8 セヴィルロアー 牡4 57 幸
9 コンクエストシチー セ6 57 国分恭
10 デルマチャチャ 牝5 53 富田
11 エイシンネメシス 牝3 53 岩田
12 アサカディスタンス 牡4 57 小牧
13 トップラン 牡4 57 太宰
14 ヌーディーカラー 牡3 55 ルメール
15 スターリーウォリア 牡3 55 武豊

レース評…主力対等

短評・・・内容少し良化

予想コメント
印なし

調教
2018/10/11(木)
CW 良 秋山 79.0-64.7-50.6-37.6-12.9 一杯
動き良化 評価B

厩舎コメント
大橋勇樹師
返し馬から走る気があったし、ブリンカーの効果は感じた。そのうちに通じそうだよ。

クラブからのコメント
大橋勇樹師「やっぱり動くなぁ。テンにじっくり行ったのに80秒台が出た。途中から他の併せ馬に突かれる格好になったこともあるんだろう。鞍上も抑えるのに苦労していたね。秋山騎手も『走りそう』と好感触だった。競馬ではブリンカーを着けるし、もっとガツンとハミを取っていく。1回乗ってもらって、癖も分かったんじゃないかな。結果を出してほしいね」

★★★調教はかなり動いています。いい感じ。でも、印がないなんて。。。もうちょっと評価されてもいいんじゃないかと思ったら、実際のオッズはそこまで低くありませんでした。やっぱり狙っている人はいるんだなぁ~と。
勝てる能力は持っているので、あとはどのレースでそれが出るかです。今回は。。。C.ルメールM.デムーロの2頭が人気ですけど、そこまで抜けた存在でもない感じを受けております。レベル差もあまりないので、マリアスパンの一発があってもおかしくないと思っています。
鞍上は秋山真一郎騎手。乗り替わりでの成績は結構いいように感じておりますが・・・今日のキングディグニティでの騎乗はガッカリ。。。でも、テキからの注文には応えようとしているので、仕方がないかな。明日も大橋勇樹先生がしっかり作戦を授けて、秋山真一郎騎手も調教で乗ってある程度の感触は掴んでいると思うので、同じ感じにはならないと思います。
切れる脚があるタイプではないので、内を上手く掬って前目での競馬と早目の抜け出しを期待します。

あと・・・今日は注目新馬が2鞍。ビーマイステディローレルジェイド。2騎とも出資を迷いました。ビーマイステディは元馬師匠に薦められた最後の馬の中の1頭。気になっていましたが、まさかここまで良くなるとは。ローレルジェイドは迷って迷って最後にリリース。行かなかった理由も橋本さんに話しましたが、僕の感覚を裏切る激走を期待。楽しみに観たいと思います。

記事の転載についてはユニオンから許可をいただいております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月12日 (金)

キングディグニティよローレルを目覚めさせよ

やっぱり仕事がねぇ~。当たり前ですけど、そこそこ忙しい。レポートを書く余裕を作れませんでした。また後で更新していきます。

今日はこの記事を。

キングディグニティが出走です。

2018/10/13(土)
7R
3歳上500万下
芝1600m (右 外)
天気:晴 / 馬場:良 / 発走:13:25
4回京都4日目 3歳上
混[指定]定量 13頭
本賞金:750、300、190、110、75万円
1 マーティンルナ 牝3 53 鮫島良
2 フェアラフィネ 牝6 55 高倉
3 キングディグニティ 牡4 57 藤岡佑
4 エアアルマス 牡3 55 松山
5 タガノスカイハイ 牡3 55 秋山
6 キャッチミーアップ 牝3 53 菱田
7 サラザン 牡5 57 松若
8 ミアグア 牝3 53 太宰
9 ラニカイサンデー 牡4 55 富田
10 ムーンザムーン 牝4 55 和田
11 ラントシャフト 牝4 55 国分優
12 トゥザフロンティア 牡3 55 川田
13 ヤマニンペダラーダ 牡4 57 岡田

レース評…相手探し・小波乱・軸信頼

短評・・・前走少し窮屈

予想コメント
☆。。。
△。。。
○。。。相手に○キングディグニティと▲キャッチミーアップという平均値上位を評価
△。。。

調教
2018/10/10(水)
CW 良 助手 55.3-39.3-12.2 馬也
前走並み 評価C

厩舎コメント
池江泰寿師
終いを生かす形が定着してきたし、今なら距離はこなせそう。デキは変わりないので、うまく流れが向いてくれれば。

池江泰寿師
コンスタントに使われているし、状態は安定している。調教の動き自体も悪くない。

クラブからのコメント
池江泰寿師「追い切りは半マイルからだけだったけど、ラストはピュッと切れた。前走並みの状態は維持できているし、ペースが流れて、上手く脚を溜められる展開になれば、チャンスはあると思う」

★★★記事を書いている時点では意外な人気に。3番人気。客観的に見れば危険な人気馬っぽく映りますが、力は秘めているし、展開次第では台頭も可能かと。
距離もこのくらいがいいと思います。デビュー前はマイル~2000くらいを期待していたので、それに近づいてきた感じがします。
この距離ならスピードで置いていかれることは無いでしょうし、枠順からもある程度いいポジションを狙うような気がします。うちラチ沿いで我慢して、最終コーナーで内を掬って先頭に出られると最高です。それが叶いそうなメンバー構成ですけど。。。どうでしょう。
そろそろ、ローレルクラブも目を覚まさないと。
ツアーが終わり、先週は出走馬がなく一休み。今週から元気に活動してくれることを期待しています。

記事の転載についてはローレルクラブから許可をいただいております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月11日 (木)

2018ローレルツアーレポその9

ファシネイトの2017のレポートですけど・・・仕事が忙しくて今朝のアップが間に合いませんでした。。。が、昨日早く眠りについた分、今日は夜更かしして更新作業を進めていきます。

皆さん是非読んでやってください。そして感想をいただけると最高です。

★写真をクリックすると大きくなります。ご覧ください。

モンプティクールの2017
(父オルフェーヴル×母父クロフネ
牡 芦毛 17年3月23日生
生産者→ハシモトファーム 入厩先→飯田雄三厩舎

今日はいい天気。モンプティクールの2017の芦毛がこれほど綺麗だったとは・・・昨年のツアーでは大雨。昨年11月も雨。。。今年の6月も雨。。。いい状態で見学ができませんでしたが、念願叶いまして、最高の天気の元、見学できました。
1810061_2
母モンプティクールはキャロットで走り、ダート短距離3勝。28戦も戦いました。
産駒も頑張っており、キャロット馬ブランシェクールは4勝してTCK女王盃競走GⅢ2着と今日のレディスプレリュードでも人気薄ながら2着と健闘。同じくキャロット馬のヴレクールも2勝。ノーヴァレンダはデビュー戦(このツアーの当日)こそ1番人気ながら競走中止となりましたが、今週2歳未勝利に出走。。。僕は馬券を買おうと思っています。
デビュー時の馬体重が500キロを超えてくる大型馬が活躍しています。果たしてモンプティクールの2017はどうでしょう?父オルフェーヴル自身はそれほど大きな馬ではありませんでしたけど。
でも、オルフェーヴルの仔もエポカドーロラッキーライラックも480キロ以上の大きめの馬が活躍中。モンプティクールの2017もそこそこ大きいですけど、腰も高いのでこれからもっと大きくなると思われます。大きく成長したら・・・この仔は買いなのかもしれません。
1810062_21810063_2
飯田雄三師
ランスが良く幅があって骨量豊かな馬体の持ち主でオトコ馬らしいしっかりした作りが頼もしい。スピード感溢れる動きからも芝1600メートルあたりでの活躍を期待しているそうです。

こちらに移動して、1ヶ月。動きが柔らかく体もしっかりしています。オルフェーヴル産駒で心配なのが気性。。。でも、この仔は落ち着いていて大人しいようです。
環境の変化ににも動じない性格ですぐにブレーキングを開始。問題なくこなせているようです。地震の影響でブレーキングができないときも、持ち前のタフネスと賢さで早くも坂路調教まで行けているようです。飼い葉食いも少なくなることなく、しっかりと調教を積めているようです。
現在の測尺ですが体高156、胸囲138、管囲20.5で馬体重は460キロとのこと。
1810064_21810065_2
ここヤシレーシングランチさんで入厩直前までトレーニングを積まれるそうです。飯田雄三厩舎に入ったトゥールナージュは早めにイクタトレーニングファームへ移動となりましたがこの仔はどうでしょうか・・・

ハシモトファームさんは、いい馬をローレルクラブに積極的に提供してくださいます。まだ、結果は出せておりませんが、この馬できっちり結果を出してくれるんじゃないかと期待しております。
1810066_21810067_2
どうなんでしょう?僕はクロフネに近い印象を抱いておりますが。。。トモのボリュームもしっかりあるし、瞬発力がありそうに感じます。結構短めなところが活躍のステージとなるのか?ダートでの活躍が目立つ兄姉のように主戦場はダートなのか。。。僕が書いた過去のモンプティクールの2017レポートもいろいろな適性がイメージされており、どんな馬になっていくのか想像できません。そういう馬が、想定していたステージと違う条件で大活躍するのかもしれません。。。
1810068_21810069
帰りがけにはヤシレーシングランチのスタッフさんからのメッセージボードでお見送り。。。『JRAでは数年の間隔で芦毛の怪物が誕生します』と。。。ローレルクラブから芦毛の怪物が出る・・・。これはクラブ関係者だけでなく、オグリキャップファンも望んでいることなのではないでしょうか。。。その馬が、モンプティクールの2017であるのかも・・・

ユニオン・ローレルクラブに入会を考えてくださっている方。。。紹介させていただきますのでご一報ください。
特典として、他では話せないマル秘情報をメールにて送らせていただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月10日 (水)

2018ローレルツアーレポその8

凝りもせず、北海道行きの航空券を取ってしまいました。北海道に行きます。今回もスペシャルツアーです。どなたか一緒に行きませんか?

ということで、北海道に行く前に今回のツアーレポートを書き終えないと・・・

★写真をクリックすると大きくなります。ご覧ください。

ファシネイトの2017
(父リアルインパクト×母父キングカメハメハ
牡 栗毛 17年5月18日生
生産者→岡田牧場 入厩先→北出成人厩舎

追加募集でありリアルインパクト産駒。そして、ユニオンでお馴染みの岡田牧場の生産馬。因みに、岡田牧場さんからローレルクラブにエントリーの希望があったワケではなく、もう一枚間に噛んでいますので、ユニオンファンの方も安心してください。岡田牧場はユニオンの株主さんですから。
18100611810062
母ファシネイトは南関東でダート短距離で走りました。

BMSキングカメハメハモズカッチャンワグネリアンなど活躍馬を出し注目されています。
18100631810064
父のリアルインパクトも日本で安田記念を勝った後、オーストラリアGⅠジョージライダーSに優勝。ドンカスターマイルでは2着となったことが豪州で評価され、シャトル先のオーストラリアで人気になっているそうです。

粒揃いながら突出した種牡馬が居ないディープインパクト後継種牡馬の本命となりますでしょうか。。。そうなる可能性がある血統背景だと思いますが・・・
18100651810066
北出成人調教師は。。。まだあちらこちらに成長の余地を残す馬ではありますが、関節のしっかりした丈夫そうな馬である。これから騎乗するにしたがってどんどん良くなってくるでしょう。450キロ前後で競馬がデキそうかなと思います。
マイルGⅠを勝った種牡馬の仔は総じて良く走っている印象があるし、リアルインパクトスイートサルサのいる母系の組み合わせはとても魅力的だと感じているようです。

加藤ステーブルさんからは、、、馴致段階で騎乗はしていない状態ですが気難しいところもないし、飲み込みも早い優等生。順調に進んでいるしこれからが楽しみですとのこと。
18100671810068
現時点での馬体重は410キロ。。。これからの成長が期待できる仔ですね。

歩いているところを見ても歩様も力強くしっかりと歩けていました。性格も大人しそうですし楽しみです。

大勢の方が触られましたが、どっしりとした性格で落ち着いていました。

安価な牡馬ですし、一発大化けの可能性を感じる新種牡馬の仔。。。出資する価値は十分にあると感じております。


ユニオン・ローレルクラブに入会を考えてくださっている方。。。紹介させていただきますのでご一報ください。
特典として、他では話せないマル秘情報をメールにて送らせていただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ノルマンディーです

ノルマンディーオーナーズクラブ・・・ちょっと気になっております。

一次募集馬は以下の通り。。。

ヤマノラヴの2017 スクリーンヒーロー
リトルビスケットの2017 ゴールドシップ
アンプリエールの2017 ショウナンカンプ
オメガフレグランスの2017 アイルハヴアナザー
キョウエイアンの2017 ヴァンセンヌ
クイーンナイサーの2017 トーセンホマレボシ
シュヴァリエの2017 スクリーンヒーロー
ショウナンハトバの2017 モンテロッソ
ストックの2017 ブラックタイド
チェアユーアップの2017 マツリダゴッホ
ハッピーダイアリーの2017 ハービンジャー
ペッシュドールの2017 アグネスデジタル
ミネルバサウンドの2017 ダイワメジャー
レットイットスノーの2017 アイルハヴアナザー
キタノシラユリの2017 エイシンフラッシュ
キョウエイハツラツの2017 ジャスタウェイ
コーラルグリッタの2017 メイショウボーラー
タニノジュレップの2017 トーセンラー
デアリングバードの2017 エピファネイア
トーセンフォーユーの2017 ゴールドシップ
ニューコローラの2017 ディープブリランテ
フサイチジェットの2017 スマートファルコン
ホクセツダンスの2017 キングカメハメハ
マルデデルマの2017 クロフネ
ラインレジーナの2017 マツリダゴッホ
ヴイプラドの2017 タイムパラドックス

非会員であり、入会希望者でも見学可能なのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

間もなく締め切りです

暑い・・・実は北海道も暑かったのですが、10月に入ってからのこちらもなかなか涼しくなりません。今日も職場にエアコンがガッチリ入りました。早く涼しくならないかなぁ~。

ローレルクラブ募集馬見学ツアーから10日が経とうとしております。ツアーに参加された皆さん。ツアー特典付きの出資申込の締め切りが明後日12日到着分となっております。明日の午前中に出せば何とか間に合う地域が多いと思います。お忘れなきよう。。。1日では届かなさそうな地域の方は・・・一応、ローレルクラブ東京事務所に相談してみてはどうでしょう・・・どのように判断していただけるかは分かりませんが、対応してくださるような気がします。。。

僕は・・・今日、提出を済ませました。いろいろと考えて出資しましたが、、、結果として、ここ数年で一番少ない口数と金額になってしまいました。

決して、今年の募集馬の質が悪いワケではありません。今回は・・・ツアー特典の恩恵を重視せず、出資を考えている馬をギリギリまで見ようという作戦に変えました。まぁ、それでも数頭に出資しているんですけどね。

ということで、割引券とかサラブレージポイントとかもあって、数か月後に出資する方向で考えております。

皆さんはどのような方針で出資されましたか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 9日 (火)

やっちまったな~

『やっちまったな~』。。。ここが自分のダメなところ。一つのことに集中していると他が見えなくなっちゃうんですよね。

今日・・・夕方にユニオンのHPを見ると。。。

ユニオンからの情報
18.10.09 懇親会の受付状況
東京、京都会場ともに、定員に達しましたので、受付を終了しました。お申込みありがとうございました。これ以降はキャンセル待ちの受付とさせていただきます(メールの方にはその旨を返信致します)。また、キャンセル待ちをご希望の方は東京事務所までご連絡ください。

ということで、、、17日は予定が入っていたので18日(18日も午前中は予定が入っていたので午後に浜松を出る予定でした)の東京開催に参加しようと思っていましたが、、、最近はローレルクラブのツアーボケで、週末はRUGBY関係で忙しくて、うっかりしていました。今日の夕方に『そういえば・・・』と思って、覗いてみましたが遅かったです。

とりあえずキャンセル待ちをしようと思います。

そして、、、

ユニオンからの情報
18.10.09 募集馬の残口状況
PEGASUS2(母オーヴァーアンダー)残20口未満
PEGASUS4(母イチリュウ)残40口未満
PEGASUS21(母ワイルドゲッツ)残40口未満
PEGASUS24(母スプリングマンボ)残40口未満
PEGASUS25(母サンビスタ)残100口未満
PEGASUS29(母メイクデュース)残20口未満
PEGASUS30(母パルフェダムール)残40口未満
PEGASUS39(母タイキロザリオ)残40口未満
PEGASUS40(母ディヴァインクレア)残80口未満
満口:PEGASUS1、27、41

ということで、決めなければいけません。今週中に出資馬を決めたいと思います。。。心の中では、ドラフト1位は決まっているんですけどね。手続きが遅れないようにしないと・・・こちらは『やっちまったな~』では済まないですから。

ということで、ユニオン愛馬もグローバルリーチが先週帰厩、ベストティアラジークグランツも近々帰厩予定。そして、期待の2歳馬グランヴィクトリアが入厩します。この馬いいですから。。。先日、オータムセールの会場でパイオニアファームの場長エイドリアン師に会いました。グランヴィクトリアのことを話しました。
エイドリアン師も期待していますし、僕も楽しみにしています。

ローレルクラブが低迷中ですし、ユニオンに引っ張ってもらって我がファミリーもV字回復を・・・

記事の転載についてはユニオンオーナーズクラブから許可をいただいております。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2018ローレルツアーレポその7

今日はいろいろと書きますが、ツアーレポートも進めていかないとね。

先ずは、ツアーレポートです。

★写真をクリックすると大きくなります。ご覧ください。

ダンケシェーン
父ヘニーヒューズ ×母父キングヘイロー
牡 栗毛 15年2月7日生
生産者→村田牧場 入厩先→昆貢厩舎

ツアーで会うのは2016年以来2年振り。東京競馬場でも会っていますけど。
1810061_2
パッと見た感じはやっぱり全然違います。現役の3歳馬の2勝馬。本当に強そうに見えました。

スタッフさんの話でも、戻ってきた当初は疲れきっていて、頭も下がったままの状態で、覇気がなく毛艶も悪かったとのこと。470キロ台だった馬体重も9月15日の時点で501キロ。筋肉量も増えて500キロを超えてくることがkの馬の状態を知るバロメーターなのだとか。そして、毛艶も良くなってきてきたとのことでした。
もう少しじっくりやっていくということで、15-15の時計で坂路を走らせ、更に良化を求めていくようです。
1810062_21810063_2
個人的には、、、『こんなもんじゃない!』と、思っています。スタッフさんも『戻ってきた当初よりは』という、最低だったときとの比較なので、嘘を言っているワケではありませんが、ファンタストクラブさんだってデビュー前の『将来は重賞を勝つ馬』という頃のイメージもあると思います。
ということで、誉めてはくれていますが歯切れがいい感じではありませんでしたね(笑)

もっと良くなるはず。僕が思っている強いダンケシェーンではありません。まだ、本格化も先だとは思いますが、ここでしっかり休んで、復帰後は1000万下で好勝負ではなく、連勝でオープンへ。そしてその先も・・・3連勝、4連勝って感じの未来を期待していますので、ゆっくり休養して欲しいと思います。年明けでいいですよ。。。
1810064_21810065_2
立ち方も左に力が入っていますね。昆貢先生が左回りに拘るのもよくわかります。極端なサウスポーです。東京、中京、新潟専用で頑張ってもらいましょう。

ありがたいことにJRAダートGⅠはフェブラリーS(東京)とチャンピオンズカップ(中京)と、左回りONLY。ダートGⅠを勝つ専用機なのかもしれません。
1810066_21810067_2
昆貢先生で良かった。。。と思っていますし、横山典弘騎手がこの馬を優先して乗ってくれていることも嬉しく思います。

やっぱりこの馬に出資してよかったなぁ~と思いました。

復帰戦は応援に行きたいですね~。
1810068_21810069_2
そして、、、ダンケシェーンも触れるかどうか。。。と、いう話になった途端・・・大暴れ。『ハイありがとうございました~戻してくださぁ~い』というローレルクラブスタッフさんの声で戻っていきました。。。

ユニオン・ローレルクラブに入会を考えてくださっている方。。。紹介させていただきますのでご一報ください。
特典として、他では話せないマル秘情報をメールにて送らせていただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 8日 (月)

2018ローレルツアーレポその6

昨日までのツアーレポートですが、予告通り写真をアップしました。例年よりも枚数多めでお送りしております。是非振り返ってご覧ください。

では、ツアーレポートを。

★写真をクリックすると大きくなります。ご覧ください。

ベストデイエヴァー(母はモーディッシュ
父ゼンノロブロイ×母父Singspiel)
牝 黒鹿毛 16年3月15日生
生産者→ワールドファーム 入厩先→田村康仁厩舎

こちらは2歳馬ですが、ツアーで見学するのは初めてになります。昨年のツアー時はまだまだ青森県のワールドファームに居ましたので、入厩が遅れていることでツアーでの見学が可能となりました。
1810061
母のモーディッシュはクラブのエーススティンライクビーの母であり、オークス馬サンテミリオンの半姉となります。スティンライクビー以外にも地味ではありますがカミノライデンミッキーボクサーなどJRA勝ち馬を出しています。繁殖成績はサンテミリオン以上なのです。
18100621810063
そして、満を持してのゼンノロブロイを配合。ゼンノロブロイも地味ですが、産駒が9年連続重賞勝ち。特に今年はきさらぎ賞勝ちのサトノフェイバーとレパードSに白山大賞典を勝ったグリム。。。グリムダンケシェーンと走った青竜Sも勝っており、かなり楽しみな産駒です。勿論、ペルーサシャルールなど記録よりも記憶に残る仔の父でもあります。
18100641810065
近況を担当スタッフさんが教えてくださいました。半月前にシュウジデイファームからファンタストクラブに移動し環境の変化に敏感なタイプのようです。移動後1週間程度は17-17程度の調教でしたが、先週あたりから15-15にペースアップ。調教については頑張るタイプのようです。ただ、現在のところ442キロ。体高があり大きく見えるのでこの馬体重は少々不満。まだまだ実が詰まってこないようです。。。でも、スティンライクビーも良くなるまでに時間がかかりましたし成長をしっかりした後は長く活躍できています。ベストデイエヴァーも成長力があり少々奥手なタイプなのかもしれません。
18100661810067
気性のことがローレルクラブからのメルサで送られてきますが、フケの影響を少々心配しましたが、そこまででもないようですし、こちらの環境に慣れてからはしっかりゲート練習にも打ち込めているようで、あまり心配しなくてもいいのかな?という感触です。

18ローレルツアー映像5

歩様は真っすぐ歩けていて脚の上げ方も良かったです。
当歳時、1歳時のイメージが自分の中にないので、過去との比較こそできませんが、首が細いですし長距離で開花しそうな体型ですね。個人的には長距離で走るにしてももう少し首周りに逞しさが欲しい気がしました。

あまり売れていないようですが、成長が追いついてこれば面白いかもしれません。大きいところを狙える血統はオークス馬の4分の3同血のベストデイエヴァーか秋華賞2着馬の産駒トゥールナージュの2頭だと思います。
18100681810069
スティンライクビーが3勝を挙げた田村康仁厩舎のハードトレーニングについていける体力が備わること待ちですね。

もう少し様子を見たい馬ですが。。。スティンライクビーが今後更に活躍するのであれば、この仔も見限れない存在になると思います。

ユニオン・ローレルクラブに入会を考えてくださっている方。。。紹介させていただきますのでご一報ください。
特典として、他では話せないマル秘情報をメールにて送らせていただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 7日 (日)

2018ローレルツアーレポその5

今週は競馬3日間開催。。。それなのに。。。出資馬の出走はゼロ。これはレポートをしっかり進めなさいというお告げですね。頑張って書こうと思います。

★写真をクリックすると大きくなります。ご覧ください。

アメージングムーンの2017
(父ロードカナロア×母父アドマイヤムーン
牡 鹿毛 17年2月5日生
生産者→村田牧場 入厩先→奥村武厩舎

この仔はツアー1ヶ月前に満口。。。ローレルクラブでは異例のスピード満口となりました。
1810061_2
満口に至った経緯ですが、この血統でこの価格は安過ぎる。。。これが原因です。ツアー特典と抱き合わせで出資を目論んでいた僕は、、、やらかしてしまいましたね。もっと出資ししたかった。。。
キャロットやシルクのラインナップも出揃った中、いろいろと比較してアメージングムーンの2017を選ばれた方が多かったようです。それだけ、社台系の馬と比べても負けておらずお買い得だということ。出資されている方。。。本当に良かったと思いますよ。

9月に村田牧場からファンタストクラブ移動してききました。
1810062_21810063_2
母ビッグテンビーは10頭の勝ち上がり馬を出し、JRAでの勝利数は21勝。勝つまでは行かなかったが重賞での入着も数多くあり、とんでもない名牝。。。母アメージングムーンはそのビッグテンビーの貴重な後継繁殖牝馬となります。
1810064_21810065_2
そんな血統背景を持つアメージングムーンの初仔。父に産駒が大活躍のロードカナロアを迎えました。ロードカナロア産駒は非常に大人しく扱い易い特徴があるようですがこの仔もその特徴を色濃く受け継いでいるようです。母ピリピリしていた感じがありましたが。。。

札幌芝1200出レコード勝ちのある母に最強スプリンターの配合はスピードがないワケがありません。恐らく、競馬界最速の馬になることでしょう。この仔には世界に飛び出してもらいたいと思っています。僕はこの仔の海外挑戦に併せて、サラブレージポイント5000ポイントを使い、海外応援ツアーに行く予定です。
1810066_21810067_2
馬体はいかにも短距離っぽく、コンパクトな感じ。骨格はしっかりしており、瞬発力を生み出すトモの発達は当歳馬離れした迫力を感じます。

現在はブレーキングも終わり乗り運動を開始。今週奥村武先生がファンタストクラブを訪れ本馬を見ていったようです。
1810068_2
奥村武先生は、馬体がしっかりしている割(464キロ)には仕上がりも早そうだし早いデビューを目指したいとのこと。ロードカナロアの仔なので1400からマイルまでが守備範囲と感じているそうです。
馬の状態次第ですが、『東京』という言葉が出ているようです。
1810069_2
走る時のスイッチは持っていますし、今回も歩いているところも見ましたが、リズミカルでいい歩様です。何よりもこの馬を評価している点は、歩く姿勢がいいこと。この馬は本当にいいと思います。期待外れとなる可能性がかなり低い馬だと思っています。

18ローレルツアー映像3
18ローレルツアー映像4

馬体は、短距離っぽい(筋肉)ムキムキ感はなく、結構スラッとした様な見栄え。芝で切れ味を発揮しそうに見えます。

ロードカナロアの種付け料はグングン上昇。この血統で2000万円募集は今後あり得ないでしょう。それだけお買い得な馬。。。今からどれだけの活躍をしてくれるのか楽しみな馬です。。。2歳重賞に出走は確実だと思っています。更にそこで勝つだけの可能性も秘めていると思っています。

ユニオン・ローレルクラブに入会を考えてくださっている方。。。紹介させていただきますのでご一報ください。
特典として、他では話せないマル秘情報をメールにて送らせていただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018ローレルツアーレポその4

今日は暑かった。。。真夏日でしたね。こんな中我がチームのラグビーの試合を行いました。強豪チームに競り勝ちました。。。力がついてきていることを実感しています。また頑張ろうと思います。

では、ツアーレポートを。

★写真をクリックすると大きくなります。ご覧ください。

アランチオーネ
父ヘニーヒューズ×母父クロフネ
牝 栗毛 16年4月15日生
生産者→アラキファーム 入厩先→高橋裕厩舎

ことしのツアーで最初に目にしたのがアランチオーネ。この馬が坂路を駆け上がってくるところが今年のスタートでしたので、一気にテンションが上がりましたね。
18100611810062
坂路はスピードに乗りラスト1Fを12秒5。これはいい時計。時計も速かったですし、躍動感のある動きでした。是非動画で確認してください。

18ローレルツアー映像1

桜花賞にも出走したアラフネの初仔が600万募集。父も活躍中のヘニーヒューズですからね。。。注目の1頭です。
18100631810064
アラキファーム梶川社長が翌日のローレルジャックの応援のため今晩の懇親会に行けないということで、なんと。。。この場で一口プレゼントのジャンケン大会。大勢の参加者が居りましたが、1勝して残ったのは僕を含めて3名。。。次の対戦では深読みし過ぎてしまって、負けてしまいました。。。まだ、最初の見学だということで場が温まっていなかった。。。その場のノリで『(勝った人が)3人しかいないので、3人に是非・・・』って、言いかけましたが止めました。そのチャレンジをしなかったことを少し後悔していますが、これも運命でしょう。。。
18100651810066
昨年はこの馬を見て、『小さいな。。。』と思いました。『でも腰高だから大きくなるかな。。。』と思っていましたが、予想以上に大きくなっていました。昨年見学時は馬体重の発表はなかったのですが、370キロくらいの大きさに見えました。『初仔だし仕方がないのか』と、この馬はサイズになく可能性があると心配しておりましたが、現在は調教を続けながら454キロ。牝馬としては十分な大きさ。馬格でなくことは無さそうです。ということは、不安材料がないということ。
母アラフネはデビュー時が430キロでしたが現役中に470キロまで成長。母の成長力をこの仔は早速表現しています。
顔は相変わらずクロフネフェイス。馬体もヘニーニューズよりもクロフネ色が強いですね。。。アエロリットに似ている気もします。芝でもいいところがあるんじゃないかな。。。と思っています。

現在はファンタストクラブの週1回坂路で14-14を走っています。
1810067
10月にはここファンタストクラブ木村牧場を出ていくようです。梶川社長からは『気性は母に似て前向き』との言葉をいただいており、入厩後は結構早くデビューまで行けるんじゃないかと思っています。
易馬即戦力対決・・・アランチオーネvsブルーコーラル。。。ブルーコラールを見てから判断しますけど、アランチオーネの良さが目立ちましたね。

それから真面目で無駄な動きをしない利口な仔だそうです。
18100681810069
良血馬で格安なのは怪しいところがあるんじゃなく、梶川社長のサービス精神と同じヘニーヒューズ産駒ベルキューズローブドール)と変化をつけたかったこと。。。強いて言うなれば(募集時には)馬格が無かったこと(これは予想以上に解消済み)。。。こんなお買い得な馬はないかも。。。

ローレルクラブ会報の10月号にはアランチオーネの特集が組まれるようです。そちらを見て検討されてみてはどうでしょう。。。

ユニオン・ローレルクラブに入会を考えてくださっている方。。。紹介させていただきますのでご一報ください。
特典として、他では話せないマル秘情報をメールにて送らせていただきます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年10月 6日 (土)

2018ローレルツアーレポその3

ローレルクラブ募集馬見学ツアーからもう1週間が経ってしまったのですね。。。早い・・・まだ、ツアーの楽しい想いを噛みしめながら生活をしております。
ツアーの速報と動画という、比較的楽なコンテンツでなかなか先が進んでおりませんが、、、そろそろ始めていこうと思います。

一発目は・・・見学をしておりませんが、説明のあった和田牧場に既に移動しているこの馬から。

★写真をクリックすると大きくなります。ご覧ください。

カーサエスペランサの2017
(父ヒルノダムール×母父キングズベスト)
牡 黒鹿毛 17年2月27日生
提供者→和田牧場 入厩先→和田正一郎厩舎
1810061
ローレルクラブ東京事務所のスタッフさんが和田牧場で育成されている、カーサエスペランサの2017を既に見学されているということです。
和田牧場さんが提供ですが、生産牧場は漆原牧場。年間数頭しか生産馬が居ない小さな牧場さんらしいですが、和田牧場さんが漆原牧場さんから競走馬を購入したのは30年ぶりくらい(記憶にないくらい前)ということです。漆原牧場さんとの付き合いの中で購入したのではなく、単純にカーサエスペランサの2017の馬っぷりに惚れ込んで購入したとのことでした。

実馬を見たスタッフさんも『非常にきれいな馬』と、評価しており他の馬主さんからも『売ってくれ』との言葉を掛けられる見栄えのする馬のようです。

この漆原牧場さんは昔は大きな牧場で生産馬も多かったようですが、規模を小さくして少数精鋭スタイルに変更して、最近は成績も良くなっているとのこと。2017年産もこのカーサエスペランサの2017を含めて5頭。かなり小規模です。

2016年産馬は更に少ない4頭なのですが、今年の函館2歳S4着のエムティアンを生産。牧場にも活力がある戻ってきているようです。

母は未勝利ですが祖母スノーハウスはフランスのステークスウィナー。その姉スノーボリーナもフランスとアメリカで10勝。。。活躍する下地のある母系であす。

そして、父は天皇賞馬ヒルノダムールヒルノダムールの生産牧場である橋本牧場生産のアドレ(ユニオン所属馬)が新馬戦を素晴らしいレースで快勝。今後も期待できる馬だと思います。
このヒルノダムールの主戦騎手が藤田伸二騎手。調教師は昆貢師、調教助手は上籠さん、厩務員は平岩さん。。。そうです、ご存知ローレルゲレイロを育てたチームです。

オジュウチョウサンで有名な和田正一郎調教師、、、キャプチュードも平地競走は未勝利で終わってしまいましたが、障害競走にチャレンジします。

カーサエスペランサの2017も平地と障害の二刀流での活躍もありかもしれませんよ。。。

まずは、和田正道氏、和田正一郎師がその馬っぷりに惚れ込んだワケですから自信もあるのだと思います。

(本人に了承済の情報ですが)グリーンチャンネルでお馴染みの古谷剛彦さんが先日この馬に出資されたそうです。

古谷さんは僕も競馬場で一度お会いしたことがありますが、結構出資馬の応援に来られている気がします。古谷さんと一緒に口取りされたい方は是非・・・

ということで、カーサエスペランサの2017は今回は出資しませんが、『絶対に出資しない』と、決めつけないようにしたいと思います。ムスコの下宿先に行くときに一度、和田牧場へ行ってじっくり見たいと思います。

多分・・・出資者も多くならなさそうですし、古谷剛彦さんと御一緒も楽しいかなと。。。

ということで、第一弾はこれにて終了。

ユニオン・ローレルクラブに入会を考えてくださっている方。。。紹介させていただきますのでご一報ください。
特典として、他では話せないマル秘情報をメールにて送らせていただきます。

まだまだ書いていきます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年10月 5日 (金)

2018ローレルツアーレポその2

ツアーレポートの本文に入る前に・・・
突然ですが、明日、ヤ○ハスタジアムで行われる『ヤマ○発動機ジュ○ロvs○芝ブレイ○ルーパス』の試合のアシス○ントレフ○ーを任されることとなりました。因みに、試合前の情報漏洩ではありませんので、ヴィッ○ル神戸の高橋○希選手の様に自宅謹慎する必要もありません。スカパー!のJスポーツで中継があります。僕の名前もババーンと出るので、僕の応援をよろしくお願いいたします。

では、本題に。

1頭1頭のチェックはあすから。。。
今日は、スケジュールと、総括を。。。

皆さんに読んでいただくために書いていることも事実ですが、自分の日記、メモ用としても活用しているブログですのでお許しください。

まずはツアーの日程を

1日目
10:30 集合
10:40 出発
①ファンタストクラブ見学
アランチオーネ(坂路調教)
アメージングムーンの2017
→ベストデイエヴァー
ダンケシェーン
→(再度)アランチオーネ(厳密には木村牧場)
②加藤ステーブル
ファシネイトの2017
③ヤシレーシングランチ
モンプティクールの2017

昼食 いずみ食堂

④グランデファーム
ブルーコーラル
⑤吉澤ステーブル
アドマイヤカグラの2017
⑥森本ステーブル
ベネディーレの2017

18:25 ホテル到着
19:15 夕食・懇親会
21:15 二次会

2日目
8:00 出発
⑦ハクツ牧場
ポポチャンの2017
⑧新冠橋本牧場
ジョディーズロマンの2018
⑨日高軽種馬共同育成公舎
アルボランシーの2017
⑩川島牧場
タッソーニーの2017
⑪村田牧場本場
ハーランズルビーの2017
ローレルゲレイロ

優駿記念館にて
キャプチュードの未勝利戦観戦

⑫樋渡牧場
コンフォータブルの2017
⑬松浦牧場
キャタラクトの2018
サトノネネの2017

昼食 シルバーフォレスト

⑭村上欽哉牧場
フェニーチェの2018

優駿記念館にて
ローレルジャックのレース観戦

⑮優駿スタリオンステーション
シルバーステート
ヘニーヒューズ
ホッコータルマエ
エスポワールシチー
アジアエクスプレス

⑯佐藤牧場
ナックオフィスの2017
ミンナノアイドルの2017
ミンナノアイドルの2018

⑰ダーレージャパンスタリオン
フリオーソ
→ディスクリートキャップ
アドマイヤムーン

17:45 解散

ということでしたが、皆さんはどう感じましたでしょうか・・・

『今年はいい馬が揃いました』。。。ということ馬が他のブログでも書かれているでしょうし、当ブログでも毎年書いていますね。

・・・あのねぇ~、、、これって嘘じゃないんです。一昨年よりも去年。去年よりも今年なのです。社台系の5年前くらいの馬と比較すると、ローレルクラブの今年の募集馬の方がいいと思います。でも、今年の社台系募集馬と比べると。。。やっぱり少し落ちるんですよね・・・

何が言いたいかと言いますと、ローレルクラブを中心に日高系牧場の生産した馬のレべルは少しずつ上がっております。生産だけでなく生産牧場さんの放牧を含めたお世話や育成牧場さんの技術など。。。
良い馬なんですけど、、、競馬は相手がいるんですよね・・・。
ローレルクラブに所属している馬自身も成長しているのですが、社台系の馬の成長もしっかりしています。
毎年毎年一歩その先を行っているのが社台系の馬。ローレルクラブの馬の成長以上の角度で社台系はレベルアップしているということ。

競馬はその競技の特性上、過去に勝っても同世代に最低1回は勝たないとそこで試合終了となってしまいます。

そこは・・・今回のツアー見学だけではわからないんですよね。。。

2017年世代&2018年世代は社台系との差を更に感じる世代なのか、それとも差が小さくなる世代なのか。。。でも、それは現時点では誰にも分かりません。

ということで、今年の馬はいい!

そういう想いで、各馬のレポートを書いていきますのでよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 4日 (木)

2018ローレルツアーレポその1

・・・やっぱり仕事があると、なかなか投稿できません。まだまだ動画もあるのですが、ツアーレポートの方もしっかり書かないと・・・ローレルクラブさんから、サラブレージポイントもいただいています。書くと言っておきながら書かない『書く書く詐欺』にならないようにしないとですね。

と、いうことで休まずに頑張って書いていこうと思います。

先ずはプロローグ

今年は・・・ツアーに取り組む姿勢を変えてみました。
今までは、お金をかけてツアーに参加したのだから元を取らなきゃ。。。という意識が強かったと思います(昨年までのツアーレポートにも『割引券がいただけたりビンゴ大会での賞品がいいから元が取れたりします』なんて書いたこともあったかと思います)
具体的にどうだったかというと、ビンゴ大会に対しての意気込みは2年前まではかなりガチでした。昨年は友人と一緒に行ったので、そこまでのめり込まずでしたけど。
それから、写真をいっぱい撮ろうとか、馬に触れる機会があったりしたら積極的に行ったりだとか・・・まぁ、マナーやモラルは守る小心者ですので、無茶はしませんが、比較的グイグイ系だったと自分で分析しています。そして、僕は社交的なのですが、自分から人に話しかけたりしません。ブログでは『人見知り』なんて書いたりもしたことはありますが、本当はそんなこともなく、誰とでも話せます。しかし、自分から話しかけたりしません・・・どういうことかと言いますと、話すことは苦ではないのですが、僕は本当にダメ野郎ですし、見た目に華がないので、話しかけられても迷惑だろうなぁ~と思っています。本気で。
なので、話しかけてくださったり、以前から話をしてくださる方とはずーっと話したりしているんですよね。。。やってることは人見知りっぽいことですけど。。。

話は長くなりましたけど、今年のツアーの目標は、グイグイとガッツくことなく、マイペースで楽しもうということ。そして、会員さんといっぱい話そう!
こんな感じでツアーに乗り込みました。
その表れとして、初めて・・・宿泊をシングルではなくツインで申し込み。(相手は誰でもいいですって言って申し込みました)

そして、いつもブログで書くレポートのために・・・と、カタログいっぱいに付箋紙を貼り、メモを取りまくって忙しく見学をしているのですが、今年はメモを取りませんでした。・・・実際のところ1頭だけ10文字程度のメモを取っただけで終わりました。

ということで、メモ無しの記憶力と印象だけのツアーレポートとなります。

僕の、ツアーレポートを楽しみにしてくださっている、全国でも稀な極少数の競馬馬主ゼンブノセFANの皆さんには申し訳ありませんけど、全く役に立たにツアーレポートとなることは確実です。本当にスイマセン。

この役立たずレポートを流し読みしていただき、出資馬選定には決して反映させないことをお薦めします。

そして、、、会員さんといっぱい話そう目標は・・・なかなか好成績だったかと思います。初めてお話しする会員さん、、、初参加の会員さんもいらっしゃいました・・・ホテルの同部屋さんは初参加で初対面でしたし、ここにコメントをくださっている『ぶーふー』さんとも初めてお会いして朝食はこちらから相席をお願いしました(ブログ上では男性かと勝手に思っておりまして、素敵な女性の方でビックリしました)
そして、前からツアーに参加されていることは知っていましたが、初めて話させていただいた方も大勢。バスの座席が隣になった方も今まではご挨拶くらいしかしたことがなかったでしょうし(途中体調を崩しバスから離脱してご迷惑をおかけしてスイマセン)、親子で参加されている方も飛行機が飛ばなかったアクシデントの助けもありましたがツアー後のホテルも一緒に泊まったり。。。僕なんかよりもベテラン会員さんに対しても話に行ったりしました。その分、いつも話をさせていただいている顔なじみ会員さんとの交流が少なくなってしまったかも。

ということで、今までの僕ではない感じで、取り組んだローレルクラブ募集馬視察ツアー。。。今年も今までの最高を更新するツアーとなりました。

皆さん、、、こんなダメ野郎に話しかけられても笑顔で対応してくださいまして本当にありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。

来年も参加したい。。。と強く思うツアーとなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 3日 (水)

18ローレルツアー映像20

ローレルクラブ募集馬視察ツアーの映像はこれで終了です。
その他動画素材もありますので、随時アップしていきますので見てやってください。

最期は、ミンナノアイドル兄妹特集となります。

ミンナノアイドルの2017 1
https://youtu.be/iSjSYkJnYbg

ミンナノアイドルの2017 2
https://youtu.be/PbA1aa35NcI

ミンナノアイドルの2017 3
https://youtu.be/W6KgMXYSEX8

ミンナノアイドルの2017 4
https://youtu.be/5iCnARVlwK0

ミンナノアイドルの2017 5
https://youtu.be/DOaPtgM8c8Q

ミンナノアイドルの2018 1
https://youtu.be/FYpW0SZz5hI

ミンナノアイドルの2018 2
https://youtu.be/AtCexsRCQZ0

ミンナノアイドルの2018 3
https://youtu.be/QAmnqHXSmU0

ミンナノアイドルの2018 4
https://youtu.be/THwWQ9RxAVQ

ミンナノアイドルの2018 5
https://youtu.be/pG7dA_3NGZM

いっぱい見てくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18ローレルツアー映像19

本日からローレルクラブのHPに我がブログのリンクが貼られました。
そこから初めてこちらにアクセスされた方もいらっしゃるかと思います。

頑張りますので見てやってください。

動画アップします。

コンフォータブルの2017 1
https://youtu.be/zCNNXptWaQw

コンフォータブルの2017 2
https://youtu.be/Zxa2Bj7PvSw

コンフォータブルの2017 3
https://youtu.be/5s8ICfq7-uo

フェニーチェの2018 1
https://youtu.be/tI9hZ3YkHMM

フェニーチェの2018 2
https://youtu.be/I5OJtR-JTyk

キャタラクトの2018
https://youtu.be/fB3B1rI-ReY

サトノネネの2017
https://youtu.be/Ue0_P4ZEugU

ナックオフィスの2017 1
https://youtu.be/AhXi-dQKaHs

ナックオフィスの2017 2
https://youtu.be/LmIwIyTSed0

ナックオフィスの2017 3
https://youtu.be/8mO-OiNOrf0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18ローレルツアー映像18

やっと、、、動画も2日目になります。

もっとサクサクアップできるかと思っていましたが、リンクを貼るのも結構時間がかかりますね。もちろん、仕事がアップロードの邪魔になっているんですけど。
ポポチャンの2,017です。
ジョディーズロマンの2018です。
アルボランシーの2017です。
タッソーニーの2017 1です。
タッソーニーの2017 2です。
ハーランズルビーの2018
ローレルゲレイロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18ローレルツアー映像17

ひとつの記事にひとつの動画のリンクを貼っていましたが、、、昔はYouTubeの動画を埋め込んでいたので、重たくなることが理由でそうしていましたが、、、今は関係ないですからね。

いくつかの動画を、ひとつの記事にリンクを貼ります。
ベネディーレの2017 1
ベネディーレの2017 2
ベネディーレの2017 3
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18ローレルツアー映像16

昨日は速攻で寝てしまいました。北海道明けの仕事はやっぱりきつかった。。。

アドマイヤカグラの2017の映像はまだまだありまして。。。

アドマイヤカグラの2017 4です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 2日 (火)

18ローレルツアー映像15

浜松に帰ると・・・台風の被害をいろんなところで感じます。

因みに心配していた新車は無事でした。
アドマイヤカグラの2017 3です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18ローレルツアー映像14

アドマイヤカグラの2017は展示時間が長かったのかな?体調が悪かったのかな?

振り返ると動画がいっぱい。
アドマイヤカグラの2017 2です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18ローレルツアー映像13

YouTubeの方にもコメントをいただいておりましてありがとうございます。

YouTubeのコメントの書き方がよく分からないというか。。。調べたり試したりしてない状況ですけど。
コメントを書いていただいたことに感謝しております。
後々返答します。
アドマイヤカグラの2017です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18ローレルツアー映像12

まだまだ続くブルーコーラル動画。。。動きが多いので、動画にしたくなっちゃうんですよね。

ブルーコーラル3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18ローレルツアー映像11

もう一丁、、、ブルーコーラル。

お楽しみください。
ブルーコーラル2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18ローレルツアー映像10

動画のリンク貼りの作業は、遅れておりますが、、、YouTubeの方には土曜日分と日曜日分の動画を既にアップしております。

リンクを待たずに、見ることも可能です。
ブルーコーラルです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18ローレルツアー映像9

今日は仕事なので、、、休み時間に動画のリンク貼りの作業だけ進めていきます。

モンプティクールの2017です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 1日 (月)

2018秋北海道ツアー速報18

実は・・・まだ家に着いておりません。
セントレアから自宅付近のバス停までの高速バスの車中です。
浜松は昨日の台風の被害がかなり大きかったようで、、、バス停な隣接した駐車場に停めた新車が傷ついたり故障していないか心配です。。。

話を戻します。
スイマセン。お楽しみのユニオンゾーン終了です。
理由はレポートにて書きます。

また、懲りもせずオータムセールの北海道市場に戻ってきたんですね。。。

本日最後の速報。

オマケの一枚。

この写真のなかに、ローレルクラブのツアー中にいらっしゃった方(会員さんではなく、スタッフさんや牧場関係者など)が4名写り込んでいます。
誰が写っているか分かりますか?
難易度1,000。

正解者はローレルクラブサラブレージ1,000ポイント相当またはユニオンポイント通称ユニポン1,000ポイント相当の裏情報を差し上げます。
15384024162064


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018秋北海道ツアー速報17

雨ということで、厩舎展示。

しかしここで奇跡がいくつも重なるんですよ~

詳しくは後日のレポートで。

奇跡の一つは雨がやんだことですが。
パルフェダムールの2017
15384044387020


15384044483241


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018秋北海道ツアー速報16

ソリッドプラチナムの2017が上場されたということは、橋本社長もスタッフも北海道市場に来ていたということ。
それなのに・・・パルフェダムールの2017に会わせてくれました。(ちゃんとユニオンを通してます)

雨が降っちゃったんだよなぁ~
厩舎での見学となりました。

ユニオンファンの皆さんお待たせしました。
ユニオンゾーンです。

パルフェダムールの2017です。
15384039536590


15384039665791


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018秋北海道ツアー速報15

セリネタであと、、、10本から20本くらい行けるんですけど、、、皆さんから声が聞こえてくる気がします。。。『飽きた!』って。

という事で、、、オータムセールの速報はここまで。

でも、まだまだ続くよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018秋北海道ツアー速報14

ふと、気が付くと1人で勝手に興奮しながら速報を進めていますね。
誰も付いてきていない気がしてきました。

スーパーラヴァーの2017は主取りに。残念。

ユニオンゆかりのソリッドプラチナムの仔、、、ソリッドプラチナムの2017は想定の倍くらいの価格で落札されました(写真の白い馬81番)

ローレルクラブ所属馬ナイジェラの仔、、、ナイジェラの2017は超高額で落札されました。番号99。
良かったです。

15384023732072


15384023994503


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018秋北海道ツアー速報13

様似で昼食・・・『浜松に請求書送るからな~(怒)』と言いつつも、結局は日高の師匠が奢ってくださいました。
図々しいですけど、何となくそうなる予感はありました。

師匠ありがとうございます!

午後は静内に戻ってセリに参加。

ローレルクラブに所属していた馬の仔、、、スーパーラヴァーの2017。面影感じますか?
15384004432250


15384004524891


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018秋北海道ツアー速報12

飛行機が翔んじゃいましたので更新中断!

お昼ご飯は・・・日高の師匠(ローレルクラブに深い関わりがある方)から突然電話があり、『お前(まーひー)の奢りで飯食いいくぞ』と、電話が。
カナイシスタッドの育成場長さんと日高の師匠と3人で様似のラーメン屋まで。。。
日高の師匠行き付けの『水鶏』という有名なラーメン屋。何と読むかわかりますか?

そこでビックリ。
日高の師匠はカナイシ場長を小さい頃から知っていたと。。。

流石は師匠

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018秋北海道ツアー速報11

実はまだ午前中の分の速報です。
『速報じゃないじゃないか!』
と、激怒されそうですが、、、やっぱり自分で運転すると、スマホをいじる時間が取れませんね。
今は、飛行機フライト待ち状況なので。

トップヴィーナスの2017。新種牡馬ワールドエース産駒です。
15383924879060


15383925066201


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018秋北海道ツアー速報10

ローレルクラブ会員の皆さんもユニオン会員の皆さんもクラブ所属の馬と比べられても楽しめるのではないでしょうか?
タカミツグリーンの2017。キンシャサノキセキ産駒となります。15383920087210


15383920191391


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018秋北海道ツアー速報9

続きましてはマイネナデシコの2017。フェノーメノ産駒になります。
フェノーメノ大好きなんですよね。
15383914742820


15383914843601


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018秋北海道ツアー速報8

最初に展示していただいたのは、フミノサチヒメの2017です。
父はキズナ。
日高地方最高のキズナ産駒との呼び声が。
いいと思う。
15383912854790


15383912959861


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018秋北海道ツアー速報7

一路、浦河へ。
カナイシスタッドに到着です。
ここからはローレルクラブではありません。
ニューワールドレーシングになります。

ローレルクラブの皆さんもユニオンの皆さんもたまたま、ここに立ち寄った皆さんも騙されたと思って、先ずは見てください。

ニューワールドレーシングの方は毎日愛馬の様子を動画と写真で確認されていると思うのですが、不要だと思いますけど。

魅力的なクラブですよ。
タカミツグリーンの2017とトップヴィーナスの2017です。
15383908059380


15383908158781


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018秋北海道ツアー速報6

とりあえず、見学をお願いしているところもあって、一旦、北海道市場を出ることになりました。
スーパーラヴァーの2017も上場されます。
そして、誰も居ないセリ会場に案内していただきまして、写真を撮らせていただきました。
15383749360690


15383749535862

勿論、まだまだ続きますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018秋北海道ツアー速報5

午前中は台風の影響があり、降ったり止んだり。
下見や競りの開始時間も1時間繰り下げ。
僕が調教師になったり、馬主になったときの立ち振舞い方を学ぶことが出来ました。
15383745796882


15383745662621


15383745533250


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018秋北海道ツアー速報4

僕は競り落とせるほどの財力がありませんので、『馬を出して見せてよ』なんて、ヒンシュクものの発言はできません。

馬を買おうとしている方に付き添っての疑似体験です。
チョコレートリリーの2017を見せていただきました。
15383538828610


15383538958751


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018秋北海道ツアー速報3

関係者の方のお誘いもありまして、オータムセールに来ています。
競走馬の競りは初めて。
いろいろと経験してきます。
15383517950980


15383518040801


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018秋北海道ツアー速報2

延泊したホテルは初めて使ったところでしたが、いいところでしたので、紹介しておきます。
新苫小牧プリンスホテル『和~なごみ~』
飛行機が飛ばず急遽延泊されたローレル会員さんたちにも紹介して、大挙押し寄せましたが丁寧に対応してくださいました。

いろいろと、きれいで過ごしやすいホテルでしたよ。
15383424238210


15383427115210


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018秋北海道ツアー速報1

おはようございます。

今日はお仕事だという方も多い中、職場でも窓際に追いやられたおじさんの休日を速報で送ります。

今日もお付き合いください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »